FC2ブログ

いつも以上に興奮したH 3

俺「はぁ、はぁ…でも、中は、マズい、だろ?」
彼女「あっん、あっ?ん…今日は、多分、大丈夫…っあ?ん」
俺「いいの?…なら、中にだすよ?」
彼女「いいよ…あっ?ん…いっぱいちょうだい」「○○君の…いっぱい、いっぱいちょうだ?い…あん、ダメェ?」
「うぉ?!イクよ?!」
既に俺のピストンはMAX状態。
「あ??ん!イクイクイクイクっ…イッちゃうぅ!」「変になっちゃうよぅ?」
彼女の足がピーンと硬直したのと同時に、ドクドクと彼女の膣奥に放出。
彼女に初めての中出しを決めて充実感に浸る。
彼女も完全にイッてしまったようで身体が痙攣している状態。
チ○コを抜くと膣から白濁液がドロ?ンと溢れ出し、それがア○ルまで流れている。
俺は彼女の髪を撫でながら後戯、彼女は今まで以上の満足気な顔で「○○君、愛してるよ」
「俺も大好きだよ」
そして二人ゆっくりとベッドで眠りにつく。

関連記事


純愛・恋愛 | 【2019-09-30(Mon) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*