FC2ブログ

テストで100点を取るとご褒美をくれた女子高生のお姉さん

俺が小学六年生の時の話。

小学六年とかになると胸が膨らんでる女子がほとんどで、男子はエロい妄想が始まる時期でもあると思う。俺も例外ではなく健全に好きな女子の乳揉む妄想は毎日のようにしてた。
んで、ある日俺が帰る時。その日は何でか忘れたけど少し遅くなってちょっと小走りで帰ってた。息切れして、少し歩こうかなあ?と思いスピードを緩めた時、
俺の数メートル前のバス停にバスが止まり女子高生が一人降りた。

その女子高生、後ろ姿はまあまあで(髪茶色で長めミニスカ)俺はつい顔が見たくなった。
走って女子高生を追い越せば顔見れると考えて走った。
ガチャガチャウルサい音をランドセルから鳴らしながら何とか女子高生を追い越した。

チラッと顔を見てみた。クラスにいないような顔つきでめちゃくちゃタイプだった。しかし、俺は振り向いた事で女子高生と目があってしまった。
でも女子高生は一言言ってくれた
「バイバイ」

次の日から俺は女子高生と会った時の時間で帰る事にした。
二日ぐらいは空振りだったが三日目にして女子高生と遭遇。
女子高生は「この前は見たいテレビでもあったの?」と言われた。
面と向かって話したのはじめてだから何故か勃起しながら「いや…別に…」みたいに答えた。
「帰り道一緒みたいだね…。一人じゃ危ないから一緒に帰ろうか」
と言われ一緒に手を繋いで帰る事に。

優しい人だなとは思った。いい匂いはするし可愛いし…。好きになってたんだと思う。
もしくは憧れか。
俺はその日女子高生のお姉さんと一緒に毎日帰る約束をしその日は分かれた。

ちなみに、
【小学校】→【バス停】→【地区の公民館】→【お姉さんとの別れ道】

が俺の下校の道ね。この次の日から俺はバス停でお姉さんが下りてくるのを待って一緒に帰るようになった。
台風が過ぎた翌日、台風の名残で風が強かった。お姉さんと一緒に帰ってると、風が吹いてお姉さんのスカートがめくれた。
勃起した。マジで勃起した。
お姉さんは笑いながら俺の頭を軽く叩いた(勃起したのがバレた訳じゃなく、スカートがめくれたののテレ隠しだと思う)。
「青色~青色~」
って言って俺はからかった。今度はさっきより強い風が吹いてまた青色のパンツが見えた。
俺は調子こいてお姉さんと繋いでた手を離してスカートを何回かめくったり顔つっこんだりした。

間違えた…orz

お姉さんは俺の脇をくすぐったして、ふざけてた。
くすぐられてる時事故に見せかけてお姉さんの胸触った。
念願の胸の感触は柔らかく気持ち良かった。
「公民館で少し話して帰る?」
といわれ俺は頷いた。帰り道の時間だけじゃあお姉さんと過ごす時間は少ない。
公民館は入り口側は、車や歩行者から見えるけど裏側は全く見えない。
寄り道がバレるのが嫌だった俺は裏側に回りお姉さんと適当な場所に座った。

俺はランドセルを開き算数の教科書を開いてお姉さんに勉強教えて貰った。
只お姉さんと居たかったからだが優しく教えてくれるお姉さんに対してスカートめくったりしてふざけてる俺。
「青色青色~」
今思えば水色だった気もするが、俺は勃起させながら歌ってた。
でもそれがまずかった。偶然勃起したちんこがお姉さんの体(多分ほっぺ?忘れた)に当たった。
ドキッとした。お姉さんは気付いないのかそういうフリなのかわからないけど変わらず、勉強教えてくれた。

この公民館授業はしばらく続き俺も友達やエロ本で性の知識はついていた(セックスとか。マンコにチンコさすってのは驚いた。
それまでは精子を女の人が飲めば子供ができるって思ってた)。
1カ月たった時俺は翌日算数のテストがある事をお姉さんに伝えた(青色~はほぼ毎日言ってたし、この時には制服も変わってまた可愛いく見えた)
青色青色うるさい俺にお姉さんは可愛いく笑いながら言った。今でも覚えてる
「100点とったらご褒美あげる」

この時の俺はsexよりも乳の方に興味があったのでアッチは勃起しっぱなだった。

帰ってきた算数のテスト、点数は70点ぐらいだったと思う。勃起しながら勉強してたのに…などと思いつつ少し期待しながら俺はバスを待った。時刻表に記されている時間より少し遅れたぐらいにバス到着。
例によってお姉さんが下りてきた。手を繋いで帰る俺とお姉さん。公民館に到着。
「そう言えばテストはどうだったの?」と言われた。俺は隠さずテストをお姉さんに渡した。
「残念だったねぇ」
と言われテストは再び俺の手元へ。
「ご褒美は?」
お姉さんは暫く考えるような素振りを見せた。
「じゃあ今度から青色青色って歌わないならいいかな」
俺は返事した。何度もアレだが勃起した俺。お姉さんは笑いながら、俺のほっぺにキス。
「弟みたい」
頭なでなでされギュッと抱きつかれる。胸と胸の間…谷間に顔が埋まる。鼻息がフッてなってお姉さんは抱きついてるのを放した。
「苦しかった?ごめんね」
言われ再びほっぺにキス。
「ハイ、終わり」

それじゃあ23時になるまで…なったら落ちます
「え~」
って抗議する俺。キスと抱きつきじゃ物足りん。
「でも、約束は約束だしね」
最後にもう一回キス。
「今度は頑張って100点取ってね」
言われ立ち上がるお姉さん。俺は座った状態だったけどお姉さんのスカートに手突っ込んだ。
「ちょっとぉ」
思いっきり捲る俺。パンツが露わになるが関係なしにパンツを膝の辺りに下ろす。
「また青色だぁ」
せせら笑う俺。パンツあげるお姉さん。
「あんまりHだとモテないよ?」
言われたが気にしない。
「じゃあおっぱい触らせて」
何が'じゃあ'なのか分からんが欲情してたんだと思う…。

用事は仕事とは関係なく友達んちにCD返しに行くだけです。
俺の発言には流石にびっくりしたんだろうなお姉さん。聞き返してきた。もう一回おっぱい触らせてって言うと
「じゃあ今日はこれで最後ね。100点とったら最後までしてあげる」
そう言って小指を差し出すお姉さん。俺も小指出して適当に指きり。早く乳が揉みたかったし。
指きり終わるまで我慢できず左手で制服の上から乳揉んだ。ちょっとお姉さんが可愛い表情して結んでた小指が取れた。お姉さんの後ろに回って脇の下から思う存分触った。
でも時間過ぎるのは早く、お姉さんの腕時計が六時さしてた。
「もうっ時間がないからまた100点とったら」
そう言ってまた服をびしっときて手を繋いで帰宅。
俺は勃起が収まらず、おかしくなったのかと思った。オナニーを知らなかった俺だが、お姉さんとの【最後まで】を経験してからオナニーをちょっとした勘違いと共にマスターする。

この日家に帰った俺は、部屋にこもって探し物をしてた。ちょっと前にとった算数のテスト(100点)。
なかなか探しても見つからない。お姉さんとHな事をしてしまった事で俺は妄想が止まらなかった。
100点のテストを探してお姉さんの裸を見る。それがこの時の目標だった。
やっと見つけた時にはもう九時。風呂入って寝る事に。
風呂に入る時ズボン脱いだら勃起しっぱなしのちんこが…。
何か凄い変な気持ちになっててお姉さんの事しか考えてない。ちんこ勃起したままになるんじゃないか?ってぐらいだった。
風呂から上がって就寝(勃起したまま)。でこの時見た夢がお姉さんと何かする夢だったんだけど覚えてない…
気付いたら朝で俺は夢精してた。精の知識がついてたと言っても夢精は知らず漏らしたと思った(凄い気持ち良かったけど)。
へこんで俺は学校へ

この日はもうずっとへこみっぱなし。友達にお前今日テンション低いなって言われたし。学校帰る時もマジ泣きそうなぐらい。でもやっぱりお姉さんを待つんだよな。妄想しながら。二分もしない内にバス到着。お姉さんバスから下りてくる。
「いつも待たせてごめんね。帰ろうか?」
で手を繋ぐ。今思えばこんな糞ガキにいろいろよくしてくれて嬉しい事だよな。
「どうしたの?今日は元気ないね?」
一瞬お姉さんに漏らした事を言おうと思ったが嫌われるのが嫌だったので
「何でもない」
と言ってスカート捲り。お姉さんも大分慣れてて笑ってた。
「あ!そう言えば見せたいものがあるんだけど」
そう言って歩道の真ん中でランドセル開けて例のテスト用紙をお姉さんに渡す。
「またテストあったの!?」
驚きながら点数みるお姉さん。
「やったじゃん!100点だよ」
感心したようにテスト用紙返してくれた。

「約束は?」
「あはは。今度ね」
お姉さん、笑ってる顔が凄い可愛いいんだよ。ちょっとふてくされた俺にほっぺにキスしてくれた。
「今日は最後までやるのは無理だけど、触っていいよ」
言われ興奮。制服の上からだろうが逆にいいシチュエーションなので俺はよだれがたまった。
公民館につくとランドセルからったまま俺はお姉さんに抱きついた。強く強く。そしたら胸が顔にあたるんだよ。お姉さんの制服によだれたらしてしまった。
「コラァ」
言われ頭にちょっと強くげんこつ。謝ろうとしたら唇に柔らかい感触。
俺のファーストキスはお姉さんになった。

その後も俺は、お姉さんの乳揉んでた。柔らかくてどこか気持ちいい…。つい、襟の所から左手を侵入させてしまった。
ブラ越しだが暖かく柔らかい感触…。お姉さんはちょっと反応してたりして(抵抗なし)。
「お姉さんの裸が見たい」
俺の口からさらっとその言葉がこぼれた。乳揉み揉みしながらじゃかっこつかないが…。
「じゃあ、明後日ね。私んち来る?」
何度も何度も頷く俺
「頑張ったご褒美上げないとね」
最後に頭なでられ唇にキス。日曜日、いつもお姉さんと別れる所で十時に待ち合わせ。

Pさんに聞きたい
やっぱ今でも年上好きですか?

土曜日の夜は二、三回ぐらい体洗った。お姉さんの裸見れる。Hを体験できる…
そんなんで日曜日、目が覚めたのは七時頃。飯食って、ちょっといい服着て歯磨いて…。
九時半に家を出発。待ち合わせ場所にはすでにお姉さんがいた。私服のお姉さん…。スカートじゃないのが残念だったけど手を繋いでお姉さんとお姉さんの家に…。
お姉さんの家は結構広かった。エロ本なんかの展開と一緒で親もいないみたいだったし。部屋に案内されて行ってみるといい匂いと共にキ●ィちゃんのぬいぐるみが置いてあるベッドが見えた。
勉強机やタンスやら目を泳がせながら一通り眺める。流石に緊張。お姉さんはタンスをあさって俺にあるものを渡した。
例の青色パンツ…

今は同い年(18)と付き合ってるんでもしかしたら女子高生フェチかもしれません

「あげる」
流石に家でのしまい方に困るので「いらない」と断った。
「そっか…」
ちょっと間があいたのですかさず俺は言った。
「お姉さんの裸見せて」
また間があく。時計の針の音が聞こえるぐらい静かになる。
「いいよ」
言ってお姉さんは上の服を脱いだ。Tシャツ一枚だったのですぐに下着が見えた。はっきり覚えてる。ピンク色。もう我慢できずに俺はお姉さんに突進。
「うっ」
って言ってお姉さんはベッドに倒れ込む。その上に俺。乳揉みまくる。お姉さんの長い髪が揺れながら少し感じてる様子。ブラは半ば強引に外した。
「ちょっ待っ…」
お姉さんの言う事聞かずにとうとう裸を見た。美乳な上に乳首は綺麗なピンク色…。

俺はお姉さんの乳首に唇当てて吸いまくった。ちんこビンビン、ズボンを脱いでパンツを脱いで擦れて痛いのを防止。
この時のちんこっていわゆる仮性だから痛いんだよな…。
お姉さん、乳揉まれながら手をGパンの方に…。チャック下ろし、ズボンを脱ぐ…。
いつもはスカート捲っていたがこの日はスカートめくらずにパンツが見えた。
やっぱりピンク色…。俺は最後、お姉さんのパンツに手を伸ばし以前のように膝のあたりまで下ろした。
「あ!」
突然声をあげるお姉さん。外からは車の音…。
「お父さんだ…」

ビビって硬直した俺。お姉さんはTシャツ着て(ブラつけず)ズボンをはいて階段下りていった…。
五分ぐらいしたらまた外から車の音。
「忘れ物取りにきただけだった」
俺は安心したからかわからんがドアの所にいるお姉さんに抱きついた(Tシャツ着てトランクスはいた状態)。
お姉さんは「続きやろっか」言って俺をおんぶしたままベッドに…。今度はお姉さんが俺の上に…。Tシャツ着て乳が俺の目の前に…。次にズボンを脱ぐお姉さん。パンツは流石にはいていたがそれも躊躇なく脱ぐ。
はじめて見る女の生の裸…。俺はお姉さんの目を見ながら乳揉み…。お姉さんは、俺のトランクスを脱がせた。
「あら?」

たってる状態のちんこを加える俺。
「え?え?」
フェラなんて知らないもんだから驚く俺。舌使いが上手く、俺はお姉さんの口内ですぐに射精した。
お姉さんは、俺のちんこティッシュで拭いて(この間俺ポカーン…)俺のちんこにゴムを装着。
「約束だもんね」
俺は頷いた。再び乳を揉んで「あっ」とちょっと声をもらしてるお姉さん。
「入れるね?」
言った後お姉さんは俺のちんこを自分のまんこに近付けた。
マジで一瞬だった。俺のちんこが一瞬にしてお姉さんのまんこに入った…。
俺は知識がないのにピストン…。手は乳、下はまんこの中…

一回抜いたせいもあって二回目の射精には少し時間がかかった。
俺はピストン運動を休みながら谷間に顔挟んだり吸ったりしてた。が、急にきた。
「うおっ!」
二回目の射精…。お姉さんは悟ったかのように立ち上がり俺のちんこについてたゴムを取ってくれた。
HってすげぇHってすげぇ…。気持ちいい…。余韻を残しながら俺はお姉さんの唇にキスきた。
いい匂いのするお姉さんの首もとを少し噛んだりまたキスしたり…。
「また100点とったら言ってね。●●君、結構可愛いし」

俺はまた100点とったらやれる事を確信しこのあと似たようなSEXを二回して帰った。

この夜、四回も抜いたのにムラムラしてた俺は布団の中でちんこいじくった。
綺麗な形の胸、柔らかい感触…。気持ちよすぎるSEX…。乱れた長い髪…。お姉さんとの行為を思い出しながら。

そしたらちんこがビクンとなって射精した…。これがはじめてのオナニーなんだが、俺はお姉さんの事を思うあまり一人でSEXができるようになったと勘違いし、中学上がるまで授業中だろうがなんだろうがお姉さんの事を考えながらオナニーしてた。
<終わり>

たってる状態のちんこをくわえる俺…になってた…orz正しくはお姉さんです
関連記事


JD・JK・JC・JS | 【2017-03-24(Fri) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*