FC2ブログ

5P(3)8P編

5P

5P(2)アナル編


そんじゃ長いけどそこんとこはご理解を。

初めて8Pを経験したのは2年の夏の終わり頃。A君達とは1年の頃と変わらずエッチしてた。
新しく3人とやる事になったのは6月くらい。この3人は同じ部活の新しく入ってきた後輩。
ちなみに1年生とエッチな関係になったのは5人だったりする。最大は8Pだけどね。
1年生が入ってきた経緯とかは割愛します。長くなるので…

今までの4人と新しく入ったE君、F君、G君を連れて、B君の家にいった。
私は初めての8Pということで、かなりワクワクしてた。
体のあちこちをいじられながらB君の部屋にいった。
この日私は水着を持ってきていた。いわゆるスクール水着。
初めての8Pだし楽しもうと、男の子達にリクエストされてたからね。
ちなみにスク水エッチは前に何度かやってたりします。

私は男の子達の前で服を一枚ずつ脱いでいき、下着も脱いだ。
下着を脱ぐと歓声が上がり、何人かはすでに自分のアレをさすってた。
水着を着た。中学時代の水着なので、全体的にキツかったなぁ。
胸の谷間やお尻の割れ目は完全に見えている状態だった。

着替え終わると、立ったままの私にA君がパンパンに張ってる水着の上から胸を揉んできた。
C君も私の胸を揉みだし、D君水着をずらし、すでに濡れているあそことお尻をいじってきた。
B君とキスをし、私はもうすでに準備OKだった。
A君が1年生のE君達に「参加していいぞ」と言っていた。
先輩の許しがないとダメっていうワケではないけど、まだ緊張していたからね。
D君が「俺はアナルやるからお前は前やってみ」とE君に言った。
E君ははいと返事をして、私のあそこをいじりだした。
いつもの4人に比べるとまだぎこちなさはあったけど、それでも気持ちよかった。

D君とE君の指の動きが激しくなった。
私は声を挙げ、普通に立ってはいられずに腰を引いてた。
それでも二人の指は激しく動き、私はイった。
D君とE君の指が止まり、私はそのまま座り込んだ。私は笑いながら「いっちゃった」と言った。
D君が「んじゃ次は俺をいかせてよ」と大きくなったアレを取り出し、私の口に押し込んできた。
喉の奥までやられるが、私ももう慣れていて、逆に気持ちよかった。
目をつぶってて分からなかったが、また誰かが私のあそことお尻の穴をいじってきた。
手にはパンツ越しに誰かのアレをさすらされ、胸にも誰かのアレを押し付けられてた。
私は積極的に口や舌を動かし、D君の射精をうながした。
D君の吐息が漏れ出し、「かけるよ」と言ってアレを口から引き抜き、私の顔に射精。
D君のアレがビクビクと動き、私はD君のアレを口でお掃除した。

A君が「A子エロすぎ」と言って、アレを私の口に持ってきた。
私は「A君のおちんちんだってエロいよ」と言って口に含んだ。
B君とC君のアレをしごきつつ、E君は私のお尻とあそこ、F君とG君は自分で自分のをさすっていた。
D君が「FとGが我慢出来ないらしいぞ」と言った。
私は「触っていいんだよ」と二人に言った。
二人は恐る恐る私の胸を触ってきた。
私は二人の緊張を解くように、「気持ちいいよ」と言ってあげた。

私は鼻息が荒くなっていたが、周りも吐息を漏らしていた。
C君が「もう入れていいよな」と言って、私を仰向けに押し倒した。
A君はすぐに私の口にアレを再度入れ、C君もゴムを着けたアレを入れてきた。
B君は「あー俺ケツに入れたかったんだけど」と言っていたが、
C君は待てずに「すぐイクから待ってろよ」と言った。

C君は前かがみになって高速で突いてきた。
他の男の子達は私の体に触ったりしごいてほしそうだったが、C君のせいで出来ず、自分でしごいていた。
C君の高速ピストンはA君の方にも伝わっていたらしく、A君は今にもいきそうだった。
C君が「イクよ」と言って私の中でゴム射。
出し終わった後、その精液をゴムから押し出し、私の顔にかけた。
さらにA君も私の顔を持ち上げ、ピストンし、顔に射精。
私の顔は3人の精液でべとべとになった。
私はバックからゴーグルを取ってもらって着けた。
ちょっとアホだけど…これは射精シーンを見れるように持ってきたものだった。

B君が「こっちにも欲しいんじゃない?」と言って私のお尻をいじってきた。
私は腰をくねらせ、指で感じていた。
私が「欲しい」と言うと、B君がよしと言ってバックの体勢で私のお尻に入れてきた。
B君が「F、お前前に入れろよ。」と言って、さっきからしごいていたF君に言った。
F君が「入れますよ先輩」と言って私の前の穴に入れてきた。
私は声を漏らし、二人のアレを中で感じていた。
二人が腰を動かしてきた。
私があんあん喘いでいると、G君が「俺もう我慢出来ないっす」と言って口にアレを咥えさせた。
このG君、この男子の中で一番の巨根。前に測ったら19センチあった。
そのビンビンで超大きなアレを口に入れられた。太さもすごかった。

私は3人に犯され、感じていた。男の子3人は熱い吐息を漏らしてた。
B君が「ああ出る」と言って私の中でゴム出し。
F君も私の胸を揉みながら「先輩イク」と言ってゴム出し。
私は仰向けにされ、二人のゴムから精液を顔に垂らされた。
二人のアレをお掃除した後、「今日はもっとかけてやるぞ」とB君が言った。
G君が私に近づいてきて「俺も入れますよ」と言って前に入れてきた。
E君が「俺も…先輩のお尻いいですか?」と言ってきた。
私が「いいよ」と言うと、E君はゴムを付けて私の下に入り、アレを入れてきた。
私は二人の一年生に犯され、激しく感じていた。
A君が近づいてきて「1年二人に犯されてどんな気分だ?」と聞いてきた。
私は「すごい気持ちいいよ」と答えた。
「こんなにちんこ咥え込んで…A子はエロイ女だな」とA君が言った。
「みんなのせいだよ」と私が言うと、G君が「あ、先輩いきそう」と言った。
私は「ゴーグルの辺りにかけて」と言った。
G君が「ああ!」と激しくラストスパートをし、アレを抜いて私のゴーグル目掛けて射精。
先っちょの穴から精液が飛び出てくる瞬間を見た。

ゴーグルは精液で見えなくなったので、はずしました。
この後数人とやってほんのちょっと休憩。その時の私の顔は精液だらけで目も開けられなかった。
A君が「あーまた立ってきた」と言って私を仰向けに倒し、股を広げられた。
そしてA君が「どうせなら全員で回してみるか」と言った。
私も興味はあったが、男の子が萎えちゃうんじゃないかと思って言わなかった。

まずG君が下に入り、いきなり彼の巨根が私のお尻に入ってきた。
自然と「ああああ…」と声が出ちゃったね。
次にA君があそこに、F君が胸に挟みこんできた。
D君が私の口に押し込み、B君とE君は手に握らせた。C君は私の足でアレをごしごしさせてた。

みんながそれぞれ腰を動かし始めた。私はみんなに囲まれて、相当体が火照っていたし、実際かなり暑かったしね。
両手と舌を動かしながら、A君とG君のピストン運動でよがりまくった。
その度にD君はアレを深く突き刺した。ピストン運動もあってかなり奥まできて苦しかった…
私の手が止まるとB君とE君はその手の上から、自分の手でごしごし動かした。
胸のF君は、ピストン運動に揺られながらも、小刻みに胸でしごいてた。
口のD君とかなりキツキツだったけど、A君とG君のピストン運動で結構しごけてた。
C君は足の親指を使って、先っちょをいじらせてた。

G君のアレが大きいせいか、中で本当にぶつかってる気がした。
普段に比べかなり動きづらそうだったけど、それでも男の子達は腰を振り続けてた。
ふとみんなに犯されてると考えると、なんとも言えない感覚だった。
男の子達にハァハァという息づかいが激しくなってきて、G君かA君かが私を激しくついてきた。
A君が「出る!」と言ってゴム出し、続いてG君もそのままゴムで出した。
B君があそこに、C君がお尻に入れてきた。
私はもう理性がすっ飛んでたと思う。
それでも今の5人に犯されてて、気持ちいいっていう感覚はあった。
そしてD君がアレを口から抜いて顔射、B君とC君はゴム射。E君はお尻でイって、F君は胸でイった。

そんな感じ。もう一周やったけど、同じような内容なのでやめとく。
とにかく気持ちよかったし、何より暑くて汗だくだったねー。

関連記事


社内恋愛・上司部下 | 【2017-05-03(Wed) 21:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*