FC2ブログ

海で女友達と賭けしたらフェラまでしてもらえた時の話

前に勤めていた職場は若いメンバー同士で仲が良く、夏は海へ行き一泊してくるのが恒例になってた。

人数はいつも5対5くらいで、その女性メンバー中にMが含まれている。


Mは24歳で(当時の俺は26)目鼻立ちのはっきりしたアイドル系の顔、にも関わらずノリがよくて少々のエロ話にものってくれるタイプだったので、よく一緒に下ネタ話をして盛り上がってた。


海についてからはみんなで適当に遊んだりしダラダラ過ごす。

海辺での遊びに飽きてきた頃、誰かが荷物に紛れこんでたトレーニング用のゴムボールを見つけると、それを使ったリフティング大会が突然始まった。

普通のボールとは跳ね方が全然違う上に、サッカーが好きでも運動神経が悪い男友達連中では誰がやっても1回か2回しか続かず、それが笑いどころになっていた。


そのさなか俺はMを少し離れた場へ連れて行き、こう言ってみた

「あのさ、リフティングで10回成功したら・・・・フェラチオ、してくれる?」

これぐらいハッキリ言う方が案外あっさり「いいよ」と言いそうな気がしたのもあるが、あくまで“冗談”とする時の為にもストレートな言い方をしたほうが都合がよかった。


とにかくOKをもらって口約束さえしてしまえば、何かしらのエロ行為にもっていけるのでは?

という期待をしていたわけだが、当のMの反応は・・・

「はぁ?!」

予想した以上にけわしい顔をしてた

そりゃそうだ、いきなりこんなこと言われたら誰だってこんな反応になる。


これで終わるわけにもいかず、押し続けてみる俺・・・

「いや、だからさ・・・・10回成功したら口で・・・・してくれる?」

「は?なんで私がそんなことしなきゃいけないのさ?」

ごもっともな反応を見せるM。

「ダメ?」

「だめに決まってるでしょ!そんなの」


完全拒否されて、らちが明かないと思った俺は瞬時に作戦を変更する。

ハードルを下げて

「じゃあさ、キスだったらいい?

 チューするだけだったら別にいいでしょ?」

「いやいや、しないから」

拒否はされたが、ようやくノリのいいMらしく笑って応えてくれた。


「キスならいいじゃん」

「だからさぁ、なんでそれがあたしなわけ?」

と言った直後、Mはおどけた様子で俺を指さしながら

「あぁー、何、何?そうなの?あたしに対して、そういうことなのぉ?」

イタズラっぽく指で俺をつついてきた。

要するに“あんたあたしの事好きなんでしょ?”と言いたいわけである。

逆に俺は真顔のままMに向かって言い放った

「それはまぁ、そういう気持ちがあることは否定しない!」

俺の言葉に驚いたのかMは両手で口を押えながら

「えーーーっ!なにそれ?本気で言ってんの?」

なんか思った以上に俺の言葉に心を乱したようで、急にあたふたしだした。


「いやぁ、好きっていうのとはちょっと違うんだけど

 Mのことを女としてすごく意識してる。やっぱり俺も男だしね」

自分の偽らざる気持ちをMに伝えると、Mの反応は明らかに変わり

妙に恥ずかしがりながらも、ちょっと嬉しそうな照れ笑いをしていた。


そんなMにもう1度

「じゃあ、10回できたらチューね」

Mは固まった表情のまま、小さく何度もうなずいた。なんかわけがわからないまま思わずOKしてしまったようだ。


Mの元を離れると男どものリフティング大会の輪の中へ。

勝算はあった。はずみ過ぎないように気を付けさえすれば10回はいけると。

結果、かっこうは悪かったがなんとかギリギリで10回成功。

周りのみんながカウントしたので、少し離れてたMにも成功は伝わっていた。


すかさずM元へ駆け寄って腕をとる

「さぁ、約束通りチューさせてもらうぞ!」

「ほんとにするの?」

「当たり前だろ!約束したんだからさ」

「どこ行くの?」

Mの腕を引き歩き出しながら、Mの質問が“どこで?”に変わったことに観念したのだと悟った。


Mを俺の車まで連れて行く。俺の車はRV車で、この日のために後ろ座席はフラットにしてあって、荷物を降ろした今は余裕で寝ることもできる。

元々人の少ない穴場を選んで来てるので、少し移動すれば人のいない場所はいくらでもあった。車を移動させ適当な空き地に止めると、Mを連れ添って後ろ座席に移動。

フラットなシートの上に並んで座った。


改めてこういう状況になると俺も少し緊張した。

左腕を伸ばしMの肩に置いて顔をゆっくりと近づけていく、するとMは顔をしかめてそむけるオーバーリアクション。

そのわざとらしい反応についイジメたくなった俺は「ホレホレ」とか言いながら、尖らせた口を近づけた。

Mも体をよじって「きゃーきゃー」言う、そんなふざけた時間が少し続いた。


ここまで付いてきたんだから多少強引にいっても大丈夫だろう、そう俺は自分を落ち着かせた。

さっさとしてしまわないと冗談で終わりそうだ。

「さて、そろそろほんとにしちゃうぞ」

Mは口をとがらせた不満そうな顔で「んーー」と声をだしたが、させる決心はついたらしい。

ついにMの口に軽く唇を押し当てる。すごく柔らかい感触が伝わって気持ちよかった。

ほんの短い時間だったがいい気分だった。


Mは恥ずかしいみたいで顔を上げられずにいた。

「はいはい、おしまいおしまい」

そうつぶやくように言ったが、これで終わらせたくない俺は

「ちょっと待て! 俺は1回だけとは言ってないぞ!」

「えぇ、そんなのずるいってー」

「はいはい、もう1回もう1回」

有無を言わさずの2回目。

ベロチューのようなハードなキスは引かれそうなのであくまで控え目に、Mの下唇を唇で軽く挟み愛撫するような気持ちで優しくなぞった。

Mの体から力がとろーっと抜けて俺の方へと傾き、腕を掴んでる手は時折ギュッ!と力が入るのがわかった。


Mはすでに座った姿勢を維持できないほど体勢が崩れてたので、そのまま寝ころがらせその上に覆いかぶさるようにして3回目。

今度はMの上唇の裏に舌を少し入れてみる。その度体が ピクッ ピクン と大きく反応した。

俺はもうすでにギンギンだったが、その反応を見る限りMも相当キテるようだった。

いつの間にかMは両手を俺の首に廻している。

さらに体を密着させ、Mの腰(腰とお尻の境界線ぎりぎり)に手を当てながら何度もキスをしたところで、俺はついに限界を迎えた。


「あー、ヤバい」

Mは上半身を起こし“どうしたの?”という表情で俺を見た。

黙ったままMの手をつかむ。もうMには抵抗する気配もないので、そのままMの手を動かし俺の股間の上にぽんと置いた。

俺のチ〇コを触ってしまったMは、口元を手でおさえて照れ笑いしながら

「やだ・・・すごい大きくなってるんですけど、ここ」


Mの手を動かしてチ〇コを擦るような動きをさせる。

「すごいかたくなってるー」

恥ずかしがりながらも興奮した様子のMを見ると俺もさらに興奮し、チ〇コをこすらせながらもう1度キスした。

そうしてるとMが指で俺のチ〇コをつんつんしながら

「ここきつくないの?
 かわいそうだから出してあげよう」

と言ってきた。その時の俺はデニム生地の短パン、股間はパンパンに膨らんだチ〇コで確かにきつきつだ。


短パンのボタンを外されチャックを下ろすとギンギンになったチ〇コが出た。

やっぱりチ〇コを女に見られるその瞬間はちょっと恥ずかしい。

しばらく直でチ〇コを擦ってもらっていたが、こうなると最後までいきたくなるのが男というもの。

もう今しかないと、あのお願いをもう1度してみる。

「あのさ、やっぱり口でして欲しんだけど」

「えーどうしよっかなぁ」

人差し指と親指でチ〇コをしごきながらMが意地悪っぽく言う

「お願い」

「じゃあ、ちょっとだけチュッチュしてあげるね」

女の子がフェラのことをかわいい呼び方をすることは多いが、Mの場合はチュッチュというらしい。


俺のお腹の上に顔を乗せ、先っぽにキスするように唇を押し当ててきた。

「あんまりどうしていいのかわかんないけど」

そんなことを言いいながらMは、俺のチ〇コの先っぽを全て口に含む。

ただそうして口をモゴモゴ動かすだけなのだが、今の状況に興奮し過ぎていた俺にとっては十分すぎる刺激だった。

やはり男があまり早くイクのも情けないような気がし、早くもヤバいかもしれないと思った俺は思わず腰を引いてしまった。

その反応を見てMが察したのか

「いきそうになったら、出しちゃってもだいじょうぶだから」

そう言ってくれた。

「うん」

なんとか落ち着こうと思う俺だが、さっきまでただの仕事仲間だったMがいま自分のチ〇コを咥えている、その状況を考えるとそれだけでもーヤバいヤバい。


さらに奥まで咥えようとするがなかなかうまくできず苦戦してるみたいだった

「なんか・・・おっきくて」

チ〇コが大き過ぎてうまく咥えることができないとは、男にはなんとも嬉しい言葉だ。

そしてがんばってチ〇コを奥深くまで咥ながら口を動かし始めると、俺はあっさりと我慢の限界に達してしまった。

ビュッ ドク ドク

そのままMの口の中に大量の発射。自分でも驚くほど多量だったのがわかるほどだ。


Mは口の中に大量の精液を含んだまま

「ンー ンー」

と口を押えながらバタバタし始めた。

俺が素早くティッシュを見つけ渡すとドローっといっぱい吐き出す。そして俺の腕をパシッパシッと叩き

「いっぱい出し過ぎーー」

と笑いながら怒ってみせた。

このあと2人でみんなの元に戻ると、何事もなかったようにみんなと夏を楽しみ続けた。


とにかくこの時はすごく気持ちよかったことと、すごくドキドキしたことを覚えてる。
今思えば本番までできたのだろうが、フェラだけでも十分に満足できる、それほどの興奮だったと思う。


その後Mとは何度かいい雰囲気になったが、結局Mに新しい彼氏ができ間もなく俺も仕事を移ることになると会う機会も無くなってしまった。



幼馴染・親友・友達 | 【2020-09-29(Tue) 07:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

快感 2

ハダカで泳ぐのダメって言われちゃった。
あ、名前いうの忘れてた。奈津実っていうのアタシ。
でね水着買うことにしたの。
安いのでいいからって。
花模様のビキニ大き目。

アンダースコート無しで着たわ。
シャワーのあと泳いだ。
普通に泳いだけどブラが取れた。
胸無いからね。
ブラつけて泳いだ。
2回目泳いだらブラどっか行っちゃった。
そのまま胸丸出しで泳いでた。

プールから出て見たらモロ透けてる。
お尻でてるし。
そこで脱いでシャワーに行って服着ました。
シャツ着ないでスカートだけ。
上半身ハダカ。
だって暑いから。
受付の人がブラ渡してくれた。
アタシそのまま出てきちゃった。

夏は上半身ハダカよくやるよアタシ。
下はスカート。
当然ノーパンよ。
友達んちもこのまま行く。
すっぱだかも大好き。
これもよくやる。

夕方萌のうちへ行った。
スカートだけで。
萌もスカートだけ。
プールの話をしたの。
「へぇいいなぁあたしもしたい!」
萌はそういうのスキみたい。

そこへ萌の弟伸が来た。
この子は5歳。
下半身はだか。
可愛いチンチン。
触った。
モミモンミ。
起った。
伸ちゃんは困った顔をした。
可愛い・・。
出て行っちゃった・・。

萌とは気があうんだ。
なんでかっていうとアタシと同じだから。
二人共露出大好きなの。
小さい頃よく裸で遊んだ。
幼稚園でも良くマンコ触られてた。
小学校でも二人スカートめくられた。
それでもパンツはかないで過ごしたのは萌とアタシ。



幼馴染・親友・友達 | 【2020-09-27(Sun) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

壊れる

主人とはもう11年間もセックスレス状態で、最後なんて惨めそのもの。
辛うじて立ったペニスを入れても途中から萎えてしまって、
咥えて必死に立たせようとしていたら、突然舌の上にトロッと出されて。
甘ったるくて飲まずに手に出したら、「寝る」と一言。それ以来無くなりました。
3年前、息子が東京の大学に現役合格し、都心の1Rマンションを借りました。
息子と当座の買い物して帰宅する途中、偶然短大時代の友人に会いました。
息子だけ先に帰して、喫茶店で二時間近くよもやま話をした帰りの地下鉄の中で
無性に尿意をもよおしてしまいました。
駅のトイレは臭くて汚いのでマンションまで我慢しようと思いましたが、
エレベータの中でとうとう漏れ始め、股間を押さえて足踏みして、
玄関のドアを閉めるなりトイレに駆け込みました。
ユニットバス、息子がシャワーを浴びていましたけど我慢できなくて
息子の目の前で濡れたパンティを下ろすなり座って出してしまいました。
自分でもビックリするくらい音が鳴り響き、長々と出してしまいました。
あの瞬間、出せた幸福感で目を瞑ってホッと一息つきました。
やっと人心地がついて息子がいた事を思い出して横を見た時、
息子のペニスがギンギンに怒張して反り返っていたんです!
息子のオチンチンを最後に見たのは小学校5年生の秋でした。
その頃はツルツルの股間から皮を被って可愛らしく垂れ下がっていたのに、
大学に入学した息子の股間は毛むくじゃらで、
皮が剥けて逞しくそそり立った男のペニスそのもの。しかも主人より遥かに大きい!
慌てて目をそらして立ち上がりかけた時、息子の手が肩に触れて、
次の瞬間、いきなり抱きしめられてしまいました。
パンティを履いてないお腹に息子の硬いペニスがグリグリ押し付けられ
「りょうちゃん何するの!」
「母さん!」そう叫ぶなり、壁に押し付けられ、小柄な私は持ち上げられて、
割れ目にペニスの先が当たったと思ったら、グググッとめり込んで。
「ダメェ?ッ!」と叫んで息子の手を振り解こうとしたら
逆に自分の体重で息子のペニスを奥まで呑み込んでしまったんです。
女である事を忘れかけていた私のオマンコが息子のペニスを奥まで呑み込んだ瞬間、
「うっ!」と呻いて、何故か全身の力がスウッと抜けて行くのを感じていました。
背中にユニットバスの壁の冷たい感触、
そして息子の激しい息遣いを耳元に感じながら、
激しい突き上げに股間から湧き上がる快感を必死で抑えようと、
逆に息子の首に抱き付いていました。
「うっ!」息子の短い呻き声、腰をガクンと突き入れる!
「あっ!ダメッ!」
でも、膣奥に生暖かい感触が広がっていくのを感じながら、
私、込み上げるアクメの絶叫をこらえ様と、さらにきつく息子に抱き付いていました。
出し終わったはずの息子のペニスに萎えた感じが無く、
まだ私を逞しく突き刺したままヒクヒク痙攣していました。



幼馴染・親友・友達 | 【2020-09-26(Sat) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

会社の先輩に

 当時付き合ってた彼女と別れたばかりでオレは落ち込んでいた。そんなオレを見て気を使ってくれたのかいつも何かとオレを世話してくれる先輩のOLが家に友達を呼んでパーティをやるから来ないかと誘われた。その先輩は綺麗で優しくて仕事のできる社内で人気がある先輩だった。もちろん悪い気はしなかった、むしろその気遣いが嬉しかったのでオレは誘われるままにパーティに行くことにした。パーティには先輩の友達という3人の女性が来ていた。


 男の友達も来ていると思っていたオレは最初とまどったが酒を飲みながら話をしていく内に序々に打ち解けることができた。始めのうちは世間話や仕事の話をしていたが酒がすすむに連れて話題は恋愛話やHのことに発展していった。その頃には完全に警戒心も解けたようで4人の女性はスカートも捲れ上がり胸元もはだけていやらしい雰囲気を醸し出していた。女性がHの話をしているとさすがになかなか入り込めずオレは適当に相づちを打ちながらもそのいやらしい眺めを楽しんでいた。すると1人がオレの耳元でねぇ、さっきから目がやらしいよと言ってきた。


 いきなりだったのでびびった。びびった理由はもう一つ。オレは思いっきり勃起していたのでそれに気付かれたかと思ったからだ。そんなこと無いですよ。しかし次の瞬間もう1人の女がオレの股間に手を伸ばした。やだー、この子。勃ってるよぉ突然の事で言葉も出ずただ赤面するオレを無視して4人の女達はいきなりスイッチがはいったように豹変した。脱がしちゃえと、あっという間にオレは全裸にされてしまった。恥ずかしくて前を隠そうとするオレの腕を2人の女が押さえつける。ビンビンに勃起したモノをじっくり観察されオレは恥ずかしかくて声も出ない。


 どうしよっか??といじわるそうに女たちは言った。か、勘弁してくださいもちろんそんな命乞いは無視され2人の女がオレのモノをしゃぶり出す。抵抗しても無駄と思いオレは体の力を緩めた。1人はオレの乳首を舐め、1人はディープキス。交代交代でそんな状態が続き気がつくと女たちも全員ハダカになっていた。代わる代わる顔にまたがられ激しく舐めてぇとクンニを強要される。その間ももちろんフェラ、アナル舐め、と攻撃は止まらない。やがて1人が私もうがまんできな?いとズブリと騎乗位で挿入。1人は顔にまたがり2人は指で奉仕させられた。


 どれくらい時間が経ったか分からないくらいオレは翻弄されていた。女達は代わる代わるオレにまたがり激しく、いやらしく腰をクネらせオレの反応を楽しみながらイギくる。そしてオレがあっ、イッちゃうと射精する度にモノを口にくわえビクンビクンと痙攣する感触を味わっているようだった。モノが萎えそうになるとまだまだこれからよと笑みを浮かべながら4人掛かりで足の指の間やアナル、乳首や耳、体じゅうを舐め、とにかく勃起させられた。何回もイカされ精液が出なくなっても手でしごき口で吸ってはザーメンおいしい。もっとちょうだいと行為は繰り返された。結局朝までオレはおもちゃのように弄ばれた。何回イカされたかわからないがモノは赤く腫れ出血寸前でその後何日も痛かった。


 それからというモノ何かとオレは先輩OL宅に呼ばれてはオモチャにされている。時には7人もの相手をさせられる日もあった。優しい先輩はいつの間にか痴女のように変わってしまい、会社の昼休みにオレを備品倉庫に連れ込んでセクースを強要したり、営業と偽りホテルに行きオレの上で腰をクネらせたり、という日々が続いている。オレのこの性奴隷のような生活はいつまで続くか分かりません。でも慣れてしまえば(・∀・)イイ!!ですよ。皆さんも是非。



幼馴染・親友・友達 | 【2020-09-24(Thu) 21:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

会社で

 こんばんわ、絢の友人の亜沙です。
 絢のうちにお泊りしたのでカキコさせてもらいました。
 私は、絢と違って一人の男じゃダメなのでこのあいだ婚約した彼とも婚約解消しました。(原因は、セイカクの不一致、絢とあんなことしたから2ヶ月後ね)

 最近出来た彼氏は、超イケメンで彼とのなれそめ話します。
 彼にあったのは、人事異動で私の課に彼が移動してきて3ヶ月目のとき仕事で彼と組むことになったの。結構カッコいいから好みだぁ?と思ってたんだけど婚約解消したばかりで節操ないあじゃヤバイからと思っておとなしくしていたある日のことプレゼン資料作成で残業したとき彼のデスクのそばで細かい文章のチェックしてたら突然ワタシのアソコに何かが侵入してきたの。

「えっ?」と思い横を見たら彼の手が、私のアソコに伸びてたの。
「ちょっと、なにするのよやめてよ」
 身体捩って逃げようとしたのよ・・・いきなりなのともうひとつは彼のテクがすごくてアソコが濡れてきたからなんだけどやめてくれない。
「やめて、離して」
 これ以上されたら疼いちゃうから、まずいと思い拒否したらいきなり後ろで手にされてソファ?まで連れて行かれた。

「なにするの? やめてよ!」
「こんなに濡れてるのに?」
彼が、私のアソコから指を抜いて見せてきた。
「きもちいいんでしょう?」
「気持ち悪い」

 意地になって言ったら、彼が耳元で言った。
「そうなんだ、これでも?」
 指をアソコに入れながら、片方の手で私の上着のボタン外してブラのホック外して乳首を指で挟んで攻めだした。
「・・・・」
 言葉が出ないのよ・・・彼に、刺激されてアソコは気持ちいいし乳首も勃ってきてたから声出したら「いいって」いいそうで意地でも言いたくないから我慢してたらさらに攻めるの。

 でもね、身体は正直よ・・・オンナだもの何度もイッちゃう状態でぼ?ってしてきたしあそこは大洪水で腿を伝ってながれてたもん。
「イキすぎて感度鈍くなったみたいだね?」
 意地悪そうに言う彼がさらに私に言う。
「そろそろ、欲しいんでしょう?」
 ホントは、もう我慢の限界だったけど悔しいからイヤだっていったら彼がおもしろがって、
「強情だね・・・ほかの子は素直に言うのに・・・責めたりないのかな?」
 さらに、しつこく攻めだしたからもうもう限界。
「あっ・・あっ・・・」
 声出しちゃった。

「気持ちいいのかな?」
「気持ちいいです・・・あっ、ん」
 もう、恍惚というか意識が朦朧としてきてた。
「さぁ、どうして欲しいの?」
 彼が、勝ち誇ったように言う。
「・・・しいの・・・」
「おねだりしてごらん、してくださいってさぁ」
「お願いします・・・してください。」

 バックから彼のアレが入って、動き出すともう「いい、いいよぉ?大きい?イクイクイッチャウ?」絶叫しながら私はイッた。

 それから、騎乗位で下から突き上げられながら乳首摘んだり噛んだりされてイッてしまいました。
 おかげで、プレゼン資料作成は夜中までかかり帰りは彼の家で朝まで同じことされながら何度もイカされてしまいました。
 彼とは毎日してるんだけど、ひとつ困ったことが・・・・彼、「絢としたい」って言うんだよね・・・う??ん困った。



幼馴染・親友・友達 | 【2020-09-21(Mon) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*