FC2ブログ

なんかすげえヤバイこの頃。

先日の話
姉が推薦で志望大学に合格した
「おお、すげえなネエちん(←なぜかこう呼べとガキのころしつけられた。俺はいっこ下)」
「ふっふっふ、タケとは違うのだよタケとは(タケは俺のこと)」
「へーへー、さすがでございますだ。けど大学か~。東京だっけ」
「うむ」
「さみしくなんなー」
「そうだねえ、こんなこともできなくなるしねー」
と言うや、いきなり顔を近づけてきたかと思うと、唇チュー。
「チュ(ハート)」
軽く触れる程度だったんだが、
数瞬、何が起こったか分からず呆然唖然。
はっと我に返っても言葉がめちゃくちゃw
「ちょあってゃltあんtぱtか;たっm;あ;あt;あ」
「あっはっはっはっはっは」
ネエちんは豪快に笑い飛ばしやがった。

はっきり言って俺初キッス。
「気が向いたらまたしてあげるよ」
「うっせばーか!ばーか!いらねえばーか!」
多分、顔真っ赤だったろうなあ、俺。
言葉とは裏腹に、心臓が超高速でドドドドドドドドドド状態。

以来、なんか事あるごとに唇チューしてくる姉。
なんかすげえヤバイこの頃。
俺どうしよう。

どこのコピペ?ラノベ?

コピペでもラノベでもねーよw

エロゲだったかw

実姉に唇チューされたくらいで心臓バクバクとか、まんまエロゲだな。

素直に羨ましいと言え

まあ唇が触れる程度のキスは普通の挨拶のうちで、それほど深い意味はない文化圏も地球上にはあるから(震え声で)

俺だって猫とキスぐらいしたことあるし(震え声)

関連記事


近親相姦 | 【2019-02-07(Thu) 05:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*