FC2ブログ

海での出来事

これは事実です。
僕と妻と先輩夫婦と夏の夜に海へ車1台でドライブに出かけた。
コンビニでビールを買い、僕と先輩は車の中で飲みながら、話した。
そして到着、誰もいない海、バスタオルをしいて夫婦同士で話していると、先輩は「泳ぐか」と突然全裸で海へ。
僕もつられて全裸で海へ入った。
浜は真っ暗闇で良くは見えない。
すると先輩は自分の奥さんに「泳ぐと気持ち良いから、来いよ」と。
奥さんは妻に、「入ろうか」と言うと全裸になり泳ぎ始めた。
妻もその後全裸で海へ。
ここは遠浅なので。足はつく。
僕達夫婦と先輩たち夫婦まで20メートル位離れ手いるので、よく見えない。
妻は「何か恥ずかしいけど、気持ち良いね。」と僕のそばで首まで海につかっている。
しばらくすると先輩たち夫婦は浜にあがりバスタオルの上で抱き合いはじめた。
僕達夫婦も海から上がり、その様子をただびっくりして遠目で見ている。
ただ先輩夫婦が抱き合い、キスしている音だけが聞こえてくる。
先輩は顔をこちらに向け「ごめん。興奮してきた』と、奥さんは小さな声で「恥ずかし」と言った。
僕は妻の手を引き、バスタオルの上に寝かせ、キスをした。
妻は、「はぁ、はぁ」と言う 息使いだけで、何も抵抗は無い。
隣では先輩は立ち上がり、奥さんにフェラをしてもらって こちらを見ている。
僕はそれを見ながら、妻の中に入った。
妻は「あぁ・・・」と深い息を漏らし、目は先輩夫婦に入っている。
先輩奥さんのフェラ、先輩のペニスを見、時折先輩と目が合い、妻は興奮している。
僕は妻を四つんばいにし、良くみえるようにバックにして、入れた。
先輩夫婦は正常位でセックスしはじめた。
奥さんの声が「あぁ・・・、いい、興奮する、見られてる・・・」と聞こえてきた。
その声を聞いて僕は「もうダメ、出るぅ」と入って、妻のくちにペニスを持っていき、出した、
先輩夫婦もそれを見て、「あぁ・・・」と言って先輩も奥さんの口ではてた。
僕達と先輩夫婦はしばらくそのまま動けずにその場にいた。
 
この話は事実です、あれからは何もそういった事は何もないですが、本当に今でも思い出すと興奮します。



泥酔 | 【2020-09-29(Tue) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

快感 7

オナニーは毎日するよ。
寝る前とか授業中もね。

夏休みの話しようかな。
夏はお店忙しいのよ海も行けないの。
アタシも女の子。
浴衣着るよ超ミニ。
股下3㎝。
でねお仕事なの。
売れるのよ生ビール。
でも汗ビッショリ。
お店も終わりそうな時とうとうハダカに。
これ去年の事。
でねのれん降ろして常連さんだけサービス。
9時から常連さんだけよ。

昼は宿題するの。
萌んち行ったり来たり。
夏はスカート一枚かはだか。
萌んち両親働いてて伸ちゃんも一緒に連れて行くの。
だから萌一人。
しかも8mしか離れてない。
だからすっぱだかで行くんだけど。
「萌~!」
って呼ぶとニ階の窓が開いて、
「いまあける~。」
って。



泥酔 | 【2020-09-27(Sun) 21:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

快感 4

お客はお馴染みさんが多いの。
「毛生えたか?」
って聞く人もいるわ。
「まだよ~!」
っ言うと、白衣捲るの。
「ビール追加してよ・・。」
って頼むとほとんどみんな追加してくれるの、
おしゃくのサービスしちゃう。

店を閉めるのは9時。
汗びっしょり。
そこで遅い夕食。
すっぱだかで洗いものと店の掃除。

お風呂入って自分の部屋に行くの。
夢もみないでぐっすり。
はだかのまま・・。

お店の休みは木曜日。
スーパー銭湯に良く行くの。
アタシはいつもお父さんと行く。
中一なのに一度も言われた事ない。
「中学生はダメ」って。

いつも股広げて洗うの。
結構見てるわね・・。
見ないふりするけど。

施設の中にカラオケとかあるでしょ?
アタシはだかで歌っちゃう。
ホラ時々いない?
なかなか服を着たがらない子。
そんな子装うのアタシ。



泥酔 | 【2020-09-27(Sun) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

回覧

俺がまだ小学生の時のこと。母はそのとき32歳でけっこう見た目より若く見えた。そ
の日は親父が出張に行ってて弟と母と三人だった。回覧板を回すのを忘れてて、母は風
呂に入ってビールを飲んだから向かいの家まで行ってきて!と俺に言ってきた。俺は弟
とゲームをしてるからヤダと言った。母しかたなくTシャツと短パン姿で出てった。短
パンの隙間から白のパンツが見えてた。向かいの家というのは俺の同級生の悪い奴家
で、俺はかなり嫌ってた。そいつには17歳の兄がいてかなり恐い人だった。その日も
暴走族風の改造バイクが6台くらい停まってた。3分くらいで帰ってくるはずなのにな
かなか帰ってこない、結局2時間くらいして帰ってきた。遅かったじゃん!と言うと母
はちょっとねと言いながら急いでまた風呂に入った。その時短パンの隙間から見えてた
パンツが見えなかった。しかも透けてたブラも見えなかった。嫌な予感がしたけどその
日は寝た。次の日に衝撃的なことがあった。俺の嫌いな同級生から、おまえのかあちゃ
んに聞きたいことがあると言われて何?って聞き返したら、人間の小便って美味い
の?って聞いてきた。何で俺のかあちゃんに聞きたいんだ?っていったら、おまえのか
あちゃん裸で俺の兄貴達の小便泣きながら飲んでたぜ!その瞬間俺は頭が真っ白になっ
てそいつを突き飛ばしてしまった。そいつは明日覚えてろよ!とか言ってた。次の日ク
ラスでいきなりそいつがみんなの居る前でこれおまえのかあちゃんの忘れ物だ!って母
のブラジャーとパンツをかばんから取り出して、こいつのかあちゃん俺の兄貴達と裸で
プロレスしたんだぜ!しかもバラされないかわりに小便飲んだんだぜ!って大声で叫ん
だ。いま思えばプロレスってまさか・・・・・?回覧板を渡しに行かしたことを後悔し
ています。俺達はそのことが原因で今は引っ越しました。



泥酔 | 【2020-09-26(Sat) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

会社の先輩をお持ち帰り

会社の先輩で素敵な人がいます。
イケメンじゃないけど、仕事もまじめで、みんなにやさしくて
実は狙ってました。
でも奥さんも子供もいて真面目で
全然そういうふうにならなかったのですが。

忘年会の一次会は会社でやりました。

ななめ前の席をキープしてアピール、するも
特にこっちを見てるかんじもなし。
みんながよっぱらいはじめたときに
となりの席に移ってがんがん飲ませました。

「俺、そんなに飲めないよー」といいつつ
缶ビールを6本空けてました。

みんなが二次会にカラオケ行くと会社をでたときに
「Kさん、私もう飲めないし(←うそ)、歌うのもすきじゃないし(←うそ)
いやじゃなければ2人で別のお店いきませんか?」
と誘ってみました。

銀座のこじゃれた居酒屋みたいなところに行きました。
席はもちろんカウンター。
日本酒をがんがんのませて、
Kさんのほうに思いっきり向いて
足でぐいぐいおしてみたりしてみました。

いつもはぼーっとしてるKさんも
さすがに気がついたみたいで、
手相をみてあげると古典的な手段で
手を握ってきました。かわいいー。

Kさんは普通に手をにぎってきましたが、
よっぱらったふりで、指をからめたりしてみました(笑)。

あんまり遅くなるとKさんもうちに帰らなくてはいけなくなるだろうし
さっさと二件目を出ました。
方向が全然違うのですが、「ひとりで帰るのこわいし(←うそ)、送ってくださいー」
とウデをひっぱって、タクシー乗り場につれていきました。

タクシーの中で「Kさん、眠い(←うそ)」としなだれかかって、
ひざ枕というか、彼のちんちんのうえに顔を置いてみました。
いつもぼーっとしてるKさんですが、さすがにちんちんは
いい感じになっていました(笑)。

わたし、実家住まいなのでうちに連れこむわけにもいかず
もちろんKさんちに連れ込まれるわけにもいかず、でも
Kさんはホテルにさそってくれる風でもありませんでした。

仕方ないので思い切って「Kさん、まだ帰らないで、
もうちょっとだけ一緒にいたいです。」と言ってみました。
タクシーの運転手さんにきかれるとはずかしいので
耳元で。

これがよかったのか?Kさんは急にやる気になって
「じゃあ、目黒に行きましょう。」
目黒川ぞいのラブホへ。

Kさんは意外にも(?)積極的で、
しかもねちっこかったです。
ピンクのツインニットにフレアスカート
というふつーの格好だったのですが、
いつまでも服を脱がせないで
あちこち触りまくり。

私もよっぱらってたし、もうおっぱい触るのは
いいから、はやくあっちをさわってほしいー
と思いました。さすがに言えませんでしたが。

そんなこんなで1時間ほどあちこちさわられたあと
やっとクンニしてくれました。
しかも下着を脱がさないでするんですー。
そんなの初めてだったので結構興奮して
すぐにいってしまいました。
はずかしい・・。

「もーだめ、はやく。」とお願いして
やっと入れてもらいました。
せいじょういで足を思いっきりもちあげてもらって
がんがんやってもらいました。
きもちよかったですぅ。

そのあと一緒にお風呂にはいって
手で体をあらってもらってるうちに
またきもちよくなっちゃって2回戦め。

お風呂でたったまま、
Kさんがしゃがんで指を思いっきりいれてきました。
ぐりぐりやられてるうちに
シオがふくというんでしょうか、
ぬるいお湯みたいなのでどばーっとでてきました。
びっくり。

2回戦目はお風呂の鏡の前に手をついて
たったまま後ろからしてもらいました。
しかし、Kさん足が短いのでどーもうまくはいらない・・・。
しょうがないのでベットに戻って私がベットに
よつんばいになって、彼がたってうしろからいれてもらいました。

2回ほどいってかなり疲れてきたのですが、
Kさんはぜんぜんいかない・・。
Kさんはぜいぜいいってるししょうがないので、私が上になって
思いっきり足をひらいてはっするしてみました。

Kさんは「すごいー。会社の子がこんなことしてくれるなんて感激。」と言っていました。
私も憧れのKさんにこんなことしてるなんてとまた興奮して(←単純)
ふたりで一緒にいってしまいました。

そのあとは携帯の番号とメールを交換してそそくさと帰宅。
わたしはえっちのあとはさっさとうちにかえって、
おうちのベットで反芻したい派なので。

お正月に年賀状がわりにキャミソールで胸元アピールの
写真をつけてメールしてみました。
「年明けに会うのが楽しみです。」とお返事がきたので
このあとまたいいことがあるかもしれません。

以上です。駄文で失礼しました。。。



泥酔 | 【2020-09-25(Fri) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*