FC2ブログ

少年実話18

彼女は美人でした。ビックリするほどの美人でした。
お店で会った数日後、偶然にも全然関係のない場所で彼女と
会ってしまいました。代官山の某レストランで打ち合わせの最中に
商談相手が「イイ女が来たよぉ~。」と言うので振り返ると彼女が
女友達?2人と隣席に案内されているところでした。
あっ!と一瞬で気付き、彼女の方は軽く会釈をしてくれましたが、
俺はセオリー通りに知らん顔をしました。打ち合わせも終わり、
食事を注文しようとした時、商談相手が「あの子達に声掛けようよ!」と
隣席の彼女達に近寄って行き、話しかけていました。(オイオイ!!)
一瞬で意気投合?した様子で、一つのテーブルを囲むハメになりました。
彼女以外の女の子は楽しそうに彼と会話していました。
彼女と何度か目が合いましたが、やり難そうな俺を見て笑っていました。
どう見ても、彼は”彼女狙い”で、仕切りに何度も彼女を見ていました。
2次会の話しになった時、彼女は友達に「帰ろうよ。」と言いましたが、
友達2人は聞く耳を持っていませんでした。渋々、2件目へ移動中に
「人の事は気にせず、適当に消えればイイよ。」と俺が言うと、彼女は
「助かる。あと、お願いね。」と言い、帰りかけましたが、俺達の会話が終わるのを
見計らうように、彼が来て「A子(彼女)ちゃん、こっち。」と彼女を強引に連れて行きました。
2度目の乾杯後、「A子ちゃんは、普段、何やってる人なの?」と彼が質問しました。
彼女は「ソープで働いていますが、何か?」と凍りつく様な答えを言いました。
彼は大笑いしながら、「面白いねぇ~A子ちゃん。」と言い、友達2人は、
顔が引きつっていました。彼女は笑顔で「ホントですよ。」と言い返しました。

「ちょっと。」「A子。やめなよ!」と友達の2人が彼女に言いました。
「ゴメンね。A子ちゃんに興味あって…イヤな事聞いてしまって。」と
彼がフォローしましたが、彼女は「いいえ、気にしてないですから。」と
俺の方を見て笑いました。かなり、卑屈な性格をしていました。
今度は、彼女が彼に「私とヤリたいの?いくら出せるの?」と聞きました。
彼は「いやいや、ちょっと待ってよ!そんな事言ってないよ~。」と
動揺しながら、俺に救いを求めて来ました。(藁)
「タテマエは嫌いみたいやから、幾らか言うてみたら?」と俺は言いました。
彼も友達も唖然としてこっちを見ていました。彼女だけが笑っていました。
彼は堪らず「君だったら、10万で焜Cイかなぁ~。なんてねぇ~。」と口走りました。
彼女は立ちあがり「イイよ。行こうよ!」と彼を連れて店を出て行きました。
2人が居なくなってから、残された友達が「知ってたんですか?」と俺に
聞くので、「前に1度だけ会った事があるよ。」と言うと、彼女の事を話し出し
過去、2回連続で男に騙され、大金を持って逃げられていて
「男はいつも、私を騙すの。だから、男は信用しない。」が口癖になっている
可愛そうな子と説明してくれました。1時間後、友達2人をタクシーで送り
自宅近くのコンビニで買い物をしていると、彼から電話がありました。
「いやーぁ、彼女、最高ですよ。マジ、惚れました。」
「これからも、チョクチョク会ってくれるって約束しました。」
浮かれていました。「はいはい。」と相槌をして早々に電話を切りました。
翌朝、見知らぬ番号で携帯に電話がありました。彼女からでした。
「昨日の私、カッコ良かった?」と言うので笑いました。「自虐的やな。」と
答えると彼女は「イイじゃん。別に自虐的でも…。」と言いました。
何故、俺の携帯番号を知っているのか?と質問したところ、
昨晩、彼が寝ている隙に、携帯のメモリーから調べた。と言いました。
怖い女でした。「彼とは、お金が貰えるから、お仕事としてシタだけ。」と
彼女の言い分も理解できるので、それ以上、関るのは止めようと思い
電話を切りました。しかし、その3ヵ月後、最悪の結末が待っていました。

「最近、代表が会社に来ないんです。業者さんへの支払も遅れがちで…。」と
彼の事務所に行った時、社員の子が俺に言いました。
まさか!と思い、彼に連絡を取り、自宅に呼び出しました。予想通り、
目も虚ろで彼はボロボロになっていました。直接的な話は避けていましたが、
彼が「俺達、今、付き合っているんです。」と言い、彼女の事を真剣に
考えている。と付け加えました。どうも、一人相撲の様子なので、
非情とは思いましたが、その場で彼女を呼び出しました。
「彼はそう言ってるけど、どうなんや?」と確認しました。すると彼女は
「付き合ってないよ。」とハッキリ答えました。彼は「嘘だろ?」と聞きなおしました。
「2日に1回のペースで誘ってくれる、一番イイお客さん。」と現実を突き付けました。
彼は怒りだし、「お前に幾ら使ったと思ってるんだ!!」と怒鳴りました。
彼女は、「知らないよ~そんな事言われても!」とソッポを向きました。
彼が「な、付き合ってるだろ?俺達?」と食い下がると彼女は、
「お金貰わなかったら、○○さんとは、会ってないよ!!」とトドメを刺しました。
「どうして、そんな事、言うんだよ!オイ!」と彼女を押し倒し、テーブルの上に
あったリモコンで殴り始めました。慌てて止めに入りましたが、彼女の額から
鮮血が流れていました。「気が済んだでしょ!!」とそのままウチを出て行きました。
彼は男泣きをしていました。「俺は何やってたんだろ?」とポツリと言い残すと
彼もウチを出ていきました。掛ける声も見当たらず、ただ、見送りました。
その4時間後、彼の奥さんから、交通事故を起こしたと連絡があり、
病院に掛けつけました。彼は、自ら高速の中央分離帯に突っ込んだらしいと
事情を聞きました。彼は左足の指を3本失いました。

彼の奥さんから、「あの人、ここ最近、変だったんです。何か知りませんか?」と
質問されましたが、「分りません。」と答えると、奥さんは寂しそうに
「事故の直前に主人の携帯から○○さんに掛けた形跡があったので…。」と
言われました。俺は「彼とは5時間前に会い、仕事の話をして帰りました。」と
締めつけられる思いで答えました。彼の意識が戻る前に病室を後にしました。
彼はモテる男でした。仕事もカナリできました。ちょっとした”錯覚”で
借金を背負い、自分の体の一部を失いました。正直、責任を感じました。
悩んだ末に彼女に連絡を入れ、会いに行きました。
何も知らない、彼女は額にバンドエイドを張り、「恥かしいよ。」と言いながら、
ウチに入れてくれました。彼が事故に合った事実を告げると彼女は
顔色一つ変えずに「で、私にどうしろって?言うの?」と聞き返してきました。
彼女は無言でアルバムを持って来て、自分の写真を見せ始めました。
そこには、”違う顔”の彼女が写っていました。
「私は騙された度に、顔を変えて生きてきた。」彼女は涙声でした。
「私は、もっと辛い苦しみを男に。あわされてきた。」と言いました。
そこからの話は”被害者意識”のオンパレードで、聞いててウンザリしました。
「で、君には学習能力はないのか?」と言う俺の言葉に彼女は詰まり
「どんな、男と付き合うか?選んだり、決断したのは君やろ?」と聞くと
「その時の私は騙されていたから、分らないよ!」と救い様のない答えでした。
そんな彼女も元々は、素直なイイ子だったろうに…、とアルバムの中の
”違う顔”で写る、彼女の笑顔を見て、そう感じました。

関連記事


純愛・恋愛 | 【2017-07-29(Sat) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*