FC2ブログ

奴隷調教学園 初めての性交授業

今日は新しい高校生にとって始めての授業、皆新しい学園生活に対する期待に胸を膨らませていた。

チャイムと同時に教師の渡辺幸恵が教室に入ってくる。
「起立、礼、着席」
がたがたと椅子がたてる音が教室に響いた。
「はい、皆さん高等部へようこそ、さっそくですが今日から新しい調教が始まります」
「えっ、一体何かしら」
教室中がざわめく 「皆静かに」 教師の一言でシンと静まり返る教室。
幸恵先生がチョークを走らせる、カッカッとチョークが黒板を叩く音が教室に響き渡った。
そしてそこには大きな文字で、性交、と書かれていた。
教室中がまた騒がしくなった。
「覚悟は出来ているはずよ、皆さんはもう処女を卒業しているんでしょ」
生徒達は手を挙げ 「はい」 と明るく返事をした。
しかし一人だけ下を向いたままの生徒がいる、つらそうな表情をしていた。
「どうしたの、沢口さん」

沢口秀美、、ショートヘアに大きな瞳の小柄な美少女だった。

「……私、まだなんです……」
「まさか、あなた処女?」
「はい……」
クラスの皆は驚いたような表情をした、高校へ上がれば性交が正式な授業として行われる事、その相手が不特定多数である事は初めから分かっていた事なのに……
だからその前に処女は大好きな人に捧げるのが伝統なのに……

「何かあったの?」
「彼、お引越ししてて、遠くなんです……」
秀美は潤んだ瞳で先生を見つめた。
幸恵先生はちょっと困ったような表情を見せ、ふうっとため息をつき 「仕方ないわね、今日捨てるのよ」 と突っぱねるように言い放った。
「私……つらいです」
秀美は顔を覆ってしまった、瞳には大粒の涙がきらりと光っていた。
「辛抱ね、あなたは奴隷なんですから」
「は、はい……」
秀美の頬をぽろぽろと涙がつたっていく。
見かねた隣の生徒が秀美を優しく抱きしめ、髪を優しく撫でるのだった。

性交授業が始まると週に数時間、男達に体を開かなければならない、それも毎回相手が変わる、これが自ら奴隷に成る事を選んだ少女達の宿命なのだ。
まず、ペ○スになれる事、そして膣○の襞をペ○スに絡める方法や腰の振り方などが徹底的に叩き込まれる。
そしてあらゆる体位を使いこなせる様、何度も何度も性交が行われるのだ。

それでも一年の間は、教室内での性交だけですむ。
学年が進むと学園の外、大勢の人たちに見られながらの性交が行われる事となる。
これは羞恥心と命令に対する絶対服従を教え込むために行われ、奴隷にとって避けては通れない重要な調教である。

初めて学園の外、大勢の人に囲まれて性交をするとき、生徒達は皆大粒の涙を流す。
それでも男を受け入れると、その涙が歓喜の涙に変わり、お○んこはペ○スをきつく締め上げるのだった。
皆、その様に調教されていく、性交を拒めない体に。

「さあ皆さん裸になってください、ソックスも靴もですよ」
生徒達が制服を脱いでいく、スカート、上着そして下着を脱ぐと机の上にたたんで置かれる。
ホワイトやピンク、ボーダーにプリント物、可愛いレースが付いている物、スケスケでセクシーなランジェリー、教室内はパンティの品評会の様だ。
よく見るとパンティの股間部分がかすかに汚れている、学園の生徒達はたゆまない性感訓練により常に愛液をにじます体になっているのだった。
教室中が若い娘の香りにつつまれる、特にパンティの中にこもっていた性臭は甘酸っぱく男を狂わせる物だった。
「ではまず大浴場に行きます、綺麗に洗うのよ」
「はあい」
学園には浴室での性行為を学ぶため、大浴場が作られている。
シャワーを浴び、ボディシャンプーの泡にまみれ教師と生徒達はこれから見も知らずの男に犯されるため、自らの性器を洗うのだった。
「先生、お相手はどんな方なんですか」
「ボランティアですよ、ネットで募集するんです、その中からランダムに選ばれるんです」
「えっ? ランダム」
「奴隷に相手を選ぶ権利は有りません、ですからお相手は分からない方がいいんです、もちろん先生もまだ見ていません、どんな方かしら皆楽しみでしょ」
「……」

生徒達は身体の隅々まで綺麗に磨き上げると薄化粧を施し、性交教室へと向かうのだった。
性交教室は高校大学の各学年に一室ずつ用意されている、この授業の大切さはこの事によっても良く分かるだろう。

大型の教室の中には生徒の人数分ベッドが並べられている、そして教壇の位置にも教師用のベッドが置かれていた。
ベッドの脇には小さなテーブルが置かれている、ミネラルウォーターや潤滑クリーム、ウエットティッシュそして乗馬用の鞭などが置かれていた。
男達はすでにベッドに腰を下ろし生徒達の到着を待っていた。
そして教師のベッドには十代前半の少年が身を硬くし座っていた。
「教室と同じ並び順よ、さあベッドに行きなさい」
生徒達は恥ずかしそうに乳房と股間を隠しながら、指定されたベッドへ行く。

「まずはご挨拶です、先生が見本を示しますから、その後皆さんもご挨拶ね」
幸恵先生はベッドの下、床に正座をすると三つ指をつき恥ずかしい挨拶をするの
だった。
「御主人様、どうか私のお○んこをお使い下さい、今日の日のため訓練をしてまいりました、お気に召さぬ場合はどうぞ鞭をお使い下さい」
生徒達はその場に立ちつくし教師の挨拶を聞いていた。
そして皆教師に習い床に正座するのだった。
生徒達は始めて出合った男達に戸惑いながらも、恥ずかしく悲しい挨拶をするのだった。
特にこれから処女を捧げる秀美はベッドの上にいる中年の男に向かい、涙を流しながら挨拶を口にした。

秀美の所に幸恵先生がやって来る、そして男に話しかけた。
「この子、初めてなのです、優しくしてあげてくださいね、初体験は女の子にとって一生の宝なのですから」
男は黙ってうなずいた。

幸恵先生は成熟したお尻をセクシーに振りながら教壇に戻ると。
「さあ、最初の体位は後背位です、まず先生がお尻の振り方を見せます」 と言いながらベッドの上で四つんばいになる、そして少年に向かい 「きて」 と言うのだった。
少年のおち○ちんがぬるっとお○んこに入っていく。
先生のお尻がくねくねと動き始める、そのたびペ○スが半分ほど姿を現してはまた見えなくなるのだ。
くちゅくちゅっといやらしい音が聞こえる。
「あふん、さあ皆さんも、うっ! 始めて下さい、そこ亀○が引っかかっていいわあ」
生徒達も次々に挿入されていく、教室のいたるところでぬちゅぬちゅくちゅくちゅと卑猥な音がしだした。
男達が勢いよく腰を使い始めると、生徒のお尻と男の腰がぶつかるパンパンという音が教室のあちこちで響き始めた。
生徒達の可愛いあえぎ声が響きわたる。
「あん、いいわよ、素敵、ううっ、皆さん感じてばかりじゃ駄目ですよ、ちゃんと膣○を締めなさい、ペ○スを感じ取ってそれを優しく握る感じね、ああん」
「先生っ、力が入んないよう、いやん、そこいいっ」
「駄目よ、あなた達は男の人に御奉仕する立場なのよ、ああん、ちゃんときゅってしなくっちゃ駄目ぇえ」」
生徒達は力が抜け、つぶれそうになるお尻を高く持ち上げ、膣○に神経を集中しようと努力するのだった。
しかしその事が生徒達に新たな快感を注ぎ込む事になる。
「いいよう、落ちちゃうよう」
「ああん、お○んこがぁ、お○んこがぁ、溶けちゃうよう」
「いやあ、あかんあかん、お○こ溶けるわあ」

ほとんどの生徒が快楽の大波に飲み込まれつつあった。

そして最後に秀美が残された、男は忍耐強く慎重にお○んこを愛撫している。
指先がク○トリスをすっと撫でた。
すでに硬く尖っている可愛い真珠が、鋭い快感のシグナルを体中に送り出した。
「あっ! ううっ」 その瞬間秀美の背中が反り返った。
何度もク○トリスを刺激した後、割れ目全体を中指でぴたぴたと叩くのだった。
この頃になると粘膜全体が性感帯となり、本能がペ○スを欲しがり出すのだった。
四つんばいになっている秀美のお尻が快感にふるえだし、黒くつややかな陰毛もふるえた。
性器を愛撫されるたびに、お尻の穴がきゅっとすぼむ、愛液はもう十分あふれていた。
慎重に愛撫を続けてきた男がぼそりと言う。
「そろそろ入れるぞ、力を抜くんだ」
「は、はい、お願いします」

ああ、おち○ちん入れられちゃうんだ……
亀○が膣○にあたっているよう。
ああうっ広がっちゃうっ! 痛いっ! 入んないよ……だめええ!
ああんん、やめてえええ!

秀美の腰がペ○スから逃げようとする。

しかし男の手は秀美の腰をがっちり掴み、ペ○スを押し込んでくる、秀美の心など考えもせずに。
ペ○スが少しずつお○んこに入ってくる、処女膜を押し広げ切り裂き、亀○部分が膣○に入り込んだ。
「あうううっ、動かないでええぇ」 膣の入り口がじんじんと痛む。
それでも秀美のお○んこは始めて出合った男の亀○をきゅっと締め上げ、愛液をまぶすのだった。
男は上から秀美のお○んこを眺めている、ペ○スの先をくわえ込んだ猥褻な眺めを楽ンでいる。
高校一年生の若い肌はしみ一つ無く、さらさらとした感触を男の手に与えていた。
男は狭い膣○と鼓動にシンクロしペ○スを締め付ける初物のお○んこを十分楽しんだ後、ペ○スを一気に根元まで差し入れた。
亀○が子宮口を擦った。
秀美の狭い膣○がペ○スによって満たされ、押し広げられた。
何度か出し入れをした後、男は 「完全に入ったぞ、これでお前も一人前の女だ」 と言い、尻をいやらしく撫で回した。

「ううっ、秀美のお○んこをお使いいただいて、ありがとうございます」
秀美は震えながらお礼の言葉を口にする。
「よし、いい心がけだ、これからお前のお○んこを汚してやるからな」
「はい、よろしくお願いします、精液で汚し下さい」
男は腰の動きを早める、それに従い秀美の膣○に新たな痛みが走った。
しかし痛み以上の快感も芽生え始めている、これも中学時代の三年間、快感開発調教をつんできた賜物である。
「やああん、なんか変だよう、これがセックスなの! あああっいい気もちだようう」
秀美の股間から愛液が飛び散った、そして膣○は男のペ○スを強く締め上げるのだった。
内ももがぴくぴくと痙攣する、そのたび膣○もきゅっと締まるのだった。
「こりゃ極上ま○こだ」
ペ○スとお○んこがだんだん馴染んでいく。
「やあん、変になりそう」
「最初からこれか、先が楽しみな淫乱娘だな」
「ううっ、淫乱じゃありません……」
秀美は思わず腰を使い始めていた、それも男の腰使いに合わせての物だった。

他の生徒達も次々に絶頂をむかえていた、そして膣○の複雑な収縮が男達を射精へと導く。
幸恵先生も少年を射精に導いた。
教室は生徒達の放つ甘い香りと、栗の花の香りに満たされた。

この様にして一回戦が終わった。
生徒達は口を使い、ペ○スを清めている。
秀美もたった今、自分の処女を奪ったペ○スに舌を這わせ、精液と愛液を舐めとっていくのだった。

「よかったわよ、少し休んだら相手を変えて騎乗位のお勉強ね」
「はあい、先生」
生徒達はこの授業が思ったより楽しい事に気づき、明るく返事をするのだった。

騎乗位の勉強が始まった、まだ経験の少ない生徒達にとって自分から進んでペ○スをお○んこに挿入する事はこの上ない恥ずかしさを伴う行為だ。
皆、頬を真っ赤にしながら、男の上に乗りペ○スを握る。
淫裂に何度かこすり付けると、膣○に亀○をあてがい、ゆっくりと腰を下ろしていく。
一度目の性交で、柔らかくこなれたお○んこはペ○スを簡単に受け入れてしまった。
秀美もかすかな痛みを感じたが、新しい男のペ○スをお○んこに受け入れた。
そして、教師のお手本を見ながら腰を使い始めるのだった。
お○んこを男の腰に叩きつけると、ク○トリスが二人の恥骨に挟まれ、強烈な刺激が生まれる。
それを何度も繰り返すと、頭の中が真っ白になっていく。
それでも男に奉仕するため、飛びそうになる意識を必死に繋ぎとめ腰を振るのだった。

学園の生徒は中学に入学したその日から、毎日必ず一度は学園のトイレを使わなくてはならない。
そのトイレは、学園の外から丸見えになっている、生徒達が行う排泄行為を完全に公開しているのだ。
これは羞恥調教のためである。
その時股間が良く見えるようにと、和式の便器が使われている。
和式のトイレは下半身の鍛錬に最適であり、特に騎乗位の時その効果を発揮する事となる。

生徒達の腰使いは早い、そして膣○の締め付けは強い。
男達もたまらず、下から生徒達を突き上げた。
乳房が上下にゆれ、その上に快感に浸りきった生徒達の顔が見える。
目を閉じ、口を半開きにし 「あん、あん」 と可愛い声を出している。
愛液はペ○スを伝い男達の下腹をぬるぬるにしていった。
「あっ、ううん、いっていいですか……」
生徒が切羽詰った声で尋ねる。
「駄目だ、もっと腰を振れ」
「やんっ、あああっ、いっちゃううっ……」
生徒は男の胸に倒れこんでしまった、男はその体を抱きしめ、なおもペ○スを打ち込むのだった。
強制的に送り込まれる快感に、生徒はもう一つ上の絶頂に押し上げられた。
「あぐうう、ぎゃああっ」
それは断末魔の叫び声だった。
その後、男は二度目の射精をした。

教室の中は、絶頂をむかえた生徒達のあえぎ声で満たされる、生徒は皆男の胸に倒れこみ肩で荒い息をしている。

男達も皆満足していた、学園の生徒達は例外なく、名器の持ち主なのだから。
この日は、騎乗位の後、正常位の勉強で終わりとなった。
生徒達は何度も何度も絶頂を味わい、目の焦点が合わないほどになっていた。
「最初の授業にしては上手に出来ました、でもまだまだですね、自分の事で精一杯でしょ、それじゃ駄目」
幸恵先生はベッドの間を回りながら生徒達の頭を撫でていく。
「あなた達は街中で始めて出合った男とも性交する様になるのですよ、その時相手をちゃんと満足させられなかったり、自分自身が絶頂出来ないと学園の恥なんですよ、そのためには相手をよく観察し、性交の仕方を柔軟に変化させないといけません、分かりましたか」
「はーい」
「いつどこで、おち○ちんを入れられてもちゃんと対応出来なくてはいけませんよ」
生徒達は先生の話を聞きながらも、隣に居る男にちょっかいを出している、おち○ちんを触ったり、お口に咥えたりとやりたい放題だった。

「皆さんまだ物足りない様ですね、授業はこれで終わりですが復習は各自自由です、この教室を使ってもかまいませんし、大浴場も使っていいですからね」
生徒達がくすくす笑い出した、皆じっくりと復習をするつもりだ。
秀美も早くクラスメートに追いつくため、復習をするつもりだ。

それに引き換え、男達の瞳におびえの色が見えるのは錯覚だろうか。
関連記事


先生・生徒・禁断 | 【2017-11-30(Thu) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*