FC2ブログ

たかみなとJOY、えんじょーぃ??

朝になって優子は目が覚めた。
ウエンツは仕事のためもういなかった。
優子「はあ、あの後何回ヤッちゃったんだろう?ちょっとウエンツ君をなめてた。さ、帰ろ!」
服を着て部屋を出ようとしたそのとき
友美「優子!何してたの?」
優子「ともちん?」

優子「ともちん?どうしてここに?」
友美「昨日さ、ホテルにいて暇だったから外でぶらぶらしてたの。そしたら優子とウエンツ君がホテルに入っていくのをみちゃったんだ!」
優子「見られちゃってたのか!(あっちゃんじゃなくてよかった)」
友美「それでさ、何してたの?」
優子「え!?いや、それは、その」
友美「優子、服乱れてるよ!分かってるよ!エッチしてたんでしょ!」
優子「これは内緒ね」
友美「いいよ!でも手伝ってほしいことがあるの。」
優子「何?」
友美「じつはね。」

優子「それはあっちゃんに頼んだ方がいいよ。私ウエンツ君とは関わらないことにしたから。」
友美「(何であっちゃん?ま、いっか)わかった。」
そして友美は敦子に電話をした。
敦子「何?ともちん?」
友美「あのね。、、、」
敦子「う、うん健に頼んどく。」
友美「ありがとね!」
プツリ
友美「よかった!あとは時間を待つだけ!楽しみ!」
優子「疲れたから帰る。」

健「大丈夫!あっちゃんの頼みは何でも聞いてあげるよ!」
敦子「よかったら、週末にでも遊びに行かない?」
健「そうだね!それなら2人の後を付けない?」
敦子「面白い!やろ!」
プツリ
健「じゃ、連絡しますか。」
プルル
JOY「はいもしもし?」
健「JOY?健です。突然だけどAKBの板野ちゃんに何か頼みごとしてないかい?」
JOY「え?何で知ってるの!?」
健「ま、まあとりあえず日曜の午後8時に東京ドーム前で待っていな!高橋みなみちゃんが行くからさ!」
JOY「ほ、本当に!板野ちゃん何とかしてくれたんだ!健さん連絡ありがとうございます!」
健「お礼はいいから楽しみなよ!」

少し前
板野はモデルの仕事でJOYと一緒になった。そのときに
JOY「板野ちゃん。ちょっと頼みごとがあるんだけど」
友美「何でしょうか?」
JOY「何とかしてさ、高橋みなみちゃんに会えないかな?」
友美「(ちぇ、とものファンじゃないんだ。)仕方ないですねぇ!一回だけですよ!(面白そうだしね!)」
JOY「ありがとうございます!動きがあったら連絡下さい。」

そんなことがあった。

友美「なんとかたかみなをJOY君に会わせないといけないのか。ウーン…。そうだ!いいこと思いついた!」

数日後
某番組の収録があり友美とみなみは一緒だった。
収録が終わった。
友美「たかみな。ちょっといい?」
みなみ「え?いいけど」

みなみ「どうしたの?」
友美「あのね。とものモデル仲間にさ。たかみなのファンの人がいるの。その人が会いたいっていってるんだ。
お願い。少しでいいから会ってくれない?」
みなみ「う、うーん。急にいわれても。わ、わかった。会うくらいなら大丈夫。」
友美「ありがとう!たかみな好き!(これでOK!)」
みなみは友美が言っているファンというのがJOYだとは知らない。

当日
みなみは友美にいわれたがままで東京ドーム前に来た。
友美「じゃ、お願いね!」
みなみ「う、うん」
友美は人混みの中に紛れている敦子と健と合流した。
もちろんみなみは3人には気づいていない。
その頃みなみは改めて冷静に考えていた。
みなみ「えっと。モデルでともちんと友達で私を推しているということは、あーー、わかった。あの人とずっといないといけないんだ。最悪。」
みなみがぶつぶつ文句を言っているとやってきた。
JOY「やあ、みなみちゃん!こんばんは!」
みなみ「こ、こんばんは、」
JOY「あれ。元気ないなあ。いつものたかみなじゃないよ。どこか悪いの?」
みなみ「心配しなくても私は大丈夫です(そりゃ悪いわ。ともちんのせいでこんなつまらないことにつきあわないといけないんだもの)。」

2人はとりあえず買い物をした。
陰では
友美「何かたかみな機嫌悪そうだな。」
敦子「まあ、たかみなはJOY君を良く思ってないからね。」
健「へえ、そうなんだ。どうして?」
敦子「番組で共演したときにね。JOY君アピールしすぎて逆にたかみな気持ち悪いって言ってたから。」
健「僕はあっちゃんのことだけが好きだよ」
敦子「もーー!健ったら!」
友美「たかみなが心配になってきた。」
一方
JOY「みなみちゃん。ちょっといい?」
みなみ「いいですけど、明日も仕事あるんでこれで最後にして下さい。」
JOY「(見とけよ。めちゃくちゃにしてやるからな)来て」

友美は2人を探した。
敦子と健はのろけてホテルに行ってしまった。

その頃2人は目立たない倉庫にいた。みなみ「早く用を言って下さい。明日も仕事あるんです。」
JOY「率直に言うとみなみちゃんは僕に悪いことをしちゃったんだ」
みなみ「はい?私が何したっていうんですか」
JOY「何だ。分かってないんだ。そんなみなみちゃんには体で罪を償ってもらおうかな!!」
みなみ「え!?ちょ、ちょっと待って。やめてよ。何するのよ」
JOYはみなみを押し倒した。そしてみなみの服を脱がせ始めた。
みなみ「何すんのよ。変態。」
JOY「言ったな。そんなこと言ったってやめないから」
みなみは必死に抵抗する。しかしJOYの力が勝って段々下着姿にされていった。

友美「あっちゃんの話がJOY君に伝わってたらたかみなが危ない。」
友美はJOYが怒ると女子でも襲うことを知っていた。

みなみ「やめて。何か悪いことしたなら謝るからごめんなさい。」
みなみがいうとJOYは動きをとめた。
JOY「何で俺が怒ってるのかは話してやろう。前、番組で共演したあとお前は楽屋で俺の悪口を散々言ってたよな」
みなみ「…」

収録終了後AKB48楽屋
優子「あんなにJOY君にいいよられてたかみな、うらやましいな!」
みなみ「はあ?あの人のどこがいいの?近くによられたときの顔すげーキモかったんだよ。」
敦子「そんなこと言うたかみな初めて」
みなみ「私、ああいう人大嫌いなんだよね」
(この仕事に板野は参加していなかった)

JOY「その言葉を聞いてショックだった。俺はたかみなを一生懸命推してきた。なのにお前にあんな言われ方をされて。」
みなみ「…ともちんは知らないのね。」
JOY「あいつにはお前に会いたいっていったらすぐにこうやってしてくれたよ。」
みなみ「…わかった。私が悪かったよ。ごめんなさい。アイドルとして悪いことをしちゃったんですね。」
みなみは少し泣きながら謝った。
JOY「…本来だったら許してやりたい。でもお前はいくら謝っても許さねえ」
みなみ「そんな…」

その後、みなみは抵抗することなくJOYに全部脱がされてしまった。
JOY「ちっちゃいなあ。まあ、俺のテクニックにはかなわないね。すぐに気持ちよくさせてやるよ!」
みなみ「…」
JOYはみなみの小さい胸を愛撫しはじめた。
みなみはただ受け入れるしかなかった。
JOY「我慢してるだろ?気持ちいいくせに」
みなみ「…(う、うまい。もっとしてほしい!)」
みなみは自分に気づいていなかった。顔が火照っていることを。
JOY「顔が赤いぞ!興奮してんだろ!」
みなみ「(え!?)そ、そんなことありません」
JOY「…」
JOYは無言でやり続けた。
みなみ「(あー!出そう!!)」
それを感じたのかJOYは一旦止めた。
みなみ「(何で!?早く出させてよ)」
JOY「そんなに出したいのなら頼めばいい」
みなみ「(そんなの嫌だよ…。でも…私が悪いんだもん…。もうどうだっていい!)わ、私と一つになりましょう!」
JOY「(ふ…!)よーし。じゃ、横になれ」

みなみ「これでいい?」
JOY「ああ。たっぷりやってやるからな!」
そういうとJOYは自分の物をみなみの中に一気にいれた。
みなみ「!!」
JOY「(すげー濡れてるな!どんだけ我慢してたんだよ)」
JOYは腰をふりはじめた。
みなみ「アッ、アァ…」
JOY「もっと声出してもいいんだぜ!」
みなみ「ひ、久しぶりにやるんだから最初はい、痛いに決まってる。」
JOY「なんだ。処女じゃないのか。まあいい。」
JOYはいきなり振るスピードを速めた。
みなみ「アッ!!この感じ!たまんない!アァン!!」
JOY「いつものたかみなじゃないレアな姿だな!」
みなみ「アァ、ハァ、アン!もう離れられない!」
JOY「よし!そろそろ出すぞ!何をいわれても中に出してやるから」
みなみ「もう、いいです!どうぞ」
JOYが絶頂でみなみの中に出そうとしたそのとき、

ヒューー ズキッ!
JOY「痛ってぇ。誰だよ」
友美「JOY。本当に最低。もうちょっと女の子の気持ちわかってあげたらどうなのよ?」
みなみ「え!?ともちん!?何で」
JOY「おいおいともちん。さきに悪口いったのはこいつだぞ。何で俺がお前にいわれなきゃいけねえんだ?」
友美「自分の気持ちくらい自分で抑えられないの?こうやって仕返しするあんたなんかみんな嫌いよ。自己チュー」
JOY「…」
友美「早くこの場から消えて」
JOY「…」
JOYは何も言わずに服を着て倉庫から出ていった。
みなみは言葉を失った。
友美「たかみな、早く服着て」
みなみ「何で私の邪魔したの?せっかく楽しんでたのに」
服を着ながらみなみは尋ねた。
友美「違う。楽しめようとはしてない。あの後続けてたら動画撮られて脅されてたよ。あいつはそれぐらいのことしか頭にない子供なのよ。」
みなみ「…」
友美「ごめんね。たかみながあいつが嫌いってこと知らないで誘っちゃって。」
みなみ「私も悪口いったことを反省する。そしてもっとファンの人を感謝しながら頑張る!」
友美「うん!」

2人にはそれぞれ考えさせられた出来事だったろう。
その後は前よりも元気な友美とみなみの姿があった。

そんなことも知らす敦子と健はホテルで愛を育んでいた。

[迎夢]



幼馴染・親友・友達 | 【2018-06-14(Thu) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

不良少年たちの獲物

和哉(19)、健二(18)、義人(18)、崇(16)、侑(15)
の5人の不良少年達による普通の清楚な大人の女性をターゲットにし
た獲物狩り→拉致・監禁・輪姦 は6月の教育実習生杉崎いずみの件
以来2カ月間滞っていた。リーダーであり拉致用のクルマのオーナー
でもある和哉が両親に無理やり2カ月のアメリカ留学をさせられた為
だ。留学といってもアメリカも夏休みで遊びに行ったようなものだが
・・・留学中の和哉は外人女性には全く興味が持てず、同じ留学中の
日本人にも、好みの可愛い女性が見当たらず、相当性欲をため込んで
9月17日に帰国した。日本に残されていた4人も清楚な大人の女性
をあらん限りに辱め、輪姦しそれを撮影する圧倒的快感を体験してし
まってからは、普通のSEXでは到底満足できない。もっとも、彼女
もいない、リーダーの和哉もいない4人は普通のSEXすら儘ならず
和哉以上にその性欲は爆発寸前だった。そんな中、健二は和哉帰国に
備え獲物の物色だけは怠らなかった。前回のいずみも健二が見つけて
きた獲物だ。健二は普段ほとんど高校に行っていないが試験の時だけ
は出席していた。同級生の翔太から同じクラスの政利の姉である、
フリーアナウンサーの古橋敦美(25)の情報を得て、実際に目で
確かめ有力な獲物候補として狙いをつけていた。
和哉が帰国したその日のうちに、5人は和哉のマンションに集合して
いた。先回の美紀やいずみの時は何日か前から綿密に計画を立て実行
してきたが、5人ともたまりに溜っていてとても我慢できそうもない。
健二が政利の姉、古橋敦美の写真を見せた時は、全員がその容姿や、
フリーアナウンサーという響きに興奮したものの、すぐに獲物にする
のは難しい状況と分ると、今から別の獲物を探しに行こう!という事
で全員一致し、クルマで30分程の郊外の大型ショッピングモールに
むかった。明日から3連休という事もありそのSMは多くの買い物
客や、家族連れ、カップルで賑わっていて、好みの獲物を物色するの
には絶好の環境だった。

池島奈津美は今年の6月に結婚したばかりの28歳の若妻だ。夫は友人
の紹介で知り合った同じ歳の雅幸。愛想が良く可愛いタイプで、性格も
大人しく純情な奈津美は、学生時代や、OLとなってからも同僚等から
何度か告白されたが雅幸が最初の交際相手でそのまま結婚した。決めて
となったのは、雅幸が本当に優しい、草食系の典型のような男だった事
だった。奥手な奈津美は強引な男、精力溢れるような男くさいタイプが
苦手だった。奈津美の目に狂いはなく、雅幸はちょっと頼りないところ
はあるが、優しく奈津美を大切にしてくれる。夜の夫婦生活も恥ずかし
がる奈津美に合わせてソフトで淡白なものだった。雅幸には物足りない
のかもしれないが、決して無理強いしてこない。奈津美は優しい夫に甘
え、少しずつ身体を許していければ・・と思っている。奈津美はまさに
幸せの絶頂にいた。

9月17日(金)19:00
奈津美は一足早く帰宅するとクルマでショッピングモールに向かった。
夫の雅幸は通勤で武蔵野線を利用しているので、このSMへは駅直結
できるので、20時に待ち合わせをしている。一緒に食事をして、明日
からの3連休を自宅でゆっくり過ごすための買い物をするつもりだった。
結婚して3カ月経つが、今までの休みは両親が来たり、挨拶回りだった
り、友人が遊びに来たりと慌ただしく過ぎた。やっと2人でゆっくりと
過ごせる♪しかも3連休♪奈津美は幸せをかみしめていた・・・・

和哉と崇、侑の3人はショッピングモールでかれこれ1時間、獲物を
物色していた。義人と健二はクルマで待機し駐車場で獲物を探す。
好みの獲物は何人か見つけたが、拉致れる状況にはなかなか至らない。
「あのオンナ良くね?!」
「う~ん・・ちょっとヤリまくりっぽくねー?」
「いいじゃん!もう我慢できねえよ!」
「オンナならなんでもよくなってきたな!」
暴走気味の崇と侑に、和哉が釘をさす
「焦るなって!2か月ぶりの獲物だぜ!妥協してどうすんだよ。
ターゲットは大人のオンナだろ?」
「そうだけどさあ。見つけてもなかなか拉致れないしさあ。」
「和君、服装とか好み煩いしなあ。。1人でいるイイ女ってなかなか
いないよーー。」
ブツブツ言い出す2人に苦笑した和哉が1組のカップルに目を留める。
「おい、お前ら!あのオンナどうよ?かなり可愛くね?」
「どれどれ?あの白(ニット)に黄色(スカート)のオンナ?スゲェ
いいけど男連れじゃん?」
「あのオンナ、ヤレたら最高だけど・・男どうすんの??」
「よく見てみろあの男。ありゃあ相当ショボイぞ。一発でイチコロ
じゃん!」
「うん!アイツならオレ1人でも一発でOKだわ!」
「よし!アイツら尾行るぞ!健二に連絡しろ!」
3人の不良少年達は1組のカップルに狙いを定め好色に満ちた目で
後ろから尾行を開始した。
「あのオンナ、後姿堪んねえよ!美味そうなケツ~!」
「脚ちょっと細いけど・・チラッと見える太股はエロいな!」
「イイ匂いしそうじゃね!何だかわかんねえけどアイツ堪んねえ!」
「なっ!なんかわかんねえけど、スゲえソソルよな!」
「ヤベエよ!ホントあのオンナ堪んねえよ!もう勃起ってきた!!」
「アイツ達駐車場向かうぞ!中央出口だ!義人にクルマまわさせろ!」
「いよいよかあ!上手く拉致れますように!」
3人は義人の運転するクルマに乗り込み、あのカップルの乗る赤の
ミニクーパーの後ろに付き、禍々しい期待に胸を膨らませた。

奈津美は夫が運転するクルマの助手席で微笑む。
「美味しかったね♪」
「うん。奈っちゃんとなら何食べても美味しいよ!」
「明日からの休みは私が美味しい料理作るね♪」
「楽しみ!」
「何が食べたい??」
「一番食べたいのは・・・奈っちゃんかな・・・」
「えぇ・・・・もう・・・」
こんな冗談にも本気で頬を赤くして俯いてしまう奈津美を夫は心から
愛おしく思えた。この幸せは永遠に続くと・・・・
雅幸はすぐ後ろからその幸せを壊す黒いワンボックスカーがずっと付い
てきている事には全く気付いていなかった。

「俺らよく見てねえんだけど、どんなオンナなん?」
健二と義人が崇に聞く。
「26・7歳かなあ。可愛いし、なんかわかんねえけどメチャメチャ
ソソるんすよ!」
「そうそう!後ろから見てるだけで堪んねえの!」
「身体がエロいんかよ?」
「うーん・・エロい身体っていうか・・とにかくあのオンナそのもの
が堪んねえ感じ(苦笑)」
「よくわかんねえけど!まあ、ヤレればいいわ!後のお楽しみ!」
崇と侑が和哉に懇願する。
「和くん!俺らアイツだけは絶対ヤリたいっす!諦められないもん!
あのオンナ、メチャクチャに出来たら死んでもいいっす!だから多少
リスク背負っても絶対拉致りたいんで!お願いします!!」
ただ苦笑の和哉に変わり運転する義人が
「そこまで言うかあ?何がそんなにいいんだあ?」
和哉はタバコを咥えながら
「買い物の仕方でわかる、アイツら結婚してる。たぶん歳や雰囲気から
いってまだ新婚だ。こいつらが堪んなくなるのは、新婚の新妻のフェロ
モンってやつじゃね?」
「新婚さん??いいねいいねーー!そっか、人妻かあ!人妻ヤッた事
ねえからなあ!だから堪んねえのかあ!」
「後、オトコが一緒だからだろ?オトコの前でオンナヤッたら興奮すん
じゃね?」
「旦那の前でヤッちゃうの??うわあ!ヤベエ!想像しただけでイキ
そう!」
「それにあのオンナ、昔お天気お姉さんやってた高樹千O子に似て
るんだよねーー。」
「マジで!オレ高樹千O子、超タイプだって!絶てえ拉致る!!」
「和君、このオンナだけはホント絶対ヤリたい!どんな方法使っても
ヤリたいから・・」
黙っている和哉だが、心の中は同じだった・・ただ、冷静に作戦を
考えていた。

9月17日(金)22:00
池島奈津美と夫は自宅マンションに到着し、クルマを自室指定の駐車
スペースにとめ3Fの部屋に帰ってきた。15分程仲良くTVを見て
いた時チャイムが鳴る。
「誰だろう?こんな時間に・・」
奈津美を制して夫がインターフォンにでる。
「えっ!分りました。すぐに行きます!」
奈津美は夫に事情を聞いた。
「なんか、同じマンションの人が駐車しようとしてウチのクルマに
ぶつけちゃったみたい。ちょっと行ってくるね!」
「えーっ!そうなの?大丈夫かな・・・」
「同じマンションの人じゃあ仕方ないね。あんまり事を荒立ててもね。
直してもらえるなら穏便にしないと・・・」
「そうね。御近所さんじゃ仕方ないね。せっかくの3連休なのに・・」
「今日のところは名前と部屋だけ聞いて、クルマどれくらいの傷か見て
くるね。」
夫はそう言うと奈津美を部屋に残し駐車場に向かった。すぐに戻る
つもりの雅幸は鍵を閉めることはなく、奈津美もすぐに戻ってくる
と思い施錠に気を回す事もなかった。
3Fのエレベーター脇の非常階段には和哉、崇、侑が潜み、雅幸が
エレベーターで駐車場に向かうのを見届け、ニヤッと顔を見合わせた。

雅幸は駐車場に到着し自分のクルマ付近にとまる黒いワンボックス
に目を向けた。中から、金髪でがっしりとした体格の若者が出てく
る。ちょっとまともな人間ではない様に見え雅幸は怯む。
「ここ、擦ってしまったんです。本当に申し訳ありません。」
思いのほか丁寧に謝る健二に雅幸は安堵し心を許す。
「大丈夫ですよ。修理していただけるなら。同じマンションだし。」
「本当に申し訳ありません。もちろん修理は全部させていただきま
す。」
和哉の言うとおりだった。雅幸のように普段健二の様な不良と接触の
ない、しかも気の弱い人間は、見かけで怯んだ分、丁寧に謝罪すると
通常以上に心を許し寛容になり油断する。
「人目もあるし、連絡先を教えていただきたいので乗ってください。」
健二は雅幸を後部座席に案内した。2列目シートに雅幸が座るとドア
を閉めて健二が運転席にまわる。
突然、雅幸は背後から義人に襲われた。頸動脈を絞められ気が遠のく。
2人がかりで手足・全身を固定された雅幸は猿轡までされ一切の抵抗が
出来ない状態にされ、腹を思い切り殴られ気を失った。雅幸に毛布を
掛け、クルマを駐車し健二と義人もマンションの3Fに向かった。

5人揃ったところでいよいよ奈津美が待つ305号室に向かう。
「旦那大丈夫?暴れて騒ぎにならない?」
「任せとけって!アイツ1ミリも動けねえ様にしといたし声も出せ
ねえから!」
「あの部屋にさっきのあのオンナいるんだよね!!」
「ああ。2か月分、たっぷり楽しもうぜ!!」
健二がビデオを回し、義人がドアノブを引いた。やはり施錠していない。
夫が出て10分も経っていない。玄関の開く音に奈津美は出迎えようと
立ち上がった。
28歳新婚の奈津美の悲劇は幕を開ける。

LaZoo



幼馴染・親友・友達 | 【2018-06-11(Mon) 05:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

霊感女と娘-ミサとユリナ


霊感女‐ミサの続き

その後、何度かミサさんとホテルで一夜を共にしました。
ミサさんは恋人同士の様な雰囲気を出してきているので、それとなく聞いてみると
「私、恋人以外の人とホテルに入った事無いし…」
だ、そうです。

ソレはソレで良いんですが、娘に話されると「親子丼」が食べれなくなりそうなので、少々策を弄しながら頑張ってみました。
俺「娘さんって学生なの?」
ミサ「そうだけど、なんで?」
俺「いや…、微妙な年頃だし、母親に恋人ができたって知ったら何かと不便なんじゃないかなってね…」
ミサ「…。そうだよね。私も恋人が出来たって言うのはマズイ気がするんだけど、最近夜はどこに出かけてるの?とか色々聞いてくるんだよね。毎回毎回残業って言うのもね…」
俺「じゃあさ、不思議現象を研究するサークルに入ったって事にしておけば?」

こんな感じの会話で納得させておきました。
この会話の翌日からは、ミサさんは毎晩誘ってくるようになりました。
娘の目を気にする心配が無くなったからか、枯れかけの人生に最後の花を咲かせたかったのか…

ま、どうでもいい事なんですけど^^

で、次はこんな感じに。

俺「母親が毎晩出かけてたら、娘さんの生活が乱れない?」
ミサ「そうかなぁ。仕事で遅くなる事もあるし心配ないと思うんだけど…」
俺「ほら、就職難だし些細な事でも気を付けた方が安心でしょ?」

その後、ミサさんから「私のこと嫌いになったの?」的な質問を矢継ぎ早に受けましたので「俺は毎日会えればエッチ無しでも大丈夫だしミサさんの事好きだよ」的な方向に会話をもっていって、
最終的には
「俺が週に何度かミサさんの自宅で夕飯を食べる」
ということに落ち着きました^^
俺は「同じサークルに参加していてミサさんの自宅の近所で一人暮らしをしている不器用な青年」という設定になりました。

これで娘と会える!!
その一心で頑張ったので、会話の細かい内容は覚えていません…

最初の「お呼ばれ」の時には娘はサークルの用事で不在。
二回目でようやく御対面できました。

名前はユリナとしておきます。
本名はコジャレた名前に妙な当字。
霊媒体質(笑)な親が付けそうな名前です。
見た目は、まんまミサさんを若返らせた感じ。さすが霊媒体質親子(笑)です。

霊媒体質女(20歳)だけに、不思議な現象に関する話題さえ提供しておけば勝手に話が盛り上がるし一気に打ち解ける事が出来ました。
そこそこ打ち解けた事を見計らい「ごちそうになってばかりで悪いから」という理由を付けて、毎回酒を持参する事にしたら更に打ち解ける事に成功。
そして、お互いが完全に打ち解けて来た時にチャンスがやってきました。
ミサさんの仕事が忙しくなり、残業続きで連日帰宅が遅い。

俺はミサさん不在と知りつつも、勘違いしたふりをして家へ。
当然ですが家にはユリナちゃんだけです。
そこでミサさんの携帯に電話をすると
「ごめんねー。仕事終わりそうにないから2人で何か食べといて。」
すでに親子から充分に信頼されていたので予想通りです^^

で、どうせだからってことで外食をする事に。
もちろんユリナちゃんに食べたいものとか行きたい場所など一切聞きません。
ホテル街に隣接する居酒屋へGOですGO^^
一応、ミサさんと行った地区とは別のところに行きましたけど。

そして散々酔っぱらったところを見計らって、ある計画を実行することにしました。
事前の下調べで、ユリナちゃんは「予知夢」とか「虫の知らせ」に傾倒しているそうです。

そこで、

俺「この前に家に行った時、ユリナちゃんすごく酔っていたけど記憶ある?」
ユリナ「う~ん。この前っていうか最近いつも最後は酔っぱらっちゃうし覚えてないかも…」
俺「そなんだぁ。[俺と付き合ってる夢を何度も見た]みたいなことを繰り返し言ってたんだけど(笑)」
ユリナ「そうなんだ…」
俺「え~。お母さん言ってなかった?」
ユリナ「ママも酔っぱらって覚えてないんじゃ…」

ユリナちゃんは、この会話を切っ掛けにして俺に対して激しいボディータッチを繰り返すようになりました。
「予知夢で俺と付き合っている」
→「実際に付き合わないと予知夢が完成しない」
みたいな発想なんですかね。心理学とか良く知らないし、"結果良ければすべてよし"なのでどうでもいいですが^^

あ、ボディータッチと言っても、エッチな感じのヤツじゃなくて
「偶然をよそおって手が触れる」
「酔ってバランスを崩した振りをしてしなだれかかってくる」
とか、ソレ系のやつです。

とはいっても、こういうのってホテルOKのサインですよね?
なので、後々の事も考慮して
「フィーリングが合いそうなの感じは分かっていたんだけど、お母さんと友人なので誘い辛かったんだよね。でも~」
みたいな感じでホテルに連れ込む事が出来ました。

内容はというと…
処女ではないけど経験不足なのと、酔っている割には恥じらいが捨てきれず…
といった感じ。
至って普通のエッチでした。

本題はここからです。
やっぱり目指すべきは3Pですし^^

なので、3人での食事の時には不思議な現象の話題と並行して、フリーセッ○スを信条とする宗教の話題を毎回振る事にしました。
ほら、色々ありますよね?
密教系とか。
あとは欧米の自然回帰主義的なのとか。
ネットや本屋の立ち読みで可能な限りネタを探しました。

実際のところ「俺とミサさん」「俺とユリナちゃん」は関係がありますし、ミサさんとユリナちゃんは母子家庭の親子だからなのか、ベタベタするのに抵抗が無い見たいなので、3Pに突入するのにそれほど時間は要しませんでした。

一番初めの3Pは
「ミサさんとユリナちゃんにキスするように仕向け、酒で酔っているのと親子間でのディープキスで常識がぶっ飛んだところで俺が合流する」
といったスタイルで開始しました。

人生初の親子丼。
確かに。
確かに興奮します。
例えば
「上がミサさん、下がユリナちゃんの69状態の時に、上になってるミサさんに俺が挿入する」
ベタですが
「片方に挿入しつつ片方に手マン」
とかね。
でもね…
結局のところ、俺には同時に2人を満足させるだけの精力もテクニックも無いんですよ…
初めこそ大興奮してアンアン言っていた霊感親子も次第に冷めてきましてね。
そんな折に親子で俺とのエッチについて話し合ったそうです。
2人とも、俺と付き合いつつ母親(娘)に御裾分けしている感覚だったみたいです。
そこで親子喧嘩が勃発。
でも冷静になったら「俺が全て悪い」って事に気付いちゃったみたいです。

で、解散になりましたとさ。

親子丼に夢のような幻想を抱いていましたが、現実ってこんなもんなんですかね。
ゴミクズが3人で潰し合ったと考えると妙にスッキリする今日この頃です。



幼馴染・親友・友達 | 【2018-06-05(Tue) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

柔道部さやか

今は閉店した、テレクラでの過去の経験だが、今とは違い、○学生のコールも多々あって色んな体験出来た。ある春休みの昼すぎに、近くの神社で居るからドライブに連れて行って欲しいとのお誘いがあった。
声からして幼い雰囲気がして、実際に迎えに行くと地元の中○生さやかでした。最初は雑談しながらのドライブだけだったが、恋バナから体験バナになり、妖しい雰囲気に・・・
同級生との経験は済んでるが、身勝手で愛撫も乱暴で痛いだけで、友達に相談したら、テレクラを教えてもらい、かけてみたとの事。こちらもそう聞いたなら、期待に応えてあげようと相談に乗ってあげました。
色々話ししていくうちに、さやかちゃんもスイッチが入ったみたいで、「大人のち○ぽが見てみたい」というので、人気のない海岸沿いに車を停めて、望み通りにズボンを下ろしズル剥けのち○ぽをみせてあげたところ、同級生とは形や大きさが違い、エロくてヤラシイってコメントをもらいました。(笑)
おもむろに握りしめてきて、フェラをし始めてきたさやかは、「うそ~~~まだまだ大きくなるやん。デカい・・・凄い・・・」こちらも大人と○学生との違いを理解させるために、愛撫も丁寧かつしつこく、あと少しでイクって寸前で寸止めをし、ノーパンで近くを散歩させました。
途中のベンチで座り、足を開かせて指を二本ま○こに入れてみると、○学生とは思えない洪水っぷり。
「恥ずかしい・・・けどメッチャ興奮してきた。さやかち○ぽ入れて欲しい!」人気の無いのを確認し、下半身を露出させそのまま挿入。
「凄い凄い!デカいち○ぽ入ってるのに、痛くない!彼氏のち○ぽの倍あるのに!」さやかは教えたわけでもないのに淫語を発してセックスに夢中になり、手すりを掴んでの立ちバックでは大人顔負けのヤラシイ腰のグラインドをしてました。「どこに出して欲しい?」と聞くと「生理まだやから、中に出して欲しい!大人の精液中出しして!」との言葉にはびっくりしたが、望み通りに膣中に注いであげました。ち○ぽが抜けたから、後始末しようとしたら自ら進んでお掃除フェラでキレイにしゃぶってくれました。再び勃起すると、さやかから「まだ出来るん?ホテルで二発目して欲しいなあ」とお代わりのおねだり・・・
ホテルに移動中も車内で運転中もフェラ三昧。○学生とは言え、スイッチが入った女性のヤラシさにはびっくりしたなあ!

ガレージから入れるラブホに着くと、さやかは今までラブホに来たことが無かったらしく、興味津々で「キレイな所でビックリ!でも此処って、みんなオ○コしに来るんやでなあ?」と、すっかり調子づいてきた様子です。ガラスで丸見えのお風呂にも、備え付けの電マにも、AVから聴こえる喘ぎ声にも興奮して、「ねぇ、早くおかわりして欲しい!今度はさっきよりもっといやらしくセックスがしたい!」と、とことんスイッチが入った状態でした。「じゃあ、お風呂に入ってから続きをしよか?汗流してからたっぷり可愛がったるよ」と言うと、「お風呂に湯が溜まるまで、チ○ポしゃぶっててもいい?」と待ち切れ無い様子です。
やがて風呂にお湯がたまり、ふたりで洗いっこしたのちに「壁に手をついてお尻を突き出して!」と言われ、言うとおりにしてみればおもむろに両手で俺の尻肉を掴んでひろげ、アナル舐めを開始しはじめました。突然のハードな愛撫にビックリしたが、手馴れたかんじでアナルにディープキスの状態で舌先が肛門からズリっとネジ込まれました。そのまま舐めながら、手は垂れ下がるキ○タマを揉み、棹をしごくという、風俗女顔負けのテクニックを披露され、我慢の限界を伝えると「あんっ、あかんて!すぐにイっていいから、お○こに入れて!チ○ポブチ込んで!」とのおねだり・・・
なんとか射精を堪えて、四つん這いにさせると仕返しとばかりにアナルに指を差し入れ、優しくヤラしくホジリ廻しながら、望み通りに挿入しました。
Mっ気も手伝ってか、「チ○ポブチ込みながら尻叩いて、真っ赤になるくらいに叩いて!」と全開ドMの状態でした。バシーン、パチーンと乾いた音を風呂ばに響かせながらのプレイは、今まで経験のないくらいに、異様に興奮するとともに、二発目と思えないくらいの射精の前触れでした。

四つん這いの状態で、そのままの行為を続けてたが限界近くになり、さやかに「どこに出して欲しい?」と聞くと「顔に掛けて、精子顔に掛けて!」との発言。射精間近まで動かし続けて「イクぞ!」と言った後、上体を起こして顔面をち○ぽ近くまで近付けたさやかに遠慮せずに射精しました。ビュルビュル飛び出る精子は、額から鼻から顎に至るまで満遍なく覆いつくしました。今までの経験でもここまで沢山でた事ないくらいな量と、放出の快感でした。さやかもここまでいっぱいに掛けられた事が無かったらしく「最高~~~!今までのセックスがママゴトみたいやわ!」と、顔を覆う精子を指で集めて、口元に入れていく仕草は、とても中○生には見えません。S心を刺激され思わず「お掃除フェラしろよ!でないとち○ぽ上げないよ!」と言うや否や、待ってました言わんばかりに亀頭にむしゃぶりついて、残った精子を吸い尽くすように「ヂュルっ、チュパッ」と音を響かせていました。風呂場を出た後、タオルで身を包むのもそこそこに、俺の手を引っ張りながら「まだまだまだ出来るやんなあ?お代わり頂戴!」とベッドで催促されました。「頑張って奉仕してくれよ~~~(笑)」と言うと「好きに責めていい?ヤラシイ技見せたるね!」と言った後に、「じゃあ腰の下に枕いれて、下半身浮かして足を広げて!」と言われたのでその通りの体制を取ると、お尻と膝を自分で抱きかかえるように割り込んできて、タマにむしゃぶりついてきました。ヨダレまみれにして、尻までつたうくらいにすると、親指の腹の部分で蟻の戸渡りを刺激し、中指でアナル周囲を揉みほぐしてきます。たまらず声が出るくらいの快感で、再びち○ぽはムクムクと固さを取り戻してきました。「やったあ!起ってきた!さやかの勝ちな!」と誇らしげに勃起ち○ぽを握り、「奥までしゃぶるね!驚くで!」と言うと、腰下の枕を外し横に手をついてち○ぽをくわえていきます。モゴモゴしながらズルッと喉に届いてと思う程深く頭を下げていき、唇が陰毛に触れたのが判りました。「苦しくないんか?」と聞くとニコニコしながらわずかに横に首を振り、ディープスロートをし続けます。「すごいやろ!さやか喉ないって言われてんねん!でもこのち○ぽはさすがにデカいわ!」と言い、勃起を握りしめながら微笑んでいる表情はもはや中○生とは思えないくらいでした。

「なんでそんなにヤラシイん?まだ中○生やろ?」と聞くと、テレクラを教えてくれた女友達がエロの師匠らしく、「その子のうちに遊びに行ったら、裏ビデオとか大人のおもちゃとかいっぱい有って、見ながら練習したらいつの間にかディープスロート出来るようになってん!でもお兄さんのち○ぽ、男優よりおもちゃよりデカかったから、びっくりしたけどな!入るかなあ?って思うよりも、このち○ぽ入れたら絶対気持ちええ筈やわ!って思う気持ちの方が大きかったなあ!」とのコメントでした。
「その子もエロいんか?」と聞くと何か感づいたらしく「あ~!友達紹介してっ言うんちがいやろなあ?あかんで~私のち○ぽやで!誰にも見せたないわ!私のモンにしたいからあかん!」と早くも彼女気取りです。
「じゃあ、さやかちゃん。いや、さやかこのち○ぽを今からどうしたいんや?」と聞くと「さやかのち○ぽやから、さやかのお○こに入れてください。」と呼び捨てにしたのがきっかけになったのか、従順になっていき、自ら騎乗位で跨ってきました。自ら腰を前後左右にくねらせながら、「あかん!めっちゃ気持ちいいよ!子宮に当たってるぅ~~~!体突き破られそう!」と、グラインドを続けます。その騎乗位も、俺の体には手を付かず、自分の膝頭に手置いてのグラインドです。時折挿入してる箇所を覗き込みながら「あ~んエロいよ~~~!デカいち○ぽお○こに入ってるよう~~~!腰止まらへん、壊れそう!さやか壊れそう!いくっいくっいくっ~~~~~~!」と絶頂に達して手を胸に付き、その後胸元に崩れてきました。しばらくはそのままの体制で胸を合わせるようにひっついてはぁはぁと喘いでいましたが、体を離すやいなや「さやかをお兄さんのモノにしてぇ。さやかでいっぱいイッていいよ!」と言い、再びディープスロトを始めて顔を振り乱しながら「ズビュ、ズルッ。ヂュパ」と音をたてながらしくフェラチオをし続け始めました。前方に見える双丘の動きもイヤらしく、思わず指を舐ってからさやかのアナルに差し込みました。

こちらは未開発の様で、アナルの窄まりもくすんだ色になっていなくて、ピンク色に近いキレイなアナルでした。枕元にはローションが完備されていたので、おもむろにアナルに注入して、自分の手にもまとわらさせました。アナルにローションが入って来た時、「ヒッ!」っと驚きの声を上げましたが、「ヤラシイさやかのアナル開発したるな!」と言うと、「嬉しいけど怖いなぁ~。彼氏と試したんやけど無理やったし、このち○ぽデカいし、やっぱり怖いわ・・・」と言い終わるやいなやのタイミングでローションまみれの親指をグイッとアナルにねじ込んで、のた打ち回らせました。突然の行為に驚き「アッ、アッ、アッ~~~!」と嬌声を上げましたが、しつこく責めていると「お尻熱くなってきたあ、変な感じやけど、気持ちええかも!」とこちらを振り返ってとても中○生とは思えない妖艶な微笑みを見せるさやかでした。
「でもまた今度開発してね!今日はち○ぽでさやかのお○こぐちょぐちょにして!さやかのち○ぽ、デカいさやかのち○ぽお○こにブチ込んでぇ~~~!」と、甘えて来ました。胸元に頬ずりしながら乳首を舐めながら、片手は勃起したち○ぽを弄り、自分の濡れたお○に擦りつけてきます。アナルからこぼれたローションも手伝ってか、挿入していないのにぐちょぐちょと音をたてて、さやかの股間と手のひらの間で素股の状態です。「素股もできるんや!!でもイキそうや」と言うと「あかん!お○こに出して、お○こに入れてから中だしして!」と、我に返って膝立ちの状態で騎乗位で自ら挿入してきました。「あ~ん、彼氏と別れるぅ~~~!このち○ぽ、このデカいち○ぽのお兄さんの女になる!お兄さん大好き!」と狂ったかのようでした。

さやかは地元の中○校に通っていて、私自体地元で働いているので、都合を合わせてはいつも濃厚なセックスを繰り返していました。さやかも3年生になり受験生ですが相変わらずの淫乱ぶりで、いつ勉強しているのか不思議に思いました。気になって「さやか、受験やろ!お○こばっかりしてたら高校行けやんぞ!しばらく控えるか?」と言うと「おにい、さやかの事心配してくれてるん?まあ、会ったらセックスばっかりやもんな!でも大丈夫やで!」と言います。「何が大丈夫なん?さやかの人生まで狂わせる訳にいかんやろ?ちょっとは言うこと聞かんともうしたらへんぞ。」と言うと「おにい、さやかお○こ好きのアホな女の子と思てるやろ~!びっくりすんで、さやか私立○天○寺受けるんやで!」ちょっとびっくりしました。女子私学ではナンバーワンの学校です。おまけにIQ180のいわゆる天才レベルです。「なんでさやかそんなに賢いん????」
「さあ?(笑)、勉強で苦労したことないから判らへん。でも、強いてゆうたら、セックスしだしてから特におにいとやり始めてからは時間欲しいやん!こう見えても、親の言うことってどこも同じやんか!勉強しろって!だからさやかは親に文句言われへんような成績取ってたら、好きにしてても何も言われへんと思ってんねん!」
見事な考えです。あほ丸出しな、欲望のおもむくままのお○こがさやかのスキルアップにつながっていたのです。「おにい、今日は親に泊まりで遊びに行くって言うてきたから、覚悟しいやあ!(笑)」その日のセックスは今まで以上の激しいものとなりました。

さやかの意外な一面というか、普段とのギャップをまだ受け入れることが出来ずに「真面目な話しまだ信じられへんやけど、さやかはなんでおにいと付き合ってくれてるん?セックスばっかりが理由ちゃうやろ?なんでなんや?気になるわ。」と、一応真実を知る義務があると思いさやかに尋ねてみました。
さやか曰わく「最初のきっかけはテレクラやんか!どちらかといえば後ろめたいやん。でも、おにいは最初は子供扱いしてたけど、段々普通の女性として扱ってくれたし、セックスしてない時は、子供やなくてきちんと彼女扱いしてくれてたやんか。なにより、普段さやかの話しをきちんと最初から最後まで茶々入れらんと聞いてくれたし、さやかを対等に見てくれてる。私はこの人に相応しい人間にならなあかんのやなあって思ってん。」
思わず涙ぐむような言葉でした。でもその後の言葉がいかにもさやからしく「大人扱いはセックスだけじゃ不満やねん!セックスしてる時も、してない時もさやかはさやか。エロいけど、これでも普通の女の子やで、話しはこれくらいで、さあ、しよか~。(笑)」
おもむろにズボンのベルトとチャックに手をかける小悪魔がそのかわいらしくも妖艶な笑いを見せました。
そして「さあ、新しい技見せたるわ!覚悟しいやあ!」というやいなやディープスロートを開始しました。舌遣いも格段にレベルアップしていて、あっという間にフル勃起状態になります。しかし、さやかの言う通りここからがいつもと全く違いました。唇が陰毛に当たるくらいにクワエながら上目使いにみながら微笑んかと思った時から違和感を感じました。何かムズムズする感触がしたかと思うと、亀頭が痺れてきました。まるでバイブを当てられてるみたいです。さやかを見てみると口元だけでなく喉元を震わせているようでした。その痺れ感も段々激しくなり「う゛~~~ん、う゛・~~~ん」と意図的に激しくしているようすです。今までにない感触に下半身全体が性感帯になってしまったよに、熱く溶けてしまいそうな気がしました
「こんな技、どこで仕入れきてん?」
バイブを当てたかのように、喉をビブラートさせ、ち○ぽ全体が振動を感じます。いまだかつてない経験でした。ディープスロートしながら、両手はわたしの尻を掴んで密着したままです。仁王立ちしてのディープスロートは、さやかに征服されているようです!
なにせイラマチオする必要が無いほど深くくわえ込み、快感で打ち振るえて腰を引きたくても、がっちり尻肉を捕まれては逃げようがありません。「さやか、あかんて!お兄ぃ下半身溶けてしまいそうや!許してくれや~~~」
さやかは勝ち誇ったように「な、お兄ぃ覚悟しときやって言ったやろ!(笑)でも・・・許したらへん!覚悟しなさい!(笑)お兄ぃを壊します!」
そう言うや否や、再びバイブディープスロート攻撃が開始されました。先程とは違い、両手を股間から入れて尻肉を抑えつけています。そして、一旦ち○ぽを離したかと思うと、右手の親指を舐って自分の唾液でベトベトにし「さあ、お兄ぃの好きなとこ愛撫したげるな!もちろんち○ぽはしゃぶったままやで!これでイカしたるから、楽しみにな!」と言うと、アナルに親指を当ててゆっくりやんわりホジりだしました。日頃からフェラチオの時は必ずアナルに刺激を加えて、カチカチに勃起させるのがさやかの習慣でした。さやか曰わく「おにぃ、アナル弱いって言うか愛撫されるのん好きやん。さやかおにぃやったらなんでもしたげるよ!気にせんといて!愛するおにぃやったら汚くなんかないからね!」その言葉には愛を感じますが、下半身はガクガク震え、爪先から太ももにかけて熱く痺れるような痛みにも似た快感です!「あっ、あ~~ん、もう無理や!イキそう~!爆発しそうや!下半身溶けそうや。勘弁してくれ・あっあっあ・・・」あたまの中が一瞬スパークしたみたいに、目の前が白くなり、やがて黒くなりました。そうです、中3のさやかに失神させられたのです。この後さやかもびっくりしたみたいでしたが、「おにぃ大丈夫?」って聞いてきました。なんとか返事しました。恥ずかしいですが、同時に失禁もしたようで、「わっ、わ~」とさやかの声が聞こえたと思うと、ち○ぽあたりにまた温もりを感じました。気を取り直したところにさやかが「ごめん、やりすぎたかも!おにぃ大丈夫?おしっこ漏れてきたけど、さやかが受け止めたからどこも汚れないよ!おにぃ大好き!」


幼馴染・親友・友達 | 【2018-05-31(Thu) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

素敵なオジサン達

「ようやくケリが着いた。」との連絡を受けたのでカキコ
12月の頭にあった従姉の結婚披露宴(の後が)不幸だった。
新婦である従姉は昨年春短大を卒業して、叔父に当たる人物が経営してる会社に就職
新郎は、其処に出入りしていたトラックの運転手【DQN】
因みに、社長である叔父さんと専務である叔父さんの弟叔父は
結婚には、大反対。理由は「馬鹿だから」

ハレの日、結婚式場には来るわ来るわ
新郎友人達のDQNカー軍団、そう新郎は今じゃ田舎物の代名詞みたいに
言われる、ドリフトチーム&腐れVipカーの出来損ない軍団のリーダー
お前等披露宴で酒呑んだら運転しちゃ駄目でしょ!
しかし、ど派手なドリ車&低車高の腐れVipを押しのけて
式場の真ん前にど~んと鎮座するのは
叔父が乗ってきた日産GTRspecVの黒&弟叔父の乗ってきたランボルギーニ・ガヤルド外装黒内装赤の革張で
大きな羽付き。
叔父兄弟は地元でも割と有名な車好き、叔父は若い頃、ダートラ&ラリー&ジムカーナのドライバー
弟叔父は、10年くらい前まではシビックやらザウルス?やらで九州地方じゃ有名なドライバー
ドリ車やVipカー見ても、「ゴミが走りよるわい」くらいにしか思わない。
披露宴でのプチ不幸で始まるその日の騒ぎ
酔っ払った新郎友人DQN数名が、ウェディングケーキの泡クリームをすくって
ピンピン指で弾いて飛ばし合い
新婦友人の着物について大迷惑
別のDQNが、新婦友人の着物の胸元に手を入れて張り倒されたり
挙げ句、新婦側男連中につまみ出された。
宴もたけなわ
DQNどもの乱れに乱れた酔っ払い行為で、叔父達が大激怒
詳しく書くととても正気じゃ居られない。

決定的な不幸は披露宴が終わり、叔父達が移動をしようとするときに起こった。
叔父は、披露宴の後100?ほど走り県庁所在地での同業他社のパーティの後
地元にトンボ帰りして知り合いのお通夜に出席予定だから酒は呑んでない
弟叔父も、逆方向へ100?ほど走り銀行その他取引がある方々とゴルフの後に
兄弟でお通夜出席で、こちらも一滴も呑んでない。
新郎新婦が見送る中、客が帰り始め恐ろしいことに腐れDQNどもは
式場が用意した帰りのバスに乗ろうともせず、駐車場でボロ車のエンジンをかけ始めた
万が一帰りに馬鹿が酔っ払い運転で捕まれば式場が大迷惑、いやさ
事故でも起こせば相手が大迷惑
式場係員数名が、押しとどめようとするも、中の1台(ドリ車)が駐車場で
ドリパフォーマンスwwww
釣られた馬鹿が、4~5台同じように駐車場の中を煙と爆音あげて走り始めた。
ここに来て、叔父達の怒りが大爆発
片付け中の会場からビールの空き瓶持ち出して
暴走してる車に投げつけると、馬鹿が飛び出して来て叔父と殴り合いに
しかし弱い弱すぎるwwww
酒で気が大きくなってるだけのDQNが、腕一本で会社大きくして
フェラにランボにポルポルベンツを専用車庫(住宅雑誌に載るようなww)に納めるまでになった叔父達に叶うわけもなく
あえなく轟沈、しかし見ていただけのDQN数名が応援に駆けつけて
弟叔父に張り倒されて、腹立ち紛れにGTRとガヤルドの屋根の上に乗り
ブレイクダンスwwwwwwww
結局DQN達8人は取り押さえられ、式場内の別室に監禁
最年長は24才、最年少は20才のDQN8名は、全ての予定をキャンセルした
叔父達二人に酔いが覚めるまで正座wwwww
新郎は叔父に土下座し続け新婦はギャンギャン泣きわめく最悪の披露宴になりはてました。

その後は、こわ~~いこわ~~い叔父さんと、もっと怖い法律が武器のオジサン、他の種類の怖いオジサン達を相手に
損害賠償のご相談wwwwwwwwww
日産GTRSpecV約\1800万
ランボルギーニ・ガヤルドe-ギア内装別注で\2300万
2台合計¥4100万円
これ単体だと、とんでもない金額ですが
8人で均等に割って1人頭¥5125000wwwwwww
「ゴミみてぇな車に金突っ込む連中だから、これっくらい安い安いwwwwww」とは弟叔父の弁
因みに8名のウチ3名は親がwwww
3名は、車の改造で首が回らない状態だから怖いオジサン達に連れられ
中○と広○と○に、
2名は地元でwwwwwww

現在、従姉である新婦はクリスマス前から実家に
新郎のDQNリーダーは、会社クビになりその後は解りません。
因みに叔父さんは、「GTRエゴイスト注文したぜ!・ガヤルドは今度はスーパーレッジェーラにしようかなwww」と
喜んでおります。





幼馴染・親友・友達 | 【2018-05-30(Wed) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*