FC2ブログ

映画館で知り合ったおじさんと2

風呂場に入るとおじさんは自分の身体を洗ってから僕の身体を洗ってくれました。とくにチンポとアナルは念入りって感じで。風呂場から出て寝室に入るとキスされながら仰向けで寝かされました。「ちょっと待ってて」と言うとおじさんは寝室を出て行きました。僕は待ってる間、不安と緊張、恐怖が入り混じった感じで逃げ出したい感じでした。しばらくしておじさんが戻ってくると手には洗面器とガラスの浣腸器が。「今まで浣腸はしたことある?」と聞かれ「イチジクならありますけど」と答えると「じゃあ大丈夫だね」と言って水の入った洗面器にグリセリンを入れて浣腸液を作り出しました。そして浣腸器で液体を吸い込むと「横向きで体育座りになって」と言われました。(四つん這いじゃないんだ)と思いながら言われた姿勢になると僕のアナルを触りながら「じゃあ入れるよ」と言われ「はい」と答えると浣腸器の先が僕のアナルへ。おじさんが浣腸器のピストンを押し込むと冷たい液体が僕の中に入ってくるのが分かります。入れ終わって浣腸器を抜くと「もう一回入れるね」と言って浣腸器に液体を吸い込みます。そしてもう一度僕のアナルへ。2本目を入れ終わり浣腸器を抜くと、僕のアナルを押さえながら「少し我慢してね」と言ってきました。数分後、お腹がグルグル鳴って辛くなってきたので「もう出したいです」と言うとトイレに連れて行ってもらいました。トイレに入ると恥ずかしい音と共に大量の便と液体が。寝室に戻ると「すっきりした?」と聞かれたので「まだちょっとお腹が痛いです」と答えると「やっぱりまだ残ってるよね、今度はぬるま湯で綺麗にしてあげるから」と言われてまた浣腸されました。何度か繰り返えされ水しか出なくなると「じゃあ始めようね」と言われベッドで抱き合いながら寝かされました。おじさんはキスをしてから徐々に下の方へ舌を這わせていき乳首を舐めたり吸ったりしてきました。その時僕は思わず「あっ」と声を漏らしてしまいました。「乳首感じるんだね」と言ってさらに乳首攻責めが続きます。自分でも乳首が感じるとは思ってもいませんでした。しばらくしておじさんの舌は更に下へ向かいついにチンポの近くまで。おじさんは僕のチンポを見て「見てごらん、まだ何もしてないのにチンポがヌルヌルで糸引いてるよ」と言われました。自分でも見てみると先走りが糸を引いてお腹の上に垂れています。おじさんはそれを指ですくって舐めた後僕のチンポを口に含みました。

関連記事


アナル・SM・アブノーマル | 【2020-07-14(Tue) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*