FC2ブログ

突然の海外赴任

親子3人幸せに暮らしていた私に、突然の海外赴任の話が持ち上がったのは今から4年ほど前でした。


妻と何日も話し合いましたが、赴任先が地球の裏側と遠い事や期間が1年と短い事、娘の学校の事や、娘が幼稚園に行き出してから、妻が以前勤めていた同じ銀行の比較的近い所に有る支店にパートとして雇ってもらえた事などを考えて、ついて行きたいと言って譲らない妻を説得して、単身で赴任するという私の意見を押し通しました。


最初、1年ぐらい頼むと言われていた赴任でしたが結局半年延び、ようやく帰国出来たのは、私が43歳、妻智子38歳、結婚5年目にやっと授かった娘、理香が8歳になった初夏でした。
空港に着いて、当座必要な身の回りの物を詰め込んだスーツケースを受け取って出ると、そこには家族や知り合いの人を迎に来た、大勢の人達でごった返していましたが、私を迎に来た者は誰もいません。


それもその筈、海外赴任が終った事や、私が今日帰国する事を、妻や身内には誰にも知らせていないのです。
それは、私が赴任して7ヶ月ほど経った頃にかかってきた、私の母からの一本の電話から始まりました。
「おまえ、一度帰ってこられないのか?休暇ぐらいは有るのだろ?」
「それは無理だ。ここは地球の裏側だぞ。日本までどれだけかかると思っているんだ?お金だってかかる。」
「旅費なら私が出すから。」
「お袋、だうした?何か有ったのか?」


母の話によると、1ヶ月ほど前から妻の行動が変わったと言うのです。
残業だと言っては、帰りの遅い日が何日も有り、先週の土曜日は休日出勤になったと言って娘を預け、その後、友達の相談に乗っていて遅くなったから泊めてもらうと電話が有り、娘を迎に来たのは日曜の昼近くだったそうです。
「智子と喧嘩でもしたのか?それとも理香を預かるのが疲れるのか?」
「いや、智子さんは良くしてくれるし、理香ちゃんを預かれる事は嬉しいよ。」
「もうやめておけ。お前の思い過ごしだ。」
その時、後ろから父の声が聞こえ、電話は切られてしまいました。




母が何を言いたかったのかは、想像がつきましたが、その様な事は私にはとても信じられる事では有りませんでした。
妻の両親は、妻が小学生の時に離婚し、それも父親の暴力が原因だったので、怖い思いをした記憶が残り、母親と姉の女だけの家庭で育ち、女子高、女子短大と進んだ妻は、男性恐怖症とまでは行きませんが、男性には人一倍慎重でした。


会社の隣に有った銀行の窓口に座っていた妻の、制服を着ていなければ高校生でも通りそうな、童顔で可愛い顔と、それとは反比例するかのように制服を持ち上げている胸のギャップに惹かれて交際を申し込んだのですが、なかなかデートに応じてもらえず、今のように携帯も無かったので、半年以上手紙の交換が続きました。


手紙の内容では私に好意を持ってくれているようだったのですが、初めてデートを承諾してくれたのは半年以上経ってからで、その時も私の横ではなくて、少し後ろを歩いていたのを思い出します。
2人で逢う様になってからは、見掛けだけではなくて、妻の真面目で可愛い性格に惚れ、結婚後も妻の真面目で誠実な面は変わる事が有りませんでした。
その妻が浮気をする事など想像も出来ません。
何より、妻が私を愛してくれているという自負が有りました。
赴任する前日の夜に妻を抱いた後、
「絶対に浮気はしないでね。もしも浮気したら離婚します。いいえ、あなたと相手を殺しに行きます。私は何があってもあなたを裏切る事は無いから。あなたも我慢してね。」


そう言っていたのは妻でした。
その様な訳で、その時は母の話しを一笑に伏し、あまり気にもしませんでした。







私達夫婦には、家のローンを1年でも早く返し終わろうという目標がありました。
土地は、親から貰ったので、私の退職金まで充てにしなくても良いと思っていましたが、結局凝った作りにしてしまった為に予定以上にお金がかかり、退職金の一部も充てにしなければならなくなってしまいました。
しかし、娘に老後を見てもらう事は考えず、退職金は、全て残そうという事になり、妻も勤めに出たのです。
その様な訳で海外赴任に伴う色々な手当ても使わずに、出来る限り節約に心掛けていたので日本に帰る事もしないで、電話も極力控えてEメールで我慢していました。
母からの電話から数週間経った頃、私の様に単身赴任して来ている関連会社の仲間達から、女を買いに行こうと誘われましたが断りました。
決して日本人の海外買春問題を考えるような大それた理由ではなくて、妻を裏切る事が嫌だったのです。


しかし、その様な理由で断るのは、男として情け無い様な風潮が有ったので、家のローンを理由にしたのですが、日本とは違って5千円も有れば充分楽しめると強く誘われて、その様な事から遠ざかっていた私は少し迷いながらも、結局断ったのでした。


1人で宿舎に戻って妻の事を考えていた時、忘れかかっていた母の電話を思い出しました。
結婚して何年かは妻から求める事など有りませんでしたが、娘が生まれてからは徐々に積極的になり出し、妻から求めて来る事も珍しくなくなり、海外赴任が決まった頃には、普段の大人しい感じの妻からは、誰も想像も出来ないほどセックスを楽しむ様になっていました。


以前使おうとした時には嫌がって、そんな物を使ったら離婚するとまで言われ、決して使わせてもらえなかった玩具なども、その頃には、一応最初は嫌がる素振りを見せるものの口だけで、いざ使い出せば、それだけで何度も気を遣るほど感じていました。


そんな妻を思い出していると、私が我慢している様に、妻も我慢しているはずだと思いながらも、少し不安になり出し、妻に限って浮気など無いと自分に言い聞かせながらも、海外に電話などした事の無かった母が、苦労して電話をかけてきた事が気になりました。




それでも赴任から1年が過ぎた頃には、考えたところでこれだけ離れていてはどうにもならないので、妻を信じる事にしようと思ったのですが、そんな時に母からまた電話がかかり。


「まだ帰して貰えそうもないのか?社長に頼んで1日でも早く帰らせてもらってくれよ。」
「どうした?また智子の様子が可笑しいとでも言いたいのか?」


母の話では、あれから妻の服装が徐々に派手になり始め、次第に化粧も濃くなり、髪も明るい栗色にして、見た目5歳は若くなったと言うのです。
その上、残業だと言って帰りが遅い日も増え、土日も休日出勤だとか、娘の役員会だとか言って、子供を預けて外出する事が増え出し、最近では泊まりの慰安旅行が有ったり、友達の相談に乗っていて帰れないから子供を頼むと電話して来て、朝帰りした事も何度か有るそうです。


それからの私は、流石に妻の浮気を疑い、会えないだけに身を切られる様な思いをしていました。
電話で問いただしたい気持ちも有りましたが、浮気ではなかった時の妻の気持ちや、母が告げ口をしたと知った時の、妻と母との関係を考えると出来ません。
間違いだった時は、妻の気持ちを逆に裏切った形になってしまいます。


そうかと言って、このままの気持ちでは笑って妻に逢えないと思い、この様な帰国になってしまったのです。
乗り継ぎの時以外は、ほとんど眠っていて、日本に着いたのは朝だったので大した時差ぼけも無く、空港を出るとレンタカーを借り、赴任する時に携帯を解約していたので新しい携帯を買いました。




会社の方は今日を入れて四日間、来週の月曜までは出社しなくても良かったのですが、万が一自宅に電話でもされて帰国した事が妻にばれない様に、会社に帰国の挨拶に行って、連絡は全て携帯にしてもらうように頼んで来ました。



***


その日の4時前には、妻の勤めている銀行の近くに行き、車を止めて見張っていると、5時を少し過ぎた頃に銀行から出てきた妻は、すぐ近くのバス停で立っています。


確かに一瞬、妻に似ているが妻だろうかと戸惑ったほど、若い時からずっと肩位までだった髪を肩甲骨よりも長く伸ばし、色も栗色に染め、眉も細くし、アイシャドーも濃く、唇には濡れたようなピンクのリップを塗っていて、1年半前よりも逆にかなり若返った様に見えますが、ただ服装は決して派手な事は無く、バスを待っている様子もおかしな素振りは有りません。


妻の心が離れてしまったかも知れないと少し疑っていた私は、今すぐ妻の前に飛び出して行き、今夜にでも妻の愛を確かめたくなってしまいましたが、そんな気持ちをぐっと我慢して、私の実家に先回りしました。




私の実家は我が家から200メートル程しか離れていません。
実家は兄夫婦が跡を継ぐ予定だったのですが、兄が遠くに転勤になってしまった為に、今は両親が二人だけで暮らしていて、近くにあった土地を貰って家を建てた私達が、面倒を看ています。
面倒を看ていると言っても妻が勤めに出だしてからは、娘の幼稚園バスまでの送り迎えや、学校に上がってからは学校が終ると、娘は実家に帰るという生活だったので、昼間の娘の世話はほとんど母や父がしてくれていて、こちらが面倒を見てもらっている状態でした。
娘もその様な生活に慣れてしまい、最近では1人で実家に泊まる事も珍しい事では無いそうです。



実家の見える所に車を止めていると暫らくして妻が入って行き、すぐに娘の手を引いて出て来ました。
「理香。」
思わず娘の名前を呼んでしまいましたが、離れていて2人には聞こえるはずは有りません。


今出て行けば娘を抱き締める事も出来るし、今夜は親子3人で楽しくすごせると思いましたが、今やめてしまっては、一生心の中で妻を疑って暮らさなければなりません。
私の気が済むまで調べて、何も無ければその方が良いのです。


妻の浮気を確かめたいのでは無くて、本当は妻の潔白を証明したいのだと自分に言い聞かせ、心を鬼にして我慢しました。







次の日も妻に疑わしい行動は無く、その夜ホテルに帰ると、


〔休みは後2日。時差ぼけはほとんど無いと言っても、疲れは有るのに明日も明後日も、俺はこんな事をするのか?
妻が2日間の内に何か行動を起こすという保証も無いし、仮に不可解な行動をとったとしても、素人の俺に上手く調べる事が出切るのだろうか?
何より、お袋とそれを聞いた俺の誤解かも知れない。〕


そう考えていると急に馬鹿馬鹿しくなってしまい、明日の朝は家に帰り、残り2日間ゆっくり過ごしてから、この事は追々問いただそうと決めて眠りにつきました。
朝になって我が家から近い駅に有るレンタカー屋に車を返し、2日も前に帰っていながら連絡もしないで、この様な事をしていた後ろめたさから、電話をして迎えを頼む事もせずに、後で車で取りに来ようと駅のロッカーにスーツケースを預けると、この事がばれた時の言い訳を考えながら、我が家に向かって歩いていました。


すると、その途中、向こうから妻が歩いて来るでは有りませんか。
妻は赤いシャツに白のミニスカートという、今まで見た事も無い様な格好だったので気付くのが遅れ、危うくニアミスになりそうだったのですが、慌てて私がコンビニに飛び込んだ事など、私が日本にいるとは夢にも思っていない妻は全く気付きませんでした。


私には、今にもパンティーが見えそうなぐらい短いスカートが気になって仕方が有りません。
何故なら、妻は若い頃から普通のミニスカートでさえ、穿いていた事が一度も無かったからです。
私は雑誌で顔を隠しながら、妻が通り過ぎるのを待って後をつけると、妻は駅に行き、切符を買って改札を通って行きます。
ホームに通じる階段を上って行く時には、前を歩く男達の視線は全員、妻のお尻に向けられていました。
妻はバッグを後ろ手に持って隠しているつもりでしょうが、歩く度にバッグが左右に揺れるので、私よりも近くを歩いている男達にはパンティーが時々見えているのかも知れません。
おまけに、そのミニスカートはタイト気味な為に、お尻の形や恐らく白で有ろうパンティーの形まで、はっきりと分かってしまうのです。
こんな気持ちで尾行している私でさえ、相手が妻にも関わらず男のスケベ心が出てしまい、視線はお尻や白くムッチリとした太腿に行ってしまいます。




私が乗った時はドアが閉まる直前だったので妻と同じ車両になってしまい、少し離れているとは言っても平日とは違い、比較的空いていたので見つからないか心配しましたが、妻は私に気付くどころか車両の隅の方に行って、ずっと顔を隠す様に俯いていました。






妻が降りたのは、銀行に一番近い駅だったので、やはり休日出勤かとも思いましたが、私の家からでは、バスの方が遥かに便利が良く、バスなら定期券も持っている筈で、わざわざお金を払って電車に乗る事は考えられませんでした。


妻が駅のトイレに入って行ったので、私は少し離れた柱の陰で待ったのですが、今まで、妻を見失わない様に、妻に見つからない様に必死だった私の気持ちに余裕が生まれると、この1年半の間に妻に何が起こったのか、どの様な心境の変化でこの様な姿で人前に出られる様になったのか、不安で押し潰されそうです。


妻は、人一倍他人の目を気にする方で、私は色気も有って丁度良い太さだと思っているムッチリとした太腿や、私が自慢の豊満な胸でさえも、妻にしてみればコンプレックスのほか何者でも無く、出来る限りその事を気付かれない様な服を選んで着ていました。
娘を連れて海水浴に行った時も水着になる事を嫌がり、1人日傘を差して浜辺に座って見ていました。




その妻が、ワンサイズ小さいのを買ってしまったのかと思える様な、今にも胸のボタンが弾け飛びそうなシャツを着ていて、しかもそのシャツは人目を引く赤なのです。
若い人達でも余り穿いていないような、今にもパンティーが見えそうなほど短いスカートを、子供のいる38歳の妻が穿き、コンプレックスだった太腿を人目にさらしているのです。


当然この様な姿を近所の人達にも見られているのでしょうが、以前の妻なら、死ぬほど恥ずかしい事だったに違い有りません。
暫らくして、トイレから出て来た妻はサングラスをしていました。


妻が私の方に向かって歩いてきたので、私は柱に隠れてやり過ごしたのですが、歩く度に片方ずつお尻がスカートに張り付いた様な状態になり、穿いているパンティーが、男子の水泳選手が穿く水着の様な、超ビキニの物だと分かりました。


妻がトイレで穿き替えて来たのかとも思いましたが、階段を上がって行く時に、はっきりと下着の形が分かったと言うのは私の思い違いで、私の距離からでは下のラインしか分からず、私が知る限りではこの様な下着は持っていなかった為に、勝手に上のラインを想像して、頭の中で作ってしまったのかも知れません。


どちらにしても、これでは前の黒い翳りは隠し切れずに、パンティーから、はみ出てしまっている事でしょう。
この様なパンティーを穿いている事からも、妻に何か有ると確信した私は絶望感を覚えましたが、何とか尾行を続行すると、やはり妻は銀行には向かわずに、駅を挟んで銀行とは逆方向に歩き出し、私は隠れながら後をつけたのですが、他人から見れば、ストーカーと間違えられないか心配でした。




暫らく後を付けて行くと、妻は4階建ての部屋数が16ほどの小さなアパートに入って行ったので、私も入って行こうとしたのですが、入り口がオートロックになっていて入る事が出来ません。
ここまで不審な行動が重なると、否が応でも事実を受け止めなければならなくなった私は、貧血をおこしそうになり、その場に座り込んでしまいました。


すると、サングラスをかけてヘッドフォンをした坊主頭の若者が、頭でリズムをとりながら出て来て。
「おっさん、大丈夫か?救急車いるか?」


言葉使いは無茶苦茶ですが、それでもしゃがんで私と同じ目線で話してくれ、親切な若者だと感じたので。


「ありがとう。それよりも今入って行った女の事を知らないか?
今日初めて会ったとか、よく見掛けるとか、どこの部屋に行ったとか。」


「おっさんは刑事か?
そんな訳ないよな。張り込みで蒼い顔をして座り込んでしまう刑事なんて聞いた事がない。
それとも探偵?その顔だとそれも無いな。
どっちにしても俺は他人のごたごたに巻き込まれるのは嫌だから。じゃあな。」




私に背を向けて、手を何度か振って去って行こうとする若者に、1万円札を出して。
「これで何とか頼む。」


振り向いた若者は。
「ウワー。そんな必殺技を出されたら断れないな。ここでは話し辛いから向かいの喫茶店にでも行くか?」


喫茶店に入って話を聞くと、妻とは以前からよく階段ですれ違うと教えてくれました。
「どこの部屋に入って行くか分からないか?」


「俺の丁度真下に住んでいる、1人暮らしの親父の所さ。ここから見えるだろ?2階の一番右端の部屋さ。俺が301だから201。」


「いくつ位の男だ?」




「親父の歳は分かり難いからな。おっさんの少し上ぐらいじゃ無いのか?普段やあの女が来る時は、きちんと7、3分けにしているが、あの女が来ない休みの時は髪もぼさぼさで、昼間でもパジャマのまま新聞を取りに来る、冴えない親父さ。」


若者が指差した郵便受けをみると、201号室の所に稲垣と貼って有りました。
建物から見ても、おそらく独身の1人暮らしか単身赴任者が借りるアパートの様で、部屋番号の所に名前が貼ってあるのは稲垣だけです。
「あの親父は見栄っ張りなのか、高い車に乗ってやがる。俺ならそんな金が有ったら、もっと広いアパートに引っ越すよ。どちらにしてもあの女と親父は普通の関係では無いな。女はいつもサングラスをしていて、俺とすれ違う時は必ず俯いているし、2人で出掛ける時は決まって親父が先に出て、あたりをキョロキョロ見渡してから女が出てくる。女もそうだが、あの親父も女と一緒の時は夜でも必ずサングラスをしていて、車に乗り込むまでは外さない。まあ、よく有る不倫の関係というやつかな。」


私の顔が見る見る蒼ざめて行くのが自分でも分かりました。
私の動揺を察した若者は1万円札をテーブルに置くと、
「本当は、おっさんがあの女の旦那だろ?そんな血の気の引いた顔をされたら、可哀想でこれは貰えない。」


「ありがとう。でもこれは取っておいてくれ。また何か聞きに来るかも知れないから、その時は頼む。本当にありがとう。」



***




まだ若者と話していた時は、よかったのですが、彼が出て行った後1人になると足が震え出し、意識すればするほど、震えは大きくなってしまい止まりません。
怒り、悔しさ、絶望感。


水を飲んで落ち着こうと思うのですが、グラスを持つ手までが震えて水を溢しそうです。


私は、2階のあの部屋をずっと見詰めていましたが、中で行われている事を想像すると重機を借りてきてでも、今すぐこのアパート自体を壊して無くしてしまいたい衝動に駆られます。
頭の中では、透けた小さなパンティーだけを身に着けた妻が、男の物を美味しそうに嘗め回してから口に含んで、頭を前後に動かしている姿が浮かびます。
男が我慢出来なくなり、妻を押し倒して豊満な乳房にむしゃぶり付いている姿が浮かびます若者に頼んで、ドアの中に入れてもらえばよかったと悔やんでも、もうどこに行ったのか分かりません。
私は悔しさで、妻がいる部屋をずっと睨んでいましたが、前の道を携帯電話で話しながら歩いている人を見た時、妻の携帯に電話すれば良いのだと気付き、慌てて携帯を出しました。


しかし、そこには何も登録されておらず、スーツケースに手帳を入れてきてしまい、携帯番号が分かりません。
日本に着いてから暇な時間は沢山有ったので、妻の携帯番号ぐらいは入れておくべきでした。


今にして思えば、実家の電話番号は覚えているので、妻の携帯番号を聞くという手段も有りましたし、部屋番号は分かっていたので、オートロックのドアの横に付いているインターフォンで呼び出すという手段も有ったのですが、そんな事すら気付かないほど気が動転していたのです。




若者が出て行ってから1時間もすると我慢の限界が来て、2人のいる部屋をじっと見ているだけの自分が惨めに思え、家に帰って妻が帰ってきてから殴ってでも説明させようと思ったのですが、ここから離れる勇気が有りません。
スーツケースを預けたロッカーの有る駅まで戻り、妻に電話をしようと思っても、妻が男と愛を確かめ合っているので有ろう部屋が見える、この場所から離れる勇気が有りません。


その時、見詰めていた部屋からサングラスをかけた妻が出てきて、それに続いて出てきた男はドアに鍵を掛けています。
私は慌てて喫茶店を出ようとしましたが、こんな時に限って前のおばさんが財布の中の小銭を探していて、レジを済ませる事が出来ません。
「釣りはいらない。」
おばさんを押し退けるように喫茶店を出ると、2人は車に乗り込むところです。


エンジンが掛かったばかりの車の前に立ちはだかると、じっと助手席の妻を睨みました。
妻は最初、状況が飲み込めずにキョトンとしていましたが、私だと分かった瞬間、驚きで顔が引き攣り、声も出せずに私を見ています。
私は怒りから両手を思い切りボンネットに打ち据えると、ボンネットは少しへこみましたが、興奮からか手に痛みは感じません。
状況の分からない男はサングラスを外し、怒った顔で左の運転席から降りて来て。
「何をする。警察を呼ぶぞ。」


私は何も言わずに思い切り男を殴ると、男はよろけてボンネットに手を付き、私を精神異常者とでも思ったのか、殴られた左頬を手で押えたまま、脅えた目をして固まってしまっています。


妻への怒りが大き過ぎて自分の中で処理し切れずに、妻を引き摺り出して殴りたい気持ちを通り越し、逆に冷静になっていく自分が不思議でした。
今私が何か言ったり行動を起こしたりするより、この後どう出るか任せた方が返って2人は困るのではないかと思い、その場を黙って立ち去ると大通りに出て、タクシーを捕まえて乗り込みました。
いつもの習慣で私のキーホルダーに付けたまま、赴任先まで持って行ってしまった家のスペアキーが、駅のロッカーに預けたスーツケースに入っているのを思い出し、途中駅に寄ってもらってから我が家に帰り、私が最初にした事は妻の服や下着を調べる事でした。







私がすぐには帰って来られない様な遠い所にいて、他にここを開ける者がいないので安心し切っていたのか、クローゼットの中には私が見た事も無い、これをあの妻が着るのかと唖然とする様な、豹柄などの派手な服が普通に掛けて有り、ミニスカートも数着有りました。


それらは、色や柄が派手な物だけではなく、身体の線がはっきり出てしまう様なニットで出来たミニのワンピースなど、色は地味でもデザインが派手な物も有ります。
次に下着を探すと、普通の下着が入っているすぐ下の引き出しに、私がいた時には持っていなかった、色取り取りなセクシーで高価そうな下着が有りました。


しかし、もう1段下の引き出しの中を見た時、私は絶句しました。


そこには普通の下着売り場には、絶対に売っていない様な、セクシーと言うよりは卑猥な下着ばかりが入っていたのです。
いいえ、それらは下着としての機能を果たさない、下着とは呼べない様な物がほとんどなのです。
これをあの妻が身に着け、あの男に見せていたのかと思うと悔しくて涙が出そうです。




私は、それらの下着を手に取り、ぼんやりと見詰めながら落ち込んでいましたが、今は弱気に成っている場合では有りません。


下着を元に戻してから2個のバケツにお風呂で水を汲み、それを玄関の上がり口に置いて居間で待っていると、それから3、40分経った頃に家の前で車が止まりました。
気付かれない様に半身になって窓から見ていると、運転席からあの男が降りて来たのですが、妻は降りて来ようとはしません。


すると男が助手席のドアを開けて妻に何か話し、ようやく降りてきた妻はハンカチで涙を拭いながら、近所の人に見られるのが嫌なのか、小走りで玄関に向かいました。
帰って来るのに時間が掛かったのは、きっと口裏合わせでもしていたのでしょう。


私は玄関に先回りをして、水の入ったバケツを構えているとチャイムが鳴りましたが、返事もせずに無視しました。
すると次の瞬間ドアが開いて妻が入って来たので、持っていたバケツの水を頭から勢いよくかけて次のバケツを持ち、続いて入って来た男には、頭を狙ってバケツごと投げ付けましたが、男は咄嗟に手で防いだのでバケツは当たりませんでした。
それでも頭から水を被ったので2人共びしょ濡れです。


「智子だったのか。まさかおまえが、この家に帰って来られるとは思わなかったので、泥棒でも来たのかと思ったよ。
いくら嘘つきで人を裏切る事が平気な女でも、2度とこの家には帰って来られないと思っていたが、夫や娘、世話になった親を平然と裏切る事の出来る女は、流石に図々しさが違うな。身の回りの物でも取りに来たのか?」




「あなた、ごめんなさい。違うのです。誤解なのです。」


妻が水浸しの土間に泣き崩れると、男も慌ててその場に土下座して。


「ご主人には要らぬ誤解を招く行動をとってしまい、本当に悪かったと反省しています。
今日は休日出勤だったのですが、私が昨夜から熱っぽかったので起きられずに、携帯が鳴っているのにも気付かずに寝ていたので、部下が心配して出勤前の奥様に、様子を見て来て欲しいと電話をしたらしいのです。
昨夜から食欲が無くて何も食べていなかったので、ファミレスに付き合ってもらってから出勤しようと車に乗った所にご主人が・・・・・・・・。」


この男はべらべらと言い訳を並べていましたが、妻は、泣きじゃくっていて、何も話す事が出来ずにただ土下座していました。
私は、その場に胡坐を掻き、返事もしないでただ煙草を吸っていましたが、この男のいい訳に腹が立ち、私がいない間、何度も妻が行っていた事を知っていると言おうかとも思いましたが、相手に嘘を言わせておいた方が、その嘘を指摘する事で他の事も聞き出し易くなると考えて、あえて何も言わずに黙ってキッチンに行くと包丁を持って来ました。


「申し遅れましたが、私は支店長の稲垣と申します。奥様には大変お世話に・・・・・。」
その時少し顔を上げた稲垣は、私が包丁を持っている事に気が付き、
「ご主人、本当です。誤解を招いた事は謝ります。これは誤解なんです。本当です。そんな物は置いて下さい。」




その言葉で顔を上げた妻も包丁に気付き、
「やめて?。許して?。ごめんなさい。ごめんなさい。」


私の足に縋ろうとした妻を思い切り蹴飛ばしたのを見て、支店長は謝りながら飛び出して行きました。
支店長の言い訳に腹がたち、少し黙らせる為の脅しに持って来た包丁ですが、逃げなければ刺していたかも知れません。



***


どうしてあんなに誠実だった妻が、この様な事に成ってしまったのか皆目見当も付きません。
単身赴任の間に妻が不倫。
世間ではよく有る話かも知れませんが、私の妻に限って、その様な事が有る筈は無いと思っていました。
遊び好きな妻ならまだしも、あの真面目な妻に限って、その様な事とは無縁の筈でした。
しかしこれは、浮気された夫は皆思う事なのか?


そうだとすれば妻の不倫も、世間でよく有る普通の不倫で特別なものでは無い。
私は未だに信じられずに、どこかで、何かの間違いだという微かな期待も持ってしまいますが、不倫が事実だとしても、世間でよく聞く不倫では無くて、妻には何かもっと重大な訳が有ったに違いないと思ってしまいます。
何か特別な理由が有る筈だと思いたくて、全て知らなければ今後の事を決められません。




これも皆思う事で、私の妻だけに特別な理由は無いのかもしれませんが。
泣きじゃくる妻を残して実家に行くと、母は驚き、嬉しそうな顔をしましたが、
娘を暫らく預かって欲しいと頼むと、只ならぬ私の態度に妻の事だと察した母は、目に涙を溜めて頷きました。



1人で海外にいて愛に飢えているのに、妻を抱き締められなくなった私は、せめて娘だけでも抱き締めたいと思う感情を殺して、父と出掛けているという娘には、まだ私が帰って来た事は言わないで欲しいと頼みました。


娘に今の妻の見せなくても良い分、父と母が近くにいてくれた事を、これ程感謝した事は有りません。
家に戻っても妻は濡れた土間で、びしょ濡れのまま泣いていました。
私にすれば泣いている事自体許せずに、何も話す気が起きません。
何故なら、泣きたいのは私なのです。


狂ってしまったのではないかと思うほど、ただ泣き続けていた妻も翌日には少し落ち着きを取り戻したのですが、私が何か言う度に涙を堪える事が出来ずに、まともに話が出来ません。


夕方になり、そんな妻が涙声で。
「あなた、いつ帰って来られたのですか?」
「そんな事を聞いてどうする?帰って来る日さえ分かっていたら上手く隠し通して、こんな事にはならなかったと言いたいのか?」




「違います、誤解なんです。あなたには嫌な思いをさせてしまいました。誤解されても仕方がないです。でも本当に誤解なんです。」


「誤解?派手な化粧。派手な服。ミニスカート。残業。休日出勤。泊まりで慰安旅行。友達の相談に乗っていたと言って、度重なる朝帰り。」
妻は、何か言ったのですが、泣いている上に小さな声なので聞き取れません。


「泣かずに本当の事を話せる様になったら呼びに来い。それまで何日でも実家に行っている。」
娘には、まだ不安を与えたく無かったので実家に行く気は有りませんでしたが、持ち帰ったスーツケースを持って出て行く振りをすると。


「少し待って。私もどの様に説明したら良いのか分からないです。」


「どの様に説明?正直に事実を全て話せばいいだけだろ?他にも知っているぞ。おまえが絶えずあいつのアパートに入り浸っていた事も。それなのに奴は、いかにもおまえが初めて来たみたいに、何が心配した部下が電話しただ。」




妻は、更に大きな声で泣き出したので、
「泣いて誤魔化すな。30分待って泣き止まなかったら実家へ行く。実家へ行ったら、おまえがここを出て行くまで、もう絶対に帰って来ない。」


暫らく待っていても泣き止まない妻に腹がたち、立ち上がってスーツケースを持つと、妻は泣きながら、
「ごめんなさい。あと5分待って下さい。お願いします。」


そう言い残して、洗面所へ走って行きました。









居間で待っていると顔を洗って入って来た妻は、黙って入り口に正座しています。
「何か話したらどうだ?」


「ごめんなさい。何からお話ししたら良いか分かりません。あなたから訊いてもらえませんか?」


「全て最初から順に話すと思っていたが、そうか。
俺が訊いてもいいのだな?
それなら訊くが、俺がいない間、毎日抱いて貰っていたのか?
あいつの物は大きかったか?
一度のセックスで何回ぐらい気を遣った?
あいつの物も毎回口に含んでやったのか?
尻の穴も舐めてやったか?
おまえの尻の穴も舐めてもらったか?
俺には許さなかった尻の穴にも入れてもらったのか?」


「そんな酷い事を言わないで。そんな事はしていません。身体の関係など有りません。本当です。本当です。」


「そんな酷い事をしていたのは誰だ?
身体の関係が無いなんて信用出来る訳が無いだろ。
俺は絶対に許さない。
おまえもあの男も必ず地獄に落としてやる。
どちらにしても俺達はもう駄目だ。
離婚するしかない。」




まだ考えてもいなかった離婚という言葉を言ってしまい、言ってしまった私自身、動揺してしまいました。


「離婚なんて言わないで。浮気なんてしていません。あなたを愛しています。」


「浮気ではない?浮気で無いなら本気という事か?」


「違います。あなたを愛しています。私が愛しているのは、あなただけです。」


「あいつに言われたのか?
何とかこの場は嘘をつき通して乗り切れと。
もう旦那など愛していなくても、愛していますと言ってやれば許してもらえると。
1年半も知らない土地にいて、どうせ愛に飢えているから、愛していますと言ってやれば泣いて喜ぶから、辛くても我慢して言ってやれと。
お気遣い頂きましてありがとうございました。」




また泣き出したのを見て玄関に向かうと、追い掛けて来た妻は私の足に縋り付き、
「そんな事は絶対に有りません。愛しているのはあなただけです。ごめんなさい。もう少し話だけでも聞いて下さい。」


また居間に戻ると、今度は近くに正座して、昔の事から順に話し出しました。


妻が短大を出て銀行に就職し、初めて配属になった支店に稲垣がいたそうです。
稲垣は、一流大学を出ていて、仕事も出来るのに偉ぶった素振りも無く、話し方もソフトだったので、女子行員に人気が有ったそうですが、歳も一回り上で既に結婚していた事も有り、妻にとっては恋愛対象ではなくて良き先輩でした。


銀行は、転勤が多く、転勤が仕事だと言う人もいるぐらいだそうですが、妻が私と結婚をして、娘が生まれるまで勤めていた別の支店で偶然また一緒になり、以前一緒の支店にいた事からお互い親近感を覚え、昼食が一緒になった時や飲み会の時などには、お互いの家庭の事などプライベートな事なども、何でも話せる間柄に成っていきました。


ここでは、2年弱しか重ならずに、稲垣が別の支店に転勤となったのですが、私が海外に赴任した翌月、妻がパートで働いていた支店に支店長として赴任して来て、三度一緒の職場で働く事になったそうです。







稲垣が歓迎会の席上で、今回が初めての単身赴任だと挨拶した事が気になったので、2次会でビールを注ぎに行った時に事情を聞くと、その時は、子供達の学校の関係だと説明されましたが、その後、妻がトイレにたった時に稲垣もついて来て、相談に乗ってもらいたい事が有るのでお開きの後、付き合って欲しいと小声で誘われたそうです。


他の者に誤解されない様に、一旦別れてから待ち合わせた喫茶店に行き、そこで妻は稲垣から、子供達の学校の事情だけでなく、奥さんの浮気が原因で離婚も考えていて、その為の別居の様なものだと打ち明けられました。


「それが可哀想で、身体を使って毎晩慰めてやっていたと言う事か。」


「違います。身体の関係は有りません。本当です。
色々愚痴を聞いてあげたり、相談に乗ってあげたりしていました。
でも、朝まで話しをしていただけなんて信じて貰えないですよね。
誤解されても仕方の無い軽率な行動でした。
あなたに嫌な思いをさせた事は、本当に申し訳無かったと反省しています。
私が愛しているのはあなただけです。
支店長に特別な感情は有りません。
どうか離婚だけは許して下さい。
あなたがいないのを良い事に、あなた以外の男性と2人だけで会っていた事の償いは、例え一生掛かってもさせて下さい。
お願いですから、離婚だけは許して下さい。」




私は拍手をしながら、
「大変良く出来ました。
どうせそれも、あの男にそう言えと言われたのだろ?
それともおまえが考えたのか?
そうだとしたら立派なものだ。
嘘のつけなかったおまえが、1年半でそこまで平然と嘘が言える様になったとしたら、余程毎日嘘ばかりついていて、嘘になれてしまい、嘘をつく事など平気な女になったと言う事だな。」



自分自身の保身も有るのでしょうが、妻の必死に話す姿を見ていると、余計に稲垣との只ならぬ繋がりを感じてしまいます。


完全に黒に近い行動をしておきながら、未だに関係を認めない事は自分への保身だけで無く、妻の稲垣を気遣う、稲垣に対しての普通では無い感情を感じてしまいます。
妻は、私と初めて関係を持った時に、痛がりはしましたが出血は有りませんでした。
スポーツなどで破れてしまい、初めての時に出血しない事も珍しくは無いと聞いた事が有りましたし、それ以外にも色々な理由で出血しない事は、よく有ると聞いていたので、私が初めての男だと言う妻の言葉を信じていましたが、実はそれも嘘で、初めての男は稲垣だったのではないかと勘ぐってしまいます。
処女と思わせる為にわざと痛がり、演技をしていたのではないかとさえ疑ってしまいます。
ただこれは、私と付き合う前の事なら許せますし、本来、許す許さないの問題では無いでしょう。
しかし、私が赴任中にずっと関係を持っていたとしたら、それは許す事など到底出来ません。


「残業だと嘘をついて、あいつと会っていたのだな?」
「はい。」


「休日出勤や役員会だと嘘をついて、あいつと会っていたのだな?」
「はい。」




「友達の相談に乗っていると言った友達とはあいつの事で、朝まであのアパートに2人だけでいたのだな」
「はい。」


「慰安旅行というのも嘘で、あいつと旅行に行ったのだな?」
「・・・・・・・・・。」


妻は、最初から小さな声で返事をしていましたが、この時は更に小さくなり、何を言っているのか聞き取れません。
「明日銀行に行って他の行員に聞けば、本当に慰安旅行が有ったかどうか分かるから、言いたくなければそれでいい。」


「それだけは許して下さい。銀行だけには行かないで下さい。支店長にも迷惑をかけてしまいます。どうか、それだけは許して下さい。」


この期に及んでもあの男を庇う事が許せず、銀行に行かれる事がそれ程嫌なら、逆に行ってやろうと思いました。





旅行について妻は、
「気晴らしに旅行にでも行きたいが、1人では余計に滅入ってしまうので付き合って欲しいと誘われ、2人で旅行に行きました。でも支店長に特別な感情は無いし、特別な関係では有りません。当然部屋も別々で身体の関係も有りません。今になって冷静に考えれば軽率な行動でした。疑われても仕方のない非常識な行動でした。ごめんなさい。許して下さい。」


「既婚者同士が隠れて旅行に行く関係が、特別な関係ではない?その上、何度もあのアパートに泊まっておきながら、旅行の時だけ部屋を別にしたのか?あいつがホモでも無い限り、そんな事を信用する奴なんていないだろ。なのにおまえは、それを俺に信じろと言うのか?おまえが逆の立場なら信じられるのか?」


男と女の間にも恋愛関係でなく、親身になって相談に乗ってやるような、友情だけの関係も存在するでしょう。
また、服の趣味も心境の変化で変わって行く事は考えられますが、妻の身形は変わり過ぎで、何か余程の事が無いとあれほどの変化は考え難いです。
何より、あれらの下着を持っている説明がつきません。



これだけの疑惑が有りながら、身体の関係は無いと言い張る妻の心理が分かりませんでした。
考えられるのは離婚の時の条件を少しでも良くすることか、離婚して稲垣と再婚した場合の生活を考えて、稲垣の銀行での地位を守っておきたいという事ぐらいです。
嘘をつき通したまま、私と結婚生活を維持して行く事は無理だと分かっていると思います。


残された道が有るとすれば、それは正直に全て話して謝罪し、何年掛かっても償っていく以外無いと思うのですが、妻はそれをせずに、稲垣と自分の保身に走っているとしか思えないのです。





もしかすると、この問題を何とか穏便に済ませ、暫らくしてから性格の不一致とか何とか他の理由を付けて、離婚を切り出すつもりかも知れないという思いまであり、1番肝心な身体の関係を未だに隠そうとする、妻の話しは何一つ信用する事が出来ませんでした。
私は、強気の態度に出ていますが、それとは裏腹に心の中は心配で仕方がないのです。
今まで幸せだった家庭が、壊れていくのが怖くて仕方がないのです。


妻はまた泣き出したので、
「もういい。俺は遠い所から帰って来て疲れている。勝手にいつまでも泣いて、この事から逃げていろ。俺は寝る。」
口では強がりを言っていましたが、この問題をどうしたら良いのか分からずに、眠る事など出来ません。



次の日、会社に行ったのですが、そんな事情を知らない上司は、私の疲れきった様子を見て、気候の違いや疲れから体調を崩しているものと思い込み、早く帰ってゆっくり休めと言ってくれたので銀行に急ぐと、着いた時は閉店間際でシャッターが閉まる直前でした。


銀行に飛び込んで、最初に目に入ったのは妻が書類を運んでいる姿です。
〔どうして智子がいる?まさか、あいつに逢いたいからなのか?それとも、携帯を取り上げたので、あいつと会って今後の事を相談をする為か?〕


私が出勤する時には出掛ける素振りも無く、何の用意もせずに時々思い出した様に、ただ泣いていたので当然仕事は休んでいて、こんな事になった以上、銀行を辞めるものだと思い込んでいた私は一瞬唖然としましたが、何とか気を取り直し、
「支店長にお会いしたいのですが。」




その言葉で妻が私に気付いて不安そうに立ち尽くしていると、一番奥のデスクにいた稲垣が、横目で妻を見ながら早足でこちらに歩いて来ました。



稲垣は、周囲の目を気にして口だけは平静を装っていましたが、表情は不安でいっぱいです。
「これは、これは、わざわざお越し頂きまして恐縮です。どうぞこちらに。」



本当は、その場で大きな声を出して罵倒したかったのですが、逆に私が名誉毀損で訴えられてもつまらないので、案内された応接室に入りました。
「こちらの銀行では社内不倫についてどの様なお考えをお持ちですか?」
「いや、それは、その・・・・・・・・・。」


「人妻の行員を朝までアパートに連れ込む。2人で旅行にまで行く。この様な行員がいたらどの様な処分をしてくれますか?」


すると稲垣はテーブルに両手をついて、
「ご主人には本当に申し訳ない事を致しました。
でも、本当に不倫なんかでは無いのです。
信じて頂けないでしょうが、身体の関係どころか手も握った事は有りません。本当です。
しかし奥様を付き合わせた責任は感じておりますので、大変失礼かと思いますが、誤解を与えた慰謝料という形で償わせて下さい。」




稲垣は、妻が上手く誤魔化してくれただろうと思っていたのか、アパートの事や旅行の話しをした時に、一瞬驚いた表情をしたのを見逃しませんでした。
この事で、今日は、まだ妻とは何も話し合っていないと感じた私は、鎌をかけてみる事にしました。


「誠実に対応すれば、穏便に済ませようと思って来たが、この期に及んでまだ嘘で塗り固めようとするのか?
分かった。おまえに誠意を期待していた俺が馬鹿だった。
こうなれば俺にも覚悟が有る。」


「すみません。しかし、そう言われましても本当に不倫などしてはいません。身体の関係なんて無いのです。」
私は両手でテーブルを叩いて立ち上がり、
「昨夜、女房が全て話したんだよ。アパートに行っては抱かれていたと。
旅行でも抱かれたと話したんだよ。もう名誉毀損も関係ない。
俺はどうなってもいい。
まずは手始めにここの行員達に、こんな支店長で良いのかと聞いてみる。」


私の言葉を聞き、稲垣は慌てて床に土下座して、
「すみませんでした。
正直に話したかったのですが、ご主人のお気持ちを考えると話せませんでした。
決して自分を守る為に話さなかったのでは有りません。
取り返しの付かない事をしてしまいました。
どうか許して下さい。」


「俺の気持ち?そんな事を考えられる人間なら最初からしないだろ?
ばれたからって、尤もらしい事を言うな。
自分を守る為に、何とか誤魔化そうと嘘ばかりついていて、いざばれたら俺の為に嘘をついていた?
何を食べれば、そんなに自分に都合の良い言い訳が、次から次へと言える様になれる?俺にも教えてくれ。」




私は、ずっと、この事実を知ろうともがいていましたが、いざ認められると私の全てが終ってしまった様なショックを受け、尻餅をつく様にソファーに座り込んでしまいました。



その時ドアがノックされたので、稲垣は慌ててソファーに座りました。
「支店長、ズボンの膝が汚れているぞ。」


床は、きれいに掃除されていたので汚れてはいなかったのですが、私が嫌がらせにそう言うと、慌てて膝を掃いながら、縋る様な目で私を見ています。
若い女子行員がお茶を置いて出て行くと、また床に土下座して、
「ご主人、どうかこの様な事は・・・・・・お願いします。」
「何を?」


何をお願いしたいのか分かっていても、私が素っ気無い返事をしたので、今度は額が床に擦りそうなほど頭を下げました。
「妻から全て聞いたが確認の為に、おまえにも同じ事を訊く。
妻と話が食い違わないように、よく思い出して答えろ。
ただ、気を付けて話した方がいいぞ。
俺にとって何よりも大事な家庭を壊された以上、もう何も怖い物は無い。」


「・・・・・・・・はい。」




「女房とはいつからの関係だ?」


「奥様にして頂いたのが、こちらに赴任して来て3ヶ月ほど経った頃で、結ばれたのはその一ケ月ほど後かと。」
して頂いたというのは何をして貰ったのか聞きたいのですが、妻が全て話したと言った手前聞けません。


「結ばれた?お互い既婚のくせに、独身の恋人同士の様な事を言うな。お前達のしていた事を美化するな。不法行為、不貞を犯していたのだろ。」


「すみません。言葉を間違えました。」


「まあいい、最初どちらから誘った?」




「私からです。」


妻が私を裏切った事に変わりは無いのに、この事は私の気持ちを少し楽にしました。
どちらが誘おうと、どちらの非が大きかろうと、妻が私を裏切って、私だけにしか開かない筈の身体を開き、私だけにしか見せない筈の顔を見せていたという事実は変わりません。


いいえ、私にも見せた事の無い顔を、この男には見せていたのかも知れません。
それでも、どちらが誘ったかという小さな事にも拘ってしまいます。
結局、私は、まだ妻に未練が有るのです。


「あいつはおまえのアパートに何回ぐらい泊まった?」
「月に1回ぐらいかと・・・・・・・。いえ、2回の月も有ったかも知れません。」


「旅行には何回行った。」




「すみません。2回行かせてもらいました。」


「それら全ての時に女房を抱いたのだな?」


「はい、申し訳無かったです。許して下さい。」


「謝るな。謝ったところで許す筈がないだろ?他の日も残業だと嘘を言って帰りが遅かった時は、女房を抱いていたのだな?」
「毎回では有りません。食事だけの時も有りましたし、私の帰りが予定よりも遅くなってしまい、ただ待たせてしまっただけで、電話して帰ってもらった事も有りましたから。」
「そんな細かな事を言うな。そんなのは数回だけだろ?毎回の様に抱いたのだろ?」
「はい、すみません。そのとおりです。」


自分で訊いておきながら吐き気を覚えてきますが、訊かずにはいられないのです。





本当は、どの様なセックスをしたのか気に成っていましたが、その事を訊くと、稲垣が腹の中で私を小さな男だと馬鹿にしないか気になり、それを訊く事はプライドが許しませんでした。
「女房を抱いたのは、旅行以外はおまえのアパートでだけか?」


「いいえ、私の車でラブホテルに行く事も有りました。」


やはり、どの様な行為をしていたのか気になり、その物ズバリは訊けなくても、それらしい事を訊いて、その事から想像出来ないかと迷っていた時。


「私からこの様なお願いが出切る立場では無いのですが、今夜お伺い致しますので、ここでこれ以上は許して下さい。」


ここに来る前は、稲垣を社会的に失墜させてやる事ばかり考えていましたが、色々聞き出している内に、私の知りたい欲求を満たす為には、それは今やらない方が得策だと思う様になり、
「分かった。家で待っているから6時に来い。ただ、今日はもう女房を連れて帰るぞ。文句は無いな?」




「勿論奥様の事は構いませんが、私の仕事が早くても7時迄は掛かりそうなので、6時にお伺いする事は無理かと・・・・・・。出来れば8時、せめて7時30分にして頂け無いでしょうか?」


「仕事?俺は仕事も手に付かない状態なのに仕事だ?俺の家庭を壊しておきながら、それよりも大事な仕事とはどの様な仕事だ?俺は頼んでいる訳でも、相談している訳でも無い。6時に来いと言ったのだ。俺に合わせる気が無いならもういい。やはり今から話そう。今のおまえの対応で、このまま2人だけでいると何かしてしまいそうだから、ここから出て皆のいる所で話そう。」


「すみませんでした。必ず6時にお伺い致します。」


「出来るのなら、最初からそう言え。今後は全て俺の都合に合わせろ。
俺は、おまえに合わせる気は無い。仕事中で有ろうが、夜中で有ろうが、俺が来いと言ったらすぐに来い。
嫌なら今後、話は全てここでしよう。
行員どうしの不倫だから、銀行事態にも何らかの責任は有る。
話し合いの場として、ここを貸してもらえる様に、俺が本店に行って直談判してもいい。」


「私が立場も考えずに、勝手な事を言いました。ご主人のご都合に合わせますから、どうか許して下さい。」
私は、妻と稲垣に打ち合わせをされるのが嫌で、妻を連れて一緒に銀行を出ました。




「久し振りに喫茶店にでも行くか?」
一瞬、妻は嬉しそうな顔をしましたが、すぐに俯いて黙って頷きました。
喫茶店では気まずい空気が流れ、何を話していいのか分からずに黙っていると妻が、
「あのー。支店長とは何をお話になったのですか?」


「おまえには関係ない。俺とあいつの話だ。」
「はい。ごめんなさい。」


妻には、稲垣と話した内容は勿論の事、今夜来る事さえ話しませんでした。
「そんな事より、どうして今日も銀行へ行った?あいつに逢いたいからか?あいつに今迄の様に逢えなくなると思うと不安になったか?俺の事が、愛する2人の仲を邪魔する悪魔に見えるだろ?」


「逢いたいだなんて、そんな事は絶対に有りません。あなたは仕事に行ったのに、あなたにこんな思いをさせてしまった私が、何もしないで家にいるのが悪い気がして。」


「俺に悪い?俺が今、あいつに会われる事が一番嫌だと分からないのか?
逆の立場になって考えた事は無いのか?
そうか、あいつに夢中のおまえに俺の気持ちなんて考える気も無いだろうし、考えたところで分かる訳が無いよな。
俺を思う気持ちが少しでも有れば、最初からこんな事はしないか。」




妻は、泣きそうになるのを堪えている様で、黙ったまま俯いてしまいました。
そんな妻を見ていると付き合いだした頃を思い出します。
妻と喫茶店に行って向かい合わせに座ると、恥ずかしいのか必ず今の様に俯いていました。
しかし、今俯いている理由は全然違います。
あの純情だった妻が、あの誠実な妻が、あの恥じらいを持った妻が、私以外の男に恥ずかしい姿を見せ、恥ずかしい声を聞かせ、気を遣った時の恥ずかしい顔を晒していたのです。このまま妻を見ていると私が泣いてしまいそうになり、急いでレシートを掴んで立ち上がると、妻も慌てて席を立ちました。





家に着くと妻を前に座らせて話しました。
「俺は、節約の為に電話一本我慢していたのに、あの派手な服はおまえが買った物か?」
「支店長がいつも付き合わせているお詫びだと言って、プレゼントしてくれました。」


「何着も有ったが、全てあいつからのプレゼントか?ミニスカートも。」
「・・・・・・はい。」
妻は、消え入りそうな声で返事をしました。


「俺が昔、たまにはミニスカートを穿いて欲しいと頼んだ時も、恥ずかしいと言って絶対に買わなかったし、一緒に買物に行った時、似合うと思って俺が選んだ少し派手な服も、こんな派手なのは嫌だと言って買わなかったおまえが、随分気に入って着ていたらしいな?」




「それは・・・・・・・。」
「化粧も派手にして髪の色もそんな明るい色にしたのは、稲垣がそうしろと言ったからなのか?
おまえは、あいつの着せ替え人形か?あいつの好みに合わせるのが、そんなに楽しかったのか?」


「いいえ、折角のプレゼントを着ないのも悪いと思って。」


「着ないと悪い?それならその化粧は、どんな言い訳をするつもりだ?
化粧品もプレゼントされて、使わないと悪いので派手な化粧をしましたか?
それに卑猥な下着も沢山有ったが、あれもプレゼントだろ?
おまえがあんな下着を買う訳が無いよな?」


「いいえ、あれは私が・・・・・・・・・。」


「そうか。あんな、大事な所に穴の開いた様な下着はどこへ行けば売っている?俺も興味が有るから今から見に行こう。さあ、案内してくれ。」




私は立ち上がって妻の腕を掴み、妻を立ち上がらせようとすると、
「ごめんなさい。あれもプレゼントされた物です。下着までプレゼントされていたと知られたら、益々あなたに誤解されると思って嘘を言ってしまいました。ごめんなさい。」


「そうか。やはりあれらもプレゼントしてもらった物か。
プレゼントされた物を着ていないと悪いと言う事は、今日はこれを穿いてきましたと言って見せていたという事だな?
見せないと折角のプレゼントを、おまえが穿いているのかどうか分からないよな?」


「いいえ、それは・・・気持ちの中だけで・・・・・。」


「そうか、分かったぞ。
だから、あんな小さな下着であいつの所に行ったのか。
プレゼントしてもらったパンティーを穿いてきました。
本当かどうか分からない?これならどう?
そう言ってスカートを捲ったのか?
それとも奴に下から覗かせたのか?
違うか、スカートを脱いだのか。」


自分で言いながらその様な光景を想像してしまい、どんどん辛くなってくるのですが、言わずには居られないのです。




「そんな事、有りません。許して。私が軽率でした。もう許して。」


「だいたい、人妻に下着をプレゼントするだけでも普通は有り得ない事なのに、身体の関係も無い奴があんな下着を贈るか?
それに、身体の関係も無いのに、あんな物をプレゼントされて、喜んで穿く奴などいるのか?」


「喜んでなんかいません。」


「それなら嫌だったという事か?贈られて迷惑だったのか?どうなんだ、返事をしろ。」


「・・・・・はい。」




「それなら立派なセクハラだ。嫌がる部下に、上司が穿いてくれと言ってあんな物をプレゼントしたら、完全なセクハラだ。」


「明日俺と一緒に、あれらを銀行に持って行って抗議しよう。あいつのデスクに全て並べて抗議しよう。そしてセクハラで訴えよう。いいな?」


「それは・・・・・・・。」


「もういいだろ?抱かれていたのだろ?ここまで来たら本当の事を話せ。頼むから話してくれ。」
これが、今から私がしようとしている事を止められる、妻への最後の問い掛けでした。


しかし、妻は、
「ごめんなさい。どう説明すればいいのか分かりません。でも本当に身体の関係は有りません。」




ここまで言ってもまだ認めない妻を、やはり虐めていなければ狂ってしまいそうなのです。
妻を虐めながら、どうすれば妻がもっと辛い思いをするか考えているのです。
その為に稲垣が白状した事も、今夜来る事も黙っていました。


「分かった。智子がそこまで言うのだから、今回は信じる様に努力するが、後で関係が有ったと分かった時は離婚だぞ。これは赴任する前に智子から言い出した事だ。それでいいな?」


「・・・・・はい。・・・・ありがとう・・・・・ございます。」
妻は、今にも泣きそうな声で返事をしましたが、泣けば私が実家に行ってしまうという思いからか、唇を噛んで我慢していました。





稲垣は6時に来るので、私はシャワーを浴び終え、続けて妻にもシャワーを浴びさせ、キッチンで妻の身体を触りながら服を脱がせようとした時、妻は嫌がって抵抗しました。
「俺にされるのが嫌になったのか?」




「違います。嬉しいです。でも、まだ時間が早いのでせめて夜になってからお願いします。」


「俺は1年半も我慢していたから、もう我慢出来ない。智子はそうでは無い様だな。やはり奴に抱いてもらって、欲求を解消していたのかな?」


「違います。それなら、ここでは落ち着かないから寝室でして下さい。ベッドでお願いします。」


「折角仲直りの切欠になると思っていたのに、それならもういい。」


「ごめんなさい。私が悪かったです。でも・・・・・・・。せめてカーテンを閉めて、明かりだけでも消して下さい。お願いですから、明かりだけでも・・・・・・・・。」
そう言って、妻は頑なに拒みました。




「やはりそうか。智子を信用しなければ駄目だと自分に言い聞かせたが、あいつ以外には抱かれる事も、裸を見られる事すらも嫌になったのか。
あいつに言われているのか?例え旦那でも俺以外の男に抱かれたら、もう抱いてやらないと。」


「違います。支店長とはその様な関係では有りません。あなたに抱かれたいです。」


「それなら自分で脱いで、テーブルの上に寝て脚を開いてくれ。このままだと俺が無理やりしているみたいだからな。」
そう言われた妻は、涙を堪えながらゆっくりと服を脱ぎましたが、最後の1枚は脱がずに、両手で乳房を隠して俯いたまま動きません。


「どうした?早くそれも脱いでテーブルに乗れ。」
しかし妻は、それを脱がずにテーブルに乗って仰向けに寝たので。


「俺は全部脱いで股を開けと言った筈だ。もうやめておこう。」




「恥ずかし過ぎます。せめて明かりを消して。せめて暗くして下さい。お願いします。」


『稲垣の前では、平気で股を開いていたくせに。』
と言いたいのを我慢して、妻自身の手で脱がす事を諦めた私がパンティーに手を掛けると、妻は乳房を隠すのをやめて両手でパンティーを掴み、脱がされない様に上に引っ張って抵抗しました。


少しサディスティックな気分になっていた私は、料理鋏を持ってくるとパンティーの両横を切ったのですが、妻はそれでも切られた布を押えて抵抗を止めません。
私が強引に剥ぎ取ると今度は両手で隠したので、手首を持って力任せに引き離した時、どうしてここまで頑なに拒んだのか、その訳がはっきりと分かりました。


妻のそこは小さな逆三角形を残して、他はきれいに剃られていて、この様な気持ちの時の私でさえ、少しおかしな気分になるほど卑猥に見え、これならば全て剃ってしまった方が余程ましなくらいです。


「何だこれは?」




「友達にスポーツジムに誘われて行った時に、水着を着なければならないので剃ったのですが、上手く剃れなくて、段々小さくなってしまって・・・・・・・。」


妻は、抵抗しながらも、この言い訳を考えていたのでしょう。
あの誠実だった妻を思うと、嘘に嘘を重ねる妻を見る度に、浮気された事以上に悲しくなって来ます。
妻は、両手で顔を覆っていたのですが、それは恥ずかしさからそうしているだけでは無くて、溢る涙を隠すためでした。


恐らく稲垣は、私が帰って来られない遠い異国にいるのを良い事に、妻の身体を好き放題、自分の思う様に扱っていたのかも知れません。
まるで自分の妻で有るかの様に、いいえ、自分の妻にはさせない様な事まで強要していたのかも知れません。
私は、そんな妻の身体に触れる事も出来ずに、椅子に座って妻の秘所をただじっと見ていました。


「あなた、恥ずかしいです。触って下さい。お願いします。」


妻にすれば何もされない事の方が屈辱的で、羞恥心も大きいのだと思います。
「智子も1年半の間に随分淫乱な女になったな。キッチンのテーブルの上で、裸で股を開いて、触って下さい?」
「それは、あなたが・・・・・・・・・。」




「なに?聞こえないぞ。」
「何でも無いです。ごめんなさい。」
こんな事を強要すれば、以前の妻なら泣いて怒ったのでしょうが、私に隠し事の有る妻は逆らう事も出来ません。


「正直に言うと、俺はまだ智子に不信感を持っていて触る気になれない。しかし俺にも性欲は有る。
1年半も我慢していたから無性に出したい。
智子が自分で気持ち良くなって充分に潤って来たら、中で出そうと思っている。協力してくれるな?」


「自分でなんて出来ません。どの様にしたら良いのかも分かりません。お願いです。あなたがして下さい。お願いします。」


「他の男と旅行になんて行かれたら、身体の関係が有ろうと無かろうと、普通の旦那は一生奥さんとはする気になら無いと思うぞ。
俺もまだ普通にはする気になれ無いが、徐々にでも何とかして元の関係に戻りたいと思ったが、それも聞いては貰えないのか。
あいつの言う事は何でも聞き、人前であんな短いスカートを穿いていたおまえが、俺の頼みはこんな事も聞けないとは。
分かった、もう止めよう。そこから降りて服を着ていいぞ。」


「ごめんなさい。別に穿けと言われていた訳では・・・・・・・。そんな事言わないで。あなたの言う通りにやってみますから、そんな事は言わないで。」




妻が自分でするのは初めて見ます。
私が単身赴任してしまってからは分かりませんが、多分それまではした事が無いと思います。
童顔な妻がテーブルの上で脚を開き、豊満な胸を自分で揉んで感じ様としていれば、普通なら我慢出来ずに飛び掛るのでしょうが、不倫の事実を知った私は、どうしても冷静な目で見てしまいます。



妻は、まだ恥ずかしいのか、ただ乳房を揉んでいるだけで乳首を触る訳でもなく、これでは計画が狂ってしまうと思った私は、
「智子が脚を開いた時から気になっていたのだが、どう見ても1年半前よりもクリが大きくなっているよな。
これは何もしないでただ大きくなる事は無い。
誰かに擦ってもらっていたか自分でしていたかだが、確か智子は、自分でする仕方が分からないから俺にしてくれと言った。
と言う事はやはり、俺以外の誰かにして貰っていたという事になる。
どうなんだ?答えろ。」


別に大きくなったとは感じませんでしたが、私の出任せな話に妻は、
「・・・・・自分で・・・・・していました。」


「自分でしていた?そうか、あいつに擦られたり、吸われたりされていたのでは無くて良かった。
智子は寂しくて自分でしていたのか。
それならどうしてその様にしない?俺とでは気が乗らないのか?」


妻は、右手は乳房を揉んだまま、左手の指をクリに充てて擦り始めました。
「なかなか潤って来ないな。
普段自分でしていた時はどうだった?
もう感じて来ている頃だろ?
きっと智子の身体は、もう俺の物を受け入れたくないのだな。」




それを聞いた妻は、乳房全体を揉んでいた右手で乳首を摘み、左手の指を一度舐めて唾液を付けてからまたクリに持って行き、指の動きを早くしました。
すると少し潤って来たようで、時々、襞の中に指を入れては愛液をすくい、その指で強くクリを擦り出し、徐々に喘ぎ声も漏らす様になっていきました。
妻の秘所も充分に潤ったのを見て、時計を見るともう5時50分です。
もうそろそろ来る頃だと思い、乳首を揉んでいた右手の手首を掴んで下に持って行き。


「指を中に入れて動かしてみろ。自分でしていた時も、当然そうしていたのだろ?」


「お願い、もう。もうください。」


「まだ分かっていないようだな。俺がどの様な思いで、智子と交わろうとしているのか。これ以上気分を壊す様な事を言うならもういい。止めておこう。」


「ごめんなさい。逆らいません。言われた通りにします。」




妻が右手の人差し指一本だけを入れたので、中指も入れて動かすように言うと、次第に喘ぎ声が大きくなり、クリを擦る左手の指の動きも早くなって行きました。
私の言い付けに従っているとしても、離婚する事になるかもしれないという、こんな気持ちの時にでも感じる事の出来る妻に呆れて、益々私は冷静になっていきます。



その時、外で車が止まる音がしたので、
「ちょっとトイレに行って来るから続けていろよ。絶対に指の動きを止めるなよ。だからと言って、自分だけ気を遣ってしまったらそこで終わりだからな。俺との仲直りの行為も無いからな。」


「早く、早くお願いします。もう、もう我慢出来ません。もう、もう。」


今回の余りにも不利な状況の自分から抜け出したいだけなのか、本当に私と別れたくないからなのかは分かりませんが、何とか私に気に入られようとしていて、妻を苦しめたいが為に行っている行為を疑おうともしません。
私が先に玄関のドアを開けたので、稲垣は、驚いた顔をして挨拶をしようとしましたがそれを制止し、妻に気付かれない様に小さな声で、
「今、妻はお楽しみの真っ最中だ。それを邪魔したく無いから黙ってついて来い。話はその後で聞く。」


稲垣は訳が分からず、不安そうな表情で私の後ろをついて来たので、キッチンの前まで連れて行くと、微かに妻の喘ぎ声が聞こえて来ます。
稲垣もその声に気付き、驚きの表情で私を見たので、また小さな声で、
「ここに座って待て。」




その場に正座をしたのでドアを開けると、今度は妻の喘ぎ声が、はっきりと聞こえてきました。
私は、よく聞こえる様に、わざとドアを開けたままにして妻に近付くと、外で何が行われていたのか知らない妻は、
「もう我慢出来ません。早く入れて。早く、もう、もう。」
「入れているじゃないか。」


「違います。あなたのを早く、早く入れて。もう駄目。もう駄目。」
「俺の何をいれて欲しい?指か?はっきり言わないと分からない。」


「言わせないで。虐めないで。」


「嫌なら言わなくてもいい。俺が赴任する前は言ってくれたじゃないか。やはり智子は変わってしまったな。もうやめよう。」


「ごめんなさい。言います。あなたのチ○ポです。早くチ○ポを入れて下さい。」
私は妻の言葉にショックを受けました。
妻がセックスに積極的になり出してから、妻に色々な事を言わせて楽しむ事も有りましたが、妻にはオチ○チンと教えていて、オチ○チンとしか言わせた事は無かったのです。
稲垣も妻に卑猥な事を言わせていて、男性器をチ○ポと呼ばせていたのでしょう。




「どこに入れて欲しい?どこに欲しいか言ってみろ。」


「オ○コです。もう駄目。駄目になる。智子のオ○コに入れて下さい。」
妻は感じてしまっていて気付いていないでしょうが、これもオマ○コと言わせた事は有っても、オ○コと言わせた事はありませんでした。
その上妻は『私の』とは言いましたが、『智子の』などと、子供の様に自分の事を、名前では言ったりした事は有りません。
稲垣が嫌らしい下着を穿かせ、妻にこの様な事を言わせていた事を知り、2人のセックスが見えた様な気がして、妻に絶望感を味わわせる為に仕組んだ事で、逆に私が絶望感を味わう羽目になってしまいました。





私の怒りは妻の秘部に向かい、妻の手首を持って激しく前後させて。
「おまえの様な女に俺のを入れる気にはなれない。自分の指で充分だ。指で逝ってしまえ。」


妻は、入れて欲しいと言い続けながらも、我慢の限界が来たのか。
「いや?。いや?。逝ってしまいます。逝ってもいいですか?逝かせて頂きます。ごめんなさい。智子だけ逝かせて頂きます。」
この言葉を聞いて更に怒りが増した私は、妻が気を遣る寸前で、掴んでいた手首を引っ張って指を外に出してしまい、クリを擦っていた左手も、そこに届かない位置まで遠ざけてしました。




私の知る妻は『逝く?』と言っても、決して『逝かせて頂きます』などとは言いません。
『逝きたい?』とか『逝っちゃうよ?』とか言う事は有りましたが、今にも逝ってしまいそうな時に、この様な敬語など使った事は有りませんでした。


私を気遣っているのかとも思いましたが、気を遣る直前で顔を左右に激しく振りながら、完全に自分を見失っている状態の妻からは、その様な気遣いは考え難く、この言葉で稲垣との、セックスでの主従関係まで分かった様で許せなかったのです。
「いや?。こんなのいや?。」


「何を言っているんだ。智子には羞恥心は無いのか?お客が来ているのだぞ。稲垣、入って来い。」
ドアが開いているので全て聞こえている筈の稲垣は、私が呼んでも入って来なかったので、廊下に出ると稲垣は正座したまま、両手を大事な所に置いて隠す様にしています。
私が腕を掴んで強引に退けさせると信じられない事に、ズボンの前を大きく膨らませていました。


「自分の立場を分かっているのか?俺の悔しさも知らないで、何を勃起させているんだ。」


「すみません。すみません。」




稲垣の謝る声で他に誰かいると知った妻は、キッチンで泣き叫んでいます。
稲垣が興奮していた事で、穏便に済ませる為に謝ってはいても、何の反省もしていないと思った私は、嫌がる稲垣の髪を掴んで引き摺る様に入って行くと、妻は脱いだ服を抱えて部屋の隅で泣いていました。


「俺はおまえの様な汚れた女を抱く気なんて無い。おまえも途中で止められて不満だろ?
こいつも、もう勃起させて準備が出来ているようだから、もう一度テーブルに寝て股を開いて入れて貰え。
俺は居間にいるから終ったら来い。今後の事を話し合おう。」
当然本心では有りません。
今そんな事をしたら、2人共殺してしまうかも知れないです。


「いや?。どうして、どうして支店長が?いや、いや?。」


「何が、いや?だ。俺がいない1年以上もの間慣れ親しんだ、おまえの大好きな支店長様の、もっと大好きなオチ○チンを入れて貰え。どうせ俺のよりもずっと気持ち良いのだろ?」


「そんな事はしていません。いや?、いや?。」




「何がしていませんだ。今日こいつが全て話してくれたよ。」
妻は一瞬泣き止むと、頭を激しく振って狂った様に泣き叫びました。


「えっ?」
稲垣は、そう一言叫ぶと私の顔を見ましたが、目が合うと慌てて俯いて立ち尽くしています。


私が居間に行くと、後を追うように入って来た稲垣は土下座して、
「すみませんでした。どの様な償いも致します。どうか許して下さい。」


「ああ。言われなくても償いはしてもらう。それに、どんなに謝られても許す事はしない。
一生償わせて苦しめてやる。先ずはおまえの奥さんに電話しろ。奥さんが出たら俺に代われ。」


「いや、それだけは許して下さい。妻にだけは・・・・・・。」




「今、何でもすると言ったばかりだろ?早くしろ。」


私が何度言っても許してくれと言うだけで、決して電話しようとはしません。
妻が言っていた通り、奥さんの浮気が原因で離婚を前提とした別居をしているのなら、ここまで強行に奥さんに知られるのを拒む必要も有りません。
もしもそれが事実なら夫婦関係破綻後の不倫になり、奥さんに対しては、慰謝料はおろか離婚の妨げにもならない筈です。


妻の気持ちは分かりませんが、稲垣にすれば、夫婦仲が悪いと嘘を言い、同情をかって気を引く、どこにでも有る様なただの浮気なのかも知れません。
何度言っても、ひたすら謝るだけで電話をかけない稲垣に苛立ち、
「分かった。今日はもう帰ってくれ。続きは明日銀行で話そう。」


稲垣はそれを聞いてようやく携帯を出すと奥さんに電話したので、私は携帯を取り上げ、
「初めまして、○○○と申します。実は私の単身赴任中にお宅のご主人と私の妻が、1年以上に及ぶ不貞行為をしておりまして。」
それを聞いた奥さんは声も出せない様で、少しの間沈黙が続きましたが一言だけ。
「明日そちらにお伺いさせて頂きます。」
そう言うと、一方的に電話を切ってしまいました。



稲垣を帰らせてからキッチンに行くと、妻はまだ裸に服を抱えたまま泣いています。
「ごめんなさい。あなた、ごめんなさい。本当の事を言えば離婚されると思いました。身体の関係が有った事を認めれば離婚されると思いました。ごめんなさい。」




「ばれたから離婚になるのでは無いだろ?
おまえが離婚されても仕方の無い事をしたから、離婚になるのだろ?
本当は認めずに、少しでも条件を良くして離婚したかったのと違うのか?
こんな事をしたという事は、俺よりもあいつを選んだという事だろ?」


「違います。あなたを愛しています。離婚だけは許して下さい。」


「本当か?それならどうして俺を裏切った?どうしてあいつに抱かれた?」


「それは・・・・・。ごめんなさい。ごめんなさい。」


その時私の携帯が鳴り、それは私の身体を気遣ってくれた上司からで、医者に行って診てもらい、2、3日ゆっくり休めと言われ、この様な状態で仕事なんて出来ないと思っていた私には、何よりも有り難い話でした。




「離婚するにしてもしないにしても一生許す気は無い。
でも、何も真実を知らないまま結論を出すのは嫌だ。
しかし、おまえが泣いていて真実を話せない状態では、俺が精神的に持ちそうも無い。
だから今決めた。おまえが今すぐ泣き止んで全て話すのなら、話ぐらいは聞こう。
それが出来無いのなら、今夜の内にこの家を出て行ってもらう。
出て行かなければ殴ってでも放り出す。
離婚して稲垣と再婚したいのならそのまま泣いていろ。
本当に離婚が嫌で話し合いたいのなら泣くな。
話し合いをしたところで離婚にならない保障は無いが。」



「泣かないようにしますから少し待って下さい。泣くのを止めますから話だけでも聞いて下さい。」
妻は何とか泣き止もうと唇を噛んでみたり、天井を見上げたりしましたが、そう簡単に感情をコントロール出来るものでは有りません。
妻が泣き止もうと努力している事は分かり、
「暫らく待ってやる。」
私はそう言い残すと寝室に行き、どうしてこの様な事をしてしまったのか、ベッドに寝転んで考えていました。


妻の恥ずかしい声は、私以外の誰にも聞かせたく有りません。
例え、稲垣が何十回聞いていようとそれは同じで、二度と聞かせるのは嫌なものです。
それなのに、この様な事をしたのは妻を虐めたかっただけなのか?
いいえ、それだけでは無い様な気がします。
私の中の牡が、そうさせてしまった部分も有る様な気がします。


妻を寝取られた負け犬が『まだ俺は負けていない。』『まだ妻は俺を求めている。』と、寝取った牡に吼えたかったのかも知れません。
寂しさを紛らわすだけの、セックスをしたいだけの浮気など、妻には出来ないと思っているだけに、脅してでも、妻の口から私を求める言葉を聞きたかったのかも知れません。
その言葉を稲垣に聞かせたかったのかも知れません。
妻と稲垣に心の繋がりが有れば、その様な事をしてもその場だけの事で、無駄だという事が分かっているのに。







その様な事を考えていた私は、いつしか眠ってしまったのですが、嫌な夢に魘されて飛び起き、時計を見ると、長い夢を見ていた感覚なのに1時間しか経っていません。
夢の中の私は、妻を探し回り、あのアパートに行って郵便受けを見ると、稲垣の下に妻と娘の名前が書いて有ります。
それを見た私が絶望感と激しい孤独感に襲われていると、妻と稲垣が手を繋ぎ、楽しそうに話しをしながら出て来て、私の事など見向きもせずに通り過ぎて行きました。
それまでは2人だった筈なのに次の瞬間、稲垣のもう一方の手には娘の手が繋がれているのです。
私は走って追いかけ、惨めな格好で妻の足に縋り付いたのですが、見上げるとそれは妻では無くて稲垣で、私を見下ろして不気味に微笑んでいました。



すぐには夢と現実の区別が付かずに、不安な気持ちのまま妻を捜したのですが何処にもいません。
キッチンの椅子に座り込んで考えていると、夢の中で感じた気持ちが本心で有り、夢の中の私が、今の私の本当の姿ではないかと思え、妻は稲垣のアパートに行ったのかも知れないと心配になって玄関まで行った時、妻がドアを開けて入って来ました。


「帰って来たのか。どうせ奴の所に行ってしまい、もう帰って来ないと思ったから、これで楽になれると思っていたのに帰って来たのか?」


「違います。もうあそこには二度と行きません。」


妻が戻って来てほっとしている筈なのに、口からはこの様な言葉しか出て来ませんでした。
やはり私には、妻に縋り付く様な真似は出来そうにも有りません。




「それなら何処に行っていた?」


「すみません。理香に会って、お仕事が忙しいから少しの間会えないと言ってきました。」


私は、また嫌な事を言って妻を虐めたいと思いましたが、妻の言葉には感情が無く、目も虚ろとしていて様子がおかしかったので、何も言わずにキッチンへ行くと、妻も夢遊病者の様に後をついて来て、椅子に座りました。


「上手い事を言って、本当は稲垣の所に行こうと思ったのでは無いのか?何か忘れ物を取りに来たのでは無いのか?お前の言う事は何も信用出来ない。」


「いいえ、本当に理香に会いたかっただけです。勝手な事をして、ごめんなさい。」
妻は、嫌味を言われても泣く様子も無く、焦点の合わない目でテーブルをじっと見ながら、口では謝っていても、やはり言葉に感情が有りません。




「俺の質問に答えるのが嫌で、逃げようと思ったのでは無いのか?」
「いいえ、もう何でもお話します。」


私は『もう』という言葉が気になったのですが、
「それなら訊くが、おまえは稲垣の事が好きになったのか?もう俺の事は嫌いなのか?」


「支店長の事は好きです。でも恋愛感情では有りません。私が愛しているのはあなただけです。」


「意味が分からん。好きだが恋愛感情とは違う?
それなら、どうして抱かれた?
本当に俺を愛していたら、その様な行為はしないだろ?
さっぱり意味が分からない。俺が不審に思っている事に答えてくれ。
もう昔の事だが、そもそも俺が初めての男だったと言うのは本当だったのか?
俺と関係を持つ前に、稲垣とそういう関係は無かったのか?
本当は何か有ったのだろ?」


「はい、あなたと知り合う前にキスまでは有りました。
ベッドで抱き合ってキスはしましたが、それ以上の関係は無かったし、キスをしたのも恋人としての愛情からでは有りません。」




私は、妻の理解不能な話から、妻と稲垣との得体の知れぬ、普通では無い関係を感じていました。
相変わらず妻の言葉には感情が感じられず、魂が抜けてしまったかの様な状態です。


「稲垣との繋がりを、最初から詳しく教えてくれ。俺の知らない智子全てを教えてくれ。」


妻は、ゆっくりと頷いて、淡々と話し出しました。


「あなたもご存知の通り、私の父は酷い暴力を振るっていて、それは母だけに留まらず、私や姉にも及んだ為に、母は離婚を決意しました。
幸い父の実家は、資産家だったらしくて、父の両親は私達と完全に縁を切らそうと、今後、養育費やその他の権利を全て放棄するのを条件に、多額の手切れ金を払ってくれたので、私達の生活は困らなかったのですが、それまで優しかった母が、寂しさからか、お酒に溺れる様になり、絶えず違った男を家にまで連れて来る様になりました。
母の連れてくる男達は私や姉を嫌らしい目で見る事が多く、中には胸やお尻を触ってくる男までいて、父の事で男性不信になっていた私は、余計に男性を避ける様に成って行きました。」


妻が短大生の時に母親は病気で亡くなったのは聞いていましたが、まさか母親がその様な状態だったとは知らず、それまで親子3人幸せに暮らしていたと、勝手に思い込んでいました。







妻が私に話した事の無かった、私と知り合う前の話は更に続き、


「母が死んでから姉と2人、寂しいけれど平穏な生活を送っていました。
しかし、私はこのままでは駄目だと思い、男性のお客さんとも接する事が多い、銀行員を希望して就職したのですが、働き出して半年を過ぎた頃に姉が結婚をして、義理の兄が私達の所に転がり込む形で3人での生活が始まってしまい、私はその義兄の私を見る目がどこか怖くて、慣れない仕事と家庭の両方が辛く、気の休まる場所は何処にも有りませんでした。
私は義兄と、決して2人だけにはならない様に気を付けていたのですが、ある時姉が私には何も言わずに買物に行き、義兄は鍵も掛けずに油断していた私の部屋に入って来て、私をベッドに押し倒しまいた。
幸い姉が忘れ物をして帰ってきた為に、事無を得ましたが、その後、姉がとった行動は、義兄には怒らずに、私から誘ったと言う義兄の話だけを信じて、その話になる度に私を叩き、私を罵倒する事でした。
私は耐えられなくなって家を飛び出し、向かった先が彼のアパートです。」



妻は、姉が嫌いだと言って全く付き合いが無かったので、それを不思議には思っていても、まさかその様な事が有ったとは考えた事も有りませんでした。
妻が辛い人生を送って来た事を知り、思わず抱きしめたくなりましたが出来ません。
何故なら、妻が向かった先は稲垣の所なのです。


妻の話に引き込まれていた私も、今の支店長という言葉で、妻に裏切られた現実に戻ってしまい、とても抱き締める事は出来ませんでした。
私が何も言わなくても、まるで他人事でも話しているかのように、淡々と話し続ける妻の話によると、




稲垣は、妻が仕事で分からない事が有ったりした時に、優しく教えてくれる頼りになる先輩で、当時の支店長は女性にも厳しく、ミスなどが有ると顔を真っ赤にして怒鳴ったそうですが、ただでも男性に恐怖心をもっていた妻が泣きそうになっていると、稲垣は必ず助け舟を出してくれ、後で優しく慰めてくれたそうです。
妻は、稲垣だけは他の男とは違うと思い始め、やがて全幅の信頼を置く様に成っていたので、自然と足は稲垣のアパートに向かったのです。
何処にも行く所の無い妻は、その夜稲垣のアパートに泊めてもらい、次の日からアパートが見つかるまでの一週間は、当時稲垣と婚約していた今の奥さんの所で世話になったそうです。


「その時、稲垣とキスをしたのか?婚約者がいながら、あいつはおまえに迫ったのか?おまえもその様な事をしておきながら、よく奥さんの世話になれたものだな。」


「違います。そんな嫌らしいキスでは有りません。
多少奥様には悪い気もしましたが、罪悪感を持ってしまうと私達の関係が、その様な関係だという事になってしまう。
上手く説明出来ませんが、その様な感情はお互いに無かったです。
父のようで父とも違う、兄のようで兄とも違う、やはり上手く説明出来ません。
ただ、恋愛感情は無かったです。」


満員電車で男と肌が触れてしまうのも嫌だった妻が、稲垣にベッドで抱き締められた時、不思議と男に対する嫌悪感は無く、逆に何故か安心感を強く感じたと言います。
抱き締めながら、
「ごめん。でも決して嫌らしい意味でしているのでは無い。
ただ君を守りたくなってしまう。
大事な妹の様な感覚で、抱き締めたくなってしまった。」


と言いながらキスをして来たそうですが、ただ上手い事を言っているだけで、本当はその気だったのでは無いかと思ってしまいます。
私には、婚約者の事や銀行の事を考えてしまい、その先に進む勇気が無かっただけだと思えるのですが。





妻は稲垣に対して良い印象、良い思い出だけを持ったまま、また同じ支店勤務となってしまいます。
「あなたと結婚してから、偶然また一緒の支店になった時期、私は不妊に悩んでいて、その悩みも聞いてもらい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。他にも色んな相談に乗ってもらったりしました。」


妻が途中押し黙ってしまった事が少し気になり、
「どうして途中で黙ってしまった?その時も何か有ったのか?」


すると、今までとは違って妻の瞳に光が戻り、強い口調で、
「何も有りません。当時の事を思い出していただけです。
周りの人から、会えば挨拶の様に子供は、まだかと言われ、辛かった時の事を思い出してしまっただけです。」


その時の事を言われると、私は何も言えなくなってしまいます。
若さのせいには出来ませんが、当時気持ちに余裕も無く、この事で妻とはよく言い争いもしました。
私自身、友人や同僚に種無しの様な言い方をされたり、無神経な奴には、セックスが下手だからだとまで言われ、私も辛いのだと言って、妻への思い遣りが足りなかったと反省しています。
当時の事を思い出したからなのか、妻は正気に戻ってしまい、
「本当なら離婚されても仕方が無いです。
それだけの事をしてしまいました。
愛しているのに、大事なあなたを裏切ってしまいました。
私からは何も言えない立場だと分かっています。
でも離婚だけは許して下さい。あなたと別れるのは嫌です。」


「上手い事を言って、本当はその逆だろ?自分の歩が悪いままで離婚をしたく無いだけだろ?」




「違います。それだけは信じて。今でもあなたを愛している事だけは信じて。」
私だって信じたいのです。
しかし、信じる事が出来ない事をしたのは妻なのです。
「離婚する事に成ったとしても、このままでは気が収まらない。全てを知らないと、一生俺は立ち直れない気がする。全て聞かせてくれ。」


「はい、必ず話します。話せるようになったら必ず話しますからり、今日はもう許して下さい。」


そう言うと、妻は走って寝室に行ってしまったので後を追うと、妻はベッドにうつ伏せになって泣いていました。
娘の所に行ってから、何処か様子がおかしい事が気になっていた私は、
「どうした?実家で何か有ったのか?」
妻は、すぐには答えずに、暫らく声を出して激しく泣いてから、
「理香に会いたくて行きました。
暫らく会えないと言ったら、理香は泣いて愚図るかも知れないと思い、その時の言い訳まで考えながら行きました。
それなのに理香は・・・・・・・・。」


「理香がどうした?何が有った?」


「理香は『いいよ。』と一言だけ言って、笑いながらお義父さんの所に走って行ってしまいました。
いったい私は、何をしていたのだろう?理香はもう私を必要とはしていない。
母親を必要とはしていない。
理香が生まれた時、この子さえいればもう何もいらないと思ったのに、この子だけは、私の様な辛い思いは絶対にさせないと思っていたのに、結局辛い思いをさせてしまう。
でもこれは全て私がしてしまった事。
私はとんでもない事をしてしまった。
私は今迄、何をしていたのだろう?」





妻は、多少は罪悪感に目覚めたのだと思いましたが、それは娘に対してだけで、私に対しての罪悪感が本当に有るのかどうか、未だに信じきれていない私の怒りは収まっておらず、苦しむ妻に追い討ちを掛ける様に、
「今頃気付いても遅い。おまえは父親を憎んでいるが、同じ事をしたのだぞ。
暴力ではないが、それ以上に俺は傷付いた。
理香もこの事を知れば、一生おまえを怨むぐらい傷付くだろう。
母親に対してもそうだ。色々言っていたが、おまえに言える資格など無い。
おまえの母親は色んな男と付き合ったそうだが、離婚していたから独身だったのだろ?
それに引き換え、おまえは夫が有りながら、他の男に跨って腰を振っていたのだろ?
おまえの両親の事を悪く言いたくは無いが、人を傷つける事が平気な父親と、例え寂しかったとは言っても相手も選ばずに、オチ○チンさえ付いていれば、誰にでも跨って腰を触れる母親。おまえのしていた事は両親と同じだ。いや、それ以下だ。」


ここまで酷く言いたくは無かったのですが、話している内に自分で自分を抑える事が出来なくなってしまいます。
自分の言葉に反応しては、段々とエスカレートして行ってしまいます。



***


妻は、その後一言も話す事無く、泣き疲れて眠ってしまいました。
翌朝目覚めると、妻は朝食の仕度をしていて、味噌汁の良い香りがして来ます。
日本に帰って来てからはホテルの食事以外、店屋物かコンビニの弁当しか食べていなかったので、久し振りの妻の手料理に一瞬喜びましたが、今の妻との関係を考えれば食べる気になれません。


「俺のはいらないぞ。おまえの汚れた手で作られた物など、口に入れる気になれない。
そこのコンビニに行ってパンを買って来い。パンは1個でいいが牛乳も忘れるな。」
妻は、慌ててエプロンを外すと、財布を持って走って出て行きました。
「何だこのパンは?奴はこんなパンが好きなのか?俺の好みも忘れたのか?俺が好きなのは干しぶどうの入ったパンだ。」
別に何のパンでも良かったのですが、一言でも文句を言ってやらないと気が収まりません。
この様な事を続けていては駄目だと思いながらも、止める事が出来ないのです。
この様な事を続けていては、妻が狂ってしまうかも知れないという思いも有りましたが、私の方が既に、精神的におかしくなって来ているのかも知れません。
干しぶどうパンを買って、走って戻ってきた妻に、
「悪い、悪い。タバコを頼むのを忘れた。」
妻は、銘柄も聞かずにまた小走りで出て行くと、私が以前吸っていたタバコを覚えていたので、それを買って来たのですが、私は赴任中に向こうで軽いタバコに変えた為に、日本に帰って来てからも、以前とは違う銘柄の軽い物を吸っていました。




今の状態では、妻はそこまで気付く筈が無いと思っていても、私は嫌味ったらしく残り少ないタバコを持って来て、妻の目の前に置き、
「それも稲垣が吸っていた銘柄か?俺が今吸っているのはこれだ。見ていて知っていると思っていたが、俺の事などもう眼中に無いか?」


「ごめんなさい、気が付きませんでした。すぐに交換して来ます。」


「それでいい。おまえの好きな男と同じタバコを吸ってやる。」


「支店長はタバコを吸いません。」
流石の妻も私の嫌がらせに怒れて来たのか、少し語気を強めて言いました。
しかし私は、それがまた面白く有りません。


「そうか。タバコを吸わない男がおまえのお気に入りか。それは悪かったな。
今時タバコを吸う人間なんて最低だと言っていなかったか?
さすが40代で支店長になれる様なエリート様は、俺の様な人間とは違うな。
おまえが俺を裏切ってでも、一緒になりたい訳だ。」




「そんな事は思っていません。それに支店長と一緒になりたいなんて思っていないです。」


「どうかな?どうせ2人で俺を馬鹿にしていたのだろ?今時タバコを吸っている駄目人間と笑っていたのだろ?」


「いいえ、支店長も以前はヘビースモーカーでした。タバコを吸う人がどうとか、出世がどうとかではなくて、お医者様に止められたので今は吸っていないだけです。」


「俺がタバコを変えた事も気付かないおまえが、流石にあいつの事は何でも知っているのだな。
将来を共にする、愛する旦那様の事は何でも知っているという訳か。」


また僻みの様な、嫌がらせを言ってしまいました。
何を言っても私の気が収まる事は無いのに、私自身、いつまでこの様な事を続けてしまうのだろうと不安になります。




「言い忘れたが、今日、奴の奥さんが来るぞ。」


それを聞いた妻の顔が蒼ざめて行き、
「許して下さい、私は会えないです。典子さんに合わせる顔が有りません。とても会えないです。どうか許して下さい。」


「そうか、典子さんと言うのか。
おまえがしてしまった事の責任ぐらい自分で取れ。
会って謝罪しろ。
奴と再婚したいのなら、ついでに離婚して下さいとお願いしたらどうだ?」


私の嫌がらせも妻の耳には入らない様で、ただ俯いていて、少し体が震えている様にも見えました。



***




昼食に親子丼をとったのですが、妻は箸もつけません。
「どうした?食べろ。」


「典子さんに会うのだけは許して下さい。典子さんには会えないです。」


「子供みたいな事を言うな。
離婚を前提の別居か何か知らないが、今はまだ夫婦だ。
頭の一つも下げられないのか?
もういい、その話は後だ。
折角俺が注文してやった物を食べない積もりか?」
妻は一口食べましたが、また箸を置いてしまいました。


「どうして食べない?
奴の言う事は何でも聞いて、あんな卑猥なパンティーまで穿いていたおまえが、俺の言う事は、おまえの身体を心配して言っている事すら聞こうとしない。
本当なら、俺は稲垣や奥さんに会いたくなければ会わなくても良い立場だ。
それを一緒に居てやろうと思っているのに。
もう分かった。俺は出掛けるから3人で話し合え。」


すると妻は、口いっぱいに頬張り、お茶で流し込む事を繰り返し、時々吐きそうになっています。
「そうだ。残さず全て食べろ。」
空腹も辛いのですが、食欲も無いのに無理やり食べさせられるのも同じ位辛く、一種の拷問ともとれます。
妻を言葉で虐めるだけで無く、身体への虐めを始めた自分が恐ろしくなりました。





夜になって稲垣から電話がかかり、既に途中まで来ていたのか、それから10分ほどで来た奥さんは、小柄で可愛い感じの方なのですが、ここに来る途中も泣いていたのか、目の回りの化粧が落ちていて、折角の可愛い顔が台無しです。


私が妻の待つ座敷に案内すると、部屋の隅でうな垂れて正座している妻を見つけて駆け寄り、前に座って妻の両肩を掴んで揺すり、
「どうして?どうして智子さんなの?どうして?」
「ごめんなさい。ごめんなさい。」


私があえて止めずにいると稲垣が、
「もう、そのぐらいにしておけ。悪いのは俺だ。」


別居の原因が奥さんの浮気では無いと確信していた私は、私と同じぐらい辛いで有ろう奥さんに対しての、横柄な口の利き方に怒りを覚え、
「悪いのは俺だ?何を格好つけているんだ?まだ女房の気を引きたくて、いい男を演じているのか?


悪いのはおまえだと認めているのなら、おまえ一人で全ての責任を、今すぐにとってもらおうじゃないか。」




「どの様に責任をとらせていただけば良いですか?」


「馬鹿か?責任のとり方も分からないで、偉そうに言うな。泥棒が捕まってから、泥棒は俺だと威張っているのと何も変わらないぞ。」


「すみません。威張っていた訳では。」


「今日はどの様に責任をとって、どの様に償うのか考えて来ただろうな?」


「ご主人の気が済む様に、出来る限りの事は致しますので、どうかご提案頂けないでしょうか?」




「俺に言わせてもいいのか?出来る限りの事をしてくれるのか?
それなら、おまえが何度も何度も汚した女房の身体を、以前のきれいな身体に戻してくれ。
俺の壊れた家庭を元に戻せ。
俺は一生この事を忘れずに、苦しんで生きなければならない。
そんな人生は嫌だから、俺からこの記憶を消してくれ。
時間を単身赴任の前に戻してくれ。」


その時、稲垣の奥さんは声を出して泣き崩れ、妻は私の前に来て畳に額を擦り付けながら、
「あなた、ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。」
しかし私は、そんな妻を無視して、
「おい、何とか言えよ。おれの希望を出来る限り叶えてくれるのだろ?」


「出来ません。どれも出来ないです。どうか私に出来る事にして下さい。お願いします。」


「そうか。それなら現実に出来る事を頼もう。
去勢してくれ。いや、全て取ってしまって、性転換してくれ。
そうすれば過去は消せなくても、今後は少し安心出来るかも知れない。
どうせこの様な事が平気で出来る2人だから、今も謝りながら腹の中では舌を出しているのだろ?
これからも目を盗んで会うのだろ?
おまえが女になれば少しは安心出来る。これなら現実に出来る事だ。」


無理を言っているのは分かっていまが、これは私の本心なのです。








稲垣も妻と同じ様に額を畳につけて、
「すみません。私には出来ません。」


「努力するから何でも言ってくれと言いながら、何もしてくれないのだな。
俺にこれだけの苦しみを与えておきながら、銀行には知られたくない。
性転換も嫌だ。おまえは本当に償う気は有るのか?
おまえは何も失わないじゃないか。」


すると妻が話しに割り込んできて、
「私が悪かったです。あなたを裏切ったのは私です。あなたには私が償います。どの様な償いでもします。あなたの言う事なら何でもします。」
妻の稲垣を庇う様な言葉で更に頭に血が上り、ネクタイを持って来ると妻に投げつけて、
「それなら死んでくれ。おまえと結婚した事が人生最大の汚点だった。
今からでは人生のやり直しは出来ないかも知れないが、過去の汚点だけは消し去りたい。
それで首を吊って死んでくれ。
ただし、おまえの遺体なんて引き取りたくは無いから、誰にも見つからない様な所で死んでくれよ。」


妻は、体に当たってから目の前に落ちたネクタイを見詰めたまま動きません。




「何処で死のうか考えているのか?そうか、俺が無神経だった。
俺が身に着けていた様な物で死にたくないか。
死ぬときぐらいは、愛する人の物で死にたいよな。
稲垣、おまえのベルトを渡してやってくれ。」


それを聞いた妻は、ネクタイを力一杯掴んだのですが、やはり動こうとはしませんでした。


「間違っても車に飛び込む様な真似はするなよ。おまえの様な人の心も持たない人間の為に、見ず知らずの人に迷惑を掛けるなよ。」


当然、妻は出来ないと言ってすぐに許しを請いながら、泣き崩れると思っていたのですが、妻はそのままの状態で動かず、涙は流していても泣き崩れる事も無かったので、私の目論見は狂い、思惑通りに事が進まないことにも腹が立ちました。


何度謝らせても私の心が晴れる事はないのですが、それでも常に謝罪の言葉を聞いていないと不安なのです。
私が次に思いついたのは娘の事でした。




「理香の事は心配するな。おまえの様な女にならない様に、俺がしっかりと育てる。」
すると妻は顔を上げて、縋る様な目で私を見詰め、
「ごめんなさい、出来ません。私には出来ません。
理香を残して死ぬなんて出来ません。
死ねばあなたの顔も見られなくなってしまう。
許してください。他の事なら何でもします。」


「理香?今頃何を言っているのだ?
今迄散々理香を放りっぱなしで、こいつに抱かれて喜んでいたおまえが、理香を残して死ねない?
そんな物ただの言い訳だ。自分が死にたくないだけだ。
それに、あなたの顔が見られなくなる?
それも言うならこいつの顔だろ?
言い間違えたのか?それともお得意のご機嫌取りか?
あなたの言う事なら何でもすると言いながら、死んでくれと言えば死ねないと言う。
本当にお前の言う事はその場凌ぎの嘘ばかりだな。」


その時稲垣が妻に助け舟を出し、
「お願いします。死ねなんて言わないで下さい。お願いします。」


「またまた色男のご登場か?何を偉そうに言わないでくれだ。
それならおまえが代わりに死ねるのか?
死ぬどころか、ちょん切る事すら出来ない奴が格好ばかりつけるな。」


その時、奥さんが一際大きな声で泣き出したので、怖い思いをさせて奥さんまで苦しめていると知り、
「奥さん、すみません。
折角来て頂いたのに、俺の怒りばかりぶつけてしまって。
でも奥さんもこれを見れば、私の怒りを少しは分かって頂けると思います。
おい、死ぬのは許してやるから、奥さんの前に立ってスカートを捲ってみろ。」




妻は、奥さんの近くまでは行ったのですが、その様な事が出切る筈も無く、ただ立ち尽くしています。


「何でもするからと言うので、死んで詫びろと言えばそれは出来ないと言う。
スカートを上げて、お前達のしていた恥ずかしい行為を見てもらえと言っても、それも出来ない。
何でもすると言うのは、いったい何をしてくれると言うのだ?
これも嘘、あれも嘘、嘘、嘘、嘘、おまえが俺に言った事で、本当の事は何も無い。」


すると妻は顔を横に向けて目を閉じ、スカートの裾を持ってゆっくりと上げ始めました。


「もっと上げろ。パンティーが完全に出てしまうまで上げろ。」


私が後ろからパンティーを一気に下ろすと、俯いていた奥さんは顔を上げ、
「智子さん、これは?」
そう言ってから目を逸らすように、また俯いてしまいました。




「稲垣、おまえがやったのだな?おまえが剃ったのだな?」


「・・・・はい・・・・すみませんでした。」


「智子。確かこれは水着を着る為に、自分で剃ったと言っていなかったか?
おまえの人生は嘘ばかりか?
どうせ俺と結婚したのも嘘だったのだろ?
好きでも無いのに嘘で結婚したのか?」


「違います。」


「何が違う?本当は俺と付き合う前、こいつの所に泊まった時から関係が有って、それからも、
ずっと続いていたのではないのか?俺はもう何も信じられなくなった。」
私の言った事が当たっているとすれば、結婚してからも妻にはもう一つの顔が有り、私に見せていた顔が妻の全てだと、ずっと思っていた私は間抜けな道化師だった事になります。







私が話し終わると、ずっと泣いていた奥さんが妻の前に座り、
「智子さん、本当なの?私はずっと気になっていました。
あの時、主人が、昨日は夜遅かったので一晩泊めたと自分から話してくれて堂々としていたし、あなたにも悪びれた様子は無かったので、主人を信じよう、智子さんを信じようと思ったけれど、ずっと私は気になっていた。
あの時からの関係なのですか?
もしもそうなら、私の人生は何だったのだろう。」


「ごめんなさい。典子さん、ごめんなさい。でもあの時は、典子さんを裏切る様な事はしませんでした。それだけは信じて。」


「裏切る様な事はしなかった?
奥さん、こいつらの感覚では、キスはしたがそれは裏切では無いそうだ。
一晩中ベッドに寝て抱き合っていたけれども、裏切った気持ちは無いそうだ。
それに、健康な男と女が狭いベッドで抱き合ってキスしていても、他には何も無かったそうだ。」


奥さんは、また妻の両肩を掴んで揺すりながら、
「嘘だと言って。智子さん、キスもしなかったと言って。
抱き合っていたなんて嘘だと言って。
そうでなければ、あの日からの私の人生全てが無駄に思えてしまう。」




奥さんは紙に包まれた何かを出すと、何も答えずに泣いている妻の目の前で開き、


「これは智子さんの物なの?それだけでも教えて。お願いだからこれを見て。」


妻は一瞬見たものの、すぐに顔を背けて黙っていたので、私が近くに行って見せてもらうと、それは米粒2つ分ほどの、蝶の形をした小さな金属でした。
これは私が3回目の結婚記念日にプレゼントした、イヤリングの先の花の中心に付いていた物です。
妻は、可愛いと言ってよくつけてくれたのですが、片方の蝶を何処かに落として来てしまったので、なんとか修理出来ないか購入店に持って行った覚えが有ります。


「これは妻のイヤリングの先に付いていた物です。これを何処で?」


「バスルームの脱衣場です。
9年前に私の親戚で不幸が有った時に、子供を連れて泊まりで実家に行っていたのですが、帰った日の夜お風呂に入ろうとした時に、脱衣場の隅に光る物を見つけました。
手に取ると蝶の形をしていたので、最初は、子供の玩具の何かかとも思いましたが、玩具でこの様な物が付いている物に心当たりがなく、これは何かアクセサリーの一部だと思いました。
そう思うと悪い方にしか考えは行かずに、ずっと主人に問いただそうと思って大事に持っていたのですが、結局、主人の答えを聞くのが怖くて9年間も聞けずにいました。」




奥さんは今まで稲垣に言えなかった胸の内を、熱く話し出しました。


「私はずっと自分に自信が無かった。
付き合っている頃から、主人が智子さんの話をする度に、心配で仕方がなかった。
智子さんから電話が掛かってきた時や、3人で食事に行った時に、私には見せた事の無い様な主人の笑顔を見る度に、不安で仕方がなかった。
私は可愛くも無いし、プロポーションだって智子さんみたいに良くないし、学校だって高校しか出ていない。
私なんかと、どうして付き合ってくれているのか不思議だった。
どうして一流大学を出たエリートの主人が、私なんかと結婚してくれたのか不思議だった。
一晩一緒にいたと言われた時から、ずっと智子さんの影に脅えていた様な気がします。
でも、主人が私の事をどう思っていようとも、私が主人を愛しているのに変わりは無いのだから、例え主人が私を愛してくれていなかったとしても、一緒に居られればそれでいいと、自分を納得させていました。
主人に何度か女の影を感じた時も、相手が智子さんで無ければ、ただの遊びだから我慢しようと思ってきました。
でも、智子さんだけは、嫌だった。主人や2人の子供達との、幸せな生活を壊される気がして怖かった。」


「典子、そんな事を思いながら・・・・・・・・すまん、許してくれ。」


その時、稲垣は、私の前で初めて涙を見せました。
奥さんは私と違い、ずっと疑っては信じ、信じては疑って長い間苦しんで来たのかも知れません。
私は奥さんの話を聞きながら、9年前を思い出していました。
9年前といえば娘が生まれる前の年で、子供が出来ないで悩んでいた時期です。


私と酷く言い争った翌日の夕方に、妻が会社に電話をかけて来て、少し冷静になりたいので、家に戻らずに銀行から直接友達の家に行って愚痴を聞いてもらうので、帰りが遅くなるのから外で食事を済ませて来て欲しいと言われた事が有りました。




私も言い過ぎたと反省していて、次の日が休日だった事も有り、一つ返事で快く承諾したのですが、妻は11時を過ぎても帰って来ず、よく考えると妻にその様な事を話せる友人がいる事も知らなかった上に、当時は携帯も持っておらず連絡の取り様が無かったので、何処に行ってしまったのか心配で、ずっと寝ずに帰りを待っていました。


結局朝になっても帰って来ずに、私はいつしか眠ってしまいましたが、昼前に目覚めると妻は隣で眠っていて、その後も夕方まで死んだ様に眠り続け、目覚めてから何処に行っていたのか聞くと、友達の家で朝まで悩みを聞いてもらっていたと言いましたが、
今にして思えばその友達とは、稲垣の事で、その時の様子だと、一睡もせずに朝まで愛を確かめ合っていたのだと思います。
悪い事は出来ないもので、おそらく脱衣場でイヤリングを外した時に落としてしまい、これから稲垣と一つになれる事に興奮していたのか、蝶が取れてしまった事にも気付かずにいたのでしょう。


「智子、何か言ったらどうだ?イヤリングを落として来た時も、関係をもったのだな?」


私が妻に問いただしても、妻は何も反論せずにただ泣いている事から、その時にも関係が有った事を確信しました。
何も答えない妻に代わって稲垣が口を開き、
「回数では無いかも知れませんが、その時一晩だけ関係を持ちました。
先に話していた、結婚前に私の所に泊まった時は、本当にキスだけです。
1年前からこの様な関係に成ってしまいましたが、それより前は、本当にその一晩だけです。
申し訳有りませんでした。典子、すまん。」


稲垣の顔付きや話し方から、この事は本当だと感じましたが、散々嘘をついてきた2人です。
まだ何か隠していそうで、全てを信じる事は出来ません。
何より、例え一晩だけだと言っても私を裏切っておきながら、その後何食わぬ顔で生活していた妻に対して、より強い怒りを覚えます。








私は妻と2人だけで話したくなり、
「今後の事ですが、多少でもお互いの夫婦がどうするのか決まっていなければ、話し合いも違って来ると思うのです。
来て頂いていて申し訳ないのですが、妻と2人だけで話してもいいですか?」


すると奥さんは頷いて、
「私も今、主人と2人で話し合いたいと思っていました。」
稲垣夫婦は、そのまま座敷に残り、私達は寝室に行き、
「ずっと俺を騙していたのだな。身体の関係はあの時だけかも知れないが、ずっと繋がっていたのだな?」


「繋がっていた?いえ、そうかも知れません。
結婚してから偶然同じ支店になるまでも、何度か電話で話したりしていました。
同じ支店になってからも、関係を持ったのは1晩だけですが、2人だけで食事に行った事も有ります。
理香が生まれてからは疎遠になって、連絡も取り合っていませんでしたが、支店長として彼が来た時、正直嬉しかったです。」


「あいつとはどの様な関係なんだ?お互い、そんなに好きなら、奴が婚約を破棄してでも結婚すれば良かったんだ。どうして俺と結婚した?」




「違うのです。彼とはその様な関係では有りません。
あなたを愛したから結婚したし、今でも愛しているのはあなただけです。
彼とは結婚したいとは思っていなかったし、ましてや抱かれたいなんて思った事は一度も有りません。」


私には妻が理解出来ません。


「それならどうして抱かれた?レイプされたのか?今回もずっと脅されていたのか?」


「違います。彼はその様な事はしません。」


「それなら聞くが、抱かれて感じなかったのか?気持ち良くならなかったのか?」




「行為中は興奮もしたし、気持ち良くもなっていました。
抱かれていて凄く感じてしまいました。
ごめんなさい。でも、彼とセックスしたいなんて思った事は有りません。」


聞けば聞くほど、迷路の奥深く迷い込んで行く様な感覚です。
私は、妻の言葉を何とか理解しようとしましたが、やはり訳が分からずに黙っていると、暫らく沈黙が続いた後、


「彼の言う事に間違いは無いと思っていたし、彼の言う通りにしていれば、私は幸せになれると信じていました。でも、愛しているのはあなただけです。」
その後も、妻の涙ながらに話す稲垣に対する思いを聞いていて、私にも少しだけ分かった事が有ります。
妻は、父親に裏切られ、その後も男の嫌な面ばかり見せられて男性不信になりました。
その後、母親や姉にも裏切られた形になり、男性不信と言うよりは、人間不信に陥っていたのかも知れません。


信じられるのは自分自身だけになってしまい、猛烈な孤独感の中、気が付くと稲垣だけが、唯一身近に感じられる存在になっていたのでしょう。
まだ自分以外の人間を信じる事の出来る、心の拠り所になっていたのかも知れません。


妻が生まれて初めて接した、真剣に妻の事を思い考えてくれる、絶対に妻を裏切らない存在だと思ってしまったのでしょう。
鳥は、生まれて初めて見た動く物を、親だと思い込むと聞いた事が有ります。
それと同じ様に、稲垣は妻が接した初めての信頼出来る誠実な男で、それは次第に男女の枠を越えた、回りにいる人間とは全く違う、特別な存在だと潜在意識の中に刻み込んでしまったのかも知れません。




「上手く説明出来なくてごめんなさい。彼は違うのです。
父親とも違うし、兄とも違う。結婚をしたい相手でも無いし、恋人という存在でも無い。
そうかと言って友人とは全く違います。」


私が思うに、言い換えればそれら全てなのでしょう。
いいえ、神とまでは言いませんが、それらを越えた存在なのかも知れません。
もしも、そうだとすると、これは夫婦の愛情や絆を遥かに越えた感情だと思え、絶望的になってしまいました。


「終ったな。俺達は完全に終ってしまったな。いや、智子の中ではずっと前から終っていたのかも知れない。離婚しよう。」


「嫌です。離婚したく有りません。私はあなたを愛しています。
正直、彼に言われて数ヶ月前まで離婚を考えていました。
どの様にすればあなたを少しでも傷付けずに離婚出来るか考えていました。
あなたと別れて彼と再婚するには、どの様にすればよいのか真剣に考えていました。
彼は今でも、私と一緒になりたいと思ってくれていると思いますが、私はあなたと別れるなんて出来ないと気付きました。
自分の幸せを捨ててでも、私と理香の幸せを真剣に考えてくれている彼には言えずに、だらだらと関係を続けてしまいましたが、何が有ろうと私はあなたと別れる事など出来ないと知りました。どの様な形でもいい。あなたの側にいたい。
離婚なんて言わないで下さい。それだけは許して下さい。」



「だらだらと?もう無理をするな。
本当にそう思ったのなら、関係を切る事が出来たはずだ。
どの様な理由が有ろうとも関係を続けた。
いや、智子からは切れなかったのかも知れない。
それが全ての答えではないのか?」





泣きじゃくる妻に、
「明日、出て行ってくれ。これで終わりにしよう。理香は俺が育てる。」
妻は顔を上げると、私の目を見て必死の形相で、
「それは出来ません。理香をあなたに任せる事は出来ません。あなただけに負担を掛ける事は出来ません。」


「出来るさ。理香の事を負担だなどとは思わない。それに、おまえには任せられない。おまえは今まで理香の事など考えもせずに、奴に抱かれていただろ?」


「違うの。理香はあなたの子供ではないの。彼の子供なの。あっ・・・・・・・・・。」


私は自分の耳を疑うと同時に、目の前が真っ暗になり、思考回路は停止してしまった様です。



***





何処か遠い所で妻の声が聞こえます。
「あなた、ごめんなさい。あなた、ごめんなさい。」
その声は、徐々に近くなり、私を戻りたくない現実へと戻してしまいます。
現実に戻れば、悲しみから気が狂ってしまうのではないかと思っていた私は、現実に戻るのが怖かったのですが、人間の脳は上手く出来ているのかも知れません。
許容量以上の悲しみが急に襲って来た時には、心が壊れてしまわない様にそれらの全てを受け付けない様にして、守ってくれているのかと思えるほど冷静な私がいました。
きっと後になってから、今以上の悲しみが襲って来るのでしょうが。


「以前から分かっていたのか?」
妻は、流石にもう離婚を覚悟したのか、泣いてはいても、割とはっきりとした口調で、
「いいえ、考えた事も有りませんでした。彼から聞くまでは・・・・・・。」


「奴から聞いたのはいつだ?どうして奴に分かる?」


「彼が支店長として赴任してきて、4ヵ月ほど経った頃です。」
妻の話によると、稲垣のアパートで私と妻の血液型、娘の血液型を聞かれたそうです。血液型で性格判断でもするのかと思い、私と妻がA型で、娘がO型だと答えると、
「やはりそうか。」
妻が、何がやはりそうなのか聞くと、稲垣は立ち上がって窓から外を見ながら、


「お互いA型の夫婦からは、A型の子供かO型の子供しか生まれない。
稀にそうでは無い子供が生まれるケースも有るらしいが、そんな確率はごく僅かで無いに等しい。
またA型同士の夫婦からはA型の子供が生まれる確率が高いらしいが、理香ちゃんの血液型はO型。俺もO型だ。」







妻には稲垣の言っている意味が分かり、
「そんな事は有りません。確率はそうかも知れないけれど、理香は主人の子供です。」


「どうして分かる?DNA検査でもしたのか?智子は理香ちゃんが生まれてからも、2人目が欲しくて避妊をした事が無いだろ?
しかし子供は出来ない。その前だって5年も出来なかった。
結局、十数年避妊しないでセックスしていて、出来たのは理香ちゃん1人だけだ。
その理香ちゃんが、宿った時期に私と関係をもっている。」


「でも・・・・あの時は、子供は出来ないと・・・・・・・・・・・。」


「私も最近までそう思い違いしていたが、よくよく思い出せば、出来ないのではなくて出来る可能性が低いというだけで、全く可能性が無い訳では無かった。
だからその前に1度・・・・・・・君にもそう説明した覚えが有る。」




妻が、その時期私とも関係をもっていたので、それだけでは決められないと言って食い下がると、
「私も智子も、不妊の原因は智子に有ると決め付けていたが、もしもご主人に原因が有ったとしたら?
何度も言うが、ずっと避妊せずにセックスしていても、理香ちゃん以外出来なかったじゃないか。」


妻は、信頼している稲垣の言葉に、次第にそうかも知れないと思う様になり、問題が大き過ぎて涙も出ずに、座り込んだまま立てなかったそうです。
それを聞いた私も、その確率が高いと思いました。


昔、子供を生めない嫁は、いらないと、一方的に離縁された時代も有ったそうですが、私もそこまで酷くは無いにしても、男の勝手な考えで、妻に原因が有ると思い込んでいた時期が有りました。
思い出せば、妻が一晩外泊した後、それまで妻から誘われた事は一度も無かったのに、妻は毎晩の様に求めて来た様な記憶が有ります。
その時は、無断外泊をした事で、私の機嫌をとっているのだろうと思ったのですが、今考えると、稲垣と関係をもってしまった罪悪感からしていたのか、または稲垣との間に子供が出来てしまった時の事を考えて、私の子供だと誤魔化す為に、セックスをせがんで来たのかとも思え、
「あいつとの子供が、出来てしまっても良い覚悟で抱かれたのか?それとも、あいつの子供が欲しくて抱かれたのか?」


「違います。あなたとの子供が欲しくて・・・・・・・・・・。」
私との子供が欲しくて稲垣に抱かれたとは、さっぱり意味が分かりません。


「理香の事は俺にとっては何よりも大切な事だ。俺と喧嘩して、あいつの所に行ったところから、詳しく聞かせてくれ。」
話している内に妻は、娘に会って帰って来た時の様な状態になっていて、淡々と詳しく話し出しました。





***


当時、妻は子供が出来ない事で、軽いノイローゼの様な状態になっていて、時々何もかもから逃げ出したい気持ちに襲われ、そのような時は、つい私に当たってしまっていたと言います。
しかし、私は情け無い事に、妻が多少辛そうだと思っていても、そこまで精神的に追い込まれていたとは気付かずに、妻が私に突っ掛かってくる事が不愉快で、つい言い争いになっていました。


「特にお義母さんから、子供はまだかと言われるのが辛かったです。
お義母さんは、私を実の娘の様に思っていてくれていて、悪気なんて無く、本当に心配してくれているのが分かっていただけに、余計辛かったです。
それと、単純に子供が欲しかったのも有りましたが、私は一人になるのが怖かったから、どうしてもあなたの子供が欲しかった。
あなたの子供を生んで、あなたとの絆をもっと強くしたかった。
そうなればお義母さんとも、血の繋がりは無くても子供を通して、もっと本当の親子の様になれると思った。」


「それなら尚更、どうして稲垣と関係を持つ事になったのかが理解出来ない。
本当に俺との絆を強くしたかったのなら、稲垣なんかに抱かれないだろ?
言っている事と、やった事は逆の事だろ?」


銀行は、昼の間も営業している為に交代で昼食をとるそうですが、私と言い争った翌日、偶然稲垣と昼休みが重なり、稲垣を見つけると隣に座って、子供が出来ない事で私との仲が、最近ギクシャクしていると話しました。
「今仕事の事で頭がいっぱいだから、一人にしてもらえないか?」




妻を女性として意識していた稲垣は、周囲の目が気になったのか、素っ気無く答えると席を立ってしまい、残された妻は落胆を隠せませんでした。
稲垣の態度でより落ち込んでしまい、今夜もまた何かで私と言い争いになってしまわないか心配になり、重い気持ちで銀行を出た時に稲垣が追い掛けて来て、今日はもう少しで帰れそうなので、喫茶店で待っていて欲しいと言われたそうです。
一度は素っ気無い態度をとられているだけに、やはり気に掛けてくれていたという喜びは大きく、私に電話をしてから喫茶店で待っていると、入って来た稲垣は座りもせずにレシートを掴んで言いました。
「ここではお客さんに会うかも知れないので、要らぬ誤解を受けても嫌だから、私のマンションへ行って話そう。」


妻は、稲垣の奥さんにも聞いて貰えると思い、稲垣に案内されて当時住んでいたマンションに行くとリビングに通され、ソファーに腰を下ろした時、初めて奥さんは実家に行っていて留守だと聞かされました。
疚しい関係では、無いにしても奥さんに悪い気がして、一度は帰ろうと思ったのですが、じっと見詰める稲垣の目と目が合った時に、この人なら助けてくれると思ってしまい、不妊で悩んでいる事を話し、どの様にしたら夫婦の仲が上手く行くのか相談すると、何も言わずにただ妻を見詰めていた稲垣が話し出した内容は、信じ難いものでした。


「このままでは、いずれご主人との仲が取り返しのつかないほど壊れてしまう。
全ての原因は子供が出来ないという事だけだ。それならば、子供が出切る様にすればいい。」


「それが出来ないから悩んでいます。お医者さんにも行きました。でも駄目なのです。」


「ご主人も行ったのか?医者は何と言っていた?」




「主人はいずれ行くと言っていて、まだ行ってくれませんが、私はホルモンのバランスが崩れていると言われたので、おそらく原因は私に有ると思います。」


「婦人科の医者をしている友人がいるのだが、智子さんの話を聞きながら彼が言っていた事を思い出していた。
彼が言うには、不妊の中にも色々有って、病的な物には医学的な治療が必要だが、
精神的なものも多く、その中には『慣れ』と言うのも結構有るそうだ。」


「慣れ?・・ですか?」


「ああ。動物には発情期が有って、その時に交尾をするのだが、子孫を残す目的だけで交尾をする彼らは、余程の事が無い限り、ほとんどが妊娠するそうだ。
そうでないと種族が絶えてしまう。
ところが人間には、その様な発情期は無くて年中発情している。
言い換えれば年中発情期だとも言える。
いつでも妊娠可能だ。
しかし、やはり人間も動物の中の一つにしか過ぎないので、体質によっては、本当の発情期にセックスしないと、ただの排卵日にしても妊娠し難い人が少なく無いらしい。」


「いつが発情期なのですか?」




「言い方が悪かったが、残念ながらどの季節が発情期だというものは無い。
身体が発情期の様な状態になっている時。
つまり、身体が発情している時が発情期だ。」


「では、いつ発情しているのですか?」


「新婚時代は、身体も昂っていて、多くの場合、その時期は発情期に当たるらしいのだが、その後は人それぞれなので、いつが発情期なのか、いつ発情しているのかは分からないらしい。
ただ問題なのが、その後、発情期が来なくなってしまう場合が有る。
身体が発情しなくなってしまう場合が有る。
興奮や快感は普通に有るので、勿論本人は気付いていないが、夫婦間でのセックスに慣れてしまい、身体が発情期にならないケースが結構有ると言っていた。
それが彼の言う『慣れ』による不妊症だそうだ。
そういう人の特徴は、1番にホルモンのバランスを崩してしまっている場合が多いと言っていた。
2番目が、絶えずイライラしてしまう。
本人は他の理由からイライラしていると思いがちだが、本能的に子孫を残そうとしているのに、身体がその状態にならない。
身体が発情しない事のズレから来るイライラらしい。
言い辛いのだが、今の智子さんは『慣れ』から来る不妊そのものだと思う。」


こんないい加減な話に、切羽詰っていた妻は真剣に耳を傾けました。


「どうすれば良いのですか?どうすれば正常になるのですか?」




「残念ながら発情を促す薬などは無いらしい。気持ちを興奮させる薬は有っても、気持ちの興奮と身体の発情とは全く異なるものらしい。」
妻は、稲垣の話にのめり込み、ずっと身を乗り出して聞き入っていましたが、治療法や薬も無いと聞き、気落ちして俯いてしまうと、その時を待っていたかの様に。


「ただ、方法が無い訳では無い。
他の牡と交尾をする。そうすれば、それから暫らくは発情期となる。
つまり、ご主人以外の男とセックスをすれば、その刺激で発情し、その後2、3ヶ月は身体が発情期に入る事が多いらしい。」


「でも、その様な事は聞いた事が有りません。」


一瞬、期待して顔を上げた妻でしたが、内容が内容だけにふて腐れた様にそう呟くと、
「私もそうだった。しかし彼が言うには、この様な事を発表してしまえば、不妊で悩んでいる人の浮気が増えてしまって世の中が乱れてしまうし、仮にご主人も納得してそうなった場合でも、その時は良くても、後々その事で夫婦仲が悪くなってしまう可能性が高いから発表は出来ないらしい。
自分の患者にも浮気を進める事になってしまうから、とても言えないと言っていた。
世間に発表出来ないのは倫理的な観点からだと思う。」


この話を事実だと思い込ませる為に、稲垣は必死になって話していましたが、妻は疑っているのではなくて、稲垣の話を信じていても、自分には出来ないと思っていたのでしょう。
「そう言われてみればニュースでも時々有るだろ?
男性関係の派手な女性に限ってすぐに妊娠してしまい、子供を産んで殺してしまったとか、捨ててしまったとか。
その様な女性は、それこそ絶えず発情期の状態になっていて、妊娠し易いのは事実らしい。」




何か良い方法が有るのかと、最初から興味深く聞き入っていた妻も稲垣の話が終わると、いくら子供が欲しくても、やはりその様な事は出来ないと思い、また、その様な事を出切る相手もいないので、期待が大きかっただけに落胆も大きく、溜息をつくと黙って俯いてしまいました。



この様な嘘を咄嗟に考える事が出切るほど頭の回転が速い稲垣には、妻の気持ちなど手にとる様に分かるのか。


「智子さんにその様な事が出来ないのはよく知っている。
でも、君がみすみす不幸になるのを見るのは忍びない。
思い切って言うが、私が相手をしても良いと思っている。
私もご主人や妻の事を考えれば、とても出来ないのだが、君が幸せになる為なら、どの様な罪でも甘んじて受ける。
私は一生罪悪感で苦しむかも知れないが、君がその分幸せに成ってくれれば、どの様な苦しみも甘んじて受ける。」


ただ妻を抱きたいだけの言葉が、妻には分かりません。
潜在意識の中に、稲垣の事を信頼出来る特別な人間だと刻み込まれてしまっている妻には、少し冷静になれば、誰にでも分かる事が分かりませんでした。







妻の話を聞きながら、もう結果の出ている過去の事なのに、そんな嘘に騙されるなと心の中で叫んでいました。
しかし、稲垣を信頼し切っていて、その上普通の精神状態では無かった妻は、まるでインチキ宗教の教祖に騙されて行く信者の様に、稲垣の言う事を疑いもせず。


「それでは稲垣さんに悪いです。私の為に、その様な事は頼めません。」


「いや、私はずっと君の事を妹の様に、娘の様に思っていた。
しかし、思っていただけで、何もしてあげられなかった。
君が苦しんでいた時も、話を聞いてやるだけで何も助けてはあげられなかった。」


「そんな事は無いです。沢山助けて頂きました。」


「そう言って貰えると嬉しいが、そうでは無い。
今まで助けて上げられなかった分、今回は何とか力になりたい。
私の様な男が相手でも良ければ、私はどの様な罰でも受ける。」




この時点では、妻はまだ少し躊躇していましたが、それは私への罪悪感からではなくて、自分の事で稲垣にも罪を負わせてしまうという、稲垣に対しての思いからでした。
妻の頭の中には、私との子供さえ出来れば、全ての問題は解決するという考え以外無く、喜ぶ私や私の母、私の父に囲まれて、赤ちゃんを抱いている自分の姿が、既に見えていたのかも知れません。
妻の頬を伝う一筋の涙を見た稲垣は、もう少しで妻は落ちると思った事でしょう。
実際、次の稲垣の話で、妻は私との破局の道を進んで行くのですから。


「今思ったのだが、こう考えたらどうだろう。
これはセックス等では無い、ただの治療だと。
実際、智子さんとセックスしたいと思った事は無い。
これは君に魅力が無いとかその様な問題では無くて、私にとってはその様な存在では無いという事だ。
君もそうだと思うが、セックスの対照では無くて、それとは違う大切な存在だ。
決して楽しんでセックスするのでは無いから、ご主人や妻を裏切る訳では無い。
楽しむどころか今そう考えただけでも胸が苦しい。
その様な気持ちでするのだから、決して裏切りなんかでは無い。
これは治療だ。そう考える様にしないか?」


稲垣を信用していて、その上ノイローゼ気味だった妻は、結局、何の疑いもせずに稲垣の提案に乗ってしまいました。
稲垣の欲望を満たす為の行為なのに、逆にお礼を言いながら。
稲垣は妻の話を聞いている内に、普通の精神状態で無い事にも気付き、妻を抱く為にこの様な嘘で妻を騙したのでしょう。





最初、本当にこの様な嘘に妻は騙されたのか?
この話は妻の作り話ではないかと思いましたが、話の内容は信じ難いものでも、妻の話している様子は嘘だとは思えないものでした。
妻の事を、私よりは遥かにしっかり者だと思っていて、家計は勿論の事、家の事はほとんど妻に任せ、安心して仕事に打ち込めました。
その妻がこんな事を信じ、騙されたのは、やはり信じ難い事でしたが、妻はそこまで精神的に弱っていたと言う事なのでしょうか?
それとも、私の言うしっかり者と、稲垣のような人間を信じてしまう事は、また別の事なのでしょうか?
よく考えれば、世間では多々有ることです。
病気を治す為に、高額なお布施を払う。
悩みを解決したいが為に、高額な壷を買う。





そんなニュースを聞く度に、そんな奴が本当にいるのかと思いましたが、本当に切羽詰った悩みが有る時に、実際、騙される人間は少なくないのでしょう。
心が弱っている人の、心の隙間に上手く入り込んでくる人間も少なくないのでしょう。
普通の精神状態の時には有り得ないと思う話でも、悩みを抱えていて心が弱っている時には、簡単に騙される事も有るのではないかと思うと、妻の話も有り得ない話では無いと思え、質問を続けました。


「それで、どの様なセックスをした?詳しく教えてくれ。」
私の知らない妻を知りたくて、必死の形相で聞きましたが。


「それは。・・・・・・。それは言えないです。許してください。」
最初から、すんなり話してくれるとは思っていませんでした。
聞けば怒りが増すことは分かっていて、何故この様な事を知りたいのか、自分でも分からないのですから。
逆に妻が話したくないのは、単に恥ずかしいだけなのか?
あるいは、私には言えない様な行為をしていたのか?
それとも、私に2人の愛を語り、これ以上私を怒らす事を得策では無いと思っているのか?
何より、妻と稲垣の2人だけの世界に、私に踏み込まれる事が嫌なのでは無いのかと考えると、余計に聞かずにはいられません。





何故だか分からない、知りたいという欲望を満たす為に、咄嗟に思い付いたもっともらしい話を妻にして納得させようとしてしまいます。
そういう所は、私も稲垣と同じなのかも知れません。
「いや、俺には知る権利が有る。
今まで実の子だと思って愛情を注いで来た理香が、どの様にして出来たのか知る権利が有る。
そうでなければ、これからも親としてやっていけない気がする。
何処でどの様にして出来た子かも分からず、血の繋がりも無い理香と、今迄通りにはやっていく自信が無い。
例え俺の子供ではなくても、どのようにして出来たのか知りたい。
その日あいつに抱かれたのは一度だけか?」





妻は、聞かれた事に正直に答え、私の欲求を満たせば、私が娘の事を今迄通り実の娘として接し、もしかすると離婚せずに3人で生活出来るかも知れないと勘違いしたのか、呟く様な小さな声で答え出し、
「いいえ、朝まで何度も。ごめんなさい。」


「どうしてだ?一度で充分だろ?上手い事を言っているが、おまえも抱かれたかっただけだろ。あいつとのセックスを楽しんでいただけだろ。」


流石に妻から進んで話せる事柄では無かったので、私の質問に答える形になってしまいましたが、事細かに答えさせたお蔭で大体の様子は分かりました。
妻は承諾したものの、いざとなるとまだ多少の躊躇いが有った為に、シャワーを浴びながら考えていると、妻が冷静に考える時間を与えたく無かったのか、突然稲垣が裸で入って来たそうです。
妻は恥ずかしさの余り、屈んで身体を隠して目を閉じました。
「恥ずかしがらないで身体をよく見せてくれ。私だって恥ずかしいんだ。
しかし、恥ずかしがっていては、普通の男女の関係と何ら変わりは無い。
これは治療だと言っただろ?そう思う事にしようと話し合っただろ?
医者の前で智子さんは、いや、智子は身体を隠すのか?
その方が逆にその事を意識している様で、恥ずかしいとは思わないか?」


稲垣の魔法に掛かっていた妻は、言われるままに少し足を開いた格好で立たされて、全てを稲垣の前に晒し、稲垣は手に石鹸を付けると、妻の豊満な乳房や秘所までも、愛撫するかの様に優しく洗い出しました。


次に稲垣は、これから治療に使われる、既に硬くそそり立っている物を妻の手で丹念に洗わせてから、口に含むように要求したのですが、流石に妻が拒んでいると、
「私も智子にこの様な行為をさせたくはないが、いくら医者の友人がこの時点では発情期に入っていないので妊娠の可能性は低いと言っていても、可能性が全く無い訳ではないだろうから少し心配だ。
私のが少しでも薄くなる様に、一度出しておきたいから協力して欲しい。」




「・・・・避妊具をつけてもらう訳には・・・・いかないのですか?」


「ああ、性器と性器が直に触れ合った方が、遥かにその効果は大きいらしいし、他の牡の精子の存在を身体の中に感じれば、なお効果が有ると聞いた。」
妻は、自分の為にしてくれている行為だと信じていたので、仁王立ちになっている稲垣の前に跪いて硬くなっている物を口に含み、ただ妻に色々な事をさせたいだけの要求だとは思わずに、この様な行為を長くさせたくないから、早く終る様に協力してくれと言う稲垣の言葉を信じて、言われるままに、口に含んだまま根元を手で擦ったり、二つの袋までおも口に含まされたりして、稲垣を喜ばせてしまいました。


稲垣が妻の口を弄ぶ行為は更に続き、フルートを吹くかの様に横から咥えさせたり、妻の後頭部を手で押さえて腰を突き出し、妻がむせ返るほど深く入れたりしていましたが、稲垣も限界が近くなったのか、
「出そうになって来たから、口に含んだまま頭を前後に動かしてくれ。もっと早く。よし、そのまま舌も使って。そうだ。手は下の袋を優しく撫でて。そうだ、上手いぞ。」
そうさせている内に終に限界を迎え、
「よし、もう出すぞ。もう舌を使うのはいいから、強く吸う様にして、前後の動きを早くしてくれ。もっと早く。もっとだ。もっと早く。よし、出すぞ。出すぞ。」
次の瞬間妻は、稲垣の濃い物を全て口で受けとめてしまいました。
「奴のを飲んだのか?」


「いいえ、むせてしまって吐き出しました。」


「むせていなければ飲んだという事か?」




「違います。」


最終的には、妻の全てを奪われると分かっていながら、まだこの様な小さな事に拘っている情け無い私なのです。


おそらく稲垣は、まだ子供が欲しい時期だったのか避妊具を持っておらず、
妻がシャワーを浴び出してからその事に気付き、
妻を妊娠させてしまわないか不安になったものの、買いに行っていては、
その間に妻の気持ちが変わってしまう可能性が有るので、先に一度出しておくという様な気休めをしたのでしょうが、
それと同時に妻を跪かせて思い通りに奉仕させる事で、男としての征服感を味わいたかったのだと思います。





妻は、相変わらず話したがらないのですが、それは無理も無い事だと分かっています。
仮に私が逆の立場なら、何処で会っていたかとか、会っていた回数などは話せても、どの様なセックスをしていたか等は話せないと思います。
特に相手を愛していて、それが2人の愛情表現なら尚更です。




しかし、私の知りたい欲求はまだまだ満たされずに、質問を続けずにはいられません。
妻の息遣い、喘ぎ声の1つまでも知りたくなってしまうのです。
他人から見れば未練がましい、悪趣味な事に思えるかも知れませんが、どの様に思われ様と知りたい願望が勝ってしまうのです。
質問されて、妻が言い辛そうに困った顔をすればするほど、尚更細かな事まで言わせたくなってしまうのです。
「それから寝室に行って、抱かれたのだな?どうした?答えろ。嘘をついても、後から奴に聞けば分かる事だ。」


「もう嘘をつきたくないから話せないのです。話せば話すほどあなたを傷つけ、あなたに嫌われてしまう。」


「もう充分傷付いている。理香が俺の子供では無いとまで言われたのだぞ。それ以上、何に傷付く?」


嫌うも嫌わないも妻との仲は、もうどうにもならないという言葉は飲み込みました。
「そのまま・・・・・・・バスルームで・・・・・・・・。」


稲垣が洗い場に、可愛いイラストが書かれた子供用のマットを敷いて、その上に胡坐を掻いて座り、妻は稲垣に跨る格好で抱き付く様に言われたので従うと、稲垣は妻からキスをするように強要し、長いキスが終ると今度は乳首に吸い付いてきました。
この格好では、稲垣の軟らかくなってしまった物が丁度妻の秘所に当たる為、徐々にまた硬さを
取り戻し、完全に硬くなると妻を下に降ろして、自分は後ろから抱きつく様な形で座り、妻の足
を立膝にさせて大きく開かせ、手は後ろに回させて硬くなった物を握らせました。




次に稲垣は、左手で妻の左右の乳房を交互に揉み、右手はクリや恥穴を虐めていたのですが、妻はどうしても快感と戦ってしまい、すぐには感じなかったと言います。


「智子、喜んでするのは裏切りになるとは言ったが、治療中は何もかも忘れて感じる事だけに集中しよう。
感じないと、この治療の意味が無い。
何もかも忘れて乱れないと、ホルモンの分泌も悪いままだ。
このままだと、裸でエッチな事をしただけになってしまう。それでいいのか?」


稲垣のこの言葉で、必死に快感を抑え込んでいた妻も堰を切った様に一気に感じ出し、狭いバス
ルームに響き渡る自分の恥ずかしい声で更に興奮は高まり、いつ気を遣ってしまってもおかしく無い状態になっていました。


妻は、稲垣に見られながら一人醜態を晒すのは恥ずかしく、そうかと言って稲垣の執拗な愛撫から、自ら逃げる事は出来ないぐらい感じてしまっていたので、それを避けたいが為に、稲垣の再び硬くなった物を、入れて欲しいと妻の口から要求してしまいました。


「そうか。もう欲しくなったか。それなら入れてあげるから、四つん這いになりなさい。」




「そんな格好は恥ずかしいから出来ません。後ろも見えてしまう。」


「それならこの狭いバスルームでは無理だ。他の場所に移動する事になるが、智子はそこまで我慢出来るのかな?ここをこうされても、我慢出来るのか?」


「いや?。もうそこは許してください。我慢出来なくなってしまいます。」


稲垣は、妻の気持ちなどお見通しで、
「我慢しなくてもいいぞ。私がよく見ていてあげるから、智子だけ逝きなさい。思い切り逝って、私に逝く時の顔を見せなさい。」
「そんな恥ずかしい事は嫌です。一緒に。私だけは嫌。お願い、一緒に。」


「なあ智子。感じていても、これは治療だと言っただろ?
智子はこれから赤ちゃんを産む身だ。
医者が、診察台に上がって足を開けと言っても拒むのか?
そんな事は恥ずかしいと言って拒むのか?それと同じ事だ。」




赤ちゃんと言う言葉で本来の目的を思い出した妻が、左手を後ろに回してお尻の穴を隠した格好で四つん這いになると、稲垣はすぐには入れずに、嬉しそうに硬くなった物をお尻や秘所に擦り付けて妻を焦らし、恥ずかしさに耐えられなくなった妻が、再び入れて欲しいとお願いするのを待ってから、ゆっくりと妻の中に入って行きました。


入れる時はゆっくりと動いていた稲垣も、完全に入ってしまうと最初から激しく動き、必死に耐えていた妻も、終にはお尻の穴も晒してしまい、延々と続く激しい責めに耐えられなくなって、マットに崩れ落ちてしまいました。


稲垣に見られながら、自分だけが醜態を晒すのが恥ずかしくて要求した交わりも、稲垣は一度出していた為に、結局一人だけが恥を掻いてしまうと言う結果に終りました。
それも、私にも余り見せたがらなかった恥ずかしい格好で。



まだ終っていなかった稲垣は、妻の腰を掴むと持ち上げて、また恥ずかしい格好にさせ、今度も初めから激しく動いた為に、妻はまた稲垣を待たずに崩れ落ち、次に腰を持ち上げられた時には、妻に両腕で身体を支えるだけの力は無く、お尻だけを突き上げた格好で稲垣を奥深く受け止め、妻も同時に3度目の頂上に登り詰めました。


先に一度出させたのは、妻をじっくりといたぶる目的も有ったのかも知れません。
稲垣は一石二鳥も三鳥も考えていたのでしょう。
稲垣は、やはり妊娠が心配だったのか、また妻にお尻を突き上げた体制をとらせ、今迄自分の欲望を打ち込んでいた場所に指を2本入れると、シャワーを当てながら掻き出す様な、中を洗う様な動作を繰り返していたのですが、指とシャワーの刺激で、妻は、また恥ずかしい声を漏らしてしまいました。




「おいおい、綺麗にしてやっているのに、また感じ出したのか?
智子は普段の大人しい様子からは、想像もつかないほどエッチが大好きなのだな。
独身の男子行員はみんな智子の事を、
お淑やかで優しくて、結婚するなら智子の様な女が理想だと言っているが、
お尻を突き出して洗ってもらいながらも感じてしまい、
嫌らしい声を出しているこの姿を見せてやりたいものだ。
逝く時も激しいし、みんな驚くだろうな。」


とても治療をしているとは思えない言葉にも、中で動き回る二本の指の下で硬くなり、包皮から半分顔を出してしまっている小さな突起に、空いている親指で新たな刺激を加えられては、何も言い返せずに、ただ嫌らしい声を上げながら、腰をくねらす事しか出来ませんでした。


「腹が減ったから食事に行こう。」


その声で我に返ると、いつの間にかリビングのソファーに座っていました。
視線を自分の身体に向けると、パンティー1枚だけしか身に着けていません。
慌てて両手で胸を隠し、どうしてこの様な格好で座っているのか思い出してみると、あの後、指とシャワーの刺激で気を遣らされ、朦朧とした意識の中、稲垣に身体を拭いてもらってからパンティーまで穿かせてもらって、ここに連れて来られたのだと知り、羞恥心で消えて無くなりたい思いでした。


服を着てから化粧を直し、稲垣の車で結構遠く離れた場所のファミレスに行き、向かい合って食事をしたのですが、身体の隅々はおろか中までも見られ、その上何度も気を遣る姿まで見られた妻は、恥ずかしさから稲垣の顔をまともに見る事が出来ずに、食事も喉を通りません。




「食べておかないと、朝まで身体がもたないぞ。」


「えっ・・・・・・・。もう充分です。ありがとう御座いました。」


「いや、念には念を入れておこう。
本当は何日か関係を持った方が効果も大きいらしいが、今までの私と智子の良い関係が壊れてしまっては嫌だから、今日限りにしておきたい。
仕事で疲れている上に智子が激しいから、つい私も激しく動いてしまい体力の限界なのだが、ここまでしてしまったら、どうしても子供を授かって欲しい。
子供を授かってもらわないと、私達の気持ちは違っても、ただの浮気と同じになってしまう。
私も眠りたいのを我慢して頑張るのだから、智子も発情期に入れるように、何もかも忘れてより感じる様に努力して欲しい。」


稲垣は単に、関係がずるずると長引いて私や奥さんにばれるのを恐れ、この機会に出来るだけ妻の身体を楽しもうと思っただけなのでしょうが、やはり、妻には稲垣の真意が見抜けずに、また感謝の言葉を言いながら、稲垣に肩を抱かれて車に乗り込みました。


稲垣の運転する車は、マンションには向かわずに逆の方向に走って行きます。




「何処に行くのですか?」


「ああ、ラブホテルに行こうと思っている。
私はその様な所に行った事が無いので、恥ずかしくて気が進まないのだが、その様な所の方が現実から離れる事が出来て良いかも知れない。
正直に言うと、口でして貰っていた時も、智子では無くて、必死に妻だと思う様にしていた。
その後も顔が見えない様に後ろからしていたので、これは智子ではなくて妻だと自分に何度も言い聞かせ、どうにか最後まで維持する事が出来たが、そうそう上手くいかない気がする。
相手が智子だと意識すると罪悪感も有るし、それ以上に大切な人を壊してしまう様な気がして、智子には治療だと思えと偉そうな事を言っていたのに、私には無理な様な気がする。
どう考えても智子とラブホテルはイメージが結び付かないから、そこなら智子を違った女性だと思う事が出来るかも知れない。」


「そんなにまでして私の為に。」


行為を始める前から硬くしていたくせに、この様な事をよく平気で言えるものだと思いましたが、それが妻には分かりません。
それに、奥さんに知られるのが嫌で、洗い流せば痕跡が残らないバスルーム以外での行為を避け、最初から、本格的な行為はラブホテルに行ってしようと計画していたと思うのですが、妻は疑いもせずにまた感謝の言葉を言っています。


ラブホテルには行った事が無いと言っておきながら、妻を乗せた車は道に迷う事無く、細い裏道を抜けて、知人に会う可能性の無い、ワンルームワンガレージのラブホテルに入って行きました。







部屋に入ると稲垣は椅子に座って、妻をベッドの上に立たせ、
「そこで私を誘う様に、いやらしく1枚ずつ脱いでいってくれないか?」
「そんな事出来ません。恥ずかしいです。稲垣さんが脱がせて下さい。」


「私だって、智子にその様な真似はさせたくは無いさ。
でも、車の中で言ったように、今は君を智子だとは思いたくない。
智子だと意識すれば、私の物は役に立てないかも知れない。
だから街で拾った娼婦だと思いたい。」


ただ妻に嫌らしい行為をさせたいだけで、既に硬くしている事も知らずに、言われた通り別人になり切れば、稲垣の罪悪感を少しでも和らげる事が出切るかも知れないと思った妻は、舞台に上がったストリッパーの様に、一段高いベッドの上で、ゆっくりと1枚ずつ脱いでいきます。


しかし、上と下の恥ずかしい部分を隠す布を身に着けただけの姿になった時、ここまでは頑張れた妻も、自分だけきちんと服を着ている稲垣にじっと見られていては、自分だけが全てを晒す事は恥ずかしくて耐えられず、手が止まってしまいました。




妻の気持ちを察した稲垣は、立ち上がると服を脱ぎだしたので、妻も上だけはなんとか外したのですが、やはり最後の1枚は脱げません。
稲垣を見ると、全裸になってまた椅子に座っていたそうですが、中心で硬くそそり立った物が目に入り、顔を背けてしまうと、
「横を向かないでよく見ろ。今は智子ではなくて娼婦だ。
智子がなり切ってくれないと私も駄目になる。
娼婦はこれを見たぐらいでは恥ずかしがらない。
これから目を離さずに、私に全て見える様に、パンティーを脱いで大きく足を開いて欲しい。」


妻は、稲垣の硬い物をじっと見詰めながら、ゆっくりとパンティーを脱ぎ、手で隠してはいましたが、徐々に足を開いていきました。
「手を退けろ。よし、今度は立膝になって、自分でそこを開いて中をよく見せてくれ。」


こんな普通では考えられない行為でも、自分の為に無理をして付き合ってくれていると思うと、従ってしまったと妻は言いましたが、私はそうでは無い様な気がします。
ラブホテルという異質な空間で、普段では有り得ないような行為を要求されている内に、妻は淫靡な世界に迷い込み、自分とは全く違った人間、それこそ娼婦になっていたのかも知れません。
稲垣の硬くそそり立った物を、じっと見詰めさせられている内に、頭の中はその事だけでいっぱいに成っていたのかも知れません。
どうしてこの様な事をしているかなどと言う、最初の目的など忘れてしまい、
「両手ではなく、片手で開けないか?出来るじゃないか。
それなら開いたまま、空いた手を後ろに着いて、お尻を持ち上げて前に突き出せ。
そうだ、よく見えるぞ。中まで丸見えだ。」


稲垣は椅子から立ち上がると妻に近付き、中を覗き込むようにして見ていましたが、妻がベッドに背中から崩れ落ちると自分もベッドに上がり、妻の身体の裏も表も足の指さえまでも全身に舌を這わせ、最後は妻が一番感じる小さな突起を集中して責めた為に、妻は稲垣の挿入を待たずに一人、気を遣ってしまいました。


しかし、稲垣は妻に休む事を許さず、すぐに妻の上に乗って来て繋がると、ゆっくりと動きながら、妻の顔をじっと見て、感じて行く時の表情を楽しんでいたのですが、達したばかりで身体が敏感になっていた妻は、そのゆっくりとした動きだけで、また気を遣ってしまったそうです。




「少し休ませて下さい。お願いします。」


「ああ、智子は休んでいていい。私が勝手に動くから。」


「それでは休めません。動かれていては・・・・・・いや・・・いや・・・・また駄目になる。
また・・また・・止めて、駄目になってしまう・・・また・・・・いや??。」


その後も稲垣の責めは続き、妻は面白いほど気を遣り続けて、最後には放心状態になってしまい、ようやく稲垣も放出して終りました。
「この時もコンドームは着けずにしていたのか?」


「いいえ、ホテルでは着けてくれていた様です。」




「話がおかしいだろ。」


「私も帰る車の中でその事を聞いたのですが、効果が少なくなるだけで全く無い訳では無いから、付けた方が直接触れ合わない分、罪悪感が少なかったと言われました。
私の中に出してしまうのは、私を汚してしまう様で、やはり嫌だったと。」


他の男の精子を身体で感じろと言っておきながら、今度は避妊具を装着しても、妻にはその矛盾が分からないのです。
ただ妊娠を心配していただけだと、誰にでも分かる事を、この様な説明で納得してしまうのです。
妻は、それほど、全面的に稲垣を信用し切っていたようです。
冷静な者が聞けば、稲垣の言っている事は最初から矛盾だらけなのに。



私は、娘がどの様にして出来たのか知りたいから、セックスの様子を教えてくれと言い、ここまで聞き出しました。
これで娘がバスルームでの行為によって出来たと分かった訳ですから、本当ならこの先は聞かなくても良い事になります。
しかし、私の知りたい欲求は収まる事はなく、私の知らない妻が存在する事を許せません。


「朝までと言う事は、それでも終らなかったのだな?」
幸い妻は、私が何を知りたかったか等という事は忘れてしまっている様子で、
「・・・・・はい。」




何度も達してしまい、意識が朦朧としていた妻が息苦しさを感じると、裸の稲垣が上に乗って乳首に吸い付いていたので、
「もう出来ません。もう身体が動きません。」
「いいのか?智子はそれでいいのか?赤ちゃんが少しでも出来易くする為なのに、ここで止めてしまってもいいのか?」
そう言われた妻は気力を振り絞り、稲垣の欲望を身体で受け止め続けたのですが、夜が明ける頃には、流石に精も根も尽き果ててしまい、稲垣によって大きく開かされた足を閉じようともせずに、恥ずかしい部分を隠す事も無く、ぐったりと大の字になっていました。


しかし稲垣はそれでも許さず、開かれた足の間に座って、襞を摘んで大きく開いて覗き込んだり、
指を入れて中の感触を楽しんだり、包皮を剥いて完全に露出させたクリを虐めたりして妻の身体を弄んでいましたが、
妻の身体はたまに小さく反応するだけで声を出す事も無く、ぐったりとしていたので、
「よし、次で最後にしておこう。」
そう言うと妻の中に入って延々と一方的に動き続け、虚ろな目で天井を見詰め、微かに反応するだけの妻を見ながら放出し、長かった一夜はようやく終りました。


妻の話を聞き終わり、少し冷静になった時に思ったのが、やはりこの話は本当なのかと言う事でした。
妻の話し方からは真実を話している様に感じ、話にのめり込んで聞いていましたが、いくら普通では無い精神状態だったとは言え、この様な嘘に意とも簡単に、本当に妻は騙されたのかと言う事です。


元々稲垣の騙す様な行為など無かった場合、私と言い争いになり、ただ自棄に成っていて抱かれたのでは無いのか?
稲垣の事が好きで抱かれたかっただけでは無いのか?
ただ稲垣とセックスがしたかっただけではないのか?
もっと悪く考えれば、最初から稲垣の子供が欲しくて関係を持ったのではないのかとも思えて来ます。
次に稲垣の騙す様な行為が有った場合ですが、本当に私の子供が欲しくて、こんな事を信じだのか?


自分への言い訳に、最初から嘘だと知りながら抱かれたのでは無いのか?
最初は信じていたとしても、途中からは嘘だと気付きながら快感に負け、欲望に流されたのでは無いのか?




しかし、この様な嘘に騙された事が本当だとすると、稲垣は妻にとって想像以上に大きな存在だという事になります。
宗教的なものには結構多く有り、教祖に騙されて身体を奪われた女性も少なく無いと聞きます。
私が聞いたもっと悲惨な例では、医者にかかる事は良く無いと言われ、病気の子供を医者に診せずに死なせてしまったと言う事が有りました。
しかし、もっと悪いのは、その後も騙された事に気が付かない事です。


教祖に抱いて頂いたから、私は特別な人間に成ったとか、医者にかかっていたら、もっと痛みを伴って死んでいたと聞かされ、子供を亡くしていても尚、その事を信じている事です。


稲垣に今でも特別な感情を持っていると思われる妻も、それに近いものが有るのではないかと思えるのです。
この話が本当だとすると稲垣の体力、精力は、私には信じられないものでした。
いくら9年前で今よりは若かったと言っても40歳は過ぎています。


おそらく稲垣は以前からずっと、妻を抱きたい、征服したいと思っていて、やっと願いが叶った為に出来た所業ではないかと思います。
あの可愛い娘が実の子供ではないだけでも、死にたいほどのショックなのですが、この様に妻を騙して出来た子供かと思うと、尚更娘が不憫でなりません。
それ以上に、妻がその様には思っていない事が悔しくて仕方が無いのです。



妻の話を聞いて、悔しさで泣きたくなっていた時、急にドアがノックされたので、稲垣夫婦が来ていた事をすっかり忘れてしまっていた私は、一瞬ドキッとしました。
ドアを開けると奥さんがいて、その後ろには稲垣が隠れる様に立っています。
奥さんは何か言っているのか口が動いているのですが、私の耳には何も聞こえません。
私は奥さんを押し退けて、稲垣の前まで行くと思い切り殴りつけ、よろけて尻餅をついた稲垣に、馬乗りになって殴ろうとした時、横から奥さんが稲垣の上半身に覆い被さって庇いました。
仕方なく私は稲垣から降りましたが、この時の私は鬼の様な形相をしていたと思います。




「今日はもう帰ってくれ。」
娘の事を言おうかとも思いましたが、稲垣を庇う奥さんを見ていて、何れは分かる事でも、今奥さんをこれ以上悲しませる事は出来ないと思ってしまい、何も言わずに逃げる様にキッチンに行きました。


静まり返った中、車のエンジン音だけが聞こえます。
やがてその音も遠退き、私はどうしてセックスの事まで、詳しく知りたいのか考えていました。
それを聞いても当然興奮などは有りません。
それどころか、聞けば聞くほど怒りを覚え、悔しさが大きくなって行きます。
それなのに全てを知りたい。
私の知らない妻が存在する事を許せない。
ほぼ離婚する事になると思っていても、知りたい欲望は消えない。
離婚するのなら、ただの『酷い女』で良い筈です。
私を裏切った『酷い女』だから別れる、それだけで良い筈です。


本当は離婚をまだ、ためらっているのかも知れません。
知りたいと言う事は、まだ妻に対しての未練が残っているのでしょう。
いいえ、未練以上に、私はもっと小さな男で、私と別れた妻が稲垣と再婚し、娘と親子3人幸せに暮らすのが、許せない感情の方が強いのかも知れません。
正直なところ、自分でも自分の気持ちがよく分からない状態です。


しばらくその様な事ばかり考えていましたが、これ自体私の逃げで、極力娘の事を考えたく無かったのです。
娘の事から逃げたかったのです。
しかし、私のその様な思いとは裏腹に、考えなければならない時はすぐにやって来てしまいました。
暫らくして入って来た妻の手には、大きなバッグが握られています。
「あなた、ごめんなさい。
私は、あなたの人生を無茶苦茶にしてしまいました。
私自身の幸せも、自分で壊してしまいました。
今迄ありがとうございました。本当にごめんなさい。」


「理香は連れて行くなよ。理香は俺の娘だ。
誰の子であろうと理香は俺の娘だ。
俺から全てを奪って行く事は許さん。
行くなら一人で出て行け。」




言ってしまってから、何故この様な事を言ったのか考えました。
娘を、自分の子供として育てていけるのか?
憎い稲垣と妻との子供に、今迄通り愛情を注げるのか?
妻への嫌がらせに、娘を取り上げようとしているだけでは無いのか?
しかし、何も考えずに口から出た言葉が、私の本心だと知りました。


離婚するにしてもしないにしても、このまま別れたのでは後で必ず後悔すると思っていても、私から離婚だと言い、出て行けと言っていた手前、出て行くなとは言えません。
妻の本当の気持ちは知りたいくせに、この様な大事な局面でも自分の本心は出せないのです。
出て行かないでくれなどと言って、少しでも自分が不利になる様な事は出来ないのです。
この件についての、絶対的有利を崩したくないのです。
このまま別れてしまえば、残るのは金銭的な問題の有利不利だけで、妻をもう責める事も出来ずに、夫婦としての有利不利など無くなってしまうのに。


取り上げていた妻の携帯を渡し、口から出たのは思いとは逆の言葉でした。
「もう会う事も無いと思うから、今後の事は電話で話し合おう。」


妻は暫らく、渡された携帯を見詰めていましたが、
「理香は連れて行かせて下さい。理香と離れる事なんて出来ません。お願いします。」


これを聞いて、少しだけですが気が楽になりました。
何故なら、娘を渡さない限り妻との縁は切れないからです。
実の娘では無いにしても、今まで愛情を注いで来た可愛い娘まで、妻との駆け引きに使おうとしている自分が情けなくなります。




「本当の父親でも無いお前なんかに権利は無いと言いたいのか?
奴との愛の結晶を奪うのかと言いたいのだろ?
俺とは別れたいが、好きな稲垣との子供とは別れられないか。」


「違います。私はあなたとも・・・・・・・・・・。
ごめんなさい、もう何を言っても信じては頂けないですね。」


妻が玄関に行くまでずっと、どの様に引き止めようか考えていたのですが、良い言葉が見つかりません。
妻は、このまま、稲垣のものになってしまうのかと思うと、悔しくて堪りません。
「おまえが行ける場所は稲垣の所しか無いはずだが、今は奥さんが来ているぞ。これから2人で奥さんを追い出すのか?」


「彼の所には二度と行きません。」


「それなら何処に行く?もう嘘はつかなくてもいい。別れるのにこれ以上、俺に嘘をついたところで同じだろ。」




「何処に行けば良いのか分かりません。私が行ける場所はどこにも無いです。
駅に行って、始発を待ちながら考えます。
あなたや典子さんへの慰謝料の事も有るから、何処か住み込みで働ける所でも探してみます。」


「それが本当なら、行き先も分からずに、理香を連れて行くつもりだったのか?
やはり理香を連れて、稲垣の所に行くつもりだったのだろ?」


「違います。本当に彼の所には行きません。」


妻はそう言い、暫らく考えてから。


「そうですね。理香を連れて行きたいと言ったけれど冷静に考えれば、
落ち着く先が決まってもいないのに、理香を引き取る事も出来ない。
勝手なお願いですが、それまで理香の事をお願いします。」




「それまでも何も、理香は絶対に渡さん。
お前は今迄、俺の子供では無いと分かっていながら俺の母親に預けて、あいつに抱いてもらいに行っていたのだぞ。
理香の不憫さが分からないのか?」


妻が泣きながら出て行ってしまい、私の心に大きな穴が開いてしまいました。
正確に言うと娘の事が有るので、大きな穴が2つも開いてしまった状態です。
暫らくの間ぼんやりと考えていたのですが、考えれば考えるほど私の怒りは稲垣に向かい、稲垣の携帯に電話をしたのですが、出たのは奥さんでした。
「折角来て頂いたのに、帰れと言ってしまい申し訳無かったです。アパートに着いたらご主人だけ、またこちらに来てもらって下さい。」


「私もお邪魔しても良いですか?
車に乗ってから主人が重大な事を告白したので、車を止めて話していて、実はまだ近くにいるのです。
その事をご主人と智子さんに聞いて頂きたいのです。」


私には、奥さんの言う重大な事が娘の事だと分かっていたので、別に今更聞きたい話でも無く、奥さんがいては怒りをぶつけ難いので、本当は稲垣だけに来て欲しかったのですが、
「ええ、構いません。ただ智子は出て行ったのでいませんが。」


「えっ、何処に?」




「分かりません。駅で始発を待つと言っていたので、今頃まだ駅に向かって歩いているのか、駅に着いていたとしても始発までには、まだ何時間も有りますから、駅のベンチにでも座っているのではないかと思います。」


私が詳しい話をしたのには、奥さんの優しさに縋り、妻を連れ帰って欲しいという期待が有ったのかも知れません。





私は、気が落ち着かず、檻の中の熊の様に家の中を歩き回って待ちましたが、近くにいると言っていたはずが30分経っても来ません。
きっと妻を説得してくれているのだと期待しながら待つと、それから1時間ほど経った頃に、家の前で車の止まる音がしました。
私は、余裕が有る様な振りをしたくて、慌てて居間に行くと煙草に火をつけましたが、一向に誰も入って来ません。
暫らくして奥さんの、私を呼ぶ声が聞こえたので玄関まで行くと、妻が稲垣と奥さんに支えられて立っています。
妻は遠くを見ている様な虚ろな目をしていて、私の方を見るでも無く、全体に正気が感じられません。
例え支えてくれているとしても、稲垣が妻に触れている事が気に入らず、妻を支えてから稲垣を突き飛ばし、奥さんに手伝ってもらって寝室のベッドに寝かせ、
「何が有ったのですか?」


「智子さんの前では何ですから、他の部屋で。」




妻の様子が心配で離れたくは無かったのですが、一時的なショックを受けただけなので、大丈夫だろうと奥さんに言われ、妻を残して3人で座敷に行きました。
「ショックを受けた?」


「はい。あの後、ご主人の姿が見えなくなると、この人は慌てて逃げる様に車まで走って行きました。
遅れて車まで行った私が乗ろうとすると全てロックがして有り、私だと分かると開けてくれたのですが、
走り出せば自動でロックされるのに、わざわざロックをしてからエンジンをかけ、様子がおかしいのでよく見ると、手足が微かに震えていて。」


おそらく稲垣は、私が怒った顔でキッチンへ行ったので、また包丁を取りに行ったと思ったのでしょう。
「余りに様子がおかしいので、どうしてご主人があの様に激しく怒り出したのか聞いたら、とんでもない事をしていた事を白状しました。
それも身の危険を感じて、私の様な者に助けてもらおうと、震えながら話して来ました。
殺されても文句も言えない様な事をしておきながら、もしかしたら殺されるかも知れないと言って、女の私に助けてもらおうと縋って来ました。
私の100年の恋も一度に覚めました。
この人は最低な男です。
学生時代は勉強も出来て、今は仕事も優秀かも知れないけど、人間的には最低な人間です。
私は今まで、こんな男に気に入られようと努力していたかと思うと悔しいです。
こんな男に捨てられないように努力していたのかと思うとやり切れません。
こんな男、私の方から捨ててやる。」


奥さんは、その話になると興奮していて、妻があの様な常態になった事の説明をしてくれずに、一気に捲くし立てると、畳に伏せて泣いてしまいました。
「典子。」


稲垣が弱々しい声で奥さんを呼ぶと、奥さんは顔を上げて、
「私の事を呼び捨てにしないで。もうあなたの妻をやめます。もっと早く気付けば良かった。そうすれば私の人生も変わっていた。」




私は最初、奥さんが稲垣の事を最低の男だと言っているのは、妻との間に子供を作った事だと思いましたが、
その事は、妻も知っている事で、その事を奥さんに詰られたくらいでは、泣き叫んで取り乱すことは有っても、
あの様な状態にはならないと思い、奥さんに質問しようとしましたが、奥さんの話は続き、
「あなたは最低な男です。妻としては勿論ですが、女としても絶対に許さない。
智子さんに同情はしたく無いし許す気も無いけれど、あなたのした事は余りにも酷すぎる。
同じ女性として、あなたが智子さんにした事を絶対に許さない。」


奥さんの、妻を庇うかのような言葉に困惑していると、
「この人は智子さんを騙していたのです。それも、智子さんの一番弱いところを利用する様な、もっとも下劣な騙し方で。」


「それはどの様な事ですか?
奥さんもお聞きになったかと思いますが、
騙して妻を妊娠させ、娘がこの男の子供で有る事を言っておられるのですか?
お願いですから教えて下さい。
娘が私の子供では無いと分かった今、もう何を聞かされても怖くは無いです。」


「私からはとても言えません。話すだけでも気分が悪くなる。」


そう言ってから稲垣を睨みつけて、
「あなたが言いなさい。助けを求めて私に話し、その後智子さんに話したのと同じ事を、もう一度ご主人にも話して謝りなさい。
きっとそれ以外にも有るのでしょ?
もう何もかも全て正直に話したら?
この期に及んでまだ隠そうとするのなら、私は皆に全て話して、あなたが何処にも顔を出せない様にしてやる。
銀行やあなたの友達、子供達にもあなたがどの様な人間なのか教えてやる。
あなたがもっとも知られたくない、大事な大事なお母様にも全て聞かせて、どんな育て方をしたのだと言ってやる。
もう離婚を覚悟したから、私は何も怖く無い。
早くご主人に全て話して謝ったら?早くしなさいよ。」




奥さんは涙を流してはいても怒りは物凄く、稲垣を死ぬほど殴りたいと思って呼び付けた私は、奥さんの気迫に押されて、殴るどころか罵倒する事さえ出来ずにいました。



私が急に殴ったのは、娘の事を妻から聞いたからだと感じた稲垣は、
私の怒りの深さに脅え、穏便に済む様に、奥さんに私を説得してもらおうと全てを告白したのでしょう。
私を恐れて、私から1番離れた部屋の隅に正座していた稲垣は、奥さんの言葉で、私の顔色を伺うかの様にゆっくりと近付いてくると、少し離れたところで土下座して、
「ご主人、申し訳有りませんでした。
私はずっと奥様を騙していました。
若い頃から奥様が私に特別な感情を持っていると気付いていたので、それを利用してしまいました。」


「そんな事は、妻の話を聞いて知っている。
それよりも、娘の事はどうするつもりだ?
今更おまえの子供だと言われても、俺は納得出来ない。
いや、絶対に納得しない。娘は俺の子供だ。」


「その通りです。ご主人のお子さんです。私の子供では有りません。」


「ああ、だからと言ってこの責任は重いぞ。
娘は俺の子供と思って育てる。だが、おまえは絶対に許さない。
命を弄びやがって。例えおまえが死んでも俺は絶対に許さない。」




「違うのです。本当にご主人のお子さんなのです。私の子供では有り得ないのです。」
私は稲垣お得意の逃げだと思い、
「どうせ妻といる時は、お互い不倫の事は、気付かれない様に離婚して、本当の親子3人で再出発しようと話し合っていたのだろ?
それがばれて、自分達の思い通りには離婚出来なくなったら、今度は自分の子供では無いと言って責任逃れか?」


その時奥さんが、
「違うのです。本当にご主人のお子さんなのです。
この人の話だと、確か娘さんはO型ですよね?
智子さんにはO型だと言って騙していたらしいのですが、この人はAB型です。」


一瞬、訳が分かりませんでしたが次の瞬間、声を出して泣きたいほどの喜びが湧いて来ました。
しかし、手放しで喜ぶ訳には行きません。
何故なら散々嘘をつかれていて、何が本当で何が嘘なのか分からない状態だったからです。
癌だと言われて入院し、再検査の結果、良性のポリープだったと言われ、死を覚悟していただけに、泣きたいほど嬉しいはずが、もしかすると隠さなければならないほど、末期の癌かも知れないと、疑っているのと同じ様な状態です。


「本当にAB型で間違い無いですか?」
「はい。」


「おまえには聞いていない。おまえの言う事は信用出来ない。」
すると奥さんが、
「AB型で間違いないです。お疑いになられるのも当然です。
自宅にこの人の献血手帳が有ると思いますので、コピーをとって後日お送り致します。
私を信じて下さい。」




この時、妻と稲垣の事など、もうどうでも良いと思えるほど嬉しかったのを覚えています。
そかし、稲垣の前では喜ぶ事も、ましてや嬉し泣きなど出来るはずも無く、怒った顔をしながら、心の中では娘が我が子だった事の喜びを噛み締めていました。
しかし時間が経過すると、娘が私の実の子だったと言う事だけで、もう充分だと思えていた気持ちは次に移り、
妻があの様な状態になったのは、それを聞いてショックを受けたのだとすると、
私の子供だった事を喜ばずに、稲垣の子供で無かった事がショックであの様に成ったと思え、また私に怒りが戻って来ました。
「全て聞かせてもらおうか?」
「・・・・はい。」


そう言ったきり何も話さない稲垣に対して、妻に対する怒りまでもが向かい、髪の毛を掴んで立たせると、また殴ってしまいました。


殴られて座り込んでしまった稲垣を、今度は蹴ってやろうと足を振り上げたのですが、その瞬間、稲垣はそっと目を瞑り、
「何でも話します。全てお話します。」
そう言われたので、何故か私は振り上げた足を下ろしてしまい、そのままではばつが悪く、稲垣を足で突き倒すと胡坐を掻いて座ました。


「おまえは智子の事をどう思っている?好きなのか?若い頃からずっと好きだったのか?」
何故か私は、この様な事を聞いてしまいましたが、こんな事は真っ先に聞かなくても良い事でした。
妻の気持ちは知りたくても稲垣の気持ちなど、後で聞けば良い事でした。
しかし、聞いてしまった手前話を続け、
「婚約中にも関わらず、妻には特別優しくしたそうだが、その頃から好きだったのか?」


「いいえ、好きだとか言う気持ちでは無かったです。勿論可愛いと思い、凄く興味は有りましたが、特別好きとか言う気持ちは無かったです。」




「それならどうして妻に特別優しくした?どうして近付いた?」


「それは・・・・・・・・・・。」
稲垣が顔色を伺うかの様に奥さんを見ると、
「私も聞きたい。もう正直に何もかも話して。」
「それは・・・・・智子さんの胸が・・・・気に成って・・・・・・。」
稲垣は妻が同じ支店に配属されて以来、妻の豊満な胸が気になって仕方がなかったそうです。
そうかと言ってじろじろ見る訳にもいかず、周りに気付かれない様に時々横目で見ては、頭の中で想像を膨らませていたそうですが、ある時伝票を渡しに行くと、妻は机に向かって前屈みで仕事をしていた為に、ブラウスの胸元から胸の膨らみが少しだけ見えました。


その事で味を占めた稲垣は、何かと用を作っては妻の所に行く様になり、仕事で困っている様子が有った時などは、真っ先に行って教えながら胸元を覗き、見えない時でも直近で膨らみを見て楽しんでいた様です。


しかし周囲の目も有り、妻にばかり仕事を頼む訳にもいかず、自分ばかりが教えに行くのも不審に思われると思い、妻が自分に恋愛感情を抱いているのではないかと感じ出した頃からは、勤務時間中は無関心を装い、仕事が終ってから喫茶店などで待ち合わせ、妻の悩みを聞きながら服に包まれた妻の胸や身体を間近で見ては、想像を膨らませる様になりました。


これほど露骨には出来なくても、同じ男である私には、ここまでの気持ちは分からない訳では有りません。
私も女子社員がタイトスカートなどを穿いて来た時などは、お尻の丸みが気になる事も有りますし、通勤時なども、夏場女性が薄着になるのは嬉しいものです。




「その頃から妻を抱きたかったのか?」


「抱きたいと言うよりは、いつも想像していた裸を見たかったです。
いいえ正直に言います。出来ればそうしたかったです。
私の事を好きになっていると感じていた時は、
ホテルに今日は誘おう、明日は誘おうと思っていましたが、
婚約していた事も有って、思うだけで結局そこまでの勇気は出ませんでした。
その内これは恋愛感情を抱いているのでは無く、兄か父親の様に思っているのかも知れないと感じ、
そう思うとトラブルが嫌で、余計に誘う事も出来なくなりました。」


その時奥さんが、
「智子さんを抱きたかったと言う事は、
その時点で私よりも智子さんを愛していたと言う事でしょ?
正直に、好きだったと言ったら。
どうして私と結婚したの?その時どうして私を振ってくれなかったの?」


この時の稲垣の気持ちは分かりませんが、奥さんのこの話は少し違うと感じました。
私は、男なので女性の気持ちは分かりませんが、男は好きな人がいても他の女性と出来てしまうのです。
男は、出来てしまうと言い切ると、そうでない方に悪いのですが、私には出来てしまいました。


妻と付き合う前にも、何人かの女性とお付き合いした事は有りましたが、その時々相手を真剣に愛していて、身体の関係も有りながら、友達とソープに行ったりした事も有ります。
お尻を振りながら前を歩く女性を見ていて、抱いてみたいと思った事も有ります。
結婚してから妻を裏切った事は有りませんが、正直その様な気持ちが無い訳では有りません。





奥さんは、私がいるのも忘れているかの様に、自分が疑問に思っていた事を稲垣に問い詰めだし、
「どうして好きでも無い私と付き合ったの?
どうしてお母様にあれだけ反対されても、好きでも無い私なんかと結婚したの?」


「いや、付き合っていて愛していると分かったからプロポーズした。これは本当だ。」


「それなら逆を言えば、それまでは、好きでも無いのに交際を申し込み、好きでも無かったのに付き合ってくれていたという事?」


「その頃は、お袋に逆らいたかっただけかも知れない。でも結婚したのは愛したからだ。典子だけを愛していたからだ。これは本当だ。」


「それなら今はどちらが好きなの?智子さんなの?私と子供まで捨てて、一緒になろうとしていたのだから、智子さんの方が好きになったのね?私の事は嫌いになったのでしょ?」




「嫌いじゃない。智子さんを好きになってしまったと思い込んでいたが、本当は典子の方が好きだったと気付いた。
典子から逃げようとしていただけで、本当は典子や子供達と一緒にいたいのだと、
最初ここにお邪魔した時の、典子の話を聞いていて、はっきりと分かった。」


「私から逃げる?」
2人の会話を聞いていて分かった事は、稲垣は幼い頃から2人の姉と比べられながら、勉強から生活態度まで母親に厳しく育てられた様です。
優秀な姉と比べられながらも母親に褒められたくて、母親の望む通りの学校へ行き、父親も銀行マンだった為に銀行に就職しろと言われて、母親が選んだ銀行に就職し、後は母親が決めてくれる相手と結婚するだけのはずでした。


しかし、一流大学を出ていて趣味はピアノ、お茶やお花の師範の免状も持っている娘とお見合いをしろと言われた時に、ようやく自分の人生がこれで良いのか考える様になり、母親に初めて逆らって、母親の理想とは逆の、大学を出ていない習い事もした事のない奥さんと付き合ったそうです。


「口喧しいお袋や姉達に逆らいたくて、典子と付き合ったのかも知れない。
お袋に決められた人生が嫌だという理由だけで、典子と付き合ったのかも知れない。
お袋が理想としている女性以外なら、誰でも良かったのかも知れない。
しかし、付き合っていて好きになったから結婚したのは本当だ。
私はそれまで、女は皆お袋や姉の様な生き物だと思っていた。
お見合い写真を見て、この女と結婚をしてもあの様な生き物が、身の回りにもう一人増えるだけだと思った。
しかし、典子と付き合ってみるとお袋達とは違っていた。
最初は私と結婚出来る様に、優しい振りをしているのでは無いかと疑っていたが、違うと分かったから結婚したいと思った。
実際、結婚してからも典子は優しく、私に逆らう事も無く、常に私を立ててくれて、典子といると私は男なのだと実感出来た。」


「私だけでは無いでしょ?智子さんにも同じ様な思いを感じていた。違う?」




「そうかも知れない。でも愛していたのは典子だった。しかし・・・・・・。」


結婚当初、何でも稲垣の言う通りにしていた奥さんも時が経つにつれ、当然の事ながら全て稲垣の思う様には出来ずに、意見が食い違う事も出て来ました。
特に子供が生まれてからは、奥さんが稲垣に色々頼む事も増えたのですが、私にはそれが普通だと思えても、幼い頃からのトラウマが有り、常に女性よりも優位な位置にいたいと思っていた稲垣には、奥さんに命令されている様に聞こえたと言います。


最初は奥さんに謝る様な雰囲気だった稲垣も、次第に奥さんへの不満を訴え出し、
「セックスもそうだ。最初の頃は私がしたい時に応えてくれていた。
しかし、子育てに疲れているとか何かと理由をつけて、徐々に典子主導になっていった。
私はしたくなると、典子の顔色を伺っては、お願いする立場になってしまった。だから・・・・・。」


「だから何?だから智子さんを騙して浮気したと言いたいの?
9年前の浮気は、私のせいだと言いたいの?
私は精一杯あなたに応えていたつもりです。
よく思い出して下さい。
風邪気味で熱っぽい時や、子供が熱を出して前日ほとんど眠っていない時なんかに言われても、それは無理です。
それなら、今回の事は何と言い訳するつもりですか?」


「典子はずっと私を疑っていた。
私の帰りが遅かったり、出張が有ると必ず事細かに行動を聞いてきた。
疑っていた訳が、脱衣所で拾った智子さんのイヤリングの一部だと今回分かったが、私は全て監視されているようで息苦しかった。
結婚するまではお袋や姉で、今度は典子かと思った。」




「でも、結局は疑われる様な事をしていたのでしょ?あなたが何もしていなければ、この様な事にはならなかった。私に責任転嫁しないで。」


奥さんが母親の様になってきたと感じた稲垣は、何でも言う事を聞く妻に惹かれ、妻に乗り換えようと思ったのでしょう。



稲垣と奥さんの話を聞いていた私は複雑な心境でした。
妻を愛していたのではなくて、奥さんを愛していると言うのは、全て失うのが嫌で、奥さんの手前言っている事だとしても、未だに妻を愛していると言われるよりは、今後の対処がし易いと思え、私には喜ばしい事なのですが、裏を返せば、妻を真剣に愛してもいずに、私の大事な家庭を壊した事になり、それは今迄以上に許せない事でした。


稲垣の話が本当なら、この様な歪んだ理由で家庭を壊されたのかと思うと、強い怒りを覚えます。
「そんな話は帰ってから2人でしてくれ。それよりも、今回の事を聞かせろ。どうやって妻と付き合う様になった?」
稲垣は、転勤が決まる前まで、行き付けのスナックに手伝いに来ていた、バツイチの女に入れ揚げていました。
お金の為に機嫌を取っていると分かっていても、その事が心地良かったと言います。
しかし奥さんは、女の影を感じてから相手は妻でないかと疑い、稲垣を問い詰める様な会話が増えていき、稲垣にはその事が煩わしく、転勤を期に単身赴任を強く望んだ事で、奥さんもそれまでの自分の態度を反省して、これを許したそうです。


いざ赴任するとそこには偶然にも妻がいて、稲垣は勝手に運命のような物を感じ、奥さんが浮気をして離婚になりそうだと嘘をつき、同情を惹いて近付いた様です。
妻は、以前凄く世話に成ったので少しでも恩返しがしたいと言い、外で会っていて要らぬ噂を立てられては、妻に迷惑を掛けてしまうからと言う稲垣の提案に乗り、アパートへ行く様になりました。




最初は稲垣の悩みを聞くだけだったのですが、次第に先に帰る妻が食事の用意をして稲垣の帰りを待ち、一緒に食事をする事も増え、休日には掃除や洗濯にも行く様になりました


「まるで通い妻じゃないか。智子がアパートに行く様になってから、すぐに抱いたのか?」


「いいえ、身の回りの世話をしてくれていただけでした。」


「以前に関係を持った事の有る男と女が、狭い部屋に2人だけでいて、何も無かったと言うのか?正直に話せ。」


「すみません。アパートに来る様に成って一ケ月ほど経った頃から、キスの様な事は・・・・・有りました。
私の執拗な要求に負けたのか、渋々ですが応じてくれました。
でも、身体の関係だけは、ご主人を愛していて娘さんにも顔向け出来ないので、いくら私の頼みでも聞けないと言って強く拒まれました。」




いくら特別な感情をもっていて、以前世話に成ったと勘違いしていたとしても、私が日本を離れてから2ヶ月ほどで、簡単にキスを許したのは許せません。
身体は許しても唇は許さないと聞いた事が有りますが、妻の場合それとは逆で、結婚している事が足枷に成っていて身体を許さなかっただけで、心は完全に許していたように感じてしまうのです。


私はこの運命の悪戯を怨みました。
私の単身赴任が無かったら、この様な事にはならなかったかも知れません。
多少、稲垣との接触はあっても、毎日私の顔を見ていたら、罪悪感からこれ以上は進まなかったかも知れません。
何より、稲垣と同じ職場にならなければ、稲垣との接触も無かったでしょう。
「それなら、どの様に関係をもつ様になった?」
「それは・・・・・・・・・・・・。」


「はっきりと言いなさいよ。私や智子さんに話した事をご主人にも話なさい。
もう、殴られても殺されても仕方が無いでしょ?
全てあなたがしてきた事なのだから。
少しぐらいは男らしく、もう腹を括ったら?」


稲垣は妻と会う度に、以前関係を持った時に見た身体が脳裏に浮かび、服は着ていても裸に見えたと言います。
稲垣自身も歳をとったせいか、腰の回りに肉が付き、以前よりも肉付きのよくなった妻のウエストを見て、乳房も以前より垂れた崩れかけた身体を想像すると、若い娘の身体よりも遥かに興奮を覚えたそうです。


抱きたいと言って断られたものの、その後も通って来てくれる妻を見ていて、何か方法が有るはずだと考え、思い付いたのが子供の事でした。





妻も私と同じ様に、血液型からだけではなくて稲垣の話す状況からも、娘は稲垣の子供だと思い込み、翌日には体調が悪いと言って銀行も休み、アパートに来る事も有りませんでした。
妻はその翌日も銀行を休んだので、夜稲垣が電話をすると、
「この事は主人には黙っておいて下さい。お願いします。」


「それは出来ない。これは全て私の責任だ。
今ご主人は大事な仕事をしておられるし、とても電話などでは話せる事ではないから、話すのは帰国してからになるが、何の責任もとらずに、このままにはしておけない。」


「それは困ります。」


「困るといわれても、このまま私の娘を他人に育ててもらう訳にはいかない。
どちらにしても、今後の事を話し合いたいから、明後日の土曜日にアパートまで来てくれ。」


妻は、言われた通りに、土曜の朝アパートに来たそうです。




「おまえは嘘の天才か?どうしてその様な言葉がすらすら出て来る?第一娘がO型で無かったら何と言って騙すつもりだった?」


「智子さんは、忘れているようでしたが、赴任してすぐに聞いていて、3人の血液型は知っていたので、他の血液型の事までは考えなかったです。」
初めて妻がアパートに来た時に家族構成を聞いて、子供は関係を持った後に出来た娘が一人いるだけだと知り、自分の子供では無いかと心配になり、他の話しに紛れてそれと無く血液型を聞き、自分の子供では有り得ない血液型だったので、ほっと胸を撫で下ろしたそうです。


しかし妻は、久し振りに稲垣と話せる喜びで舞い上がっていたのか、一人暮らしの男のアパートに来た事で緊張していたかで、話した内容を忘れてしまっていたのでしょう。
稲垣の嘘はその場の出任せでは無く、全て用意周到に準備された物だと分かり、妻がああ言えばこう言う、ああすればこうすると色々なケースを想定し、妻を落としていったのだと思います。


「その事と、身体の関係をもつ様になった事とは、どの様な繋がりが有る?」


土曜の朝から話し合っていても、このまま私には隠しておきたいと言う妻と、私に話すべきだと言う稲垣の話は平行線のままで、次第に妻はどうしたら良いのか分からなくなり、取り乱していったそうです。




しかし、稲垣にとってはこれも予定通りの事で、妻を抱くという目的を達成させる為に、妻が自分では判断出来なくなり、自分自身を見失って行くのを待っていたのです。
「2人で責任をとろう。理香ちゃんの為に、何もかも捨てて責任をとろう。」


「えっ?どういう事?」


「ご主人には悪いがお互いに離婚して、2人で理香ちゃんを育てて行こう。理香ちゃんに対して責任をとろう。今は理香ちゃんの幸せだけを考えよう。」


「私には出来ません。主人と別れるなんて出来ません。」


「私だってそうだ。離婚を考えてここに来たが、やはり妻には、まだ情が有る。
それに、智子と違い私は子供達とも別れる事になる。
しかし、今は自分の幸せや自分の都合を考えている時では無いと思う。
私の子供達と違い、理香ちゃんはまだ小さい。
理香ちゃんさえ大きくなれば、私はご主人に殺されても良いと思っている。
理香ちゃんが1人で判断出来る歳になるまで育てるのが私の責任だと思う。
智子も自分の幸せや世間体、罪悪感など全て捨てて、理香ちゃんの事だけ考えて欲しい。」




「それなら今迄通り、私と主人で・・・・・・・。」


「それでいいのか?智子はそれで平気なのか?
ご主人は何も知らずに、自分の子供だと疑いもせず一生懸命働き、
自分を犠牲にしてまで一生懸命愛情を注ぐ。
智子はそれを平気で見ていられるのか?
俺にはとても出来ない。
それに血とは不思議なもので、血の繋がりが無いといつかギクシャクしてくるものだ。
まさか自分の子供では無いなんて気付かないかも知れないが、お互いにどこかしっくりと来なくなる時が来る。
理香ちゃんも最初は戸惑うだろうが、いつか私の事を分かってくれる様になる。
それが血の繋がりだ。
本当の親子3人で暮らそう。」


しかし、妻にはすぐに返事が出来るほど、簡単な問題では有りませんでした。


「他の生き物を見てみろ。
子孫を残し、子孫を育てる事が最大の目的で、その為だけに生きているものも多い。
鮭もそうだ。子孫を残す為にぼろぼろになりながら激流を登り、子孫を残すと死んで行く。
私の人生もそれでいいと思っている。
ご主人に怨まれようと、妻や子供達に軽蔑されようと、世間に非難されようと、理香ちゃんさえ立派に育てる事が出来ればそれでいい。
私の幸せなどどうでもいい。智子はどうだ?」


その後、妻は一言も話さずに帰っていったそうですが、何も話さず、何も反論せずに帰った事で、妻を自分のものに出来ると確信したそうです。





稲垣は、妻が決心してくれるという自信は有ったのですが、最低でも2、3日は掛かると思っていたそうです。
しかし、稲垣にとっては嬉しい誤算で、妻は翌日の昼過ぎにはアパートに来て、部屋の入り口に立ったまま。
「理香の寝顔を見ながら、一晩よく考えました。」


「決心してくれたのだな?」


妻は、涙を流しながら、ゆっくりと頷いたそうです。
稲垣は妻を抱き締め、そのままベッドまで連れて行き、キスをしながら胸を触りました。


「やめて下さい。そんな事はやめて下さい。」


「どうしてだ?これから周囲の者は全て敵になる。
夫婦だけでも仲良くしていなくてどうする?
父親と母親が仲良くしなくて、理香ちゃんが幸せになれるのか?
これは私達だけの為では無い。
理香ちゃんの為でも有るのだ。」




「でもまだ私達は・・・・・・・・・・。」


「ああ。ご主人や私の家族に話すのは、ご主人が帰国して落ち着いてからになる。
理香ちゃんに話すのはもっと後だ。
でも、今迄兄妹の様に思っていた関係が、急に夫婦の関係にはなれない。
だからそれまでに、夫婦としてやって行ける様になりたい。
夫婦にとってセックスは大事な位置を占める。
それに、2人で皆を説得しなければならなくなるから、それまでに夫婦としての絆を強くしておきたい。
2人で力を合わせないと、理香ちゃんを幸せには出来ない。
分かるな?」


この日、稲垣と妻は2度目の関係をもち、その後何度も何度も、絆を深め合ったのでした。
この間、奥さんは話を聞きながら、ずっと声を殺して泣いていたのですが、急に顔を上げて、
「どうやって智子さんを抱いたの?どんなセックスをしていたの?」


そう言ってから奥さんは私の顔を見て、恥ずかしそうに慌てて俯いてしまいました。
私もその事が気になっていて、女で有る奥さんも同じ思いだと知り、少し安心したのですが、妻からは聞けても稲垣から聞くのは耐えられず、プライドも許しません。


「・・・・・普通に・・・・・・。」




「普通?少し待っていろ。」


私が稲垣からプレゼントされた妻の下着を取りに行くと、妻は眠っているようでした。
座敷に戻った私は、稲垣の前に卑猥な下着を放り出すと、その中から真っ赤なパンティーを手に持ち、大事な部分に空いている穴から指を出し、


「こんな物を穿かせておいて、普通にだと?おまえには何が普通なんだ?」


「いえ、すみません。以前からこの様な下着を身に着けた女性を、目の前で見てみたいと思っていましたが、妻に頼む訳にも行かず・・・・・。」


「私は知っていました。あなたにその様な趣味が有るのは知っていました。
あなたの書斎に隠してあった嫌らしいビデオは、ほとんどの女性がその様な下着を着けている物だったし、
その他にも、その様な下着のカタログや、インターネットからプリントアウトした、写真なんかも隠して有るのを知っていました。」




「それにしても、智子がこの様な物を素直に身に着けたとは思えない。
ましてや、あの様な格好で人前に出るなど考えられない。
また何か騙して穿かせたのか?」


「お聞きになったかも知れませんが、9年前と同じ様に・・・・・・・・・。」


初めの頃は、セックスの前には、必ず拒むような言葉を言い、行為中も時々拒む素振りを見せていた妻も、3ヶ月もするとその様な言葉も消えて、セックスを積極的に楽しんでいるかの様に見えました。


稲垣は、もうそろそろ色々な事をさせても大丈夫だと思い、妻が一度気を遣って快感の余韻に浸っている間に、通販で買っておいた下着を持って来て、自らの手で穿かそうとしたのですが、異変に気付いた妻の激しい抵抗に合ってしまい、仕方なく断念しました。


しかし、諦め切れない稲垣は9年前を思い出し、その時と同じ様に、今迄散々抱いたにも関わらず、どうしてもセックスの対象としては見られないと嘘をつき、
夫婦として上手くやって行くには、セックスの時だけは違った女になって欲しいと頼み、
最初は比較的大人しい物から身に着けさせて徐々に妻を慣らし、
徐々に過激な下着を身に着けさせていきました。




「それにしても、自分で楽しむだけでなく、どうして人前でもあの様な恥ずかしい格好をさせた?」



「それは・・・・・・・。」


「それは何だ?」


数ヶ月前から、妻の様子がおかしいと気付いたそうです。
それは、私がいつ戻ってきてもおかしくない時期になり、妻がまた迷い出したのだと思い、もう昔の妻では無いと分からせる為に、銀行に来る時以外はあの様な格好を強要したのです。


もう私の妻では無く、稲垣のものだと分からせる為に、脅したり宥めたりしながら説得して、あの様な格好をさせたそうです。





稲垣の話を聞いていて、妻の陰毛があの様な形に剃られていたのも、同じ理由だと思い、
「あそこの毛を剃ったのも同じ理由か?」


「はい。
最初は化粧や髪型、髪の色も変えさせ、あの様な格好をさせるだけで効果が有ると思っていましたが、
それらはどれも、ご主人が帰って来る前に直そうと思えば、直せる物ばかりだと気付きました。
髪も切って染め直せば良いし、化粧はすぐにでも直せます。
服や下着も捨てれば良い。それで不安になって。」


「智子は素直に剃らせたのか?」


「・・・・・・・・・・・・。」


「言わなくても、後で智子に聞けば分かる事だ。
今おまえから聞くのと、後で智子から聞くのでは、俺の怒りも違う。
話せない事は話さなくてもいい。おまえが決めろ。」




「最初はホテルで身動き出来ないように縛り、嫌がる智子さんを無視して・・・・・・・・・・すみませんでした。」


『最初は』と言う事は1度だけで無く、何度かその様な行為をされたという事です。
その時の妻の姿を想像すると不憫だと思いましたが、私を裏切っていた事とは別問題で、妻を許す事など到底出来ません。
セックスの本当の良さを覚えてしまっていた、妻の身体では仕方の無い事かも知れませんが、積極的に快感を得ようとしている姿を想像すると、妻が本当に騙されていたとしても、許す気になどなれません。


気持ちと身体は違うと思いたいのですが、妻が上になり下になり、ある時は、後ろからも突かれ、自らも腰を使っている姿を想像するだけで、許す気にはなれません。


「あの様な格好をさせて、この事が発覚しても良いと思っていたのか?
現にお袋が妻の異変に気付いた。
それに、毛を剃ってしまっては私が帰って来たらばれる恐れが有っただろ?」


「最初の頃は知られる事が1番怖かったです。
いいえ、ずっと怖かった。
でも、それ以上に智子さんが離れて行く事の方が怖く、その時はその時でどうにかなると思いました。」




あの計算高い稲垣が、妻が離れて行くかも知れないと思った時、感情だけで動きました。
この事からも、やはり今は奥さんの手前言っているだけで、本当は妻の事を今でも愛していて、まだ諦めてはいないのでは無いかと疑ってしまいます。
今はじっと台風が通り過ぎるのを待っているだけで、まだ諦め切れていないのでは無いかと疑ってしまいます。
そう思うと、益々妻とは離婚出来ません。


妻があの様な状態になったのは、長年信じていた稲垣に裏切られていたと、知った事からだと想像はつきますが、この男なら、私達を欺いて少しでも穏便に済ます事が出切る様に嘘をついたとでも言い、また妻に取り入る事は容易い事でしょう。


妻に対する未練や情も有るのですがそれ以上に、誰に何と言われようとも、妻とこの男が自由になり、幸せになる事だけは我慢出来ないのです。
稲垣は勿論ですが、もしも別れる様な事になれば、妻にも幸せにはなって欲しくないのです。
一生後悔して、苦しんで欲しいのです。
私は、そんな、くだらない男なのです。


妻があの様な状態になって寝ている事自体、妻の身勝手な甘えだと思えてきて起こしに行ったのですが、妻はベッドに寝て壁を見たまま、私を目で追う事もしません。


「おまえも座敷に来い。おまえからも聞きたい事は山ほど有る。」




やはり妻は、私の存在など気付いていないような様子で、一人言の様に呟きました。


「彼も同じだった。父や義兄と同じだった。」


そう言うとまた目を閉じて眠ってしまい、このままでは妻が壊れてしまうと感じたのですが、私にはどうする事も出来ません。


***



稲垣夫婦が帰り、私も少し眠っておこうと横になったのですが、色々な思いが交錯して、眠る事が出来ずに朝を迎えてしまいました。
この様な人生の一大事にも関わらず、いつまでも会社を休む訳にもいかないと、仕事の事が気になりだし、結局母に妻の事を頼んで出社しました。
この様な私を自分でも情け無く思いますが、後の生活の事まで考えてしまうのです。
妻や娘と離れる様な事にでもなれば働く意欲など無くなり、仕事など辞めてしまうかも知れないのに、会社に行ってしまったのです。




しかし、この様な状態では、まともな仕事など出切るはずも有りません。
何度か仕事を抜け出して、母に電話をして妻の様子を聞いたのですが、妻の状態は変わる事は有りませんでした。
私を気に掛けてくれている上司が昼休みに、
「どうした?家庭で何か有ったのか?」
ずばり言い当てられた私は、この上司だけには話しておこうと。


「はい。帰国してから妻と少し・・・・・・・・・。」
それだけで上司は悟ったかのように。


「そうか。俺も昔単身赴任をしていた時に、女房と色々有った。
今回の事はあんな遠くに赴任させた俺にも責任が有る。
君がいないのは仕事上痛いが、決着が付くまで休暇を取れ。」


「しかし・・・・・・。」


「男にとって仕事は大事だが、家庭有っての仕事だ。後は俺が上手くやっておく。」
私は上司に感謝し、言葉に甘えて急いで家に帰りました。





家に帰るとそのまま寝室に行き、妻に何度も呼びかけたのですが、一瞬目を開くだけでまたすぐに瞼を閉じてしまいます。


「私が話し掛けても、ずっとこんな状態だよ。
トイレに行く時でも、まるで夢遊病者の様だし。
一度医者に診てもらったほうが、良いのではないのかい?」


母に帰ってもらい、椅子に座ってじっと妻を見ていたのですが、昨夜は眠れなかった事も有り、知らぬ内に眠ってしまい、気が付くと窓の外は暗くなり出しています。
妻を見ると目は開いているのですが、じっと天井を見たままでした。


妻のこの様な姿を見せる事に抵抗は有ったのですが、娘を会わせてみようと思って実家に行くと、娘は私を見つけて抱き付いて来たので、私は涙を堪える事が出来ません。
手を繋いで帰る途中、娘にお母さんが病気になったと話し、それを聞いた娘は走り出したので私も後を追いました。
娘は寝室に入ると妻に駆け寄り、顔を覗き込んで、
「お母さん。お母さん、大丈夫?」


娘の声を聞いた妻は一瞬ビクッとし、夢から覚めたかの様に娘を抱き締め、稲垣夫婦に連れ帰ってもらってから初めて、声を出して泣きました。
「理香、ごめんね。ごめんね。」




今夜は、私と妻の間で寝たいという娘の希望を叶え、ベッドで川の字に成って寝たのですが、娘が眠ると妻が、


「あなた、ごめんなさい。私は昨日からずっと、もう一人の自分と会っていました。
もう1人の私と話しをしていました。
それで分かった事が沢山有ります。聞いて頂けますか?」


私と妻は娘を残してキッチンに行き、向かい合って座りました。
「もう少し落ち着いてからの方が良いのではないか?」


「いいえ、今聞いて欲しいのです。私はずっと自分に嘘をついていました。
若い頃から自分を偽って生きて来たと分かりました。
今聞いてもらわないと、また自分に嘘をついてしまう。
あなたにも嘘をついてしまう。」



私は聞くのが怖かったのです。
私の想像通りの事を言われるのではないかと思い、聞きたくは無かったのです。
しかし、知りたい欲望の方が勝ってしまい。




「そうか。それなら聞こう。」


「私は若い頃から、彼の事が好きだった様な気がします。
彼には典子さんという婚約者がいたので、彼を兄でもない父でも無い、訳の分からない存在にしてしまっていましたが、本当は愛していたのだと思います。
姉の所を飛び出して、その夜抱き締められてキスをされ、凄く嬉しかったのは彼を愛していたからだと思います。
あなたと付き合う様になったのも、彼に勧められたからです。
このままでは男性恐怖症に成ってしまうかも知れないから、一度デートに応じてみるのも良いかもしれないと言われたからです。」


私は、稲垣の存在自体が無ければ、こんな事にはならなかったと思っていましたが、皮肉なもので、稲垣がいなければ私達が夫婦になる事も無かった訳です。


「稲垣を忘れたくて俺と付き合ったのか?奴を忘れたい為に、好きでも無いのに俺と結婚したのか?」
いつの間にか、稲垣の奥さんと同じ様な事を訊いています。


「私は自分を変えたいから、お付き合いを承諾したと思い込んでいましたが、本当はそうだったのかも知れない。
彼を忘れたくて付き合ったのかも知れない。
でも結婚したのはあなたが好きになったからです。
あなたを愛したからです。それだけは信じて。」




信じたいのですが、これもまた稲垣が奥さんに言った言葉と同じでした。
立場は違っても、私達夫婦と稲垣夫婦は似ているのかも知れません。
違いと言えば、奥さんは2人の関係を疑いながら、ずっと苦しんで来たのに対して、私は稲垣の存在すら知らずに、のうのうと生きて来た事です。


「9年前にあなたを裏切った時も、私は確かに精神的に少しおかしかったし、あなたと喧嘩をして自棄になってはいたけれど、
彼の言う事を100パーセント信じた訳ではなかった様な気がします。
彼の言う事を信じよう。
あなたとの子供が欲しくて、我慢して抱かれるだけで、決して彼に抱かれたい訳では無いと自分に信じ込ませていただけで、彼の事をまだ愛していて、抱かれたかったのかも知れない。
自分に対して必死に言い訳をしていただけで、彼の愛を身体で感じたかったのかも知れません。」


今まで私は嫉妬心から、妻の稲垣に対する愛をどうしても白状させたかったのです。


しかし、このように告白されると、嘘でも『私は騙されただけだった。』
『私を騙し続けた稲垣が憎い。』と言って欲しかったと思いました。



稲垣に対する奥さんの質問を聞いていた時は、奥さんの前では、妻の方を愛しているとは言えるはずは無いので、そんな質問は愚問だと思っていても、いざ自分の事になると気になり、やはり同じ事を聞いてしまうのです。




「ずっと稲垣が好きだったと言う事か?俺よりも稲垣を愛していたのか?」


「いいえ、あなたを愛していました。私はあなたを1番愛していました。」


やはり愚問でした。
私に面と向かっては、私よりも稲垣方を愛しているとは言えない事は分かっています。
仮に妻の言った事が本当だとしても『1番愛していた』では当然納得など出来ません。
1番という事は2番が有るのです。
『あなただけを愛している』でないと、私の心は満足しませんでした。
このままでは、今まで妻に愛情を注ぎ、妻も私だけを愛してくれていると信じて来た人生が、稲垣の奥さんが言っていた様に、全て無駄に思えてしまいます。
その時はそうでも、今は私だけを愛していると言う言葉を聞きたくて、止めておけば良いのに、質問を続けてしまいます。


「その時はそうだったのかも知れないが、今回はどうだ?
今回は理香の事で騙されていたのだろ?
その事で俺と別れて奴と一緒になろうと思ったのだろ?
それとも、奴を愛していたのか?」


「理香があなたの子供では無いと言われた時はショックでした。
理香の寝顔を見ながら考えていて、私は何を悩んでいるのだろうと思いました。
普通ならあなたに許しを請い、許してもらえなければあなたと離婚して、私一人で理香を育てて行く事になると思います。
選択は二つに一つしか無いと思います。
しかし、私は彼との再婚も考えている。
彼の事が好きでなければ、この様な事を悩む事自体無いと思いました。
悩むという事は、多少でも彼に対しての愛が有るのだと思いました。
勿論、理香があなたとの子供だと分かっていれば、離婚など考えもしませんでした。
彼よりもあなたへの愛情の方が遥かに大きかった。
でも、理香の事考えると、彼の言う通りにした方が良いと思ってしまいました。」




この話だけでも、かなりショックだったのですが、次の話で私は奈落の底に、突き落とされてしまいます。



「昨日からもう一人の私と話しをしていて、今回も自分を正当化する為に、自分自身に嘘をついていただけで、本当は彼の事が未だに吹っ切れていなかったのだと思い知らされました。
私は違う世界に行ってしまった様な状態でしたが、最初は彼に裏切られたショックからだと自分を甘やかせていました。
しかし、そうでは無くて、自分に嘘をつきながら自分を庇っていただけで、彼の嘘は切欠に過ぎず、彼への愛情から、あなたを裏切っていた事が分かり、その事がショックで現実の世界に戻れなかった。
いいえ、戻ろうとしなかったのだと分かりました。
その証拠に、理香があなたの子供では無いと、彼に言われる前からあなたを裏切っていました。
これは彼への恩返だと自分を偽りながら、あなたを裏切っていました。」


何でも正直に、洗い浚い話そうとしている妻には、それがどの様な事かなど、怖くてとても訊けません。
私は、この事については軽く流したくて、
「ああ。稲垣から聞いて知っている。
食事を作りに行ったり、掃除洗濯をしに行っていた事だろ?
キスまではしていた事だろ?その事はもういい。」


「えっ?彼とキスはしていません。彼と関係をもってからは有りましたが、それまでは要求されても断わりました。」


「それなら稲垣が嘘をついていたと言う事か?そう言えばキスとは言わずに、キスの様な事と言っていたが、キスの様な事とはキスとは違うのか?」




「キスの様な事?あっ・・・・・・・・・・それを今から話そうと・・・・思っていました。」


これ以上まだ何か有るのかと思うと、もう聞きたくないと思いましたが、妻は私に全て正直に話そうとしていました。



妻が稲垣のアパートに行く様になってから、2週間ほど経った日曜日に、掃除と洗濯をする約束をしていた妻がアパートに行き、チャイムを鳴らしても稲垣からの返事は有りませんでした。


当然、妻が来る事は分かっているので、近くにでも行っているのだろうと思い、預かっていた合鍵で開けて入って行くと、
下半身だけ裸の稲垣が椅子に座り、仕切に硬くなった物をしごいていたそうです。
妻は、余りの事に、持っていたバッグを落としてしまい、両手で顔を覆いました。


「すまん、すまん。とんでもない姿を見せてしまったな。
誰にも見られたく無い姿を見られてしまった。
午前中に来てくれると言っていたか?
私は午後に来てもらえると思い込んでいた。」




そう言いながらも、稲垣は下半身を隠そうともしないので、妻は目のやり場に困り、
「それをしまって下さい。私、帰ります。」


「悪い、悪い。そう言わないでくれ。
慌てて隠しては、凄く悪い事をしていたようで、余計に恥ずかしいだろ?
これでも私の、精一杯の照れ隠しなのだ。
気を悪くしないで欲しい。」



急に寂しそうな顔をした稲垣はパンツとズボンを穿き、インスタントコーヒーを2人分作って妻に勧め、自分も妻の向かいに座るとコーヒーを飲みながら、
「軽蔑しただろ?当然軽蔑するよな。私自身、自分を軽蔑しているのだから。
こんな歳になってこの様な行為をしているじぶんを、この様な行為をしなければならない自分を、情け無く思ってしまうのだから。」


「いいえ、軽蔑するなんて・・・・・・。」


「妻とはもう3年ほど関係をもっていない。
完全なセックスレス夫婦という訳だ。
私は妻を抱きたかったが、ずっと妻に拒まれて来た。
妻にすれば、他に男がいたのだから当然だったのだろうが、
私にもまだ性欲は有る。
風俗にでも行けば良いのだろうが、お金でその様な事をするのは抵抗が有る。
そうかと言って浮気をする相手も勇気も無い。
結局3年間自分で処理していた訳だ。
いや、智子には嘘をつきたくは無いので正直に言うが、本当は風俗の店の前まで行った事は有る。
それも2度も。
ただ、変なプライドが邪魔をして入る勇気が無かっただけだ。
情けない男だろ?どうしようもない男だろ?」




この話で妻の同情をかおうとしているのですが、やはり稲垣は嘘をつくのが上手いと思いました。
この話は勿論作り話なのですが、嘘の話の中で嘘をついたと白状する。


即ち二重の嘘をついて、この話をいかにも本当の事の様に、信じ込ませようとしているのです。


「自分でするというのは惨めなものだ。終わった後に後悔が残る。
終って冷静になると、自分のしている時の姿を想像してしまい、自分に対して猛烈な嫌悪感を覚える。
そのくせ食欲と同じで、性欲もどうしようもない。
溜まってくると知らぬ内に自分の物を握り締めている。
智子も笑えて来るだろ?笑ってもいいぞ。
自分でも情けなくて笑えてしまう。」


「笑うだなんて。」


「私の人生は何だったのだろう。
これから一生この様な事をしながら生きて行く。
こんな人生ならもう終っても良いと思いながらも、自分で終らせる勇気も無い。」




「お願いですからそんな事を考えないで下さい。何か私に出来る事は無いですか?何か有れば言って下さい。」


妻は、一般的な意味で言ったのですが、稲垣は待っていましたと言わんばかりに、
「実は、智子が来たので途中で終ってしまった。
ただでも出したかったのに、途中で止めてしまったので、情けない事に、今話していても神経はあそこに行ってしまっている。
恥ずかしい話なのだが、男の生理として仕方が無いのだ。
でも一人で惨めに処理するのはもう嫌だ。
はっきりと言うが、協力してくれないか?
私を助けると思って手伝ってくれないか?
こんな事は智子にしか頼めない。
妻にさえ頼んだ事は無い。お願いだ。」


稲垣は、これが目的で、わざと妻にこの様な行為を見せたのでしょう。
いくら没頭していたとは言っても、狭いアパートの部屋でチャイムが鳴れば、人が来たのを気付かない訳が有りません。


「私には主人がいます。そんな事は出来ません。」


「勘違いしていないか?私もご主人を裏切らせる様な真似はさせたくない。
少し手伝ってくれればいい。
手伝ってもらえれば、自分一人でこそこそとやっているのでは無いので、随分気が楽になる。
自分への嫌悪感も少なくなる。頼む、助けてくれ。」




稲垣の頼みは、自分でしている手を、その上から握っていて欲しいというものでした。
こんな頼みは、普通の女性なら決して聞く事は有りません。
それどころか怒って帰ってしまい、二度とここを訪れる事もないでしょう。
やはり妻には、稲垣に対する普通ではない思いが有ったのでしょう。
妻は、稲垣の座った椅子の横に座り、目をしっかりと閉じて横を向き、自分の物をしごき続ける稲垣の手を握っていました。
この時は、最後は稲垣が左手に持っていたティッシュで、自分で受け止めましたが、これでは妻が最後まで目を閉じていて面白く無かったのか、次に行った時には、その様子を見なければならない様に、妻にティッシュを持たせて受け止めさせ、終わった後の処理までさせていました。



その後、稲垣の要求は更にエスカレートし、妻もその様な事を何度かさせられている内に、次第に私に対する罪悪感も薄れ、横から、前から、後ろから妻がする様になり、稲垣は何もせずに、ただ快感に浸る様になって行ったそうです。


特に後ろからする様に要求される事が多かったそうですが、これは妻との密着度も増し、妻の乳房が背中に当たって、気持ちが良かったからだと思います。


「おまえは奴のオナニーを手伝っていたということか?まさか、キスの様な事というのは?」


「ごめんなさい。」




「飲んだのか?」
またこの様な事に拘ってしまいましたが、それと言うのは、私は妻に飲んでもらった事は無かったからです。
勿論、妻に口でしてもらう行為も有りましたが、それはセックスの中の一部としてで、放出にまで至る行為では有りません。
若い時には、妻が生理中で出来ない時に、口でしてもらった事が有ったのですが、妻はティッシュに吐き出し、私も飲んでくれとは言えませんでした。
こんな事で愛情は測れないかも知れませんが、もしも飲んだとすれば、妻の稲垣に対する愛情の深さを感じてしまうのです。


「どうした?飲んだのか?」


「最初は、吐き出していたのですが、吐き出されると、凄く悪い事をさせている気分になると言われて。」


「いくら世話になった恩人だと思っていたとしても、普通の女性はその様な事はしない。
ましてや、飲むなどという行為は決してしない。
やはり、おまえは奴の事をそれだけ好きだったのだな。」


「ごめんなさい。私もそう思います。
彼が可哀想に思え、彼に対する恩返しだと思い込んでいたけれど、あなたの言う様に可哀想や恩返しなどでは、
あなたを裏切るあんな事までは出来なかった。
彼の事も愛していたのかも知れません。
彼を喜ばせたかったのかも知れません。
私がしてあげる事で、彼が喜ぶ顔を見たかったのかも知れません。
ごめんなさい。私は2人を愛していたのかも知れない。
でも、彼よりもあなたの事を遥かに愛しています。これは本当です。」




「奴にもそう言っていたのだろ?」


「そんな事は有りません。
言い訳にはならないけれど、あなたが側にいたら、決してこの様な事はしませんでした。
あなたがいない事で身軽になった様な、自由になった様な気持ちだったと思います。」


「でも、それはおまえも納得した事だろ?
確かに俺が単身赴任すると半ば強引に決めたが、それは理香の入学の事も有ったからだ。
正直、向こうでは色々な誘惑も有った。
しかし俺は全て断って我慢した。
それなのにおまえはたった数ヶ月で・・・・・・・。
今の俺の悔しさが分かるか?
寂しさが分かるか?
信頼し切っていた妻に裏切られた男の気持ちがおまえに分かるか?」


「ごめんなさい。ごめんなさい。」


「泣いても駄目だ。おまえと稲垣だけは絶対に許さない。
法律なんてどうでもいい。おまえと離婚しても、絶対に幸せにはさせない。
どの様な手を使ってでも、必ず地獄に落としてやる。」




心の中で、まだ何処か妻を庇う気持ちが有った私も、これで妻とは終ってしまったと思いました。
自分の言葉が更に怒りを誘発し、どんどん気持ちが昂っていき、復讐鬼にでもなった気分です。


最初は稲垣の話を聞いて、妻は稲垣に騙されて関係をもったと思いましたが、妻の話を聞いていると、稲垣の嘘を承知で関係をもった様です。
自覚は無くても、気が付かぬ内に自分自身を偽り、稲垣の言う事を嘘と承知で騙されて、自分の罪悪感を和らげていたのだと思います。
ここまでなら、稲垣よりも妻の方が一枚上手だったという事になります。
しかし、あの稲垣が、その様な妻の気持ちに気付かないはずが有りません。


結局、稲垣は、そんな妻の気持ちなどお見通しで、更にその上を行き、妻が自分の要求に従い易い様に、嘘をついて切欠を与え、妻の背中を押していた様な気がします。
お互い好きな気持ちが有りながら、お互いそれを知りながら、家族や仕事を捨て切れなくて、その事を口に出す事も出来ずに、こんな駆け引きを続けていたのでしょう。
今後、妻とは同じ人生を歩んでは行けそうに有りませんが、このままでは余りに寂し過ぎます。
その寂しさを多少でも癒す事の出来る望みは、妻が数ヶ月前から変わったと言う、稲垣の言葉だけでした。



妻とは終ってしまったと思っていても、私の選択は離婚だけでは有りません。
離婚して新しい人生を歩む。
娘のために我慢して、修復を目指す。
修復は目指せないが娘のために離婚せず、仮面夫婦になる。
離婚せずに一生虐め抜いて、奴隷のように扱う。


「稲垣が、数ヶ月前から智子の様子が変わり、智子が離れて行く様な気がしていたと言っていたが、何か気持ちの変化でも有ったのか?」




「理香が彼の子供だと思い込んでからは、彼と一緒になる事が最善だと思っていました。
理香にとっても、その方が良いのかも知れないと思いましたが、本当は私が怖かっただけかも知れません。
あなたに知れれば離婚になると思うと怖かった。
離婚された後はどうなるのか怖かったです。
私が自分で招いた事だとは言っても、何もかも無くしてしまう。
それなら新しい家族を持てる方を選ぼうと、ずるい考えをしてしまいました。」


「それだけでは無いだろ?稲垣の事も愛していた。」


「その時は気付きませんでしたが、いいえ、気付こうとしませんでしたが、それも有ったかも知れません。
彼よりも遥かにあなたの事を愛していても、暫らく会っていなかった事も有って、目先の愛を選んでしまったのかも知れません。
一時はあなたへの罪悪感を忘れたくて、何もかも忘れたくて、私から彼を求めてしまった事も有りました。
でも何故か彼との関係に違和感を覚えて来ました。
私は逃げているだけで、本当に一生を共にしたいのはあなただと気付きました。
例え、理香が彼の子供でも、あなたと3人で暮らしたいと、はっきりと分かりました。」


「それなら、何故、あいつの言う通りにしていた?
何故、あの様な格好までさせられていた?
何故、断らなかった?」


「断れませんでした。
理香の為に離婚を覚悟して、子供達とも別れる覚悟をした彼に悪くて断れませんでした。
でも本当は、これも私のずるさで、あなたに捨てられた時の行き場所を、確保しておきたかったのかも知れない。」




これを聞いて、離婚後に稲垣との再婚も有り得ると思った私が決めたのは、
離婚せずに妻を虐めて、一生私の側で償わせるという道でした。


「智子は離婚を覚悟して話したと思うが、そんなに離婚したいか?」


「えっ?ここに居させて貰えるのですか?お願いします。どの様な償いでもします。」


「勘違いするな。
おまえとは普通の夫婦には戻れない。
これからは全て俺の言う事を聞け。
おまえに自由は無い。白い物でも俺が黒だと言えば黒だ。
それでも良いならここに居ろ。
決して勘違いはするなよ。これも理香の為だ。
おまえの顔など見たくないが、理香の為に我慢する。」



「ありがとうございます。どの様な形でも、今の私には嬉しいです。」





私に逆らう事が有った場合は、離婚を約束させ、
翌日、妻に離婚届を貰って来させ、
離婚届の妻の欄と、私の書いた離婚条件にも署名捺印させようとすると、妻は躊躇しました。


「どうした?
あいつの言う事は、あんな事まで信用しようと努力したおまえが、
俺の事は信用出来ないか?
おまえが俺の言う事に逆らわない限り、
勝手に離婚届を出す様な事はしない?」


「ごめんなさい。ただ条件が・・・・・・・。」


確かに離婚の時の条件は、裁判でもすれば全て通らない様な法外な物ばかりです。


「どこが気に入らない?全ての財産を放棄するという項目か?それとも慰謝料として1億円払うという所か?」




慰謝料が1億円など、有り得ない金額です。
しかし普通の金額では、稲垣が肩代わりする事も考えられたので、無理を承知でこの金額にしました。
「違います。理香の親権の所です。
親権があなたなのは、わたしのやった事を考えれば仕方が無い事だと思います。
ただ、離婚後一生会わないと言うのは・・・・・・・・。」


「そうか。おまえは今からもう、俺に逆らって離婚になる事を考えているんだ。
離婚にならない様に、一生懸命償うのかと思っていたが、
今は逆らわずに、ほとぼりが冷めるのを待とうと言う考えだ。
言っておくが、今も俺に逆らっている事になるのだが?」


妻は慌てて署名しながら、
「ごめんなさい。今回だけは許して下さい。
一瞬、理香と会えない人生を想像してしまいました。
もう絶対に逆らいません。どうか許して下さい。」


「今回だけだぞ。その事はもういいから今夜は俺の好物を作れ。言わなくても何か分かるな?」
妻は、材料を買いに行き、その材料を見ただけで、私の1番好きなハンバーグだと分かりました。
妻のハンバーグは絶品で、それを食べてからは外食でも、ハンバーグを注文した事が有りません。
いかし、いざ食べようとナイフとフォークを持った時に吐き気を覚え、娘が心配する中、私は無言でキッチンを出ました。







私は、寝室に行って寝転びましたが、これは妻への嫌がらせでは無くて、稲垣の物を散々触った手で捏ねたかと思うと、身体が受け付けなかったのです。
ハンバーグだけでなくご飯でさえも、妻がその手でといだかと思うと、食べる事が出来ないのです。
娘が食べ終わり、テレビを見ている間に寝室に来た妻は、


「すみませんでした。お気に召さなかったですか?」


「ああ。確かにハンバーグは好物だ。
しかし今の様な精神状態の時に、あのような油っこい物が喉を通ると思うのか?
おまえは全然反省していない。
もしかすると、もう終った事だと考えていないか?
俺の気持ちを少しでも考えれば、あんな物は作らないはずだ。
俺はカップラーメンでも食べるから、すぐに買って来い。」


「ごめんなさい。私の配慮が足りませんでした。
カップラーメンなどと言わずに、何でもおっしゃって下さい。作り直します。」


「聞こえなかったのか?俺はラーメンを食べると言ったはずだ。
俺には逆らわなかったのでは無いのか?
智子には『はい』以外の返事は無いはずだ。すぐに買って来い。」




その後も、妻の作った物を食べられる事は有りませんでした。


その間、稲垣への復讐も考えていましたが、私が思い付く事は違法な事ばかりです。
それでも良いと思っていても、娘や私の将来を考えると現実には出来ません。


私に出来る事は慰謝料を取る事と、精々行員同士の不倫なので銀行へ訴え、稲垣の社会的地位を脅かすぐらいの事でした。
先に銀行へ、ばらしたのでは、稲垣が困るだけの慰謝料は取れないと思い、銀行については何も触れないで、ただ慰謝料のみ文章で請求すると、次の日に電話がかかり、
「この度は申し訳ない事を致しました。
慰謝料もお支払いする覚悟でいますが、5千万は余りにも法外で、高額すぎてお支払いできません。」


「法外?旦那のいる人妻を好きにしておいて、法外などという言葉がよく出てくるな。
その事は法律違反だから、慰謝料が発生するのだろ?おまえから法外などと言う言葉が出てくるとは思わなかった。
おまえはいくら位を考えている?」


「・・・・はい・・・・・500万を・・・・・・。」




「俺も色々調べたが、確かに500万は良い額だ。
でもそれで俺の気が晴れると思っているのか?
俺は今回の事で一生苦しむ。
おまえは一度車を買い換えるのを我慢すれば終わりだろ?
そんな事で俺は許す気になんかなれない。
俺の望みは金では無い。おまえも苦しむ事だ。よし、続きは銀行で話をしよう。」



「銀行だけは許して下さい。必ずこちらから返事を致しますので、暫らく考えさせて下さい。」



そう言った稲垣からは、1週間を過ぎても返事が来ず、お金と職を天秤にかけているのだと思っていましたが、私の知らぬ所で話は違った方向へ動いていました。
2週間経ち、私が痺れを切らして銀行へいつ乗り込もうと思っていた時、稲垣の代理人を名乗る弁護士から電話が有り、
「慰謝料300万で示談にして頂けないですか?
そちらが離婚されない場合、私は300万でも高いと思いますが、示談をお願いするのですからこの金額にさせて頂きました。
裁判をなされても、この金額より上は無いと思います。
その上弁護士費用や裁判費用で、100万はかかる。
結局手元に残るのは200万がいいところです。
お互いに無駄を省く為に、示談を了承して頂きたい。」


「断る。俺はお金が目的では無い。」


「それでは何が目的ですか?
今の日本では復讐は認められていない。
稲垣さんから聞きましたが、5千万など有り得ない。
余りに常識からかけ離れていると、恐喝で訴える事も出来るかも知れない。
どちらにしても、今返事を頂こうとは思っていないので、後日私と会って頂きたいのです。
今後の交渉は稲垣さんに直接せず、必ず私を通して下さい。」




この弁護士は仕事でこう言っていると分かっていても、この男まで憎くなります。



「分かりました。私も代理人を立てます。
今後の話はあなたとお隣の犬とでお願いします。
これでは代理人ではなくて代理犬になってしまうから駄目ですか?」



「私を侮辱するおつもりですか?」



「いいえ別に。
私は、あなたを奴の代理人だと認めた覚えは無い。
そんな事が通るのなら、私も代理の者を勝手に決めても良いはずだ。
私が奴と直接話しては駄目だと、裁判所から勧告でも出たのか?
人の家庭を壊しておいて、後は顔も出さずに知らん顔はさせない。」


これが法的に通る話かどうかは別でした。
しかし、この弁護士は私の怒りも多少は理解してくれ、後日稲垣と話す場を設ける事を約束してくれました。
ただし、2人だけでは無く、この弁護士の立会いの下ですが。





電話の後、私は稲垣の強気の訳を知りたくて、奥さんの携帯に電話をすると、稲垣夫婦の離婚が決まった事を知りました。
奥さんは怒りから、親戚や子供達にも話し、銀行へも話しに行ったそうです。
その結果出た処分が得意先への出向で、それも、小さな会社ですが常務として迎えられるそうです。


世の中など、この様なもので、悪い事をすればいつか地獄に落ちるなどと言うのは嘘で、悪い人間ほど上手く立ち回って行くのです。
向かい入れる会社も、稲垣の銀行とパイプを太くしたいのが見え見えで、全て承知で向かい入れるらしく、この事で稲垣を脅すのは無理になりました。



妻も銀行を辞めさせたので、稲垣との接点は無くなりましたが、何も怖い物が無くなり、自由になった稲垣には恐怖すら覚えます。
妻には事有るごとに散々嫌味を言って虐め、泣かせて来たのですが、思う様にならない稲垣への怒りも妻に向かい、今までしなかった性的な虐めをしようとしていたのですが、裸になる様に命じ、周囲に短い毛が生え出した逆三角形の陰毛を見ていると、稲垣を思い出し、嫌悪感を覚えてしまい触れる気にもなれません。


「なんだ?その陰毛は。久し振りに淫乱な身体を触ってみようと思ったが、汚くてとても触る気にはならない。
でも、折角裸になったのだから、俺をその気にさせる様に、後ろを向いて尻を振って誘ってみろ。」


妻は、逆らわなくなっていて素直に従いましたが、私はその事が面白く有りません。
逆らえば離婚だと言っておきながら、妻が嫌がり、泣きながら私に許しを請う姿が見たいのです。




「いくら俺に言われたにしても、よくもその様な真似が平気で出来るものだ。そこまでして、この家にしがみ付きたいのか?」
妻は、それでも反論せずに、唇を噛んで涙を堪えていました。
私が稲垣と会ったのは、それから3日後の事です。


私には、ある考えが有り、弁護士に指定された喫茶店を断り、弁護士事務所で会う事にしたのですが、これは相手の懐に飛び込み、相手を油断させる為でした。
「慰謝料300万で示談に応じます。ただ一言謝って頂きたい。それで全て水に流すつもりで来ました。」
すると稲垣は、
「大変なご迷惑と苦痛を与えてしまいました。どうか許して下さい。」


「先日、先生の話を聞いてから後で考えていて『裁判なんかして長引かせずに、早く決着を着けて忘れ、新しいスタートを切った方がお互い幸せになれるぞ』と言ってもらっていると感じました。
私も早くこの事を忘れたいので、これで終わりにしましょう。」


私が握手を求めると、稲垣は恐る恐る手を出しました。
その様子を弁護士は微笑んで見ていましたが、その微笑の中には、自分が説得をして私の考えをここまで変えさせたという、稲垣に対する自慢も有った事でしょう。
当然私は、憎い稲垣と握手をする気など無いのですが、目的の為には仕方が有りません。


「判を押す前に、今後妻と二度と連絡を取らない事と、二度と会わない事を書き足して頂けませんか?」




「その事は交渉する前に、稲垣さんに確認して有ります。稲垣さん、宜しいですね?」
稲垣は、一瞬返事を躊躇いましたが、弁護士の再度の確認に頷きました。


「それと、この約束を破った時の罰則もお願いします。
そうでないと、その様な約束は無いに等しくなってしまいます。
私は安心して暮らしたいだけなのです。
本当は気が弱いので、何か無いと不安なのです。」


どの様な罰則規定を盛り込むか聞かれ、約束に違反した時には、5千万を支払うと書き入れて欲しいと言ったところ、
「それはいくら何でも無茶です。もう少し現実的な額で無いと。」


「そうですか?それはまた連絡を取り合う事も有ると言うことですか?
それなら示談にするのは考えます。
追加で書き込んでもらった事も、何の意味もなくなる。
もう妻と会わないのなら、5千万でも1億でも良いと思うのですが?
最初から破るつもりの約束なら意味が無い。
私は先生の和解案に従いたかったのですが残念です。
裁判所でお会いしましょう。」


私が立ち上がると、弁護士が再度金額を下げる様に提案してきました。
私は、稲垣の困る額が良かったのですが、あまり拘っても変に思われるので、結局1千万という事になりました。
この額ではあまり困らないとも思いましたが、最初からお金が欲しいわけでは無くて、稲垣を出し抜く事が出来れば、私の心も少しは癒されるのです。







私の考えている事は違法な事だと分かっています。
しかし、不倫と同じで発覚しなければ、なんら違法行為にはなりません。
これは妻に踏み絵をさせる意味も有り、妻さえ本当の事を言わなければ、ばれる可能性も無いと思うのですが、もしも妻が私を裏切り、犯罪者になった時は妻と稲垣に対して、本当の犯罪を起こしてしまうかも知れません。


私の口座に300万振り込まれた夜、妻に通帳を見せ、
「これを見てみろ。俺がこれだけ苦しんでいるのに、稲垣は300万振り込んで終わりにするそうだ。たったの300万だぞ。これならやった者勝ちだ。」


「ごめんなさい。」


「ごめんなさいだ?おまえは気楽でいいな。まあ俺も考え方を変えれば、俺が遠くにいて使えない間の女房の穴を、300万で貸したと思えば得をしたのかも知れない。もうおまえの穴は使う気にならないから、次の男を見つけてもう少し稼がせてくれ。返事は?」




勿論、私にその様な気持ちは無いのですが、流石に妻もこればかりは『はい』とは言えない様です。


「俺の苦しさが分かるか?違法行為をしたくせに今は法に守られている奴には、何も出来ない俺の辛さが分かるか?」


「私が悪いのです。ごめんなさい。」


「私が悪い?まだ奴を庇っているのか?」


「違います。そうでは有りません。」




いよいよ私の計画を妻に話す時が来ました。
「それなら俺の気持ちを少しでも楽にしてくれないか?俺の復讐を手伝ってくれないか?」


「復讐?」
「余計な事は聞かなくてもいい。おまえが言えるのは、はいと言うのか、いいえと言ってここを出て行くかだ。」


「はい・・・・お手伝い・・します。」
私が計画を話すと、妻の顔色が変わりました。


「そうだ。俺がしようとしている事は、完全な美人局だ。
智子さえ裏切らなければ、絶対にばれない犯罪だ。
俺だって犯罪などしたくはない。
誰が俺にこの様な事をしなければならない様にした?」


「・・・・・私です。」




早速稲垣に電話をかけるように言うと、妻は電話の前までは行ったのですが、受話器を取ろうとはしません。


「俺のやろうとしている事はそんなに酷い事か?
長年俺を騙し続けていた事よりも酷い事か?
旦那が遠い国で、家族の為に一生懸命働いている間、他の男に抱かれて涎を垂らし、腰を振っていた事よりも酷い事か?」


妻は、ようやく私の指示通りに電話しましたが、話し方が余りにもぎこちなく、その上途中で泣き出したので、ばれないか心配しましたが、それが返って稲垣の心を揺さぶったようです。


「奴を騙すのが泣くほど辛いか?俺を騙し、裏切る事は平気で出来たのに。」


「違います。」




「まあいい。それより奴は何と言っていた?」


「そんなに辛ければ離婚して、私の所に来いと言われました。」


「それが嬉しくて、嬉し泣きだったのか。」


「違います。あなたに、この様な事までさせてしまう事が辛かったのです。」


「本当か?それよりも金曜日はどうなった?」




「会う約束をしました。ただ、あなたに言われた様に彼のアパートでは無くて、ホテルのロビーで会う事になってしまいました。」


稲垣は、私を警戒しているのでしょうが、まさか妻がこの様な事をするとは、微塵も思っていないはずです。
妻に無理やりさせている私でさえ、私の好きだった妻は、決してこの様な事は出来ない女だったと思っているのですから。





稲垣の仕事の都合で、夜の8時に待ち合わせているのですが、
まずはホテルかその近くで食事をするにしても、
アパートで会うのとは違い、
その後の行動が読めない為に私が見失った時の事も考えて、
どこかに移動する時は、
その都度トイレからでも連絡を入れるように言って有りました。


2人で会わないという約束だったので、
本来ならロビーに2人でいる所に乗り込めば充分なのですが、
2人だけになった時に乗り込んだ方が、
より効果が有ると思ったのです。




稲垣は警戒して、最初は辺りに気を配るだろうと思い、
妻よりも少し遅れてホテルに行き、その後2人を尾行する計画だったので、
今日は定時に退社するはずが、
この様な時に限って余分な仕事が入り、
退社出来たのが8時になってしまいました。


しかし、少しはロビーで話をするだろうし、
その後は食事に行くと思っていたので安心していたところ、
会社を出るとすぐに携帯が鳴り。


「彼に、このホテルに部屋をとっておいたので、今からそちらで話そうと言われましたが、私はどうしたら良いですか?」


平日でないと、出張に行っていて私が不在だと騙し難い事や、
翌日が休みで金曜日の方が開放的になれる事などを考えてこの日にしたのですが、
それが裏目に出てしまい、計画を断念する事も考えました。


しかし、妻から悩みを聞いて欲しいと言っておいて、
ここで不自然に妻が帰ると言い出しては、
稲垣は警戒して、もうチャンスは無くなるかも知れません。




「奴の言う通りにしろ。但し、奴が迫ってきても上手く逃げて、絶対に身体に触れさせるなよ。」


私はホテルに急いだのですが、早く着けたとしても3、40分はかかってしまいます。
ホテルに行く間、私の脳裏には、稲垣が妻をベッドに押し倒している姿が浮かびます。
妻に嫌悪感を持っていて、私は触る事すら出来なくなっていましたが、それでも稲垣に触れられる事は許せません。
稲垣だけで無く、もう二度と私以外の男に触れられるのは嫌なのです。


計画では常に私が近くに居て、2人だけになれる場所に入ったらすぐに妻に電話をかけ、2人で出て来るように言って、稲垣に事実をつきつける予定だったのですが、これでは私が到着するまで、何か有っても止める事が出来ません。



悪く考えると、稲垣に抱き締められてキスをされ、今の辛い立場が嫌でまた稲垣に寝返り、この計画を話してしまっているかも知れません。
気は焦るのですが、それとは逆に、タクシーに乗ったのが裏目に出て、工事渋滞などで1時間も掛かってしまい、ホテルに着いてすぐに妻の携帯に電話をかけたのですが、妻が出る事は有りませんでした。


フロントに稲垣の部屋を尋ねたのですが、教えてもらえる訳も無く、気が付くと私は家路に着いていました。




実家に預けていて娘もいない真っ暗な部屋の中で、何も考えられずに座っていましたが、何も考えてはいないはずなのに、何故か涙だけが溢れて止まりません。
少しして、人の気配を感じてそちらを見ると、暗がりの中に妻が立っていました。


「あなた・・・・私・・・・・・・。」


「帰って来たのか?泊まってくれば良かったのに。俺が抱いてやれない分、奴に朝まで可愛がってもらえば良かったのに。」


私に有るのは絶望感だけで不思議と怒りは無く、力無い小さな声で話していたと思います。


「ごめんなさい。私、抵抗しました。必死に抵抗しました。でも・・・・・。」




「いや、別にいい。これは俺が仕組んだ事だ。それより気持ち良かったか?気を遣らせてもらえたか?」


「いいえ、最後まではされていません。あなたからの電話でひるんだ時に、このままでは、ばれてしまうと言って逃げてきました。本当です。」


「それなら、どこまでされた?キスは?」


「・・・・・・。」


「裸にされたのか?乳首を吸われたか?」




「・・・・・・・・。」


「最後までいかなくても、指ぐらいは入れられたとか?」


「・・・・・・・・・。」


「全然感じなかったのか?下着を見せてみろ。」


「・・・・・・それは・・・・・・。」





私からの電話で稲垣がひるんだのではなくて、妻が我に帰ったのかも知れないと思いました。


「でも、もう彼に気持ちは有りません。
彼に抱きつかれた時嫌だと思った。
あなたをもう裏切りたくなかった。
ずっと抵抗していたけれど、身体が・・・・・身体が・・・・・・・。」


妻の話が本当だとすると、あと10分私の電話が遅れていたら、最後まで行ってしまい、そうなると今日、妻が帰って来る事も無かったかも知れません。


「今回の計画を奴に話したのか?」


「話していません。本当です。あなた、ごめんなさい・・・・・ごめんなさい・・・・・・・。」




私は、稲垣に電話をしましたが、これも怒る事無く、淡々と話していたと思います。
次の日、稲垣は弁護士を伴って私の家にやって来ました。


「約束の違反金はこの前と同じ口座に振り込んでくれればいい。話は以上です。お帰り下さい。」


「その事ですが、今回の事は話が出来過ぎている。出張に行っているはずのご主人がいたのもおかしい。もしかしたら、これは・・・・・・・・。」


「つまり、私が妻にこの男を誘惑わせたという意味ですか?
そう思うのなら訴えて下さい。それで結構です。
妻の私に対する気持ちに自信が持てず、出張だと嘘をついて、妻を罠に掛けたのは事実です。
その結果がこの有様です。もう何もかもが嫌になった。
もう生きているのが辛い。好きにして下さい。」



「相手を疑うのも私の仕事です。そういう見方も出来るというだけで・・・・そう言わずに。」




怒るでも無く、呟く様に話す私が不気味だったのか、弁護士は焦っている様でした。


「稲垣さん、昨夜は妻がお世話になりました。
妻を抱いてくれたみたいですね?妻は、喜んでいましたか?
妻は無理やりされたと言っていますが?
それでは、まるで強姦だ。」


「待って下さい。私は、ただ話をしていただけだと聞いている。
稲垣さん、その様な事が有ったのですか?」


「・・・・いいえ・・・・。」


私は妻を呼び、
「稲垣さん。もう一度、その様な事が有ったのか無かったのか答えて欲しい。」




「・・・・・有りましたが・・・決して無理やりでは・・・・・同意の上で・・・・・。それに、最後まではしていません。」


妻の言った、最後まではされなかったと言うのは本当のようですが、私には妻が感じてしまったた事が気になっていました。


「そうですか。肉体関係に近い事は有ったようですね。
しかし、強姦と言うのはどうでしょう?
分別の有る大人の奥様が、ホテルの部屋までついて行った。
しかも以前は不倫関係に有り、会おうと言い出したのも奥様からです。
多少強引なところが有ったとしても、はたしてそれが強姦と言えるかどうか。」


「強姦では無く、強姦未遂になるのかも知れませんが、
2人きりの密室で証人がいない事を良い事に、事実を隠し通すおつもりですか?
訴えるも、訴えないも妻の問題なので、別に私にはどうでも良い事ですが・・・・・・。」



すると弁護士は少し待って欲しいと言い、稲垣を連れて外に行ってしまいました。





「今回の事は、された、していないで水掛け論になってしまう。
ただ明白なのは約束を破って2人で会っていたという事です。
本来は、奥様の過失も大きいので満額は無理かと思いますが、
約束の1千万をお支払い致しますので、それで納得していただけませんか?」



「1千万は当然です。
約束を破ったら、妻と合わせて1千万と決めた訳ではない。
妻には別に相応の償いをさせます。
本当は、お金などどうでもいい。
お金よりもこの男を殺したい思いが強いのですが、
娘の事を考えると、まだ刺し違える決心がつかない状態です。」


「少し待ってくれ。それは完全に脅迫ですよ。その言葉だけでも犯罪だ。」


「そうですか。それなら私は罪に問われなければならない。
どうぞ訴えて下さい。もうどうなってもいい。
今後生きていたところで、人生に何の意味も無いかも知れない。」


弁護士は私を責めていたと思えば、今度は宥める様に、




「そう悲観的にならずに、冷静になって下さい。
最初に疑う様な発言をしたのは、仕事上色々なケースを念頭に置いて進めなければならないからです。
私は、そういう事も有り得ると一般的な話をしただけで、その事でも傷付けてしまったとしたら、私の不徳の致すところです。
許して下さい。
奥様の件は、私は相談者を擁護する立場に有るので、稲垣さんを信じて、強姦の様な事は無かったとしか言えない。
しかし双方の利益を考えれば、示談にするのが好ましいと思います。
どうでしょう?」


すると稲垣は弁護士に対して不満を露にし、
「そんな・・・・・。先生は私の代理人だろ。」


「稲垣さん。あなたは私にも、奥様とは二度と会わないと約束してくれましたよね?
その舌の根も乾かない内に、これは何ですか?
もしも奥様の方から連絡が有った時は、毅然と断って、トラブルにならない様に、すぐに私に連絡しろと言いませんでしたか?
お金の事まで言いたくはないが、
私はあなたのお姉さんに頼まれて、お姉さんの同級生というだけで、
儲けも考えずに引き受けているのですよ。
これ以上まだゴタゴタするのなら、私はこの件から降りる。」



結局、稲垣が私に分割で1千万を支払い、もう妻と会えない様に、次に約束を破った時には5千万を支払うという事に署名させ、それとは別に、稲垣が妻へ解決金として五十万支払う事で決着しました。



本当は強姦が認められずに、逆に名誉毀損で訴えられようとも妻に訴えさせて、もっと稲垣を苦しめたかったのですが、私にもこの事を仕組んだ負い目が有り、妻が法廷で取り乱し、美人局をした事までばれるのを恐れてしまい、一応示談としましたが、示談にした1番の理由は、私の中で急速に力が抜けて行くのを感じていたからです。





そんな中、ただ一つ嬉しかった事は、稲垣が1千万を即金で用意出来ない事でした。
離婚した事も有り、考えていたよりも稲垣の懐事情は厳しいらしく、私に分割を頼み、何度も頭を下げる姿には多少ですが心が癒されました。





2人が帰り、妻が稲垣の愛撫に感じてしまった事で、今後どうするかを考えていると、突然妻が言い難そうに、
「あなた、その五十万は私に頂けませんか?」



妻は、稲垣の奥さんから、慰謝料として百万請求されていたと知りました。
奥さんは、妻が稲垣にずっと騙されていたと思っているので、この様なケジメだけの金額で許してくれたのでしょう。
長年苦しみ、この様な結果になってしまった奥さんの気持ちを考えると、また徐々に怒りで力が漲って行くのを感じます。
「おまえは奥さんにこれだけの事をしておいて、たったの百万で済ませるつもりか?」


「典子さんに償いたいけれど、今の私には百万のお金も有りません。」




「そうだな。2人で溜めたお金は、離婚に成った時に全て放棄すると決めていたので、
いつ離婚になっても不思議で無い今、おまえは一切使えない。
それにしても情けない女だ。
奥さんの一生を駄目にしておきながら、償いはお金でしか出来ない。
しかし、そのお金すら無い。
奥さんが温情を掛けてくれて、たった百万で許してくれようとしているのに、それすらもまだ五十万足りない。」


「お願いです。五十万貸して下さい。お願いします。」


「そうだな。奥さんに迷惑はかけられない。五十万貸そう。
その代わり保証人を付けてくれ。
おまえの様な平気で嘘をつける人間に、保証人も無く貸す気にはなれない。」


保証人など頼める相手がいない妻は、声を殺して泣いていました。
話を聞いた時から百万出すつもりでいたのですが、素直には出せません。


「保証人が無理なら、俺が選んだ所で働くか?」




「・・・・離婚は・・・・・・・・はい、働かせて下さい。」


「そうか。それなら探してきてやる。最近は、熟女専門の所も結構有るそうだ。
旦那の俺が言うのも変だが、智子は童顔だから化粧の仕方によっては30代前半でも通るかも知れないし、
何と言っても色白で乳がでかい。その上、淫乱とくれば人気が出るぞ。
おまえの様な平気で嘘をつける女の方が、お客に合わせて色々な人格の女になり切れるだろうから、向いているかも知れない。
稲垣に教え込まれたテクニックも有るだろうし、もしかすると、これは天職かも知れないぞ。」


「えっ・・・仕事というのは・・・・・・。」


「それで良ければ明日、百万おろして振り込んで来い。
それと、その汚い陰毛は何とかしろ。
よく稲垣は、そんな汚い身体を抱こうとしたな。
そのままだとお客が興醒めしてしまう。
そうだ、全て剃ってしまえ。
その方が、おまえの大人しそうな顔と淫乱な身体とのギャップに、きっと客も喜ぶ。」


こんな事を続けていては、いつか妻が9年前の様に精神的におかしくなってしまいます。
それ以上になってしまうかも知れません。
しかし、妻に対していつまでもこの様な陰湿な事が言える私は、すでに狂っていたのかも知れません。




翌日、妻の作った物を食べる事の出来ない私は1人で食事に出掛け、少し呑んでほろ酔い加減で帰宅すると、娘が寝て静まり返った家のキッチンで、妻は啜り泣いていました。


「どうした?稲垣に会えなくて寂しいのか?」


「明日入金になる様に、あなたがお昼寝をしている間に、典子さんの口座に百万振り込ませて頂きました。」


「そうか。風呂に入るから着替えを持って来い。」


昨日の事を、まさか真に受けてはいないと思っていた私は、そのままバスルームに向かおうとしました。







私がキッチンを出ようとした時、呼び止めるように妻が。


「昨日のお話しですが、お勤め先を探して下さい。」


「なに・・・・・・。」


「今日1日中考えていたのですが、私だけが罰を受けていない。
離婚もされず変わらない生活をしている。
辛いと思う時も有るけれど、それは私自身が招いた事で、辛いと思う事自体、私には贅沢な事です。
どの様な辛いお仕事でもして、お金だけでも稼いで償って行かなければならない。
あなたへの慰謝料も考えると、普通のお仕事ではとても償ってはいけません。」




同情をかう為に、この様な事を言っていると思った私は、
「毛の処理はしたのだろうな?パンティーを下げて、スカートを捲って見せてみろ。」
妻のそこは幼い娘の様に陰りが有りません。
良く見えるように椅子に座らせ、足を大きく開かせると幼い娘のそことは違い、黒ずんだ襞が飛び出している分、凄く卑猥に見えます。
私の物は、妻の浮気を知って以来、初めて首を持ち上げたのですが、妻の顔を見るとまた元に戻ってしまい、黙ってバスルームに行きました。



妻の決心を知り、私は湯船に浸かりながら、何と言ってこの事態を回避するかを考えていました。
嫌がらせにせよ、私から言った事なので止めてくれとは言えません。
しかし、妻をその様な所で働かすつもりは勿論有りません。
無いどころか、そんな事は耐えられません。
結局私は、まだ妻を諦めてはいないのです。
娘の為だけで無く情け無い事に、こんな妻でもまだ愛していると知りました。


ニュースで凶悪犯と行動を共にして、逃げ回っている女を見た時、この女は何を考えているのだと思いましたが、愛は条件では有りません。
愛してしまえば、相手が凶悪犯であろうと、自分を裏切った人間であろうと、愛には関係無いと知りました。
それなら素直に、今の妻を受け止めれば良いのですが、それが私には出来ません。
それが出来ずに苦しんでいます。


その意味では凶悪犯の女よりも、自分を出せない私は駄目な人間なのでしょう。
今回は素直に、あれはただの嫌がらせだと話そうと考えていた時、今の妻は私だけを愛しているのか考えてしまいました。
この様な妻でも私が諦め切れないのと同じで、稲垣に裏切られた妻もまた、今でも稲垣の事を愛している可能性を否定できません。
そう思うと、やはり私は妻に優しくはなれないのです。


「おまえは今まで、俺に逆らわずによく耐えていると思っていた。
稲垣を騙した時も素直に従った。
だから今回、智子を試した。
もう俺を裏切らないのか試した。
自分が苦しくなった時でも、俺を裏切らないのか試した。
もう俺以外の男には、絶対に抱かれないか試した。
しかし、今回お金の事で苦しくなり、俺が少し言っただけで、お金の為に他の男に抱かれると言う。
もう俺以外の男とセックスする事は、智子にとって死ぬよりも辛い事だと思っていたが、そうではなかった。」




「では、どうやって償えば良いのですか?
あなたに逆らえば償えない。
あなたに従おうとしても償えない。
私だって知らない男に触れられたくは無いです。
好き好んでその様な仕事はしたくない。
私はどうすればいいの?」


「知らない男に触られたくない?
俺以外の男に触られたくないとは言わないのだな。
知っている稲垣なら、触られても良いのだな?
それとも、おまえとセックス出来ない俺よりも、稲垣に触られたいのか?
だから感じてしまったのか?」


「違います。もう離婚して下さい。
私は、どうしたら良いのか分からなくなりました。
お願いです。離婚して下さい。
一生懸命働いて、少しずつでも慰謝料を払って行きます。」


「やっと本音が出たな。
稲垣と一緒になりたいのだろ?
最初からそのつもりだったのか?
それとも稲垣が離婚したので、一緒になれると思ったのか?
そうか、分かったぞ。
この間ホテルで俺が行く前に、その事も相談したのか。」


「違います。彼とはもう会いません。
あなたに逆らえない。あなたに従っても駄目。
別れる事も出来ない。
私はどうしたら良いの?もう分からない。」




妻は泣きながら、走って娘の部屋に行ってしまいました。



その日から、妻は変わってしまいました。
私の言った事に逆らわず、要求通りに何でもしてくれるのですが、今までの様に私の機嫌を取ろうとするような言動や行動は無くなり、言われた事を淡々とこなしている感じです。
顔からも喜怒哀楽の表情は消え去り、私への愛も無くなった様に感じました。
愛が無くなった様に感じると言う事は、私は意地を張っていただけで、多少なりとも愛を感じていたという事になります。


幼い娘も、私や妻の異変を感じ取っているのか会話も減り、笑う事も目に見えて少なくなり、このままでは私と妻の関係だけで無く、私と娘、娘と妻の関係さえも壊れてしまいそうです。


今まで思っていた以上に、このままでは駄目だと強く感じた私は、娘の為に離婚しないのではなくて、娘の為に離婚した方が良いのでは無いかと考える様になりましたが、やはり妻への未練が断ち切れません。


何より、妻と稲垣がまた付き合う事が出切る環境には、何が有ってもしたくは無いのです。
色々考えた末に思ったのは、このまま妻とやって行くには、妻を抱けるようになるしか無いという事でした。
口では愛を語れない分、肌で愛を感じ取ってもらおうと思ったのです。
いいえ、本当は私が妻の愛を感じたかったのかも知れません。




「服を脱いで、俺のベッドに来い。」


突然の私の言葉に妻は驚きの表情を浮かべ、その顔は、すぐに泣き顔へと変わり、妻は急いでパンティー一枚だけの姿になると、ベッドに寝ている私に抱き付いてきました。
その様な妻を可愛いと思いましたが、やはりまだ妻の身体に嫌悪感をもっていて、抱き締める事も出来ません。
それどころか手で突っぱねて、引き離したい衝動に駆られてしまいます。
私は、しっかりと目を瞑り、これは妻では無いと考える様にしました。
以前から可愛いと思っていた、近所の奥さんを必死に思い浮かべて、何とか乳房に触れることは出来たのですが、それは愛撫とは程遠く、これでは駄目だと思っていても、これが私の限界でした。



次の日も、また次の日も、毎日妻を誘って試みたのですが、結果は何も変わりません。
有る時は、近所の奥さん。有る時は、我が社のマドンナ的存在の女の子。
また有る時は、妻と同じで胸が大きく魅力的な顔立ちの、数回しか会った事の無い妻の姉まで思い浮かべましたが、やはり何も変わりません。
このままでは一生駄目だと思った私は、ついに賭けに出る事にしました。


稲垣と妻とのセックスを知らない私は、想像ばかりが大きく膨らみ、その事で余計に駄目になっていると思ったのです。
しかしこれは、吉と出れば良いのですが、凶と出た場合、今よりも酷い状態になる事は目に見えています。


「このままでは、いつまで経っても駄目だ。智子も俺とセックスがしたいか?おまえの本心を教えてくれ。」




「あなたに抱かれたい。以前の様に、あなたを私の中に感じたい。」


「それなら協力してくれ。
俺の頭の中では智子と奴のセックスが、とんでもなく凄い事をしていた様に、妄想が膨れ上がってしまっている。
真実を知れば、少しは良くなるかも知れない。
智子は正直に、有りのままを話せる自信が有るか?」


妻もまた、セックスが私と元に戻れる近道だと感じている様で、
「それで抱いてもらえるのなら、それであなたが楽になれるのなら、何でもお話しします。」


本当は1年以上に及ぶセックスを、順序良く全て知りたいのですが、焦っていた私は気になっていた事を続けざまに尋ねました。
「おい、男の性器を何と言う?」


私の突然の質問に、妻は少し躊躇しましたが、
「・・・・オチ○チン・・・・ですか?」




「稲垣は何と呼ばせていた?違う呼び方をさせていたよな?あの日テーブルの上で感じてしまっていた時に、智子は違う言い方をした。何と言わされていた?」


「・・・・・・・・チ○ポ。」


「我を忘れてしまっていた時に、自然とその言葉が出たと言う事は、ずっと、毎回の様に言わされていたのだろ?そんな言葉をどの様に仕込まれた?」


妻は、私に全て話す事が、自分に残された最後の方法だと思っている様で、私の質問に対して、その時を思い出しながら、詰まりながらですが詳しく話してくれました。


身体の関係を持ってからしばらくは、稲垣が愛撫をしてから交わるという、比較的ノーマルなセックスが続き、妻を愛撫する時などは、妻の身体を労わる様に優しく扱ってくれたと言います。
妻が逝きたい時に逝かせてくれ、硬い物を欲しくなったら、言えばすぐに入れてもらえました。
しかし、関係を持って2ヶ月を過ぎた頃から、稲垣は徐々に本性を現し始めます。





本来稲垣は、女に奉仕するのではなくて奉仕させるのが好きで、自分の思い通りに支配したかったのです。
これは幼い頃から、母親や姉に押さえつけられて来た事の反動かも知れません。



ある土曜日の午後、稲垣のアパートに行って、いつもの様に掃除をしていると、妻のお尻や胸をじっと目で追いながら、ベッドで横になっていた稲垣が、
「いつまで掃除をしている気だ?もう掃除はいいから、ここに来い。」


「こんな昼間から、駄目です。」


「文句を言うな。智子は私の言う通りにしていればいい。今日から私に逆らう事は許さん。早く来い。」


今まで稲垣は、妻に対して比較的紳士的な態度で接していたので、妻は命令口調で話す稲垣に驚いて立ちつくしていると、稲垣は妻の腕を掴んで引き寄せ、ベッドに押し倒すと上に乗ってキスをして来ました。




「待って、シャワーを使わせて下さい。」


稲垣はそう言う妻の言葉など無視して、妻のブラウスを荒々しく剥ぎ取り、妻は弾け飛ぶボタンを見た時、稲垣の豹変振りが怖くなり、稲垣に従うしか有りませんでした。
稲垣は、逆らえなくなった妻を全裸にすると、自分も急いで服を脱ぎ、全身を舐める様に命じると、自分はじっと寝ているだけで何もしません。
妻は、稲垣の首筋から足の爪先まで、言われるままに舐めさせられ、その間稲垣の硬くなった物を、ずっと握らされていました。


「よし、今度は口に含め。」


命令されながらのこの様な行為は嫌だと思いながらも、口いっぱいに含まされている内に、気持ちとは裏腹に身体は感じて来てしまったそうです。
すると、稲垣はそんな妻の変化を見逃さず、ようやく手を伸ばして、妻の1番感じる小さな突起をそっと触って来たので、触られた妻は、身体が感じてしまっていた為に、その少しの刺激だけでも我慢出来ずに、もう限界で有る事を稲垣に訴え続けました。


しかし、今までなら自由に逝かせてくれた稲垣が、今回は無情にも触るのを止めてしまい、
「口がお留守だぞ。誰が止めて良いと言った?」




それを聞いた妻が、夢中で硬くそそり立っている物に口や舌を使うと、稲垣はまた触ってくれるのですが、頂上に登り詰める寸前になると止められてしまいます。
「どうして?・・・お願い・・・もうお願い・・・・・。」


「また口がお留守だぞ。口を離したら、もう止めてしまうぞ。」


妻は、何とか逝かせてもらおうと、また口に含むと今度は激しく頭を上下させたのですが、それでも直前で止められてしまいます。
口に含んでいても逝かせてもらえず、口での行為を中断して、その事を訴えようとすれば怒られ、妻はどうしたら思いを遂げられるのか分からずに、気も狂わんばかりの状態でした。


「智子は一人気持ち良くなるつもりか?私を気持ち良くしようとは思わないのか?」


そう言ってから稲垣が、上に跨って硬い物を自ら納めるように指示すると、その様な恥ずかしい行為が出来るはずは無いと思っていた妻は、躊躇する事も無く急いで跨り、稲垣の物を中に納めると、自ら腰を使い出してしまいました。




妻は、少し動いただけで気を遣ってしまい、稲垣の胸に崩れ落ちてしまったのですが、今度は稲垣に下から腰を使われ。


「動かないで。感じ過ぎてしまう。少し待って下さい。」


そう言って稲垣の責めから逃れようとするのですが、しっからと抱き締められている為に逃れる事が出来ず、また徐々に妻の息遣いは荒くなり、腰も稲垣の腰の動きに合わせるかの様に動き出してしまうのですが、稲垣はその瞬間が来ると動くのを止めてしまいます。


「私を気持ち良くしろと言ったのに、また智子は一人で逝くつもりか?」


そう言われても妻は快感を途中で止められる事が耐えられずに、しっかりと抱き締められていて自由にならない腰を、何とか動かそうと必死に稲垣の腕の中でもがいていました。




「仕方の無い奴だ。逝かせてやるから、私の何を智子の何処に入れられているか言ってみろ。」


もう妻には恥ずかしいなどと言っている余裕は無く、私とのセックスで言わされていた言葉を、大きな声で叫んでいました。
しかし稲垣の目的は、妻を自分だけに従う従順な女に調教する事です。
その為には、セックスをしている間だけでも、妻の中から私の存在を、全て消し去らなければなりません。


「違う。オチ○チンなどと、子供のような言い方をするな。これはチ○ポだ。それにオマ○コでは無くてオ○コだ。逝きたければ、硬いチ○ポを、智子の厭らしいオ○コに入れられていますと言ってみろ。」


稲垣のビデオで覚えたかのような言葉に、妻は逆らう事も無く、言われた言葉をはっきりと口にしていました。


「よし、今度からもそう言うのだぞ。忘れるな。」




稲垣は、妻を抱き締めていた手を離すと乳房を掴み、上に押して座らせると、
「腰を前後に使え。上手いぞ。今度は上下に。そうだ、でもまだ逝くなよ。私ももうすぐ出そうだ。
・・・・・・・・・よし逝ってもいいぞ。硬いチ○ポ気持ちいい。智子のオ○コ逝きますと言いながら思い切り逝け。」


妻は、稲垣に言われた2つの言葉を、何度も何度も言いながら崩れ落ち、稲垣の熱い物を奥深くに注ぎ込まれました。



この日を境に2人のセックスは変わり、妻は稲垣の要求を何でも受け入れる、稲垣の従順な奴隷となってしまい、ホテルに行ってマッサージ用の大きなバイブで、気も狂わんばかりに責め続けられて失禁してしまった話。


卑猥な下着で稲垣一人の為の、ファッションショーをさせられていた話。


アパートでは、その様な下着と小さなエプロンしか身に着けることを許されず、その様な格好のまま掃除や洗濯、食事の用意をさせられ、稲垣がしたくなった時にはいつでも受け入れる事を義務付けられ、下着を着けたまま、大事な部分に開いた穴から入れられていた話。




最初は嫌なだけだった剃毛も、次第に剃られながら、濡らしてしまう様になってしまった話。


ローターを入れられたまま食事に連れて行かれ、我慢出来なくなった妻が稲垣にお願いして、店のトイレで逝かせてもらった話などを聞いて、私の賭けは失敗に終わり、妻に対する嫌悪感は更に大きくなってしまいました。



私は自らの賭けに敗れ、追い詰められていました。


妻の作った物を食べる事も出来ず、これで完全に妻を抱く事も出来なくなった私は、妻の幸せも考える様になり、離婚と言う文字が頭から離れません。
その様な時、私の気持ちを後押しするかのように、上司に呼び止められ、


「君に行ってもらった例の現場で、不都合が生じたらしい。
勿論我が社のミスでは無く、違う業者が請け負った箇所らしいのだが、その部分を修理しようと思うと、我が社の請け負った箇所にも影響が出て来るそうだ。
先方は修理期間短縮の為に、慣れている君に来て欲しいと言っているが、私は他の社員を行かせようと決めた。
急な事で、出発まであと4日しかないが、大体の段取りなどを君が説明してやってくれ。」




「私に行かせて下さい。」
言ってしまってから自分でも驚きましたが、これは妻との別れを決意した言葉でした。


「そうしてくれると、会社としては助かるが・・・・・・・。いや、それは駄目だ。」


「いいえ、私に行かせて下さい。行きたいのです。」


「俺が要らぬ事を言ったから・・・・・。駄目だ。君は行かせられない。」


しかし、上司は、私の真剣で訴えるような目を見て、
「そうか。それなら頼む。今回は修理だけだから半年もあれば帰れる。何か不都合が出てそれ以上掛かる様なら、必ず代わりの人間を行かせる。・・・・・・すまんな。」
一度は決心したものの妻には言い出せずに、日本を発つ前日になってしまいました。




「今日は会社に行かなくても宜しいのですか?」


「ああ、またこの前の国に行く事になった。明日の朝早くに、別の業者と空港で待ち合わせている。今からその準備をするから、智子も手伝ってくれるか?」


「今度も長いのですか?」


「それを聞いてどうする?もうおまえには・・・・・いや、やめておこう。悪かった。」


私の悲壮な表情や言葉から全てを悟った妻は、泣きながら当座の下着などを揃えてくれました。
その夜、妻の欄には既に署名捺印して有る離婚届に、私も署名捺印し、




「これが2人にとって1番良い方法だと思う。
慰謝料もいらないし、帰ってから財産分与もきちんとする。
理香の事だが、親権は智子でいいが、帰って来てからは、俺が会いたい時には自由に会わせろ。
出来れば土日は一緒にいたい。
詳しい取り決めは俺が帰って来てから、また相談しよう。」


「ごめんなさい・・・・全て私が・・・・・ごめんなさい。」


「いや、そんな事はもうどうでもいい。智子も自分の将来の事をよく考えて、頑張って幸せになれ。」


「ごめんなさい。私の作った物を食べないのは、私に対する嫌がらせでは無くて、身体が受け付けてくれない事も知っていました。何とか少しでも私を許してくれようと、汚れてしまった私の身体を、抱いてくれようと努力していてくれた事も知っていました。
別れたく無いけれど、これ以上あなたを苦しめ続ける事は出来ないし、私からは離婚について何も言える権利は有りません。」


「俺だけで無く、この方が理香にとってもいい。勿論・・智子の為にも・・・・・・。」




「長い間ありがとう。
私には、もう幸せになる権利なんて無いけれど、あなたには必ず幸せになってもらいたい。
本当に今までありがとう・・・・・・・・・・・ありがとう。」


今までに見た事も無い様な、寂しそうに涙を流す妻を見ていると、私も涙を堪え切れませんでした。


「俺は明日早いので、親父とお袋には電話で話しておくから、証人の欄には親父とお袋に署名してもらって、智子が出しておいてくれ。
これで智子も自由だから、この家を出たら・・・・・・・。」


稲垣の所に行くのかとは、流石に辛くて聞けませんでした。







私は、毎晩のように浴びるほど酒を呑み、休日の朝は、必ず違った女が横で寝ているという生活を送っていました。
ここは都市部ではなく、それほど大きくは無い街でしたが、それでも、その様な女性をおいている怪しげな店は三軒ほど有ったので、女の調達には困りません。
この国の女性は情熱的で腰の動きも激しく、一緒にいる間だけは、稲垣と暮らしているはずの妻の事を忘れさせてくれます。


しかし部屋に1人でいると、いくら酒を呑んでも稲垣の上で同じ様に、腰を激しく使っている妻の姿が浮かんでしまい、一人涙を流す日も少なく有りませんでした。
その様な事を繰り返していて一ケ月が過ぎた頃、私の下で働いていた現地の人間に、
夜になると離婚した女性や未亡人が集まって来て、客を誘っている場所が有ると聞き、店の様に若い娘はいないが、料金も安くてサービスも断然良いと言うので行ってみると、そこには肉感的な身体の線を強調した服を着た何人もの女性がいて、中には小さな水着だけを身に着けただけの女性もいます。


私は、その中から、真っ赤なパンティーが透けて見える、身体に張り付いた白いミニのワンピースを着た女性と、身振り手振りで交渉してホテルに行くと、部屋に入るなり、いきなり私のズボンとパンツを下げて口に含み、その後も朝まで私の物を離す事は有りませんでした。


その後は、ずっと彼女達のお世話に成っていましたが、話しに聞いた通り、彼女達のサービスは凄く、私が出した後もすぐに口に含まれ、回復すると自ら跨り腰を激しく使われて、朝まで寝かせてはもらえません。


彼女達は、後ろ盾も無く、自分で客を拾えなければ生活出来ないので、また誘ってもらえる様に、必死にサービスしていたのだと思います。




私は、一時でも妻を忘れたくて、そんな彼女達に溺れていき、週末だけだった女遊びも週に2日となり、3日となった頃、化粧だけは皆と同じ様に濃いのですが、彼女達の一歩後ろにいて、目が合うと俯いてしまう普通の格好をした、妻の様な優しい目をした女性が気になり、彼女達を掻き分けて誘ってみると、その時は嬉しそうな顔をしたのですが、ホテルに入るとまた俯いてしまい、彼女達の様に自分から服を脱ごうともしません。


しかし、いざ始まってしまうと、何かを忘れたいかのように積極的に私を求め続け、喘ぎ声も大きくて凄い乱れ様でした。


私は、毎回そんな彼女を誘うようになり、何度か一緒に朝を迎えている内に分かった事は、彼女は30歳で私と会う一ケ月前に夫を病気で亡くし、小さな子供が2人と病弱な母親がいる為に生活に困り、あの場所に立つ様に成ったのですが、まだ恥ずかしくて消極的だった為にお客がつかず、私が初めての客であった事です。



私は、毎日の様に彼女を誘い、終には彼女の家に転がり込んで生活する様になってしまい、薄い壁一枚隔てた隣に子供達や母親がいる事もお構い無しに、毎晩の様に妻を忘れさせてもらっていました。


その頃には、その事で、一緒に働く現地の人間に後ろ指を指されるようになっていましたが、仕事はきちんとこなしていたので、妻を失って自棄になっていた私には、何を言われようとも気になりません。





その様な生活をしていて半年が過ぎ、ようやく修理も終ったのですが、私は会社を辞めて、このままこの国に残ろうかと真剣に考えていました。
日本に帰ったところで、何も良い事は有りません。
妻と稲垣が、仲良く暮らす側で生きて行くのが辛いのです。


しかし娘の事は気になり、娘の近くで暮らしたい感情の方が勝り、一緒に暮らしていた彼女には、この国では大金と言える額のお金を渡して、帰国する事を告げました。
ところが、お金の為だけに私に尽くしてくれていると思っていた彼女が、私と別れたく無いと言って抱き付いて来て泣き叫び、私を必死に止める姿を見た時は日本に連れ帰り、一緒に暮らそうかとも思いましたが、彼女には病弱な母親を残して行く事は出来ません。


そう言うと聞こえは良いのですが、仮に母親の事が無かったとしても、情は有っても、彼女に対しての愛情は、そこまで無かったのかも知れません。
彼女にしても、心細さから誰かに頼りたかっただけで、私を愛していた訳では無かったと思います。
しかし別れは辛く、後ろ髪を引かれる思いで帰国し、真っ先に娘に会いたかったのですが、私には居場所が分かりません。





妻の携帯に電話しても、解約されているらしく繋がらず、私の実家には何処に住んでいるのか必ず連絡を入れておく約束だったのですが、その約束も守られている自信は有りません。


しかし、今のところ他に方法も思いつかず、あまり期待もせずに実家に顔を出すと、そこには新しいピアノが置いて有りました。


「このピアノは?」


「ああ、お友達が始めたらしくて、どうしても理香ちゃんが習いたいと言うものだから、お爺さんが買ってあげた物だよ。お爺さんは理香ちゃんに甘いから。」
そう言う母も、父に負けないぐらい娘には甘いのです。
「理香はここにいるのか?智子は理香をおいて出て行ったのか?」


私はてっきり、自分達が楽しむ為には娘が邪魔な稲垣に言われ、他に行く所の無い妻は仕方なく、娘をおいて出て行ったと思いました。


「何を言っているんだい。智子さんもお前の家を出てから、ずっとここに住んでいるよ。」




「ここに住んでいる?どうして?智子は出て行く約束だったのに。」


「だから約束通り、おまえの家は出たじゃないか。その後何処に住もうと智子さんの自由だろ?」


「でも可笑しいだろ?俺と智子は離婚したのだぞ。その智子が俺の実家に住んで居たのでは、どう考えても変だろ。」


「離婚?おまえ達はもうしているのかね?証人を2人書く欄が埋まらなくて困っていたから、勝手に決めずに、おまえが帰ってから誰にするか話し合えと言っておいたから、離婚届はまだ出さずに持っていると思うよ。」


「証人は親父とお袋に頼んだはずだ。書いてくれなかったのか?」




「ああ、いざ書こうと思ったら気が変わった。あんな縁起の悪い物に名前を書いたら、良い死に方も出来無い様な気がして、私もお爺さんも断った。」
私は母の意図を測りかねました。


「理香と智子は今何処にいる?」


「時差ボケかい?時計を見てごらんよ。理香ちゃんは学校に決まっているだろ。
智子さんは、お爺さんの友達がやっている部品工場で働いているよ。
おまえも知っているだろ?ほら隣町の。
車で通っているから5時過ぎには帰ってくるけれど、おまえとゆっくり話している時間は無いと思うよ。
その後、6時からコンビニの仕事が待っているから。」


「部品工場の後、コンビニ?」


「ああ。部品工場だけにしておけと言ったのだが、どうしても働きたいからと言うもので、何か有った時に無理が言える様に、おまえの同級生がやっているコンビニを、私が紹介してやったのさ。
ほら、おまえが中学の時仲の良かった・・・・・。
5時に起きて私達や理香ちゃんの朝食の仕度や洗濯をしてくれる。
8時までには工場へ行って5時過ぎに帰り、6時までにコンビニへ行って夜中の12時まで働いて、帰って来てから夕食を食べて、その後片付けをしてお風呂に入るから、寝るのはいつも1時半を過ぎている。
理香ちゃんの学校の用意で2時を過ぎる事も有る。
土曜日も休みでは無いから、ゆっくりと出来るのは日曜だけ。
ゆっくり出切ると言っても夕方からは、またコンビニに行くから、たまにはゆっくりと寝坊でもすればいいのに、普段理香ちゃんに構ってやれないからと言って、早く起きてずっと理香ちゃんと一緒にいる。
このままだと身体を壊すからと言っても聞かない。」




「どうして、そんな無理な事を?」


「おまえと相手の奥さんに慰謝料を払いたいそうだ。
相手の奥さんには良いとして、おまえに慰謝料だなんて・・・・・・。
第一おまえは、まだ離婚したいと思っているのかい?」


私が日本を離れてから、妻と母の間にどの様な会話が有ったのかは分かりません。
生半可な覚悟でここまでは出来ないと思うので、妻の努力は認めます。
しかし、その事と私達の離婚の話は別で、私には上手くやって行く自信が有りません。



母は私達の離婚を止めさせたい様でした。
最初は、可愛い孫を失いたくない想いからだと思っていましたが、それだけでは無いようです。


「どうしても離婚したいのかい?理香ちゃんの為に、おまえは己を捨てる事も出来ないのか?」




皮肉なもので、以前妻から聞いた稲垣の鮭の話を思い出しました。
鮭の様に、命を捨ててでも子孫の為に激流を傷付きながら上る。
私にも娘の為に、命を捨てる覚悟は有ります。
しかし、私と妻が我慢をして一緒にいる事が、必ずしも娘の為に良いとは思えませんでした。



「これは俺だけの為では無い。智子の為、理香の為にもその方が良いと思った。」


「本当にそうかな?智子さんから全て聞いたが、おまえが智子さんを許せないだけでは無いのかい?
智子さんは一時、2人の男を愛してしまった。
いくつになっても、結婚していて例え伴侶がいたにしても、誰にでも他に恋心を持ってしまう事は有るし、その気持ちまでは縛れない。
しかし、そうかと言って行動に移してしまった事は、確かに許せる行為ではない。
でも、一度失敗をしてしまった者は、どんなに努力をしても許されないのだろうか?
どんなに反省しても、もう許されないのだろうか?
それは、おまえが決める事だが、おまえは、おまえだけを愛している智子さんが好きだったのか?
それとも、智子さんそのものが好きだったのか?
智子さんにおまえ以外にも好きな人がいると、もしも結婚前に分かっていたとしたら諦めていたか?
智子さんに対する愛情もそれで冷めていたか?
その程度の想いだったのか?
それとも、それでも良いから、何が何でも智子さんを自分のものにしたいと思っただろうか?」



母の言う事も分かるのですが、身体が拒否している今、何を言われても無理なものは無理なのです。


「相手がどう思っていようと、俺は愛しているでは駄目なのか?
智子さんと話していて、支店長の事も愛したかも知れないが、今は、おまえだけを愛している様に私は感じる。
凄く強い愛を感じる。反省した智子さんを、今の智子さんを見られないのか?」





「お袋の言いたい事は分かる気もするが、これは裏切られた人間で無いと分からない。
お袋と親父のように、愛し愛されてやってきた人間には分からない。」


「そうかい。これは一生おまえ達には言わずに、お墓の中まで持って行こうと思っていたが、昔私もお爺さんに裏切られた事が有る。」
母の告白はショックでした。


私は、物心がついてからずっと、我が家はかかあ殿下で父はいつも母の後ろで笑っている、大人しい人間だと思っていました。
父は酒も呑めず、タバコも吸わない真面目で大人しい人間だと思っていました。
ところが信じられない事に、昔は大酒呑みでヘビースモーカー。
何か気に食わないことが有れば母に手を上げ、外でもすぐに他人を殴るような、荒くれ者だったそうです。
その上、絶えず女の影が有り、その事を言えば暴れるので、母はいつも泣き寝入りでした。
母の話しに、私は動揺を隠し切れませんでしたが、
「・・・・でもそれは・・・・智子の浮気とは・・・・。」


「まさか、男の浮気は甲斐性で、女の浮気は裏切りだなんて言わないだろうね?」


「そんな事は言わないけれど・・・・・・・・・・。いつから親父はあの様に変わった?」
私は母の話しに、固唾を飲んで聞き入っていました。





母は、ずっと父の浮気には目を瞑っていましたが、ある時、どうしても許すことの出来ない浮気を知り、気が付くと私を背負い、兄の手を引いて橋の上に立っていたそうです。
そのまま川に飛び込もうとした時、兄が泣き出し躊躇していると、私達を探し回っていた父が見つけて駆け寄り、
「俺が悪かった。死なないでくれ。おまえ達を死なせる訳にはいかない。おまえ達が死ぬぐらいなら俺が死ぬ。」
そう言うが早いか、川に飛び込んでしまいました。


幸い死に切れずに何とか岸へ泳ぎ着いたのですが、父はその日を境に一滴も酒を呑まなくなり、タバコも完全にやめて、ずっと母には気を使って来たそうです。
父は、酒とタバコを止める事で母に対して、改心した自分を分かって欲しかったのだと思います。


「お袋は、よく忘れる事が出来たな。どうやったら忘れる事が出来た?」


「忘れる事なんて出来ないさ。最初の頃は何とか忘れようとしたけれど、努力しても忘れられるものでも無いし、忘れようとする事をやめたら、逆に気が楽になったよ。
今でもたまに相手にも会うし、未だにその頃の事を夢に見る事も有る。」


「今でも相手に会う?」




「ああ、ここまで話したから全て話してしまうが、相手は妹の良子だよ。他の浮気は我慢出来ても、この浮気だけは許せなかった。」


「えっ、良子叔母さん?」


私は母の辛さを知りました。
私の数倍は辛かったと思います。
もしも妻の相手が私の兄だったなら、私はどうなっていたか分かりません。


「教えてくれ。どうやって2人を許した?」


「おまえには偉そうな事を言ったが、まだ許してはいないのかも知れない。
ただ、それはあの頃のあの人を許していないだけで、今のお爺さんは遠に許している。
あの頃とは違う人だと思っている。」




「お袋は幸せか?」


「ああ、幸せだね。
死ななくて良かった、あの時別れなくて良かったと心底思っている。
あの頃のお爺さんは今でも嫌いだけれど、その後のお爺さんは大好きさ。
息子の前で惚気るのも嫌だが、川に飛び込んだ後のお爺さんを愛している。」



私は、母の車を借りてコンビニへ行き、同級生に無理を言って妻を解雇してもらい、実家に戻ると
娘は、ピアノのレッスンに、釣りから帰った父が連れて行ってくれていて、暫らくすると妻が帰って来ました。


「あなた・・・・・・・・・。」
私の顔を見るなり、妻の目には涙が溜まり、


「お帰りなさい、ご苦労様でした。・・・・・・・・いつ戻られたのですか?」
そう言い終ると、溢れた涙が頬を伝っていました。




「今日帰って来た。2人だけで話が有るから家に帰ろう。」
娘の事は母に頼み、妻と2人で家に帰ると向かい合って座りました。


妻を見ていると、稲垣の所には行かずに頑張って来た、袖口が油で汚れた色褪せたTシャツを着て、終始俯いている妻を愛おしく感じます。
「頑張っていたそうだな。いくら溜まった?」


「お義父さんやお義母さんはいらないと言って下さったけれど、少しですが生活費も払わせてもらっていたので、まだ百万ぐらいしか溜まっていません。
あなたに借りた五十万を返すと、残り五十万しか有りません。
車を勝手に借りていたけれど、あなたが帰って来たから返さないと。
工場やコンビニに行くのに車がいるから、五十万で車を買うと・・・・・・・。」


「奥さんに慰謝料をいくら払うつもりでいる?」


「お金では償えないけれど、百万では余りにも少ないから、あと二百万受け取ってもらおうと思います。」




「貯金の半分は智子の物だから、それを使えば良かったのに。」


「それは、全て放棄するという約束だったから。」


「2人に借金が有っては大変だから、明日二百万下ろして振り込んで来い。後は俺に一億と二百万払え。」


「ありがとう。でもあなたへの一億はこのままではとても払えません。でも、頑張って払えるだけ払って行きますから、それで許して下さい。」


「いや、全額払ってもらう。一億と二百万払ってもらう。」




「ごめんなさい・・・・・それは無理です。」


「いや必ず払ってもらう。ずっと俺と一緒にいて、俺に尽くせ。
一年二百万で雇ってやるから、今から51年間、俺の側にいて尽くせ。
その前に俺が死んでも、おまえは必ずあと51年生きて、俺に尽くせ。
絶対に俺よりも先に死ぬな。
その為にも、もう無理をせずに体を大事にしろ。
それまで離婚届は預かっておく。」



純愛・恋愛 | 【2015-03-31(Tue) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

友達の妹

友人の妹が大学で心理学を専攻していた。俺より3歳年下。友人宅へ遊びに行ったときに、卒業論文で催眠の研究をしているという話を聞いた。
「催眠なんて本当にあるの?」と聞く俺に、彼女は「ショー催眠と催眠療法は違うのよ」と言いながら難しい専門用語も使いながら説明してくれた。
それでもまだ「胡散臭いな」という俺に、彼女は「ちょっと体験してみる?特別なことじゃなくて、人間には誰でもある状態なのよ。意識がなくなるわけでもないし」と言った。
振り子を持ってゆれる、ゆれると唱えるとゆれ出すなんていうのはテレビで見たことがあった。そんなことでもやるのかなと思って、「いいよ。やってみてよ」と言った。

「じゃあ、両手を前へならえみたいに前に出して」と彼女は言った。言われた通りにしてみる。
「これから私が3つ数えてハイと言うと、両手がこんな風に外へ開いて行くわよ。そして次にハイと言ったらこんな風に閉じて行くわよ」
そう言いながら、俺の両手を持って動かす彼女。
「じゃあ、目を閉じて。私が言いというまで開いちゃダメよ。1、2、3、ハイ」
そう言って彼女は俺の手から手を離した。
そして、「ほーら、ぐーんと両手が外へひっぱられていく。止めようとすればするほど開いてしまうわよ」と言った。
そう言われてみると、何となくひっぱられるような気もしてくる。
彼女は続けた。「ほーら、すこーしずつ動いてきたわよ。その動きがどんどん大きくなるわ。今度3つ数えてハイと言うと、もっと強い力でひっぱられていくわ。1、2、3、ハイ」
不思議なことに、俺の両手は彼女の合図とともに外へ開いてしまった。
「あれ、変だな」と思っている俺の両手に、また彼女の手が触れた。
「今度3つ数えて手を離すと、この手が前によってくるわよ。1、2、3、ハイ」
そう言うと同時に彼女の手が離れる。すると、開くときよりも早く俺の手は前へ動き始めた。自分では動かすつもりはないのに…。

「ほーらどんどん動く。止めようとすればするほど動いてしまうわ」彼女の声が追い打ちをかける。
そして、俺の手は体の前でくっついてしまった。彼女がその俺の手を両側から包み込むように持って言う。
「両手がついてしまったわね。両手に注意を向けて。今度私が3つ数えてハイと言うと、両手がくっついて離せなくなってしまうわ。1、2、3、ハイ」
言うと同時に彼女の手は俺の両手をちょっと押すようにして離れた。そして、「もう両手が離れないわ。試してみて」と言う。
まさかと思いながら、両手を離そうとする俺。しかし、肘から先が言うことを聞いてくれない。
力を入れようとするのだが、肩のあたりばかり力が入って、肘から先には行かない感じ。どうしても離すことができない。
「ほら、もっと思いきり離そうとしてみなさい。でも、そうすればするほど両手はくっついていってしまうわよ」
彼女の言うとおり、どうしても離すことができなかった。
「さあ、私が両手をなでてハイというとらくーに取れるわよ。ハイ」
言うと同時に彼女の手が俺の両手をなでた。さっきまでの感じが嘘のように両手が離れ、肩からも力が抜けた。
「今度私がハイといって手を叩くと気持ちよく醒めるわよ。ハイ」そして手を叩く音がした。俺は目を開けた。汗をかいていた。

彼女は微笑んで「お疲れ様」と言った。俺が彼女に話しかけようとすると、一瞬早く彼女が「この指を見て」と言った。
言われたとおり指を見る俺。「ほーら、目が閉じる、閉じる。そしてかたーくくっついて離れない」と言う。
まだ醒めきってなかったのだろうか。俺の目は意思に反して閉じてしまった。そして開けようとしても開かない。
彼女が言う。「呼吸に注意を向けて。吐く息と一緒に力が抜けて行くのがわかるでしょ」
言われてみると、少しずつ腰のあたりから力が抜けて行くのがわかる。
そう思っていると、「ほーら、体がだんだん前に倒れて行くわ」という彼女の声とともに、俺の顔は膝についてしまっていた。
「これから10から数を逆に数えて行くわよ。そうするともっとゆったりした気分になれるわよ」
そう言って彼女はゆっくりと数え始めた。「10、9、8、7・・・」
この辺から先の記憶がない。

次に目を覚ましたとき、にっこり微笑む彼女の顔があった。直前にまた、数を数えていたような気がする。
目を開けると、また彼女は俺の前に指を出した。「この指をじーっとみて。ほーら、もう声が出ないわ」と言った。
俺は彼女に話しかけようとしたが、声が出ない。焦る俺。彼女が言った。
「大きく息を吸って。吐いた瞬間声が戻るわよ」
言われたとおり深呼吸すると、「あー」と自分の声が出た。
「○○さんて絵がお上手だったんですね」と彼女が言う。
俺の前には、どこかの幼児が書いたような絵があり、片隅にはひらがなで俺の名前が書いてあった。

その後、俺は彼女の実験に協力することになり、何度もかけられることになってしまった。
何度もかけられると、かかりやすくなるらしく、普通に会話していても、ものの数秒で深い催眠にかけられるようになってしまった。


純愛・恋愛 | 【2015-03-31(Tue) 21:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

興味津々な姉妹

とある平凡な3人の姉妹と弟たちの家。
長女の瞳と次女のゆうなは、とある話題で口論になった。

瞳「ねえねえ、ゆうな知ってる? 男の子の金玉って、蹴ると『キーン!』って音がするんだって! おもしろいよね」

ゆうな「違うよ。『キーン!』じゃなくて『チーン!』だよ」

瞳「えーっ、違うよお。この前見たマンガでも『キーン!』って音になってたんだから」

ゆうな「いーや、『チーン!』で間違いない。私はテレビで音聞いたもん」

瞳「金玉っていうくらいだから『キーン!』で間違いないよ」

ゆうな「それを言うならおちんちんとも言うから『チーン!』でもいいじゃん」

瞳「うーん、それもそうだけど……」

ゆうな「だろ。だから『チーン!』だ」

瞳「じゃ……じゃあゆうなは実際に聞いたことあるの?」

ゆうな「そんなのないよ。どんな音するかなんて考えたこともなかったし」

瞳「でしょ? テレビがすべて本当とは限らないよ?」

ゆうな「そういうならマンガも同じじゃないのか?」

瞳「確かに……あっ、そうだ。ならケースケの蹴って確かめてみようよ?」

ゆうな「なるほど。それはいいかもしれない。どんな音するのか聞いてみたいし」

瞳「よーしっ、そういうことだからケースケ、ちょっと金玉蹴らせてね」

脇でその話を聞いていた弟のケースケに白刃の矢が立つ。
ケースケは「いやだよ!」と居間から逃げ出そうとするが、
ドアに先回りしたゆうなの容赦ないビンタをくらいへたりこんでしまった。

瞳「お姉ちゃんたちの言うこと聞かないとダメじゃない。
それじゃ、音がよく聞こえるようにまずはパンツ脱がしちゃおう」

ケースケは必死に抵抗するが、まだ発育途中で体格も力も2人の姉にはかなわない。
とどめに2発ほどゆうなのビンタをくらい、ケースケは抵抗する気力も奪われて
あっという間に全裸に剥かれてしまった。

ゆうなに羽交い絞めにされて起こされ、
ケースケはむき出しの金玉を瞳の前にさらけ出す。

瞳「大丈夫、ちょっと金玉蹴ったときの音を聞くだけだから」

ゆうな「足閉じたりお尻引っ込めて逃げたらまたぶつからな」

瞳「そうそう。おとなしくしてればすぐ済むわよ。それじゃいくよ。せーのっ!」

バシィッ!

瞳の足の甲が、ケースケの股間にジャストミートする。

「きゃあああぁぁ! いっ……痛い痛いよおおぉぉぉっ!!」

股間の激痛に耐えかね、ケースケは体をよじって泣き出すが、
泣き虫ケースケのいつものことだと、姉たちは「大げさね」と相手にしてくれない。

ゆうな「キーンともチーンともいわなかったね。当たり所が悪かったんじゃない?」

瞳「おっかしいなー。タマにバッチリ当たった感触はあったんだけどなあ」

ゆうな「よし、今度は私が蹴ってみよう。ちょっと代わって」

瞳とゆうなが交代して、今度はゆうながケースケの前に立ちはだかる。

ケースケは涙をちょちょ切らせながら、
顔を真っ赤にしてゆうなに中断するよう懇願するが、
言うことを聞かない弟に腹を立てたゆうなは、
ケースケのペニスの先端を掴み、思いっきり引っ張る。

ゆうな「言うことを聞かないと、こいつを引っこ抜いて女の子にするぞ」

姉の怒りの眼差しが、それが冗談のつもりでないことを物語る。
ケースケは「ごめんなさいごめんなさい!」と連呼しながら、
震える足を恐る恐る開いた。

ゆうな「いいか、よーく聞いてろよ。金玉を蹴るってのはこうやるのだ!」

ビシィッ!

ゆうなのすねが金玉にモロに入る。
ケースケはうめきながら腰をくねらせて痛みに耐える。

瞳「……だめじゃん」

ゆうな「ジャストミートだと思ったけど……浅かったかな?」

瞳「ひょっとして蹴り方が違うのかな? いろいろ試してみようか?」

ゆうな「それしかないな……」

瞳「じゃあ交代ね」

ゆうな「……仕方ない」

再び瞳が前に、ゆうながケースケを羽交い絞めにする。
しかし、瞳がいくら命令しても、ケースケは泣くだけで足を開こうとしない。

ゆうな「こいつめ、姉貴様の言うことが聞けないのか?」

瞳「しょうがないなー。なんかいい方法はないかな?」

ゆうな「そうだ。押入れにつっぱり棒とタイラップがあるから、
それで足を縛っちゃおう」

瞳「おー、グッドアイディーア!」

瞳とゆうなは、抵抗するケースケを暴力で服従させながら、
両足首をタイラップで突っ張り棒へと縛り付けた。
ついでに後ろ手にした状態で手も縛り、
ケースケは完全に自由を奪われてしまった。

瞳「おー、ケースケやればできるじゃないか。
それだけ大きく足を開けば思いっきり蹴れるよ。そーれ!」

ベチィッ! ガツッ! ゴツッ……

瞳とゆうなは1発ずつ交代しながら、膝蹴り、つま先蹴り、
後ろからの蹴り、ひっくり返してのかかと落としなど、
さまざまな蹴り方でケースケの金玉を蹴り続ける。

瞳「24発目……それっ!」

パシィッ!

ゆうな「まだ『チーン!』って言わないね。
それと、さっきのは23発目。これが24発目……!」

ガンッ!

可哀想な弟は、玉を蹴られるたびに食いしばる歯の間からうめき声をもらしつつ、
泣きすぎと下腹を襲う耐え難い鈍痛に体をピクピクと痙攣させ、
「潰れちゃう、潰れちゃうよぉ……」「やめて、もうやめてぇぇ……」と
うわごとにも聞こえる声で姉たちに許しを請うばかりだ。

瞳「うーん、何かが違うのかなあ。確かに金玉に当たってるけど、
なんていうか、当たった瞬間にクリッと直撃をかわされるみたいな……」

ゆうな「私もそう思う。きっとあの中でコロコロと金玉が逃げるから
音がしないんじゃないかな?」

瞳「そうかも。だったら金玉が動かないように固定して蹴ってみようか」

瞳は残っていたタイラップを手に取ると、ケースケの陰嚢を握って金玉の位置を探り、
1個をつまむと、その根元に巻きつける。
チチチチチ……と、タイラップがきつく締まっていく音に、
ケースケは本能的に恐ろしいことが始まることを予感して恐怖した。

同じように残りの玉の根元も縛られ、張り詰めてツヤツヤになった陰嚢の中に、
2つの玉がおさめられていることが外からもはっきりわかるようになった。

瞳「あはは! プクプクしててなんかかわいいねゆうな」

ゆうな「かわいい……? これで金玉が逃げることもなくなったしまあいいや。
そうそう姉さん。音がしない理由をもうひとつ思いついたんだけど?」

瞳「なになに?」

ゆうな「私が見たテレビだと、蹴るときに靴を履いてたんだ。
もしかして、裸足だとやわかくていい音出ないんじゃないかな?」

瞳「そうか! そういえばマンガでも靴履いてたよ。ゆうな、
それはいい考えかもしれないよ!」

ゆうな「でも部屋の中で靴を履くわけにもいかないし……
いっそのこと蹴るのはやめてケースケのバットで叩いてみるか?」

瞳「ふっふっふっ、大丈夫! こんなときのために、
この前買ってもらった新品の革靴があるじゃない」

ゆうな「……おお! あれなら外歩いてないから汚れないよ!」

ゆうなと瞳は玄関から新品の靴を持ってきて履いた。

ゆうな「あ、姉さんはブーツ買ってもらったんだ」

瞳「しかもアーミー系だからつま先も堅いのだ。まさに完璧!」

ゆうな「金玉は固定したし、靴も履いたし、
今度こそ『キーン!』か『チーン!』かはっきりするね」

瞳「そのとーり! それじゃケースケいくよ! それっ!」

瞳は軽く助走をつけて足を大きく振りかぶり、渾身の力でケースケの股間を蹴りつける。
下手をすれば骨をも砕きかねない、補強付きのブーツでのつま先蹴り。
その衝撃は根元をタイラップでがっちりと縛られて逃げ場すら奪われた
わずか数センチの内臓組織が受け止められるわけがない。

グシャ!

少年が少年であるために、生物学的にもっとも重要な肉の玉は、
これまでの責めで上げた悲鳴とは異質な音を立てて砕け散った。

ゆうな「あれ? ……なんか今、チーンじゃないけどすごい音したような……
ケースケ、白目なんてむいてびくびくしてどうした?」

瞳「……潰れちゃった」

ゆうな「えっ!?」

瞳「……ごめんゆうな、金玉潰れちゃったわ。
今、つま先にグシャってタマが砕けた感触があったから間違いないよ……」

ゆうな「えっ? だって『キーン!』って音も『チーン!』って音もしなかったよ?」

瞳「でもグチャッ、っていい音したよね」

ゆうな「確かにすごい音だったけど……ほんとに潰れたのかな?」

ゆうなは急激に腫れて変色している、ケースケの左の睾丸をつまんでみる。
ギュッと力を入れると、きつく縛ったはずのタイラップの間から、
何かがプリュッと流れ出て、陰嚢越しに指がくっつきそうになる。

ゆうな「……ほんとだ。左側グチュグチュしてて気持ち悪い感触が……」

瞳「どれどれ……あちゃーこりゃもうタマっていうよりただのブヨブヨかな」

ゆうな「なーんだ。潰れるまで蹴ったのに『キーン!』とも『チーン!』ともいわないなんて、
マンガもテレビもウソだったんだ。ちぇっ、一生懸命蹴って損しちゃった」

瞳「でも、潰れるときのグシャ! って感触超気持ちよかったなあ」

ゆうな「ホント? そんなに気分いいものなの?」

瞳「うん。金玉って、男子がすごい大事なモノみたいに言うじゃない?
そんな大事なモノをぶっ潰してやったって実感もあってサイコーだね」

ゆうな「う……それいいかも。姉さんだけいい思いしてなんかずるいよ」

瞳「大丈夫大丈夫。まだ1個残ってるから潰してみなよ」

ゆうな「じゃあ、潰れるまでずっとゆうなのターンね。
姉さん、最後まで手伝ってね」

瞳「ま、しょうがないか。でも縛ったし靴もあるし、
これならきっと楽勝で潰せると思うよ。
それじゃケースケ立って……ほら、ちゃんと足に力を入れて。
あと1個潰したら終わりにしてあげるから。……さ、ゆうなどうぞー」

ゆうな「よーし、グシャッと潰れろ!」

グチュッ!

ゆうな「んー、左に当たっちゃったかな。もう一度……それっ!」

グシャ!

瞳「あ! 今の潰れたでしょ?」

ゆうな「うん、間違いない。へえ……潰れたのってすぐにわかるんだ。
グシャッって弾けてなくなっちゃう感じがした。
……ほんとに不思議なほどスカッとする」

いつの間にか、姉妹は金玉を潰したことの高揚感と爽快感に心を奪われ、
大股開きのまま気絶して倒れた弟の潰れた睾丸の感触を楽しみながら、
時間を忘れて金蹴りについて熱く語り合っていた。

数週間後……

ゆうな「……やっぱりない。袋もぺったんこになってるし」

瞳「うーん、金玉って潰れたらそれっきりなんだ。
それにしてもきれいさっぱりなくなるものなんだねえ」

ゆうな「ケースケ、すまん。ほっといたら治るもんだと思ってた」

瞳「まあ、なくなっちゃったものは仕方ないよ」

ゆうな「私も残念だ。治ったらまた潰してみたいと思ってたし。
せめて潰したときの楽しい思い出は忘れないようにするよ」

瞳「しかし、金玉がなくなったのに、おちんちんがそのままってなんかヘンだね。
このあとこのおちんちんどうなるんだろ?」

ゆうな「え? 男子ってこれがあればいいんじゃないの?
そもそも金玉って何に使うかわからないし」

瞳「あーそうか。まだ習ってないんだ。あのね、
金玉ってのは精……ってのはまあいいや、とにかく
金玉とおちんちんは2つでセットになってるもので、
片方なくなっちゃったのはなんかヘンだな、ってこと」

ゆうな「ん……? よくわからないけど、
するとケースケは金玉がなくなっちゃったから、
おちんちんもいらなくなっちゃったってこと?」

瞳「あ、なるほどそういう考え方もあるね。
……ん? そうか。それじゃ……」

ゆうな「姉さんどうした?」

瞳「いや、前から思ってたんだけど、おちんちんってソーセージみたいだよね?」

ゆうな「まーそうだね。股からこれだけぴゅっと出ててなんか不思議だよね」

瞳「……食べたらおいしそうじゃない?」

ゆうな「えーっ!? だっておしっこ出るところだよ?」

瞳「それ言ったらソーセージだって腸詰めっていって、
ウンチが通ってるようなところに肉を詰めたものなんだよ」

ゆうな「うえ……ソーセージ食べられなくなる……」

瞳「まあまあ。そうじゃなくて、よく洗って焼いたり茹でたりすれば、
別に汚くないってことだよ」

ゆうな「……そういうことにしておいてくれ」

瞳「でね、話を戻すけど、ケースケ金玉なくなっちゃったんだし、
このおちんちんもあってもしょうがないわけよ。
だからさ、ついでにこれも切り取って、
私たちで食べてみるってのはどうかな?」

ケースケが腰を引いて逃げ出すより早く、
瞳の手がペニスをがっちりと握り締めて引っ張る。
こうなってしまっては逃げようもない。

ゆうな「……こんなのおいしいのかな?」

瞳「いらないの? じゃあ私だけでもらっていい?
あーよかった。金玉潰すのがあんなに気持ちよかったなら、
おちんちん切り取るのもきっとすごく楽しいんだろうな~。
ゆうなも食べるなら、ゆうなに切らせてあげようと思ったけど、
それなら私がおちんちん切ってもいいんだよね?」

ゆうな「あーずるい! あ、……いや。
お母さんも食わず嫌いはよくないって言ってたし、
やっぱり私も食べてみようかな……」

瞳「うん。なんでも1人で食べるより2人で食べたほうが楽しいもんね。
それじゃ台所にゴー!」

犬の手綱を引くようにして、瞳はケースケのペニスを引っ張り
台所まで連れてきた。
ゆうなは既にまな板を出し、包丁を手にして待っている。

瞳「あはは、引っ張るとけっこう伸びるのね。
それじゃゆうな、食べるところが減るから、
できるだけ根元の方で切ってね」

ゆうな「もちろんです」

瞳はケースケのペニスを思い切り引っ張り、まな板の上に押さえつける。

瞳「ほら、ケースケそんなに泣かないの。
金玉なかったらおちんちんついてたってなんにも意味ないんだから。
いらないものを取るだけなんだから大丈夫よ。
ゆうな、あんまり痛くすると可哀想だからパパッと切っちゃって」

ゆうな「なんかドキドキする。それじゃいきます。よっ……と」

ゆうなの手に力が入ると、包丁はペニスの上をとスーッと滑る。
ステーキの筋を切るときのような、ギリギリとした感触が
刃先からゆうなの手に伝わる。引っ張っているので、切り口が大きく開く。

ゆうな「……これもいいかも」

包丁が2回往復したとき、小ぶりのペニスは少年のものではなくなっていた。
最後にプツン、と軽い音がして、引き伸ばされていたペニスはスルスルと
先端の方へと縮まっていった。瞳が押さえていた手を離し、
まさにソーセージのようなそれをつまみ上げる。

瞳「うわ、けっこう血が出る。ゆうな、救急箱取ってきて」

手当てなどあまりしたことのない2人の姉が、
消毒液やらガーゼやら軟膏やらを取り出していろいろしていると、
なんとか出血は減ってきた。
あとはタオルで傷口を押さえておくようにケースケに言うと、
2人は切り取ったペニスを料理しはじめる。

ゆうな「姉さん、よく洗っておいて」

瞳「もちろん。私だっておしっこ食べたくないもん。
あ、ホラ見て、先っぽを蛇口につけたら下から水が出てきた。
あはは、おもしろーい」

ゆうな「これでおしっこもきれいに洗えるかな」

瞳「なんか切り取ったらずいぶん小さくなっちゃったね。
これじゃちょっとずつしか食べられないね」

ゆうな「私、先っぽより根元の方がいい」

瞳「そう? 私は先っぽの膨らんでるところがいいな。
こっちの方がコリコリしておいしそう。
あ……最初から穴が開いてるから、ワリバシ刺すの簡単だあ。
よーし出来た! あとは焼くだけ!」

瞳が手にしたのは、ワリバシを通したペニス。
どうやらフランクフルトのようにして焼いて食べるようだ。

瞳「あー……焼いてるうちになんかどんどん小さくなってない?」

ゆうな「フランクフルトというより、チョリソーかな」

瞳「……よし、こんなもんかな。ケースケも見なよ。
ケースケのおちんちんのフランクフルトだよ」

ゆうな「というかチョリソー……」

食卓に置かれた皿の上には、ワリバシを刺した
小さなソーセージのようなものが乗っている。
先端の皮と少し膨らんだ亀頭の部分が、
辛うじてそれが焼いたペニスであることを物語る。
あまりに元の状態からかけ離れたそれを見て、
ケースケはそれがすでに、自分のモノではないことを悟り、
あらためて股間を襲っている鋭い激痛にしくしくと泣き始めた。

瞳「それじゃ、ゆうなからどうぞ」

ゆうな「逆方向から刺しておけばよかった……」

ゆうなはフランクフルトと同じく、それにケチャップをたっぷりとかけ、
恐る恐る口に運ぶ。

ゆうな「か……硬い……」

海綿体を覆う膜が硬いらしく、
ゆうなはワリバシをかじるようにガリガリとペニスの中間をかじり、
なんとか噛み千切り、そのまま咀嚼する。
抵抗があるのか長いこともぐもぐと口を動かしていたが、やがて飲み下した。
待ちかねた瞳が恐る恐る感想を聞く。

瞳「……どう?」

ゆうな「……食べてみなよ」

冷たい口調でゆうなが言う。
実験台にされたのが気に入らなかったのか。
瞳は小さくため息をついて、残った肉をワリバシからしごき出し、
一口でほおばった。

瞳「ん……ちょっと意外な味。ソーセージみたいだと思ったけどけっこう違うね」

ゆうな「そうそう。鳥皮みたいな、肉の脂身みたいな……」

瞳「ちょっと臭い気もするけど、皮は脂が乗ってるね」

ゆうな「その中がけっこうスジっぽいんだよね」

瞳「うん。……あ、でも中はプルプルしてておいしいかも」

ゆうな「ね! そこ意外とおいしいでしょ?」

瞳「脂じゃないね。コラーゲンってやつかな?」

ゆうな「へー。じゃあ体にいいんだ」

瞳「どっちかというと美容にいいのかな。
あ……先っぽの方はけっこう肉っぽい味がする。
ちょっと臭いかな……全体的にはけっこうおいしいけど、でも……」

ゆうな「でも?」

そこで瞳は言葉を止め、ペニス料理を飲み下した。
もはや彼女たちの弟の、男である部分はこの世から姿を消したのだ。

瞳「金玉潰したときみたいな感じがする」

ゆうな「やっぱり! 切ったときも楽しかったけど、
今、おなかの中でおちんちんを消化してると思うとなんか笑っちゃう!」

瞳「男子の一番大事なところを切り取って、焼いて食べちゃったんだ、
って思うだけで楽しくなっちゃうね!」

こうしてケースケは少年時代のうちに男としてのシンボルをすべて失った。
その後、ケースケはケーコとなり、三姉妹となって仲良く暮らしたという



純愛・恋愛 | 【2015-03-31(Tue) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

あんなことしなければ


俺には妹が一人いる。今年で15歳になる中学三年生だ。
俺は決してロリコンでもシスコンでもない(と思う)が、妹が毎年女らしい体つきに成長して
いくのに、密かに頭を悩ませている。小学生の頃、よく"まな板"とからかっていた妹の胸
は、ふっくらと盛り上がり、なめらかな腰の曲線は芸術的とさえ言える。そして、一番
俺が頭を悩ませられるのは、よく熟れた桃のような尻だ。妹は気付いていないが、
歩くときに、その尻が左右に大きく揺れる。何の警戒心もなく、妹がバスタオル一枚
の姿で、風呂から出てくる度に、俺はバスタオル越し揺り動く妹の尻を眺め、邪で
下卑た情欲に浸る。
そんなある日、夜中の二時を過ぎた頃、俺は部屋のドアを軽く叩く音に気付いた。
"ちょっと待って"俺は妹と並んで写った記念写真を急いで引き出しに隠し、机に並んだ
参考書を適当に何冊か手にして、机に広げた。(我ながら情けない)
"どうぞ"心持ちゆっくりと部屋に入ってきたのは、思慮深げに下を向いた妹だった。

"兄ちゃん、ちょっといい?"妹は俺に目を合わせることを避けるように、部屋のあちこち
を眺めながら、小声で尋ねた。
(おいおいおい、なんかヤバイ状況だぞ。エロ漫画に出てくる状況そっくりだ。マジか?マジ
なのか?ついに現実にやってきたのか・・・・なんか嬉しい。いや、いや、いや、違う!!
氏ね!!俺の妄想!! そんなことは有り得ん!!)
"どうしたんだよ"心臓の鼓動が嫌みな程大きく鳴り響くなか、俺は心配そうな表情
を必死に浮かべ、大量に流れ落ちる汗を、妹に気付かれないように、ゆっくりと自然に
拭った。
少し間を置いてから、妹は俺に視線を移し、ゆっくりと話を始めた。
"・・・・・・・・あのね"

"兄ちゃん、あたしをおかずにしてない?"(・・・・・・・・・・・。)

"兄ちゃん、大丈夫?"(はっ!?)驚いて顔を上げると、不安げに俺の顔をのぞき込む妹
の顔があった。
"びっくりしたよ、汗ビッショリで寝てたから"何やらやたらと寒気がすると思ったら、シャツ
が大量の汗を吸い込んでじとついていた。(夢だったのか。・・・・・よかった。本当によかった)
俺は大きく背を反らせ、力一杯深呼吸した。(今は机に向かって座ってる。夢ではドアの方
向いていたからな。それに今は午前三時、一時間も気絶していたとは思えん)俺は椅子を
引いて、立ち上がり妹の方を向いた。

(ピタ)俺は硬直してしまった。夢では普段着を着ていた妹だったが、今は寝間着姿、しかも
第二ボタンまでは留めておらず、ノーブラの胸が寝間着越しにはっきりと目に入った。よく見
ると寝間着越しに乳首がくっきり・・・・(イイ!! もっと見ていたい!!)俺は今までの自分を呪った。
妹の前で半ば無理矢理に、いい兄貴を演じてきたことを呪った。
"おいおい、ボタンぐらい留めろよ"(畜生!!)
"あっ"妹は顔を赤らめて、慌ててボタンを留め始めた。(あぁ、やめて、留めないで・・・・)
ボタンを留め終わってから、なんとなく気まずくなったような妹は、そのまま部屋を出ていった。 


近親相姦 | 【2015-03-31(Tue) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

今日姉と・・

昨日姉と飲んでて盛り上がったところでお約束のようにえろネタに話が咲いたのですが
勢いでこのままやろうよみたいな話になったんですが
先に姉が寝てしまい今に至ります。
。。。昨日の事を聞くか悩んでます。
どーか意見をください

今日の2時に部屋に来てとの事
初めての時より緊張する。。。

昨日のレポを発表したいと思います。
まず部屋に入ってからはビール3缶とツードッグスを楽しく飲みましたw
姉はTシャツにジャージ姿、
で、ある程度酔いが回って来た所で、話を振ってみました、
「あれ、姉ちゃんノーブラじゃん」
姉「家の中なんだから当たり前じゃん」
こんな感じにそっちの方へ話を持っていくと姉がベットに入ってテレビを見始めました、
漏れはコタツの布団を無くしたようなテーブルで飲みながらテレビを見ていたら、
ベットの方から寝息が聞こえてきたので、
これはチャンスだと思い、そっとベットに入ってしばらくテレビを見ていました、
この時の漏れのかっこは、Tシャツにトランクスで、
布団の中に入った時、姉の手がちょうどナニの所に。。。
たまに手がピクピク動くのでつい大きくなってしまいました。
この時の緊張感は今思い出しても興奮しまつ(;´Д`)…ハァハァ

それからそれから・・・

で!?続き超気になるっ!!

で、起こさないように胸を触ってみたのですが、
これが意外に大きくて驚きました、最初は服の上から触ってたのですが、
なんとか直に触ろうと努力していたら、いきなり股間にあった手が、
モミモミしてきたんです!!
これはもうGOサインだ!!と思い、Tシャツをめくって直にオパーイを触りました、
少し揉んでみると、体がビクンと動いたので、弱点は胸かぁ、としばらく揉みまくりました。
するとトランクスの横からナニを出してきて玉をモミモミしてきたんです、
そのままフェラーリしてもらったんですが、なんとアナル舐めまでしてもらいました、
しばらくしてもらっていたら、
姉「入れて」
と言われて
「ゴムは?」と聞いたら
「今安全日だからいらない」って言ったので少し不安でしたが、
入れました
特別に嫌だなぁとは思いませんでしたが、やっぱり不思議な感じでした。。。
結構締りが良く、ああ、これが近親相姦かぁ、と考えていたら、
異様な興奮が襲ってきて、普段のセックルよりも気持ちよかったです。
でもキスだけはできませんでした、漏れが嫌だったもので(・x・)/
姉も興奮していたらしく、「前から誘ってたんだよ」とか、
「こんなこと人には言えないね」とか言ってました。
だいたい1時間くらいしてて、逝きそうになり、
「どこに出す?」と聞いたら
姉「中って言いたいけど危ないよね」
「中はやばいよ、じゃあ。。。飲んで?」
姉「いいよ」
じゃあ逝くよ、と姉の口の中に出しました


泥酔 | 【2015-03-31(Tue) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

朝の満員電車

僕は下着女装が趣味の男性です。女性の下着に対し、とても性的興奮を覚えるからです。そんな僕は、この季節はすごく興奮の毎日です。なぜなら、朝の通勤電車に乗る若い女性たちが薄着になってるからです。若くてかわいい女性の薄着は本当に見ていて幸せですよね。でも、モンモンとしてきてしまい理性をうしなってしまうのではないかと、一方では自分のことが不安になります。ところで、先日某地下鉄にのった時のことです。ホームで電車をまっていると、かなりかわいいOLが僕の近くで立ち止まりました。たしか黒っぽいシャツに光沢のある白いタイトスカートでした。スカートはストレッチがきいていて、とてもかたちの良いまぁるいヒップにしっかりはりついています。しかも、よくみるとショーツのラインがわかります。バックレースタイプのショーツです。おそらく、スカートの素材を考慮してショーツラインをケアした結果、バックレースタイプのショーツを穿いてきたのだと思いますが、透けパンツラインマニアの僕はそれを見逃しませんでした。そして、ショーツの色はベージュ系だとおもいます。なぜなら、こんなスカートの素材にもかかわらず、色についてはまったく透けていなかったからです。そんな彼女を間近で見た僕はメチャクチャ興奮しました。ペニスが立ち上がっていくのがはっきりとわかりました。そんな彼女を少しでも長く見ていたいと思っていたところ、電車が到着しました。ラッキーにも、同じ入り口から乗ることになり、僕は、彼女の後ろから続いてのりました。しかし、その日は電車が少し遅れていたらしく、ものすごい込み方になったのです。僕は15分ほどの下車駅までとても僕好みで興奮するまぁるいお尻をショーツラインと一緒に鑑賞できたらいいなぁ・・・程度に思っていましたが、それどころではなかったのです。電車は沢山の人が乗り込み、身動きできません。しかも、僕のペニスが夏物の薄い素材のスラックス越しにそのまぁるいお尻におしつけられています。しかも僕の下着は女性用のショーツ(ワコールマイクロヒップス)です。とてもやわらかく伸縮性にすぐれたショーツです。無論、彼女は、お尻越しに僕のペニスの硬さ、大きさ、そして形まで感じとるに違いありません。大ピンチです。でも身動きできません。彼女も動けないようです。ここで、むりに自分の手をつかって、ペニスをかばったりしたら、それこそ痴漢扱いされてしまいます。僕は本当に絶対絶命のピンチに追い込まれていた訳ですが一方で性的興奮が頂点に達していたのも事実です。こんなはずかしい状態はなんとかしなくてはいけないと思う気持ちと、痴漢と間違われてはいけないと思う気持ちで、なんとか腰を引いて少しでもペニスが強く当たらないようにと試みても、込んでいてうまくいきません。それどころか、うしろの親父が「なんだこのー」ってな感じで押し返すものだから、さらに強い圧力でペニスが彼女のお尻に押し付けられます。しかも、こんなのだめだといった気持ちとは裏腹に僕のペニスは、その薄いスカート越しに、パンストの感触、ショーツの感触、そして、やわらかく張りがあり吸い付くようなお尻の感触を、電車のゆれと一緒に感じていました。次の駅に着くまで何とか我慢しようと思っていましたが、遅れているせいか、電車はとてもゆっくりです。彼女も僕のペニスを感じとっているからか、ちょっとはずかしそうでしたが、まんざらいやがっている様子でもなく、むしろ好奇心を感じていた様子でした。しかし、ほんとうにヤバイ事は、これからでした。見ているだけでビンビンになってしまうほどの僕好みのお尻です。それに電車の揺れで強弱をつけられながら押し付けられているとなれば、起こるべき事はあきらかです。まもなく僕のペニスはジィーンジィーンといった、最高に性的快楽を感じているときに起こる射精直前の微振動を感じます。彼女のお尻にも伝わっていたかもしれません。ヤバすぎると思いながらなんとか我慢をとこらえていましたが、性器の快楽は気持ちでコントロールできません。ペニスはピクンピクンと脈を打ちはじめましした。絶対絶命です。彼女もペニスの動きをはっきりと感じ取ったようです。「え、うそ。」ってなかんじで、うつむきかげんだった顔がすこし上を向きます。僕はあきらめました。こんなことありえないと思いながらも、どうしようもなかったのです。ピクンピクンといった脈打ちはビクンビクンと力強さを増し、感じたことのない絶頂の快楽とともに僕のペニスは精液を噴出しました。「え、ほんとに!やだ・・・」といった具合に彼女はあわてていました。その後、次の駅に着くまでの短い間、僕のペニスは急速の硬さを失い、小さくなっていきました。大きく硬くなったペニスを感じられてしまう時もとても恥ずかしかったのですが、射精をして小さく、やわらかくなっていくペニスに気が付かれるとわかったときはもっと恥ずかしい気持ちになり、なんとか気付かれまいと、最高の快楽の後でフラフラでしたが、腰を引く努力をしました。しかし、彼女は「ここまできたら確かめちゃう。」といった具合になんとあのまぁるいお尻をペニスに押し付けてきたのです。僕はそこから逃げることはできませんでした。当然、精力をうしなったやわらかいペニスを感じとられたことでしょう。その時は、もうどうでもよくなっていました。次の駅に着くと、僕は恥ずかしさのあまり、急いで降車口へと向いました。降りる間際、横目で振り返ってみると、彼女も恥ずかしいらしく、後ろを向いたままでした。でも、おどろいたことは、そのショーツラインをひびかせながら、まぁるいお尻を包み込んでいるあの光沢のある白いスカートに、10センチほどもあろうかといった円形のしみがついていたのです。あわてて自分の股間を見たら、精子でべっチョリでした。女性用の薄いショーツと夏物の薄手のスラックスでは絶頂の快楽により絞り出された大量の精子を吸収しきれなかったのです。僕は、あわてて鞄でかくしながら電車を降り、会社は遅刻して、着替えてから行くことにしたのです。もう、こんな経験は一生ないと思いますが、この時の僕の行動は痴漢に該当しちゃうのでしょうか?僕は30年ちょっと人生を歩んできて、確かに下着女装で、透けパンツラインマニアですから一般的に変態といわれる人でしょうが、日本は法治国家ですから、法律といったルールを守って生きてきたつもりですし、これからもそれをしっかり守っていこうと強く思っています。それだけに、ここでご披露した体験談が、法律を犯してしまったのかどうか気になっています。



レイプ・痴漢 | 【2015-03-31(Tue) 05:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

盲目の少女

その出会いは、ちょっとした怪我が原因で入院した時だった、彼女と会ったのは…
夜中にトイレに行こうと病院の廊下を歩いてると、目の前に
窓からの月の光を浴びた、どこか神秘的な雰囲気を持った少女の姿を見つけたんだ。
「あっ…えっと看護婦さん?ごめんなさい、すぐに病室に戻るから」
彼女は僕に気付くと急に謝りだしたのです。
「いや、僕…看護婦さんじゃないんだけど」
いくら暗い中とはいっても、この満月の光の下で看護婦に間違われるとは思わなかったよ。
でもそれは仕方無かったんだ、その後に僕の彼女となるこの少女…『月宮このか』、彼女は盲目だったんだ。

あの初めの出会い以降、僕達はよく会って話をしていた、最初はお互いに遠慮しあって
長いこと会話が弾まなかったけど、いつしか慣れてきて色々とお互いの事を口にしていた。
「小さい頃に事故で失明してから、この病院から出た事がないんだ私…出たいとも思わないの怖いから」
彼女はそんな事も言っていた、本当なら学校生活を楽しむ歳なのに、幼少の時からこの病院内で
通信教育を受けながら過ごしていたらしい。
親が過保護なとこもあるらしいが、彼女自身が臆病だったからかもしれない…でも僕は責めれないな。
今まで暗闇の世界で生きてきた彼女の辛さなんか、僕がわかる筈が無いのだから。
「でも…幸運だったかも、君と会えて…友達なんて一人も居なかったし」
彼女は寂しそうな表情で言葉を続ける。
「私…ここから出られるのかな、いつか病院の外に出られたらいいんだけど」
その心の願望を口にする…そんな彼女に僕は…
「いつか…」
「え?」
「いつかこのかを…僕が外に出してあげるよ…」
もちろんその具体策は無い、でも彼女の為に僕は何かをしたかったんだ
「このかをお嫁さんにして一緒に暮らして、外で幸せにしてあげる!」
「え…それ本当?」
「本当だよ…僕じゃ駄目かな…」
「ううん…すごく嬉しい…」
彼女の光を映さない瞳から一筋の涙が零れてた…僕はいつしかこんな彼女を好きになっていたんだ。
そして僕達は付き合いだした…退院してからも毎日のように見舞いに行き彼女と会う日を続けていく。
いつか彼女をお嫁さんとして外に連れ出すまで…。

━━━━━━━━━━━━━━

私…『月宮このか』は暗闇の中に居ました…もうあの光溢れる世界の光景は、ほとんど忘れてるかもしれない。
それ程に、この盲目の生活に慣れていたの…でもそれもこの病院内での話です。
私と同じような光を失った人が懸命に外の世界で暮らしてるのは知ってます、でも…
私はその勇気はありません…病院内なら看護婦さん達が色々としてくれるし、
そういう人用に、色々と楽に暮らせるように、ここは出来ているのですから。
だから私はここから出ようとしなかったの、両親だって楽ならと言ってここで過ごす今の生活を
止めさせようとはしません…むしろここに居させようとさせてました。
勉強も通信教育で補ってます…本当なら可愛い制服を着て同じ歳の子達と学校で授業を受けてるはずなのに…
でもこんな私が行っても、辛いだけだよね…友達もできないだろうし、ただ迷惑かけるだけだもの。

そんなある日…運命的な出会いをしたのです、夜中に目覚めた私は廊下に出ました。
何故そんな事をしたのかわかりません、でもそこで出会ったの…彼に…『遠藤 雫』君に
彼と私は色んな話をしました、彼は私より二つ上らしいです…
同じ歳の子と話すのは久しぶりだったから、何を話したらいいのかわかりませんでしたけども、
彼が入院してる間にどんどん打ち解けてきて…気がつけば私は彼に恋心を抱いていたの。
そして彼も…あの時の約束は本当に嬉しかった、いつか外に連れ出してもらえる日を
私は心待ちするようになってます…お嫁さんとして彼と外で過ごせる日を…。

その日から私は、この暗闇の世界での生活で希望をもてるようになりました。
退院してからも毎日のように彼は訪れてくれる、色々な外での話をしてくれる。
私は笑っていました…私の笑顔ってどんなのだろう?変な顔してないかな…
会えるといても一日に一時間程度、この幸せな時間がいつまでも続けばいいのに…
もっと会いたいな…話したいな…しずちゃん。
私は彼の事をいつしか、そんな愛称で呼ぶようになってました。

━━━━━━━━━━━━━━

俺…『武藤文彦』はこの病院でただ絶望の時間を過ごしていた…
重い病気にかかり、ただ数年という短い命をこの何もない空間で過ごさなければならなかったんだ。

もちろん医療技術の進んだ昨今で、このくそ病を治癒する事も可能だろ、だが治療費が莫大にかかるのだった。
無職でニートだったこんな俺に払えるはずが無い、親だってそんな金は出せなかったのだ。
結果、せめての延命処置で苦しまず数年の寿命をまっとうするという生活だけで精一杯だった。
畜生…生まれてもう30年目になるというのに、彼女の一人も出来なかったという、この寂しい人生で終わるのかよ。
当然に童貞のままで…せめての可能性は看護婦や女医者と恋に落ちる事だが、
こんな俺が看護婦に持てるはずもねぇ、むしろ嫌がれてるふしがある程だ。

そんな時に俺は会ったんだ、奴らに…
廊下を不機嫌そうに歩いていると、向かいから希望に溢れた少年が歩いてきてた、手には花を持っている
誰かの見舞いだろうか?まさか…入院してる彼女に会いにか?
少し興味を持った俺は後をついていった、すると個室部屋の前に奴は立っている。
そしてドアを開けて中に入っていく…『月宮このか』…それがこの病室に居る奴の名か…
俺はそのドアの前で奴らの会話を盗み聞く事にした。
「今日も来たよ、どう調子は?」
「もう…目以外は一応健康体なんだよ、でも…嬉しいな」
どうやら彼女というのは当たっていたようだ、ちっ…俺には無かった青春を送りやがって
ムカついて場から離れようとも思ったが、どうせ暇なのでそのまま会話を盗み聞きしていた。

そして会話から知ったのだが、どうやら女は目が見えないらしい、ふむ一応苦労はしてるらしいな。
そんな風に考えてると突然に頭の中で邪な思案が浮かんできた、まてよ…もしかして上手くやれば…
そして彼氏の方が出て来る気配を感じ、その場を離れる…どうやら帰るようだな。
どんな彼女だろうか?気になってゆっくりドアを開け中に侵入してみる…
「えっ…誰?」
ドアの物音を感じて声をかけてきた、だけど俺は何も応えない…少し間をおいて、
「なんだ…気のせいか…」
どうやら目が見えないのは本当らしい、首を傾げて気のせいだと思ったようだ。
その幼げに見える少女は実に可愛らしかった、俺好みの小柄な女だ。
純粋無垢な存在といっていい、こんな彼女を持っているとは…あの彼氏がやったら憎く感じるぜ!

そして俺は頭に浮かんだあの邪な考えを、実際にしてやろうと決意した…そこで少し試させてもらう事にする、
目が見えない奴は色々と敏感だと聞いてる、もしもそれが本当なら目が見えなくても気がつく可能性もある。
そこで、足音をたてずに近づいてみる…だいぶ近づいたが変化なし、そのままベットの上で座ってる
女の横に来て顔を近づけてみた…
「?」
女の子の顔が突然に俺の方へ振り向いた!しまった…気付かれたか、そのまま俺と視線を合わしてる少女だったが…
首を少し傾げて手元近くに置いたと思われるリモコンを探しいた、
「あれ…何処にやったかな、リモコンさーん…」
可愛い…ふとまた邪な考えがひらめく
「あっ…これかな…あれ?」
ふふ…戸惑っている戸惑っている、今この少女が掴んでいるのは…俺の肉棒だった。
くにくにっと握り触ってくる、その柔らかい少女の手に握られるのだから凄く気持ちいい…
「何…これ?こんなのあったかな…」
少女は謎の物体の存在に不思議がっていた、今まで男のなど触った事がないのだろうな。
俺は彼女が探していたリモコンだと思うのを、肉棒の横から忍ばせて少女の手をそっちに誘っていく。
「?…あ、リモコンだ…あれ?」
また少女はあの謎の物体が無いか、探していたが…離していたので見つける事は無かったのだ。
不思議な体験にまた首を傾げている、その仕草が俺の欲情を奮わせていく…だが今は我慢だ。
だけども彼女に触れられた溜まってる肉棒は、今にも噴火しそうになっていた…ふと少女の横を見ると
ジュースの入った飲みかけのコップが置かれていた、ニヤッっと口元に笑みを浮かべ俺はそれを手に取り
まずはそれに口を付けて少女と間接キスをする、次に肉棒の先をその容器内に向ける…そして射精してやった。
ジュースに俺の精子が混ざる…それを再び元の位置に戻して、様子を見守る。
少女がリモコンを操作すると部屋に音楽が流れだす…しばらくして横のあのコップに手を伸ばしてた、
それを持って口に近づけて何も知らずに中のを口にした。
「んっ…あれ?」
また首を傾げてた…だけど喉音をたててそれを飲み込む、もったいないと思ったのだろうな。

俺は誰かに気付かれないように外に出た、小さくガッツポーズを決めて…
確信したあの少女は鈍いとこがある、ならあの邪な計画が実行できる!
さっそく俺はある練習を始める事にした。
同時にそれからあの彼氏が少女に面会しにくると、ひっそりまた盗み聞きと声を録音する…
楽しそうに会話を続ける二人…その会話の内容から奴らの関係も熟知してゆく。
どうやら彼らはかなり清い関係らしい、肉体関係を持つなんて考えもしないくらいに…
キスだってしてないようだ、あの彼氏は少女をかなり大切に扱っているらしいな…
くくく…いいぞ、ますます俺にとって都合のいい展開だ!

━━━━━━━━━━━━━━

その日…私の身の回りでちょっとした不思議な出来事がありました。
しずちゃんが帰ってすぐに、病室のドアが開いた気がしたの。
「えっ…誰?」
誰か来たのかな?もしかして忘れ物してしずちゃんが引き返ってきたのかな?
でも返事は無かったの…気のせいだったみたい。
その後、ふと顔の横から暖かな息が当たったような感触を感じたの
「?」
やっぱり誰か居る…わけないよね、部屋の中は静寂に包まれたままだもの。
こうなると私は気分が寂しくなるから、一人になると音楽を聴く事にしてました。
手元にあるはずの操作リモコンを探します…けども
「あれ…何処にやったかな、リモコンさーん…」
手探りで探すけど、中々に見つかりませんでした…すると何かに手が当たったの。
「あっ…これかな…あれ?」
それは不思議な物体だった、硬くて熱くてぷよぷよしてる…
「何…これ?こんなのあったかな…」
まさか動物!?さっきのドアが開いた気配も、温かな息のような感触もその侵入してきた
動物のせい?でも…なんで病院に動物が居るの?猫や犬とか飼ってるわけないよね…
すると手元の感触が固い冷たい物を握っている風になってた…
「?…あ、リモコンだ…あれ?」
今度はあの不思議な物体が無くなっていました…まさか気のせい?
う~ん…変なの、でも考えてもしょうが無いよね、もう近くに居ないようだし…

看護婦さんが来たら部屋に何か居ないか聞いてみよう。
私は気分を変える為にリモコンを操作し音楽を流します、そしていつものように
ベットの横の棚の上に置いてあるコップを取ります、彼が帰る前にジュースを入れてくれてたの。
音楽を聴きながら、それを口にしました…
「んっ…あれ?」
それはいつものジュースの味じゃありませんでした、なんかちょっと変な味…
飲んだ感触も変だな…何か粘ってるの、ヨーグルト風味のジュースなのかな。
しずちゃんが変わったジュースを買ってきて入れてくれたかもしれないな、
私は結局それを全て飲み干しました…。

━━━━━━━━━━━━━━

あれから数日経過した、俺はついにあの計画を実行させる事にしたのだ、
夜中に見回り時間の隙間をついて行動を開始する…
まずは少女の個室に移動する、そしてこっそり侵入を果たす…
「すぅ…すぅ…」
まず寝てる少女を起こす、このまま寝てる女を犯すのもいいが、気付かれて騒がれたら困るからな。

「起きて…このかちゃん、僕だよ…雫だよ」
体を揺すって起こす…ちなみに今の声は俺の地声じゃない、奴の彼氏に似させた声だ。
「ん…しずちゃん?」
成功だ、練習したかいがあった…どうやら俺を彼氏と認識したらしい。
「ん…あれ、もう朝なの…眠いよぉ…」
「ごめんね…まだ夜なんだ、今日はこっそりここに来たんだよ、このかに会いたくて」
すると少女の頬が赤く染まる、そしてもじもじと照れているようだ。
「え…、でも駄目だよ…まだ面会時間じゃないし、看護婦さんに怒られちゃうよ」
「でもさ、我慢できなかったんだ…このか!」
「えっ!?」
がばっと少女に抱きついた、少女は見えない瞳を大きく開かせ驚いている
「ちょ…何をするの、しずちゃん…」
「このかと…エッチしたい!セックスしたい!」
「ふぇ?」
耳元で囁くと少女は困惑したように、首を傾げていた…そういう方面の知識は無いのかもしれない。

「何…それ?」
「好きな人同士でする気持ちいい行為なんだ…していい?」
少女の顔がますます赤く染まっていく…体も熱くなって心臓の鼓動も激しさを増していくのだった…
「…好きな人…うん、私もしずちゃんが好き…いいよ、それしても」
俺はまたニヤリと笑みを浮かべた、無知で無垢な少女は、
今から彼氏だと思ってる違う男に体を捧げようとしてるのだ!
興奮する…だが今その欲情を全て発散するわけにはいかない、この初めが計画の要なのだから。
俺はまず、少女の唇を奪う事にする、以前とは違い今度は直接的に奪ってやるのさ。
一気に唇を重ね、舌をその小さな口の中に入れてやる、その行為に少女は驚きをみせるが
俺はかまわずにその内部を、思いっきり舌で這わせてゆき、そして少女の舌と絡ませる…
「んっ…んん~っ…」
すると戸惑いの表情は、徐々にうっとりした恍惚した表情に変わっていく…
少女の唾液を舌で味わいながら、同時に俺の唾液を少女の喉奥へ流し込む、
ゴク…ッ
すると奥で溜まっていくその液体が苦しいのか、少女はそれを飲み込んでしまう。
「はぁはぁ…これ、何?」
「ふぅ…キスだよ、唇を重ねる互いの愛情の証なんだ」
「そうなんだ…これがキスなんだ…私、初めてしちゃたけど…いいかも」
実は俺も初めてなんだけどね、知識としか知らないだけだったが、気に入ってもらえて嬉しいさ。
次に俺は少女のパジャマを脱がし始めていた、可愛いパジャマのままするのもいいが…今日は
基本的に裸でさせてもらおう事にしていた。
「やぁ…何で服を脱がすの?恥ずかしい…」
「全部見たいんだ、このかの身体の全てを僕の眼に焼きつかせたい…いいよね?」
疑問系だが俺は少女の承諾も受けてないまま脱がし続けていた、
この少女の裸を早く拝みたくてたまらなかったのさ。
「あぁ…恥ずかしいよぉ…しずちゃん…」
ついに上と下のパジャマを脱がし、今度は下着を外していく…白い透き通った肌が徐々にあかされていく、
汚れの知らない…これから俺が汚し染める少女の生まれたままの姿が今、目の前にある!
「はぁはぁ…可愛くて綺麗だよこのか…」
「そうなの…そうなんだ…」
小さく膨らむ乳房と、まだ産毛しか生えてない股間の恥部…ビデオじゃない、生でここにあるんだ!

まずはその乳房を手で揉んでみる…暖かくで弾力があり柔らかい…何て気持ちいいんだ!
これが女の…少女の肌の…胸の感触なんだな!
「んあぁ…何…これ…?」
少女はピクッと震え悶えていいた…そうか感じているんだ、当然にそれは初めての感覚なんだろう。
「気持ちいいかい、このか?」
「気持ちいい…そっか気持ちいいんだ…あぁん!」
可愛い声だ…俺の愛撫で感じている、こんな至福な瞬間は人生で初めてだ!
俺は夢中になって乳房を揉み続けていた、その可愛い喘ぎ声をもっと聞きたくて…
この感触をずっと味わいたくて!小さなピンクの乳首も摘んでみる、そして顔を近づけて舐めてみた。
「ひゃん!あぁ…なんだか…変だよぉ…気持ちいい…」
両方の乳首を摘み弄る、そして口で吸い付き舌先で弄ぶ…
「ひゃぁ…あぁ…あぁん」
その小さな胸の谷間に顔を埋めもした、そして少女の肌を舐める…汗の味が凄く美味しく感じる。
「ひゃぁぅ…あぁ…んあぁ…」
そうしてる内に下半身がたまらないかというように、熱くなっていた。
そう股間の肉棒が脈をうって起たせていたのだ、俺は視線を少女の股間へと向けていた。
そのおまんこという箇所に、あのビデオや本だとモザイクのかかってるあの…
本物のしかも少女のおまんこを眺めて俺は激しく興奮している、このまま一気に突っ込みたい!
だが間違いなくこの少女は処女だろ、つまり初めは激痛がともなうものだ。
もしもその悲鳴で看護婦でも飛んできたら、ここまでの苦労も…ここからの計画も水の泡となる。
「このかのヴァージン…貰っていいかい?」
「はぁはぁ…えっ?何…ヴァージンって?」
「これからこのかの下の穴から体の中へと、僕のちんちん入れるんだ…初めてだと痛いけど我慢できる?」
「うん…よくわからないけど、しずちゃんがしたいなら我慢する」
恐らくはよくわかってないだろ、だが覚悟はできてるなら大きな悲鳴はあげないはずだ、俺はその
今にも爆発しそうな肉棒の先を少女の、少しトロッと濡れてきてるおまんこへ当てた。
「ひゃぁ…あぁ…」
「いくよ…我慢できない程に痛くなったら、言ってくれよ…」
ズブゥ…
「ひぃう!!」
先を少し挿入しると少女の身体がビクビクと震えた、顔色が青くなる…ただ口を手で防さぎ声を我慢してるようだ

そして少女の様子をうかがいながら、俺はもっと奥へと挿入していく…
「んん~~っ!!」
やはり激痛に苦しんでいるようだな、首をふって何とか我慢してるけど、
脂汗を流して身を震わせてる様子が痛々しいのがよくわかる。
でも…それが異様に萌える!そう俺には、愛する男の為に必死になってる少女の姿が…とても心地いい!
本当は見ず知らずの男に大切な初めてを奪われているというのにな…
「んんん~~!!!」
それにしても少女の中の感触は凄い…狭い膣内に挿入された俺の肉棒をきゅきゅと締め付けてくる。
熱く濡れたその内は俺のに凄まじい快感を与えてくれていた、そうだこれがセックスの快感なんだ!
俺は歓喜していたが、ようやく半分を挿入したとこで少女は限界になったらしい、
ベットを叩いて限界を示していた…だがその少女の身の震えが俺のにいい刺激になってゆく。
「う~っ!」
ドクゥ!!
俺はそのまま少女の膣内に射精してやった、その今まで感じた事のない刺激に少女は驚いていた。
「あぁ…熱っ…何コレ?」
ドロドロしたのが自分の体の内へと注がれていく…その感触に戸惑っている、
それが精子という物だとは知るまい、それが女の内へ射精されてどうなるかさえも…
「これは男が一番気持ちよくなると出る液体なんだ、これを女の子の中に入れると凄く嬉しくなるんだよ」
「そうなの…なんだか熱い、でもごめんね最後までできなくて…」
少女は途中で我慢できなかった事に対し謝っていた、だがまぁいいさ。
膣から肉棒を抜くと、膣口からどろどろした白濁液が溢れてきた…
それには血が混じっている、そうもう少女の処女膜はもうすっかり喪失している…
この血はその証なんだ…あとは慣れていけば快感を感じるようになるだろう…
「大丈夫だよ、また次を頑張ればね…そのうち痛くなくなるし」
「はぁはぁ…うん、今度は頑張るね」
健気な少女だ…そんな少女にご褒美を与える事にする、さっき膣出しされたおまんこの上部にある
クリトリスを俺は指で摘み…そして弄りだした。
「ひゃぁ~!なに…何なのコレ…あ…ああぁん!」
また身震いして悶える少女の身体、どうやらかなり敏感になってるのかもしれない…笑みを浮かべ
俺はそのまま続けていく、更にまた乳房を片手で揉みしごき、唇を重ね口内を犯していく…

「んっ…んん~っ!!あぁ…はぁあ!!」
そうしていく内に、少女は大きく痙攣をするのだった…どうやらイったようだな。
「あぁ…あぁ…」
快感の余韻に浸っているのか、その表情は放心してる感じだった。
「明日も夜に来るよ、またエッチしようね」
「はぁ…うん…」
「ただこの事は誰にも言わないで、特に昼間は僕の前でも言ったら駄目…秘密だよ」
「ほえぇ…どうして?」
「もしもそれが誰かに聞かれたら、もうこのかに会えなくなるかもしれないからね…そんなの嫌だろ」
「うん…嫌、誰にも…昼間は喋らない…」
今にも俺は大きく笑い声をあげそうだった、これで計画の一段階は終わった…
少女の体を拭き、パジャマを着替えさせてから寝かしつけて廊下に出る…
その手にはビデオカメラがあった、実はこの一部始終をカメラで録画し収めていたのだ。
さっそく自室に帰って編集するとしよう、もう片手には処女喪失時の血が付いたハンカチを持ってた。
ベットを汚さない為に使用していたのだが、まぁ記念だな…くくく、明日からが楽しみだ!

もう退屈な時間は終わりを告げていた…これから俺の充実した日々が続いていく…
この少女も…このかにとってもこの日が日常の最後の日だったのは言うまでもないだろ。

━━━━━━━━━━

その朝…私は呆然としていました…
昨晩の出来事を思い出して…あれは本当に現実の出来事だったのかな?
夜中にしずちゃんが来るなんて事がまず信じられない事なのに…あんな事をしちゃうなんて…
でも本当の出来事だという証拠はあるの、それは股の痛み…
あの太いのを挿れられた時の激しい痛みがまだ残っているんだ。

「私…しずちゃんとエッチ…セックスしちゃったんだ」
身体が熱くなっていく、胸がドキドキしている…あの時の事を思い出すだけで私の体はこうなってしまうの。
私の股から体の中に、しずちゃんのおちんちんが挿入された時は痛かったけども、
胸や股を触られた時は凄く気持ちよかった…あんなの初めて。

キスもされちゃって…口の中に彼の舌が入ってきて暴れた時は驚いたけど
何だかそれも気持ちよかったな…今は痛いけどこの、股から体の中に挿入される事も
慣れてくれば気持ちいいって言ってたし…
そういえば、この挿入されたとこの近くに物凄く敏感なとこもあったけ…
「今夜も…してくれるのかな…」

でも彼とは昼間も会うはず…ひょっとしたら昼に、いつものようにしずちゃんが見舞いに来てくれた時に
昨晩の続きしてくれるかも…私はその時すごく期待してたの…でも
「それでね、あいつがさ~…どうしたの?何か上の空だけど…」
「えっ?ううん…そんな事ないよ…」
彼は結局何もしてくれません…昨晩の事が嘘のように、無かったかのように思えてしまうくらいに…
そういえば、言ってたもんね、昼間は夜の出来事は内緒だって、それでなんだ…きっと。

「待ったかい?それじゃあ昨日の続き…しようか」
その夜…同じように彼は来ました、やっぱり夜限定なんだ…ちょっと残念。
「うん…して、気持ちよくなりたいよ…しずちゃん!」
そして二回目のエッチ、また唇を重ね舌を絡ませ、私の胸を触られて…
股からおちんちんを挿入されちゃうの…でもやっぱり、これはまだ痛いな…
でも昨日よりはマシかもしれない、それに…何だか不思議な感覚がしてきてるの。
その感覚は三回目、四回目と回数を重ねていく毎に増していく、痛みを替わりに減少させながら。
やがて自覚してきました…これが中に入れられる快感だったのです。

━━━━━━━━━━━━━━

あれから一週間が経過した、あれから毎晩のように俺はこのかを犯し続けていた。
「あぁ…あぁぁ~!」
あの時は肉棒の半分しか挿入できなかったけど、このかのおまんこは
もう俺のを全部受け入れる程になっていた。
当然に、もう痛みよりも快感を感じるようになっていた…それもかなり敏感に!、
「あぁん…気持ちいい…気持ちいいよぉ!」
その全身で快楽を感じる少女の姿は…もはや処女の時とは変わっていたのだった。
「うっ!出るぅぅ!!」

ドクドクドク…
「ふあぁ…あぁ…」
当然に出すのは膣内出しだった、このかもこの射精される感触が気に入ったように見える
うっとりした表情で精液を体内で受け止めて、微笑むのだ。
「はぁは…このかって、中出し…好きなんだね」
「あぁ…うん、好きぃ…この熱いのがお腹に入ってくるの、大好きぃ~!」
俺はそこである事実を教える事にしたんだ。
「ねぇ知ってるかい…このドロドロした液体は精液という精子が含まれてる液体なんだけどさ」
「?」
このかは、首を傾げて疑問を態度で示す
「精子ってね、赤ちゃんの素なんだよ…女の子の中にある卵子に受精したら赤ちゃんできちゃうんだ」
「ふぇぇ!?」
このかは驚愕の表情を見せる、やはり知らなかったようだな…くくく。
「そんな…私、しずちゃんの赤ちゃん出来ちゃうの?」
「簡単には出来ないよ…でも毎日のように出されたら…いつかね」
「ふあぁ…しずちゃんの赤ちゃん…」
やはりショックか、でも少し喜んでいるような感じもある…そうだよな、好きな男との子だし。
「いいよね、このか…僕は出来ちゃってもかまわないよ…でも嫌なら膣内出しはもうしないけど…」
「いや…出来ちゃってもいいよ、だから…膣内に出してもいいの…しずちゃんの子供を産みたいもん」
やった…このかは事実を知った上で、膣内出しを望むようになったのだ。
もちろん好きな男の子ではない、違う男性の子を孕むという事までは知らないのだが。

そして俺は何度もこのかの膣内に射精を繰り返した、子宮まで満たされるくらいに…

━━━━━━━━━━━━━━

もう私はエッチする事にかなり慣れたみたい、股におちんちんを挿入されちゃうセックスも
気持ちよさを感じるようになっていたの、あの太いおちんちんが中で擦れると
物凄く快感を感じちゃうの、もう痛みなんて全然感じなくなっていたよ。
「あぁぁっ!あっはっ…気持ちいいよぉ~!!」
今晩も私のお腹の中で彼のおちんちんが掻き回されているよ…それはもうぐっちゃぐっちゃに
暴れてるのがわかる…それでも、私はもっともっとしてほしかったんだ。

もう本当に数日前まで痛くてたまらなかったのが嘘かと思えるくらいに、凄く感じていたのこの快感を。
「あぁぁ~~~!!!」
ドクドクドク…
そしてまた出されtる…あの熱いドロドロの液体…
セックスの後に体の奥に注がれる熱い衝撃…その正体は男の人が一番気持ちよくなると出す液体です。
私はセックスの中でも、この液体を注がれる瞬間が大好きになっていました。
その夜もそれを出されて…イってたんだ。
そうあの頭がどうにかなっちゃて真っ白になる感覚になっちゃてた…気持ち良過ぎてね。

そしてある日知りました…実はこの出されてる液体って精液という赤ちゃんの素だったそうです。
今まで知らずにお腹に注がれていたんだ、もしかしたら赤ちゃんが出来ちゃうかもしれないのに…
でも…出来ちゃってもいいかも、だってしずちゃんと私の子供だし…彼の赤ちゃんなら産んでもいいよね…
だから私は、事実を知った後も、彼に膣内出しを望みされていたの…

…違うか、そう別に今すぐに彼の子供を産みたいわけじゃないの…本当は…
理由は単純でした、出されるとやっぱり気持ちいいの…熱いのを中に出されて満たされると
物凄く気持ちよくなってしまうんだ、私…
変なのかな…赤ちゃん出来ちゃうて物凄い事なのに、それよりも激しいこの快楽が欲しかったんだ。

だから毎晩、セックスしてお腹がいっぱいになるまで射精されていきました…。

━━━━━━━━━━━━━━

二週間も経てば、このかは自ら腰を動かして俺のを受け入れるようになってた、
正常位だけでなく、後背位や騎乗位でのセックスもしてた…
「あぁ…好きぃ…おちんちん好きぃ!」
さらに卑猥な言葉も教えこませていた、あの純情だった少女がどんどん淫らなに変貌していく。
「おまんこ…もっとおまんこをしてぇ~無茶苦茶にしてよぉ!」
「あぁ!射精するぞ、このかの膣を子宮を俺ので満たしてあげるよ!」
「ひあぁぁぁ~~~!!!イクぅぅ!!」
関係を持って三週間も経てば、少しくらい地が出ても気付かれないようになっていた。
セックス中毒になったこのかは、一度行為が始まれば、もう快感を得る事しか考えれないようだ。

「もうすっかり淫乱になってしまったね…このか」
「うん…私は淫乱だよぉ、こんなにやらしいの…おちんちん欲しくてたまらないよ!」

だからこそ、昼間の彼氏との対応が笑えるのだった…
覗き見すると、いつものように笑顔で色々な話を語る少年だが、その少女は恐らくその内容など聞いてないだろ
考えてるのはエッチな事だけ、現にそんな何もしてくれない少年に空しさを感じてるようだった。
そこで俺はこのかにプレゼントをしていたのだった。
「それでね…どうしたのこのか?顔が赤いけど…」
「えっ!ううん…何でも無いの…室温が高いのかな?」
俺はバイブとローターをプレゼントしてあげた、それを面会時にこのかは今付けている
『もしも、昼間の僕にこれを付けて感じてる事がバレたら、その日のエッチは抜きだからね』
そう昨夜に言って渡しておいたのだ…よく考えればおかしい話だが、このかは必死だった。
ヴゥゥゥ…ン
その服の下で乳首とクリトリスに付けたローターが震えている、おまんこにもバイブを挿入させて
膣内を思いっきり掻き回している…その快感に狂うのを必死に我慢しているのだ。
「じゃぁ、また明日!」
バタン…
「い…いったよね…あ…あぁっ…あぁぁ~~~んっ!!!」
少年が帰ると、一気に溜めてた快感を爆発させイってしまってた。
「イ…イっちゃた…我慢できたよ、だから今晩も…エッチしてね…しずちゃん…んっ」
してあげるよ…気が狂う程に壊れちゃうくらいにさ。
そのうち、リモコンで動きを操作する物に変えてもいいかもしれない…

━━━━━━━━━━━━━━

最近、私は早く夜になってほしいなって思ってました。
夜になれば、またしずちゃんが私を気持ちよくさせてくれるから…
私は感謝してます、夜の彼に…こんな素晴らしい事を教えてくれたのですから。
今までは暗闇の世界に何の楽しみも見つけれなかったのに、今はこんな気持ちいいことを
教えてもらったのだもの、胸を揉まれる快感…キスの快感…他にも背中を摩られたり首筋を舐められたり
耳を弄られたりと…様々な快感を教えてくれたのですから。

でも昼の彼はちょっと嫌い、だって意地悪だもん…この気持ちいい事を我慢しろと言うもの
あのちょっと前までは楽しかった話も、今はどうでも良かった…それよりも夜中のように
思いっきりエッチな事をしてほしかったんだ。
せめてエッチな事をもっと教えて欲しい、この股のおちんちんを挿れる場所をおまんこと呼ぶとか、
男を喜ばせる方法とか…どうすればもっと気持ち良くなるのかとか…
バイブとローターという一人で気持ちよくなる玩具をくれたけど、
気持ちよくなってるのをバレたら駄目なんて、酷すぎる…
必死に我慢してるのに、昼間のしずちゃんは笑っているんだもの…

あれだけ大切だと思ってた昼の束の間の時間より、
もう私の中では夜のエッチする時間の方が大切になってました。
「もう思いっきり、このかのおまんこ濡れているじゃないか、洪水のようだよ」
「だって、しずちゃんが意地悪するから…私のおまんこ、おちんちん欲しくてたまらないの!」
私は自分でおまんこを拡げます…一刻も早く、おちんちんを銜えたいから
「いいよぉ~じゃぁ今日はバックでね」
「うん…ふあぁ~!!」
後ろから挿入されてくる…私の中に出し入れされていく…お腹の奥に先が当たってるよ。
やっぱり夜のしずちゃんは大好き…こんなに気持ちいいもの。
「あひゃぁぁ~…もう駄目ぇぇ…イっちゃうぅ!!」
そして私がイっちゃうと、熱い精液を射精させてもらいます…もちろん膣内に、
そういえば、この体位で射精されちゃうと子宮に流し込まれやすいらしかったけ…
そんな格好で抜かずにこの後三回も出されてしまいます、やっぱり夜のしずちゃん大好き…。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関係を持って一月もすれば益々に夜の性行為はハードさを増していた、
軽いSMするように、乳首とクリトリスを洗濯バサミで摘んでみたり、アナル開発も始めてた…
当然にアナルの処女も奪い済みだ。
時にはこのかの個室部屋を抜け出して、病院の別の場所でセックスもしてた。

夜勤の看護婦の声が聞こえる場所ですると、このかの締りは格段に上がっていく…
「あぁぅ…バレちゃうぅ…でも気持ちいい…」

声を殺してするというスリルが良かったらしい、男子トイレの中でするのも良かった、
他の患者がちょくちょく訪れてきて、いつバレるかもしれないのだから…

そしてそろそろかと思いつつ、俺は関係をもってから一月以上になると、このかにある検査をさせていた。
まだ反応は無いか…目が見えないこのかに生理がきてるかは確認できないだろ。
つまり…妊娠検査をさせていたのだ。
「いいよぉ…精液出して…孕ませてぇ~!」
「あぁ…孕ませてあげるよ、このか!」
妊娠…それこそがこの計画の要だったのだ、アナルセックスができるようになっても、
俺は毎日のように膣内射精を繰り返していった…時には中に出したのが溢れないように
栓で膣を塞いでみたりしてた、中に出しては塞ぎ出しては塞ぎと…繰り返してゆく
24時間その体の中で俺の精子が存在してるように…
そして…2ヶ月くらい経った時に、ついに待ち望んだ時はやってきた…
「ひひひ…ひゃははははは!!!!」
「しずちゃん…?」
俺が急に笑い出したから、こなかは困惑していた…だが俺は笑う!
ついにきたのだ…妊娠検査薬に反応が出た。このかは、俺の子を妊娠したのだ!!

━━━━━━━━━━━━━━

この2ヶ月で私は色々な事を学びそして出来るようになりました。
フェラチオという事も学んだな、お口で男のおちんちんを舐めて気持ちよくさせる方法、
あの硬いのを口に入れて舌で絡ませて舐め刺激を与えるの…
「ひゃぁ…あむぅ…」
「いいよ、そこをもっと舌先で刺激するんだ…吸いながらね」
私は盲目だから目でそれを見る事はできないけど、
舌の感覚で気持ちいい場所を探りあてるのは結構楽しかったよ。
「うっ!出るぅ!!」
ゴブゥゥ!
「ひゃん…んんっ…んん~!」
ご褒美に粘々した精液を口に出してもらって…それ自体は不味いけど
気持ちよくさせた証だと思うと美味しく感じてしまうのです。

「全部…飲んでくれよ」
「はいぃ…んっ…んっ」
ゴックン…だから全部飲み干しています、でも下の口にも欲しいなぁ…

あと、お尻の穴にも色々と挿入されるようになってました、最初は指とか小さなのを…
汚い場所なのにって思ったけど、これが気持ちいいの…
「あぁぁ…拡がる…拡がってるぅぅ~!!」
段々とくせになってきちゃうくらいに、そして挿れられるのは大きな物へ変化していきます、。
その日も凄く太いのを挿入されてるのがわかりました…
「熱い…あぁ…中身引き釣りだされちゃう~~!!」
でもそれも慣れました、そして感じるの激しい快感を…
「うっ!!」
ドクゥゥ…
お尻の中で熱いドロドロしたのを出された時に、その太い物の正体を知りました。
おちんちんだったんだ…お尻に挿入されちゃったのは…
「もうすぐ、このアナルセックスが中心になるからね」
「はぁはぁ…えっ?どうして…」
「だってしょうがないだろ…ヤリ過ぎて流産されても困るし、安定期になるまでお預けさ」
そのしずちゃんの言葉の意味はその時は理解できませんでした。
でも後でちゃんと解ったよ、私のお腹の膨らみに気付いたから…

出来ちゃったんだ、私としずちゃんの赤ちゃんが…嬉しいな…

━━━━━━━━━━━━━━━

その日、僕はいつもの様にこのかの見舞いに来ていた、
「おっはよ~!」
気持ちよく挨拶すると、彼女はにっこりと微笑んでくれて
「おはよ、しずちゃん…うふっ」
笑顔で応えるこのか…俺はいつもの様に客人用の椅子へ腰をかけようとしてた…
「あれ?」

だがそこに何か置かれていた…『遠藤 雫様へ…このDVDをどうぞお持ち帰り下さい』
誰だろ、こんなものを…?だが僕は胸騒ぎがしていた。
あまりにも気になったので、その日は早めに帰宅する、そして自室でその数十枚も及ぶDVDの
『始めてはこれを見てネ』と書かれたのを観るのだった…

暗い病室が映った…そこはよく知っている場所だ、これはこのかの病室じゃないか!
「すぅ…すぅ…」
眠っているこのか…するとそんな彼女に顔がぼかし処理された男が近づいてきてた
「起きて…このかちゃん、僕だよ…雫だよ」
!?それは…俺の声だった、いや正確には声真似だろうけど
「ん…しずちゃん?」
「ん…あれ、もう朝なの…眠いよぉ…」
だけど目の見えないこのかには、それは僕だと思ったらしい…こいつ一体何を!
そして…そこから始まったのは、その男によってこのかが犯される光景だったのだ。
いや、このかからしたらそれは、僕との初めて結ばれた光景なのだろう…
なんという事だ…僕はただ呆然とその様子を見続けていたんだ…
すると声を加工処理したのだろうと思われる声が、DVDから聞こえてきた…
『やぁ…初めまして、このかちゃんの初めての男になった偽しずちゃんです』
こ、こいつ!
『ちなみにこのかちゃんには正体をバラしてないからね、彼女は君とエッチし続けているつもりなんだ』
それはまるで事実を再確認させるかのようだった…
『だから他の連中、特に警察なんか言っちゃ駄目だよ~このかちゃんにバレちゃうからね!』
!そうか…こいつそれで…
『このかちゃんと僕との愛の営みは、ばっちり編集してそのDVDに録画してあるから、おかずにしてね~』
こいつ…つまりこんなにDVDにまとめれる程にこのかを!
『もちろん無修正だから~それと、第一部最終巻は必ず見てね…くくく!!』
ふざけるな~!!!僕は悪夢を見てるかと思った…だがおそらく事実なんだろ…

「どうしたの?黙って…元気ないの?」
「うん…ちょっと、いや大丈夫大丈夫!」
キョトンとした表情のこのか…その可愛らしさは出会ってから変わらない、
本当にあんな事があったのかと思えるくらいだ…

ふと思う、もしかしたらあれは作り物じゃないだろうかと、最近はCG処理で色々とコラもできる時代だ
あんなDVDも作れるのだから…本当は…
だけど、どうやってそんな事を確認すればいい…どうすれば…そうだ!
ガバァァ!!
「ひゃん!!?」
僕はこのかを押し倒していた、あんなのを見たから頭が狂っていたかもしれない。
そうじゃなきゃ、こんな事はしないだろ…実際にヤレばいいんだって考えも…
「しずちゃん…昼間なのにするの?」
!?…今、このかの口から衝撃的な言葉が漏れた…。
「いいよ、ずっと昼間もしてほしいって思ってたもん」
「くぅぅぅ!!!」
それは…あのDVDが事実だという証拠だった、くそ…僕はどうにかなっちゃいそうだった。
だからそのまま欲情をぶつけようとしてた…このかの下半身を脱がしてパンツも!
雰囲気も何も無い…僕はただの獣になっていた。
僕は股間の自分のを彼女の…初めて見るアソコの中へ一気に挿入させた。
「うぁぁっ!!」
初めての女の子の中の感触…凄かった…でも、それは僕だけだったんだ。
「…ねぇ、なんかいつもと違うよ?こんなの物足りないよ…」
!!?まるで頭をハンマーで殴られたような感じだ…この時に僕の心に受けた衝撃は…
「本当に今日、変だよしずちゃん…体調がおかしいの?」
もうこのかにとっての、いつもの僕とはあいつの事だったんだ…僕じゃ満足しないんだ。
「ごめん…やっぱり昼は駄目みたいだ、体調もおかしいし…帰るよ」
「そうだね…また夜に気持ちよくさせてね」
もしも彼女の目が見えたなら…僕の泣き顔を見られるところだったかもしれない…

あれから数ヶ月、僕はこのかと会っていない…
どんな顔で会えばいいのか分からなかったんだ。
僕は死んだ眼でDVDを見ていた、当然にあのDVDだ…
あの男と好きな女の子…このかのセックスしている姿を見ている、自慰行為をしながらに…
見てる内に思い知らされる、こんな激しいセックスをしていたら僕の素人行為じゃ満足しないだろ。

あの清楚だったこのかが、あんなに淫らになってる…俺の声をした別の男に好きにされて
喜んでいるんだそれを僕だと思って…だけど本当の僕じゃ満足させてあげれないんだよ!
ちなみに最終巻と書かれたDVDはまだ見てない、あれを見たらこのかとの関係が終わると
思ってしまったのだろう…

そんなある日に電話がかかってきた、このかの病院からだ…
バキィィ!!
僕は行くなり、彼女の父親に殴られたんだ!
何故そうなったかは、久しぶりの彼女の姿を見て理解した。

「このか…」
「あっ、しずちゃん…えへへだいぶ大きくなったよ」
それはお腹を膨らませたこのかの姿だったんだ。
「もう妊娠7ヶ月目なの…もう堕ろせないわ」
看護婦の冷酷な一言…このかは僕の子だと思ってるが、別のあの男との子を孕んでしまったんだ。
「君との交際は知っていたが…もう少し良識のある子だと思ってたよ」
「でもね…あの子たら凄く喜んでいるの、あんな待遇で好きな男の子供を授かるなんて幸せな事だし…」
このかから聞いたのだろ、僕とエッチしてた事を…本当はキスすらしてないのに…

帰宅してすぐにあの最終巻と書かれたDVDを観た…何て事だろうか!
その内容は、男が妊娠検査薬でこのかを検査しているものだった。
当然に判定は陽性だった…
もしもあの時に…すぐにこれを観ていたら最悪の事態を防げたかもしれない…
もちろん僕の子だと思ってるこのかは拒否してたかもしれないが…

「責任とります…彼女は…このかは!僕が幸せにします!!」
僕は次の日に、彼女の両親にそう告げた…
例え本当は誰との子だろうが、このかは僕の子だと思って産むんだ…
だから僕が責任をとらないと…彼女を受け入れてくれる奴は他に居ないのだし
もちろん本当の事を知られるわけにはいかないから、僕が彼女を抱く事はできないだろ…
つまり本当の僕とこのかの子供は作れないんだ…もう絶対に…
でもあの日の約束を守る為にも…僕が彼女は幸せにしないといけない。

僕は法律的に結婚できる歳を迎えると、すぐに彼女と籍を入れていた。
まだきちんとした結婚式は行っていない、戸籍上の紙の上での結婚だった。
彼女は病院に居るのにに変わりは無いままだったが…
その間に、彼女は出産した…それは女の子だった、彼女似の凄く可愛い赤ちゃんだったんだ…
よかった、もしもこのか似じゃなければ、この子を愛せなかったかもしれない…

その後、このかに退院して一緒に暮らそうと言ったのだが、まだ病院の外には出たくないらしい
「ごめんね…でも怖いの…」
盲目の彼女の為に一緒に暮らす家は、そういう風に改装する事にしてたが
それでも彼女は病院から出たくないらしい…よほど慣れない外が怖いのか。

だが僕は、まだ事態を…事実を軽く見てたようだった…

それを知ったのは、数ヵ月後にまた置かれていたあのDVDだ。
恐る恐るそれを観て現実を思い知らされた…
それは妊婦状態のこのかを犯す男の姿だった、まだ陵辱の日々は続いていたんだ!
病院から退院したく無かったのは、外が怖いからじゃない…
彼女は…このかは、この病院内での性行為の虜になってたんだ。

やがて僕にある知らせが飛び込んできた…ついこの間出産したばかりなのに…
このかは二人目の赤子を身篭っていたのでした。

━━━━━━━━━━━━

俺はいつものように、このかを抱いていた
「あん…あぁ~ん!」
もう臨月を迎えるこの少女と…、奴は気づいているのだろうか
まだこのかと関係を続けている俺の存在を…
二人目の赤子を身篭って、すっかりボテ腹となった
このかとの愛の営みを録画し編集したDVDも製作快調だった、
いずれこれも送ってやるさ…さて今度はどんな顔をするのやら。

「早く産めよ俺の子を!そしたらまた種を付けてあげるから…孕ませてやるから!」
「うん…孕む!しずちゃんの…ううん、文彦さんの子を何人でも産むよぉ!!」
もうこのかは事実を知っていた、ショックを受けたものすでにこの快楽に逃れない彼女は
この関係を続ける事を選択したんだ、今では自分の意思で、
奴じゃない俺に犯される事を望んでいる…その結果がこのお腹だ!
もちろん奴はまだこのかが奴の子と信じて孕んでいると信じてるだろう、
すでに愛した少女が裏切ってるとも知らずに、俺の子を育てているんだ…笑えるぜ。
だが…これで終わりにはしない、俺は自分が死ぬ寸前まで、この盲目の少女を孕ませ続ける事にしてる…
まだ奴に事実を伝えるわけにはいかない、しずちゃん頼むぜ、俺の子をちゃんと育ててくれよ。

━━━━━━━━━━━━

それは一人目を出産した後の出来事でした…
出産したばかりというのに、しずちゃんは夜になると私をいつものようにセックスしにきてたの。
「駄目だよぉ…お医者様がまだセックスしちゃ駄目だって言ってたのに…あぁぁ!!」
それでも私の身体は反応しちゃう…気持ちよくなっちゃうの。
「やだぁ…止まらないよぉぉ!!」
そして私の腰も動かせ始めてた、彼のをもっと奥へ挿入させる為に…
そういえば今日はしずちゃんたら、セックス中に何も言葉を話しません…どうしたんだろ?
疑問に思ったけど、徐々に高まるセックスの快感に頭の中身は真っ白にとんでしまっていきます…
もう少しでイキそうになってたの…でも、急に彼は…しずちゃんは私のおまんこの中から
おちんちんを抜いたのです。
「やぁ…どうして?」
「…続けて欲しいのかい、このかちゃん?」
「ふぇ!?」
それは聞いたことの無い声でした、誰なの?
「びっくりしたかい…教えてあげるよ、僕はしずちゃんだよ」
「!!?」
私は驚きで思考が停止してしまいました…だってこさっきの男の声が、途中からしずちゃんの声に
変わったのだから…これってどういう事なの?
「わかったかな、つまり…今まで夜中にこのかちゃんを犯してたしずちゃんは俺だったんだよ!」
「!!?」

嘘…それってどういう…しずちゃんじゃなかったの!私とエッチしてセックスしてたの…
「当然に、この間産んだ赤ちゃんも、俺とこのかちゃんの子供なのさ!」
「そ…そんな…嘘ぉぉ!!!」
悪夢だった…夢であってほしかった、あんなに喜んで産んだ赤ちゃんは、しずちゃんとの子供じゃなかったなんて…
「やだぁ…嘘…嘘だぁ……ひぅっ!」
すると急に全身に快感が駆けていきます…このしずちゃんと思ってた男の人が私のおまんこの中に、
おちんちんを挿入させたからでした…しずちゃんじゃないのにどうして感じちゃうの!?
「あぁ…あぁ~!やだぁ…なんでぇ…!!」
いつものセックスの快感が溢れてくる…すごく気持ちいいよぉ、
「俺の名前は『武藤文彦』…このかちゃんの大好きなおちんちんの持ち主さ」
「文彦さん…あぁ…ひゃぁぁ~!!」
それが今まで私とエッチしてた男の人の名前なんだ…こんな風に気持ちよくさせてくれた男の人の…
「そして、以前に昼間に味わった、このかちゃんが不満気だったおちんちんの持ち主が、しずちゃんだったんだよ」
!?…そうなんだ、あれが本物のしずちゃんのおちんちんだったんだ…あの物足りないのが…
「どうだい、彼のと改めて比べてみて…どっちが気持ちいい?」
「あぁん…文彦さんの…あぁ…方が気持ちいいですぅ…あぁ~!」
即答だった、だって比べようがないよ…この気持ちいい快感に比べるなんて…
でも、あれが私の好きな男の子のおちんちんなんだよね…
「どうする…このまま俺との関係を続けていくか、あの物足りない彼氏ので我慢するか」
やだ…あれじゃ満足できない、でも…このまま事実を知って関係を続けるなんて…
「もちろん、俺と関係を続けるなら、また産んでもらうよ…赤ちゃんを何人も孕ませてやるからね!」
「やあぁぁ…もうしずちゃん以外の人との赤ちゃんなんて…」
そんなの駄目に決まっていた…でも…この気持ちよさを捨てるなんて!
「はぁぁ~!!!」
悩んでいると、私の膣に思いっきり突っ込んできた…頭の中が真っ白になってくる…
凄く気持ちいいよぉ…やっぱり駄目ぇ!こんな気持ちいいの…止めれないよぉぉぉ!!
「私…文彦さんとの関係を…続けます…赤ちゃんも産むから…孕むから!だから…ひゃぁぁ!!」
ドクドクドク…

「あぁ…出てる…文彦さんの熱い精液が膣に…子宮で注がれてるぅ!イっちゃうぅ!!」
私は大きく痙攣してイっちゃいました、出産したばかりの膣奥に精液を注がれながら…
その精液は証だった…私が彼の…文彦さんのものになったという誓いの証だったの。

それから彼、文彦さんとの夜の営みが繰り返し行われていきます…
もう彼はしずちゃんの声真似はせずに、地声で私を犯していきます。
「文彦さんのおちんちん…気持ちいい…もっと激しく動いてぇ~!あぁぁ~っ!!」
しずちゃんじゃないのに、喜び火照る私の身体…彼の乱暴な性行為にイキまくりでした。
「おいしいよ、このかちゃんの母乳…ここに居ない僕達の子供の替わりに飲んであげるね」
「うん飲んで…あぁぁ…お乳吸われてるよぉ…ひゃぁ…」
彼によって母親の身体にさせられた私は、一回り膨らんだ乳房から母乳が出るようになってました。
「まだ少女なのに、ミルクでちゃうなんて…俺のこのかはエロイな~」
「だって…私は文彦さんの淫乱雌奴隷だもん…」
そう…私は彼の奴隷です、こうやって淫らな行為をさせられる事に喜びを感じていたの。
私…いつしか彼を文彦さんを好きになっていたかもしれない、愛と呼ぶかはわからないけど…
でも心の中で、しずちゃんよりも文彦さんの方が占めていました…
そうだよね…この性の快楽を与えてくれたのは、文彦さんだもの…好きになって当然だよ。
昼の面会時間に時々しずちゃんが来るけど、
「あのさ、この間なんてね…」
「そうなんだ」
「昨日このかのお父さんと会ってさ…」
「ふぅん」
彼との会話は彼が一方的に話してきて、私はただ相槌をいれるだけでした。
会話の内容はほとんど聞いていません…聞いてるフリをして、密かにオナニーしていました。
彼の…文彦さんの事を考えながらに…
もうしずちゃんと会ってもドキドキなんてしない、というよりも…何も感じないの。
でも感謝はしてるよ、だって…彼は文彦さんと私の子を一生懸命に育ててくれるもの。
実はしずちゃんと私は結婚するの、子供を孕ました責任をとるという形でね。
だからしずちゃんが、産んだ赤ちゃんの世話をしてました、お互いの親も協力しながらに。
「なぁ…あの約束を覚えているかな?」
「約束…」

なんだっけ…どんな約束をしてたかな…この人と…
「このかをお嫁さんにして一緒に暮らして、外で幸せにしてあげる…だったろ、だから病院を出て一緒に暮らそう!」

「ごめんね…でも怖いの…」

それは嘘だった、本当はこの病院を出たくないだけ…そう文彦さんとエッチできなくなるもん。
「ごめんね…雫くん…」
「うん、まぁしょうがないよな…」
彼はよほど落ち込んでいたようだ、だって…愛称で呼ばなかったのに気がつかないんだもん。

私が文彦さんとの二人目の子を妊娠したのは、それからすぐ後の事でした。

月日は流れ、私はもうすぐ成人になる歳になってた、なのに…もう3人も子供を産んでます。
そして、四度目の出産も間近だったの…まるで妊娠してる状態が普通みたいね私。
私はまた大きく膨らんだお腹を摩っていました、この中に宿る四度目の小さな命を感じながら…
そうなってるのは、彼が…文彦さんが毎日のように私を犯すからなの。
例え一人産んでもすぐにセックスして射精して…受精させられていく…
それの繰り返し…でも私は今の状況に満足していました、

「何を考えているのか、君の旦那は…前から言ってあるだろう、こんな短期で妊娠を繰り返すと母体がもたないって!」
それは3回目の妊娠発覚時にお医者様から言われた事でした…でもその後も結局続けて妊娠しちゃってしまい
こうなるとお医者様もあきれて何も言わなくなって、ただ溜息をつくだけでした、
「いいかい…もうこれで最後にしなさい、これ以上はもう…赤ん坊が産めない体になってしまうよ」

「…って言われたの、あぁ…あぁ~!!」
「そうか…うっ!」
ドクゥゥ…
それでも私は文彦さんとセックスする、この一月前に4人目の子を出産したばかりなのに…
「だからもう…ひぅ!」
「それは無理だな…もう俺には時間が無いのだし」
?…それはどういう事なんだろ、そして私は聞かされました…実は文彦さんの命はもう長くなかったの…

「はぁはぁ…いくぞ!また膣内にたっぷり出してあげるぜ!5人目だぁ~!!」
彼はその短い時間を私に自分の子を孕ます事に命をかけてました…そして私も…
「うん…産むよぉ!もっと産ませて~!!」
一人でも多く彼の子を産む事に賛同するのです…5人目の子を妊娠したのはすぐ後でした。

そしてまた月日は流れ5人目を無事に出産すると、また6人目の子作りに没頭するのです…
だけどそれは数日で終わりました…いつも彼が訪れる夜中になっても彼はやってきません。
どうしたんだろ…私は火照る身体を自分で慰めるしかありませんでした…

一週間が経過しても彼は現れません…そして私は思い切って看護婦さんに聞きました。
「え…武藤文彦さんて患者ですか?…あぁ!ひょっとして一週間前に急死した彼の事じゃ…あっ」
ガッシャーーーン…その看護婦さんの言葉を聞いて、私の心の奥にある何かが音をたてて崩れた
ような感じがしました、そして頬を流れる涙…光を感じない瞳から大量の涙が溢れていうたのです。

文彦さん…死んじゃったんだ…もうエッチできないんだ…やだ…やだぁぁ~!!!

━━━━━━━━━━━━━━━

このかの様子おかしいと連絡があった…僕はすぐに病院に駆けつけた、
病室のこのかを見ると本当に様子がおかしかったのだ、
「…。…。」
何かを小声で呟きながら呆然としているんだ…一体何を口にしてるんだ?
「文彦さん…やだよ…いつもみたいに犯してよ…孕ませてよ…」
!?…俺はその時、理解した…
事情は解からないが…あの男との関係が終焉したのだと。
文彦と言うのは、あの男の名前だろう…きっと奴に捨てられたのだ。

実は僕はショックと喜びを同時に感じていたのだ、まずショックだったのは
このかはもう僕だと思って男に犯されてなかったという事だ、もう本当の事を知ってたんだ。
僕じゃない、別の男性だと知って犯され…そして子を5人も孕んでいた事を…
それは僕に対する彼女の許し難い裏切り行為だった。
でもいいさ…あの男はもう居ない、これでこのかは僕の元に戻ってくるんだ。

今度こそ、この忌々しい病室から出て共に外で暮らすんだ、家族として幸せに…
「もう…いいだろ、さぁ一緒にここから出よう…外に来るんだ」
これはある意味、彼女が外に飛び出すきっかけになるだろう。
僕はそう思って彼女の手を握った…だが
「いやぁぁ~~!!ここがいい…ここに居るの!」
「このか…」
払い除けられた手を見つめ、呆然と立ちすくみます…
「やだやだ…それに、あなた誰?」
!?…確かに最近ずっと僕は彼女に会う事は避けていたけど、それで僕の事を忘れてしまうなんて…
「雫だよ…ほらこのかの恋人で、もう俺ら戸籍上だけだけども夫婦じゃないか」
少し経って、このかは思い出したようだ…しかし
「雫くん…思い出した、おちんちんが気持ちよくない人だぁ…」
!?えっ…何を言って…
「あなたとじゃ駄目…駄目なの気持ちよくなれないの…」
僕はその場であまりのショックに呆然とし、全身の力が抜けて地べたにしゃがみ込んでしまった…
そうだ、きっと…きっと…今は色々あって、彼女は…このかは正常じゃないんだ…
そう…時がきっと解決してくれる、今は駄目でも昔の…あの頃のこのかに、いつかきっと戻ってくれる!
僕はそれを待つ事にしました…もちろんそれは現実からの逃げだったのだが…
再びこのかを病院に残していく…もうあいつは居ないんだ、だからきっと…

そのしばらく後に、このかが6人目の子を孕んでいる事をしりました、あいつとの最後の子を…
そして、もう一つ…短期間で妊娠出産を繰り返したこのかの子宮では、
もう子供は作れないかもしれないと医者から言い渡されてしまったのです。

━━━━━━━━━━━━━━━

あたしは『遠藤ことみ』6歳です、あたしの家族には6人の姉妹がいて長女なんだよ、
若いパパと一緒に暮らしているんだ…本当はママも居るのですが、病院で長いこと入院しているの。
「ねぇパパ…どうして病院のママと会っちゃだめなの?」
そう、実は私…物心ついた頃からママと会った事がありません、会っちゃだめって言われてるの。
「…ママはね、とても重い病気なんだ…だから会っちゃいけないんだよ」
「そうなんだ…でもいつか治って一緒に暮らせるよね」

私の夢は、家族全員で暮らす事でした、早く退院してくれるといな…
「あぁ…そうだな、いつかきっと…うぅ…」
「パパ…あっ…」
ママの事を話すと、パパはいつも泣いてしまうのです…どうしてなんだろ。

「このか…このか~!!」
「私…ことみだよ、パパ…」
こうなるとパパは、私をママだと思うようにぎゅって抱きつくの…
きっと私がママに似てるらしいからだと思う…でも嫌じゃないよパパ好きだし
ねぇ…ママ…パパは悲しんでいるよ?早く戻ってきてよ…ママ…
それまで私がパパを慰めておくからさ…

ママは今、病院で何をしてるのかな…

━━━━━━━━━━━━━━━

文彦さんが死んでから月日は流れました、でも私はまだ病院にいます、何故なら…
「ひゃぁ…あぁ…んっ!」
「噂は本当だったんだな…この病院に肉便器がいるなんて!」
今…私は犯されてます…今日はこのブヨブヨとした巨漢の男に犯されていました。
「あぁ…ぁぁ~!!」
「盲目の美人を好きに犯せるなんて…入院中は毎日きてやるよ!」
「はあぁ…はいっ、いつでも犯して下さい…私をこのかを犯して~!」
それは文彦さんが最後にネットを使って一つの噂を広めたのです…
この病院のある患者は好きにやらせてもらえる便器女だと…
その噂を聞きつけた人が毎晩のように、この私を犯しにきてるのです…
そして好きなだけ、膣やアナルや口にと精液をぶち撒けていくの…
もう子供を産めなくなったから孕む事はないし、膣内出しされても問題ないもの。
「しかし酷い事を書かれてるな…『おまんこし放題』とか『雌豚』とかさ」
私は見えないけど、どうやら私の身体には色々と落書きされてるらしかった。
「じゃぁ俺は…『精液便所』と油性ペンで書いておくよ、おまんこの上にね!」
「はい…書いてぇ…私、本当に精液便所だもん!」

もう私の人間としての尊厳は完全に無くなっていました…
この後も色々な人が来て私を様々な方法で犯していくのです。
私は目が見えないから、どうなってるのかわからないけど…
かなり凄い事をされてるのは感覚でわかります…
でも看護婦さん達にバレないように気を付けてほしいな…
でも大丈夫かも、最近は男の看護士さんが私専用の担当になってるらしく、
彼が色々としてくれてるみたいなのでした。
もりろん、その看護士さんも私を犯すよ、ほぼ毎日ね…

「ヒャンヒャン!」
「あぁ…あぁぁ~~~!!!」
今日の相手は何か変でした、まるで犬の鳴き声を常にしていてて…
体毛も凄いし…まるで本当の犬みたい…
でもそんなわけないよね…鳴き真似の得意な人なんだきっと。
でもこの人のおちんちん凄いなぁ、こんな硬くて大きいの初めてかも
「ウ~…ヒャン!!」
ドグゥドグゥ!!!
あはっ…もう膣出しされちゃた…あれ?
ドクドクドクドクゥ…
うわぁ…なんだか長いよこの射精…それに膣で何か膨らんでいるみたい。
でも凄く気持ちいいよぉ…イク、イっちゃうう!!!
「あぁぁ~~~~~!!」
大きく喘いでイっちゃいました…でも、まだ射精が止まらないの…またイっちゃいそうだよ。

「うわぁ…犬と交尾してるよこの女の子…すげぇ、犬相手にイっちゃてる!」
それは、あの看護士さんの声でした…
「ワウゥ!」
!?…本当に犬としちゃってるの私…人間じゃない犬と!
「本当に出来るか試したのだけど…できるものなんだな、苦労して忍ばせたかいがあったぜ」
そう…実は私ったら、看護士さんが連れてきた犬と交尾させられちゃってたの。
「あぁ…あぁぁ~~!!」

またイっちゃた、やっと射精が済んで終わったかと思ったのに、実はまた私の膣内に
この犬はおちんちんを挿れてきたんだよ、よほど気に入ったみたい…
「あはは…犬としちゃったよ、もう私は人間じゃないんだね…雌犬なんだ…」
もちろんまた落書きが増えました、今度は『メス犬』だって…

もう私の扱いは人間のものじゃ無くなっていました、ただの性欲処理道具として扱われてる…
暗闇の世界でただ肉欲を貪る卑しいメス…それが私なの。
でも…そんな生活が幸せなんです…快楽の…気持ちよくなるなら、この身がどうなっちゃても良かったんだ。

そんなある日、ある事に気付きました…私のお腹が膨れてきてたのです。
もう子供は産めないと言われてたのに、まだ産めたんだ。
でも今度は誰の子かな…犬さんだったら困るなぁ…

まぁ、誰のでもいいんだけど…またよろしくね、しずちゃん…

「あれ…しずちゃんって誰の事だっけ?」

【END】



純愛・恋愛 | 【2015-03-31(Tue) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

有名大学名簿を使ってイタズラ電話でオナニー

うちの近所にある某有名大学の近くの駅のベンチに透明ファイルの忘れ物。
なんやろ?と思って見てみるとサークルの名簿らしき物。
ご丁寧に名前、学部、何回生とかのほかに住所と連絡先、アドレスまでがひとまとめ。
大学の近所に住んでるのは基本的に地方から出て来た独り暮らしの子…
イタ電するならそこが狙い目。それも大学生活にも十分慣れた2回生ぐらいがカモかと。
最初は非通知「184」で掛けるも意外と非通知拒否多し。
ならば普通に…と電話すれば怪訝そうな声をしながらも「もしもし」と出てくれる。
こっちも「もしも~し」と軽く一発。で、第二声は決まって「えっ?誰?」と返ってくる。
ここからがトーク本番。
すっトボケながら「誰って?」と聞き返す。すると必ず「えっ?誰、誰?」との返事。
そんな会話をキャッチボールすると「えっ、マジ、誰か分からないんですけど…」
そら、誰か分からへんよなぁ~と思いつつも「えっ、マジで?加奈子ちゃんやんなぁ~?」と驚いてみせる。
ちょっと沈黙の後に「うん」とも「はい」とも言えないようなバツの悪そうな返事。

「え~!マジに…?オレのメモリー消されてるんや…」と少し寂し気に言ってみる。
ここで「…ごめんなさい」と言わせられるとこっちの勝ちパターン。
もぉ頭の中でいろんな男の顔、名前、声、喋り方の特徴なんかがグルグル駆け巡って
パニック状態。そこで「え~!最悪や…。オレはちゃんとメモリーしてんのに」と
パニック状態にに追い討ちをかけてみる。
「んじゃ、ヒント出したら思い出す?そやけどヒント出して分からんかったら最悪やで?」
まぁ、ヒント出したところで分かるはずもないんやけどさ。
「てかさぁ、加奈子ちゃんって合コン行き倒してるやろ~?」とカマを掛ける。
「そんなことないけど…」っとちょっと不安げな返事。
「合コンで知り合った男に携帯とかアドレスとか教えまくってるんちゃうん?」と
少し強めに言うと「だって…でも何人かだけやし」みたいに自ら墓穴を掘ってくる。
「加奈子ちゃんの言う何人かって何人ぐらいのことなん?20~30人ぐらいとか?」
「え~そんなにはおらんけど…」「おらんけど…何人ぐらいなんよ?」と問い詰める。

「10人ぐらい…かな」だいたい女はこんな話を男にする場合には過小申告するもの。
「ホンマ?ホンマに10人ぐらいなん?」こうなったら頭の中はコンパで知り合った
男の顔が浮かんでは消えパニック状態に。
「て、ことはコンパで合ったことある人やんな?え、誰やろ?全然分からへん」
「いろんな男に教えるし誰か分からんくなるんちゃう?」とたたみ掛けてみる。
「そうやけど…」「そやろ?」「うん…」みたいな感じに。
「てか、オレはコンパちゃうで」ますますパニック。
ここから一番面白かった女は「あっ、分かった!TSUTAYAで会った人?」だと。
TSUTAYAでナンパされた男と勘違いしてきた。こうなったらオレはTSUTAYA君になりきる。
ますます墓穴を掘る女。オレはどんどん話を誘導して行き、ナンパの現場を再現していく。
ナンパされたのは1年ほど前。夜に1人でTSUTAYAにいるところをナンパされたとか。
その男はかなりタイプだったらしく、そのままお持ち帰り(彼女の部屋に)され即マン。
その後、彼女からメールや電話をしても返信などなく音信不通に。
なりすましながら会話を進めてどんどん墓穴を掘らす。

オレはすぐにズボンとパンツを脱ぎしこった。
息使いもわざと荒くしてしごいた。
俺「はあはあ興奮する興奮する。聞いてる?ねえ?」シコシコ
加奈子「・・・うん、聞いてるよ。」
俺「ああん、俺って変態?ねえ?変態?」シコシコ
加奈子「・・・」
俺「はあはあはあ、ちゃんと聞いてる?」シコシコ
加奈子「聞いてるよ」
俺「変態って言って、はあはあ」シコシコ
加奈子「・・・変態」
俺「ああん加奈子様~。好きですうう」シコシコ
加奈子「きもいって、加奈子様とかいうな!」
俺「あっはあはあ、すみません加奈子様、奴隷にしてください。」シコシコ
加奈子「何?奴隷って。怖いんだけど・・・」
俺「加奈子様初めて僕見たときどう思いました?」シコシコ
加奈子「別に・・・」
俺「僕は加奈子様の綺麗な足ばかりずっと見てました。気づいてました?」
加奈子「は?全然気づかなかった」
俺「はあはあ加奈子様逝きそう。逝きそうだよ~」MAXシコシコ
加奈子「早くいけって、変態、早くいけ」
俺「ああ、あああ、加奈子、加奈子いくいく」シコシコ
加奈子「まじでキモいって、お前。名前呼ぶなって」
俺「ああーん、加奈子様のおっぱい、加奈子様のおま○こ、ああんああん乳首~」どっぴゅどぴゅ
加奈子「・・・いったの?」
俺「うん。また電話するわ」
加奈子 ガチャ・・


純愛・恋愛 | 【2015-03-30(Mon) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

言うとおりにします

この週末のできごと。
ちょっとスレの趣旨とは違うかもしれないので、興味なければ読み飛ばしてくれてOK。

ウチは部品の輸送用の資材なんか加工する会社で、俺は営業。
仕事柄、材料を作ってるメーカーなんかもよく売り込みに来る。
特に他社と似たような製品を扱っているようなメーカーは必死。
俺が専門というか、よく扱う資材があるのだけど、やはりほとんど同じような物を2社が売りに来る。
仮にA社とB社とするけど、2社は価格もほぼ同等なので(談合してるかどうかは知らん)
どちらを使うかは完全に俺のさじ加減。
まぁ、そのへんはうまく調整して、片方に偏らないようほぼ均等に発注を出してきた。
面倒だが、こうしておけば例えば価格交渉などが発生したときに俺主導で話ができるなどのメリットがある。

そんなふうに、これまで大きなトラブルも無くうまくやってきたのだが
夏の終わりに大きな変化があった。
片方のA社の担当が、これまでオッサンだったのが急に若いねーちゃんになった。
若いだけじゃない。かわいい。そして胸も大きい。ムリヤリ芸能人に例えるなら・・・柴咲コウ?
例えが適切なんかわからんが、どう考えても場違いな配置だ。社長秘書みたいな雰囲気もまとっている。
ていうか、秘書でいいじゃん。一部上場企業の考えることはよくわからん。

聞けば今年の新入社員らしい。上にも書いたとおり俺はよほどのことが無い限りは
ほぼ一定した発注をするので、勉強のためにはちょうどいいのだろう。
人によってはなめとんのかという話かもしれんが、俺は別に気にしない。

で、その品がよくてかわいくておっぱいのでかい若い女の子が担当するようになったのだが
まだウチとあと数社しか任されていないみたいで、近くでも無いのにがんばって毎週来るのよ。
毎回ちゃんと資料とかサンプルとか持ってきて、緊張しながら説明していく。
オジサン(俺・28歳)も大人なので、世間話も織り交ぜながらちゃんと聞く。
質問をして宿題も出す。こんなのは自分も通った道だ。
メーカーの若者が成長するように導くのも仕事のうちなのだよ。

・・・とか思ってはいたのだが、タイミングの悪いことにその子が担当する前に
大きな物件が決まったばかりで、9月は数字がぜんぜん動かなかった。
ちょっと申し訳ないなーと思いながら、月末になった。先月末の話ね。
ちなみにこの時点で下心なんて一切持っていなかったです。神に誓って。

月末にその子がまた来たのだけど、表情が暗い。
どうしたの、と聞くと「今月、全然予算の数字に足りないんです・・・」という。
ウチが少ない理由はこれこれこうだから、こう上司に報告しなと
前もって言っていたので問題ないが、他も全然足りないらしくかなりきつく上からも言われたとのこと。
「ホントに、どうしたらいいのか・・・わからないんです・・・」と落ち込む彼女を見て
びっくりするくらい急に俺の中の悪魔が目覚めたね。ダークサイド現る。

「足りない数量分買ってやる代わりに、俺の言うことを聞け」という誰もが思いつく
ベタベタな欲望が声になって俺の頭に響いた。
しかしこれを実行に移すのはかなりリスキーだ。
数百万円分の過剰在庫を一時的に持つことだけでもバレたら俺が怒られるだろうし、
なにより彼女が、俺からそのような発言があったことを会社に報告したら俺の人生が終了するだろう。
業務上横領とかそんなレベルじゃない。
普通の人間ならそんな馬鹿みたいにハイリスクな賭けはしないに決まってる。

結論を言えば、俺はおっぱいに負けた。そして、一世一代の賭けに勝った。

事務所と隣接する打ち合わせブースでそんな話はできるわけないので、
とりあえずできる範囲で協力するよといって帰らせたあと俺も外に出て、彼女の携帯にかけた。
「さっきの話だけど、協力してあげてもいいよ。でも、無条件じゃできない。
俺の言ってる意味、わかるよね?」と、今時火サスでも聞かないような
悪役のセリフをスラスラ吐いた。(電話の前に何回か練習した)
「もちろんこれは強制じゃないし、すぐじゃなくていいから社会人としてキミが決断しな」と続けた。
時間を置かすのはまずいかな・・・とそのとき思ったが、彼女の決断は早かった。
「いえ・・・○○さん(俺・28歳)のいうとおりにします。どうしたらいいですか・・・?お願いします」

人生最大のチャンス到来。
これなんてエロゲ?

「じゃあ10月、都合がつく金曜日の夕方こっちにおいで。その後ご飯食べに行こう」とソフトな
表現で要求を伝える。
ただしその後のやり取りで、費用は俺が出すから産婦人科でピルを処方してもらうよう指示。
別に必要なけりゃいいけど・・・といったら、これも受け入れた。
言い訳じゃないが、俺はゴムつけてると勃たないのだ。
完全に鬼畜。レッツ畜生道!

というわけで、先週末、ついに彼女が来た。

事前のやり取りどおり夕方ウチの会社に来てもらった。ちゃんと仕事の打ち合わせもしたのだが、
やはりちょっと緊張してる様子で、それがまた俺を興奮させた。
(ちなみに、彼女が来たのは先月末以来)

で、打ち合わせが終わり彼女を駅まで送って、そのまま帰るといって退社。

まずはご飯を食べに行った。イタリアンがメインで、高級じゃないけどちゃんとしたものが食べれて
雰囲気のいい店だ。いくら鬼畜とはいえ、俺もこれくらいのもてなしはします。
前菜からパスタ、肉料理とアラカルトで頼み、ワインを飲みながら俺が会話をリードした。
ちゃんとしたデートじゃん。食事が進むうち、緊張していた彼女も笑顔で話すようになった。
ワインでちょっと火照った顔がかわいい。

ドルチェを食べ、そろそろ行こっかといって店をでた。
ちょっと彼女も俺も、足元が怪しい感じ。店の前でキス。抵抗は無いので舌を入れたら絡めてくれた。
自分の車はそのままお店に置かせてもらい(顔見知りなので全然OK)、タクシーで俺の家に。
道中、ずっとキスしてた。胸もさわった(でかい)。運転手さんごめんなさい。楽しかったです。
「ちゃんと(ピル)飲んできた?」と囁いたら黙ってうなずいた。ええ子や。

家についたら10時過ぎくらいだったと思う。シャワーも浴びずに絡みあった。
服を脱がすと体は想像よりもずっと細かったのに、胸は俺の手から零れ落ちるくらい大きい。
22歳の体は柔らかいのに張りがあった。
下着がまた、深い紺に赤の模様?が入ったエロいデザインで俺を興奮させた。
お風呂に一緒に入ったりしながら、ありとあらゆることを何回もした。
もちろん、全て中出し。
何度も何度も彼女に注ぎ込んだ。かわいい女の子から自分のものが溢れてくるのは何度見てもいいものだった。

力尽きて寝て、朝になってもまた始めた。ご飯(作ってくれた)を食べて、やって、寝て起きてやって、
・・・結局、彼女を送ったのは今日(日曜)の昼過ぎだった。車のことなんてすっかり忘れてた。
もう何も出ない・・・と思ったが、さっき思い出してたらムラムラしてきたので記憶でオナニーしてみた。

そんなこんなで、夢のような週末でした。しっかり今月も月末大目に取る約束させられたけど。
どうせ1~2週間で使い切る在庫だ。痛くも痒くもない。
以上、また進展あれば書くかもしれません。読んでくれた人感謝!

金曜から日曜昼まで。でも決して強制したわけじゃないよ。土曜の夕方に車思い出して、取りにいきがてら
送るつもりだったのだけど、一緒に帰ってきてしまったw
写メは撮ってない。忘れてた。俺はけっして池面ではないです。中肉中背。ふつう。包茎短小。
文才が無いので、Hのときの会話とかは割愛しました。次があったら挑戦してみるので勘弁して。
喘ぎ声は、押し殺したような感じでかわいかったです。あと、生挿入も中出しも初めてだったみたいで
最初大量に中に出したとき「あぁ・・・」みたいな声がでて死ぬほど萌えた。後は脳内補完してくれ。



純愛・恋愛 | 【2015-03-30(Mon) 21:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

慰謝料

「何だおまえら! 結婚前の約束どおり、俺は車以外はすべてやっただろ!
これ以上何を俺から奪おうというんだ!」

元嫁のキャシーと、女弁護士のヘラに向かって男が吠える。
女弁護士は、一枚の契約書を取り出して淡々と語る。

「契約書の内容は覚えておりませんか?
確かに、結婚前の契約書どおり、こちらのキャシーさんは
車を除くすべての財産をいただきました。
しかし、まだ1つ残ってるんです。こちらに書いてあるでしょう?」

「……ああ、そういえばそんなのあったか。
馬鹿か。こんなのジョークに決まってるだろ!」

「契約書に書いてある以上、それを決めるのはあなたではありません」

ヘラの指差す契約書の、離婚時にキャシーが所有する財産の項目の末尾には、
こう書かれてあった。

デビッド・サンの男性器

「キャシーさんが請求する以上、あなたのそれはこちらのものですから」

「……お前ら頭がおかしいんじゃないのか! 俺のペニスは俺のペニスだ!
それをどうしようというんだ! 帰りやがれ! ぶち殺すぞ!」

「仕方がありませんね。契約書にある以上、強制力があるんですから、
それはこちらにいただきますよ」

そう言うとヘラはカバンから取り出した銃のようなもので男を撃った。

「ばっ……ばかな……マジかこいつら……」

「安心してください。打ち込んだのは特殊弾です。
電撃と筋弛緩剤でしばらくは動けませんけどね。
では、あなたの性器はいただいて帰りますよ」

キャシーとヘラはデビッドをソファに寝かせ、
ズボンとパンツを下ろして、足を開かせた。
男は指一本動かせずに、大また開きでソファに寝そべる。

「さあ、キャシーさん。この男性器はあなたのものです。
いかがいたしましょうか?」

「決まってるわ。あの女に使われるくらいなら、
そのむかつくペニスは切り落としてトイレに流してやるのよ」

「そうですね。あなたのものになったあとの男性器の扱い方については、
契約書では特に触れられていませんし、どうしようと自由ですからね」

ヘラがナイフやらペンチやらを取り出し、準備を進める。

「珍しいケースですので、あまり準備はできませんでしたが、
切り離すことを考えて私なりに道具を集めてきました。
どうやって男性器を切り離しますか?」

「これでいいわ。あんなものチョン切ってやる」

キャシーが包丁を手にしてデビッドのペニスを見つめる。

「男性器以外は傷つけないようにお願いします。
契約書にはそこしか書いてありませんからね」

そう言うとヘラはデビッドに耳打ちする。

「切断後の治療につきましてはこちらの作業分に含まれるので、
生命や治療費のことはご安心ください」

キャシーの左手がペニスをつまみあげ、
右手に持ったナイフはその根元にあてがわれる。

「デビッド、私とってもいい気分よ。

3年の結婚生活の中で、今この瞬間が一番ウキウキしてる。
いまいましいあんたのペニスを切り落とせるっていうんだからね」

ナイフの刃がペニスに強く当たる。
男は体の自由を奪われ、足を閉じることもできないが、
女の顔を見ながら声にならない声でうめき、涙を流していた」

「ふっ。情けない様ね。本当は切り刻んでやろうと思ったけど、
せめてもの情けよ。一思いに切り落としてあげるわ」

そう言った直後、キャシーは右手を引いた。
シュッという音ともに、鋼の刃は赤く染まり、
ペニスの半分あたりまで埋まっていく。
キャシーはかまわず、ナイフを往復させる。
2回も往復すると、デビッドのペニスは股間から離れ、
キャシーの手でつまみあげられていた。

「……やった。ざまあみろ。
これでもあの女と仲良くやれるっていうならご自由にね。
……何よその目は?」

飼い犬におあずけをするかのように、
デビッドの目の前にぶらぶらとペニスを見せ付ける。

「ふふん。いい?  これはもうあなたのものじゃないの。
私のものなんだからね。ちょっと自覚が足りないんじゃない?」

キャシーは勝ち誇った笑顔で、涙するデビッドを見下ろした。

「ああ胸がスカッとしたわ。あとはこいつをトイレに流して終わりね」

「キャシーさん、テスティクル(睾丸)の方はいかがいたします?」

「えっ? テスティクル?」

「ええ。俗に言えばボールです。契約書には『男世紀』と書いてありますから。
彼のテスティクルもあなたのものになりますね」

「そんなの興味ないわ。いらない」

「ではこのままに?」

「うーん、それじゃあいつに残してやることになるからむかつくわね。
ヘラの方で処分しておいてくれる?」

「かしこまりました。方法はどうします?
潰すか摘出がスタンダードかと思いますが」

「潰す? それも面白いわね。でも潰れたモノでもあいつの体に
残しておきたくないの」

「わかりました。ではご意向に最大限にお答えするとなると、
潰してから摘出するのがよいかと」

「ああ、それいいわね。それじゃその方法でよろしくね。
デビッド、あなたもうこれがご自分のものではなく、
所有権は私にあることがわかってないみたいだけど、
これで思い知りなさい。あなたのタマを潰そうが引っこ抜こうが、
私の自由なんだからね。ヘラ、思いっきり痛めつけてやってね」

ヘラは無造作にペンチを手にして、
股間のふくらみから玉の位置を確認すると、
無造作にそれをあてがい――無造作にそれを握った。

乾いた音がして、デビッドの玉は破裂した。
ペンチをはずし、潰れたのを確認すると、
もう一方の玉も同じように無造作に潰した。
彼女にとっては、単なる手術か財産の処分としか思っていないようだ。

さらに彼女はナイフで手際よく陰嚢を切り開くと、
破裂した睾丸を手で握り締め、勢いよく引きちぎった。

「ではご確認ください。ご希望通りテスティクルは処分いたしました」

「はいはい、オッケー。でも、思ったより迫力あったわね。
なんかペニスのときより痛そうで胸がスッとしたわ」

「喜んでいただけて何よりです。では傷の手当てをいたしますね」

ものの数分で傷口の処理を終えると、道具や契約書をかばんにつめる。

「では、デビッド・サン。あなたの男性器は確かにキャシーさんが受け取りました。
これにて財産分割はすべて終了です。
弛緩剤はあと数時間で切れると思います。
傷は数日で回復しますが、それまではこの薬で消毒をまめにしてください。
その間はかなりの痛みを伴いますが、それはご了承ください。
あとはこの名刺に書かれた病院へ行ってもらえば、
必要な治療は受けられますのでお願いしますね」

「じゃーねー。オカマのデビッド。お互い自分たちの道をがんばりましょうね」

病院の連絡先の書かれた名刺を机に置き、2人の美女は去っていった。


純愛・恋愛 | 【2015-03-30(Mon) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*