FC2ブログ

Hも知らない小学生が

あたしは今高1ですが初体験は小4でした。
 それは7月ごろのこと。あたしが家に帰る途中に教室に水着を忘れたことに気がついて教室に引き返したんです。そして、教室のドアをあけたら好きだったO君があたしの水着を広げてオナってたんです。
 あたしそのときオナニーどころかHも知らなくて。

 最初、『なにやってるの!?』って感じでした。まぁ触れてはいけないようなことってことぐらいはわかってたけど・・・
 さすがにO君もヤバイと思ったらしく何事もなかったように『あ~、らんちゃんのおきっぱなしだったよ』って言ってきました。
 それで『あ、ごめんね』といって帰ろうとしたら、突然O君に後ろから抱きしめられて『蘭ちゃんが好き・・・』って。
 テレながら言ってきました。

 さっきのことが気になったけどあたしもO君にことが好きで『あたしもだよ』っというとO君はあたしにDキスしてきました。あたしキスとか初めてで・・・
 しかもDキスなんてものがあるってことだってしらなかったし(純粋だったのね 笑)

 あっけにとられていると、抱きしめられながらOくんは『ねぇ、おっぱいさわってもいい?』ってきいてきました。小4だからふくらみはじめたばっかでまだAぐらいだったとおもいます。
 はずかしかったしとまどったけどO君が好きだったので『いいよ』と答えました。
 そのうちあたしも気持ちよくなってきて、『ん・・・』って声がでるとO君はあたしを押し倒し首筋から胸をなめはじめました。

 あたしが『Oくん・・・恥ずかしいよ』っていっていると、『じゃあ俺も脱ぐから』といってOくんも上半身だけ脱ぎました。
 O君は小4ですが上におにいちゃんがいてマセてたんですね。
 しかも結構モテてたんですよ。顔もよかったし。背もそこそこ高くて運動神経がよくて、典型的なモテるタイプでした。

 そしたらO君が『蘭ちゃん・・・セックスってしってる?』って聞いてきてあたしは素直に『ううん』と答えました。そうすると『好きになったひと同士がやるんだよ。俺も蘭ちゃんとやりたいな』っていってきたので、『どうやってやるの?』と聞くと『俺もはじめてだけどまかせて』といわれました。
 半信半疑で『うん』っていうとOくんは『ちょっと恥ずかしいしはじめは痛いけどそのうち気持ちよくなるからね』っていいました。
 そして再び胸をもみはじめて。あたしははずかしかった気もあって声を我慢していると『声だしていいんだよ』って言うので言葉にあまえて『あっ・・・ん・・・』と声がでてしまいました。

 今思うとOくんは小学生ってか高校生と比べても全然上手いって感じでしたね。
 最初は乳首を避けていたのにそのうち乳首も刺激してきて『ふっ・・ん・・』って声がでてきて。そして指がだんだん下にさがってきて。
 パンツの上からおまんこをさわられて『やめて。はずかしいよ』というと、『ちょっとはずかしいっていったじゃん。大丈夫だよ』といわれすごくはずかしかったけどパンツの上からクリを刺激されました。
 そのときはクリなんて名前もしらないけどねぇ~。

 それがすごく気持ちよくて『はっ・・・ん・・・だめだよ』といってもOくんはもちろんやめてなんかくれません。
 乳首をやられているときに確かにおまんこがぬれた感じがしたんです。当時はそれがどういうことかともわからなかったけど。
 おまんこはさわられたことによってますます濡れてきて(多分ぐちょぐちょだったとおもいますよ)それで指がパンツの隙間からはいってきて直接さわられました。

 パンツを脱がされそうになったけどそれはさすがにはずかしくて『だめ!やだよ』って抵抗しました。
 そしたらOくんは『じゃあ俺が先にぬげばいいでしょ?』といってパンツをぬいじゃったんです。おちんちんはめっちゃくちゃ膨らんでだとおもいます。
 さすがにこわくなって抵抗はしたけどO君が『蘭ちゃんが好きなんだ』というし、あたしもやっぱりO君が好きだったので身をまかせました。

 Oくんは私のパンツを脱がして指をいれてきて『痛い!』というと『最初だけだから。。。ごめんね、我慢してね』といい指をもうスピードでピストンされました。
 最初はいたかったのが気持ちよくなってきて。
 ついにO君がはいってきて『いたぁい』と叫んだけどそれ以上にきもちよくてあたしはいってしまいました。

 それ以来O君とは放課後でも昼休みでも時間があるときはHするようになりました。お互いの家でやることもありました。まぁ~セフレだったのかなぁ。
 でもそれ以上にお互いの愛があった気がします。
 O君は5年の夏休みにひっこしてしまい関係は消滅したけどいまでも儚い思い出です。

関連記事


セックスフレンド | 【2019-08-16(Fri) 07:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*