FC2ブログ

里奈を陵辱

酔った里奈は、もう平衡感覚を失っていた。
「こっちにこいよ」
同僚の岡崎に引っ張られるまま、
店の外のビルの隙間につれていかれた。
「やだっ、放してよぉ。ねぇっ」
岡崎は無言のままズボンを脱ぎ「しゃぶれ」と命じた。

「いやだっねぇっ。んっもごっ」
嫌がる里奈の口に、岡崎は無理矢理自分の肉棒を差し込む。

「んっー、あっんっ」里奈が抵抗すればするほど岡崎の力が強まる。
「ほら、里奈舐めるんだよ」そう言って里奈の乳首を思い切りつまんだ。
「ああっ」
「痛いだろ?じゃあ舐めろ丁寧にだ」

里奈は手と口で丁寧にさわり始めた。
舌先で筋を舐め、唾液で濡れた手で玉を刺激した。
「はあっ……里奈うまいじゃないか……はあっほら、もっと動かして」
里奈は玉を口に含み舌で吸う。
ぴちゃぴちゃ唾液の音が響く。岡崎は里奈の髪をつかんだ。

「里奈、お前も脱げ」
涙を流していた里奈は顔をあげた。
「もう……いや……」
「もう一度つままれたいのか?次はクリトリスをつまむぞ。
早く脱げ、全部だぞ」里奈はビルの間で全裸になった。
豊かな胸にピンク色の乳首がたっている。
岡崎は里奈の秘部に手をのばした。

「いやらしい奴だ嫌だと言いながらこんなに濡らして」
岡崎は指を出し入れしながら里奈をみつめた。

「ほら、ぴちゃぴちゃ音がしてるぞ」
「ああっんっだめっ」
里奈の顔が歪む。

「気持ちいんだろ?おいっ」
里奈の秘部からは愛液が滴れ、
太ももまでつたっている。
岡崎は里奈の履いていたパンストで胸の周りを縛り
シャツで手首を縛った。

「さあ、この恥ずかしい格好でもう一度奉仕してもらおうかな」
力ない里奈の頭をペニスに押しつけ岡崎は腰を動かしはじめた。

「はあっはあっ」
里奈の口の隙間から息が漏れる。

「里奈、舌も動かしてそう。いいよ」
岡崎の物は里奈の口の中でどんどん硬くなってゆく。
手を縛られ、胸が紐で強調され、
全裸で自分のものをくわえている里奈の姿。

縛りあげられた胸は動く度に揺れ、乳首が足にあたる。
自分の肉棒は、流れる涎で包まれ、里奈が引き抜く度にいやらしい音をあげていた。

「そう、いい子だっ……はあっ……いきそうだ」
筋が固くなり岡崎は一層はやく腰を動かす。
「はっ……里奈動くなよ」
そう言うと、岡崎は一気に引き抜き
里奈の顔にむけた。

「うっ……」
精液は里奈の顔面にいきおいよくかかりどくどくと流れていく。
自由を奪われていた里奈は
精液にまみれそしてそのまま横たわった。
べっとりとこびりつき、目もあけることができない。
哀れな姿を横目に岡崎はズボンをはき里奈の上にまたがった。

「手首をほどいてほしいか?」
「はい……」
「服を返して貰いたいか?」
「お願いです。返してください」
「わかった……。その代わり、これからは俺の言うことを全部きくんだいいか?」
里奈は目を閉じ「はい、わかりました」と言った。

職場の同僚に支配されるということをこの時まだ里奈は分かっていなかったのだった。

里奈はそれから岡崎の言うなりになりました。
ここで全部告白しようと思います。
岡崎に無理矢理フェラをさせられた夜から初めての出勤の朝
会社に一番につく私は、更衣室のロッカーに貼ってある写真を見て体が震えました。

「何これ……」
写真には裸で体を縛られ顔が精子まみれの自分が写っていました。
「おはよう」
その声と同時に私の胸がつかまれ、一気にその手がブラの下まで入りこんできます。
「あっ……」
振り替えると岡崎でした。

「さあ早速聞いてもらおうかな。写真は俺のネガにはいってるんだ。意味わかるだろ?」
「お願いだからやめてよ。岡崎あんたがこういう人だと思わなかった」
岡崎は無言でスカートをめくってきました。

「やめてっ……」
スカートを捲り上げると「ショーツとブラを外せ」と言いました。
私はもうどうしようもないことを悟り自分でショーツを下げブラを外し
岡崎の前に再びおまんこと乳首をあらわにしました。
「お前はいつもその格好で会社にこい。

破ったら写真はばらまくからな」
そう言って彼は下着をもって出ていきました。
その日里奈はノーパンノーブラで昼まで過ごしました。
ブラウスからはたっている乳首がはっきりとわかり、
自分でそれを見る度にお○んこが熱くなります。
昼になると資料室に呼び出され里奈は次の命令をされました。

「足を広げて。そう……いやだなぁ濡れてスカートに染みがある。感じたのか?」
「もういいでしょ?」
「これからだよ里奈。お前は毎日俺のおもちゃのように動くんだ。
もっと足を広げろ!ま○こに餌を与えてやろうな」
里奈はよくわからぬまま何かを体にいれられました。
これだけじゃなぁと言って岡崎はお茶を胸のあたりにたらしました。
ブラウスがぴったりと肌にはりつき一層乳首が鮮明になります。

「さあ午後の仕事だよ。まんこの中の物は抜くなよ」
それから里奈の地獄が始まりました。
里奈が書類をまとめているといきなりまんこの中の物体が振動しだしたんです。
岡崎っ……と見ると彼がスイッチをもってこっちを見ています。
里奈は震えるローターに次第に感じてしまいます。

「はぁっ……」少し声が漏れてしまう。
岡崎はそれを見てバイブを早くする。
里奈のお○んこは汁をたらし放題になり、濡れて透けた乳首がたってくるのが目に見えました。

(ああっ声がでちゃうの……お願いとめてっ)
里奈は懇願の眼で必死に岡崎をみましたが、バイブを強くしたり弱めたりされ……
(みんなが気付くかもしれないどうしよう)
この気持ちが更に喘ぎ声をださせるんです。
里奈はがまんしきれなくなり、岡崎にメールを入れました。

「なんでもするから今これを止めて下さい」
「なんでも……なんだね」
と返事がくると同時にローターがとまりました。

里奈の股はもうびしょびしょになりノーパンなので椅子が液で白くなり
立ち上がることすらできません。
座ったままでようやく仕事が終わりました。
その時もう又岡崎の命令を聞かなくてはならないのはわかっていました。
彼は一緒に帰るんだと言ったのでおとなしく従い電車にのりこんだんです。

「ああっ……」
満員の電車の中で岡崎はまんこに指を入れてきたんです。
始めはゆっくり……それから素早く掻き混ぜてきて……
ねちょねちょ音がするのがわかります。
指はクリトリスに移動しみるみる里奈のクリは大きくなりひくひくするんです。
里奈はノーパンなのにもものあたりまでスカートをめくられました。

(恥ずかしいよぉ……やだぁ……やだよぉ)
でも里奈のまんこがきゅっと締まり岡崎の指を離さないんです。
そのうち気付いた隣の男も加わってしました。
ブラなしの胸を揉み出し時々乳首をこねてくる……。
里奈と岡崎の乗り換えの駅までその行為は続き
降りた時には里奈はエクスタシーの寸前だったのを覚えています。

「この淫乱女……」
岡崎がぼそっと言いました。
確かに里奈は感じていたんです。
岡崎に責められて恥ずかしい……でも濡れてしまう……。
その証拠にはいていたスカートは失禁したかのようにぐしょぐしょでした。
別れ際に「明日も下着はつけてくるなよ。
パンストだけはいてこい」
そう言って地下鉄に消えていきました。

その日から……里奈は下着をつけて出勤したことは一度もありません。
毎朝電車の中で犯され続け会社の資料室ではオナニーをトイレではフェラをして、
岡崎の心ゆくまで奉仕をさせられています。
全裸でトイレに繋がれたこともあります。
里奈は多分もう本当の淫乱女かもしれません。
また明日も……岡崎の肉棒が電車の中で入ってくるのでしょう。

つづき
;



その他 | 【2018-02-07(Wed) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

た、太陽は大きいんだからねっ!

       、、;;;"゙;;  ← 吹き上がるプロミネンス、地球の直径の10倍以上はザラ!!
      ((  ゙゙ゞゝ
::ヽ、   、、ノノ゙
:::::::::\、、彡"゙    o← 地球の大きさはこれくらい
   :::ヽ"
    :::゙、
    :::::|           、__l__ |フ_旦_   ー‐ヽヽ_/_  __ _|_ヽヽ
     :::|             /\  |>/i-i-i  ―┬   / /    /  _|_
 太陽  :|           / ヽ \_|ノノノ   /   / /   /\   |
     ::::|
     :::| < オッス!おら太陽!
    ::::::|
   ::::::::|
 ::::::::::::/                  | ̄ ̄|  | ̄ ̄|  / ̄l
::::::::::/                      / |   |  \/
:::::イ"゙                     /  |__|  _/
-"゙゙::j!
  ゙"
    プププ、太陽小さすぎ馬鹿じゃねーの?   太陽を見下しているケンタロウス
              V                   (太陽の100倍の直径)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙゙゙゙̄‐‐‐‐----、、、、、、、、___      ↓
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                   ゙゙゙゙゙‐‐‐‐‐----、、、、、、、、_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                                     ゙゙゙゙゙‐‐‐‐‐----、、、
:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::

  ・ < ワシも若い頃はデカかったんじゃ
  ↑
 昔を懐かしむブラックホールさん(年齢100億歳)
--------------------------------------------------------------------------------

::::::::::::::                      IRS5
::::::::::::::::::::::::::::               10600 (148億km)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ←IRS5
...
、::::::.............                   Sドラドゥス
 ゙`"─-::.::::........              2000 (28億km)          ........::::::::::::::::-"  ̄
      `─--?__::::::::::.....          ......::::::::___?--─ " ̄ ↑
        ヽ:::..       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     .::γ    Sドラドゥス
         `、;;:::....                         ..:::::::、:”
           \::::::::....        ミラ          ..:::::::/
            `・、:::::..    500(6億9700万km)  .::::、;・′
             l::..` ー-?______ ?-─ "´.:l
             '、:::::...                  ..::/
              `、::::......    アンタレス    ...::::::;;′
                ・、::::: 390(5億400万km) .::::,′ ←太陽を見下しているアンタレス
                  “ー-?____ ?-‐”             (太陽の390倍の直径)

                         .
                        ↑             .←木星はこんくらい(14万km)
                    太陽 1(130万km)       ←地球はこれ(1万2000km)

、__l__ |フ_旦_   |  _|_|_ __  _|_ヽヽ     | ̄ ̄|  | ̄ ̄|  / ̄l
  /\  |>/i-i-i  / |ヽ  | |    /  _|_          / |  |  \/
_/ ヽ \_|ノノノ   /    /  /\   |          /  |__|  _/

--------------------------------------------------------------------------------

:::::::                     Sドラドゥス                :::::::::_、.、‐"
"‐-、、::::::::               2000(28億km)          ::::::::::_、、-‐"
   ``ヽ-、.、_:::::::::::::                     :::::::::::::、、:、、-ヽ"
       ```'−-、、、、:_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、、、、、、-‐''‘
          ゙、.`゜`''':…‐:--.-::::::、、、.:::::.、、、、.::::-.--:‐丶'"゛゙` ::、"
             `i、:                        :、"
              \::                    :.:、:l
              ゝ`'-、.:       ミラ       :.:、、'´::/
              ゙. `'‐、.:.:  500(6億9700万km):_/  :l、
              `'.   `ヽ-、、、、:..`:::::::、_、、-‐"  ::.ノ
             ヽ:     ``゛"'':'''''''''"`″     ::、/
                `-、      アンタレス    :.、/
                 ``、、  390(5億4000万km)..:、/
                   `'ヽ、、.         _、.-'"
                      ^"ヽ‐、-::---:ー""`

                           。   太陽
                                1(130万km)

      / ー┬         |  ll  \    ll _/__  ├  /  ナ-      ナ―
    /| 口 |  ー┼┐\  |/  -―、   ̄フ _/__   |  <   / ├     /   ̄"
      |   J   / /   ∠__  __ノ   (__  (_ノ ⊂)ヽ \   ⊂)ヽ つ /  ー―

--------------------------------------------------------------------------------

             小マゼラン星雲              __
 ̄ ̄`――-、__  (太陽の600億倍)  __、-――
            ̄ ̄ー―――' ̄ ̄
               ∧
           マゼランマゼラン~!

         _、、、、、、、、_
       /`  `'i、
IRS5    |     l   <うはwww俺w様w最w大wwっうぇwww
       ゙l、    /
        `'ー---'"
(太陽の1万倍)

アンタレス    o  <プwデネブ小さすぎワロスw
(太陽の250倍)

デネブ      。  <デネブデネブ~!
(太陽の60倍)

太陽       .  <たいようたいよう~!
(直径13万km)

  プププ、恒星小さすぎ馬鹿じゃねーの?     恒星を2000億個含む我らが銀河系
              V                 ↓(太陽の6000億倍)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙゙゙゙゙゙゙゙̄‐‐‐‐‐‐‐-‐‐‐‐-‐--------、、、、、、、、、、、、、、_____
--------------------------------------------------------------------------------
太陽系の広さについて
                    、、
                    i|
                    i|
::ヽ    ゝヾ゙゙ゞゝ       、、、-‐ー-、、
:::::::\、、彡"゙  ヾノノ      、i" .i|   ゙::i、
   :::ヽ"   ゞ;;;      i゙   i|   :::::i
    :::゙、          !   i|   :::::::i\
    :::::|          ゙i、、   i|   :::::::iτ゙、\
     :::|          ゙i、  i| :::::::::::/\\ ゙、、-‐-、、
 太陽  :|           ヽ___i|_、;;/   、、\   :::゙i、
     ::::|             ゙i|       、i\\   ::::i
     :::|             .i|       i  ヾ\ ::::::!
    ::::::|              !j       ヽ、 \゙r、:/、\
   ::::::::|                木星     ゙ー-ヾ\__i i
 ::::::::::::/  o  O   ○   〇             ゝ___、ノ
::::::::::/ 水星 金星 地球  火星                土星
:::::イ"゙
-"゙゙::j!

太陽の直系を1センチのビー玉とすると
太陽から水星まで41.5cm、金星まで77.7cm、地球まで1.07m、火星まで1.64m、木星まで5.59m
呆れた事に、土星まで10.26m、天王星まで20.65m、海王星まで32.36m、冥王星まで42.5m
因みに同じ割合で行くと我々の銀河系の直系は680万km!!
--------------------------------------------------------------------------------
                   、、、、--、
                、、/ フ丿
        、、、、r―-、、、、./、//
      .、、ll゙”;;;;;;    !レ.、、/        O ←地球の大きさはコレくらい
      /゜;;;;;;      /
     、!;;;;;;;;     /゙`;|`
     !;;;;;;;;;;   /  ;;;;;l゙
    、."、;;;;;;;;;::::;/  ;;;;;;;;;、ノ
  .、x'゙'/、、、、、/ ;;;;;;;;;;;;;;;、、r°
 、、' /r"、/-、_;;;_.、、、-''″
:/ i_//
..!、二‐'"
                                 __
    _l_       _           |      |__|
   ―┴┴―    / /|  |   __|__   |__|
    |二二|    /ヽ/ |   |/     |    ノ―┼―
    |__| l l   /  |\ /      |    .―┼―
   / L___/   /   |  |__ ___|___ー―┴――

                   ヽヽ
       ̄ ̄ ̄/    ̄ ̄ ̄|     ̄ ̄ ̄/
         /     |       /
        /\       |      /\
     /   \ ___|    /   \
--------------------------------------------------------------------------------
            、、
            ゚
           、、、
          o"  < オーイ

       //
       ○     < ハレー彗星だよー

      /
              /
     "、、
    /       /
   /      、、"
  、/  ヽ"  /
  l^ω^l /
  ヽ_ノ"     < 76年ぶり!!元気!?

   //
   ○      < また会えて嬉しかったよー!

   、、、
   o"      < ジャーネー
  、、
  ゚
--------------------------------------------------------------------------------
 ̄|~~~~~~~~~~~~
::::::|
::::::|         __
::::::|8848m    ヽlノヽl ヽノー―
::::::|//ヽ     ヽー|― ヽ_/エ/_
::::::|/ Y\    //|\  //エ/
::::::| |  ::::ヽ          __  __
::::::|/ \ ノ^\       ___ __  ̄ ̄| ―|―、  ̄ ̄|
::::::|      \  3773m   |      |    /   | |   /、
::::::|:::::::::.      _ _    ノ     ノ   ノ   / / / \
::::::|        //^ヽ\
::::::|[チョモランマ]/~~~ \   マリアナ海溝
::::::|    / [富士山] \   10920m
::::::L                     ↓
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


その他 | 【2018-02-07(Wed) 05:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

最も可愛い画像

                   &#9698;&#9612;
                 &#9698;&#9700;▼
               &#9698;&#9700;  &#9613;
 &#9701;&#9606;&#9605;&#9605;&#9603;&#9602;&#9602;&#8215;&#9602;&#9602;&#9644;&#9698;&#9700;━&#9701;&#9699;&#9602; &#9613;
  &#9600;&#3656;&#9600;&#9699;&#9602;     &#9603;&#9603;   &#9605;&#9612;
      &#9701;&#9699;&#9602;   &#9616;&#9605;&#9610;  &#9642;&#9701;&#9610;&#9699;
      &#9698;&#9700;  &#9619;&#9619;   &#9701;&#9607;&#9700; &#9619;&#9613;
      ▲    &#9602;&#9698;&#9700;&#9699;    ▼
    &#9608;&#9608;&#9605;&#9602;  &#9698;&#9700;&#9600;   &#9616;&#9700;
     &#9616;&#9603;           &#9613;
    &#9608;&#9608;&#9605;&#9603; &#9701;&#9699;&#9602;   &#9698;&#9700;
    &#9698;&#9700;▼    &#9698;&#9613;  &#9602;&#9698;&#9700;
  &#9603;&#9606;&#9600; &#9701;&#9699;&#9603;&#9602;&#9603;▲&#9603;&#9698;&#9700;&#9616;
 &#9698;&#9700;&#9701;&#9699;&#9603;&#9602;&#9602;      &#9613;&#9698;&#9613;
  &#9600;&#3656;&#9600;&#3656;&#9600;▼ &#9614;   &#9602;&#9698;&#9699;
     &#9614; &#9613;&#9603;&#9698;&#9700;  &#9612;
     &#9613; &#9600;&#3656; &#9603;&#9698;&#9699;  &#9616;
    &#9616;&#9602;&#9698;&#9700;&#9600;&#3656;  &#9612;  &#9613;
           &#9616;   &#9614;
         &#9613;  ┃
           &#9613; &#9698;&#9700;
            &#9701;&#9700;



その他 | 【2018-02-07(Wed) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

続続28歳Fカップ、地味でおとなしめの奥さんと

釣りだったの?!信じられない
去年ずいぶん楽しみに読ませてもらってたけど、途中から読めなくなったので気になってます
私も持ってるところうpしますので、誰か続きをお願いします!!!

け、結局頑張ってまとめましたのでうpしますが…痴女さんにはもう間に合いませんね…スンマッソン…
せっかくのリアでしたのにね。

某年5月16日
例によって妻は仕事。俺、のんびり洗車。
窓から俺の様子が見えたらしく、奥さんからケータイに電話です。「今ならちょっとだけ、いいことありますよ」だって。
ほいほいと伺ったっす。平日なので、団地は閑散としてるっす。
ドアをそっと開けると、小声で「いらっしゃいー」。
玄関に正座でお出迎えして下さった奥さんは…ぜ、全裸!
耳まで真っ赤になりながら「どう?ちょっと嬉しい?」って、ちょっとどころではない。
これから出かけるので、着替えようとしたところだったとのこと。
「だから、入れちゃだめですよ」
「えー…じゃ、」
「しゃぶってあげます」
ジャージ脱がされて、ぱく。
だいぶ上達した、気の入った攻撃で、あれよあれよと追い詰められる。
気を逸らそうとおっぱいを揉んでみました。
「んん…ふう」
しかしそのふわふわの感触、くねくねと身悶える様子が見事に逆効果となり、たちまち臨界。
苦し紛れに、勃起した両方の乳首をぎゅうっと摘まみ上げながら、どくっ!と発射しますた…

そしたら、乳首摘まんだのがいけなかったらしい。
「ふうっ、ああっ…!」顔を歪めた奥さん、びくんっ!と仰け反って、チンチンを口から離してしまわれました。
勢いよく飛び出た精液が、奥さんの顔面を直撃!
しかも、「わ…」と、びっくり顔の次の瞬間、「…はぁぁ」って表情がとろけたじゃないですか。
続けざま眼鏡に、額に、唇にとぶっかけるたびに、あ、あっと小さく悲鳴をあげ、ぶるぶるっと震えるじゃないですか。あとで聞いたら、これやはり軽く逝っておられたらしい。
溜まってた濃厚なザーメンを顔中に浴び終えた奥さん、俺の腰に抱きついて、むさぼり吸い尽くすように、お掃除です。た、たまらん…

当然、たちまちまた完全勃起です。
チンチンの仕上がり具合を蕩けた表情で確認された奥さん、立ち上がりました。
「もおー…こんなに凄いのかけられたら、眼鏡が傷むじゃないですかー」
眼鏡外して上目遣いに俺を睨む、精液だらけの顔。
「いやごめん、こんなつもりじゃ…」
言い訳する俺に、目線はそのままの奥さん、顔にべっとりついた黄ばんだ塊を指ですくうと…
大きなおっぱいに、ぬるぬるぬるぬる塗りつけるじゃないですか!何てことするですか!
「あの…奥さん?」
「ん。なんですか…?」
首を少し傾げ、俺を見上げながら、奥さんおっぱいを揉み続けます。
その腰を抱き寄せようとしましたが、奥さんすうっと後ずさる。

「…シャワー浴びよ」と呟いて、風呂場に入る奥さん。
もちろん服脱いで追っかけ、シャワー浴びながら立ちバックで合体っす。
最後に奥さん振り向いて、今度は自分から「顔にかけてっ、さっきみたいに…っ」
がくがくがくがくっとラストスパートから、すぽんと抜いて、また顔射。
流石にさっきほどの勢いはないけど、半開きの口や可愛い鼻の頭にびゅびゅっと…
「…っ! ああっ!逝くっ…!」
俺のチンポが脱出したばかりの股間を両手でせわしなく弄りながら、奥さんどうもそれで逝けちゃったそうですた…。

この、裸でお出迎えのパターン、奥さんにとっては刺激的だったんですけど、そのせいで「電話しながら」の目に遭うことになったわけでした。

Cカプの痴女さん、こりずにまたお出ましください…
ああまたこんな時間 まだパワポできてない
…本日以上っす。おやすみー



その他 | 【2018-02-06(Tue) 05:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

人は不合理、非論理、利己的です。

気にすることなく、人を愛しなさい。

あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。

気にすることなく、善を行いなさい。

目的を達しようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう。

気にすることなく、やり遂げなさい。

善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう

気にすることなくし善を行い続けなさい。

あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう

気にすることなく正直で誠実であり続けないさい。

助けた相手から恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。

気にすることなく助け続けなさい。

あなたの中の最良のものを世に与え続けなさい。

けり返されるかもしれません。

気にすることなく、最良のものを与え続けなさい。

気にすることなく、最良のものを与え続けなさい…。


あなたは、あなたであればいい。


(「世界平和のために何をしたらいいのか」と聞かれて)

帰って家族を大切にしてあげて下さい。


この世で最大の不幸は、戦争や貧困などではありません。

人から見放され、「自分は誰からも必要とされていない」と感じる事なのです。


銃や砲弾が世界を支配していてはいけないのです。

世界を支配していいのは、愛なのです。


100人に食べ物を与えることができなくても、

1人なら出来るでしょ?


この世界は食べ物に対する飢餓よりも、

愛や感謝に対する飢餓の方が大きいのです。


神様は私たちに成功してほしいなんて思っていません。

ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。


いずれにせよ、もし過ちを犯すとしたら、

愛が原因で間違った方が素敵ね。


どんな人にあっても、まずその人のなかにある、

美しいものを見るようにしています。

この人のなかで、いちばん素晴らしいものはなんだろう?

そこから始めようとしております。

そうしますと、かならず美しいところが見つかって、

そうすると私はその人を愛することができるようになって、

それが愛のはじまりとなります。
私たちは、この世で大きいことはできません。

小さなことを大きな愛をもって行うだけです。


世界で一番恐ろしい病気は、

孤独です。


もし貧しい人々が飢え死にするとしたら、

それは神がその人たちを愛していないからではなく、

あなたが、そして私が与えなかったからです。



その他 | 【2018-02-04(Sun) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*