FC2ブログ

目撃されたPart2

Part1を閲覧して頂いた皆様、ありがとうございます。予想以上にイイ!評価が多かったのに驚いています。Part2、公開です。Part3は10日後くらいの公開を予定しています。遅れたら罵倒してやってください(笑)

「なにバカ言ってるんだよ。つーか少しは恥じらいを持て。兄妹だからってやっていい事と悪い事ってのがあるだろ」

俺は比較的理性があった(あくまで私の主観ですが)ので、妹のオナニーを見たいという感情より、よくないという考えの方が上回っていました。そりゃ妹とはいえ女の子のオナニーを見せてくれるって言ったら、気になりますよね?

「けどお兄ちゃんの見ちゃったしさ、不公平じゃない。それに恥ずかしいけどさ・・・ある意味、兄妹だから出来るんだよ。仲良くても、男の人に見られたくないし」
「そりゃそうだろうけどよ。だからって見せなくてもいいって。不公平って言うけど、俺は十分気持ちよかったから、それで満足だよ」
「だけど、まだ勃起してる」

そう言われると痛かったですね。ビンビンに勃ってるペニスは、自己主張を止めていなかったので。

「そりゃ、まあ・・・けど、ダメなもんはダメだって」
「ふーん、じゃあいいや。勝手にする」

そう言うと、奈美(妹の名前です。Part1でも一回だけ書いていますが、これ以降はこの呼称で統一します)はスカートの中に手を入れて、ショーツの上から秘所を触りました。

「おっ、おい!?」
「あ、ちょっと濡れてるかも。お兄ちゃんが感じてる時、私も感じてたみたい。へへ、なんかシンパシー感じない?」
「感じないって・・・」

そんなくだらない事を言いながらも、奈美はオナニーを続けました。最初は見ないようにと思っていたのですが、段々気になってきて、チラチラと覗き見してしまいました。

「・・・あっ・・・ぁ・・・」

奈美は微かな喘ぎ声を漏らしながら、ショーツの上から指をぐるぐると回していました。クレパスの上を沿うように回していたんだと思います。俺もさすがに興奮して、自分のペニスに触れました。さっきイったばかりなのに、少し触っただけで我慢汁が出てくるくらい、興奮は極度に達していたのです。

「奈美・・・もう、止めろって。もう、十分だからよ」
「ぅん・・・べ、別にお兄ちゃんに見てもらわなくてもいいもん。私が勝手にオナニーしてるだけ」
「ここ、俺の部屋なんだがな・・・」

奈美は昔から強情な性格だったので、一度言い出すと止まらない、所謂猪突猛進タイプでした。だからでしょうか、俺はこの時も、一過性の事象に過ぎないと考えていたんです。つまり、今回の件が終われば、二度とこんな事は無いって思っていたわけです。それは脆くも裏切られることになるんですが・・・。それは、後にお話します。

「ぁっ・・・ふっ、ぁ・・・」

段々と、奈美の喘ぎ声の周期が早まってくるのが分かります。最初は軽く息を吐く程度だったのが、もう絶え間なく声を漏らすようになっていました。

「気持ち・・・良いのか?」
「んんっ・・・気持ち良いよ。男の人のオナニーに比べるとどうか分からないけど、女のオナニーってビリビリくる感じ。電流が流れてるって言うのかな。そんな感じ」

言って、再びオナニーを再開する。奈美のショーツは既に濡れているのがはっきり分かるくらいに染みていました。
すると、急に奈美が立ち上がり、ショーツを脱ぎだしました。スカートを履いたままだったのが救いでしたが、それでも毛の薄いオマンコがはっきりと見え、何もしていないのにイきそうになりました。

「どう、お兄ちゃん興奮するでしょ?」

最初と同じ体育座りで脚を広げている奈美のオマンコは、影になっていたものの、はっきりと見えていました。ピンク色が微かに見え、こっちが恥ずかしくなったくらいです。

「バカ、本当にヤバイって。俺のもう一回出させるつもりかよ」
「あ、お兄ちゃんもう一回イきそうなの?じゃあ一緒にオナニーしようよ。相手がオカズになるって事でどう?」

もうオマンコを見てしまったからか、細かい事を気にする余裕は無くなっていました。

「オーケー。じゃ、遠慮なくオカズにさせてもらうぜ」
「へへん、合点でい」

お互いに多少の照れがありながらも、相手に向かい合う形で座る。俺は下半身裸で、奈美もスカートを取り払い、下半身裸の状態です。
オナホールを使おうとも思ったのですが、折角なので手でシゴく事にしました。説明しにくいのですが、勿体無いって思ったんですよ。

「ぁふ・・・んん!お兄ちゃん、すごいビクビクしてる」
「ああっ・・・!ヤベェ、もうイきそうだ」

さっきイってまだ快感が残っているペニスは、激しいゼンズリに耐え切れずに、すぐに達してしまいそうでした。

「ちょっと待って、私も・・・は、ぁぁん!!」

奈美は指の動きを早め、クレパスの周りを高速で弄りました。あっという間に嬌声が大きくなり、水音がピチャピチャと鳴り響いたのです。

「ッ―――イク!」

俺が先に絶頂に達し、精液を放出してしまいました。2回目だというのに精液はビュルビュルと飛び、奈美の膝にかかりました。

「ダメ、もうイク・・・!!」

奈美も身体を震わせ、絶頂に達しました。呆けたような顔で俺を見ていたのですが、少ししてこう言いました。

「ぁん・・・どう、私のオナニー興奮したでしょ?」

Part3へ続く

なお、これ以降は目撃されたわけじゃないのでタイトルを変えようかと思っています。これの続きだと分かるようにするので、ご了承ください。

関連記事


近親相姦 | 【2017-03-25(Sat) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*