FC2ブログ

バイトの同僚の清純巨乳がお客の巨根に喰われた(続編)

これは私が二十歳の頃の忘れられない「夏」の思い出です。

前回の続きですが、あらすじは、夏休みに泊まり込みでホテルのアルバイトに出掛け、そこで知り合ったFカップの「佐藤江○子」似の由香の話です。
由香は性格が凄くしっかりしていて、「男は性格!セフレとかあり得ない!」と言っている様な厳格さを持っている女の子で、周りの男はお姫さまの様な眼差しで毎日見ていました。

そんなある日、今日合ったばかりのお客のチャラチャラした男に、部屋で巨根を見せつけられ、飲み会の席で話題にしていた、その夜に、その男のチ○ポをしゃぶっている由香に遭遇してしまいました。

二人が倉庫のベランダに出てイチャ付いているのを、隣の便所の窓から、同じベランダに侵入して覗いていました。
由香は酔っぱらっているのか、巨根が好きなのか、理由は分からないが、とにかくチャラ男に巨乳を玩具の様に扱われて、クリ○リスをイジられてイッてしまったのです。

由香はベランダの手摺に片足を掛けて、大股を開き、巨乳を丸出しで、イッたばかりの体がヒクヒクいわせて、大量のマ○汁を太ももに垂れ流して、呼吸を荒くしています。
私は未だに信じられなかった、あの気丈でナンパもセフレもあり得ないと豪語していた由香が、今日初めて会った男にマ○コをさらけだして、マ○汁を吹きこぼしながらヒクヒク痙攣した姿を見せているのだ。

巨根:「おーい、お前簡単にイキすぎだろ、マ○汁がすげーわ、手がベタベタだわ、すげー臭い、本気汁じゃん」
由香:「ハァハァ、言わないで、いつもこんなんじゃないもん、ハァハァ、今日おかしいの」

そして男は人指し指をアナルに入れて、中指をマ○コに入れた。

由香:「いやああああ、何するの、そんなとこ汚いよ、駄目、あん、ああ、あっ」
巨根:「うるせーよ、まかせろ俺に」
由香:「あん、ああ、ああ、あん、ああ、あっ、やだ、やだこれ、変だよ、ハァハァ、気持ちイイ、いいよ、ああ、あっ」
巨根:「お前アナル柔らかいな、二本いけんな!」
由香:「ちょっと、ちょっと待って、やだ、汚いよ、そんなの変だよ、いやああ、ああ、ああああ、何、何これ、あああ」
巨根:「お前スケベだな、アナルだけで感じてんジャン、よしアナル攻めに変更!」
由香:「いやああ、だめ、ふつうの、普通のしようよ、お願い、いやああ、だめ、そんなに激しくダメ、ハァハァ、いやああ、あああ、あん、あん、あっ、あん、ああああ、いやあ、おかしい、よ、いいよ、ああああ、すごい、何これ、いやあああ、あああ、あん、あん、あっ、うはぁ、いい、あっ、イク、イク、イクよ、イクよ、イクうううううううう」

信じられません、あの由香がチャラ男にアナルでイカされてしまったのです。

巨根:「何だよ、やっぱアナル好きの変態じゃん、よーしソロソロ入れるか?あっ、その前にパイズリでチ○ポ立たせろ」
由香:「えっ、何それ、どうするの?」
巨根:「はぁ?そんなの知らねーの?何の為の巨乳だよ、チ○ポはさむ為のデカパイだろ?」
由香:「そんなの・・・・・じゃ、教えてよ・・・・・」

ショックです、由香はチャラ男にパイズリを教えてくれと頼んだのです。

巨根:「しょうがねーな、ほら、しゃがめ、そんで挟んで、ツバ垂らせよ、そんでヌルヌルにしろよ、そーそー、そんで飛び出た先ッチョはお前がじゃぶれ、あーーー、そーそー、気持ちイイわ」
由香:「ジュボッ、ジュブッ、これでいいの?ジュルウ、ブチュッ、気持ちイイの?ハァハァ、ねぇ、いい?」

由香の声のトーンがおかしい、明らかに、巨根を胸で挟んで感じているようだ。

巨根:「おーーーし、固くなったな、入れるか」

ふと気が付いたのだが、コンドームは有るのだろうか?
そう言えば、由香とちょっと前に飲んだ時に、「コンドーム無しのエッチなんてダメ!マナー違反!彼氏でも、結婚するまでは、何が有るか分からないから絶対付ける!」と言っていたのを思い出した。

巨根:「おい、手摺に掴まれ、立ちバックからやるか!」

と男が言うと、由香は素直に手を突いて、ケツを上げて、マ○コを男に向けた。

由香:「あっ、ねーコンドーム付けてよ、お願いだから・・・・・」
巨根:「はぁ?そんなん有るわけねーじゃん、入れるぞ」
由香:「ちょっと待ってよ、ダメ、絶対ダメだよ、無理だよ、彼氏だってするんだから」

由香が騒いでいると、男は亀頭をマ○コに付けて「クチュクチュ」やっている。
そして、クリ○リスの周りも「クチュクチュ」イジりながら、「じゃあ、入れなくてもいいわ、これでオナニーしよっかな」と言い出した。
由香は「えっ」と言って黙ってしまった。
しばらく男はマ○コの周りを「クチュクチュ」やったり、巨根で由香のケツをパシパシ引っ叩いたりしていた。
由香はモジモジ腰を動かしながら「ハァハァ」言っていた。
由香も入れて欲しくてたまらない様子だった。

すると男はピタッと止まり、巨根の先は、穴の入口に「ペチョッ」とくっ付いている状態で、腰に手をあてて仁王立ちしていた。
しばらくすると、何と由香がケツ更に突出してきて、自分でゆっくりと入れようとしている。
すでに亀頭が入った、その瞬間由香は「うはぁ」と声を漏らした。

そのまま男は無言で「ズブズブ」入れ始めたが、由香は全然抵抗して無い、むしろ喜んでいるようだ。

由香:「うはぁあああ、ああ、すごい、すごいよコレ、すごい、いっぱいになっちゃう、あああ、いい、すごいイイ」
巨根:「何だよ、結局チ○ポ欲しんだろ、彼氏いるくせによー、でかいチ○ポが好きか?」
由香:「そんなんじゃ無い、ハァハァ、彼氏の事は言わないで、ハァハァ、今日だけ、おかしいだけなの、ハァハァ」

そうすると男は段々と激しく腰を動かし始めて「パアァーンパアァーーーン」と音が響き始めた。

巨根:「あーーー生はマジ気持ちイイわ、ああー、じゃあ俺が初生じゃん、ああ、彼氏に悪りーな」
由香:「いやあああ、あああ、ああ、すごい、いい、すごい、おっきい、おっきいよコレ、ああ、あん、あん、外に出してよ、お願いだから、あああ、すごい、気持ちイイ、アン、ハァハァ、いやああ、いい」
巨根:「彼氏のチ○ポよりいいだろ、だから話し掛けて来たんだろ?」
由香:「ちがう、あああ、あん、あん、そんなんじゃ、ああ、いい、すごいイイ、ああ、だめ、イキそう、イク、イク」
巨根:「どっちのチ○ポがいんだよ?俺の生チ○ポだろ?言わねーと止めるぞ、あ?」
由香:「ダメ、ああああ、いい、ハァハァ、いい、すごい、今やめちゃダメ、おねがい、イキそうなの、ハァハァ」
巨根:「だからどっちだよ!やめるぞ!」
由香:「いやあああ、こっち、こっちのがイイ、あああ、すごいイイ、あん、あん、ハァハァ、すごいおっきい、ああ、イク」
巨根:「生気持ちいいだろ?あ?」
由香:「はい、ハァハァ、アン、アン、気持ちイイ、生、生の気持ちイイ、すごい、硬いの、硬いのが分かるの、すごい」
巨根:「ほら、生チ○ポいいって、言いながらイケよ、ほらああああああ」
由香:「いやあああああああ、イク、イク、あああ、イク、ああああ、生、生のチ○ポいいいいいいいいいい、イク、イクうううううううううう、ああああ」

とうとう由香は生入れを許して、彼氏よりも巨根が良いと言い、生のチ○ポと叫びながらイキました。
私の知っている由香はそこには居ませんでした。
その後、由香は立っていられなくなって、ベランダに倒れ込みました。
マ○コから「バフッブビッ」と空気が大量に出てきました。
そんな由香など関係なく、男は正常位でイレ始めました。

由香:「ちょっと、ハァハァ、まって、ハァハァ、いやあああ、あん、あん、あん、あっ、やだ、また、すごい、すごいよ」
巨根:「じゃあ俺もイクわ、あーーーー、気持ちイイ、ああああ、出るわ」
由香:「ハァハァ、ああ、あん、あん、外ね、ちゃんと、外に出して、あああ、いい、硬い、すごい硬い、ああああ」
巨根:「ああああ、イク、ああ、出る、あっ、中に出すぞ、イク、出るぞ、ああ、イク、あっ、出る、出る、ううっ」
由香:「あああ、あああ、いやあああ、ダメ、中ダメ、中だめえええええええ、いやああ、ああああ、だめええええええ、あん、あん、あああ、いやああああああ、ハァハァ、すごい出てるよ、ハァハァ、できちゃうよ、ハァハァ」

結局、由香は中に出されてしまったのです。
男は出し終わると、絵に書いた様な冷たさで帰って行きました。
由香はしばらくぼーーーっとしていましたが、服を着て落ち込んだ様に帰って行きました。
しばらくは立ち直れずに過ごしましたが、バイト終了真際の1週間に意を決して開き直って、ある行動に出ました。

それはまた次回です。

燃えよズリセン男塾



セックスフレンド | 【2020-03-06(Fri) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

ナンパ

俺はたまに名古屋の金山駅でナンパしていて、そこで釣ったバカ女をセフレにしてオマンコしてやっている。
そいつは金山の少し北に有るテレビ局の近くで働いていて、仕事の帰りによく金山駅で食事や買い物をするらしい。
顔はまあまあ可愛いけど、マスクを付けた通りすがりの見知らぬ人を見て、「ダサッ!」とか「死ねばいいのに(笑)」なとどいうとんでもない暴言を吐くクソアマなので、オマンコする時はいつもフィニッシュは顔面シャワーして、鼻の穴を両方ともチンボ汁でふさいで懲らしめてやっている。
ケツの穴を舐めさせて女の目の前で屁をこいたりもしている。
女は完全に俺のチン長22センチのデカマラチンボの虜になっているので、どんなハードなプレイを要求をしても聞き入れるエロボケ女に成り下がっている。
女の方は俺と恋人として付き合っていると思っているが、俺にとっては数人キープしている性欲処理用の便所女の一人にしか過ぎない。
適当にキープしておいて、ウザくなったり飽きたりしたらポイ捨てして終わり。

この前会ってハメた時は、最初の一発で三十分くらいハメ続けて四回も女をいかせてメロメロにしてやった。
俺は女の鼻の下と鼻の穴をブチユブチュベロベロと舐め回して「フンフンフンフン!」と唸らせてやった。
そんで女の鼻の穴に両方とも指を突っ込んで、チンボでマンコを犯しながら鼻の穴を指でほじくり回してフガフガ言わせてやった。
途中で正常位からバックにチェンジして、女のケツをかかえこむようにして「バホッ!バホッ!」と卑猥な音を立ててマッハピストンしてやった。
女は「マンコ気持ちいい!」だの「チンボチンボ!」だの卑猥な言葉を口走っては何度も絶頂に達していた。
ピストンしながら「チンボ好きなのかい?」と女に聞くと、「大好きぃぃぃーっ!チンボ好きチンボ好き!チンボ好きチンボ好きチンボ好き!」などとナイスな返事が返ってきたので、俺は口元を吊り上げて悪魔のような笑みを浮かべながら「よっしゃ!くらえチンボを!おらおらぁーっ!チンボチンボチンボォォォーッ!」とか言って、更に激しくピストン運動を繰り返してやった。
女は「ヴアアアーッ!もうダベェェェーッ!」などとケダモノじみたバカでけえ声を上げて、涙とよだれと鼻水を垂らして、頭を上下左右にブンブン振り回して「チンボチンボチンボチンボ!」と吼えまくっていた。
そんで俺は更に激ピスしてからチンボをマンコから抜いて、女を仰向けにひっくり返してチンボしごいて、「くらえメスブタ!」と叫んで女の鼻の穴にめがけて顔面シャワー!
メスブタの鼻の穴を両方ともチンボの汁でふさいで、バカ女にふさわしいバカヅラに変えてやった。
一弾目が鼻の真ん中にビチョッと命中して左右に広がって両方の鼻の穴が完全にふさがってしまったので、チンボから手を離してチンボを自由にビンビンとはねさせて、女の顔中にチンボの汁を飛ばしまくってやった。
精子を出し尽くすと俺は仁王立ちになって、両方の鼻の穴から薄汚いチンボの汁をダラダラ垂らしたバカ女のクソマヌケなアホヅラ見下ろしながら「ブタだな」と吐き捨ててやった。
そんでニヤニヤ笑いながらブタ女のハナ垂れヅラをデジカメで何枚も撮影してやった。
それから顔の上でウンコ座りして女にケツの穴を舐めさせて、女の鼻先で鬼のようにくさい屁をぶっ放してやった。
俺は一発出す度にチンボがボッキするまでケツの穴を舐めさせて、立て続けに三発オマンコしてやった。
三発目の顔射をした後、完全なる征服の証として両方の鼻の穴にタバコを挿し込んでやった。
そんで「ふふふふ!バカな女?トロい女?」とせせら笑いながら便所女の最高に無様な鼻タバコヅラを撮影してやった。

数々の侮辱を受けたにもかかわらず、それ以上の快楽を俺のチンボで味合わされた便所女は満足してニコニコ笑って帰って行った。
その笑顔を見て俺は「最近の若い女ってホントに下等生物なんだな」としみじみ思った。
全く近頃のトロい小娘はチョロいモンよ。
見ず知らずの他人を平気で笑い飛ばす薄情者のくせに、ナイスなチンボでしこたま気持ちよくさせてやれば尻尾を振って喜びやがる。
頭ン中は男のチンボとファッションのことばっかで、親のスネかじって小遣いせびってどうやって見栄を張るか、無い知恵絞って必死こいて考えてやがるんだろうな。
全くしょーがねえな、頭からっぽのエロボケ女はよ!



セックスフレンド | 【2020-02-21(Fri) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

チャットで知り合い。(1)

私は中学3年。チャットに手を出したのは中2のときだった。
チャットでセフレを作った時期があったがある男の発言でやめた。
そうして時期が過ぎたある日・・・。
チャットで東京住みの大学生がいた。
彼は意外とはなしがあった。だんだん話していくと・・・。
「OOのメアド教えてw」
とチャットに書き込んだすると
「いいよ。」とかえってきたのでそれからしばらくして彼のメアドが届いた。
そうして数日後あたしはメールで
「OOにあってみたいw」
とメールしました。そしたら・・。
「いいよwいつあう?」
「まだわかんないけど私の家で日曜日どう?OO駅に11:30w」
「わかったw」
日曜日はたまたま母親がいなかったので日曜日にした。母親は会社員で、
上司のお見舞いに行っていた。
そうして当日・・・。彼からメールが届きました。
「ゆう(私の名前)って甘いものすき??」
「うんwすきw」
「ケーキ買ってからいくからw約束の時間には間に合わせるからw」
といって彼との待ち合わせの場所に行きました。
彼との待ち合わせ場所は私の家から10分ほどの駅にしました。
ベンチに座ってると彼がついた。
彼の手にはケーキの箱がしかも大きかった。
そうして家に着くと・・・。
「どうぞwはいってwちらかってるけど・・・。」
「おじゃまします。」
あたしの部屋が汚いためリビング(母親の部屋)にすわった。
彼は窓側にすわった。私と彼の距離は1m。すごく近かった。
「ケーキたべる?」
「うんww」
私はフォークと麦茶を持ったきた。彼が箱を開けるとシュークリーム・ショートケーキ・チーズケーキが
入っていた。
「おいしそぉww何から食べよう・・・。」
「ゆうは好きなのたべていいよw」
「じゃあ・・。チーズケーキww」
「俺もチーズケーキからw」
そのあとシュークリームも食べた。
「ショートケーキあとでたべよwおなかいっぱいw」
「そうだねw」
あたしはショートケーキを冷蔵庫にしまった。
そうしてリビングにもどった。
「ゆう。髪見せて」
といわれたのであたしは彼のそばによった。
そうして彼は髪をさわった。
「髪をととのえてあげるw」
といわれたので彼の言うとおりにしました。
するとだんだん私の体がうずうずしてきました。マンコが反応してきたのです。
「どうしたの?」
「・・・セックスしたい。」
「だめだよ。ゆう。俺をすきにならないと・・・。」
といわれましたが私はすでに限界。すると彼が耳を舐めてきました。
「ああん。ああああ!」
すでに私は彼の言いなりになっていました。
「すきだから・・。セックスしたい・・・。」
「いいの?」
「うん。して・・・。」
彼は胸に手をかけ胸をもみはじめました。
「あああん。あん。」
「・・・。」
すると彼が私のズボンに手をかけました。
「私今日ノーパン・・。」
「うっそぉ?お・・。ほんとだw」
そうしてズボンを脱がされ私は顔を赤くしていました。
クチュX2と彼がマンコを触ってきました。私は気持ちよすぎて抵抗ができません。
「ゆうのおまんこすごくぬれてるw」
彼は私に濡れた手を見せてきました。
「やあん・・・。」
「まだゆびでいい?」
「うん・・・。」
「ほんとに?そろそろ俺のがほしいんじゃないの?」
「・・・・。」
「言わないとずっとこのままだよ?」
彼は指をピストンしてきた。それが気持ちよすぎてあたしはなにもいえなかった。
「このままでいいの?」
「・・・お願い。・・いれて。」
「なにを?」
「OOのチンコをあたしにいれて・・・。
「どこに?」
「あたしのおまんこに・・・」
「よく言えましたwえっとたしか・・。」
彼は財布を取り出した。
「コンドームは・・・。あったw」
「うん・・・。」
「開けてくれたらいれてあげるw」
そうしてコンドームを開けた。
「よくできましたw」
彼はコンドームをつけて
「足開いて?」
「うん。」
すんなり入ってかれはうごきはじめました。
「ああああん!」
10分くらいピストンして。頭を窓側に向けまた再開。
「あん。ああ。」
「きもいい?」
「うん。」
彼はあたしを持ち上げソファーの手前に私を座らせました。
「ゆう?」
「なに?」
「かわいいよ・・。」
「ありがとう。」
すると彼がキスしてきました。
私はまだキスをしたことがありませんでした。
入れなおして再開。私は全裸になりました。
「俺も脱ごうかな。」といって彼も全裸になりました。
私はよけいにいやらしくなりそうになった。
「ゆう。俺の目を見て。」
目を合わせた瞬間顔が真っ赤になり顔が見れませんでした。
また窓側に戻り騎上位をすると私は逝ってしまいました。
そのあと服を着て最後のショートケーキを食べました。
2人で交互に「あ?んして」をして楽しみました。
玄関で彼は強く抱きしめてくれました。
そのあと遊園地にいき彼と楽しいひと時を過ごして駅に向かいました。

今でも彼とは、カレカノとして付き合っています。

 ????????????????????????????????????????????????????



セックスフレンド | 【2020-01-25(Sat) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

セフレ

つい先日、セフレのオバチャンと会った。

オバチャンちのインターホンを押しドアを開けると、オバチャンが全裸でオレを迎え入れるように抱きついてきた。


でもビックリしたのは、オバチャンがパイパンだったこと。


なぜパイパンにしたのか聞いたら…

自分のワレメの状態を見たかっただと。


オバチャンは、貪るようにオレとキスしながら俺をスッポンポンに。


オレはキスをしながら、オバチャンのワレメに指を這わし指マン。
オバチャンはオレの棒をしごく。


オバチャンのワレメが濡れ、オレの棒が元気になると、どちらともなく連結。

オバチャンの脚をオレの肩に掛け駅弁スタイルでオバチャンのマンコを突きまくった。


オバチャンを駅弁スタイルのまま抱え家中を歩き回ったせいか、廊下には二人の愛液が滴り落ちていた。
当然オバチャンは、イキまくり。



セックスフレンド | 【2020-01-16(Thu) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

セフレ

トモ(34歳)とは、出合い系サイトで知り合い、半月程
メールで話しをしてたのだが、話しの中で子供が同い年で
しかも同じ幼稚園だと知った時はお互いビックリしたが、
既に写メ交換も済み、お互い気になっていたのでそのまま
進行して会う事になった。
メールでかなりいやらしい女だと言う事は白状させていた
ので、初めて会った日からエッチする事は決まっていた。
しかも野外で^^;
トモは結婚前に3P、海での水中SEX、などを体験してると
言う事だったので僕も体験してみたかった野外エッチをす
んなりと受け入れてくれたのだ。
夜の9時に待ち合わせ、僕の車に乗り込むとニコニコと嬉
しそうにして話しも弾み、どこでするかを考えながら走っ
ていると、僕の太ももに手を置き摩りだした。
どうも我慢出来ない様子なので『フェラして。』と言うと
ベルトを外し、ボタンを外し、チャックを開け、ズボンを
下げ、パンツの中に手を入れチンポを握り、揉んだり扱い
たりしだし、たまらず勃起してしまうと、パンツも下げ、
ビンビンになったチンポを優しく扱いた。
運転しながらなので結構恐かったがトモは激しくなる一方
で、体勢を完全にこちらに向けチンポに向かって顔を近付
けたかと思うと、我慢汁を舐め『こんなにベトベトになっ
てるね^^』なんて笑顔で言うんです。
『運転中にそんな事されたら誰でも興奮するよ!』って言
うと『可愛い^^』だって。ーー;
僕も興奮してきて『トモ、パンツ脱げよ!』って言い、ミ
ニスカの中のパンツを脱がせオマンコを触ると俺以上にヌル
ヌル! しかも粘りが強い!
フェラをさせながら僕もオマンコを触り、お互いに興奮状態
で公園に到着。 人が居ないのを確かめながらM時開脚にさせ
オマンコを触ってると『んっ?』 なにか固い物が当たると
思い確かめると、でかいクリにビックリ!? 『大きいクリ
やなぁ!?』って言うとさすがに恥ずかしいみたいで『言わ
ないで。。。』だって。
そんなトモをよそ目に大きなクリを集中攻撃すると、1分程
で『イヤッ! ダメ! やめて! イッちゃう!』と言いな
がらイッちゃいました。
『クリは弱いからダメなの。。。』
『何度もイッたらいいやん! じゃあ、外に行こうか。』
と言い車を降りて公園の中に入り、人気の無い奥の方に行き
僕はベンチに座りまたフェラをさせました。
ビンビンになってきたのでトモをフェンスに手を付かせ、脚
を開かせミニスカを腰まで捲り上げると、バックから一気に
挿入してゆっくりとピストンを開始。
『こうちゃんの大きい! 奥まで入ってるよ!』
『もっと突いて! 一杯突いて!』
『どこが気持ち良いの?』
『ん?、そこが。。。』
『そこってどこ?』
『アソコ。。。』
『アソコじゃわからないから止めようか?』
『イヤッ! オマンコが良いの!』
なんていやらしい言葉も言わせピストンを続けていくと
射精感が込み上げてきたので
『もうイキそうだよ! 口に出すからね!』
『口はイヤッ!』
『じゃあ、どこがいいの!』
『中に出して!』
『大丈夫なん!? 責任取れへんで!』
『大丈夫だから! 中でいいから!』

ドピュッ!ドピュッ! ピュル!ピュル!
『中に出しちゃったよ。。。』
『昨日で生理終わったから大丈夫だから。』

初めて会って野外SEX、しかも中出し。 車に戻る途中に
『出てきちゃった!?』
太ももを伝う精子を手ですくって歩くトモ。

こんな可愛くいやらしい女だけど、僕は結婚してるし
他に本命の彼女も居るので遊びにしか思ってません。

適当なメールに素っ気無い態度の僕に
『セフレでいいから仲良くしてね^^』 だって。

それからもう1年半、今でもセフレとして楽しんでます^^v



セックスフレンド | 【2020-01-16(Thu) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*