FC2ブログ

看護師 弓子

看護師、俺は看護婦さんと呼ぶのが好きだな。看護婦さん、特に人妻の看護婦さんは開放的で性にも積極的な女が多い。弓子もその一人。34才、子供はいない。旦那は千葉に単身赴任中で1ヶ月に一回帰ってきても疲れたと言って寝てしまうらしい。俺が足の骨折で入院した時に知り合った。一目見てヤレルと思った。厚い唇に光をためた目。ユニフォームがはち切れそうな乳と尻。話しやすくエロ話にも付き合ってくれる。入院中のオナニーのオカズにしていた。ある日弓子が検温に来たとき、膨らんだ股間を見せた。腹に力を入れてピンビンビンとチンポを振った。弓子は視線をそらさず鼻を鳴らしニヤッと笑った。退院の日にダメもとで携帯番号とメアドを書いたメモを渡して
「今度付き合ってよ。」と。弓子は何も言わなかった。連絡がなく諦めかけたころ、メールがきた。夜勤明けは遊びたいからどっか連れてって やったあ? 弓子の夜勤開け、朝6時半に車で迎えに行った。私服の弓子はまぶしく、舐めるようにからだを盗み見る。生足の太ももが白い。突き出た胸、座席をおおいつくしている巨尻。車の中で俺のチンポが小鬼のように勃ってきた。腹が減ったと言うので早朝からでもやってるファミレスへ。思ったほど食べなかったが、よくしゃべった。夜勤開けはたまってるらしい。病院での辛いことや旦那に対する不満。話の中からどうやら旦那がEDであることがわかった。もう2年になるらしい。34才の女盛りにEDの旦那は可哀想だわな。ようガス。俺がご奉仕しよう。車に戻る。車の中では弓子は口数が少なかった。足をモジモジさせている。手を握ったら手のひらがシットリと湿っている。アソコが濡れているはずだ。俺は意を決して弓子を早朝のモーテルに連れ込んだ。弓子は何も言わなかったが階段を登るとき、ひざがガクガクして手を貸してやらないとまともに歩けない。部屋に入って直ぐに後ろから抱きしめてやる。ボディソープのいい香りがする。(病院でシャワーを浴びてきたのか?…
弓子はアカンと言ってへなへなと床に座り込む。俺はもしやと思って弓子の股ぐらに手を突っ込にパンティの脇から淫肉に指を進める。あらら、底が抜けてる。グチョグチョだ。ベージュのパンティのシミがひどい。その事を告げると…
「ごめん…一回指で逝かせて…」
つづく…

関連記事


人妻・熟女 | 【2020-10-11(Sun) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*