FC2ブログ

兄「おい、ちょっと男の子の格好してみろよ」

妹「だ、だめだよ。わたし、恥ずかしいよ……」
兄「やれよ」
妹「……うん」

兄「お前、今日から男の子な」
妹「……」
兄「『僕、今日から男の子です』って言ってみろよ」
妹「……ボク、今日から……男の子です」
兄「よしよし、撫でてやるぞ」
妹「……あ」

……ちゃん、なんか最近イメージ変わったよね。
妹「そ、そうかな」
男の子みたい。一人称も『僕』になったし。
妹「そうかなぁ……」
うん。
妹「……わたし、まだ女の子だよ」
ん、何か言った?
妹「別に」

妹「お兄ちゃん。ボク、おっぱい大きくなってきちゃったの」
兄「それで?」
妹「……ねえ、ブラしても、いいかな……」
兄「サラシでも巻いとけよ」
妹「……うん」

妹「お兄ちゃん、起きてよ」
兄「うん」
妹「学校に、遅刻するよ……?」
兄「うん。……なあ。お前、朝勃ちって知ってる?」
妹「知らないよ」
兄「そっか。じゃあ見ろ」
妹「!……」
兄「こーゆーのが、朝勃ち」
妹「ボ、ボク、先に朝ご飯食べてるからっ」
兄「待て」
妹「……な、何?」
兄「ちょっと舐めてみろよ」
妹「やだよぉ……」
兄「そっか。ふぅん」
妹「……分かった」
兄「いい子だな。舐めてる間、ずっと撫でてやるからな」
妹「……うん」

妹「お兄ちゃん、お風呂沸いたよ」
兄「そっか。なあ、お前も一緒に風呂入れよ」
妹「……えっ、でもボク、もう一人で入れるようになったよ?」
兄「お兄ちゃんが久々に体洗ってやるよ。いいだろ?」
妹「……恥ずかしいから、だめだよ」
兄「今日断ったらもう一緒に入ってやらないからな」
妹「……えっ」
兄「入るか?」
妹「……うん、入る」

妹「……ねえ、今トイレに入ってるの、お兄ちゃん?」
兄「そうだよ」
妹「……あの」
兄「はっきり言えよ」
妹「……あの、おしっこ、したいの。だから、トイレ開けて欲しいの」
兄「やだよ。今ゲームしてるから」
妹「……漏れちゃうよぉ」
兄「その歳でお漏らしか。お兄ちゃん、恥ずかしいな」
妹「……うう」
兄「待ってろ。ゲーム、すぐ終わるからな。そしたらおしっこ出来るぞ」
妹「……うん。ボク、待ってるよ。だから、早くしてね」
兄「あーあ、急かすから苦戦しちゃってる。お前のせいだな」
妹「……早くしてよぉ」

兄「とってこい」
妹「……わん」
兄「お前の友達来るの、何時?」
妹「……さ、三時……」
兄「じゃあ、一分前になったらその首輪と紐外してやるよ」
妹「……あの、服、着せて……」
兄「一分で着ればいいだろ?」
妹「……うん」
兄「さて、お兄ちゃんと遊びの続き、しよっか」
妹「……わん」

兄「昼、一緒に弁当食おうぜ」
妹「……あ、うん」
……ちゃん、私たちと一緒に食べるんじゃなかったの?
妹「……ごめんなさい。ボク、お兄ちゃんと行かないと」
兄「行くぞ」
妹「……うん」
兄「人目につかないところがいいよな?」
妹「……うん」

兄「今夜、なんか寒いな」
妹「……うん」
兄「一緒に寝ようか?」
妹「……お兄ちゃん、ボクに何にもしない?」
兄「何にもしない」
妹「……じゃあ、いいよ」
兄「よし、お兄ちゃんは部屋で待ってるから」
妹「……うん。枕だけ持ってくよ」
兄「今日、ホント寒いもんな」
妹「……うん。とっても寒いから、きっとしょうがないんだよね」

妹「……お兄ちゃん、やめて。痛いよ」
兄「ごめんな。お兄ちゃん、一人で寝れば良かったのに。ごめんな」
妹「……痛いよ。痛いよ」
兄「一人で寝ればきっと何も起きなかったんだ。ごめんな」
妹「……やめて。ボク、ずっと男の子のままでいるから。やめて」
兄「ごめんな。ごめん」
妹「……うん。あの、……舐めた方がいい?」
兄「ごめん」
妹「……」
兄「……頭、撫でるからな」
妹「……うん」

兄「今日、休みだな」
妹「……うん」
兄「でも午後から雨だから、家に居ような」
妹「……うん」
兄「ちょっと、触るぞ」
妹「……うん。……あっ」
兄「大丈夫か」
妹「……うん。ボク、大丈夫だよ」

妹「……お兄ちゃん。ボクのスクール水着、どこ?」
兄「さあ、お兄ちゃんは知らないよ。代わりがあるだろ?」
妹「……でも、これ、お兄ちゃんのお古……あ」
兄「そうだな、お古だな。嫌か?」
妹「……ごめんなさい。ボク、これ穿くよ」
兄「新しいの、明日買ってきてやるからな」
妹「……いいよ。我が儘言ってごめんなさい、お兄ちゃん」

妹「……お兄ちゃん、お食事だよ」
兄「ありがとう。そうだ。お前、ご飯の前にこれ飲めよ」
妹「……何、これ?」
兄「お薬」
妹「……分かった。飲むね」
兄「どうだ?」
妹「……苦いよ。けほっけほっ」
兄「お前にはちょっと早かったかな」
妹「……けほっけほっけほっ」
兄「ご飯食べてる途中にどこかむずむずするかもしれないけど、
 我慢するんだぞ。出来るか?」
妹「……うん。ボク、きっと我慢出来るよ。大丈夫だよ」

妹「……お兄ちゃん、どうしてボクのパンツを脱がすの?」
兄「それはな、お前が悪い子だから、これからお尻を叩くんだよ」
妹「……ボク、何にも悪い事してないよ。お兄ちゃん」
兄「いや、お前は悪い事をしたよ。思い出せないのか?」
妹「……思い出せない。お兄ちゃん、ボクを助けて。お願いだから」
兄「思い出すまでずっと叩くからな」
妹「……お兄ちゃん。ボクはきっと悪い事が何なのか思い出せないと思う。
 でもボクは何か悪い事をしたんだね。ごめんなさい。お兄ちゃんごめんなさい」
兄「じゃあ、叩くぞ。せーのっ」
妹「……お兄ちゃん、本当にごめんなさい……」

妹「……お兄ちゃん。ボク、お腹が空いたな」
兄「よし、これが終わったら何か食べに行こうか?」
妹「……うん。……んっ……あっ……」
兄「気持ちいいか?」
妹「……うん。でも、それよりボク、とってもお腹が空いたよ……」

妹「……お兄ちゃん、どうしてボクを縛るの?」
兄「お前がどこにも行かないようにしたんだよ」
妹「……ボク、どこにも行かない。行けないよ」
兄「お兄ちゃんは不安なんだ。お前が消えてしまうんじゃないかって」
妹「……ボクは消えたりしないよ。お兄ちゃん、安心して」
兄「うん、そうだな。お前は消えたりしないよな。縛ってごめんな」
妹「……うん。でもお兄ちゃん、飽きるまでボクを縛っていていいよ」
兄「うん、ごめんな」

妹「……けほっけほっ……。苦しい」
兄「風邪、引いちゃったんだな」
妹「……お兄ちゃん、ボク苦しいよ」
兄「よしよし、お兄ちゃんが風邪の治るおまじないをしてやるよ」
妹「……おまじない?」
兄「そうだよ」
妹「……お兄ちゃん、ボクの服を脱がさないで。寒いよ、お兄ちゃん」
兄「これからがおまじないなんだよ」
妹「……でも、お兄ちゃんの手、すっごく冷たいんだよ?」

血液型はA型です

妹「……テレビ」
兄「ん?」
妹「……ボク、今夜は観たいテレビの番組があったような気がする……」
兄「そっか。今、何時かな」
妹「……暗くて分かんないね、時間」
兄「そうだな」
妹「……観なくて、いいや」
兄「いいのか? 楽しみにしてたんだろ?」
妹「……うん。観なくて、いい」

妹「……これ、ボクの欲しかったCDだね」
兄「そうだよ。買ったからさ、あげるな」
妹「……ありがとう、お兄ちゃん。大切に聴く」
兄「今日、二人で聴こうな」
妹「……あっ、そ、そうだね。二人で聴かなきゃダメだね。
 何しろこれは、お兄ちゃんが買って来た物だもんね」

妹「……お兄ちゃん。ボク、そろそろお夕飯作らないと」
兄「枕元にお菓子が沢山あるだろ。それ、食おう。二人で」
妹「……手が汚れちゃう。ボクの体、お菓子まみれになっちゃうよ……」
兄「洗えばいいじゃないか、後でさ」
妹「……でも」
兄「お兄ちゃんが洗ってやるから」
妹「……うん、そうだね。洗えば、いいよね……」

兄「おい」
妹「……あっ、お兄ちゃん」
兄「トイレに入ってたのか。おしっこ?」
妹「……うん」
兄「ちゃんと立ってしてるか?」
妹「……ごめんなさい。ボク、座ってしちゃった」
兄「ダメだな。お前は男の子だろ?」
妹「……うん」
兄「鍵開けろよ。お兄ちゃんが立ちションのやり方教えてやるから」
妹「……おしっこ、もう出ちゃったよぉ……」
兄「そっか。でも、出るまで練習しような」
妹「……うん、分かった。今鍵開けるからね」
兄「早く開けろよ」
妹「……ごめんなさい、お兄ちゃん」

兄「保健の授業でさ、『男と女の体のしくみ』ってあるだろ。もう習ったか?」
妹「……うん、習ったよ。お兄ちゃん」
兄「ちゃんと男子と女子に分かれた?」
妹「……うん。ボク、男子の教室に行って、ビデオを観た」
兄「じゃあ、それを思い出して説明してみろよ」
妹「……」
兄「どうした? お兄ちゃん、お前がどういう風に
 男の体の仕組みを習ったか知りたいな」
妹「……ごめんなさい。ボク、説明出来ないよ」
兄「どうして?」
妹「……ボク、本当は女の子の教室の方に行っちゃったの」
兄「そっか。間違えちゃったんだな」
妹「……うん、間違えたの。ごめんなさいお兄ちゃん」
兄「仕方ないな。じゃあ、女子のビデオについて説明してくれよ」
妹「……うん。……えっと」
兄「裸の方が説明し易いんじゃないか?」
妹「……あ、うん。そうだね。服、脱がなきゃね……」

妹「……あ、お兄ちゃん」
兄「よう。牛乳、お前も飲むか?」
妹「……うん。でも、コップが無いよ」
兄「コップは全部片付けたよ」
妹「……ボクの、クマさんのマグカップも?」
兄「ああ、あれは割っちゃったよ。クマさん、最後にさよならって言ってた」
妹「……」
兄「破片ならまだあるけど」
妹「……いいよ。でも、コップが無きゃボク、何にも飲めないよ……」
兄「お兄ちゃんが口移ししてやるよ」
妹「……うん、分かった」
兄「これからはお茶でも何でも、お兄ちゃんの口から飲むんだぞ」
妹「……うん」

妹「……お兄ちゃん」
兄「何?」
妹「……ボクのケータイ、返して」
兄「お前モテるなあ。メアド、女の子ばっかりじゃないか」
妹「……返して」
兄「今度さ、このケータイで家に一人だけ呼んでいい?
 お前もたまにはさ、お泊まりで遊んでみたいだろ?」
妹「……返して」
兄「お前の一番の親友って、アドレス帳のこの子だっけ?」
妹「……お兄ちゃん。ボク、何でもするから、返して……」
兄「ああ、何でもするんだ?」
妹「……何でも、するよ」
兄「そっか。じゃ、後で返すからな」
妹「……どうすれば、今返してくれるの?」
兄「んー、お兄ちゃんが喜ぶ事をすれば、かな」
妹「……」
兄「なあ、この子にお前の裸の写メ送っていい?」

妹「……お兄ちゃん。そのバナナ、何?」
兄「八百屋さんで買って来たんだよ、一本だけな」
妹「……どうして?」
兄「お前、男の子なのにおちんちん生えてないだろ?
 代わりにこれ、挿しとけよ」
妹「……ボク、やだよ……」
兄「んー、凍らせた方が面白いかなあ」
妹「……お兄ちゃん、助けて……」
兄「大丈夫、ちゃんと何かで濡らすからさ」

兄「今日、お前の学校で身体測定やるんだって?」
妹「……あ、うん……」
兄「ちょっと服脱げ。ちゃんと男の子の下着付けてるか見てやるから」
妹「……はい」
兄「うん、よしよし」
妹「……いってきます」
兄「ああ、お前が鞄に隠してた女の子の下着、洗濯機に入れといたからな」
妹「……あ」
兄「ん、どうした? 『いってきます』って言ったのに、出てかないのか?」
妹「……お兄ちゃん、お願い。下着……」
兄「全部捨てたか、洗っちゃった」
妹「……ボクが女の子でごめんなさい。お兄ちゃん、ごめんなさい。
 でも、濡れた下着でいいから、今日だけは女の子にさせて……」

妹「……お兄ちゃん、ご飯出来たよ。今日はお兄ちゃんの大好きな……」
兄「食べさせてくれよ」
妹「……えっ」
兄「お兄ちゃん、お前に食べさせて欲しいな」
妹「……うん。……はい、あーん」
兄「違うよ。口移しでだ。口移しって何なのか、前に教えたよな」
妹「……うん。……」
兄「ん。美味しいな」
妹「……うん。……んっ」
兄「それに、お前が近付いて来てくれるとこうして体にさわれるし」
妹「……んっ……お兄ちゃん、ボク……」
兄「早く次の一口をくれよ。お兄ちゃん、待ってるんだけど」

妹「……お兄ちゃん」
兄「何だよ、ナイフなんか持って」
妹「……ボク」
兄「どうした?」
妹「……林檎。林檎、剥いてあげる」
兄「そっか」
妹「……今日、買ったの。あと、八百屋さんがオマケしてくれた」
兄「うん。お前も食えよ」
妹「……うん」

妹「……はちみつ、クリーム、シロップ、チョコソース。
 ……お兄ちゃん、こんなに買ってお菓子でも作るの?」
兄「ん、まあな」
妹「……ふぅん」
兄「お前に塗るんだよ、全部」
妹「……えっ」

妹「……お兄ちゃんもボクも、甘い味がするね」
兄「うん」
妹「……どうしたの?」
兄「飽きた」
妹「……」
兄「洗って来いよ、体」
妹「……うん」

妹「……あ、揚羽蝶」

妹「……綺麗……」

妹「早く飛んで行って。
 お兄ちゃんに見付かると、何をされるか分からないから」

妹「……さよなら」

兄「なあ、ちょっと見て欲しいサイトがあるんだけど」
妹「……うん」
兄「このサイト」
妹「……お兄ちゃん。ボク、こんなの見たくないよ。気持ち悪いよ……」
兄「そっか。グロいの苦手か?」
妹「……うん」
兄「毎日、何人かはこんな風に死んでるんだぞ。腸がはみ出たりして」
妹「……やめて」
兄「死体が嫌なら、ゴキブリの拡大画像とかあるぞ。キモいよな」
妹「……お兄ちゃん、やめて」
兄「獣姦とかも。お前、どうする? 犬飼おうか? でっかい奴」
妹「……お兄ちゃん、やめてよぉ……」
兄「やめないよ」

兄「じゃあ、お兄ちゃんは出掛けてくるからな」
妹「……んーっ、んーっ」
兄「夕方には帰って来るから。
 そしたら、ロープと猿轡とアイマスク、取ってやるからな」
妹「……んーっ」
兄「そうだ、耳栓もしとこう」
妹「……んっ、んっ」
兄「おしっこ、なるべく我慢しろよ。って、聞こえてないか。じゃあな」

妹「……痛っ、痛いよ……お兄ちゃん、痛いよぉ……」
兄「あーあ、せっかくエアガン買ったのに」
妹「……痛いよ。お兄ちゃん、もうボクを撃たないで……」
兄「全然面白くないな、これ」
妹「……助けて」
兄「絶対目を開けるなよ。目に弾が入ると失明するから」
妹「……うん」
兄「大丈夫、BB弾を全部撃ち終わったらお尻を叩いてやるからな。いつも通り」
妹「……嫌だよ、お兄ちゃん……」

妹「……お兄ちゃん。その帽子、返してよ」
兄「何故?」
妹「……ボクの短い髪の毛でも、その帽子を被ってれば女の子に戻れるから。
 みんなに、ボクが女の子だって思って貰えるから……」
兄「ふぅん。でも、お前は男の子だよな?」
妹「……うん」
兄「この帽子、お前の髪の匂いがする」
妹「……」
兄「もっと嗅ぎたいな。来いよ」
妹「……うん」

兄「お前の髪、男の子にしては長い方だな」
妹「……うん」
兄「女の子みたいだ」
妹「……ごめんなさい、お兄ちゃん」

兄「お前、爪伸びてるな。お兄ちゃんが切ってやろう」
妹「……あ、うん。ありがとう……」
兄「オナニーし易いように深爪気味にしてやるよ」
妹「……お兄ちゃん、……オナニーって、何?」
兄「ああ、知らないのか。お前が自分で自分のここを触る事だよ」
妹「……んっ」
兄「爪を切り終わったら練習してみようか」
妹「……やだよ。ボク、そんな事しないよ……」
兄「大人になったら皆するんだよ。やり方を知らないと恥ずかしいよ」
妹「……」
兄「大丈夫、お兄ちゃんがいつもお前にしてやってるみたいに触ればいいよ」
妹「……うん」
兄「お兄ちゃん、ちゃんとお前が気持ち良くなれるように教えてやるからな」
妹「……うん」

妹「……んっ……んっ……」
兄「気持ちいいか? オナニー」
妹「……うん」
兄「良かったな」
妹「……うん。……んっ」
兄「じゃあ、これからはオナニーして気持ち良くなって来たら
 『お兄ちゃん』って呼ぶんだぞ。呼んでみろ」
妹「……お兄ちゃん」
兄「何度も。気持ち良くなくなるまで」
妹「……お兄ちゃん……お兄ちゃん……お兄ちゃん……」
兄「いい子だな。よしよし」
妹「……お兄ちゃん……お兄ちゃん……お兄ちゃぁん……」
兄「よしよし」

兄「なあ、お前のほっぺを叩いていいかな?」
妹「……お兄ちゃん、どうして?」
兄「ん、なんとなく」
妹「……いいよ」
兄「よし、分かった」
妹「……きゃっ」
兄「あれ、あんまり痛くなかったかな。もう一回叩くな」
妹「……んっ! ……痛いよ、お兄ちゃん」
兄「じゃあ、次はお前の番だ」
妹「……えっ?」
兄「お兄ちゃんを叩いていいよ。ほら」
妹「……」
兄「どうした?」
妹「……ボク、出来ないよ。お兄ちゃん」
兄「出来ないのか。そっか」
妹「……ごめんなさい」
兄「いいよ。お前が優しい子だって分かったから。もう一回叩くぞ」
妹「……っ! ……お兄ちゃん、痛いよ……」
兄「そうだな。痛いだろうな」

妹「……お兄ちゃん」
兄「うん」
妹「……ねえ。ボク、いつまでテレビの砂嵐を観てればいいの?」
兄「そうだな。お兄ちゃんにも分からないな」
妹「……砂嵐の画面、ボク昨日も観てた。一昨日も。その前の日も」
兄「明日も明後日も寝ないで観続けろよ。眠ったらお仕置きするぞ」
妹「…………」
兄「おい、お仕置きされたいのか?」
妹「……あ。……お兄ちゃん、ごめんなさい。ボク眠ってないよ」
兄「眠ってないなら謝る事ないじゃないか」
妹「……うん、そうだね」
兄「そうだよ」
妹「……」
兄「お兄ちゃん、そろそろ寝ようかな」
妹「……おやすみ。ボク、ずっとテレビの砂嵐を観てるからね」
兄「それ、本当はノイズっていうんだよ」
妹「……うん、ノイズの嵐を」

兄「お兄ちゃん、今日はお前に何もしないよ」
妹「……えっ」
兄「今日はお前に何もしない、って言ったんだよ」
妹「……本当?」
兄「くどいなあ。気が変わった。服脱げよ」
妹「……ごめんなさい、お兄ちゃん」

妹「……お兄ちゃん」
兄「ん?」
妹「……ごみ箱にアルバムが捨ててあったよ。ボクのちいさい頃のアルバム」
兄「いや、その女の子、お兄ちゃんは知らないんだけど」
妹「……」
兄「きっと、違う家族のアルバムが混ざっていたんだよ」
妹「……うん」
兄「可愛い子だな」
妹「……そうでもないよ」
兄「そっか。お兄ちゃんは可愛い子だと思うけど。
 まあ、どっちにしろこの写真は要らないよな。ほら、捨てよ?」
妹「……」
兄「捨てよ?」
妹「……うん」

妹「……お兄ちゃん、ボクの靴がないよ」
兄「ああ、汚くなってたから捨てちゃった。全部」
妹「……お兄ちゃんの靴、貸して」
兄「嫌だよ」
妹「……貸して」
兄「嫌だって」
妹「……」
兄「学校には内履きがあるよな。あれも汚くなってた筈だ」
妹「……汚くないよ」
兄「いや、汚いよ。お兄ちゃんより先にお前が学校へ着けば、
 靴を捨てないでおいてやるけど」
妹「……お兄ちゃん、いってきますっ」
兄「あーあ、裸足で走ると怪我するぞ」
妹「……はっ、はっ」
兄「さて、お兄ちゃんも走るかな」
妹「……はっ、はっ」
兄「よーい、どん」

兄「あーんして」
妹「……お兄ちゃん、もうやめて」
兄「何だよ、せっかくお兄ちゃんがカレー作ってやったのに。
 はい、あーん」
妹「……ボク、もうお腹いっぱいだよぉ」
兄「全部食べてくれないと、お兄ちゃん悲しいな」
妹「……でもまだお鍋に沢山残ってる。ボクにはもう無理だよ……」
兄「お前の大好きなカレーなのに。辛口で悪かったけど、でも好きだろ?」
妹「……ごめんなさい。もう食べられないです。ごめんなさい」
兄「そんな事言わずに、もう一口。あーん」
妹「……んむっ」
兄「これで何杯目だっけ。美味しい?」
妹「……もう、味なんてないよ……」

兄「おーい、部屋にいるか? 学校行かないのか?」
妹「……お兄ちゃん、ボクの部屋のドアが開かないの」
兄「そんな事言って。まあ、たまにはずる休みもいいだろうけどさ」
妹「……お兄ちゃん、助けて。ボク学校に行きたい。みんなに会いたいよ」
兄「ああ、そういえばお前の部屋のドアに南京錠つけたんだった。
 ホームセンターに売ってた中で一番でかい奴。ここに付いてた」
妹「……お兄ちゃん、ここから出して」
兄「鍵、失くしちゃった」
妹「……助けて」
兄「まあ木製の薄いドアだし、破れば?」
妹「……出来ないよ」
兄「そっか。じゃあ、帰って来たら鍵は探すからな」
妹「……お兄ちゃん、待って」
兄「いってきます」
妹「……待ってよ」

兄「なあ、ゲームしようか。普通のテレビゲーム」
妹「……あ、う、うん。いいよ」
兄「負けたら罰ゲームな」
妹「……うん」
兄「はじめー」
妹「……お兄ちゃん。ボク、操作がよく分からないよ」
兄「そっか。教えてもいいけど、お兄ちゃんはお前に罰ゲームさせたいな」
妹「……うん、分かった。きっと教えてくれてもボク、
 頭が悪いから分からないよね……」

妹「そうだね、罰ゲーム、するよ……」

兄「これ、飲めよ」
妹「……うん。でもこの水、何……?」
兄「毒」
妹「……えっ?」
兄「ネットで買った、毒。早く飲めよ。効果があったら野良猫にでも使うから」
妹「……」
兄「飲むだろ?」
妹「……うん。……お兄ちゃん、さよなら」
兄「さよなら」
妹「…………」
兄「飲んじゃったな」
妹「……うん。……お兄ちゃん、ボク、死ぬの、怖いよ……」
兄「大丈夫、お兄ちゃんが見ててやるからさ」

兄「おい、起きろよ」
妹「……あっ、お兄ちゃん。……ボク、生きてるの?」
兄「ああ、なんでかな」
妹「……ごめんなさい。お兄ちゃん、毒を飲んだのに生きててごめんなさい」
兄「そうだな。お金が無駄になったよ」
妹「……ごめんなさい。ボクすぐ死ぬから許して。お兄ちゃん許して」
兄「うん」
妹「……さよなら。お兄ちゃん、さよなら。ごめんなさい」
兄「なあ、やっぱり死ななくていいや」
妹「……ごめんなさい。お兄ちゃん、ありがとう」
兄「気にするなよ。毒っていうの、嘘だから」

兄「暇だから何かゲームをしようか」
妹「…何をする…の?」
兄「そうだな…にらめっこでもするか。最近おまえの笑う顔見てないからな」
妹「……う、うん。それならいいよ」
兄「よし、それじゃ制限時間は10分でおまえが笑ったら子猫を殺すよ」
妹「え?……え?」
兄「この前お隣さんで子猫が産まれたからって一緒に見に行っただろ?その子猫だよ。それではゲームスタート」

兄「久しぶりにおまえの笑顔が見れてお兄ちゃんは満足だ。それじゃ、お隣さんに行ってくるよ」
妹「ごめんね、ごめんね…猫さん…」

兄「男の子は女々しい事はしちゃいけないってお兄ちゃんも昔お父さんによく怒られたよ」
妹「……」
兄「だからいつかはこうしなきゃいけなかったんだけど少しやりかたが汚かったかもしれない。ごめんな、悪いお兄ちゃんで」
妹「…ううん。ボクが女の子みたいに猫さんと遊んでたのが悪かったんだよ。お兄ちゃんは悪くないよ」
兄「このまま撫でてやるから少し眠れよ」
妹「うん、ありがとう…お兄ちゃん…………」

兄「そうだよ。おまえはお兄ちゃんと一緒に居ればいいんだよ」

兄「暇だな」
妹「……うん」
兄「ちょっと歌ってくれないか。お兄ちゃん、興味あるな。お前の好きな歌」
妹「……うん。――――♪」
兄「綺麗な声だ」
妹「――――♪」
兄「ああ、本当に綺麗な声だ」
妹「……お兄ちゃん、歌が終わったよ」
兄「そうだな、今度は違う歌が聞きたいな」
妹「……うん。――――♪」
兄「なあ、ずっと歌い続けてくれないか。永遠に歌い続けてくれないか。
 お兄ちゃん、お前の綺麗な声をずっと聞いていたい」
妹「――――♪」
兄「さて、歌えなくなった時の罰はどうしようかな」
妹「――――♪」
兄「声が枯れたお前を泣かせても、つまらないしな」

兄「今日はベッドの上から出ちゃダメだぞ」
妹「……うん。ボク、ずっとベッドの上にいるよ」
兄「いい子だな。お兄ちゃんもずっと一緒にいるから」
妹「……うん。……あっ……あっ……」
兄「気持ちいい?」
妹「……わかんないよ、お兄ちゃん。」
兄「そっか。でも、気持ち良くなる玩具はいっぱいあるから」
妹「……ボク、怖いよ、お兄ちゃん。きっと痛いよ」
兄「大丈夫。このぬるぬるした奴を塗ると絶対気持ち良くなるよ」
妹「……っ……んっ、んんっ……」
兄「気持ちいい?」
妹「……お兄ちゃん、ごめんなさい。気持ちいいけど、怖いよ」
兄「今からこの棒をお前に入れるからな。
 これはお前の中でケータイみたいに震えるんだよ」
妹「……お兄ちゃん、やめて」
兄「やだ」
妹「……あっ……、お兄ちゃん、ボク、ヘンだよっ」
兄「大丈夫。もっとヘンになるよ」

妹「……お兄ちゃん、ごめんなさいっ。ごめんなさいっ」
兄「どうして? この棒、気持ちいいんだろ?」
妹「……気持ちいいけど、ボク怖いのっ」
兄「せっかく買ったのに。まあ結構安くてちっちゃい奴だったけど」
妹「……あうっ」
兄「一応、一人前に濡れるんだな」
妹「……ふぅっ……お兄ちゃん、棒を抜いてくれてありがとう」
兄「いや、お前のお尻にも使おうかと思って」
妹「……どういう事?」
兄「お前のお尻の穴にもこれ、入れてみるんだよ」
妹「……ご、ごめんなさいお兄ちゃん。ボクを許してっ」
兄「今お尻にもぬるぬるした奴塗ってやるから。そしたらいけるよな。ほら」
妹「……うぁっ……ごめんなさい。
 お兄ちゃんのを沢山舐めるから許してくださいっ」
兄「お尻にこれが入らなかったらお仕置きするからな」
妹「……んっ……きっと、入らないよ」
兄「どうかな。とりあえずお兄ちゃんの指を入れてみるから」
妹「……ふあっ」
兄「ああ、これならいける」

妹「……お兄ちゃん……お兄ちゃん……お兄ちゃん……」
兄「そうだな。気持ち良くなったらお兄ちゃんを呼ぶんだよな」
妹「……お兄ちゃん……お兄ちゃん……」
兄「頭、撫でてやろうか?」
妹「……うん、お兄ちゃん。ボク、たくさん頭撫でて欲しい」
兄「よしよし」
妹「……お兄ちゃん……お兄ちゃん……お兄ちゃん……」
兄「気持ち良くなる玩具はまだあるから、いっぱいお兄ちゃんの事呼ぼうな。
 お兄ちゃん、お前の事いっぱい撫でてやるから」
妹「……お兄ちゃん……お兄ちゃん……お兄ちゃん……」
兄「よしよし」

兄「あーあ、汗かいちゃったな」
妹「……うん、お兄ちゃん」
兄「舐めろよ、お兄ちゃんの汗。犬みたいに」
妹「……うん」
兄「いい子だな。そうだ、しっぽのアクセサリーがある。
 さっきの棒みたいにお尻へ入れる奴」
妹「……んっ」
兄「お、似合うな」
妹「……お兄ちゃん。ボク、犬なの?」
兄「そうだよ。あと、いつものところも舐めろ」
妹「……うん」
兄「よしよし」
妹「……お兄ちゃん。ボク、これからずっと犬なんだね」
兄「そうだよ。あと、いつもみたいにお兄ちゃんが出したら全部飲めよ」
妹「……うん」

妹「……お兄ちゃん、キスして」
兄「なんだ、急に」
妹「……ごめんなさい。ボクの口にキスして欲しいの」
兄「嫌だよ。今お兄ちゃんのを舐めたばっかりだろ?」
妹「……お兄ちゃん、お願い。ボク、お兄ちゃんの犬になるから、お願い」
兄「我が儘言うなよ。シャワー浴びて来る」
妹「……お願い」
兄「犬なんだろ? おあずけしろよ」
妹「…………はい」

妹「……やっ、お兄ちゃん、助けて。助けて」
兄「ああ、やっと俺のが入るようになったな」
妹「……お兄ちゃん、痛いよ。痛いよ。痛いよ」
兄「気持ちいいな。ずっと慣らして来た甲斐があった」
妹「……お兄ちゃん、許して」
兄「お兄ちゃん、初めてお前がいて良かったと思ってる」
妹「……お兄ちゃん、ボクを許して」
兄「お前がずっと舐めてたのって、本当はこういう風に使うんだぞ」
妹「……んっ……あっ……あっ……」
兄「幸せだ」
妹「……お兄ちゃん……お兄ちゃん……お兄ちゃぁん……」
兄「お前もそうだろ? お前は俺の犬なんだから」

妹「……お兄ちゃん……お兄ちゃん……お兄ちゃん……」

妹「……お兄ちゃん……お兄ちゃん……お兄ちゃん……」

妹「……お兄ちゃぁんっ」

妹「……お兄ちゃん、もうボクイっちゃったよ。
 お兄ちゃんの教えてくれたやり方でイっちゃったよ」

妹「……ねえ、お兄ちゃん。もうボクの頭を撫でてくれないの?」

おしまい

関連記事


近親相姦 | 【2017-07-12(Wed) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*