FC2ブログ

金髪のヒッチハイカー ケリーのその後の続き

おはよう御座います614です。
え~っと、ケリーは昨日帰りました。
なんだかとても隣がすかすかしてる感じがして寂しいです。
帰る前の晩にスマートにかっこ良くなんて思っていたのですが
二人とも抱き合ったまま動けませんでした。

ケリーはその夜、小さいパーティーを開いてくれました。
ちっちゃいケーキとなんかの肉、いろいろ…美味しく食べて、馬鹿な話して
夜遅くまで話してました。ふとケンタッキーの故郷の話になり、寒いとか
暑い等と話しているとケリーが急に「カエリタクナイ」と言い涙流してます。
いつでも帰っておいで、待ってる。うまく表現できません。

ケリーが両親に電話しまてます。何時の便に乗るとか、元気か?とか。
でおいらに替われと言うのです。通訳するから、と言われ恐る恐る電話口へ…
ハッハッハロ…緊張しまくり。両親は今まで有難う、ケリーはまた日本へ行く
と言っているのでまた会えるなら会ってもらえないか?この子は昔から活発な
子であっちいったりこっちいったりと遊びまわるのが好きな子です。
また頑固で一度決めるとテコでも動きません。と言うような事を言われました。

いずれケンタッキーにもいらっしゃい。家族一同歓迎するよ。
ケリーに替わり、しばらく話して電話を切ります。
また少しお酒飲んで、近所に散歩に出かけました。ここで本買った、
焼肉食べた、寿司食べた、ここでお茶飲んでこぼした。思い出が
短い間だからこそ鮮明によみがえってきます。ケリーは再びうつむき
ぼそぼそと話してます。ベンチに腰かけなにも言わずに抱き締めました。
また会いたい。そして、愛してると告げました。かっこよく、後腐れなく
なんてちょっとは考えてはいたけれど顔見て想い出が胸を満たすと
言葉は出てきません。

ケリーは涙を我慢しながら「ダ~リンナカナイ、ワタシスグモドルヨ、ウワキシナイ
デ、マッテテ」。眠れぬ夜を過ごすと次の朝、ついに出発です。成田から直行便は
ないので、一度シカゴまで出ます。それからはローカル便でのフライト。
空港での熱いキッスは皆の注目の的ではずかしいやらうれしいやら…
出発時刻が刻々と迫ってきます。浅草で買ったお守りと、おいらが前の晩に書いた
英文めちゃくちゃな手紙、両親へのプレゼントを渡します。
「バイ!ダ~リン」「バイ!ハニー」。振り返り手を振る金髪のケリーは
とても美しく、自分の視界からは輝いて見えました。
その夜、ケリーの残して置いてった物を整理しようと部屋を眺めると
やはり寂しさは隠せません。ベッドに横になるとケリーの匂い。トイレも、
キッチンも、部屋全部が彼女の匂い。気を紛らわそうと地震関連のニュースを
見ているといつの間にかzzz

夜中、電話で目が覚めます。ん?誰だよ!こんな時間に!
「はい?」
「ハ~イ!ダ~リン?ゲンキ?ナイタリシテナイデスカァ?」
空港についたケリーでした、相変わらず無計画なのでローカルダイヤを
調べてなかったらしく、空港で寝るとかぬかしてます。
電話が、声がすごく嬉しく、これから毎日電話すると言ってききません。
すぐ日本に行く!とは言いますがいつになるかはまだ解りません。
来る時は航空代金さえ出してもいいと思ってます。また、預金通帳と
にらめっこしている自分も居ます。ケンタッキー遠いなぁ~
まだ先ですが、この愛しい気持ち忘れずにケリーと前向きに付き合って
いきたいと思います。

メールだけではなく、電話もあるので、声だけは聞ける嬉しさはあります。
これから会いたさが募る日々が続くとは思いますが、我慢せずに愛情を
表現していきたいと思います。
他スレからもしくはこのスレから見守ってくださった方々
ありがとう御座いました。また何かあれば発言させてください。

おしまい.前回と今回のコピペの間にも細かいやり取りがありましたが省略
関連記事


純愛・恋愛 | 【2014-07-01(Tue) 05:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*