FC2ブログ

SMオナニー

最近パソコンを始めて投稿サイトを見たら私みたいな変態は私だけじゃなく沢山いる事にびっくりしました。嬉しいです。思い切って私の変態行為を告白しちゃいます。私、事務系の仕事に携わっているOLです。私の性癖が何年も変わってなくて更にエスカレートして変態になってきました。私野外でアナルにいろんなグッズを入れたり、縛ったり、浣腸プレイなどしながらオナニーしています。最初は、自分の部屋で声を殺しての普通のオナニーだったけど隣の人に声が気づかれないようにするうちにストレスが溜まってそのうち我慢できなくなって野外でするようになりました。私が住んでいるところは比較的田舎なので緑に囲まれてのオナニーは最高です。外で声を出すと最高にストレス発散できます。「見て・・入れて~!」など野外なのでへっちゃらです。カラオケなんか問題になりません。マゾの私は今では浣腸したり、アナルにアナルパールやバイブを挿入したり、ろうそくを垂らしたりしてオナニーしています。先週は誰もいない人里離れた山のキャンプ場で思いっきり浣腸オナニーをしてきました。誰もいない男子トイレでタチションしていたとき外で鳥が「ギャー!ギャー!」と鳴き始めたときは、超あせりました。山の中は熊が出る危険があるのでいつもラジオを持っていきます。熊などに襲われて、バイブを挿入したまま死体で発見されて付近に浣腸器やローションやテッシュ、ろうそく、ロープなどが置いてあったら私が野外SMオナニー愛好家だと言うことがバレてしまいます。新聞の見出しに「若い女性が山中で全裸でSMオナニーの最中に熊に襲われ死亡!」などと新聞やニュースなどに出たらとっても恥ずかしくて家族も生きて行けないので私みたいに山の中でオナニーする気なら気をつけましょうね。私はいつもオナニーしに行くときの車の中で今日もいやらしいオナニーを期待しながらやってみたいプレイの数々を想像し言ってみたいいやらしい言葉を思い浮かべながら期待をふくらませて向かいます。そんな事を考えるともう車の中でアソコがグチョグチョで目が潤んでいるのが解ります。前にオナニーした場所に行ったら偶然カップルが乗った車と会ってあわてたときもあります。こんな山の中に目の潤んだ若い女性が一人で何をしに来たのかなという好奇心の目で顔をジロジロ見られました。とっても恥ずかしかったです。それと一回だけ山菜採りのおじいさんにオナニーを一部始終を見られてしまったことがあります。木の陰で隠れて見られていたので気がつきませんでした。終わった後気がついて裸のまま服やバイブや浣腸器など何もかも置いたまま逃げ出しました。後から取りに戻ったのですがありませんでした。落とし物か忘れ物として拾って行かれたのかも知れません。あの時は顔から火が出るくらい恥ずかしかったです。でも本当は心の奥底では、誰かに見られたいのかも知れません。私はいつも人が来ないような所を見つけると誰もいないことを確認した後、そこで身につけているものを1枚1枚脱ぎ捨て全裸になります。そして三脚を立ててビデオカメラを設置し自分の恥ずかしい姿を撮影するための準備をします。カメラのスイッチを入れると、木々の間にシートなどを敷きそこに横たわり全身を愛ぶしながらオナ始めます。アナルローションを塗りよくマッサージしたあとアナル棒を軌入してクリトリスを刺激したりします。浣腸したりいろんなバイブを挿入したり肛門をかき回したりして「ア~ッ!ヤメテ~!見ないで!イヤ~!恥ずかしい!お願いだからもう許して~!ご主人様なんでもします・・」とか言って泣きながらプレイします。アソコはもうグチョグチョです。カメラに向かってお尻を突き出したり、足を思いっきり開いたり。持って来た長い定規でお尻をパチンパチンと叩いたりします。カメラを意識すると陰から誰かに見られている気がして超興奮していつもアナルをいじめるだけでいっちゃいます。いった後しばらくしてアナルからアナル棒を抜いているときやテッシュでアナルやアソコを拭いているときや急いで服を身につけているときいつも 「こんなことしてるのって世界中で私一人かしら、私って変体かしら」 とふと思っていました。でも最近パソコンを始めて投稿サイトを見たら変態仲間が多いので前みたいに後ろめたい気持ちはありません。後で私の恥ずかしい映像を見るのを楽しみにしてルンルン気分で帰ります。部屋で昼間撮った私の恥ずかしい映像を見ると予想以上にいやらしい私自身が映っていてとっても興奮してまた我慢できなくなって画像に映し出された淫乱な自分自身の映像見ながらまたオナニーします。私と同じオナニーしている人いたら聞かせてください。



アナル・SM・アブノーマル | 【2019-08-31(Sat) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(1)

SF

僕は結婚してる35歳の男です。
 奥さんとは結婚して一年になり、新婚生活もそれなりにうまくいってます。セックス以外は…。ちゃんと愛してるし、ステキなパートナーだとは思っています。ただセックスに関しては・・・正直僕は満足いっていませんでした。

 そんなときに現れたのが結婚する前から付き合いのあった年下の女友達でした。(その子はアサと呼びます)
 実は結婚前に一度だけ酔った勢いでエッチしちゃったことがあります。
 彼女はくすぐったがりで、感じやすくて、キスもうまくて…酔っていたせいもあって僕はアサにまさに溺れました…。
 奥さんとのセックスでは僕はなかなかイケないのが当たり前だったんですがアサとのセックスではものすごく気持ちよくて、彼女を見てるだけでもイキそうになって・・・というか、何回か彼女を差し置いてイカせてもらっちゃったんだけど。

 結婚してからはその彼女とは会ってはいても、エッチはなしのお友達を続けていました。
 奥さんとのセックスは当初より良くなったものの…大きな進呈はないまま、また彼女と会ってしまい、結婚前とは違い、もう既婚者であるからとブレーキをかけていたのですが・・・ダメでした。またしちゃいました。アサと。

 そしたら前以上に彼女が感じたりよがったするので…僕にはたまらないくらいのセックスでした。
 アサに聞いたところ、奥さんとのセックス生活で無意識に僕自身もうまくなっていたらしいということと、あまり大きくない僕の息子が彼女のアソコのイイところとピッタリあってしまってるらしい。
 結婚して初めて後悔をしてしまったりしてます。
 奥さんのことは愛してるし、別れる気はないのだけど…、彼女とのセックスを思い出すたびに理性を持って自制しているのだけど。

 普段奥さんとのセックスでイケない分、こうしてアサとのことを思い出したりして自分で処理しています。
 これは立派な不倫で浮気なんだから奥さんに気づかれて別れられたら…なんて冗談でも思わないようにしつつも。またアサとセックスしたいと僕の息子が言ってます。



純愛・恋愛 | 【2019-08-31(Sat) 21:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

SEXさせてくれないと思ったら

僕はつき合って4年になる彼女がいます。昨年の4月位からなんだかSEXさせてもらえなくなりました。理由を聞くと調子が悪い、気分が乗らないなどなど・・・そうなのかと納得する僕。それから数ヶ月一度もしませんでした。いつもは車の中でフェラをしてくれるのですがそれも無し。普通そこまで拒否されていれば異常に気づくのですが鈍感な僕は全く気が回りませんでした。

およそ4ヶ月後いきなり彼女が「抱いて!」と言ってきたのでホテルへ。抱いてはみたけど何だか違うなあと不完全燃焼。帰りの車の中で、突然彼女が告白を・・・
「ねえ、今まで内緒にしてきたことがあるんだけど」
なんだかイヤな予感がしました。先手を打つことにしました。
「誰かとやったって事だろ?」
何故か冷静に言葉が出ました。そしてそれは正解だったようです。彼女が泣きながら頷きましたから。あまりのショックに運転がままならず、道ばたに止めました。不思議と怒りは湧いてきませんでした。遠い国の話を聞いているようで。頭がぽーっとなっていました。しかし必死に考えて詰問しました。

当時僕は彼女に暴言を吐いたり、些細なことで怒ったりと、かなりプレッシャーを与えていました。それが堪らなくイヤで別れようか考えていたそうです。そこに丁度その男が現れたようです。彼女より4才若くルックスもなかなかの好青年。しかも最大の売りは僕よりも優しい所。(ルックスは完全に負けています。僕は小太り)体を許すまで、そう時間は掛からなかったと言います。(僕の時は1年位かかりました。このときの話は機会があれば)車の中で僕はとりあえずの全容を聞き、彼女はこれでも私を許すのか?と問いました。

僕はこのことは全て水に流す。その男にも報復はしない。と自分でも吃驚するくらい優しく言いました。これはなにも私が寛容なのではありません。一つは僕が、その男の詳細を知ったら間違いなく新聞の一面を飾る事になるだろうからという自己分析の結果。もう一つはここまで性技を仕込んだ彼女を他人に渡したくないという欲望。この日はそのまま彼女を家に送り届けました。ハンドルを握る手は震えていました。

これ以降、毎日彼女に尋問しました。その男の抱き方。大きさ。シチュエーション等々。大きさは僕の方が大きいらしい。抱き方も僕の勝ちだ。やはり若いからテクニックはまだまだなのだろう。すこしホッとしました。しかしシチュエーションが・・・屋外での行為、車でのフェラ、更にはアナルもまだ僕は外での経験は無い。彼女はその男に外でバックで犯されたそうです。彼女のフェラとアナルは僕が年月をかけて仕込んだもので、とくにフェラはその男に風俗並みと言わしめたほど。これを聞いて僕は嫉妬しながら凄い興奮をおぼえました。そこで、
「そいつにやったようにやってみろ」
といいフェラをさせました。僕の目を挑発するようにしゃぶる姿は確かに教えたものとは違うやりかたでした。悔しかったです。

さらに悔しいのが濡れ方。僕との際はそれほど濡れないのですが(じつは下手?)その男の時はシーツがびしょびしょになるくらい濡れると言いました。しかも触られただけで。やはり背徳感から来る快感でしょうか?懺悔はそれで終わりではなかったのです。・・・生でしていました。僕は妊娠を一番おそれていたので何時もコンドーム付けていました。それが生!さらには膣内射精!さすがにぶち切れました。幸い妊娠しませんでしたが。ちょっとこいつらに殺意が芽生えました。

1時間以上説教したとおもいます。身から出た錆とはいえ、よその知らぬ男に股を開いた彼女。屋外、アナル、フェラ、中だし。色々やってくれたものです。全て正直に話させたので今はスッキリ。(彼女は思いの外顔に出ます。これ以降僕もかなり注意深くなり、嘘は見破れるようになりました。)そんな彼女も僕の子供を宿しています(たぶん間違いないとは思う)



純愛・恋愛 | 【2019-08-31(Sat) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

SDとDV

結婚4年目の妻は、30歳になり子供が1人います。
1年ほど前から隣町にあるインテリアリフォーム専門の小さな工務店にパートで働き始め
ました。
半月ほど前、私はたまっていた有給休暇をとり、家でのんびりとしている時でした。
爪切りを探そうと妻の鏡台の引き出しを開けると、奥のほうに隠したようにして5枚の
SDメモリーカードと、2本のDVテープがあることに気付きました。
我が家も最近、デジカメを使い始めましたが、こんなにSDカードを買った覚えはありま
せんし、DVカメラは我が家にはありません。

少し不思議な感じでしたが、ちょっと悪いと思いつつもSDカードの中の画像を勝手に見
させてもらうことにしました。


1枚目のSDカードのファイルをパソコンに全てコピーし、画像閲覧ソフトで画像を開きま
した。
「近所の奥さん連中と遊びに行ったときの画像が入っているのだろう・・・」程度の
軽い気持ちは、いきなり最初の画像で完全に裏切られました。

そこに写っていたのは、見覚えのないマンションのような一室で、体の大きな40代の男
に肩を抱かれながらソファに並んで座っている妻の姿でした。
画像を順番に見ていくと、よく似た画像が数枚続いた後、妻がシャツを脱ぎブラジャー
があらわになった画像が出てきました。
横に座る男はブリーフ一枚で、しかも勃起したチンポがブリーフを押し上げた様を見せ
付けるかのようにふんぞり返っています。
妻の手は男の股間に添えられています。

妻に対するつよい怒りと失望を感じつつ、なぜか私のチンポも勃起してきました。
妻は身長が150cmに満たない小柄で髪型も飾り気のない黒髪のショートと、遠目には少女
のような雰囲気があります。
結婚当初はそんな少女的魅力に引かれ、ほとんど毎日のようにsexしていましたがこの
2ヶ月ほどはまったくやってませんでした。
だからといって浮気をするような性格ではないと信じていたのです。

男が手持ちで撮影した画像に変わりました。
ソファでふんぞり返って座った男が撮影したのだろうか・・・。
床にひざま付く妻は男の股間に頬を寄せています。
カメラ目線の画像もありました。
いたずらっぽく笑う顔は確かに少女のようですが、誰にも見せない、本能のままに行動
するメスの姿を見ているようで恐ろしくなります。
ここまで来ると2人の間の関係はもはや疑う余地もないのですが、私の妻に限ってそんな
ことしないはずだという思いも心の中に存在します。

しかし、無常にも残りの画像は当然のようにして、男と女の本能の行動を映し出してい
ました。
男のチンポが大写しに現れた画像は思わず顔を背けたくなりました。
妻が頬擦りをするように顔を添えているチンポは、確実に私の倍はある大きさでした。
特に長さは軽く20cmを超えており、横に並ぶ妻の顔面がチンポより小さく見える様子は
まさに威容です。
ぬらぬらと濡れ光る亀頭は既に妻の口内の感触を味わった後なのだろうか・・・。
外人巨根にありがちな”太く長いが,亀頭は小さい”チンポではなく、それは血管が
恐ろしくごつごつと浮かび、カリ首はグワッとエラが張っており、すべてがパンパンに
はちきれています。

最近、
「カリ首のエラは膣の中の他人の精子を掻き出し,自分の精子を勝たせるためにある」
と言う話を聞きました。
まさに、この男のチンポはこの役割を忠実にこなし、たとえ私が妻に中出しして膣内を
私の精液で満たしていたとしても、ほんの一掻きか二掻きでその夫の精子を全て体外へ
掻きだしてしまい、自分の精液で満たすとともに、妻にはこの上ない快感を与え続ける
のだろう。
短小チンポしか持たない男にとって残酷すぎる事実であるが、妻はただオスとメスがも
つ本能にしたがい、巨チンを求め続けているのだろう。
ただ、そこに理性があるとすれば、たぶん浮気が継続している。

この数ヶ月の間に子供を宿していない、避妊に多少なりとも気をつけている、という
事実だけなのか。
私の知っている妻は、フェラがあまり好きではありません。
特にチンポを深く突き入れると決まって不機嫌になっていました。
しかし、次から次に出てくる画像に写る妻の姿は、天井を向くほど反り返って威きり
起つチンポを前に、目の焦点も合わず完全にラリってしまった白痴状態です。
よだれなのか男の汁なのか、口の周りはべとべとで顎からはだらーっと汁が垂れ下がっ
ています。

まさに巨大チンポの虜になってしまった様子です。
妻のブラジャーはだらしなくずり上がり、小振りの膨らみがあらわになっています。
地味な妻は普段つけているブラジャーもシンプルなものばかりですが、画像に写ってい
るブラジャーはいつの間に買っていたのか私も知らない可愛らしいデザインです。
たぶん、この男の好みにだけ合わせて買ったのだろう。
汁でべとべとになった頬を見せながら、わざと胸に谷間を作るようなかわいらしい仕草
の画像もありました。

多分、相手の男はパート先の工務店の主人です。
それは、舞台になっているマンションのような場所の一角にインテリア関係のパネルと
か製図台が写っていることから推測できます。
画像のプロパティを見ました。
撮影日時は今年の4月。時間は午前10時台でした。
妻は、私を仕事に送り出し、子供を保育園に届け、9時過ぎにパートに出かけ、事務所
について早速、男のチンポにむさぼりついているという、あまりにも非情すぎる事実を
意味します。

こういう関係になったきっかけは何だったのだろうか。
普段、私の友人が家に遊びに来ても妻はあまり笑顔も見せず、はしゃぐ姿を見せること
もありません。
そんな妻だから、自分から男を誘うことはありえない(そう信じたい)。
たぶん最初は誰もいない事務所で強引に犯さたのだろう。
妻は泣き叫びながら必死に抵抗したことだろう。
しかし、そのまま何度も何度も延々と犯され続け、あきらめの心境になったころ、
あろうことか男の巨根で本能のスイッチを入れられてしまったのか。

私のチンポでは届かない奥深くを、生まれて初めて突き上げられてそのスイッチは入っ
てしまったのか。
さらにデジカメで証拠写真を撮られ、弱みを握られた上で男の浮気専用の奴隷に仕立て
られてしまったのだろうか。
さらに画像が進むと、妻は床の上に仰向けに寝かされ、正常位で入れられようとしてい
ます。
お互いの下半身を写したその画像では、男のチンポは腹に届くほど上を向き反り返って
います。

続いてチンポを妻の腹に添えるようにして押し付けています。
それは、あたかも巨大チンポを妻に挿入すると、先端はへその辺りまで届いているんだ
ということを確認するかのように腹に密着させています。
このあとの画像はファイル番号が所々飛んでいます。
このあとに何があってどんな画像が撮られていたかは考えるまでもないのですが、たぶ
ん妻は自分が乱れている姿しか映っていない画像は消してしまったのでしょう。
ここまでの画像は、ほとんどが男のチンポが大写しになったものか、あるいは、sex前の
男女の甘い空気のツーショット画像しかありません。

たぶん妻は、この男としばらくsex できない日が続く時などは、この画像を見て、寂し
さを紛らして、体の奥底から疼くような切ない気持ちを静めているのでしょう。
当然のように、この後の画像には、精液を噴出させたあとのチンポが大写しになってい
ました。
信じられないほど大量の、そして粘るような精液が妻の腹から胸元にかけてぶちまけら
れていました。
妻の乳輪は割とつるっとしており乳首も荒れた感じはなく、きれいな形です。
私にとって宝のような妻のおっぱいも、全体が汗と男汁にまみれています。

男は妻の上に跨る様にして、射精後でありながらいまだに反りを保ち、硬直している
チンポを胸元に添えています。
妻はいったいどれほどの白濁液をまんこから垂れ流したのだろうか。
男のチンポは妻の汁で覆われています。
わずかに写る妻の様子は、顎を高く突き上げ、大きく反り返るようにして硬直している
ようです。
同じような画像が続く中、妻の様子には変化が見られず、硬直したままです。

射精後どれほどの時間が経っているのかわからないが、少なくとも夫のちんぽでは味わ
えない絶頂を迎え、そのあともしばらくはピクピクと痙攣をくりかえしているのだろう
か。
その後は、おそらく妻が撮影したであろう画像がつづきました。
仁王立ちした男の足元に座るようにして撮影したのだろう。
画像の撮影日時は、その日の射精後約4時間経っており、その日の夕方近くになってい
ます。
再び力を取り戻し、天を向くようにそそり立つ男のチンポを見上げるように撮影した
画像が何枚も何枚も続きました。

明らかに妻は、このチンポの虜になってしまった様子です。
亀頭だけをアップで撮った画像もあり、その尿道からは先走りの我慢汁がたらたらと
流れています。
パートへ行くと言いながら、実のところ毎日のようにして朝から夕方までこの男と浮気
を繰り返しているのだろう。
たぶんこの日も朝から sexを開始し、男の射精を受け止めたのも一回どころではないだ
ろう。

夕方5時前には急いで服を着て、何事もなかったかのようにスーパーで買い物をし、子供
を保育園に迎えに行くのだろう。
もはや私は次から次へと続く妻の淫らな姿を詳しく見る気力もありませんでした。
画像閲覧ソフトの一覧表示で見る限り、その後も、日を変え、場所を変え、妻とその男
の浮気は続いているようです。
残りのSDカードにも同じような画像が入っているのでしょう。

妻の画像を延々と見続けたその日、妻が帰ってきてからも私の頭の中は混乱したままで、
大した会話もなくいつものように妻と並んでベッドに入りました。
妻が寝息を立て始めたころ、突然むらむらとした性欲が強烈に沸きあがってきました。
寝たままの妻の乳首にしゃぶりつき、小さいながらもカチカチに勃起したチンポをパンツ
越しに妻のまんこに押し付けました。
いくらしゃぶり続けても、チンポをこすりつけ続けても妻はおきませんでした。
こんなsexのはじめ方はこれまでほとんど記憶にありません。

もしかしたらその日も、私がSDカードの淫らな画像を見ている時、その画像と同じよう
な淫らな行いを一日中やって、疲れ果てていたのかもしれません。
妻の腰が、細かく動き始め、そしてしゃくりあげるようにチンポに擦り付けてきました。
妻は多分夢の中で、浮気相手の男とのsexを開始したのだろう。
だんだんと息遣いが荒くなり、いやらしいあえぎ声を立て始めました。
今日見た中に何枚かあった画像と同じようにして、妻のパンツの股の部分をずらして、
脇からチンポを挿入し始めたころ、少し目が覚め始めたのか、私にしがみつきながら激
しく声を立て始めました。

それはわずかな時間でしたが、これまでの妻との sexではあまり見たことのない、激し
い反応でした。
そして、完全に目が覚めたとき、大きく目をむき、私を見つめながら
「何するのよ!」とびっくりしたように声を荒げました。
強引にsexを続けましたが、その後の妻の様子は、いつもの私とのsexでの反応に変わり
ました。
地味で控えめな反応です。
それは,あたかも自分の浮気がばれないように、演技しているかのようでした。

私は怒りをぶつけるように思いっきり深くチンポを突き刺し続けました。
子宮口のこりこりとした感触がありました。
私のチンポでは子宮口に達するのが精一杯ですが、あの男のチンポはへそのあたりまで
到達していたはずです。
妻は経産婦なので、もしかしたら子宮内挿入になっていたのだろうか。
小さな体であんな大きなチンポをあてがわれた妻の子宮はどれほど破壊され続けていた
のだろうか。
考えているうちに訳もわからぬまま中出ししてしまいました。

しばらく重なったままで、沈黙が続きましたが、妻はぼーっと天井を見つめていました。この瞬間も浮気相手とのsexを考えていたのだろうか。
私は久しぶりのsexだったので、チンポを抜いた瞬間、妻のまんこから凄い量の精液が流
れ出しました。
ブチュブチュと音を立てて流れ出す感触で妻も一瞬「フフッ」と笑顔になりましたが、
またすぐにぼーっとした表情に戻り、天井を見つめながら枕もとのティッシュを取り、
だらしなく足を開いて仰向けに寝た姿勢のままで、まんこからあふれ出す精子をふき取
り続けていました。
私もその様子を見ていましたが、我に返ったとたん、また怒りのようなものがこみ上げ
てきました。

妻とのsexはいつもコンドームを使っていました。
以前、中出ししたときは、妻は真剣に「妊娠したらどうするの!」と怒ってました。
でも今の妻は、そんなことも気にしてないのか、中出し汁を何事もなかったかのように
拭いているのみです。
あの男の奴隷になってしまった妻は、いつでも安心して中出しできるように、もしかし
たら避妊リングを入れさせられたか、ピルでも飲み始めたのだろうか、という不安が頭
をよぎりました。
先ほど妻のまんこから流れ出した汁も、実は帰宅直前まではめ合っていた浮気相手の汁
が混じっていたのかもしれません。

その男は、私には届かないような奥深く子宮内に直接大量の精液を注ぎ込み、それが今
になって、どろどろと流れ出してきたのかもしれません。
今確実にいえることは、もう妻のまんこと心は完全にあの男のもとにあり、私のもので
は無いということです。
怒りもここまで高ぶって長引くと妻に対する愛情もさめてしまいました。
残りのSDカードも今度詳しく確認します。
明日は、職場からデジタルビデオを借りてきてDVテープを確認してみます。



中出し・妊娠 | 【2019-08-31(Sat) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

SATO 美和子物語 生まれ変わった美和子

約1ヶ月の静養を終えて、お昼前の新幹線で上京しました。
15時過ぎに東京駅に到着し予約していたホテルへチェックインしました。

予定していたお買い物を楽しんだ後で新宿御苑の緑を堪能しました。
早めの夕食を戴いてからオーケストラの演奏会に出かけました。

国立劇場の座席に掛けて、高音と静寂との調和の中で心が穏やかになりました。
新たな生活のスタートのために美和子の改造と整備工事のような気持ちです。

演奏会が終わってからホテルに戻って入浴をして早めにベッドに就きました。
ベッドに入ってから、自分の歴史を振り返っています・・・。

結婚生活、そして15年間の事実婚等々、反省する事柄が多すぎます。悲しいけど。
今後は、吉井さんとの生活を充実させて穏やかな生活を望んでいます。

翌朝、早くから目が覚めました。
朝食を戴き安静を続けます。手術の開始時間は14時ですから13時過ぎに病院へ伺いました。
医師の最終面談を受けてから指定された服装に着替えて手術室へ向かいます。

着替え中に手術前のベビーをそっと見守ります。
成功すれば良いが・・・。

執刀医の、『始めます』との声で全てが始まりました。
麻酔注射で朦朧としていますが・・・。

それから3時間が経過しました。
執刀医の無事に終了しました。とのお声で安堵しました。

詳しくは書けませんが結婚前の自分にタイムスリップしました・・・。
術後の注意事項を教えて頂き、約1時間の安静を経てホテルへ帰りました。

1週間後に術後経過をチエックして頂くために再診を受ける予定です。
吉井さんが喜んで下さるかしら ?    少し、心配ですが・・・。

処女膜再生と関連部分の整形手術でした。
新しい誓いの前に過去を修正したいとの願いでした。

過去の事柄を消し去って慎ましく生きていこうと・・・。



童貞・処女 | 【2019-08-31(Sat) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

SATO 美和子物語 私の好きな方法

美和子のベッドでのお話です。
夫との数年間、竹下さんとの14年間、そして今は吉井さんとの新しい生活を始めています。

先日、妊娠中絶の手術を受け、術後に医師の先生から30日間は夫婦生活を慎む様に指示されています。
それでも、夜になって一人でベッドに入りますとモヤモヤした気持ちになります。その気持ちを抑えるには自分でアクションを起こさなければなりません。

最初にオナニーを覚えたのは生理が始まった時です。中学一年でした。性器の汚れをきれいにした後でクリを触った時に初めて快い気持ちになりました。

それ以来、ベッドへ入りますと殆ど毎日、オナニーをしていました。最初は自分で乳房を揉んだり押さえたりでした。
やがて、性器を包むようにして押さえます。人差し指でクリを圧迫したりクリを剥き出したりです。
やがてエスカレーションして膣の内部に指を入れます。

自分の中指を男性器に見立てて上から押しつけていました。乳液を塗れば潤滑油になることを発見しました。
この状態で高校卒業までを過ごしていました。

大学は女子大でしたから東京からの友達と仲良くなり彼女のアパートに出かけました。
ある日、二人でワインを飲んでから狭いベッドで横たわりました。

二人は睡魔に襲われて暫くの間眠りました。
二人はブラウスを脱いでブラとショーツだけでした。

友達の美智子さんが美和子の胸に触れました。そして、クリにも触れてきました。
夢うつつの中で朦朧として受け入れていました。

少しのアルコールが二人を大胆にしていました。
美和子もお返しで美智子さんの乳房やクリを触ってあげました。

やがて全裸になって抱き合っていましたら、美智子さんが右足の太腿を美和子の両足の間に移動してきました。
太腿で外陰部を押さえるようにして擦り続けています。

更に、69の体位になってお互いの性器を広げ合って相互にキスしました。
初めて他人の性器を見たのと自分の性器を見られて凄く興奮していました。

クリを舐め合って、膣の内部に人差し指を入れています。
お互いの内部からはカタクリ粉を練った様な濃厚なジュースが出てきました。

美智子さんが女性同士の結合の出来る小さなコケシを持ち出して自分に挿入して美和子にのし掛かって結合しました。ダブルマーラーでした。

マーラーが中間になって二人は結合していました。
からだを激しく抱き合っていますから汗が出ています。

マーラーの外周に真珠の小粒で作ったリングを装着して二人が双方から押し合っています。
真珠の小粒が膣の内部に接触して大変な刺激でした。

女性同士ですからお互いが満足して果てる事は有りません。何時も二時間くらいは過ごしました。
大変な経験でしたが・・・。

四年間の在学中は週末が二人の時間です。これで性欲を発散していました。
このようにして性的な興奮を得ていましたからボーイフレンドが欲しいとは思いませんでした。

昔の事柄を思い出しながら・・・。



先生・生徒・禁断 | 【2019-08-31(Sat) 07:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

SATO 美和子物語 吉井さん

SATO 美和子物語 吉井さん

吉井さんと四国で過ごしてから何日かが経ちました。
美和子は新しい生活のため、過去と決別をして生まれ変わりたかった・・・。

上京して整形手術をするための予診を受け次回の手術日を決めました。
自分の希望する形やその他について医師の助言を聞きました。

女性器の整形手術は恥ずかしい事だと思っていましたが、医師が経験豊富なお方で親切に助言をして頂きましたので安心してお任せできると確信しました。

夕方からは別の病院で中絶手術を受けました。これで竹下さんとのかかわりの全てを消し去りました。
病院で休憩させて頂いてから予約していたホテルへ到着です。
夕食を食べてから宿泊する部屋に移動し夜景を楽しみました。
この灯りの下で皆さんが幸せに暮らしているのだなと思いながら・・・。

10時過ぎに吉井さんから電話が有りました。
今日、一日の様子をお話ししました。
吉井さんは美和子が落ち込んでいないかと心配して下さったのです。

過去の事よりも今からの幸せを築こうとのご提案でした。
吉井さんの優しさが疲れた美和子を癒してくれます。
岡山への到着時間を知らせてとの事でしたので、空港への到着時間をお知らせました。

翌日は朝寝坊をしました。遅い朝食を戴いてから和光へ出かけて数点のアクセサリーを買い求めました。
吉井さんへのプレゼントです。
午後には行きつけの画廊を数カ所巡りました。さらに、お菓子とお抹茶を買いました。

羽田から眼下に快晴の富士山を眺めながら予定時間に岡山空港に帰着です。
ゲートを出ますと吉井さんが迎えに来て下さっていました。
長年、連れ添ったパートナーの出迎えみたいでした・・・。

二人を乗せた車は夕食を摂るために山の上のホテルへ向かいます。
和食を戴いてからお部屋で休む事にしました。
手術をしていますから暫くは接触が出来ないと医師から言われていますので・・・。

吉井さんはバスルームでシャワーを浴びています。
それが終わってからベッドで横たわっている美和子の側に来て大変だったねと労りの言葉をかけて下さいました。

今日は仲良くできないのですと申しましたら承知されて美和子のベビーを見られただけでそれ以上の事はなさそうでしたが・・・。

ベッドで横たわっている美和子の上からキスを求められました。
激しいキスで興奮するのですがベビーへはノータッチでした。

今日は合体できませんが吉井さんのジュニアは大きくなっています。
両手で触って欲しいと言われましたので可愛い息子さんに触れます。

美和子の両腿を合わせてゼリーを塗られました。そして、ジュニアを密着されました。
暫くしますと射精の合図をされました。

ベッドにはバスタオルを敷いていましたが・・・。
そーっと見ましたら、大量のザーメンが出ていました。濃度が濃くて・・・。
二人はそのままで抱き合っていました。

やがて、美和子の乳房にキスをされて、足の小指へもキスされました。
吉井さんが小指を吸引されますと不思議な感覚がしました。
足の指も性感帯だとは知りませんでした。新発見です。
そして、内股にも沢山のキスマークが付けられました。

膣へは侵入禁止ですがクリには歓迎です。美和子のクリは勃起してとても大きくなっていました。
吉井さんの小指が尿道にさしかかります。その部分に大量の唾が塗られています。

その瞬間に小指の第二関節まで入っています。
美和子はとても興奮していますからジュニアに大切な部分へ入って頂きたいと思うくらいの衝動です・・・。

二人は69スタイルですから、美和子のお顔の上には吉井さんのジュニアがいます。
美和子はこれを口にしました。舌で転がすようにしていたわってあげます。
吉井さんも待っていたみたいです。20㎝のジュニアは美和子の喉に詰まる程の大きさです。

舌でペニスを愛撫する方法はお友達から教えて頂いた秘法です。
彼女もボーイフレンドに試していた様です。
美和子も竹下さんとの仲良し会で何回も試していますから上手になっています。でも、これは秘密ですが・・・。

美和子がジュニアを根気よく吸いましたので少し痛かったみたい。
やがて、吉井さんが放出の合図をされました。
吉井さんの全てを最後の一滴まで飲み干しました・・・。
短時間に二回も射精されましたがジュニアは勃起したままです。

ダブルベッドで抱き合ったままで1時間以上がすぎました。美和子の乳房には吉井さんの痕跡が増えています。好きなお方からのプレゼントだと思っています。

美和子のベビーはすすり泣き状態です。ラブジュースが太腿を伝わって流れ出る様な気配でした。
吉井さんのジュニアの汚れをガーゼのハンカチで丁寧に拭き取ってから唇でも・・・。
ジュニアは美和子の口紅でピンク色に染まっています。
放出された直後ですの元気です。
彼が美和子の手を取ってジュニアへ誘導されました。
持ち続けていて欲しいとの合図です。

彼のジュニアからは先走りの液体が出ています。
勃起してカチカチ状態でした。そこにスキンレスゼリーを塗られています。
美和子が今日は堪忍して下さいと言いましたらうなずいていました。
お尻へもゼリーをたっぷりと塗られました。

漸くベビーではない部分への結合だと悟りました。
彼が満足なら・・・。

美和子をベッドの上でドッグスタイルに誘導されました。
吉井さんがお尻へキスされて両足を左右に広げています。
彼がジュニアを美和子にあてがって進入体制です。
竹下さんとの経験は有りましたがそのような事は言えません。

10分以上の時間をかけてペニスの先端部分を少しずつ入れてこられました。
やがて、彼の全てが美和子の中に収まりました。
両手で美和子のお腹を抱えてペニスを激しく動かされます。
彼が満足して・・・。

吉井さんに和光のネクタイピンとカフスボタンのセットをプレゼントしました。
美和子用には真珠のネックレスをご褒美に買ってきました。

吉井さんからは四国の住まいに表札を取り付けたとの事でした。
二人の故郷(ふるさと)の意味で、SATOと、
ローマ字で横書きにしたとのお話でした。

SATO・・・。
良いと思いますとの返事をして喜び合いました・・・。



純愛・恋愛 | 【2019-08-31(Sat) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

R太郎9

プールシリーズ 投稿者:R太郎  投稿日:06月05日(土)17時22分05秒

いやー、やっぱり小学生の高学年くらいの子は
Pに興味を持ってくれます。
今日も、プールへRにいきました。獲物を探すと
6人ぐらいで水中で円陣を組むようにして水中
じゃんけんしている子達がいました。その子達に
目を付けてそばでPを出してうろうろしましたが
全く気づきません。まいったなと思いながら、
別の子を探したのですが、小さすぎる子ばかりです。
再び、その子たちそばにいきました。
プールのコーナーのとこで相変わらず集まって
騒いでいます。私は、その集団の後ろに行き何気なく
Pを袋ごと出して、しごいたり、プルプル振ったりしま
した。その内、ちょうど水中で私の正面を向くようになる
1人の行動パターンがおかしくなりました。妙に潜水を
繰り返しだしたのです。「気づいたな!」と私は確信しました。
案の定、水中で私の方をじっと見ています。そして、円陣から
抜けると「これできる、●×ちゃん!」といって、水低にくっ付
くように潜水した後、私の方に向かって浮上してきました。
そして、私の真横で水中眼鏡を直す振りをして、水中に顔を入れ
ました。Pと彼女の顔との距離は20cmくらい。完全に上を向いて
ピクピクしているPをまじまじと見ています。もう1人が「いくよー」
というと、先ほどのように水中に潜って私の方にきました。
その子も私のPに気づきました。はっとした顔で水から出ると、
横にいる最初の子が、「見た? はははっ、すごいよ」と言うと、
後の子が残りの子たちのところへ慌てて泳いでいきます。
それから残りの子達が次々と同じ子とをして、Pを見ていきます。
その子達は、私のそばでじゃれあい始めました。そうです、何とかして
触ろうとし始めたのです。一人が平泳ぎの拍子に手で私のPをパチンと
叩いていきました。それを残りの子が水中で観察しています。ゲラ笑いです。
私の鉄則で、騒ぎ出したら消える事にしているので今日は出ました



純愛・恋愛 | 【2019-08-30(Fri) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

R太郎9

pool-R 投稿者:R太郎  投稿日:05月30日(日)18時17分13秒

今日のプールRを報告します。過去にターゲットにした
子はいなかったので、新たなターゲットを探しました。
すると、3人の小学生高学年がいたので、彼女らが泳い
でくる先に横チン出して待ってました。平泳ぎで泳いで
きた1人が私のPに気づいたようです。目の前で立ち上
がると、私の顔を少し見て斜め前で水中メガネを直す振り
をして水中で再び私のPを確認します。そして、「●×ちゃ
ーん! (小さな声で)恐いモノ見ちゃった・・・・」
というと、もうひとりが水中に潜ってPを確認します。
「やばいよ、向こうへ行こう」と言って出ていってしま
いました。その後は、Goodなターゲットも見つからずに泳いで
いると、先週のターゲットの子達が現れました。こともあろうに
彼女らは私の姿を見ると、向こう岸からこちらに向かって泳
いできます。私は、人気の少ない場所に移動し彼女らが来る
のを待ちました。彼女らは私のそばまで来ると潜水を始めます。
私は、袋ごとPを出して、シコシコ・・・・。すぐにBしました。
事もあろうに、その内のひとりが目の前まで泳いできます。そして
私のPの目の前でいったん止まり、横切っていきました。
「はははっ、すげーよ」と他の人に言います。すると他の子が私に
近づきます。目の前まで潜水してPをよーく見ていきます。
互いに私のPの大きさの事で「これくらい? 」「こんな長さ?」
などと言って手で大きさを言い合ってます。そのうち、中でもリーダー
的な一人が、私に近づくと、目の前でもぐってPを見るのです。私は
こんなに大胆な子は始めてだったので、Pを突き出しました。彼女は
水中で驚いてとっさの防御反応で私のPを手のひらで押さえつけました。
その時、棒をぎゅっと握ったのを覚えています。彼女は「はははっ、
触っちゃったよー、気持ちわりー」といってみんな泳いでいってしまいました。



純愛・恋愛 | 【2019-08-30(Fri) 21:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

R太郎8

普段日のプールR短期決戦 投稿者:R太郎  投稿日:05月24日(月)23時55分22秒

夕方にプールに行ってきました。いつもとは異なった場所で、
小学校のプールと共用なので、学校が終わった小学生や
会社帰りと思われる人が結構いました。
私は、気分的に特にRしなくてもいいや・・という感じで、
気分のリフレッシュを目的に泳いでいました。しかし、身体の
発達した高学年の女子が、身体に似合わない学校水着を着ている
ものだから、前の割れ目、胸のピーチクが妙に目立ちます。
そんなのを見せられると、股間がムクムクと戦闘態勢です。
いつものように、前方から泳いでくる目的の子の前で、Bした
Pを袋ごと出し待ちました。その子や一緒にいた子が私のPに気づ
きました。勢いよく水から出ると「なに、ぷはっ!」と笑って、
再び水の中に潜りました。そして、ふたたびP鑑賞。私は、Pを
思い切ってしごきました。水中でいままでないほどのビンビン状態で
水中と言えども真っ赤なPがピクピク動きます。
「ぶはっつ、・・・・ははははっ」と笑って「変な形・・・いじってる」
と私に背を向けて2人で話していましたが、離れていってしまいました。
私は、Bしたまま暖房室にいきました。そこには、別の小学生が6,7人
いる事を知っていました。真っ赤なPの先がパンツの上から顔を出した状
態で入りました。すぐには気づいてくれなかったのですが、しばらくすると
あれだけ騒いでいた子達が、しーんと静まりかえっています。彼女たちの
目は私の股間に集中しています。私は、頭にタオルをかけて彼女らに思う存分
見てもらいました。部屋を出る時、パンツを拭くそぶりをして、Pを全部出し
ました。「でーっかーい」「Hだよ。」なんて声がきこえると、もうS寸
前でした。普段の日は明日もあるので、あまりプールに長居しません。



純愛・恋愛 | 【2019-08-30(Fri) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*