FC2ブログ

プールにて4

「あいよ?」
「あのね、赤ちゃん欲しい。」
「ん?」
「だからぁ…入れて良いよ?」
「うん、たっぷりね(笑)」
「違うの!チンチン入れていいの!」
「えっ、あぁ…」
「お願い。」
「いいけど、舞ちゃんにはまだ早いから、相当痛いと思うよ?」
「いいの…ね?」
「分かった。おいで…」

俺は再び舞ちゃんをいざない、芝生に寝かせた。

「優しくしてあげるからね。」
「お願い…します…」

案の定、舞ちゃんは相当痛がった。
最初は亀頭しか入らなかったが、舞ちゃんの愛液のお陰ですぐに入る様になった。

「あぁっ…いっ…」
「もう少しいくからね…」
「う…んっ…!」

いつしか、舞ちゃんのマンコは俺の息子で満杯になっていた。

「大丈夫か?全部入ったよ…」
「だいっ、じょうぶ…あはっ…ん…」

俺はゆっくりと、しかし確実に大きく前後運動を開始した。

「あっ…あぁっ…んっ…はっ…」

ゆっくりと奥まで挿しこむ。

「ん…んっ…!」

そしてゆっくりと抜き出す。

「は…っ…あぁん…やだぁ…」

舞ちゃんの切ない透き通った声は、俺の耳にまっすぐ入ってきた。
そして息子をさらに屹立させた。

「く…あっ…くはっ…っ…!」
「大丈夫?舞?」
「う…ん!へ、平気だから…っ。」
「分かった。慣れるまで、ゆっくりね。約束。」

そういって、俺たちは口付けした。
そのままディープキスをしながら、俺はストロークを再開した。

「あ…ん…あっ…あっ…んっ…はぁっ…!」

舞の感度は、明らかに上がっていた。

「んあっ…あぁっ…!いっ…くはっ…はぁっ…!」

声も次第に優艶になり、苦しそうな声はいつしか魅力的な喘ぎ声へと変化していった。

「あんっ…はぁっ!義孝っ…もっ…とっ…あぁっ!あっあっ!はぁ…ん…!」

俺は限界だった。

「舞…もうだめだ。いいね?」
「い…いいよっ…!入れて…っ!奥…に…っ…お願いっ!」
「あぁ…奥に、一番奥に全部出してあげるから…!」
「あっ…あぁっ!はぁ…!いいのっ…義孝いいのっ!あぁぁっ」
「う…くっ…!!」

俺は果てた。
舞の奥、子宮に全ての精液を流し込んだ。

「はぁ…っ…熱…っ…」
「舞の大切な所…俺に染まってる…」
「んらめ…えっちな事いっちゃ…ぁ…っ」
「ふふふ…愛してるよ。」

口付け。
そして口付け。

「んふっ…ちゅっ…」
「舞…」
「んぇ…?」
「このままもう1回…」
「しょ…しょうがないなぁ…いい…んっ…よ…」
「うん…」
「あっ…また…ちょっと、大きい…っ…よっ…」
「ごめんな…舞の声がえっちなんだ…」
「そ…んな…っ…あぁっ…らめ…ぇ…っ…」

俺は今度は少し強めに、早めにストロークを行った。
もちろん、舞の喘ぎ声もオクターブが上がった。

「あっ!あぁっ!んんっ…!はんっ!い…いいあっ」

優艶な喘ぎ声に、俺の息子は破裂寸前だった。

「はぁっ!義孝っ!義孝っ!もっ…として…っ!!」

俺の脳は、もはや舞いの声で染め上げられていた。
俺が舞いを染めるはずが、俺が舞いに染まっていた。

「よし…あぁっ!はぁっ、ん!もっとして…っ!奥っ、奥…っ!」

何て情けない…。
俺はまたしても限界だった。

「舞っ…」
「あっ…あぁっ!いいよ!きてっ…!早くぅ…!!」
「くっ…ううっ…!!」

俺は、直接舞の子宮にぶちまけた。
精子の1匹も子宮からはみ出させまいと、奥まで息子を押し付けて果てた。

「くぅぅぅ…っ!!」

舞が悲痛な声をあげている。

「くっ…舞…っ」

どうやら、俺は精子を全て、舞いの子宮に流し込むことに成功した様だ。

「義孝ぁ…んっ…」

俺は舞の頭を優しく撫でた。

「舞…愛してるよ。」
「私もだよぅ…」

俺は、舞の子宮から精液が流れ出さない様、息子で栓をしたまま、裸の舞を抱きしめた。
舞の小さな膣を塞ぐのは、萎えた俺の息子でも十分であった。
むしろ、俺の萎えた息子でも舞の膣には大きいぐらいだ。

この後、2人で何度もセックスに勤しみ、何度も舞の子宮に精液を流し込んだ。

もはや、舞の体は俺に完全に汚されていた。
唇から、体中、そしてマンコや子宮までも、俺に汚されていた。
それでも嬉しそうに微笑む舞に、俺は興奮した。

さらに何度も舞ちゃんを犯し、子宮に精液を注ぎ込んだ。
益々嬉しがる舞を、俺は合計7回程度犯したと思う。

もちろん、全て子宮中出しだ。

「義孝…えっちなんだからぁ(笑)」
「お?そうか?舞の喘ぎ声のが相当えっちかったけどなぁ?(笑)」
「なっ…もう!(笑)」
「あはは(笑)」


……
………

その後、舞ちゃんは4人に俺を紹介してくれた。
その中には、俺が目をつけていた子もいた。
松岡由里子というらしい。
愛くるしい顔立ちで、胸はぺったんこ。
寸胴の体に長い黒髪が特徴だった。

俺のストライクゾーンだった。
俺はきめた。
舞ちゃんのつてを使い、舞ちゃんの学校の女の子を全て犯そう。
もちろん、手始めに由里子ちゃんをレイプするのだ。

P.S.
続きはいつになるかわかりません。
次は例の由里子ちゃんを、学校で犯す話になると思います。
中出しはもちろん、構内発射、ぶっかけなど盛りだくさんの予定です。
題名はわかりやすい様に「プールにて5」にしておきますが、時間の関係でいつ書けるか分かりません。
あまり期待しないで待っててください(*´・ω・`*)

?プールにて5へ続く?



レイプ・痴漢 | 【2020-03-30(Mon) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

フィリピン女

フィリピン人女2人を6人で集団レイプしました。28歳フィリピンパブで
働く女で、タレントではなくアルバイト。ファミリービザで入国してて、ア
パートで友達25歳と生活している。
かなりの美人で胸も大きく、何度か指名して仲良くなり、デートの約束をし
た。最初から遊ぶつもりだったので、
「犯ったろか・・・」と思い、知り合いに連絡した。ナイフで脅して、女の
アパートに乱入。予めアパート近くで待ち構えていた仲間も合流。
部屋に入ると別の女が寝てたので、叩き起こし、2人共輪姦。6人で交互に
犯し、全員が中出し。最初は2人共激しく抵抗してたが、中出しを1発決め
られると無抵抗になり、後はひたすら泣き叫んだ。
2人に対し全員が1回ずつ犯ると、剃毛し、浣腸した。その後アナルも犯し
た。
最後は全身舐め奉仕をさせ、ケツの穴を舐めさせた。



レイプ・痴漢 | 【2020-03-27(Fri) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

ビデオ出演

27歳主婦です。私には旦那が知らない秘密があります。
アダルトビデオに出演してます。素人参加企画に応募して、2年間で6本出ました。この先も気が向けば、本数増えるかもしれません。

最初のビデオは。面接やカメラテストの最中にスタッフにレイプされる内容でした。と、言っても本来、シナリオがあるわけですが・・・。
現場に臨場感があって、私はスタッフが怖くなって本気で泣いているので。<実録、人妻レイプ>と言う感じのタイトルになってます。

最初、監督に個室に通されて、旦那とのセックスの内容などをインタビューされました。好きな体位とか、夫とセックスレスに近い事など説明。
私は「絶頂感がどういうものかわからないので、経験したい。それで応募した」などと言ってます。

それから身体のサイズ測定へ。3人のスタッフが入ってきて(本当は男優さんなんですが)、下着姿の私にメジャーを当てます。
私はIカップなので「乳が異常にデカイ!」と指摘されて。「夫とはセックスレスなのに、浮気して妊娠しているんじゃないのか?」と疑われ。母乳が出るかどうか彼らに乳首を吸われたり・・・。
妊娠検査と言うことで、全員の見ている前で、テスト用のスティックへ強制的に排尿させられました。その付近から、私は嫌がって涙を流しています。

排泄後、陰部を拭いたティッシュに愛液がたくさん付着している事を指摘されます。
「セックスレスの癖に感度が良すぎる」という事で怒られて。「最近、浮気相手とセックスしたんじゃないのか?」と攻められながら、膣の内部測定へ。
指とバイブで狭さを測定。「人妻の割りに狭い膣だけど、実際にチンポを入れて試そう」といわれ。強制、挿入へ。

男性3人に押さえ込まれて輪姦されます。
インタビューで使用した机の上に仰向けにされ、1人目挿入&中出し。その後で床に犬ポーズになり、2人目にバック挿入&中出し。最後の3人目には床で正常位で挿入&中出し。
1人に挿入されている最中、残っている2人には、ずっと乳を揉まれていたので、乳首が真っ赤になってます。

3人にレイプされた後。監督に「望み通り、死ぬほどイキまくらせてやろう」と言われて。そのまま、隣室のベッドルームへ移送。私は、手かせと足かせをかけられて、本格的輪姦へ。
男優さんを3人足し、6人がかりでレイプ続行。6人のチンポを口でフェラしながら、順番に身体へ精液をかけられてドロドロに。
それから、疲労している私をバックや正常位で犯し、強制的に中出しを繰り返し。最後に汚れたアソコをアップでビデオ撮影。
「マンコが汚れすぎていて、もう使えない」と言われて、アナルセックスまで3回しました。

最初から監督には「6人の男優に輪姦される撮影だ」と説明を受けてましたけど。途中で失神するくらいキツイ内容の撮影でした。考えていたよりも、リアルレイプ。
でも、今まで生きてきて、こんなに感じたセックス初めてでした。やっぱり男優さんのテクはすごかったです。本当にイキまくりました。
それからビデオ出演続けています。輪姦撮影は病みつきになります。



レイプ・痴漢 | 【2020-03-24(Tue) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

ビデオが影響して

始めまして、20代前半の♀です。高校時代、よく学校さぼって友達の家に遊びに行ってました。
友達は全く関係ないから名前ふせときます・・。
友達には8歳の妹あきと、6歳の弟たくと、4歳の弟の翼がいました。
午前中に友達と遊んで午後は友達が用事があるので、私も帰ろうとしました。
でもその日は、あき達に誘われてこのまま残ることにしました。
大体いつも妹たちとは遊んでから、帰るからとくにおかしくはありません。

4人でビデオを見てると、あきが友達のお父さんの部屋からビデオもってきたんです。
4人しか家にいないから、あき達はやりたい放題。もってきたビデオをたくに渡すと
あきは翼に命令しながら、ふたりでカーテンと戸締りをはじめる(誰にもばれないため)
私はもしかしたらこのビデオってあれかな?って半分わくわくしてたら予感的中。
全裸の女性が、5人位の男に囲まれて喘いでる映像が・・・。
あきは、きもちわるっていいながら鑑賞してた。たくはなんとなくビデオの意味分かったみたいw
翼は最初ぽかんとしてたけど、なんだろ、男の本能?途中から見入ってました。
私はなにこれ?って言いながらじっくり観察。エロビデオははじめてです。

女の人が、男の人の股間なめてたり、逆に舐められてたり、最後にはセックスになったり・・・
しばらくしてると、たくが私の上に乗っかってこようとしました。
よくひざに乗せたりするから、それかと思ってたら私のあそこに手を伸ばして触ろうとします。
こんなビデオ見てたからかなり濡れてる。制服の上からなでなでしてくるから、
触りたいの?ってスカートあげてみたら、一瞬こっち見た後パンツの上からなでなで。
ちっちゃい手が割れ目のとこに当たって、「ん」ってちょっと声が出ちゃいます。
そしたらたくは私のパンツを脱がそうと手をかけます。それだめ!といって手で押さえると
あきの口からとんでもない言葉が。
「翼ガムテープ」

もういいや、気持ちいいしと思いながらじっとしてると翼がガムテープもってきました。
ガムテープで私の手をしばって、頭の上で縛られました。小学生でこの発想はやばい。
開いた足は片方ずつあきと翼が押さえて、たくが私のあそこにいたずら。
じっと目瞑ってると、たくが指でぐりぐり中をいじってる。完全にビデオの真似です。
たまにクリに当たるから「あっ」とか声が漏れる。
そしたらあき、舐めて舐めてとか言い始めて、たくがあそこを舐め始める。
もう死ぬほど気持ちよくて、ずっと喘ぎっぱなし。
クリをぷにぷにしてきたりして、なんかしびれるようななんなのか・・・。
5分くらいたつとあきが交代って言いながら私の足の間に飛び込んできました。
大体たくと同じ行為を繰り返したあと、私の胸とかぺろぺろ舐めてきて、
なんかあのビデオと同じ状況にいる気分になってきます。
そのうちに翼やたくまで一緒になって、胸とかあそことか舐めたりいじったりはじめました。
集団で痴漢されるのってこんな感じかな?。ほんとすごい
胸を舐められながらふたりがあそこに集中して意識が遠くなりそうでした。

結局2時間くらいこんなことして、解放された後は証拠隠滅。
なにごともなかったかのように、プレステやったりして終わりました。
小学生すごいな



レイプ・痴漢 | 【2020-03-23(Mon) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

パンツスーツのまま

 もう大分前のことなのですが。
 待ち合わせで、ネカフェで痴漢ごっこしてしまったことがあります。
 痴漢系の体験談とか読んでいるうちに興味が湧いてしまって・・。
 でも本当の痴漢とかは怖いですし、満員電車でイライラしている時にされてもそんな気分になれません。
 その日は仕事が早く終わって、なんか変な気分で、ネカフェに入ってから勢いで約束してしまったんです。チャットにいた、全然見ず知らずの人と。ちょっとおかしくなっていたのかもしれません。
 ただ、ネカフェなら流石にそんなすごいことはされないでしょうし、その日はパンツスーツだったので、痴漢といっても大した感じにはならないだろう、と思っていました。
 やって来たのは、年下の、二十代前半くらいの子でした。
 わたしはもう三十近くて、それなのにこんな若い子に・・と思うとどきどきしました。
 約束通り、本棚でマンガを選んでいるふりをしていると、さりげなく後ろに回って、お尻を触ってきます。
 どきどきするのですが、さすがに実際やってみると、緊張の方が強いです。
 監視カメラもあるでしょうし、そんな大胆なことはできません。
 しばらくそんな風にして触られた後、個室に戻ると、彼も付いて来ました。
「どうですか、興奮しましたか」
 その時は興奮というより、初めて会った人とそんなことをしている緊張の方が強かったです。
 でも暗がりの中でまた体を触られているうちに、段々と変な気分になってきてしまいました。
「どうですか、年下の男に、ネカフェで胸いじられてるのは」
 そう言って、スーツの中に滑りこませた手で胸を触ってきます。さらに下着の中に無理やり手を入れて、乳首を探り当てられてしまいました。
「左の乳首の方が感じるでしょ。いつもオナニーで触ってるから」
 そう言われて、全身がかぁっと熱くなりました。図星だったんです。
 それに乳首はすごく弱くて、そこを責められるともう抵抗できません。
「ネカフェで年下の男に乳首いじられて感じれるなんて、変態ですね」
 すごく巧みに言葉で誘導されて、もうどうしようもなくなっていきます。
 彼に後ろから抱きかかえられるようになり、左手で胸、右手で太ももからあそこを撫で回されました。
 左手は直接乳首をいじっていますが、右手はスーツの上からです。
 その頃になるともうわたしはぐちゃぐちゃで、もう直接触って欲しくてたまらなくなっていました。
 でも彼は脱がさずに、パンツスーツの薄い生地越しに触り続けます。
「この方が痴漢されてるみたいでいいでしょう?」
 もどかしいのですが、彼はパンツスーツの上から正確に一番感じるポイントを探り当てて、振動させてきます。
 服を一枚も脱いでいないのに、勝手に腰が動いてしまうほど感じています。
「やらしいですね、腰が動いてますよ」
 そう言われると頭が真っ白になって、そのまま最後までイカされてしまいそうになりました。
 服を脱がされないまま、パンツスーツのままイカされるなんて・・。
 でももう、とまらないです。
「それ、すごい、すごいよぉ」
 思わず声が出てしまって、どんどん上り詰めて。
「お願い、やめないで、やめないで、あ、あぁ、いっちゃうぅぅ・・」
 そう言ってわたしは、本当にパンツスーツのままイカされてしまいました。
 もうあそこはぐちゅぐちゅで、スーツの上までうっすらシミが出ていました。

 彼はそこまでで許してくれて、結局わたしは、服を一枚も脱がないままでした。



レイプ・痴漢 | 【2020-03-18(Wed) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*