FC2ブログ

いたずら

課長と、私と、佳代先輩と佳代先輩と同期のひろ子先輩と4人で出張に行くことになったので睡眠薬を持参。
課長は取引先の接待に行くことになり、女性二人を夜中に歩かせるのは危険と言うことで(課長ナイス!)ボディーガード兼道案内役で佳代先輩とひろ子先輩を宿泊先のホテルまで案内。
部屋で飲みなおすことになったので、途中コンビニでアルコール類と肴を買い込み、各人着替えてから佳代先輩の部屋に集合と言うことになりました。シャワーを浴びて着替え、睡眠薬を砕き、ミネラルウォーターの350mlに溶かした物を2本作り、買い込んだ飲み物と肴を持って佳代先輩の部屋に行きました。
佳代先輩の部屋はツインルームで、ひろ子先輩と同部屋とのこと。シャワー後の石鹸の香りが部屋中に漂っていました。
佳代先輩は白のトレーナーにピンクのスエット、ひろ子先輩は上下黒のスエットに着替えていました。
数時間経った頃、買い込んだアルコール類は底をつき、程よく酔った二人が喉の渇きを訴えたので、睡眠薬水溶液のミネラルウォーターのボトルを二人にそれぞれ渡すと、一気に飲み干しました。内心ガッツポーズしながら踊り狂ってました。
数分後、薬が効き出したのか、二人は朦朧としだしました。
二人をベッドに導いて、「これでお開きにしましょう」と言って「部屋に帰ります。」と言って佳代先輩の部屋の鍵を持って一旦外に出ることにしました。「お…疲れ?…さ…ま」と言い終わらない内に意識を無くしたことを見てドアを閉めました。アリバイ偽装(?)の為、数分後佳代先輩の部屋に戻り、二人の意識が完全に無くなっている事を確認する為、佳代先輩とひろ子先輩の体を揺すってみましたが、反応は当然ありませんでした。
ひろ子先輩も可愛い系で、芸能人の誰に似ていると言うことはないですが、職場の私の同期の中でも有名です。
そのひろ子先輩のスエットの上を捲り上げてみました。薄い水色の光沢のあるブラジャーでした。さらに捲り上げて、両腕を万歳する形でスエットを捲り上げ、顔が見えるように出しました。続いて下のスエットの腰のゴムの部分を両手で持ちゆっくりとずらし、右足を抜き、続いて左足を抜いて剥ぎ取りました。ブラジャーと同じ薄い水色のショーツでした。中央部分にレースがあり、陰毛が見えます。まずこの姿を携帯に撮り、ブラを外しにかかりました。ベッドと体の間に両腕を左右から滑り込ませて、ホックを外しました。ブラを捲り上げ、二つの膨らみをあらわにしました。
お世辞にも大きいとは言えない、手のひらにすっぽりと収まる膨らみの頂上にグリーンピースほどの大きさの茶色い乳首に、一円玉より一回り小さい乳輪です。吸い付きたい衝動をグッと押さえ、ショーツを脱がしにかかりました。
太腿の両脇から手を入れて、ゆっくりとずらして行きました。
レースに隠された部分が露になり、逆三角形型に陰毛が生えていて、肌の白さに対比して妖しい艶を放っていました。両足からショーツを抜き枕元に置きました。
続いて佳代先輩を脱がしにかかりました。
トレーナーを捲り上げると薄いピンク色のレースのブラジャーが。ひろ子先輩と同様に、万歳する格好で脱がせました。ピンク色のスエットをずらすとピンク色の光沢のあるショーツでした。ブラのホックを外し捲り上げると、先日見たのと同じ膨らみが露になりました。
ショーツを脱がしにかかったときに異変がありました。
先日は黒々と扇型に生えていた陰毛が、割れ目に沿って縦に細長くなっていました。
私は洗面所に向かい剃刀を持ち出しました。
全部剃ってしまうのは問題なので上の部分の数センチを剃る事にしました。剃った陰毛をティッシュに包み右のポケットに入れ、同様にひろ子先輩の陰毛も少し戴いてティッシュに包み左のポケットに忍ばせました。
二人の寝ているベッドの間に座り、左手でひろ子先輩の、右手で佳代先輩の割れ目をそっとなぞり、クリを刺激してみました。当然何の反応もありません。指を奥に差し入れてゆっくりかき回すと、じわりじわりとすべりがよくなってきました。辛抱たまらず、貪るようにひろ子先輩の胸に吸い付きました。ひろ子先輩の両足を開き、その間に座りました。やや黒ずんでいましたが、肌色の陰唇部が濡れて光っていました。亀頭を陰唇部にあてがい、一気に貫きました。ひろ子先輩の中は十分に濡れていなかったので、亀頭の皮が引っ張られ激痛が走りました。耐え切れずに亀頭を抜き、唾液を息子に垂らして再度挿入しました。
唾液では十分な潤滑が得られないせいか、ざらざらした感じの刺激がありたまりません。そうこうしている内に十分に潤滑してきたので息子をひろ子先輩から抜きました。
佳代先輩のベッドに移り、佳代先輩の両足を開き、その間に座り、妖しく光る割れ目に、ひろ子先輩の愛液に塗れた息子を挿入しました。
やはり十分に濡れていないので、大きな摩擦抵抗が生じましたが、耐えれない訳ではないのでそのまま挿入しました。
あの時と同じ感触が蘇り、無我夢中で突き続けました。
危うくイキそうになったので、佳代先輩から息子を抜き、クールダウンしてひろ子先輩に挿入しました。
ひろ子先輩のほうが肉付きが良いので、息子を包み込む襞の感触も、佳代先輩より良く感じました。
クールダウンの甲斐もなく、あっという間にひろ子先輩の中で射精してしまいました。数回吐き出したところで息子をひろ子先輩から抜き、まだ萎えない息子を佳代先輩へ挿入しました。もう出ないだろうと思っていましたが、無我夢中で突き続けると腰が引けるほどの快感で、また絶頂感が襲ってきて、佳代先輩の中でイッテしまいました。
余韻に浸りながら、服装を元に戻していると、薬の効果が薄れてきたのか、スエットを履かす時に抵抗するようなそぶりが。
大慌てで服装を適当に戻し、自室へ戻りました。
翌朝気付いていたのかどうか気になったので、朝食の場でそれとなく昨晩の部屋での飲み会の話題を出してみました。
飲んでる途中で睡魔に襲われて、私が部屋を出た所までは薄らと記憶があるが、そのあとは朝までまったく記憶がないと言うことだった。寝相が悪かったのか服装がすごく乱れていて、二人で朝起きたときに大笑いしたとのこと。佳代先輩は、下のスエットがなく下着姿で、ひろ子先輩は胸を放り出した姿で寝ていたので、あのまま部屋に残っていたらいいもの見れたのにって笑いながら話してくれました。



社内恋愛・上司部下 | 【2019-09-28(Sat) 21:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

あや先輩をマッサージして…

あや先輩、かんぱーい、今週もお疲れ様でした
(グラスを合わせた後であやさんの手をとって)
何とか今週の仕事も先輩のおかげで終わりました
ありがとうございました
ほんと、慣れないところを何とかやっていけてるのは先輩のおかげですよ

なにすんのよ!
(と言いながら ちょっとドキドキ)
しっかりしてよ!
ほんと早くしっかりしないとですよねぇ
(苦笑いしながら頭をかいて)
ボーっとしてるとあっという間に一年経って後輩が入ってきちゃいそうですよ
早くあや先輩みたいにバリバリと仕事できるようになりたいですよ

今日も一緒に残業させちゃってすいません


ほんと!
罰として、今日は肩こっちゃったから肩を揉みなさい!
今日は久しぶりに、仕事終わったらマッサージ行こうと思っていたのに!

わ! 先輩の予定つぶしちゃって申し訳ありません
じゃ
(立ち上がってあやさんの後ろに回って肩を軽くもみ始めて)
個室ダイニングだからいいけどそうじゃなかったら肩もんでたらセクハラ扱いされちゃうかもしれませんね

もー下手くそね!
あんたなんかに何も思わないわよ!
(といいつつ、変に意識して一瞬ちょっとドキドキする)

もっと上よ上。
それにもっと強く!

はーい、すいません
(笑いながらもう少し力を入れるためにあやさんの背後に密着して肩を揉む手に力を入れて)
はやく先輩に怒られずに片腕になれるくらいになりたいですね
このあたりどうですか?
・・・先輩の髪いい香りがしますね

ちょっと良くたってきたけど、じれったいわね!
ここじゃぁやりにくいってのもあるけど。
あんたの家、そういえばここから近いよね。
さっさと食べて、あんたの家で、しっかりマッサージして
明日休みだし、私は今日マッサージですっきりしたい
いいわね!

はい、確かにすぐですけど
(びっくりした表情をしてすぐに笑顔で)
じゃあ、ちゃっちゃと頼んだ分を飲んで食べて僕の部屋に行きましょう

(手早く飲み食いして会計を済ますとあやさんを伴い自分の部屋に向かって)
さ、先輩、ここです
まあ、入ってください
(扉を開き、あやさんの入室を促して)
とりあえず上がってマッサージですから僕のベッドの上にでも座ってください
あ、なんか飲みますか?

意外ときれいね。
じゃあお茶くれる?

はい、ここに置きますね
(手早くお茶をいれテーブルの上に置き、スーツをハンガーにかけて)
さて、じゃあお茶を飲んだらマッサージしましょうか
先輩、上着を脱いでその辺にかけてベッドに横になってください
(思いついたように)
あ、それとちょっと痛いかもしれないから先輩が暴れないように
このマジックテープで先輩の腕を軽く止めさせてくださいね
急に動くと危ないですからね

なんでもいいわよ。
そのかわりしっかりマッサージやってね

もちろんですよ
これでもマッサージにはちょっと自信があるんですよ
じゃあ、お客様、今日は肩腰足の疲れ、どの辺から手をつけましょうか?
お客様のお好みに合わせてサービスさせていただきます
(にっこり笑いながら手をもみもみと動かして見せて)

とにかく肩をまずやって!
言っとくけど変な事したら、承知しないからね。
(と言いつつ、もみもみ動かした手で胸を揉まれるのを想像し、ちょっと赤くなる)

変なことしようとしても僕じゃ先輩にかなわないですよ
(苦笑いしながらあやさんの手首を前でマジックテープで止めて)
取ろうと思えば簡単にとれちゃうと思いますから
怖かったりはしないですよね?
(言いながら背後に回って肩に手をかけて)
お客様、この辺ですかね?
(耳元でささやくように声をかけて)
痛かったりもっと揉んで欲しいところがあったらすぐに言ってくださいね

(急にマッジクテープに気になりだし、Mな部分が目覚めてくる)
うん
(いつもとは違った女らしい可愛い声で、その後はちょっと上の空。)

(あやさんのあげた声を気にして肩を揉みながら耳元に声をかける)
痛かったりはしないですか?
(力を入れるために背後に密着しているので耳元にささやくと唇が耳に触れて吐息が耳にかかっている)

あん
(だんだん体が熱くなってくる)
み、耳はダメ

・・・先輩、かわいい声出すんですね
話しかけながらじゃないとコミュニケーションがとれずにマッサージもうまくできませんから
耳は我慢してくださいね
先輩もいつもコミュニケーションが大事だっておっしゃってますもんね
そのくらいは我慢してくれますよね?
(肩から背中にかけて広い範囲を揉みながらあやさんの様子を見て声をかけている)

か、かわいいなんていわないで (弱々しい声で)
あん、耳は
(ちょっとモジモジし始める)

かわいい声ですよ
会社では聞いたこともないようなかわいい声ですよ
(肩を揉み解しながら)
先輩肩がこりやすいんですね
そうか、先輩結構・・・そのおっぱい大きいですもんね
大変ですね
(話しかける耳を左右時折変えて両耳に刺激をくわえて)

い、言わないで
エ、エッチなことも言わないで

言われたら…言われたらどうなるか教えてくれないで
ただ言わないでって言われても困っちゃいますよ
(肩をもむ手を背中から脇の下を通して背中からあやさんを抱きしめて)
先輩、エッチなことを言われたらどうなっちゃうんですか?
コミュニケーションは大事ですよね
ちゃんと教えてください
(言いながら耳にそっとキスを)

だ、だめ…
あん そ、そんなにせめないで

責めてなんかいませにんよ
先輩の疲れが取れるように気持ちいいマッサージをしてあげたいだけですよ
わかってくれますよね?
(背後から抱きしめた手で乳房を下から持ち上げて)
こうしたら少し肩が楽なんじゃないですか?

あん あん
だ、だめよ

(持ち上げた乳房を持つ手に少し力を入れて軽く揉みながら)
先輩、何が駄目なんですか?
いつものようにちゃんと僕に教えてください
ちゃんと教えてくれたら先輩の役に立てますから
(ささやきながら耳に舌を這わせて)
先輩、もっとかわいい声聞かせてください

た、立っちゃってる
(乳首がツンとたってきた)
だ、だめよ。自分で調べなさい(弱々しい声で)

教えられてばかりじゃ駄目ってことですね
(背後からあやさんのブラウスのボタンを上から外していく)
先輩のどこが立っちゃってるんだろう
僕はまだまだですね
なるほど、先輩のブラはフロントホックなんですね
(ブラのホックを外すと弾けるようにあやさんの乳房がとびでて上気してほんのりピンクに染まっている)
(飛び出した乳房を後ろからわしづかみにして)
先輩、見てください
先輩のおっぱいをマッサージしてますよ
ほら、先輩の乳房に僕の指が沈んでるのよく見てください

ハァハァ…
あん、あん
(胸をマッサージされるたびに声を出す)


(あやさんがおっぱいを揺らしているのを見て取ると唇からあやさんの唾液まみれのちんぽを引き抜いて)
何ですか先輩?
そんなにおっぱいを揺らして僕を呼んでるんですか?
(あやさんの前に座って乳首を口に含むと舌で転がしながら軽く歯で刺激をくわえて)
(もう片方の乳首を指でつまみ上げながら空いている手であやさんを抱き寄せて)
こんなにいやらしい先輩のおっぱいを会社の中で好きに出来たら・・

す…すきにして!
もっともっと…すきにして…

先輩もしかして
こんな風におっぱいいじられたりするのが好きなエッチな牝なんですか?
(乳首を強めに吸って、もう片方の乳首を痛いくらいにひねり上げて)
いつもこうしておっぱいいじられたいと思ってたんですか?

牝って、言わないで…
もっともっと強く!
そう…そこ…

牝でなくってなんなんですか?
(乳首に軽く歯を立てながら、もう片方の乳首をさらにひねり上げる)
こんな風にされてうれしそうな声をあげながら顔を真っ赤にして
腰までがくがく震えてるじゃないですか
牝が嫌なら、先輩は今日から僕の牝犬って呼びますよ?

し…下も…
下も…そろそろ…

下もそろそろなんですか?
上のお口からよだれがこぼれてますけど
(乳首から口を離して、荒く呼吸するあやさんの口に舌をねじ込んで舌を絡め)
(乳房をわしづかみにして痛いくらいに揉みながら)
先輩、下がどうしたのか教えてください
どうなのか教えてくれないと僕もどうしたらいいのか困りますからね
それとも先輩は牝犬だからベッドの上で四つんばいになってお尻を高く突き出して振って見ますか?

あん あん
し…下も…
下も舐めてください…
お…おねがいします…
あん あん
(言われたとおりに、お尻を高く突き出し少し振る)

ほんとに先輩はいやらしい牝犬ですね
(あやさんがさっきまで座っていたシーツに出来たしみのにおいをかぎつつ)
僕のシーツに牝犬の匂いが付いちゃいましたよ?
(あやさんの尻に手をかけて引きちぎったストッキングの残骸をどけながら)
あー、下着もぐっしょりですね
(下着の上から濡れている部分を撫でながら)
今度会社でも二人っきりのときにこうしてお尻振ってくれますよね?

か、かいしゃぁ…
は、はやく…
(催促するように、もっとお尻を突き出して振る)

会社の中で下着を濡らしてこんな風にお尻を振る先輩
きれいだと思いますよ
(あやさんの下着に手をかけて太股までずり下ろすと後ろから尻を抱え込んで)
(蜜の滴る割れ目にクリに向かって舌を這わせていく)
ああ、先輩、牝犬の香り、最高ですね
いつもこんなに濡れやすいんですか?

い…いつもはこんなに…
きょ…今日は…ちょっと…
お…おかしい…
だ…だけよ…
だ…だめ!!!
そ…そこは…だめ…

そこはだめ?
ああ、先輩はおまんこが舐めてほしいわけじゃなかったんですね
勘違いしてしまいましたよ
(顔を上げるとあやさんの尻に平手打ちで大きな音を立てて)
先輩は牝犬だからこういうほうが好きですよね?
いつもはこんなにはって言うことは
こんなにじゃなくても濡らしてるんですね?
どんなときに濡れてるんですか?
僕に注意してるときですか?
(もう一発、尻を叩いて)

あん
い…言わないで…
や…やめないで…
も、もっと舐めて!!
お…おねがいします。
あ…あやをもっとなめてください…

なんだ、やっぱり舐めて欲しかったんですね
先輩のためなら僕のできる限り舐めさせてもらいますよ
(あやさんの内股に手をかけるとさらに足を開かせてぱっくり開いた足の間からクリに舌を伸ばして舐めまわして)
あや先輩の全身舐めてあげますね
おっぱいもおまんこもお尻も背中もおなかも手も足も首筋も
先輩の全身舐めさせてくださいね

ああああああああんんんn…
き…きもちぃぃ……
(少しガクガクし始める)
ク…クリを…
クリをもっとなめてください!

舐めるだけでいいんですか?
(顔を上げると指でクリを摘んで)
先輩はこういうのはお嫌いですか?
(指でクリを弄びながらあやさんの尻に口をつけ)
さっき叩いたところが赤くなっちゃってますね
でも・・・このお尻にもっと僕の印をつけてあげたいな
(お尻や内股を強く吸ってキスマークをつけていく)
ここなら普通は外から見えないから大丈夫ですよね?
それでも先輩が僕の牝犬だって言う証ですよ

ひーーーーーーー
(噴水みたいにラブジュースがでてくる)

先輩の口が言わなくても身体の方が正直ですね
(クリを摘んではさんだ指で転がしながら、もう片方の指をあやさんのおまんこに挿入している)
先輩のおまんこは何本くらい指がくわえられますかね?
そうそう、いつもはオナニーで何本くらい指を入れてるんですか?
(おまんこに入れた指を軽く動かしながら)
先輩、教えてください

あ…はぁはぁ…
そ…そこ… き…きもち…いい…
そ…そこよ
お…おなにーなんか
し…しないわよ…

じゃあ先輩はむらむらしたらどうしてるんですか?
二本目ー
(中指にくわえて人差し指も挿入して軽く前後させてクチュクチュと音を立てる)
きついおまんこですね
(クリも強めに指でつまみながら)
クリとおまんこはどっちが気持ちいいんですか?
いつもはどうやってオナニーしているのか教えてくれないんですか?

む…むらむらした時は…
はぁはぁ…
(手を胸にもっていき、じぶんで揉み始める)
はぁぁぁぁぁ…
あん! あん!

おやおや、先輩、自分で腕止めてたマジックテープ外しちゃったんですね
しかも先輩はおっぱい揉まれるほうが好きなわけだ
いつもそうやって自分でおっぱい揉んでるんですか?
でもちゃんと答えてくれないから三本目ー
(おまんこにさらに薬指も挿入して)
おまんこがぎちぎち言ってますよ
ちょっと動かしてみますね

あん!う…うごかさ…
う…うごかさ…
はぁはぁ…

先輩が動かさないでってことは
(愛液を垂れ流してグチョグチョになっているおまんこの中で指を荒々しく動かして)
先輩のおまんこがグチュグチュって喜んでますよ
もう僕の手が先輩のいやらしい汁まみれですよ
ヒクヒク身体を震わせて、声も出ませんか?
(手の動きを緩めると)
先輩、僕のおまんこマッサージはどうですか?
まだまだですかね?

いや!いわないで…あん!
あん!あん!あん!
い…いちゃうう!

先輩が僕の指だけでいっちゃうんですか?
そんなことないですよね?
(三本の指をそれぞれおまんこの中で動かしつつ前後にも動かしておまんこを責め立てる)
僕のおまんこマッサージの効き目はどうですか?
先輩の口からちゃんと教えてください

いい!!さいこー!!
い…いちゃう…いっちゃうよー

先輩にほめてもらえるなんてうれしいですね
(嬌声を上げるあやさんをさらに指で責めながら)
仕事ではなかなかないですもんね
先輩がいって動けなくなっちゃったら
僕のおちんちんで犯しちゃっていいですよね?

い…いちゃう…いっちゃうよー
あん!
あ・・・ん・・・んんっ・・・あ・・・
(全身をガクガク震わせ、身体を弓なりに反らせる、口は少し半開きでイッってしまった)
はぁはぁ…



社内恋愛・上司部下 | 【2019-09-18(Wed) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

あほ上司その後

あほ上司
 の続き

657 :656 :2007/08/30(木) 19:09:42 ID:7rbtln/JO
セクハラ上司は、結局自主退職したわけですが、その後の話。

B男 元上司
C子 仲良しの同僚

前に、C子へセクハラをする上司B男をこらしめるべく、私が給湯室で録音したセクハラ発言の数々を会社の会議で暴露して、B男は自主退職していきました。
その後、平和な日々が続いていたのですが、この前私にB男から電話があったのです。


659 :恋人は名無しさん :2007/08/30(木) 19:10:10 ID:FYYGN/nyO
あ?はいはい、覚えていますよ。
是非お願いします。


661 :656 :2007/08/30(木) 19:13:04 ID:7rbtln/JO
覚えてる方いましたか!ありがとうございます。

私「もしもし」
相手が誰だか表示も見ずに電話に出た私も問題有りですが。
B「てめー!!ただじゃおかねーぞ!!」
私「え?だ、だれ?」
B「忘れたのか?ふざけんなよ!ぶっころすぞ!」
あ、B男だ…なぜか確信しました。
退職後のB男は家のローンたっぷりなのに再就職も決まらずという噂でした。
急に恐怖がおそってきて、すぐに電話をきって着拒。非通知も着拒。
でも着拒でも履歴は残るのね。夜中に何件も着信あり。イヤな予感がして、C子に電話してみた。C子には何もきてないらしくて、ひとまず安心。
番号変えるのもめんどいしなー…どーすっか。住所も知ってるだろうし。


664 :656 :2007/08/30(木) 19:15:38 ID:7rbtln/JO
暑いのに窓も開けない日が続いた。
一応元社員の話だし、課長に事情を話しておいた。あんまり残業しなくていいようにフォローしてくれた。
私は結構さばさばした性格なんだけど、正直着信履歴見るだけでかなりびびってた。
着信は常に夜中。朝起きると5件から15件くらい非通知着信があった。


666 :656 :2007/08/30(木) 19:17:27 ID:7rbtln/JO
支援どもです。

ある朝家を出て駐車場で車に乗ろうとした瞬間、200Mくらい先から男が走りよってきた。私はかなり警戒態勢に入っていたので、誰か確認する前に車に乗り込んでダッシュ。
B男だった。
私は運転しながらものすごいパニックで、一人で
「こわっ!!ちょーこわっ!!すんごいこわいんですけど!」
って叫んでた。
会社についてすぐに課長に話した。半ベかきながら。
その後何日間か会社の外からこちらを見つめているB男が見えた。
私は怖くて、しばらくC子の家に泊まることにした。


667 :656 :2007/08/30(木) 19:19:18 ID:7rbtln/JO
しばらくB男は姿を現さなくなった。ほっとして気がゆるんでいた。
その日は会社で展示イベントがあって、出入り口は鍵を開けてオープンにしていた。
本社のお偉いさんたちも数名様子を見に来ていた。あとお得意先の人とかも。
私は会場前で受付。
来ましたよ。B男が。
私はまたパニック。近寄ってくるB男。周りは誰もいない。声が出ない。私に手をのばすB男。


669 :656 :2007/08/30(木) 19:20:59 ID:7rbtln/JO
やっと声が出た。
「かちょーー!!かちょーー!!かちょー!?」
これしか言えない。しかも声があまり出ない。
胸ぐらつかまれて外に引きずり出されそうになった。会場からは死角。しかも会場は騒がしいため誰も気づいてくれない。


671 :656 :2007/08/30(木) 19:22:29 ID:7rbtln/JO
でも課長は私を心配してか、偶然見にきて発見してくれた。
課「ちょ!おま!なにしとんじゃ!?」
B「こいつのせいで俺めちゃくちゃなんすよ!こいつ許せないんすよ!」
こんなトラブルをお偉いさんたちに見られたらたまったもんじゃない。課長必死。かなり必死にB男はがいじめ。でもB男が叫ぶからお偉いさんたちも気づいてしまったらしく近づいてきた。


672 :656 :2007/08/30(木) 19:23:42 ID:7rbtln/JO
でもここでミラクル発生。神様っているのかと思った瞬間だった。
偉「B男くん!!?」
B「お、おじさん…」
そういえば、B男はコネ入社と聞いたことがある。しかも嫁側の親戚。お偉いさんの姪が嫁。うちの支社ではなくて遠くの本社に勤めてるってことしか知らなかった。
よりによってたまたま会社のイベントで、たまたまお偉いさんが本社から来ていた。ミラクル。
でもよくよく考えると、普段は鍵が閉まっていて入れなかったがその日はイベントだから入れたってだけだし、なるべくしてなった状況なのかな?本社からお偉いさんたちが来てたのはほんとに偶然だけど。


673 :656 :2007/08/30(木) 19:25:06 ID:7rbtln/JO
偉「おまえ…なにしとんのじゃ!勝手に会社やめて俺の顔つぶしよったかと思えば、今度はなんじゃ!若い子に暴力か!」
一同シーーン。
偉「このことは全部おまえの親と嫁に報告する!今すぐだ!」
B「…」
偉「みなさん、すみません。私、私用のため一旦退室させていただきます」
そう言って、呆然とするB男をつれて外に出ていった。

その後、B男は離婚したらしい。嫁一族とも会社とも一切関わらないという念書を書かせたらしい。うちの支社に念書のコピーが送られてきて、保管するようにという指示があった。


678 :656 :2007/08/30(木) 19:26:31 ID:7rbtln/JO
終わりです。支援ありがとうございました。
駄文ですみませんでした。
でも本気で命の危険を感じたできごとでした。


678 :656 :2007/08/30(木) 19:26:31 ID:7rbtln/JO
終わりです。支援ありがとうございました。
駄文ですみませんでした。
でも本気で命の危険を感じたできごとでした。


680 :恋人は名無しさん :2007/08/30(木) 19:30:21 ID:0LWlVAVO0
乙です。
もし次の展開があるとすれば、相当怖いことになりそうだが。
何もかも失っているわけだからね。


681 :恋人は名無しさん :2007/08/30(木) 19:31:46 ID:KdO8VqVi0
お疲れ様でした。ホント怖いね。
落ち着いた頃にまた「お前のせいで人生めちゃくちゃになった」とか言って
襲撃に来るかもしれないから気をつけたほうがいいんじゃ…


682 :656 :2007/08/30(木) 19:33:55 ID:7rbtln/JO
正直まだびびってます。会社やめて逃げた方がいいのかとも。
気をつけます。



社内恋愛・上司部下 | 【2019-09-16(Mon) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

あったかいとこ行く?

この間、飲み会の後同僚とホテルに行ってしまった。
それからずっとあの夜の事が頭から離れない。胸が苦しい。
文才は全然無いけどすっきりしたいのでここに書かせてください。

会社の同僚達と飲んで皆を駅まで送った後に、帰りの方向が
一緒だった同僚にタクシーでうちの近くの駅まで送って貰う事に。
飲むと寒気を覚える私が震えてたら肩を抱いてくれて、
その勢いで彼の胸に頬をうずめる形になりました。

なんだかその感触が気持ちよくて強くほっぺたを押し付けたら、
肩を抱く力が強くなったので顔を見ると、困った顔をしていた。
少しの間見つめ合った後、私から目を逸らすと 「まったくもう…」って何度も呟いて、
それから私の顔を持ち上げ、優しくキスしたあと、
「あったかいとこ行く?」って聞かれて、私は何頷いてしまいました。

ホテルに入ったらすぐにお姫様抱っこされてベッドの上に。
彼が横に寝てキスをした後、服の上から優しく胸を触られて、 ぎゅっと抱きしめられながら耳元で
「凄く可愛い。大好き。 男だけで飲みに行くとお前の話題が出るから、俺は会社でも いつも心配で苦しかったよ…」って…。
なんだか凄く切なくなって、彼の首にきつく抱きついたら
「もうホント可愛い。大好き」って言いながら、ほっぺた、 おでこ、首筋にたくさんキスされて、
それだけでも頭がぐるぐるするくらい気持ちよかった。

彼が服を脱いだ後、私も服を全部脱がされ、下着も取られて全裸に。
それから激しくキスをしながら優しく胸を揉まれ、指で乳首をコリコリされると、
胸が弱い私はもう布団にシミが出来るくらい濡れてしまった。
恥ずかしくて顔を隠してたら腕を抑えられ、今度は舌で乳首を転がすように舐めたり、優しく吸ったり。
私はそれだけでもうすぐ入れて欲しくなったけど、こんな短時間でそんな事考えてる自分が恥ずかしく、
自分でもかなり戸惑ってしまった。今まで全然男として見てなかった、ただの同僚だったはずなのに。

でも不思議なもので、こういう時って相手も同じように考えてたりすること多いですよね。
彼ももう私の中に入りたかったみたいで、また私を強く抱き締め、ほっぺたに何度もキスした後、私を仰向けにして
足を開き、また少し困ったような顔をしながら、 少し震える声で「もういい?」って。
私が頷くとゴムをつけ、私の入り口にあてがって ゆっくり馴染ませるようにこすり付けてきました。
暗くてよく見えなかったし、恥ずかしくて顔を隠したり、 目をつぶってたからわからなかったけど、
彼のは凄く大きくて、頭の部分が入ってくるだけでもう私は少し苦しくて、でももっと入れて欲しくて。

そんな私の様子を見て一度抜いた後、また抱き締めながら
「痛い?ごめんね。でも入れたいよ。中に入りたい。 だけど嫌な事したくない。どうすればいいかな…」
って泣きそうな顔で言われて、恥ずかしかったけど私から 「奥まで来て欲しい」なんて言ってしまいました。
彼は「痛かったら言ってね」と言うと、もう一度 入り口にあてがい、
ゆっくり少しずつ動いて、なんとかさっきより深く私の中に入ってきました。

そのまま少しの間動きを止めてディープキス。
私の体の力が抜けた瞬間、またグッと深く入って来て、
だんだん私の体が慣れてきたのを感じ取ったのかゆっくり動き出しました。

彼に切ない表情で見つめられながら優しく突かれて、たまに耳元で「可愛い。大好き。」なんて囁かれて、
彼が動くたびに自分のあそこからいやらしい音が聞こえて、私は今までになく感じていました。
勝手に声が出てしまうなんて初めての経験でした。

彼は私を激しく突き上げながら「もういきそう」とかすれた声で言い、私の膝を持って足を思い切り広げると
奥まで来て、そのままいったみたいでした。
終わった後も私の髪を撫でながら「可愛い」とか
「大好き」とか連呼するものだから凄く恥ずかしかった。
でも凄く愛を感じる夜でした。

あれから会社で毎日顔を合わせてるけど二人きりになる事もなく、普通に仕事をしている。
でも、思い出すとまた抱かれたくなってくる…。



社内恋愛・上司部下 | 【2019-09-10(Tue) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

アジャとマイクロビキ二と私

高2の夏、俺は友達Tと2人で夜の秩父を愛車のホーネットで走っていた。
当時の俺は友達Tとバイトに励んだ結果やっと買ったバイクに夢中になっていた。
秩父の峠を二人で走っていたらいつの間にかあたりが暗くなり
そろそろ帰ろうと二人で定峰峠を下っていた。
峠を下りきったところにある峠茶屋で休憩を取っていると、
DQNスクーターが数台近づいてきた。
俺とTがただならぬ雰囲気を感じバイクに跨りエンジンをかけようとしていると
スクーター数台が二人のバイクの周りを取り囲みDQNの一人が話しかけてきた。

女達「カッコいいバイク乗ってるジャン」
俺「まぁね。今から帰るところなんだけどスクーターどかしてくれない?」

女はどう見ても中学生だったのでちょっと強気な態度に出てみた。

女達「なにぃ?ひょっとしてびびっちゃった?w」
T「びびってねぇって。だって君ら中学生でしょw」
女達「中学生だからってなに?なめてんの?」

中学生という一言が気に障ったらしく女達が不穏な空気をかもし出していた。
次の瞬間女達の頭と思しき女Aが指示を出した。

女A「お前(俺)ちょっとついて来い。」
女達「おら、くるんだよ」
女X「お前(T)はこっちだ」

女達4~5人が、俺とTを羽交い絞めにしてそれぞれが
違う建物の影に連れて行かれた。

建物の影に連れて行かれ一人にされたことにより
相手が中学生ということも忘れすっかりビビリモード突入。
女達は半々程度にわかれ俺のほうには5人来ていた。
2人は俺の両手を片方ずつ押さえ、1人は胴体を押さえていた。
そして女Aがもう1人フリーになっていた女Bにズボンを
おろすように命じた。

女A「Bこいつのした脱がせろ」

女Bが指示に従い俺の下半身を露出させた。
下半身を露出させられた俺はかなりのビビリモードと
峠を走っていた緊張感がまだ取れずにどこにあるの?
と、自分でも聞きたくなるほど縮こまっていた・・・

縮こまったジョンを見て女達が大爆笑した。
俺はもう怖いとかそんなことより大爆笑されたことが
ショックでかなりのブルーになっていた。
そんなおれに女Aが追い討ちの一言を発した。

女A「ここでオナニーしたら許してやるよw」
女達「マジでやらせるんすか?www」
俺「んなこと出来るわけ無いでしょ」
女A「やらないんだったら集合かけてボコるよ?」
女達「てめーAさんが言ってることきけねーのかよ!」
俺「わかったよ・・・。やったらホントに許してくれるの?」
女A「あー。約束は守ってやるよ」

女達は俺を開放し、俺の前にしゃがみこんだ。

仕方がなく俺は縮こまったジョンをこすり始めたが
いくらこすっても勃起すらしてこない。
女達から「まじめにやれよ」などの野次があったが
俺としてはこんな緊迫した状況でたつわけが無いと
おもいながらボコられるのも怖いのでそのまま
無言の状態でこすっているとAが女Cに指示をした。

女A「おまえおかずになってやれよ。上脱げ」

そのレディース集団でAは絶対的な権力を持っているらしく
Cが拒否ると思っていたが、何の抵抗もなく上半身をはだけた。

さすがに緊迫した状態で立たないとは言っても
初対面の女の子(野村佑香似の可愛い感じ)が
無表情で上半身をさらし、俺のほうを向いて
仁王立ちになっているのだからたたないわけが無い。
ビッグジョンになったのはイイがこすってもこすっても
行く気配が無い。そのままこすっていると俺のいる
建物とは別にある自販機の裏から爆笑の声が聞こえてきた。
俺はTも同じようなことさせられているのかなと
少し悲しくなっていた、ジョンをこすりながら・・・
やはりジョンも精神状態に左右されるらしく
リトルジョンになってしまった。
さすがに女達もいらいらしたらしく女Bが
靴を履いたままリトルジョンを蹴ってきた。

しかし、俺は中学生が上半身裸でジョンを蹴ってくる
という状況に興奮した。結構M?
再びビッグジョンに返り咲いたのもAが発見し、
すかさずBに指示をだす。

女A「お前こすってやれよ」

さすがにBは少し躊躇したがAのけりを食らって
しぶしぶ俺のジョンを握ってきた。
Bの手は柔らかく少し手汗をかいていたこともあり
ヌルっとした感触が俺のジョンをMAX状態までもっていった。
しばらくBにジョンをもてあそばれていると
Bが発情したらしく何を思ったか口に含んできた。

俺のジョンはすでにMAX状態と言うこともあり
Bの口内で暴発してしまった。
さすがに発情していたBも口に出されることは
予想していなかったのか即座に口をはずすことが出来ず、
精子の半分くらいを口のなかに出された。
Bは怒り狂い精子を地面に吐き捨てながら
俺のことをけり、そして馬乗りになって殴りかかってきた。
その様子を見ながらしばらく女達は爆笑していたが、
俺があまりにも無抵抗に殴られ続けているのを
哀れに思ったのかBにやめるよう指示を出した。

女A「そろそろその辺で許してやれ」
女B「でもこいつ口の中に出したんすよ?」
女A「イイからその辺にしてそろそろ行くぞ」
女B「はい・・・分かりました。」
女A「おら!みんな出発するぞ!!」

Aは全員に指示を出し、それぞれのスクーターに跨り
走り去ってしまった。
俺はやっと終わったという安堵感と行ったあとの
けだるい雰囲気とでバイクの場所まで行き
座り込んでいた。
そこで異変に気が付く。Tのバイクが無い!!
あとから知ったがTは物まねが得意で
女達に物まねを披露していて早めに解放され
1人でバイクに乗りばっくれていた。

そんなことは予想もしない俺はTを探し
あたりをふらふらと探していたら
先ほどフェラチオサービスをしてくれた
Bがバイクに跨りなにやら四苦八苦している。

俺「どうしたんですか?」
B「エンジンがかかんねーんだよ」
俺「他の人たちはどこですか?」
B「ミューズパークまで走りにいったよ」
俺「直してあげましょうか?」
B「おお。サンキュ」

バイクを買ってからずっといじり倒していた俺は
バイクの知識もそこそこあったので直してあげることに。
ホーネットから車載道具をだし、カチャカチャと
いじっているとすぐに原因が分かった。

しかし、大勢いたレディースの連中もすでに走り去って
いなくなっていて女1人というチャンスを俺は見逃さなかった。

俺「あんまり整備とかしてないでしょ?」
B「お袋のやつだから良く分からないけど・・・」
俺「ここでは直せないくらいに消耗品がボロボロだよ?」
B「マジー?どうやって帰ろう・・・そうだ家まで乗っけてけよ」
俺「あぁ。いいけど家どこ?」
B「自動車教習所のあたりだよ」
俺「それなら30分もかからないからOK」

俺はBを後ろに乗せ走り出した。
一応は教習所の方へ向かって走り出すが途中にある
墓場の方面へそれ峠道よりも人気の無い場所へ向かった。

途中でBが後ろでなにやら騒いでいたが、
峠仕様にしていた為爆音で何も聞こえない振りをし続けた。
しばらくオフ車くらいしか通らないであろう
山道や峠道をひたすら走り続け星明り以外明かりが無いような
峠の奥まったゲロ道で止まりBに話しかけた。

俺「ここからどういくんだっけ?」
B「途中で何回も後ろから道が違うって言ったろ?」
俺「このバイク爆音にしてるから聞こえなかったよ」
B「ふざけんな!今すぐもどれ!」
俺「何それ?それが物頼む態度?いやなら歩いて帰ったらw」

完全に立場は逆転した。

B「ごめんなさい。もどってくれる?」
俺「そんな態度とってそれだけ?」
B「じゃあどうすればいいの?」

ここまでおいしい展開になったならやることはひとつ。
そう、同じことをさせてやろう。

俺「じゃあさっき俺にやらせたことやってよw」
B「あ?ふざけんじゃねぇぞ」
俺「だったら置いていくだけだからいいよw」
B「わかった、わかった。お願いだから置いていかないで。」

Bはすでに先ほどまで俺に馬乗りになって殴っていた
威勢もなくなり、月明かりでも分かるくらいの涙目になっていた。

昼間Tとお弁当を食べるときのために持ってきた
ビニールシートを土の上に敷きその上にBを乗せた。

俺「はい。じゃあやって見せてよ。」
B「わかったよ・・・」
俺「ちゃんと脱いでねw」

Bは灰色の上下スウェットという田舎ヤンキーそのものの
格好をしていたので、そのままでは良く分からないので
脱がせることにした。
月明かりの中、スウェット上下を脱ぎ捨てたBを見ると
まだ発育途中のためスポーツブラ(布だけで出来てる奴)
と、良く分からないキャラクターのバックプリントの
パンツをはいていた。とても幼い印象をうけた。

俺「ちゃんと下着も脱がないとぬれちゃうよ?w」
B「マジで?!勘弁してよ・・・」
俺「じゃあ下着のまま歩いてかえる?」

俺はすばやくスウェット上下をタンクバッグに押し込んでいた。

B「ちょちょちょ!勘弁してよ。ちゃんと脱ぐからぁ・・・」
俺「最初から素直になればいいんだよw」
B「まだ誰にも見せたこと無いんだよ・・・」

下着を脱ぎながら涙目の瞳から涙が流れていた。
しかし、先ほど殴られたことに腹をたてている
俺はその程度では許さなかった。

下着を脱ぎ全裸になったまま立ち尽くすBが
俺に必死に許しを請うように話し出した。

「今までAさんの命令で胸を見せることは
何度もあったけど、下を見せることは無かったの。
好きな男子もいるんだけどその人にだって
見せたこと無いから許して。
こんなことしたらその人になんていっていいか分からない。」
俺「そんなこと知らないよ。さっき俺殴られてめちゃくちゃ痛かったんだよ?」
B「それはホントにごめんなさい。だから許して。」
俺「いいからさっさとやれよ」

Bに絶対にゆるさない。オナニーする姿を見せるまでは。
と言うことを強めに言い、Bは泣きながら胸を揉み始めた。

俺「たったままじゃちゃんと見えないでしょ?」
B「だって・・・」
俺「ちゃんと座って足開いて見せろよ。」
B「はい・・・」

Bはビニールシートに腰を下ろし▼をさすり始めた。
▼はまだ未開発と言うこともありうすーく毛が生えていたが
パイパンか?と思うくらいうっすらとしていた。
そのまま数分▼をまさぐっていたらBから声が聞こえ始めた。

B「んっ。んっ。はぁぁぁぁ。。。」
俺「どうしたの感じちゃってるの?w」
B「感じてるわけないじゃん・・・」
俺「じゃあこれなめながらヤってよ」

俺はフル勃起したジョンをだしBに突きつけた

BはAの命令でフェラくらいならしていたらしく、
先ほどまでの抵抗が嘘のようにジョンを咥えた。
Bの感じるつぼがフェラなのか、
フェラをしながら▼をまさぐる手が
激しく動いているのが良く分かった。
虫の鳴く声しか聞こえない秩父の林道で
いやらしくBの▼から聞こえる音と
ジョンを激しくくわえ込む音とが鳴り響いた。
さっき茶屋で1発抜かれていたせいか
なかなか射精まで行かなかったので
コレはBのお初をいただこうかと考え
Bを脅しにかかった。

俺「なんか全然気持ちよくねーからもう良いよ」
B「本当?じゃあもう帰ろう?ね?」
俺「はぁ?ちゃんと行かせる事も出来ないヤツなんておくらねーよ」
B「ごめんなさい!!!ちゃんと行かせるから置いてかないで!」
俺「じゃあ、そこの木に両手をついてケツ出せよ」
B「やだ!!初めては●●君って決めてるんだもん・・・」
俺「じゃあ1人で帰るんだな。全裸でw」
B「他のことなら何でもするから置いてかないで」
俺「だってフェラじゃ全然いかねーんだもん」
B「頑張るから・・・」

などの押し問答が数分続いた。

いくら言っても切が無いと重い最後の手段に出ることにした。

俺「いくら言っても無駄だな。俺かえるわ」
B「だからH以外なら何でもするから・・・」

ジョンをしまい、バイクに跨ってエンジンをかけた。

B「キャーーーーー!!置いてかないでーーーー!」
俺「ジャー。気をつけて帰れよ。」

全裸のままBを置き去りにする振りをしてバイクを走らせた。

十数メートル走らせると全裸のBが大声で

B「なんでもするから!!ごめんなさい!!」
俺「言うことちゃんと聞く?」
B「うん。わかったから。置いていかないで・・・」

俺はバイクを元の場所へ戻し、Bのところへ歩み寄った。

俺「何してんの?言うこと聞くんでしょ?気に両手ついてケツだしてよ。」
B「はい・・・。コレで良いですか?」
俺「ああ良いよ。じゃあ入れるけど文句ないよね?」
B「はい」

震えるBの▼にジョンをあてがった。

▼にジョンをあてがったままBに話しかけてみた。

俺「おまえって本当に処女なの?ぐちょぐちょじゃんw」
B「本当です。誰にも触らせてないし、見せたこともないんです。」
俺「じゃあ俺が思い出の初めての人になるんだねw」
B「はい。やさしくお願いします。」
俺「さっき俺のこと殴っといてそれ?w」
B「それは・・・ごめんなさい。だっていきなり口に出され・・キャー」

Bがまだ話してる途中に入れてみたら山中に響き渡るくらいの
大声で叫ばれた。

B「やさしくしてって言ったのに・・・(涙」
俺「俺優しくするって言ってないもん」
B「いたーい!いたーい!」
俺「うるさいんだよ。少し静かにしろよ。」

Bがあまりにも騒ぐのでケツを平手で殴った。
Bのケツは見る見るうちに赤くなってきた。
処女と言うこともあり元々キツキツだった
Bの▼はケツを叩くたびにさらにきつく締まった。
そしてケツを叩かれておとなしくなったBは
痛みに耐えていたが、数分ピストンしていると
次第にあえぎ声が混じってきた。

俺「処女なのにもう感じてるの?w」
B「悪い?気持ちいいのはしょうがないじゃん」
俺「まぁイタイイタイ言われるよりは良いけどね」
B「でもまだ少し痛いからゆっくりして」

Bの言うことを聞くのはしゃくだったが
また騒がれるとめんどくさいので言うとおりに
ゆっくり出し入れした。
Bは次第にどんどん感じはじめ、
はっきりとあえぎ声を上げるようになってきた。

B「ちょっと抜いて。なんだかオシッコが出そう」
俺「外なんだし、そのまましちゃえよ。誰も見てないんだから」
B「お願い抜いて!出ちゃうよ。出ちゃうよ。」

何度かSEXの経験があった俺はなんとなく
いきそうなんだとわかった。
そのまま激しくピストンしていると次第にBは
さらに激しく声を上げ腰が砕けそうになっていった。

B「出ちゃう。出ちゃうーーーー!」
俺「出しちゃえよ。・・・うっ」
B「あーー。・・・・・出ちゃったよ。」

Bの言うとおりオシッコだか潮だかが噴出していた。
それと同時に俺は膣内射精をしたが、
Bははじめての経験なので中だしされたことに気づかず
木にもたれかかっていた。
俺は持ってきたタオルを取り出し、俺のジョンを拭いた。
そして携帯のカメラでBを撮影。

Bは初SEXでふらふらな状態だったため撮影されていることに
気が付かないでいた。
夜も遅くなってきたので早く帰りたかった俺はバッグに仕舞った
Bの服を渡して着替えさせた。

俺「んじゃあ帰ろうか?」
B「はい・・・」
俺「後ろ乗れよ」
B「・・・」
俺「教習所まで送ればいい?」
B「はい・・・」
俺「このこと言ったら俺にリンチした事とかさっき撮った写真とかがあるから分かってるよね?」
B「・・・はい」

その後、教習所へつくまでBはずっと黙ったままだった。

教習所へ付き、Bをおろして少し話をした。
話をした内容は、
・初SEXの写真を撮影したこと。
・来週また来るので時間を空けておくこと。
・レディースの仲間には俺に送ってもらったが道に迷って帰るのが遅くなったと言うこと。
そのことを話し、Bは家に入っていった。

その後、何度かツーリングに出かけるたびに林道へ行った。
Bとは今でも関係を持っているが、今はすでに俺が脅し
Bが従うと言う関係ではなくSEXフレンド以上恋人未満の関係になっている。

前回の撮影会後約1ヶ月ほどBを放置していた。
理由はバイトが忙しく休みがほとんど無かったから。
前回と同様Bに電話で呼び出しをした。

俺「もっしもーし俺だけど覚えてる?」
B「覚えてるよ。何?また呼び出し?」
俺「そうそう。今週の土曜日朝10時くらいなんだけど、また道の駅で待ち合わせね。」
B「えっ?土曜日は先輩と買い物行く予定なんだけど・・・」
俺「んなもんキャンセルしろよ」
B「だって先輩の予定キャンセルしたらボコられるんだもん」
俺「俺の誘い断ったほうが怖いと思わない?」
B「うん・・・そうかもしれないけど・・・」
俺「じゃあ待ってるから必ず来いよ」

そして電話を切った。

そして土曜日、待ち合わせ場所の道の駅に向かった。
道の駅では前回と同様の場所にBがたたずんでいた。
俺はバイクを駐車場に止め、Bに歩み寄っていったが
なにやらBの様子がおかしかった。
しかし、そんなことには気にも留めず話しかけた。

俺「まった?それじゃ行こうか。」
B「ちょっと待って。先輩に断ったんだけど怒られて着いてきちゃったんだ・・・」
俺「えっ???まじ?!」
B「うん。そこの車にいる・・・」
俺「その先輩って何しに来たの?っていうか男?女?」
B「分からないけど、来たら連れて来いって。女なんだけどちょっと・・・」
俺「なに?ちょっとって?まぁ良いや行ってやるよ。」

俺はたかが女1人と思い甘く見ていたこともあり素直に車の方へ行った。

少し離れた場所に軽自動車が止まっていたが、車には誰も乗っていない。
Bに聞いたらずいぶん前に二人とも着ていたらしく、
待ちくたびれて後部座席で横になっているらしい。
しかし、後部座席にはスモークが貼ってあり中に人がいても全然分からない。
たかが女と侮っていた俺はツカツカと車の後部座席ドアへ歩み寄り
ノックもせずにあけた。
そこには思いもよらない物体が存在していた。
まるでアザラシにスカートを履かせ、子アザラシがスカートから
2匹顔を覗かせているかのようだった。
しかも、その物体は俺があけたドアの方に足を向けて寝そべっており、
子アザラシの間からは薄ピンク色のレースパンツが見えている。
一瞬状況が理解できない俺は固まってしまった。
次の瞬間アザラシが叫んだ「ブモォォォー」

と一瞬聞こえたがよく聞くと

先「なんだてめぇは!!覗いてんじゃねェ!」
俺「えっ?・・・いや・・・・その・・覗いてるわけじゃ・・・」
B「先輩すいません!この人がさっき話してた人です」
先「あぁ?てめぇがそうか。勝手にあけてパンツ見ただろ?」

そういうとアザラシは蹴りを放った。蹴りは俺のみぞおちにヒットした・・・
俺がうずくまっているとアザラシが車から降りてきた。
苦しみながらアザラシを見上げるとパンツよりも驚きの顔がそこにはあった。
似ているというレベルをはるかに超えたノーメークのアジャコングだった。

先「何見てんだ?何とか言えコラ!」
俺「あ・・・いや・・・えっと・・・ごめんなさい」

当時177cmあった俺とほぼ同じくらいの身長のアジャ、
さらに俺の倍はあるのではなかろうかと言う体格でビビっていた。

俺は、俺がBを脅して性奴隷にしていることが全てBから伝わっていると思った。
たかが女と侮っていたが先ほどの蹴りは今までおとなしく生活してきて
クラスメイトとちょっとした喧嘩しかしたことのない俺にとっては
人生ではじめての重量級の蹴りで今までの誰よりも強烈だった。

俺「えっと・・・Bちゃんとはこの前知り合って、それで・・・」
先「あぁ?何ワケのわかんないこと言ってるんだよ?」
B「すいません先輩。この人シロートなんで許してください。」
先「あぁ。もう良いよ、それよりお前忍って言うんだろ?」
俺「えぇ。そうです。」
先「今日はBと買い物行く約束してたんだよ。お前も付き合え。」
俺「いや、俺は帰りますから。」
先「良いから付き合えって言ってんだよ!」
俺「はい。」

すっかりビビってしまった俺はおとなしくついていくことにした。
アジャと少しでも一緒に居たくなかったのでバイクで行こうとしたが、
アジャは許してくれなかった。
免許を持っているアジャが運転し、なぜか俺が助手席に座りBが後部座席へ座った。
しばらく、Bとアジャとで何とかってチームの奴が生意気だとか
海に行ったら何をするかなど、話をしていたが俺に話しかけてきた。

先「そういや名前言ってなかったな、私は香(かおり)。そんでお前いくつだよ?」
俺「今高2です。」
先「なんだ2つしか変わらないんだ。それにしてもB結構カッコいいじゃんどこで見つけたんだよ?」
B「先月の集会のときに定峰峠のところでです。」
先「あぁ。私がいけなかったときの集会か。」
B「そうです。」
先「いいなぁ。私も彼氏欲しいよ。なぁ忍だれか紹介してくれよ。」
俺「あ・・・はい・・・。それより今日は何を買いに行くんですか?」

なるべくかかわらないようにするために多少強引に話題を変えた。

先「あぁ。今度Bと海に行くから水着を買いにね。」
俺「じゃあ俺は居ない方がいいんじゃ・・・」
先「ダメだね。忍にも選んでもらうから。」
B「それなら忍君に私達の水着選んでもらいましょうか?」
先「あぁ。それいいな、忍任せたぞ」

アジャの水着を選ぶということはアジャの水着姿を見なければならないということ、
勘弁して欲しかったがそれも不可能そうなので決心した。
今回限りなのでアジャをおだてて気分よく帰ってもらおう。

俺「香さんおっぱい大きいから海で注目浴びるようなヤツにしましょうよ」
先「私は競泳水着みたいなヤツにしようと思ったんだけどな。」
俺「そんなのもったいないですって」
B「先輩、水着選ぶの忍君に任せるんでしょ?」
先「あぁ。そうだけどあんまり変なのにするなよ?」
俺「大丈夫ですって。任せてくださいよ。」

しばらく走ると田舎っぽいデパートとスーパーの中間のような店に着いた。
店の中には水着の特設コーナーが設置されており3人で向かった。
そしてまずはBの水着を選ぶことになり、Bのサイズを確認。
Bは今まで学校のスクール水着以外は持っていなかったので
女の子らしい可愛い水着が良いとリクエストしてきた。
さすがに田舎デパートということもありあまり奇抜な物は無かったが、
その中でも面白そうな水着にしようと思い真っ白な水着を選んだ。

俺「これなんか可愛くて良いんじゃないの?」
B「真っ白でぴったりフィットする感じでかわいいぃ」
先「ちょっと試着してみろよ。」
B「はい。じゃあちょっと行って来ます。」

数分後着替え終わったBがカーテンを開けた。
俺の思った通り体にぴったりフィットしていて、胸も▼の部分も真っ白。
水につかったらスケスケになること間違いなしだった。
俺は次にBを呼び出したときにコレを着せてやろうと思っていた。

Bの水着が決まりアジャの水着を選ぶことになった。
しかし、アジャの体格にあう水着はなかなか無かった。
俺はサイズを聞くのが怖かったがアジャのほうからサイズを告げてきた。
詳しいサイズは忘れたがそのときの印象は『ドラえもん』だった。
アジャが水着を見ていた場所ではどう考えても入る物はない。
そう思った俺は店員にアジャサイズの水着の場所を聞き、アジャとBを誘導した。
アジャサイズの水着はほとんどがおばさん水着でデザインも何も無く
見る見るうちにアジャの機嫌が悪くなってきた。

先「ったくこの店品揃え悪すぎ!」
B「ホントですよね。」
俺「じゃあおれ探してくるから」
先「それなら私ら浮き輪見てるからお願いね」

そういうとアジャとBは浮き輪売り場へ。

男1人で女性用水着売り場は正直きつい物があったが
これ以上アジャが機嫌悪くなるとまずいと思い1人で探し出した。
よく探してみるとアジャサイズでも若い人向けは少しある。
俺はその中でも3点選び出した。
1つ目はワンピースのパレオ付き、2つ目は上がTシャツっぽく下がホットパンツっぽいの
3つ目にうけ狙いでマイクロビキニ。
その3つを更衣室に置き、アジャとBを呼んで来た。

俺「この3つなんですけどどうですか?」
先「まぁ良いんじゃない?・・・おい、このふざけた水着なんだよ!」
B「ちょ、ちょっと待ってください先輩。なかなか可愛いじゃないですか。」
俺「え?!あ・・・えっとそうそう、香さんグラマーだから似合うかと思って」
先「あぁ?んなわけねぇだろシメンゾコラァ!」
B「いや、ホント似合うかもしれませんよ?試着してみたら良いじゃないですか。」
先「そっか?なら試着しておかしかったらてめぇもシメっからな!」

そういって更衣室に入っていった。

アジャが更衣室に入って着替え始めたのを確認した後、Bとこっそり話した。

俺「お前何言ってんだよ。あの水着はシャレで選んだんだぞ。」
B「えぇ?!マジで?どうしよ、私知らなかったから褒めちゃったし・・・」
俺「どうすんだよ変だったらシメるとか言ってるぞ。」
B「香先輩めちゃくちゃ強くて男でも勝てない人居る位なんだよ・・・どうしよ」
俺「しょうがないから出てきたら褒めて似合うって事にするぞ」
B「うん。でも先輩気に入るかな・・・」
俺「俺に任せて置けよ。そういうの得意だから。」

そうこうしているうちにアジャが着替え終わった。
俺はカーテンをあけ、改めてアジャの戦闘力を思い知った。
カーテンの向こうに立っていたアジャは毛の処理を行っておらず、
マイクロビキニからはみ出した陰毛がスーパーサイヤ人のように逆立っていた。

俺「いやー、セクシーですね。かなりいけてるじゃないですか」
B「ほんと、最高っすよ。」
先「え?ほんと?でもこれ小さすぎんじゃない?」
俺「そんなことないですよ、綺麗な肌なんだから少しは見せないと」
B「わたしも先輩くらい胸あったらそういうの着たいんだけどなぁ」
先「そうか?そんなに言うならコレにしようかな。忍に任せるって言ったし」
俺「そうしましょうよ。それに俺こんなの見たら立っちゃいそうですよ」
先「本当かよぉ~」

そういうとアジャは俺の股間に手を伸ばしわしづかみにしてきた。

先「なんだよ、本当に硬くなってんじゃん。エロいな」
俺「だから言ったでしょう。」

俺のジョンはピクリとも反応していなかったがなぜかアジャは勘違いをし、
ビッグジョンになっていると思い込んでいた。

先「よし!じゃあコレにするわ。着替えてくるな。」

再び服に着替えるために更衣室に入っていったアジャ。
アジャを二人でお世辞良いまくりでおだてたとは言っても
まさかアジャがマイクロビキニを選ぶとは思っても居なかったことで
笑いをこらえるのに必死になった。
着替えを終えたアジャとBは俺の選んだ水着をもちレジへといった。
その後浮き輪や日焼け止めクリームなどを見た後、
フードコートで食事をし、デパート内をぶらぶらとウィンドウショッピングをした。
しばらくしてあたりが暗くなってきたので買い物を終えて帰ることに。
道の駅までの車の中では3人とも疲れてぐったりとしていた。

道の駅に着くとそのまま帰ると思っていたアジャは車から降り、
自販機前のベンチに座りこんだ。

俺「もう帰った方が良いんじゃないんですか?疲れてるみたいだし。」
B「わたしもそろそろ帰ろうかな。」
先「ちょっとジュース飲んでから帰ろう。おごってやるよ。」

アジャの言うとおり3人で座り込み少し話をした。

B「早く今日買った水着期待ですね。先輩」
先「あぁ。そうだな。それより忍も今度一緒に海いかないか?」
俺「いや、俺はいいですよ。二人で楽しんでくださいよ。」
先「私らお前が選んだ水着買ったんだからな。責任取れよ。」
俺「え?だって香さんが選べって・・・」
先「良いから来いって言ってんだよ!分かったか!」
俺「はい・・・分かりました・・・それでいつ行くんですか?」
先「来週の土曜だよ。車で行くから私んち集合な、Bと待ち合わせて来いよ。」
B「じゃあ土曜日の8時にここで待ち合わせね。先輩んち9時集合だから」

こうしてアジャ仕切りの元、海水浴計画が決められてしまった。

アジャと遭遇してから1週間後、恐れていた日がやってきた。
秩父に8時に待ち合わせなので朝6時くらいに出ないと間に合わない。
夜型の俺にとっては朝起きするだけでも憂鬱だった。
さらに当時水泳部に所属しており、そこそこの成績を収めていたため
部活の規則で海にいってはいけない事になっていたので海用の海パンを
もっていなかったので競泳水着で若干ギャランドゥ気味だった。
※海は塩の濃度が高いため海で泳ぐとプールでの感覚がずれる。
などと色々考えていたら出発の時間になりほとんど
周辺住民が起きていないうちに家を出発した。

待ち合わせ時間のぎりぎり10分前に道の駅に到着した。
道の駅ではBがいつもの場所に座っていた。

俺「おまたせ。なんかお前と遊びに行くってなんか変な感じだな。」
B「うん。そうだね、別に友達でも付き合ってるわけでもないのに。」
俺「でも香さんには彼氏ってことにしてるんだろ?」
B「うん。そうしないと先輩にもボコられるし忍くんにも写真見せられるし・・・」
俺「しょうがないから香さんの前だけは彼氏・彼女でいいや。」
B「それじゃそろそろ行こうか?」
俺「そうだな。後ろ乗っていく?」
B「先輩んち分かりにくい場所だから私が先導するよ。」
俺「OK。じゃあ着いていくから先行って」

こうして俺とBはアジャの住家へむかった。

アジャの家はBの言うとおり非常に分かりづらい場所にあった。
秩父高原牧場へ行く途中のいかにも農業やっていますという家作り。
ヤンキーにはお決まりの母屋と少し離れた場所にプレハブが建っており、
そのプレハブ小屋が住家だった。
Bは何度もアジャの家に来ていたらしくアジャ専用の駐車場に
バイクを止め、俺のバイクも誘導した。
しかし、到着した時間が朝ということもあり30分ほど早めに着いてしまった。
しかし、Bはアジャが朝弱いということを知っていたため
プレハブに近づきドアをノックしてアジャを起こそうとした。
俺も一緒になってノックをしたが一向にアジャから応答が無いため、
ドアノブをガチャガチャとまわしたら鍵がかかってなかったので一気にあけてしまった。
そこには先週見た衝撃をさらに上回る衝撃が待っていた。
アジャがベッドで上にミニーのタンクトップ下にTバックの下着姿で横たわっていた。

B「やばっ!忍君ちょっと外で待ってて!!早く!!!」
俺「えっ?あ・・あぁ?」

アジャが朝弱かったおかげで気付かれずに済んだが非常にやばい状況だった。
かなりの汗が吹き出たが、その大半はアジャのセクシーポーズを見てしまったからである。
数分後プレハブの中から入室のお許しの声が聞こえた。
中に入ると前回よりさらに短くなったミニスカートをはいたアジャがいた。

先「おう。おはよう。」
俺「あ、どうも。」
先「そこにあるの今日持ってくヤツだから車に積んどいてね」

そこに置いてあったのは保冷ボックスに入ったビール、肉、野菜、花火、やたら大きい布の塊?
とにかく荷物を積み込んで海へ向かった。

向かった海はアジャが以前家族で行ったことのある水戸の大洗海岸。
メジャーリーガー井川の出身地で有名な場所だった。
海に着いた俺たちは海岸線の駐車場に車を止めた。

俺「やっとつきましたね。お疲れ様です。」
先「あぁ~疲れた。もうお昼すぎちゃったね。早速泳ぎに行こう。」
B「じゃあ更衣室行きましょうよ」
先「更衣室って料金かかるからここで着替えちゃおう。B、忍バスタオルでちょっと隠してくれる?」
俺「え?マジでここで着替えるんですか?」
先「そうだよ。さっさとしろよ。」

アジャの言うがまま俺とBはアジャの周りをバスタオルで隠した。
当然アジャの体格では隠し切ることなど出来るはずも無く隙間がかなり開いていた。

アジャの中身は普通の女の子らしくかなり恥ずかしがっていたが何とか着替えを終えた。
着替え終わってアジャの姿を見ると改めてマイクロビキニを選んだことを後悔した。
アジャは無駄毛の処理を行っておらず、▼にはスーパーサイヤ人がいた。

先「この水着ってかなり小さいから毛を隠せないんだよね。でもリゾートにきてるんだからコレくらい大胆になっても良いよね。」
B「そうですよね。かなりいけてるから大丈夫ですよ。」
俺「そ・・・そうだよね。注目浴びちゃいますよね。(別の意味で・・・)」

Bと俺はアイコンタクトでアジャに陰毛は処理をしてから着るものだという突っ込みを控えた。
そしてアジャに続いてBの着替え、Bは普通に着替えた。真っ白な水着に。
最後に俺の着替えの番。俺にも一応バスタオルの囲いはしてくれたが、ひとつ違っていたのは
アジャが目を伏せている振りをして確実に俺のジョンを見ていた。
俺は怖くなりアジャに尻をむけ着替えを終えた。

先「よし、それじゃそろそろ行くか。」
俺「そしたら俺はワニ膨らましてから行くんで2人で先に行っててください。」
B「わかった。先輩いきましょう!」

2人は駆け足で砂浜へむかった。
空気入れでワニを膨らまし、砂浜へ向かい2人を探したが一目でどこにいるか分かった。
ビニールシートを敷きBがアジャに日焼け止めクリームを塗っていたが
明らかにその周りに《アジャコングがマイクロビキニを着て寝ている?!》的な目でみる人がいた。
そこそこ込んでいた砂浜でアジャの周りだけスペースが開いているのが目に入った。
俺がためらいながらもアジャ達の元へ行くとアジャとBが交代して日焼け止めを塗り始めた。

B「私が塗り終わったら焼きそば買って来るんで先輩忍君に塗ってあげてくださいね。」
俺「え?いや、いいって。」
先「遠慮なんかしないでも良いから。」

数分後クリームの塗り終わったBと入れ替わりにアジャが俺に塗り始めた。

先「お前ってよわっちい割りに筋肉結構あるんだな。」
俺「はぁ。一応水泳やってるんで・・・」
先「ふぅん。そっか。よし、後ろ塗り終わったから前向けよ。」
俺「いや、前は自分で出来ますから!」
先「いいから上向けって言ってんだろ!」
俺「はい・・・」

俺は若干ごねながらも素直に上向きに寝て顔にタオルをかけられた。
最初は胸、次に腕・腹・足、コレで終わりか?と思いタオルを取ろうとすると
アジャがそれを阻止した。

先「まだ塗ってないところあるだろ?おとなしくしてろ!」
俺「え?全部塗り終わってると・・・」
先「いいからおとなしくしてろ!」

先ほど足の付け根に塗っているときから若干アジャの手つきが微妙になってきていたことに気付いた俺は
なんとかエッチな雰囲気を取り払おうとしたが無駄だった。
アジャはクリームを内ももに塗る振りをして玉のあたりをソフトタッチしてきた。

俺「ちょ、ちょっと・・・」
先「なんだ?変な気分になってきたんだろ?スケベだなお前は」

なにやら勘違いしているアジャはさらに暴走しあからさまにジョンを触ってきた。

俺「すいません!みんなに見られちゃいますって!」
先「大丈夫だよほとんど海に入ってるかご飯食べてるから見てないって」

どんどんおかしな方向へ向かっているアジャをとめることは出来なかった。
俺はこんな人がいるところでこれ以上エスカレートすることはないと思い少し我慢することにした。

競泳用水着は元々布地を限界まで小さくし、水の抵抗をなくすように作られている。
そのためアジャのマッサージが直に伝わってきてしまうので
ジョンはムクムクと大きくなり顔を少し出してしまった。

先「何だよ、大きくなってきてんじゃんか。」
俺「だって、触られてたら大きくなりますって・・・」
先「ったく、しょうがねぇなぁ」

アジャは俺の下半身にバスタオルをかけ俺の水着をずらして触り始めた。

俺「ちょ、やばいですって!」
先「大丈夫だよ、なれてるから出してやるよ」
俺「いや、そういうことじゃなくて・・・」
先「大丈夫だって言ってんだろ!おとなしくしてないと握りつぶすぞ!」

俺のジョンは人質にとられてしまった。

チョッパーは自らなれていると言うだけあってテクニックは流石だった。
しばらく手コキをされているとアジャの手がジョンから下のほうへ移っていった。
次の瞬間アジャの指が俺のアナルへと侵入してきた。

俺「はぅっ。ちょ汚いですよ!」
先「大丈夫だから任せとけよ。」

アナルに指を入れられたのは初めてだったためそれ以上言葉が出なくなっていた。
それを見てアジャは俺が限界に近いことを野生の勘で察知したらしく
片手でアナルをピストンし、もう一方でジョンを激しくこすり始めた。

俺「やばいっ!でちゃいます!!!」

その言葉を聞くとアジャはバスタオルの中へ頭を突っ込みジョンをくわえフェラをしてきた。
アジャのフェラは顔からは想像できないほどやさしく包み込むようにくわえる。
俺は我慢できずアジャの口に爆発した。
アジャはその後やさしくジョンの中に残っている精子を吸出し水着を着せてくれた。

俺「香さん、ごめんなさい口に出しちゃって!」
先「ゴクン。いいんだよ、そのまま出したらバスタオル汚れちゃうだろ?」
俺「まさか飲んだんですか?」
先「普通飲むんじゃないの?今までずっと飲んできたからさ。」
俺「え?吐き出しても良いと思うんですけど・・・」
先「まぁ良いよ。でも忍のってちょっと苦いな」

そういうとアジャはペチャペチャと精液を味わっていた。

しばらく放心状態で二人とも横たわっているとBが焼きそばとラムネを手に帰ってきた。

B「すいません!!!海の家めちゃくちゃ込んでて!」
俺「昼飯時だもんしょうがないよ。」
先「あぁ。色々遊んでたから大丈夫だよ。」
B「ずるーい。二人だけで何してあそんでたんですかぁ?」
俺「ま、まぁいろいろと・・・」
先「いいから焼きそば食っちゃおう」

アジャは口をゆすぎもせず俺の精子の味がまだ残っているであろうまま焼きそばをかっこんだ。
その後、食事を終わった俺たちはワニを片手に海に向かった。

海の中ではまずアジャがワニにうつぶせに寝ようとしたが、当然重くてしずむので
うつぶせに寝て両足でワニを挟み込むように乗った。

先「キャー気持ちいぃ~。おい、忍ちょっと押してくれよ!」
俺「はい。」

俺はアジャの後ろに回りこみワニを手にビート板の要領で押し始めたが目の前に信じられない物があった。
アジャが足でワニを挟み込むと当然足は大きく開くことになる。
必然的にアジャの股間が俺の目の前に来るわけだが・・・
水着がずれている!!!っていうか布地が小さすぎてほとんど隠れてない!!!
しかも毛がアナルまで繋がっていて海藻のへばり付いたあわびのような状態になっている。
面白いので俺は後ろから前に回りワニの口を引っ張る形で進み始めた。
近くに男子高校生の集団がいたのでその周辺をわざとゆっくりまわってみることにした。

しばらく周っていると高校生の1人が気付いたらしく仲間に伝えていた。
高校生達はルックスがアジャコングで体格がアザラシにもかかわらず、
チラチラと横目で見ている。勇気ある1人はあからさまにワニの後ろについて泳いでいた。

B「ちょっと忍君、男の子達先輩のあそこ見てるよ」
俺「良いじゃん面白いからもう少し見せてやろうぜ」

しばらくアジャの▼を高校生や水の中で遊んでいる男達に視姦させてあそび、砂浜へあがった。
砂浜へあがったアジャは▼に水着が食い込みほぼ下は全裸のような状態になっていた。
その後に続いてあがってきたBは俺の予想を裏切り、透け防止の水着だったらしく
白い水着に陰毛や乳首など一切浮き出ていないつまらない結果だった。
その後、砂浜でビーチバレーや砂遊びをして遊んでいるとどう見ても盗撮をしている男が
まわりをうろうろしていたが、そんなことは気にせずにアジャ、Bに伝えないまま夕方まで遊び倒した。
3人でそろそろ車に戻ろうと話し、Bがコインシャワーの列にならび俺とアジャは
順番が周ってくるまで砂浜の横にある公園で待つことにした。

コインシャワーの順番が回ってくるまで30分程度かかると店員の言葉で
Bが順番待ちをし、俺とアジャが公園で時間をつぶしてからBのところへいくということになった。
アジャと公園に行き座る場所を探す、海の見える場所はカップルで埋まっていて座ることが出来なかった。
しかたなく、公園の奥まった方にある木製ベンチに座った。

先「あーつかれた、ちょっと横になるから枕んなってよ。」
俺「は、はい・・・」
先「んがぁ~」

アジャはよほど疲れていたらしく俺がひざを貸してやると5分もしないうちに眠りに着いた。
しかしベンチは背もたれが無くかなり狭い造りになっていたのでここでもアジャは大また開きになっていた。
そのベンチは駐車場への近道らしくカップルや親子連れが通ったが通るたびにみんなが視線釘付け
少し通り過ぎたらコソコソとアジャの▼が丸見えでウケるだのキモイだの話していた。
俺はたまらずにアジャを起こし股間を隠すように言おうとした。

俺「あの、香さん?香さん起きてくださいよ!」
先「あぁ?もう30分立ったの?」
俺「いや、そうじゃなくてその・・・・」
先「なんなんだよ、はっきりいえよ!」
俺「えっと・・・股間が・・・その・・・」
先「なんだ、そういうことか。そーいうことなら早く言えよ!」

アジャはやっと理解してくれたらしくむっくりと立ち上がり奥の防風林の方へ歩いていった。
俺は▼丸出しで寝ていて恥ずかしくなったので防風林の方へ歩いたのだと思っていて
アジャの後ろを着いていったがアジャの考えは全く違う物だった。
人の通らないところまで行くとアジャは大きめの木の根元に座り込みこっちを向かって言った。

先「ほら、はやくしな。もう時間無いでしょ?」
俺「えっ?」

俺がワケも分からず立ち尽くしているといきなり水着を下ろしてくわえてきた。

俺「ちょ、まってくださいよ。そういうことじゃないんですって。」
先「ならなんなんだよ?」
俺「かおりさんの水着小さくてあそこ見えちゃってます・・・」
先「ちょっと~、ずっとそんなところ見てたのぉ?ホント忍ってエッチなんだからぁ」

そういいながらアジャはジョンから手を離そうとしない。
これはもう一線を越える覚悟をしないといけないか、そう思った。
アジャはジョンから手を離し、寄りかかっていた木に両手をつき尻を突き出した。

先「ん・・・いいよ・・・」
俺「いや、ちょっと待ってくださいよ。そうじゃなくて・・・」
先「なぁに?じらさないで早くしてよぉ」
俺「じらしてるわけじゃないんですけど・・・」

アジャはすでに発情していて俺の言っていることを全て良いように解釈し始めた。
すでにBが順番待ちを始めてから20分ほど立っていたので手マンを5分くらいして
その後時間がないと言ってのがれるという手段を思いついた。
そして手マンを始めようと▼に手をいれた。

俺「うわぁ。香さんのおまんこグッチャグチャですね・・・」
先「んっ、はぁぁ。恥ずかしぃ事言わないでぇ。」
俺「もう手首までマン汁でぬれちゃいましたもん。ほら、地面にもたれてますよ」
先「あはっ、ほんとだぁ。忍って上手だからいっぱい感じちゃうよぉ」
俺「香さんそろそろじか・・・・」
先「あぁぁっぁっ、アナルもいじってぇ。」

ここまで来たらアジャをいかせないと戻ることは出来ないと腹をくくりアナルに指を入れた。

アナルに指を入れると何か変な感触がある、・・・?!そういえば今日アジャは一度もトイレに行っていない!
俺の指に当たったコリコリしたもの、それはアジャの朝から溜め込んだう●こだった。
普通なら●に触れた時点でテンションが下がると思うが、俺は違った。
そう、●を取り出してアジャの尻に塗ったらどうなるだろう?
いったん思いついてしまった悪戯はやらずにはいられない。俺は決行した。

俺「香さん、アナルにもっと指入れても大丈夫ですか?」
先「うんっ、もっと指入れて!かき混ぜてェ。」

アジャの許しも得たところで俺は指を2本入れた、が 思ったよりもアナルは緩々でまだ余裕があった。
そこで3本・4本と増やし直腸の奥のほうにある●をつかむことが出来た。

先「あぁぁん、抜いちゃいやぁ。もう少しでいけるのにぃ」
俺「この尻でいきそうなんですか?すけべな尻だなぁ」

指先にべっとりついた●をアジャの尻全体を揉む振りをして塗りたくった。

先「ぁああ!った、たたいてぇ!!!」
俺「いや、叩いたら後が残っちゃってばれちゃいますから・・・」
先「それならまたアナルかき混ぜてェ」

尻を叩いて手形を残したままシャワー待ち列に並んだらおもしいだろう。
一瞬そんなことが頭をよぎったが尻には●を塗りたくっている。
当然その尻を叩くと●が跳ねて自分についてしまうのでためらった。

俺「アナルかき混ぜて欲しいんですか?ホントにいやらしい尻だなぁ」
先「早く!はやくぅぅ...」
俺「目いっぱいかき混ぜて上げますよ。ほらっ!」

シャワーを浴びる順番までに戻らないと俺の手についた●、
アジャの尻にたっぷりついた●が着替えのときにばれてしまうのであせった俺。

先「もっと奥まで!もっと奥のほうかき混ぜて!!!」

リクエストに答えようと思ったが▼の方は分厚い内ももの肉が邪魔をしておくまで届かない。
仕方が無くアナルの方を奥まで入れようと目いっぱい力を込め、かき混ぜた。
が、勢い余ってアナルに手首まで入ってしまった。
ヤバイ!!!と思い抜こうとしたがアジャが力を入れたためぜんぜん抜けない。
何とか抜こうと手を少しいれ勢いをつけて引き抜いた。そのとき・・・

先「ああぁぁぁぁ・・・・」

その瞬間アジャはいった。ゴジラ・・・ではなくゴリラのような低い声で雄たけびを上げながら。

いった後アジャは木の根元にへたり込んだ。
俺はアジャの背中をやさしくなでる振りをしながら●をぬぐった。

俺「香さん、そろそろ行かないとシャワー浴びる順番すぎちゃいますよ。」
先「・・・うん、すぐ行くから先に行ってて・・・」
俺「じゃあ先に行って順番待ってもらうように言って置きますから絶対きてくださいよ。」

アジャをそのままにし、Bの待つシャワーの列へと戻った。

B「あれ?先輩は?」
俺「後で来るって。」
B「そうなんだ。シャワー結構時間かかるからもう少しだって」
俺「じゃあちょうど良い感じだったんだね。」
B「うん。そうだね。って言うかなんか臭くない?」
俺「え?そう?何でかな?」

Bは全てを悟ったようにニヤッっと笑みを浮かべた。

B「先輩に何かされたでしょ?先輩って自分は知らないけどヤリマンで有名なんだよ。」
俺「マジかよ!教えといてくれよ~」
B「しかもモテナイから後輩の彼氏とか友達とかに手を出すからたち悪いんだよね」
俺「まぁあのルックスじゃしょうがねぇよな」
B「でしょ?その癖さえなければ良い人なんだけどねェ。で、何されたの?」
俺「手マンとアナルに指入れられた。だけどその時●つかんでケツと背中に塗ってきたよ」
B「マジ??ちょーうけるー。でも見つかったらマジやばいよ?」
俺「だからお前も協力しろよ?」
B「わかった。あっ、先輩きたよ。」

けだるい感じでアジャが俺たちのいる場所まで歩いてくるのが見えた。
列へ並んだアジャの背中と尻には俺がつけた●がそのまま付けていた。

しばらく談笑していると列に並んでいた他の人がアジャに付いた●に気付いたらしく周りがざわつき始めた。
周りでは(露出狂でスカトロ趣味なんじゃねぇの?)(やだ、くさぁい)
(もらしてんの気が付かないのかな?)(教えてあげた方が良いんじゃないの?)など・・・
しかし、アジャの風体を見るとみんながみんなしり込みをしてか係わり合いになりたくないのか
誰一人として近寄ってくる者はいなかった。
しばらくしてシャワーの順番が回ってきてアジャがシャワーを浴びた。
シャワーを浴びて戻ってきたアジャは●の事など気付くことなくさっぱりな顔をし、
先に車に戻っていることを告げ歩いていった。
その後俺とBもシャワーを浴びアジャの待つ車へ向かう。

先「ちょっと疲れちゃったけどバーベキューの準備始めよっか。B氷買ってきてよ」
俺「俺も荷物もちに行ってきますよ。」
先「あぁ、悪いな。ちょっと遠いけどよろしくな」

Bをつれて買出しに行くことになった。
俺はさっきのアジャフェラで興奮が落ち着いていなかったのでBを犯すことしか頭に無かった。
とりあえず、近くのコンビニになりきれなかった駄菓子屋のような店へ向かうことに。

俺「なぁ知ってるか?香さんってアナルが好きらしいぞ。さっきアナルに手首まで入れちったよ。」
B「げっ!まじ?お尻の穴なんて気持ち良いのかなぁ?」
俺「ん~、俺もアジャに指入れられたけどまぁまぁだったかな?」
B「忍君もアナル入れられたの?」
俺「半ば強引だったけどな。試してみたいの?」
B「・・・ちょっと興味はあるかな?」
俺「よし、ちょっとこっち来いよ」

そしてアジャにフェラをされた防風林へむかった。

防風林に付くとまず最初にBを全裸にさせることにした。

俺「んじゃまず服脱げよ。全部な」
B「えぇっ?ここで?やだよ、すぐそこに人通る道あるじゃん。」
俺「あのさぁ、香さんの手前彼氏のフリしてるけど立場変わったわけじゃないんだよ?」
B「そうだけど・・・」

Bは覚悟を決め、服を脱いだ。Bが言うとおりさっきアジャとしたときは気が動転して
気が付かなかったが割りと近いところに道があり人が少し通る。
でもそんなことは気にせずにやることにした。まぁ防風林ということもあって
木がうっそうとしていて相当声を出さない限り気が付くことはない場所ではあったが。

全裸になったBに続いて俺のズボンをおろさせ、▼を自分でいじりながらフェラをするように命じた。

B「んっ、あっ・・・」
俺「おいおい、あんまり声出すと道の人に気付かれるぞ?」
B「えっ?だって・・・」
俺「まぁいいや、じゃあ木に手をついてケツこっちに向けてみ」
B「いきなり入れるの?痛くない?」
俺「大丈夫だよいきなり入れたりしたらケツの穴が切れて血が出ちゃうからしないよ」
B「うん・・わかった。」
俺「じゃあそのままおまんこは自分でいじり続けろよ」

Bにオナニーをさせつつ俺はBのアナルに指を入れた。
最初は痛がっては居たが次第になじんできたらしく▼を自分でいじっているせいもあって感じ始めた。

俺「じゃあそろそろ入れるぞ、時間もないし」
B「うん。前の時みたいに無理やり入れないでね。」
俺「あぁ分かった。」

指を入れ多少なじんではいたものの初めてのアナルSEXということで
Bはアナルに力を入れていたためなかなか挿入できなかった。
しかし、時間にそれほど余裕があったわけではないので無理やりねじ込んだ。

B「やっ、いたぁ~い!」
俺「うわっ、何だこれ俺もいてェ!」

Bが入れられた痛さでアナルに思いっきり力を入れたことによりジョンが締め付けられ、
気持ちよくもなんとも無くただただ痛かった。

俺「いってぇ、アナルはまた今度だな。」

Bのアナルに入れたのは亀頭部分だけだったので●は付いていないと判断し、
そのままノーマルなSEXに移行した。

B「あっ、気もちいぃ、あったかぁい」
俺「お前の中も暖かくてスンゲェきもちいぃよ」
B「はぁ・・・ヤバイ。見られてるかもしれないって思うとすごく良いよ」

Bには初Hの時とその次の時も露出させていたので多少露出に興奮するようになったのかもしれない。

B「ヤバイ!忍君わたしもういっちゃいそうだよ!」
俺「俺もいきそう!このまま中に出すぞ!」
B「えっ?ダメだよ、今日はやばいから」
俺「じゃあ抜いたらすぐチンポくわえろよ、口に出すから」
B「うん、あっ・・・いく・・・あぁぁぁぁ~!」

Bがいった瞬間ジョンを抜きBにくわえさせた。
無理やり頭を押さえつけ口の奥のほうで射精したせいでBはむせっていた。

俺「吐き出すなよ、そのまま口に入れて味わってから飲むんだぞ」
B「ん・・・にがいよぉ・・・・・・ゴクン」
B「ごほっごほっ。にがかったぁ」

Bはゴクンとのどを鳴らせ精液を飲み干した。
うがいをしたかったようだがうがいを許さずにそのまま買い物をし、
アジャの待つバーベキューの場所までいった。

Bとの買い物(SEX)も済み、アジャの元へ戻ると1人でかまど作りをしていた。
普通女だったらかまどじゃなく野菜洗ったり肉の味付けするだろ・・・
などということは思ってはいても口には出来なかった。

俺「力仕事は俺がやりますよ。」
先「大丈夫だって、忍君おつかれでしょ?」

そういうと俺の目を見ながらニタァとわらいウィンクしてきた。
重い荷物を持って歩いてきたから汗ダラダラだったけど一瞬にして汗が引き涼しくなった。
俺はこんなヤツのケツの穴や▼に手指を突っ込んでいたのか・・・
泣きそうな俺は何も返事が出来ずにただ愛想笑いをすることしか出来ずにいた。
その後無事バーベキューの用意も終わり3人で楽しく食べ、そして飲んだ。

俺「香さん、結構飲んじゃったからもう一回海には入って酔い覚まさないと車運転できませんね。」
先「ん?なにいってんの?今日は泊まりだよ?」
俺「え?俺聞いてないですよ?!何にも用意してないし」
B「私は先輩から聞いてたから用意してきたけど・・・」
先「あれ?言ってなかったけ?悪いね」
俺「ちょ、マジですか。パンツさえ持ってないよ・・・・」
先「大丈夫大丈夫、海で洗えばいいんだから」
俺「はぁ・・・でもホテル代とか持ってきてないですよ?」
先「ん?わたしがテント持ってきてるからそれでキャンプだよ」

アジャに逆らえるはずもなくこの瞬間1泊2日のたびになってしまった。

食事の後片付けを済ませた後、テントを立てることに。
俺の心配をよそにアジャとBはうきうき気分でテントを袋から出していた。
アジャの用意したテントはどう見ても4人用サイズ。
俺の体が大きく1.5人分は幅をとりそれにBが1人分それで合計2.5人分。
普通それに1~1.5人分が加わってちょうど良い感じだが、
アジャはどう見ても2人分超の体系をしている・・・
これはヤラレル直感的にそう思った。

先「テントも出来たし焚き火しながらもうちょっと飲もうか」
B「先輩大丈夫ですか?顔真っ赤ですよ?」
俺「こんなことそうそう出来るもんじゃないんだからとことんのもう!」

アジャを酔わせて襲うことが出来ない状態まで飲ませてしまう作戦をとることにした。

酔いを進める為にアジャを焚き火の一番近い場所に座らせ飲ませた。
安酒の大五郎をコーラで割り飲んでいたが次第にコーラがなくなったため
氷だけのロックで飲ませ合計2リットル以上飲ませることに成功した。

先「もうだめだ。眠くなっちゃったよ・・・」
俺「俺とBで後片付けしとくんで先にテントで寝といてください」
先「そうさせてもらうわ。おやすみ」

俺の作戦が成功しアジャ1人で寝かせることに成功。

俺「よかったぁぁぁ~、香さん絶対今日俺のこと襲ってくるつもりでいたぜ」
B「あはは 絶対襲うつもりだったよね。お疲れ様です」
俺「せっかくだから夜の海で泳ごうか」
B「じゃあ水着に着替えないと・・・」
俺「暗くて見えないんだから全裸だよ」

酒が入っていたこともありBはためらうこともなく服を脱ぎ捨て全裸になった。
続いて俺も全裸になり海へと走っていった。
しばらく遊びふとBをアジャと同じようにワニに跨らせて後ろから眺めてみたくなり、
Bをワニの上に乗せ眺めてみた。

俺「おぉ~良い眺めだ」
B「なんか恥ずかしいぃ」
俺「今日昼間香さん乗っけた時水着ずれておまんこ丸出しだったんだぜ」
B「えぇ可哀想、でもウケル」
俺「そのままずっといろんな人に見せちったよ」
B「私だったら死んじゃうな」
俺「明日やってみる?」
B「絶対ヤダ~」
俺「んじゃその代りに他のことしてもらうからな。」

そして海から上がり全裸のままテントへ入った。

B「ねぇねぇやばくない?」
俺「大丈夫だろ?飲みつぶれてるから起きないって。」
B「うん・・・それで何するつもりなの?」
俺「香さんの顔の上でまた開いて四つんばいになってみ」
B「え?先輩の顔の上でするの?!」
俺「なんか興奮するだろ?」
B「そうかな・・・あんまり音立てないようにしてね。起きちゃたら私達ボコボコにされちゃうからね」

Bは口ではいやいやだったようだが、▼はぐちょぐちょに濡れていた。

俺「お前おまんこぐちょぐちょじゃん、興奮してるの?」
B「見つかったらやばいから余計にぬれちゃてるみたい・・・」

そのまま手マンをしテント内でぐちょぐちょという音を立てていると
そのいやらしい音にも興奮したようでさらに知るがあふれ出した。

俺「すっげぇぬれてる。香さんの顔に汁たれてるぞ」
B「もうそんなのどうでもいいから入れてェ」

アジャの顔には数滴Bの汁がたれていたが気にせず挿入した。

B「あぁぁん。・・・前の時とは比べ物にならないくらい気もちいぃ」
俺「俺も酔ってるから心臓どくどくいってるよ。」
B「すっごく硬くなってる・・・奥がきもちいぃ奥をもっと突いて!!」

すでに興奮してアジャを起こさないように静かにすることなど忘れ
今までにないほどBを突いた。
アジャの顔の上でBのケツにパンパンと打ちつけ音を鳴らし続けた。

俺「うゎぁ、もういきそうだ・・・」
B「わたしもいっちゃう。今日は中だしダメだからね。外で出してね。」
俺「わかった、いくぞ、いくぞ!」
B「あぁぁぁ・・・」

Bがいくのと同時に抜き射精した。
射精をする時は何も考えずに抜いて出したのでそのままアジャの顔にかける状態になった。

B「はぁはぁ・・・ちょ、先輩にかかっちゃってるよ?!どうするの?!」
俺「どうしよう、何にも考えてなかったからかかっちゃったよ・・・」
B「とりあえず服着ないと」
俺「そうだな」

あわてて服を着て改めてアジャの顔を見てみると数滴精子がついているというレベルではない。
射精した物すべてがおデコ・ほっぺた・くち・アゴ・クビと顔全体にかかっている、
幸いなことに目にかからなかったので起きることはなかった。

俺「しょうがないからペーパータオルでふき取るか」
B「起きないようにそっとやってね」

俺は最新の注意を払いアジャの顔についた精液をふき取り始めた。

先「ん・・・ぅぅうん・・・」
B「ちょっと起きちゃうよ!」
俺「分かってるからそっちいってろよ」

Bを端のほうへ追いやると続いて拭き始めたらアジャが目を覚ましてしまった。

先「ん?なに?なにしてるの?」
俺「え?いや、べつにちょっと・・・」

挙動不審な態度を取る俺。Bの方を見ると狸寝入りを決め込んでいる。

先「あれ?これって・・・ねぇこれなぁに?」
俺「いや・・・その・・・・・・」

精液を全部ふき取っていなかったためアジャに精液を見つかってしまった。

先「なにってきいてるんだけど?」
俺「いや・・・ごめんなさい・・・・」
先「そんなことするんなら言えば良いのに」
俺「いや・・でも・・・」

先「私も忍としたいなって思ってたから・・・いいよ、来て」

そう言うとアジャは腰を浮かしズボンとパンツを脱ぎ捨て股を開き▼をいじり始めた。
俺は自分とBが付き合っているとアジャが思い込んでいることを思い出し、
なんとかアジャの誘惑をかわそうと努力を試みてみたがそれも無駄に終わった。

俺「まずいっすよB俺にはBがいますし・・・」
先「だいじょうぶ。絶対にBには言わないから、今日だけの関係でもいいから抱いて!」
俺「いや、まずいですって・・・」
先「そんなにいうんならこうしちゃうぞ!」

アジャは次の瞬間俺のズボンとパンツを脱がせるとすばやくくわえ綺麗にお掃除フェラをすると
俺が抵抗しているにもかかわらず俺の上に覆いかぶさってきた。

重い!!!!!!!と感じた時にはすでにアジャの▼に俺のジョンは包まれていた。
そのまま騎上位で▼を打ち付けるアジャ。

俺「うっ。ぅぅぅぅぅ・・・」
先「そんなに気持ち良いの?でもまだいっちゃダメだからね」

俺がアジャの体で押しつぶされてうめき声を上げているのを感じていると勘違いしている。
相当酔っていたのもあってこのままでは吐いてしまうと思いアジャに正上位を申しでると

先「うん、忍のって大きいから気持ち良い。いっぱい突いてね」

仰向けに横たわるアジャの足の間に座りジョンを▼へあてがいそのまま一気に貫いた。
しかし、アジャの内ももの肉が邪魔をしてなかなか入らない。
入ったかと思うと亀頭の先の部分だけかろうじて入っているかな?と思うほど。

俺「か・・・香さん・・・。俺香さんのお尻見ながらしたいから四つんばいになってもらえますか?」
先「なぁに、忍って尻フェチだったの?いいよ」

アジャが四つんばいになり尻を突き出した、が それでも尻肉が邪魔をしてなかなか挿入できない。
仕方がなく手マンをするフリをし、▼の位置を探りやっとの思い出そうにゅうした。

先「あぁぁん、そう!もっと突いて!!!」
俺「もっとお尻突き出してください。」
先「うん、アナルもいじって!激しく!!」

アジャの▼はそのルックスや体系からは想像が出来ないほど気持ちよかった、
俗に言う名器でミミズ千匹のような感触があり挿入してすぐに射精感に襲われた。

俺「香さん、俺いっちゃいそうです!!!」
先「私もいきそう!もっと奥まで突いて!アナルもいじって!」

アジャの言うとおりアナルをいじりながら思いっきり突いた。

先「あぁっ!いくっいくぅぅ・・・」
俺「俺もいきます!!!」
先「そのまま突いて!中で出していいからもっと突いて!!」
俺「中に出して良いんですか?大丈夫なんですか?」
先「大丈夫だから突きながら出しちゃって!あっいくいくよ!!!」

俺はアジャの奥まで突き、最奥で射精をした。

先「はぁぁ、中で出てる・・・暖かい・・・」
俺「香さんの中最高に気持ちよかったですよ・・・」

アジャに挿入したまま余韻に浸っていると隣にいたBと目が合った。
Bはアジャと俺がしているのをずっと見ていたようで少しニヤついていた。

しばらくするとアジャが俺のほうを向きなおしお掃除フェラをし始めた。

俺「香さん、そんなことしなくて良いですって」
先「んっ、だって忍のおいしいから・・・。あっ今おなかの中から忍の汁がたれてきた」
俺「テント汚れちゃいますから外に行って洗いましょうよ」

外に出て汲み置きしていた水道水でお互いを洗っているとアジャが衝撃の一言を。

先「忍、ホントは今日危険日だったんだよ。でも気持ちよかったから中だしさせちゃった。」
俺「え?マジですか?出来たらやばいじゃないですか!!!」
先「忍の子供だったらいいかなぁなんてね。あははは」

その後テントに戻り服を着て眠りについたがあまりの衝撃だったので眠るまでに何を
話したのかよく覚えていない・・・・・

※ちなみにこの時の中だしで子供は出来ませんでした。

Bとアジャとの出会いから数年後、俺は相変わらずバイクにはまっており地元のツーリングチームに入っていた。
ツーリングチームとは毎週のように秩父の峠やいろは坂まで遠征に行き入りを楽しんでいた。
ある日、チームのメンバーがバイクレースのチケットを入手したのでツーリングがてら
1泊2日のロングツーリングを行うことになった。
当日は明け方に出発して峠やダムによってまったりとした走行をしつつみんな気持ちが高揚していた。
そんなこんなで10時にはもてぎに到着し観戦。
レースは俺のごひいき選手が見事優勝しホテルへ戻り宴会を開くことになった。
ホテルと言っても旅館とホテルの中間のようなつくりだったため会議室兼宴会場がある。

宴会場での飲みが2時間くらいになったときだいぶ酔ってきた俺は外の空気をすってこようと席をはずした。
エレベーターで1階へ降りフロントの前を通りかかった時、田舎ホテルでは見たことのないような金髪の女性がホテルマンと話しをしていた。
俺はその横を通り過ぎてホテルを出て出口付近に設置されている自動販売機でコーヒーを買い一服し星空を眺めていた。30分ほど芝生で寝転んでだいぶ酔いがさめてきたのでホテルに戻ることに。
再びフロントの前を通ると先ほどの女性がまだなにやらホテルマンと話し込んでいた。
興味本位で聞き耳を立ててみるとその女性はどうやら金髪に染めた女の子ではなく、英語をしゃべる外国の女性だった。
ホテルマンは英語がしゃべれる人間がいないようで下手糞な片言の英語で色々説明していた。
しかし、しゃべっている英語がほとんど中学生程度の知識しかないような感じで外人女性には一切通じていなかった。
実は1年ほどアメリカへ留学経験のあった俺は日常会話程度の英語であれば話せるので助け舟をだした。

俺「あの、もしよかったら通訳しましょうか?」
ホ「申し訳ございませんがお願いしてもよろしいでしょうか。」
俺「(英語)なにかお困りですか?」
外「(英語)あぁ、あなた英語しゃべれるの?助かったわ。実はサーキットの近くのホテルに予約してたはずなんだけど、手違いがあったらしくて予約が取れてなくって・・・しかも、今日はレースがあったから部屋が満室だったからここのホテルの場所を紹介してもらってきたの。でも、このホテルは言葉が通じなくてどうしようかと思ってて。」
俺「(英語)って言うことは、君はこのホテルに予約してないけど泊まりたいってこと?予算はいくら?」
外「(英語)予算は1万円程度だけど、足りるかしら?」
俺「(英語)OKそれじゃちょっと交渉してみるね。」
俺「ホテルマンさん、○△□×ってことなんだけど部屋空いてるかな?」
ホ「あいにく本日はシングルのお部屋が満室で、ツインのお部屋でしたらご用意できますが1万4千円になります。」
俺「何とかまけてく

社内恋愛・上司部下 | 【2019-09-09(Mon) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*