FC2ブログ

みか

yukoさん、私も 投稿者:みか 投稿日:8月7日(月) 21時53分25秒

5年前、私が高校1年のとき、親戚が遊びに来て海に行ったときのことです。

私と小学校4年生のかずくんと1年生のゆうくんで海で遊んでました。
家が海の近くなので水着のまま家に帰ったんですが、
「みか、かずくんとゆうくん洗ってあげて!」と母がいうので
風呂につれていきました。2人とも砂だらけ。ゆうくんは海パン履いてなくて
オチンチンまで砂まみれでした。私も裸になってかずくんを裸にしました。
先にゆうくんを洗ってあげました。小指の先くらいで可愛かったです。
ゆうくんはずっと私のオッパイ触ってました。ずっとそうしていたかったんです
けど、もう一人いるので、急いでゆうくんの体を拭いて「ゆうくん上がったよ」
とおばさんに渡して今度はかずくんの番。

私の前に立たせて洗ってるとゆうくんのまねをしてオッパイ触り始めました。
Hな子。ゆうくんと違ってオチンチンがちょっと大きいのでスポンジだと
洗いにくくて手で洗ってました。洗ってると、えっと思う間にムクムク大きく
なってきました。握るようにしたらツルっと皮がむけてピンっと立っちゃった
んです。当時処女だったのでそうゆうのを見たのも触ったのも初めてでした。
そうゆう知識はあったんですけど。
とりあえず洗わなきゃと思って2・3回こすってあげたら、
ぴゅーっと出ちゃったんです。これも初めて見ました。
オチンチンはしばらくビクンビクンとして何度かぴゅーっと出した後すぐ小さく
なって、かずくん泣きそうな顔になってました。「ないしょだよ!」
と言ってまたオチンチン洗ってあげると笑顔になりました。剥いて洗って
あげるとくすぐったいらしいです。

でも、ここからが恥ずかしい体験なんです。
いいかげん時間がたったので風呂から上がり、かずくんの体を拭いてあげて
ました。かずくんはまだオッパイに触りたいのかバスタオルの中に手を
入れ、前がはだけてしまいました。「こら!」なんて笑って拭いていました。
バスタオルが落ちて丸裸だったんですが、おばさんしか来ないと思って
そのままだったのが間違いでした。
足音がして、おばさんかなと思ったら、ドアを開けたのはおじさんだったのです。
「キャー」っとバスタオルで隠しました。幸いかずくんの手でオッパイは
見られずに済みました。あとでおじさんに聞いたら下の方は見えたみたい。

5年ぶりにかずくんたち、遊びにきました。かずくんにそっと、
「みかちゃんのオッパイ覚えてる?」と聞いたら真っ赤になって何も言って
くれませんでした。もう一緒にお風呂は入れないね。
おじさんとはお互い何も気にしてません。



童貞・処女 | 【2020-05-03(Sun) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

みか

yukoさん、私も 投稿者:みか 投稿日:8月7日(月) 21時53分25秒
5年前、私が高校1年のとき、親戚が遊びに来て海に行ったときのことです。

私と小学校4年生のかずくんと1年生のゆうくんで海で遊んでました。
家が海の近くなので水着のまま家に帰ったんですが、
「みか、かずくんとゆうくん洗ってあげて!」と母がいうので
風呂につれていきました。2人とも砂だらけ。ゆうくんは海パン履いてなくて
オチンチンまで砂まみれでした。私も裸になってかずくんを裸にしました。
先にゆうくんを洗ってあげました。小指の先くらいで可愛かったです。
ゆうくんはずっと私のオッパイ触ってました。ずっとそうしていたかったんです
けど、もう一人いるので、急いでゆうくんの体を拭いて「ゆうくん上がったよ」
とおばさんに渡して今度はかずくんの番。

私の前に立たせて洗ってるとゆうくんのまねをしてオッパイ触り始めました。
Hな子。ゆうくんと違ってオチンチンがちょっと大きいのでスポンジだと
洗いにくくて手で洗ってました。洗ってると、えっと思う間にムクムク大きく
なってきました。握るようにしたらツルっと皮がむけてピンっと立っちゃった
んです。当時処女だったのでそうゆうのを見たのも触ったのも初めてでした。
そうゆう知識はあったんですけど。
とりあえず洗わなきゃと思って2・3回こすってあげたら、
ぴゅーっと出ちゃったんです。これも初めて見ました。
オチンチンはしばらくビクンビクンとして何度かぴゅーっと出した後すぐ小さく
なって、かずくん泣きそうな顔になってました。「ないしょだよ!」
と言ってまたオチンチン洗ってあげると笑顔になりました。剥いて洗って
あげるとくすぐったいらしいです。

でも、ここからが恥ずかしい体験なんです。
いいかげん時間がたったので風呂から上がり、かずくんの体を拭いてあげて
ました。かずくんはまだオッパイに触りたいのかバスタオルの中に手を
入れ、前がはだけてしまいました。「こら!」なんて笑って拭いていました。
バスタオルが落ちて丸裸だったんですが、おばさんしか来ないと思って
そのままだったのが間違いでした。
足音がして、おばさんかなと思ったら、ドアを開けたのはおじさんだったのです。
「キャー」っとバスタオルで隠しました。幸いかずくんの手でオッパイは
見られずに済みました。あとでおじさんに聞いたら下の方は見えたみたい。

5年ぶりにかずくんたち、遊びにきました。かずくんにそっと、
「みかちゃんのオッパイ覚えてる?」と聞いたら真っ赤になって何も言って
くれませんでした。もう一緒にお風呂は入れないね。
おじさんとはお互い何も気にしてません



童貞・処女 | 【2020-05-03(Sun) 21:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

ほとんど毎日やってます

 僕は20歳の大学生です。 今年の夏頃から妹(高一)とほとんど毎日のようにセックスしています。
きっかけは僕の部屋で二人でゲームをやってるときでした。 なんとなく肩が触れ合い、手が触れ合いしてるうちに恋人同士のように気まずくなり、そしてなんとなく僕が妹の胸に手を当てました。妹は恥ずかしがりましたが、僕に胸を揉まれてました。だんだんエスカレートして激しく揉み始めると、うっとりし始めましたのでそのままキスをしました。そこからはよく覚えていません。いつのまにか二人とも裸になりセックスしていました。(妹は処女ではありませんでした。2人経験があるそうです。) 事が終わった後なんとなく気まずい思いになりましたが、妹がキスをしてニコッと笑ってくれたので、いいのかなという思いでそれからというもの毎日のようにセックスしています。 妹の方も好きなようで拒みもしませんしせまってきたりもします。  でも時々不安に感じるときもあります。 でも激しく悶える妹とやってると忘れます。



童貞・処女 | 【2020-04-18(Sat) 07:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

ホテルの割引券もらったので

私の初体験も是非聞いて下さい。

付き合って約一ヶ月経った頃、偶然ホテル●ークラの割引券を先輩からもらったので
泊まりでランドに行く事になった。

お互い同居人が居る者同士なのでその時が初めてのお泊り。
不思議と構えとかなくて「きっとしちゃうだろうな~」程度で当日がきた。
前日は無駄毛処理を滞りなく頑張ったなあw

チェックインの時、受付けの人に
「予約して戴いた部屋より広い部屋を準備させて戴きましたので^^」と言われ
案内してもらうと最上階の唯一広いバルコニーの付いた2部屋のうちの1部屋でした。
案内人さんに2人して有難う御座いますのオンパレードww

そんな最高のシチュエーションの中、いよいよそんな雰囲気になってドキドキしてきた私。
深いキスになってきて押し倒されて彼は慣れた様に私のカーディガンを脱がした。

彼に処女だとは伝えておらず、けどそのまま流れに身を任せてドキドキキュンキュンしていると
彼がピタっと静止し、「・・・あのさ、俺・・・した事ないんだよね・・」と申し訳無さそうに言ってきた。
童貞に見えなさ過ぎる風貌な彼なので思わず「え!!?」っと大きい声を出してしまったw

何故かここは処女の頑張りどころ(?)と渇を入れ、もう私がリードするしかない!!!と張り切ったww
「初めての男なんて嫌だよね。ごめんね。」ってしょんぼりする彼がすごく可愛かった。


「じゃあ・・服脱がして?」って甘えて彼に脱がせてもらい、下着いっちょになった時
「下着の外し方が分からない。」って恥ずかしそうに笑って、一緒に笑いながら私が指導したのはすごく幸せでした。

で初めて女の人のおっぱいを触った!と彼は騒ぎながら嬉しそうにもみもみもみもみしてきたw
私はAカップとBカップの中間くらいしか胸がないので
「ちっさくてモミ応え無いでしょw」って言うと
「いっぱい触ったら大きくなるんでしょ?じゃあ俺が大きくするの。」とまだ慣れない手つきで胸をずっと触ってくれた。
そして彼の服を一緒に脱がしてあげて互い初めてという事で(彼は私が処女だったといまだに知らない)
順序とか、ペティングとか実行に移せず前戯一切無しでゴム付けて挿入。

「●●の中あったかい!」ってにこにこしてました。
キスしてる時からすでに濡れまくりで全然痛くもなく血も出なく、自分どんだけエロいんだorzっと行為の後リアル凹みしたw
正上位で繋がったまんまいっぱいチューして抱き合って幸せで、全然怖くなかった。
それからゆっくり動き出して
「気持ちい?」とか「こんな感じで動けばいいのかな?(笑)」とか一生懸命気持ちよくしてくれました。

わたしは感じやすいのかすっごい気持ち良くて自然に少し声も出てしまいました。
初めてでイきましたw(オナニーしてたのでイく感覚は知ってた)
キスにながら突いてくれる時が一番幸せ感じました。
果ててしまうと彼は「やばいっすげえ嬉しいんだけど!」と私の頭を抱きかかえながらキスしてくれました。

その後彼も頂点までいって一緒に抱き合って寝たんですが・・・
正直昔の事なので詳しく覚えてないです。
好きな人と一緒に寝て朝目覚めた時触れ合っているって
こんなに幸せなんだなーって今思い出してます。



童貞・処女 | 【2020-04-17(Fri) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

へたれ男

もう5年前くらいのことです。
大学4年の僕はサークルの後輩のひろみと付き合っていました。
ひろみとは付き合い始めて3年、僕としては安定期に入っているつもりでした。
当時、僕は大学院の試験勉強と卒研の準備で非常にいそがしく、ひろみの相手をする余裕がありませんでした。
そんな中、さみしさを紛らわすためかひろみは塾講師のバイトを始めました。

ひろみがバイト初めて3ヶ月くらいたった日のことでした。
卒研の準備が一段落した、僕はひろみを含めたサークルの仲間と飲みにいきました。
僕は、卒研の準備からの開放感とひさびさの飲み会で陽気になり、隣に座っていたひろみイタズラをしました。
ひろみのCカップの胸を皆に見えないようにいじろうをしました。
いつものひろみなら笑ってされるがままになるのですが、その日は違いました。
そっけなく、冷たく僕の手を振り払い、懇願するような顔で僕の顔を見つめて小さな声で「やめて」と言うのです。
いつもと違う雰囲気を感じた僕は今日は機嫌が悪いのかなと思い、イタズラをやめました。
飲み会も終わり、僕とひろみは二人で僕の部屋に帰りました。
僕は、ここ1ヵ月いそがしく、ひろみ会っていなかったため、ひろみの体を想像しただけで、あそこがびんびんになっていました。
部屋に入った瞬間、ぼくはひろみに口付けをし、ひろみを求めました。

しかし、ひろみは僕に答えてくれませんでした。
「やめて」
「なに?どしたの?」
「もう、あたなと付き合うことができないの」
突然の告白に、僕は動揺してしまいました。
「え、なんで?」
「ほかに好きな人ができたの」
僕の頭は真っ白になってしまいました。
相手の男は塾講師の先輩で、俺にあえない寂しさ紛らわすために、何度か遊ぶうちに。
最初は友達のつもりだったけど、だんだん本気になったという、非常にありがちなものでした。
「やりなおせないか」
へたれのぼくは未練たらたらでした。
「あなたのことは今でも好きだけど、あの人の方がもっと・・・」

ひろみの表情は本気でした。
「本当に終わりなの?」
「本当に終わりよ」
ひろみは泣いていました。
ぼくも泣きそうでした。
こんなやりとりが何回か続いて、ぼくはもう終わりなのだと悟りました。
そして最後にひろみに言いました。
「じゃあ、最後にひろみを抱かせてくれ」
と、ひろみは
「私はもう、あなたのものじゃない、でも、あたながそういうなのなら1回だけ・・・」
ぼくはひろみにむさぼりつきました。

ひろみの唇を吸い、ひろみの乳房をわしづかみにしました。
スカートの中に手をいれ、パンティ脇から指をはわせると、ひろみ中は愛液でぐちょぐちょでした。
ひろみは泣きながら、
「ごめんね、ごめんね」
と繰り返しました。
ひろみが他の男に取られる、ひろみが他の男に汚されるという思いは僕をどんどん追い詰めていきました
手マンでひろみを責めながら、ひろみに聞きました。
「そいつとはやったのか?」
「やってない」
ひろみは答えました。
「うそだろ」
ぼくは問い詰めました。
「やってないよ。」
ひろみはそう答えました。だけど、ぼくにはそれは嘘に聞こえました。

「本当のことを言ってよ、最後に嘘はいやだよ」
と、さらにひろみを問い詰めると、ひろみは
「少しだけ」
と答えました。
「少しだけってどれくらい?」
と聞くと、ひろみは、
「キス」
ぼくは手でひろみを攻め立て、聞きました。
「キスだけ?」
「手でされた、最後までは・・・」
「フェラチオは?」
「やった・・・」
僕の中でひろみに対するなにかが壊れました。

ひろみのかわいい唇が知らない男のものをくわえたのか。
そう考えるともうどうにもならなくなりました。
ぼくはひろみを攻め立てる手をさらに激しく動かしました。
ひろみのパンティは愛液でびしょびしょになっていました。
そしてひろみは
「あ、あ、あ」
という声をだしてひろみはいってしまいました。
ぐったりしているひろみにびんびんなったあそこを突き出し、ぼくは言いました。
「そいつと同じようにやってよ。」
ひろみは無言でぼくあそこを手にとり口にくわえました

ひろみは、ねっとりと、やさしく、時には激しく僕を攻め立てました。
ひろみはぼくと付き合った時は処女で、フェラチオはぼくが仕込みました。
手塩にかけて育てたひろみを誰かに取られると感じ、ぼくは惨めな気持ちでいっぱいになりました。
ぼくはひろみは69の体勢にもって行き、再びひろみを攻め立てました。
「そいつとはこんなことはしたの?」
と聞くと
「まだ、してない」
と答えました。

まだしてない、ということはこれからするということなのかと思い、なぜか興奮してしまいました。
そしてぼくははちきれそうなあそこをひろみの口からはなし、ひろみのあそこへバックから突き立てました。
ぼくはひろみをこれまでにないほど、攻め立てました。
そして、ぼくもひろみも尽き果ててしましました。
なにもかも吐き出した後、僕はひろみを抱きこう言いつづけました。
「いかないでくれ」
しかし、ひろみは
「ごめんね、ごめんね」
を繰り返すだけでした。
そして、夜があけ、ひろみは僕の元を去っていきました。

それから3ヵ月後、僕の前にひろみが帰ってきました。

ぼくは、ひろみとわかれて、放心状態の毎日を過ごしていました。
しかし、そんな状態とはいえ、現実にはやらなければならないことは多く、
日に日にひろみのことからも立ち直りつつありました。
そんなある日、ひろみから電話がかかってきました。
携帯に表示される彼女の番号をみて、ぼくは心臓が高鳴るのがわかりました
期待と不安と入り混じった思いで電話にでました。
ひろみでした。

「ごめん突然電話して、今どうしてるかなーと思って」
ぼくは、きわめて冷静な振りをして答えました。
「いや、別に普通に生活してるよ」
「で、何か用?」
僕は極力感情を出さないようにしました、ひろみに今の気持ちを悟られたくなかったからです。
「いや、べつに用ってわけじゃないけど、今日ひま?」
「え、ひまだけどなに?」
「食事でもどうかなー、と思って」
ぼくは、なにをいまさらという思いながらも、ひろみがいない日々のさみしさに勝てず、思わず
「ん、食事くらいなら」
と言ってしましました。
「じゃあ、6時に私のうちに迎えにきて」
と言ってひろみは電話をきりました。

ぼくは、ひろみの気持ちがわかりませんでした。
約束の時間になり、僕はひろみを迎えに行きました。
ひろみの家の前に行くとひろみが立っていました。
別れる前とまったく変わらない感じでした。
ひろみはさも自分の恋人の車のように乗り込んできました。
「ひさしぶり」
僕が言うと、ひろみは
「ひさしぶりだね」
と答えました。
「どこに行く?」
「どこでも」
その後の食事のことはほとんど覚えていません、ずっとひろみのことを見ていました。
まだ、ひろみのことが好きなんだと、いやというほど思い知らされました。

食事を終え、取り留めのない会話を交わしました。
「彼とうまくいってるの?」
「うん、それなりにね」
「それなりってなんだよ」
「へへ」
こんな感じの会話です。
食事も終わり、僕はひろみを家まで送りました
ひろみの家の前に着き、ひろみに
「ついたよ」
と言いました。するとひろみは何も言わず黙ったまあ、車のなかでうつむいていました。
「どうしたの?」
と聞くと、ひろみは
「もう少し、二人でいたい」
と言いました。

ぼくは、なんだよいったいと思いながらも、ひろみといる時間を少しでも長くなるならと思い、そのまま車をとめていました。
何分ったのでしょうか、ひろみが口を開きました。
「わたしね、やっぱりあなたのことが忘れられないの。」
突然の告白に僕は
「何いっての?、ひろみには彼氏がいるじゃない」
と答えました。
「あの人も好きだけど、あなたのことも忘れられない。」
今、思うと非常に都合のいい女だったと思います。

でも、まだひろみのことが忘れらないでいた僕にはその言葉はあまりにもきつすぎました。
気づいたときにはひろみにキスをしていました。
そして、ひろみも僕を求めてきました。
ぼくは、ひろみの胸に手を這わせゆっくりともみました。
するとひろみは
「こんなところじゃ、いや」
と言いました。
ぼくは、猛スピードで車を走らせ僕の家にひろみを連れていきました。
ぼくとひろみは家に着くやいなや、激しく求めあいました。

それから僕とひろみの密会が始まりました。
ひろみは1週間でその彼とバイトで同じになる2日間、その彼と過ごし、その次の日に僕と言う生活を送りはじめました。
ぼくはひろみがくる日を毎日待つようになりました。
ぼくとひろみは別れたことになっているので、二人で会うといっても部屋の中だけでした。
当然やることはSEXくらいしかありません。
しかも、僕と会う前の日にはひろみは彼と愛し合っています。
ぼくは非常に複雑な気持ちでひろみとの時間を過ごしていました。
そんな生活で、僕はひろみの彼について聞くはあたりまえのことでした。
彼の風貌や、性格、バイトの様子、そしてSEXのことまで、
そして、ぼくはひろみとのSEXの時に必ず前の日の彼とのSEXの様子を聞くようになりました。

「昨日はどういうエッチをしたの?」
「今みたいに正上位でつかれて、その後バックで」

「昨日はいったの?」
「いった、」
「どういう感じで?」
「こうやって、上に乗って、私がいっぱい動いて」

「昨日は?」
「台所で、無理やり、あまり気持ちよくなかった」

「昨日は?」
「フェラチオだけ、私が疲れて」

「昨日は?」
「あまり感じなかった、彼がすぐにいっちゃったの」

こんな感じで、ひろみと彼との話を聞きました。
そんな話を聞きながら、今はひろみは僕の者だけけど、部屋からでると他人ものになるんだと思いました。
そして、こんな生活はいずれは終わるんだろうと考えていました。
しかし、ひろみが顔も名前もわからない人に汚されて、
ぼくのもとにやってきて、されにぼくにも汚されるという状況に興奮している自分がいるのも事実でした、

そんな感じでただれた毎日を過ごして2ヶ月くらいしたある日のことです。
ひろみが僕に神妙な顔つきでいいました。
「あのね、あなたに話したいことあるの」
ぼくは、てっきり僕と別れたいといいだすのかと思いました。
ひろみが僕の前に戻ってきて覚悟はしていました。
しかし、ひろみから出た言葉は予想外のものでした。
「私、彼と別れる、やっぱりあなただけなの。」
僕は自分の耳を疑いました、しかし、それは事実でした。

次の日、ひろみは彼とわかれてきました。
しかし、彼と別れたとの報告を聞き、
僕はなぜだかひろみへの気持ちがうすれているのことを感じました。
どうやら、ぼくはひろみを好きだったわけでなく、
顔もし名前もしらない誰かに犯されていたひろみを好きだったのです。
ぼくは再びひろみを好きになろうと努力しましたが、無理でした。

そして数ヵ月後、ぼくはひろみの元からさりました。

以上が僕のへたれ体験です。
乱文、乱筆失礼しました。

この体験以降、こういう話を聞くと非常に興奮している自分がいることを発見しました。
前から書こうと思っていたので、すっきりしました。
これからも皆さんとともに寝取られライフを楽しみたいと思います。



童貞・処女 | 【2020-04-09(Thu) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*