FC2ブログ

お人好しの彼の修羅場

ごめんなさい。遅れました。
未成年者飲酒って事ですが私は下戸&アレルギー持ちなんで呑めません。
周りは皆当時20歳以上です。って
後付けでスマソ。

もういっちょ投下。

私子(23:会社員)
彼男(30代前半:会社員)
元美(30代前半:前彼女)

彼男とは約3年間の付き合いで半同棲状態。
結婚も視野に入れていました。
彼はお人好しにも程が有るってくらい優しいんですが、
元美の話題(しかも崇拝&美化系)をしょっちゅう出してくるんで
私の方からもあまり気分の良いものではないと度々伝えていました。

私は学生から社会人になり新米ながらも大きな仕事に携わることになり、
中々二人で過ごす時間が少なくなっていったのですが、
これも将来の為と思い頑張っていました。

続きます。

そんなある日。
いつものように休日出勤を終えて彼男に連絡する私。

私子「彼男?今終ったよ~」
彼男「おつかれ~。今友達と呑んでるからこっち来なよ」

というワケで会場となってるカラオケへ。
私は前からある程度紹介されていたので
すぐ打ち解けたんですが・・知らない女性がいる。
なぜか彼は紹介しない。彼女も私を完全無視状態で黒夢入れて歌ってます。
私は「あの人は?」と聞いても
「後で」といって違う席に行こうとするので引き止め、もう一度確認。
それが元美でした。

その時は何事もなく会もお開きとなったのですが、
最後までほぼ完ムシ状態だったのが気になりました。

続きます。

途中まで投下してしまったorz
忠告ありがとう。そしてごめんなさい。

カラオケから3ヶ月後。
相変わらず忙しく、そんなこともすっかり忘れていた頃。

その日は友人との呑み会に参加していたはずの彼が
突如私のところへ(しかも平日夜明け前)
しかも匂いが呑み会特有の匂いじゃなく、
なんとなくシャボンのにほひが。

気のせいだよね?と思いながらも
手はついつい彼男の携帯へ。
やっちゃいけないことなんですけどね・・。

続きます。

携帯は特にロックもかかってませんでした。
受信ボックスにはそれらしいものが無かったので
送信ボックスを開いてみると・・出るわ出るわの元美へのラブメール。
曰く、「また会いたいな(ハァト」
曰く、「早く元美たんに会いたいよ~そうだ今度旅行しない?
    会社も休んじゃってさ(ハァト」
等々、頭が痛痒くなってくるようなメールが・・。

見た直後は裏切っていた事にショックを受けましたが、
「会社を休んで~」の下りに社会人として猛烈に怒りが。
なんだこのオコチャマは?って感じです。

とりあえず彼が起きる前に元美宛の送信メールを転送。
ついでに私子、彼男、元美共通の友人に連絡を取りました。

続きます。

翌朝、彼男はほっといて出社。
早めに残業を切り上げ、友人に相談(という名の根回し)後
帰宅途中に彼男からの連絡を受けました。

彼男「おつかれ~。ねえねえどうして今朝は起こしてくれなかったの?
   私子は急いでたのかな?」
(オカマっぽいんですが、彼男はこういう話し方でした)
私子「・・・ごめん。メール見た。とりあえず今はあまり話したくない」
彼男「!!!」
直後電話を切ったのですが、着信の嵐。
着信に出ないとわかると今度はメールの嵐に。

続きます。

紫煙ありがとう。
昨日の484です。
お昼休みなんで続き投下。

メールは所謂言い訳にも程遠い内容で
「元美の相談に乗っていただけ」
「体の関係はないよ」
「今は反省してる。だけど元美が可哀想で云々」

私としては隠れて会っていたのが気に食わなかっただけで
体の関係は現場を確認できなかった以上
知ったこっちゃねーって感じだったんですが、
「元美が可哀想」って言葉に引っ掛かったので
ひとまず電話。

彼男「私子ちゃん、ごめんねごめんね。でも本当に体の関(ry」
私子「別に貴方達の肉体関係の有無はどうでもいい。
   つか『可哀想』って何だよ?」
彼男「それは彼女がくぁwせdrftgyふじ(何かモゴモゴ言ってる)」
私子「電話じゃ埒が明かないからとりあえずこっちに来な。
   ついでに彼女も連れて来いよ。『お可哀想な』彼女をな!」
と言って呼び出し。

続きます。



んでもって1時間後に集合。
彼女は・・バックレですorz
エグエグ言ってる彼男から聴取開始。

彼男「ごめんねごめんね(ry」
私子「・・あのさあ、ただ単に謝られてもこっちは困るだけなんだよ。
   申し訳ないけど今貴方には怒りよりも軽蔑しか沸かない。
   わかる?元美、今既婚者なんだよ?
   私が人の女房や旦那に手を出すことだけは
   絶対にやっちゃいけないと言ったことは覚えてるよね?
   それを貴方はやってしまったんだよ。だから・・」
彼男「だって、だって・・元美は可哀想だったんだあああ!!」

はい、ここでプチンです。

私子「てめえ、何が可哀想だってんだ?
   元美はお前と付き合っている時二股、不倫をしてたヤツなんだぞ!
   てめえがお花畑にいるのは勝手だが、
   そんな女は世間から見たってクソにしか見えないんだよ!」
彼男「だって彼女は脅されてたんだもん!!」
私子「は?んじゃ言ってみろ!そいつをよ!」

続きます。言葉遣い悪くてすみません・・。

そこから聞き出した元美事情。

・自分(彼男)と付き合っている時、
 彼女は職場上司から縁故入社をネタに脅され不倫関係を強要される。
・彼女は嫌で嫌で仕様がなかったが、どうすることもできなかった。
・それに自分(彼男)気づいてやれなかった。
 だから僕達は引き裂かれたも同然で云々~
彼男「わかってくれるよね?」

はい、ここでもう一度プツンです。

私子「どーいう事情があったにせよ過去は過去で
   もうお互いパートナーがいるじゃねえか!
   それをお前らは終わった話を掘り出して可哀想な二人って
   ネットリウットリしながら体の方もネットリくっつけてたってのか。
   そりゃーさぞや気持ち良かっただろうなあ!ww
   どうよ?○年ぶりの元美のマムコは?ww」
彼男「違う!僕達は・・」
私子「つか不倫強要とか言ってるけど、ホントーに嫌なら
   よっぽど立場の弱い女以外そんな関係継続しねえぞ?
   大体元美のコネ元の方がその不倫上司より上の立場じゃねえか!!
   自分が気持ち良くなる為に続けてただけなんだよ、そいつは」

ちなみに私も別件で不倫強要されたことがあり、
その時は断固として断ったことがあります。
彼男もそれを知っています。

続きます。次でラストかな。

同じような経験者からの意見に
彼男もちょっと気づいたようです。バカだな。

彼男「・・確かにそうかもしれない。でも彼女が僕だけにって・・」
私子「そういう所につけこまれてるんだよ。
   お前『自分だけ』って言葉に酔ってない?
   そういう類の女はみんなそう言うんだよ。『貴方だけ』って
   違うと言われても私にはそうとしか見れない。
   そして同じ女としてそんなヤツは屑、売女って言うんだよ。
   お前、そんなヤツにどんだけ舐められてんの?
   つか旦那が可哀想だよ。今から言ってやりたいくらい」
彼男「!!それだけはやめて!!」
私子「プッww一応自分のした事はわかってんだな。お前の立場わかる?
   間男ってヤツだよ。慰謝料取られてそんな不良債権女を
   抱え込むワケだ。私は結婚もしていないのに間男の女なんて
   恥さらしたくないのでここで降りるわ。今までありがとね~」
彼男「ごめんなさいごめんなさいくぁwせdrftgyふじ(ry」

土下座モードに入りそうになった彼男を立たせて
部屋から放り出してやりました。
凄い声が聞こえましたが、無視。
着信も凄かったですが、無視。
「死んでやる」「私子だけ」といった顔文字付大量メールも無視。

で、終わりました・・と言えればよかったんですが、
あまりに激しい謝罪メールに一度は許そうかと思い
再開したものの元美の影がどーしても気になって1ヶ月持ちませんでした。
軟弱だなー自分orz

元美が現れなかったのでgdgdな展開になった上、
長文失礼しました。以上です。

人格が変わったようだwww

乙でした。
向こうの旦那にばらしちゃえば良かったのに。

お、乙でしたーw
やれやれ。

乙でした

バラしたい所だが、元彼の逆恨み恐いししつこくストーカーして来るなら脅しとしてバラすぞ、
って言う程度にしといた方が良いだろうな。

ばらすべき
それが武士の情け
もしも種不明の子供を妊娠したらどうする?
資料を送付して不幸の種を根絶やしにせよ

匿名でな

おお!待っていた甲斐があった。すごい修羅場だ・・・
乙。

元美の夫にチクってやったほうがいいよー。

乙!
いきなりキャラが変わっててビックリした

レスありがとうございます。
キャラ変わりと言われても仕方ないのですが、
2番目の修羅場の喋りがどちらかというと地ですww
ストーカーの時は若かったっていうのもありますが、
どう対処していたのか困っていたので
後手後手な感じになってしまいました(小心者)

旦那に通報は今だったらしているところですが、
当時はそこまで頭が回らなかったのと
怒りというより軽蔑の感情が上回ってたんで
こいつらの茶番劇に関わりたくない・・という気持ちが大きくて。
やっぱり若いし甘かったんだな自分orz

ありがとうございました!

関連記事


純愛・恋愛 | 【2017-07-29(Sat) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*