FC2ブログ

兄と甥と私の関係

わたしには甥がいます
甥といっても赤ちゃんのころから会ったことがありません
兄が子供ができた後に離婚してしまったからです
その理由に私が絡んでいますが、そのことについては後で話します
その甥と偶然会うことがありました
実家に行った時のことです。車で実家に近くまで来たときに、
道路の向かい側で車が徐行しながら実家の前を通り過ぎて行きました
私が実家前の道路に路上駐車しようとした時、先ほどの車がスピードを落として
通り過ぎようとしています
その時、運転席の男の顔を見たとき、すぐに甥だとわかりました。
兄の20歳頃にそっくりだったのです
すぐに車で追いかけて、赤信号で停止した時に車を降りて声をかけました
わたし「〇〇Aちゃんじゃないの?」
A  「えっ!そうだけど」
わたし「ちょっと、話さない?あなたの叔母のMよ」
Aちゃんは、ちょっとバツが悪そうでしたが、そこは血は水よりも濃しで
なにやら親しみも感じてくれたのか、近く喫茶店に車を走らせて話すことになりました
父親が違って育ったせいか、少し投げやりな感じでした
「実家のことが気になったの?」「つらいことがあった?」「今は何してるの?」
いっぱい質問しました
Aちゃんからの質問は何もありませんでしたが、私の唯一の甥で大切な人間だと伝えました
「困ったら相談に来てね。あまり力になれないかもしれないけど、できる限り力になるから」
パート収入しかないのにいい格好をしてしまいました
その後、「おばちゃん、また話しませんか?お昼ごちそうしてよ」
そんなおねだりが何回かありました
ある時、「たまにはどこかにドライブに行かない?」Aちゃんが私を誘ってくれました
Aちゃんの休みが平日だったので、夫には何も言わずにドライブに行くことにしました
高校生みたいに自宅を出かけるときはいつもの通勤服で出かけましたが、途中で着替えて
大手スーパーの駐車場で落ち合い、Aちゃんの車に乗って出かけました
隣の県まで足を延ばして、楽しい時間を過ごしました
お昼を食べて、車に乗るとAちゃんが「眠くなったね、ちょっとシートを倒して寝てもいいかな?」というので、
わたし「それなら、どうしても行かないところがあるわけでもないし、誓うのホテルに入る?」
わたし「叔母と甥だけど、何をするわけでもないし、私はいいよ。その方がゆっくりできるでしょう?」
そんなことで、数キロ走った先のホテルに入りました
Aちゃんは、部屋に入るとすぐにベッドに横になりました
「若いのに、だらしないぞ!A」冗談半分に言いました
Aの顔を見ていると本当に兄そっくりでした。声もそっくりでした。
そんなAの寝顔を見ていると、若い日の過ちが頭をよぎりました
そうです、わたしの初めての男は兄だったのです
私は兄が好きでしたから、何の後悔もしていません。兄とは兄が結婚した後も続いていて
兄のアパートに毎日のように出入りしては、セックスしていました
子どもがで来た時にはおなかが大きくなってもわからないようにわざと過食しとても太っていました
その時の妊娠は母にばれるところになって、堕胎しました
その後も、避妊しながら兄との関係は続いていました
兄のアパートで兄の肉棒が私の中で暴れているときに兄嫁が仕事から早く帰ってきたのです
そういうことがあって離婚したのですが、その時に兄嫁は妊娠しており、その子がAです
兄にそっくりなAを見ていると、兄なのか甥なのか、そんなことは関係なくなって
ただ大好きな人が目の前にいるというだけになりました
わたしは、唇を重ねました。疲れているのか、目を覚ます様子もありません
目や耳に唇を這わせました
少し、寝がえりを打って横になった時に、思わずAちゃんのペニスに手をあてがいました
もう一度、唇を重ねた時に、Aちゃんは目をさましました
「Aちゃん、わたしのこと許してくれる?こんなことして・・・」
Aちゃんも男です。わたしを抱きよせて、唇を重ねました
「Aちゃんは経験者?」と訊くと、バツが悪そうに「うん」と言いました
親に似合わず内気な子に育ったようです
「教えてあげるね」そう言って、舌を絡めました
Aの一物は立派に反り返っていました。兄のそれよりも立派なように思えました
Aの一物を口に含むと、Aは小さな声をあげました
その声が嬉しくて、Aを喉深く咥えこみました
数回上下して、舌で裏側を舐めていると、「うっ」という声がしたかと思ったら射精してしまいました
私はその白いAの液体を飲み干しました
自分と兄の子供が無事に生まれていたら、これくらいだったと思ったら、わが子のように愛おしく感じました
その後も、Aはすぐに回復して逞しいペニスを私の中に打ち込んできました
初めてとは思えないくらい何回も何回も入れてきました
その後も彼が結婚するまで続いていました。いくらなんでも兄の時のようなことにはしたくなかったからです
わたしはとんくひどい女です
夫とはセックスレスですが、兄とは結婚する前から関係を持ち、甥とも関係を持っていました
わたしの下の子どもは会社の上司が中出ししたときに、夫の腰に手をまわして中出しさせて
夫の子供だと言い張って産みました
結婚してからも、兄の子か甥の子かわからない子供を妊娠しましたが、堕胎しました
40歳手前になって、こんなわたしは、死んでも地獄に落ちるのだろうと思うようになりました



中出し・妊娠 | 【2020-12-06(Sun) 07:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

銀座の美人ママさんと箱根の温泉に行って来た。

僕が永年通いつめている銀座のクラブ「S」。
ここのママ由紀は45歳の熟女なのだが、その美貌でけっこう通いつめてくるお客が多い。
その由紀ママが「最近温泉に行ってないわ。たまには行きたいわね」と飲みながら言い出した。
「俺でよかったら付き合おうか?」「本当う。付き合って下さるの?」「ママさえ良かったらね」
目と目がぶつかり合い「お互いの承諾の暗示」だ。

先週の土曜日、僕は車を運転して麻布の由紀ママのマンションへ。
憧れの由紀ママと温泉だなんて想像もしてなかった夢だったので胸がドキドキ。
サングラスに深帽をかぶった由紀ママ。
相変わらずの美貌ゆえ少しは目立つ。
車は東名~小田原~湯本のコースだ。
湯本温泉「花紋」が今日の宿。
新館の奥座敷、露天風呂が付いてる豪華な部屋。
宿帳には由紀を「妻」と記した。
はじめての由紀ママとの温泉。ドキドキの連続。

部屋の露天風呂に僕が先に裸になって入った。
由紀ママは化粧台に向かって髪を解かしてる。
鏡に映る由紀ママが眩しい。お風呂に入りながら由紀ママの後姿を追う。
浴衣をおもむろに脱ぎ始めた由紀ママ。
バスタオルで体を覆いながら僕の入ってる露天風呂の湯船に。
そしてバスタオルを剥いで全裸で湯船に。
はじめて見る由紀ママの肉体だ。
胸の乳房が張りがある。腰つきもしっかりした中々の体だ。
「由紀ママ。どうして僕を誘ったの?僕でいいの?」
「そうねえ。永年Kさんがお店を応援してくれたし、実は私、昨年3年付き合った彼氏と別れたのよ。」
「そうだったの。噂は聞いたけど、そんなの気にしなかった。」
「僕で良かったら付き合って見ないか?」
「これからの事よね。」

僕は由紀ママに寄り添い唇を奪った。
由紀ママと始めてのキスだった。
お風呂の中で抱き合って抱擁とキスを連続した。
由紀ママの白い裸体が僕の肌と接し、僕の肉棒がいきり立つ。
「Kさんのって立派なのね」由紀ママが僕の肉棒を握ってくれた。
「僕のって他から比べると小さいかも」
「私も浅いから丁度良いわよ。気にしなくって良いわ」
何回も何回も由紀ママとキスを繰り返した。
そして由紀ママの背中をバスタオルで拭いてあげて、部屋のベットに倒れこんだ。

ベットで全裸で固く抱き合い由紀ママの美脚を開いた。
綺麗なピンク色の花芯が茂みの中に埋もれてる。
大きく開股して僕は一気に花芯に口を宛がった。
「ああアアアアッーーーーーー」由紀ママが大きく仰け反った。
何回も繰り返して花芯を舐める。
由紀ママの喘ぎ声が甲高く部屋にコダマする。

「イクッーーーイクッーーーー」由紀ママが頂点に達してる。
僕は由紀ママの花芯めがけて肉棒を差し込む。
「ウウウウウウッーーーーーー」由紀ママが呻いた。
由紀ママが僕の腰を鷲掴みして抱え込んだ。
しっかりと合体した由紀ママと僕。

「ママ、後ろ向いてよッ」
由紀ママをバックから攻めた。
腰を浮かせ、アナルの穴を舐めった。
「アアアアッーーーーばか~ん。そんなとこダメッ」
僕は遠慮なしに舐め続ける。
「感じ過ぎだわよッ」容赦なくバックから挿入してピストンする。
由紀ママの白い肉体がピンク色に変わる。
「もう、だめッ。」正上位になってしっかりと結合した二人。
激しいピストンの後、由紀ママの子宮の奥底し中出し射精した。

由紀ママの花芯からは愛液が爛れ出た。
うつろな眼で僕を見つめる由紀ママ。
由紀ママの裸体をしっかりと抱きしめた。

その夜は3回も露天風呂に一緒に入り、その度ごとにセックスを繰り返した。
由紀ママは僕の腕に抱かれて朝を迎えた。
そして朝立ちは騎上位で処理してくれた由紀ママ。

朝食を食べてホテルの庭を手を繋いで肩を寄せ合って散策した。
憧れの由紀ママと結ばれた夜と朝だった。

その後、僕と由紀ママの同棲性活が始まった。
今、僕は麻布の由紀ママのマンションで同棲している。
由紀ママは夜の仕事だから、お互い求め合う時は、朝か昼だ。

この間の土曜日は一日中雨。由紀ママと一日中抱き合って求め合った。
気が付くとベランダの扉が少し開いていた。
由紀ママの甲高い喘ぎ声が隣の家に響いたかも知れない。



中出し・妊娠 | 【2020-12-03(Thu) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

近所の変出者と私

これは、最近起きた出来事で、内緒話です。
夫と結婚し2年が過ぎました。
まだ、子供も出来ない状態です。

夫:37歳/私:25歳専業主婦(由香)/義父:60歳 嘱託社員
夫と結婚して、2人で暮らしたかったんですが、義父も1人(義母は別れた)で
淋しいだろうと、一緒に住むことになりました。
夫の実家は、街外れの山に囲まれた集落で、何も無く私は暇な毎日を送っていました。
まだ、若い私は性欲も強く、夫に求めるんですが、夫は1回/月位しか相手にしてくれませんでした。

私は、昼間1人オナニーをして欲求を解消していました。
毎日家の中でのオナニーに飽きた私は散歩しながら家周辺を探検すると、家の裏山に神社がある事を
知りました。その神社は、小奇麗で裏にはプレハブ小屋が設置され鍵もかかっていないので
中に入る事も出来ました。
中には畳が敷いてあり、お祭りの時に使う道具が締まってありました。
神社の正面には、集落が一望出来しかも遠くには街の中心部も見えました。
開放感から、私は無性にオナニーをしたくなり、裏のプレハブに入ると思いっきり逝くことが
出来ました。誰か来るかも?と言う緊張感とドキドキに私は興奮を覚えました。

それから、オナニー道具をプレハブ小屋に持って行き隠しておきました。
何度か通って不思議に思う事がありました。それは、私が使っているオナニー道具が微妙にズレて
置いていたり、蓋がちょっと空いていたり、初めは気のせいと思っていたんです。
その場所に通い始めて、1ヵ月も過ぎた頃、夫と義父と買い物に出掛ける為、車で走っていると
近所の道路を古びた服装に、ボサボサの頭の中年男性が歩いていました。
誰だろうと思った時、義父が”何やってるんだか?”と呟きました。
私は”何”と聞くと”由香さん彼には近づくな!頭おかしいから”と言うのです。
夫に聞くと、昔は優秀な大学生だったらしいが、卒業真近で中退し家に引きこもっているとの事
でした。普段も家から出る事も無く、夜にフラフラ出歩いたりするみたいでした。

買い物から帰る頃には、すっかり忘れていました。

数日後、天気も良く気温も高かったので、布団を干すと洗濯を済ませ昼食を食べ、神社に向かいました。
プレハブ小屋に入ると、蒸しっと暑かったので、全裸になりバイブをマンコに入れました。
両胸にローター貼り付けコントローラーを腰に固定しました。
その姿で、辺りを散歩し神社境内で激しくオナニーをしていました。
もぉ~ダメ!!!と体を震わせ逝くと、目の前の階段を上がって来る音が聞こえました。
プレハブに戻る時間も無く、私は咄嗟に神社の中に隠れました。
戸の隙間から見ると、近所の変出男でした。彼は境内に頭を下げ、手を合わせていました。
しばらく、頭を下げ裏の方に向かって行きました。
”マズイ”服を放置していた私は、どうする事も出来ず、ただ彼が居なくなる事を祈りました。
何分経っても彼が戻って来る事も無く、私は恐る恐る神社を出ました。
裏のプレハブに近づくと、彼が中で私の下着でオナニーをしていました。
”どうしよう?”陰から見ていると、彼のチンポが見えました。
大きいんです!長さもそうですが、太く立派でした。彼のチンポを見ていると、ムラムラして
私もオナニーを始めてしまいました。
夢中で、オナニーをしていると、”逝く!”と膝がガクガクし思わず、戸にぶつかってしまいました。
彼が気づきこっちに向かって来ました。
”何してるんだ!”と言われ、”すいません、許して”と言うと、彼に手を取られプレハブ小屋に
入れられました。”もうダメ!”と思うと、彼が服着るといいよ。と優しい言葉が・・・

彼:同じだろ!オナニーを楽しんだ!それだけだ。無理やりはしない。
私:あなたもここで?
彼:俺はみんなの嫌われ者!ここでしか解消出来ないんだ!
私:あなたの場所取っちゃたんだ私
彼:取る?ここは俺のプレハブじゃないよ?
彼の優しい言葉と態度に、誤解していたんだと思いました。
そのまま、彼のチンポを咥えると、”何するんだ!汚いぞ”と抜こうとしましたが、私は
”いいんです”と続けました。
大きいんです。口いっぱいに彼のチンポが舐めていると、マンコからもダラ~と流れるのを
感じました。
私:入れて?
彼:いいのか?
私:お願い!欲しいの?
彼は、私のマンコにゆっくり押し込んだ。ちょっと痛かった!彼は、ゆっくりと優しく押し込み
痛みも直ぐに消えた。夫の倍はあるでしょう?前後に動かすとジンジン感じて頭が白くなりました。
マンコに巨根が馴染むと彼は、奥にドンドン突いて来るんです。子宮に当たり今まで感じる事の無い
最高の快楽を味わう事が出来ました。私は直ぐに逝ってしまい、続けて彼が責めてきました。
何度も逝って、ヘトヘトになる頃、彼が逝くと言うので”中でいいよ”と中だしさせました。
抜いた時、ダラ~と彼の精液が垂れ落ちました。

彼は、まだ満足出来なかった様だった。私は”もっとする?”と言うと”いいの”と言うので、神社の境内で
犯してもらった。彼は私のマンコを舐めるとアナルも舐め回し、指を入れてきた。
”ダメそこは”と言うと、大丈夫と指を3本入れた。初めての感覚だった。”汚いから”と言うと
”君のなら汚い無い所はないよ”と指を取ってくれなかった。
指を入れ続けた為か、チンポもゆっくり入ってしまった。凄かった。マンコと同じくらい気持ち良かった。
彼は、アナルに出すと、優しくキスをしてくれた。

別れ際に電話番号を交換した。翌日も、その翌日も彼からは連絡が無かった。私は我慢できず
彼に電話をした。彼は神社でと言い切った。
私は、浣腸をして洗うと、神社に向かった。
プレハブで待っていても中々来てくれなかった。私は全裸になりオナニーをしていた。
彼が現れた。ボサボサの髪はすっかり整えられ、臭かった体臭もしなかった。
服装も綺麗になり、若返って見えた。
それよりも私は彼のチンポが欲しかった。

私は彼と毎日の様に会って体を求めあった。
彼は、変出者では無く、そんな辺りの目に嫌気が指していたんです。
馬鹿なのは、彼では無く、見た目でしか判断出来ない集落の人達だと分かった。

彼は、35歳だった。もっと上に見えたのはボサボサの頭と服装だったんです。
結局私も見た目で判断して居たんですけどね。

今、彼は仕事を探し1からスタートラインに立ちました。
夫には言えませんが、もう彼の巨根から離れる事は出来ません。
仕事を始めたので、彼とも毎日会えません。今、夫と離婚も考えています。



中出し・妊娠 | 【2020-12-01(Tue) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

近所の典子さん

私は35才のHです。結婚して9年目になります。最近、私の近所に典子さん夫婦が引っ越してきた。一目見た時から典子さんの事が好きになってしまった。その日から、私の心の中に典子さんとSEXしたいという欲望が湧き上がってきた。私の妻と典子さんは、すぐに仲良くなったみたいで典子さんもよく我が家に来るようになっていった。私は ある計画を立てていた・・その計画は、典子さんが遊びに来た時に睡眠薬入のゆず茶を出すっていう作戦だ!(ゆず茶は妻と典子さんが好きでよく飲んでいたため)それから、1ヶ月くらいたった時に作戦を決行する日がやってきたのだ。私は事前にゆず茶の素に強力な睡眠薬を大量に入れておいた。典子さんが来てから1時間くらい経った時に妻と典子さんがいる部屋に行ってみた。すると、妻と典子さんはぐっすりと眠っていた。私は、妻が眠っている横で法子さんを畳に寝かしスカートをめくって下着を脱がしていた。下着の下には私が望んでいた典子さんのパックリ割れたオマンコが姿を現した。私は典子さんのオマンコを舐めたり指で開げて見たりしていた。私の興奮が絶頂に達したとき、ギンギンになったペニスを生で典子さんのオマンコにズブズブ・・っとゆっくりと挿入した。 典子さんが「あぁっ・・」って声を出したときは、目を覚ましたかと少しビックリしたがペニスを膣の奥まで挿入した。私はゆっくりながらピストンを繰り返し法子さんを犯し続けた、私はたまらず典子さんの子宮めがけて膣内に射精してしまった。ドクドク・・・と大量の精液が流し込まれていった。ゆっくりペニスを抜くとワレメから大量の精液がゆっくりと外に出てきた。達成感か私は満足していた。オマンコの写真を何枚か撮ったあときれいに後処理をして下着をはかせて私は自分の部屋に戻った。それから1ヶ月後に典子さんが妊娠したって事を妻から聞いた。多分・・私の子供だろう・・



中出し・妊娠 | 【2020-12-01(Tue) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

近所の可愛い人妻

近くに新しく家が建ち、20代前半の奥さんと旦那30過ぎくらいの人がきました、
夜遅く、たまに喧嘩らしい声が聞こえていました。
僕とは、朝、夕方と顔をあわせては挨拶もします。
日曜日に映画を見ようと行ったとき、その駐車場でばったり、奥さん(小西真奈美似)と会って、映画を取りやめて一緒に買い物付き合いました。
びっくりしたのは、下着売り場で、目のやり場に困るくらいなショーツなど私に見せて、男の人が欲情するのを聞いてきました。
全てが透けてる下着でセクシーな物ばかりでした。
数点、買ってから、奥さんは、身に着けた時の感想聞かせてって僕を誘い、ホテルに行ったのです。
ホテルで着替えては、下着ショーを見ていると勃起したら、奥さん、僕の股間に手を持ってきて、触り初めてきました。
ヘヤーも乳首も透けて見える下着で迫られて僕は、奥さんの乳房を握ると、あ!あ??と声を出し、俺に抱きつきキスをしてきたので、ベットに押し倒し激しく抱きしめて、脱がしながら愛撫をしてやった。
あそこは洪水のように濡れていて、指でかき回してると、体を弓なりになり、激しく悶え 声を高らかに上げて興奮してた。
奥さんから入れて 来て?っとせがまれ、入れると、さらに大声であああああ^^ いいい?? いいわ??
気持ちいい???  腰を俺のピストンに合わせては振ってきた。
奥さんは興奮してて、俺のペニスを挟むように締め付けてきて、いく??いく??
中だしはまずいと思っていく寸前で抜こうとしたら、締め付けがきつく抜けずに、中だししてしまい、2人とも抱きついて逝ってしまった。
その後、休憩しては3回も中だししてしまった。
可愛い顔して、狂乱な行動が俺は女は怖く思えた。
次回の約束されて すこし戸惑いがある俺です。



中出し・妊娠 | 【2020-11-30(Mon) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*