FC2ブログ

なおぼんの昔話(続)

民子は、一晩で「尺八」やら「ひよどり越え」やら「仏壇返し」、「松葉崩し」を男らに仕込まれた。
志乃の客だった幸吉(こうきち)に「茶臼」で気を遣られ、とうとう悶絶した。

客の交換は相手した人数分の勘定になるので、水揚げの民子は十五円、志乃は三十円を一晩で稼いだ。
もっとも、二割は水月楼に吸い上げられるが。

十二円というと、民子にとって大金だった。
正月以来、ろくなものを食べていないので、温泉まんじゅうを腹いっぱい食べたいと思った。
口の中が、男の精液で青臭く粘ついて、はやく井戸で口をすすぎたかった。
「ちょっと、お小水・・・」
民子は横で同衾(どうきん)している三人目の客の半二(はんじ)とか言う小男に断わって部屋を出た。

志乃の隣で、もう一人の太った女郎、小夜(さよ)が男勝りの大いびきで寝ていた。
としみちが小夜のそばで蝉みたいに小さくなって寝ている。

半二は、「尺八」を強要した。
あんなものを口に咥えるなんて、民子は考えもつかなかったが、志乃や小夜は当たり前に口に含んでいた。
たしかに、「尺八」を吹いている風に見えるのだろう。
男は、あの棍棒をいろいろに使うものだということがわかった。
幸吉は体格も、ずぬけていたからか、ちんぼも大きかった。
気絶したのは、そのせいかもしれない。
あの後、半二の四寸ほどのもので突かれたけれど、あまり感じなかった。

便所にしゃがむと、なにやらどろりと谷筋から流れ落ちた。
そのあと、小水がじゃらじゃらと落ちた。
男が、白い子種をちんぼから飛ばすのを初めて見て、民子は驚きを隠せなかった。
そういう風にして、自分が父母から生まれたのだということが、どうしても頭でつながらなかった。

し終わると、手水鉢(ちょうずばち)のところで手と口を洗った。
まだ、有明(ありあけ)の月が空にかかっている。

「あたし、もうおぼこやないんや。いちんまえ(一人前)なんや」

寝間にもどると、半二の布団にそっと忍び込んだ。
半二は起きていた。
また、民子の秘所に手を伸ばしてくるのがわかった。
「もう、まだしたいの?」
「また、しとなった」
乾いていた陰裂が、またもや濡れそぼってくるのが半二の指の滑らかさでわかる。
「お実(さね)」と女郎らが言う部分が、民子もいじられて気持ちが良かった。
つい腰が動いてしまう。
「濡れとうやないか」
播州弁の入った言葉で半二は言う。

向い合せではなく、半二は民子を後ろから抱えるように身を合わせている。
硬い物が民子の尻肉に当たる。
そうしているうちに、湿りを塗り拡げられた谷筋にそって、一物を滑り込ませてきた。
「あはぁ」
「ええか?気持ちええか?」
耳元で、半二が訊く。
「うん。ええよ」
民子も応える。
あの、独特のちんぼの形が民子の肉ひだを掻く。
穴には入れずに、外回りをちんぼの背でこするのだ。
「ああ、いい」
「もう、入れよか」
民子は、うなずいた。
横になったまま、左足を上げさせられ、そこに小柄な半二が割り込み、ずぶりと差し込んできた。
「あうっ」
まだまだ狭い民子の女陰は、半二の硬い肉を精一杯包み込んだ。
「きついな。動けん」
「いったぁい」
あまりにも窮屈な姿勢で、痛みが走った。
「これでどうや」
半二が身を起こして、民子の右足をまたいで座る格好で突いてきた。

「ああ、そこいい。当たる。奥に当たるっ」
民子は、十五にして、一夜で女の喜びを覚えた。
「はぁ、はぁ」
半二の息が上がってきた。
そのまま、上にかぶさってきて、口を吸われた。
「はむ・・・」
民子のお乳が、赤くなるほどつかまれ、引っ張られた。
その痛みが、新たな快感を呼び起こした。
「あぐぅ。いいっ」
「締る、締るで」
半二が、激しく腰を入れたかと思うと、あごをあげて、反り返った。
さっき口におびただしく射精したのに、また民子の胎内にあふれんばかりに放った。

つながったまま、二人は死んだように布団にくるまっていた。
もう白々と夜が明けてきて、小鳥のさえずりも聞こえ出していた。

関連記事


その他 | 【2020-02-19(Wed) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*