FC2ブログ

沢尻お仕置き

ゆっくりと流れる、昼過ぎの時間。
 メインストリートの車の流れも、いつもに比べて閑散としているように思える。
(しかし……やっぱり慣れない服装は、妙に肩が凝るなぁ)
 ターゲットを欺くために、変装を施した。
 自分ではどうかわからないが、人が見ると、立派なガスの点検員に見えるだろう。
 少々衣服が綺麗過ぎる感もあるが、卸したばかりと思えばいい。
(まぁ、余計なことは考えずに、さっさとやってしまおう)
 慣れない服装で、佐藤はターゲットの家へと向かう。
――3週間前。
 テレビ関係者同士、といっても雑用的な役回りの連中ばかりだったが、の飲み会があり、
佐藤も出席していた。
 皆、酒の力を借りて日々の仕事の愚痴などを言いあっていた。
 誰から始まったかは忘れたが、ある若い女優の話になった。
 どうやら、皆その女優には嫌な思いをさせられ、迷惑を被ってきていたらしい。
 もちろん、佐藤も例外に漏れず被害を受けた1人だった。
 アルコールのせいか、だんだんその女優への愚痴はエスカレートしていき、遂にはお仕
置きが必要だの、懲らしめてやろうだのと、そういう方向へと来てしまった。
 終いには、お仕置きの計画まで皆で立てていた。
と、そこまでは良かったのだが、計画実行となるとやはり皆気が引けてしまった。
 実行した時点で犯罪者となるのだから、好んで行おうとする者などいるはずもない。
 だが、ここまで考えたのだから、酒の席の話だけにするのも勿体ない。
 何より、あの女に仕返ししなければ腹の虫が治まらない。
 そこで白羽の矢が立ったのが、飲み会出席者の中で年下の佐藤だった。
(ここか……)
 ほどなくして、佐藤はターゲットのマンションの近所に着く。
 後は、計画通りに事を進めるだけである。
(ここまで来て失敗しないよう、気を付けないと……)
 何せ失敗したら佐藤の人生が終わってしまう。落ち度があってはいけない。
 もう一度、計画を見直しておこう。
(まず……アイツの部屋に侵入することが先決だ……)
 ターゲットが自分の部屋にいることは、既に承知済みである。
 まず、佐藤がガスの訪問点検員という事を信用させ、侵入する。
 おそらく彼女は点検を拒否してくるだろ。
 そこをどのように納得させるかが、佐藤の腕の見せ所という事になる。
(ま、理由なんて、何とでもでっち上げれるからな)
 彼女の部屋に侵入した後、隙を見て彼女を襲う。
 そして、実行結果として彼女のあられもない姿をカメラに収めてくる。
 皆で計画を立てたわりには穴だらけではあるが、ここまで来たら仕方ないだろう。
(よし……行くか)
 佐藤はマンションに入り、ターゲットの部屋を目指した。 ピンポ~ン。
 ターゲットの部屋の前で立ち止まり、インターホンを鳴らす。
 ピンポ~ン。ピンポ~ン。
「はい? どちら様?」
 数回インターホンを鳴らした後、いかにも面倒そうな声で彼女は応対する。
「毎度お世話になっております。◯◯ガスの者ですが」
「ガスなら間に合ってるんだけど」
 思った通りの反応を返してくる彼女。
 なかなか、単純な人間のようだ。
 ちなみに、会社の名前は偽名である。
「ガスの点検に参りました。よろしいですか?」
「要らないって言ってるでしょ!」
 佐藤の問い掛けに苛立った彼女は、佐藤に向かって声を張り上げた。
 なかなか、短気な人間なのかもしれない。
「いえ、そう言われましても……大家さんの方から頼まれておりまして……」
「……そうなの?」
 いかにも怪しんでいる口調で、彼女は答えてくる。
 だが、佐藤もここで引くような人間ではない。
「えぇ、先日ご依頼がありまして。 各部屋で点検を行っているんですよぉ」
「私は、何も聞いていないわよ……?」
「大家さんが連絡された時に、外出なさっていたのでは?」
 彼女の仕事が仕事だけに、家にいる事は少ないだろう。
 こう言ってしまえば、引く事はできまい……。
「とりあえず、少し開けてもらえませんかね?」
「仕方ないわね……ちょっと待ってて」
 目の前のインターホンから、彼女の声が遠のく。
 その後、部屋の奥の方から足音が聞こえ、鍵を開ける音がする。
 カチャ。
ドアが開かれ、中から不機嫌そうな表情をした「沢尻エリカ」が現れる。
 彼女が姿を見せた瞬間、佐藤の鼻腔に高価そうな香水の匂いが届いた。
「……ふぅ」
 エリカはあからさまに嫌そうな表情をガス点検員に向け、肩で溜め息を吐く。
「いやぁ、すいませんね。 わざわざ」
「勘違いしないで。 ちゃんと言わないと、アンタ帰らないでしょ?」
「そう言われましても……私も仕事でして……」
 早く追い返したいという表情で、彼女は佐藤を冷たく睨んでいる。
 さっさと信用させないと、面倒な事になりそうだ。
「大家さんからの頼みでして……そこを何とか……」
「……はぁ、まぁ仕方ないわね」
 食い下がる佐藤に呆れたのか、ようやく彼女が折れた。
 騙されたとも知らずに、のんきな奴だ。
「すいませんねぇ……」
「わざわざ、こんな点検なんかに、お金払うの嫌なんだけどね……」
 いかにも鬱陶しいといった態度で、エリカは遠くを見つめている。
 ここはもっと騙して安心させた方がやりやすいかもしれない。
 佐藤は適当に嘘をつくことにした。
「いえいえ、代金の方は構いませんので。 既に大家さんから頂いています」
「そうなの? あぁ、それなら好きにやってちょうだい」
 佐藤の言った言葉に、一気に彼女の表情が明るくなっていく。
 思った通り、金銭面のことがネックになっていたようだ。
「そうですかぁ?」
「だって、私がお金払わないでいいんだもん。
 ついてるわぁ、最近、ガスの調子が悪いと思ってたのよねぇ」
 自分の金が関わらないとわかった瞬間、大はしゃぎするエリカ。
 まったく、なんて女だ……。
 これは、本当にお仕置きが必要のようだ。
「えぇ、それは丁度良かったですね」
「ホント、私って、ラッキーだわ」
「早速ですが、キッチンの方に案内してもらえますか?」
「えぇ、それじゃぁ、付いて来て」
 入口からキッチンに向かって、ゆっくりと歩き出す彼女。
 彼女の後ろに付き、キッチンを目指していく。
 これから、自分がどうなるかもわからずに……馬鹿な女だ……。
「ここよ。 それじゃ見てちょうだい」
「えぇ、すいませんね……」
 キッチンに案内された佐藤は、適当にガス管を調べ始める。
 何食わぬ顔で作業をするフリをする。
「どう?」
「……これは酷いですねぇ」
「やっぱり、どこかおかしくなってた?」
 自分の推理が当たったことが嬉しいのか、エリカは嬉しそうに話しかける。
彼女の声を聞き、佐藤の中でゆっくりと彼女を辱めたいという衝動が大きくなってくる。
 どのように犯してやろうか……。
 そのようなことばかりが、頭の中を支配していく。
「そうですねぇ……時間がかかるかもしれないですね……」
「えぇ!? さっさと直してよ」
 エリカが佐藤に向かって、苛ついた声で言い放つ。
 感情の起伏が激しい奴だ。
「そう言わないでくださいよ……」
 すっと立ち上がり、彼女の方に身体を向ける。
 目の前には、不服そうな顔をして、ガス管を見つめる彼女がいる。
「アンタ、プロなんでしょ? この位、すぐに直しなさいよ」
「えぇ、すぐに直しますよ……お前の性格をなぁ!」
「えっ!?」
 佐藤の言葉にエリカの瞳が泳いだ瞬間、佐藤は彼女を後ろにあるテーブルに押し倒した。
「きゃぁぁっ! 何すんのよっ!」
「大人しくしてろ!」
「ちょ、ちょっと、放しなさいよっ!」
 テーブルの上で、佐藤はエリカの上半身を力いっぱい押さえ付ける。
 身体の底から、何か熱いものが込み上げてくるような感覚に見舞われる。
「こ……このっ! アンタ、こんなことしていいと思ってるの!?」
「へっ……自分の胸に聞いて見やがれ!!」
「何言ってるのよっ! 馬鹿言ってるんじゃないわよっ!」
 佐藤に押さえ付けられながらも、エリカはジタバタと身体と捩る。
 だが、彼女が暴れる度にスカートがめくれ上がり、少々派手な下着が露になる。
「おぉ、お前があんまり暴れるから、下着、丸見えになってるぜぇ」
「な……っ、何するつもりなのよ!」
 身体を捩りながらも、エリカは強気な姿勢を崩さない。
 だが、彼女のそんな姿を見て、佐藤は次第に興奮を覚えてくる。
「何するつもりですか……? わかっているんじゃねぇのかぁ?」
「やめなさいよっ! このっ、放してぇっ!」
「うるせぇ奴だな……まったく……」
 そう言うと、佐藤はエリカの捲れ上がったスカートの中に手を入れる。
 彼女の張りのある太股に指が触れる。
「さ、触るんじゃないわよっ! この、変態っ!」
「何とでも言え……」
 エリカの太股に触れた手の平をゆっくりと上下させ、感触を愉しむ。
 さすが、自分の身体をはって仕事をしているだけはある。
 弾力に溢れた太股が、佐藤の手を心地よく跳ね返してくる。
「あぁぁっ! いやぁっ! だ、だれかぁっ!」
「助けを呼んでも無駄だ……誰も来ねぇよ」
「いやぁぁっ! こんな、あぁぁっ、いやぁぁぁっ!!」
 内股を愛撫される感覚にエリカは恐怖を覚えたのか、助けを求めて叫ぶ。
 だがその叫び声は、佐藤にとって、甘美な嬌声にしか聞こえない。
 さらに、エリカを押さえ込む手に力を込め、テーブルに押し付ける。
「まぁ、うるさくされても困るんだけどなぁ」
「きゃぁぁっ! こんな……いやぁぁぁっ!」
 相変わらずジタバタと抵抗するエリカ。
 強気な態度は変わらないが、彼女の瞳には涙らしきものが窺える。
 太股を愛撫する手を、徐々に彼女の股間にやっていく。
 そして、彼女のショーツに手をかける。
「邪魔だな……とってしまうか……」
「や、やめてぇっ!」
 ショーツを掴んだ手に、一気に力を加える。
 そして、それを一気に引き千切ろうと試みた。
「いやぁぁぁぁぁっ!!」
「ほら、暴れるんじゃねぇ!」
「やめっ、あぁぁっ、いやぁぁっ!!」
 エリカは抵抗しようと、股を閉じようとする。
 だが、男の力に敵うはずもなく、彼女のショーツは紙切れのように、簡単に引き千切られる。
「あぁっ! きゃぁっっ! やめてぇっ! いやぁぁぁぁっ!!」
「だから、抵抗しても無駄だって言ったでしょう?」
 エリカの股間を覆っていたショーツがなくなり、そこには、彼女の股間が露になっている。
「くくっ……ほら、お前の股間が、丸見えだぜぇ?」
「あぁ……うっ……うぅ……」
「ん?こんなので泣くのかよ……くくっ」
 ついに耐えきれなくなったのか、エリカは大粒の涙を流し、泣き始めてしまう。
 だが、空気に触れた彼女の股間は彼女の意思に反し、ヒクヒクと男を求めているようである。
「いやぁぁっ! あぁぁ……いや、いやぁぁっ!」
「いい加減、黙れよ?」
 引き千切った彼女のショーツを丸く握り締める。
 そして、それを握り締めたまま、泣き叫ぶエリカの口に突っ込む。
「うぅっ! んっ、んんーー!!」
「これで少しは静かにする気になったか……?」
「ふぁぁっ! ひゃぁぁっ、ひゃぇ……へぇっ!」
 口に自分のショーツを突っ込まれたエリカの叫びは、言葉にならない。
 だが、羞恥と恐怖からか、彼女の肌は徐々に紅潮していく。
 彼女の高級そうな香水の匂いに混じって、汗の匂いが混じり始める。
「さっきみたいに、罵らねぇのか?」
「うぅっ! んっんんあぁっ! ひゃぇへぇぇっ!!」
「くくっ……いい格好だ……」
 面白くなった佐藤は、目の前にあるエリカの胸を力強く揉み始める。
 彼女が抵抗し、暴れていたため、衣服は乱れ、美しい乳房が露になっている。
「んーーっ! ひぁっぁぃっ!! ひゃえ、ひゃえへぇっ!」
「そのくらいしてくれねぇと、俺も面白くねぇんでよぉ」
「んーーぁぁっ! んっんはぁっ! ひあぁっ、ふあぁっっ!」
 さらに、露になったエリカの乳房を弄ぶ。
 乳房の先端にある尖った突起を、指を使いゆっくりとしごき始める。
 ピンク色に色づいたその部分は、愛撫を加えるにつれ、徐々に硬くなっていく。
「んっ! んはぁっ! はぁっあっ!」
「ほぅ、ここがいいのか……」
「ふぉんはぁ……あぁ……ひやぁっ、あぁぁっ! んああぁっ!」
 指で弄るのを止め、佐藤はエリカの乳房に顔を埋める。
 その状態のまま、乳房を舌で舐めまわす。
「んっ!!」
「んっ……はぁ……いい感触だぜぇ……」
「ひあぁぁぁっ!!」
 先端に舌が触れた瞬間、エリカの身体は弓なりになるかのように、跳ね上がる。
「いい感度だな、こっちはどうだ?」
「ひゃえぇへぇっ! ふぉんはぁっ! あぁぁっ!!」
 ショーツを引き千切られ、露になっているエリカの秘部に指を移動させる。
 徐々に股間に近付くにつれ、彼女の身体が強張っていく。
 そのまま佐藤の指は彼女の股間に到達する。
「んーーっ! ひあぁぁぁぁっ!」
 股間に触れた瞬間、再び彼女は身体を仰け反らせる。
「こっちもいい反応じゃねぇか」
 さらにエリカの股間を弄る。
 指先を蠢かせ、彼女の割れ目の位置を探っていく。
 そして、差し込んだ指で割れ目を開き、彼女の膣内を見る。
「はぁぁっ! んんぁぁっ! ひゃえ……ひゃぇへぇぇぇっ!」
「ほら、どうした? 気持ちいいのかぁ?」
「は、はぇはぁ……あんはあんはぁぁ……」
 おそらく、佐藤の行為などでは感じないと伝えたいのであろう。
 だが、口を塞がれたエリカの声は、佐藤にとっては喘ぎ声にしか聞こえない。
 さらに彼女の敏感な場所を責める。
「ほら……少しずつ濡れて来てるぞ」
「んあぁっ! あぁっ! ひあぁぁっ!!」
「くくっ……やっぱり、気持ちいいんじゃねぇのかぁ?」
エリカの股間を弄っていると、いつの間にか、湿り気を帯びている。
 それはまだ気持ち程度というだけではあったが、確実に彼女の膣口からは愛液が溢れ出
している。
「んっ! あぁっ! あっあっあはぁぁぁっ!!」
「気持ちいいんだろう? 身体は正直だもんなぁ」
「ひゃぇっ、ひあぁっっ! あはぁぁっっ!!」
 大粒の涙を流しながら、いまだに抵抗を続けているエリカ。
 だが、佐藤の行為で力が抜けているのだろう、先ほど以上に、彼女の抵抗は無意味なも
のとなっている。
「ほら、もっとやってやるよ……いい声で鳴いてくれよ……」
「ひあぁっ、あっあはぁぁぁっ!!」
 さらにエリカの股間を愛撫し続ける。
 奥から徐々に溢れ出す愛液が、彼女の股間を妖しく光らせる。
 濃いピンク色の陰唇が彼女の呼吸に合わせ、ゆっくりと蠢く。
「そろそろ……」
 エリカを愛撫する指を止め、佐藤は自分のズボンに手をかける。
 そして、猛る怒張をエリカの前に晒す。
「んんーーっ! ひゃぁぁぁっ! ひゃぁぁぁぁっ!!」
「くくっ……少し待ってろよ……」
「ふぉんはぁ……ひあぁ……ひゃぇへぇぇっ!」
 反り返る肉棒の先端が、エリカの肌に当たる。
 これから何をされるのか理解した彼女は、大きな声で叫ぶ。
「今から、コイツを突き刺してやるからよ……ありがたく思えよ……」
「んっ! んっ! ひゃえへぇぇっ!!」
 押さえ込まれた身体を力いっぱい捩りながら、佐藤の侵入を拒んでいる。
 だが、身体を捩るごとに、エリカと佐藤の距離が近くなっていく。
 ついに、肉棒の先端がエリカの膣口に触れた。
「諦めな……」
 肉棒の先端にエリカの溢れる愛液を塗りたくり、ゆっくりと力を込めていく。
 彼女の膣口を先端が押し広げ、埋没していく。
「はぁぁあっ! あぁっ、あはぁぁっ!」
「ほぉら、ゆっくり、お前のマ◯コが、俺のチンポを飲み込んでるぜ……」
「ひあぁっ、あぁっ! んあぁぁぁっ!!」
 怒張がエリカの膣内に埋まっていくにつれて、彼女は嬌声を上げる。
 溢れる愛液が潤滑油となり、肉棒が奥深くに突き刺さる。
「いい締め付けだ……さすがだねぇ……」
「んあっっ、あっあはぁぁっ!!」
 温かい肉の感触が愛液を通し伝わってくる。
 膣内で蠢く肉襞が肉棒を絡めとっていく。
 肉壁のゼリーのような感触を愉しみながら、佐藤はピストン運動を開始する。
「はぁぁっ! んぁっ、ひゃぅっ!」
「いいぞ……もっとだ……もっとしてくれよ……」
「ふぉんはぁ……あぁっひあぁっ、あっあっあはぁぁぁっっ!!」
 エリカの肉壁を抉るように突き上げる。
 その度に、彼女は艶めいた声を上げ、身体を反り返らせる。
 グチュグチュと淫猥な音を響かせながら、結合部からは愛液が掻き出されている。
「ほら、もっと締めつけてみろよ……」
「んあぁ……あぁ……ひぃっ、あぁぁっっ!!」
 ピストン運動を繰り返しながら、佐藤は空いた指をエリカのケツの穴にあてがう。
 ゆっくりと指でその周辺を撫でる。
「ふぁっ! はぁぁっ! あぁ……あぁぁっ!」
 ケツの穴を撫でられた事で、エリカはビクンと身体を反応させる。
 それに伴い、膣口の締め付けが肉棒に襲いかかる。
 えも言われぬ感触が肉棒を包んでいく。
「そうだ……気持ちいいぞ……」
 締め付けが強くなった股間を、激しく責めたてる。
 肉棒を思い切り突き立てると、先端に彼女の子宮口が当たる。
「あぁぁっ! あっあっあぁぁぁっ! ひぃ、はぁっ!!」
「あぁ……もぅ……イキそうだ……」
 思った以上に、エリカの膣内は心地よい。
 生温かい感触、ゆっくりと絡み、搾り取っていくような肉襞の感触がたまらない。
 溢れ出す愛液が肉棒を伝って、佐藤の下半身を濡らす。
愛液の質も、徐々にサラサラとしたものへと変わってきている。
 どうやら、エリカも感じているようだ。
「はぁっ! あん……あっあはぁぁぁっ! んっんっんーーっ!!」
 子宮口に肉棒が突き刺さる度に、エリカは大きな声で喘いでいる。
 徐々に、彼女の中でも、快楽の波が押し寄せてきているのだろう。
 抵抗していた頃の面影はなくなり、エリカの表情は快楽に歪んでいるように見える。
「イクッ……ほらっ、もっと締めつけてくれよぉ……」
 腰の回転が次第に激しくなり、肌と肌がぶつかる乾いた音が室内に響いている。
 それに加えて、結合部からもれる愛液が弾ける淫猥な音も響き渡る。
 佐藤自身の汗の匂いとエリカの発する女の匂いが鼻腔をくすぐり、それが佐藤の肉棒を
さらに大きくさせる。
腰を突き上げた瞬間、エリカの肉壁がきつく肉棒を締め上げる。
 肉棒の先端から頭の先まで衝き抜けるような感覚が佐藤を包み込み、一気に射精感を高
めていく。
「うっ……!」
「ふぁぁぁっ! あぁはぁぁぁぁあぁぁぁっっ!!」
 次の瞬間、佐藤はエリカの膣内に、精液を解き放った。
 膣内にドクドクとそれが流れ込んでいく。
はぁ……はぁ……んっ……はぁ……」
 呼吸を整えながら、ゆっくりと肉棒を膣口から引き抜く。
 引き抜かれた肉棒には、エリカの愛液が余すところなく絡みついている。
「あぁ……ぁ、はぁ……うぅ……あぁぁ……」
 息も絶え絶えに、エリカはテーブルの上でぐったりとしている。
 どうやら、エリカも同時に果てたようで、まだ余韻に浸っているようだ。
 彼女の呼吸と共に、膣口から練乳が零れ落ちるかのように、精液がゆっくりと垂れ落ち
ている。
「良い格好だなぁ……」
「うぅ……ひぃ……あぁ……うぅ……うぅぅっ」
 テーブルの上で横たわるエリカの姿を見て、佐藤に笑いが込み上がる。
 顔をにやつかせながら、持参したカメラでエリカの恥態を収める。
 カシャ。カシャ……。
「ふぁ……っ、あぁ……」
「くくっ……ほら、いい感じで撮れてるぜぇ……」
衣服が乱れ、あられもない姿になったエリカ。
 その姿は、フィルムに確かに焼き付いた。
 これでこの計画も終了ということになるだろう。
「生意気なお前も、こうなっちゃあ大人しいもんだなぁ……」
 ふと部屋の隅に目をやると、いつの間にか、エリカの口から吐き出されていたショーツ
が転がっている。
 そのショーツは、彼女の唾液で濡れているようであった。
 あまりにきつく噛み締めていたせいか、端の方に血のようなものが確認できた。
「うぅ……うぅぅ……うっうっ……」
「まぁ、恨むなら、自分のその生意気な性格を恨みな……」
 エリカを見下ろすように、佐藤は告げる。
 横たわる彼女の瞳からは、ずっと涙が流れている。
「こんな……っ、あんたなんか……地獄に……うっ……落ちれば……」
「……これに懲りたら、これからは自分の行いを改めるんだな……」
「うぅ……うっ……ゆ、ゆるさ……ないからっ……!」
先ほどまでよがり狂っていた女の言葉とは思えないほど、気丈にエリカは振る舞っている。
 エリカの瞳には憎しみの炎が宿り、涙ながらに佐藤を睨みつけている。
「はぁ……物わかりの悪い女だ……」
 彼女の姿を見て、溜め息しか出てこない。
 これ以上、ここでやり取りをしていても、時間の無駄だろう。
 さっさと出て行く方がいい。
「い、いつか……うっ……絶対に、アンタを……」
「勝手にしろ……お前と話すだけ時間の無駄だからな……」
 ずっと佐藤を睨みつけるエリカに背を向け、佐藤は部屋から去ろうとする。
 が、少し、態度が過ぎる……。
 少しは脅しておいた方がいいかもしれない……。
「一つ、言っておくが……今回の事、誰にも言わない方がお前の身のためだぜ……実際、
 俺はお前の事なんかなんとも思っていない。これが、どういうことか、わかるよな?」
「そ……そんな事っ!」
「ま、お前自身がどうなってもいいのなら、好きにしてくれて結構だけどな……」
 ガチャ。
 そう言い残して、佐藤は部屋を後にした。
 室内から、エリカの泣き崩れるような声が聞こえてくる。
 だが、佐藤は気にする事もなく、そのままその場を後にするのであった。

トゥルルルル~トゥルルルル~。
 小さくコール音が受話部分から聞こえてくる。
(さぁ、出ろ……)
 この計画が吉と出るか凶と出るか……。
 全てはこの電話にかかっている。
 息を呑み、彼女が出るのを待つ。
 カチャ。
「はい? 沢尻ですけど……どちら様?」
 彼女が電話に出る。
 ここからだ……。
 ここからが腕の見せ所だ……。
「もしもし? スターダストプロの佐藤ですが……」
 普段と声色を変え、彼女に話し始める。
 スターダストプロとは、彼女の所属するプロダクションである。
 その名前は個人情報に記載してあった。
「はぁ……、どうしたんですか?」
 少し怪訝な声で、彼女は答える。
 普通なら、マネージャーの方から連絡があるはず。
 事務所から直接電話がかかってくるのは、めったにない事であろう。
「すいません、今、お時間よろしいですか?」
「えぇ、いいですけど……」
 彼女に餌を撒いてみる。
 偽りのオーディションではあるが……引っかかってくるか……。
「マネージャーの方から通達がありまして……
 新しい仕事のオーディションがあるんですが……」
「えっ!? 新しい仕事ですか?」
 瞬時に、彼女の声色が明るいものへと変わる。
 どうやら、餌にかかったようだ。
 単純な奴だ……。
「えぇ、映画の主演を募集しているのですが、事務所の方から、私が沢尻さんの担当にな
 りまして……報告させて頂いた次第です」
「そうなんですか。 いつ、オーディションがあるんですか?」
 電話の向こうで、彼女は妙に明るい声で話しかけてくる。
「えっとですね……急で申し訳ありませんが、明日の午後10時からなんです……
 お時間のご都合、大丈夫でしょうか?」
「大丈夫ですよ~。10時ですね。わかりました♪」
 単純さも、ここまで来ると感心する……。
 まぁ、だからこそ、騙し易いのではあるが……。
「監督さんの意向で、場所は◯◯ロイヤルホテルになります。わかりますか?」
「はい。大丈夫ですよ~♪」
「諸々の手続き等は、こちらの方でやっておきますので」
「助かります~。あぁ、楽しみだなぁ」
 電話の向こうで、エリカは期待に胸を膨らませている。
 その期待が、絶望に変わる事も知らずに……。
「それでは、遅れないよう、よろしくお願いしますね」
「はい♪ こちらこそ、よろしくおねがいしま~す」
 ピッ。
 喜んで電話に答えるエリカの声を最後に、佐藤は電話を切り、携帯を胸のポケットにし
まった。
「ククク……ははははっ」
 彼女とのやり取りを終え、笑いが込み上げてくる。
(くくっ こんなに、上手くいくとは。本当に馬鹿な女だ!)
 これほど簡単に事が運ぶとは思ってもいなかった。
 心配していた自分が馬鹿らしい。
 窓の外では夜の喧騒が聞こえ、空には月が輝いていた。
 ――一週間前。
 沢尻エリカお仕置き計画に見事成功した佐藤は、証拠の写真を例の飲み会参加者たちに
披露していた。
 参加者たちから佐藤に向けて、賛辞が述べられる。
「いやぁ、よくやったなぁ」
「ほんと、お前、こっちの仕事の方が向いてんじゃねぇの?」
 実際、雑用係にしておくのは勿体ないほどの裏の仕事っぷりではあった。
 しかし、佐藤としては、これ以上危ない事をしたくはなかった。
 沢尻エリカもあれだけの事をされたのだ。少しは大人しくなるだろう。
 皆の鬱憤を晴らすのは、撮ってきた写真で充分なはずだ。
 だが、満足して去って行くはずの先輩たちの口から次に出た言葉は……。
「次は動いてる沢尻エリカを頼むよ」
「お前ならやれるよ」
「じゃあ、頼んだよ」
 無責任な言葉とともに去っていく先輩たち。
 独り取り残された佐藤。
「マジかよ……」
 だが、こうなってはやるしかないだろう。
 それも、沢尻エリカを完全に堕とすくらいの映像を撮らなくては……。
 こうして、佐藤の次なる戦いが始まったのだった。
「ふぅ……」
 ホテルの室内に、佐藤が吐いた煙草の煙が広がっていく。
 この場所についてから、既に30分以上が経とうとしていた。
(しかしまぁ……よく準備してくれたものだ……)
 部屋の中には、テーブルとソファーが準備されている。
 一見、本当にオーディションが行われるような雰囲気が演出されている。
 また、ここからはわからないが、撮影用の大掛かりな機材が準備されている。
「お前らにも迷惑をかけるな……」
「いえ、佐藤先輩の頼みですんで。
 それに、俺らもあの女には嫌な思いをさせられましたから」
 佐藤の横には、今回の計画のために呼んだ撮影班の岡野と協力班の内山が立っている。
 今回はさすがに1人では厳しいため、後輩にわけを話して頼んだのだ。
「さて、ターゲットが来るまで、後もう少しあるな。 計画の確認をしておくか……」
 佐藤は目の前に立っている男たちに声をかける。
 仕事の協力をしてもらうからには、計画に沿って動いてもらわないといけない。
 失敗する事が無いよう、彼らに話を続ける。
「とりあえず、オーディションを偽る。 顔の割れている俺がここにいるのはまずいから
 ……まず、お前たちがターゲットの相手をしてくれ。
 俺は、隣の部屋で待機しておく……何かあったらすぐに連絡してくれ」
 内山に面接官をさせ、佐藤は機会を伺う寸法である。
 こうする事により、不意に彼女を襲う事ができる。
「ビデオ撮影の方は、俺が現れてからにしよう。 くれぐれも、最初から撮影はするな」
 オーディションが始まる前からビデオを撮影すると、彼女に疑われる可能性がある。
 不安分子は最初から潰しておくに越した事はない。
(よし……後はアイツを待つだけだ……)
 計画の確認が終わり、佐藤は隣の部屋に身を隠す。
(さて、後少しだな……)
 目の前に、一台のモニターが設置されてある。
 その電源を入れると、隣の部屋が映し出される。
(これで、隣の様子もわかる……)
 撮影が失敗した時の事を考えて、自前で準備したビデオカメラが、このような形で役に
立つとは、思いもしなかった。
 隣の部屋の物陰にビデオカメラを隠し、それに映った映像が佐藤の目の前のモニターに、
リアルタイムで送信されている。
(思った以上に綺麗なもんだ。これで撮ってもよかったな……)
 失敗した時は、これを見せれば問題はないだろう。
 別の策も練っておいて、正解といったところであろうか。
 時計を見ると、もうすぐ指定の10時になろうかという時間である。
 少しずつではあるが、心が高揚してきている。
 エリカが現れないという不安もある。
 だが、佐藤はエリカが現れると確信している。
 これといった根拠はないが、彼女のあの喜びようから判断すると、かなりの確率で現れ
てくれるだろう……。
 コンコン。
(来たな……)
 隣の部屋から、ノックの音が聞こえる。
「し、失礼します」
 明るい声で、「沢尻エリカ」が現れる。
 普段と同様の服装ではあるが、どことなく緊張しているようである。
 微妙に声が裏返り、言葉を詰まらせている。
 エリカはゆっくりと面接官のいる方へと歩を進め、ソファーの横で立ち止まる。
 そして、偽りの面接が始まった。
 面接官を装った内山は、エリカに質問を投げかけている。
 エリカもまた、その質問に答えているが、どうもまだ緊張が抜けきっていない。
(よくもまぁ、こんなので、人前に立つ仕事が出来るもんだ……)
 彼女の受け答えを聞いていると、笑いしか出てこない。
 普段、あれほど勝ち気な女が、これほど緊張癖があるとは……。
 人間、見た目ではないという事であろう……。
 内山も、笑いを堪えるのに必死な形相である。
(さて、お遊びはこれくらいにして、そろそろやるか……)
 佐藤はその場から立ち上がり、隣の部屋へと向かった。
 ガチャ。
「は、はい、それは……!?」
 目の前では、偽りのオーディションが行われている。
 面接を受けるエリカは横から聞こえてきたドアの音に気付き、こちらを振り向く。
 そして、佐藤の顔を見た瞬間、彼女は硬直する。
「よくそれでオーディションを受ける気になったな」
 エリカを見つめほくそ笑みながら、ゆっくりと彼女に近付いていく。
「あ、アンタ……! 何でここに……! アンタなんかが、来れるところじゃないっ!」
「随分酷い事を言うじゃねぇか……」
「で、出て行きなさいよ! 邪魔しないで!」
「ん? 何の邪魔なんだ? オーディションのことかぁ?」
 緊張の糸が切れたエリカは、佐藤に向かって罵倒する。
 だが、そんな彼女の姿が、佐藤には笑えて仕方がない。
「くくっ……まだ、オーディションを受ける気でいるのか?
 馬鹿な奴だ……なぁ、お前もそう思わないか?」
 笑いながら、エリカを面接していた内山に話しかける。
「えぇ……もう、笑いを堪えるのに必死で……」
 彼女の目の前で、佐藤と協力班の内山が笑い声を上げる。
「あ、アンタ達……も、もしかして……!」
「あぁ、その通りだ……これはオーディションなんかじゃない。
 お前を陥れるために、芝居をしていたんだよ……」
 全てを悟ったエリカの表情は、凍りつき、徐々に青ざめていく。
「か、帰るわ! こんなところにいたら、何をされるか!」
 そう言って、彼女は入口に向かって走り出そうとする。
 だが、内山が行く手を塞ぐ。
「どこに行こうというんだ?」
「どきなさいよ! アンタ達に関わっている暇はないのよ!」
「無駄だよ……逃げられると思ってるのか? ほら、出て来いよ……」
 エリカが内山に罵声を浴びせかけている後ろで、佐藤は撮影班の岡野を呼び寄せる。
 すると、佐藤が現れた部屋とは別の部屋から、機材を持った岡野が現れる。
「今から、撮影を行う……準備はいいか?」
「えぇ、ばっちりです。良い画を撮りますよ」
「な……!? 何するつもりなのよ!」
 佐藤のやり取りを聞いたエリカは、恐怖に顔を引きつらせる。
 そんなエリカに、佐藤はゆっくりと近付く。
「見てわからないのか? お前のビデオを撮るんだよ……」
「私のって……や、やめなさいよっ!」
 佐藤に向かって、エリカは悲痛な叫び声を上げる。
 恐怖から、彼女は瞳に大粒の涙を溜めている。
「さて、やるとするか……」
 協力班の内山に顎で指示すると、内山は頷いて、エリカの元に歩み寄る。
 そして、エリカの身体を押さえ付ける。
「やめ、やめてぇっ! いやぁぁぁぁっ!」
 男に押さえ付けられたエリカは、大きな声で叫ぶ。
 だが、この部屋の防音設備は完璧であり、周りに声が漏れる事はなく、ただ、室内に彼
女の声が響き渡る。
「ソイツの服を脱がしてやれ……」
 内山はにやにやしながら佐藤の言うことを聞き、エリカの衣服に手をかけていく。
「いやぁぁぁぁあっっ! あぁぁぁぁあぁぁぁぁっ!!」
 男の手にかかり、エリカの衣服は、あっという間に脱がされていく。
 エリカは大声を上げながら抵抗するが、男の力には敵わない。
 そうこうしている内に、彼女の柔肌が露になり、空気に晒される。
「くくっ……やっぱり、いい肌をしてるな。
 さすがに女優は手入れの仕方が違うみたいだなぁ……」
 肉厚な胸や太股、そして、バランスのとれた肢体。
 彼女の作り上げられた肉体美は、見る者を魅了して放さない。
「こんな……こんな事って……あぁ……いやぁぁっ!」
「お前も、つくづく運が悪いな」
「アンタ達……こんなことして……ただで済むと思ってるの……っ!」
 エリカの瞳から、涙が零れ落ちる。
 頬を伝い、一筋の跡が残る。
「さぁ? 俺の知った事じゃないね。 それに、ただで済まないのはお前の方だ。
 さぁ、やっちまいな」
 エリカの問いに答える気もなく、無感情に内山に命令する。
 内山は何も言わず、半裸状態になったエリカをその場に突き飛ばす。
「きゃぁぁぁっ! な、何すんのよ!」
 相変わらず、強気に言い放つ彼女。
 だが、下着も既に剥ぎ取られ、床に横たわるエリカは自分の大事な部分を、男の前に晒
している。
「お望みのようだ……入れてやれ……」
 床に横たわるエリカを見下したように鼻で笑いながら、佐藤は内山に命令する。
「それじゃ……」
 内山はズボンから自分の猛る肉棒を取り出し、エリカの目の前に晒す。
 反り返った怒張は、彼女の目の前で激しく自己主張している。
「あ……あぁぁ……いや、いやぁぁ……」
「ほら、しっかりチンポを咥え込めよ……」
「うぅ……いやぁっ! あぁぁ……ああぁぁぁぁっ!!」
 それを目の当たりにしたエリカは、小さく叫びながら、恐怖に慄く。
「存分に愉しんでくれよ……」
 エリカにそう言い放つと、内山は彼女の濡れていない膣口をいきなり貫いた。
「ひぎぃっ! いやぁぁっ! いた、痛い……いたぃぃぃっっ!
 抜いて、抜いてぇぇっ!」
「くっ……きつい……あぁ……でも、気持ちいい……」
「ひあぁぁっっ! あっあぁぁぁぁっ! いやっっ、痛いっ! あぁぁぁぁっっ!!」
 いきなり貫かれたエリカは、悲痛の叫びを上げる。
 肉棒が埋没する結合部からは、無理矢理貫かれたためか、軽く肉が裂け、赤い鮮血が流
れている。
「良い声で鳴くもんだなぁ。 どうだ? ちゃんと撮れてるか?」
「バッチリです」
 カメラのファインダーが、目の前の痴態をじっくりと収めている。
「いやぁぁっ! 痛ぁぁ! ひぐっ、あぁぁあぁぁぁっ!!」
「ほら、どうだ? 気持ちいいだろう?」
「あぁぁっ! 気持ち良くなんかぁぁっ! あぁっあはぁぁぁっ!!」
 痛みにもがき苦しむエリカ。
 だが、そんな彼女を見て、内山は楽しそうにピストン運動を繰り返している。
「どんな感じだ?」
「ひあぁっ、あっあはぁっ! いやぁっ! あぁぁっっ!!」
 泣き叫ぶエリカに問い掛けてみる。
 エリカは佐藤の声が聞こえていないのか、ただ叫び声を上げている。
「いやぁっ! あっあっぁぁん! くっ……ひあぁぁぁっ!」
「コイツのマ◯コ、どんな感じだ?」
「えぇ……きつくて……良い締め付けです。
 それに……膣内から愛液が溢れてきます……」
 エリカを犯す内山に問い掛けると、内山は気持ち良さそうに答える。
 結合部からは赤い鮮血に混じり、透明な液体が流れていた。
「無理矢理犯されて、愛液を流してるのか……? 淫乱な女だ……」
「そん……ひぁぁっ! ぐっ……あはぁっ! いやぁっ! いやぁぁぁぁっっ!!」
 佐藤の言葉に、エリカは反応する。
 徐々に、悲鳴の中に艶めいた声が混じってきているようである。
「はぁ……いぃ……」
「あぁぁっ! あんっあぁぁっ!! んあぁぁっ! もう、もういやぁぁっ!!」
 情けない声を上げ、内山はピストン運動のスピードを上げていく。
 エリカの股間と内山の股間がぶつかり、拍手のような音を立てている。
「しっかりしろよ……? それだと、俺が愉しめなくなるだろう?」
「す……すいません……」
 快楽に打ち震える内山に、檄を飛ばす。
 こんなに早く終わってしまっては面白くない。
「はぁぁ……あっあっあっ! んんっ、はぁぁっ! ひゃぁっぅ!」
「ほら、もっと感じていいんだぜ?」
「あぁ……いやぁぁぁぁっ! そんな、そんなぁぁぁっ! あぁっあひぁぁぁっ!!」
 佐藤の声で、内山はさらに激しく、エリカの奥を突き立てる。
 その度に、エリカは身体を跳ね上がらせ、淫猥な嬌声を放つ。
 結合部から垂れ流れる彼女の愛液が、ゆっくりと床に滴り落ちている。
「お前も、気持ち良くなってきたんだろう?
 こんなにパックリとチンポを咥え込んで……」
「そ……そんなことっ! いやぁっ! やめっ、やめてへぇっ! 言わないでっ!」
 結合部の様子を話すと、エリカは羞恥に顔を歪め、涙が零れる。
 だが、エリカの股間は、内山の肉棒を美味しそうに咥え込み、陰唇がヒクヒクと痙攣し、
涎を垂らしている。
「お前のマ◯コ、ドロドロだぜ……? 良い光景だなぁ……」
「あっあっあっあぁぁぁっ!! いやぁあぁぁぁぁぁっっ!!」
 佐藤の声は、一応、エリカの耳には届いているようだ。
 だが、繰り返される激しいピストン運動に、エリカの声は、途切れ途切れに聞こえてくる。
「さ、佐藤さん……も、もうイキそうです……」
「だらしねぇなぁ……仕方ねぇ……イッていいぞ……
 ただし、膣内には出すな……膣内に出すのは俺だからな……」
「は、はい……」
 佐藤の許しを得て、内山は腰の回転数を次第に上げていく。
 内山の汗と、エリカの汗と愛液が混じり、股間からは淫妖な音が漏れる。
 エリカの肢体は、元の色より赤みを増し、女の匂いが気化し、佐藤の元へと流れてくる。
「あぁっ! あんっ! あっあっはぁっ! ひぃっあっ!」
「はぁ……あぁ……イ、イク……」
「ほら、もっと締めつけてやれよ……コイツをイカせてやれ……」
 内山の果てそうな姿を見て、エリカに膣口を締めるように命令する。
 もはや、快楽を求めているようにしか見えないエリカは、自分の腰を突き出し、尻を締
めるように振る舞う。
「あぁっ! はぁぁっ!」
 次の瞬間、内山は裏返ったような声を放ち、肉棒を引き抜く。
「あぁ……あぁぁぁ……はぁっぁ……んっんぁぁっ!」
「うぅぅっ!」
 絞り出すかのように、内山はエリカの身体に精液をぶちまける。
 大量に放出された精液が、エリカの身体をみるみる間に汚していく。
 そして、むせ返るような匂いが室内に充満していく。
「あぁ……あぁぁぁ……はぁ、はぁ……ん、あぁぁ……」
 恍惚としたような表情で、エリカは精液を受け止めている。
 そして、汚れた身体のまま、その場で横たわっている。
「さて、それじゃ、俺も頂くとするかねぇ……良い感じに解れたようだし……」
 ねっとりと身体中に精液を浴び、横たわるエリカに近付き、佐藤は自分の肉棒を彼女に
向ける。
 今までの行為で興奮しているのか、佐藤の肉棒は痛いくらいに猛っている。
「ほら、お前も参加しろ? 撮影はそっちに任せればいいから……」
「いいんですか?」
「あぁ……お前も我慢できなさそうな顔をしてるしな……」
 撮影をしていた岡野を呼び寄せる。
 男は嬉しそうな顔をし、自分の肉棒を空気に晒す。
 先ほど、エリカとまぐわっていた内山は、息を切らしながらカメラを回している。
「俺はマ◯コを犯す。 お前は口を犯せ……いいな?」
「はい、わかりました」
 横たわるエリカをうつ伏せにし、肉棒を向ける。
「あぁ……いやぁ……いや……やめ……やめてへぇ……」
「ほら……いくぞ……」
「ひあぁぁっ、いやぁぁっ! あぁ……やめてよぉぉっ!!」
 涙ながらに懇願するエリカ。
 だが、佐藤たちは気にする事もなく、前と後ろの口に肉棒を挿入する。
「んんっ! ふぁぁぁっ! はぁぁぁぁぁっ!」
 エリカの膣口と口が、それぞれの肉棒を咥え込む。
 膣口は先ほどの行為で解れ、心地よい締め付けを佐藤に与える。
「ほら、しっかりとしゃぶってやれよ」
「んっんはぁぁ……あっ……んあぁぁっ! あぁっあぁぁっ!!」
 そう言いながら、佐藤はピストン運動を開始する。
 膣内で反り立つ肉棒が、エリカの肉壁を抉る。
 そして、腰を引くと、膣内に溢れる愛液が膣口から漏れ出す。
「ふぅんっ! あはぁっ……んっんっ! んんっっ!」
「ほら、休んでないで、もっとしっかり……こっちも締めつけてくれよぉ?」
「んぁぁっ……ちゅ、んはぁっ……あっあっいやぁぁぁっ! んっんんあぁぁ……」
 大粒の涙を流しながら、エリカは岡野の肉棒をしゃぶる。
 ジュパジュパと大きな音が、彼女の口元から聞こえてくる。
「あぁ……コイツ……う、上手い……」
 佐藤に股間を犯されながらも、エリカは丹念に岡野の肉棒を舐める。
 岡野は舐められる悦楽に身を委ねながら、情けない声を上げている。
「前の口だけじゃなく、下の口にも力を入れるんだよ?」
「あぁぁっ! んっ! はぁぁ……あぁ……んぁぁっ!」
 岡野の肉棒を大きな音を立ててしゃぶりながら、嬌声を上げる。
 苦しそうな喘ぎ声が室内に響いている。
 佐藤はピストン運動のスピードを上げ、エリカの奥深くを何度も何度も突き上げる。
「んっんんーーっ! んはぁ……あぁっ……んあぁぁぁっ! はぁぁっっんっ!」
「ほらほら、チンポが奥に当たってるぞ」
「んっんんあぁっ! あぁ……んっんんはぁぁっ! いやぁっ、あぁぁっ!!」
 先端に子宮口が当たる感触があり、それが佐藤に快楽を与える。
「そら、どうした? もっと締めつけねぇと、終わらねぇぞ?」
「ふぁぁ! あんっあっあはぁぁっ! ひゃぁっっ!」
 力強くエリカの子宮口を突き上げる。
 その度に、彼女は大きな声で喘ぎ、膣口からは愛液が噴き出す。
 グチュグチュと結合部から大きな音を立て、割れ目がゆっくりと佐藤を締め上げる。
「あぁ……いいぞ……俺も、もっとしゃぶってくれ……」
 岡野はエリカの頭を抱え、自分の股間に押し付ける。
「んんっ!! かはっ、げほっ! あぁっあはぁっ!」
 喉の奥まで差し込まれた肉棒に、彼女は思わずえづいてしまう。
 肉棒を吐き出したエリカの口元から涎が垂れ落ちる。
「ほら、しっかりしゃぶってくれよぉ?」
「ああぁっ、いはぁっっ! もう、もうダメぇぇっ! あぁぁっ!」
「ほら、コレでどうだ?」
 エリカの腰を力強く掴み、勢いをつけ、奥を突き上げる。
「あぁぁぁっ! はぁんっ……あはぁぁぁあぁあっ!!」
「ほら、しゃぶってやれよ……」
「うぅ……うっ……ん……んっはぁ……んっんんーーっ」
 佐藤の突き上げに、エリカは身を捩らす。
 そして、再び岡野の肉棒を咥え、音を立ててしゃぶり始める。
「あぁ……いい……気持ちぃぃ」
 岡野はねっとりと肉棒に絡みつく舌の感触を愉しむ。
 彼女の舌が先端を刺激しているのだろう。
 佐藤もエリカの腰に当てていた手を、結合部付近に持っていく。
彼女のケツの穴を、ゆっくりと指の腹で撫でる。
「んっっ! ふぁぁっ! あはぁぁぁ……」
 アナルを触られた刺激から、エリカはビクンと身体を跳ね上げる。
 菊座がキュッとしまり、膣口に連なった括約筋が、締め付けを上げる。
「そうだ……良い感じぞ……」
 急激な締め付けが、佐藤の肉棒に襲い掛かる。
 膣内で肉棒に絡まる愛液と肉襞が、カリを絡めとる。
 腰のピストンに合わせ、その部位が刺激を与えてくる。
「あぁ……もうだめだ……」
「おいおい、もう終わりか?」
 岡野が、情けない顔で絶頂を迎えようとしている。
 エリカの口の中で、岡野の肉棒が急激に膨張し、暴れ始めている。
「ふぅぅんっ! あぁっ……んっんっんっ……はぁぁっ!」
 エリカの口の動きが急に激しさを増す。
 こんな行為を早く終わらせたいという理性からなのか、それとも快楽を求める事からの
行為なのか、既にわからなくなっている。
 舌の先端が、岡野の肉棒を突っつく。
 尿道口から腺液が漏れ出し、エリカの口の中に広がっていく。
 むせ返るような匂いで、彼女の口内が溢れる。
「仕方ねぇなぁ……俺もイクか……しっかり締めつけてくれよぉ?」
 エリカの膣口が壊れんばかりに、激しく、速く突き立てる。
 肌が当たる音。
 結合部の淫猥な響き。
 肉棒をしゃぶる音。
 そして、エリカの喘ぎ声が一つになり、異様な雰囲気が辺りを包む。
「あぁ……い、イク……あぁぁっ!」
 我慢できなくなった岡野がエリカの口から肉棒を取り出し、彼女の顔面に精液を放つ。
「ふぁぁぁぁっ! あぁぁっひぃぁぁぁぁっっ!!」
 男が果てた瞬間、エリカの肉壁が一気に締めつける力を上げる。
 肉棒に衝き抜けるような快楽が走り、一気に射精感を引き上げる。
 そして、佐藤の肉棒がエリカの膣内で暴れ回り、爆発する。
「うっ!」
 エリカの膣内に、精液を放つ。
 白濁液を吐き出した肉棒は、今も彼女のなかでビクビクと脈動を繰り返していた。
 肉棒を膣内から引き抜く。
「あぁ……あはぁっ……ん……あぁ……」
 絶頂の余韻に浸り、身体中精液まみれになったエリカ。
 手を放すと、そのまま力なく、床に倒れ込んだ。
 床に倒れ、汚れた姿で、エリカは涙している。
「うっ……うぅ……はぁ……あぁぁぁ……」
 まだ、身体が火照っているのであろうか、喘ぎ声とも呻き声ともとれる声で、彼女は泣
いている。
「よし……お前達は、帰っていいぞ」
 佐藤の言葉に、男たちは頷くと、そのまま荷物をまとめ、部屋から出て行った。
(とりあえず、これで終わりだな……)
 目の前では、エリカが横たわっている。
 肩で息をし、今にも事切れそうな雰囲気が漂う。
「なん……なんで……わた、し……こんな事を……」
 自分の置かれた境遇に、エリカは涙する。
 無理もない。何の問題もなく暮らしていた日常が、いきなり崩壊したのだ。
「うぅ……うぅぅっ……アンタなんか……アンタなんか……」
 エリカは力なくこちらを向く。
 蔑むような瞳で佐藤を睨みつけてくる。
「前にも言ったが、妙な気は起こすなよ……
 お前自身がどうなってもいいんなら、話は別だがな……」
「うっ、うぅぅ……うっうっ……」
 エリカは俯き、泣き崩れる。
 強気な性格が、ここに来て反転しているようにも思える。
 それほど、彼女は弱い存在だったのかもしれない。
「それだけだ……じゃぁな……」
 泣き崩れるエリカを尻目に、佐藤もまたホテルの部屋から出て行くのであった。

【了】
関連記事


純愛・恋愛 | 【2017-07-07(Fri) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*