FC2ブログ

ソーセージがすき

寂しいクリスマス。彼とは遠距離恋愛中ですが今日は電話だけ・・・
月に1度会えればいいのだけど、遠すぎてそれも叶わぬときも。
実は、私は×1で、もう子供は諦めたほうがいい年に近づいている。
そんな私でも愛してくれる彼。
会った時は彼にすべてを投げ出す1分1秒でも一緒にいたい。
そんな私の毎夜の自慰について・・・・自分をさらけ出します。

今でもここに書くことを躊躇ってました。
これからも書くかどうかわかりません。
一人のクリスマスというシュチレーションが無かったら、ずっと書かなかったかもしれません。
私は彼を失いたく無いという気持ちが強すぎるのでしょう。
彼とのHは徹底的に奉仕者になります。
そうしないと嫌われる、捨てられる・・といったことが頭をよぎってばかりです。
そんな私の一人Hは異常かも知れません。

そもそもの始まりはコンビニで見つけた極太のソーセジでした。
手に取った瞬間心臓がバクバクしました。
彼の物にそっくり。
太さ、硬さといったら・・・。
その後どうしたかわからないまま家のベッドの上で、それをしっかり握っている自分がいました。
外装を破り思わず口に咥えて擬似フェラをしました。
目をつぶり彼の顔を想像して、一心不乱に・・・。それからはどんどんエスカレートしていきました。

愛用している王様の抱き枕を二つ折りにして彼のブリーフとアンダーシャツを着せ、
ブリーフの股間にコンドームをかぶせた極太ソーセージを突きたて、擬似SEXをしてばかりです。
彼の下着は洗濯してないものを使うようになってきました。
彼の匂いが私を熱く濡らすのです。
今までは彼が帰るまでに洗濯をしてあげていたのですが、そのために今は帰るときに新しい
下着に着替えてもらってます。
彼の住まいへ行ったときも何かと理由をつけて
(時間が無いからもってかえって洗濯しとくね、今度うちに来たとき渡すね)
といって実は1ヶ月分の私の自慰のおかずになってます。

こんな自慰をしてるなんて情け無いと思うけど・・彼には言えないです。
彼は以前オナニー狂いの女はいやだ、引いちゃうよ。って言ってたのでとても告白できません。
これ以外にも彼との行為想像しながらいろんなパターン自慰で逝ってしまう私です。
今日も明け方まで彼との想像SEXで逝きまくり、ソーセージを加えたまま枕を涙で濡らして眠るのだと確信してます。
気持ちが落ち着いたらまた書き込むかもしれません。
どうもすみませんでした。



オナニー | 【2020-01-18(Sat) 07:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

そうと知らないで

そうと知らないでオナニーを初めてやっちゃったのは幼稚園の時。
当然、性の知識などなかったんですが、テレビでベッドシーンとか
見てて、自然に下半身がうずうずしちゃってたんですよね。まさに
本能!!って感じですが、家にある、大きな玉のネックレスから
玉だけをバラしてパンツの中に入れて・・
まだ「おまんこ」なんてものもあることすら知りませんから、
「ごろごろ感」を楽しんでただけなんですが、あとおしりに1cm
くらいのプラスチックのカラフルなビーズを入れたりしてました。
(無知ってコワい(泣笑))
小学生の時おぼろげながら自分がしている行為が「オナニー」という
ものなんだって認識しました。でも、まだセックスがどんなことを
するのかよくわからずにいました。自分のあそこも見たことないし、
挿入ってなんかこわくて。自分のおなかに男の人のチンチンが入っていく
なんて想像もできませんでした。
もちろんだんだん慣れて、小学校4年生くらいになると中の方も刺激する
ようになっちゃいましたけど(恥)
自分は本当に淫乱なんだなって思います。別に何てこと無いんですけど、
部屋にひとりでいると、まわりのものが全部いやらしいすけべな小道具に
思えるんですよね。
あと、夏の暑い日、2階にあがるとすごく空気がこもっててあつ~く
なってることありますよね、その中にいるともうたまらなくいやらしい
気分になるんです。
中学くらいになると、授業中にスカートの上からパンツをずりさげて
ヒンヤリしてるイスにおまんこが吸い付くのや、そのまま、太もも
のとこまでパンツを下げたままバスなんかにのったり、マンション
の上~の階に行って、パンツをぬいで手すりのとこから少し体を
のりだして、下からスカートの中が見えちゃうようにしたりなど、
いろいろ冒険していました。
それで、一人暮らし時代にかなりはまっちゃったのは、真夜中に、
おっぱいだけを露出して、両手で持ち上げて、ベランダのガラスに
ちょんちょんつんつんって乳首を軽く押し付けるプレイ。
ガラスがすごくひんやりしてて、ちょんちょん・・って乳首でガラスを
つつくようにするともう両方のおっぱいの先っぽがクリトリスに
なっちゃったみたいになって、あと、外の街灯のあかりが、すごく
淫乱な自分の姿を照らしだしてるようで、もう立っていられないくらい
感じちゃうんです。あっという間におまんこはとろとろ。
一度、下を歩いていた女の人がふと上を見ちゃったのか、小さく「きゃっ」
ってすごく動揺している感じで走っていく足音が聞こえました。
その時はもう恥ずかしくて恥ずかしくて気が変になりそうでした。
乳首は最初はぜんぜん感じなかったんですが、テレビとかであんなに
気持ち良さそうなのに~!!って刺激してたら、ある日突然スイッチが
入ったみたいに感じるようになっちゃったんです。
クリトリスは、かなり敏感過ぎてちょっと苦手です。あまりに激しい快感
なので怖くなっちゃうんですよね。
でも時々すごくその快感が欲しくてたまらくなるときもあって、
その時はおまんこには絶対挿入しないで、気絶しそうになっても
絶対指を離さないでクリトリスだけを30分くりくりしようっ!!って
決めてやるんですけど、5分も耐えられないんです。もう
つま先までしびれちゃって下半身が痙攣してきちゃうんですよね。
彼にクリトリスを歯でコリコリ噛んでもらったり、ちゅうちゅう吸って
もらうのも好き♪



オナニー | 【2020-01-18(Sat) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

スカートの中を盗撮されて・・・・

ニュースなどで取り上げられていますが、スカートの中の盗撮行為。私も被害にあったことがあります。
それを知ったのは、それらのニュースを見て、ふと思い当たる点があったからです。
通勤途中のエスカレーター。何気ない日常の中で使用していますが、そういえば、よく背後によく見かける人がいるような気がして・・・・

ネットで盗撮関連の事を調べたら、盗撮関連のサイトが色々出てきて、その中に私らしき人物が・・・・
間違いない。この下着は私が今日(調べた日)に穿いていたものだわ・・・・
こんな風に晒されて、とても悔しい思いと怒りがこみ上げてきたのですが、それよりも、こうしてみんなに見られてしまったことに恥ずかしさを、いえ、興奮してしまいました・・・・

詳しく見ていくと、私は「いつもの獲物」らしく、何度も何度も撮られており、色々な下着を晒され、「今日の下着は何?」とまで・・・この人、私の下着でオナニーをしているんだなと思ったら、また興奮してしまい、
それを見た人たちの書き込みには、私の下着でオナニーをしましたなどという書き込みで溢れており、みんなが私の下着でオナニーしていると思うと、私はもうガマンできなくなり、みんなに見られていることを想像して、私もオナニーしちゃいました。

それから、毎日のようにいつもの人が、エスカレーターで私の背後に立ち、毎日のように下着を撮影していくのです。それが私の毎日の楽しみにもなりました。もちろん毎日のように撮られたものは盗撮サイトに掲載され、みんながそれを見てオナニーを。そしてそれをネタに私も・・・・
下着も、撮られてもいいように、いつも清潔にして、足の開き方にも気を配ったり。そして大胆なものまで購入し、評判(?)も上々でした(笑)。

しばらくそんな楽しい毎日が続いていたのですが、ある日からその男性は現れなくなりました。私に飽きてしまったのかとも思いましたが、新聞で、利用する駅の近くで盗撮行為で逮捕された大学生の記事を読み、もしかしたらその大学生が・・・・

また私をモデルに撮影してくれる人が現れないかと、撮られやすいスカートで今日も仕事に向かいます。



オナニー | 【2020-01-05(Sun) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

ジャギ「兄よりすぐれた弟なz」②

俺はこのこと以降、亜里抄さんが弟のチンポをしゃぶる姿を思いだして毎日毎日オナニーしていた。
そして次第に結合部分を必死に思い出しながらオナニーをするように成長を遂げていった。

中学も夏休みに入り、弟は泊まり込みで一人暮らしっぽい?亜里抄さんに会いに行ったりしているようだが、どうせまた一日中SEXだろ。進歩のない奴等だ。

俺は久し振りにあのAVを観た。次、弟に観られたのが分かるようにビデオのパックの接合部の隅(ヒンジの下段側)に薄く糊をつけておいた。パカッ!と開く勢いで全く抵抗なく取れ、そして絶対に気づかない程度の量を。
・・・どうやら弟はこのAVを使っていないようだ。一度きりで捨てたのか。冷たいやつだ。
鑑賞開始。
モザイクは濃い目なものの、フェラシーンで抜かずにFUCKシーンで抜き所を探している自分に気づいた。
嬉しかった。俺は進化しているのだ。抜いた。今度は2度も。大人だな。すっかり耐性がついちまってやがらぁ。
ふぅと言ってビデオを巻き戻し終え、取り出しボタンを押そうとしたが、ふと動作を止めた。

「超えたる・・・」 弟が成し遂げることの出来なかった3回戦目を、兄である俺がやるのだ。
2回の弟と、3回の兄。1.5倍もの明らかな優位。日本の国家予算でいうなら、80兆円と120兆円の差である。
俺は弟に40兆円分、勝っているということになる。
親が管理している弟の郵便貯金が10万円だとしたら、俺の預貯金は40兆飛びまくって10万円あることに。比較にならんわw
そして俺は大勝利を収めた。
男優がフィニッシュする1分くらい前のちょっとしたラッシュ+亜里抄さんほどのイイ女ではないがキレイ可愛い系のAV女優の喘ぎ声を聞きながら、「ぁぅ、やりてぇっ・・・!」と呟きながら、3回目の射精をティシュにチュッチュッと放った。


弟の備品チェックも日課となった。
コンドームは一応あるが減らない。亜里抄さん、ピル飲んでるとか言ってたな。性病持ちじゃないから、生でヤってるのか。
休日でなく、学校のある日に減ったりしてる。外でヤった時の精液処理用か。

弟のケータイの写メを漁る。
使っていないように見える無地のフォルダ群の中からハメ撮りフォルダ発見。フォルダ内の画像一覧画面のとりあえず最初の方だけ(37P中の1P目と2P目の中から)狂喜しながらチキショウと呟きながら赤外線送信で3枚だけゲット。速攻でトイレに駆け込みオナニー。
無修正で刺激が強いものの、一度リアル目の前で見てるから十分な耐性がついている。早々と4連射を決め、トイレを出る。
まんまとオカズにしてやった。つまり弟と亜里抄さんは肉体労働者で、俺は消費者様。お客様は神様です。俺様のために尽くすんだな。

(③に続く!)



オナニー | 【2019-12-29(Sun) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

シベリアンハスキーと

みなさんこんにちは、友美っていいます。
今年の夏にした変態H体験を聞いてください。

うちにはケントっていう名前の
シベリアンハスキーがいます。
実は、私にHなことを教えてくれたのは
ケントなんです。

私が中学生で、
まだケントが小さかった時のことです。
部屋の中でケントと遊んでいるときに、
スカートの中に入ってきたケントが
足の付け根のあたりをペロッて舐めたんです。


その瞬間、ぞくぞくってして
体に電流みたいなのが流れました。
その頃はオナニーしたこともなかったので、
私にとってはすごい衝撃でした。

それから毎日のように、
私は親に隠れてケントを自分の部屋に入れて、
体を舐めてもらうようになったんです。

最初の頃は恥ずかしかったので
パンティーを履いたままでした。
パンティーのアソコの部分に
牛乳を垂らしてあげると、
ケントは喜んで舐めてくれます。


それがいつからか直接舐めてもらうようになりケントのザラザラした舌で
乳首とかクリトリスを舐められると、体がビクビクッてするようになっていました。
初めて私にイクッてことを教えてくれたのもケントなんです。
ここからが本題なんですが、夏休み中のある日のことです。
私は大喧嘩して彼と別れました。
原因は彼の浮気で、それも私の親友と寝たんです。
その日は一日中頭にきていて、夜中になっても寝ることができませんでした。
それで、部屋にケントを入れて、愚痴を聞いてもらっていたんです。
そうしたら、気分が少し良くなってきて、愚痴を言っているのもバカらしくなってきました。


それで、ケントを見ているうちにちょっとHな気分になって、オナニーをして気分転換しようって思ったんです。
部屋に鍵をかけたあと、いつもみたいに素っ裸になってベッドに浅く腰掛けました。
私が足を開くとケントが足の間に入ってきます。
いつもしているのでケントも分かっていて、いまでは牛乳なんか垂らさなくてもいつまでも舐めてくれます。
「あっ・・、ああっ・・・」ケントのザラザラした舌で舐められて、私はどんどん気持ちよくなりました。
腰がクネクネ動いて、無意識に声が出てきちゃいます。
アソコからイヤらしい液が溢れてくるとケントはそれを舐めとろうとしてよけいにベロベロと舐めてくれます。
でも、その日は嫌なことがあったせいか、なかなかイクことができませんでした。
おまけに、ずっと舐められていたせいか挿れて欲しくてたまらなくなってしまったんです。


気がついたときには、私はケントの下にもぐり込んで、ペニスをペロペロ舐め回していました。
いつも彼にしてあげてたみたいに、舌の先でチロチロしたり、パクッてくわえてチューチュー吸ったりしてあげました。
そしたら、ペニスの先から透明な液体がポタポタ垂れ始めたんです。
私はすぐにベッドに寝て、ケントの前脚をベッドの上に引き上げました。
ちょうど正常位の格好で、アソコのすぐ先でケントの真っ赤なペニスが揺れています。
でも、あと一歩前進すればすぐに挿入できるのに、ケントはジッとしたままです。
私はケントを引き寄せて、ペニスに手を添えて自分の中に導きました。


「あぁっ!!!」ケントのペニスが奥深くまで入ってくると、
私は欲しかった物をようやく貰えたという感じで大きな声を出してしまいました。
おまけに、彼のよりも太くて長いみたいです。
私が腰を前後に動かすと、いきなりケントがピストンを始めました。
「んんっ、あっ、ああぁっっっ!!!!」ケントのピストンはすっごく激しくて、
結合部からビチャビチャという音が聞こえてくるほどでした。


私はどんどん気持ちよくなっていって、アソコからドプッドプッて愛液が噴き出していきます。
「あんっ、ダメエッ!!、イクッ、イッちゃうよぉーーー!!」
我慢していたものを一気に吐き出すように、私は簡単にイッてしまいました。
体がビクビクッてして、腰がブルブル震えています。
私はシーツをギュッとつかんで、口を大きく開けてハアハアと息をしていました。
「あっ・・・」私がイッたすぐ後で、ケントの動きが止まって温かいものが流れ込んできました。


私の中でケントのペニスがビクって震えるたびに、膣の奥に勢いよく液体がぶつかってきます。
妊娠するわけでもないし、体を動かすのがかったるかったので、私はケントの精液を受け止め
てあげることにしました。
ところが、ケントの射精はなかなか終わりませんでした。
彼だったらピュピュッて出した後、ペニスを引き抜いて終わりです。
でも、ケントは腰をグイグイ押しつけながら、ずっと射精してるんです。
アソコの中が精液でいっぱいになって、子宮の中にまで流れ込んできます。
結局、ケントは5分くらいずっと射精していました。


ついにやってしまった、という感じです。これを書いていて恥ずかしくなってしまいました。
と言いながらも、実は今でもケントとしています。夏休みの間、毎日のようにしていたせいで、
ケントもすっかりテクニシャンになってくれました (^^;)。
もうちょっと聞いて欲しいことがあるのですが、長くなってしまったのでまた今度お願いします。



オナニー | 【2019-12-28(Sat) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*