FC2ブログ

女が嫉妬に狂うと・・・


主な登場人物

私子:大学生2年生
彼男:私子の当時の彼氏・大学生2年生
 まち子:彼男のサークルの女
 さとし男:彼男のサークルの男

見た目とは違って、まじめな彼男。大学一年からの交際は順調にいっていた。
ところが、ある日、私の携帯に見知らぬ番号から電話がかかってきた。
まち子と名乗る女からで、
「彼男と別れてほしい。私(まち子)は彼男と同じサークルで、サークル公認で付
き合っている。」
とのこと。電話でのまち子が言い分では、私子が彼男の単なる浮気相手らしい・・・。
とりあえず、彼男と話し合ってから折り返し連絡するといい、電話を切る。
何がなんだかわからない私。
女友達に相談し、指示をあおいでから彼男に電話をする。
彼男「とりあえず、すぐに会って話そう。」
私子「わかった。じゃあ、家に来て。」
といい、電話を切る。

彼男到着。
なぜかなごやかに話し合いスタート。
会話をまとめると、

私子「あなたと同じサークルに所属しているというまち子という人から電話があって、
  あなたと付き合っているといわれたよ。私子は単なる浮気相手ですよだって。どういう
  ことなんだろう。」
彼男「まち子は確かに同じサークルだよ。でも、付き合ってはいないし、好きじゃない。俺
  の好きなのは私子だけだ。」
私子「じゃあ、なぜこんな電話がきたの?」
彼男「・・・・・・。前から告白はされていた。サークル内でもかなりおおっぴらげに好き
  だとみんなの前でも言ってくる。でも俺には私子がいるから相手にはしていなかった。」
私子「わかった。彼男を信じるよ。でも、このままでは済まされないと思うから、まち子さん
  きちんと納得してもらってほしい。そのために二人でしっかり話し合ってきてほしい。」
彼男「わかったよ。近いうちに連絡して話し合ってくる。迷惑かけてごめん。まさかこんなこ
  とになるとは思っていなかったから、まち子のこともないも言わないでいた。本当にごめ
  ん。」

今まで彼男は私に嘘をついたことはなくて、誠実な人だったので彼男のいうことを信じた。
で、二日後、彼男から、「明日、まち子と会って話すことになった」と連絡がきた。
私子は彼男に「まち子との話し合いが終わったら、報告しに家に来てほしい」と伝えた。

私はもうこれでほぼ片付いたと思っていた。ちょっと楽天的過ぎたこと今は反省してます。

後日、私のところに彼男から連絡が来た。
「まち子が私子に会いたいと言っている。あと、同じサークルのさとし男も一緒にいるから三
人で家にいっていいか?」
とのこと。
なぜ三人???と疑問におもいつつ、了解してしまった。

 後でわかったことだが、さとし男はまち子に、私子の悪口をさんざん聞かされていたらしい。
 で、さとし男の中で、彼男は、悪い女である私子にだまされているという設定が成立してい
 たらしい。さとし男はまち子と彼男がくっつけばいいと考えていた。
 だから、私子の家に来て、私子の化けの皮をはがそうと、まち子と一緒にいう計画していたら
 しい。。。。友達想いなんだかなんだか・・・・・(後日談)

お三方到着。
まち子、速攻悪態をつき始める。私子の部屋にある彼男との写真たてをみるなり床に投げつける。
私、べっくらこくΣ(○ Д○;)

 まち子「あんた、いい加減にしなよ!!彼男をだまして!ほかにもいっぱい男いるんでしょ!」
 さとし男「彼男、お前、私子にだまされてるんだよ!この女はほかの男とも付き合ってるんだよ!(まち子情報)」

私子、彼男目を見合わせてびっくり。どうやら豹変したらしい。

・・・いったい、さっきまでどんな話し合いをしていたのか。どうやら私子の家に上がりこんで
   彼男を私子の目の前で説得するのが二人の作戦らしい。・・・

私子自身、そんなにもてないし、彼男としか付き合っていないことは自分自身よ~くわかっていたので
まち子とさとし男の言い分が間違っているのは確信していた。
まち子とさとし男に、彼男が「私子はそんな女じゃないよ!お前ら二人が私子をわかってない!」
 
 まち子「彼男かわいそう。。。だまされてるのに。」
 さとし男「彼男、お前いい加減にきづけよ。まち子がこんなにまでお前を助けようとしているんだぞ!」

とりあえず、夜中だったのでマンションの他の住人に迷惑になるから今夜は帰ってほしいと伝え、
まち子とさとし男をなんとか追い出す。

彼男と私子の二人が部屋に残り、疲労感いっぱいで話し合う。途中残り物鍋焼きうどんを食べながらw

ここで彼男に確認したのは、
 私は彼男以外と付き合っていない。チョイ悪女なのは認めるけど、
 まち子たちがいうほど悪くない。
という二点。
彼男も改めて、
 まち子とはただのサークル仲間だし、なんとも思ってない。
 さとし男もサークルでの付き合いのみで、さほど仲良くない。
と言ってきた。

で、私子は彼男に、「まち子さんは彼男のことが好きなんだと思う。だから私子が気に入らないんだね。」
といった。
彼男は「今回のことに終止符をつけるためにも、俺はサークルをやめる。まち子とはもう連絡をとらないよ。」
といった。

そんな感じで話し合っていたとき、ドアを荒々しく叩く音がした。
時計をみると、午前2時過ぎ。客なわけないと思い、おそるおそるドアののぞき窓から外をみると、
まち子がいた。なんか叫んでる。よく聞き取れなかったが、私子の悪口を言っている様子。

次で最後です。

かわいそうだったが警察に電話。

すぐに警官到着。警官にはその場で軽く事情を聞かれて、まち子のみ連行。
時間も時間だったので、私子は後日警察に行くことに。

とりあえず、私子と彼男には近づかないようにしてもらった。
ストーカーではないけど、迷惑条例?みたいなので手続きしてくれた。

その後、まち子は音沙汰なし。私子は先月無事引越しを済ませ、もう二度と会うこともないと今は安心してます。

さとし男については、この警察事がおこった二ヶ月後に、私子と彼男の三人で会い、事情を説明。
勘違いしていたこと、迷惑をかけたこと誠心誠意謝ってくれた。基本、友達想いでやったことのようなので
怒る気もなく、許した。で、まち子の動向を教えてもらった。

どうやら、まち子は警察沙汰になったことが親にばれ、故郷に強制送還。仕送りをとめられたらしい。
大学も退学。今はどうしているかわからないとのこと。どこかでしっかり更生していればいいのだが・・・

以上です。
たいした修羅場ではないですが、引越しを契機に過去のことにしたかったので指数関数的に投下させてもらいましたw
すれ汚しすみません。



不倫・浮気・寝取られ | 【2017-04-16(Sun) 21:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

愛の裏切り

嫁壊した俺がいうのもなんだが
女を殴るのは基本的によくないよ
俺は半分殺すつもりだったからね
そこまでの気持ちが無い人は殴らない方がいい

10年ぐらい前の話だ
当時20代半ばの俺
嫁は3つ下
浮気がわかったのは友達からのタレコミ
俺の仕事は工場勤務で機械メンテナンス
夜勤有りで3日出て3日休み、4日出て4日休みの勤務

ダチから電話があって話があるという
ダチとあって聞いた話しじゃホテル街で嫁そっくりの女を見たと
絶対見間違えないとのこと

そういえば最近嫁がよそよそしかったり
アレをこばんだりすることがあった

ダチは営業マンで昼間町中でいることが多い
俺もなんとなく嫁がおかしいと思っていたので
ダチ仲間を使って監視をはじめた(ダチ3名)

1ヶ月してから嫁のシッポをつかんだ
ホテルを利用することもあるみたいだが
主な交尾場は俺の自宅と判明
俺が夜勤中に男を連れ込んでた模様
特に金曜、土曜に集中してる
たぶん男が週末休みなんだろう

俺が出勤の振りして家を出てから1時間もしないうちに
一人の男が家に入った
30分ぐらいしてからダチともに家に入った

案の定、ベットの上の二人
まず男を引きずり出しボコボコに
嫁は風呂場に連れて行って水攻めで窒息寸前までやった

二人は俺が本気なのを知り、命乞いをしてきた
とりあえず経緯を話させると
嫁は週に4日ほど事務のバイトに行っている
男はそこの社員で独身30前
忘年会で仲良くなりその内こういう関係になったらしい
しゃべらした後に男をまたボコ開始
当分飯が食えないように腹を重点的に攻撃したあと
陰毛をライターで焼いた

嫁はお決まりの許して、あなただけ愛してる
やり直させてなので今後のお前しだいだということで話を終わらせる
だが俺の復讐はこれからが始まり

俺の生い立ちをちょっと語る
親父が酒乱で俺や母に暴力を振るうような香具師
中学の時、母と母の実家に逃げてなんとか離婚した
その後じいちゃん、ばあちゃんが立て続けに亡くなった
女手一つでおふくろが俺を育ててくれた
俺が結婚して2年目におふくろが膵臓ガンで他界
ガンがわかったときにはすでに手遅れだった

俺の母の見舞いも嫁はよくやってくれて俺は本当に感謝していた
俺はもう天涯孤独の身だ、だからよけいに嫁を愛していた
それなのにこの仕打ち、俺はすべてがどうでもよくなった

次の日から嫁は無視攻撃
寝室も別、食事も俺は外食
嫁が作った飯をクチにするとトイレに駆け込む
不眠症になったと嫁を責める
心療内科にも通うなどをつづける

男の方は家族関係まで調べ上げて
両親、妹(中学生)がいることを把握
実家から仕事に通ってる

男の方には携帯に今の俺の家庭崩壊状況を話して追い込み
自宅にも何度となく無言電話をやる

妻はつらくなったのか浮気発覚後1ヶ月で仕事をやめる
家の中でもぼーっとしてるか、部屋に篭って泣くばかり
もうどうでもいいがね

男の妹に下校時に接触
「君のお兄さんはひどい男なんだよと」忠告
男が良く行く飲み屋などもダチと調べ上げる
ヤツの生活圏を把握する

男もだんだん壊れてきた
妹ともどうも中が悪くなったらしい
「妹には近づかないでください」
「人の妻をおもちゃにしてよくそんな事が言えるな」
「お前の家族をどうするかは俺が決めること」
「警察に垂れ込んでもかまわないよ」
「俺は初犯ですぐに出てくるし、俺のダチはたくさんいるから」
「許してください、許してください、許してください(涙)」
「じゃあその内また会おうぜ」

嫁の母親が家に訪ねてきた
嫁がSOSを出してたみたい
嫁母はやり直しを求めるが、
「お母さん、俺はコイツが間男とSEXしてるのを見てるんですよ」
「離婚するかやり直すかは俺が決めることでしょう」
「なんならこいつがどういうことをしていたか話しましょうか?」
嫁母絶句、スゴスゴと帰っていった

このことが俺の逆鱗に触れそれから嫁の存在をまったく無視することにした

嫁は本格的におかしくなり病院通いに
男の方はコイツが飲みに行ってる場所に
俺のダチと突撃、友達と楽しくやってるヤツにからむ
その内、間男ダチがやめろと制してくるが
構わず大声でコイツは人の妻を寝取った最悪の男ですとわめく
最終的に間男ダチたちと俺ダチの乱闘に(一応外で)
奴の生活圏を破壊していく

嫁は無視攻撃につかれはて実家に非難
ころあいを見計らって嫁両親に離婚通告
俺は嫁のせいで心療内科にまで通わなければならなくなった
この女のせいで俺の人生はむちゃくちゃだと追い込む
俺はもうどうなってもいい、お前ら家族ともども破壊したいと宣言
(電話攻撃や嫁実家突撃、嫁父仕事帰り待ち伏せなど)
アチラの両親も俺が心底恐ろしくなり、嫁親が俺に慰謝料を
100万払うことで離婚する
実際俺は壊れていたし、今も人間的感情が乏しいと思う

嫁は安全地帯だと思っていた実家まで侵食され
本格的に狂っていったように思う
自殺してくれないかな?と思ってた俺

後は間男の方だ

嫁とも離婚して後は間男のしまつ
この時点で奴は妹とも仲が悪くなり家でも居づらくなり
自分のダチの中でも評判は落ちる一方
離婚したことを男に電話で告げる
「お前のせいで離婚したぜ、これからマジで落とし前つける」
「許してください、許してください、許してください」
震え上がる男

週末ヤクザのような(苦笑)ダチ3人を連れて
間男実家を突撃、アチラ家族にもすべてを話す
声を荒げてとことん家族ともども脅す
「この糞野郎のせいでコッチは離婚だ」
「慰謝料をきちんと払え」
「お前らは息子にどんな教育してんだ」
「お嬢ちゃんまたあったね、本当にかわいいねたまらんよ」
「ケジメつけなけりゃ俺は好きなようにやるけどいいか?」
間男家族は恐怖に屈服した

間男100万、両親50万の慰謝料をふんだくった
コイツラ家族全員で俺に土下座をして許しを乞うた
だがこれくらいでは腹の虫が収まらない

1ヶ月後、慰謝料の振込みを確認した
それから男の会社の電話
妻も働いていたので俺のことは知っている
とりあえず人事の人間と会う

俺の事を卑怯者と思う人がいると思うけど
その通りだよ本当の卑怯者だと思う
ただ相手の人生を破壊したかったのでどんな手も使った
俺の人生はもう戻ってこないんだしね、愛する女も汚された

慰謝料が安いかもしれんけど
俺は犯罪スレスレの手段だったので弁護士は使えんかった(苦笑)
それに第一の目的は相手の人生の破壊だったので

人事の人間と会う
「お宅の社員に嫁を汚され離婚となりました」
「嫁が退職した本当の理由はこういうことです」
「自分は人生の伴侶を失い、精神的にもおかしくなりました」
「病院にも通っております」
「この会社は不倫を推奨してるのでしょうか?」
「お取引先にも貴社の現状を知ってもらうのはどうでしょう?」
人事はあわてて部長クラスを呼び出して俺に謝罪した

後日会社、男交えて話
会社側は「本当に申し訳ありませんでした」と謝罪
男は解雇するとのこと
「どうかこの度の事は穏便にと封筒をくれた」
男は終始俯いたままで
「許してください」と何度も何度もリピートしていた
会社側も俺がキチガイだと間男に聞いているのだろう
腫れ物を触るような対応だった

封筒の中身は10万は入っていた
男はその後会社を解雇され
実家にも居づらくなったのだろう
一人でどこかに消えたみたいだ

すべてが終わったあと
ダチと共に祝杯3人には20万づつ渡した
ダチは受け取れないと言っていたが
間男を調べたり、俺を励ましてくれて
コイツラがいなかったら俺は潰れていたと思う
「感謝の気持ちだから受け取ってくれ」
とせがんだらしぶしぶ受け取ってくれた

俺の復讐はこんな感じだ
あらためて自分の行為を読むと恐ろしいものだ
愛を壊されるとこんなふうに人は豹変するだな
今も壊れている感じだ
どうしても女を信じることが出来ない
水商売の女や出会い系で女を調達してる
もう一生女を心から愛せないような気がするよ

ダチたちも心配してマジメな子を紹介してくれたりしたが
嫁もすごいマジメな女だったし、浮気するまでは一途だった思う
みんなも自分の彼女を見張ることを忘れずに
手を抜かずに大事に愛してやれ
お互いの気の緩みに浮気は付け込んでくるぞ

自分のようなキチガイな方法を
やはりよくないと思う

間男はわからんどこかに消えたからな
嫁は3年ぐらい入退院を繰り返してたらしい
許してもらおうとは言わないけど
今は精神的にもまともになったので
きちんと謝罪したいとのこと

それで会った

かなりやつれてたな、でも可哀相とは思わなかった
両親にはだまって俺のところの来たらしい
俺の家で謝罪を聞いた
まあ今更なんだがガンバレよと
元妻が玄関に向かった時

何年も抱いてなかった妻の体を犯したくなった

強引に寝室に連れて行き犯した
妻はそれで本当に謝罪しているつもりなのだろう
とりあえず3発やって帰した

その後数ヶ月元妻を性奴隷にしていたけど
やはり昔のような愛する気持ちは湧いてこなかった
妻も体合わせてそれがよくわかったみたいだ
俺も妻を抱くことでどうしても間男がまたちらつくようになった
そんなわけでお互いやり直しは本当に無理だとわかった
二度目の別れの時、妻は大泣きした
「自分が貴方を裏切らなければ」と何度も言っていた
がやはり精神的な嫌悪感が俺に付きまとうので
俺たちは別れるしかなかったよ

ネタじゃないよ
俺もどこかやり直せないかと思ってたみたいだ
でも、やはり無理だった
それからはもう心が死んだような状態

今はもう嫁がどうしているかはわからん
俺も住んでいる家も変わったし、電話番号も変えた
嫁のことは本当に好きだった、心から愛していた
子供作って暖かい家庭を作りたかったよ
でももうそんなのは俺にはむりだな~

このスレで家庭を持ってる人は本当に大事にしてくれ
離婚とかならないように努力してくれ



不倫・浮気・寝取られ | 【2017-04-14(Fri) 05:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

単身赴任中に嫁がシャアシャアと浮気しおった!

では改めて。
仕事しながらゆっくり書くので気長に待ってくれ。
もちろん相談者が来たら自重するから。
文章が苦手なんで当時の視点と現在の視点が混じるかもしれんがすまない。

1年前ちょっと前の当時のスペック
俺 32才 会社員 
妻 29才 会社員 子供無し
男 35才 妻と同じ会社 妻子有り

俺達は交際2年、結婚3年目。

元々妻は同じ会社の同僚で職場結婚だったわけだが結婚を機に退職。
子供が出来るまでという条件で関連会社に再就職した。
今思うと本当に仲のいい夫婦だったと思う。何でも話せたし夜の生活も多かった。
妻であり恋人であり親友のようでもあった。
仕事も充実していたし幸せだったよ。
結婚から2年半が経った頃、俺に長期出張の辞令が出た。
一緒に行くか悩んだが妻も仕事があったし
何せ半年間だけだっので単身赴任という形にしたんだ。
狭いアパートに身の回りの物だけ持っていって、とりあえずの一人暮らし開始。
毎週移動するのは経済的にきつかったので、隔週交代で自宅とアパートに行くようにしてたんだ。
毎日メールや電話はしてたんだが、時々電話に出なかったり返事が無かった日があった。
次の日に寝てたとか友達と遊んでたとかメールが来たので特段不審には思わなかったんだ。
これが俺の甘い所だったんだがな。
そういう別居生活も4ヶ月が経ち、ある金曜日に俺は大都市に日帰り出張に行った。
夕方、単身赴任先に帰ろうと思ったが、よく考えると自宅が途中にある。

位置関係は アパート − 自宅 −日帰り出張先 って感じだ。

先週妻がアパートに来たばっかりだったが、どうせ土日一人ではする事もないし
妻もビックリするだろうと思って自宅に帰ろうと思ったんだ。
アパートには日曜の夕方に帰ればいいし。
夜の9時位に自宅へ到着したんだが、灯りはついていない。
妻はいなかった。どこかへ行ってるのかと思いメールをしてみた。
○○の家で飲んでるから泊まって来ると返事。○○は俺も何度も知ってる妻の友人だ。
ああそうかと納得し明日帰ってきて俺がいたらビックリするだろうなと思って自宅にいる事は黙っておいた。
風呂に入って何気なく寝室のドレッサーの上を見ると携帯が置いてあった。
丁度3週間前に二人とも機種変更したのでそこにあったのは古い携帯だ。
今までお互いの携帯なんか見た事なかったのだが、今回は少し気になったんだ。
ロックがかかっていた。嫌な予感がする。思い付く数字を入れていると解除出来た。
メールを見てみる。俺か友達ばっかりだ。
何もないなと思いながら一番下にあったメールフォルダを最後に開いた。
サトルという名のメールが大量にあった。卒倒するかと思った。

まるで官能小説のようだった。次はこうしてああしてとか、あれがいいとか嫌だとか。
この時何が書いてあるのかを理解出来ずにただ震えていた。
浮気している事だけは確かだった。
メールのひとつにPCに送った、という旨のものがあって、俺は妻のPCに飛びついた。
妻はヤフーのフリーメールを使っている。しかしログアウトされていて見る事は出来なかった。
俺はフォルダを片っ端から探したが何も見つからない。
そこで隠しフォルダを表示させると、あるフォルダの奥にSATORUという名のフォルダを発見した。
画像があった。
ホテルで笑う妻。フェラをする妻。バックで微笑む妻。
縛られた妻。男の尿を口で受ける妻・・・・

次に俺が取った行動は親友に電話していた。記憶が曖昧だがとにかく助けてくれと頼んでいた。
それぐらい経ったかわからないが親友が到着した。
ああーという嗚咽と涙しか出ない。
親友もどうした?どうした?と必死で問いかける。でも嗚咽しか出ない。震えが止まらなかった。
親友が起動させたままのPCに気付き表示された画像を見て絶句している。
助けてくれ、俺はようやくそれだけ言えた。
1時間程の間、親友はPCや携帯を調べていた。

妻が今日帰ってこない事がわかると親友は自分の家に一度戻りノートパソコンを持参した。
データをコピーする為だ。
作業が終わる頃、ようやく俺は落ち着いたが現実感が無かった。
何も考えられなかったが、親友に状況を説明すると俺の家に来いと言ってくれた。
深夜遅くに親友のマンション(俺の自宅から車で30分くらい)に到着すると
奥さんが心配して起きていてくれたが、何があったかは聞かれなかった。
親友の部屋に通されて今日は寝ろと言われたが眠れるわけがない。
親友はコピーしてきたデータをチェックしていた。
情けない話し自分で見る事が出来なかったんだ。本当にヘタレだよな。
黙々とPCに向かう親友の後ろで俺は「ああこれで離婚だ・・・父に何て言おう」と考えていた。
結局朝まで二人とも眠れず、今後について話し合った。

親友は感情を押し殺したように話し出した。
どうやら妻とサトルは俺達が結婚する前からの関係らしかった。
妻の再就職先は関連会社だったので俺達が一緒に働いていた頃からだ。
むしろサトルがいる関連会社を妻が選んだという事かもしれなかった。
俺と別居してからエスカレートしたらしい。
最近は週に2回程会い、自宅にも来ているようだ。
ただ文面から見る限り恋愛感情は無さそう、性癖のみでの繋がりのようだ。
親友の性癖という言葉に引っかかった。

親友は察して続ける。SMと露出の画像があった。ハ○ニングバーの画像もある。
俺は訳が分からず画像を確認した。
縛られている画像と飲尿は見たが全部を見た訳ではなかった。
妻が公園や山中でコートをはだけている。裸身には紐が食い込んでいる。
妻が店のカウンターで大勢の男女の前で脚を拡げている。
妻が口で男の物をくわえ、両手で男の物をしごいている。
妻は笑っていた。
俺も笑った。もう笑うしかなかった。涙が溢れてきたが笑うしかなかった。
俺の知ってる可愛い妻はもうどこにもいなかった。全て幻想だったんだ。
ようやく俺は眠った。

昼頃起きると遅い朝食が準備されていた。
奥さんも何となく何があったか察しているみたいだった。
ありがたく朝食を頂き、親友に礼を言うと親友は最後まで付き合うと言ってくれた。
親友とは言え元々は高校の後輩だ。情けなくもあり心強かった。
親友はこれだけ証拠があれば離婚して双方に慰謝料を求める事が出来ると言った。
最もな話しだが俺はもっと痛めつけてやりたかった。
現場を押さえてその場で変態どもに離婚届と慰謝料請求を突き付けてやりたかった。
昨夜狂ったように泣いたせいか、妻には何の愛情もなかった。
むしろ俺を騙し続けた憎悪で一杯だった。

妻からメールが来た。今家に帰ったよ~機能は飲み過ぎちゃった!
殺意すら覚えた。確証は無いが昨夜も男と一緒だったのかもしれない。
俺と親友は作戦を練った。
別居している以上妻の携帯を覗く事は出来ないし、親友が尾行するわけにもいかない。
やはりここはプロに頼もうという事になった。
親友がネットで何件か調べて俺が電話して値段など詳細を聞き
そのうち1件に直接出向く事にした。
興信所の人に詳細を話すと今の頻度で会ってるなら
1週間あれば掴めるだろうとの事だった。
かなりの値段があったが個人の貯金はあったのでそこから捻出した。
この日の夕方から早速調査が始まったが、結果を先に言うと土日に動きは無かった。
この日は近くのビジネスホテルに泊まり、日曜に単身赴任先へと帰った。

妻からのメールや電話はいつも通りだった。
俺ははらわたが煮えくりかえる思いでやりとりをした。
一週間のうち火曜と金曜に男と会っていった。
二日とも会社を出た後、離れた場所で待ち合わせし食事を取った後ホテルで過ごしていた。
ホテルにいるとの報告を貰い電話を入れるが出ない。
暫くして妻から折り返してくるが、火曜は会社のみんなで食事、金曜は残業だと言った。
男は同じ部署ではないやはり会社の人間だった。驚いた事に妻子持ちだった。
関連会社なので俺の会社を通じて調べたが出入りはしているものの俺の知らない人間だった。
今週は俺が自宅へ帰る予定だったが土曜出勤になったので
今回は帰らず来週に帰ると言っておいた。
俺は次の週から長期休暇を取った。
突然の事で迷惑そうだったが必死で頼んだので何とか許可が下りた。

土曜の朝に自宅のある地元へ帰り親友の自宅へ向かった。
興信所に聞くと妻はまだ自宅にいるようで、相手も家庭がある事から
土日に動きはないのではないかとの助言だったが見事的中し土日に動きは無かった。
引き続きもう1週間調査を依頼した。もう貯金は無い。
親友は自分の家に泊まれとしきりに誘ったが、俺みたいなマイナスオーラを出しまくった人間が
家にいては奥さんとまだ小さな子供に悪いと思い、安いビジンスホテルで生活する事にした。

月曜に携帯のメールをプリントアウトした物と画像をプリントアウトした。
後は先週の興信所の証拠を待てば完成だ。
この時点で方向性は決めていた。
妻とは離婚、お互いの両親には報告、慰謝料請求。男には慰謝料請求。
誠意が感じられなければ男の嫁と会社に報告する。
男がどう出るかはわからなかったが、恐らく嫁と会社には言わないでくれと泣きつくだろう。
家庭では良いパパを演じてたようだし。
それを回避する条件はただ一つ。
すぐさま今の家庭を捨て妻と再婚する事の確約。
これだけだ。まあ無茶な要求だとは思うが嫌がらせだ。
今思うと男の奥さんと子供には何の罪も無いんだが、この時の俺には思いも及ばなかった。
むしろ俺と同じ同じ被害者だったんだが。

妻の俺に対する接し方は変わらずいつも通りメールし電話する。
そんな優しい態度の裏で余所の男とSMやってるのかと思うと
電話の最中に何度も吐き気がした。
電話が終わると吐いた。食事も出来なかった。
月曜、火曜と動きが無かったが水曜の夕方に興信所から連絡があった。
妻が会社を出た後、前回と同じ場所で誰かを待っているとの事。
俺は急いで親友に電話を入れ。待ち合わせて合流した。
ちなみに親友は奥さんと二人で自営業やってる。
ある程度時間が自由に使える環境だ。

今夜は現場を押さえるつもりだった。
友人と合流した後、妻と男が食事している店の近くに車を停め待機した。
興信所から電話が来る。徒歩で動いたようだ。
車を降り興信所の人と合流する。もう一人の調査員(女性)が尾行しているようだ。
店に入ったと連絡があった。
この周辺は歓楽街で飲食店、風俗、ラブホなどが雑多に入り組んでいる。
入ったのはハ○ニングバーだった。
興信所の人は店の前で待とう。入るのはマズいと言った。
確かに店の中での撮影は場所が場所なだけに気が乗らないようだ。
しかし事前にこのパターンも想定していた俺と友人は二人で入る事にした。
興信所の人は止めた方がいいと何度も言ってくれたが、俺達は聞かなかった。

異様な程の高揚感と恐怖が心の中にあった。
まるで自分が自分じゃないみたいだった。親友の顔も引きつっている。
俺達は店に入った。
こういう店はカップルだと安いが男だけだと異常に高い。
まあそれはそうんだろうけど。
身分証を提示し金を払うとカウンターに座り店の中を見渡す。
普通のラウンジの様な空間の周りに覗き窓がついた半個室のような部屋が並ぶ。
薄暗くてよく見えない。オープンな場所には何組かの男女がまさぐり合ってる。
どうやらそこに妻はいないようだった。
俺達は個室に向かい窓からひとつひとつ覗き込む。
個室には部屋にいる男女の許可がないと入れない。
個室の中は薄暗いカラオケボックスのような感じだ。
3つ目の部屋に妻はいた。間違いなく妻だった。

横には浮気相手の男が座っている。その反対の隣りには見知らぬ男、向かいにもう一人。
談笑しながら酒を飲んでいる様子はまるでホステスのようだ。
俺の知らない衣装をまとい、その胸元は大きくはだけている。
俺と親友はカウンターに戻った。心臓がバクバクする。
最後に妻に会ったのは20日前ぐらいだ。その時の妻とはまるで違う。
淫乱なメスのような格好だ。俺は混乱した。動揺し吐き気がしてきた。
汗がにじみ出てくる。
親友が発した「もう出るか?」という言葉で我に返った。
「いや大丈夫だ」俺は自分にも言い聞かせた。
ここまで来たんだ。こいつらの目の前に現れるんだ。
その時のこいつらの表情を目に焼き付けるんだ。

少し時間が経ち妻がいる個室の前に男達がちらほら覗き見に行くようになった。
動きがあったのかもしれないと親友が一人で見に行き戻って来た。
親友は「行こう」と言った。

ここからはまるで死刑台に上がるような気分だ。
地に足が着かないとはこの事か。体がフワフワする気がした。
妻の様子を覗き込む。
妻はソファの上に座った男の物をくわえている。
上着は脱がされもう一人が後ろから胸を両手で揉んでいる。
会社の男は妻のスカートを捲り上げ下着を脱がし、アソコを手で弄っている。
妻が身に纏っているのは腰の周りにまとわりついたスカートとロングブーツだけだ。
俺はしばらくその様子を眺めていた。
男達は笑い、妻はしゃぶりながらも時々「うっうっ」と声を出していた。

俺は何も感じなかった。もう引導を渡すだけだ。
「○○子」
と妻に向かって言葉を掛けた。
妻は一瞬止まってゆっくりこっちを向いた。男達も固まっている。
妻と目が合った。
妻は驚愕の表情を浮かべていた。口がアワアワなっていた。
「外にいるから。○○さんと二人で出てきて」
と告げ俺と友人は外に出た。

外で待っていた興信所の調査員二人に状況を説明し俺の自宅で二人の証言を撮る事にした。
興信所と親友は車を取りに向かう。
30分程外で待つと妻と男が雑居ビルから出てきた。
妻は男の後に隠れて震えている。泣いたようだが今は涙はない。
「さ車に乗って」と俺は興信所のワゴンの後部席に二人を乗せた。
運転席には興信所の助手(女性)、助手席に妻と男、後部席に俺。
親友は一人で自分の車を運転してついてくる。
助手席の調査員(中年男性)はしきりにどこかへ電話している。
「いまから調べるから、うんうん準備して」
「いや後は裏付け取るだけ。そうそう、今回は内容きついよ」
など別の調査員に指示を出しているようだった。
後から聞いたんだが、これは一人芝居で妻と男に大勢の人間が拘わって調査している事を
暗に示してもう言い逃れは出来ないと思わせる目的らしい。

車の中で二人は一言も口を利かなかった。
自宅へ到着し二人を家に入れた。
男は背こそ小さいがなかなかいい男だ。少なくとも俺は負けた。
二人を並んで座らせまず男の素性を吐かせた。
素性は会社と興信所を通じて調べてはあるが録画しているので念の為。
その後、二人が関係を持ち今に至った経緯を話させる。
これは調べてもわからない事であり俺も始めて聞く内容だ。
妻はひたすら黙って下を向きごめんなさいとしか言わない。
男はお約束通り今回が初めてだとか否定していたが
「何言ってんの?全部調べてるんだ。確認の為に自分達の口から言ってもらうんだよ」
と告げると観念したのかポツリポツリと話し始めた。

俺と妻が婚約し妻が退職が決まった頃、関連会社で取引先の業者であった男が
世話になったお礼に食事に誘った日から関係が始まったらしい。
妻は結婚前の不安定な時期で男のとは結婚までの数ヶ月間に何度か関係を持ったとの事。
結婚後、妻は自分で男の会社に就職をしたわけだが
それは特別男の元に戻りたかったわけではなく、ただ頼っただけだったようだ。
男からは何度かアプローチを受けたが、話しをするだけで体の関係は無かった。

しかし結婚して2年半後、俺が単身赴任をすると妻と男は再び食事に行き関係を持った。
俺がいないのをいい事に楽しんでいたわけだ。
今日行った店も刺激が欲しくて行ったと話した。妻が他の男に愛撫されるのが堪らなかったという。
そして男は俺を知っていた。その上での事だった。
大体男の供述を纏めるとこんな所だ。妻に間違いないかと訪ねると頷いた。

まだ二人は俺が画像を見た事は知らない。
変態プレイについては突っ込まなければ黙ったままだろう。
それについては正直追求はよそうと思っていた。追求した所で同じ事だし。
しかし妻が言葉を発した。
「二度と浮気はしません」
は?何言ってるの?許して貰えるとでも思ってるの?何様?
こいつ何もわかってない。俺は怒りが爆発しそうなのを何とか堪えた。

ひと通り尋問が終わり、男にどう落とし前をつけるのか訪ねた。
「慰謝料を払います」
「それだけ?」
「え、あ、いや・・・」
「同じ会社だろ。しかも結婚前から俺を騙してたんだ。その責任は?」
「すみません。会社だけは勘弁してください。今職を失ったら家族が困るんです」
「じゃあ奥さんと話してよく考えろよ」
「嫁にこんな事言えるわけないじゃないですか」
「じゃあどうすんだよ?」
「・・・」

埒があかないというかもう問題外だ。金払えばいいと思っていやがる。
「聞いておいてすまんが、俺の条件は決まっている。 
 明日にでも奥さんと離婚して時期が来たら妻と結婚する事だ。
 これ以外での譲歩はない。
 飲めないのであれば慰謝料を請求し会社へ抗議しに行く
 奥さんとうまく離婚出来る事を祈るよ
 ○○子も一緒の条件だ。いいな」
妻も男も固まっていた。妻からすれば自分の気持ちとは関係なしに
結婚を強要されているわけだからな。横から何か言っていたが無視した。
男に日曜までに返事しろ。決着がつくまで妻への一切の連絡を禁止する。
破ったら同じ事だぞと伝えて家から追い出した。

この後、興信所の二人にも丁寧にお礼を言って帰ってもらった。
今家にいるのは俺と妻と親友の三人。
妻は親友の手前もあるのか呆然と宙を見ていた。
もう深夜だったので親友にも帰ってもらった。

妻は親友が帰るとマシンガンのようにしゃべりだした。
謝罪に始まり、俺への愛、これから男とは会わない事、会社へはすぐに辞表を出す事。
男とのセックスに溺れたのは認めるが、心は俺の元にある事。
男を追いつめるのはやめて欲しい事。
ひたすらしゃべっていた。
しかしそれが妻の本心とは到底思えなかった。
妻がしゃべり終わると俺は冷静に言った。
「俺との性癖は合わないだろ。俺はノーマルだ。すまんな」
「今日の事はごめんなさい。ああいう店に行ってみたいとせがまれて。後悔してる」
野外露出やSMや飲尿は隠し通すつもりらしい。
そもそも浮気相手のみならず他人と複数プレイまでしといて何が出来心だ。

無限ループになりそうなんで今後の方針について話題を切り替えた。
明日にでもとりあえず実家へ帰ってもらう事を告げると
仕事をすぐに休むわけにはいかないと言う。
会社へは俺が責任持って連絡しておくから心配するな。
ちゃんと謝っておくからと説得し、その日は別々に寝た。
もちろん妻の携帯は取り上げた。

眠れるわけもなく翌朝を迎えると妻が朝食を作って起きていた。
目は腫れ上がっている。
「飯なんか食えるか。ずっと食事も通らないんだ。嫌がらせか?
 嫌がらせする余裕があるなら実家へ帰る準備してろ」
悪態をつくと妻は泣き出した。
俺が妻の会社へ体調が悪いので休むと電話をいれると妻は諦めたのか
いそいそと実家へ帰る準備を始めた。
実家は電車で1時間ちょいの距離だ。

観察しているとドレッサーの周りで何か探している様子。
恐らく機種変前の携帯だろう。暫くして諦めたのか今度はPCを触ろうとしている。
データを消す為だろう。
「いらん事してないで早くしろ」
と口を挟むとビクっとして「仕事の資料が入ってるから」と言い訳。
「資料で困ったら後で電話しろ。俺が見て探しておくから」
と言うと食い下がるのでPCのコンセントを強引に抜いて黙らせた。
そりゃ食い下がるわな。ハメ撮りはおろか変態プレイがてんこ盛りなわけだし。
半泣きの妻が「携帯が無いと・・・」と言うので
「実家の電話に連絡する。会社の人からかかってきたら俺が話し聞いておく」
と言うと黙って下を向いていた。

こうやって妻の必死の抵抗をかわし、最後に荷物を詰めた鞄をチェックしようとすると
ギャーっという悲鳴をあげて必死で阻止しようとする。
俺も必死になって鞄を取り上げる。抵抗する妻を払いのけ荷物を床にばらまくと妻はおとなしくなった。
目線が一つの紙袋を見ては泳いでいる。
これか。俺は紙袋の中を見た。
何枚かの下着と雑誌、玩具が入っていた。
玩具は俗に言うバイブとペニスバンド、雑誌は素人投稿物だった。
「お前、本当に変態だな。預かっておく」
「うまく○○と再婚出来るといいな」
この時俺にとっての妻は汚物以外の何者でもなかった。
早く消えて無くなって欲しかった。これまでの思い出も全て幻想だった気がした。

妻は実家へ帰った。

その後親友に報告し、ビジネスホテルへ荷物を取りに行き精算し木曜日は終わった。
親友は弁護士に相談したほうがいいとしきりに言ってくれたが
俺は自分の手で最後までやりたいと思っていた。
弁護士に頼むのは妻と男が弁護士を立ててきた時だけだ。
金曜日は夜まで何も動きはなかった。

こうやってポツンと家に一人でいるといろんな事が思い出された。
涙が出てくる。ワーワー泣くんじゃなくて悲しくて涙が出た。
妻と最後に交わしたまともな会話は何だっただろう。
約三週間前の日曜の夕方、俺のアパートから自宅へ帰る妻を
駅まで送っていったのが最後だ。
改札の前で「じゃまたね」 「気をつけてな」 妻は笑顔で手を振っていた。
今でも忘れられない。それが俺が見た最後の「俺の妻」の姿だ。
その後電話でも話しはしたが、やはりあの瞬間が忘れられない。
偽りの笑顔だが俺にとっては5年間愛した妻の最後の笑顔だ。

その日の夜に妻の父から電話があった。考え直してくれと言われた。
よくよく聞くとどうやら妻は1回だけの浮気と話しただけらしい。
話しにならないので会って話しをしませんかと言うと明日出てくるらしい。
俺はその日のうちに証拠の品を整理した。
興信所の調査結果、妻と男の証言、携帯のメール、PCにあった画像、
妻が掲載されている投稿雑誌、大人の玩具。

翌日の昼前に妻の父と母が訪れてきた。
家に入れると玄関で二人で土下座だ。両親は悪くない。それは分かっている。
俺は出来るだけ丁寧にもてなし、両親から妻の様子を聞いた。
食事も取らず部屋に籠もって泣いているらしい。
両親はどうか過ちを許せとは言わないが側に置いてやって欲しいと何度も頭を下げる。
そこで両親が妻に聞いた事を話してもらうと
俺が単身赴任で寂しかった時に男に誘われてついつい関係を持ってしまった。
木曜の夜に再び食事をしている時に俺に踏み込まれたと話したらしい。
何故すぐにバレる嘘をつくのか理解不能だが一時凌ぎだろう。
両親には自分の汚い所を見せたくなかったのかもしれない。

俺はまず興信所の資料を見せた。2回ラブホに出入りするビデオだ。
次に木曜のハ○ニングバーへ入って俺が出口で待ちかまえる所。
そして自宅での二人の証言。
両親は絶句していた。「○○子は俺と結婚する前から男と関係を持っていたんです」
両親は何もしゃべらなかった。
俺は次に雑誌に投稿された妻を見せた。
目線が入ってるが妻に間違いない。母が悲鳴を上げて泣き崩れた。
この時の俺は壊れていたんだろう。両親の苦悩など考えもしなかった。
画像をプリントアウトしたものもテーブルに並べた。

父が嗚咽を漏らす。母は見ようともしない。泣いてるだけだ。
「これでもやり直せと?」
両親は何も言わなかった。
「このまま○○子には実家にいて貰います。離婚届の提出については後日話しましょう
 慰謝料は二人の貯金等を調べて後日考えます」
両親はわかりましたとだけ言い帰った。

こうして土曜が終わり日曜も親友以外からの連絡もなく何事もなかった。
月曜の朝、妻の会社に電話すると妻の上司という人が
妻に代わってくれと言うので寝ていて出れませんと答えると不審そうにわかりましたと答えた。

男には日曜までに返事をしろと言っていたが案の定なかった。
別に要求通りの答えを期待していたわけじゃなかったが、無視というのは腹立たしい。
とりあえず男の奥さんに話しをしなければならない。
黙っていても良かったのだが、隠すのも気が引ける。
会って事実だけを話そうと思い、自宅のマンションを訪ねた。

電話番号を知らなかったのでいきなりの訪問だったが家に奥さんはいた。
とりあえず名乗り、○○さんの浮気相手の○○子の夫ですと言うと
納得したような表情で家にいれてくれた。
子供は幼稚園に行っていて不在だったので少しホッとした。
男は奥さんに何も話していなかったらしかったが
奥さんは奥さんで夫の浮気を薄々感じていたらしい。事のあらましを説明すると謝罪された。
発覚直後は男の家庭なんか壊れてしまえと思っていたのだが
いざ面と向かうとそうは思えない。何せ俺と同じ被害者だ。
子供もいればすぐに離婚とはいかないだろう。
同じ立場ですから謝らないでくださいと言い、
何かあったらいつでも連絡下さいとメモを渡した。
奥さんは終始無表情だったが、俺にはどうする事も出来なかった。

夕方近くに男から電話があった。何故告げ口したんだと荒っぽい声だ。
「離婚して○○子(妻)と再婚なんて無茶な話しです。子供はどうするんですか」
「○○さんが約束を守らないからでしょう。遠慮なく私が持つ権利を行使させてもらいます。
 当然明日は会社へ行きます」
と言い一方的に電話を切った。
何れにしろ会社へは報告にいくつもりだったが。

翌火曜日の朝、妻の上司に休む旨の連絡を入れた。
ここまで来ると上司も不審に思ったのか、妻と代わって欲しいと何度も頼んでくる。
俺は観念したフリをして
「実は会社へは行かせられない事情がありまして、このままでは迷惑がかかります
 一度お会い出来ないでしょうか。人事の担当の方も同席願いたいんですが」
と伝えると折り返すとの事で、30分後別の役職の人から連絡があり
いつでもいいから来て欲しいと言われ俺はすぐ妻の会社へ向かった。

家を出る前に親友に報告すると一人じゃ暴走するから俺も一緒に行くと言い張るので
甘えさせてもらい着いてきてもらった。
妻の会社は100人程度の中規模の会社だ。
妻はそこで商品管理の事務をしている。男は配送だ。
会社につくと社長室に通された。そこには社長と恐らく人事担当の人物と妻の直接の上司がいた。
三人共まだ怪訝な顔をしている。

男には抗議しに行くと言ったが下手をすれば脅迫になるので実際には何も要求はしないつもりだ。
事情を話して妻の急な退職を謝罪するつもりでいた。
まず簡単に今までの経緯を話した。証拠の入った書類も見せた。
社長以下三人は深々と頭を下げた。男は相当の処分を行うと約束してもらえた。
一応確認の為証拠を見せてもらえないかと人事担当が言うので
画像、雑誌を見せた。社長が顔を真っ赤にしてプルプルしていた。
妻はこのまま退職という形となり、私物は後で発送するとの事。事実上の解雇だ。
男をこの場に呼び出すから少し時間が欲しいと言うので今は顔も見たくないから断った。
最後に後日、迷惑料という形の現金で改めて謝罪すると言われたが
それは丁寧にお断りした。男への処分さえしてくれれば十分だ。

妻の会社を出ると親友と別れ、俺は自分の会社へと向かった。
単身赴任で別の都市へ行っているがいずれはここへ戻るわけだ。
妻の会社は俺の会社の関連会社だからそのうち話しが伝わるだろう。
その前に会社には話そうと思ったからだ。
上司にアポを取り応接室で話しをした。
長期休暇を取っている事は知っていたようで、おおどうした、みたいなノリだった。
ここでも一から事情を話さなくてはならない。
妻両親、男の奥さん、妻の会社、もう四度目だ。うんざりしてきた。
しかし今回は当事者でもなく気心知れた相手だ。
上司は涙ながらに聞いてくれた。妻も元々ここで働いていたんだから複雑だったろう。

その日の夜、その上司から電話があった。
会社の顧問弁護士を紹介出来るから困ったらいつでも電話しろと連絡先を教えてもらった。

その後、俺の父から電話があった。妻の父が連絡したらしい。
心配していたが離婚には賛成だった。俺は大丈夫、親友も上司もいる。
心配しなくていいと伝えた。父は定年間際だったし母が早くに死んでいたので余計な心配はかけたくなかった。
電話した後泣いた。声をあげて泣いた。
情けない話だが父と母の元に今すぐ帰りたくなった。

最後に妻に電話を入れた。退職扱いになった事実を伝えた。
そして男は妻との再婚は望んでいない事。
よって双方に慰謝料を請求する事。
泣きながら話した。妻も泣いていた。泣いてばっかりだった。

この日あたりから眠れなくなった。
酒の力を借りて眠ろうとしても元々酒に弱い俺は吐くばかりで苦しいばかりだった。
こうして1週間が経った。妻からは時々電話が入る。
謝罪の言葉ばかりでいつもこっちから途中で切った。
何度もかかってくるので携帯の電源を切って家電のコードも抜いた。

心配した親友が毎日訪れてくれた。親友が来れない日は奥さんが来てくれた。
食事を持ってきてくれたりした。車で片道30分もかかるのに本当に申し訳なかった。
親友はまず離婚すべきだと言うので従う事にした。
しかしもう俺は自ら動く気にはなれなかった。
気力が無かったんだ。そこで上司に連絡し弁護士を訪れた。

人の良さそうな弁護士はこれだけ証拠があれば問題無いですよと言ってくれた。
まず家にある共通の貯金などを調べ、財産と呼べるものを探した。
家は賃貸。貯金はそこそこ残っていた。後は車一台。
この日妻の会社の社長から連絡があり男を解雇した事を告げられた。
奥さんの顔が浮かんだが考えないようにした。

妻に連絡し離婚届を提出するように伝えた。
言い訳ばかりするので俺が浮気を発見した経緯を全て話した。
俺が見た物、興信所の証拠全て話した。
数時間後、両親の説得もあってか応じてくれた。
財産分与は無しでいい。慰謝料は払うと約束してくれた。

数日後、妻の父と兄が訪れ妻の私物を運び出した。
妻は来なかった。運び終わる時、妻の父が封筒に入った離婚届を渡してくれた。
提出すれば妻とはもう他人だ。
慰謝料は金の用意が出来次第払うと約束した。
その辺は弁護士名義で文書を交わしていたから安心だったが。

翌日に俺一人で離婚届を提出した。
俺が妻の携帯を見たあの日から4週間経っていた。
俺は長期休暇に引き続き会社を休職した。
この頃には心療内科に通い薬を貰って眠った。
それでも妻の画像、店での痴態を思い出すと震えが止まらなくなる。
妻の事なんかどうでもいいのに、怖くて仕方なかった。

ひとつ片づいたので次は男への慰謝料請求だ。
男の奥さんがどうなったか気になったので思い切って連絡してみた。
まず自分の近況を伝え、男に慰謝料を請求する事を伝えた。
奥さんはというと実家に帰っていて離婚する意向であるらしい。
妻に慰謝料を請求するらしい。
返す言葉もなく、何かあったら連絡してくださいと言ったが
連絡された所で俺には何も出来ないな。
証拠を貸すぐらいか。これを最後に奥さんとは連絡は取ってない。

数日が経ち男からと会う日が来た。
奥さんに払う分と養育費やらで火の車だったらしいが親が何とかしたのだろう。
指定した日に弁護士事務所にやって来て謝罪と共に金を受け取った。
いろいろな文書を交わして終わった。
もうどうでも良かった。

暫くして妻からも連絡があり慰謝料については分割という形で合意した。

妻に証拠の全てを話した後、何度も電話でやりとりした中から次第に全容がわかった。
男との出会いと経緯は自白の通りだったが、婚約者時代に何度か野外やハメ撮りをしたらしい。
それに異常に興奮してしまいずっと忘れられなかったそうだ。
俺と別居してから男と会うようになってエスカレートし
SMや野外や複数などにのめり込んでしまった。
妻はもう二度とやらなからと何度も言ってきたが
俺はそういう事にハマった人間がノーマルな事で満足するはずがない。
かといって俺がそういう趣味に合わせる事も出来ない。
気持ちがあっても体が会わなければ一緒にいるのは無理だよ、と伝えた。
妻はもう反論してこなくなった。

一人の家にいると無性に一人でいるのが怖くなった。
妻のPCを叩き壊した。携帯をへし折った。雑誌を破り捨てた。
夜遅かったのに親友の家へ車を飛ばした。
親友と奥さんは温かく迎え入れてくれた。
今までの感情を二人にぶちまけワンワン泣いた。
親友も奥さんも泣いてくれた。ありがたかった。
まだ俺は一人じゃないと思った。その日は泊めてくれた。

こうして俺の離婚騒動は終わった。1年ちょっと前の話しだ。
この後俺は会社を辞めた。妻とはこの会社で出会ったのだから耐えられなかった。
上の人間は単身赴任先にそのまま残ってもいいし
別の地方へ転勤も考えると言ってくれたが断った。
どうしてもこの会社では無理だと思い、我が侭を言わせてもらった。
妻と生活した家を引き払い、実家へ帰った。
実家には父と弟夫婦が住んでいて、邪魔になるから早めに再就職先を探した。
運良く少し離れた地方都市に仕事を見つけそこに引っ越した。
今もそこにいる。

もしあの日俺が突然帰らなかったら、携帯を見なかったら。
どうなっていたんだろうと思う。
知らないまま偽りの夫婦を続けていたんだろうか。
それはそれで幸せだったのかもしれない。
俺の元には何も残らなかった。
妻と男からの金はまだ手をつけないまま残ってるが何に使えと言うのだ。
未だに何が悪かったのか分からない。俺にも非があったのだろう。
妻の口からは何も聞けなかった。妻は性欲に溺れただけなのか。
妻は今も実家にいる。どこかスーパーでパートをしているらしい。
男については何も知らない。
奥さんも分からない。
誰も得る物が無かった。人生を破壊されたばかりだ。
俺は未だにフラッシュバックと戦い、薬の力で眠っている。

すまん感情的になったりしてなんだか文体に統一性が無いし、
最後のほうは箇条書きっぽくなってわかりにくいと思う。
ボカシも入れて書いたから矛盾があるかもしれんが勘弁して欲しい。

妻の会社に行った所ぐらいまでは気が張ってたんだが
その後は自分自身がgdgdになってしまった。
ほとんど弁護士任せだったよ。
気団の勇者なんか見ていると俺はヘタレだな。
泣いてばっかりだ。恥ずかしい。
長くなった上に日記風で申し訳ない。
ありがとう。

みんなありがと。
前にどっかでちょこっと書いた時はネタ認定されたから心配だった。
まあネタみたいな話しだからな。
未だに本当の事だったんだろうかと思う事がある。

親友とは今でも親友だ。むしろ恩人だな。
詳しくは書かなかったけど、俺の行動の根本には彼の叱咤激励が常にあったんだ。
もう投げ出したくなった時も、彼に暴言を吐いてしまった時も
彼は俺の胸ぐら掴んで立ち上がらせてくれた。
彼がいなかったら駄目だったろうな。
もしかしたら2ちゃんで相談してたかもしれないが、2ちゃんは俺の所にやってこない。
俺がブラウザを閉じれば終わり。
親友には本当に感謝している。

今日はさすがに全く仕事しなかったw
今から少し頑張ってくるよ。



不倫・浮気・寝取られ | 【2017-04-11(Tue) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

メンヘラってさ、怒ると恐ろしいね

携帯からすみません。私DQNです。あまり修羅場っほくないです。

私(18)…自分。中卒でバイト。
彼男(20)…彼氏。バイト。
A子(22)…浮気相手。彼氏有。彼男と同じバイト先。

私と彼男は電話をよくしていたのですが喧嘩をしょっちゅうしてました。

彼男の仕事前にいつものように喧嘩をしてしまい…謝っても許してくれませんでした。
その時彼男は「浮気する」と言いだし、私は昔元カレに浮気されて
別れたしそれで精神病にもなったので「お願いだからそれだけはしないで」と
言いました。返事がないまま電話は切られ電源も切られ…。

彼男のバイトが終わるのは夜。連絡がきたのは次の日の朝。
そこで仲直りしたんですが、今まで何をしていたか聞いても言葉を濁すだけ。

その場はまた喧嘩をしたくないと思いそれ以上追求しませんでした。
が、その日以来今までほとんど話に出てこなかったA子の話が増えたんです。

「お風呂あがりが見たいって言われたんだよね~」
「可愛いって言われた~」
最初にA子って言わず、私がA子にいわれたんだ?って
聞いても言葉を濁す…更に聞いてやっと言ったりする事も多くなりました。

私は浮気したな、と思いました。久しぶりのデートの日A子の事を彼男に言いまくりました。
「あの人の髪形A子さんに似てるね」
「その話A子さん達ともしたの?」
「今日メイクA子さん風にしちゃったぁ★」
彼男からしたら相当うざかったでしょう。全ての話を無理矢理A子につなげました。

なかなか白状しませんでしたが、寝る直前彼男がついに言いました。
「A子とキスまで」との事でしたが多分最後まで行ったでしょう。
ただその時謝罪の言葉は貰えませんでした。「私子が悪いんだ」と言うのみ。
かなり泣きましたが、その場では別れませんでした

次の日から私はまったく食べないまま過ごしてました。彼男は
それを知らないまま今まで通りメールや電話をしてきました。
私は彼男には明るく振る舞いましたが、水以外とらず一日20~30分のみの睡眠。

一週間で6キロくらい痩せました(やつれた)あの日から約一週間後
彼男と会ったんですが凄い驚いてました。リスカも酷かったので。

「私はあなたとA子の事忘れないから。一生許せない。
死のうと思ったけど、あなた達だけが幸せになるのは嫌だから
一緒に死のう?それくらい覚悟の上で浮気したんだよね?
早くA子さん連れてきて。死ぬのが嫌ならあなたの目の前で
ぐちゃぐちゃになって死んであげる。一生私の事忘れられないように。」
みたいな事をまくし立てました。

彼男は顔面蒼白。ご飯が食べれなくなったのは本当だけど
死ぬとか心中とかは、はったり。ただ後悔させてやりたかったんです。
馬鹿な考えですが…。

彼男はひたすら謝ってきました。

とりあえずA子を呼び出すように指示。A子の家は近いのですぐきました

A子には浮気の事を全て知ってる事、そして彼男にいったのと同じような事を
言いました。A子にはA子彼氏にも今回の事伝えましょう。と加えて。
彼男もA子も必死に謝ってきました。私がガリガリに痩せてたせいもあり
本当に死ぬと思ったのかも。泣いて謝ってきました。「死なないで」みたいなのも
言われました。

だんだん哀れになってきたので、そろそろ終わりにしようと思い
二人の携帯を自分で折らせました。

折る前彼男が軽く反抗してきましたが。

そして
「一生一生一生あなた達を恨むから。裏切り者裏切り者裏切り者(ry。
あなた達は一人の人生めちゃくちゃにしたんだ。忘れるな。
恨んでやる恨んでやる恨んで(ry」と気違いみたいに叫んでから帰りました。
彼男と一悶着ありましたが、最後は私に引いて黙りこんでました。
A子さんは凄い泣いてびっくりしてました。

まぁA子と彼男のトラウマになってたらいいなーと思ってます。
精神的に嫌な思いをさせたかっただけなので、あまり修羅場っぽくないですが。
長くなった上につまらなくてすみません。



不倫・浮気・寝取られ | 【2017-04-10(Mon) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

彼の部屋にいたのは・・・

誰もいないようなので投下。

つきあって4年目、私26歳、彼29歳。
結婚の約束もし、お互いの両親にも紹介済み。

私はスケジュールが非常に不規則な仕事で
土日出勤は普通、休みは不定期、という感じだったので
一般的なサラリーマンの彼とは平日の夜に会うか、
私が休みの日に彼の部屋に泊まる、というのが日常でした。

先週のことです。
4日間泊まりの仕事があって海外にいたのですが、
ちょっとしたトラブルが渡航先であり、帰りが一日繰り上がることに。
帰りに、事前に何も言わずに彼の部屋に寄ることにしました。

なぜそんな行動に出たかというと、2ヶ月前に
同じように私が1週間仕事で海外に出ていたとき、
私の友達が彼と女が歩いていたのを見た、という話を聞いたからでした。

2ヶ月間様子を見ていましたが、別に変わったところはない・・・。
でも、普段からそんなに一緒にいるわけではないので、
やはりなにかするとしたら自分がいないときだろうと思っていました。

その日は土曜日で、彼の部屋についたのは夜の11時半くらい。
車があるので家にいるっぽい。
彼の部屋に着くと、そ~っと玄関の鍵を開けました。
すると、やはり女物のパンプスが・・・・゚・(つД`)・゚・  

中を覗くと部屋には誰もいませんでした。
おかしいな・・・と思ってると、バスルームから女の笑い声が。
バスルームに行くと脱衣所にブラやストッキング、二人分の洋服などが散らばっていて
脱がし合いしながらお風呂に入ったんだなという感じでした。

私は、あまりの怒りとショックで逆に冷静になってしまい、
この時点で別れを決め、後はどうしてやろうかと1分くらい考えました。
中でイチャついてる二人はまったく私に気づいていない風だったので
とりあえず、考えながら脱衣所に脱いであった下着類や女の服、
玄関の靴を生ごみと一緒にまとめました。

デジカメを用意し、バスルームのドアを一気に開け、
「うわっ、なんだよ!」「誰?なに?なに?」などとパニクってる二人を
何枚か写真に撮りました。

女の顔を見て、私は驚愕しました。
なんと彼と一緒にお風呂で抱き合っていたのは、彼の妹(24歳)だったからです。

素っ裸で出てきて「違う!違うんだよ!なにもしてないよ!」という彼。
同じく裸にタオル一枚で追いかけてきて「お願いします!誰にも言わないで!」と泣く妹。
妹は否定しないのね・・・。

私「なにが違うの?気持ち悪い。妹とお風呂入るような年齢じゃないでしょ」

彼「変な関係じゃないんだよ、本当だよ」

私「十分変な関係でしょ!?妹とこの歳で裸でイチャつくなんて冗談じゃない。もう顔も見たくない」

妹「ごめんなさい!私が悪いんです!いつも甘えてばかりいて、今日も一人じゃ寂しくて、つい・・・」

私「ついなんなの?じゃあ聞くけど、アンタは自分の彼氏が妹とお風呂に入ってて許せんの?
しかもわざわざ私がいない日を狙って来てるって事はバレたらマズイって思ってるんでしょ?
それ以上のことヤってるんでしょ!?」

彼「本当に違うんだよ、わかってくれよ、勘違いだって」

私「なにをわかれって言うの!?正気じゃないよこんなの。頭おかしいんじゃないの?
やましくないって言うんなら、自分の親の前でこの話ができんの!?」

親、の一言を出した途端、二人の顔色が変わりました。
彼親に話をつけるしかないなと思い、すがる彼を振り切って部屋を出ました。
(彼は全裸だったので追って来れなかった)
外に出るとすぐ携帯で彼の実家に電話をし、
どうしてもお話したいことがあるのでこれから伺います、とだけ伝えました。
(彼の実家は歩いても10分くらい)

彼の家に着いたのはもう12時を回っていたと思います。

最初は、「こんな時間に非常識な」という態度の彼親でしたが
「この写真を見てもらえますか」とお風呂場での写真を見せると
みるみる彼父の顔が真っ赤になり、手がブルブル震えていました。
彼母は目に涙を溜め、泣き始めました。

「どういうことでしょうか。ご存知だったんですか」と私が言うと
「申し訳ありません!」と彼父がいきなり土下座をしました。
「そんなことがしてほしくて伺ったんじゃありません。どういうことかと聞いてるんです」と
聞くと、「実は・・・」と話し始めようとしたところで、彼と妹が到着しました。

私に向かって「ひどいよ!誰にも言わないでって言ったのに!」と妹が言うのと同時くらいに
「ふざけるな!」と彼父が思いっきりを妹を殴りました(パーだったけど)。
「そんな格好で恥ずかしくないのか!」と、
ノーブラで男物のシャツ一枚&ジーンズ姿の妹(私が服を捨てたので)を
怒鳴りつけ、続いて「お前たちは!あれほど言っただろう!!」と今度は彼をグーで殴り
二人をボコボコに殴り倒し、床に正座させました。

私は正座してる二人を尻目に「それで、どういことですか?」と改めて聞きました。

両親の話。
・彼の両親は再婚同士で、二人は実の兄妹ではない。
(父親の連れ子が彼、母親の連れ子が妹)
・彼が18歳、妹13歳のときに発覚、その半年前から身体の関係だった
・それが理由で彼が家を出て、ずっと一人暮らしをしていた
・妹は3年前に既に結婚しているため、両親は関係が切れたと思っていた

彼と妹の話。
・親バレしてからは10年以上ずっと身体の関係はなかった
・2ヶ月くらい前、妹が好きな人にフラれた(結婚してるのに?)帰りに偶然彼と会い、
その日また再び関係を持った
・彼は妹に恋愛感情があるわけではない
・妹は彼が好きで、身体だけでもいいと思っていた
・私が仕事で忙しく、休みが合わなかったので寂しかったため妹に逃げた
・やめなければ、とお互いにずっと思っていて、彼が私と結婚したらやめるつもりだった
・妹は私と彼の関係を壊すつもりはなかった
・彼はどうしても私と結婚したい

妹は結婚してるのに兄が好きで、挙句好きな人にフラれた?イミワカンネ

あまりに理解不能な話にめまいがしたので
「もうこれ以上、お話することもありませんね。後ほど弁護士を通して内容証明送りますから」
と席を立とうとすると、彼が泣きながら「ごめん!本当にごめん!別れたくないよ!
寂しかったから妹といただけなんだよ!結婚しよう、幸せになろうって約束したじゃないか」と
すがってきたので、市ねじゃなくて死ね、心底気持ち悪い、と思い
「じゃあ、妹と結婚すればいいんじゃない?血は繋がってないそうだから。
寂しいからってその度に妹とセックスされたんじゃたまんないから」と言うと
彼父が「どの面下げて言ってるんだ、この恥さらし!」とまた彼を殴りました。

”妹とセックス”とわざと言葉にしたのが効いたようで母親は泣き崩れました。
妹は「こんなことバラさなくてもいいじゃない!結婚して あ げ る って言ってるのに!
どうせ仕事だとか言って、外国で男とヤリまくってるんでしょ!」と私に暴言を吐きました。

私はこの一言で、もう一つ決心がつきました。

彼父がキッと妹をにらみ、また手を上げようとしたので、「いいんです」と制止して
「兄と寝てることを許してる旦那さんって、心が広くていいわね」と笑顔で言いました。

妹はハッとした顔をして
「ご、ごめんなさい!言わないで!ごめんなさい!許して」と泣きついてました。
なんでアンタのために黙っててあげなきゃいけないのか。
どこまで自分勝手なんだろ。

両親は、帰り際までは泣きながらひたすら謝ってて、
なんだかかわいそうになったけど、だからといって
兄妹二人を許す気にはなれませんでした。

翌日、私は妹の旦那に連絡を取り、弁護士同行ですべてを話しました。
旦那は妹が浮気してることにはうすうす感づいていたようでしたが
相手が兄ということには、さすがに驚きを隠せないようでした。
話し終わるころには肩を震わせて泣いていたので、
かなりショックだったみたいですが
「気づかずにいて、申し訳ありません」と謝られてしまい、
どうしてあの妹にこの旦那なのか、本当に不思議です。

数日後、妹は旦那に追い出され離婚。当然慰謝料を請求され、
私からの請求と合わせ数百万円の借金を抱えることになり、風俗で働くとか働かないとか。

彼の両親も離婚、もう二度と彼と妹を会わせない様にするとのことでした。
彼は会社にこのことがバレ、地方に転勤になるようです。
というか、バラしたのは私なんですけど(相手が妹ということは伏せました)。

もう妹や姉がいる相手のことは信用できそうにありませんが
前向きに生きていきます・・・(つД`)



不倫・浮気・寝取られ | 【2017-04-02(Sun) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*