FC2ブログ

す・・す・・好きなんです②…2

「・・・・・・。」

「・・・・・・。」


「・・・・・・。」

「・・・・・・。」

 この沈黙…。

…これが、大介さんの…
  答え…なの?

大介さん、…困ってる…?

…表情からは、読み取れない…。


大介さんと、…私。  
視線が…はずれないまま。

「・・・・・・。」


 いつか、恋人になれたらって…
思ってたの。

 手を、…触れた時から。


 ゆっくり、色んなことを積み重ねて、
 色んなものを、積み重ねて…。

そして、いつか、恋人にって…。


 貴方に、全然似合わない、私だけど…。
 
 貴方の側で、成長していきたい。
 それまで、…友達でって。

そうして、友達だった。


 …今も、全然、似合ってなんか…ない。

 なのに、…言葉にしてしまった。
「貴方が好き」だと、
 ・・言ってしまった。


「・・・俺もだよ。」

「…・・っえっ…?」

今の、何・・?

 
「・・・好きだよ。」
 
「・・え・・」

 一歩、…引いてしまった。

 ふぃに、前進した大介さんに、
 体が反応してしまいました。

   違うの・・。
   体が勝手に反応して…。

 …言葉にできない。

嬉しい言葉に、
貴方が側にいることに、
…ドキドキし過ぎてるせい…?


「・・・・。」

「・・・あっ。」

…そして今、
大介さんが、目の前に…。

ぎゅっ…。

「あ…っっ」

「・・俺だって、好きだよ。」

 これが、大介さんの、腕の中・・なんだ。

 暖かい…。
 すごく、暖かい…。

・・ドキドキ・・。

 まだ、男性を知らないからなのかな・・。

抱きしめられただけで、
こんなにドキドキしちゃうのは・・・。


…続き、書きます…。




 





関連記事


幼馴染・親友・友達 | 【2020-01-03(Fri) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*