FC2ブログ

淫乱人妻の他人棒ブログ 1

ブログより(転載本人了解済)


今日は、ネットで知り合った

私の1つ年上だけど主人よりは

10歳も若い男性と朝から

浮気えっちフルコースでした。


メールでの約束通り

ノーパンでA羽で待ち合わせて

満員電車で触られながらI袋駅へ

途中気づいた隣のおじさんにまで

太ももからお尻まで触られながら

おじさんにもノーパンがばれないかと

・・・ドキドキw


I袋駅につくとSシャイン方向へ

すこし裏の道をおっぱいとお尻を

触られながら向かいましたw


Sシャインの展望台までの間に

触られてどれくらい濡れてるか

展望台で確認される予定だったけど

修学旅行かな?中学生の集団がいたので

展望台は中止・・・^^;


Sシャイン近くのプリンスH横の公園で

ぬれ具合確認されちゃいましたw

そして、お兄さんのがどのくらい

硬く大きくなってるかも・・・

硬くなったのズボンから取り出して

私の手に直接握らせて確認させてくれた^^;

あんなにエッチな状態になってる男性の物

外の朝の光の中で見たの初めてでしたw


その上、お兄さんってば、私に握らせて

しごかせながら、ご主人に比べてどう?

太さは?長さは?硬さは?って聞いてくる

・・・はっきり言ってどれもお兄さんの勝ちw


答えるたびに、これからご主人より太い

このチンポがおまんこを押し広げながら

入ってくるんだよ?とか・・・

乳首の先を刺激しながら

ご主人より長いこのチンポでご主人のチンポじゃ

届かないところをたっぷり突き上げてあげるからとか

ご主人より硬いチンポを味わって

たっぷり気持ちよくなろうね?とか


そんな言葉責めだけですごく興奮しちゃって

それでも十分えっちだったのに

ほら、これからご主人にされたことないくらい

愛子を気持ち良くするチンポに挨拶してって

その場でFさせられて、いままで経験無いくらい

濡れちゃって・・・

そのあとお兄さんにまた指で、お兄さんも

驚くくらいとろとろになってたみたいで


知らない男のチンポしゃぶって

こんなにぬれちゃっていやらしいねって

少し物陰へ連れていかれて

なんの予告もなしにズブ!って

後ろから生のおちんちん入れられちゃった・・・


お兄さんが動くたびにぐちゅぐちゅ音が

すっごいいやらしくて気持ちいいんだけど

初めて外でのエッチで緊張してて

すぐにはいかなかったんだけど・・・

私がいくまで続けるからねって言われて

「ウソ~!」って思ったけど

通行人さん2人に完全に見られたのに

お兄さんかまわずにぐちゅぐちゅつづけるの@@


一人は、じーっと見ながら通り過ぎたけど

もう一人のおじさんは思いっきり近く来て見てた

いったふりして抜け出そうかとおもったけど

主人と同じ年くらいのおじさんの前で

おっぱい出されてもみまくられて

おじさんが「彼女さん?いいおっぱいだね」

って話しかけてきたら、私に出し入れしながら

お兄さん「いや、今日会ったばかりの人妻さんです」って

いうと、おじさん

「すっげーやらしーな人妻なの?淫乱だねぇ」って

それを聞きながら、イクふりする必要もなく

おじさんも見てる前でいっちゃいました(*><*)


その後ホテル連れていかれて

15時までご飯も食べないでえっち三昧

いきすぎてへろへろふわふわです。

主人とのセックスじゃあんなに

いったこと無かったし自分でもびっくり。


帰る準備し終わってお部屋を出る前

すこしお話してたら・・・

主人との夜の生活の話になって

そんなんじゃ満足できないでしょ?

この硬いのもっと欲しくない?って

ホテルで5回も射精したのに

また硬くなってる彼の物握らされて

あそこに指を激しく出し入れされちゃって

言われるままに明後日も会うの

OKしちゃいました*@@*


OKしたご褒美にさらにもう一回

下着だけおろされて主人のじゃ届かない

奥の方まで激しく突き上げられて

ダメ押しの硬い生チンポの感触で再アクメ

明日は、思い出し&期待でオナしちゃうかも



人妻・熟女 | 【2020-07-07(Tue) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

飲み会して

飲み会して33歳の人妻とヤりました。

会社の飲み会のあとに酔って帰ると

「女を一人にしないの!」

とその人妻に掴まれた。

酔ってだからだけど駅まで歩く途中に組まれて

「旦那意外に腕組んだの久しぶり」

と言われた。

歩いて話してると

「今日はまだのみたい」

と店で飲むと優しい感じで

「ねぇ…どんな女性が好きなの?」

とか色々聞かれた。

店をでたらいきなりキスされて、結構ディープで、またキスすると

「ねぇねぇ…」

と甘えて来てホテルに入りエッチした。

フェラをしてきてビンビンにされたらいきなり乗って来て、服を脱

がしながらハメた。

「気持ちイイよ凄い良い!」

とグイグイ動きまくるとすぐにイキ、おれは正常位でハメて迫る快

感を堪えきれずに出しました。

中がキュッと締め付けて来て絞り取られた。

二回も奥に射精した後着替えてる時に

「もっと早くエッチすれば良かった」

と言ってたが、それからは週一程度逢ってエッチしてる。



人妻・熟女 | 【2020-07-03(Fri) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

悪魔のような少年8

「艶美、今日は舞台の日だね。準備はできていると思うけど頑張っ
て。」私は大雅君と一緒にストリップ劇場へ向いました。先月の
レッスンの後、家でも練習しましたが、プロには全然かなう状態
にはありません。それより、専業主婦で社会をあまり知らない私が
、多数の男性の前で踊り、脱ぎ、全裸にならなければいけない。も
し、主人や子供たちがこのことを、知ったらどう思うか。大雅君を
恨みました。だが同時に多数の男性が、私の裸を見つめると考える
と、淫らな心情が自分を襲いました。
 会場は超満員でした。「これから、露出大好き人妻の最初で最後
のストリップが始まります。ナイスボディをたっぷり堪能ください。
初めてのダンスですから、不手際もあると思いますが、ご勘弁願いま
す。」とアナウンスが行われた。
 私の衣装はおっぱいが半分以上露出しているブラジャーと細いヒモ
のパンティ。楽屋で着替えたときから、私の女陰はびっしょり濡れて
しまいました。
 舞台へ登場しました。会場は人で溢れていました。音楽に合わせ、笑
みをたたえて、踊りました。会場の男性は音も漏らさず、私の体を食い
入るように見ていまいた。私は始めての舞台にも、かかわらず一人ひと
りの男性の顔を見つめ、うっとりした表情を送りました。
 そしてまず、ブラジャーを脱ぎ捨てました。会場から拍手が起き、私
のおっぱいに対する賞賛の声が出ました。私はスターになった気分で、
会場全体の男性に愛撫されたいと感じました。そしてパンティを脱ぎま
した。私は三ヶ所の方向に腰を下ろして、おまんこを指で開き観客に見
せました。「おまんこがべちゃべちゃだよ。」と声が聞こえました。そ
の声を契機に私は気持ちが昇りつめ、いってしまい短時間ではあります
が、気を失ってしまいました。
 「それでは、まな板を始めます。候補者はいますか。」の声掛けに5人
の人が手を上げました。じゃんけんで選ばれたのは、20歳位の若い大学生
風の人でした。私にとっては、主人、大雅君、三人目の性行為をする人で
す。彼は後ろから鷲掴みでおっぱいを強く揉みました。お尻を掴み、おま
んこを激しく嘗め回しました。私は慣れない手つきで、ゴムを口に含み、
フェラチオをしながら、彼の勃起しているペニスゴにコ゜ムをつけました。
彼はバックから挿入して、一気に射精しました。私も同時に頂点に達しまし
た。初めての経験ですが、私はゴムを外して精液が垂れているペニスを口に
含み、きれいにしました



人妻・熟女 | 【2020-06-19(Fri) 07:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

悪魔のような少年7

「艶美、神社の時、何故あんなに濡れていたんだ。」「知らないわよ。あ
なたが変なことをするからでしょう。」「たぶん日中人が、集まる場所で
下着姿にされ、更に下着を脱がされ、全裸になったからじゃないか。艶美
はマゾで露出するのが好きなんじゃないか。」「違うわよ。」彼は携帯で
どこかに電話していた。そして「艶美行こう。」と言って私の手を引っ張
った。「あなた、どこに行くの。」「艶美の喜ぶ場所だよ。」
 着いた場所は盛り場のストリップ劇場だった。まだ、早い時間だったの
で、営業はしていなかった。彼は店の従業員と話をしていて終わると、彼
は「来月ここで踊ってもらうよ。艶美が出演するタイトルは、露出大好き
人妻の最初で最後のストリップ。まな板つき。だよ。これから店の担当者
が、踊りを教えてくれるからがんばって。僕は帰るから。」「何言ってる
の、あなた。そんなことできる訳ないでしょ。」「艶美は裸を見られるの
が、好きでしょ。当日は知らない人の前で踊るのだから、問題ないよ。と
にかく僕の命令は絶対だよ。逆らわないで。」私は黙るしかなかった。
 「じゃ、お嬢さんこっちへ来て。」と店の従業員が舞台へ呼んだ。すご
く恥ずかしい服装をさせられ、店の従業員が3人いる前で踊りの練習をした。
初めて、複数の人前で裸になった。恥ずかしいのだが、すごく感じてしまっ
て足元が少し濡れてしまった。従業員は若いね、20代後半?とか良いからだし
てるね。ウチの踊り子よりグラマーだね。ウチでずつと働かないとか言われ
体をベタベタ触られた。実際踊った話は次回します。
続く



人妻・熟女 | 【2020-06-19(Fri) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

やられた

このところ習慣となった、スーパー銭湯でのアカスリ。

今回も飢えたオバチャンを指名して、アカスリ場でアカスリが始まった。

アカスリの最初は顔と棒の部分にタオルがかけられ、アカスリタオルでゴシゴシ体を擦られるのだが…

しばらくして、アカスリ場のドアが開いた。
そのアカスリ場にはもう一つベッドがあるため、他の予約客が時間で入ってきたと思った。

しかし股間にあったタオルの感触がなくなった次の瞬間、オレの棒をしごく柔らかい手の感触が。

何事かと、顔のタオルを剥ぎ取ると…

アカスリしてる飢えたオバチャンの他に、女が二人ベッドの傍に立っていた。

すると、飢えたオバチャンが…

オチンチン食べたいとオレの耳元で囁いたと同時に一人の大柄なオバチャンが、オレの棒を舐めはじめた。

飢えたオバチャンは気にせずオレのアカスリを続行。

もう一人の若い女はというと、アカスリ場の入口に見張りとして立っていた。

つまり飢えたオバチャンがオレのことを仲間に話し、仲間の二人がオレとやりたくなったらしい。

大柄なオバチャンは、オレの棒を元気にすると下だけ水着を脱いで下のクチに棒を導き馬乗り状態でピストン。

大柄なオバチャンはすぐに果て、次は見張りしてた若い女と交代。

女は少し元気のなくなったオレの棒を手コキしたあと、水着を脱ぎ大柄なオバチャン同様に馬乗り。

大柄なオバチャンよりはオレの上で長くピストンし髪を振り乱しながら、イキまくった若い女。

そして待ってましたとばかりに、飢えたオバチャン登場。

すると飢えたオバチャンは水着を脱ぎ捨て、オレの目の前でオナニーを始めた。

オバチャンのオナニーを見せられたオレは、すぐに棒が元気になりオバチャンを押し倒し、オバチャンの穴にオレの棒を突っ込んだ。

オバチャンは喜んでいるのか気持ちいいのか、オレにしがみつき喘ぎまくり果てていった。

でもまさかアカスリ場で女三人にエッチなことされるとはね。

熟女は貪欲だわ。



人妻・熟女 | 【2020-05-21(Thu) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*