FC2ブログ

会社の後輩

会社の飲み会があって、ついつい飲みすぎてしまった。
後輩の浩太クンと同じ方向なので一緒に帰ったんだけど、満員電車のムッとした雰囲気に酔いが激しくなって、途中の駅で降りて介抱してもらったんです。
トイレに1時間くらいこもって少しは良くなったんだけど、電車には乗れそうになかったので、主人には同僚の部屋に泊まると嘘の電話をして浩太クンとホテルに入ったんです。
浩太クンがシャワーを浴びてる間に私は冷蔵庫にあった冷たいお茶を飲んでからさっさとベッドに入って寝ました。
浩太クンは、ソファーで寝たようでしたが、しばらくしてベッドに潜り込んできたんです。
ベッドの中でなんかゴソゴソ動いているので「人妻なんだから変なことしないでよ」と注意したのですが、お互い下着になっていたので肌と肌が触れ合って、私もちょっと変な気分になってきちゃったんです。
しかも、近寄ってきた浩太クンのアレが太モモに当ってきて……その頃になると私の酔いもだいぶさめてきたから「やだ、浩太クン立ってるの?」って言いながら、そっとアレを撫でちゃったんです。
本当は悪酔いしてたのかも?
私はイタズラ心が芽生えてきて、指先でいやらしく撫でたり、玉を揉んだりしたんです。
浩太クンは、たまらなさそうな、泣きそうな顔をして「あっ、あっ」って喘ぐんです。
それがかわいくて、もっといじめたくなっちゃったので、優しく握って擦りながら「イキそう?イッてもいいよ」って言って、本当にイキそうになると手を止めて意地悪しました。
浩太クンは、つらそうな顔で私を見て、何か訴えてきます。
私は調子に乗って「ウフフ、気持ちいいの?こういうのはどう?」ってどんどんいじめちゃったんです。
そしたら、「ひなこさんダメ!ああぁ」って言いながら手の中にドクドクドクッて出しちゃったんです。
私は、それを手に広げてヌルヌルさせてまた浩太クンのアレをいじめちゃったんです。
男の人ってイッたあとのアレを触られるのが本当にイヤみたいで、浩太クンも喘ぎながら「やめて、やめて」って半泣きになっちゃったんです。
私は「こんなのもイヤなの?」って言って布団の中に潜って精子まみれのアレをパクってしました。
浩太クンは「うーうー」とうめいてるみたいでしたが、布団の中はよく聞こえないので、また大きくなってきたアレをいっぱいしゃぶっちゃいました。
さっきみたいにビンビンになってくると、いきなりガバって抱きついてきてキスしてきたんです。
私は「Bまでだからね、Bまで……」って言ったんだけど、興奮しまくった浩太クンは止まらないんです。
激しく吸い付いてきてキスマークができそうだったらから一生懸命制止しました。
浩太クンは、ブラを外しておっぱいを揉みながら乳首を舐めてきて、パンティの上からアソコも触ってきました。
パンティも脱がすと股間に顔を埋めてシャワーを浴びてないアソコをむしゃぶりつくように舐めてきました。
浩太クンはそんなに上手いほうじゃなかったけど、久しぶりだったから感じてきちゃって、Bまでって言ったのに欲しくなってきてしまいました。
私は無意識に浩太クンのアレを握って「いいの、いいのよ、入れて」って言ってました。
それを聞いた浩太クンは、私の股を開くと入れようとしてきたので、とっさにコンドームを被せました。
浩太クンは一気にアレを入れると狂ったように腰を振ってきました。
大きさは普通だったんだけど、突く時の勢いがすごいから固いのが気持ちいいところに当って私は、どんどん感じてきてしまって、久しぶりに大声で喘いで乱れてしまいました。
浩太クンのピストンがどんどん早くなってきて、私は浩太クンと一緒にイッてしまいました。
その夜、もう1回してから寝ました。
それから会社で会うたびに「今夜いい?」って聞いてくるのですが、人妻の私がそんなに外泊もできるわけがなく、たまに昼休みとかに倉庫とかでエッチさせてあげてます。



人妻・熟女 | 【2020-09-22(Tue) 21:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

会社の飲み会

先日、会社の事務の理恵さん(32才の人妻)とハメました。
だいぶ酔ってるのか話は下ネタへ。俺は制服の女性が大好きでいつも理恵さんのタイトスカートを見て興奮してました。
結構短めで、座ると大分ふとももがろしつする位の感じです。
紺ソを履いてる時も色っぽく俺の一番のおかずでした。
下ネタも盛り上がった所で、理恵さんの足が好きだななんて言ってみたら、よっぽど嬉しかったのかスカートを上にずらして、小悪魔の様な笑みで、どうおばさんでも元気になる?
なんて挑発してきました。
旦那からは言われた事がないらしく、凄い嬉しかったみたいです。
そのうち理恵さんが触ってもいいよなんて言い出したので、周りにきずかれないように触らせてもらいました。
俺は調子に乗って、タイトスカートのお尻に触ってビックリ。
理恵さんはTバックを履いていました。理恵さんはTだよって笑みを浮かべながら言ってます。
もしかして出来るかと感じ、ふけないって言ったら、えなんて言ってたけど、我慢出来ない事を伝えたら、私でいいなら抜いてあげるっていってくれました。
まずは理恵さん、そして俺の順番で店を出て待ち合わせ。
早足で近くのラブホへ。
旦那とは相当無いらしく、理恵さん主導のエッチになりました。
人妻は大胆です。
脱がないでって言ったら、どうゆうのが興奮するのって色々リクエストに答えてくれました。
制服を着たままの69、目の前は黒のTバック、フェラは凄い音。
初めてのテクにあっという間にいかされました。
そして反撃。よつんばいにさせてTの上から手マン。
ジラしながら一気にクリを凄い音をさせながら吸い込んだら、速攻いってしまいました。
理恵さんもバックからのクンニは初めてらしく、癖になったみたいです。
それから二時間つきまくりました。
その後、俺のリクエストで毎日Tで会社に来てもらいます。
外回りの時は車で、会社ではトイレで。
相当なフェラ好きらしく会社内でもメールで誘われます。
また見てたでしょ抜く?今日はレースのTだよって。
バレバレです(笑)そんなメール見たらもちろん我慢出来ません。
お願いって返信すると、私もイカせてって可愛い人です。
だから俺も必ず口でいかせます。
今日は熱いキスしながら手コキでいかされました。
バレないように付き合って行こうねなんて可愛い人妻さんです。
俺が本性引き出してしまったのかも?
明日は二人で外回りだからまた餌食です(笑)



人妻・熟女 | 【2020-09-22(Tue) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

家族ぐるみ

長男の幼稚園が縁で知り合ったT夫妻。年齢も近く生活環境も似ていることから
何となく気が合い、一緒にカラオケに行ったり夏休みに旅行をしたりと家族ぐるみで
お付き合いをしていた。

1年前。子供たちがキャンプでお泊まりの夜、T宅で飲むことになった。子供たちが
いない気楽さから酒宴は盛り上がり、かなり際どい話まで出てくるようになった。
男同士で女の趣味の話をしていたらT氏は私の妻がかなりタイプだと言う。私もT夫人に
自分の妻には無い肉感的なイヤラシさ(私の妻はスマート、というかガリ)を感じていた
トコロもあり、一度夫婦交換をしてみようということになった。

「1時間だけ夫婦交換してみない?」T氏はT夫人と私の妻に向かって切り出した。
私も「今夜一度だけの遊びだからさ」とフォローを入れる。私の妻は「全く男って
一体何考えているのよ!」と口では言うモノの興味津々な様子。T夫人も私に戸惑い
の視線を送っているが、どうやらOKの模様。私とT夫人が寝室、T氏と私の妻が
客間に移ることになった。

私はT夫人のグラマラスな身体と人妻ならではの情の深いテクニックを味わった。2回目
のSEXは「今夜だけだから・・・」とT夫人の方から求めてきた。

約束の1時間が過ぎて応接間に行くとT氏と私の妻は既に戻っていた。その後はお互い
何となく照れくさく早々にお開きとなった。タクシーで自宅に戻るとシャワーも浴びず
私は妻と抱き合った。全く嫉妬心が無いとは言わないが、私以外の肉体を受け入れた妻に
新鮮で激しい欲情を感じた。

その後もT夫妻とは以前と変わらぬお付き合いをしている。私は是非もう一度…と機会を
狙っているのだが、けっこう子供が足枷となって未だ実現していない。



人妻・熟女 | 【2020-09-03(Thu) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

仮設トイレで犯された私

私は29才の人妻で由香里といいます。身長150。体重43、B82、w54、H84の華奢な体です。私たち夫婦は念願だったマイホームを建てることになりました。大工さんと何回も打ち合わせをして理想の家が建ち始めました。私は自宅のアパートから毎日現場に行き大工さんたちに、お茶を入れに行っていました。ある日、凄く暑い日でいつものようにアパートを出て現場に向かう時コンビニに寄り冷たい物を買って現場につくと大工さん達が丁度ひと休みするところでした。私は大工さん達に飲み物を渡してたわいもない話をしていました。そんな時、私は、オシッコがしたくなり我慢していたのですが限界になってきました。家までは持ちそうもなくて仕方なく現場にある大工さん達が使う仮設トイレで用を足すことにしました。中に入るとそこは凄い臭いと汚れで、しかも鍵も壊れていましたが私は我慢できず下着を下ろし用を足しました。そして立ち上がろうとした時にトイレのドアが開き大工さんが入ってきて私は何がなんだか解らず声も出せずにいると上から押さえつけられ「奥さん、そんな格好で来るなんて誘ってるんでしょう。俺達も溜まってるんでお願いしますよ。」と言い作業着をパンツごと脱ぎ私の目の前に大工さんのそり上がったオチンチンが表れました。大工さんは「口でしてよ。」と私の口に押し付けてきました。私が拒むと鼻を抑えられ口が開くと押し込んできました。暑さと汗で異様な臭いが鼻を突きました。両手を抑えられながらペニスを出し入れされているうちに抵抗出来ずにいると頭を抑えながら激しく上下しながらそのまま喉の奥に物凄い量の精液を放出され、すべての精液を飲まされました。その後別の大工さんがトイレに入ってきて私が精液を飲まされむせ返っているのに強引にペニスを口に入れられ根元まで入れられました。私は2人の大量の精液を飲まされ放心状態で仮設トイレを出ました。その後私は大工さんに抱えられ大工さん達の乗って来たワンボックス車に連れていかれ二人の大工さんと替わる替わるセックスをしてしまいました。大工さん達は凄くタフで1度や2度射精したぐらいでは全然衰えず何度も何度も私の口とオマンコに精液を出し続けました。気がつくと回りはもう暗くなっていました。これから家が出来るまでの間何回彼等に抱かれるのか少し不安です。



人妻・熟女 | 【2020-08-15(Sat) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

下の階に住んでいるおじさんと人妻美佐子5

 わたしは、木戸の絶妙な舌使いに身体全身が 痙攣さえおこし始めている。愛液がどんどんと溢れだし、木戸の顔をみると口のまわりは 水あめ舐めたようにベトベトして光っているのである。
木戸は 「うめぇぜ-。。。。。女の卑猥な味は最高だよ。  とくに美佐子のようなおとなしい人妻の味は。」なおも、わたしのクリトリスを舌で転がすと愛液がどんどんと奥から流れ出るのです。
「あひぃ、、あひぃ、、、あひぃ  あひぃ いぃぃぃあぅひぃぃあうんんっん」
  わたしのヨガリ声も、だんだんと大きくなってきました。ほんとうに自分でもびっくりするぐらいの声で
 外では、蝉の声が盛んに鳴いているのが聞こえます。まるで蝉たちが わたしを笑っているように。
わたしたち2人は、ク-ラもない蒸し風呂の部屋なので 汗だらけになっていました。
「いいいひぃひぃひぃひぃひぃ・・・・・・・うううぃぃぃぃはぁはぁはぁはぁああああああああ」
 木戸はわたしぅの顔を覗き込んで 「美佐子よ いい淫乱な顔つきになってきたなあ」
 「ほれ、こんどは交替だ おれのをしゃぶれ」 木戸は立ち上がり仁王立ちになると わたしは息を止めてしまうほどの 太くておおきいペニスがあった
 木戸は 「これが、電話で行ったおいしい大根だよ」 ほんとうに大根のようなペニスである。
夫のペニスの3倍くらいの大きさである。わたしは、言われるまま 木戸のペニスを口に含むと
あたたかく、口の中でもビクンビクンと生きているように振動がつたわてくるのです。
わたしの舌で口の中でペニスをなぞるとドクンドクンって感じで。木戸は「 美佐子よぉ もっと音をだして しゃぶれよ」 わたしは 口をすぼめて上下 ジュボゥ ジュボゥ ジュボゥの音を立てながら吸ったのです。木戸は「なんて間抜けずらした顔をているんだ。 まるでひょっとこみたいな顔してるぜ」
木戸は、声をだして笑った。
 



人妻・熟女 | 【2020-08-13(Thu) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*