FC2ブログ

続・愛の証拠の交換ノート

冷静に考えれば、もっとな指摘なので、不安になってきました。で、さっき
彼女から相談を受けてた女子幹事から電話がきて、いろいろ聞かれた時に
野暮ったいけど思いきって生中出しをしたって暴露しました。

まず彼女は、決心して誘い、やったけてに後悔なく、喜んでたそうです。
で避妊ですが、100%でリングなんかしてない、昔してたかも知れないが、三年も
ダンナとないのに、そんな方法で避妊するわけないだろうと指摘されました。

二ヶ月前、冗談で不倫、浮気、再婚するなら誰がいいと話題になったそうで
三十路半ば、同窓会に来る独身男はぱっとせず、仕事や収入、一応外見と性格で
コレッてのは結婚してると結論に。そのなかで子持ち家庭は、子供が可哀相で除外。
で、ピックアップした中で、好きだったオイラがターゲットになったそうな。
で、彼女が冗談で結婚前に戻れるなら、オイラと結婚したいから、嫁から略奪
するかといってたよって。冗談冗談って言ってたけど、女子幹事が妊娠しちゃえ
って火に油な発言したからなあって、焦る発言を電話でしてきます。

やるだけじゃなく、生中出しは予想外で、女子幹事もびっくりしてました。
でも気持ちよかったし、同級生とで、いけないことしてるって感覚で興奮したで
しょ。またヤリタイんでしょってツボをついたこと言われ、何も言い返せません。

一応、オイラを安心させようとフォローのため、彼女が二次会で昨日から生理が
きそうなお腹の痛さで、今日に生理になったら計画延期だったけど、ぎりぎり
来なくてよかったって言ってたよって。生理直前で向こうも、大丈夫って考えた
のかもって。

さっきまで、昨夜からの気持ちよさと満足に感無量だったのも事実。
でも、ここのカキコミを見て、彼女が避妊してないと分かり、後悔はしてませんが
不安になってます

3点ほど進展報告。
どうでもいいことですが、オイラがはまった感じで、思い出しムラムラが
止まりません。想像してください。中学の同級生がアソコから生中出しした後で
オイラの子ダネとかお互いの愛液や精液が出てくる状況で、顔や髪、口元に
子ダネをつけて、お掃除フェラ。思い出しても、ありえない状況にムラムラです。
今思えば、AVみたいに顔や髪にかけたいなんて、学生時代に欲望で無茶して
以来です。嫁ぞうに、とてもやれることではないし。ビデオの見すぎな妄想の
ようで、また彼女とすぐにでも、やりたくてムラムラしてます。

もうひとつは、彼女から昼休みに電話きました。二日間、家にいなかったので
洗濯に時間がかかったとか、妙に家庭じみていて、普通の生活に戻っていて
子持ち主婦との浮気不倫な会話を痛感しました。
で、女子幹事から生中出しの件を確認され、オイラが後悔はしてないけど、
心配してること、避妊の真意を知りたがってることを電話で聞いたそうです。
謝られてリングで避妊してるのは嘘と言われました。オイラの舌や指でいって
しまい夢中だった。で、入れてほしいと言ったのに、オイラが冷静に避妊を
意識して、口でなんて言ったこと。それでも入れてほしくて嘘をついたそうです。

実はゴムをかばんに入れて持ってきてたそうなのですが、いって気持ちいいし、
盛り上がって、ゴムをかばんに取りに行って雰囲気を壊したくなかった。
ほんとにすぐに入れてほしくて、避妊してるから生でと言ったそうです。
入れてからは、つながってる満足感で我慢できず、中に出される体温を感じた
かったそうです。
二回戦が終わりシャワーを浴び、冷静になって、ヤバイかなあと思ったそうですが
お腹の痛さで間違いなく明日あたりに生理が来るから大丈夫と確信。気持ちも
盛り上がってたので、幸せになって一晩中、何度もやって満足感でいっぱいで、
この日の避妊については、ごまかし通すと決意したそうです。
今朝、生理がやっぱり来たので安心してと言われました。
3点目は彼女が一ヶ月後、仕事の研修でこちらに来るそうです。彼女、心理
カウンセラーを週に何回かやってて、年に三度ほど子供をダンナにまかせて、
外泊できるとのこと。オイラも徹夜で仕事や出張が多いのをしってて、一晩
一緒に過ごして欲しいと言ってきました。昼なのにムラムラしてた時に、甘え声
で言ったので、断りきれませんでした。

ヤバイのは彼女が、思い出し一人エッチを今してたのって、妙な誘惑をしてきて
電話越しに盛り上がってきたことです。「あん」とか、ヤバイ声を出すので
ムラムラし、会うことにOKしてしましました。

三十路半ばね女性の怖さと自分自身の弱さ、同窓会の危うさを痛感してます。
関連記事


純愛・恋愛 | 【2017-08-31(Thu) 05:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*