FC2ブログ

私とみゆきちゃん その8

私とみゆきちゃん その8







 (私とみゆきちゃん その7)

みゆきちゃんに抱き締められてウトウトしながらいろいろ思い出していた。
夢を見ているような現実なよううな半覚醒状態でみゆきちゃんに抱き締められれ、その温もりを感じると現実なんだって安心したりして。
みゆきちゃん・・・私は眠りについた。

かなりぐっすり眠ったようだ。
ここどこだ? 昨晩のことがよみがえって来た。
あれ? みゆきちゃんがいない!
朝の10時になってる。
するとみゆきちゃんがお部屋に入って来た。
『ルミよく眠ってたね』『やっぱり疲れたんだしょ?』『まだ寝ててもいいんだよ』
やさしい言葉をかけてくれる。
あれっみゆきちゃん裸にエプロンだ。 私は全裸。
昨晩のことを思い出したら恥ずかしくなって来た。
そしたらみゆきちゃんがその心を見透かすように濃厚なキスをしてきた。
寝ぼけ気味の私が目覚めるような、恥ずかしさもふっ飛ぶような・・・。

そして『夕べの約束覚えてる?』って。
あぁ早く起きた方がイダズラしていいって話だったな。
『うん、何かしたの?』 イダズラされても目覚めるようなんじゃんじゃなきゃつまらないなぁ・・・。
『だってルミなにしても起きないから』
『だからオナニーして見せて』って。 (えっ 恥ずかしいなぁ)
布団をバッ剥がれて『さぁ』って迫って来る。
私も『じゃぁ途中から手伝って』って言ってみゆきちゃんに見えるように足を広げて股間に手を伸ばした。(あれっ?)
無い! 毛が無いっ! 見て見るとツルツルになってる(汗)
『子供みたいで可愛くなったね』って爽やかに言われた。
イタズラってこれかっ! (イヤぁ~なんかいっそう丸見えで恥ずかしい)
元々ちょろっとしか生えてなかったけど、スジは隠れる程度にはあったのが無い。
『毛が無い方が舐め心地いいから』ってみゆきちゃん・・・。
すると。
『ほらっ』ってみゆきちゃんがエプロンをまくってアソコを見せた。
ツルツルになってる! みゆきちゃんも!
『この方がホントに生まれたまんまでいいでしょ? 舐めやすいし』って。
確かに毛は邪魔けど・・・。
私はオナニーしろって言われたことは忘れて恥ずかしくて足を閉じてた。
ホント子供と同じ一本スジしかない。
みゆきちゃんのはスジが少し開いてて、中身が顔を出してる。
大人のアソコだなぁって関心してガン見してしまった。

『ごはん出来てるよっ』『食べよっ』ってアソコの毛のことなんか気にしちゃいない・・・。
私も『うん』ってパジャマ探したら無い。 アレ?
『お部屋も暖かくしてあるからそのままでいらっしゃい』って・・・。
みゆきちゃんこう言う趣味だからなぁ・・・。
何でも言うコトきくって言ったから逆らう気はないけど、やっぱ慣れてないから動揺するし。
『足は冷えるからスリッパね』って渡してくれた。 やさしいところも相変わらず。
私はスリッパひとつだけの格好でダイニングへ、みゆきちゃんはエプロンつけてるけど、後ろからみると凄く可愛い(私はスケベ男か?)。
全裸でダイニングテーブルに腰掛けて、裸でエプロンのみゆきちゃんがごはんを並べてる。
手伝わなくていいって言われたからだけど、なんか変な気分。
用意が済んだらみゆきちゃんもエプロン脱ぎ捨てて全裸になって着席。
『いただきま~す』って普通に・・・。
みゆきちゃんが新妻みたい。
(ベッドでは立場違うけど)なんて思いながらみゆきちゃんの作った朝食を頂く。
純和風でみゆきちゃんのイメージとちょっと違うなぁとか思いながら頂いた。
旅館の朝食みたいに凝ってた。 美味しかった。

『片付けは私やる』って言ったら『運ぶの手伝って』って。
全裸で食器を運んだ。
みゆきちゃんは裸にエプロンで洗い物。
色っぽい・・・。 お尻に触ってみた。
『ダメぇ~』『手元狂っちゃうからぁ』って。
でもチョコチョコとイタズラした。 まるでスケベ男だな・・・。
みゆきちゃんの女らしさがとっても可愛い。
こう言う関係ってどっちの役にもなれるんだなぁ・・・。

片付けも終わったからお部屋に戻った。 今度は二人とも全裸で。 階段上がるのは先を行かされてみゆきちゃんにのぞきこまれて『ルミのアソコ可愛い』とか言葉責めされた。

太陽が眩しいお部屋で裸の二人ってちょっと美しいかな?って思ったけど美しいのはみゆきちゃんで、チビで幼児体型で胸は無いし、アソコは一本スジ・・・。
『みゆきちゃんの姪って私みたいなの?(相手は小学生)』って聞いてみた。
『もう少し発達してるかなぁ』だって。 (私、高1なのに・・・劣等感)
みゆきちゃんは『ルミのその身体も好きだけど、ルミ自身が好きなんだからいいでしょ?』って。
『今日どうする?』って聞いてきた。
いや、どうするって・・・どうされんの?
『姪の服ならあるから出かけよう』って。
私エロいことしか考えてなくて恥ずかしくなった。

そう言えば初夏とも言える暖かないい天気で外出日和だ。
『ルミ、エッチなこと考えたでしょ?』見透かされてる・・・。
『あたしも考えてるよ。 でもアソコら辺も休ませてあげないとね』ってキスしてきた。
『口唇は休まなくて平気だよ』ってまた口を塞がれた。
『剃るときよ~く見たけど、少し荒れてるからお薬塗ってあるから』ってまた口を塞がれた。
『濡れてるけど拭いちゃダメだよ』『オッシッコの時も拭かないようにね』『ナプキンつけて行こうね』ってコトになった。
『みゆきちゃんは大丈夫なの?』って聞いたら『ひとりエッチより激しかったから同じだよ』って。
『じゃあ原宿行こう』って盛り上がったんで行くことにした。

普通に女の娘二人で遊びに来てるようでもあるけど、デート気分。 腕組んだり抱きついたり。 女の娘には普通にある現象だけど心の中ではドキドキしたりうっとりしたり。
みゆきちゃんもいぢわるで、見えないところでは、お尻タッチ(結構深々もあったり)、アソコに足を押し付けてきたり、オッパイ揉んだり。
私も応酬した。
トイレで二人きりになった時濃厚なキスをされて朦朧としてしまった。
ナプキンの代えが必要になっちゃうよ。

みゆきちゃんが私に着て欲しいって服を買ってくれた。
ゴスロリの服だ・・・。
『あたしは似合わないし、それ着てるルミ可愛いだろうし、それを脱がせたい』
着て帰れと言う。
『えぇ~っ!』ここなら違和感ないけど、埼玉でそんな格好してたら目立つし、知合いに出くわしたら・・・。
でも、有無を言わさずきせられた。
試着室借りてみゆきちゃんに手伝って貰って着替えた。
無論散々エッチぃ責めを受けて時間がかかったから店員さんに不審に思われなかったかな?

『ルミめっさ可愛いぃぃぃ~』ってみゆきちゃんが大興奮。
見てみると確かに可愛い。
それで歩いていたら生まれて初めて私を見てるって言う視線を感じた。
『可愛いね』なんて声も聞こえてきた。
みゆきちゃんはモデルさん的だから一緒に歩くとみゆきちゃんへの視線は知っていたが、私にも。
何人も男が声かけて来るし、キャッチも。
みゆきちゃんがいつも通りあしらってくれて、遅い昼ごはんを食べて地元の駅に帰って来た。
さすがにこの田舎だと目立つ・・・。
犯罪者が護送されてるような感じで帽子(メイドさんみたいな)のを目深にかぶってみゆきちゃんの家に到着。

ふと気付くとみゆきちゃんの様子がおかしい。
あぁ凄く興奮してるんだぁ。
私メチャクチャにされちゃうかなぁ。 されたいし。
なんて思いながら『いい天気で暑いくらいで汗ばんじゃったね』うがい、手洗いしながら『お風呂入る?』って聞いてみた。 アソコはナプキンつけてオシッコも拭かないで濡れてぐっしょりだし汗ばんだから洗いたかった。
するとみゆきちゃんは私の手を引っ張ってお部屋に連れて行こうとする。
『ねぇお風呂は?』って聞くと『あたしが綺麗にしてあげる』って。
『えっ!』そ・そんな・・・。 汚れてるし。
『拭くの?』て聞くと『お口で』と言葉少なにグイグイとお部屋に連れて行かれてベッドに押し倒された。
『ルミ可愛い、たまらない』って濃厚にキスされて、いきなりスカートをまくられた。
(うわぁぁ)
パンティをナプキンごと剥ぎ取られ、そられて一本スジの下半身を丸出しにされた。
『汚れてるよぉ』って足を閉じたけど『ルミ、抵抗しないで』って強めの言葉で言われた。
さからえないから、なすがままに足を広げられた。
みゆきちゃんの顔がアソコに接近するのがわかる。
『臭いでしょ?』『いい匂い』って言うやペロペロ舐め始めた。
『ルミ美味しいよ』って言うから恥ずかしい。 言葉責めだ。
相当ひどい状態だと思うとそれを舐められてるのが何だかもう恥ずかしい。
みゆきちゃんは隅々まで綺麗にするように舐めてる。
みゆきちゃんはこういうの好きなのか・・・朝からこうなるように罠が仕掛けてあったんだ・・・って思ったら恥ずかしさが快感になってきた。
舐められてる快感も素直に感じてきた。
『ルミ、綺麗にしてるのに濡れてくるよ』って言葉責めをくりかえす。
かなり長い時間舐められていた。
2~3回イッた。 2回目はわかったけど、3回目だったのかイキッぽなしだったのかわからなかった。

みゆきちゃんも脱ぎはじめた。 私も脱ごうとしたら『ルミはあたしが脱がすからそのままでいて』って。
ゴスロリがスカートたくしあげられて、フリフリの靴下は履いてるけどパンティは無くてM字開脚でツルツルのワレメが少し口を開いてるポーズのままを見られながら、みゆきちゃんが脱ぐのを待った。
みゆきちゃんの全裸は綺麗だ。
私をうっとりと見つめて脱がしてくれるらしい。 ドキドキする。
濃厚なキスをしてきた。 私の匂いがする・・・。 これを舐めたのか・・・。
みゆきちゃんも同じだろうな。 どんな匂いかな? 嫌じゃなくて期待している自分がいた。

つづく



アナル・SM・アブノーマル | 【2018-02-12(Mon) 05:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

私とみゆきちゃん その7

私とみゆきちゃん その7








私はみゆきちゃんの放尿を顔面騎乗位で飲み干して、みゆきちゃんには浣腸されて、みゆきちゃんが指で肛門かき回している最中に盛大に脱糞した。
浣腸の時お尻ペンペンされたけど、スパンキングって言うらしい。
とっても気持ちがいい。
みゆきちゃんが『ルミ、綺麗にしたらバイブだよ』って言うから『みゆきちゃん肛門責めるの好きなの?』『あとお尻とか叩くの好きなの?の』って聞いてみた。
アソコも敏感なところも充分に責めてくれて凄い快感だったから、せがむ気持ちもあったと思う。
『お尻とか肛門責めるの大好きよ』ってサラッと返って来た。
『ルミの前の方も同じくらい好きよ』って続いた。
『あっちはデリケートだからこれからじっくりね』『まだバイブ入れても痛いだけだよ』
『ふぅ~ん、肛門は感じるの?』
『指でも感じてたじゃない』 ・・・(照)
『何でかな?』
『ルミの身体がエロいからだよ』 ・・・(照)
と今後に期待な会話のあと、でっかい方のバイブにローションつけて『仰向け』って言われた。
あれ四つん這いじゃないんだぁとか思いつつ従った。
大また開きと言うか肛門が天井を向くような姿勢にされた。
『マングリ返しってポーズだよ』って言われたけど、最高に恥ずかしいポーズ。

その姿勢でローションをつけて指で肛門をマッサージされた。
たくさん脱糞させられたあとだから、ウンチ出ちゃいそうな不安感もなかったし、出したきゃどうぞ、みたいなノリだったから、マッサージが気持ちよかった。
同時に敏感なところもマッサージしてくれるからたまらない。
ローションで敏感なところマッサージされるのって舐め舐めとは違った快感。
スグにでもイキそうになってきた時、肛門から指が去ったと思ったらでっかいバイブがあてがわれて『ルミ突っ込むよ』って・・・。
ずずずぅぅ~と肛門を押し広げて入ってきた。
(うわぁぁぁ~)
快感と言うより被虐的な気持ち。
敏感なところのマッサージは続くから頭はだんだん真っ白になってくるやら。

ずっぽりと入ったバイブが突然振動をはじめた。
おぉぉぉ~って変な悲鳴みたいのが出た。
私のアソコの穴が無くなったみたいに肛門側から敏感なところに振動が来る。
ものの10秒くらいでイッてしまった。
だけど、バイブも敏感なところのマッサージもとまらない。
もう『死んじゃう、助けて~』って文字通りの悲鳴をあげたけどとまらない。
身体は抵抗できないポーズでみゆきちゃんの手に摑まって『死んじゃう・死んじゃう』って叫んでいたらしい。
また波がきた、信じられないような快感で大声を上げてイッてしまった。
バイブが抜かれたと思ったら、私は放尿していた。
今度はみゆきちゃんにオシッコかけてる。
『ルミの身体はエッチだね』『お漏らししてるよ』『そんなによかった?』って言葉責めが始まった。
私は身動きできずに放尿を続けた。
勢いが無くて長い時間チョロチョロと出ていた。
放尿とまらないのに、みゆきちゃんが『お掃除』って言って私のアソコにむしゃぶりついてきた。
『あぁ・・みゆきちゃん』オシッコ飲まれてる・・・。
言葉はそれしか出ない。 身体も動かない。 しばらくなすがままだった。

私は快感でフラフラで、みゆきちゃんに身体を洗ってもらって、浴槽に入れてもらった。
『ルミ幸せ?』って聞かれて『生まれてきて、みゆきちゃんに出会えて、こうしていられてこんな幸せないよ』って答えた。
みゆきちゃんは強く抱き締めてくれて『あたしも幸せだよ』って言ってくれた。

『お風呂あがったら、私もイカせて』ってみゆきちゃんが言う。
相変わらず爽やかに。
もう何だって出来ることはする。 私の全力で。

家の人誰もいないって知って、二人とも全裸のままお部屋に戻った。
みゆきちゃんはご機嫌でエロエロになってって、ベッドに大の字になって『舐めてイカせてぇ~』って言いながら自分でアソコをおっぴろげて見せて来た。
なんか今までのみゆきちゃんとイメージ違うけど、そんなみゆきちゃんも良かった。
私もベッドにダイブして、みゆきちゃんのアソコに顔を埋めた。
さっきしたみたいに丁重に舐めた。
さっきはドキドキだったけど、今は美味しく味わってる感じ。
みゆきちゃんは凄く感じてる。
(私を責めて興奮してるんだ)
みゆきちゃんもあっと言う間にイッてしまった。
イッたあとも綺麗にお掃除するように舐め舐めしてた。
みゆきちゃんもうっとりしてた。

『ルミこっちおいで』って言われてもう少し舐めていたかったけど、みゆきちゃんに抱き寄せられて強く抱き締められた。

『お母さん日曜日の夜まで帰って来ないけどどうする?』
(今日は金曜日だ・・・土曜日の朝に近いけど)
『それまで一緒にいたいよ』って言った。
みゆきちゃん大喜びで『そう』って言ってニコニコしてる。
『じゃぁまたいろいろしていい?』ってみゆきちゃんが聞くから『されたいから一緒にいたいし、離れたくない』って言った。
みゆきちゃん『あたしルミを料理するのも上手だけど、ホントの料理も得意だよ』『美味しいもん作ってあげるね』って凄くやさしい。
『今日このまま(全裸)で寝よう』って言ってキスして来た。
『うん』
その方がいいし。
『先に起きた方がなんでもイタズラありね』ってみゆきちゃんが言った。
(寝起きの悪い上にヘトヘトの私がやられるな・・・)
『うん、いいよ』ってイタズラされたくて答えた。

みゆきちゃんどんなコト考えてんだろ?
その後もいろいろ考えてるんだろうなぁ。
なんか嬉しい。
みゆきちゃんに抱き締められてウトウトしてきた。
みゆきちゃんも『ルミぃ・・・』って半分眠ってる。

あの出来事から半日くらいしか経っていないのに、私には地獄から天国、みゆきちゃんもホント嬉しそうにしてくれてる。
みゆきちゃん・・・

二人は眠りについた。

つづく



アナル・SM・アブノーマル | 【2018-02-12(Mon) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

私とみゆきちゃん その6

私とみゆきちゃん その6







私が放尿したバケツを持って、ノーパンノーブラでパジャマ着てお風呂に行くコトになった。

さっきのオモチャを私に使うらしい。
浣腸もされるらしい。
みゆきちゃんのオシッコかけられるらしい。
お尻に歯型つくほど噛まれたりしたけど、もっとしてあげるって言われた。
(みゆきちゃんってSなんだなぁ・・・私は悦んでるかMなんだ・・・)とか考えつつも『みゆきちゃん、おウチの人に聞かれちゃうんじゃない?』
って言うと『お母さんは出かけたよ』って。
そう言えばお父さんとかどうしてんだろ? お兄さんは大学で東京に行ってるのは聞いていたけど。
『お父さんは神奈川に単身赴任だよ』『週末はお母さんが行くんだよ』(ここは埼玉です)
『普通と逆じゃない?』って言うと『高1になって弟か妹できんのかなぁ』『いや産まれるなら高2かな?』って能天気なコト言ってる。
エロい家系?って思ってみた。
あぁでも大声出してたのに平然としてたのはそれでか。
『もっと悲鳴あげても大丈夫だよ』って。
(悲鳴? 喘ぎとかはなくて?)
そう言えば聞いたコトあるSMプレイとかすると過激な気がする。
スカトロとか痛めつけるハードなSMプレイ・・・。
ありゃりゃ、みゆきちゃんはそう言う趣味なんだ。
ん~ みゆきちゃんの言うコトなんでも聞くって言ったし、何でもするって言ったしなぁ。
みゆきちゃんもホント?って何度も聞いて来たし、最初はやさしく大丈夫?って聞いてくれてたし。
その度に大丈夫とか言ってたし、感じたりしてたからなぁ。
そう言えば、みゆきちゃんやさしいけど、大丈夫?とか聞かないし、有無を言わせない感じだなぁ。
と考えてるうちにお風呂についた。 24時間風呂ってやつだ。
うしろからパジャマのズボンをペローンって脱がされた。
すかさず上着も脱がされて全裸。
みゆきちゃんも脱いで『ルミ可愛い』って言ってくれた。
『みゆきちゃん綺麗』って思わず言った。
なんかエッチなことしたからエロ綺麗に見えた。
寒いからお風呂場に入ったら『湯船に手をついてお尻見せて』って。 言う通りにした。
『可愛いお尻ね』『歯型少しだけ残ってるネ』とか言いながら撫で回わされた。
その手つきが感じる・・・。
私はこれからされることを考えたけど、みゆきちゃんが望むのならいいし、きっと気持ちいいんだろっって開き直った。
ちょっと撫でられたり身体のアチコチをさわられたりしてたら、エッチな気分になってきた。
みゆきちゃんと身体洗いっこして浴槽に浸かった。
浴槽の中でみゆきちゃんに後ろから抱っこされてる形になった。 なんかいい気持ち。
みゆきちゃんもチョコチョコといたずらして来るけど『ルミ好きだよ』『ルミ可愛い』『ルミここ感じる?』とかやさしくエロい言葉責め。
もううっとりして来た。
暑くなってきたから洗い場へ。 結構広いから私の身長なら(140cmちょい)余裕で寝っ転がれた。
やっぱりそうだった。
みゆきちゃんに仰向けになるように言われた。
みゆきちゃんが私の顔に跨るように(シックスナインじゃない方向)してきた。
みゆきちゃんのアソコが迫って来る。(あぁオシッコだ・・・)
『ルミ出すよ』って言いながらみゆきちゃんのアソコで口を塞がれた。
熱いものが口の中にほとばしって来た。(あぁぁぁうぅぅぅ)
とにかく受け止めたけど、たくさん出るからそのまま頑張って飲んだ。
長い時間放尿されていた。
気付くとみゆきちゃんのオシッコを飲み干していた。
放尿を終えたみゆきちゃんが『アレ?』って言う『どうしたの?』って聞くと『オシッコ出たよね?』って言うから『たくさん出たよ』って答えたら『飲んだの?』って聞かれたから『うん』って答えたらみゆきちゃんが『辛くなかった? 無理しなくてもよかったのに』って言うから『無理してないよ、美味しかった』って言ったらガバッっと抱き締められた。
『ルミ、嬉しいよ』って。
そう言えばオシッコかけるって言ってたけど、飲んじゃった。
本当は飲ませたかったんだ。
そう思うと『みゆきちゃんオシッコ飲ませたかったの? そうならそう言ってね』って言ったら『ありがとう』『あんまり過激なこと言うとルミに嫌われると思って』って言うから『みゆきちゃんのこと愛してるから信じてよ』って言った。
『ごめんね、ルミのこと信じてなかったのかな・・・でもあたし変態だし』って言うから『私も変態みたいだよ』『みゆきちゃんの奴隷でいいの』って言った。
本当にそう思った。 いろいろされる前はヤバい感じがするけど、実際にされると嬉しいような快感。 みゆきちゃんの言うコト聞いていれば大丈夫って思った。

みゆきちゃんが『ルミはどこまで平気なのかな?』って聞くから『みゆきちゃんにされるコトとさせられるコトなら全部』って答えた。
『痛いのとか平気?』って聞かれたからさっきお尻噛まれて気持ちよかったから『平気って言うか気持ちいい』って答えた。
『ルミの全部が好き、食べてしまいたい』って言うから『食べられたいけど、食べたら私がなくなっちゃうよ』『私も一回しか食べてもらえないし』って答えた。
本気で殺されて食べられると思った。
それでもいいかなって思ったけど、もっと気持ちいいの知りたいし、愛するみゆきちゃんと一緒にいたかったからそう答えてみた。
『ルミはそこまであたしを想ってくれてるんだ』って涙目になってキスしてくれた。
うん。確かに思ってる。
『さっきも言ったけど、みゆきちゃんがいなければ、私は死んでたんだよ』『私はみゆきちゃんのものだから、道具だと思ってくれてもいいの』って言ったら。
『ルミはあたしの大切な人だよ』『愛情表現はいろいろだけどね』って言ってやさしい笑顔となんかエロいようなひんやりするような目で私を見た。
みゆきちゃんは『愛情表現だからね』ってつぶやくように言った。
そして『四つん這いになりなさい』『ウンチ溜まってたから出しましょう』って命令された。
命令口調に快感を覚えてしまった。
そして言うとおりにすると『この可愛いお尻の奥にウンチが詰まってるのね』って言っていちぢく浣腸を挿入された。 一本、二本、三本・・・六本入れた時に逆流しそうになった。
そしたらお尻をパーンッと叩かれ『我慢なさい』って言われた。
叩かれて、怒られたのに快感を覚えた。
黙っていたら、またパーンッと叩かれ『返事は?』と言われたので『はいっ』って答えたらまたパーンッと叩かれ『誤りなさい』と言われたので『ごめんなさい』って答えたらまたパーンッと叩かれ『申し訳ありませんでしたでしょ?』って言われもう一発叩かれ『以後気をつけなさい』ってさらに一発叩かれ、さらにいちぢく二本注入された。
お尻に手形がついたかなって思うくらい激しく叩かれ、お叱りの言葉を浴びせられた。
なんと言う快感だろう。
もっといぢめられたいって思った。
私はドMだな。 みゆきちゃんもドSだな。 だからお互い一目ぼれしたのかな? とか考えていたら便意をもよおして来た。
みゆきちゃんに『ウンチ出そう』って言ったら、お尻をピシッと発叩かれ『我慢なさい』って言われた。 お尻を手じゃなくてなんかで叩いたみたい。 痛みが強かった。
みゅきちゃんが手に持ってるのは靴ベラだった。
もっと叩かれたいって思ったから『ウンチ出ちゃう、トイレ行かせて』って言ってみた。
案の定二発ほど引っ叩かれて『ここでするのよ』『それにまだ我慢なさい』って言われもう一発叩かれた。
しばらくしたら本当に我慢出来そうになくなって来た。
『漏れちゃう、ウンチ漏れちゃう』って言うしかなかった。
『見てあげる』って言って肛門に指を突っ込まれた。
このまま漏らすのはとんでもないのでここは我慢した。
『みゆきちゃんどいて、かかっちゃうよぉ~』って言ったら指でかき回し始めた。
もう我慢出来ない。xxxxxxxxx~っと盛大に脱糞してしまった。
みゆきちゃんに思いっきりぶっかけてしまった。 すると。
『ルミ臭いを嗅がないようにして』とやさしい言葉が『??』
盛大な脱糞の二波、三波もすべてみゆきちゃんにぶっかけてしまった。
みゆきちゃんは気にもせずにシャワーで流しながら『もう終わりかな?』って聞いて来る。
『・・・。』恥ずかしさと緊張と興奮で声が出ない。
するとシャワーの先をはずしたホースを肛門に突っ込まれた。
『うぁぁ・・・』なんかお腹が膨らむー。
今度はウンチまじりのお湯を盛大にみゆきちゃんにぶっかけた。
もう2回お湯でお腹の中を洗われた。
『綺麗になったかなぁ?』って嬉しそうに聞いてきた。 解らない・・・。
少しヒリヒリするなぁって思ってたら、なんか軟膏を塗ってくれた。
『ごめんな・・・申し訳ありません』ってウンチぶっかけたことを謝った。
『いいのよ』『するトコ見たいんだし、ルミのウンチは汚くないよ』
やさしかった。
『オシッコと違って臭いを嗅がないのがコツだよ』『さすがに嗅ぐとショック大きいからね』って。
私はみゆきちゃんのウンチ浴びれるカナ? 平気だと思った。
みゆきちゃんは私のことこんなに思ってくれてるんだって嬉しくなった。

『ルミ、綺麗にしたらバイブだよ』って爽やかに言われた。
ホントやさしいっていうかリードが上手。
私もその気満々だった。
『お尻ペンペン大丈夫だった?』
『うん、もっとって感じだった』って言ったらみゆきちゃん『今度は悲鳴あげるくらいネ』って言った。
『うん』
どんどん調教されて行く自分が嬉しかった。

みゆきちゃんはローションとバイブを用意していた。
この先どんな快感が待ってるんだろう。

胸の中は期待とみゆきちゃんでいっぱいだった。

つづく



アナル・SM・アブノーマル | 【2018-02-11(Sun) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

最高のクンニ体験(第四話)

LaZooでボクの投稿を読んで「私もイカせてほしい」というメールをいただいて
から何日間かのメール交換の後、会うことができました。
都内の大学に通う22歳の早紀というコです。
高校自体は部活に明け暮れていたせいか、ちょっとボーイッシュな感じ。
 現在ラブラブの彼氏がいてしょっちゅうHはしているけど、イッたコト
が無いのでイッてみたい、ということで会いました。
彼氏以外とHすることに関してはあまり罪悪感が無く、Hなコトにはすご
く興味がある、という不思議なコです。
この投稿も、自分とのHが載っているのを読んで一人でしちゃいたい、
ということでアップしました。

 初回はお互い緊張していたせいか、イカせることができなかったので、
今回は2度目の挑戦です。
 会うまでの間、オモチャやソフトSMにも興味がある、ということで
いろいろグッズを持参してホテルに行きました。(^_^;

 初回会った場所と同じ都内の某駅で待ち合わせしました。
実は1回目の後、イカせることができなかったので、自分なりにショック
でした。
「気持ちよくイカせてあげる」なんて豪語しておきながら、早紀をイカせ
ることができなかったので、もう二度と会ってくれないんだろうな、と思
っていたところに、
『前はイケなかったけど気持ちよかったです。また会ってもらえますか?』
なんて嬉しいお言葉!次は絶対イカせてあげるね、と心に誓ったのでした。

 ホテルに着き、お互いシャワーを浴びてベッドでリラックスしてる間に
持参してきたモノを披露しました。
「これ、見てごらん」 と、ピンク色のローターを見せました。
『あはは、かわいい。』
「エロきゅんローターっていうんだよ」と、箱から出してスイッチを入れ
ました。「ウィーン!」という音と同時に、12本の柔らかい突起が微妙
に振動しています。
『うっわー!エロい、コレ!』
「使ってみたい?」
『うん!楽しみー!』
 他にも、目隠しや、手を縛るヒモを見せると、早紀も次第に高揚して
きます。

 「じゃあ、始めよっか?」
コクンとうなずく早紀。期待でお互いワクワクしてきます。
最初は舌を絡めたディープなキス・・・と行きたいところだけど、今回は
キスはNGということで耳にキスをして、舌を耳の穴に入れます。
舌にたっぷりと唾液を絡ませて耳の穴に差し込むと、不思議な味がします。
『ぅ・・・ふぅん・・・・』 早くも早紀の両脚がもじもじしてきます。
このコは感じて来ると、脚がもじもじして、腰もクネクネして反応する
から、攻め甲斐があります。
次は耳たぶを軽く噛んで、首筋に舌を這わせます。
『はぁ・・・・ん・・・はぁっ!あぁ・・・ん・・・』
早紀の香りと香水の香りがブレンドして、とてもいい香りです。
そして早紀のかすかな汗の味が、舌を刺激します。

 ガウンの胸元を少し広げ、胸元を舐めまわします。
『あん・・・あぁっ!・・・・あ・・・・はァ・・・ん・・・』
早紀の胸元はすべすべしてとっても綺麗なので、いつまでも舐めていたい
気持ちになります。
ガウンを脱がせると、ピンクに黒のラインが入ったとても素敵な下着に
感激しました。
「素敵な下着だね」
『だって、ヒロキさんが着て来てって・・・』 そうです。
前回も上下おそろいの下着で、「下着のセンスが良かったよ」ってメール
した時に、「次も期待してるね」って添えたのを覚えててくれたんです。
ピンクのブラの上から、両方のバストの外側からやさしく揉んで、顔を
両方のバストの真ん中にうずめます。
そしてDカップのバストのふもとにキスをして、ペロペロと音を立てて
舐めまわします。
『あアん・・・はっ・・・あぁぁーん・・・』
だんだんと早紀の息が荒くなってきます。

 このままブラをつけたままHしてもいいんだけど、皺になったりすると
悪いし、何よりもボクがバストを舐めたいので、はずすことに。(^_^;
仰向けになっている早紀を横に向かせ、ブラのホックをはずすと、
「ぷるんっ!」って感じで早紀のバストが弾けるように露出します。
むしゃぶりつきたくなるのを我慢して、また仰向けに寝かせ、バストの
外側をそっと持って左右に揺らします。そのたびに、ふるん、ふるん、と
そのたわわな乳房が揺れる様が、何とも煽情的です。
『あ、あン……ああ、ア……っ♪』
バストを揺らすだけで舐めていないのに、感じちゃうHなコです。

 ここで、今日の「お楽しみ」第一弾!
持って来たアイマスクで早紀の視界をさえぎります。
『何も見えなくて、なんかドキドキ・・・・』
SMっぽいプレイは初体験の早紀には、不安よりも期待が勝るようです。
「ツッ!」といきなり乳首の1cm横を舐めます。
『ひゃぅん!・・・』見えないところにいきなり舐められた驚きで、つい
声が出ちゃうようです。
目隠しをしたまま、たくさんじらしてあげよう、と思い、乳首の周り
1cmをじっくりと舐めまわします。
『あん!・・アあぁーん!・・あぁ・・ッ!』
「早く乳首を舐めてほしいでしょ?」
『う・・・ん・・・。乳首・・・舐めてほしい・・・の・・』
「ダメだよ。わざと舐めないようにしてるんだから。」
『あ・・・ぁん・・・いじわるぅ・・・はぁっ!・・・』
わざと「ぴちゃぴちゃ」と音を立てて乳首ギリギリのところを舐めます。
乳首の周りをクルクルと舐めていると、ちょっと舌が乳首に当たって
しまう瞬間があります。
『きゃ!・・アァん!・・・あっ!あァッ!・・・』
これ以上じらすとかわいそうかな?と思い、舌を尖らせて「ピンッ!」と
はじくようにつつきます。
『ああっ!!は・・あん!』 上半身をのけ反らせて反応しています。
今度は思い切り、ズズッと吸って、早紀の乳首を堪能します。
『ああん!それ!・・・気持ちいぃ!・・・』
この時、乳首だけの攻撃で、きっと早紀のアソコはもう濡れ濡れになって
いるんだろうなと確信してました。

 次は「お楽しみ」第二段です。
持って来たヒモで、両手首を頭上に上げて、クロスするような感じで
キツ過ぎないように縛ります。
早紀の両脇があらわになります。
キレイで魅力的な早紀の脇の下を、下から上にかけて舌を這わせます。
(なんだか「した」ばかり出てくる文章だなぁ。)
『あぁぁーん!はぁん!』
早紀にとって脇の下を舐められるのは、前回も経験したけど、今回は執拗
に舐めます。
早紀の脇の下って、ほのかな汗の味がとてもおいしくって、いつまでも
舐めていたくなっちゃいます。(^_^;

 たっぷりと脇の下を味わった後、今度はおなかからへそにかけて舐め
伝い、いよいよ下半身に到達しました。
これまた、魅力的なショーツの上から、ちょうど早紀の一番感じる部分の
丘に鼻をギュッっとうずめて、思いっきり息を吸い込んで香りを嗅ぎます。
「はぁぁー!・・・早紀、いい香りだよ・・・」
『ぃやーん・・恥ずかしいよぉ・・・』
脚を広げさせると、Hなシミが浮き上がっているのがわかります。
そのシミをショーツの上からペロペロと舐めちゃいます。
『あぁん!あん!・・あん!』
直に舐めたくなってきたので、脱がすことに。
ショーツの両側を軽く持つと、早紀もお尻を上げて協力してくれます。
足首にショーツをかけておきたいところだけど、これも皺になると悪いの
で、全部脱がします。
すると、陰毛に早紀のHな蜜が絡まって、陰毛の束となって立っているの
がわかりました。なんともいやらしい光景です。
「早紀、アソコの毛までビチャビチャに濡れてるよ」
『やーん・・・』
「この濡れた毛を舐めさせて」 ぴちゃぴちゃと舐めるボク・・・
『はぁ・・・・ん・・・エッチぃ・・・』
いいことを思いつきました。目隠しをしている早紀を尻目に、部屋の窓を
を空けました。「窓」と言っても、内側のドアですが。
昼間だったので、部屋が一気に明るくなって、早紀のピンク色に染まった
身体がはっきりとわかるようになりました。
『何?何?』
「窓を開けたんだよ。早紀のエッチな身体がはっきりと見えるよ」
『恥ずかしい・・・』
「ほら、濡れちゃったおま○こが丸見えだよ」
『ああん・・・。そんなコト言わないで・・・』
でもボクは容赦しません。言葉でも早紀をいじめることにしました。
「早紀の愛液がたくさん溢れているよ。お尻の穴まで垂れちゃってる」
『あ・・・あん・・』少しMっ気がある早紀には、刺激的な攻撃です。
「たくさん濡れているおま○こを舐めるよ」
すでにとろとろと透明な液を溢れさせている早紀のクレヴァスに、舌を
ツツーッと舐めます。おいしい早紀の蜜の味。ちょっとしょっぱくって
トロリとした愛液です。
そして、ぴちゃ、ぴちゃ、とわざと大きな音が出るように舐めます。
『はぁん!あん!きゃぁ・・・・ん!』腰がクネクネ動き、舐めるのも
気合を入れないと、舐めにくくなってきました。

 とっさに早紀のクレヴァスの上部を、指でさらに上に押し上げ、
クリトリスが露出するように開きました。
『あ!ああーん!』クリトリスが露出しただけで歓喜の声をあげます。
「ほぅら、クリトリスを舐めるよ」と言って、クリトリスの横や下だけを
舐めます。
『あアン!あん!・・』
「ふふふ。クリトリスはまだ舐めないよ」
『ああーん!舐めて・・・』
「まだダメだよ。クリトリスの周りだけ舐めちゃう」
『そんな・・・』
見ると、早紀のクリトリスがヒクヒクしています。
まるでペニスのように自己主張するかのように、ボクが意地悪なコトを言
うと、キュッと奥に引っ込んだり、クリトリスの下の部分をチロチロと
舐めると、ヒクッと上に動いたり。こんなにヒクヒクするクリトリスは
めったにお目にかかったコトはありません。

 もうじらすのはかわいそうかな?と思い、ゆっくりとクリトリスを
唇ではさんで舌をチロチロと這わせます。
『あああー!あーん!ふぁーん!』すごい反応!
もう、クリトリスに一点集中攻撃です。
軽く甘噛みしたり、チロチロと舐めたり、唇でキュッキュッと挟んだり
いろんなバリエーションで攻撃し続けます。
『ああああ!あァーん!キャッ!』
でも、なかなか絶頂には達しないようです。

 そこで、第三弾!「エロきゅんローター」の登場です!
(なんかドラ○もんみたい・・・)
12本の突起を早紀のクリトリスにあてがい、スイッチをONにします。
『きゃぁぁ!ああーん!』
すごい!こんなよがった早紀を見たのは初めてです。
もっと早紀の絶叫する姿を見たくなりました。
もうスイッチを「強」にするしかありません!(笑)
「ヴィィィィィーン!」
『はああーん!!あん!ああああアアアァーッ!!』
腰がぐいんぐいん!すごい乱れようです!
12本の突起を、クリトリスの皮に引っ掛け、クリトリスを十分刺激する
ように固定し、指を1本じわじわと挿入します。
『きゃああああああああ!』
そうです、Gスポットをちょっと刺激しちゃいました。
もう少し刺激してみようかな?と思い、指をカギ状にして、膣内の上部に
引っ掛かるようにして、ホジるように出し入れします。
『ああああああああァァァ!す・・・ごい!』
まだまだ終わりません。指を2本入れて早紀の膣壁をキュッキュッとホジ
くりまわします。
『あ、あン!・・あぁ!あっ!あンンっ!あーあひいッ!』
「クチュクチュ!」
愛液も、たくさん噴出してきました。
思わず舌を膣口に持って早紀の蜜の味を確かめます。苦い!
そうです。しょっぱい前戯段階の愛液とは異なり、もう「本気モード」で
感じ始めた早紀が、絶頂を迎える前兆の愛液を出しているのです。
エロきゅんローターも「強」のまま、二本の指の出し入れと、舌の攻撃で
早紀を絶頂に導きます。
『おかしくなっちゃうよぉ!ああん!あああああああああーんッ!』
腰が空中でヒクヒクと2回グラインドして、ベッドに「すとん」と落ち
ました。
早紀のクリトリスにはまだ「ヴィィィーン」とローターがあてがわれて
膣口からはトロトロと蜜が出てきています。

『はぁっ・・・はぁっ・・・す・・・ごい・・・気持ちよかった・・・』
「イケた?」
『イッたのかも・・・』
そう答えた早紀の笑顔がとても素敵でした。

なんとか早紀をイカせることはできたけど、「反則道具」で勝利したよう
な気分でした・・・。
今度は、自慢のクンニ・テクでイカせられるように日々精進です(^_^;




アナル・SM・アブノーマル | 【2018-02-11(Sun) 21:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

私とみゆきちゃん その5

私とみゆきちゃん その5






みゆきちゃんがベランダからもって来たバケツで私に『ここにオシッコして見せて』って言う。
みゆきちゃんは私の放尿を見たいらしい。
恥ずかしいけど、私はみゆきちゃんの物だから言うとおりにしなきゃ。
もうオシッコ我慢できなくなって来た。

私はみゆきちゃんに跨がされたバケツに盛大に放尿した。
みゆきちゃんは飛沫を浴びそうなくらいに近づいて、私のアソコを広げて観賞していた。
あまり派手に放尿したら恥ずかしいって思ってたから、最初は中々でなかったけど、みゆきちゃんが尿道口を刺激するから、盛大に出てしまった。
私は目を閉じて出るがままに任せていたけど、バケツにオシッコが当たる音が大きく聞こえる。 みゆきちゃんにも飛沫がかかってるみたいだし、私のアソコを広げてるから、手にもかかっただろうと思うと恥ずかしい。
全部出てスッキリしたけど、安心したらそのシチュエーションで我に返った。
みゆきちゃんはまだ見ている。
そしてオシッコでビッショリになった私のアソコ一帯を素手て拭き取るようにして、垂れないくらいにしたら、バケツに跨った私をベッドに仰向けに寝かせて、大また開きにしたかと思うと、まだオシッコまみれの私のアソコを『綺麗にしてあげるね』と言ったので拭いてくれるのかと思ったら、みゆきちゃんのお口でペロペロと舐め始めた。
『え~っ! みゆきちゃんばっちいよぉ~』って言ってもペロペロと綺麗にされてしまった。
みゆきちゃんはそんな事が平気なんだろうか? いや、好きなんだろうか?
『ルミのだからできるんだよ』って私の心を見透かしたように言われた。
『どう?スッキリした?』って・・・。
何回もイカされたあげく放尿させられて、お掃除ペロペロされて、もちろんスッキリだけど、みんな初体験の私にとっては(いいの?こんなことして貰っていいの?)って駆け巡っていた。
みゆきちゃんは、嬉しそうにしていた。
『ルミがちゃんと反応してくれて可愛いし、あたしの言うとおりにしてくれて満足』って言って私わ抱き締めてキスしてくれた。
私のオシッコの味がするけど・・・。
私はみゆきちゃんにやられっぱなしだったけど、私もみゆきちゃんを気持ち良くしてあげたいって思った。
同じことしてあげればいいのか? あんな上手に出来るかな?って思った。
みゆきちゃんのオシッコどうだろう?
私は変態なのか、みゆきちゃんのオシッコが欲しかった。

私を散々責めたみゆきちゃん、やさしくニコニコしてるけど、されたいのかな?
そう思ってみゆきちゃんのアソコに手を伸ばした。
ビッショリでぬるぬるだ。
『ルミのこと可愛がったからあたしも興奮するよ』ってこともなげに言われた。
私は取り急ぎ、ビッショリでぬるぬるのみゆきちゃんのアソコを綺麗にしてあげようと顔を埋めた。
みゆきちゃんは軽く喘ぎながら『ルミありがと』って言ってる。
さて、どうしようって思っていたら『ルミ、これ使って』ってオモチャを渡された。
どうやって使うんだろ?
渡されたのはバイブとローター。
『アソコにバイブ突っ込んで、敏感なところをローターでお願い』って言われた。
大丈夫なのかな?って思いながらその通りにしてみた。
今度は私が上のシックスナインスタイル。
言われるがまま、みゆきちゃんにしてあげた。
みゆきちゃんは喘ぎながら『いつも自分でしてるけど、ルミにされてると最高!』って叫ぶように喘いで、身体をうねらせ、ビックンビックンさせて果てた。
オモチャを抜いて、濡れたアソコは綺麗に舐め取ってあげた。
こうしている私自身も快感だった。

少し落ち着いたら、みゆきちゃんもうつぶせになって『肛門舐めて』って言う。
私はもちろんその気でいたから、ペロペロ始めた。
(肛門の舌触りってなんていいんだろ)って思った。
舌を尖らせて肛門にねじ込んでみたけどあんまりうまくいかない。
でも『ルミいいよぉ~』って言ってくれる。
今度は吸ってみた。 肛門を吸いながら、舌を出し入れするのはやっぱりうまくいかない。
でも、みゆきちゃんは気持ち良さそうに喘いでる。
(上手くなってやるっ)って思いながら頑張った。
お汁の垂れ方も同じだから、このを舐め取るのは上手くできた。
みゆきちゃんは指を使って気持ち良くしてくれた。
どうやっろうか考えてたら『ルミはまだ指のつかいかたわからないでしょ?』って言うので『どうすればいい?』って聞いたらさっきより小さめのバイブを渡されて『これ入れて』って言われた。
そしてそれを入れる前にみゆきちゃんは仰向けになって『一緒にこれも』って言ってさっきのバイブをアソコに入れた。
私は指2本づつだったけど、みゆきちゃんはバイブ2本なんだ。
そして敏感なところを精一杯舐めたり吸ったりしながら、バイブ2本を出し入れした。
そしてみゆきちゃんも激しく果てた。
私の身体より熟してるなぁ。
今度はオシッコかな?って思ったらみゆきちゃんは尿意をもよおしてないって。

時間を見るともう夜中の1時になっていた。
結構してたんだなぁって思った。
明日は休みだけど、もう寝るのかな?って思ったら『バケツの中身捨てなきゃ』って。
あと身体洗おうってまたお風呂に行こうってコトになった。

私はみゆきちゃんとこんなコトしながら愛を育むのかな?って嬉しくなっていた。
みゆきちゃんは『ルミどうだった?』って聞いて来る。
だから『とっても良かった』『私みゆきちゃんを満足させた?』って聞いた。
そしたら『まだ序の口だよ』って爽やかに言われた。
ビックリするやら、まだなにが待ってるんだかで興奮するし、少しビビッた。
『ルミの肛門にもアソコにもコレ入れてあげる』ってさっきのオモチャを指した。
(うわぁぁ~)
『ルミちょっとウンチ詰まってたからお風呂で浣腸してあげる』ってにこやかに言われた。(えぇぇ~)
『あたしのオシッコはお風呂でかけてあげる』って普通に言われた。
『ルミはお尻に歯型ついてるけど、悦んでたね?』
『そう言うの好きならもっとしてあげるから』
と矢継ぎ早にみゆきちゃんは言った。
(ちょっとまってぇぇ~)みたいだったけど、いずれも受け入れる覚悟はあった。
でも、これから?
みゆきちゃんは(当たり前)みたいな顔して『お風呂行こう』ってパジャマを着始めた。
『ルミは全裸で行くの?』ってエロく言葉をかけて来た。
私もパジャマえ着て『みゆきちゃんの言うとおりにするよ』って準備を始めた。

今日だけじゃなくて、これからいろんな調教されていくんだなって正直期待しちゃった。
とりあえず今日はみゆきちゃんが言ったことを受け入れよう。

つづく



アナル・SM・アブノーマル | 【2018-02-11(Sun) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*