FC2ブログ

サキちゃんにいたずら

駅ビルでバイトしてたときの事です。
店はバックルームがあり、その一角をロッカーで仕切って、そこで男女とも譲り合いながら着替えていた。
オレは早番で上がる時にまだ働いている遅番の女の子のロッカーを開け、
誰も来ないのを確認し、服の匂いをかいでたりした。

ある日女子大生のサキちゃんの服に我慢出来なくなり、
上半身裸のまま直接サキちゃんのピンクのセーターを着て、
ばれないようにその上に自分のコートを着て、サキちゃんの前を通り、
トイレに行きその可愛いセーターにいたずらした。

舐めたり、巻き付けてしごいたり、思い切り引っ張って伸ばしたり、
ちん毛を付けたり、ちょっとばれないように破いたり、
めちゃくちゃに触りまくって毛玉だらけにしたり、精子を付けたりと欲望の限りを尽くしていた。
十分楽しんだら、働いているサキちゃんの前を何食わぬ顔で横切り、元に戻してた。

ある日女子大生のサキちゃんの服に我慢出来なくなり、
上半身裸のまま直接サキちゃんのピンクのセーターを着て、
ばれないようにその上に自分のコートを着て、サキちゃんの前を通り、
トイレに行きその可愛いセーターにいたずらした。

舐めたり、巻き付けてしごいたり、思い切り引っ張って伸ばしたり、
ちん毛を付けたり、ちょっとばれないように破いたり、
めちゃくちゃに触りまくって毛玉だらけにしたり、精子を付けたりと欲望の限りを尽くしていた。
十分楽しんだら、働いているサキちゃんの前を何食わぬ顔で横切り、元に戻してた。

ある日そのニットを着ているサキちゃんと裏口で会った。
「そのニット可愛いね」と話し掛けると、
「お気に入りです☆」と可愛い笑顔で答えてくれた。
「そうだね、よく着てるの見るよね。
毛玉もたくさんあるし、裾のとこ破けちゃてるよ?」と言うと、
「そうなんです、いつの間にかどっかで引っ掛けちゃったのかなー?私ドジなんで」
とか笑ってた。
精子を付けた箇所も
「ここも飲み物こぼしちゃったみたい、アハハ。お気にだから大切にしなくちゃですね!」
本当に、いい子でした。
そしていいオカズでした。

皆さんもこんな気持ち分かりますよね?

関連記事


JD・JK・JC・JS | 【2019-12-25(Wed) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*