FC2ブログ

淫乱女は、最後まで淫乱。

私は38歳のバツイチで、去年21歳の、清楚可憐な、華子に引かれて職場恋愛の末に再婚しました。ですが、
華子は、夜になると、豹変して淫乱になり、セックスの時に、色々と私には考えれのつかないプレーを要求してきます。
例えば、帰宅の時に、セールスマンを装わせ、奥さん良いでしょ、何て言わせて、嫌がる華子を玄関で、犯したり、飲み会の時は、夜這いさせる。風呂を覗かせ、オナニーシーンを見せつける。最近は、青姦も要求してくるしまつ、
そんなある日、
会社に、妻が車に跳ねられて、病院に運ばれたと連絡を受け、早退して病院に駆けつけた。包帯で、グルグル巻きにされて、寝ている妻の姿に、動転したが、妻の要求が無くなる事にある種の安堵感もあったが、
主治医の話を聞き、そんな感情も、吹き飛んだ。
なんと、妻は、右半身に、麻痺までは、いかないが重度の障害が残ると、セックスどころの騒ぎじゃない。
半年の入院とリハビリで、退院はできたが、ほぼ寝たきり状態、仕事もあるし、途方にくれていたら、田舎の父が上京して、妻の面倒を見てくれる事になった。それからは、
妻の精神状態も安定している。
私に八つ当たりも無くなった。
変わりに、面会謝絶のごとく、私に関わらなくなった。
数ヶ月が過ぎて、華子は、すっかり親父に馴れて、
車椅子で、出かけるまでになった。だが、相変わらず私には、会おうとしない。そんなある日、出張で2、3日あけたが、華子の好物を土産に買ったので、一泊を取り止め、最終で帰った。帰宅は0時過ぎに、しかし、二階の華子の部屋だけ薄明かりだ。妙な胸騒ぎを憶え、玄関の戸を静かに開けた。
何だ?男性用の
革靴が、
1、2、3・・5足ある。息をひそめ、抜き足差し足で、華子の部屋に向かうが、階段に差し掛かった時、華子の絶叫にちかい、喘ぎ声が、
隣の部屋から、
ベランダ沿いに、華子の部屋を覗くと、初老にちかい親父と同年代の男たちが、華子の体に、むさぼりつき、 不自由な体を力で持ち上げ、
挿入し、腰をふりつづけている。
華子は微かに動く左手で、親父のチンポを口に引き寄せ。夢中でしゃぶり、全身を舐められ、次々に、チンポを受け入れ喘いでいる。
ムカつきと苛立ちと情けなさと、入り交じり、家をあとにした。取り敢えず、隣町の公園のベンチで横になったが、眠れない、熱帯夜のせいではない。新婚当時あれだけ淫乱だった華子が、障害があるってだけで、性欲を抑えきれるはずないと、自分自身を納得させた、翌日は会社を無断欠勤して、華子の同行を探った。

どうやら親父と華子は、外出する様だ、taxiで、後をつける。すると、昨夜の公園に、
車椅子を押し、入った場所は、老人会の憩いの家だ。真夏日なのに、昼間から、カーテンを締め切りだす。中は、目視できないが、やってる事は解る。声が漏れる。そう華子の声だ。3時間が過ぎて、ぞろぞろと、初老の男たちが、帰っていく、なんと、その数10人以上だ。昨晩あれだけしたのに、まだ足りないのか・・私は、怒りを通り越し、サーッと何かが、崩れさる、感覚に襲われ、

親父と華子に、みくだりはんを突き付け、離婚した。
今は2人とは、完全に疎遠になり、田舎で、ひっそり、違うな、淫乱に生活してるだろう。
私は、顔はお世辞でも、綺麗とは、言えない年上で、ノーマルな女性と再婚し。一児のパパだ。遠回りしたが、しあわせだ。



その他 | 【2020-07-07(Tue) 07:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

淫らな夜に

GWのお休みです
主人と子供達は田舎に里帰りしていますが私は仕事あるからって嘘ついて一人残りました 嘘ついたのは彼と逢う為なのです。香と旦那さんがいつも寝ている部屋でベッドで香を抱いてみたいって以前から言われていました。そんな事無理って言ったんだけど彼に何度も せがまれて とうとう実行する事になってしまったのです。幸い お隣さん二軒も里帰りや遊びに行ってて留守だったから気付かれずに済みました。夜8時過ぎにやって来た彼に いきなり玄関でキスをせまられ抱き合ったまま長いキスの交換になりました。用意していた夕食をとりながらも彼は私を触り続けてて食べ終わる頃には私ほとんど裸にされてました。後片付けもそのまま彼に抱き抱えられて寝室へと連れて行かれ彼が用意してきた赤い下着に着替えさせられました。それは透けてて恥ずかしかったけど彼が喜ぶならと着けました。 素敵だよ綺麗だよって言われ私も その気になりエッチなポ?ズなんかとったり… 彼を脱がせながら彼に教えられたフェラしてあげたら硬く立派に反り返ってきました。 私は主人しか知らなかったし主人とは普通のセックスしかなかったから彼にいろんな事を教わりました。若い(私より23年下)のに経験豊富みたいで色々知ってる彼に仕込まれた私は今では彼無しでは生きて行けないくらいに体がなってしまってるんです。 私達夫婦のベッドで彼に抱かれ貫かれて喜悦の声上げてしまう私、床に這いつくばり尻を与えてしまう私なんです。明け方まで何度も何度も抱かれました。 今夜主人と子供達が帰ってきます…



その他 | 【2020-07-04(Sat) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

飲精そして結合

45才の私の密かな自慢は彼(大学生の息子の家庭教師)が20才と言う事です。
「もうだめ」その言葉と同時に私の喉目掛けて彼の精子が飛んできます。付き合いだして初めのころは、挿入はさせませんでした。私の罪悪感があったためです。だから、もっぱら彼は私の口の中でいっていいました。
彼はそれなりに満足してくれていましたが私が耐えられなくなっていました。
ある時、「今の状況(口での発射)で満足なの」「一つになりたいけど…」と寂しそうにいいました。
私はそのとき初めて彼の前でショーツを脱ぎました。それまでは胸しか許していませんでしたから。
横になり少し足を開き迎えの体制をとりました。彼が上になり挿入してきました。初めてのためぎこちなかったのは覚えています。
AV等で勉強してのでしょうか?腰を振ってきましたがすぐに「もうだめ」「いっぱい出しなさい」そのとき彼は私の中に放出していました。
今では週に1度は彼に抱かれています。いつも飲精と結合そして中で出してもらっています(もう子供が出来ない体だから)。若い彼だからまだまだ元気でいるときも多くあります。
彼が卒業するまで続けていくつもりです。



その他 | 【2020-07-04(Sat) 07:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

飲んでみる?

俺が小学3年生ぐらいの時だったかな?
親戚の夫婦が生まれた赤ちゃんを連れて挨拶に来た。
夕方になり、俺の両親とその赤ちゃんの父親が
夕食の材料や、お祝いのお返しなどを買いに行き
家には俺とその赤ちゃんの母親だけで留守番してた。
俺の家がその赤ちゃんの父親の実家だったので
そのお嫁さんの事は何度か会ったぐらいだった・・・

いつのまにか、その人の姿が見えなくなったので探してみると
奥の仏壇のある部屋で赤ちゃんに、おっぱいをあげていた。

廊下に出て、ガラス障子のガラスからこっそり覗いてみた。
おっぱいを片方だけ出して、赤ちゃんに吸わせていた。
しばらく観察していると俺の存在に気が付き
「しーっ」と静かにっていうジェスチャーをして
俺にこっちに来るように手招きをした。

赤ちゃんは乳を吸いながら、半分寝ているようだったので
静かに障子を開けて部屋に入った。
その人の横に座り赤ちゃんを見ていて、
俺が「おいしいの?」ってたずねると
「飲んでみる?」って言われた・・・

恥かしかったけど、どんな味か興味があり迷っていた。
その人はもう片方の乳を取り出して、俺の方に差し出した。
俺は乳首に吸いつき赤ちゃんの様に吸った。
牛乳よりも味は薄かったけど、すごくなつかしい気がした。

俺は乳首から口を離すと、赤ちゃん(男)の股間をさわった。
「どうしたの?」
「あれ?おっぱい飲んだらチンポが硬くなったのに
 赤ちゃんは硬くなってないよ・・・?」

急にその人は笑い出して、そして俺の股間に手を伸ばした。
「あっホントだ、硬くなってる・・・クスクスクス」
そう言いながらズボンの上から、手の平でこすってくるので
半ズボンの脇から勃起したチンポがポロって顔を出した。
俺は恥かしくなり、部屋を飛び出した・・・

今でもその人を見るとこの事を思い出してしまう・・・



その他 | 【2020-07-04(Sat) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

引っ張られた少年

僕はこないだ家で寝ていました
僕は小学生です。
すると、いとこのsさんが部屋に入ってきてその子は僕より年下です。いきなり[ねえねえ、セックスってなにぃ?]聞いてきました。小さいのでまだ早いと思って教えませんでした!
そしたら、いきなりズボンを下げられ、[この棒みたいなのかわいいと]いわれ触られたりして、その瞬間勃起しましたやめてと言っても聞かないので、教えたり仕方なく付き合ってあげました、sさんはその事の意味が分かり、[ここに寝て]といわれ指示どうりに寝ました
するとちんちんを引っ張られたり、舐められたりして出ちゃいそうでした
でも気持ちがよかったです



その他 | 【2020-07-02(Thu) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*