FC2ブログ

29歳変態ドリーマー(つ)

修羅場としては激ヌルかもしれないんですけど一応投下させて頂きます。
去年起きた出来事で、まだちょっと心に引っ掛かるのでまとめてみました。
軽く流し読んでくれたら嬉しいです。

私子:少し冷たそうな印象を周りに与えてしまう23歳。気が弱い一面がある。彼夫の会社の下請で働いている。
彼夫:世の中結局金金金のロボットみたいな冷たい一面が見え隠れする超現実主義者。
将来は、資産家令嬢の母の地元で出馬を目論む29歳ドリーマー。
仕事とプライベートのON/OFFが激し過ぎる。
一応大企業のリーマン。

私子が入社して1ヶ月くらい経った頃、たまたま社内で見かけた彼夫に一目惚れ。
私子がべた惚れで、思い切って玉砕覚悟で告白。
彼夫もそれを受け入れてくれ、晴れて二人は付き合うことに。
それから付き合って一年後、私子と彼夫は婚約。
来年の夏に式を挙げる事が決定した。
とある休日、彼夫と食事を済ませた後、私子は初めて彼夫の部屋に入れてもらえれる事になった。
彼夫の部屋は社員寮なので他人を入れたりするのはダメらしいんだけど、一度だけという条件で入れてもらった。

私子は、友人から男の一人暮らしは汚いしひどいものだ。と聞かされてたのもあり、私子もある程度は覚悟はしていた。
そして部屋に入る時、彼夫が「言っておくけど汚いからね?」と念を押してきた。
私子もわかってると頷き、ドアを開けると…。
そこからムワッとドブのような臭いが鼻をついた。
玄関側の台所からは下水の臭いが立ち込め、床は小さなゴミ屑や髪の毛が散らばり、リビングは泥棒が掻き回したようにごちゃごちゃ物が散乱していた。
そうなのだ、このエリート男、ソトヅラは鉄壁と言っていい程完璧なのだが、本質はだらしの無いぐーたら男だったのだ。
部屋の惨状に呆気に取られる私子。
「これでも綺麗にしたんだ」と言う彼夫。
空のビール缶が床に大量に転がるリビングに、ドカッと彼夫は座り込む。

将来のために二人で働いて、貯金が貯まったら家族で彼夫母の実家(岩手)に行き、出馬したい
お前は政治家の妻になるんだぞ!(私子は反対してる)とか、立派な理想論を語る男の部屋とは到底思えない汚部屋に、私子ドン引き。
見ればトイレの便座にはサボったリング(どす黒汚れ過ぎ)風呂場は黒カビと赤いぬめりだらけで排水溝は抜け毛で詰まってた。
仕方ないので少しでも綺麗にして帰ろうと、私子は彼夫の汚部屋を掃除し始めた。
初めて出来た彼氏だったし、婚約までした彼夫のために私子は何かしてあげられるのが当時とっても幸せだった。

それから数時間後、彼夫は一人でビールを飲み、酔っ払って寝てしまった。
予想外に掃除に手間取る私子はそれを見て、しょうがないなぁ☆もうっ!くらいにしか思わずまた掃除再開。

あの当時は本当に世間知らずのバカ娘で、何であんなに必死だったのか…
今じゃ思考回路不明ないくらい彼夫に尽くしてたんだ…。
リビングの掃除に取り掛かる頃には時間はもう夜中を回ってて、朦朧としながらも脱ぎ散らかした彼の服をクローゼットにしまう作業をしてた。
すると、クローゼット棚の中に怪しげな大きな箱が目につく。

スーツか何か買った時の箱かな?
私子は、何の迷いもなくその箱を開けた。
箱の中身は、ド派手なデザインのDVDが大量に入っていた。
「ッ!?!!!!?」
テンパり、キョドり、パニクる私子だったが、とりあえず冷静に物色再開。

数にして50枚はあっただろうか、それは男のお約束のAVのDVDだった。
驚きつつ、ちょっと興味があった私子は、悪いと思ったがそのDVDを物色する事に…。
その時は再生はしなかったが、パッケージを見てみる。

女子高生…盗撮…のぞき…銭湯…トイレ…幼女…露天風呂…ハメ撮り…

?…????
パッケージは、パソコンでプリントアウトしたペラい紙が貼られてた。
どこで手に入れてくるんだろうと思ったが、東京に居た時アキバ巡りが好きだったと言っていたので多分出所はそこだろうと推測。

怖かったが、彼は爆睡中…。
自分は人間として最低な奴だ…!散々考えて苦悩したが、その時は好奇心が勝ってしまい…再生をしてしまった。
中身は殆どが、明らかに裏ビデオ的な無修正モノでマトモなH内容を匂わせる要素が一つもない、いわゆる盗撮した映像が坦々と流れるだけのモノだった。

銭湯の脱衣所で女性達が坦々と服を脱ぐだけの映像、ファーストフード店のトイレで坦々と排泄する女子高生を映しただけの映像。
露天風呂の木々の茂みから盗撮された若い女の入浴シーン(これにはばあちゃん集団の裸も映ってた)などなど…。
あらかた見終わった頃には、完全にドン引き。
何か100年の恋も醒めた感じでした。
さらにその箱には、レンタルで借りた盗撮モノDVDが袋ごと十枚入ってた。
その箱の隣を見ると、そこにもまた香ばしい箱が…
まさかね…と思いつつ彼夫に心の中で謝り、二つ目の箱を開けてしまった。

中身はPC用の幼女モノエロゲ数本と、幼女モノの危ない漫画が4冊入っていた。
彼夫はマトモなSexに欲情しない、いわゆるフェチって奴なのかもしれない…とそれを見ながら思った。
そして輪ゴムで留めてある数十枚の名刺が箱の下にあり、そこには風俗やクラブ、スナック、キャバ…あらゆる所のお姉さん達の名刺が纏められていた。
そしてピンクやパステルグリーン系の封筒が5枚一緒に納められていた。
何の手紙かとても気になったが、それを読んでしまったら何かが崩れて行く気がして読まなかった。

その時、爆睡していた彼夫がトイレに行くためにムクッと起き出して来た。
広げてあるソッチ系の裏DVDに、エロゲ、漫画や名刺などを見て彼夫一瞬フリーズ。

「お前…何で見てるの?」彼夫の言葉に、私子も一瞬フリーズ。
だけど深夜までずっと掃除で、眠いとゆうのもあり、頭が朦朧かかっていた私子は感情がスパークしてしまった。
「何なのこのDVD!」よく考えたら、こんなセクシャルな内容の物を持っているなど、男だったら仕方のない事なのだが、如何せん内容が内容なだけに口を付いて色々出てしまった。

「こんなの買う方も犯罪なんだよ?わかってるの?」それに彼夫も動転し、これは友達に貰ったんだ!捨てようと思ってたんだ!と言い張る。
捨てようと思ってるなら、似たような内容のDVDをこんなにレンタルしないだろう…と私子はため息をつく。
すると彼夫は何か言い訳めいた事を呟きながら、私子に抱き着いてきた。

「離して!」ともがくが彼夫は力づくで私子を腕の中に閉じ込めようとする。
都合が悪くなるといつもこうして力で抑え付けて黙らせようとするのが私子は嫌だった。
すると、置いてあった数枚の手紙を彼夫が手に取り、隠すのを私子は見逃さなかった。
「今隠したの見せて」
「え?何も隠してないよ」白々しい嘘をつく彼夫に私子は手紙を見せるように言ったが、彼夫は頑なだ。
隠したのを見られておきながら、依然惚けている。

私子も何だか白けてきて、彼夫の秘密を全て見てしまうのも可哀相になってきた。
「…もういい。寝る」
「!わかった!見せるから!見せるからごめんなさい!」
見捨てられると思ったか、彼夫は座ってる自分の足の下から何通かの手紙を出した。
彼夫「いいよ、読んで…」私子「もういいって…」
彼夫「読んでいいよ、そのかわり、読んでからも僕を嫌わないで今まで通り接してね?」
彼夫の言葉に何か嫌過ぎる予感がしたが、私子は手紙を開いてしまった。
数通は、自分が院生時代に働いていた飲食店での同僚の女の子からのラブレターだった。
私を置いていかないで的な内容で、上京する彼に思いを綴った物だった。
そして最後の一枚は可愛いキャラ物の便箋で、内容から風俗の女の子からの手紙だった。

内容は、頭おかしーんじゃねーかって感じで極めて卑猥なものだった。
普通、風俗嬢が客にこんな手紙出すものなのか?と考えてしまう文面で、プレイした内容だったりハメ撮りや痴漢ごっこ、のぞきプレイや盗聴器を嬢の部屋に仕掛けてオナニーしたり…とゆう文面でした。
自分が今までに生きてきた中で、全くの異世界で起きたような内容に私子頭真っ白…。

「ごめんね?でも、今は私子だけだから…」
そう言って抱き着いてきた彼夫を咄嗟に跳ね退けてしまいました。

「な、何で?」と目をパチクリさせていましたが、彼夫の異様な性癖に私子は寒気立つ思いだった。
もしかしたら、自分のあらゆる姿を隠し撮りされていたのかもしれない…。

私子は一人暮らしで、彼夫は部屋に出入りしていた。トイレや脱衣所、風呂場やリビング、あらゆる所にもしかするとカメラや盗聴器が仕掛けられていたのかもしれないのだ。
「帰る」私子は自分の鞄を持ち、彼夫の部屋から飛び出した。
途中まで追いかけてきたが、脱ぎ癖のある彼夫は裸で飲んでいたので外までは追いかけて来なかった。

それから何だか彼夫の事が怖くなり、もう三ヶ月連絡を取っていません。
自分の趣向を異常だと思っていたのか、風俗嬢と付き合いそのプレイをしていたのかもしれません。
だけど、そんな性癖がある人とこれから結婚しようとしているのだと考えると、恐ろしくて彼夫とは一緒になろうとは思えないんです。

いつか電車の中で盗撮やのぞきなどして、捕まるんじゃないか…と普通じゃない心配をしながら生きていくのはどうしても割り切れないし、嫌なんです。
あれから彼夫から「会いたい」「これから絶対もうこんなものは観ないし、お前だけを愛していく」とメールや着信がありましたが、無視してしまってます。
でも、彼夫との婚約もこれから話し合いをして止める方向で進めていこうと思っている所です。

本来、私はどこか冷めた所があるので殴ったり大声で喧嘩したりした事がないので、これは修羅場とは程遠いかもしれませんが、吐き出せて少しすっきりしたと思ってます。
途中、こちらの都合で中断してしまい申し訳ありませんでした。
読んで下さった方、どうもありがとうございました。

関連記事


JD・JK・JC・JS | 【2018-05-16(Wed) 05:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*