FC2ブログ

淫乱!レースクィーン姉

俺、現在三浪中。
田舎から出てきて世田谷にある姉のマンションに居候している。
ここから都心の予備校に通っているわけだ。
姉の仕事はイベントコンパニオン。
時には、レースクイーンにもなっている。
姉は弟の俺から見てもかなりイケてる。
バストはEカップ。形もよいし、何より張りがある。
それよりも素敵なのはお尻から太ももへかけての豊満さだ。
俺は細身の女よりムチムチの女のほうが好きなのだ。
それはきっと姉の影響だと思う。

姉は仕事が無い日は家のリビングで
ストレッチやらバレエやらの練習をしている。
その格好がまた俺を刺激する。
時にスケスケのキャミソールにパンティのままで、とか。
また、超ハイレグのレオタードだったり。
弟の俺のことなんか、男として意識していないのだろうか?
幸いリビングの扉はガラスのはめ込みになっていて
姉が練習中でも俺はこっそり姉の姿態を拝見できる
という仕組みになっている。

その日も俺は夕食後、姉のストレッチ姿を覗き見するため
リビングの入り口にやってきた。
「イチ、ニィ。イチ、ニィ…」
姉の声が部屋から漏れてきた。
ちょっと甲高いその声は声優にもなれるんじゃないかと
姉びいきの俺は思っている。
そんな熱い俺の視線があるとも知らず
姉はピンクのキャミソールにパンティといった大胆の格好で
ストレッチに励んでいる。

いつものように姉のストレッチが続く。
姉のムチムチの足が開いたり閉じたり…。
一瞬その奥に翳りが見えるッ。
(あぁ、あそこが姉さんのオ○○コ…)
姉は俺より6歳年上なので俺が小学校にあがるときには
もう中学生だった。
そんな姉と一緒にお風呂に入ったりすることもなかったので
姉のオ○○コを俺は見たことがないのだ。
(一度でいいから、見たいなぁ。)

(そろそろ終わりかな。)
いつもの流れからそう感じた俺は部屋に戻ろうとした。
と、その時だった!
(ッふぅむ。ぁあん。んんっゥ…)
普段の姉からは聞いたことが無い、なんとも艶のある声が
リビングから漏れてきたのだ。
(え? 何?)
俺はリビングの入り口の影に身を潜めた。
(はぁっ…。もぉう、くっぅうん)
姉の手が下半身の翳りの部分をまさぐっていた。
(まさか?姉さん!オ、オナニーしてるの!?)

間違いない。
姉の手は激しくソコをいじっていた。
(あぁむふぅ、ぅうん。イイぃ…)
姉のたかまりに応じて、俺のモノも天を突くように勃起していた。
(ぅう。姉ちゃん、俺もここでしちゃうよ。)
いつもだったら、リビングで見た姉の姿態を目に焼きつけ
部屋に戻り、こっそりオナニーするのだが、
今日はもう我慢できなかった。
憧れの姉が目の前でオナニーしているのだから!
(あぁ。姉ちゃんが、そ、そんなこと。
 や、やらしすぎるよう。姉ちゃんっ!)

(んあぅ。もうっ、ァア、駄目ェッ!)
姉が絶頂を迎えているようだった。
(あ、待って。姉ちゃんっ。お、俺もイッショにぃ!)
姉がイクのと一緒にイキたかった俺は
慌てて、チムポを激しく前後にピストンした。
(あぁ。俺ッ、ぅうむぅッ)
もうちょっとで、出る、ってその時
俺はバランスを崩してリビングのドアに倒れこんでしまった。
その拍子に俺は硬くなったチムポをしごきながらの体勢で
リビングに入り込んでしまったのだ。

「きゃぁあっ!ナ、何?
 何なのよ!?」
姉も自分がオナニーしてた真っ最中だっただけに
ややパニクっている。俺だってだ。
「ちょ、ちょっとォ!
 ○○ッ!その格好は何なの?」
「ね、姉さんだって、何なんだよ!」
俺は自分のことは棚に上げて、姉のことを攻撃していた。
「イイじゃない!
 私だって、オナニーぐらいするわよ!
 なんか、文句ある?」
姉は開き直って、俺の下半身に目をやった。

「あんたサァ、今までもそうやって
 お姉ちゃんのこと見てたんでしょ。
 今日だけじゃないんじゃない?」
するどいツッコミだった。
「ったく。お姉ちゃんがマジメに練習してるっていうのに
 この変態弟は…」
俺がうなだれていると更に姉は続けた。
「ホントに姉のこんな姿見て
 オチ○チ○、こんなにさせちゃうコ、いる?」
そう言って姉は俺のことを見下ろした。

「ちょっと、ほら。
 今どうなってんのサ。見せなさいよ。」
「や、やだよ。何でだよ。」
「アンタは弟のクセに私のコトを盗み見してた変態なの!
 アンタに逆らう権利なんて、ないんだから…」
そう言うと姉は俺のチムポを踏んづけたのだ。
「あぁ。痛ェエ!」
思い切り踏まれて俺は悲鳴を上げた。
「な、何だよう。お姉ちゃんっ…
 痛いョう…」
俺は甘えるように声を漏らした。

「フンッ。そんな声を出してもダーメッェ!」
姉はそう言うとまた俺のチムポを踏みつけてきた。
でも今度はそーっと撫でてくれるかのような踏み方だった。
姉の足が俺のチムポを愛撫してくれている。
姉の指が俺のチムポの鬼頭やカリを!
そう思ったら、俺のチムポは猛然と勢いを増してきた。
「あぁぅ。ふぅーぅっ」
「何よ、変な声出して…
 ほらっ、こうよっ。こうしてやるっ!」
そう言って、さらに姉は俺のチムポに足攻めを続けた。

「そ、そんなにされたら。
 あぁっ。駄目だァ。」
「何?何がダメなの?
 はっきり答えなさい、○○」
「姉ちゃんのっ、姉ちゃんのが良くてぇ
 俺もう、うぅ。我慢ができないよ…」
「我慢できないって?
 射精するってコト?
 恥ずかしくないの?
 弟のクセにお姉ちゃんの前で射精するの?」
「だだだだってぇ。
 お姉ちゃんがぁぁっ。
 あぁ。あんっ」

「イクのね、○○。
 イキなさいよ!
 ほらっ!アタシのココに出させてアゲルわ!」
そう言って姉は手のひらを出した。
俺はもう最高にイイ気持ちになって
射精の時を迎えていた。
憧れの姉の目の前で射精するっ。
姉の手のひらで受け止めてもらえるッッ。
そして感激の瞬間は訪れた。
「ぁあおうぅっ。姉ちゃんっ。
 で、出るぅぅうぅっ!」

「凄いのね。
 こんないっぱい出したコ、初めて見たワよ…」
そう言うと姉はいとおしそうに
手のひらいっぱいのザーメンを見つめた。
「お、俺。今までで一番キモチよかった。
 ありがとう姉さん!」
「ううん。
 でもサ。アタシ……
 まだイッテないんだよね。
 ○○、見ててくれる?」
そう言うが早いか姉のオナニーが再開された!!!!



近親相姦 | 【2020-07-05(Sun) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

一日ペット

僕が高校1年生の時の話です。僕には葵(仮名)と言う中2の妹がいます。その時はケンカしてあまり口をきいていませんでした。ある中間テストの前日日、突然葵が「このままじゃラチがあかないから、中間テストで勝負しよう。」と言い出した。俺もなめられてる気がしたのでOKした。ただ、おれはそこで調子に乗って余計なことを言ってしまった。「ただの勝負じゃつまんないから、負けた方は勝った方の言うことを1日だけ何でも聞くのはどうだ?」この時の自分はなぜか自信があった。俺の学力と葵の学力をみたら差は歴然なのに、バカな俺は自分で墓穴を掘ってしまった。次回、俺が大変な事に・・・



近親相姦 | 【2020-06-29(Mon) 21:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

綾香のオシッコお漏らし

報告します。
綾香、また、オシッコをお漏らししてきました。
今、綾香は、前に来たインターネットカフェに来て書き込みしています。
今日の服装は、もちろん、ミニスカノーパンでパイパンのワレメはオシッコの匂いで臭くなっています。
最初の告白の場所は、行った事のない無人駅。そのときの服装は、グレー色のレギンスを直穿きして上は普通のTシャツを着ていました。
平日の夜9時くらいでした。待合室には綾香一人。しばらくオシッコを我慢していたので限界に来ていました。
特急の通過するアナウンスが流れてきました。綾香はホームに出ました。電車が来るほうにお尻を向けて大きく足を開き後ろに突き出すように立ちました。電車が近づいてきました。綾香は我慢していたオシッコをお漏らししました。
綾香がオシッコをお漏らししている後ろを通過する電車。乗客に見られているはずです。恥ずかしいけど気持ちいいのです。
電車が通り過ぎてもしばらくオシッコは滴り落ちていました。やっとオシッコが止まると綾香はそのままの格好で待合室に戻りました。綾香は、椅子の上に置いてあるバックの中から、ミニスカートと黒のニーハイソックス、それに、ピンク色のTバックのパンティーを取り出しその場で着替えました。綾香は利尿剤と大量のお水を飲んでいるので一時間もすればまたオシッコがしたくなるはずです。後、1時間半くらいで各駅停車の電車が入ってきます。綾香は、いったん車に戻りました。荷物を車に置き、駅から離れたところの公園に歩いていきました。20分くらい歩いてようやく付きました。
当然、誰もいません。綾香は入り口のところでTバックのパンティー脱いで入り口の門柱の上に置きました。少し歩いたところのベンチのところでミニスカートを脱ぎベンチの上に置きました。これで、綾香の下半身はソックスと靴だけしか穿いていません。パイパンのワレメもお尻も丸見えです。綾香は、そんな格好のまま入り口の反対側にあった出口のところの自販機でジュースを買いました。車も人も誰も通りませんでした。綾香はジュースを飲みながら公園に入りました。ブランコに乗ったりジャングルジムに登ったりして時間をつぶしていました。その間、公園の前をタクシーが一台通っただけでした。
綾香は、オシッコがしたくなってきたのでミニスカートとTバックのパンティーを穿き駅に向かい歩き出しました。
すると、さっきのタクシーとすれ違いましたが気にもしないでそのまま歩いていました。
電車が到着する10分前に駅に着きました。待合室に入るとお酒の匂いがしてきました。椅子に横になっているサラリーマンのおじさんが寝ていました。さっきのタクシーに乗っていた人だと思います。たぶん。次の電車が最終なのでこれに乗らないと帰れません。綾香は待合室の外に立っていました。電車が入るアナウンスが流れてきました。おじさんはそれを聞いて起き上がりホームへ出て行きました。綾香はその後を気付かれない様に着いていきました。電車が到着し扉が開くとおじさんはよろよろと入っていきました。電車からは誰も降りてきませんでした。おじさんは入り口の向かいの席に座っていました。綾香のほうを向いて座っていたので綾香が立っているのが見えている筈です。車掌さんが電車に乗りドアが閉まりました。綾香は足を大きく開いて立ち、スカートを捲り上げました。当然、おじさんはびっくりした顔で見ていました。綾香はオシッコをお漏らししました。
Tバックのパンティーからはオシッコがすごい勢いで滴り落ちています。おじさんは扉の窓ガラスのところに張り付くようにして見ていました。電車がゆっくりと走り出したとき、綾香はTバックのパンティーを膝の所まで下ろし、パイパンのワレメからオシッコが噴出すところを見てもらいました。おじさんはずうっと見ていました。電車が離れていくとオシッコも止まりました。綾香はTバックのパンティーをその場に脱ぎ捨てて車に戻りました。車の中で綾香は、クリトリスを擦りながらオマンコの穴に指を出し入れしてオナニーをしました。何回もアクメに達してしまいました。これが最初の告白です。
次の告白は、行ったことのない公園です。平日だったのでほとんど誰もいませんでした。でも、砂場には小さい子供が二人ほど遊んでいました。周りには大人はいませんでした。綾香は、砂場の横にあったベンチに座りました。この日の服装は、フレアーのミニスカート、Tバックのパンティー、ニーハイソックスという格好でした。当然、オシッコも限界になるほど我慢した状態でした。この公園にはトイレがありませんでした。綾香はモジモジしながら子供たちに近づきました。子供たちの前でしゃがみ込み子供たちにトイレがないか聞きました。当然、綾香のスカートの中は子供たちからは丸見えでした。子供たちは明らかにスカートの中を見ていました。「ここにトイレはないよ。」一人の子供が答えてくれました。
「お姉ちゃん、オシッコが出ちゃいそうなの。どうしよう。」そう言うと、もう一人の子供が後ろの林を指差しました。
「あっちですればいいじゃん。お姉ちゃん。僕らもあそこでいつもオシッコするよ。」と教えてくれました。
でも、実際あそこまで我慢できそうにありませんでした。やっぱり綾香のスカートの中を見ています。
その瞬間、「もう、だめ、出ちゃう。オシッコ出ちゃうよう。見ちゃだめぇ~。」膝を大きく開き子供たちに見えるようにオシッコをお漏らししました。見ちゃだめとは言っても、膝を大きく開いてオシッコをお漏らししているので丸見えです。
すると、「あ~、お姉ちゃん、オシッコお漏らししてる~。きたな~い。駄目なんだよ~、ここでオシッコしちゃ~。」そんなことを言いながらも綾香のオシッコをお漏らししているところを見つめています。
そして、綾香は、「あ~ん、パンティー濡れちゃう~。」そう言いながら綾香はパンティーを横にずらしました。
パイパンのワレメからオシッコが勢い良く噴出し、子供たちがいるところまで飛びそうな勢いでした。
「すご~い、お姉ちゃんのオシッコ、すごい飛んでる~。割れているところからオシッコがいっぱい出てる~。」と、言いながら珍しそうに見つめていました。
しばらくして、ようやくオシッコも止まりました。綾香は子供たちにオシッコをお漏らししているところを見てもらいながら何回かアクメに達してしまいました。すると、子供たちは、「あ~、お姉ちゃんの割れているところ、ぴくぴくしてる~。なんか糸が引いてるのが垂れてきてる~。」綾香のオマンコを見て子供たちは騒いでいました。
綾香は、片方の手でパンティーを横にずらし、もう片方の手は後ろについて腰を突き出すような格好になっていました。
綾香は、しゃがんだ格好に戻り「やだ~、オシッコお漏らししちゃった。みんな見た~。見ちゃったよね~。お姉ちゃんのオシッコお漏らししているところ。恥ずかしいな~。いっぱい出ちゃったから凄かったでしょ?オシッコ?皆には内緒だからね。約束してね。」綾香がそう言うと、「わかった。誰にも言わないから大丈夫だよ~。」だって。「パンティー濡れちゃった。オシッコで。ここで脱いでいこうかな?いいかな?」そういうと、「いいよ。気持ち悪いもんね。」だって。
綾香は、その場に立ちスカートを捲り上げるとオシッコで濡れたパンティーを脱ぎ捨てました。そして、スカートを何回かパタパタしてその場を離れました。その後のことはわからないけど、きっと家に帰ったら親に話していると思うのでその場所には二度と行きません。
これが二度目の告白です。綾香って本当に変態娘だから、オシッコをお漏らしするのがやめられません。
今も、書き込みしながらオシッコを我慢してます。このまま、お店を出て車のある駐車場でオシッコをお漏らしします。
また、報告します。



近親相姦 | 【2020-06-21(Sun) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

悪性の体罰

瑛太は中学3年生。受験のストレスからか望遠鏡で
覗きをするのが趣味になっていた。女性の裸や下着姿を見て
何度も股間を抑える毎日だった。
ある日、学校の帰りにひとりの女性に呼び止められた。
そして家に連れていかれた。
そこには二人お姉さんがいた。
あんたね、私たちの部屋をのぞき見してるのは!
えっ?気づかないと思ってんの!瑛太は一人のお姉さんに
ピシャリとほおをたたかれた。
ご、ごめんなさい。謝ったって許されることじゃないわよ!
瑛太は半泣きになった。
いい?坊や、これは犯罪なのよ。成人してたら刑務所行きなのよ!
えー!瑛太がビビる。
ネガ返しなさいよ!今はもってないです。
じゃあ代わりにここでバツを受けて帰りなさい。
何ですか?あんたはじっとしてて。
二人掛りで瑛太を押さえつけ、上の服を脱がせた。
うわあ!何するんだ!
あんたはこれからすることに何も言えないはずよ。警察に突き出されるのと
どっちがいいの?
ここまで言われたら何も言い返せない。
瑛太はズボンを下ろされた。
うわあ!この子中学生でブリーフパンツはいてる!
かわいい。二人のお姉さんが笑う。
やめてくれよ!瑛太は恥ずかしさでいっぱいになる。
二人のお姉さんからパンツを脱がされ、ちんちんをもまれ、お尻を触られる。
ううう・・・どう?気持ちいい?ううう・・・・
出そう?出るかも、といったとたん、
前からピューピューと白いものが飛び出した。
ハハハ、出た出た。お姉さんたちがそれを見て笑う。
ついに瑛太は屈辱で泣いてしまった。
ごめんね。でもこれからは覗きなんてやっちゃだめだよ。
・・・わかった。
瑛太は真っ赤な顔で唇をかみしめ
自分でパンツとズボンを上げて、部屋を出ていった。



近親相姦 | 【2020-06-17(Wed) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

悪戯された思い出

小六の時、お隣のお姉ちゃん(高校生くらいだったはず)の家に預けられた。(よく覚えてないが、何か用事で遅くなるからだったかな)お姉ちゃんの親は母親しかおらず、しかも仕事で家に帰るのはいつも10時くらいだった。
ご飯を一緒に食べて、テレビゲームをして遊んでいたが、お姉ちゃんがお風呂に入りなさいと言うので自分の家から着替えをとってきた。
何だか不自然な気がしたが、断るのも何なので言われるままに入ることにした。

で、当たり前のようにお姉ちゃんも一緒に入ることに。

やはり恥ずかしいので、前を隠しながら早く済ませようとしたが、お姉ちゃんが黙って後ろから俺の体を洗い始めた。
なでられているみたいで心地よかったが、お姉ちゃんの手が何故か俺の股間に伸びた。
自分で洗うからいいと手をどけようとしたが、優しかった腕に急に力が入り、押さえつけられてしまった。
あまり俺は力の強い方ではなく、お姉ちゃんはバレー部で、体格差はかなりのものだった。

突然無言で押さえつけられて、当時の俺は相当ビビった。

しばらくお姉ちゃんは怖くて何もできなくなった俺のあそこをじっと見つめていたが、やがて飽きたのかもう一度あそこに手を伸ばし、おちんちんを指でつかみ、下に引っ張り、皮をむいた。

亀頭が出ると、お姉ちゃんはもう片方の手でそっとピンク色のそれを撫でた。
腰が浮くような感覚がしてぶるっと体が震えた。

お姉ちゃんはごくりと唾を飲み込んで、亀頭をふにふにと揉んだり、袋の部分を下からやわやわと揉んだり、タマタマをつかんだりした。

おちんちんをいじられているうちにだんだん堅く大きく勃起していくのが自分でもよくわかった。

お姉ちゃんはピンと上を向いたおちんちんをしばらくいじっていたが、なにやら首をかしげ、先端の穴を指先で広げ、なでた。

おちんちんは背中に押しつけられているふよふよしたお姉ちゃんのおっぱいと、おしりのあたりにお姉ちゃんのあそこがあたって、パンパンに膨れていた。

お姉ちゃんはそばにあったシャンプーを手のひらに出した。

それを泡立てて、おちんちんに塗りつけた。

もう終わって、シャンプーをするのだとばかり思っていた俺はさらにビビった。

おねえちゃんはこしこしとおちんちんをしごき始めた。

まだオナニーを覚えたばかりの俺は突然の快感にびっくりした。

ピーンと脚をのばし、快感に耐えた。

やがて根元がビクンビクンと痙攣し、射精した。

少しだけ、先端からにじみでた程度だった。

しばらくビクビクと震えて、お姉ちゃんの胸にもたれかかった。

お姉ちゃんはお湯でシャンプーを洗い流し、もう一度俺の全身を洗い、湯船に浸からせた。自分の体を洗うのもそこそこに、ぐったりしている俺を湯船から上がらせ、体を拭き、服を着せ、べッドに寝かせた。

かなり疲れた俺は、しばらくボーッっとしていたが、すぐに眠ってしまった。

それから一週間はお姉ちゃんとはまともに顔をあわせられなかった。

だけど一週間もしたらうやむやになってまた自然に振る舞えるようになった。

それからも俺が中学卒業するまでお姉ちゃんと呼んで、結構親しかった。

しかし今はもうあのお姉ちゃんも結婚して家庭を持っている。

お姉ちゃんに悪戯されたのは未だに忘れられない思いでです。



近親相姦 | 【2020-06-17(Wed) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*