FC2ブログ

淫乱な初体験(2)

その後、「一緒にお風呂入ろうか」と風呂場に連れて行かれた。
シャツを脱がされ全裸にされると、浴室に入った。
浴槽にお湯が溜まるまで、シャワーで体を洗われた。
お湯が溜まると一緒入った。後ろからおじさんに抱かれたままで
お尻にはおじさん勃起したペニスが挟まれていた。
抱かれたまま僕の体や股間を手で撫で回していた。

しばらく抱かれたままでいたら、緊張が解けてきたのか
オシッコしたくなり、オシッコで出そうだからトイレに行きたいと
お願いした。
すると、僕を湯船から出して立たせた。そして「ここでしなさい」と
言われた。我慢でいなくなり、後ろを向いて出そうとしたら、
無理やり前を向かされた。お尻を握りおじさんの顔にチンコを
突き出す姿勢にされ、チンコを口に含まれた。

口の中でクチュクチュとしゃぶられると、我慢できずにオシッコが出始めた。
おじさんは、口からこぼしながら飲み始めた
。オシッコは止まらずそのまま全部飲まれてしまった。
終わったあとチンコを口から出すと、指でチンコを撫でながら美味しかったぞと
いった。「ゆういち君のおチンチンはほんとに綺麗で可愛いね」としばらく眺めていた。
そして後ろを向いて、お尻を突き出すように言われ、その通りにした。
股の後ろから金玉とチンコを揉まれたあと、両手でお尻を開き
顔を埋めて穴を舐められた。さんざん舐めたあと前を向かされ
またチンコを舐めてから、おじさんは浴槽から出た。
「今度は君がしゃぶるんだ」と勃起したペニスを顔に近づけてきた。
躊躇してたら、髪の毛をつかまれ無理やり口に押し込まれた。
さあ、と促され舐め始めると「そうだ歯を立てずにしゃぶるんだ」と
いった。しばらく舐めていると口に出され、吐き出してしまった。
「飲まないと、だめじゃないか」と怒られ、泣きそうになった。
すると、「まあいい、口ゆすいでいいよ」と優しく言ってくれた。


お風呂から出ると体を拭かれ、全裸のまま抱きかかえて、ベッドに寝かされた。
デジカメを持ってきて、体中の写真を撮られた。
写真を撮り終えると、おじさんに抱かれ、体中を愛撫され舐めまわされた。
勃起しないチンコを執拗にしゃぶられているうちに眠くなり、寝てしまった。
目が覚めると部屋は暗く夜になっていた。
ふと下半身を見ると、おじさんは僕の股間に顔を埋めたまま寝ていた。
しばらくそのままでいた。起き上がろうとしたら、おじさんも目を覚ました。

おじさんは僕を抱きしめ、「遅くなっちゃったね」といった。
そして服を着させてくれ部屋を出た。車で駅まで送ってくれた。



アナル・SM・アブノーマル | 【2020-07-06(Mon) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

淫乱な初体験(1)

古いマンションの部屋に連れて行かれると、一人の男ソファーに座っていた。
ガウンを着たおじさんだった。
一緒に来た男は、待っていた男から金を貰うと出て行った。
おじさんと二人にだけになり、緊張していた。

おじさんは、僕を見ると「可愛い子だね」といいほくそ笑み、横に座るようにいった。
僕の手を握ると、名前と学年を聞いてきた。
「2年でゆういちです。」と答えると、「ゆういち君か、いい名前だ。」といった。
僕の髪の毛を撫でながら、「中2ならチンポの毛生えてるかな」といった。
恥ずかしくうつむいていた。
「恥ずかしいか、まあいい、あとでちゃんと見せて貰うからね」とういと、肩を抱かれ顔を近づけてきた。
顔をそむけると、ほっぺたを摘まれ、無理やりキスをしてた。
口の中で舌をからませられて、気持ち悪かった。
キスをしながら、おじさんの手は、制服のボタンを外し始めた。
体を押さえられて動けなかった。
上着を脱がし終わると、手はズボンのファスナーを下げようとした。

僕が必死に抵抗すると、「ダメだよ、おとなしくしてないと」といい、ガウンの帯をほどくき、
両手首を頭の上で縛って、ソファーに寝かされた。
おじさんは、「いうこと聞かないからだよ。」といいながら、ズボンを脱がし始めた。
脱がし終わると、キスをしながら片手をブリーフに入れ、チンコを握った。

「おチンチン小さくなってるね、怖がらなくていいんだよ」といった。恥ずかしがっている表情を
楽しむように、チンコを触っていた。
「じゃあ、ゆういち君のおチンチンを見せてもらおうかな」というと、股間に顔を近づけて
ブリーフを膝まで下げられ、おじさんの前にチンコが晒された。

「おうおう、可愛いおチンチンだ。産毛のようなチン毛で、サイズはまだ子供かな」といった。
ブリーフを完全に脱がされ、股を広げるようにいわれ、片足をソファーの背もたれに
載せられた。おじさんは股間に顔を近づけ、太ももを撫でながらチンコ摘み視姦していた。
腰を持ち上げ、お尻も見られた。
そして、「ほんとに、綺麗だ。玉袋もすべすべしてるし、綺麗なお尻だ。穴はピンクのつぼみだ」

おじさんは太ももを両手で掴むと、さらに股を広げた。「すぐに気持ちよくなるからね」と
いい、縮んだチンコを金玉ごと口に入れ、全体を激しく舐めまわしたあと、
ペニスだけを口に含み、先端の皮をチロチロ舐めながら次第に全体を口に含んだ。
クチュクチュした音を立て、唾液の溜まった口の中で上下左右に弄ばれた。
そして舌先を使って、包茎の皮を剥かれた。
しびれるような快感と痛さが同時に襲ってきて、声をあげた。
すると舌はゆっくりとした動きになり、敏感な先端に舌を絡め、舐めまわしはじめた。
だんだんと痛さから快感のほうが増してきて、勃起すると舌の動きは激しくなり、
とうとう口の中で射精してしまった。

射精したあとも、しばらく口の中でしゃぶっていた。僕はぼんやり天井を
見ていた。やっと口から出すと、おいしかったよ、といい3本の指で唾液で
ベトベトになったチンコを上下に撫でていた。



アナル・SM・アブノーマル | 【2020-07-06(Mon) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

淫乱おばさん

私は処女を捨てたのが25才と遅くて、それまでは興味はありましたが、中々
手が出せなくて。
一度経験してしまうと病み付きになって、もうSEXなしでは生きられないほ
どでした。どんどんエスカレートしてくると、今度はマニアックな方へと進む
ようになり、SMやレズにはまったこともあります。
そんな私が今はまっているのは露出です。前に付き合っていた彼がそういうの
が好きで会うときはいつも外とかトイレでSEXしました。別れてからも露出
の味が忘れられなくて、今でも深夜に一人で住宅街を裸で散歩したり、レズ友
達と二人(もしくは三人)で一緒にプレイすることもあります。
最近はもう30代後半に入ったこともあり、昔の体型をキープできなくなって
いますが、この格好で露出度の高い服装とか着ると、逆にかなりいやらしい感
じで気に入ってます。
先日も某チェーンの洋服屋(シマ○ラ)へかなり露出度の高い服で行ってきま
した。寒いので厚手のハーフコートを羽織っていますが、下は透けない程度の
薄手のキャミをNBで着て、股下2センチのマイクロタイトミニを履いて、下
着は一応極小Tバックを履きました。履いてても意味がないくらい小さいです
が。
店内に入り、コートを脱ぐと近くのおじさんたちが舐めるように私を見てきま
す。(奥さんに怒られますよ)
私がミニスカートとミニワンピを持って試着室へ行くと、近くまではきません
がおじ様達が遠めに更衣室を見ていました。
ご存知かもしれませんが、あそこの更衣室はアレですから、しゃがむと下から
見えてしまうんですね。
私は更衣室に入ると、服を全部脱いで全裸になりました。
顔は見えているのに体だけ見えない状態ですから結構興奮します。周りを見る
と・・・やっぱり見てる見てる。
軽くアソコに手をやるとじっとりと湿っていました。それをウェットティッシ
ュで拭き取って、裸のままそこにしゃがみました。一応お尻を向けてしゃがん
だので、見えているのはお尻だけですが、おじ様達には刺激が強すぎたかし
ら。
あまりやってると店員さんに気づかれてしまうので、早々に更衣室を出て服を
買って店を後にしました。
すぐに着てみたくなって車の中でさっき買ったミニワンピに着替えて、今度は
駅の方に向かいました。
着ているミニワンピは白くて結構透けてしまうので、駅前では割りと人が居
て、コートを脱ぐまではできませんでした。
仕方なくコートを着たまま駅前をウロチョロしてみてから、飲食店舗が4つく
らい入っている駅に近いビルに入りました。喉が渇いたので喫茶店に入ったら
お客は少なくて数えるほどでした。どこでもどうぞと店員さんが言うので、私
は一人できている男性の少し離れた対面に座りました。
その男性は20代前半くらいで本を読んでいたのですが、私のミニに気づいた
みたいでチラチラと見てきます。店員さんもいるのでコートは脱げませんでし
たが、ちょっとずつ股を開いて見せてあげました。
その男の子は私が視線を外に向けると食い入るように凝視してきます。ガラス
にはその姿がしっかり映っているので、なんだか微笑ましくなりました。
サービスサービスって思って更に足を開いてよく見えるようにしてあげまし
た。
たっぷり見られて私も興奮がどんどん高まってきます。私はおもむろに立ち上
がって椅子に置いたかばんを見る振りをしながらお尻を突き出して見せてあげ
ました。振り返るとあわてて視線を外してきましたが、少しだけ目があった時
に、少し笑いかけてゆっくりとトイレに向かいました。行ってみると個室ひと
つで男女兼用の小さなトイレでした。洗面室から鍵がかけられて、洗面台と男
性の小用便器の奥に大便器がある形のトイレです。
メッセージが伝われば彼はこっちにくるはずです。私は洗面室に入り鍵はかけ
ずにコートを脱ぎました。脱いだコートは大便器の蓋を閉めた上に置きまし
た。鏡に自分の姿を映すと硬くなった乳首がはっきりとわかるくらい透けてい
ます。ドキドキしながらミニの裾をたくし上げたら、伺うようにトイレの扉が
小さく開きました。私は気づかない振りで裾を捲り上げたまま、片手を下着の
上からアソコに這わせました。彼はゆっくりと洗面室に入ってきて、鏡の中に
移りました。そして何もいわず腰をなでてきました。



アナル・SM・アブノーマル | 【2020-07-05(Sun) 21:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

淫乱あやのを押し倒して

激しく抱いて…
ちゅ…

ちゅっ
(髪や耳、首筋を撫でながら)

はぁ…
(舌を絡めて)
(押し倒されるのを待ってる…)

(あやのベッドに押し倒し、弾みでぷるんと大胆に揺れる乳房を鷲掴みにし)
敏感なんだ?乳首、もう膨れてきてるよ?
(乳房をきゅうっと掴み、先端を強調させ乳首にフゥっと息を吹きかける)
んっ…今日はどうやっておっぱい虐めて欲しいの?
(ふんわりとした柔肌に軽くキスを落とし、赤い舌先を出すと先端に触れるか触れないかの位置でチロチロと動かす)

(押し倒されると同時に乳房を激しく揉みしだかれて感じて)
ひぁっ!
おっぱい…すごく敏感です…
たくさん…舐めたり吸ったりしてください…
舌で乳首をいっぱいいじめて…
(快感で体はいやらしく弓なりになって)

あやの感じてイキまくってるとこ、いっぱい見せろよ
んぅ、ちゅる…れろっ…
(熱く滑った舌をしっとりと汗ばんだ乳房に幾重にも這わせ)
(豊かな感触を顔を押し付け味わいながら唾液にまみれた頂を鼻先で刺激し)
んっ…はむっ…ぢゅる、ぢゅるる…
(あやのの表情を上目で窺いながら乳首を唇で包み込み乳輪に添い舌先をくるくると動かす)

いっぱい乱れさせてぇ…
あううっ!ひ…あぅ!
諒さんっ、すごくいいよお…
やめないで、もっともっと激しくして…
(乳首への刺激がとてもよくて、恥ずかしい声が出て)
うぅ!ああ…もっと、もっとしてください…

そろそろ下も可愛がってやるか
(内ももやお尻に手を這わせる愛撫する。優しく手を滑らせて)
我慢できないの?
ふふ、随分はしたなくて欲張りなおまんこだね
中でひくひく痙攣させながら、はしたない汁溢れさせてるんじゃないの
じゃあ愛液たっぷり指で掬ったら、陰唇拡げて秘肉に塗り拡げてやるよ
(お尻の方から恥丘にかけて、ゆっくり塗り拡げる)

(激しく責められ、おまんこはしっとりして)
(恥ずかしい声はもう止めようもなく漏れ)
我慢できません…
もうこんなに濡れてます…
おっぱいもおまんこも激しく虐めてぇっ…

次はクリを虐めてやるよ
クリの皮を中指と親指で摘まんで、男がおちんちん扱くみたいに扱ってやるよ
・・・ふふ、通称 「クリチンポ」 だ
逝きそうで、でも逝けなくて、勝手に腰が動いてしまうくらい気持ちいいらしいぞ

そんな、っ!
(言われたそのままにすごく気持ちよくて)
(もうだめ、腰が勝手に動いちゃう!)
あっ!ひあっ!………………!!
や、こんな恥ずかしいの!
諒さんっ…あ!!
こんなのいやっ!でもやめないでぇ!
うぅ!ひああ!もっとしてくださいっ!

そろそろ、入れるぞ……
(ゆっくりと焦らすように、膣肉を掻き分けるように)
(ガチガチのペニスを挿入していく)
あやのの中、熱くてぬるぬるでいっぱい絡み付いてきて…
気持ちいい……ほら、動きぞ…
(後ろから胸を撫で回し、両方の乳首を転がしながら)
(腰を激しく前後に動かし始め、固いペニスを出し入れしていく)
奥、突いてるぞ…
気持ちいいか…?
(パンッパンッといやらしい音を響かせて、子宮口を突きまくりながら)
(片手の指でクリを捏ね回して)

はあうっ!
(おちんちんが入ってくるのを感じて)
うぅ!ああ!
はぁっ…あうっ!
いいよぉっ!すごい激しくて気持ちいい!
いっぱい突いて!犯してくださいっ!
こんな激しいの…初めてなのっ!
(濡れてグチュグチュいってる)

うぅっ…!
そんないやらしく腰振って……エッチなんだな?
…さ、お望み通り、もっとしてやるよ!
(相手の腰の動きに合わせて、腰をピストンさせ)
(子宮口を抉るようにペニスを奥までねじ込み、膣内を掻き回す)
そろそろ出ちゃいそうだ
どこに出そうか…?
(どんどんピストンを大きく激しくしていき)
(後ろから耳や首筋にキスをしながら、囁いて)

勝手に腰が動いちゃうのっ!
イクよっ!イッちゃう!
中に出して、お願い!ああ!
いいのっ!激しくていいよぉ!
イクっ!
ああうっ!!

それじゃこのまま…イッちゃうぞ!
(射精に向かって、一心不乱にガクガクと腰を振っていき)
ほら、出すぞっ……うううっ…!!
(乳首をつねり、クリも押し潰してしまいながら)
(ドクンッドクンッと濃厚なザーメンを子宮口へと大量に放っていく)

中で出してくれて嬉しい…
(膣で射精の余韻を感じ)
(絶頂を迎えた体は火照ったまま)
(はあはあと荒い息だけになり)



アナル・SM・アブノーマル | 【2020-07-05(Sun) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

一番大切な人2

呼び方を大矢君に変えます
大矢君とはもう10年のお付き合いですが、独占欲が強いのか
今でも、私が夫とセックスしないようにと貞操帯をつけさせます
お尻をなでられるだけで、ばれてしまいます
最初は時々だったのですが、今頃はほとんど毎日つけさせられています
張り型付きの革製の貞操帯です
貞操帯をはずすのは彼とセックスする時です
はずす前に必ずおおきく開脚させて、横から指を入れたりバイブレーターで刺激します
最近はどうしても夫の前で「お前が貞操帯をつけて感じるところを見たいと言うようになりました
夫は健康食品に限らず、夫の客以外の来客時には出てきません
土曜日の夕方なら夫がいるので、その時に来たいと言いってやってきました
夫は二階にいるのですが、二階から下りてくると音でわかるので、大矢君は大胆にも玄関で私をいじめます
玄関で説明しているかのように大きめの声で話していますが、私はM字開脚して貞操帯をはずしてもらいます
そして、いままでにもしたことがないようなことをしました
私の小陰唇に洗濯バサミを挟んで、唇を重ねてきます
彼の指示通りに私はすっぴんの状態です。何故そういったのかが分かりました。
口紅がつかないようにです
舌を差し入れてきて全く別の生き物が動いているかのようです
夏のことで、カットソーに薄着を来ていたのですが、まくりあげて胸を揉んできます
これ以上になったら、隠しようがないと思って彼を静止しますが、「ばれたら俺のものになれ、好きだ!」
そう言ってやめてくれません
私はその言葉で頭が熱くなってしまって思考能力0です
ラブジュースが床に落ちていないかと思うくらいに濡れているのがわかります
小陰唇の洗濯バサミの痛みさえもが幸せでした
もう彼からは離れなくなってしまいました
離婚はしていませんが、今は彼と一緒いに健康食品を販売しています
お年寄りの前で股を開いて、慰めてあげるとたいていのおじいちゃんは何十万円分もの健康食品を買ってくれます
彼が喜んでくれるのが私の報酬です。
いつかは一緒に素敵な喫茶店を開店させて、のんびり老後を過ごしたいねって言っています



アナル・SM・アブノーマル | 【2020-07-01(Wed) 07:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*