FC2ブログ

営業日誌 その3

もう一度優しくキスをした後、俺は彼女の中に
少しずつゆっくりと入っていった。
小学生のおま○こはやはりきつかったが、
処女ではないし、かなり濡れていたので
挿入自体にはそんなに抵抗感はなかった。
体を舐めていた時とは明らかに違う感じ方で、
声をあげながら体をくねらせていた。
初めは正常位、次はバック、そして騎乗位。
体の軽い彼女を抱え上げて駅弁もした。
その間俺はまだ一度もイッてはいなかったが、
すでに美穂ちゃんは3回もイッてしまっていた。
「Sさん、なかなかイカないね。あたし、気持ちよくない?」
俺がイカないのを心配してくれている。なんて健気だろう。
その言葉に応えようと、「じゃあ、次は一緒にイこう」と言うと
美穂ちゃんは肩で息をしながら「ウン、嬉しい」と言った。
最後は再び正常位。彼女の太ももをピッタリ閉じさせて
俺の肩に足をかけさせた。体を折り曲げたような体位だ。
こうして上から突き下ろすと奥深くまで挿入できるからだ。
実際、美穂ちゃんは今までよりも激しく感じ始めた。
俺も一緒にイこうと思い、気持ちを昂ぶらせていった。
「アッ、Sさん、イク、イッちゃう、お願い、一緒にイッて。」
その言葉に促され、美穂ちゃんがイク瞬間を見計らって
彼女の体内に大量の精液を流し込んだ。
そして閉じ合わされていた両足を解放し、
俺は美穂ちゃんの上に力なく倒れこんだ。

終わった後、「ごめん」と一言謝ったが、美穂ちゃんは、
「謝らないで。Sさんすごく優しくしてくれた。ありがとう。
気持ちよかったし嬉しかったよ」と言ってくれた。
帰り際に美穂ちゃんから、また会いたいと言ってきた。
もちろん彼女のお父さんは俺の大事なお客さんだから
機会があればまた会う事になるとは思う。
ただ、お客さんとその娘という風にはもう見れないだろう。

この日以来、まだ一度も彼女には会っていないが、
数日後、彼女の父親との間で商談が成立した。
俺の事を気に入ってくれた美穂ちゃんが、
うちの会社で売っている車を買うように頼んでくれていたのだ。
俺と彼女の縁はもうしばらくの間続く事になりそうだ。

関連記事


純愛・恋愛 | 【2020-07-13(Mon) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*