FC2ブログ

映画館(主人がいるのに)

先日映画館で痴漢に弄ばれ抱かれてしまいました。

 私は大恋愛の末、結婚して1年になりますが、まだまだ恋人気分が抜けずにいました。できるだけ愛する主人と一緒に居たかったのですが、仕事が忙しくなかなかデートもできなかったのです。
 先日ようやく主人が久しぶりに休みが取れて、映画に行くことになりました。ウキウキ気分で、主人の大好きな大胆な白いタイトミニをはいて出かけました。

 館内が暗くなり映画が始まってしばらくすると、私の隣に40代位の男性が座ってきました。
 映画の途中で濃厚なラブシーンが始まると興奮したのか、突然男性の手が太腿をまさぐりだし、スカートの中へもぐりこんできたのです。
 びっくりして声も出せず、主人の腕をつかみながら耐えていたのですが、それをいいことにパンストの上からアソコを優しく撫でまわし始めました。
(やめてください、こんなところで、主人が隣にいるのよ)
 心の中では拒絶していても何故か、声も出せず男性のなすがままです。

 しかし意に反し、だんだん身体が熱く火照り、アソコが濡れてくるのがわかります。
(どうして、痴漢されて感じるなんて)
 確実に官能の波が押し寄せ、男性の愛撫に身を任せてしまっていました。

 そしてパンストに手がかかると、ゆっくり膝までずらし、ビキニショーツの脇から指が挿入されました。
(いや?ん、だめ、だめよ、そんなことされたら、感じちゃう)
 自分でも恥かしいほど愛液が溢れ出しクチャクチャといやらしい音が聞こえそうでした。隣の主人に気づかれないよう、必死で喘ぎ声を我慢していました。

 しかし、あまりの気持ち良さについに喘ぎ声が出てしまいました。
「あっ、ああっ、やめて、いや?ん」
 幸い映画の効果音で声はかき消されました。

 でも、その声は拒絶ではなく、鼻にかかった甘えるような声で、「もっとして」といっているようなものです。延々と愛撫が続き映画どころではありません。
 主人は映画に夢中で異変に気づく気配はありません。

 さらに指の動きが激しくなり、膣の奥まで刺激してきます。
「もうでめ、いっちゃいそう、ああっ」
「我慢せずにイッちゃいなさい」
 男性に耳元でささやかれ、ついにアクメに達しました。

 生まれて初めて指だけで絶頂を体験し、呆然としていると「カップル席へ移動しませんか? 先に言って待っています」と男性は席を立ち去ってしまいました。
 この映画館には個室のカップル席があるのです。
(ごめんなさい、あなた、許して、我慢できないの)
 私は主人の方を見て、心の中で詫びながら、「あなた、体調が悪いので先に帰ります」と言い残し席を立ちました。

 ふらふらと個室に入ると、男性が座り私を待っていました。
「来てくれましたね」
 私が隣に座ったとたん唇を奪われ、舌を差し入れて、乳房を愛撫してきます。
 私も舌を絡ませながら、長いディープキスを受け入れ、男性に抱きついていました。愛する主人のことも頭から離れるほど、性欲が掻き立てられていました。

 男性はショーツを脱がし、アソコに舌を這わせて絶妙なタッチで念入りに愛撫しだすともう下半身がとろけそうでした。
「なんて素敵なの、こんなの初めて、ああっ、あああ?ん」
 思うがままに淫らな言葉が飛び出してきました。
「ご主人とどっちが感じます」
「聞かないで、わかってるくせに、いじわるな人ね」

 そしてついに男性の大きな肉棒が熱く濡れているアソコを一気に貫き、激しく油送し出すと、再び絶頂へと導かれていきました。
「またイキそうです。もっと、もっと、お願いイカセテ下さい」
「お望みどおりに何度でもイカセテあげますよ、奥さん」

 その後も、個室の中で前から後ろから何度も激しく貫かれ立て続けに3度もアクメに達したのです。
 もちろん初めての経験です。
 主人が近くにいることも忘れて、見知らぬ男性に心ゆくまで、身を任せていました。



レイプ・痴漢 | 【2020-07-13(Mon) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

嘘が呼んだ悲劇8

麻央は頭を押さえられても、チンコから逃げながら「ね?やめよう」と小声で訴えていたが、同僚は麻央を立たせて、後ろ向きにし、「イヤ」と拒否する麻央の声にも耳を貸さず麻央を前屈みさせ、スカートを捲り、麻央の腰の辺りを左手で押さえ右手でチンコをアソコにあて挿入した。私は、みんなが私と麻央のことを理解してくれたとばから思ってたので、ショックで涙ぐんでました。同僚は、相変わらず無言で腰を動かた。押さえていた左手で口を塞ぎ、右手は麻央の乳房を揉む。そして、段々早くなると、そのまま腰を麻央のお尻に押し付けてとまった。麻央は右手で、後ろの同僚を、押し退けようとするが、同僚が前に重心をかけているため無駄だった。同僚はチンコを抜くと、麻央は崩れ落ちた。その麻央に、追い討ちを かけるように、麻央の口にチンコを入れ、麻央の頭を掴み腰を振った。麻央は苦しそうに、同僚の足を押すが、やめようとしなかった。長い時間口内レイプみたいな光景が続き、ようやく動きはとまったが、チンコを抜かないまま「飲め」と同僚が言うと麻央は頭を横に振るが、チンコを口の中に含んでいるので、息苦しそうに、精子を飲んだ。



レイプ・痴漢 | 【2020-07-11(Sat) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

雨の日の楽しみ

先日あった事を書き込みます。
朝から町内の一斉清掃で草むしりやゴミ拾いの為公園に向かいました。仲のいい奥さん達とお話しながら公園の掃除をしていると突然の豪雨が降ってきました、取り敢えず屋根があるベンチの所で雨宿りしていましたが、一向にやむ気配はなくみんな立ち往生していました、やがて風も出て来て横殴りの雨になり屋根のしたにいてもビショビショになりました、この日はまだ蒸し暑くみんなジャージにTシャツ姿みんなブラが透けていて私だけがノーブラだったので乳首がはっきり解りました、手で隠してはいましたが気付いた男の人は私をチラチラ見ていました。
雨もやむ気配は無くそのまま解散
走って家に向かいましたが途中忘れ物に気付き濡れついでだから再び公園に戻りました、さすがにどしゃ降りの公園には誰もいませんでした。
忘れ物を見つけ帰ろうとしましたが誰もいない公園、ずぶ濡れの姿、にすごくエッチな気分になってきました。
さすがにここでは出来ないので少し時間をかけて近くの運動公園に向かいました。
周りは木々に囲まれており道路や住宅街からは隔離されているので問題ありません。
遊歩道の真ん中で全裸になると豪雨にうたれながらお散歩とても気持ちが良かったです。
途中もよおしてきましたが歩いたまま済ませ太股に温かいのが伝わる感触を楽しみました。
途中茂みの中に入り森の中を歩いていると自然に返った気がしました、汚れるのを気にせず四つん這いになるとそのままオナニーお尻を突き上げ雨の中男達にレイプされているのを想像しながら何度もいきました。
オナニーを満喫した後は泥まみれのまま大の字に寝転がり雨にしばらく打たれていました。

やがて立ち上がり泥まみれのまま服を着るとそのまま帰路につきました。
家に入りお風呂場で服を脱ぐと野外で服を脱ぐ感じとはちがいます
水気を帯び丸まった下着や滴る服などを見ていると再びムラムラとしてしまい汚れを落とし体を洗い流すと体を暖めるとまた雨の運動公園に向かい楽しみました。
それからの雨の中の運動公園での露出は病み付きになっています



レイプ・痴漢 | 【2020-07-10(Fri) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

淫らな人妻のエッチなお散歩

明日は、主人とお外でお食事の約束♪
美味しいステーキ屋さん連れててくれるって約束なので
あしたはおでかけしまーす^▽^ノ

でも、待ち合わせ(20時)の7時間も前の1時くらいには
おでかけしちゃうのだ。なぜなら、ここのところエッチな
カッコで思いっきりお出かけしてないから
なのだぁ^▽^にへへへへ

もちろん主人に後であうんだから大人しめの服も持ってのおでかけで~す。
明日はやわらかい素材のグレーのミニスカ
(すそがふわふわとなって階段だとちょっと見えそう)
と上はホルターネックでお胸の谷間もばっちりの
セクシースタイル・・・と言うか我ながらエロいカッコで
お出かけするつもりです^^

その上、明日はNBNPに挑戦してみるつもり *^^*/

エッチな視線いっぱいゲットしちゃうぞー♪
エッチな出来事起こるといいなぁって
いまからワクワク^^なのです。

もし何かあったらしっかりご報告しますね~♪^^
おやすみぃ♪

<翌々日朝>

結局12時前にお出かけしちゃいました♪
もちろんエッチっぽい服装で・・・

駅についてロッカーに着替えを入れて駅のトイレへGO
もちろんエッチモードから超エッチモードに変身のため

へ~ん
 ブラをはずして・・・パンツ脱ぎ脱ぎ*^^*
し~ん

痴漢さんもウェルカムモードの発情れいれい完成です♪
さっそく電車にGOなのです。

電車まちしてるだけでも、時々むき出しのあんよとか
谷間ばっちりの胸を露骨に見ていく人何人かいました

あんよを視線が這い上がってくると・・・
パンツないのをすっごい意識しちゃう*@@*
毛糸のふわふわのレースっぽいカーデガンで
隠してるお胸の先っぽまでコリコリに硬く
なってるのがわかる・・・

これじゃ、カーデガンずらしたら先っぽポッチリで
ノーブラなの一目でわかっちゃう・・・ドキドキ
・・・はぅ?やばいさっそく濡れてきてる・・・

続きは今日また書きます♪
でも、今日もちょっとお出かけするけどね★

<つづき>

駅で電車待ちのときから・・・
濡れちゃった淫乱なれぃれぃです^^

そうしてるうちに電車が到着
平日の昼間の電車だし結構すいてます。

エッチな感じの人いないかなぁって
乗ったとこから電車の後ろのほうに向かって
車内探索です

ときどき座ってる男性の視線が
追いかけてくるのが気持ちいいの
※でもきれいな人だなでは決してない!
殆どは、おっ!エロイカッコって感じ

3車両くらい進むと・・・ん?って
気づいたんだけど私が扉閉めると
その後すぐ開けて後ろからついてきてる人が・・・

もしや・・・ついてきてる??ドキドキ

最後尾の車両近くになるとかなりすいてて
ちょうどハゲたちょっと太目のおじさんが
座席の端っこにいてその向かいは開いてる♪

さっそくおじさんの向かいがわに座っちゃいました
それまで雑誌を読んでたおじさんはチラッと
視線くれただけで雑誌に眼を戻しちゃった^^;

好みでないのかな?

とおもってたけど、座って足を組むと
また視線が・・・チラッと♪うふ

良かった~折角選んだんだからエッチな
視線で楽しませてくれないとぉだめだよぉ
って心の中で思いながら・・・

そうしてるうちに後ろから来てた人は、私に
視線送りながらも通りすぎていっちゃった^^;
自意識過剰^^;;;

さて、おじさん誘惑光線発射しちゃおっということで
バッグの中を調べるフリして足をほどいて少し開きめに・・・

ついでにひざの上のバッグでスカートを少し
たくし上げてふともも露出度アーップ

おじさんは?・・・
わーぃ、雑誌閉じてさりげなくだけどほぼガン見!
ドキドキしちゃう・・・おじさんスカートの奥が
ノーパンだってしってたらもっと興奮するんだろうなぁ
知られたらいやらしい女だって思うだろうなぁって
考えてたらすっごいドキドキ

思わずふとももこすりあわせちゃった・・・
こうするとあそこが少し刺激されてきもちいいの
・・・いわゆるもじもじ状態です。

結構色白めなので、多分そのときには結構
ほっぺとか上気してたと思う・・・

正面のおじさんに気を取られてたらいつのまにか
さっきの追い越していった人が私の座席の横の扉の前に
たってて・・・上から胸の谷間覗いてるじゃないですか
まだ、電車乗ったばかりなのに私的にはすっごく
ツボな状態・・・

ふとももの奥はかなり濡れ濡れ・・・*><*
乳首だって待ってるときよりすごくなってる

わー、ヤバイもっとエッチな所みられたいよお
スカートは結構たくしあがっちゃったから・・・
これでバッグどかしたらほぼ100%おじさんの
見たいところが見えちゃうのわかってるし・・・
でも、電車乗ってそうそうに見せちゃうの???
それも、はいてないんだよ?って葛藤しながら

カーデガン、ノーブラのおむねのぽっちり
かくしてたのをすっとどかしちゃった同時に
胸の谷間も少し開いたから、上からみてる
お兄さんには、確実にノーブラなのばれてる
はず・・・

そう思ったら・・・
この場で乳首触れたらそれだけでいけちゃうかも
って言うくらいジンジンしはじめちゃった。

覗いてるお兄さんはもう見てるの隠す気もないって
感じで思いっきり覗いてる・・・小声で「スゲー」
とか言ってるのも聞こえてきた@@

やっばいよお
ブログで予告したせいか最初からスイッチ
入りすぎ・・・

おじさんの視線も胸のぽっちに走ってはスカートの
奥を覗いてきたり・・・堪らないエッチな視線に
なっちゃってる

いつのまにか、目的地に行くには乗り換えの駅が次に・・・
・・・おじさんに見せちゃおうか・・・
とかで頭ぐるぐるになってたら

腕にグイって
硬くて暖かいのが押し付けられてきた・・・上から
覗いてるお兄さんが手すりのとこの私の腕に
おっきくなったの押し付けてる・・・*@@*わきゃー

もちろん腕は・・・どかしません
だめだぁ、スイッチオンだよおお

足開いて、スカートたくしあがったままで
スカートの上のバッグ横においちゃいました。

・・・おじさんの顔見れない。
でも、ちらって視線向けると目大きく開いて
私のスカートの奥と私の顔に交互に視線送ってる

そのうちスカートの奥に視線が固定・・・
あそこ・・・自分でいじりたい・・・
誰でも良いからあそこいじられたいよお

ってなってました@@
そうしてるうちに、電車は乗り換えの駅に・・・
ふらふらと立ち上がって電車おりました^^;

どっちかついてくるかな?と思ったんだけど
おじさんはそのまま・・・覗いてたお兄さんは
降り際に思いっきりお尻触って一緒に降りたけど
微妙な距離でついてくるものの、私がトイレで
・・・してるうちにいなくなってました^^;

・・・残念
でも、自分からは声かけれないものね
しかたないのだ^^;

こえかけられたらどうしてたかって?
そりゃ・・・あの状態だもん
トイレでオナより気持ち良いこと
してもらったと思う^^;

わー最初のお話だけでこんなに長くなっちゃった^^;
続きはリクがあったらまた書きますね。

一応、あったことは・・・
行きは、乗り換え後は何事もなく
到着先のショッピングモールで跡付けされて
エレベータで痴漢・・・あとは帰りの車内で
押し付け痴漢されました^^;

ではまたー^^
今日は、これから昨日の着替えたエッチ服回収に
駅まで行ってくるのです。

今日は・・・電車はどうしよっかなぁ

<元人妻セフレさんのブログより:転載許可済み>

出典:女喰い日記
リンク:



レイプ・痴漢 | 【2020-07-04(Sat) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(1)

淫らな私を誰か見て・・もっと痴漢されたいの!

私は28歳のOLです。
半年ほど前、主人の転勤で東京に引っ越してきました。
仕事も決まって毎日電車で通勤をしてますが、
嫌なことなのに、それを期待して電車に乗っている
自分がいることに気付きました。

まだ子供はいないのですが、主人は会社の部長をやっていて
毎日帰りが遅く、接待とかあれば、帰ってこない日もあります。
だからエッチも月に1回くらいしかありません。

ちょっとさみしい私は、ある日、電車の中で痴漢にあいました。
ちょうど生理前で数日もやもやしていたのですが、その痴漢の
手が気持ちよくて、つい感じてしまいました。

痴漢の手は、私のタイトスカートの後ろのジッパーを下ろし、
私のパンティの中へ。だいぶ濡れていた私のおまんこに指が
ヌルっと入っていったのです。
「あっ、あっ、いや~ん」
つい小さな声が出てしまいました。
そして痴漢の男に寄りかかるように身を任せ、私はその気持ちよさに
浸っていました。
そして駅についたので、すぐに降りたのですが、トイレでパンティを
見ると、かなり濡れてました。

会社についてもパンティが濡れていて、痴漢のことを思い出すと
また濡れてきます。
私は体調が悪いと、トイレに行って、思う存分オナニーをしました。

それから数日がたって生理も終わった頃でしょうか、この前に痴漢と
また同じ車両になり、今度は私から近づいていって、また痴漢を
楽しみました。
その痴漢の男は、30代だが案外かっこよく私の好みで、それから
毎日のように痴漢をされました。
でもいまだに一言も話したことはありません。

でもこの前思い切って声をかけました。そして名刺をもらい、
私の名刺も渡して、その日の夜、一緒に飲みにいきました。

彼は独身ですが、主人より大きなおちんちんを持っています。
でもホテルでエッチするといまいち燃えません。
なので、会社の行きと帰りや昼休みに、会社の倉庫みたいな部屋で
エッチしたり、もちろん電車内でも痴漢されてます。

主人に申し訳ないと思いながらも、オナニーをする時は、
痴漢されてる時のことを思い浮かべながらしています。

こんな私どうにかしてもらえませんか?



レイプ・痴漢 | 【2020-07-04(Sat) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*