FC2ブログ

かていきょうし

私も告白します。
わたしが、セックスをはじめて経験したのは、大学1年生(19歳)のときでした。
わたしは、小学校時代から、まじめですこしおとなしい性格でしたから、男の人とデートしたこともありませんでした。

もちろん中学校時代、クラスでセックスをしていた子もたくさんいましたし、セックスのやり方も知っていましたが、なぜかしら、そんなことをするのはいけないことだ、破廉恥なことだとおもっていました。

ところがです。以下私の初体験を聞いてください。

大学1年の夏、私は、家庭教師のアルバイト先で、あまり熱心に勉強にとりくまない中学3年の男子生徒を教えていたとき、すぐに「先生、もう終わろうよ。」と言い出すのです。

私が、「この問題がとき終わったら、なんでも言うこときくから」と言ったとき、彼は急に真剣にやり始めたのです。ほとんどはその子の実力では、ちょっと解くのが難しいかなという程度の問題だったのですが、たまたまうまく解くことができたときがありました。

わたしは、「よくできたから今日はここで終わろうか。」というとその子は、「先生なんでも言うこと聞くっていったよね。」「今度来るとノーブラ、ノーパンで来て」といいました。

当然、私は、冗談かと思い聞き流して、次回もそのままいつもの服で教えに行きましたが、そのとき、男の子が、私の胸、アソコの付近を執拗にもじろじろ見ていました。その時、私は初めて、先週男の子が言ったことがまじめに言ったことであることに気がつきました。

2時間の指導時間のうち、最初の1時間は、普通に教えました。その時も、視線が私の胸やアソコにいっていたのを覚えています。当然、勉強のやる気などみじんも見当たりません。仕方なく、わたしは、休憩時間のとき、トイレでブラをはずしパンティを脱ぎ、再び1時間指導することになりました。

男の子は、はじめは特に何も口には出しませんでしたが、以前にもまして、私の胸やアソコを覗き込むように見ていることが多くなりました。そのとき、私のアソコが急に濡れてくるのを感じました。1時間が終わりのころには、アソコがびっしょりでした。

ようやく勉強がおわり、最後の雑談のとき、私は、「先生、君が言ったとおり、ノーブラ・ノーパンできたよ。」というとその子は、恥ずかしそうに、「見せて、触らせてください。」といいました。
私の心臓もどきどきの状態でした。なにせ、今まで男の人と手をつないだこともないのに、胸を触られるんです。

ちなみに、私は、Dカップだったので見せても、触られても、はずかしいサイズではありませんでしたが。でも、なぜか、私は「いいよ。」と軽く返事をしてしまったのです。

たぶん「年上の女」としての強がりだったんだと思います。
はじめは、服の上から胸をもまれ、その後タンクトップのシャツの中に手を突っ込まれて激しく胸をもまれました。何も抵抗はしませんでした。手が乳首に触れるたびに、エッチな気分になっていく私と、はやく、女の人の「あそこ」が見たい中学3年生でした。

男の子は私の裸を「見たい。」と言いました。たぶん自分からスカート脱いで全裸になったと思います。
私は毛深い方ですが、「先生、ヘアーがすごく濃いね。」という言葉は今でも覚えています。その後、私がM字開脚していると、クリトリスを触られ、その気持のよさに自分から、ここをもっとさわってくれと頼んだような気がします。何度か「いって」しまいました。その子は私がいった後も舐めたりしていたので、何回も何回も「いって」しまいました。

ついに、男の子の固いペニスが私のあそこに押し付けられてくるのを感じた瞬間、(ここで私は、処女を失うのか、また、失ってもいいやと思いました。)すっと入ったときに鋭い痛みが走り、すぐに生暖かいものが、私の中に出されたのを感じました。

前からだったのでよくわかりませんが、私の中にすぐに発射してしまったようなのです。そのあと、再び固くなったペニスを挿入され、その子が激しく腰を動かして、私は再び「いって」しまい、気を失ったのか、それとも疲れか、その子のベットで寝てしまいました。

それからが悪夢でした。
私が寝ている間に「処女喪失記念」と言って、いつのまにか私の恥ずかしい姿(全裸やあそこ、お尻、出血したシーツなど)をデジカメですべて撮られてしまったのです。
すると、その子はパソコンに取り込んだデータをスライドショーで見せた上に、「これをばらまかれたくなかったら、これからもやらせてね。」と笑いました。

次の授業からは本当の悪夢が始まりました。授業の2時間のうち、5分もしないうちにすっぽんぽんになった男の子が私に飛び掛ってきて、1時間55分たっぷりと攻められるのです。彼がビデオや本で学んだ知識を全部試されました。

もうどうでもいいやとなり、2回目からは妊娠したらこんなこともできなくなると言い聞かせて、私が買ってきたコンドームをつけ避妊だけはしてもらってからはもう彼のいいなりでした。

夏休みなどは彼が親に言って授業を週4回にしてもらったので、バイト代は4倍となりましたが、その代わり彼から朝から来るように言われ、すっぱだかの彼がいて、私が家に着くとすぐに服を脱がされて、着ることを許されず、朝から親が帰ってくる夕方まで二人ともすっぽんぽんでエッチばかりしていました。

2人は夏休み中ずっとエッチばかりしていました。もうそのころになると、私も生理の時などはフェラチオを進んでするようになっていたし、私からも69を求めたりもするようになっていました。お互いに何度も何度もいくようになっていました。

彼が卒業するまでに彼のテクニックが向上してきて、体の相性はぴったりで完全に彼のおんなでした。彼の前ではノーブラどころかいつもすっぽんぽんで、彼もスッポンポンでした。



先生・生徒・禁断 | 【2019-11-17(Sun) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

お父さんと

幼稚園に勤めています。
性格も見た目もかわいいタクヤくんがいます。
ご両親は共働きで、いつもどちらかが迎えに来られます。
私はタクヤくんのお父さんと会ったときから、
こうなる予感がありました。
ある日、お母さんが迎えに来られてタクヤくんは帰りましたが
入れ違いでお父さんが迎えに来られました。
40歳くらいで背がたかくて体格はよく、いつもお洒落で
私たちにもよく差し入れを持ってきてくれます。
すると食事に誘われました。最初から意識していた私はOKしました。
カジュアルな和風イタリアンで食事をして、帰りの車中で
『まっすぐ帰りたくないな。みゆ先生ともうちょっと一緒にいたい』
そう言われて、キスされました。
優しいキスはだんだん激しいものになり、、、
私の唇や舌を吸って離しませんでした。
こんなに長い長いキスは久しぶりでした。
こうして私たちはホテルに行きました。
ちょっと荒々しいSEXに驚きましたが、すぐに彼好みの体になりました。
今では週に1度はこうして会っています。
タクヤくんのお母さんに会うとさすがに後ろめたいのですが。。。
今はもう少し彼に抱かれていたいんです。



先生・生徒・禁断 | 【2019-11-10(Sun) 07:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

お祭りで露出

高3のとき、1こ下の彼女とお祭に行った。
彼女は部活の後輩だったこともあってか、比較的何でも言うこと聞く子だったから、
お祭行く前に俺ん家で薄い浴衣の中を全部脱がせて、ノーパンノーブラにして行った。
普段大人しめの可愛い子だったし、それだけでも興奮したけど、さらに予め浴衣を少しはだけさせておいた。

会場について、中年親父がたむろしてる場所があったので、
そこで彼女にもっと浴衣を緩めるように言って、肩や脚はもうほとんど丸見え状態にした。
その状態で近くの椅子に座らせて、俺はトイレに行くと言って少し離れて見ていた。

そのときの彼女を見る周りの親父たちの視線に、この上なく興奮したのを覚えている。
翌日、彼女はいつも通りポニーテールでセーラーに膝丈スカートで朝練のため学校にきた。
若さ故に興奮が冷めてなかった俺は、教室の窓を開けて彼女を全裸にして顔を外に出させてバックで果てた。

彼女は今学校の先生をしているらしい。



先生・生徒・禁断 | 【2019-11-03(Sun) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

お医者さんになって…

これは、お医者さんごっこをしたときのお話しです。

椅子を2脚使いました。
向かい合わせて腰掛けて、お医者さんごっこ、スタートです!

『また会えて嬉しい…』
「いや、『今日はどうしました?』とかだろ…。」
「…え?先生(私)は、あなた(患者さん)に片想い中(の設定)だから…。」
「警戒されたらマズイだろ。ってわけで、タイミング的にも、そういう事は、なかなか言わないだろ…。」
「そ、そーかぁ…。そうだね。(汗)」

リアリティを出しつつやろうっていう前提だったんですが、私は少し、残念な頭のようです。

先生(女医さんで、私)は、この片想い中の患者さん(彼)に、会えることがなくなってしまうかも…(病院を変える…とか、引っ越して…とか、よくありますよね。ドヤ?)という気持ちをいつも持っていたということを、『また会えて嬉しい…』に表したつもりでした。(ドヤ?って気持ちでした。笑…)
とにかく先生は、彼にまた会えて、嬉しかったんです…。神様、ありがとう…!とまで、思っているんです。が、セリフにリアリティーがなくて、出だしからグダグダです…?

「どっちが先生らしいか…。…やっぱり俺だろ。」
「そうだけど…。(先生やりたいよ…、しょぼ…)」
「仕方ないな…。」

リアリティーはあまり考えないことで、続行することになりました。
ずっと会いたかった想い人に、思いがけなく突然会えると、感動で胸がいっぱいになって、うまく話せなくなりそう…という、リアリティーを兼ねた理由も…あるからです。(ドヤ?)

「じゃあ…、『どうしました?』
「あ、今は最初に問診票で…。ま、い?か…。『熱があって…』
『そうですか。では、服を捲って(どきっ…)、…脱いで下さいっ。』
『え…?……ハイ…』

ちょっと彼、躊躇してるな?と思ったら、ズバッ!!っと一気に素早く脱ぎました!
(ワワッ!)ってビックリするほどの速さだったけど、男っぽく、潔い脱ぎかただなって思いました。
けれども、少し恥ずかしかったから一気に…!なのかもしれません…。

『先生…?』
『は、はい。(はー…、いつ見ても、イイ身体?。厚みの感じもイイの?…)』『先生…。』
『(どっきり!)あっ、はい。』

エア聴診器を彼の身体に当てます。
聴診器の先っぽを持つフリをした指先がツン…、ツン…、と彼の身体に当たります。(キレイ…)(あ、ホクロ発見…)って、いろんなことを思ってしまいました。
好きな人だから…、見たい…。いつでも思い出せるように、心に焼き付けたい…。
先生と私の気持ちが交わります…。

『どうですか…?』
「フフ…、胸板の陰影がスゴク…、じゃなくて…『そうですね…』
『先生…』
『(びくっ)はい、なんでしょう。』



先生・生徒・禁断 | 【2019-10-29(Tue) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

おばさんはエッチの先生

 高1の昭彦だ。オレは大発見をした。おばさんのアソコは蛸なんだ!

 おばさんは、オレのエッチの先生だ。童貞だったオレを誘惑してくれて、初めてエッチをして以来、オレに彼女が出来たときに備えて、いま、おばさんはオレを猛特訓してくれてる。そのせいか、最近おばさんもオレのチンボでいくようになった。それが問題なんだ。

 おばさんがいくと、アソコがギューッと締まってきて、オレのチンボが動かなくなっちゃう。押しても引いてもダメなんだ。特に精子が出かかってるときなんかは、困っちゃう。
 しょうがないから、おばさんが終わるまで待ってるしかない。

 おわって、アソコが緩くなったら、今度はオレが動き始める。まだ、おばさんのアソコはヒクヒクしてる。だからオレは、おばさんがまたオレのチンボを締め付けないうちに精子を出しちまわないといけないんだ。

 こないだは、精子が出てる最中に締められて、気分よくなかったから、「オレが出てるときは、締めないでくれよ」って云ったら、「アキちゃんがオチンチンの動かし方上手になったから、おばさん気持ちよくなっちゃって、知らない間に締まっちゃうんだよ。お汁途中で支えちゃった? ごめんね。おばさんがまた硬くしてあげるから、もう一度やればいいじゃん」だって。

 チンボ拭いてもらって、おばさんの口で吸ってもらってたら、また硬くなった。
 今度は、おばさんが上になってやってくれた。さっきのオレの精子が中に残っていたらしく、中はヌルヌルしていて滑りがよくなった。
「また出そうになって来た」ってオレが云ったら、おばさんお尻をうんと動かして、オレのチンボから精子をすっかり絞り出してくれた。まるでミルク絞り器だ。

「アキちゃん、もう出たの?」
 オレが「うん」て云ったら、「じゃあ、今度はおばさんに少しさせてね」っていって上でズッコズッコ動いて、「アキちゃん、もう少しそのままでいてね」って云いながら、「ああ、ううーん」って云ってまた少し締め付けてきた。

 そしたら、プニュッっていうような音がして、アソコからオレのチンボが押し出されちゃった。
 オレ、思わず笑っちゃったよ。おばさんも笑ってた。

 股ぐらやお毛毛のあたりがドロドロ・ヌルヌルしてたけど、おばさんが暖かいお絞り持って来て綺麗にしてくれた。それが終わると、パンツを履かせてくれて、オレの上になってキスしてきた。おばさんのキスはベロを入れてくるのできもいけど我慢した。

 やっと終わってくれたんで、オレは起きあがって、服を着た。おばさんは3000円お小遣いをくれた。
 おばさんのアソコは、蛸だ。

 おばさんは、胸がDカップかEカップあって、ちょうど良くぽっちゃりしていて、でもそんなにデブじゃない、どっちかいうと好きな体形。オレにとっては最高のセフレ、いつでもエッチさせてくれるうえに、中出しOK、そのうえときどきお小遣いくれる。同級生の若い子には熟女の魅力だ。

 でも、おばさんのお口はスッポンみたいだ。おばさんはキスが好きみたいで、キスすればオレのベロをチューーッって吸い取ろうとするし、とくにオレのチンボに吸い付いたらなかなか離れない。オレが我慢出来なくなってきて、「出ちゃうよぅ」と云っても、平気で吸ってる。

 チンボの根もと辺りで何かが爆発して、精子が飛び出してくると、チュウチュウ全部吸い取って、飲んじゃう。何度も出して、出なくなっても、未だ吸ってる。

 オレくすぐったくなって「もうやめてよ、出ないよ」っていうとやっとお口を離して、「アキちゃんのカルピス、おいしかったわよぅ」だって。おばさんのお口はスッポンだ。

 おばさんは、ママの姉さんだ。ママより4才年下だって云ってたから、たしか40才のはずだ。とにかくスケベだ。
 おばさんは、オレのチンボをアソコに入れて、下のお口でもオレの精子を飲む。若い男の子の精子は、若返りに良いんだそうだ。

 普段はおばさんがオレに跨ってやるんだけど、昨日は珍しくおばさんが仰向けにねて、「さ、アキちゃんの好きなようにしていいわよ」っていうから、手でアソコ開いてよっく観察してやった。

 指を入れてみると、おばさんのアソコは、雨に濡れて帰ってきた猫みたいに濡れてた。チンボがキンキン立ってきて痛いくらいだったので、オレはおばさんの足の間に入って、被さるように上になり、正常位でやってみた。
 おばさんの手がオレのチンボを引っ張って、アソコに入れた。

 おばさんは、よくお尻を回すように動かすから、オレもやってみたが、うまくいかなかった。すぐ射精しちゃった。
「さっき飲んであげたばっかなのに、もうこんなに出してぇ。アキちゃんは元気なのね」といいながら、アソコをティッシュで拭いていた。

 お陰で最近、オレはセンズリを掻かなくなってきた。夢精も暫くしてない。オレの精子は、全部おばさんに取られちゃうからだ。
 おばさんはドンドン若返って、きれいになってきた。



先生・生徒・禁断 | 【2019-10-26(Sat) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*