FC2ブログ

一恵さんと僕(3)

一恵さんと初体験を済ませた僕はもう、サカリのついたサルのようだった。
またお互いに洗っているうちにすぐに元気になり、僕は無理矢理入れようとした。
一恵さんは「すごい元気だねー、次はあきらが上になってよ。」と耳元でささやいた。
僕も異存はないので、二人で僕のベッドへ。
僕の布団に横たわった一恵さんの裸体は、まるで美術館の絵のようだった。
『このヒトで男になったんだー』と思うと幸運な僕は感激だった。

「それ、すごく大きくて良かったよ。」と一恵さんが僕のを指さす。
「今度はあきらから来てね。」というと一恵さんは手を広げて僕を誘った。
僕は一恵さんと唇をあわせお互いに吸い付いて長い深いキスをした。
それから耳たぶから順番に一恵さんを愛撫。
大きなプリプリの乳房を十分堪能したあと脇の下からくびれたウエストへ。
そして内股を通ってから一恵さんの中心へ。
一恵さんは足を少し開いて協力してくれた。

水着のためにきちんと整理された黒い茂みは谷間の上だけになっていた。
その下にピンクの谷間。ここを味わった男は僕で何人目なのか?
(あとで聞いたら、僕が3人目だったそうで、年の割にはあまり経験はなかったそうです)
そこを改めてじっくりと鑑賞。『僕は今日これで男になったんだなー』と感動した。
ビデオで見たようにそこに舌をあてがう。
「あん、」とかわいい声がした。

『これが蕾かな?』というところで舌先を転がす。「あん、あん」と声がする。
そことお尻の菊模様との間に谷間が広がり指で開くとピンクの深いヒダの重なりがあった。
そこに指をそっと入れてみた。「ううんー」と声があがる。
穴と言うよりも深いヒダが集まっているような感じだった。
『このナカに僕のを入れると、僕の手よりも気持ちがいいんだなー』と不思議だった。

それを見ているうちにもう一度入れたくなった。
僕はベッドの上に乗り一恵さんにまたがった。
「入れるね。」というと「来て!」と手を広げて誘った。
僕は一恵さんの足の間に体を入れ、膝を立てた。
一恵さんの両側に手をついて、一恵さんの中心に僕の中心をあわせる。
もう場所を迷う事はなかった。

一恵さんは目をつぶっていた。「一恵さん」と僕は呼んだ。
一恵さんは目を開けた。そして「呼び捨てでいいよ。」と言った。
二人で目をあわせた。「一恵!」僕は初めて一恵さんを呼び捨てにした。
「うん。」「行くよ。」「うん。」
僕はゆっくりと硬くなった自分を一恵の中に落としていった。
一恵のナカは温かく、ねっとりと僕を包み込んでとろけるようだった。

全部が収まると僕は肘で体を支え、一恵と唇をあわせた。
一恵の口の中に僕の舌を押し込み一恵の口の中を味わった。
弾力のある一恵の胸が僕の胸と合わさり、気持ちよかった。
上の唇と下の唇、両方で一恵の中を味わっていた。

唇が疲れたので顔を離す。
一恵がうつろな目で僕を見た。乱れた髪が女の色気を感じさせた。
丸い肩と窪んだ鎖骨のラインがなまめかしかった。
豊かな胸は仰向けでも形は崩れずツンと上を向いていた。
細いウエストの中心には小さなへそがついている。
さらに下を見ると、お互いの黒い茂みが重なりあってつながっている。
『僕は今、一恵を征服しているんだ!』という感覚があった。

僕は一恵の上で肘で体重を支えて前後運動を開始した。
それは誰に教えられた訳でもないが、本能で自然にそうする事ができた。
一恵の顔が快感で歪み胸がプルプルと揺れた。
僕の動きにあわせて一恵が揺れて顔を左右に振って快感に耐えていた。
僕を包み込んでいる一恵のナカは動きにあわせて収縮し、僕を締め付けた。

もう3回目なのでもう少し耐えられるかとも思ったが、運動をしているとやっぱり持たない。
2?3分も動いてないと思うのにもう快感が弾けて、動けなくなってきた。
僕は大きな声で「一恵!」と呼んだ。
目を閉じて快感に集中していた一恵が僕を見て「来て!」と呼んだ。
僕は自分の中心を一恵の中心にぎゅっと押し込んだ。
体を支えていられなくなり、一恵の上に体を預けると頭をぎゅっと抱いた。
一恵は自分の足をあげて僕の足の後ろに回し、手は僕の背中をぎゅっと抱き締めた。
二人密着した体制で僕は絶頂に達して、一恵の中に3度目の放出をくり返した。

結局その晩は、朝方に疲れ果てて眠るまで何度も交わった。
それからしばらくは二人で毎日のように何度も愛しあった。
一恵は僕に新しい性の世界を教えてくれた。そちらの面でも後輩だった僕だが、
すぐに立派なベテランになり、お互いにすばらしい体験を続ける事ができた。
二人は趣味嗜好や性格だけでなく、体の面でも相性ばっちりだった。

しばらくつき合ったあと、それなりにいさかいもあり、しばらく疎遠になったこともあったが、
結局またヨリを戻したりという関係が続いた。
やっぱり、お互いにもっと良い相手が見つからなかったのだ。
こうして5年後。
僕が就職して仕事も落ち着いてから結婚した。
それからさらに5年。
二人の子供も生まれて一恵も30になったが、まだまだ年の割には美しい。
さすがに胸のハリは昔のようには行かないが、大きく崩れる事はなかった。
あそこの相性も抜群のまま。
まだまだ特に都合が悪く無い限りは毎日のように愛しあっている。



社内恋愛・上司部下 | 【2020-06-27(Sat) 07:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

一つ年下の彼氏いる女の子

俺が高校2年の時の話です。
一つ年下に、仲のいい女の子がいた。

スペック:

名前:仮名でさおりとします
身長:156くらい
顔:そんなに可愛くはない、お世辞ならギリギリで可愛いっていえるレベル
胸:Cカップくらい。身長の割に大きい

中学時代に経験済みらしい。

その子は同じ学年に彼氏いたんだけど、色々あって俺の家に来ることになった。
仲いいって言ってもその頃はメールしかしたことなくて、そのとき始めて声聞いたような気がする。
最初はお互い緊張してたけど、さおりが眠いとか言って俺のベッドで布団被って寝始めたの。
俺童貞。キスとかおっぱい触るくらいはしたことあったけど、チンコ触られたこととかはなかった。

「何これ・・・誘ってんのか」

と思いながらも手が出ず、時ばかりが過ぎる。
5分くらいした時かな?

俺「さおり?」
女「(布団から顔だす)」
俺「俺も一緒に寝ていい?」
女「ダメって言っても先輩ならやりますよね?」

この時点でキタ!!と思い、ベッドに滑り込む。
女の子と添い寝なんて久しぶりでメッチャドキドキして、もうそれだけで満足だった。
さおりは顔向こうに向けてたけど、俺が抱きついたり足絡めたりして。

そんな時、おっぱいに手が当たった。

嫌がる様子無し。

俺「おっ、いいもん見っけ♪(ドキドキ)」
女「やぁっ、くすぐったい・・・」
俺「えっ 何?」
女「なんでもないっ」

それからしばらく揉んでたけど、AVと違って全く無反応でちょっと冷めたの覚えてる。別にチンコも立たなかった。後で聞いたところによると、気持ちよくて恥ずかしかったからとのこと。
ブラしてるとおっぱいって結構固いんだな・・・と思って、

「ちょっと上脱いで」

って言ったら、素直に制服脱いでブラウス一枚になってくれた。
俺にはその頃、ずっと思い描いていた夢があった。
それは、制服のブレザーの上から、セーターの上から、ブラウスの上から、Tシャツの上から、それぞれおっぱいを揉むことだった。
で、「今までずっと描いていた夢を達成すつチャンスだ!!」と思い、
まずはブラウスの上から。
無反応。感触もなんか夢見てたのと違う。
Tシャツでも同じ。
やっぱ生がいい!!と思った俺は、

俺「これ取ってくんない?」
女「・・・自分でやってください」

顔真っ赤にして、そっぽ向いて恥ずかしそうに言うさおりテラカワユス。遠慮なく外す。
ブラ外すとか初めてだったけど、外側向いて寝てたおかげで背中のホックを簡単に外すことができた。

初めて揉む生おっぱい。

(やわらけぇ・・・しかも今まで触ったどのおっぱいより(二人だけだけど)でけぇ・・・)

この日の為に、中学時代にふたりエッチとかで仕入れた知識をフルに使っておっぱいを揉む。

しかし反応なし。

けど乳首を摘むと体全体にグ?っと力が入る。
でも俺は女の子の喘ぎ声が大好きだったので、このあたりで飽きが来た。

俺「・・・もういいや、ありがと」

そのとき、急にさおりが俺のチンコに手を伸ばした。

俺「ちょっ・・・あっっ・・・・・・・」
女「あれぇ?どうしたんですか先輩?」

ズボンの上から優しくいやらしくさする。
俺は元々体のどこ触られても声出しちゃうほど敏感。超敏感男。

俺「んっ・・・・ちょっ、はぁっ、無理」
女「先輩、声エロぉい♪」
俺「ダメっ、俺敏感で、」
女「ちょっとぉ痙攣しすぎー♪」

ビクビクと感じる俺。ダメだ。気持ちよすぎる。
こんなにSだったのかさおり。
そしてこんなにMだったのか俺。

邪魔だから脱いでと言われたので、先ほどのさおりと同じく「自分で脱がしてよ」と。
ベルトをカチャカチャと外して、ズボンを下ろす。すると我慢汁のせいで俺の水色のパンツに大きなシミが・・・

女「こんなんなってるぅ・・・濡れすぎじゃないですかぁ??」
俺「・・・・・・・・。」

俺は頭にふとん被ったまま。
ズボン下ろして手コキを始めるさおり。気持ちいい。同じ手でも、オナニーとはこれほどまでに違うものなのか。

俺「はっっ・・・・そんなことしたら出ちゃうって・・・」
女「いいの♪出して出して!!」

しばらく快楽に身を任せる俺。しばらくして段々と射精感がこみあげてくる。

女「どうしたんですか?なんか凄い動いてるけど(ニヤニヤ」
俺「そろそろヤバいかも・・・・」
女「ふふっ」

スピードを早くするさおり。俺の顔は真っ暗な布団の中。

俺「・・・さおり」
女「はい?」
俺「・・・・・・出る・・・もう・・・・・」
女「えっ・・・・どうすれば・・・・・・」

もうダメ。もう遅い。無理。

俺「わかんない、出る、出るっ、出るっっ!!!」

物凄い快感が頭を貫いた。ほんとに文字通り電撃が走るような絶頂は初めてだった。
ふとん被ってたから見えなかったけど、凄い量出てたと思う。

俺「うっ、あぁぁっ、はぁっっ」
女「ちょっとぉ、メッチャ出てるけど!!」

10秒くらい出てたと思う。布団上げて見てみると、さおりの右手が真っ白になってた。



社内恋愛・上司部下 | 【2020-06-26(Fri) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

慰安旅行

数年前の慰安旅行のときのお話です。
その年は、混浴で有名な温泉旅館に行きました。旅館に着いて宴会までの空
いた時間に各自温泉に浸かりのんびり過ごしました。
宴会が始まり、お酒の弱いあきは、なるべく断るようにしていたんですが・・・
そこは上司から注がれるお酒・・・なかなか断れず、飲み進めているうちにかな
り酔ってしまったようで、男性社員の膝を枕に寝てしまいました・・・。
目を覚ますと・・・男性社員の何人かがあきの顔を上から覗き込んでいました。
ビックリして身体を起こそうとしたら・・・動けないのです・・。
浴衣は着ていたのですが、右手と右足・左手と左足というふうに浴衣の紐で
縛られていました。もちろん下着は丸見えです。
「あきちゃん パンティーにシミができてるよぉ?」「なんかここんとこ筋
できてないか?」「なんかイヤラシイにおいもするなぁ」と・・イロイロな言
葉が飛び交っていました。
一人の社員がブラジャーのホックを外したと同時に 一斉にあきの身体を触
り始めたのです。「やめてぇ????」叫びたくっても 口にはタオルが入
れられていて 叫ぶこともできません。
そのうちに 下着もとられてしまい あきのおまんこは丸見えです。
「あきちゃん なんかピンクのコリコリしたものが顔出してるよ」「あきち
ゃんのおまんこ ビラビラすごくない?」「アナルまでヒクヒクしてるぞ」
そんなイヤラシイ言葉言われると・・・Mのあきは・・・「もっと・・・」と言ってし
まいそうになりました。
「あきちゃんのために こんなものもってきてあげたよ」一人の社員がバイ
ブを出して あきのおまんこに・・・「あ????もうだめぇ???」
バイブだけで 逝ってしまったのです・・・。
その後は 当然のように そこにいる社員のおちんぽを あきのおまんこに
代わる代わる入れられたのでした・・・。



社内恋愛・上司部下 | 【2020-06-24(Wed) 07:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

ワックス

中学2年の時の話。教室の掃除当番だった僕の班は男3人女4人で、僕と女子2人がワックスがけを担当になった。僕がワックスをバケツから床にまいていると、早苗が言った。『これってアレみたいだよねえ~』隣にいた由美は、『やめなよ、しっ!』と早苗を黙らせるように言った。その会話を聞いた僕は、えっ?どういうことだ?とモップをかけながら考えていると、女子2人の会話から、〝この前DVD見たのと一緒~〟や〝男の~〟や〝ぴゅ〟といった会話が洩れ聞こえ、僕の頭は妄想でいっぱいになった。よくよく考えても、話の内容を連想すると射精の事を言っているとしか思えない。僕は気になって掃除終わりの帰り道、家が近所の由美に聞いた。『ワックスの時の早苗が言ってたの何?』すると、『あたしからは言えない』と恥ずかしそうに即答され、『早苗に聞きなよ』と言われ、『今いないじゃん』と返すと、『後で家に遊びにくるよ』というので、直接聞くことにした。早苗が由美の家につくと、電話で呼び出された。幼稚園の時から由美の部屋に遊びに行ってるため、家に上がることは抵抗なかったが、エロい話を気のある早苗とすると思うとドキドキした。しばらくの沈黙の後、早苗が言った。『何を聞きたいんの?』僕は、ワックスの事。というと、早苗は爆笑し、由美は下を向いた。早苗は『精子みたいって言ったの。この前、博美と由美と3人で親の隠してるDVD見たんだけど、そん時と同じって・・』恥ずかしげもなく早苗は言い放ち、僕は恥ずかしくなった。すると、早苗は『広もやってる?』と聞いてきた。すかさず由美が『やめなよ、早苗』と止めに入ったが、僕が『何を?』と聞くと、『・・・オナ。広もワックスでる?』と言われた。照れ隠しにやや切れ気味に『何言ってんだよ』というと、『ねえ、男の事教えてよ』と頼まれた。『何を知りたいの?』と聞くと『いろいろ~』と由美も知りたいでしょ?という感じで早苗が言った。結局、その場はそれ以上の進展はなく、僕は習い事の時間だったので由美の家をでた。それから数日たって、早苗に呼ばれた。初めて早苗の家にいった。なぜ呼ばれたかと言うと、僕が早苗に気があることが友達を通じて知れたらしい。早苗のほうから、僕に遊びに来ない?とさそわれた。そして聞かれた。『最近うわさで聞いたんだけど・・・ ほんと?』僕はそこで告白した。付き合いだして2週間たった平日の午後、2回目となる早苗の部屋に行った。付き合って2週間といっても、その間メールの交換でたわいもない会話しかしてなかった。でも、その日はキスをした。早苗から、すりよってきてキスされた。僕の股間はこれまで経験したことのない勃起で、はちきれるかと思った。何度もキスを繰り返すうち、その股間に早苗の腕がふれた。それから早苗は意識的に股間を腕でさすってきた。『広、やばいことになってるよ・・・』。『・・・うん。』早苗は、ズボン越しに僕の股間に手をあてて言った。『広、してあげる。』え?と思ったが、そのままのなりゆきで、ズボンを脱がされオチンチンまる出しになってしまった。ショックだった。早苗は前の彼氏(先輩)とすでに経験済みだった。はじめてのフェラチオに1分ももたず、早苗の口に放出した。早苗の指示とおり、僕は指でクリトリスを刺激して、早苗もイカせた。

僕と早苗の関係は3ヶ月で終わった。付き合ってる時に真面目な由美も男の体に興味があることを聞いていた。高校生になってから、同じ高校で同じクラスになった由美と、それとない関係になった。下ネタで話すようにもなった。メールで、オナニーしたことも教えた。僕のちんこ画像も送ったりした。由美がオナニーしていることも教えてもらった。夏休み、僕の部屋に由美がきた。僕のを見てもらった。それを見て由美は間違いなく興奮してた。由美のマンコは見せてくれなかったが、僕のおちんちんを由美はものすごく見ていた。由美は、おちんちんを手で握り、上下に摩ったりもしたが、僕は由美のマンコに触らせてもらえなかった。射精の時は僕が自分でしごいた。ものすごい勢いで精子が飛んだ。由美はじっと見ていた。目をまるくして。ワックスではない、本物のほとばしりを目の前で初めて見た由美は、無言で、しばらく見つめたあと、テッシュできれいに拭いてくれた。僕のおへそ周りは、中学校の教室の床とは違い、べとべとになってしまった。



社内恋愛・上司部下 | 【2020-06-09(Tue) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

ワールドカップの観戦中の出来事 (親善試合)

最近の出来事になります。

妻・千夏33歳は、サッカー好きで地元Jリーグのサポーターでもあった。
 <妻のプロフィール>
  ・小さな工場の事務員。顔は童顔だが美人!色白肌に体毛は薄い(マン気は剃っています)
   身長161cm 体重50k? B88W62H93って所でムッチりボディだと思います。
   M系で、酒が入ると特にエッチ度が増します。(飲み会は注意が必要なんです)
   サッカー観戦中は夢中なので、多少の悪戯も気にする事はありません。
   (いつも自宅観戦中は後ろに回り、胸やマンコを触るのが日課です。夢中で見ていますが、濡れます)

5/30 ブルガリアとの親善試合。
その日、職場はサッカー好きが集まり親善試合の話で盛り上がっていました。
2つ年下の竹下は、根っからのサッカー好き!地元Jリーグのサポーターでもあり、妻とも面識が
あり一緒に自宅で観戦する事もしばしばでした。
「先輩!今日親善試合見ますよね。俺!遊びに行っても良いですか?」
「良いけど・・・」
「1人で見てるより、大勢の方が楽しいし・・・」
「そうだな!じゃ帰りに寄ってくれ」
「は~い」

就業時間を終えると、サッカー好きはいつもより帰宅が早く職場は静まり返っていました。
「先輩!遅くなってすいません。早く帰りましょう・・・」
「お~、じゃ帰るか」

私は竹下と一緒に電車に乗り自宅へ向かいました。(竹下のアパートも比較的近所なんです)
家に着くと、既に妻は帰宅していました。
「お帰り!早くしないと始まっちゃうよ」
「竹下も連れて来たんだけど・・」
「そうなの?じゃ盛り上がるね」
ホットパンツにTシャツ姿の妻は、既に観戦モード!竹下が来たので、急いでもう一人分の
食事の準備を始めていた。私は、2階の寝室に行き着替えをしました。
リビングに戻ると、既に食事の準備が整いソファーには竹下と妻が座っていました。
食事を手短に済ませると、サッカー開始の時間!
妻と竹下は、もう観戦に夢中だったので、私が片づけを済ませ酒とつまみをテーブルに運んだんです。
「あなた!ありがとう」
「先輩すいませんね!」
TVが一番良い体制で見れる長ソファーに妻と竹下が座り、その横の一人用の椅子に私が座る事に。
妻達の両手にはメガホン!(応援用グッツ)
開始早々、流れはブルガリア!2人は息を飲んで見入っていました。
そんな矢先、まさかのブルガリア先制!
「あぁ~嘘!!!!!」
「先制されたよ!ここから!」
まさかの展開に、空気が冷める。妻は不安そうに足を持ち上げ抱え込む体制になったんです。
前半終了!
「ここからっすね!責めてるんだけどなぁ」
「そうよ!後半にイケるわ!」
2人は酒をグイグイ飲んで景気づけをしていました。
そんな妻の姿をみると、ホットパンツ姿で抱え込んだ股からパンティが見えているんです。
しかも、薄々の透けるパンティだったので、色気ムンムン!
私の股間がムクムクと反応を始めていました。
隣の竹下には見えていないと思いますが、私はいつもの様に妻横に無理無理入り3人で並ぶ体制。
後半が開始し、2人は真剣な表情で試合に目を向けていた。
私は、妻の腰に手を回すとホットパンツの上からマンコの前をなぞる。
妻は、全く動じない感じだったが、ゆっくりと動かされる感触に明らかな反応を示し始めていました。
今度は、手前から妻の股間に手を伸ばしホットパンツの隙間から中に指をジワリジワリと入れて見ました。
クリトリスが反応し、ちょっともっこりと突き出た感じで、パンティも湿りっ気がおびはじめていたんです。
妻は、体を私に寄り添う様にし、肩に頭を乗せて来ました。
試合も中盤、妻は私の耳元で”ハァハァ”と息を荒らしています。
そんな状態でも試合には反応を示し、”あ~・・・えぇ~”と声を荒げる時も・・・。
後半25分!その時が来ました。
「ゴール!!!!!」
「えっ・・・オウンゴール?????」
茫然とする2人!竹下が一瞬妻の足元を見て、私に触られている事に気づいたんです。
(今までも、何度かエッチな事をしている時に見られた事があったんですが・・・)
その後、押せ押せムードで日本の攻撃が続くも、決定打が出ません。
妻の股間はすっかり濡れ、ホットパンツまで濡れる勢いです。
私は妻の股間から手を離し、一時休戦!押す日本の攻撃に意識を集中させ始めていました。
そんな中、妻の”ハァハァ”する息遣いが・・・。
”妻は、何に興奮しているんだ!試合?余韻?”初めは気のかと思っていたんですが、
明らかに息の乱れ具合が激しくなっていました。
ふと妻の股の辺りを見て驚きです。竹下が手を伸ばし、妻のホットパンツの隙間に指を入れていたんです。
指先がクイクイ動き、穴の中に入っている事は間違いなさそうです。
妻は、私に触られているものだと思っているんでしょう!
初めて感じる!嫉妬?興奮?私は竹下の様子を伺う事にしたんです。
竹下は、器用に何本かの指を穴に入れ、そして親指でクリトリスを刺激している様でした。
思わず目線が妻の股下に集中し、顔を見上げた瞬間!竹下と目が合ったんです。
×が悪い表情で、竹下が頭を下げ片手を拝む形に・・・。
私は、目を瞑り”いいよ”と言うかのようにコクリと首を縦に振ったんです。
それから10分位の間、竹下は妻のマンコを弄り堪能していました。

試合も終わり、帰ろうとする竹下が
「先輩!すいませんでした。外で殴って下さい」
「いいよ!俺が悪戯している所、見たんだろ」
「え~、凄く興奮しちゃって・・・」
「普通だよ。俺も実は興奮していたんだ!気にするな!」
「本当ですか!」
「今度のワールドカップ予選楽しみだな!また一緒に見ようか」
「はい!是非」
彼は安心した表情と、期待する様な感じで口笛を吹きながらアパートに向かって行きました。
その後、私は妻と一緒に風呂に入り、風呂とベットで妻と戯れたんです。

そして6/4を迎える事に・・・。



社内恋愛・上司部下 | 【2020-06-08(Mon) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*