FC2ブログ

ミク友M央?

続きです

ものの1時間かぐらいの間に5回も逝ってヘロヘロなM央。

そんな彼女は再び僕のものを口に含んだ。

ジュルジュル。。。

クチュクチュ。。。

ペロペロ。。。

舌や口、さらには手も使い一生懸命してくれるM央。

ジュルジュルジュルジュル。。。

僕も限界をむかえる。

『あぁ。。。逝くよ。。。』

ビュッドピュッドピュッ。。。

M央の口が白い液でいっぱいになる。

『あ~気持ち良かったよ。ありがとう。』

そう言い僕はM央を抱き寄せた。

『お礼ね』

そう言い僕はM央のアソコに手を伸ばした。

クチュ。。。

まだグチョグチョである。

右手で中を、左手はクリを、口で乳首を一気に刺激した。

『あぁぁぁぁ。。。だめ。。。気持ちいい、逝く、逝く、また逝っちゃう。。。』

ガクガク。。。

またしても軽く痙攣しぐったりするM央。

『あぁ。。。もうだめ。。。』

今回はもうこの辺りでおしまいにすることにした。

漫画喫茶を後にして駅まで送る途中、

ずっとM央の歩き方はぎこちなかった。

『足がガクガクしてて力がうまく入らん。。。』

M央はボソッと言った。

そして駅に着き、彼女と僕は別れた。

おしまい

最近M央からメッセージありました

彼女もこの日記読んでるそうです

皆さんのコメント待ってます

てか。。。そのうち一人暮らしを始めるそう。。。

そのうち遊びに行こうと思う

足腰立たんようにしてやろう笑

もう一度

コメント、メッセージお待ちしております

ではでは

関連記事


純愛・恋愛 | 【2017-12-29(Fri) 21:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*