FC2ブログ

ロリ道


俺は、とある簡単な方法で、女の子の方からいじってとせがまれた。
ちなみに初対面。相手は小2。
最初はあぐらをかいてその上に女の子にあぐらをかかせて、
パンツの中に手を突っ込んでクリトリスを包皮の上から5分くらい高速で震わせた。
このとき、大人の女相手にしてる人間はわかるとおり、男のチンポと
同じような強さでやったら問題外。触れるか触れないか程度がベスト。
気持ちいいかって聞いたら、『きもちいい』と言った。
もちろん気持ちいいんだろうが、イキ方は知ってるわけないので、
男のイキ方を参考に、息を止めてお尻に力を入れるように教えた。
そうすると、ものの30秒もしないうちに『うっうっ』っと呟いた。
多分イッたんだろうが、確信は持てない。

だから、『今の、普通の気持ちいいのと違った?』って聞いたら、
『すごいきもちよかった。わかわかんなくなった』と言った。
『じゃあ次から、そうなったらイクって言ってね』って言った。
引き続きいじったときは、あぐらをかいている脚を奇妙に開いたり閉じたりして、
最後に伸ばして、また縮めて『イク』って言った。
多分イクために、肛門の括約筋を動かしたんじゃないだろうか。
よく考えたら、男でもオナニーんときやるもんな。
『イク』は、その子にしては低いトーンでつぶやく感じ。
さらにいじると、あぐらをかいたまま急に前屈みになった。
女がイクときのマンコの痙攣は、経験者ならわかると思うが
内側にすぼまるような感じ。
それを感じたので、ああイッたなと思った。

次にローターを用意して、女の子を膝立ちの状態で仰向けに寝かせて、
パンツの上からクリトリスに押し当てた。
そうすると、ものの5~6秒ぐらいで『イク』と言った。
女の子は、一回イクとイキやすくなり、さらに段々とイッたときの
快感も強くなるのは大人で実証済みだけど、この子も多分そうなんだろうな
って思った。
この体勢だと顔が見えるが息が詰まるような顔をしていた。

今度は、ローターを女の子に持たせて、自分でやらせてみた。
そしたら10秒ごとに『イク』『イク』を連発して、ハッキリ言って
写真が撮り切れなかったほど。だから正直、8回以上イッてる。
しまいには押し当てるだけじゃなくて、悪鬼でも憑いたかのように
自分でローターをぐりぐり動かしてクリトリスを刺激していた。
結構上品な顔立ちの子なのに、その十数分だけは、自分の性器を気持ちよくする
事しか考えてなかったんだろうな、と思うとすごい萌えた。
パンツの布の部分を横にどけてマンコを開くと、完全に濡れていた。
以前小4の子にやったときみたいに、ぐしょぐしょではなかったけど。
イク瞬間に膣口がパクパクいうのも確認したし、写真にも撮った。
途中でハァハァと、息ではなく声に出してた。

イキそうになるときは色っぽい、困ったような目でこっちを見て、
イってるときは、苦悶のような表情になる。それの繰り返し。
頬は上気して赤かったんだけど、写真だとフラッシュのせいでそうでもなかった。
で、最後はM字開脚になって、『・・・・イク・・・!』みたいな感じで、
歯を食いしばってビクビク痙攣してた。最後はちょっと痛かったそうな。
一連のプレイで、あまりの凄さに写真は16枚しか撮れなかった。
最後のオルガの写真たるや、今見てもマジで自分の写真が世界最高のロリエロ
写真なんじゃないかと思うぐらいなんだけど、残念なことに、顔とローターと
手足が写ってるだけで、マンコはフレームから外れてた。
まーオルガ中のマンコはマンコで別に撮ったからいいけど。
あと、よだれも垂れる姿勢なら最高だったんだけど。


アナル・SM・アブノーマル | 【2017-03-13(Mon) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

ウブな吉田君の初体験日記

*めちゃ長いけどガンバッテ読んで下さい*

9月28日(月)

小6のとき、きっかけは運動会の器械体操の練習だったんだけど
休み時間に苦手なやつにやり方の説明してたんだよね、
で最初におんぶするような形になるんだけど
へたくそなクラスの女の子美紀(実際は男・男、女・女で組む)に教えてたとき
俺がおんぶされる方で女の子の後ろから首を挟むような感じで
腕を伸ばして前で手を組む(わかる?)

そういう体制になるんだけど、そうするとちょうど肘の辺りが胸に当たる。
一回目は二人とも意識しなかったんだけど、
うまく行かなくて二回目にきつめに腕をくんだとき
『ムニ』っていうのがはっきりと感じられた。
美紀もハッとしたようだが無言で練習していた、さらにもう一度。

今度は、わざとらしくならないように注意しながら手を組むときに、
こすり付けるように肘を横に動かした。
その瞬間美紀はピクとしてうつむいてしまった。

俺はヤバイことしてしまったと青くなって練習を終わらせた、会話は無かった。
美紀はクラスでも背の高いほうで発育もそこそこ。
むちっとした感じで、でも太っているわけではなく、胸も同級生の中では大きい方。
顔はどちらかというとあっさり系でspeedのHiroに似た感じだった。
反対に俺は背は前から数えたほうが早くて、体重も軽かったので
ま、ピラミッドでは一番上の係りって感じだった。
その日は放課後まで美紀は俺を避けるような感じだったので、
俺は後悔してブルーになっていた。

9月29日(火)

ところが、次の日も体育の授業まえに美紀のほうからお願いされて
また練習に付き合わされた。
はじめは昨日のことがあるのできつく腕を組むことができず、
当然うまくいくはずはない。

美紀「吉田君、もっとちゃんとしても”いいよ”」というので
俺は思い切って腕を組んだ。
ムニムニ、もう一度ムニムニ、やり直しムニムニ・・・・・
授業前に5~6度は美紀のやわらかい感触を楽しんだ。これってどういうこと?公認??

練習が功を奏したのか美紀もそれなりにこなしていた。
さて下校時。俺が家の近くまで来ると美紀が待っていた(帰る方向は全然違う)
美紀「吉田君また練習付き合ってくれる?」
俺「え、うんいいけど美紀ちゃんだいだい出来るようになってるのとちがう?」
そういいながらも俺はランドセルを玄関に放り出すと
どういうわけか二人とも示し合わせたように
人目につかない近くの川の橋の下にいった。

美紀「じゃお願い」
俺「うん」
ムニムニ、俺のちんちんが見る見る固くなってくるのがわかった
ムニムニ、ムニムニ、ちょと冒険してムニムニムニギュ。
「う!」
美紀はそのときちょと肩をすぼめるようにうつむいたので
俺はバランスを崩し前につんのめるようになって、二人ともひっくり返ってしまった。
俺「ごめん」
美紀「なにが?」といっていたずらっぽい目で俺の顔を覗き込んだ。

俺「・・・・・・・・・・・」
美紀「吉田君ってさぁ、いままでHなことしたことあるの?」
俺「へ?・・・・・・・・・・・・・・・」突然なにを言い出すのか驚いた。
美紀「胸、わざとでしょ?」
俺は下心を見透かされていたことがわかって顔を真っ赤にした。
俺「・・・・・・・・・・・・・・・・ゴメン」やっとのことで声が出た。
美紀「いいよ、別にいやじゃなかったから、それよか吉田君はどうなの?」
俺「な、なにが?」
美紀「え?なにがって・・うれしかったとか。気持ちよかったとか・・・・」
俺「う~ん・・さぁ・・・・?」
美紀「え~、そうなの?それだけ??」
俺「え、いや、うれしかったけど・・・・・」美紀は満足そうな笑みを浮かべた。

美紀「吉田君、あたしとキスしたい?どう??」
美紀の言葉に俺の頭は混乱した。
多少ませてきていたとはいえキスなんてことを具体的に
身近な行為だと考えるには早すぎる。
でも同時に、こんなこと言い出すのは美紀は俺のこと好きなのか?とか
俺は美紀とキスするのはOKなのか?スキなのか?とかぐるぐる頭の中で考えていた。

「嫌なの?」美紀がじれてそういった。俺は首を振った。
そうすると美紀は唇を突き出すようにして目をつぶった。
俺はどうしていいかわからなかったがとにかく唇を引っ付けた。
すこし冷たいようなピタッと引っ付くような感触がした。
俺は初キッスを経験できたという興奮からか少し吐きそうな感じがした。
美紀も少し震えているような気がした。
美紀が目を開けすこし微笑んだような表情をすると、
何を思ったか俺の左手をつかんで
自分の胸に押さえつけるようにしてからまた目を瞑った。

思わず握ってしまった、すっごくムニムニしてる。
美紀は唇をつけたまま「うぅん」と身をよじったが、そのままさわらせてくれた。
少し力を抜いてやさしく揉むと、美紀の唇の間から急にくねくねしたものが出てきた。

俺はびっくりして口を離した。
俺「な、なにしてるの?」
美紀「え~、だってキスってこうするんだよ、吉田君も舌だして」
俺「どうしてそんなこと知ってるの」
美紀「だってさぁ、Hな本とかにでてるじゃない」
俺「み、見たことあるの」
俺はせいぜい親父の週刊誌のグラビアしか見たことなかった。

美紀「昌美ん家さぁお兄ちゃんいるじゃない、いっぱい持ってるみたいだから時々見せてもらってるしぃ」
俺「えぇ!お兄さんに頼むの?」
美紀「なわけないじゃん、昌美がこっそり持ってくるの、それで勉強会。」
俺「そんなこと昌美としてるんだ」
美紀「そうだよ、昌美なんか凄いよ。そんなよりさぁ吉田君おちんちんおっきくなった?」
俺「ば、ばかか、お・お前、なに言ってんの」思いっ切り動揺した。
美紀「男子ってHなことしたらおっきくなるんでしょ?亀頭も出る?」

「・・・・・・・・・」俺は言葉がでなかった、
たしかに美紀と昌美はふだんから同級生よりませていたが
それにしても自分が何を言っているのかわかっているのか??
俺が黙っていると美紀はいきなり俺の股間を握ってきた、
不意を突かれて俺は電気が走ったように飛び上がり、そのまま尻餅をついてしまった。
美紀「やっぱり、おおきくなってんじゃん」
俺「や。やめろよ、変態か!」
美紀「えぇ、嫌なの?興味ない?あたし嫌い?」

なんか理屈が良くわからないが、
美紀はどうやら俺といろいろとHなことをしてみたいのだと思った。
そう思うと俺にしたって好奇心も興味も溢れんばかりだったわけで
このままいけるとこまで試そうかと考え、美紀の話にあわせることにした。
俺「嫌いじゃないよ、ってゆうかスキなほうだし・・」
美紀はパッと表情が明るくなった。
美紀「もう一回触ってもいい?」
俺「う・・うん」

美紀の手が伸びてくる、ズボンの上から押さえつけるように握った。
俺は頭に血が上ってこのまま気絶するのじゃないかと思うほど興奮していた。
とうぜんちんちんもマックス状態だ。
美紀「触ってもいいよ」といったので、俺も必死で美紀の胸を揉み始めた。
それと同時にまたキスをし恐る恐る舌を伸ばして美紀の舌と絡ませあった。
頭の奥がしびれるような感覚がして
美紀の「ううん、ううん」という色っぽい吐息も
どこか遠くで聞こえているような感じがした。

不意に股間にむずがゆさに似た感じが集まりだし、
次の瞬間、自分の身体ではないようにビクビクと痙攣したようになって
俺のパンツの中に生暖かいものが広がった。
初めての射精だった。(夢精は2度ほど経験していたが・・・)

俺は自分の生理現象に驚いて美紀を突き飛ばすように飛び退いた。
嫌悪感、恥ずかしさ、罪悪感、が一気に噴出した。
美紀「どうしたの?」
美紀は射精に気がついていないのか怪訝そうに俺を見つめた。
なんともいえない生臭いような臭いが股間から立ち昇ってきた、
俺「ごめん、じゅ、塾の時間忘れてた・・・」
美紀にばれないように苦しい言い訳を言って俺は逃げるように家に帰った。
「また、練習付き合ってね~」後ろで美紀が叫んでいた

家に帰って必死でパンツを洗って始末した。
とんでもないことをしてしまったようで無茶苦茶に落ち込んでしまった。
食事の後、お風呂に入って少し落ち着いて改めてさっきのことを思い出すと
また急に俺のちんちんはいきり立ってきて、自己嫌悪はどこへやら
もう一度、美紀と同じことをやりたくて堪らないような気持ちになってきた。
『また、練習付き合ってね~』美紀は本当にそう思っているだろうか?
恐る恐るちんちんを触ってみたがさっきとは様子が違う
しばらくしてあきらめて風呂から上がり、悶々とした気持ちでベットにもぐりこんだ。

9月30日(水)

次の日学校で美紀に逢うのが怖かったが、休み時間に美紀のほうから声をかけてきた。
美紀「塾、まにあった?」なんとなく探るような目だ。
「う、うんまぁ・・・」俺は目を合すことができずに俯いてしまった。
美紀「今日も練習できる?どう?」
「・・・・うん。いいけど」
俺はその言葉だけでちんちんが膨らんでくるのを抑えられなかった。

放課後、校門を出たところで美紀に呼び止められた。
美紀「あそこ(橋の下)ってみんな通るから、今日こっちに行こう。いい?」
俺「どこ?」
美紀「いいからついて来て」
美紀に連れられていったのはずいぶん前につぶれた銭湯の中庭だった。
当然立ち入り禁止だが塀はあちこち壊れていたので
低学年のときかくれんぼなんかをしたところだ。

美紀「はい、いいよ」振り返るとそういった。
俺はおんぶのかたちになるように美紀の後ろに回ろうとした。
美紀「ちがうでしょ!」そういうと俺の腕をつかんで引き戻し
昨日と同じように唇を突き出した。
すでに心臓は飛び出しそうな勢いで、ちんちんはマックスになっていた。

唇が触れるか触れないかのうちに美紀はまた俺のちんちんを握ってきた。
ビクッ!俺の体は反射的に動いた
美紀「吉田君、昨日も震えたけど、もしかして気持ちいいの?」
みるみる冷や汗が出てきたが、いまさらごまかしようがない。
「う、うんなんか勝手に動く・・」とふと思いついて
「美紀ちゃんは気持ちよくないの?」
美紀「ええ、うん・・・・」と俺をじっと見つめる。
「・・・・・・・・・どうした」
そうすると美紀は俺の手をつかんで、
今度は胸ではなく自分のスカートの中に差し込んだ。
「美紀のもさわって?触りっこしよう・・・いい?」

心臓が止まるかと思った。
いうまでもないが初めてのことで、俺はどうしていいかわからなかった。
とにかく指の感覚を頼りに、ソレと思われる場所を探った。
と手を下のほうに這わすと急に クニュ とやわらかいところがあって
少し指がめり込むような感じがした。
「ふっ!」と美紀は鼻息を漏らすと
ぴょこんとお尻を後ろに突き出すような格好をした。

「ここ?でいいの」
美紀「うん、そ、そう・・・」
俺が何度か指を前後に動かすと、
美紀はつかんでいた俺の手首を、痛いくらいに握り締めた。
俺はそれでも必死で何度も何度もパンツの上からそのクニュクニュの感触を味わった。
と、しばらくして今までスムーズだった指のすべりが鈍くなったような感じがした
どうやらその部分が湿って来ているようだった。

自分の射精さえ初めてだった俺である、我慢汁の認識さえない。
ましてや女の子が濡れるということを知っているはずもない。
でもまさかオシッコとは思わなかった、だからなおさら不思議に思って、
俺は指先に液体をこすりつけると、思わず自分の鼻先へもってきて匂いを嗅いだ。

かすかにアンモニア?の匂いがしたように思ったがほとんど何も感じなかった。
美紀「な、なになに~?なにしてるのよ!」すこし焦った様子だ。
俺「なにこれ、どうしたの美紀ちゃん、もしかして・・・・」
(生理のかなと思った、実際は生理も見たこと無かったが・・)
美紀は真っ赤に頬を染めて「バカァ・・・、そんなこと訊かないの普通・・・・」
????俺はまだ状況が読めないでいた。

美紀「いいからもうちょっとしよう?だめ?」
俺は自分のも触って欲しかったので改めてスカートの中に手を差し込んだ。
美紀も俺のちんちんを握ったり放したり微妙に上下に動かしたりし始めた。
俺はさっきと同じ場所を指で探ったが
驚いたことに今のわずかな時間でパンツの湿り気は明らかに広がり
いやというより完全に濡れていて、水分が布を通して浮き出ているような感じだった。しかもヌルヌルしている。
俺は自分の精液を思い浮かべて、
なんとなくこれがHなことに関係してるのだと朧げに納得した。
ということは、美紀も感じてるのか!

俺の心臓は超高速で脈打ち始めた。ちんちんもさらに膨らんだように思った。
お互いが、お互いの股間を触りながら、時々キスをした。
小6同士で、それ以上のことをするわけでもなく延々とそのことだけを続けていた。
不思議と昨日のむずがゆいような感覚は底のほうにあるだけで
今日は急激に湧き上がってくるような感じはしなかった。
俺もたぶん美紀も相手に少なからず好意は抱いていたと思うけれど、
スキ、嫌いという感情より、そのHな動作、感覚だけに没頭して
悦しむことに夢中になってた。

「ううん。ううん。はぁはぁはぁ・・ぁ、・・ぅぅ」
美紀のパンツは下の部分が完全に、ヌルヌルでなければ、
それこそおもらししたようにびしょびしょになり
太腿には雫が導わっているようだった。
俺はやっぱり女も射精みたいなことするのかな?とか考えながら、
意味も無くこれであいこかなと思ってちょっと安心した。

「・・・・・・・ふっ!ふンンンンンンンンンンンンンンンン・・・」不意に美紀がしゃがみこんだ。
俺はあっけに取られてしばらく言葉が出なかったが、
美紀が苦しそうに?肩で息をしているので「大丈夫?どうしたの?」と聞いてみた。
しばらくはハァハァと答えられないようだったが、
一息吸い込むとやっと
「ゴメンゴメン、こんなの初めて。どうなったかわかんない自分でも」
俺「気分悪い?しんどいの?」
美紀「うぅん、そんなんじゃないよ、・・・・・・昌美がいってたのこれだったんだ」
俺「昌美がなに言ったの、なんのこと?」
美紀「なんでもない、それよか、吉田君はどう」
俺「え、うんまぁまぁ・・・・」ちょっと中途半端で不満だった。

美紀「ゴメン、私今日はもう帰る。いい?」
俺「うん・・・・・・・・・・・・・・・・、いいけど、明日は?」
思い切って聞いてみた。
美紀「うんいいよ」そういってランドセルを持つと塀の隙間から出ようとした。
と振り返って「吉田君、明日塾?じゃなかったら一回家帰ってから集合でいい?」
俺「いいよ」
美紀「あ、それから私シャワーしてくるから、吉田君もね、いい?」
俺「なんで?」
美紀「いいから、そのほうがいいの!わかった?」

その日家に帰ってパンツの中を覗くと、透明なネバネバがいっぱい付いていた。
なんとなく、美紀のヌルヌルをまた思い出しちんちんはみるみる大きくなった。
で、また恐る恐る触っていると
だんだんとむずがゆさが集まってくるような気がしたので、
さらに続けると、突然精液が飛び散った。
驚いて急いでティッシュでふき取ったけど、
まだ生臭い匂いが残っていたので本棚とかカーペットに付いたところは
ガラス○ルーでふいて誤魔化したりした。
初めてのオナだった。

10月1日(木)

運動会も間近にせまり、次の日の器械体操の練習もハードだった。
裸足で寝転んだり、倒立、前転・・、どろどろになった。
やっぱりシャワーは必要だな、美紀はよく気が付く。・・・・・・・・・のか?
俺は練習中気になってずっと美紀を見つめていたが、
美紀は目が合ったときはニッコリしてくれるけど、それ以外は普通だった。
それよりふと視線を感じて振り返ると、昌美が睨むように俺を見ていた。
でも俺が気づいたのが判るとニタニタとへんな笑みを浮かべてそっぽを向いた。
なんだろう?
放課後急いで帰ろうと下足室にいくと、
また昌美が横目で俺を見ながらニタニタしていた。
ちょっとなんか気が悪くなった。
なんなんだ!

まぁそんなことより早くシャワーを浴びないと、と思ってダッシュした。
お袋に珍しがられながらシャワーをかかって、首や脇の汗を流していると
ふとちんちんもちゃんと洗っとこうとおもって石鹸をつけてしごきだした。
当時のモノは身体に比例して成人した今より完全に一回り小さかったけど
勃起したとき亀頭はほぼ8割がたは出た。
毛は産毛の親分みたいなのがちょろり。
ちんちんを洗いながら、もしかしてシャワーの主たる目的はこっちか?
ということは美紀もいまごろゴシゴシと・・・・・、
またオナしそうなのを必死で我慢した。

出掛けに一旦ジーパンを穿いたが、
感触が“伝わりにくい”と思い直してジャージに穿き替えた。
誰かに合わないように注意しながら銭湯の廃屋に入った。
中庭で待っているとすぐに美紀もやってきた、
短めのスカートから出ているむちむちの太腿がすごくHな感じがした。
美紀「待ったの?」
俺「い、いいや・・・」どういうわけか、
バレルはずは無いのに俺は昨日オナしたことが後ろめたくてどぎまぎした。

美紀「どうしたの」
俺「な、なんもないよ・・」といいながら美紀のシャワー姿を想像したりして
ちんちんはすでにマックス状態。
ここでジャージにしたことが失敗だったと後悔した。
見事なまでに前が突き出してしまった、ヤバイ。
「あぁ~、もうおっきくなってるぅ」美紀はすぐに気が付いた。
「Hなこと考えてるんでしょ?、」
俺「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
美紀「中入ろう、誰か来たらヤだし」
俺たちは中庭から銭湯の建物に入った。

埃はいっぱいだったが案外片付いていた、
だだし以前誰かがいたのか、
雑誌、吸殻のいっぱい入った空缶、丸まったティッシュ、お菓子のカラ。
そんなのが長いすのところに散らばっていた。
美紀はそこを丁寧にかたすと腰掛けて俺にも座るように言った。
俺が並んで腰掛けるとすぐにキスをした。
さいしょから舌を絡ませあう。

でも慣れて無くて下手くそだから美紀の口元も俺のも唾液でべちょべちょになった。
俺は自分から美紀の胸に手を伸ばす。
なんか今日はトレーナーの下がごわごわした感じだった。ムニムニ感が弱い???
美紀「なか、手入れてもいいよ」
俺「え?」
美紀「服のなか・・・」
俺「あっ、うん・・」
俺は下からトレーナーに手を差し込んで胸のほうに上げていった。
ガサガサ。固めの生地が手に触った、ブラジャーみたいだ。

俺は確認(何をだ!ww)するためにトレーナーをたくし上げた。
ふちに細いレース飾りのあるピンクと白のボーダー柄。
今思えば子供っぽい少女趣味だけど、そのときはものすごく大人の色気に感じた。
俺「美紀ちゃんブラジャーしてるんだ」
美紀「えぇ~、ばか、ちゃんとしてるよ」
俺「そうなん?え、昨日もその前も?」間抜けな会話だ。
美紀「あ、そっか、ふつうはこんなんじゃないよ、サポーター」
俺「なに?」
美紀「もういいじゃん、やめる?」
俺はあわててまたむねを揉みだした。でもやっぱり手触りは悪い。

どうしようか・・・・・
「美紀ちゃんブラジャーとったらダメ?」
ドキドキしながら言った。
「・・・・・・・・・・・・・・・・イイヨ」
といいながら美紀は恥ずかしそうに横を向いた
急に美紀の首筋から胸元にかけて赤味が増した。

俺はブラの下っ端を持ってぐいと引き下げた。が、びくともしない。
俺「ど、どうするのかな・・・」
美紀「もう・・・・ちょっとまって」といいながら腕を後ろに回した。
そうしたら急にブラのカップが浮いた感じになった。
美紀「いいよ」
俺「うん」また下っ端をつかんだ。
美紀「違ううえ、上にあげて」
言われたとおりにするとぷっくりとした思ったよりボリュームのある
膨らみが目に飛び込んできた。
乳輪も乳首も肌色に少しだけ赤を混ぜたような淡いピンク色。
俺は怖気て触れるかどうか迷い、呆然と見つめるだけだった。

美紀「恥ずかしいじゃん、もう・・・」
俺は我に返ってそろそろと手のひらを膨らみにかぶせた。
弾力はあるが決して固くはなかった
「ううん・・・・・・・・・ぅ、ううん」鼻にかかっためちゃめちゃHな声、
そして急に天辺のところが浮き出して硬くなった。
俺のマックスもこれ以上ないというくらいマックス×10だった。
「美紀ちゃん、気持ちイイの?」
「ぅぅん・・ぅふ~、なんか、ち、ちからはいらない」

そういいながらもまた俺の手を股間に導こうとする。
俺は左手で美紀の肩を抱いて、右手を太腿から奥へ這わせた。
太腿の内側がちいさくピクピクするのがわかった、
昨日と同じ場所を触るとやっぱり湿っていた。
ミニスカートの奥を覗き込むとブラとお揃いのパンツが見えた、
湿った部分の色が濃くなっている、鼻血がでそうだ・・・。
指先だけでなく、目で確かめながらクニュクニュを触る。
縦に窪んだスジがはっきりしてきた。
「ぅぅん、ぁは・・・・・・、ぅっ、ううん、ううん、ぅんぅんぅん、・・・・・ぁ」

美紀は完全に自分の世界に沈んでいるような感じだった。
俺の目の前にはむき出しのふくらみがある、でも手はふさがっている。
本能的と言っていいほど俺は何の躊躇も無く乳首に吸い付いた。
「ヌンが!」美紀はまるでサザエさんがのどをつめたような声を出して
ブルンと武者震いのように痙攣した。

「ヤン・・・、ぁふ、ぁふ、ぁふ・・ヤ・・・・」
「いや?ごめん気持ち悪い?」
「ううん。ソンナコトナイヨ・・・・・ぁ」
美紀の手がちんちんを握ってきた。「コレデイイノ?」
「うん、あ、あのね、握るだけよりちょっと動かしたほうが気持ちいい」
「こう?こんなかんじ・・」ジャージの上で撫でるように手が上下に動いた。
「う、うん、そうかな」俺も正直どうすればいいのかハッキリしなかった。

「シャワーしてきたよね?」
「え、うんしてきた」心臓がレッドゾーンに入った。
「いい?」「なに?」驚いたことに美紀の手がジャージの中に滑り込んできた。
ジーンズを穿いてこなかったことはやっぱり正解だった。・・・・・・・・のか?
ブリーフの亀頭があたってるところはやっぱり俺のネバネバで湿っていたらしい。
美紀は俺と同じように指先を擦り付けてから匂いを嗅いだ。
「なんか、カビキラーみたい・・・・」俺はそれには答えられなかった。

再度、手を差し込むと美紀はいっきにパンツのなかに侵入し
そして押さえつけるようにしたけどカウパーに滑ってニュルとずれた。
目から火花が出るくらい体中に電気が走った。
昨日のオナや一昨日の射精とはまた何かが違う快感だった。
美紀はやっぱり撫でるように手を上下している、
しばらくは快感に身を任せていたが、
さっきから俺のほうは止ったままだ、俺は同じように美紀に聞いた。
「いい?」「なに?・・・・・・ぁ、うん」頷いた。
ゆっくりと美紀のパンツの中に手を入れる。

最初ゴソゴソと思ったより濃い毛の感触がしてすぐその毛が湿っているのがわかった。
さらに差し込むとヌルヌルがまとわりついてきて、
パンツの上から以上に抵抗感の無いクニュクニュした、
しかも耳たぶより薄くて柔らかい「なにか」の存在を感じた。

さっきと同じように指でクニュクニュ、いやクチュクチュといじると
「くぅ~ん、ぅぅぅ。・・・・・・・・ンあぅ」子犬が甘えるような声。
そうすると美紀は俺のちんちんを握りなおし激しくこすり始めた。
俺も美紀の動きに合わせるようにだんだんと指の動きを早く激しくした。
「ぁ・ううん、ううん、ううん、ううん、ぁふ・・・・・・はぁはぁ。ぅう」
手のひらの半分くらいまで、ヌルヌルになった。

不思議と美紀のを触ることに集中すると、自分の感覚は遠ざかるような感じがした。
すこし冷静に指先で探ると毛の切れ目の辺りに少し固い部分があるのがわかった。
肛門?女のオシッコの穴と肛門って順番どうなってるんだろう?
それで不思議に思ってその部分をなんとわなしに触り始めた。
「・・・・・・・・・く!(ピク)・・・・・・・・・・・・はぁくく!(ピクピク)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ぅあ!(ビク)」
すると美紀は今までと全然違う反応をした。  なんだなんだ??

俺は面白くてもっと激しくその部分を弄りながら、また乳首にも吸い付いた。
「ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・・・・・ぅぅん」
美紀はすでにトランス状態で、ちんちんをこする手も
自分の吐息に合わせるようにリズムを刻んでいた。
俺もさすがにだんだんとむずかゆさが込み上げて来そうだった。
美紀の表情はすでに学校のときとは別人で、
親父の雑誌のグラビア以上に生々しく汗ばんでいた。
爆発寸前だった。

「はぁぁぁぁぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・くぅぅぅぅぅっっっっっっ!」
ビク!ビ!ビク!ビク!
「んんんんんん!」
美紀の体が激しく痙攣した、同時にちんちんを握り締めたので
俺もまた思い切り精液を飛び散らせた。

二人ともしばらくは肩でゼーゼー息をしながら、
ぐったりと長椅子に凭れ掛かっていた。

激しくこすられて、ジャージがずり下がっていた。先っぽだけが見えている。
おかげでパンツはあまり汚れずに、
ジャージの太腿から床に白い滴のラインがはしっていた。
美紀はまだ握り締めたままだし、俺も手を突っ込んだままだった。
美紀「すご~いんだね、男子って」やっと口を開いた。
俺「ん?」
「精液ってこんなに飛ぶんだね」美紀はそういいながら手をはなして匂いを嗅いだ。
美紀「なんか甘い?匂い。さっきのと違うの?」
俺「さぁ・・・・」実際はっきりとした違いは俺も知らない。

美紀「これ、亀頭っていうんだよね」
依然としてマックスが収まらないおれのちんちんを指差した。
俺「まぁ・・・・・なんでそんなに詳しいの?」
といいながらパンツから手を抜いた。固い部分に触れた。
「ふっんん」ぴくりと美紀が反応する。いったいなんだろうか?
俺も匂いを嗅いだ、やっぱり何も感じない。
でもヌルヌルの指のあいだにちぢれた毛が一本絡んでいた。
美紀「だってさぁ、昌美(の兄)の本って凄いんだよう、ぜんぜん隠してないしさぁ」
俺「えぇ、ノーカット!?」
美紀「そう、最初に見たとき気持ちわるかったけど・・・・」
俺「けど?」
美紀「いいじゃん。それよかハイ、ティッシュ」

美紀に渡されたティッシュで俺たちは後始末をした。
服装を直そうとしたが、ふと気になって改めて美紀に聞いた。
俺「美紀ちゃん。女の子ってお尻の穴って前の方?」
美紀「はぁ?吉田君なにいってんの、バカ!」
俺「でもさぁ、前の方になんかあるじゃんさぁ。ちがうの?」
美紀「なんのこと?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ぁっ」
黙ってしまった。
俺「どうした?変なこと言った?」
美紀「え~とね・・う~んと・・、あ、そうそう。それって女の子のおちんちんだよ」
俺「え゙え゙!うそつけ」
美紀「どうでもいいじゃんもう、説明できないよ」
そういいながら立ち上がろうとするので、
俺は思わず確かめるために美紀の股間を触った。パンツは冷たくなっていた。

美紀「やだもう。怒るよ」そう言いながら、ちっともそんな感じじゃない。
俺はすぐにパンツの中に手を差し込むとそれと思われるところに指を這わした。
「ぁ・・・・・・ぅぅ」美紀は小さく唸った。
俺「全然違うじゃん、出っ張ってないし。おかしいよ」
となおも触るとちょっとさっきより固くなったのが判った。

こういうことか?にしてもサイズが??
美紀「ちょ、ちょ・・っとまって、ううん、ぅんぅん・・もう。だめだって」
そういわれても納まるはずは無い、好奇心が湧き出した。この目で確かめたい。
俺「美紀ちゃんさっき俺の見たよな、だったら美紀ちゃんのも見てもいいだろ?」
そういいながら俺は答えを待たずに美紀のパンツを強引に下ろした。
美紀は黙ったままだった。

美紀のマ○コは幼稚園や低学年のとき見た同級生のそれともお袋のそれとも
(どちらもちゃんと拝んだわけではないが)全然別のモノのようだった。
たてスジの上には指先で感じたよりはまばらな毛が
ちいさな逆三角になってスジの縁にもニョロニョロと少しだけ。

スジは一番外側の皺の中のところが唇のような赤っぽい色で、
その内側にある多分指で感じた薄い耳たぶのようなものが、
文字通りそんな感じで少しだけ割れ目から顔を出していた。
肝心の固い部分はどうやら割れ目の上の端で、
耳たぶとかが皺皺に集まっている真ん中に
鉛筆の後ろに付いている消しゴムみたいなものがあった。

俺はその部分をまた触った、感触はさっきと同じ。やっぱりココだ。
「ぁ・・ぁぁ。ぅぅんぅぅんぅぅん・・はぁぁ・・・・」
美紀はもうなにも言わずに俺の指の動きに神経を集中しているようだった。
立ってられなくなったのか、長いすに座り込んだ。
俺はそこを見ながらしたいと思ったので美紀の前の床に胡坐をかいて、
両手で太腿を左右に押し広げた。
立っていたときとは形が変化したように思った。
要するに‖⇒《》というふうに・・・・・

美紀の内側はすでにヌルヌルがあふれ出しそうだった
そして耳たぶの外側だけが縁取りのように淡いピンクで
内側は充血したような赤味を帯びていた。
最初は好奇心のほうが強くて
消しゴムの少し下に小さな穴とその下に短い切れ目(穴?)
そしてマ○コの下に肛門があるのを観察したが。
その間中、
「はぁん・・・ううん、ううん、ううん。・・・ぁ・・・ぁ・・・ぁぁ。ぅぅん」
という美紀のHな声と表情に俺もすぐにもやもやと変な気持ちになってきた、

当然マックスマックスになっている。

俺があちこち触っていると、美紀はじれたのか自分で固くなった部分を指差して
「ココダヨ・・・」と消えそうな声でいった。
言われたとおりに触ると、美紀はピク。ビク。ピクピクと体が反応する。
俺は一方通行なのがちょっと不満だったがそれこそ一生懸命に弄り続けた。
しばらくそうしていると、どういうわけか舐めたいという衝動が沸き起こってきた。
だんだん強くなる。

俺「美紀ちゃん」
美紀「ううん・・・ぁ、・・な、なに?」
俺「舐めていい?」
美紀は一瞬ギョッとしたようだがすぐ
「え、でも・・いいの?したことある?」
ん?期待してたのか・・・
俺「バカ、なわけねぇじゃん」そう言うとどうにも抑えきれずに、
自分の口を押し付けた。

美紀「ヤ!はぁ・・・ぁ、んく!!」またビクビクと反応した。
俺の口の周りはすぐにべちゃべちゃになったけど、全然気にせずに舐め続けた。
ガタ、ガタガタ・・・美紀が跳ねるたびに長いすが軋んだ。
「はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁぁぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ぐ、ふぅぅぅぅぅぅぅぅぅ」
美紀は最後に蝦反るようになってから一気に体の力が抜けた。

しばらくボケーっと美紀の様子を見てると
正気?に戻った美紀がむくっと起き上がって
無言で俺の体を持ち上げるように立たせるとジャージとパンツをいきなり下げた。
当然俺のはマックス、びんびんと脈打ってた。
美紀はそのマックスを両手で包むようにしてシコシコしだした。
むずがゆさはもう8割がたこみ上げてきてたけど
俺は「お返し」を期待して我慢しようとがんばった。

美紀はチラッと俺を見上げて、すこし迷ったような顔をしたが
次の瞬間に下をペロンと出して亀頭のさきをなめた。
美紀「ん・・なんか苦い・・・・・」
それでまた口を遠ざけて両手でシコシコはじめたけど、
俺は不満で美紀の頭を押さえつけるようにちんちんに近づけた
美紀もあきらめたのか唇で包み込むように咥えたけど、
なんか硬いものがあたって正直気持ちよいとは思わなかった

口を引っ付けたまま、しばらく手だけがシコシコと動いていた
必死で我慢していたがもう限界だ、
俺は思わず抑えていた美紀の頭の手に力が入って髪の毛を鷲づかみした。
美紀は驚いて顔を背けようとしたが逆に俺の太ももに押さえつけてしまった
「んぁっ・・・・!」
美紀の耳の辺りからセミロングの髪の毛に俺の精液が迸った。
足の力が抜けるような気がして俺はその場にしゃがみこんでしまった。

「ゴメン」
汚してしまったことが後ろめたくて、俺は余韻を楽しむことなく謝った。
と、美紀は別に怒った様子もなく
「ごめんねぇ~、今度はちゃんとお口でできるようにがんばるから・・」
といって、申し訳なさそうな、はにかんだ笑みを見せた。

少し胸キュンしちゃったよオイ、照れるぜ・・・

結構時間もたっていて薄暗くなりかけていたので、
美紀の髪の毛を丁寧にぬぐって後始末すると
俺たちはそれぞれの家に帰った。

10月2日(金)

次の日は塾だったので放課後はだめだった、
でも美紀とまた秘密の時間を持ちたいと1時間目からモンモンとしていた。
給食の時間、当番の昌美に注いでもらっているとまたニタニタと俺を見る
「何だよ」と小声で言うと
「別に・・・・」と答えるだけだった。

お昼休み校庭に出ようとしたら昌美がすれ違いざま
昌美「まだなんだってな?」
俺「なに?」
昌美「じれったいよ、二人とも」
俺「なに言ってんの?」
昌美「いいものやるから手出して、ハイ」
そういって無理やり俺のてに何かを握らせた
手を開くと輪ゴムのようなものが入った小さな四角い包み
俺「何だよ」突き返そうとした
昌美「ばか、シッ!。いいから隠せって、これ大事だからな。ちゃんと使ってよ」
そういって逃げるように走っていった。

なにかヤバイモノであることはすぐにわかったので、俺はそれをポケットに突っ込むと校庭には出ずに、『ウンコ男』といわれるのを覚悟してトイレの個室に入った。
改めて見るとカラフルな面に○す○す2000とかかれていた。
裏返すとオッパイのようなお椀をひっくり返した形のが
円筒形のものに被さるような図、男性側の文字。
なんとなく以前見たような記憶が・・・

確か低学年のころ弟ができてしばらくしてからだったと思う、
ゴミ箱の横に似たような形の(ただし中身はカラ)袋が落ちていたので
俺はお菓子だと思って拾い、母親に欲しいとねだった事があった。
「からい、辛い。これは子供が食べるお菓子じゃないのよ!」
母親は慌てて袋をひったくったので、子供心に印象に残っていた。
今、じっくりと観察して、目的には確信は持てなかったけど、
少なくとも使用方法は想像できた。

手触りは袋の外からでもクニュクニュ、ニュルニュルしている。
すぐにHな想像が膨らんでちんちんマックス状態になった。
俺はズボンとパンツを下げると袋を開けて裏の図をみながらマックスに嵌めようとした
半分くらいのところで輪ゴム部分が引っかかって下りなくなった、
でもニュルニュルの感触が気持ちよくてしごくようにすると、
すぐに乾いて引っ掛り抜けてくしゃくしゃになってしまった。
俺はどうしていいかわからなくて大胆にもその場にそれを捨てたまま
個室から逃げるように出た。

校庭に出るとまた昌美が寄ってきた。
昌美「何か、わかった?」
俺「なにかって・・まぁ、あれなんていうの?」
昌美「ばか、スキンていうんだよ。それよか、ちゃんと使えよ。」
俺「・・・・・・え・・・いや」
昌美「なんだよ、ちゃんと使わないとダメだからね、わかってんの?」
俺「だって・・・もうないよ」
昌美「え?もうないの??・・・・・・・・えぇ!いましてきたの」
昌美の大声に近くの低学年の子らが驚いて振り向いた。

俺「ん?してきたって・・ば、ばかちがうちがう、つけるの試したらくちゃくちゃになっただけ・・」
昌美「なんだよ、無駄遣いなの?付け方知らないの吉田君」
俺「知るかよ」
昌美「もう、しょうがないなぁ・・・今日塾だよね?」
俺「そうだけど・・」
昌美「じゃ、あたしもピアノだからもう一個あげるよ、持ってってあげる」
昌美のピアノ教室は塾と同じビルにあった。

放課後、美紀はわざわざ遠回りして俺と一緒に帰り、
橋の下に隠れてキスだけをして別れた。

自転車で少し早めに塾にいくと、階段の踊り場に昌美が待っていた。
俺がだまって手を出すと、「ちょっと」といってどんどん階段を上ってゆく。
結局五階(ピアノ教室)も通り過ぎて屋上に出てしまった。
そして給水塔の裏に回りこんだ。
昌美「一人でできんの?」
俺「なにが」
昌美「ちゃんと付けれるのかって」
俺「さぁ・・・・」
昌美「あと二つしかないんだ、失敗してももうないよ」
俺「うん・・・」
昌美「・・・・・・・・しょうがないなぁ、今練習する?」
俺「練習って・・・」
昌美「教えたげるからズボン下ろして」
俺「・・・・・・・・・・・・・・・・な」

昌美「早く。時間ないよ」
俺はなおもしばらくもじもじしていたが、
これが大事なことだと、
美紀とHなことをするために必要だと自分に言い聞かせて、
おずおずとちんちんを出した。
やっぱマックス。

昌美「へぇ、結構亀頭でてんじゃん、おとなじゃん」
俺は恥ずかしさを我慢しながら
「なんでそんな詳しいんだよ、兄貴のエロ本ばっか見てんじゃねぇよ」
昌美「ばか、本だけじゃないよ、ちゃんと経験したもんねぇ~」
俺「は?なにが・・・」
昌美「聞いてないの?あたしもう処女じゃないかんね」

俺「!?」ドッキーンとした。
セックス、処女、童貞という言葉は知らないわけではなかったが、
辞書で調べたことがある程度で俺にとっては全然現実味が無いものだった。
妊娠とかについても卵子と精子の受精という理科の授業のような感覚で、
性交、射精などはつい2、3日前まではまったく別の世界だった。
それが目の前にセックスを経験した人物、しかも同級生が存在している。
急に昌美が随分年上のお姉さんのように感じて
なんとなく逆らえないような気持ちになった。

頭の中でHな想像がぐるぐる回り始めた、マックスはますますマックスになった。
「いい、やったげるから。ちゃんと見といてよ」
案山子のように突っ立っているおれに、昌美がじれたように言った。

ひとつスキンを取り出すと中身をだして「いい?」といいながら
両手でいったん亀頭に乗せるようにしてから左手で軽く棒の部分を固定して、
右手を百合の花を逆さにしたような形にしながら
先端から根元にクルクルとスキンを被せだした。
体がゾワゾワして鳥肌が立つのを必死で我慢しながら、
昌美の手の動きをじっと見つめていた。

スムースに被せ終わると「どう?わかった」と昌美は俺を見上げた。
俺「うん、まぁ・・・、これってさぁSEXのときに使うんだよな?」
昌美「はぁ?そんなのも知らないのかよ、信じらんないね」
俺「・・・・・・・・・・・・・・・・」
昌美「もしかして、Hのヤリ方も知らないんだろ?情けねぇ~」
俺「お前知ってる・・・じゃねぇ、知ってたのかよ!」
昌美「女の子はいいんだよ、男子がリードするだろ普通」
そういわれて俺はふと昌美のお相手が気になった。

俺「なぁ、相手だれなん?いつ・・・・」
昌美「あ、そっか、美紀に聞いてないんだよね?
   最初は兄ちゃんのクラブのいっこ先輩、夏休みの初め」
昌美の言葉にひっかかって俺は突っ込んでしまった。
俺「『最初は』??」
昌美はちょっとシマッタという顔をしたが
昌美「・・・うん・・その人は3回だけ。」
俺「ほかにもいるの!」
昌美「一人だけだよナンパってゆうかけっこうおじさん、その人は一回だけ・・・・」

俺は昌美がまったく別の世界の人間のように思えた、
なんとなく汚いような、でもそれ以上にものすごくイヤラシイ感じが強かった。
昌美の背は美紀と同じか少し低いくらいだが、
体つきは美紀が発育途上でムチムチに張り切っているのとは違い、
すでに熟成期に入っている感じだ。
でこんな顔

(伊調馨・細身で大人しくした感じ)
雰囲気もませた大人びた感じがあるし私服も派手目なので、
ぱっと見はすこし小さめの女子高生くらいには十分に見える。

昌美のそのんな姿を想像して(といっても具体的には判らないが)
マックスはさらにマックスになった。
スキンを嵌めた後もズボンを下げたままだった俺は昌美に聞いた
「これ、どうしたらいいの?」
俺は外すとか捨てるとか、ズボンを上げるとかそういう意味で言ったつもりだったが、
昌美は何を勘違いしたのか「えぇ~だって、美紀に悪いよ」と答えた。
俺はすぐに話のズレに気がついたけど、期待して黙っていた。
「どうしようかぁ、でも・・・練習したほうが美紀の為かな、だよね?う~ん・・・・・でも」
昌美はかってに一人で言い訳するように喋ってる。

「吉田君、どうする?いい?」なんか俺のほうがお願いされてるみたいだ。
俺も美紀のことが頭に浮かんだけれど、
目の前の欲望に勝てるような精神力はあるはずもないし、
よく考えるとここ数日美紀とHなことしたとけど
お互い好き・嫌い彼氏・彼女の関係なのかどうかもわからない。
と頭の中で俺なりの言い訳を考えていた。

そうしているうちに昌美はいきなりスキンの上からマックスをぱくりと咥え、
忙しくチュパチュパと唾液で濡らすように頭を前後した。
美紀とはちがいなんかふわふわのローラーみたいなのが
行き来してるような不思議な感覚。でも気持ちいい。
昌美「もう時間すぎてるよね」というと立ち上がり、
さっさと自分でパンツを脱ぎ捨てた。
昌美「ちょっとだけ触ってくれる?」そういうと俺に抱きついてきた。
(俺のほうが背が低い)
俺は昌美のスカートに手を差し込んでその部分に指を這わした

ピクンと昌美は美紀よりはゆっくりした感じで反応した。
もうかなりヌルヌルしていた。
「ぁぁぁん・・」テレビドラマのベットシーンのような吐息がでる。
ニュルニュルニュルニュル・・・弄ったかんじは美紀の薄い耳たぶよりも厚みを感じた。
「ぁぁん、ぁぁん、ぁぁん、あはぁ・・・・ハァハァ、・・・・・ぅぅん、も、もういい・・ダイジョウブ」
そういって昌美は給水塔を支える鉄骨の
基礎コンクリートの上に座ると自分でスカートをめくり上げた。

ぷっくりとした美紀とは違ってなんとなくスッキリした下っ腹と太腿。
毛は長方形にけっこう面積が広く生えていた。
肝心の部分は土手が低いかわりに、
指で感じた通り厚めのヒダが特に上の部分がはみ出して、
全体的にくすんだ肌色をしていた、
そして見ただけではっきりとヌルヌルしているのがわかった。

昌美は両手で低い土手を外向きに押さえると、《》の一番下アタリを指差して
「ここ、ココに挿れるんだよ。わかる?」
俺は顔を近づけてその部分をまじまじと見た。
小さな窪みがあってその真ん中に針のような穴があった、
クリトリスは美紀より一回り小さくて米粒みたいだなと思った。
俺「ここ?」そういっておもわず指を伸ばした、にゅるりとした感触。
昌美「は・・・・・・・ヤン!」
俺はほんとうにこんな小さな穴に挿れられるのかと思い、
ためしに指先に力を入れた。ちゅぷ・・・・・・。
昌美「ぁぁぁぁぁ・・んん・・・・・、もう。ぁ・遊ぶんなら止めるよ・・・時間ないし・・、し、しないの?」
俺は慌てて立ち上がると、とにかく先っぽを言われた場所にくっつけて、
腰に力をこめた。

チュルン。先っぽが滑って的が外れた。
でもそれだけでも気持ちいい、むづがゆさがこみ上げそうだ。
「あれ?」
「もう、違うよ」そういって昌美は俺のマックスを握ると引っ張るようにした、
ぞくっとした快感がはしる。
俺が昌美に合わせようとせずにまかせっきりになったので
昌美はなんとなくこねくりまわすようになって、ますますこみ上げてきた。
「はい、ここ。いいよ」昌美がそういったので、また腰に力をこめた。
生暖かいヌルヌルしたものに亀頭が包まれたようなかんじがした、
が次の瞬間むずがゆさが一気に噴出し俺はスキンの中で果ててしまった。
ビ、ビクク、ビクビク・・・腰がまた勝手に痙攣した。
「ん?え?もしかして出た?ぇえ!もう・・・・・・なにそれ・・」
昌美は不満そうに言った。
俺はなんだか面目ないような、気恥ずかしさで黙っていた。

昌美から渡されたティッシュで(いつもこのパターン?)
スキンを抜いてくるむと屋上の排水溝の中にねじ込んだ。
二人とも身支度を整えると
昌美「まぁしょうがないか・・、美紀にも悪いことしなくて済んだし。
   でも吉田君だいたい解ったでしょ?美紀とはちゃんとするんだよ」
俺「うん・・・・わかった」
同級生なのになんか軽くあしらわれてるような気持ちで情けない。

昌美「あした約束してるの?」
俺「いや特にしてないけど、いっしょに帰ると思う」
昌美「ふ~ん、今のこと内緒だかんね。わかってるよね?」
俺「わかってるよ」
昌美「じゃいい。明日も○○湯にいくんでしょ?」
そういえば昌美はどうして詳しく知ってるのか
俺「お前なんでみんな知ってるんだよ、美紀に聞いたのか?」
昌美「そうだよ、ぜ~んぶ聞いてるよ。吉田君がどうしたとか、大きさもちゃんと聞いた。
   だからへんなことしたら全部わかるんだからね、気をつけてネ」
にやりと笑った。

10月3日(土)

次の日、美紀に「おはよう」と挨拶したが、なにか浮かない顔だった。
なんとなく俺を避けるような態度。
不安になった、まさか昌美が喋ったのか??
休み時間に二人でコソコソなにか話している。
俺はそうに違いないと段々と腹が立ってきた。
黙っとこうって言ったのは昌美のほうからじゃないか!
三時間目の休み時間に昌美から声をかけてきた、
俺は文句を言おうと無言で花壇まで引っ張って行き
俺「なに喋った!」
昌美「何のこと?」
俺「ばっくれんな、昨日のことバラしたんだろうが」
昌美「えぇ~、言うわけないじゃん。あたしもヤバくなるのに」
俺「じゃなんで俺のこと避けてんだよ、朝から変じゃん」

昌美「だからそれ言いに来たんでしょ、なのに急に引っ張るから・・・」
俺「何だよ」
昌美「残念だねぇ~」ニタニタと笑う。
俺「何が」
昌美「美紀が言いにくいから代わりに頼まれたんだけど」
俺「何だよ、早く言えよ」
昌美「あのね、美紀昨日の夜に生理になったんだって」
俺「え・・・・・・・」
昌美「だから何日か・・多分5日くらいは無理になったの、わかる?」
俺はどう答えて言いか判らなかったが、とにかくガッカリした。

昌美「仕方ないよ、我慢しなよ。ね?それか一人でするとか・・・・・」
俺「ば、ばか・・・」
昌美「え!当たり?」またニタニタした。
「それで、今日は一緒に帰る?」
俺「どっちでもいいけど、美紀ちゃんにまかせる・・・・」
昌美「なんか冷たいね吉田君、じゃ待ってるように言っとくから」

土曜日で半ドン(隔週休み・年ばれる)だったので
たっぷり時間があるのに結局キスだけで別れた
美紀「ごめんね~」すまなさそうに言う。
別に謝る必要ないのに・・

---------
10月8日(木)

それから日、月、火、水、木と俺はじっと耐えた、
といっても美紀とのことを我慢しただけで、
結局オナは毎日していた(帰りのキスも)、
おかずは当然美紀と昌美だが、
なんとなく昌美の《》の方がHな感じがして6:4で昌美の登場回数が多かった。

昌美の冷やかしにも慣れた、猥談することも抵抗がなくなった。
この10日ほどで俺はすっかりませガキになってしまった。
木曜日は予行演習で6年生は進行手伝いなんかもあって疲れたが、
帰りに美紀が「多分明日くらいだいじょうぶ」といったので
飛び上がりそうなくらい嬉しかった。

10月9日(金)

金曜日は午後から運動会の準備で土曜の本番に備えて
飾りつけや、本部テント、得点版の取り付けをした。
順調にいって思ったより早く終わった。
俺はもう美紀のことで頭の中もちんちんもいっぱいだった。
別々にダッシュで帰って急いでシャワーし、
母親が明日の弁当の買い物を頼むのを無視して○○湯に走った。
もう十月にはいって日暮れも早い・・・

○○湯に近づくと誰か人影が出てくるのが遠目にわかった、
ヤバイほかにも誰か居るのか?
塀際まできて恐る恐る中を覗き込んだが人の気配はない。
中庭に入ってさらに建物の様子を伺ったが誰も居ないようだ、
そこに美紀がやってきた。

美紀「どうしたの?」
俺「うん、誰か居るんじゃないかって・・・・・」
美紀「ええ?誰・・」
俺「いや、誰も居ないみたい」
建物の中に入った、ココにくるのは一週間ぶりだ、
するとこの前片付けたはずなのに長椅子の上にまた本が置いてあった、
やっぱり誰か出入りしているのか、もしかして浮浪者が住み着いているとか・・・・。

「あれ、この本・・・」美紀が驚いたようにいった。
「どうした」俺もその本を見た。
確か『二人の愛の時間』というようなタイトルで
エロ本とHowtoモノの中間のような内容だった。
美紀「これ昌美ん家で見たよ」といって手に取りページをめくって
「やっぱり、ほらココ破けてる。昌美(の兄)のだよ」
ってことは昌美が気を利かせて持ってきたって事?
じゃさっきのは昌美だったのか・・

俺たちは並んで座ってその本を二人で見た、
イラストや写真で“方法”や“技術”や“効果”を詳しく解説していた。
それだけでおれのちんちんはマックスだった。もう待てない。
俺は強引に本を閉じると美紀を抱きしめるようにキスをした。
でもそれを悦しむ間もなくトレーナーの下から手を差し込んでブラをぐいと持ち上げ
美紀のぷっくりとした膨らみを口に含んだ。
美紀「ちょ、ちょっと吉田君・・・・・もう。ぅぅん・・イタイよ・・う、ぁぁ」
そいえば『最初はやさしく愛撫する』って書いてあったっけ・・

俺は少し力を抜いて乳首を吸いながら、手をスカートの中に滑り込ませた。
「んん・・」美紀の太腿の筋肉がピククと震えた。
太腿の付け根、パンツとの境目にはもうすでにヌルヌルが流れ出してきていた
そのまま指を差し込むと薄いヒダは
直接に触れられないくらいヌルヌルに覆われて指先が泳ぎだしそうなくらいだった。

人差し指の第一関節を動かしただけで、
ちゅぷちゅぷちゅぷちゅぷ・・・という音がハッキリと聞こえる。
「ん。ンンンンンンンンンンン・・・・・・・・ぬふ・・・・・・ぁ」
美紀が声を抑えるのがかえって興奮する。
俺「美紀ちゃん気持ちいいの?、こんなんでいい?」
美紀「うん・・・、すっごく・・   ぁ、・・・ヤン、もうハズカシイじゃない」
俺「パンツ下げていい?」
美紀「わかった・・」といって自分でパンツを脱ぎ捨て俺の横に座りなおすと、
「ゴメン、吉田君は?」と聞いた。
俺のもしてくれるつもりなのだろうが、俺は美紀が生理の間いろいろと考えてた、
特に昌美との“失敗”が気になって、
下手にスル前に刺激を受けるのはマズイのではという結論を出していた。

俺「ううん、今はいいよ。それよりさぁ美紀ちゃんSEX初めて?」
美紀「ええ!ばか当たり前じゃない。昌美といっしょにしないでよぉ」
俺「いや、ゴメンそうじゃなくて大丈夫、痛くないの?」
美紀「ぇ・うん・・・・どうだろ、ちゃんと濡れてたら
   あんまり痛くないってきいたけど・・」
俺「じゃ舐める?いい??」
美紀「・・・・・・・・・・・・うん」

俺は美紀の前に座り込んで太腿を両手で押し広げた、
昌美とは違う、縁取りが赤っぽい大人し目の(そのときはそう感じた)《》は
今にも滴が落ちそうな位だった。
もう舐めなくても十分だろうけど、
俺は無性に舐めたかったのでむしゃぶりつくように口を付けた。
じゅぶじゅぶちゅぽ・・・・
「ん、ふふふふふふふふふ、ぅっぅん、ぅぅん・・ぁ」
含み笑いのような吐息に俺は顔を上げ美紀を見た。

美紀は俺の顔をみて「ヤダ、もう・・・」
といってくしょぐしょの俺の口元をトレーナーの袖で拭ってくれた。
再び口を付ける、今度はちょっと冷静にさっき見た本のイラストと
昌美の説明を思い出しながら目的の場所を探した。
最初に見たときと同じように鉛筆消しゴム、その下に小さな穴、
そして一番下に短い切れ目。
昌美とは形が違うが多分ココだと思った。
入るかどうかそこに指を当てて力を入れた。クニ・・

「ひっ!」美紀が急に腰を引いた
俺「あゴメン痛かった?」
美紀「ううん、いきなりだったからびっくりしただけ、痛くないよ・・でも」
俺「え?」
美紀「指。。入れるの?」少し嫌そうな顔。
俺「いや、ちょっと確認だけ」(なにが確認だか・・・)
俺はいよいよと思って自分でズボンを下ろしパンツになると
ポケットからスキンを取り出した。
なんとなく恥ずかしいのでパンツを穿いたままごそごそと被せていた。

美紀「それ・・」
俺「ん?」
美紀「昌美にもらったんでしょ」
俺「うん、聞いたの?」
美紀「そう、昌美ってすごいよね、そんなの持ってるんだもんね」
練習(?)の甲斐あってなんとか装着完了。
俺のちんちんマックス号はすでに発射準備完了みたいで、
すこし不安になったがココまで来て引き下がるわけには行かない。
パンツを下ろす。

美紀「なんか緑っぽいんだね、色付いてるんだ・・・」
俺はそれには答えずに「もういい?」と聞いた
美紀「スウ・・・・・・・・・・・・うん」
大きく息を吸い込むと決心したように頷いた。
俺は美紀を長椅子に寝かせると昌美がしたように美紀の太腿をM字にして
《》の中の切れ目のところに頭がくるように押さえつけてもう一度念を押した。
俺「大丈夫?いい?」
美紀「うん、できたらゆっくりね・・・・」

体中の血管に大量の血液が走り回ってるような気がした、
いまもし身体に少しでも傷が付けば、
噴水のように一瞬で血が空っぽにってしまうだろう。
心臓の音が耳鳴りのようにグワングワンと頭で響く、
マックスマックスマックスマックス・・・・・
少し腰に力を入れる。

グニ・・・・圧迫感はあるが先っぽは少し切れ目に隠れた感じがした。
美紀は息を止めてじっとこらえている。さらに前進。
クキクキクキ・・・スムースじゃなく少しずつめり込むような感じで挿っていく。
暖かくてヌルヌルした感触はあるけど
強く握り締められているようで気持ちよくはない。
「ふ、ンンンンン、くくく・・・」美紀はすこし唸るような声を出した
俺「痛い?」
美紀「ん?ううん、思ったほどじゃないよ、我慢できる・・」
俺は安心して残りの部分もゆっくりと沈めた
グイと大きな抵抗があった後はツルンとあっさりと根元まで収まった。

☆祝、童貞・処女卒業☆

「ぐっ・・・・・・・・はぁぁぁ・・・」
美紀の体から一気に力が抜けた
美紀「はぁ・・・挿ったの?」
俺「たぶん・・・どう?」
美紀「どうって言われてもわかんないけど、そんなに痛くないからよかった」
美紀の中は最初感じたより熱くなったように思った。
全体的にきつくてジンジンしてるけど、それが自分なのか、
美紀の中なのかはちょっと判らなかった。

じっとしていると
美紀「吉田君、動かさないの?」
俺「そうか、そうだね・・・」
美紀「あ!」
俺「え?」
美紀「ゆっくりね、お願い・・・」
俺ははやる気持ちを必死で抑えて、ゆっくりとまず腰を引いた。
「ンンン・・・・」
今度はゆっくりと突き出す。
「・・・・・・・ンク」
繰り返す
「ンンン・・・・」「・・・・・・・ンク」「ンンン・・・・」「・・・・・・・ンク」「ンンン・・・・」「・・・・・・・ンク」「ンンン・・・・」「・・・・・・・ンク」

ヌルヌルが全体にまとわり付いて来てだんだん気持ちよくなった、
でもどっちかというと自分の手のほうが直接的な刺激があるので、
まどろっこしいような気がした。
ところがすぐに何かが引っかかるような感じがして5~6回目には痛みがあった?
童貞でも痛いのか?、俺は不安になって自分のを見ると
被っているはずのものがなくなって美紀のソコから薄緑のものが出ている。
ギョットして引っ張るとずるずるとスキンが出てきた。
手にすこし赤茶の薄い液体が付いた。
どうやら俺のはマックスでも大人サイズにはなっていなかったようで、
昌美にもらったのは俺にとっては少し弛目で、
きつい穴に出し入れしたので抜けてしまったようだった。
ヤバイもうスペアはない、どうしようか?

美紀「ンン・・ん?どうしたの?」
俺「うん・・・これ、外れちゃった、もうないんだ。どうしよう・・・・」
美紀「そうなの?あ~あ・・・・・・・・・・・・・うん、じゃいい」
俺は中断されると思って焦ったが
美紀「そのままでもいいよ、大丈夫だから」
俺は別の意味でまた焦った
俺「でも・・・・」
今思い返すと複雑な『でも』だったなぁ・・

美紀「大丈夫だよ、終わったばっかだし、あのねぇ排卵は一週間くらい後だって先生言ってたし・・・」
俺「排卵?」
美紀「とにかく、今しても妊娠しないってことだよ。だから大丈夫」
俺「ホント?大丈夫?絶対??」
美紀「うん大丈夫と“思う”。 それとも止める?」
殺し文句を言われて俺はすぐに美紀の太腿の間に割って入った。
今度は生で美紀の《》に亀頭を押し付けると、
今度はすこし勢いを付けて美紀のなかに侵った。
「ンンン・・・・・イッ!」ちょっと美紀の顔が歪んだ

俺「ゴメン、いたかった?」
美紀「うん、まんなかんところだけちょっと痛いけどダイジョウブ・・・」
さっきとは全然違う感触がした、文字通り異物感がなくなったので、
美紀の体温も粘膜の分泌液のダイレクトにマックスちんに伝わってくる、
きついけど柔らかい、摩擦感があるけどヌルヌル滑る。
矛盾したような感覚が一度になって、
キモチイイってものじゃないくらいの快感が尿道を通って睾丸に押し寄せてきた。
俺はもう美紀の様子を気遣う余裕もなく、段々と腰の動きを早くしていった。
初めてにもかかわらず、こういう動作ってオスの本能なのだろうか?

ぷちゅぷちゅぷちゅぷちゅぷちゅぷちゅぷちゅ・・・・・・・・・
美紀の《》からはさらにヌルヌルが湧き出して
イヤラシイ音ががらんとした銭湯にしこだました。
美紀「ンン・・ンク・・ンン・・ンク・・ンン・・ンク・・ンン・・ンク・・ぁ・・う・・ぅぅん・・ぅぅん・・ぁ・ぁぁ・・・・・・・・」
美紀はもうあまり痛そうな表情はしなくなって、
ちょっと苦しそうなでうめちゃイヤラシイ吐息をもらしていた。

文字で書くと長そうに見えるけど、
生で挿れてものの2分も経たないうちに俺の睾丸はむずがゆさで破裂しそうになった。
俺「ぁ・・・・・・・ぁっぁ・・」
美紀「ぅぅん・・・ハァハァ・・・・ぅぅん・・・はぁはぁ・・・・・ぁ。。吉田君?」
俺「み、美紀ちゃん・・・で、射そう・・・」
美紀「そう・・・いいよ・・・ダイ・・ダイジョウブ・・ぅぅん、ぁ、ぁぁ、はぁう、そのま・・・・・・・ぁうぁ」
俺「ン―――――――――・・ンン―――――――――・・・・うっ!!」
激しく臍の下から肛門のかけてビ、ビクビク、ク、ビクク・・と痙攣した
美紀「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・ぅふう~・・・・」
二人とも一気に体の力が抜けて長椅子から床にずり落ちてしまった。
汗に埃がついて真っ黒になりながら、俺たちはなおそのまま仰向けに大の字になって肩でゼーゼー息をしていた。

先に俺が起き上がった、美紀はまだハァハァしながら頬を上気させて、
そしてなんとなく嬉しそうな微笑を浮かべて俺を見つめていた。
美紀の股間からは俺の白いのがトロ~リと出てくるところだった、
そこに美紀の赤いのが細い筋になって混じっていた。

俺「美紀ちゃん拭いたほうが・・・」
美紀「ぅん・・・」けだるそうに起き上がると
持ってきた小さなカバンからウェットティシュを取り出して、俺にも渡してくれた。
二人ともきれいにし終わったが、俺のマックスは以前マックスをキープしていた。
美紀「吉田君、感想は?」
俺「は?」
美紀「気持ちよかった?あたしどう?どんな感じ?」
俺「どんな感じって初めてだし・・・・気持ちよかったけど・・・」
(昌美をちょっと思い浮かべた)
美紀「どっちが、気持ちイイ?」
俺(ドッキーン!)「・・・・・・・・・・」

美紀「自分でするのと、違う?あたしよりいい?どう?」
ほっとしたけど、びっくりした。
俺「じ、自分って・・・・」
美紀「昌美に聞いたよ、あたしがダメな間自分でしてるって・・・」
俺「いや・・あの。気持ちよかったよ・・それよか美紀ちゃんはどうなの?」
俺は単にHが気持ちよかったのか聞いたつもりだった。

美紀「え?そうね。あんまり、普段しないけどぉ。今日はちょっと痛かったし・・」
俺「へ?」
美紀「あたしも初めてじゃない挿れたの、だから雰囲気ちがってて、気持ちよかったけど、もうちょっとだったかな?」
俺「いや・・・」
美紀「大丈夫だよ、何回かしたら良くなるって昌美もいってたし」
俺「そうじゃなくて、“普段”ってなに?」

美紀「??・・・・・・あっ!」急に顔が真っ赤になった。
誘導尋問(そんなつもりなかった)に引っかかって美紀は自分から暴露した。
さらに後に詳しく聞いたところによると、
オナは偶発的だが美紀のほうが早く知って(5年の秋)
昌美にそれを気づかれて昌美も色気づいたのがエロ本勉強会の始まりだったそうだ。(なぜ昌美にバレたかはどうしても秘密で美紀も昌美も教えてくれなかった)
でも結局昌美に先を越されて、少し悔しかったらしく。
俺が幸運にもお相手に選ばれた、ということだった。
6年生でソコまで対抗意識燃やさなくても・・・・。(でも俺的にはラッキー)

「自分でするときって気持ちよくなるの?」俺は突っ込んでしまった。
美紀「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ウン」蚊の鳴くような声
俺「ふ~ん、でも挿れてないんでしょ?どうするの」よせばいいのに・・
美紀「クリトリス・・・・・・・・・・・・、ダッタラ、イク」
俺はそのとき初めて逝くという表現を知った。
俺「イク?」
美紀「もう・・・吉田君も射精したでしょ」
俺「えぇ!女子も射精するの!?」
美紀「ばかぁ、しないけど一番気持ちイイのがそういうの!」
俺「へぇ~」
ほんとバカみたいに無知だった。

美紀「それよりさぁ」
俺「どうした」
美紀「さっきは『今いい』とか言ってたけど。しなくてもいいの?やったげようか?」
俺「えっ!えっ?」
そういううちに美紀は長椅子に座る俺の前に跪いて、
依然マックス状態のちんちんの根元あたりをさわさわとくすぐるような感じで掴んだ。
そして頭をかぶさるように真上に持ってくるとゆっくりと首が上下に動き出した。
別人かと思えるくらい一週間前のテクとは違っていた、
睾丸が一瞬縮み上がるくらいゾクッとした快感。

「どう?練習したんだよ。上手になった?気持ちイイ?」
上目遣いに美紀が俺を見る。
なんとなくちょっと怖いような、違う意味でゾクッとして鳥肌がたった。

勉強熱心っだな、といっても科目が・・・・・・。

連続二度目でも、今のこの状況がめちゃめちゃスケベだということは
ウブな俺にも十分理解できたので、
美紀の舌遣いとの相乗効果ですぐにむづがゆさが込み上げてきた。
俺「ぅぅ・・・・み、美紀ちゃん・・・でる、逝きそう・・」
美紀「ちゅぽちゅぽちゅぽちゅぽちゅぽ、うんいいよ、シコシコシコシコシコ・・」
俺「はぁぬ-・-・-・-・-・-・!!」

美紀は避けようとしなかったので右目の眉辺りに勢いよく当たって飛び散った。
「・・びっくりしたぁ~。でもやっぱり男子ってすごいんだねぇ」
美紀は嫌がる風でもなくてきぱきとティッシュで俺と自分のを拭った。
もう建物のなかはかなり暗くなっていたので
急いで後片付けを済ますとその場で別れダッシュで帰った。
ぎりぎり親父の帰宅前に間に合った、セーフ。

一生忘れることができない最高の初体験だった。

------------------------
後記

運動会も無事に終わり、俺と美紀は毎日やりまくった。
と云いたいところだけど、現実はやっぱり6年生、
日暮れはますます早くなるのでそうそう勝手に出かけるわけには行かないし、
お互い塾や習い事もあるし、
二人そろって秘密の時間を過ごすチャンスはなかなか作れなかった。

それに一番の問題はやっぱり避妊、
初回こそ生中田氏だったけどいっつもというわけには行かないし、
6年生がスキンを買いに行ける訳がない。
昌美にも(美紀が)相談したが、にしてもストックはなかった。
膣外射精という知識もないとき、
苦労して親のをくすねたり、
美紀の安全日を狙ってなので月に2~3度がせいぜいだった。
ただし挿入までのことならちょくちょく色んな処でやっていたが。

2月の終わりに決死の覚悟でスキンの自販で1ダース買って
やっと回数ができると思ったけど、
美紀の親父さん(は銀行マン)が3月に転勤になって卒業式の後すぐ引っ越してしまい
スキンは使い切れなかった。
その後中学に入りしばらくして昌美と付き合うようになったが
お互いどうも本気モードになれず、
中2の夏休みに美紀が遊びに来たときはちょっと揉めたけど結局3Pを経験した。

その後も3人とも色々あって、昌美は9ヶ月だけ同じ籍に入ってたけど結局×。
美紀も親父さんの転勤であちこち回って、いまクルマで15分くらいのところで人妻。
俺は一浪して入った大学の助手(いや正確には雑用係り、バイトしないと食えねぇ)
昌美はブティックの雇われ店長。

*以上。長文読破ありがとう。(原作に日記風に日付を加筆)*


アナル・SM・アブノーマル | 【2017-03-12(Sun) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

私の罪・妻の功6(未完)

妻の後を追って、こんな関係を阻止しようか…
妻の後を追って、また覗き見するのか…
このまま寝たふりで朝を待つのか…
混濁した意識の中で、かなりの時間考えていました。ふらつく体を支え、私は立ち上がりかけました。
すると、私を呼び止める声がして、「覗きに行くんですか?」と問い掛けられました。
鼾をかいて寝ているものだと思っていた社員の一人が、体を起こしていました。その男は他の社員と同じく、妻を叔父の愛人だと思っているらしくて、「澄江さんいい女ですよね。実は私も目を覚ましていたんですよ。社長とキスしてるところから盗み見していて、覗くなら一緒に行きましょう。」
と立ち上がりました。
私はそんなつもりではないと、拒絶しようとしましたが、その男に体を押されるまま叔父の寝室がある2階へと上がっていきました。澄江をまさか私の妻だとは思っていないその男性社員は、寝室に向かう間、声をひそめながら私に囁きます。
「実は噂は聞いていたんですよ。社長の家の飲み会に誘われて、秘書の澄江さんが参加してる時は、適当に飲んで寝たふりをしてろって…いい事があるって、これだったんですね。」
厭らしい笑顔を浮かべる男に相づちを打ちながら、すでに何度も行われてしかも社内の噂にまでなっている事に、ショックと嫉妬の感情がのしかかってきました。
叔父の寝室らしい部屋が見えました。
よく見ると若干明かりが洩れています。一緒にいる男が呟きました。
「噂通りだ…社長はわざわざ覗かせたくて、ドアを閉めきらないって…」
私には目の前の状況がよく理解できませんでした。
男は遠慮なくドアに近付き、室内を覗きこみました。私はすぐに同じ行動をとる事ができず、呆然と立ち尽くしていました。
でも、覗かなくても室内で何が行われているのか…わかります。
ドアの隙間からは明かりだけではなく、妻澄江の女の声が洩れ響いていました。小刻みに小さく喘いでいたかと思うと、急に叫ぶような声を発して、時々叔父の太い声が何か囁いていました。
覗いている男は、私を手招きします。
私はなかなか一歩が踏み出せませんでした。
男はだいぶ興奮してきたようで、小声ながら実況まで始めました。
「澄江さん、壁に手ついて社長にやられてる…いいよなぁ…いい声だなぁ。俺もやらしてもらいたいなぁ…」
「おっぱいは小振りだけど、揉んだら気持ちよさそうだ…結構乳首黒いなぁ…さんざん男とハメてきたんだろうなぁ…」
そんな言葉を聞いていると、私自身がどうかしてしまいそうでした。
ドアに一歩近付き、先に覗いていた男性社員の影に隠れるようにして私は寝室内を覗き込みました。
そこには髪を振り乱し、焦点の定まらない表情で叔父にまたがる、妻澄江の姿がありました。
妻自身は、叔父が覗かせるためにドアを閉めきっていない事を知らないのか、厭らしい声を発し周りは何も見えないというような様子です。
叔父と妻が寝室に入り、もう一時間近くが経過しようかという頃です。
叔父は妻を仰向けにして責めながら、「澄江、今日で俺とハメるのが何回目だ?」と聞きました。
妻は、「今日で、ちょうど100回目です…」と、喘ぎ声をまじえ、か細い声で答えました。
叔父はさらに、「よく覚えてたな澄江。おまえは俺との100回記念に、旦那がひとつ屋根の下にいる今夜、俺に抱かれてるんだな。カズ(私の事)に見せてやるか?おまえの変態ぶりを…」と妻をなぶりました。妻は首を横に振り、「お願いします、カズくんの事は言わないで…」と哀願していました。
その後、さらによつんばいにさせられ、妻は叔父の責めを受け続けました。
一緒に覗いている男性は、今にも飛び入りしてしまいそうなくらい興奮しているようでしたが、叔父のセリフに疑問を持ったようでした。
「今、社長、旦那がどうこう言ってましたよね?澄江さん人妻なのかな…?」
私は無視するように部屋の中を凝視していました。
寝室内の二人は、叔父が下になり妻はその上にまたがり腰を振り続けています。叔父は妻の乳首を弄びながら、いよいよ息遣いが荒くなり、妻の上体を抱き寄せると腰は激しく突き上げながら、舌を絡めてキスを始めました。
そして、「澄江、わかってるな?今夜は俺の言う事を全て聞くんだろ?」
妻は泣きたいのか、切ないのか…そんな表情を浮かべて小さく頷きました。
叔父は「100回目の記念だしな。わかってるなら、最後までおまえが俺の上で腰を振り続けろ。おまえの意思でな?」と言い、妻の上体を元に戻しました。
妻は何も言わずに腰を上下に動かし始め目をつむっています。
私も、一緒に覗いている男性も意味を理解できていませんでした。
妻は息を吐きながら腰を振り続けます。
やがて叔父が、「澄江、そろそろだ。おまえが決めていいんだからな?」と言葉を掛け、妻は無言で両手をベッドにつき、少し上体を前かがみにしたまま、さらに腰を振っています。
数秒後でした。
叔父が「よし澄江、抜かないんだな?だったらしっかり受けろよ。大事な種を付けてやるからな。」と言い放ち、二人の動きが止まりました。
妻は崩れるように叔父に覆いかぶさり、叔父は根元まで打ち込むように腰を密着させています。
「種付け」の瞬間でした。

#######################################################

それからしばらく、私は妻と顔を合わせないように生活しました。
妻より早く起きて出勤し、妻よりも早く自分の部屋で寝てしまう毎日…
ただ夜は、妻の帰宅がほとんど深夜に近かったので、普通にしていても妻の姿を見る事は無いのでしょうけど…
ただそんな生活をしていても、妻は真面目な妻を演じているのか、深夜帰宅しては必ず私の部屋をノックし、遅くなった事を詫びていきました。
私はその妻の声を聞くたびに、帰宅直前まで叔父に抱かれ汚されてきたであろう妻の姿を思い描き、嫉妬と、それとは反対に湧いてくる性的な興奮を感じていました。

新年会から三ヶ月くらい経っていたでしょうか。
仕事の打ち合せがあり、たまたまあの夜一緒に覗き見していた男性社員と会いました。
一通り打ち合せが済むと、その社員は私を飲みに誘ってきたのです。
周りをキョロキョロ見ながら、「ここじゃできない面白い話があるんですよ。」とニヤニヤ笑いました。
その顔を見れば、面白い話というのが妻の事であるのは察しがつきます。
私は断るつもりでしたが、その社員は待ち合わせの居酒屋と時間を告げると、足早に本社に戻っていきました。
その夜、私は男性社員(仮名Aとしておきます)とテーブルを挟んで、酒を酌み交わしていました。
お互いに少し微酔いになった所で、Aが「面白い話」をし始めたのです。Aはおもむろに自分の携帯を取り出すと、なにやら操作し始め、私に手渡してきました。
「どうです?」と言われ覗き込んだ画面には、女性器のアップ画像がありました。
Aに促されるまま画像を見ていくと、アップから少し離れたアングル、よつんばいで肛門と膣を丸見えにされた画像、挿入されている画像…卑猥な画像が沢山ストックされていました。
Aは厭らしい笑みを浮かべながら、「そこに写ってる女、誰だと思います?」と尋ねてきます。
私には、そんな事を聞かれる前からわかっていました。
画像は全て妻・澄江の物でした。
私は血の気が引くのさえ感じました。Aがどうやって妻の痴態画像を手に入れたのか、そんな事には興味無かったのですが、Aは自分から自慢気に話し始めました。
Aの話では、その何日か前にたまたま叔父と二人で出張する機会があり、新年会の日妻と叔父の痴態を覗いた事を話したんだそうです。
叔父は怒る事もなく、その数日後Aを仕事帰りに家に呼びました。
そこでAは、叔父と妻の淫行を覗きではなく、目の前で観賞する事になりました。
妻は本気で嫌がっていたそうです。Aはそんな妻の姿を見て非常に興奮したと…にやけた赤ら顔で話しました。
Aは「他人のセックスを間近に見るなんて初めてですからね、すごい興奮でしたよ。しかも澄江さん、実は人妻なんですって…。いいよなぁ、金がある人は…。」と言い、酒を飲み干しました。
「今回は私は見てるだけだったんですけど、次に機会があったら混ぜてくれるって言ってましたよ。もちろん、あなたも一緒に覗いていた事、言っておきました。近いうちに社長から声がかかるんじゃないですか?」Aは無邪気ともとれるような笑顔を浮かべて、携帯をしまいました。
Aは携帯をしまった後も、まさか私の妻だとは思いもしないのであろう様子で、楽しそうに妻の痴態を語っていました。
私の頭の中は真っ白で、ほとんど上の空。あまり記憶も無いまま、気付けば自宅付近まで辿り着いている状態でした。
妻の車があり、どのくらいぶりか妻の帰宅している家に入りました。
私は妻に詰め寄り、叔父との関係を白状させ、その上でそんな関係を解消して二人で一からやり直そう…そう考えていました。
妻はすでに寝ていたようで、私は寝室のドアを静かに開けました。
寝息を立てる妻の顔は以前と変わらず、確かに私が愛して結婚した女でした。
私が妻と寝るのを止めてからも、ダブルベッドには常に私の枕も置いてくれていました。
妻はダブルベッドの半分のスペースしか使わず寝ています。三ヶ月近くも私が一緒に寝るのを止めているのに、妻は私のスペースを空けていてくれたのです。
健気な妻の寝姿が愛しくて、そして私の為に考えられないような状況に堕ちてしまった妻に申し訳なく、私自身の情けなさを痛感していました。
結局、妻を起こす事なく私は寝室を出ました。

それから約一ヵ月後、平成16年の5月半ば位だったと思います。
私はAと共に叔父の屋敷にいました…
その少し前に、私は叔父に呼び出されました。
叔父は、「澄江との関係、見たんだろ?」と言い、「澄江はお前のためにやってるんだ。お前がどうするかは俺の知った事じゃない。ただし、今の生活ができるのは澄江のお陰だと思うんだな。」と付け加えました。
まさか、そんな露骨に真実を明かされるとは思ってもいませんでした。
そして叔父はその週の土曜日、私に屋敷に来るように告げました。
「カズ、お前に全て見せてやるから、それでお前が決めるんだな。」と言い放つ叔父に、私は何の言葉も返せませんでした。
もちろん叔父の屋敷に行くつもりはありませんでした。
それからも妻は毎日深夜に帰宅し、顔を合わせる事なく一日一日と過ぎていきました。
土曜日が近づくにつれて私の気持ちに変化が表れました。
私自身おかしくなっていたのでしょうか。
結局、叔父の屋敷に私はいました。
リビングにはAが先に待っていて、ニヤニヤ嬉しそうに卑猥な冗談を飛ばしてきます。
私は俯いて無視するようにしていました。
タバコを2本くらい吸ったところで、叔父が姿を見せました。
叔父に促されるまま、私とAは寝室に向かいます。
ドアは開け放たれていました。
絨毯の上には、全裸に目隠しをされ、正座している妻の姿がありました。
私は言葉も出ず、その姿に見入っていました。
叔父は妻の背後に廻り、乳房を強く揉み込みながら、耳にキスをします。
大きく息を吐く妻に、「今日は新しい客が来てるぞ。お前の厭らしい姿が見たいそうだよ。」と言い、さらに乳房と乳首を刺激しました。
妻は首を横に振りながら、「人を呼ぶのは止めてください…って言ったのに…」と、途切れ途切れ囁きます。
叔父は構わず妻の両腿に手をかけると、「まずはここから見てもらうか?」と言い、強引に開いていきました。
私の目の前で、妻の恥部が他人の目に晒されていました。
まさか夫である私がその場にいるとは、妻は思ってもいないでしょう。
それでも、私の知っている妻の真面目な性格を考えたら、目隠しされているとはいえ、複数の男性の目の前で股を開かされ女性器を晒すという事が、どれほどの屈辱だろう…と察しがつきました。
私にとっては、一年近く目の当たりにできなかった、でも見慣れたはずの妻の秘部でした。
離れた距離でも、じっとり濡れているのはわかります。
妻は目隠しをされ、唇を噛み締めて辱めに耐えているようにも見えました。
叔父は妻の耳元で何か囁き、それから私達の方を向くと、「よし、それじゃ今夜の客人に澄江の足を押さえてもらって、次に移ろうかな…」と言い放ちました。妻は一層激しく首を横に振り、叔父と目が合った私は微動だにできずに立ちすくんでいました。
そうしていると、私の心中など知る由もないAは、「あなたが遠慮してるなら、私が行っちゃいますよ。」と、ニヤニヤ嬉しそうに妻に近付いて行きました。
Aは叔父に指図されるまま、妻の背後に回り叔父がそうしていたように、妻の両腿を開いたまま押さえつけ始めました。
叔父はAに何か耳打ちし、その後私の方へやって来ました。
私の耳元で、「カズ、お前はまぁここで見てろよ。どうせ真面目なお前の事だから、この状況を楽しめないだろ?でもな、お前に輪をかけて真面目だった澄江が、どんな女になったのか最後まで見てやるんだな。」と、言い放ち妻の方へと体を向けてしまいました。
私は何か力が抜けたような状態になり、その場に座り込んでいました。
叔父は妻に近付くと、おもむろに唇を重ね舌をねじ込みました。
妻は小さく口を開き叔父の蹂躙を受け入れています。執拗にディープキスは続き、妻は息遣いを荒くし始めました。
同時に、両腿を開いていたAの手が離れ、両乳首を刺激し始めました。
手は離れたものの、Aは両足を妻の背後から前に回して交差させ、股を閉じられないようにしていました。
妻の吐息はどんどん荒くなり、Aが乳首を捻りあげると、悲鳴のような喘ぎ声を漏らしました。
目の前で起きている事が、なにかアダルトビデオでも見ているような感覚でした。
しかし、妻の切ない声も舌を絡め合う卑猥な音も、全て頭の中に直接響いています。
気付くと妻はよつんばいにされていました。
膣も肛門も曝け出し、Aはその妻の恥部に顔を埋めていました。わざと厭らしい音を立てるようにして、妻の膣を舐めまわしています。
Aは妻を辱めたいのか、「澄江さん、おしっこした後ちゃんと拭いてるの?なんだか匂いますけど…」と、屈辱的な言葉をかけます。
妻は目隠ししていても判る位、顔を真っ赤にしながら首を横に振り続けました。そんな妻の顔の前には、ズボンと下着を脱いだ叔父のペニスがそそり立っていました。
叔父は妻の髪を掴み引き寄せると、先端を唇に当てました。
妻は黙ったまま口を開き、叔父のペニスは妻の口内へと包まれていきます。
髪を掴まれたまま前後に揺さ振られ、妻は叔父のモノを必死で喰わえ込んでいました。
ふいに叔父が私の方を向き、「おい!」と声をかけました。
「カズ」と呼ばないのは、妻に私がいる事を隠しておくつもりなのか…わかりませんでしたが、私が顔を上げると、叔父が「お前もたってきたか?参加してもいいんだぞ。」と、言い捨てました。
情けない事に、私は自分の妻の凌辱される現場を見ているにも関わらず、正直なところ勃起していたのです。何も言えない私から視線を移し、叔父は妻の方に向き直ると、口からペニスを引き抜きました。
よほど喉の奥まで突いていたのでしょうか、叔父のベニスは妻の胃液のような、唾液とは違う粘着質の液が絡まり、長い糸を引いています。
激しく咳き込み、息継ぎしている妻を無視するかのように、叔父は「澄江、今日はお客さんにも気持ち良くなってもらうんだろ?」と問い掛け、妻の膣に顔を埋めるAを手招きしました。
妻は首を横に振っていましたが、正座の格好にさせられると、顔の前で仁王立ちになり、早くも下着まで脱いでいるAのペニスを口内にねじ込まれました。
妻はうめき声を上げながら頭を押さえ付けられ、もがくようにして奉仕しています。
しばらく妻の呻き声が続き、再度よつんばいになった妻は背後からAの挿入を受け入れました。
Aの遠慮ない責めに妻の眉間には皺がよっているのが判りました。
悲鳴のような喘ぎ声を漏らす妻を、タバコを吹かしながらニヤニヤ眺めていた叔父は、「A、しっかり頑張れよ!」と声を掛けます。汗を吹き出しながら妻を突き続けるAは、苦笑いを浮かべるように「社長、申し訳ないです‥久しぶりなもんで‥もういきそうなんですが…」と、息を切らしながら答えました。    叔父は、「なんだ、情けないな。みこすり半か?」と呟きながら妻の顔の近くにしゃがむと、「だってよ、澄江。Aはもうもたないらしいぞ。中が嫌だったら、どこに出すんだか自分で言えよ。」と言い放ち、またディープキスをしました。
叔父が唇を離すと妻は小さな声で、「背中に…背中に出してください…」と、哀願するように囁きました。叔父がAに向かって、「だそうだ。澄江が種付けされるのは俺だけなんだってよ。」と言うと、Aは卑猥な笑顔を浮かべ、「それは残念です…じゃあご希望通り背中で…」と、一段と激しく腰を打ち付け始めました。
妻は我を忘れたかのように喘ぎ声を発し、髪を振り乱しています。
そしてAが射精を宣言し、ペニスを引き抜いた瞬間でした。
叔父の手で妻の目隠しが取られ、私と妻の視線が交差したのです…
私も妻も視線を逸らす事ができずにいました。ほんの数秒だったのでしょうが、見つめ合い、妻はよつんばいのまま背中にAの精液を放出され、私は力なくしゃがみこんでいました。
妻は、「カズくん…」と私の名前を言い掛けたまま、顔を伏せてしまいました。泣いているのか、微妙に体を揺らす妻にAは状況が飲み込めず、叔父の顔と妻の体に視線を交互に送りながら、動揺しているようでした。
叔父は妻に近寄り、肩を抱き抱えると無理矢理上体を起こしました。
泣き顔で目を逸らそうとする妻…か細い声で、「どうして、カズくんに…?」と問い掛けました。
叔父はなおも、妻の乳房を弄びながら、「お前が、私との関係をカズに隠して行くのがつらいと言ったからだろ?」と、言い放ちました。
Aはやっと状況を理解し始めたようで、叔父に「社長…もしかして、澄江さんの旦那さんって…?」と言いながら、私の方を指差していました。
「澄江、カズはな俺とお前がハメてるのを覗いてたんだってよ。100回記念の種付けした時をな。」
妻の乳房、乳首を弄び続けながら、叔父は妻の耳元でそう囁きました。
妻は目を瞑り顔を逸らそうと、必死に横を向いていました。
私がその場にいるという現実を受け入れたくなかったのかも知れません。
Aはさすがにいたたまれなくなったのか、衣服を身に付けると叔父に、「社長…今夜はとりあえず、おいとました方が…?」と言い、部屋を出ました。
しばらく静寂が部屋中を包んで、妻の涙を堪えて鼻を啜る音しか聞こえませんでした。
何も言えず座り込む私…
叔父は無言のまま部屋を出ていきました。
いつ叔父が戻ってくるのかはわかりませんでしたが、妻と二人きりになった部屋で、妻はそれまで以上に激しく啜り泣きを始めます。
やっと息をついた妻は、俯いたまま涙声で「ごめんなさい…ごめんね…」と繰り返し呟きました。
かける言葉も見つからない私は、来ていた上着を脱いで妻に羽織らせようと近付きました。
妻は、「ありがと…でも、ごめんなさい…」と、羽織らせようとした上着を遮り、また伏せてしまいました。
私は惨めに全裸で伏せている妻に、どう接すればいいのか理解しかねて立ちすくんでいました。
「いつから?「どうして?」聞きたい事、聞かなくてはいけない事はいくつもあったのですが、なんの言葉も浮かんできません。
どれほど時間が経ったのでしょうか。
叔父が部屋に戻ってきました。
「カズ、どうするんだ?澄江のこんな姿を見て、これからどうする?」
返答もできない私に、さらに「お前の知らない澄江のお陰で、飯が食えてるのがわかったか?俺はまだ澄江に飽きてないんでな。お前が今の人並みな生活を続けるつもりなら、わかるよな?」

私はその夜、妻を置いたまま叔父の屋敷を後にしました。
妻を置き去りに帰宅した日から一週間くらい、妻は家に戻ってきませんでした。このまま二度と妻に会う事は無いのか…そんな風にも考えていました。
約一週間が過ぎ、その日も沈みきった気持ちで仕事を終え帰路についていました。
自宅まであと僅かというカーブを曲がり、我が家の方を眺めると、そこには久しぶりに見る妻の車が停まっていたのです。
私は隣に車を停めました。しかしすぐに車を降りる事ができず、タバコに火を点けました。
妻はどんな顔をして家に居るのだろう…
私は妻にどんな顔を合わせればいいのだろう…
一本のタバコが灰になるまで、そんなに時間は掛かりませんでした。
私は荷物を手にし、意を決して玄関に向かいドアを開きます。
家に入り最初に感じたのは、キッチンからの美味そうな料理の匂いでした。
この何ヵ月もの間、嗅いだ覚えの無い暖かい匂いです。
しかし、私の背筋を一瞬悪寒が走りました。
叔父がいる…?叔父の為に、妻はわざわざ私が唯一帰る場所であるこの家で、手料理を振る舞っているのか…?
私の足は、玄関を入り数歩の所で動かなくなっていました。
それでも、懐かしい妻の料理の匂いが、鼻の奥までくすぐってきました。
私はゆっくり、一歩一歩キッチンに向かって歩きます。
料理をする器具の、触れ合う音まで聞こえてきました。           キッチンを覗き込みます。全裸でシンクに手をつかされ、背後から叔父に抱き竦められている妻…一瞬そんな想像をしました。
しかし、キッチンにはきちんと衣服を身に付け、エプロンをした妻が立っていました。
手際良く料理をする様子は、何も変わらない私の妻です。
私の口からは、自然と「ただいま…」という言葉が洩れていました。
言ってしまってから、何か失敗したような気持ちになったのですが、妻は自然な仕草で振り返り「おかえり…」と、応えたのです。
ごく自然な夫婦のやり取りな筈ですが、私は違和感を感じずにはいられませんでした。

私は妻が入れてくれた風呂につかり、食卓につきました。夕食の間、妻は叔父やこれまでの事には一切触れず、料理の話を中心にわざと明るく振る舞うように話し掛けてきました。
私も、叔父の事に関して口を開く事はできず、妻の話を黙って頷き、料理を口に運んでいました。
食事が終わり、私は習慣のように自分の部屋に向かうつもりでした。
後片付けをしていた妻が私に言います。
「ね、今夜は一緒に寝ない?」
妻の気持ちは全く解りませんでしたが、嫌な気持ちはせず、私は「わかった…」と告げて先に夫婦の寝室に向かいました。
ベッドに入りしばらくタバコを吹かし、極力何も考えないように視線を浮遊させていました。
小一時間くらいそうしていたでしょうか、バスタオルを頭に巻きパジャマ姿になった妻が寝室に入ってきます。
妻は私の隣に潜りこんできました。
そして掛ける言葉も見つからない私の口を、その柔かい口唇で塞いできたのです。
唖然とする私に向かって、妻はこう告げました、「お願い、今夜は私を抱いてください。許してなんて言えないけど、お願いします抱いてください…」
妻の真意は掴めぬまま、私は妻を仰向けに寝かせ、パジャマのボタンをはずしました。
小振りながら仰向けでもしっかり膨らみを保っている乳房…そして黒ずんだ乳首…ひさしぶりに触れ、舌で味わいました。
乳首から首筋に舌を這わせると、切なく息を吐きます。
数か月ぶりに妻の味を楽しもうとする私に、妻は口を開き始めました。    
妻は、「これから話す事、途中で何も言わないで聞いてくれる?」と言い、私は頷くしかありませんでした。
妻は私に背を向ける格好で、私は後ろから妻を抱くような形になっていました。
妻が話し始めます…
「一昨年の暮れ、私一人で叔父さんのお家に初めてお金を受け取りに行った日、覚えてる? あの日リビングでね、500万円の束がドンって置いてあって、叔父さん…私に言ったの。
このお金のためなら何でもできるか?って。
あの頃の状況覚えてるでしょ?私、何でもできますって言ったよ。
そしたら叔父さん札束持って部屋を出て、私には付いて来いって。
付いて行ったとこは寝室だったよ…
札束を枕元に置いて、裸になれって言われて…まさか叔父さんにそんな事言われると思わなかったから…
私、動けなかった…しばらくしてね、叔父さんが、言った事ができないなら帰れって…
ごめんなさい、どうすればいいのかわからなかった…早く帰りたかった…でも、暗くなるまで何回もされちゃったよ…
お金持たされて、携帯はいつでもつながるようにしとけって。
カズくんの顔見るの恐かった…でも、どうにかしなくちゃって思って。」
妻は話すのを少し止めて、大きく息を吐きました。
後ろ姿でも泣いているのがわかります。
「その次の日、カズくんとお昼食べてる時に、携帯呼び出されて…
またお昼から暗くなるまで…
もうね、ずっとされ続けてて、私はこのままどうなっていくのかな…って。
その時に叔父さんが、私を近くに置いておきたいから、本社の経理をやれって言ってきたんだよ。
次の日、カズくんと二人で叔父さんの家に行ったでしょ?」
妻が何を思ってそんな話を続けるのか、わからないままそれでも聞いていました。
「それからは毎日のように会社でもされたし、仕事の途中でそのまま叔父さんの家に連れて行かれたり。
毎日毎日されて、カズくんに会わせる顔無くなってたよ…
半年くらい経った頃から、叔父さんコンドーム付けなくなって…どうせ子供できないなら、生でやらせろって…」
涙声になっていました。
「でも、妊娠できないって診断されたわけじゃないし、それだけは許して欲しいって頼んだの。
一年くらいそうしてきて、でも…結局お金の事言われたら、全部言いなりになるしか無くて…」
小さく震える妻の体を抱き締めながら、かける言葉は見つからず、私は黙って聞いていました。

 体を震わせて、泣きながら私に謝罪し、それまで叔父にされてきた恥辱の数々と、
どうする事もできない悲しみを告白する妻・澄江を、背中から抱きしめ私は話を聞いていました。
妻にそんな辛い思いと辱めを受けさせているのは私自身です・・・謝罪しなければならないのは
私の方なのに・・・
小刻みに震える妻の温もりを感じながら、私は叔父にこの関係の清算を申し出る事を
決意しました。
 「もうこんな事やめにしよう、あの人に話しにいくよ。」そう告げる私に、
「そんな事言ったって・・・お金の事とかこれからの事どうすればいいのか、私わからない・・・」妻は力無く呟きます。
これからがどうなっても、その時の私は妻を取り戻したい・・・守りたい・・・
そんな気持ちが勝っていました。
翌日、私は叔父の屋敷を訪ねました。
叔父は何食わぬ顔で私を迎え入れます。
「昨日澄江を帰してやったが、どうだ?なにか話をしたのか?」とあまりの言い草に
怒りを覚えましたが、愛想笑いでその場を濁しました。
そして、私はソファーに腰掛けると、叔父に向かい、その時考えていた全てを打ち明けたのです。
叔父は時折、表情を曇らせたりしながら話は最後まで聞きました。
金の事、それ以外にも叔父がどんな材料で妻を縛りつけようとするのか、
私はなんの対抗策も考えないまま叔父と対峙しています。
叔父が何を言い出すだろう・・・妻を手放してくれるのか・・・
代償として何を要求される?・・・借金を肩代わりしてもらった事実はあります・・・
様々な事が私の頭をよぎる中、叔父はやっと口を開きました。
「お前がそう言うなら、澄江は返してやらなくもないぞ?」
私は、一番思い描いていなかった叔父の答えに、一瞬面食らって言葉が出ませんでした。
叔父はさらに、「その代わり、二つ条件がある。それさえお前が飲むなら、金の事は一切
ナシにしてやるよ。澄江も返してやる。二人の生活も昔に近いものになると思うが・・・?」
正直「金」の事がかなりの不安材料だった私は、妻も返してもらえる・・・その叔父が言う
条件が例えどんな事でも、飲もうと決心し承諾したのです。
 叔父の出した条件、それは妻と叔父二人での一週間の旅行でした。
叔父は「私は澄江を気に入ってる、それを手放すのだから一週間くらいは時間をあたえろよ。
その一週間は私だけの澄江だ。二つ目の条件はその最後の日に、澄江に伝えておく・・・」
当然その一週間、妻が叔父とどんな時間を過ごすのか・・・容易に想像できました。
しかし、その時点で私には、その条件を飲む事が唯一の方法のように思え、受け入れたのです。
妻の同意を得るまでもなく、私は叔父からの条件を承諾し帰宅しました。
一週間だけ、妻を預ければ以前の生活を取り戻せる…私の頭の中は希望的な思いと、叔父を信じられない不安感とが混じり合っていました。
深夜、ベッドに入り妻に条件の話を切り出します。妻は最後まで黙ったまま聞き、私が話し終わると口を開きました。
「この2年間を考えれば、たったの1週間よね…?それしか無いんだもん…行くよ…」
力なく呟く妻を抱き締めながら、私は何度も詫びました。

平成16年6月の、第一週の月曜くらいからだったと記憶しています。
朝早く、私は妻を乗せて叔父の屋敷に向かい、6日後の日曜深夜までその姿を見る事はありませんでした。
妻と叔父がどこへ旅行に行くのかは全くわかりません。
初日の夜、私は恐る恐る妻の携帯に電話をかけてみました。
まさに妻が叔父に抱かれ、責められている最中かも知れない…携帯を持つ手は震えています。
かすかな機械音…電源は入っておらず、虚しい音声案内だけが聞こえていました。
あれだけ好色で、妻を凌辱してきた叔父と二人きりで一週間の旅行…妻が夜と限らずどんな恥辱を受けているかは簡単に想像できます。
私は情けない事に、そんな妻の姿を妄想しては毎晩自慰行為に耽ってしまいました。
実際に目の当たりにした妻の痴態…よつんばいになり肛門まで晒しながら叔父のモノを刺し込まれ、切ない喘ぎ声を出す妻…当たり前のように差し出された叔父のモノを丁寧に口に含む妻…それ以上に私の知らない妻の痴態があったでしょう…
妻が出発して6日後の日曜日の夕方、妻から電話が入りました。最寄り駅ではなく、自宅から一時間程かかる新幹線の停車する駅まで、迎えに来て欲しいという事でした。
私は車を飛ばし、新幹線の停車する、近隣ではわりと大きな駅まで迎えに行きました。指定された時間の30分前には着いていたでしょうか。
駅前の駐車スペースに止め、タバコをふかしていました。4本目に火を点けた時、駅舎の方から歩いてくる妻の姿が見えました。
大きい旅行カバンを抱えた妻は、足取りも重くだいぶ疲れた様子です。
近くまで来て、私の車を見つけると少しだけ微笑んだようにも感じられました。叔父の姿はなく、妻は一人助手席に乗り込むと、小さく「ただいま…」と呟きました。
一週間、妻がどんな場所で、どんな思いをして過ごしてきたのか…悪い方向での想像と、そんな事は妄想に過ぎないだろうという、希望的な想像が入り混じっていた私は、妻に掛ける言葉も見つからず、黙って車を走らせました。
途中、妻が「あの人が…条件…」と、叔父の話を切り出してきた時は、後にしようと制してしまいました。
コンビニで夕飯を買い、自宅に戻ると、無言の夕食を済ませました。
当然、妻からの話は聞かないわけにいかないのですが、できる事なら聞かずに逃げたい自分がいました。
弁当のゴミを片付け、そそくさと風呂に入ろうとする私を、妻は真面目な声で引き止めました。
リビングのテーブル越しに相向かいに座った妻は、旅行カバンから大きな封筒を取り出しました。
それを私に差し出すと、小さな声で「中を見て…」と促してきます。
言われるまま封筒を開けると、さらに二つの封筒が入っており、妻が指し示す方から開けてみました。
中には、観光地で撮影された叔父と妻のスナップ写真が入っていました。
私はそれを見る事がつらく、正視できずにいたのですが、一つだけ気付いた事がありました。
写真は必ず、叔父と妻が二人で写っており、どちらかが撮影した写真が一枚も無かったのです。
少し違和感を感じながら、もう片方の封筒を差し出され、中身を取り出しました。
その封筒も、中には写真が入っていました。
その前に見たスナップ写真とはだいぶ異なる光景…
叔父にまたがる妻…よつんばいで腰を突き上げ、背後から突き入れられる妻…叔父のモノが見えなくなる程、喉の奥深くまで挿入されている妻…
その写真も全て、叔父と妻は写っていました…
妻の顔に目をやり「この写真、誰かが…?」と呟くと、妻は小さく頷いたのです…

以上ここまで。この先は更新が止まってます。
最初に貼ったやつはちゃんと責任をとってください。



アナル・SM・アブノーマル | 【2017-03-03(Fri) 21:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

マッサージ屋でのやらしいこと

私も整体でやらしいことされたことあるよ。ちょっと前の話なんだけど。
30分の予定が二時間に引き延ばされて、いろんなことされたよ。

そこは上品な住宅街にある大通りに面したところで、どこにでもある普通のマッサージ屋だった。
外観もさわやかっていうかまぁちょっと入りやすい感じだったし。
仕事帰りにふらっと入って行ったんだ。でも入った瞬間に違和感みたいなのを感じた。
ます゛入口から中が全く見えなくなっていること。
カーテンでシャットアウトされてて、しかも恐る恐る入って行ったら男の整体師一人でやっていた。
ちょっと怖じけ着いたけど入っちゃったし、出るのもなあと思い、とりあえず入っていった。
マッサージ屋によくいく私だったが、そこは整体の方だった。
クラシックが流れていたけど、なんだか閑散としているなあと思った。
トイレに行きたかったから『お手洗いお借りします』と言ったら、奥のほうまで案内されて、ちょっと嫌な空気を感じた。
トイレからでてきたらすぐ整体がはじまる。

嫌な予感がしてたけど、初めはふつうのマッサージでなかなか上手いと思い、身をあずけていた。
『こってますねえ』『そうですか?』なんて会話もしていた。
時々背中をもむ手がわざと脇腹というか胸をなでているような気がしてきたけど、
まあよくあることだと思いその感触も心地良いと感じていた。
今考えたらこの態度がよくなかったのかもしれない。
下半身のマッサージを始めた。
だんだんと下から上にあがってくる。
マッサージというかんじでなく、撫でているだけのように思えた。
お尻にも手がかかる。
あきらかにおかしい。ふれるかふれないかのタッチでなでまわす。
異常にお尻にかける時間が長い。感じやすい私はすぐに反応してしまい、体をくねらせていた。
それを見た整体師はうちももに手をのばしてきた。これも微妙なタッチでいったりきたり。
うつぶせになりながら時々吐息がもれた。腰を手から逃げるように動かしたが、意味はなかった。
時々お尻を強くつかんだりしながら、フトモモを撫でられつづけた。

大分、体がほてり息も上がってきたところで仰向けにさせられた。
顔にはタオルかがかぶせられる。この時はまだ気のせいだと思い与えられる快感を楽しんでいた。
これ以上のことはできないはずだと。
胸のあたりを撫でられ始めた。鎖骨から胸のしたあたりまで円をかくように撫でる。
親指が時々乳首をかするようになった。思わず『ンッ…』と顔をそむける。
すると今度は、胸の中心を撫で回し始めた。
あきらかに乳首を責められていた。
整体師は『ハァ…ハァ。ここがこってるみたいだね』とやばいと思い、
体をあげようとした私を押さえ付け、胸をさわり続けた。
息が顔にかかり気持ち悪いと思いながらも、体は嘘をつけず、いやらしく腰がくねり始めた。
声が抑え切れない私。必死で感じまいと抵抗するが、まったく無意味だった。
整体師は大胆に胸をもみながら、片手で下半身を触り始めた。
『はぁ…。んっ、あぁっ。やっ…。』もう声が我慢できなくなった。
整体師は私の足を広げさせて恥骨を掌で震わせてきた。
『は…あああぁ。だめっ…はぁっ。』
イキやすい私は、もう気持ち良くなりたい一心になっていた。
触ってほしい気持ちでいっぱいになっていた。
顔にかかったタオルはずれて半分になったが、恥ずかしく目を閉じたままだった。
もうマッサージでもなんでもない、ただの愛撫になっていた。
このまま終わってほしくない。そう思っていた時電話がなった。
一時中断する。なんだかじらされた気分だった。

『もしもし。はい。あと1時間くらいかかるんで…。はい。よろしくお願いします。』
そういえば30分はとっくにすぎているはずだ。何分たったかわからないが。
とりあえずまだ1時間はしてもらえるんだろうか、とぼんやり考えていると、
電話をきった整体師がまたマッサージを始めた。
一瞬理性をとりもどした私だったが、触りだしたとたんに何も考えられなくなっていった。
恥骨から今度はクリトリスの両側を、つーっとなであげてきた。
気がつけば片手は服の中にすべりこみ、ブラごしにもんでいる。
『あんっ…はあ。ンッンン。はぁぁぁ、やっ…』
性欲が高まりきったところでいったん触るのを止め、頭のほうに立って耳を弄び始めた。
耳がとにかく弱い私は体をよじらせた。
いきそうな状態でじらされ、もうおかしくなっていた。
頭に整体師の固いものが当たっていた。
タオルがもう一度きちんとかぶされ、視界が暗くなった。
次の瞬間、セーターを上にずりさげてブラからおっぱいをとりだした。
さすがにはっとした私はセーターをさげようとしたが、手をさえぎり乳首をなめだした。
『ダメエ…。あっ。あんっ。声でちゃう!あああ』
クリトリスがジンジンとうずいて、もう声が抑え切れなくなった。
ねっとりと乳首をなめまわす。もうあそこは自分でもわかるくらい濡れていた。
『あぁん。はぁん。んっ、ダッメェ…』
整体師は再び下半身に手を出した。次はクリトリスのあたりを直接指でおしてきた。
背中がのけぞり声がでそうになるのを、ベッドをつかんで抑えた。
『んんんぅ…ああああっ』
その様子を見た整体師は、クリトリスを押し潰すようにくにくにしだす。
もうたまらなかった。普段でもいきやすい私がじらされ続けて、我慢できるわけがなかった。
整体師の手は休みなく動き、乳首も舌で動かし続けた。
耳が弱いとばれたらしく耳まで触り始めた。
『あ…あぁ…ンッ。も…だめ。』
絶頂が近づいてきた。指も早くなる。もう我慢できるわけなかった。

乳首を吸われた瞬間、『ンッ…ンン。やぁぁぁぁ。』
全身がすごい勢いで痙攣し始めた。声も押さえなければ際限なく出てしまう。
歯をくいしばった。痙攣するからだを必死に押さえる。
いってしまったことがばれたくなかった。
『んんんぅ。ひゃぁん…あ…っも…だめ』
整体師は指を動かし続ける。
『もう…あっ。ああ、んっ、はぁ…』
整体師の手を始めてさえぎった。これ以上触られたらおかしくなってしまう。
整体師は興奮しながら聞いた。『はあ…はあ。いっちゃった?』
恥ずかしくて顔をそむける。
整体師は満足そうにまた乳首をもてあそび始めた。びくんっ。
まだ痙攣が納まらない体に愛撫されたらたまらない。
『もうだめ…。あ…んん』セーターを無理矢理おろした。
整体師はなごりおしそうに胸をもんでくるが、私は必死で首をふった。
『まだいきたい?』そう耳元で囁く整体師に首をふった。
まだ体のほてりがとれていない体を、なんとかまた感じさせようと、
いろいろしてきていたが、必死で抵抗する姿を見て諦めたようだった。

その後、通常のマッサージをようやく始めた。
街中のマッサージ屋でイッてしまった自分が恥ずかしくなり、
整体師がどこを触っても反応しないように、体を固くして時がすぎるのを待った。
それを察してかサラっと流して『はいっ。終了です。』と言った。
目をあけるのが嫌だったが、仕方なく起き上がり目をあけた。
整体師は後ろを向いてそわそわしていたので、そのすきに衣服の乱れをととのえた。
二時間が経過していたが30分の料金を言ったので、それを払ってマッサージ屋を後にした。
すごく自分が恥ずかしくなったが、帰ってあそこを触ると今まででないくらい濡れていた。
長々読んでいただいてありがとうございました。
この話には続きがあって、その整体師のところに通うことになるんですが。また次の機会に。


アナル・SM・アブノーマル | 【2017-03-02(Thu) 21:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

私の罪・妻の功4

叔父の股間に顔をうずめ、上下させているのは間違いようも無く、私の妻でした。
初めて見る他人の性行為…しかもパートナーは自分の妻です。
厭らしい音をたてながら、必死にフェラチオしていました。
なによりも怒りと嫉妬が、私の心を支配します。
しかし、手を掛けている襖を思い切り開く勇気も無く、私は見続けました。

叔父と妻は無言のまま、かなりの時間フェラをしていました。
叔父が「やめろ」と言い、妻は顔をあげます。
そして叔父はなにやら妻の体を動かし、妻は叔父の顔に性器と
肛門をあらわにして、叔父の体にまたがった状態で、またフェラを始めました。
69の体勢です。

また無言の時間が続き、しばらくすると、叔父は妻に言いました。
「澄江、自分で入れろ。」異常な事態を目の当たりにしながらも、私は食い入るように
覗いていました。
妻は叔父のペニスに手をかけ、自分の体を移動して膣にあてがったのでしょう。
ゆっくり腰を落として妻は大きく息を吐きました。
そして、叔父の体にまたがり激しく上下運動する、自分の妻の姿を延々見続けました。
かなり長い時間見ていたと思います。

妻は小刻みに喘ぎ声を発し、叔父は唸るように息を吐いていました。
「澄江、いきそうだ…」
叔父がつぶやくように言います。
続けて、「どうだ、旦那の存在を近くに感じながらするのは?」と、問い掛けました。
妻はただ首を横に振るのが精一杯でした。
小降りな乳房を揺らしながら、妻はかすかな声を発します。
「カズくん(私の事)の事だけは言わないで…」

叔父はその言葉を無視するように下から突き上げ、さらに妻をよつんばいにして責め
ました。
妻の声は少しずつ抑制がきかなくなり、部屋の外にも漏れそうな程です。
妻の尻を掴んだ叔父が言いました。
「澄江、そろそろ本当にいくぞ、今日こそは種付けするか?」
薄ら笑いを浮かべています。

妻は必死で頭を横に振り、「お願い、それだけはしない約束じゃないですか…」と
囁くように言いました。
叔父は「まだダメか?」と笑いながら、さらに激しく、妻の体が揺さ振られるような
状態で腰を動かし、勢いよく妻の膣からペニスを抜き出して、尻に放出しました。
その後、妻は何も言われないままに、叔父のペニスを口に含み、後始末までしていま
した。
叔父に浴衣を着せ帯を絞めおわってから、ティッシュを取り、自分の尻を拭う妻でした。

叔父の会社の忘年会兼慰安旅行で、私は漠然と抱いていた叔父と妻に対する、
不信感・違和感・不安感という感情を、現実の行為として目の当たりにしました。
叔父と肉体関係を持ち、しかもそれは昨日今日始まったというような、不自然さを感じ
させるものではありませんでした。
ただ、初めて目の当たりにしたその夜の、妻の姿を見る限りでは、決して妻が好んで
叔父との性関係を持っているのでは無い・・・という印象を受けました。

私の先見の明が無いばかりに、会社を債務だらけにし、倒産・・・夜逃げか首を括・・
そんな状況まで陥り、ワラをも掴む思いで叔父に援助を乞いました。
叔父は借金返済のみならず会社整理までやってくれ、私は職を失う事無く、叔父の会社
に雇ってもらう身となりました。
そんな状況の中で、妻は金銭の受け取りなど私の代わりに、叔父と接触する機会が増え、
経理事務の名目ですが、実際は叔父の秘書のような仕事をするようになりました。

夫の私が言うのもなんですが妻は31歳をむかえ、若い女性にはない、熟し始めた色香
を漂わせ、また、子供を生んだことのない体型は崩れることなく、私が初めて妻を抱い
た頃とほとんどかわらない。
小ぶりの胸は大学時代より成長してないまでも、丸み帯びたお尻と、括れたウエストが
メリハリの良い体のラインを強調させる。
また、容姿もずば抜けた美人とまではいかないまでも、人前に出しても恥ずかしくない
・・・いや、正直に言えば可愛い部類に入ると思います。

その妻を、親戚の間で好色として、鼻つまみ者の扱いをされてきたような叔父に、深く
関わらせる事には不安があったのも本心です。
叔父は、二度離婚し、その原因は全て叔父の女性問題でした。
自宅とは別にマンションをいくつか持ち、愛人との多重生活を送る日々だったようです。
女は男の性のためにのみ存在する・・・私がまだ20代前半の頃、親族の集まりで、
公然とそう言い放つ叔父の言葉を何度も耳にしました。

そんな叔父です・・・甥っ子の嫁といっても、その本性を剥き出しにする可能性は否定
できませんでした。
今にして思えば、それをわかっていながら、妻を差し出してしまった・・・
妻と私の生活の為と言い訳しても、実際はそういう事になるのでしょう・・・
話を3年前の旅行の夜に戻します。
叔父と妻の性行為を覗き見した私・・・
叔父は直前まで妻の膣内を陵辱し、最後は尻に放出しました。

それを拭き取るよりも先に、妻は当たり前のように叔父のペニスを口に含み、残った
精液を搾り取るように後始末までしていました。
私とのセックスでは、一度たりともそんな行為をした事は無く、それを求める事もあり
ません。
セックスの後は自分で拭くのが当たり前でした。
妻はそのまま叔父に浴衣を着せ、帯まで締めてやり身支度を整えてから、やっと自分の
尻と膣を拭き浴衣を着込みました。
そんな妻の姿を私は呆然と見つめていたのです。

叔父は時計に目をやり、飲み直すために旅館内のスナックへ行くと、妻に告げました。
私はそのあたりでやっと意識を取り戻したような状態になり、襖を静かに閉め立ち去り
ました。
一人部屋に戻り、眠ってしまおうと思っても、なかなか寝付けません。
その時、私の携帯が鳴りました。
妻からです。

電話口からは、妻の声が聞き取れない程に、カラオケの歌声と人の笑い声が聞こえてき
ました。
その時の私には、自分を蔑み笑っている叔父達の声のように聞こえました。妻は、
「社長があなたも誘えって・・・一階のスナックで二次会してるのよ。会社のみんな
集まってるんだけど、あなた居ないから私心配しちゃったよ・・・」
しらじらしい妻の言葉に、怒りと嫉妬で声を荒げそうになりました。

しかし結局それすらもできず、私は気分が悪いから・・・と断り、妻に一言だけ声を
かけました。
「宴会の途中で居なくなったけど、どうしたの?」
私の言葉に、妻は返答を困ったようでした。
「私も気分が悪くなって・・・部屋で少し休んでたの・・・」
当然といえば当然の嘘が返って来ました。
妻のどんな返答を期待してそんな事を聞いているのか・・・私は、自分自身が情けなく、
「あんまり飲みすぎるなよ。」と声をかけ、電話を切る事しかできませんでした。



アナル・SM・アブノーマル | 【2017-02-27(Mon) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*