FC2ブログ

ポチ

高2の夏休みに、母の実家に帰省した時の事。
母の実家は田舎で、しかも山奥で・・・
正直高2の女の子が、行って楽しい所じゃない。
お洒落な所なんて勿論ないし、これと言った名所もない。
山だから泳ぎにも行けないし、山と言っても登山するような山じゃない。
虫は飛んで来るし、トイレは汲み取りで臭いし・・・
「行きたくない」って言ったのね。
だけどあたし、一人娘の一人っ子だから、1週間近くも一人で留守番なんて、両親は勿論させてくれない。
半ば強制的に、新幹線に乗せられたようなもの。
そんな田舎だけど、とりあえずの救いは携帯が入る事かな・・・
やる事ないあたしは、宿題やってるか、こっちの友達とメールしてるかで。
友達とメール出来てなけりゃ、あたしの頭は狂っちゃうかもね。

母の実家には、祖母と母の弟と、その奥さんと子供が3人。
ユウ君(11歳)を筆頭に、レミちゃん(9歳)、シンヤ君(8歳)がいて・・・
この子達、都会育ちの私からしてみたら、そりゃもう野生児って感じで。
いつも野山を走ってるし、声は大きいし、たくましい感じの子達。
ガキのくせして、色白のあたしを「もやし」とか言ってバカにするの。
もう頭きちゃう。
ちょっと相手にすると調子に乗るし、相手にしなきゃ、それを母に告げ口。
「少し位遊んであげなさい」なんて、なんであたしが小言言われなきゃいけないのよ!
だから子供ってキライなのよね。

ここに来て3日目の事、両親と祖母、叔父夫婦が町まで買い物に行ったのね。
あたしも誘われたけど、町って言っても田舎は田舎。
目新しい物なんて当然なくて、行っても何も面白くない。
それで、「ここで宿題してる」と断ったら・・・
「じゃ、ユウ君達をよろしくね」だって・・・
「ウルサイから連れて行ってよ~」なんて、言いたかったけど言えるはずもなく。
だからってあたし、遊んでなんかあげないんだからっ!
そう!あたしは宿題するのよ!

ところがね・・・
親がいない事をいい事に、ユウ君が友達を連れ込んじゃって・・・
レミちゃんやシンヤ君と合わせて7人。
何やらユウ君の部屋で大騒ぎ。
丁度あたしが勉強してる、居間の真上の部屋だから、そりゃもうウルサイったらありゃしない!
そうでなくても、苦手の数学やってるのに、これじゃ捗る訳もなく・・・
あたし、とことんイライラしちゃった。
そんな時、ユウ君が麦茶飲みに下りて来て、あたしを見てこう言うの。
「もやしッ子、相撲しようぜ!高校生だけどもやしだから、オイラ達より弱いだろ?」って・・・
そりゃあたし、あんた達程たくましくはないけど、中学まではバスケやってたのよ!
体力には自信があるんだから、小学生なんかには負けないわよ!
それで、あたしが勝ったら外で遊ぶ事を条件に、勝負を受けたあたし。
見てなさい!ギャフンと言わせてやる!

まずはユウ君だけど、簡単に投げ飛ばす。
ユウ君の友達4人は、正直ユウ君程は強くなかったから、これも簡単にねじ伏せる。
見た?これがあたしの実力よ!さぁあんた達、外に行きなさい!
ところがユウ君は、意外と負けず嫌いで・・・
「よし!こうなったら、全員で攻撃だ!」って、それ反則だよ~
レミちゃんやシンヤ君まで加わって、7人が一斉に向って来たら、大人の男の人でも勝てないって・・・
足をすくわれ、頭をモロに床にぶつけちゃった。
で、朦朧とする意識の中、ユウ君の声がなんとなく聞こえて来た。
「相撲やめて、もやしを解剖しようぜ!」
「なんかマズイ・・・」と思ったけど、脳震盪起こしてるから、体が自由には動かない。
一体どうなるの?あたし・・・

両手、両足を子供達に抑えられ、おなかにユウ君。
あたしの着てたTシャツをめくって、白いおなかを見て笑ってる。
その後一気に首までまくって、ブラの色までも笑ってる。
「白だってさ~ガキみてぇ」「色気ねぇなー」
余計なお世話よ!
「おいみんな!ミカ姉ちゃん(あたし)のおっぱい、見てみるか?」
歓声を上げる子供達。
「よし」と言うが早いか、ブラまでまくられちゃって・・・
その上ガキ共、「ちいせー!お母さんよりちいせーや!」だって。
「ちいせーから、大きくなるオマジナイだ!」なんてユウ君が言い出して・・・
誰にも触らせた事ない所、11歳のクソガキに触られちゃった。

この頃になると意識もはっきりしてきて、「やめなさい」とか「離しなさい」とか叫んでたけど、まるで聞く耳なし。
ユウ君に触られ、くすぐったいやら、何か変な感覚。
「感じねぇなー。姉ちゃん不感症か?」だって。
たく、最近のガキは!
「舐めてみたらどうよ?」なんて、あたしの右手を抑えてた子がいきなり。
「そうだな・・・」ってユウ君、お願いだから吸い付かないで~
もっとくすぐったくなって、身を捩じらせ出したら、「おっ!感じてきたぞー」って、違いますからっ!
そのうち、レミちゃんまでもが加わって、右をユウ君、左をレミちゃんに舐められて・・・
いくら無理矢理でも、いくら相手がガキでも、やっぱ胸は女の子の泣き所。
段々と変な気分になってきちゃったあたし。
そしたらユウ君が、何やらレミちゃんに耳打ちして・・・
頷いたレミちゃん、部屋を出てどっか行っちゃったと思ったら、何やら段ボールを抱えて戻って来た。
中身をあたしの顔の横にばらまいて、「何だろ?」と思ってそれを見たら・・・
使った事はないよ、あたしバージンだもん。
でもネットとかでは、見た事ある物もあるな~知らないのもあるけど・・・
って一体、どっからこんなもん!
「父ちゃん達が使ってんだ!これで姉ちゃん、可愛がってあげるから」って、結構ですっ!

「最初はこれでいいね」って取り出したのは、ローターです・・・
それで乳首周りを刺激して、「立って来た、立って来た」と喜ぶガキ共。
おまけにあたしに対し、「こんなので感じてるんだ~ヘンタイだ~」とか言って来るし。
ガキのくせに、こんなのの使い方知ってる、あんた達の方がヘンタイだって!
しばらく胸を弄んだ後、後ろ向きになったユウ君。
ショートパンツの隙間から、あたしのアソコに当たるように、ローターを入れちゃった。
あたし・・・もうダメ・・・
嫌なのに、感じたくないのに、体が反応しちゃって。
しかもそれ、ガキ共がイチイチ指摘するから、恥ずかしいやら悔しいやら。
「ダメだ」と思えば思うほど、体が反応するんです。
しかも、さっきまでローターで弄ばれてた胸、またもやレミちゃんと、今度はシンヤ君が加わって・・・
程なくして・・・
不本意ながら逝ってしまったあたし。

「わぁ~小学生に逝かされてんの~」って言われ、悔しくて泣けてきちゃった・・・
でも逝ってもなお、パンツの中に入ってるローター。
一度逝って敏感になってるから、気持ちよくなるのに時間はいらない。
しかも前よりもっと気持ちよくて、声まででちゃった・・・
「お母さんほど、声大きくないね~」ってレミちゃん、あなたのお母さんは、一体どんな声出してるのよ!
それより何よりあなた達、一体何を見てるのよ!
「逝く前に、逝っちゃうって言わなかったら、ずっとローター抜いてやんね」ってユウ君・・・あんた鬼だ。
「ミカ、逝っちゃう~って言うんだよ」って、言える訳ないでしょ!
でも人間、極限まで追い込まれると、それを避ける為には何だって出来るのよね・・・って実感。
6回目についに、言っちゃったあたし。
みんあゲラゲラ笑ってるけど、こっちは必死なんだって!
でもお陰で、やっとローター地獄から開放されました。

「そろそろ、手を離しても大丈夫じゃない?」
はい、大丈夫です。あたしはもう、頭が変になってますから・・・
服を脱がされていくの、勿論分かってました。
「逃げなきゃ」とは、頭のどこかで考えてるんです。
でも・・・体が動かないんだもん・・・
「はい、これでスッポンポン」
最後に残ったブラを取られ、あたしは小学生の前で、初ヌード披露です。
それって悲しすぎる・・・
足を広げられ、何かを装着されてるのも分かってました。
でも・・・って、5行前と同じデス。
手首にも何かを装着され、ヒザを立てられ、足首と手首が一体化。
身動き出来ぬとはこの事です。
そして動けないあたしに、一斉にシャッター音。
田舎でも、今時の子って、携帯持ってるんですね・・・

「ミカ姉ちゃんってバージン?」
撮影を終え、そう聞いてくるユウ君。
そうだけど、でもなんであんたに、そんな事答えなきゃいけないのよ!
黙ってるとユウ君、「素直じゃないんだ~お仕置きだね」って・・・
「よし、みんな。うつ伏せにするぞ!」って声を合図に、あたしはあっさりうつ伏せに。
手足を固定され、ヒザを曲げられてるから、お尻を突き出す恥ずかしい格好に。
「ミカ姉ちゃんの肛門、写真撮っちゃえ~」って悪魔っ!
膨らんだ部分を広げられた後、無数のシャッター音が・・・
しかもみんな口々に、「汚い」とか「オェーッ」とか。
写してくれなんて、あたしは頼んでないよ!

「まだ素直にならないんだね」
そう言うとユウ君、30cmスケールをあたしに見せる。
「これで調教するからっ」って・・・
痛いんですけど。
マジ泣きそうな位、痛いんですけど。
もういいよ!教えるよ!あたしはバージンだよ!
「なに?その言い方。」
は?ちゃんと言ったから許してよ。
「ミカは17歳にもなって、情けないけどバージンです。まだまだ子供ですので、みなさま可愛がって下さい。」
そんな事、言えるわけないでしょ!って、最後には言っちゃったんだけどさ。

「ではここで、姉ちゃんの初めての相手を紹介しま~す。ジャーン」
相手って・・・なに?バイブ?やだー!絶対やだー!
「まだ分かってないの?自分の状況」
スケールでまた、しこたま教え込まれました。
スミマセン・・・ゴメンナサイ・・・なぜ謝らなきゃいけないのよ!
「子供だったミカが、これから大人の仲間入りをします。どうぞ優しくお願いします。」
ちゃんと言ったのに、いきなりズボッって・・・
「あっ入った・・・」じゃないのよ!痛いのよ!
しかもガキに、「大人の仲間入り、おめでとー」って、何で頭撫でられないといけないの?
「大人になった瞬間、顔とオマンコ、きちんと動画に撮ったからね」
「ありがとうございます」なんて、なんであたしお礼言ってるの?
「痛みが消えるまで、このままにしてよう。」
「じゃ、何する?」
「しばらく放置して、アイスでも買いに行こうか」
あんたら・・・大概にしときなさいよ。

程なくして、帰って来たガキ共。
「どう?気持ちいい?」って、いいわけない!違和感ありまくりだっての!
「一端抜いて、血をぬぐってから、また入れよう」
はい・・・好きにして下さい・・・
ウィーン・・・気持ちいいです。
「アナルもローターで気持ちよくしてあげるね。」
ウィーン・・・ありがとうございます。
「逝く時は、なんて言うの?」
ミカ・・・逝っちゃうぅぅぅぅぅぅぅぅぅ
「ダメー」
な、なんでよ?ちゃんと言ったじゃない!
「気持ちいいを連呼しなきゃ」
えっ?あ、はい・・・そうさせていただきます・・・
「いっ・・いいの・・・凄くいいの・・・あぁ・・・ミ、ミカ・・・イクのぉぉぉぉ・・・逝っちゃうよぉぉぉぉぉ」
「良く言えました」
いえこちらこそ、気持ちよくして頂いて、ありがとうございます。
「次もちゃんと言えるか、もう一回テストね」
はぁ?
いえ・・ごめんなさい・・・何度でも言わせて頂きます。
「あぁ~あ・・・もう目が逝っちゃってるよ」
自分達がそうしといて、それはないでしょ!

仰向けにされ、バイブを抜かれる。
あたしのバージンを無理矢理奪ったバイブ、本当なら見たくもないのに、口で綺麗にしろなんて・・・バカ~!
いえ・・・きちんと綺麗にしますよ。礼儀ですから。
「よし!いい子になったミカに、ご褒美をあげよう。」
な、なんですか?ご褒美って・・・もう痛いのはイヤですよ・・・
開かれたあたしの足の間に、腰を沈めるユウ君。
「僕はまだ精液出ないから、妊娠の心配はないからね」
いや、問題はそんな事ではなく、その行為でしょ?

さっきのバイブよりは細くて、痛みはなかったけど・・・
でも、バイブにはない温かさがあって、それが心地よくて感じてしまうあたし。
あぁ・・・あたし・・・バカだ・・・
「ミカ、気持ちいい?」
は、はい・・・いいです・・・凄くいいです・・・
「ミカは今日から、オイラ達の奴隷だね。」
はい・・・ミカは奴隷です。
「奴隷にミカなんて、可愛い名前は似合わないね~」
「よし、ポチだ!いい名だろ?これからポチって呼ぶからね」
あたしはポチです。素敵な名前、ありがとうございます。
「じゃポチ、お口が暇そうだから、シンヤのを舐めてあげて。」
「ず、ずる~い!レミもポチに舐めてほしいよ~!」
「ではポチ、二人とも舐めてあげて」
は、はい・・・
レミ様、シンヤ様、お二人のチンポとクリトリス、ポチに舐めさせて下さい。
ユウ君、いえ・・・ユウ様に挿入頂いたまま、交互にレミ様とシンヤ様のを舐める、さっきまでバージンだったあたし。
ホントに?嘘みたい・・・
ユウ様がお抜きになった後、ユウ様のお友達4人にも愛して頂き、ポチは幸せです。
あっ・・・あっ・・・ああああっ・・・ポ、ポチ・・・逝ってしまいますぅ~

夕食なんて食べる気がせず、ずっと布団を被ってたあたし。
今日の事は、夢と思いたい。あれはあたしじゃないよ!
でも・・・
ヒリヒリするお尻と、未だに挿入感のある秘部が、夢ではないと、あれはお前だと言っている。
あぁ・・・
あたし・・・どうして?

ユウ君に起こされ、目覚めると、既に明るかった。
「ミカ姉ちゃん、オイラの部屋においでよ。」
背中を押され、部屋に入ると・・・
そこには昨日の倍以上。15人の小学生が、あたしを見て笑ってる。
「さぁポチ。服を脱ごうか」
純粋無垢な笑顔の裏に、悪魔の顔を持つ子供達。
その姿を知ってるあたしは、目の前が真っ暗になっていくのが分かった。
でも不思議な事に、尿ではない液体により、ショーツが染みていったのも事実。
そう・・・あたしはポチ・・・ユウ様の、みなさんの奴隷・・・
自ら裸体を晒し、そして自ら鎖に繋がれる。
ポチは素直な奴隷になりますから、皆さん可愛がって下さい。
頭を下げたあたしに、30本の手が迫ってくる。
もっとぉ~・・・あぁぁぁぁぁ~・・・いいのぉ~・・・

1週間の滞在期間が過ぎても尚、「やっぱ田舎はいいね」と、一人で残ったあたし。
都会より安全だと、両親はあたしを残して帰ってしまった。
やがて夏休みも終わりに近づき、その頃になると、中学生の相手もするあたし。
だってユウ様が、DSのゲームソフトがほしいと言うから・・・
申し訳ありませんが、コンドームを付けさせて下さい。
そう頭を下げ、口で装着するのも随分と慣れてきた。
「今日はポチが5人も相手したから、1万円も儲かったよ」と、嬉しそうなユウ様。
「頑張ったポチに、チョコでも買ってあげようね」
ありがとうございます。ポチは幸せ者です。

帰宅したあたしの元に、1通のメール。
開こうとしたら、続けざまに大量に送られてきた。
その全てに、写真や動画が添付されていた。
「ポチへ。冬休みにも絶対おいでね。みんなで可愛がってあげるからね。」
送られてきた画像や動画を見ながら、自然と自分の秘部に手が行くあたし。
はい・・・きっと・・・ポチは冬休みになったらすぐに、皆さんの所へ伺います。
あっ・・・して~・・・もっとぉぉぉぉ・・・いいのぉ~・・・あぁぁぁぁぁぁ~・・・
関連記事


幼馴染・親友・友達 | 【2017-06-23(Fri) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*