FC2ブログ

飲み会の後に

文章が物凄く下手ですが、なんとか読んで頂けるとありがたいです。

 演劇サークルに入っている俺は、文化祭の打ち上げで、20人のメンバー全員と馴染みの居酒屋に来ていた。
 初めて俺が脚本を担当し、大成功を収めた事で、次回も脚本を任せてもらう事になった事で、少し上機嫌になっていたのかもしれない。
 普段は1、2杯で止めておくのに、何杯飲んだか分からないほどで、気付いたらベッドに寝かされていた。
 傍らには、俺に脚本の全てを教えてくれた紺野先輩が、すやすやと寝息をたてている。3年生で、俺の一つ上の人だ。スラリとした長身の美人だが、どこか幼い印象も覚える不思議な人であり、俺の好きな人でもある。
 不完全な意識を叩き起こし、携帯で時間を確認。朝の4時。
「あちゃ・・・飲みすぎたかな」
 幸い二日酔いにはなっていなかったが、意識は安定せず、視界がブラックアウトしそうになる。それをなんとか押し留め。先輩の肩を叩いた。
「先輩、先輩」
「ん・・・あれ、ユウくん。なんでベッドに・・・?」
 先輩は寝ぼけ眼を擦り、ベッドを支えに起き上がる。
「分からないです。多分、先輩か誰かが連れてきてくれたんだと思いますけど」
「んっ・・・あ、そっか。ユウくんが酔っ払っちゃってダメダメだったから、私の家に運んだんだよ。珍しいね、ユウくんがあんなに飲むなんて」
 指摘を受け、猛省。弱いのに考えないで飲むと、こういう風になるのだ。
「すいません。つい嬉しくて・・・これも、先輩のおかげです」
「私の?」
 キョトンとする先輩。その先輩に、自分の想いを伝える。
「先輩が俺に脚本の事を教えてくれたから、お客さんを喜ばせる作品を作れたんです。もし俺が独学で、いや、他の人に教わってても、きっと上手く出来なかったと思います」
 まだ酔いが残っているのか。普段なら恥ずかしい台詞が、次々と口から吐き出されていく。
 おかしいな、俺は自分で言うのもなんだが、あまりお喋りな人間じゃない。それなのに、今だけはお喋りに、いや、寡黙である事を禁じられているような、そんな感覚。
「そんな・・・でも、本当に立派だったよ。部長も感激してたし。知ってた? 衣装班のカナちゃんも、ユウくんのこと認めてくれたの」
 カナ先輩が・・・。そう呟き、俺は心の中で思い出す。
 俺が脚本を担当する事になり、一番反対したのはカナ先輩だった。紺野先輩の親友で、誰よりも紺野先輩の作品が好きだったからこそ、俺を受け入れてくれなかった。
 そんなカナ先輩と何度も衝突を重ねて、危うく崩壊しかけた所を立て直してくれたのも、紺野先輩だった。
 喧嘩になった俺たちの間に割って入り、二人ともを叱ったのだ。どちらかを責めるのではなく、双方反省するように、と。
「カナ先輩に・・・そうか。よかった・・・」
 安堵の溜息。舞台終了後に、カナ先輩は一人だけトイレに向かってしまい、飲み会でも俺とは離れた位置にいたので、話す機会がなかった。それだけに、内心ではビクビクしていたのだが。
「ねぇ・・・先輩? 先輩って、彼氏いるんですか?」
 何故か、そんな事を聞いてしまう。不思議だ。考えて言った訳じゃない。無意識的に勝手に口から出てしまっていた。
「ううん、いないけど。それがどうしたの?」
 先輩の疑問系の回答。
 今、言ってもいいのだろうか。もし今伝えたとして、断られたら、今までのような関係でいられるのだろうか。
 良き師弟としての、厳しくも楽しい日々は、終わりを告げてしまうかもしれない。
 そう思うと、伝えようとした想いを、閉ざしてしまいたくなる。
 俺が言わなければ、きっと先輩は気付かない。そうすれば、ずっと仄かな想いを抱いたまま、幸せな気分でいられるだろう。
 ・・・でも。でも、それじゃあいけない気がする。
 自分に正直に。紺野先輩に一番最初に教わった、対話の基本。たとえ先輩でも、自分の意見をしっかり言えという、俺にとっての教訓。

だったら・・・。

「先輩。俺、先輩が好きです」
 それは、きっとか細い声だったと思う。蚊の鳴くような、小さな小さな告白。
 でもそれは、しっかりと紺野先輩に届いていた。
「・・・本当? 酔った冗談じゃなくて、本当に?」
 紺野先輩の頬は赤い。朱に染まった頬は、とても綺麗だ。
「本当です。いつからかなんて分からないけど、気が付いたら、いつも先輩を見ていたんです。だから・・・!」
 そこで一旦切り、紺野先輩の顔を見据えて、
「俺の彼女になってください!」
 時間の事なんて考えられなかった。ただ、想いをぶつけたという開放感と、そしてその後にくる緊張感だけが、全てを支配していた。
 紺野先輩は黙って俺を正面から見つめて、見つめて。そして、ふっと花のような笑みを浮かべ、
「うん!」
 大きく、笑った。

 その後、俺と先輩は演劇サークルで脚本家として活動し、卒業後も仕事の傍ら、元メンバーが主宰する劇団の脚本を手掛けている。
 仕事は忙しいし、育児も難しい。それでも、紺野先輩が隣にいるから、俺は頑張れるんだと思う。
 いや、紺野先輩という呼び方は正しくないな。
 告白の後も、初体験の後も、なかなか直らずに指摘されていた。紺野先輩と呼ぶのに慣れすぎて、名前を呼ぶのが恥ずかしかったのだ。
 だが、結婚して5年。恥じらいも薄れ、普通に名前で呼び合えるようになった。
「香澄」
「優くん」
 それが、俺たちの呼び方。香澄はまだ、俺をくん付けで呼ぶのが、少しおかしくも、楽しい。そんな、ある日の午後。


純愛・恋愛 | 【2014-11-29(Sat) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

結婚前の彼氏の浮気?

私K子・・・・24歳
彼男・・・・・30歳、数ヵ月後に結婚予定
S子・・・・・・39歳 彼男の元同僚

ある日彼男のアパートで、一人で引越し前の荷造りをしてた時にインターフォンが。
インターフォンで応答すると、明るい声で
「彼男さんの同僚のS子と申しますー」と言われ、あれ?と思いつつもドアを開けた。
そしたらS子が家の中に駆け込んできてユニットバスに突進、中から鍵をかけた。
ビックリして外から声をかけたんだけど、
S子は完全に逝っちゃってる裏声で「彼男!彼男!」って叫びだして、
それから「うぎゃぁぁあーーうわぁぁぁぁーー」って泣き出した。
ええええええええええええええ?????ってなってしまい、
仕事中の彼に電話して事情を話すと、
「なんだそりゃ!!」と言ってすぐ帰るといってくれた。
その間もS子の声が聞こえてたみたいで相当焦ったらしい。
私はって言うと「浮気か」「婚約解消か」「親になんていおう」とか「信じてたのにな」とか思って
いつの間にか泣いてた。静かになってシクシクシクシク泣いてるS子は放置。
30分後に彼男到着、中にいるS子に
「S子さんなんですか?何してるんですか!!」と声をかけた。
S子は「彼男君!彼男君なの!」と嬉しそう。でもドアは開けない。
そして「彼男君、本当に結婚するのね!!イヤイヤ、私絶対にそんなのイヤあああ!!!」
彼男も「一体何の話ですか!突然現れていきなり!」
「私ずっーと彼男君の事待ってたわ!結婚なんてぇぇぇーーうわあああああーーん!!」
最初敬語で話し始めたのを見て「あれ?」と思ったが、
どうも浮気という感じじゃないと分かる。
彼男も段々苛立って来て、きつめに「まずここから出ろ!話できないでしょう!」と怒鳴ったら
S子「イヤ!私死んでやるから!ここで手首切ってやるから!」。
私も彼男も愕然。

焦ってドアをガンガン叩き、ノブをガチャガチャさせながら「何言ってるんですか!」、
そしたらS子が「無理やり開けたら切るわよ!本気よ!」
もうドア触れない…
しばらくなだめたりすかしたり、それでも効果はなく、開けようともしない。
何とか話をしようと、ここに来た事情、最近の事なんかを話しかけた。
私は蚊帳の外で聞いてたんだけど、どうもS子には家庭があるらしい。
曰く「結婚してからもずっと彼男君を忘れられなかった」、
「今でも彼男君だけ」「夫とセックスしてる時も目を閉じて彼男君を思っていた」………
その間彼男はS子と話をしつつもどこかへコソコソと小声で電話。
事情を聞きたいんだけど、もうこんな状況で聞けるわけも無く、
私は呆然と座り込んでた。

しばらくしたら来客、彼男はすごい勢いで玄関に行きドアを開けると
そこには40位の男性、後で分かったけどS子の旦那のS夫。
「S子!俺だ!ここから出てきてくれ。馬鹿な事考えるなよ、なっ?」
「S夫!?何よ何で呼んだのよおおおお!!やめてえええええいやああああああ!!!!」
「落ち着け、な?家に帰ろう?S子?」
「いやああもうおしまいよおおおおお!!!」
「俺が悪かったんだ、仕事仕事で(懇々と1時間近く、悪かったよ怒ってないよと以下略」
何とかかんとか出てきたS子。
S夫は私たちに土下座、「一度ならず2度までも」と謝罪。
S子はこちらと目を合わせようともしなかったが、家を出る直前
「ちょっとだけ彼と話させて」と言って先に外に出たS夫を締め出し、
「彼男君…私…あなたと会えたこと後悔してない…
ありがとう…幸せな思い出をくれて…ありがとう…
私たち…これでもう二度と会えないのかな…彼男君…それでもいいかな…」
私も彼も('A`)('A`)……

確かに昔は綺麗だったんだろうなぁと言う顔立ちではあるものの、
今のS子は身長165センチ程、体重推定80オーバー……
生活に疲れたような顔な上にさっきまで大泣き大暴れで顔パンパン。
服は伸びたトレーナーと、スラムの黒人の様なサイズのジーパン。
そんなおばさんがお目目ウルウルってやたら詩的な言葉。
「俺はこいつと結婚して幸せになりたいんです」と彼が言ったら
「そう…じゃあ本当に…さよなら…なのね…
お幸せに…彼男…私本当に愛してた……」

S子たちが帰った後、やっと彼男が私にちゃんとした事情を説明してくれた。
私と付き合う前、新入社員だった22歳の彼が、
同僚で当時31歳のS子に色々仕事を教えてもらう内に憧れる様になり、
そして彼男から告白して付き合う事になった。
付き合ってから一ヶ月頃、S子の婚約者S夫が登場。つまり二股。
修羅場の真っ最中、S子はS夫に「彼男にそそのかされて魔が差した」と泣いて謝り、
彼男は上司やら同僚やらに来てもらって釈明。
会社の人誰一人としてS夫の存在を知らず、むしろS子に
「君は婚約者が居るのにもかかわらず彼男君と付き合ったのか!」と怒った。
それで何とか事なきを得たものの、その後SとS夫は双方の両親も交えての修羅場、
だけども直後にS子は退職、風の噂でS夫と結婚したと聞いたそうだ。

そしてそれ以来8年間全く音沙汰もなく、今回S子と聞いてもピンとこなかった位だったらしい。
その時S夫の会社名を聞いていたので、直接S夫の会社に電話してきてもらった。
それ聞いてまた('A`)…地雷女こわーー…
その後、S夫から正式に謝罪したいので会いたいと言われたそうだが、
それは断り、電話で聞いたという話。

S子は会社を逃げるように退職した後、すったもんだの後結局S夫とやり直す事に。
でもやっぱり実家からも呆れられて疎遠になり、
S夫両親からは疎まれ、親戚ともうまくいかずに鬱々としていた。
しかもS子は結婚してからも仕事を続けたかったし、上級資格も持っていたのに
なかなか新しい就職も決まらず、イライラしていた。
その内S子が妊娠、実家とも仲直りししばらくは落ち着いていたが
S夫実家の親がDNA鑑定をしろだのなんだの言ってきてまた落ち込み、
さらに軽い育児ノイローゼに。
しかも体重が増えまくってしまい、もう毎日泣いてばっかりいたという。

彼男によるとS子は美人でスタイルもよく、後輩や部下たちから慕われている
仕事ができるかっこいい女だったそうだ。
この事件の前日、S夫はS子に
「最終的に結婚するんならどうしてあんなに大事(おおごと)にしたのよ!
私が今こうなっちゃったのはあんたのせいよ」
となじられ、それで大喧嘩になったという。
S夫も「言ってはいけない事を言ってしまった」らしいんだが、
でも自業自得つーかなんつーか…
本人は多分若い男と軽く遊ぶつもりだったのかなと思うんだけど、代償は大きかったね。
このS夫が最大の被害者だと思うんだけど、
「子供の事もあるから…」と離婚はしないような事も言ってたみたい。

今は彼男と結婚してそろそろ3年になるんだけど、
「あと5年で8年か…」とか一瞬思う時があってちょっと怖い。
8年周期の女なのかもしれないしw

わかりにくいね、ごめん。

つまり
「両方の実家やら会社やらも巻き込んでおおごとにしたせいで、
私は今夫実家ともうまく行ってない。
結局は許して結婚するんだから、最初から怒らなきゃいい。
私が今不幸なのはあなたが悪い」

って事。
まあとにかく勝手な事を言ったものです。



中出し・妊娠 | 【2014-11-29(Sat) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

プール男 ~~美人教師が高給ディナー~~ 【完全版】 31~36(完)

【31】
俺が右回りにチンポを旋回させると先生は逆回りに腰を旋回させていく・・・。
すると先生の凸凹粘膜が俺のチンポをヌラヌラと逆走してこすれていくわけ。
「うわっ・・・すっげ・・・やっべ・・・」
俺は思わず腰を引っ込めた。だってもう出ちゃいそうなんもん。
肉厚な先生の陰唇がペロペロ~ン・・・と俺のチンポを撫で越すっていく。
「あぅぅ~あっあっ・・・うぅ・・・」
内側をめくりあげられて先生も超苦しそうっす。こめかみに浮いた青筋が
ピクピクいってんだもん。
見ればせっかくシャワーを浴びたにもかかわらず既に胸元には大粒の汗が
にじんでいらっしゃる。立ちきった先生の乳頭が興奮の度合いを如実に
現しているっす!超うれしー。

半ばまで引き抜いたチンポ。(と、とりあえずちと休まないとマジ出るヤバイ)
さっきまで没していたチンポの根本がネットリと湿っているのが見える。
正直あんまり休んでもいられない。女は雰囲気でセックスをする生き物なのだ。
しらけたムードは作りたくなかった。俺は先生の状態を引き起こしダッコの
状態にもっていったわけ。
「あっ!○○くん!○○くん!」先生これを待っていたのか一層大きな
よがり声を出すと俺の首に細腕を巻き付けてきた。
愛おしげに俺の頭を撫でてくれている。どうやら女は密着状態が好きらしい。
俺の褐色に焼けた上体に真っ白な先生の体が絡み合う姿が鏡に映ってる。
(見ちゃいかん!見ちゃいかん!)思わず目を逸らす俺だった。
だって興奮して爆発しちゃいそうなんもんマジ。
自己催眠に陥るような状態になんのよほんとに。

目を逸らしつつ上下にピストン運動を開始する俺。
が、上下に体を揺すってもベッドがギシ!ギシ!きしむだけで
ちっとも結合部の出し入れには結びつかない事が判明。
(あれ?何でだ?)と、ちょっと体をやみくもに動かしながら
俺は腰の動かしを色々試してみたりしてた。
そしたら先生の方が率先的にヘコヘコと腰を前後に動かしてくださったわけ。
するとチンポとマンコがいい具合に擦り合わさっていく・・・。
(うぅ気持ちイイッス!)
なるほど、俺もそれに合わせて腰を前後にヘコヘコ動かした。
チャップチョプ・・・チャプニャププゥ・・・・と
過剰に蜜を溢れさせた繋ぎ目から湿った音が出る。
音と同時に先生の豊満な乳房が上下にタプタプと揺れている。

「あっ!ハァハァ・・・うぅ・・・ハァハァハァ・・・」熱い息を漏らす先生。
俺をトロンとした目でジッと見つめていらっしゃる。
(き、キス?キスがしたいのか?せんせ・・・)
そんな気持ちで見つめ返す俺。
したらもぅブチュー!って先生(しんぼうたまらん!)って感じで
唇を重ねてきた。強引に俺の口内に押し入ってくる先生の舌先。
ネロネロレロペロロ・・・・ピチャクチャピチャって感じで俺の口内をかき回す先生。
と、同時に先生腰をクネクネと卑猥に揺らしながら入口もかき回していらっしゃる。
上下の口で快感を味わっているらしいっす。
先生のムッチリした尻の肉を鷲掴みにしてみる俺。
俺の指の形に溢れた苦しそうな尻肉が鏡に映っている。
その鷲掴みにしたお尻をグリグリと自分の股間の方へおしつけてみた。
チリチリと若干濃いめな先生の陰毛の感触が下腹に感じる・・・。

もぅミッチミチに入って先端が奥にあたってるっす!
「うぅぅぅ~!おっきぃ!○○くんの・・・おっき・・うぅあぁ・・」
先生、濡れ髪をバサバサと振り乱しながら言ってんの。
(おっきぃのか?俺の・・・)そう思った記憶がある。
実際ちょっと大きいらしい事がその後他者との比較で分かった。
「あっ!あたるぅぅ・・・お腹に・・・あたって・・・くぅ・・」
苦悶の表情を浮かべる先生。マジ苦しそうだった。
(苦しいのか?気持ちいいのか?どっち?どっち?)
経験の浅い俺は随分判断に迷った。痛いのかな?ともとれるし先生気持ち
よくても苦しそうな顔するし・・・。
まぁ、これもその後の経験であんまりガツゴツ奥に当てるのはダメらしいと
いうことが経験で明らかにさせる訳だが。当時の俺には分かろうはずも
なかった。こればかりはしょうがない。

当時の俺は痛いと判断し一回チンポを引き抜いたわけ。これは今考えても
間違ってなかったと思う。そして先生の背後にまわる俺。
先生は俺がバックを欲してると思ったのか自ら四つん這いになって
お尻を預けてくださった。こういうところが大人だと思った。
俺は先生の腰に手を回すと先生の体をグイッっと引き上げる・・・。
背後からダッコの形にもっていく、太ももの肉が俺の腰が落ちると
同時にブルンと震えている。先生のマンコを指で押し広げ進入路を確保した。
もいっこの手で自分のチンポをつかみ先生の入口へとあてがっていったわけ。
「い、いや!・・・こ、この格好いやぁ・・・やだぁ・・・」
何でか分からないけど先生急に凄い暴れてんの。
どうした?この体位に何か問題ありっすか?とまどう俺。
が、すぐにその原因が判明した。

なんと真ん前の鏡に俺に抱き上げられた先生がデカデカと映ってるのだ。
先生、恥じらいながら手で自分の目を覆い隠していらっしゃる。
そりゃ恥ずかしかろうハハハ!と思わず心の中で笑ってしまう俺。
だってほんとデカデカと映ってんのマジ。
先生の赤く腫れたマンコとかもパックリ口開けちゃってるのがミエミエなわけ。
「い、入れるよ・・・せんせ・・・」
俺はそう言いながら先端を先生の中に潜らしていく・・・。
指で押し開き繋ぎ目を強調してみる俺だった。ピンクの肉ビラがペロ~ンと
めくれ内壁が粘液で糸を引いて明らかになった。
「やだやだ!こっち向かせないでお願い・・これ・・
あ、あたし・・・変になっちゃぅぅ・・」
暴れる先生をたしなめるように割れ目の上部にぽつんと隆起した豆粒を
つまんでみる俺だった。

「ヒィ!」と叫びながらピクン!と体を反応させる先生。
せんせ、ほんとここには弱いんだよな。ほんと困った時のクリ頼みだ。
俺はヌヌゥゥ・・・・と大きいらしいチンポを中に挿入しつつ
先生のクリをクニクニクニクニクニクニクニクニクニクニクニクニクニクニクニクニクニクニと撫ではじめたわけ。
「ハァァ!ックゥゥ!・・それ、ダメ!ダメダメ!やだ!やだ!やだ!やだ!
イッちゃうから!イッちゃうから!アガガガ!ぐぐぅぅぅ・・・ひぃぃ」
暴れまわる先生。口を弛緩させ涎がツー・・・とこぼれている。
ニュゥゥ・・・ヌヌヌゥゥ・・・と没してはヌラヌラ・・・と現れる自分の
チンポを漠然と俺は眺めていた。引き抜くと同時に内壁が俺のチンポに
へばり着き外側に赤むくれした粘膜が露わになっている。
もう何ていうのかなピットリと貼り着いてるから外側について来ちゃうみたい。
ピンク色の粘膜に毛細血管みたいなもんまで見えたし。

「イッテル!イッテル!イッテル!○○くん!ア~!!ググゥゥアガ!・・・
イッテル!イッテル!イッテ・・・」
コリコリコリ・・・と先生のクリをしこり続けてたら先生もうお逝くきに
なっちゃったみたいっす。が、女のイクなるもんが分からない俺。
男は出せば(イッタ)だが、女のゴールが分からないわけ。
イッタら止めた方がいいのか?でも俺まだイッてないし・・・。
でもイキそうだし・・・。どうする?どうするよ俺?。
するとベッドの小脇にあるスタンドの下にコンドームが有るのが
目に入った。だ、出すなら着けないと・・・
いや待てこの状況でゴム改めて着けんのか?
おいおい中で出す気か?それはダメだ!
いくら何でも最後ぐらいは・・・
じゃ着けるか?このタイミングで?
そ、それは・・待て待て待て外に出せばイイんじゃん?
ソレダ!

けど万が一間に合わなかったら・・・
バカ間に合わせろ!
だから万が一って言ってんだろ?
じゃー途中で引き抜いて自分でシゴイで出せよ。
出すってどこに?
バカ!それぐらい自分で考えろ!
ふつーどこに出す?顔?
バカ殺されるぞテメ。
俺の拙い性情報が脳内で錯綜している。
するとその時だ
ビシャ!ビシャビシャ!と噴水というか霧吹き状に先生との結合部から
液体が噴射されたのだ。超驚いたってマジ。え?え?え?
し、しっこ漏らした?度肝を抜かれる俺だった。

痙攣している先生の内股にかかった液体を指でこそげ取ってみる・・。
愛液にしてはサラサラしているが、
シッコにしては若干粘ってる気がする。
わかんね、マジわかんね女体の神秘だ・・・。
先生の顔をのぞき込む俺・・・。
口をパクパクさせながら天を仰ぎ微妙に白目を剥いていらっしゃる。
焦点が合ってないというか、正直ちょっと怖かったっす。
と、若干ヒイたその瞬間
パカァ・・・っと根本まで挿入されていたチンポの内壁が弛み
宙に投げだされたような感覚に陥ったわけ。
あれ?外れたか?と思い繋ぎ目を覗き込もうとしたその時だ、
ギュギュギュギュゥゥゥゥッ!弛んだ内壁が内側に収縮し始めたわけ。

「ふぅわわわ!あぐ!ぐぐぅ!」
(ななな何じゃこりゃぁぁ?)びっくりする間もなく射精しそうだった。
もぅほんっとにギュンギュン!いってんのよアレ何だったんだろうな?
あれはその後も体験した事ないよ。同じような事は試してみたけど。
「せ!せんせ!弛めて!やばい、でっでで出る!出ちゃう!」
が、あれは本能なんだろうな上体を理性で引き離そうとするんだけど
腰から下の力が抜けちゃってビクともしないの。ブルブルいっちゃって。
まずい!まずい!超ピンチだっ。
「出るから!せんせ!中で出ちゃうから!なかっうぅぅ・・・」
言ってるさきからもぅ出そうっす!くじけそうだ!
「い、いいよ○○くん、な、中で出して・・・だ、だいじょうぶ・・・」
かすれた声で先生がおっしゃった。
「え?」念のため聞き返す俺。

「な、なか(膣内)で・・だ、出して・・・いっぱい・・・」
先生苦しそうに身をよじらせながら声を絞り出していた。
ギュギュギュギュゥゥゥッ!・・・・バカァァ・・・ギュギュギュ!・・・
そう言ってる間にも収縮と弛緩を繰り返す先生のなか(膣内)。
どうやらなか(膣内)が絞まってる間は先生の声がカスレるようだ。
「ほ、ほんと?・・・いっぱい出ちゃうよ?・・・ほんと・・・なか・・」
念の為・・・念のため・・・聞かなきゃ・・・。
一時の気の迷いでい言ったのかもしれんし。
「だして・・だして・・・君の・・・お腹の中にいっぱい・・・大丈夫・・・」
ウガガガガァァ~!もぅそこまで言われたらもう辛抱たまらんですタイ!
俺はユサユサと踊る先生の乳房を掴むと前に倒れ込み先生の体をベッドに
押し付けていった。ミッチミチに柔肉の詰まった先生の大きなお尻を自分の
下腹部で押し潰していく・・・。ムニムニムニと俺の動きに合わせて潰れる
双臀部の感触を味わい尽くしていったわけ。さっき放射した先生の
正体不明な液体でシーツが少し湿っている。

ニュププゥニュプニュプゥゥ・・・繋ぎ目が粘液で泡立つ音がする。
うつ伏せになった先生の髪に俺の顔をもぐらせていった。
シャンプーと汗の混じった甘酸っぱい匂いがする。
ペロペロと首筋をなめてるのは俺を気持ちよくしてくれている
せめてもの先生への愛情表現だ。
せんせい頭を左右に振って超切なそうっす。
たまに足をパタパタしていらっしゃる。やりきれない感じだ。
「うおぉ!おぅっ!イっぐ!イグ!イグゥゥ・・・お、俺!もぅ!・・」
射精宣言をする俺。先生の脇の下に手を入れると先生の体を引き寄せた。
グリリリッ・・と奥にあたってチンポがへし折れそうだった。

「きて!きて!きて!出して・・・君の・・・気持ち・・・」
足をパタパタとさせながら先生がうめくようにおっしゃった。
尿道にツン!とした感覚が走ると睾丸から精液が発射される瞬間だ。
ドック!ドックン!ドックン!ビュビュゥ・・ビュゥゥビュ・・
ビュビュビュビュゥゥ・・・ドックドックドック・・・ドック・・
ドクドクドク・・・ドクドク・・ドク・・トク・・・・トク・・・
トクトク・・・トク・・トク・・ヒクン・・・ヒクン・・・ヒクンヒクン・・・ヒクヒク・・・ヒク・・・ヒク・・・クン・・ク・・
俺の尿道を通り先生のなか(膣内)に精液が注ぎ込まれていく。
先生への今までの思いと共に止めどない精液が続いていく。
あまりの快感で俺は先生にしがみつきながらブルブルと体を震わせていた。

【32】
正直、凄いヘタった・・・。
やっぱ雨に当たったのがいけなかったのかもしれん。
射精し終えた途端にドヨーン・・・・と鉛みたく体が重くなってくんの。
(やべ、もしかして風邪ひくかも)俺はズルリとけだるく先生の中から
チンポを引き抜くとそのままうつ伏せに固まってしまったわけ。
先生もハァハァとはずむ息を整えていらっしゃるようだ。
(チクショー)本来なら抜かずの三連発を目標最低ラインに置いていただけにこの体たらくは情けなかったマジ。
「あ~あ・・・あ~・・・」と先生何かボソっとおっしゃった。
「うん?」と俺は先生の方を見た。
「ああ~!やだやだ!変な事言った!わたし!変な事言った!?」
いきなり大声出して俺に聞いてくるからびっくりした。
(ななな!何?なんすか?Hの後急に・・・)

俺は目を丸くして先生を見た。っていうか意味わかんね。
「忘れてね?全部忘れてくれるって言ったよね?」と先生。
「何を?」と俺。他意はなくほんとに分からなかった。
「あ~!またそうやって約束破るんだ?」と先生何か怒ってらっしゃる。
「いや、忘れるって約束は覚えてるって。先生が何か変な事言った?って言うから何を?って聞いたんじゃん」と俺が言ったわけ。
「へ、・・・変な事って・・・いい・・何でもない・・・ごめん」
と言って急にシオシオと小さくなってんの。
(どうしたんだろ?)俺は先生の意図を必死に解析したがどーにも思いあたる
ふしがなかった。(変なこと・・・へんなこと・・・何か言ったけか?)
思いを巡らせる俺。

「う~・・・何であんな事を・・・あたし・・」
そう言いながらうつ伏せにつっぷし脚をバタバタさせてんの。
とても苦しそうだ・・・。ここまで言われるとこっちが超気になるじゃん?
俺は凄い気になった。(何だっけか?何か言ったっけか?え~っと・・・)
記憶を必死でたどる俺だった。
「あ!先生溢れてる溢れてる!」見るとうつ伏せの先生のマンコから
タップリと放出した俺の精液がトロトロと先生の下の窄まりをつたって
流れ落ちてるわけ。シーツにコンモリと盛り上がる俺の精液・・・。
ペースト状だからなかなかシーツに染み込まないらしい。
俺はティッシュを二~三枚掴むと先生によこした。
「あ~あ、○○君のってちょっと多くない?」と先生。
シーツにこぼれた俺の精液を見て呆れて言っている。

「普通もっと少ないの?」と俺。
っていうか他人の量見たことないし。
「う~ん少ないと思うよ。やっぱり自分で出してないからなのかな・・・?」
と先生シーツの汚れも拭き取っている。
ニチャァ・・・っと糸を引いてヘバリ着く俺の精液を見てた。
こうして見ると可愛い気のない液体だなザーメンって。
「あ~あ、ひどいな・・・彼女できたら中に出しちゃだめよ?絶対!」
と先生がおっしゃった。
「分かってるよ、先生が中でいいって言うから・・・」と俺。
俺はほんとに外で出すつもりだったのだ。
「私はもう妊娠の心配しなくていいからいいの」と先生。
「え!?何で?」と俺。びっくりして聞き返した。

「妊娠してるから」と先生あっけらかんとおっしゃった。
「ま・・・まさか俺の・・・」
この瞬間の緊張感はちょっと言葉では言い表せないな。
ダランとしてたチンポがキュンと縮んだからねマジ。
「だったらどうするのよ?」と先生真顔で応えた。
(え、そうなの?ほんっとにそうなの?マジ?マジ?マジ?マジ?)
自責の念にかられる俺だった。後悔先に立たず。先人の言う事はごもっともだ。
次の言葉を返そうとするが何もでてこねー。返せるだけのキャリアが
ないのだ。まったくもってない!中卒で働けと言われれば働くが。
おろせなんちゅう恐ろしい言葉など絶対吐けるわけもなく。
俺はただただ俯いて小さくなってるしかなかったのである。
今思い出しても超みっともねー。

「ずぅっっと中に出しつづけてくれたもんね?」と意地悪い声で先生が言った。
フルチンでベッドの上で正座しまるで説教されるように下を向く俺だった。
「そりゃー赤ちゃんできない方がおかしいわ」と先生教団に立った時の
シビアな物言いに戻っている。
「せ、せんせ俺何でもする・・・中卒で働けって言うなら俺・・・」
半分泣きべそをかきながら先生にいいかける俺。
「う、そ」と先生。
「へぇ?」と俺。間抜けなことに声まで裏返ってる。
「三ヶ月だからね、残念ながらあなたのじゃないわフフ」
と先生不敵に笑っている。
「なぁ~んだよ!も~!マジ・・・信じらんね~!・・・・」

と言うと俺は大の字にベッドの上にぶっ倒れたわけ。ドスン!と。
「泣きべそかくぐらいなら、もう中になんか出さないわよね?○○くん?」
と先生ケタケタ笑ってらっしゃる。(あ~好きなだけ笑ってくれよもぅ)
「せ、先生だって、俺の事がずっと欲しかったくせ・・・」と言いかけると
「うわ~!!言うな~!!それ言うな~!!」と言って俺の上に先生が
のし掛かってくんの。(これか~?変なことって)やっと分かった。
のし掛かった拍子にプニャっとした柔らかい先生の肌の感触が伝わってくる。
「ちがうの!ちがうの!あれは物の拍子で!・・・」と先生大慌て。

どうでもいいが先生が乗ってるとユサユサ豊かな乳房が揺れてるわけ。
萎えたチンポがだんだん力が漲ってくるのが分かる。
ぐいっと体勢を入れ替え先生を組み伏せた。
「キャァ」と先生小さく悲鳴をあげた。
「欲しかったんでしょ?」と言いながら体を重ねていこうとする俺。
「いや!こら!ちょ!ちが!やめ!○○くん?」ジタバタしている先生。
先生の両手を抑え唇を重ね黙らせていく俺だった。

【33】
最初ジタバタしていた先生もおとなしくなり、どうやら二回戦を
容認してくれたごようす・・・。
図々しくも再び先生の口内に自らの舌先を潜り込ませていく俺。
チロチロとあまり主張しすぎない程度に舌を絡めていった。
あんまり主張するとやっぱりイヤ!とか言われそうだったし。
あ・・・でも・・先生も徐々に俺の中に入ってきてくださった。
先生の舌が俺の舌に絡まると若干ザラついた感触が脳に伝わってくる。
さ、最後だからね・・・。唇の感触とか先生の舌の感触とか全部
味わっておかねば・・・。俺は先生の歯の感触とかも舌先でチロチロと
確かめた記憶がある。上唇も丁寧に口に挟んで横にスライド
していく・・・。「うぅん・・・んぅ・・んっんっぅぅ・・」
と先生もどかし気な声を出しながら俺の気持ちを汲んでくれている。
こういうのはやっぱり嬉しいっす。一方的だと萎えるから。

が、問題なのはさっきから鼻先がツンツンしてしょうがないのだ。
そう、クシャミの前兆ってやつ?
必死に我慢する俺。雰囲気壊したくないし。だって先生ようやく
俺を受け入れる気持ちになってくれたらしく俺の背中に手を這わし
なでなでくれているのだ。ここでハクション!なんてやってみろ。
一発で雰囲気ぶち壊すことは間違いない。
が、またほら・・・アツーン!と・・・あぁもうウザイなぁくそ。
かまわず俺は先生の上に完全に圧し掛かりゆっくりと先生の脚の間に腰を
割り込ませていく・・・。とにかく興奮しそうになると鼻にくんの。
あ、先生の前髪が乱れている・・・。俺は先生の髪をかきあげた。
額に汗がにじんでいる。あぁ、まつ毛長いなぁ・・・ほんと。
これ付けまつ毛じゃね?ってぐらい長かった。うーんだから陰毛も
濃い目なのかな?とか思ったり。でも範囲は狭かったけど。

ちょっとまぶたにチューしてみた。「え?」と先生びっくりしてらっしゃる。
「すんませんつい・・」と俺。ちょっと強く吸いすぎたかもしれん。
「何で目ぇ?」と先生。「瞑ってるまぶたがエロかったから・・」
と俺素直に応えた。「あっそれ前にも言われたことある。私」と
先生ちょっと嬉しそう。ふぅ、どうやら怒ってるわけでもなさそうだ。
(だんなに?)と聞きそうになり慌ててやめる俺。
やばい雰囲気ぶち壊すとこだった。
「え?俺以外にも男居たの?ショック・・・」と
もって回った言い方をする俺だった。さっき怒涛の射精を済ませた
後だけにギラギラ感はない。ふざけた話も楽しめる余裕があった。
「バーカ!」と後頭部を叩かれた。(むりもない)

「でも中学生とのセックスはあなたで最初で最後ねハハ」
と先生感慨深げに言った。何でか知らないが言いながら俺の尻を
ペンペン叩いてんの。「あっ尻叩くなよ~」と言って自分の尻をプリプリゆする俺。
「きみイイお尻してるよねアハハハ」と言って俺の尻をぷにぷにつまむ先生。
「やめ!くすぐって!ちょマジやめろよ」といって体を逸らす俺だった。
完全にお遊びセックスモードだ。
「そんなことすると、もう・・・い、入れちゃうぞ!」
と俺は怒ってビンビンに漲るチンポを主張して見せる。
「いやよ、入れさせてあげないっ」と先生手でマンコを隠してんの。
「何でだよ!ずっと前から俺が欲しかっ・・・」といいかけたそのとき
「だーからそれを言うなぁぁぁ!」と言って先生俺に枕を投げつけてきた。
バスン!と俺の顔面を直撃するとベッドのしたの絨毯に落ちた。
バスローブもちらかり相当だらしがない状態になっている。

「ファークション!クション!クション!ハァァックッシュ!ヘブシ!」
途端にさっきから我慢してたクシャミが連続して止まらなくなった。
「ヘッブシ・・・ッックション!」なみだ目になる俺。
「ごめん!ちょっとあんた大丈夫?」と先生も心配してるみたい。
ティッシュを俺によこしてくれた。それを受け取ると思いっきり鼻を
かむ俺・・・。「だ・・だいじょうぶれす・・」と辛うじて応えた。
「あなた雨にあんなにあたったから風邪ひいたのよ・・・もぅ」
と言って床に落ちたバスローブをひろってかけてくださった。
こういう気遣いが大人だなぁとか思った記憶がある。
「ちょっと待ってなさい。お風呂にお湯はってくるから・・・」
と言って先生立ち上がるとバスルームに行き蛇口をひねっていらっしゃる。
擦りガラスに薄っすら映る先生の肌色の肢体を見てた。
(せ・・・セックスもうなし?)と思いながら。

【34】
俺はとりあえず小窓から外を確認してみた。いくら真夏で日が長くなってるとはいえ
さすがにもう暗くなっている・・・。っていうか、元々この辺は昼間でも
薄暗いのだ。ちょっと暗くなると雑木林が真っ暗闇になっちゃって
もう外がどんな状況なのかは全く分からないわけ。しかし夜空を見上げると
さっきの豪雨が嘘のように晴れてんの。星がチラホラ見えてるわけ。
うそだろ~?わけわかんね。本当にこの頃の天気はどうかしてる。
TVでも特集してたしな・・・。地球温暖化が原因なのかもしれない。
外の電灯に虫が集まってブンブン飛んでる・・・。結構でかい虫も飛んでたから
もしかしたらカブト虫とか飛んでたかも。ちょっと前の俺なら嬉々として
捕まえに行ってたのになあ・・・とか、えらく感慨深い気分になった。

それが今の自分ときたら学校の教師とラブホでセックス・・・。厨房のくせに。
正直ラブホなる所に自分が行くなんてこと厨房の頃から想像できる奴いるか?
まあ今の子は進んでるからそういう子も居るんだろうけど、正直当時の
俺はキスとかにもっていく雰囲気にもっていく事すら想像できなかったよマジ。
まだまだ花より団子って感じだった。女とデートするより野郎同士で遊んでる
方が面白かった。本当の意味で女の子に興味持ち出したのは高校に入ってからだったな。
厨房の頃からオナニー小僧でもそれ以外はまだまだガキだったんだと思う。
う~それにしても鼻がムズムズするわけ・・・。ちくしょもう一回は絶対
やるつもりだったのに・・・。最後の最後だけにたった一発っていうのは
メチャクチャ心残りだマジ。俺はティッシュを再びつかみ鼻をかんだ。
恨みを交えて思いっきり。「どう?まだ降ってる?」と背後から声を
かける先生。「うん、晴れてるよ」と俺。
「え~?ほんとに?」と言いつつ先生も小窓から外を見た。

むりもない。さっきの豪雨からすれば今晴れてるというのはちょっと驚きだったマジ。
あれ?先生もうバスローブをまとっている・・・。
あ~あ、もうやる気ないんだろうな・・・どうせ・・・。
「ほんとだ、星でてるね~」と先生俺の気持ちなど知らずに呑気におっしゃった。
そうっと先生の背後にまわり名残惜しむように先生の肢体を眺める俺・・・。
(う~やりたい、やりたい、もう一回やりたいっす・・)
募る俺の思いと共に俺のチンポもギンギンに漲っていく。
思わずバスローブの裾を手にかける俺・・・。ゆっくり気づかれないよう
捲りあげていく・・・。「さっきあんなに降ってたのに、信じられないわね~」
と先生俺のよこしまな行為に気づかずに言っているわけ。

ムッチリした太腿が露になっていく・・・。今思うと先生ちょっと鈍いのかもしれない。
だってもう・・・大きな尻が丸見えになってんのに気づかないんだもんマジ。
水着の跡で尻の部分だけが真っ白にパンツ状に強調されるから余計に大きく見えるのかも。
青い血管が薄っすらと透けて見える・・・。
俺は適当なとこまで捲り上げると先生の腰に腕を絡めていく・・・。
グイっと腰を入れるといくら鈍い先生でもさすがに気づく。
「キャア!ちょ・・こらっ!」と慌てて逃がれようとするがもう遅い。
先生の下半身は完全に俺に支配されているのだ。
ヌゥ・・・・っと先生の中へぶっきらぼうに入っていく俺のチンポ。

「アッアッ・・・もぅ・・・あなた・・・風邪ひいてるのに・・・」
小窓に手をかけつつ先生まだ腰を揺らして抵抗をしている。
俺は諦めさせるように一回チンポをヌラヌラと引き抜き、一瞬間を置いて
ズーン!・・・と奥へ突っ込んだ。
「アッ!ア~!・・・あっ!うぅぅ・・・」と、一瞬先生の体が反り返ると
俺のチンポが奥に到達した瞬間ヘタヘタと脱力していった。
もうどうにでもなれという気分だったのかもしれん。
ニュゥ・・・ニュニュゥ・・・と俺の精液注入器管が先生の中から
没しては現れる様子を風邪気味でのぼせたながら眺めていたのを今でも覚えてる。
とにかく目に焼き付けておきたかったのだ。一部始終を。
ニュニュゥゥ・・・とチンポを引き抜くとさっきタップリ出した俺の精液が
こびり付いてたのもよく覚えてる。マダラ状態に付着してた。
その精液が臭ってるのか、先生の膣内の精液が臭ってるのかどうかは
分からないけど、何だか微妙に生臭さかったのを覚えてる。

微妙というか・・・けっこう・・その、アンモニア臭的なもんもした(ごめん先生)
「あぅぅぅ・・・」ヌラヌラと引き抜かれていくと苦しそうな声を出す先生。
小窓に着いた腕をブルブル震わして耐えている・・・。
先端ギリギリまで引き抜いたチンポを再び先生の膣内へ埋めていく俺。
すると中に溜まった分泌液が逃げ場をなくし溢れ出てくるわけ。
それがポタ・・・ポタ・・・と糸を引きながら真っ白なシーツに落ちていく。
ちょっと腹筋に力を入れてみる俺。かろうじて六つに割れた俺の腹筋と
先生の丸みを帯びた大きな尻の肉丘を見て互いの肉質の違いを確認する。
ハァハァハァ・・・とだんだん先生息が荒くなっている。
「も、もっと・・・な・・・中を味わっていい?せんせ・・」と俺。
「や・・・やってみて・・・それ・・・」と先生。

若干大尻をもたげて受け入れやすくしてくれている。
先生期待感からなのかまだ何にもしてないのに「アッアッ」とか小声で言ってんの。
俺はガッチリと先生の腰を掴むとヌヌゥゥ・・っと最奥までチンポを
推し進めていく・・・。先生のマンコにミッチミチに咥え込まれていく俺のチンポ。
それをグリグリとかき回して纏わり着く側壁の感触を存分に味わっていく。
「あぁいい!せんせっすっげぇ・・いい!・・・これ・・」
俺の力加減で小窓の木枠がギシギシいってんの。っていうか開けっ放し
なもんだから小虫が何匹がもう中に入ってきてた。
「うぅぅ・・・○○くんが・・・○○くんが・・・中に来てる・・私の・・」
先生感極まったのか脚がもうガクガクいっている。俺が腰をしっかり
支えてなければとっくにベッドの上に崩れ落ちてるだろう。
上体は伸び上がり完全に弛緩してんの。もう溜まらん!
ネットリした先生の中は心なしかさっきより熱くなってる気がする。

いやマジ熱くなってる。っていうか体自体も熱くなってるよ。ポカポカだもんマジ。
「せ・・・せんせ・・こ、これが俺のチンポ・・」と俺
「うん・・」と先生
「お、覚えた?俺のチンポ」と俺
強調するようにグッグッっと腰を入れた。
「うん」とかすれ声で応える先生・・・。
俺はゆっくりと先生の豊かな乳房に手を這わせていくと絞るように
揉みしだいていく・・・。ギュッギュ・・・と先生の乳房の感触を
忘れないように揉んでいく。ニョプニョププ・・と挿入口から粘液が
絡まる音がした。思わず射精しそうになり窓の外を見る俺・・・。
森の向こう側の高速道路が辛うじて見えたのを覚えてる。

そのテールライトの赤い明かりが絶え間なく流れているわけ。
今思うと豪雨だったから渋滞してたのかも。普段はそんなに混んでないはずだし。
俺の汗のスッパイ匂いに誘われたのか何故か俺にばかり小虫がたかってきてた。
下を見やるとミッチリと俺のチンポを咥え込んだ先生の割れ目が見えるわけ。
あのいつも毅然とした先生が髪を乱して俺を受け入れてくれているのだ。
あまりにも非現実的さに俺はしばらく先生との繋ぎ目を眺めてたのを覚えてる。
(ほ・・・本当に俺たち繋がってんだよな?おい・・・)
チンポを包み込むポッテリとしたピンク色で肉厚の陰唇を見て自問自答する俺。
思わずチンポからツンとした射精前特有の前兆を感じる。
「せ、せんせ・・俺・・もう・・で、出そう・・・おれ・・おれ・・」
先生(うん)と頷いている・・・。
ニュゥ・・ニュニュゥ・・ニュゥ・・ニュニュニュゥゥ・・・と
出し入れの速度を速めていく俺。

「あん!・・・あっあっ・・・○○くん!・・あぁぅ・・・あん!」
先生の声も次第に大きくなってきた。
キコキコキコ・・・と奇妙な音をたて軋む窓の木枠。
「きて!きて!・・・い、いっしょにイこ?・・・○○く・・一緒に・・・タマには・・」
先生もうイっているのか腰がブルブル暴れちゃって支えるのが大変だった。
一見細身に見える先生だが詰まるべき所にはミッチリと柔肉が詰まっているため
思った以上に支えてると負担が大きいっす。落ちそうになる体を引き上げるのに大変だったマジ。
「あっ!あぁ!イグ・・・うぅ・・でっ出る!出る!・・・せんせ・・」
そう言うと俺はさっき出したばかりの肉壷に再び精液を吐き出していったわけ。
びゅびゅびゅぅぅ・・・ドクドク・・・トク・・トクン・・・。
と、先生への思いと一緒に精液を吐き出していく俺。
とうとう俺まで脱力してしまいバスン!という音と共に二人一緒にベッドに
落ちていった。

【35】
風邪のひきはじめだからか2度も射精したからなのか体が怠いのなんのって・・・。
もう全然動きたくないっす。っていうか背中もゾクゾクしてきたし(こりゃやばいなぁ)って感じだったマジ。
先生もしばし動かず何にも言わないの。
うつ伏せに寝たまんま息を整えてる感じだった。
その時だ、バスルームからジャバ!!ジャバ音がすんの。
「あっいけない!お風呂溢れちゃう!」そう言って先生急に立ち上がった。
タタタ!とバスルームに走る先生をボ~っと眺めてる俺・・・。
耳元でプーンっと蚊のなく声。(いけね!窓開けっ放しじゃん)
俺は起きるのが超面倒だったけど仕方なく立ち上がり窓を閉めたわけ。
「お風呂入っちゃいなさいよ」と先生。
(なんだかめんどい)と
思ったが渋々「うん」と頷く俺・・・。

「先生も入ろうよ」と俺は他意なく誘った。(マジ他意はなかったっす)
「いやよ、何で・・・」と先生バスローブを再びはおりながらおっしゃった。
「えっ入らないで行くの?」と俺、驚いて言った。
「なんで?ダメ?」と先生怪訝そうな表情でおっしゃった。
「ダメって先生そのまま帰ったら・・・」と、途中で言いかけ
この先言っちゃうとレディに失礼だと思い急に黙り込む俺だった。
「このまま帰ったら・・・なによ」と先生、急に黙る俺を不信そうに見てる。
「いや、だから・・・その・・」と俺。(臭いって言えないじゃん?女に)
「何よ~、一緒に入ったら、あなたまたHするつもりなんでしょ?」と、先生。
このときはじめて先生が俺の意図を誤解してる事に気付いたわけ。
「ちが!先生臭いよ・・・アソコが・・・」言っといて(アソコ)は余計だった
と思ったが言っちゃったもんは仕方がない・・・(バカか俺)。
「えっ!え?うそ!?や・・・それは、あなたが何度も中に出すから!・・・」
と先生顔を真っ赤にして言ってんの。(デリカシーなくてごめん)

「いや、ごめっ・・・だから入った方が良いって」と俺は慌ててとりなした。
「いやだ、一緒には入りませんからね」
と二度もセックスしといて何をそんなに頑なになってんのか知らないけど拒否するわけ。
「だいじょ~ぶだって!もう二度も出してるからホラ・・・」と言って
チンチン指す俺。シオシオのチンチンを先生眺めてる・・・。
ほんと、さっき先生の中でで暴れ回ってたとは思えないほどシュンとしてんの。
「・・・・」先生まだちょっと疑り深そうに躊躇していらっしゃる。
「男は女と違ってキンタマ空っぽになっちゃったら立たない生き物なんだから
保健の先生なんだから分かるでしょ?」と、説得する俺。
ま~順番に入れば済む話なんだけどね、ほんとにヤる気は全く無かったがいかんせん最後だ。
一人で入るのが寂しかったのである。
「そ、それはそうだけど・・・」と、まだ物言いたげな先生。

「いいから、いいから入ろ?ね、ね?せーんせ」と言いながら
バスルームの方向へグイグ背中を押していったわけ。
「も~絶対にHはしませんからね!」と言って渋々押されるがまま歩く先生。
バスルームに入る二人。俺ん家の狭苦しい風呂とは大違い。
ちゃんと二人入れるようにできてるんだよな~。とあらためて感心する俺だった。
照明とかもさ、小ぶりなシャンデリアみたいになってんのよ。明るい明るい。
ライトアップされると先生の真っ白な美肌が際立って見えたのを今でも覚えてる。
「あなた湯船に浸かっちゃいなさいよ、私シャワー浴びちゃうから」と先生。
「先生も入ろうよ~」と声変わりしたてのキモイ声で甘ったれる俺だった。
「うるさいな~後から入るから」と言いながらシャワーを浴び始める先生。
恥じらいもなくお股を入念に洗う先生・・・・。
もう俺に対する羞恥心は完全になくなってたんだろうな。

だって脚ガニ股にしてゴシゴシ股洗ってんだもんマジ。
前屈みになるとユサユサ豊満な乳房が揺れてんの。
白いからだろうけど小さなホクロがやたらと目立ってたのを覚えてる。
胸の脇にも1mm幅程度のホクロがあった。シャワーを浴び終わると
「ふぅ~・・・」と、深く息をつくと湯船に入ろうとしてくる先生。
「一応もう一回におってやろうか?」と、他意なく聞く俺。
「いいわよっもう臭わないでしょ?」と先生断った。
「でも一応臭っといた方が・・・自分の臭いってあんま分かんないじゃん?」と俺は言った。(これは本音)
「もぅ・・・じゃぁ、ほら!」と言ってズズイ!と一歩前に出る先生。嗅げ!みたいな感じで。
俺は肩口から丁寧に下の方へクンクンと犬みたく臭いを嗅ぎ始めたわけ。
たまに俺が首をかしげると「なによ」と不満そうに先生が聞いてくんの。

「いや・・・」と言いながら陰部の当たりも躊躇いもなく嗅いていく俺・・・。
す~・・・と深く息を吸った。目の前に濃いめの陰毛がビッシリと生えている。
「う~ん・・・」と再び首を傾げてしまう俺だった。
(あれ?最初っから臭ってたっけか?ここって・・・)要するにやっぱりちと生臭いのだ。
過去の記憶を辿ってみる。「な、何よ、臭わないでしょ?もぅ・・・」
と、先生もちょっと不安になってきたのか小声になっている。
「一応、石鹸で洗った方がいいんじゃ・・・」と俺思わず本音を言ってしまった。
「なによ~石鹸の匂いがした方が不自然じゃないのよ・・・もぅ・・臭わないでしょ~?やめてよ・・」
と、先生。自分の腕をクンクン嗅ぎつつ顔を赤らめ恥じらっている。
(か、可愛いっす)「ちょっと後ろ向いて」と先生に指示する俺。
先生もちょっと不安だったのか素直にクルっと後ろを向いた。

「ちょっと前に屈んで」と再び指図する俺。
先生ちょうどバスルームの擦りガラスに手を着き俺にお尻を突き出した。
この姿勢だと割れ目ってすっごいはっきり見えるのだ。
バスルームのきらびやかな照明のせいもあるんだろう、膣の奥の方までほんとよく見えた。
そのときだ俺まだ何もしてないよに「アッ」と先生体をよじらせてんの。
「?」不思議そうに先生の方を見る俺・・・。
「アッアッウゥゥ・・」と、まだ苦しそうな声を出す先生。
「ど、どうした?」と俺心配になって声をかけた。
「ちょ、ごめ・・・むこうへ行ってくれる?」と先生俺に言ってるんだけど訳分からない。
見るとさっきまで奥まで見えてた膣がギュギュゥゥっと絞まってんの。まるで生き物みたく蠢いてるわけ。

(なんだ?なんだ?なんだ?~)なんかとてつもない事がおこる予感がして
ジッとニュモニュモと蠢く膣を凝視する俺だった。
「あっちいって!あっち!」と先生が言ってシッシッと俺を手で追い払おうと瞬間だ。
「バフォ!ブォォ!!ブジュルルブジュゥゥ!ピジュウゥ!」
ともんの凄い音がしてさっき閉じられてた膣からおびただしい精液が床のタイルにボタボタ落ちていったわけ。
「ア!ア!アゥゥゥゥ・・・・」と情けない声を出す先生。
「ブジュボボ!プジュゥゥ・・・」まだ音がする。かなり長い。
音と共にフルフル太ももを震わせ先生苦しそう・・・。でも正直マジ度肝を抜かれた。
すごい音なんだもん、重低音・・・。思わず仰け反るおれだった。
(なななな何?何っすか?いまの・・・)
びっくり仰天しながら俺思わず「お、オナ・・・ラ」
「ちが~う!ちがう!ちがうの!オナラじゃありません!」と言いかけた瞬間
先生手をバタバタして猛烈否定してるわけ。

「やだっ・・・も~だから後ろからは嫌だったのに・・ひどいわ・・・」
と先生半べそかいてんの。「な・・に・・?」と恐る恐る聞く俺。
「くうき!空気なの!膣の奥に空気が溜まると出るとき音がするの!」と
信じてほしいという感じで俺に言う先生。
世に言うところの(マンペ)っつぅやつなわけだが、勿論厨房の頃の俺に分かろうはずもなかった。
「そ、そうなん・・・だ?」とまだおっかなびっくり答える俺。
「後ろからすると溜まりやすいから嫌なのよ、もぅ・・・まったく・・オナラなんて・・ひどい」
と言いながらトホホホみたいな感じでクッタリする先生だった。
「どのみち、中にまだいっぱい入ってるのマズイよこれっ・・・」
と、言って膣の周りにこびりつく自分の精液をこそげ取る俺。
「ア!あ・・・やっ」と言ってムッチリした肉丘を振る先生。
「も~キミが出しすぎなのよ、洗ったのに取れないなんて・・ヒドイ」と先生。
先生もう一回シャワーを浴びようとしている。

「かしてみ」と言って自分の責任でもあるので俺はシャワーのノズルを掴むと
先生の膣に向かってシャワーを放射していったわけ。
ヌメリを取るべく割れ目になぞって縦にスゥっと指を這わせていく・・・。
「ハァァウゥゥ・・・アッ・・アァ・・アゥゥ・・」と、まぁ敏感な所だからしょうがないんだろうけど
ビクン!ビクン!と腰を動かして洗いにくい。
「ちょっと先生動かさないでよ」と言って先生をたしなめた。
「ごめんなさ・・・アァ!や・・そ、そこは・・アァン・・・もぅ・・」と、
シャワーが感じるのか指が感じるのか分からんけど、先生もどかしげに大きなお尻をクネクネ動かしてる。
(動いちゃうのはしょうがないか)俺は先生の反応は無視しつつ
「せんせ、ちょっと奥まで洗っちゃうよ・・・」と、言って
指先で左右に割れ目を大きく開くと中にシャワーを注ぎ込んでいったわけ。
シャー!シャー!と奥に放射していく。
「や!や!や!アァン!おく・・・や!アァン・・・そんな!そんな!・・・アゥゥ」

先生の体が弾むとムッチリとした太ももが柔肉がブルブル震えてる。
「アァァゥゥ・・・や、やめ!へ・・・変な気持ちになっちゃうから!・・
変な気持ちになっちゃうから!・・・やっぱり・・じ・・自分で・・・じぶ・・アァゥゥ・・・」
ユラユラ揺れる先生の大尻。(厭らしいっす)
「自分でって、自分じゃ見えないでしょ?じっとしててよ!」
と咎めるように言いながらお尻をペン!と叩いた。(あんまり言う事聞かないからつい)
で、キュポキュポと指を差し込み中を傷つけないよう気をつかいつつ奥まで丁寧に掃除していく。
が、精液はおちてるはずなんだけどヌメリは全く取れないわけ。
だって陰毛を伝って落ちるお湯にまぎれてツー・・・ポタ・・・ツー・・・ポタポタ・・・
と、粘液が糸を引いて落ちてる。「あれ?あれ・・・おっかしいな・・まだヌルヌルしてる・・・」
と言いながらしつこくクチュクチュと膣奥を撫でていく俺だった。

「ちがう!ちがう!それ精液じゃない!精液じゃないわよ・・それ・・アァン・・
やだやだ・・・もぅ・・・私・・・また・・」
と言いながら体を仰け反らせ下半身をブルブル震わせてるわけ。
「また・・・なに?」と俺。
膣の周りにも溢れてきた粘液をシャワーで必死に落としつつ指を這わせて落とそうとする俺。
「また・・・欲しくなってきちゃうじゃないのよ・・ウゥゥ・・アァ・・欲しいよ・・・○○く~ん・・」と
辛抱溜まらん!って感じで俺の方を股間越しに覗き込む先生。
見ると擦りガラスに先生の手のついたとこだけモミジ状に水蒸気が潰され
ペタペタ跡になってベッドルームがうっすら見えてるわけ。
この時はじめて先生が発情してる事に気付く鈍ちんな俺だった。
「ほ、欲しいって・・・もぅHしないんじゃ?」と、意地悪を言う俺。
「もう一回だけ・・・最後に、さいごに・・・しよ?・・ね?ね?」と
言いながらトロンとした目で先生こっちを見てるわけ。

ちょうど股の下から俺を見てる感じ。豊かな乳房が先生の感情にまかせてユサユサ揺れてんの。
「だ、出して・・・もう一回ここに出して・・・・」
先生もう辛抱溜まらなくなっちゃったのか洗ってる俺の手を押しのけ
クニクニと自分の割れ目をまさぐりながらパックリ指で開いて見せてる。
(どうやら先生スイッチ入ると止まらなくなるタイプらしい)
「え、で・・・でも、俺起つかな・・」
先生の言葉で半ばぐらいまでは漲ってる感じだが、まだ到底挿入に足る硬度には達していない。
「私が大きくしてあげるからかして」
と、言って俺のフニャチンを手にとるとポッテリとした唇を開き口内に押し込んでいく・・・。
「うぅぅ、痛くすぐったい・・・」正直な感想を漏らす俺。
「いひゃくすぐたひ?」先生俺のチンポを口に含みながら聞いてきた。

「出したばっかりでチンチンいじると痛くすぐったいんだよね俺・・・」と、
言いながら硬度を高めるため、しゃがんでる先生の乳房に指を這わしていく。
チロチロと先端を舌先でかき回す先生。(どう?)って感じに上目遣いで俺を見てるわけ。
一瞬姉貴の顔が思い浮かんだのを今でも覚えてる。慌ててかきけす俺だった。
頬を凹ませノド奥までチンポを飲み込んでいく先生・・・。
で、細かく根本をシコシコとしごいていく・・・
(うわ、この技まで姉貴と同じかよ・・・)どうやらこのテクは女社会では当然の床マナーらしい。
しかし、気持ち良いのは事実だ。ウットリ気分でうっすら見えるベッドルームを眺める俺。
自分でもチンポの硬度が増していくのが分かる。
俺は図々しく先生の両乳房をギュウギュゥっと揉みしだいて、
もう二度と味わえないであろう感触を両手に記憶させていったわけ。
「も、もう入るんじゃないかしら・・・」と、先生ビンビンに漲る俺のチンポを見ておっしゃった。

「入れてみる?」と俺。「うん」と先生。「どうする?後ろから嫌なんでしょ?」
と言って体位の指定を促す俺。「嫌じゃないんだけど・・・空気が・・・」と
言ってすこし考える先生。「このままギュウって私を抱きしめてみて」と
先生言うと俺にすがりつくように抱きついてきた。
くぅ~柔らかい乳房の感触が俺の大胸筋に伝わってくるっす。
支持通りにに先生を抱きすくめる俺・・・。なに?どういう体位?これ・・・。
厨房の俺にはこんなアクロバティックな体位が分かろうはずもなく
初めての体験でドキドキする俺だった。すると先生片足を上げると俺の腰に絡みつけてきた・・・。
「わ、私の脚持って」と言いながら腰をグイグイと密着させてくる先生。
ここまできて何となくこの体位の意味を察する俺。
俺はチンポを先生の入口に合わせる為腰を少し下に下ろしていく・・・。
直立挿入だけにちょっと安定性が悪い。「か、壁に私を押し付けた方がいいわよ」
と先生優しく指導してくださった。なるほどこれだと安定する。
あっ入りそう・・・だって入口に先端が合わさった感触があるもん。

先生と目が合った。見つめ合いながらヌゥゥゥっと奥に入っていく俺のチンポ。
「アッ・・・アン!ア~!」と大きい喘ぎ声を出すと先生俺にしがみついてきた。バスルームの中だけに声が一際大きく聞こえる。
まるでエコーがかかってるみたいだったマジ。グイ・・グイ・・っと壁に押し付けつつ出し入れを開始する俺。
「ア!」ハァハァ・・・「アン!」ハァハァ・・・
荒い息をつくと先生の胸の谷間にシャワーの雫が吸い込まれていく・・・。
チュッチュ・・チュパチュッ・・・体を密着させるとどうしてもキスしたくなっちゃうんだよね。
どちらが求めるともなしに猛烈なディープキスを開始していた。
上気した先生の顔は真っ赤に染まってる。
片足を上げてる先生の体勢が不安定にならないよう必死に腰を抱きかかえてガッチリ固定する俺。
長身な俺がグイと下から突き上げると先生の脚が爪先立ちになり完全にダッコ状態になっちゃうわけ。

そうすると先生俺のチンポの上に腰掛けてるみたいな感じになるから俺のチンポが奥に届くと正直超痛かった。
先生も痛かったんじゃないかと思うんだけど・・・多分。
「あん!んん!うぅん!んぅ・・・あうぅん!」と、俺が出し入れする度に呻くような声を出してんの。
俺の顔にかかる先生の吐息が猛烈に熱いっす!。メチャ興奮してると思われる。
が、やっぱりこの体勢かなり不安定だ。ちょっと気を抜くとヨレそうになっちゃう。
「や、やっぱり後ろから・・・」と体位変更を求める俺。先生頷くと
一回俺のチンポをヌッポリと引き抜くと擦りガラスに手を着きムッチリとした肉丘を差し出してくれたわけ。
腰に手を回すとヌヌヌゥ・・・っと挿入を開始していく俺。
「ア~アッ!アッアッ!」と先生体を仰け反らせて反応している。

肩胛骨の所がキュゥゥっとクボんで背骨の凹みが強調されていく・・・。
上半身をブルブルと感極まったように震わせて快感に耐えてるようだ。
擦りガラスに先生が息を吐くとさっきまで見えていたベッドルームが見る見る曇って見えなくなっていく・・・。
が、そこに先生の暴れる手がこすれると再びベッドルームが見えてくる。
こうしてあらためて客観的に別の部屋からベッドルームを見ると
乱れたシーツや床に脱ぎ捨てられたバスローブが見える。
二人がセックスしたんだなぁ・・・ということを改めて実感させられるわけ。
「アゥゥ・・・いい・・・気持ち良い・・・アァン!・・・キミ凄い上手だよ」
と言って髪を振り乱していらっしゃる。
先生自らの大きなお尻を好きに動かし俺のチンポを味わってんの。
クネックネって。丸るみを帯びた女体が踊るとほんと厭らしい。
が、正直二度も思いっきり射精してるもんだから射精間近になってくると
キンタマから尿道にかけてがやっぱり痛いんだよな。つるみたいな感じ。
キンタマからしてみれば(いい加減にしとけ)って感じだろう。

が、(上手)と言われると男たるもの思いっきりサービスして差し上げたくなるもの。
俺はいつものごとく前に手を這わすとクリをまさぐっていったわけ。
「ハァァ!ア!それイイ!それイイ!それ凄くイイ!アゥゥゥ凄いぃぃ・・・」
先生歓喜の声をあげると感極まったのかズルズルと擦りガラスに跡を残しながら
上半身が崩れ落ちていった・・・・。
クリクリクリ揉み揉み揉み・・・と割れ目の先端の突起物を丁寧に撫で続ける俺。
菊門がヒクヒクしてる。それが俺の出し入れによって陰毛で見え隠れしてるわけ。
引き抜くとさっき洗ったばかりの肉穴からヌメヌメと俺のチンポが姿を現していく・・・。
それをまた中に戻していくと、それを美味しそうにミチミチくわえ込んでいく。
「アァン!もう・・・イっちゃう!イっちゃう!イっちゃうぅぅ・・・アゥゥ・・・アグ!アグッ・・・」
と、体の痙攣が始まると下半身も弛緩し脱力していく先生。
二度の射精と風邪気味な事もあってさすがの俺も支えきれず床のタイルの上にベシャっと崩れ落ちてしまった。

そのまま平べったく先生の上に覆いかぶさる俺。でも大丈夫、チンポは抜けてない。
「せ、先生おれ・・・も、もぅ・・・」
と言うとそのまま先生の柔らかいお尻に自分の腰を預けクネクネと押し付けていく。
「わ・・・わたし・・もぅイってるから・・イってる・・アグ!カ!アァ!ググゥ!」
とカスレ声で辛うじて応える先生。ブルブルブルって先生の背中越しに痙攣してるのが分かんの。
「だ、出すよ?で、出る!出る!アァァ!せんせ!せんせ~出る!せんせ!!!」と俺。
「だ、だして!だして!あなたの気持ち全部出して!私の中にっ!!!」と言って
受け入れ宣言をする先生。ビュゥ!ビュビュ・・!パスン・・・パスパス・・・と、
先生の膣内にしょぼい射精を開始する俺。(イテテテ!マジ!尿道イテェ!)
が、辛うじてキンタマの空撃ちが収まるのを堪える俺だった。
あんまり痛いんで先生の肩を少し噛んで堪えてた。
あとで見たらちょっと歯形が残ってたのを今でも覚えてる。

【36】
お、終わった・・・何もかも・・・。
ぐったりと先生の柔らかい背中の上に横たわる俺。
三度の射精と風邪気味ってこともあって超ダルかった。チンポがみるみる
先生の中で縮んでいくのがわかる。しかし抜きたくない・・・。
先生も肩で息してんの。俺が覆いかぶさってるから余計苦しいのかもしれない。
でもシオシオになってるチンポを先生の中に未練がましくハメ続ける俺だった。
だって抜いてしまったらもう終わりなのだ。さっさと着替えてハイさよならに
なるのは目に見えてるのである。「ぬ、抜いて・・・もう・・」と先生。
気だるそうな声でおっしゃった。「やだ・・・」と俺。
「お、重いから・・・降りてってばっ」と、先生上半身を起こして俺を
振り落とそうとしている。「やだ抜きたくない」と俺は言うと脇の下に
手を差し込み落とされまいと先生にしがみついた。まるで駄々っ子だ。
「これで終わりにするって約束したでしょ?抜きなさい」と言って
大きなお尻を揺すって抜きにかかる先生。

ヘニャヘニャになってるからすぐ抜けちゃいそうだ。やぱい。
先生両腕を突っ張って上半身を起こそうとしている。手を床のタイルに
着きヒザを折り曲げると(よっこらしょ)って感じで四つん這いになる先生。
「や・・やだ!やだ!・・」と言って先生の腰にすがり着き辛うじて
フニャチンを先生の中にハメ続ける俺。今思うと完全に馬鹿。
「もう小さくなってるじゃないの・・・さ、もう帰らないと・・ね?」
と言って先生未練たらしくすがりつく俺の腕を解こうとするわけ。
「小さくなってない・・・なってないっ」と俺。(なってるよ)
「こら!・・・抜きなさいってばっ。しつこいわよ!」
先生浴槽に手を着きムッチリとしたお尻にグッグッと力を入れている。
柔らかい肉丘が俺の下腹部に押しつぶされ苦しそう。

(たのむ!でかくなれ!俺のチンポ!力を再び!)祈るようにしつこく
しがみつき続ける俺だった。男っていうのは不思議なものでもう終わり
と思うと尽きた力が戻ったりするのだ。もはや完璧な硬度まで到底及ばな
いけど先生の中に埋まってられるだけの硬度は戻ってきてた。
中途半端な硬度のままピストンしてみる・・・。ヌゥ・・ヌヌ・・・
といった先生の膣内の感触がチンポに伝わってきた。一応ちょびっとは
硬度を保っている証拠である。
「あ!あぅ!・・・ダメ!もう入れないでってば!・・・うぅぅ・・」
先生必死に入り口を避けようと左右に腰を振っている。
「せ・・先生・・」俺はヌラヌラと漲りはじめたチンポを抜きにかかった。
「うぅぅ・・・そ、そうよ・・・抜いてちょうだい・・・もう終わり・・」
おとなしく俺がチンポを抜くのを上体を震わせ待つ先生。

先端ギリギリまでチンポを引き抜くと自分のまだら状に自分の精液が
付着した姿が露になる・・・。それを一瞬間を置き再びヌヌヌゥゥ・・・っと
先生の中に潜り込ませていった。
「あ!あ!こらっ!入れないで!いれな・・・あぅぅぅ・・・・」
先生腰をガクガクさせている。三度のセックスで下半身に力が入らなくなって
るのかもしれない。ミッチリ咥え込む繋ぎ目を体を逸らせて確認する俺。
そこからヌヌヌゥゥ・・・と自分のチンポが再び姿をあらわすのを見てた。
明るいバスルームの明かりでテラテラとチンポが輝いてんの。
ポタ・・ポタ・・と絡みつく粘液が床のタイルに糸を引いて落ちていく。
「あ!あ!うぅぅぅ・・・抜いて!お願い抜いて!・・・もぅ・・」
いよいよ大きいお尻に力を入れ先生本気で抜きにかかっていらっしゃる。

シエン

先生のムッチリとした太腿が震えてる。思わずヌポっと外れたしまった。
(やばい!)慌ててハメ直そうとする俺。
「もう入れちゃ駄目!入れちゃ駄目!こらっ!駄目だってばっ」
と先生。もう入り口を与えまいと必死だ。
俺は柔らかい先生の下腹部に腕を廻すとチンポを入り口に戻そうと
先生のムッチリとしたお尻を手繰り寄せていく・・・。
「あ!駄目・・・こら!・・・駄目だってば・・もぅ・・あ!・・」
何度も先生のマンコを俺のチンポがかすっていった。
闇雲にチンポを入り口に突き立てようとする俺。2~3分はそんな攻防が
続いていた。そのうちヌポ・・・とぬるま湯に浸かるような感覚がチンポに
伝わり「あ!あん!・・・あぁ・・・あ・・あぅぅ・・・」と
先生が声を上げると体が反り返りブルルルと体を震わせた。

ヌウゥゥ・・ヌヌゥ・・っと出し入れを開始する俺。先生の柔らかい肉丘を
俺の下腹部にぶつけていく。
「アァ・・・アン!・・アッ・・ウゥゥ・・・・アン・・」
もうどうにでもしてという風に頭を左右に振る先生。
チャップチョップ・・・と湿った結合音がバスルームに響いた。
だがもう射精はできない。そういう上り詰めてく感覚がもはやチンポには
ないのマジ。浴槽に手を着く先生の手に自分の手を重ねる俺。
先生の乱れた髪の中に顔を埋めていった。汗の酸っぱい匂いがする・・。
重ねた先生の手をギュ!っと握り締めた。
「う~・・・うぅぅ・・・うっ・・うっ・・・ハアァ・・」
俺が挿入する度に声をあげる先生。ユサユサと二つの乳房がそれに
あわせて揺れている・・・。俺は渾身の力で最後の射精を導こうと
必死だった。先生の体と見入る俺。つくづくスタイルが良いんだよな。

30代間近の子持ちであのスタイルを維持してたのは凄いと思う。
腹も緩んでなかったし。ピチピチってわけではないけど。
ウエストはちゃんと括れてたのはさすがた。胸とお尻のだけはちゃんと
肉が着いているわけ。その胸とお尻だけ水着の跡で白くなってたのが
余計曲線の強弱を強調してたのかもしれない。
その女らしい先生の裸体の曲線を見てたら、ようやくチンポに微かな
射精の予兆が始まった・・・。この予兆を逃すともう二度とこの波動は
こないって事は自分でもわかる。俺はピストン運動に力を入れていった。

「アン・・アッ・・・アァ・・アン!・・アッ」先生の喘ぎ声が
エコーみたいにバスルームに響いている。動きで俺がイキそうなのを
感じているのだろう。(よ、よし今度こそ最後だ!)俺はチンポに
伝わるピクピクとした微かな射精感。ヒクン!ヒクン!ヒクン!
って感じ。「あっ・・先生・・あぁぁ!・・・先生~」
ムッチリとしたお尻を思いっきり引き寄せると射精感に浸る俺だった。
ようやくズル・・っとチンポを引き抜く・・・。
ボタタタと精液が先生の膣から床に流れ落ちた。
「もう満足しましたか?うん?○○くん」と先生。
俺の頭をぺんぺんと叩いた。「はい」と素直に頷く俺だった。

シエン

もう未練はない。「さぁ、さっさとお風呂入っちゃいなさい早く帰らないと」
と先生。自分はシャワーを再び浴びていらっしゃる。
二人でバスルームを出ると、とりあえずサウナ室の俺の服を確認してみた。
妙に蒸してる感じで湿気は取りきれてなかったけど暖かくなってたから
ちょっとはマシって感じだった。先生もうTシャツを着てジーンズを履きに
かかっている。正直ああいうラフな格好を見せられるとまたちょっと
ムラムラしたのを覚えてる。ピッチリめの履き古したジーンズが
セクシーだったマジ。が、さすがにもう一回とは言えなかったね。
っていうか体がもう言うこと利かないし。チンポがヒリヒリ痛いし。
ラブホを出るとちょっと風が吹いてて気持ちよかったのを覚えてる。
先生、車のドアを開けようとするとヨレてんの。

「あたた・・こ、腰が・・もう歳ねぇ・・私も・・・」と言って腰を
トントンやってんの。「マッサージしてやろうか?」と俺。
「いいわよ、またHされそうだし」と先生。
「やらないよ・・・いや・・やれないよ・・もぅ・・」と本音を漏らす俺。
結局マッサージはせず家のちょっと手前まで送ってもらった。
車中「私と会ってたことは内緒にしといてよね」と先生俺に念を押してんの。
「逆に会った事にされたら俺だって困るよ」と言い返す俺。
家の200~300メートル手前で用心深く降ろされた。
「じゃあね、明日からは普通の教師と生徒だからね」とまだ先生念を押している。
「分かってるって、信用してよ」と俺。

「い~や!信用ならん!あんただけは信用ならん!もし変なこと誰かに
しゃべったら私ど~するか分からないわよ。ほんと」と先生俺に凄んでんの。
「チクらないよ、俺だって学校行けなくなるんだから。
そんな馬鹿なことするかよ」と俺。しばらく車の天井を見ながら考える先生。
「ま、そりゃそうか・・・」と納得したご様子。
「じゃ本当にバイバイね」と先生でていこうとする俺に小さく手を振ってる。
「お別れのキスは?」と俺冗談で言ってみた。
「バーカ!シッシッ早く行きなさい」と言って手でシッシッとやっている。
俺はそのまま振り返らず家に帰った。結局俺はその日高熱を出し次の日
休んでしまった。翌々日登校するとどうやら先生も休んでたらしい。
風邪染しちゃってたみたい。重ね重ね申し訳ないことをしたと思う。





先生・生徒・禁断 | 【2014-11-29(Sat) 05:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

プール男 ~~美人教師が高給ディナー~~ 【完全版】 21~30

【21】
も~こうなるとね、いくら鈍ちんの俺だってこんな関係を先生がいつまでも
容認してくれるわけがない事は分かる。プール日を待たずして俺は先生が
最後通告をしてくるであろう事はわかっていた。
だからというわけでもないんだがオナ禁もも解禁。っていうかこれからは
マジに先生に抜いてもらわずともプールの授業に出れるよう俺は鍛えねば
ならないわけで、俺なりにかなり努力したよ。市民プールで試して
みたりしてね。これがまぁ不思議なんだけど、どういうわけだか
市民プールだとチンコ反応しないの。正直女子厨房よかぜんぜんスタイル
いくて綺麗なおねえちゃんいっぱい居たんだけど何でなんだろうな?
しまいにゃオッパイ大きいおねぇちゃんとかケツが大きいおねえちゃんとか
で無理にチンポ立てようとしたりして・・でも、やっぱ立たないのよ何故か。

今にして思えば起てたらいかんと思う気持ちが欲情の方向へ向かってたの
かもしれない。それともあの乳首透けスクール水着か?まぁでもとにかく
プールには出ると決心したいじょう金玉の中の精液をすっからかんにして
行かねばならない。俺は夜中姉貴が寝静まった後もシコシコとせんずってた。
おかげで尿道が痛ぇ痛ぇ・・・。もう出ないかな?いや・・・もっと出して
おかねば・・。っていうか、布団かけながらオナニーしてると中がホコホコ
して超熱い・・・。汗びっしょだよ、サウナだなこれは、たまらん・・。
するといいかげん姉貴がうるさかったのか「うっせぇな、何してんだよもぅ」
と眠たげな声で言ってきた。(まずい)即チンポをひっこめる俺。
途端にじっと静かにする俺だった。すると「オナってんじゃねぇよバカ」
と姉貴。俺は耳を疑った。100歩譲ってオナニーばれてんのは良しとしても
それを何の躊躇もなく「オナってんじゃねぇよ」っていうのはいかにも
デリカシーなさすぎじゃないっすか?

「うっせ明日プールだから抜いてんだよバカ」と、俺も必殺デリカシー
無さ返しだ!どうだ?!
「何でプールだと抜くんだよ?キモイからむこう逝け変体」と姉貴。
まぁ姉弟とは言え思春期の男女をひとつ部屋に住まわすってのは無理
あるわな。ま、うち貧乏だったからしょうがないけど。
「テメーが逝けよバカ。ズリネタにしたろか?あん?」と居直る俺だった。
もうこなったら恥らった方が負けなのだ。ガンとして引く気のない俺。
「したら殺す。マジ殺す」と凄む姉貴。うちの姉貴はうちの
家系にしてはすこぶる頭は良い。ルックスも悪くない。が、気ぃだけは
人一倍強かった。まぁその性格の悪さが祟って彼氏ができないわけだが。

ざまーみろだ。「あ!あぁ・・・姉ぇちゃん、そそんな事したらハァハァ」と
言ってわざとコイてるふりをする俺。「ゲ!テメ・・気持ち悪ぃんだよ!」
と言って枕を俺に投げつけてきた、俺はそれをヒョイとよけると
「あ!姉ちゃん・・・イイよ・・・気持ちイイよ・・」と続ける。
負けんぞ!絶対お前には弱みを見せん!そんな気持ちだった。
すると姉貴すっくと立ち上がると俺にとびかったってくんの。こいつ本当に
信じられん女だよ。ぜったい結婚してもすぐ離婚するだろうな。
暴力姉貴は俺につかみ掛かるとガリガリ!と俺の横っ面を引っ掻いた。
イテテ!たまらず俺は姉貴の両手首を掴む。すると今度は鳩尾に蹴りだ。
ゲフ!・・・イイ蹴りしてるな。が、これ以上の攻撃を許してはいけない。
とにかく俺は体格の有利を利用して姉貴の体に一度自分の体を密着させた。
「キャ!」と犯されると思ったのか姉貴が小さな悲鳴をあげる。

バーカてめぇなんか犯すぐらいならメス犬犯すわ。
生意気に女の声出してんじゃねぇよ。って気持ちだ。
密着させつつ前面だと攻撃がやまないので背後に
ポジショニングを代えていく俺。羽交い絞め状態だ。
「落ち着けよ冗談だよ。な?」と姉貴を諭す俺。いい加減疲れてきた。
「はな・・・して・・・よ・・・うぅ・・」と姉貴。
あれ?もしかして泣いてんすか?鬼の目にも涙?さすがにこうなって
初めてちとやりすぎたかな?と後悔する俺だった。が、言ったところで
はじまらない。「もう暴れない?」と俺はつとめて落ち着いた声で言った。

「・・・・」何も言わない姉貴。泣かれちゃぁしょうがないな・・・と
手を離したそのときだ。ふっと振り向いたかと思うとパンチが
飛んできたわけ、しかもグーパン。辛うじてかわす俺。
再びタックルに入ると背後に回り羽交い絞めにする俺だった。
姉貴は同体格で総合やらせたら相当強いんじゃね?とマジ思う。
が、いかんせん厨房にして180に届こうかという俺相手では相手が悪い
あっけなくまた自由を奪われてしまった。「もうやめろよ、やめるな?」
と、俺。が、超強気姉貴はまた黙って返事をしない・・・。こりゃまた
離したら暴れるなと鈍い俺でもわかる。「チチ揉むぞテメ」と俺。

もちろん脅しのつもりだ。一瞬その言葉にビクン!と反応したがやはり
自尊心が許さないのか黙ってる。こーなるとこっちも困るんだよね。
揉まないと俺の弱気が察知されちゃうし、さりとて揉むと本当に姉弟の
仲が壊れそうだし・・・。「ほんっとぅに揉むぞ?」と
俺は最後通告したわけ。が、姉貴頑として返事をしようとしない。
しょうがないな・・・揉みますか?俺はぶしつけに姉貴の乳房を鷲掴みに
すると揉み始めたわけ。「アゥゥ!!ア!アゥ!チョ!・・アグ!・・ダメ!」
と姉貴。俺の手の動きにあわせて上下に頭がガクガク揺れてる。
まさか俺が本当に揉むと思わなかったんだろう、素っ頓狂な声を
出してんの。「姉貴が止めるんなら俺もやめるよ」と言いつつ手を止めない
俺だった。実の姉貴だから欲情はしなかったけど結構イイチチしてたよ。

先生ほどではないけどね、先生のはもっと柔らかい感じだけど。姉貴のは
ゴム制って感じで弾力が強かった気がする。が、姉貴ま~だ意地はって
止めるといわないわけ。どうしもねぇな。俺は姉貴の乳房の中心部に
中指を這わしていく・・・。コリっとした部分で止めるとそのまま
指をメリ込ませていった。「あふぅ・・・」と姉貴は気の抜けたような
声を出すとブルブルと小刻みに体を震わせストンとそのまま前へ倒れて
しまった。あっけない陥落だった。もう大丈夫だとは思うがもう少し
揉み続ける俺。「ぁぅぅ・・・ぁん・・・ぁ・・ぁぁん・・」と小さく声を
漏らしながら猫のように左右に体をくねらせる姉貴。こうなると
姉貴も女なんだなぁと改めて思ったのを今でも覚えている。とりあえず
恐る恐る腕を離してみる・・・。どうやら動かない・・・ようだ。

姉貴は俺の布団から動かないから俺が姉貴の布団に潜り込みそのまま
寝てしまった。気付くともう朝だいよいよ今日は先生のヌキヌキなしに
プールに挑まなければならない。緊張で気が引き締まる俺だった。
階段を降りていくと姉貴がすでに起きてんの。うっ・・・。
厳しい眼差しっす。が、ここで弱気を見せるわけにはいかない。
俺はシカトを決め込みトーストを頬張った。
姉貴のジト・・・っとした視線が痛くていつもより早めに家を出る俺だった。
登校の時間にはまだ相当早く通学路を走っている連中はこれから朝練
出る部活組だ。皆ジャージ姿だった。学生服着てんのは俺だけ。

これまで欲情じながら登校してたから気付かなかったが
いつもプール日早めに登校する時、周りには俺は目だってたかもしれないと
ちょっと気になった。まぁだからと言って先生との関係が誰かに
ばれるとも思えないが。学校近くになるとちょっときつい坂があんの。
歩きでもちょっと息があがるくらいのきつい斜面だ・・・。これが夏だと
超だるいわけ。朝だというのに上りきったときには大粒の汗がふきでてん
だもん。俺はそれを拭いながら校門をぬけ下駄箱で靴を履き替えた。
さて、先生今日は何て言ってくるんだろうな?と思いながら。
最後通告を覚悟しつつ保健室まで歩く俺。別に緊張も何もなかったが
ただちょっと感慨深いものがあった。これまでの事を考えるとちょっとね。

保健室のドアの前まで行くと大きく深呼吸をする。やっぱ心の準備って
いうのか落ち着きたい気持ちだった。トントンとノックをしてドアを
開ける俺。いつもの消毒アルコールの匂いがする。先生の匂いだ。
先生の横顔が視界に入った。あいかわらず美人だな・・と関心する。
鼻筋がツーっと通ってて切れ長の目なんだよね和風顔。で、まつ毛が長い。
そして夏には似合わない真っ白な肌。
あれ海行ったりしたら日焼け大変だと思うよマジ真っ赤かになると思う。

どうやってあの旦那と知り合ったのか今でも気になる。
もったいないとか思ったりしてw んな事を思ってると
「座って」と先生が言った。黙って従う俺だった。
一呼吸おく先生・・・。
頼むからタメんのやめてくれ~!緊張してくるじゃん。
静寂の中、セミの声だけがミ~ンミンミン!と雨のように降ってくる。
「自分でできるようになった?」と先生。
一瞬なんて答えようか迷ったがとりあえず首を横に振ってみた。
「そう・・・」と、だけ言う先生・・。
だーかーら、タメないでよ、本題入ってよと思う俺だった。

【22】
「ごめん私もう限界だわ...」ぼそっと先生がおっしゃった。
ミーンミンミン!と相変わらず蝉だけがのんきに鳴いている。
やっぱりなぁ・・・覚悟はできていたがあらためてそう言われると
ちょっと寂しいような鼻がツンとするような不思議な感覚だった。
しかしながら俺も男だ。ここはこれまで先生がよくしてくれた恩を
返さねばなるまい。「うん、でも俺プール出るよ」と俺の覚悟を伝えたわけ。
「え?でも・・・」と先生。もっと俺が駄々こねる思ってたんじゃないかな。
ちょっと拍子抜けしたようなびっくりした顔をしてた。
それとやっぱり俺がプールで立てちゃって苛められちゃったらと
思ったのだろう、複雑な心境のようだ。だから
「俺もう立っても出るから、もう覚悟決めたから」と俺は言ってやった。

ここまでやってもらった以上義理は立てないとな。
「え?でもやっぱり色々言われちゃったりしたら・・・」と先生。
あ~やっぱり気にしてたようだ。
「大丈夫だって何とかするって、バレても恨んだりしないから」
と俺は言った。ま~元々恨めた義理じゃないんだけどね。
「無理しなくたって良いんだよ?先生上手く言って休ましてあげようか?」
と先生も長らく付き合ってちょっと情が湧いてきちゃったのかもしれん
正直、先生自ら休んでも良いと言うとは俺も思わなかった。
「心配すんな先生!見事勃起したまま堂々と授業受けてやるからさ」
と心配そうな顔をする先生の肩をポンポンと軽く叩く俺だった。

「こうなったら隠してもしゃーないだろ?どうだ!って感じでこう堂々・・」
そう言うと俺はわざと体を反らしてチンポを強調するしぐさをして
おどけて見せたわけ。
「やーめなさいよ!まったく」と言って先生やっと笑ってくれたようだ。
微妙に短い先生のスカートからスラリとした先生の足がのぞいていた。
「先生さ、そういう短いスカートやめた方が良いよ思春期の男子には
目の毒だから」と雰囲気が和んだところで言ってみた。
「え~?短くないよ?普通だよ・・・これ」と言ってスカートの裾で
足をかくす先生。「きれいな足自慢したのは分かるけどさ」悪戯そうに
言う俺だった。「じまっ!してないってば、やぁね・・もぅ」と先生。
が、やっぱり褒められて悪い気はしないようだ、明らかに嬉しそうだもん。
まぁ実際綺麗な足だからね、前述したけどスネがスゥっとこう・・長いのよ。

で、腿のあたりとかムッチリ好い肉が着いててさ。今考えても勃起しそうw
「そんなとこばっかり見てるから大事な所で大きくなっちゃうのよ」
と先生が今度は反撃する番だ。(ごもっとも)
「でも絶対先生でオナニーしてる奴居るよ」と、俺。
「あんたじゃあるまいし」と先生が言った。
「マジだって修学旅行で先生でオナニーしてるって言ってる奴結構居たもん」
と、俺。これは実際言ってた奴は一人だったんだが本当に居たw
「え~?うそ?スカート辞めようかな・・・」と先生キュっと膝を閉じて
言ってんの。「何で?オナペットにされるって事はそれだけ魅力的だって
事なんだからいいことじゃん名誉名誉」と笑いながら言う俺。
「そしてそんな先生とHできた俺は超名誉であります!」と胸を張る俺だった。

「ちょっとやめてよ!、誰かに言ったら承知しないからね。真面目に!」
と先生間に受け怒ってんの。言うわけないじゃん?俺の立場だって
超やばいよ。まじ。
「ジョークだってせんせジャストジョーク。間に受けんなよ」と言いつつ
席を立つ俺だった。「さて、そろそろ行くわ」と俺。
「本当に大丈夫なの?」と先生は立ち上がる俺に言った。
しかしポッテリしたいい唇してんなぁ・・・
しかし。また咥えられたいっす・・。いかんいかんまた妄想に走りそうだ。
妄想を振り払い「正直わかんね」と俺は言った。

ほんっとにー正直わかんねーんだもん
しょうがないだろう?しょうがないよな?仮にチンポが立ったとして
それが周囲にバレたとして周りがどんなリアクションをするのか、
それとも無事隠し通せるもんなのか。それとも辛うじて立てないで
済むのか俺にも分からなかったのである。
「分かんねってあなた・・・」先生俺の無計画さによけいに
心配になっちゃったみたい。
ごめん。とりあえずやってみない事には拉致があかないわけで。
俺としてもこれいじょうプールから逃げる自分が嫌だったのだ。
だって中二の俺には来年だってプールあるんだし、ここでこの障害を
乗り越えておかんと引きずっちゃうだろ?後々。それが嫌だったんだよね。

とりあえずドアまで歩くと先生の方へ振り返る俺だった。
「もし今日プールクリアできたらさ・・・」と俺は言った。
何を言おうとしてるんだ?俺。自分にもわかんね。
「できたら?」と俺を見上げる先生。
「1回だけちゃんとした形でHさせてくれない?」
あっけらかんと言ってしまう俺だった。
「ハァ?ば~か!させません!何を言うのかと思ったら、ったくもぅ」
と呆れてトタトタと席へ戻って行く先生(無理もない)
「今までが酷かったからさ・・・・最後にちゃんと・・ね?」
食い下がる俺だった。
「知りません、させません」と先生まったく取り付く島がない。
「高速下の○○ってラブホ知ってる?クリアしたらあそこで土曜夕方5時
に待ってるから」と先生の同意も関係なく俺は言っちゃったわけ。
が、正直言うと勿論先生が来るなんて思ってるわけではなかった。

そんなに目出度い奴でもないし。ただ思春期っつぅのはちょっと脳が
ピンク色っていうの?要するにまぁキモイ話だが今にして言えば
待ってる俺を演じたい。演じてる自分に酔いたいみたいなもんが
有ったのよ確かに有った。有ったんだからしょうがない。
当時の俺が書いた書きかけのラブレターを偶然実家で発見して
読み返した時凄ぇハズかったし。当時の自分を撲殺したいと思った。
そんな事ない?。あの時代の自己陶酔は凶器だと思うよ。恐ろしい。
ってなわけで青臭い俺は同じさよならでも余韻を残して終わろうとしたわけ。
「勝手に待ってれば?」と当然先生超素っ気無い返事。
「じゃあ○○(俺の名)特攻隊員、只今から出陣いたします!」
と俺は言うと先生に敬礼をしてピシャリとドアを閉めたのである。

【23】
プールの授業が始まるのは4時間目もう3時間目の授業からドッキドキだった。
まーあれだけ大見得きって先生に言ってのけたんだから今更授業
バックレたんじゃ格好悪いことこのうえないからね。
さりとて偉そうな事を言っておいて今更何だかやはり起ってんのが
バレれば俺の学生生活はどう考えても終わるしかないのは間違いないわけで…。
冷静に考えればせめて「努力するから」ぐらいにとどめておけば
よかったのにと思う俺だった。後悔先に立たずとはよく言うよな。
そうこうしている内にも時間は刻一刻と迫ってくるわけ。あ~時計が
気になってしょうがない。(時間よ止まれ!)とか適うはずのないことを
願ったり(突然大雨降らないかな)とか思って外を覗き込んだりしてた。
残酷な事にピーカンだった。見事な日本晴れ。あ、あと5分・・・。

ドックンドックン高鳴る鼓動。これまで生きてきた中で最大の危機だったと
言っても過言ではないだろう。下をうつむきカタカタと落ち着きなく貧乏ゆすり
する俺だった。キーンコーンカーンコーン・・・とチャイムの音。
あ~まるで死刑宣告のようだった。皆が立ち上がり女子は更衣室へ・・。
男子はいそいそと水着に着替え始めた。みんなのんきに笑いながら
着替えてんの。とりあず、俺も着替え始める。ちょっとだけズボンをずらし
チンポを覗き込む俺・・・。(た、頼むぞおい・・)心の中でそう声を
かける。着替えが終わると皆の後について俺も教室を出た。
口の中がカラカラだ。妙に日差しが暑い気がする・・・。
消毒用の水がはってある所で下半身を浸す俺、塩素臭いっす・・・。
で、プールへの階段を上がっていったわけ。あ~見たくない見たくない。

女子の方見たくない・・・。俺はずっとうつむいてた。思わず外を見る。
と、その時だ。フェンス越しに白衣を着た人が目に入った。先生だ・・。
心配そうな顔をしている・・・。どうやら心配で見に来たらしい。
(めんぼくないっす)しかしそしたらど~した事か急に心が落ち着いて
くんの。あれ?あれれれ?さっきまでの心配事は何だったの?みたいな。
スー・・・と潮が引いてくみたいな。
あれはほんと不思議だったなマジ。だって本当に女子の方見ても
全然起ないっていうか、だから?みたいな悟りの心境になってんの。
今思うとあの瞬間俺は青臭い性から一皮むけたのかもしれん。

俺は先生の方を見ると(大丈夫っす!)って感じで皆に悟られぬ
ようさり気無く笑うと親指を立てたわけ。すると先生も安心したのか
軽く笑うと返っていった。いや~その後のハッピーぶりったら無かったよ。
心のトゲが抜けた後っていうのは何でも可能にできちゃうような、
何でも許せちゃうような気持ちになるよな?俺はなった。
元々水泳得意だったしね。水泳部の奴等に混じって上級組コースで
泳ぎまくってた。ま~そんな感じで俺は無事宣言通りにプールをクリア
したわけで・・・。だからって俺の一方的な先生とのラブホの約束を
先生が容認してくれるとも思えなかったが、自分の中の物語として
とりあえずワクワク感を持って土曜日までは過ごせる事が嬉しかった。

何て言うのかな・・・土曜5時になった時の事を妄想するだけで
充分なわけよ。来るかな?来ないかな?と思いつつ5時にラブホ前まで
行く俺を想像するだけで良かったの。分からないかな?・・・分からないだ
ろうな・・・。そうね、だいたいそこまで徒歩で30分弱の道のりだったから
だいたい1時間ぐらい前に出るだろ?さて、行こうかみたいな感じで
時計を確認して家を出る瞬間をまず想像してだね。で、玄関のドアを開け
道のりの情景をゆっくり思い起こしつつその時の自分の心境を想像
するわけ。思春期の妄想狂は果てしないからね、いくらでも色んな
展開想像できてたね。で、家に帰ってもずっとそんな妄想してたわけ。
あ~姉貴との一件も俺の脳内では全く無かったかのように先生との妄想に
よって排除されていた。が、向こうはそうじゃなかった。しつけーしあの女。
俺は椅子に座ってジャンプを読むでもなくペラペラページをめくってた。したら
「よくそんなシレっとした顔してられんなお前」だと。
俺は急に妄想から呼び戻されて「ハァ?」と聞いてしまった。
それが姉貴には余計面白くなかったのかもしれない。

「よく実の姉にあんなことしておいて平気な顔してられるなって言ってんの」
とドスのきいた声で言う姉だった。俺はようやく何の事を言ってるのか
察し「あ~あの事?あの事なら誰にも言わないでやるから心配すんな」
と言い返す俺だった。だって俺悪くないもん。
「何が心配すんなだ馬鹿!お前みたいな変体と一つ部屋に居る私の
気持ちにもなってみろ!性獣が!!」と姉貴。
「変体はお前だろ?実の弟にチチ揉まれて濡れたくせに」とやり返す
姉弟喧嘩っつぅのは不思議なもんでより悪化する言葉を選択しちゃうんだよな。
とにかく俺はそう言って火に油を注いでしまったわけ。
「ぬれっ!ばっ!!・・・っぐぅ・・・このっ!!」
あまりの俺の返答に言葉に詰まる姉。
頭に血が昇って耳元まで真っ赤かになってんのw

それを見逃さない俺。「ウソ!?まじ濡れてたの?こわ・・・引くわマジ」
と続けた。「~~~~~~~~!!!!!!!」姉貴もう頭から湯気が
出んばかり高潮してんだけど二の句が告げない状態。ま~10中9割
口げんかで言い負かされてきた俺としてはとても気持ちよかったのもある。
あそこでやめておけばいいものを「じゅん!ってしちゃったの?うん?」
と言ってすぐこれはやばいと思ったがもう遅かった。
激高した姉は「じゅん!って言うな!!!」と言うと俺に飛び掛って
きたわけ。しまった、こないだの繰り返しじゃん。アホだな俺と
思いつつ顔面を攻められると思いガードを固める俺だった。
姉貴に力任せに押されると俺は椅子から落っこちた。
「や、やめろ!うそうそ!冗談!!ごめん」もう遅いと分かりつつ
謝る俺。が、何と姉貴は俺の上半身を攻めるのではなく何と俺の
ジャージをずりおろしにかかってんの?ジャージだからね。俺が
下半身無防備だったこともあってガードがら空き。一気にずりおろされた。

で、俺の体に向こう向きにまたがると「男だってなっ!男だって!・・・
ここをこうされたら無意識に大きくなるんだろうが!!」と言って
なな、何と俺のチンポを無造作にシコりはじめたわけ。しかも超下手糞。
「いててて!姉ちゃん痛いって!!大きくならねっての、姉ちゃんじゃ
あるまいし・・・」(あっいけね!)どうしてこう余計な事を言っちゃう
かな・・・後悔する俺だった。それにして何ちゅう体勢だよ・・・
姉貴俺の顔を尻で踏み潰して弟のチンコいじるって・・有り得ないだろ?
俺の言葉が効いたのか幾分丁寧な感じでチンコをしごく姉貴。
片手でチンポを上につまみ上げつつ萎えたチンポを上下に指先でしごいている
らしい・・・。このとき悟った姉貴は本当にいわゆる(じゅん)
しちゃってたみたいなのである。

弟のチンポを起てない事には姉貴が立場が立たないって事らしい。
ちょっと悪いことをしたなとそのときになって初めて思う俺。
起てて治まるもんなら起ててやりたいところだが相手が実の姉では
この行為は逆に萎えシチュでしかない。チンポをいじられ、もがくしか
ない俺だった。どうする?もう一回姉貴のチチ揉んで逃げるか?
あ~でもますますトラウマ大きくなってもな・・・と思いを巡らす俺。
と、その時だ急に俺のチンポがさっきまでと違う刺激につつまれたのである。
ま・・・まさか、この湿った生暖かい感触は・・・。「うぅ・・・!」
思わずうめく俺。恐る恐る顔に乗った姉貴のでっかいケツをどかして
確認するとななな何と姉貴が俺のチンポを口に含んでいるでわないか!。
あ~ぁお、終わった・・・何もかも・・・今後は俺がトラウマに悩まされる
番になるだろう。俺は脱力して上を向いたまま動かなくなった。

チャップ・・・チョプ・・チョプチャプ・・・チュパ・・と湿った
音が狭苦しい部屋に響く。あ~確かにここまでされれば大きくなりますハイ。
無意識でも気持ち萎えてても血流はチンポにむかいますハイ。で?っていう。
頬をへこませ俺のチンポを唇で刺激を与える姉貴。俺のチンポが隆起して
きた事を確認すると体勢を変え(ほら見ろ)と言わんばかりに口から
見え隠れする俺のチンポを俺に見せようとするわけ。勝ち誇った表情だ。
で、口からチンポをズルリと出すと舌先でチロチロと先端をかき回す姉貴。
「うわ!・・・やっべ!!」思わず苦悶の表情を浮かべる俺だった。
実の姉貴のフェラで射精だけはしたくない!俺は姉貴の頭を鷲掴みに
すると引き剥がそうとした。が、苦しむ俺を見て姉貴は嬉しそうにまた
口内にチンポを咥え込んでいく。姉貴ぜってーMだな。

苦しむ俺を見て征服意欲に燃えたんだろう。どうせ。
彼氏も居ないのに誰に教わったのか頬を思いっきりへこませると
思いっきりチンポを吸引していく・・・。で根元を小刻みに指先で
しごかれたらま~これは倫理観とかそんなものとは関係なく男子の機能として
射精に向かうのは止むを得ない。
これはマジほんとうにそうなんだからしょうがない。
あえなく姉貴の口内に射精を開始していく俺だった。ビュウビュウと
放出する俺の精液をご丁寧にも唇でヌラヌラと搾り出していく姉貴。そして
キュッキュと指先で根元を撫でて尿道に残った最後の精液まで放出させると
誇らしげに手のひらに精液をボタボタと垂らして行く・・・。
「ほらな?言ったろ?」と姉貴。
勝ち誇った表情で見ろ見ろと手の平を差し出す。
俺は無気力な声で「それでいいのか?姉ちゃん」と言った。
「え?」と姉貴。「姉ちゃんそりゃまずいだろ?」と俺。

「え?・・・・あ・・・」と姉貴、やっと頭から血が下がったのか
事態を把握してきたようだ。
「え?え?え?どどどどうしよ私・・・どうしよ?」と急に動転してんの馬鹿が。
「どうしようもねぇよお前」とぶっきらぼうに言う俺だった。
「うわわわ!今のなし!今のなし!デリート!デリート!初期化!初期化!」
と訳のわからん事を言う姉貴。どうやら事態が相当分かってきたようだ。
「どうでもいいけどそれ拭けよ」と差し出された手のひらを指して俺が言った。
紛れも無い残酷な現実である。「うわ~ん!!!!」と泣きながら
ティッシュで実の弟の精液を拭うと「いや~!!うわ!うわわ~!!!」と
大声を出して階段を降りていった。で、玄関のドアがガチャン!と閉まる
音がした。無気力化した俺は天井を見上げながら(氏ぬなよ姉ちゃん)と
思っていたことだけを今でも覚えている。後でお袋がその声を聞いてたらしく
「どうしたの?あの子」と俺に聞いてきた。
「さぁ?気でも狂ったんじゃね?」と答えておいた。

【24】
結局姉貴は夜11時頃に電話がかかってきて友達の所に泊まるからと
言ってきた。お袋はもっと早く電話して来いとかご迷惑じゃないの?とか
言ってたけど正直俺としては助かった。ちょっとすぐに顔を会わせたく
なかったしね。心の中で(お~そうしろ、そうしろ)と思ってた。
ま~姉貴も気が短い分だけ切り替えも早い方だからね、お互いその事には
触れないで風化するのを待つしかないかなと・・・。
ま~そんなこんなで結局約束の土曜日を迎えたわけなんだけど、
そんなことがあったからって訳じゃないんだろうけど妙に冷静っていうか
約束の日の事を意識せずにその日を迎えちゃったわけ。
行く時間直前までラブホに行く事自体にリアリティを感じられなかっ
たんだよね。ま、それは俺がプールクリアして以降先生の俺への対応が
普通になったというか特別な生徒を扱う感じじゃなくなったってのもある。
多分先生も意識的に俺を遠ざけようとしてたんじゃないかな、無理も無いけど。
普通ってよりもむしろ他人行儀だった気がする・・。

敬語なんか使っちゃったりして。「○○クンこのプリント○○さんに
渡してくれますか?」とか、おいおい先生と関係する前だって先生そんな
言葉使いしなかったじゃんとか思ったけど、今にして思えば俺だってそんなに
信用できるかどうか分からないし変に周りに俺が先生との体験談とか
チクっちゃったら・・・とか思ったんじゃないかな。逆の立場だったら
マジ緊張もんだと思う。可愛そうに・・・。
だからもうほとんど先生が来てくれることなんか有り得ないのに
トキメいてもな~みたいな。ま~自ら約束したんだから行くだけ
行ってみるか?みたいな感じで完璧惰性って感じだった。

で、結局4時ぐらいになってあ~タルイなぁ・・・とか思いつつ一応
身支度してね。ドアを開けたのよ。真夏の4時っつぅとね、もー殆ど
昼と同じ明るさなんだよね。約束したときは夕方って意識だったん
だけど「ありゃちょっと約束早すぎたかな?」と思った記憶がある。
だってこんなに明るいのにラブホ前で待ってる厨房ってちょっと
怪しくない?いや実際怪しいんだけど。人目ひくだろ?とか
思って・・・。それでもまぁテクテクと30分の道のりを歩き始めたわけ
30分あれば着く道のりを1時間前に出たんだからね。相当時間的に
余裕がある。おれは歩道のわきの盛り上がった部分の上を歩いたりして
チンタラチンタラ歩いてったわけ。ちょっと先生の事に思いをはせて見る。
明るい盛りにラブホ前で待つ先生・・・。(ブハ有り得なね~!超有り得ねぇ)
一人想像しながらあまりのリアリティの無さに思わず噴出す俺だった。

俺が何でそのラブホを選んだかと言うとこの辺では珍しく民家が少ない
っていうか周辺が雑木林だったの。まぁ逆に言うとだからこそラブホが
建てられたってのもあるんだろうけど。で、そこに高速だけが上を
スーっとコンクリの無機質なグレーでビヨ~ンと長ったらしく通ってるだ
けなわけ。要するに人目がないんだよね。だから選んだという・・・。
で、結局そうね、最大級にチンタラ歩いても20分前後でその雑木林が
見えるとこまできちゃった・・・。時計を確認する俺。
「はやっ」まだ4時20分かよ、不思議と時間を引き延ばそうと思うときに
限って時間がたつのが遅いんだよな。あ~もうそう思ってる間にも
雑木林が目の前に迫っているわけ・・。痴漢注意と赤い文字で書かれた
看板が目に入った。確かに痴漢が出そうな雰囲気だった。
だってエロ本とか無造作に捨てられてんだもん。雨ざらしになって
変色したりして。が、逆にそれが妙に厭らしさを感じさせるんだよな。

実を言うと何で俺がここのラブホを知ってたかと言うとこのエロ本拾いを
小学校のころ友達としてたからなんだがw で、まだ明るいのにも
かかわらず気の早いヒグラシっていうの?あのカナカナカナ・・・とか
夕方になると物悲しく鳴くセミ。あれが鳴いてんのよ。
あのロケーションで鳴かれると何だか雑木林に死体でも捨てられてんじゃね?
みたいな気になるわけ。実を言うと小学校の頃実際ここに虫取りに来た
友達がそこで自殺してる奴見つけた事あんのよマジ。ノイローゼだったらし
いんだけどね。いや、んな事はどうでもいい。そんな余計な事を考えるから
ますます気持ちが萎む俺だった。(あ~やめときゃよかったな)と
思いつつもここまで来ちゃったら引っ込みがつかない。俺は雑木林の
中の舗装された細い道路をテクテク歩いていったわけ。あ~もう!蚊ウザイ!
やぶ蚊がプンプンいってんの。俺は歩調を速めてラブホに向かって
歩いていった。ラブホは雑木林を抜けたところのちょっと坂を
上がった小高いところにある。ま~いわゆる普通のラブホだ。

見えてきた見えてきた・・・。さすがにここまで来るとちょっと
ドキドキする俺。(先生が来てたりして?)みたいなありもしない
妄想が急に脳内を巡り始めた。もうあとちょっとでそれが確認できる
位置だ。が、確認したいような確認したくないような複雑な気持ちに
襲われる俺だった。だって居ないの確認しちゃったらもう終わりじゃん?
俺は意図的にインコース側を歩き確認しにくい位置で歩を進めたわけ。
が、んな姑息なジラシ自演術など大した引き延ばしにもならないわけで。
もう俺がヒョイとアウト側に体を傾ければラブホの入り口部分を
確認できるところまで来てしまった。急に立ち止まる俺。
(ど、どうしよ?せ先生が立ってたら・・・)馬鹿な俺はこの期に及んで
急にトキメキはじめてんの。深くス~っと息を吸いハァ~と吐き出す。
で、ゆっくりと体を右に傾けはじめる俺。

(た、頼む居てくれ・・・いや居るわけね~・・・いやでももしかして・・)
ドックン!ドックン!と波打つ心臓の鼓動。え~い!面倒くせーや!
俺は意を決し体を完全に右に逸らしラブホの入り口部分を確認したわけ。
(・・・・・・・居ない・・・)人っ子ひとり居ないわ(ま、そりゃそうだ)
急に現実に引き戻される俺だった。そうだよな~居るわけねんだよハハ。
しかし一応約束したんだから入り口まで行こうっと・・・。俺はテクテクと
入り口まで歩いていった。はは~んなるほど中は見れないようになってん
だな、何ていうの?ビニールののれんじゃないけど門の上から下がってて
車が入っても中は見えないようになってんのよ。初めてマジマジ見て
知る俺だった。門の脇に空室ありって表示されてる。ま、そりゃそうだな。
こんな明るいうちからセックスしようなんて思う馬鹿は俺ぐらいなもんだろ。
と妙に納得する俺だった一応ご休憩料金とご宿泊料金を確認する俺だった。

馬鹿な俺はセックス相手も居ないのに一応財布の中を見て足りるか
確認してたのを今でも覚えてる。(うんうん一応足りるな使わないけど)
そう思いながら時計を確認する4時45分。う~ん・・・一応な、約束だからな。
時間まで待つか?そう思いながら、いくらなんでもラブホ前に厨房が
突っ立ってるわけにもいかないから雑木林の坂の下まで降りたところで
待つことにしたわけ。どのみち先生もこっちから来るわけだし、先生の
赤い軽自動車が来ればすぐにわかる。とりあえずボーっと時間が経つのを
待つ俺だった。フぅ・・・何であんな約束しちゃったかな?
腰に手をあて自分にあきれる俺だった。するとそのときだ・・・。
ゴロゴロゴロと地響きにも似た小さな音が聞こえんの。
つい最近聞いた事のあるいや~な音だ・・・

俺は恐る恐る空を見上げた。晴れている・・・。が、むこうの方に
こないだ見たのと全く同じ真っ黒い雷雲が迫ってきてたのである。
やっべ!俺は同じ過ちを繰り返したくない気持ちで一瞬帰ろうと
思った。が、そこが青さというか若さなんだよな。俺の中の青春君が
(お前約束したのにこんな事で逃げていいんか?ヘタレが!)と
言うのである。今なら間髪いれずに(いいんです!)と即答するとこだが
俺は要するになんと言うか・・・豪雨に打たれながら先生を待つ自分を
演じたくなっちゃったわけ。あ~恥ずかしちぃっす。
そうこうしてる内に雷鳴が大きくなりピカッ!と稲光が間近にせまって
いる・・・。この徐々に迫ってくる感じの怖さってのいうのはちょっと
言葉では言い表せないね。さっきまですっごい明るかったのに急に
真っ暗になるし。怖ぇ怖ぇ。ポツ・・・ポツ・・・と頬を打つ雨粒。

あ~来た来た。好きなだけ降ってください俺は大きく両手を広げて
プラトーンばりにこの豪雨を受けてとめてやるぜ!格好よく(どこが?)
もう完全に自分ワールドに入る俺だった。ポツ・・ポツ・・ポツポツ
ぽつぽつビシャビシャ!ビシャ!ドッシャー!!!!と、俺の心の声が天に
聞こえたのかプールをひっくり返したんじゃないか?っつぅもんの凄い
豪雨が俺の顔面を叩き始めたわけ。(まけんぞ!俺はまけん!)
かんぺき青春君に心を支配された俺は意地でも動かぬ気持ちだった。
ドガーン!!!とすごい雷が雑木林に落ちた。たまげた、これにはマジ。
本当に間近に落ちると雷って鉄臭い。これはこのとき初めて知った。
あ~俺死ぬんだ・・・先回りして悲劇の主人公を演じはじめる青春君。
俺がここで死んだと知ったら先生だけが死んだ理由分かってくれるんだな。
な~んて超マヌケなことを思ってたw(氏ね) 先生泣いてくれるかな?
な~んてな。が、状況はそんなのんきな事を言ってる場合じゃない。

すでに許容量オーバーになったドブにかかったコンクリートの隙間から
ゴポゴポと凄まじい噴水を上げはじめている。雑木林はかなり低い立地条件
にあるため見る見る俺の足元に水が迫ってきていた。俺はしょうがないので
小高いラブホの方へ引き返したわけ。水かさがどんどん増してきている。
さすがに心配になって空を見上げる俺だった。が、
黒い雷雲は全く勢いを衰えさせる気配を見せない。
ラブホの所まできたら暗くなったからなのか料金灯と
ラブホのネオンが灯りはじめた。とりあえずここにかくまってもらうか?
と現実クンが俺にささやきかけるが(ダメ!それ格好イクナイ!)と
青春君が却下する。結果俺は延々と土砂降りの中に晒されることに・・。

(バチだな、先生にひどいことしたバチだきっと)俺は雨に打たれながら
そう思っていた。時計を確認してみる、もう5時40分・・・。
先生は絶対に来ない、もうそれは決定だ。それは受け入れよう。
が、雨が止むまでは立っていよう、これはもう意地だ。格好悪い状況だけに
ここだけは意地でも逃げたくなかった。バチだと思って受けよう。そう
思って顔から滝のように流れ落ちる雨を拭わずに立ち続けてたわけ。
あまりにみっともなくて泣きそうな情けない気持ちだったけど。
雨が目に入るもんで雨で真っ黒になったアスファルトの道路だけ見てた。
パシャパシャ跳ねる雨の勢いが増したり少し収まったりするのを見てた。
も~ボーっとして何分そうしてたのかもわかんね。正直。
と、その時だ。坂の下の雑木林の方からバシャバシャと水を跳ねて
走る車の音が聞こえたわけ。あ~雨しのぐのにカップルが来るんだな・・。
と思って、俺は目立ちたくないからちょっと端っこによって車を
やりすごそうとした訳。俺の前を車が走り抜けていく・・・。

俺の分まで頑張れよセックス!そんな気持ちでやりすごす俺だった。
すると俺の前10mぐらいのとこで車がキキ!と止まる音がする。
が、俺は関係ないので下を向いたままだった。しかし車が急にバック
してくんの。ブィーン・・・・って。で俺のちょっと前のとこで止まったわけ。
パシャ!ウィーン、パシャ!ウィーン・・とワイパーの無機質な音だけが
豪雨の中で辛うじて聞こえた。さすがに俺は目を上げ車を見た。
暗がりの中でもすぐわかる。先生の赤い軽自動車だった。
もしもと思い助けに来てくれたのだ。アヒャー格好悪ぃー!超格好悪いよ俺。
俺は駆け出してウォォォと逃げたかった。が、そうもいかない。
何だよせんせ・・・放っておいてくれよ。武士の情けで。そりゃないぜ。
ちょっとこんな無様な展開ないよ。しばらく立ち尽くしているがもちろん
先生は車を動かす気配はない。ただただワイパーの水をはじく音だけが
むごたらしく聞こえてくるだけだった。しょうがない・・・俺は重い
足取りで先生の車まで歩きドアを開けたのである。

車の中まで雨が振り込むのでとりあえず急いで乗り込みドアを閉める俺。
恐る恐る先生の顔を見る俺。無表情のまま前を向いている。そして
ポイとタオルを差し出す先生。黙って受け取りゴシゴシ頭を拭いた。
先生の車が動き出す・・・。坂を上がりラブホの前を通り過ぎていき
T字路のとこで切り返し元来た道を走り出した。素敵なオチをありがとう
神様。と自虐的に思いながらフロントガラスに降り注ぐ雨を呆然と
見入る俺だった。ラブホの前を再び通り過ぎる・・・と思ったその時だ
急に右にハンドルを切ると、なな、何とラブホの入り口に車が入って
いったのである。急のできごとでびっくりしてグッタリしていた体を
起こす俺。ななな何?いったい何?事態をのみこめずドギマギして
前方と先生の顔を交互に見る俺だった。どういう事?とりあえず
雨止むまでここでやりすごすってことっすか?と思う間に先生は駐車場に
車を止めてしまった。「降りなさい」と先生。俺は従うしかなくモタモタ
と車を降りたわけ。先生モタモタする俺に近づき手を引くとラブホに連れて
行ったのである。

【25】
ホテルに入りフロントの所に行ったんだけどさ、どういうシステムだった
のか若干うろ覚えなんだけどフロントは確かにあったんだけど、人が
居るような雰囲気じゃないのね。どういうのか人が居るんだけど相手側
からこっちが見れないようになってるから居ないように感じてるだけ
なのかもしれないけど、とにかく先生もそのチェックインシステム
みたいなのがよくわからないらしくてウロウロしてるわけ、向こうから
「いらっしゃいませ」とか言ってくるでもないしさ。で、俺が辺りを
見回したんだけど側壁の部分で各室の写真みたいなのがライトアップ
されてて電気が消えてる所がどうやら使用中らしいって事は分かった。
その時は使用中の部屋が結構あったんで、俺はずっと見張ってたから
(あれ?いつこいつら入ったんだろう?)と思った記憶がある。
けど今思うと単に清掃してなかっただけなのかもしれない。
で、よく見ると何だか分かんないけどどうも金を入れるような所が
あったわけ?あれ?ここに金を入れて部屋のボタンを押すと入れるのかな?
と思ったら、ちゃんと書いてあるじゃん。デカデカと。

「先生これ」って俺が言って説明書きを指差したわけ。「あ」と言って
先生興味深げに読んでいる。「ふ~ん・・・今こうなってるんだ?」だって。
俺も何回かその後ラブホ使ったことあるけど、そういうのはあそこだけ
だった気がする。「昔は違ったの?」と俺。「うん・・」と答えて
先生金を入れて勝手にボタン押している。しばらく間があってから
「バカ」と言って俺に肘打ちした。「いてっ」と言ってみぞおちを押さえる俺。
すると部屋番ついたルームキーが出てきた。・・・だったと、思うんだが
俺も朦朧としてたんで定かでないごめん。先生鍵を持ってエレベーターの
方へ歩き出したわけ。ヨタヨタとついてく俺だった。正直このとき俺は
先生とやれるとかやれないとかいう事を考えてたか?と言うと全く考えて
なかった。ま~時間も時間というか約束の5時を有に超えてたからね
先生がどういうつもりで来たのかも分からなかったし、俺も正直
ヘコタレてた部分もあったんで単純に先生の後をついてっただけだったね。

壁紙とかが所々剥がれてたりして(あんま繁盛してね~な)ぐらいの
事しか考えてなかった気がする。でも通路とかはランプ状のライトが
数メートル感覚で点いてて一応ロマンティックな雰囲気ではあった。
定期的に雨粒が入り口のガラス戸にパラパラパラと叩く音が聞こえる。
で、とりえずエレベータに乗り込んだわけ。こ~いうときってバツ悪い
よなー。ほんっとバツ悪いよ。俺ただでさえエレベーターって苦手。
上がるまで回数示す数字追ったりして早く着かないか待つあの時間やだ。
たった数秒なんだけどね。でエレベーターが開き部屋のほうへ歩く二人・・。
よく見ると先生サンダルじゃん。急に心配になって
駆けつけたのが見え見えだ(面目ないっす)。かなり使い込んだ
ピッチリめのジーンズと白地のTシャツだったと記憶してる。柄は忘れた。
すると先生のムッチリしたお尻を見てたからって訳じゃないんだけど
何故かチンポが起ってんの。疲れマラってやつ?ビンビンに漲ってるわけ。
俺は先生のお尻を朦朧と見つめながら部屋まで先生の後をついてった。

歩くたびに右、左、ってクイクイって尻の部分のジーンズにシワが寄るのを
見てた。部屋のドアを開ける先生。当然先生に続いて俺も入ろうとした。
そしたら先生
「こらこら!いくら何でもそのまま入ちゃ駄目よ服脱いで!」だと。
来た通路を見ると俺が歩いた後にポタポタと水が落ちてる・・・。
まるで貞子が這った跡のように。やばい怒られるかな?と思いつつ
俺はもたもたとヨレながら服を脱ぎ始めたわけ。とりあえず上着を
脱ぎ先生に渡す俺。が、下どうする?っていう・・・。
あの、勃起してるんですけど・・・っていう。何だかこの状況下ですでに
発情してるみたいで超いやだった。っていうか恥ずかしいじゃん?
モジモジ躊躇する俺。すると先生「何やってるの下も脱いで早く」だと。
もういいや、どうせ俺がエロ小僧なのは親以上に先生がよく知ってるん
だからとあきらめる俺だった。しょうがないから脱ぎ始める・・・

当然トランクスの越しに俺の高まりは先生に丸見えだ(いや~ん見ないでぇ)
でも先生俺の高まりをチラと見るだけで無反応だった。俺の動きに
連動してビヨンビヨンとゴム細工の棒みたいに上下に振れるチンポに
自ら恥じながらズボンを脱いだ。うつむいて無言でズボンを渡す俺。
(この子もう私とセックスする事考えてこんなになっちゃって・・)とか
思ってんだろうな、くそ~違うのに。しかし冷静に先生は受けとると
「どっか干す所ないかしら?」と言いながらあちこち探している。
一応俺の服だからね、俺も探した。まさかハンガーに干すってわけに
いかないし・・・。先生はバスルームで俺の服をしぼってる。
ポタポタと水が落ちる音が聞こえてきた。俺が室内を見回してると
小さなサウナ室があった。それもシステムは忘れたんだけど時間設定をして
容器に水を入れるとそれが熱せられた石の上に落ちて蒸発するみたいな
感じだったと思う。「先生ここは?」と服を絞り終わった先生に言う俺。

先生がサウナを覗き込み壁に貼ってある説明書きを読んでいる。
「これ、お水入れなかったら乾燥室みたいになるかしら?」と先生。
俺は先生の白地のTシャツから浮かぶブラのラインをチラチラ見ながら
「多分・・・」と答えた。先生は椅子と床に俺の服をペッタリと
置き起動ボタンを押したわけ。
さて、どうしたもんかしばらく静寂が訪れる部屋。いったいどうする
つもりなのか先生の言葉を聞かない事には俺も行動できないわけで・・。
(じゃ、やりますか?)と言うとは
どうしても俺には思えなかったし。状況的に。
そしたら「シャワー浴びちゃいなさいよ」と先生が言ったわけ。
ま~パンツ一丁でつっ立ってるわけにも行かないのでとりあえず
「うん」と答える俺だった。「これ着なさい」と白いバスローブを俺に
ポンと投げてよこす先生。歯ブラシとかも置いてあんの。どうする?
せっかくだから磨くか?と思ってそれと、ボディーソープとシャンプー
リンスの小さなビニール袋詰めのセット持ってバスルームに入る俺だった。

とりあえずシャワーを浴びる。ボディソープを体に塗りたくってみた。
ギンギンに漲ってるチンポにも塗ってみたw キュッキュとしごくと
気持ちよかったりした。一通り体を洗うと頭洗って歯を磨く俺。
どうも俺は旅行にでも来たみたいな素行だったな今思うと。
そしたらなんとなく落ち着いてきた。は~先生ほんとど~するつもりだろ?
まさかここまで来てセックスなし?いやいやそれも充分有り得る気がする。
とりあえず一応体をきれいきれいして出てバスローブを身にまとう俺だった。
厨房に白のバスローブ・・鏡に写る俺を見てブ!と吹き出した。超似合わねぇ。
カラカラとブランデーグラスまわしちゃったりしてってか?と、気づくと
俺のトランクスがない。あれ?おかしいな、確かここに置いたはずなのに・・。
どうやら先生それも干しちゃったらしい。バスローブって振りチンで着る
もんなのか?とか若干下半身に物足りなさを感じながらも部屋に戻った。

先生小窓を開け外の様子を伺っている。
「まだ降ってる?」と声をかける俺。「う~ん・・・まだちょっとね」
と言って先生振り返った。「土日は都市の温度が下がるから集中豪雨に
なりやすいんだって」と先生が言ってたのを覚えてる。そういえば
最近、土日は必ず土砂降ってる気がするなぁ・・・とか思ってた。
「すっきりした?」と先生が言った。「うん、先生も入れば?」と
何気なく答える俺だった。あ~どうなるんだ?今後の展開。さっぱり
わかんね。マジわかんね。「う~ん、じゃ、そうしよっかな」と先生。
バスローブ持ってバスルームに入っていった・・・。本当にどういう
つもりなんだよ?心配になって見送る俺。あれ?自分が入ってる時は全く
気づかなかったんだけどバスルームが擦りガラス状になっててこっちが
丸見えじゃん!俺がチンポ何気にしごいちゃってたりしたのも見えちゃって
たってか?ハズカシス!するとそこに先生が入ってくるのが見えたわけ。

擦りガラス越しに先生の肌色の肢体が見える。すげぇ・・・厭らしい。
はっきり見えないのが逆に萌えるわ・・男心をよく計算してるなこれ。
豊かな乳房が凹凸になって確認できるし。アップにした髪を解いてんのも
分かる。ここまできて初めて先生がいわゆる「セックス」をする気で
来たのが分かった。何でその気になったのかはまだ分からないけど。
ふと見るとベッドの前方に無意味にでっかい鏡がある、いやそっちの壁面
ほとんどが鏡といってもいいぐらいだったと思う。何の為にこんなの
でかい鏡があるんだ?と思った記憶がある。

【26】
しかし、まーこの白いバスローブ姿の似合わなねー事この上ないな・・。
こういうのは多少年期が入ってから着ないと様にならない。
しげしげと鏡を見ながら呆れる俺だった。さて・・・。先生出てくるまで
どうすればいい?何かなぁ、ベッドの中に入って待つっていうのも
あからさますぎて嫌じゃん?シャーシャーとバスルームからシャワーの
音が聞こえてくる。俺は何気にまた擦りガラスの方を見たわけ。
胸元にシャワーを浴びる先生の肌色の肢体が透けて見える・・・。
大人の女の艶っぽさっていうの?出るところはムッチリでてて、しかも
ウエストのくびれもちゃんとあるという・・。
で先生太腿のあたりにもシャワーをあてていらっしゃる。
丁寧にそのあたりを撫でているのがわかった。(お、俺の為に・・)
ムッチリしたお尻の縦の割れ目が薄っすらと影になって見えるわけ。
いやー女の体って本当に美しいっすね。見とれちゃうよ・・・。

まぁ先生のスタイルがひと際よかったってのも有るんだろうけど。
思わずチンポを握り締めてしまう俺だった。(や、やるんだ俺?)
とチンポに向かってささやきかける。チンポがピクンと反応した。
も~こいつがおさまる所におさまりたがってしょうがない。
男の心と下半身は別って言うのは本当だよマジ。
ハッいかんいかん・・・。先生がでてくるまでに自分のポジショニングを
決めておかねば。そうだ、服が乾いてるのを確認するフリってのはどうだ?
なかなか自然じゃん?思い立った俺はとりあえずサウナの小部屋を確認
しにいってみた。自分でも(超わざとらしー)とか思いつつ・・。
サウナを開けるとムワっとした空気が開放されて俺の顔に当たる。
うーんなかなか良い感じに暖まってるじゃん?とりあえず服に触ってみる俺。
服は温もってるけどまだまだジットリしてるって感じ・・・。そりゃそうか。

でも服の湿気が蒸発して部屋自体がちょっと蒸してた。
どっちにしろサウナだなこりゃ。ちょっと入って見るか・・・。興味半分で
中に入ってみる俺だった。アジ・・・だめだこりゃ直ぐ出る俺。
何が楽しくて世間の親父共はこんなもんを好き好んで入ってんだ?と
思った記憶がある。やっぱりあれか?ビール飲んでプハーとやりたいからか?
そんな事を思っていると「だめよ、まだ開けちゃ。乾かないでしょ」
とバスルームから出てきた先生の声が背後からした。い、色っぽいっす・・。
思わずゴクリと唾を飲み込む俺。いやほんと艶っぽかったってマジ。

俺に比べてバスローブの似合うこと似合うこと・・・。まるで先生のために
あつらえたみたいっす、うん。さり気無く胸元からのぞく豊満な胸の谷間
なんか堪りませんよほんと。厨房なら速射もんですよ。でアップにした
髪を解くと肩口のあたりまで濡れ髪が垂れているわけ。それをバスタオル
で拭いながらこっちに先生が歩いてきた。俺の目の前で立ち止まる先生。
俺を見上げている・・・。(キスして)とか言って目を瞑るのか?
いや、そんな優しい表情ではない。先生腰に手をあて「座って」と
言ってベッドの方を指差した。黙ってベッドにこしかける俺。
そしたら先生ベッドの上に正座してんの。な、何?なにこのあらたまった
展開は・・・。たじろく俺だった。が、先生が正座してんのに俺が
しないのも変だろ?しょうがないから俺も先生に向かって正座したわけ。
「○○君、これで忘れてね?お願いだから」と一言先生。

「え?」と思わず聞き返す俺だった。
「○○君、これで今までのことぜんっぶ忘れてね?」と先生。
「う、うん」と答えるしかない俺。先生すごい真面目な顔してるし。
「今後あなたが今までのことを言う言わないで私の人生全部がかかってるんだから」
と先生がおっしゃった。(いや、俺の人生もかかってるんですけど・・)と
言いたいところだったが確かに重みは全然違うだろう。
「言わない!言わない!言えるわけない」と言って
俺は頭をブンブン振って否定したわけ。「本当?本当ね?」と俺の手をとって
目を覗き込む先生・・・。た・・・谷間が見えるんですけど・・。
どうにも目がどうしてもそっちに吸い寄せられそうになるが、ここは
信用問題だ。辛うじて目をそらさず真剣に先生を見つめかえす。・・・
しかし美人だよなぁ・・あー美人だ美人だ。関心するよマジ。
長いまつ毛からのぞく黒くて大きい瞳を見てると、もうブチュー!っと
抱き寄せてチューしたくなっちゃうんだけど堪えるのが超大変だった。

「ほんとほんと、今日が俺の先生卒業式にする!」と俺は言った。
いまにして思えばあのまま自然にフェードアウトして先生との関係が
終わってしまうと、俺が自慢話っていうか武勇伝みたいな感じで誰かに
チクっちゃうんじゃないか?って気が気じゃなかったんだろうな。
リアルにそれは有り得そうだから先生が心配するのは無理ないが
社会的に背負う物がない厨房の頃の俺にはそこまで分からなかった。正直。
今はちゃんと念を押しておきたかった気持ちは今はよくわかるんだけどね。
「じゃーね、いいわよ」と先生。「うん」と俺。
「・・・・・いいよ」と先生。「うん、うん」とうなずく俺。
「だーかーら、してもいいわよってば」と先生半ば苛立っておっしゃった。
のだが、つ、つかみが分かんないわけ。だ、抱きながらキスとかすれば良いんすか?
と、思いつつ・・・「うん」と俺また相槌をうってしまった(違うその応えバッチョイ!)
「しないの?」と先生正座しながら腰に手をあて俺を見てる。

「するする」と俺頭を横に振った。「どうするの?」と先生が言った。
「ど、どうすればいいの?」と俺。(なに言ってんだバカ市ね!脳ちゃんと作動しろ!)
焦る俺。この時はじめて俺はアブノーマルなセックスしかしてない事に気づいた。
すっかり経験者のような気分でいたが、そういう雰囲気のもっていきかたが
まるで分かってなかったのである。でも今考えると正座しながら「しろ」と
言う先生も先生だったと思うんだけど。

【27】
「ど、どうしたらいい?」と俺。もーこなったらこう答えるしかない。
この流れじゃこれしかなかった。なかったんだからしょうがない。
「どうしたいの?」と先生。口をちょっと尖らせておっしゃった。
ど、どうしたいって・・・う~ん、ちょっと考え込む俺。
「ぎ、ギューって抱きしめたい・・かな?」と答えた。
いきなりブチューってのもストレートすぎるし。段取り全然わかんねーの。
萌えかけてた俺の心が急にシオシオになりかけた。みっともねーよ俺。
「じゃーそうすれば?」と先生、ちょっといたずらそうに笑ってんの。
チクショー!坊やだと思ってんな?その目は。どーせそうですよチ!。
「じゃ、じゃぁ行きます・・・」とモジモジしながら手を差し出す俺。
思わず敬語使っちった。って先生なんだから当然かw
先生も応えて手を広げる(はい、いらっしゃーい)みたいな感じで。

俺はそ~っと手を先生の背中にまわしつつ
お言葉に甘えて先生をムギュー・・・っと抱きすくめていく俺だった。
むにーっとした感触がタオル地のバスローブ越しに伝わってくる・・・。
(や、柔らかけぇ・・・)姉貴の肉質とは全然違うの、姉貴みたく弾力ある肉質
ではなく先生のは吸収していく柔らかさ、むにむにっと・・・こぅ。
ごめん上手く説明できないや、やっぱりあれだな20代後半になると
母親になる為っていうのか子供抱く為っていうのか和み系の体に
変わるんだよ女って。思わず欲情忘れてうっとりしちゃったよマジ。
う~柔らけ・・・柔らかい・・・超柔らかいっす。モミモミ・・・サスサス・・・
思わずきつく抱きしめてしまう俺だった。「ちょくっ苦しいってばゲホゲホ」
と先生思わず咳き込んでいらっしゃる。(面目ない)。

で、ほのかに甘い香りがうなじの辺りにただよってんの。別に香水つけてる
ってわけじゃないんだろうけど微妙な女の香りっていうのかな甘い香りがした。
・・・・気がするんだけどもしかしたら実際に香ってたわけではなく
あれがフェロモンってやつかもしれないなと今になって思う。
要するに俺の萎えかけた俺の心がムクムクと起き出してチンポに再び血が
ドクドクと流れ込むのを感じた。思わず先生の襟首のあたりから手を
差し込み背中に手を突っ込んでいく・・・。ホコホコな地肌のぬくもりが
直に伝わってくる・・・。スッと手をそのまま横にスライドしていくと
バスローブが肩口のあたりからハラリとはだけて中途半端に落ちた。
先生の豊かな乳房が微妙に露出して超厭らしい。チラリズムっていうのは
こういうのを言うんだなと思った。で、先生またプールにでも行ったのか
水着のラインが更に濃くなってんの。焼けても十分白いんで一見普通
なのだがこうして真っ白ならラインを見るとほんっとうに色白なのが
よくわかる。ほんとクッキリラインが出てんだもん。

もーこうなるとむしゃぶりつきたい気持ちに駆られるが男の本能。
ガバっと胸開いて乳房の全容を明らかにしたい気持ちいっぱいだったが
いや、いきなりそれやっちゃ勿体無い気もするし・・・。
俺はそのまま先生のはだけた体に自分の重ね合わせ温もりを直に
味わおうとしたわけ。そうすると先生もそれに応えて俺の首に
すがりつくように腕を絡めてきた。(やべ、こ、これ効くっす・・・)
だって俺にすがりつく先生の姿が鏡に映ってんだもん。
こ、これか?これが狙いなのか?ラブホのオーナー恐るべし(設計者か?)
とにかく俺のようやく逆三角になりかけてきた発展途上の体に先生の
完全に熟した女の体が絡み着いてんのを見ると嫌でも欲情するのは
やむを得ない。男と女を意識させられちゃうわけ。
で、薄っすらと青い血管が透けて見える先生のうなじに自分の唇を這わせて
いく・・・。「アッ・・・アッ・・・ハァハァハァ」と先生が小さな声で反応した。

唇で愛撫しつつ時折舌でペロリと舐めたりすると先生がビクン!ビクン!と反応
するのが嬉しかった。ぺろぺろ~っと舌先で首筋をなぞると先生
ブルブルブルって震えてんの。せっかく洗い流した汗を俺の舌で塗り
たくられスッパイ唾液の匂いがしたのを覚えてる。
そのまま唇を先生のあごの下から頬へ這わしていく俺。
要はキスしたくて堪らなかったわけだが、女ってセックスよりキスの方が
心通ってないと嫌がるよな?嫌がるよ。風俗とかでも下は繋がっても上は
駄目って子いたしw まーだから俺はさりげない感じで先生の唇に重ねて
いきたかったわけ。俺が先生の頬にキスしていたら何と先生の方から
お唇を迎えにきてくださった。これは超嬉しかったマジ。
さっきから徐々に起ってきてたチンポに100%血流が注入されていく。

もうビンビンっす。その厚ぼったく湿った唇に俺の唇を絡み合わせると
もう(前からそうしたかった!)みたいな感じで堰を切ったように
お互いの舌を絡め合っていく。ニチャニチャと湿った音を出しながら。
お互いにしたいように味わってた感じだった。俺が先生の下唇を吸ったら
先生が俺の上唇吸ったりしてピチュ・・チュ・・とか音がするからそれが
凄い興奮剤になんのよマジ。興奮した先生の生暖かい鼻息と吐息が顔に
かかると興奮が最高潮に達しっていってもー自分でも何がどーだがテンパって
くるわけ。俺は我慢できずに中途半端にひっかかった先生のバスローブ
をバサッと下までズリ下ろしたわけ。

そしたら先生もそれに応えて俺のバスローブを丁寧に降ろしてくれんの。
生で重なる俺と先生の体。クゥ~!生暖かい先生の温もりが俺の体に
浸透してくるっす!。プニャァ・・・て先生の乳房が俺の大胸筋に
押し潰される感触なんてもう堪りませんよ!
あ~!もう駄目駄目!辛抱たまらん!俺はそのまま先生を押し倒して
いったわけ。反動で先生の豊かな乳房がプルルンと揺れた。
ち、乳首だ・・。こんもりと盛り上がった両乳房に、さっきから見たくて
しょうがなかった先生の乳首と乳輪が目に入る。俺はそのピンクの乳首に
むしゃぶりついた。「○○クン!・・・アァン・・」先生はよがり声を
あげると乳房にむしゃぶりつく俺の頭を鷲掴みにする。
先生の感情にあわせ揉みくちゃにされる俺の頭髪。ちょっと痛かった。

ピチャピチャと乳首を転がす俺の動きに連動してハァハァと荒い息を漏らす先生。
「○○クン!○○クン!ほ、欲しかった・・ずっとあなたが欲しかったの」
先生もー完全に迎え入れモードに入ってらっしゃる。ハァハァしちゃってるし。
目なんかトロンとしてんだもん。真面目な先生の面影はもうなかった。
その言葉に同調するように乳首がニュニュゥっと隆起してきた。こうやって
感情が肉体の反応で確認できるととても嬉しいよな?
言葉だけじゃないんだって思えるから。俺が口を離すとツーっと唾液が
糸を引いてオレンジの微妙に薄暗いライトに光った。

まだ下半身をバスローブに覆われた俺の体に先生は両脚を絡め早くも
求愛の格好をしてくる。俺のその部分に入り口を合せ上下に切な気に
腰を動かしてんだもん。(早く入れて~)って感じで。堪らん!
もうそうなったら、もう一つの体の反応も確認したくなるだろ?なるよな?
俺の高まりにな擦り付けてくる先生の入り口にゆっくり手を
這わせていく俺だった。

【28】
とにかく俺の腰に絡み着く先生の脚を離さなければ俺の手を差し込めない…。
俺は強引にミッチリと密着させた先生と俺の下半身の隙間に手を突っ込んで
いったわけ。(くそ!中途半端にまとわり着く俺のバスローブが超邪魔!)
俺の手を差し込むスペースがなかなか確保できないの。焦った。
先生は俺の胸元でハァハァと熱い息を漏らしながら俺にしがみついている。
く、くすぐったいっす…。胸元にハフゥハフゥって息吹きかけられる
もんだから超くすぐったかったマジ。俺に(欲しい)って言っちゃったもんだから
気分が高潮してるのか白い先生のこめかみに血管が浮き出てんの・・・。
で、俺の背中に腕をまわしてギュっとしがみついてる。
(イテテテ)ちょっと爪が立ってて痛かった。ヘコヘコと繰り返す下半身の
求愛行為で先生の意図(セックスしたいって事)だけはよくわかった。

つーか完全に俺の体を抱き枕にして自慰してんじゃね?っていう・・・
もしかしたらタオル地とマンコの擦れ具合が気持ちよかったのかもしれない。
太腿でユラユラと腰揺すって股間に摩擦を与えてんだもんマジ。
それにしても先生の体、もーホッコホコで凄い熱気を帯びてんの。
求愛運動に連れてキッコキッコとベッドの下のクッションが軋む音がする。
先生の豊かな乳房もユッサユッサと上下に揺れてた。
しかしながら先生の切ない気持ちはよくわかるが、ほとんど前戯もなしで
事に及ぶってのはいかにも味気なさ過ぎる気がするじゃん?するよ。
やっぱりこういうことは溜めに溜めて事に及ばないとね。最後だしね。
で、ムッチリとした肉着きのいい先生の太腿に指を這わしていく俺だった。
指先でサワサワサワと撫でてみる…。ピクンピクンと素直に反応する先生の
腿が震えた。先生の腰を抱えつつ後ろから手を差し込んでいく俺。

前が駄目なら後ろから行くしかないと思ったわけ。双臀部の柔らかい
豊かな肉の感触がプニャっと俺の指先に伝わる。やわらけぇ尻の肉…。
(こ、これも最後だからな、揉んでおこうっと)モミモミモミモミモミ・・・
プニャプニャプニャと俺の指に呼応して好きに形を変える先生の大きな尻肉。
(う~超柔らかいっスよマジ)こういう大きなお尻を触るとバックでしたく
なるのが男のサガ。先生の腰を抱えて俺の下腹部に先生のお尻をぶち当てて
みたい!という気持ちになる。もーやりたくてしょうげない!バックで!
・・・と思うが、やっぱ最初からバックは失礼だよなぁと思う俺だった。
何というかそういうオーラってあるよね?最初は正常位じゃなきゃ駄目!
みたいな。バックを許さない雰囲気・・・。っていうか教師と生徒の関係で
最初っから四つん這いってちょっとねっていう。逆にそれが萌えなんだが。
まー要はそういう雰囲気を感じたわけ。

先生のお尻も揉みしだきながら厨房なりにあれこれ考える俺だった。
「アゥゥ・・・アッアッ・・・○○くぅん!来てぇ・・・もぅ来て!」
もう辛抱たまらなくなってるご様子。
ふと前方を見やると鏡に今にもセックスせんばかりの二人の肉体が
重なってるのが見えるわけ。俺に組み敷かれる先生の乳房が女らしさを
強調してるっていうか(あ~俺達本当にセックスするんだ?)って
いう感じにさせる。正直やばかった、マジ頭おかしくなるよあれ。
鏡はやばい。照明が薄暗いせいか肌の色が微妙に赤茶っぽく見えんの。
それが凄いHぃ気持ちにさせられたのを今でも覚えてる。
俺は背後から先生のマンコを撫でようと尾てい骨の辺りに手を差し込んだら
もうそこまで先生の粘液が垂れているらしくネットリとした感触が手に残った。
そんなに体が反応してくれてる思うと超嬉しかった。

「来て?もう来て・・・ね?ね?」と言いつつトロンとした目で俺を見つめる先生。
俺との間の障害物になっていたバスローブを自ら外しにかかってんの。
俺も手伝おうとバスローブの前を掴もうとすると何と先生がマンコを
擦り付けてた部分にネットリとした粘液がこびり着いてんの。ネバネバしてた。
触らずとも相当濡れてるらしい事は明らかだ。バサッと無造作に放り投げ
られたバスローブはだらしなく床に落ちた。
ちょうどその瞬間先生と俺の間にスペースができた。
先生は入り口の障害物がなくなったことを確認すると即俺のチンポに
入り口をもってこようとしてきたわけ。そうはさせじと俺が手を間に
挟み込む。つっかえ棒のように手を差し込むと俺はサワサワサワと
指先で先生の子宮の辺りの下腹を撫でていく。

「アフゥゥ・・・」と先生は満足そうな声を出すと期待からか下腹をフルフルと
震わしていらっしゃる。手を南下するにしたがって震えが大きくなっていく。
ピクン!ピクピクピク・・ピクン!みたいな感じで震えが大きくなったり小さくなったり
してた。下を見ると俺の位置からはマンコは陰毛に隠れて見えないんだけど
股間の辺りにちょうど先生の水着の痕があんの。白と褐色の境界線がクッキリ。
多分微妙にハイレグだったと思われる。でも分かるよ先生のスタイル
だったら子持ちでも多少大胆な水着は着たくなるだろう。俺が女なら
絶対そうするw 俺はその境界線に沿ってツゥー・・・と指を這わして
いったわけ。「い、やだぁ・・じ、焦らさないで・・・焦らさないでよ、ぅぅ」
先生なんでか分からないが手を口に持っていきながら左右に頭を振っている。

眉間にしわを寄せイヤイヤしてんの。どっちかっていうと先生っていうより
女の子って感じだ。でもそー言われると焦らしたくなるよな?焦らしたくなるよ。
俺は楕円を描くように指で先生のマンコの周りをキュッキュと縁取っていったわけ。
縁なのにもうマンコから蜜が溢れてヌルヌルしてんの。
ニチャニチャと湿った音がする。おいおいまだマンコ撫でてないよっていう。
「や、やだ!やだ!ほ、欲しぃ、○○くん・・・欲しいよぉ」
焦らす俺の指を中心部に迎えようと切なく追いかける先生の腰。

そのクネクネとした仕草が絶妙に厭らしいわけ。
追いかける動きに連動して太腿がプルプルと震えてるし。
先生苦悶の表情を浮かべパクパクと金魚のように口を開けて喘いでる。
学校での先生とは全くかけ離れてて本当に先生なのかと疑いたくなったよ
マジ。学校ではツンとした美人で通ってんのに。
事実確認をするように再び鏡に目がいってしまう俺だった。

【29】
先生の太腿のあたりを撫でつつペロペロ~ンと首の下から胸の谷間まで
とりあえず舐めてみる俺・・・。すると先生プルプルプルと身をすくめながら
体を震わしてんの。ピチャピチャと意図的に音をたてると何か俺の方が
興奮してくるわけ。「アァ・・アッ!ア~アッ!・・・」と先生の喘ぎ声が
聞こえるんだけど肌を密着させながらだとエコーがかかってるみたいっす。
声が発せられると同時にちょうど胸元の辺りが小さく振動してんの。
伸び上がった脇の下からプツプツとした処理した毛根の痕が見えたのを覚えてる。
しばらくニチニチと先生の割れ目の周りを撫でてた。ミッチリと肉のつまった
太腿が気持ちよさと連動してユラユラ揺れてるのを見てると萌えた。
えーい!もぅ面倒くせーや!俺は散々焦らしていた指先を先生のマンコに
もっていったわけ。するとトプ・・・という感じで俺の中指が先生の中に
めり込んでいってしまう。(う~生あったかけ)ちょうどいい湯加減っす。

「アゥ!○○ク・・・アッア~!!」先生一番大事なとこを責められ
俺の腕を股でギューっと挟み込んでしまった。イテテ!ちょっとマジ痛い。
その時だ、ブイーンブイーンと何か音がすんのよ。最初何の音だかわかん
なかった。サウナのタイムリミットかなんかでアラームが鳴ってるのかと
思ったし。結局30秒ぐらい鳴ってたかな。俺が何の音だか気になって
身を起こそうとしたら「いいから・・・」って言って先生自分の方に
戻そうとすんの。「??」俺はちょっと気になったが気を取り直して
先生のマンコを丁寧に撫でていったわけ。チャプチャプチョプ・・・と
粘液が指先に絡みつく音に酔う俺だった。(ここにチンポが入る・・)
そんな気持ちで先生の中の内壁の感触を味わってた。こう・・何て言うの?
中って微妙に凹凸あるじゃん?これが自分のチンポに当たるのかと思うと
もうカウパーでまくりだったよ。が、またブイーンブイーンと音がする。
どうやら先生のたたんだ服の方からするらしい。
ここまでくるといくら鈍い俺でも分かる。携帯の音だ。

きっとマナーモードにしてたんだろう。のぼせた気分の中だったが
誰がかけてきてるのかは大よそは予想できた。
ブイーンブイーンしつこくなり続ける携帯・・・。どうする?どうするよ?
今度は多分1分ぐらい鳴ってたかも。鳴り終わると先生すっくと立ち上がり
裸のまま携帯の方へ向かっていった。キョトンとして見てるしかない俺。
丸っこいお尻をプリっと突き出しつつ前に屈む先生・・。ユサ・・と
引力に従って豊満な乳房が揺れいる。
先生のHな体に発情しつつも先生の次の対応が超気になった。

電話の主は家からだろう。この天気だ心配になってかけてきたのかもしれん。
(やっぱり帰るわ私)って言葉が先生の口から出るんじゃないか?と
思ってドキドキしたのを今でも覚えてる。
先生無表情のまま乱れた髪をかきあげながら履歴を確認していらっしゃる。
ドックンドックンと俺の心臓が高鳴った。
しかし先生電源を切るとパチと乾いた音をさせ携帯を閉じてしまった。
「ごめんね」と先生笑って言った。いや、どっちかと言えばこっちがかなり
(ごめん)なわけだが。俺は先生の笑顔の奥で何を考えてるのかを
探ろうとして、じーっと先生を見てたわけ。
「○○くん、もうしてよ」と先生。「うん」と言うしかない俺だった。
先生はベッドの真ん中で仰向けになると俺の体が割って入れるだけ脚を
広げていらっしゃる。こういうちょっとした気遣いが堪らんっす。
意図を察して先生の柔らかい体に圧し掛かっていく俺。

パラパラと雨が小窓を叩く音が定期的に聞こえてた。現実世界の音だ。
が、今鏡に映ってる二人は超非現実的なわけで・・・。
下半身からピタ・・・と密着させ上体を重ねていく俺・・・。
先生の顔が目前まで迫ってきている。もう吐息まで顔にかかるぐらい。
先生と目が合った。が、一度目が合っちゃうと、どーいうわけか目が
離せないわけ。ジー・・・と先生の黒くて大きな瞳を見てたのを覚えてる。
あ、ホクロだ・・・目の下に。とか思いつつも焦点は先生の瞳から
逃れられない。もー先生の瞳に俺が映ってんのが見えんじゃね?って
いうぐらいに更に顔を近づけていく俺。目ってのは引力があるな絶対。
スーっと引力に引き寄せられるみたく先生と唇を重ねていってしまった。
このプニプニとした先生の下唇の柔らかさが最高なのよ。吸引するみたく
先生の唇を引っ張ったりしてた。戻った拍子にプルルンと震えるのが最高っす。
先生の口の中で舌を暴れさせていく俺。先生もそうしたかったらしく
俺の口の中に入ってきた・・・。唾液が合わさると微妙に生臭いっす。

ネロネロと絡めあいながらも俺はチンポで先生の入り口を探していた。
しかしやっぱりなかなか上手くいかなわけ。
股間の辺りをやみくもにチンポで擦り付けていく俺だった。
先生も協力して俺の方へ入り口を合わせてくれようとしてくれてる。
(あれ?くそ・・・入んねぇな・・)焦る俺。のるん!と粘膜をかすって
外れたチンポが先生の陰毛の上を何度も擦り抜けていく。
しばらくそんな展開を続けていた。駄目だね焦るといかんよ。
湿った粘膜の感触がある辺りに引っ掛りあるんで上手くそこに合わせつつ
先生の中に潜ろうとしてた。クニクニとどうも亀頭が逃げちゃうんだよな。
バックでした時はそんな事無かったんで不思議だった。

最後に俺はチンポを水平に挿入するんではなく真下に突っ込む感じで
ようやく入った。ヌポ・・・とした粘膜に包まれる感触がチンポに
直に伝わってくるわけ。
さっき指先で確認した凸凹を夢想しつつチンポで味わおうとする俺だった。
「ハァァ!!・・・クゥゥ・・・」
同時に先生、満足そうな声をあげた。伸び上がりながら肩口のあたりを
ブルブルと震わせていらっしゃる。「アァ・・私たち・・・とうとう・・・」
そんな事を言ってた気がする。
(とうとう・・・何だ?)って思った記憶があるから。

「ほ、欲しかったの?」と馬鹿みたいな事を聞く俺。ほんと馬鹿。
だって言いたくてしょうがなかったんからしょうがないw
先生小さく頷いた・・・気がする・・んだけど気がしただけかもしれん。
「お、俺としたかったの?先生」と俺。
今思い出すと叩っ殺したくなるなw まだ半分子供だから思った事を
そのまま口に出しちゃってた気がする。っていうかそうだった。
うん、うん、と先生目を瞑りながら今度は間違いなく頷いた。

【30】
先生の背中に手をまわしギュ~っと抱きしめてみる・・・。
柔らかい先生の感触が直に伝わってくるっす。先生も俺の背中に手を
まわしてくれたりして、もう完全に大人のセックスきどりだった。
調子に乗った俺は若干汗ばんだ先生のおでこを舌でペロペロ嘗めとっていく・・・。
俺の唾液の痕が薄明かりに照らされてテラテラと光って見えた。
ハァハァと熱い吐息を漏らす先生、首を左右に振ってもどかしそう。
こめかみに薄っすら血管が浮いてんだもん。白いから凄い目立つ。
「う、動かすよ?」と満を持してセックス開始宣言をする俺。
先生「うん」と頷いてくださった。背中に回した手が少しきつくなった。
俺は両手をベッドに着くと真下の先生を見入る・・・。美人だ・・。
すげぇ美人・・・上を向いてもムッチリとした乳房が溜まりませんよ。
俺はぶっきらぼうにギシ!ギシ!ギシ!ギシ!と出し入れを開始したわけ。

「あ!はぁ・・・あぁ・・・あんあっあっ・・・あん!」
先生苦悶の表情を浮かべながら可愛いよがり声出すのよ、これが。
下を見やると俺の逞しくなりかけた腹筋が俺の責めに連動してギュッギュと
伸縮しているのが見える。俺の腹筋が引き締まる度に先生の乳房が上下に
ユサユサ揺れてるわけ。先生俺の肩を掴んでしがみついている。
運動すると二人の間が熱を帯びて超ホコホコだったマジ。
やっぱラブホのベッドはクッションが違うね、俺が力を入れる度に
バイン!バイン!って二人の体がバウンドするんだもん。
あ~俺達セックスやってるんだなぁって気分になった。
あ~気持ちいいっす!超気持ちいいっすマジ。今なら死んでもいいよマジ。
もうチンポが堪らなく気持ちいいわけ。ぬぅ・・・メリメリメリ・・・と引き抜く
度に生ぬるい内壁が外側にめくれあがって俺のチンポを刺激してくんの。

さっき言った凹凸が擦れていくのがわかるわけ。(うわ・・・辛抱たまらん!)
俺は両腕を突っ張ってブルブルと身を震わせていた。まだまだ・・・こんな
とこで放出しては男がすたるのだ。が、先生も自分の中をめくりあげられ
ては堪らないらしく上半身を躍らせてシーツを掴みながら苦悶の表情を
うかべていらっしゃる。奥に入れる度に眉間に入るシワが萌えた。
「うぅ・・先生のオマンコ凄い気持ちいいよぉ・・・せんせ・・」
思わず本音を漏らす俺だった。
「アァ・・私も・・・凄くいい・・○○くんの・・・凄くいいの・・」

(あー先生も俺のチンポ気持ちいいんだぁ?)とのぼせた意識の中で
思ってた。だって先生俺が出し入れする度に自分で腰を動かして
入り口を迎えにきてくれるんだもん。ミッチリとした太腿をゆらゆらと動かして
応えてくれてんの。二人が協力して腰動かしてるもんだから繋ぎ目の刺激が
二倍になりチャプチョプチャププリュュ・・・と奇妙な音たててんの。
ギシ!ギシ!ギシ!ギシ!ギシ!ギシ!ギシ!止め処なく続く俺のピストン。
「あん・・ぁあ・・あん・・・あっあっ・・○○くん!○○くぅん!あぁ」
と動きに呼応するように甲高いよがり声を出す先生。
だって俺の動き一つ一つに感じてくれてると思うと超嬉しいっす。

(ギシ!)一つで(あん!)みたいな。女の声を出してくれるんだもん
止められん。まぁあの声はあれだ(あん)と一言活字にしただけじゃ
とても伝えられないね。無理。俺の語彙力がないからかもしれんけど。
もぅあの声聞き続けてたら(先生は俺のもんだ!)みたいな勇ましい
気持ちになっちゃってたのを今でも覚えてる。
が、いかんせん厨房の拙い経験だ。ちょっと激しく動いただけで
もぅ出したくて出したくて堪らなくなるわけ、チンポがキュンキュンいってんの。
(だ、だめだ、この体位はやばいっす・・・)俺は体を起こすと後ろに
反り返っていった。とりあえず体の密着をはずして気持ちの高揚を抑える
作戦である。双方後ろ手を着きながら下半身だけ繋がってる状態だった。
ヌゥ・・・ヌブブゥゥとこの体勢だと俺のチンポが先生のピンクの穴の
中に咥え込まれてるのがよく見えんの。(やばい!これも刺激的っす)

下半身をミッチミチに密着させたまま自分の良いようにチンポを動かしていく俺。
すると先生も良いように入り口を動かしていく。「あぅぅ・・・あぁ・・ぅ」
ヌラヌラ・・・と内壁がよじれる感触がある。先生苦しいそうな声をあげた。
クネクネと厭らしく腰を動かし双方勝手な快感を求め合っていってたわけ。
「あぁ・・きもっちぃ・・先生良いよ・・ぅぅ」
俺はあまりの快感で後ろ手をブルブル痙攣させながら繋ぎ目を見てた。
「いいわ・・・あぁん・・・あぅぅ」と、甘い声を出しながら先生
俺のチンポにマンコを押し付けてくんの。トロンとした目でこっちを見てる。

お互いの性器の感触を味わいたいように味わい尽くす二人だった。
ヌゥゥ・・・とチンポが露わになるとマンコとの間に若干隙間ができ、
中に溜まっていた双方の分泌液がポタポタとシーツに落ちていくのを見てた。
俺ちょっと精液出しちゃってたのかもしれん、先生の膣の周りに白い粘液
がすでにこびり着いちゃってた。それとも先生の愛液と反応して白く
なってたのかな?とか今になって思う俺だった。



先生・生徒・禁断 | 【2014-11-29(Sat) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

プール男 ~~美人教師が高給ディナー~~ 【完全版】 11~20

【11】
しかしまー、んなこといつまでも誤魔化せるわけないわけで・・・。
俺がまた調子こいてニュ・・・と入れたとこで目をあけられ即バレ。
「こら!入れるな!」と一括されてしまった。当然だわな。
俺は照れ隠しに「い、入れてないよ、こんぐらいだよ?」っつって
先ちょんで2~3mmの出し入れをして見せた。
「こんぐらいでも入ってるって言うの?」と、俺。
「うそ、もっと入ってたわよ」と先生が言った。
「じゃ、こんぐらいなら良い?」とネバつく先生の割れ目に若干ハマる
微妙なポジショニングで聞いてみた。これは・・微妙だよな、うん。
「さっきはもっと入ってたわよ」って先生がまだ不満そう。
「またセックスにもってくつもりなんでしょ」と先生。(するどい)
ま、本音など言ったらすぐにでも自慰合戦終わらす勢いだったので
とりあえず我慢するしかない・・・。俺は先チョンで我慢することにした。

しかし、しかしだ・・・2mmが5mmとなりまた1cmぐらいまで先端がまた
先生の中に没していく・・・。けど先生今回は敏感になっていて即、目を
開け「入ってる!入ってる!」と俺に怒った。反応早ぇ早ぇ。
「え、先生さっき、こんぐらいなら良いって言ったじゃん」と今度は
俺が不満そうに言い返す。
目の錯覚で誤魔化せばこのぐらいの誤差は何とかなる。
1cmの振り幅を5mmに修正し先生に見せた。

「ん~・・・・」先生困惑してる。ニュ・・・ニュブ・・・と互いの粘液が混ざり合い
耳を澄ますと音が聞こえんの。先生の柔肉豊かな太腿は俺のチンポが
触れる度に微かにビクンビクンと反応し、連動してブルルンと小刻みに震えている。
しっかし先生色白いな~と思った。どっかで旦那子供と一緒にプールにでも
行ったんじゃないかな、くっきりと水着の跡が残ってて。
「そ、それだって本当は駄目なんだからね・・・」と先生。
やばい、ハードルが高くなりそうだ。
「ごめん、何か俺・・・気持ちよさより照れが先行して、どうも
出せねぇみたいで・・やっぱやめよっか?」と言ってみた。
ここはギラギラ感を出しちゃいかんよな。

「セックスじゃなきゃ出せないの?」と、先生が言った。
若干やれやれ感が出てる。無理もない。
「分かんない、何か・・・イメージがなかなか湧かなくて・・」
済まなそうに頭も垂れる俺。
「こ、これってセックス?」と、聞いてみた。
「セックスじゃないと・・・思うけど・・・」と先生。
「じゃ、こんぐらいは?」俺は先端だけチンポをヌメヌメと潜り込ませて
聞いてみる。「う・・・ん・・まだ、セックスじゃない・・・かな?」
と先生。「じゃ、もっと・・・こんぐらいで・・」俺は半分ぐらい
ヌブブ・・・・と入れてみた。すると俺のチンポをつたってまた先生の
粘液がポタ・・・ポタ・・・とシーツに落ちる。

「そ・・・それはセックスだから・・・完璧にせ、セックスだから・・・」
即答する先生。「ふぅんなるほど・・・これがセックス・・・」何か妙に
感慨深く繋ぎ目を見入る俺だった。先生も繋ぎ目を見てる。
何か今考えると妙な構図だったなw 「だって入ってるわよ」結合部を
覗き込みながら俺に問いかける先生。しかしこれ入ってるって言うのか?
ちょっと疑問になった俺は
「そうかな・・・入ってるって・・もっと、こう・・」
って言いつつヌプププ・・・と全身を先生の膣(なか)に挿入していったのである。
「アッ!・・・ぅ・・・こらこら!待って!ァ!・・入れるな!入れるな!」
予期せぬ挿入に先生体を仰け反らせながら苦悶の表情を浮かべている。
「こらっぬいてよ!早く!」先生俺の胸を突き飛ばすように押した。

俺が先生の足首を掴むと先生ベッドの上に完璧にひっくり返った。
ミシッ・・・ギシギシ・・・ガタガタっと安物ベッドが音を立てて軋んだ。
どうやら保健室のベッドが二人用にはできてないらしい(当然かw)
外では相変わらずノックの金属バット音が定期的に聞こえてくる。
「セックスってこぅでしょ?完璧にこぅ・・・入れつつ出し入れ
する感じ・・って言うの?」俺はそう言いながらニュー・・ヌブブ・・・とチンポの
出し入れをしてみた。すると先生の足の指が俺のチンポが奥に到達する
度にキュッキュッって折れ曲がんの・・・。あ、いま奥に届いてんだな・・って
感じだった。「れ・・レクチャーしなくて良いから!アッ・・ン・・ウゥ・・」
厭々しながらも微妙に女の声が混じってる気がするのは気のせいか?

「抜きなさい!抜きなさい!」先生もうこの一点張り。
しかし先生俺に足首掴まれてるもんだから体勢が立て直せないんだよなw
「わ・・・分かったから、一回だけ奥の感じ味わせて?一回だけだから」
図々しいお願いをする俺だった。
「ほ・・本当?本当に一回?一回で抜くのね?」と、先生が言った。
今思うとあのまま犯され続けるよりましだと思ったのかもしれん。
俺は「うん」と、一言だけ答えた。
すると先生はじっと大人しくなった・・・。やった!これで先生の
膣(なか)をじっくり味わえる(1回だけど)そう思った俺は

先生の腰を抱きかかえるとグッと奥までチンポを突っ込んだ。
先生ベッドのシーツを掴んで苦しそう・・・。俺はそのままゆっくり
腰をかきまわし絡み着く肉壁の感触を存分に味わってみる・・・。
(暖けぇ・・・、先生の中・・・こぅ・・・何つぅか、赤ちゃんの
小さな指で弄ばれてるような・・・グニグニと蠢いてるっつぅの?・・・)
で、コツンコツンって先端が硬いもんにぶつかんの・・・今思うとあれが子宮口
だったんだろうな。「先生、なんか・・ぶつかる・・」って言ったら
「と・・・届いてる届いてる・・」って言ってたからあの時、(いったい
何に届いてんだろ?)とか思ってた記憶がある。

【12】
届いてる・・・?ってことはこのコツコツあたるのは何なんだろう?という
疑問については、俺は先生と経験して以後、高校を卒業し大学に進学
して彼女ができるまでその疑問が払拭できなかった。
で、恥ずかしながら図書館などに行って人体の図鑑などを見て
事実確認をしたりしたのであるw 今思うと若い頃の性への探究心って
半端じゃないなと思う。今思うとそんな拘る事じゃないんだけどね。
どうやら子宮に至る入り口に天井のようなもんがあるって事については
随分後になってから知ったわけ。で、まぁそんなどーでもいい話は
ともかくとして、とにかく1回だけって制約の中の話だからね。

ゆっくりゆっくりチンポをかき回し、先生の生暖かい柔肉の感触を
味わったわけ。「ぁぅぅ・・・・ぁぅ・・・ぅ」先生こめかみに青筋を
浮かせて超苦しそう。先生色が白いから血管が目立つんだよな。
みっちりとハメ込むと俺の生えそろったばかりの陰毛と先生の
範囲は狭めだが若干濃いめの陰毛が混ざり合い繋ぎ目が確認できない。
俺はどうしても繋ぎ目が確認したくなってしまい
互いの陰毛を掻き分け合わさった所を露出させてみた。

(ん~!ゴージャス!)美味しそうに咥え込んどるわ・・・。ネバネバと粘液を
絡み着かせて超厭らしい。で、と・・・さっき先生がとても丁寧に
いじくっていたこのポチっとした膨らみ・・・。
これ触ると気持ち良いんだろう?そのピンクのポッチを軽く摘まんで
しまう俺だった・・。いや、テクとかじゃなく本当に無意識に。
「ぁ!・・ぁ!・・そそ、そこはっ!・・」って先生ビクンビクンと
ベッドの上でバウンドしてんの。ありゃ、本当に効くんだ?これ。
ちょっと発見。こういう発見って嬉しいよな?やっぱ異性の性感を
知るのって嬉しいよ。とりあえず闇雲に俺はクニクニクニとこねくりまわして
みた。「ぃやだ・・・やだ!やだ・・・ぁ!ぁ!ぁぁん・・やめっ」

先生歯軋りしながら前に後ろに体を捩って反応してる。その度に
ギシギシ!ガタ!ガタ!ギコギコ!ってまぁ、このベッド買い換えた方がいいんじゃ
ねぇか?ってぐらい軋むんだよこれが。うるせぇうるせぇ。
ま~でもこの状況下で(やめろ)っつって止める奴は居ないだろ?普通。
俺は止めなかったよ。だっていじる度にジュプジュプと小便漏らしたん
じゃないか?ってぐらい分泌液が出るわ出るわ凄いんだもん。
俺は調子こいてキュッキュ!って絞るようにポッチを絞り上げつつチンポを
小刻みにグラインドさせてみた。スゥゥ・・・ハァァ・・・と強く息を吸ったかと
思うと深く吐き出す先生。「ダメ・・・コレ・・ぅぅ・・チョ・・・ヤダヤダ・・・」
何がヤダなんだか小さな声で先生もごもご言っている。

俺は先端ギリギリまでチンポを引き抜いていった・・・。
「や!あ!あ!あうぅぅ・・・・」先生は苦しそうに声を上げながら
下腹部の柔肉をフルフルと震わせている。ヌブゥゥ・・・・っとポタポタと粘液を
滴らせながら砲身が露わになっていく俺のチンポ。
「せ・・・せんせ・・・これ・・・セックス?」また同じ事を聞く俺。
そして再び中にチンポを戻していく。「ね?セックス?これ・・」
いい加減しつこい俺だった。「ね?セックスしてる?これ・・」

ニュプププ・・・ニュブゥ・・・っと出たり入ったりこりゃまぁ誰が見たって
セックスだわな。でもどうしても先生のお口から
「セックスしてる」なる言葉を頂戴したかったのである。
俺は先生の上に完全に圧し掛かり先生の顔に近づけていく・・。
冷房の効きが弱いのか先生の額は仄かに汗ばんでいた。
そのくせエアコンはゴォンゴォンっと音ばかりやけにうるせぇの。
完全に先生をベッドの上に乗せると俺の体を重ねていく。
「セックス・・・だ・・・め・・」と、先生俺のあごを押した。

が、体重差からいっても体格差からいっても大の男に圧し掛かられたら
あご押すぐらいじゃ抵抗にはならない。俺は先生のブラウスのボタンを
無造作に外しにかかった。「い・・いや・・ダメ・・セックス・・」
俺の手を何とか払いのかようとする先生。駄目っつったってセックス
してんじゃん。しょうがないから俺は再び先生の足首を掴むと先生を
引っ繰り返しポッチをコネコネし始めた。とりあえずこれには弱いって事を
学んだ結果である。「ヒィ!・・・ぁぅぅ!・・ん!・・やっ・・」
再び仰け反る先生。外しかけたボタンの隙間から先生の豊かな乳房が
ブラ越しに見える。それが先生がバウンドする度にユッサユッサと揺れるのだ。
ほんっとーに弱いんだなこれ。そう思った。

【13】
コリコリコリコリコリリリリリ・・・・・と、まぁ矢継ぎ早に先生の栗をいじり倒す俺。
とにかく屈伏させんことにはゆっくりと性交にも及べないわけで
弱点を見つけるやいなや俺としては一点集中で責めるしか手が無かったのだ。
厨房にんな沢山テクがあるわけもないしね。
「あ!ぁぁっ!・・・ぐぅ!・・・ソレ・・・き・・・くぅぅぅ!・・・・」
ガックンガックン体を痙攣させながら悶絶している先生。
もう片方の手で残ったボタンを外しにかかったんだけどね。これがまぁ
興奮してるのもあるんだけどなかなか外れないんで参った参った。
2~3分かかったんじゃないかな、全部外すまで。とにかく全部外して
先生のブラ外そうと思ったんだけど。俺当時厨房だったしさ、ブラの
外し方なんて知る訳ねぇじゃん?どうやって留めてんのかも分かんねぇし。

最終的にはグィとブラずらすだけで済ましちゃったよ。したら豊満な
乳房がボィン!っと姿を現したわけ。よく見るとやっぱり襟首から脇の下
の辺りにくっきりと水着のラインが残ってんの。ちょうどブラの辺り
から真っ白ででね。ほんっと雪の様な白さってのかな。多分先生
東北の方の出身だと思うよ。肌が透き通るような白だったからね。
乳房もやっぱり血管が薄っすらと青く透けて見えるわけ。
それが何ともまぁ厭らしさというかそそられるわけなんだけど。
俺はゴォンゴォン!とおんぼろエアコンの轟音の中で自らの制服を
脱ぎ捨て裸になっていったわけである。俺もじんわりと汗をかいて
いる事にその時気づいた。(重なりたい重なりたい・・・せんせの
柔らかい体に重なりたい・・・)もぅその気持ち一点だったね。

俺はゆっくり先生の体に倒れこみ自らの体を先生の体に重ねて
いったわけ。そのか細い先生の肢体の背中に俺の腕をまわしきつく
抱きしめてみる。(くぅ~!これってもぅ先生完全に俺の女じゃん?)
そんな気持ちだったよ。汗ばんだ先生の額に軽くキスなんかしちゃったり
してねw もぅ完全に恋人気取りだった。
俺は先生の腰をがっちりと腕で抱え込みニュゥ・・・・っとチンポを再び
抜きにかかる。「ぁ!ぁ!・・・ぁぅぅ・・・」どうも先生入れる
時より抜くときの方が感じるみたい。ガタガタと肩口の辺りを震わせて
眉間にしわを寄せてんの。で今度俺はよっこいしょっと背後に回りこんで
先生を抱っこし座らせてみた。この方が結合部がよく見えるしね。
それで背後から手をまわし先生の大好きなポッチをいじってさしあげる。

「ぁぐぅ!ぃぃ・・・っぐぅ・・・ぁ!ぃぃ・・・」っと再び悶絶する先生。
「せ、先生、これセックスしてる?」繋ぎ目を強調しつつ
またもやしつこく聞く俺だった。結合部を覗いてみるとズッポリと
俺のチンポを美味しそうに咥え込んでいる。
ピストンする度にブラからこぼれた先生の乳房が上下にユッサユッサと揺てんの。
「せんせ!見てこれセックス?」俺はヌッポリと根元までチンポを
先生の中に埋めながらまた聞いてみた。先生の髪はシャンプーの
甘い香りとほんのりと汗の香りがする。背後から片方の手で先生の
乳房をギュッギュと絞りつつ指で乳首を人差し指で押してみる。
「ィィ!ィィ!・・・ァゥ・・・セックス!・・・これ・・・セックス!・・・ィィ!・・・アッアッ」
とうとうセックスを認める先生。ああ・・本望である!俺はこの言葉が
聞ききたかったのだ。「入ってる?」また俺が聞いてみた。

「入ってるぅ・・・入って・・・ゥゥ・・・中にっ・・・ィィ!セックス!」
ニョップ・・・ニョププ・・・チャプふんだんに蜜を溢れさせてるもんだから粘着音が
すごいすごい。まぁ俺も若さというかテク何もない時代の話だからね
先生が栗が気持ちいいって言うもんだから手加減もへったくれもなく
シャシャシャシャともの凄い勢いでシコリあげてやったわけよ。したら
「アガガガ!・・・イグイグ!・・・イッチャウ!イッチャウ!イッチャウ!・・・ダメ・・アグググ!イグゥ!」
もー手足バタつかせて大変だった。後で見たら少し涎垂らしてたしね。
「ヤダヤダヤダ!・・・イッテル!イッテル・!・・アアゥゥゥ・・・グゥ・・・アァァ!」
あんまり暴れるもんだからさ、先生をベッドに押し付けてうつ伏せに
寝かせてやった。それで俺が上から重なりベッドのサイドを掴んで
何とか落ち着かせたわけ。その体勢で俺は先生の大尻のプニプニとした
肉を下腹部で存分に味わいつつニュブブと奥に入れ射精した。

さっき中で出しちゃったからね。今更外に出してもしょうがないと
思ったんで・・・。ぐっと奥のコツンと当たる部分まで入れつつ
ビュゥビュゥと溜め込んだ精液を放射する俺のチンポ。子宮口に
というやつにぶっかけた。俺のチンポは睾丸に一滴も残ってないのに
しばらくヒクンヒクンと先生の中で空射ちしてたっけ。
俺達の一部始終が終わってもなおエアコンはゴォンゴォンと無機質な
音をたてていた。

【14】
ま~結局それがきっかけっつぅ訳でもないんだろうけどさ、もぅ先生
思いっきりガード固くしちゃったわけ。うん、もうお口でもして
くんねぇの。おざなりな感じの手コキっつぅの?いかにも
(早く出せよ)みたいな。それでも俺は毎日金玉タップンタップンにして
プール日の朝ヌイてもらってたけどね。図々しく。先生も一回OKして
しちゃった手前(やっぱ辞めた)とは言い難かったんだろうな。
それで全然関係ない話なんだけどさ、当時俺毎週土曜に15km離れた店に
チャリンコで買いに行ってたの。何でかって?普通俺らのとこってジャンプ
月曜発売なのよ。でも何でか知らないけどその店だけ土曜に売ってんの。
コソコソと。あれ多分いけないんだろうけどね。それで俺の中学で噂に
なっちゃってさ、野郎ばかりチャリでこぞってそこに買いに行ってた。
ま~今考えるとかなり遠くまで行ってたんだな~と思うんだけど
坂上ったり下ったり、高速の下のくぐって延々と炎天下の中たかが
少年誌1冊の為に買いに行ってた訳。馬鹿みたく。

先生の住むマンションがその行く行程近辺にあるって事を知ったのは
全くの偶然だった。近くに住んでる奴が○○先生あそこのマンション
に住んでんだぜって言ってるのを俺はそば耳を立てて聞いてしまっ
たのである。うっそ~ん!そんなん何でもっと早く言ってくれないの?
つっても何ができるっつぅ訳でもないんだけどさ。ちょうど先生と
関係するようになった矢先に聞いた話だったから厨房なりに仄かに
萌えるもんがあったんだよね。あ~ストーカーとでも何とでも言ってくれよ。
俺はきっちり先生のマンション確認したさ、しかも先生のマンション
きっと旦那も安月給なんだろうな公営住宅っつぅの?セキュリティー
とかも全然無くって1階に各部屋のポストが有るから俺は先生が何号室
に住んでんのかもチェックしちまった。いや、中は見ねぇよマジ。そこは
やっていい事と悪い事の分別はついてるつもりだったから。まぁ
ポストに鍵かかってたつぅのもあるけどねw 俺は毎週土曜日になると
少しだけ横道に逸れて先生のマンションを外から確認してたわけ。

あ~洗濯物干してある・・・とか、まぁあの・・・下着とかもね
干してあった。ゴメン萌えた。しかし別に双眼鏡でのぞいたわけじゃ
ねぇしさ、そんぐらいは有りだろう?有りだよな?キモイとか言うなよ。
で、先生が通らないかなぁとかドキドキしたりして・・・。ま、いっぺん
も逢わなかったけどね。どんぐらい続けてたかなぁ・・・って多分
1ヶ月ぐらい?ごめん忘れちゃった。で何かそん年の夏って凄い夕立って
いうのか突発的に物凄い雨が何回か降った事があった。それで、まぁ
だからってどうって話でもないんだが俺はいつものごとく土曜に
いそいそとジャンプ買いに遠出しようと思ったわけ。が、前方に
凄い暗雲が立ち込めてるわけよ・・・。こりゃ降るかな・・・
いや、全力で行けば間に合うか?・・・俺の中で葛藤した。
しかし真夏だしね、ちょっとやそこら降られたからって凍える
わけでもなし、俺は若さも手伝って強行する事にしたわけ。

(あ~今日はせんせの所には寄れねぇな・・)とか思いつつ。
ガー!ともんのすっごい勢いでチャリを走らせた。今にして思うと何で
ジャンプごときでんなエネルギー使ったんだろう?とか思うんだけど
あれって一種の中毒なのかな?続きを誰よりも早く一刻も早く読まない
と気が狂うというか一週間をまともに暮らせないような錯覚に陥って
たんだよね。ほんとアホみたい。で、ぐんぐん坂を上り下って高速の
下を通って店についた・・。(あったあった、よぉし、クリアしたぞ)
俺はハァハァと息を荒げながら店に入り店頭にあるジャンプを買うと
表に出た・・。すると、ん?・・ん?・・・ポツポツと顔を叩く
ヒンヤリとした冷たい感触。(やばい!雨だ)俺はチャリに飛び乗ると
一気に今来た道を走りだした。上見るとさ、映画のCGじゃねぇか?
っつぅぐらいの真っ黒い雨雲が立ち込めてんのよ。

で、ピカピカピカ綺麗な稲光が何本を光ってんのよ、全面に。
ボタボタすげぇ大粒の雨がアスファルトにビシャビシャ叩きつけると
埃っぽかったアスファルトが特有のツンと饐えたような匂いが
して、やばいこれはもうアウトだ・・・。俺はもう天然シャワーを浴びる
覚悟を既に決めた。が、シャワーは甘んじて受けるが、怖かったのは
雷だった。いや、普通の雷ってさ、光ってから若干音が鳴るまで
タイムラグがあるじゃん?あるよ今度確認してみ。それがねぇの。

ピカ!ガーン!っつって、そりゃもう怖ぇ怖ぇ。今は笑い話にしてるけど
俺・・・死ぬんだ・・・とか、思った記憶あるし。けど、それだけじゃ
済まなかったんだよね、結局。確かその時の暴風雨っつぅの?ニュースとか
でも結構騒がれてたと思うんだけど今まで何十年も決壊した事がない
川とか決壊しちゃってさ、床上浸水とかしちゃったやつ。覚えてねぇ?
で、マンホールのフタとかポコポコ浮き上がっちゃてるし、高速の下とか
もぅベルトの辺りまで水きてんの。突破したけどね。既に5キロぐらい
走ってるとこでもう立ち往生っていうかとりあえず雨脚が弱まるまで
待たないと下手すると溺れ死ぬんじゃねぇか?って状態だったもんだから
俺はちょっと小高いとこにあるクリーニング屋の屋根の下で雨宿り
することにしたわけ。が、普通はその類の突発的な豪雨って30分とか
そんぐらいで止むだろ?止まねぇんだよこれが2時間ぐらい待っても

止まないから俺、怖くなっちゃってさ。もう何が何でも家に帰りたく
なっちゃったわけ。やっぱ厨房なんだな。俺は止まない豪雨の中を
飛び出した・・・が、やばい・・・もう駄目。川が完全に決壊してん
だもん濁流になっちゃって一歩も前に進めない。立ち尽くす俺だった。
が、ふとテンパった俺の脳裏にとある人の顔が浮かんだのである。
そう、先生だった。先生のマンションまでもそこからまだかなりある
状態だったが迂回していけば何とか行けるような気がしたのだ。
俺はヨレヨレと先生のマンションに向かって迂回をはじめた。
結局先生のマンションに着いたのどんぐらいだったのかな・・。
普通だと5分チャリで行けばつくとこだったけど1時間ぐらいかかったかもしれん。
でも、ようやっと着いたは良いけどもう既に普通の家庭じゃ夕餉の支度
でもしてる時間だ。俺は先生のマンションのドアを叩くかどうかメチャクチャ
迷った。とりあえずこのマンションの下でやりすごすって手もある。

雨全然やまねーけど・・・。もし偶然先生に見つけてもらったらラッキーとか
思ってたんだけどさ、人間どういうわけか暗くなると弱気になるんだよな。
凄く悲しい気持ちになってきちゃって、結局意を決し先生のマンションの
部屋の前まで行ったわけ。照明点いてるのが玄関のドアの上の
小窓から分かる。が、あ~もう!ピンポン鳴らすのメチャクチャ緊張する!心は
行こうとするんだけど指は硬直して全く動かないわけ。で、そうしてる
うちに他の部屋の人が出入りしたりしてさ、怪しまれそうだから今出て
きた風にして一回外に出ちゃった。あ~!俺何やってんだ?と
思ったね。で、俺も馬鹿なんだけど、いかにも哀愁を漂わす為に故意に
表出て濡れ直しちゃったりなんかして・・・。しかも泥つけちゃったり
なんかして・・・w 今思うとほんと馬鹿。 (よし、これぐらいなら
先生の所に逃げ込んでも大義名分あるよな?)とか思いつつ再び先生の
住む部屋番の前まで来た。そうこうしてるうちに雨足が弱まっても困る。

いや・・・今思うと弱まってもらった方が良かったんだが。行くと決意
したら行かなきゃならないような気になっちゃってたんだよな。
で、俺はとうとう押しちゃったよ、ピンポーン!とね。い~や~!
スピーカーの所から返事が来る瞬間が超緊張したって。
「はい、どちら様ですか?」って野太い声。あ、旦那だなと直感した。
(どうしよう?おっかねぇ人だったら。ピンポンダッシュで逃げるか?)とか
この期に及んで腰が引ける俺だった。
しかし「○○学校の○○ですけど○○先生居ますか?」と、辛うじて
答える俺だった。いや、もう口んなかカラカラ。ガチャとドアが開くと
先生が姿を現した。ジーンズにTシャツだった。でエプロン。確か・・。
美人はラフな格好でも似合うからいいね・・。んな事はどうでもいい。

「ど、どうしたの!そんな格好で!!」と俺の方がびっくりするような
大声で先生が言った。おれはシドロモドロに「ジャンプ買いに行こうと
思ったら降られちゃって・・・ちょっと帰れそうにないから・・」と
あらかじめ用意していた言い訳にもかかわらず中々ロレツが回らない
俺だった。「今凄い雨でしょ?ニュースでもやってるわよ」って言って
先生何もとがめず俺を中に入れてくれた。あ~やっぱり先生は良い
先生だ・・・俺が愛しただけの事はある。そう思った。
とりあえず洗面所で着替えるように促される俺。3歳ぐらいのガキンチョが
好奇心旺盛そうな目で「この人誰?」と先生に聞いている。

「お母さんの学校の生徒さんよ、コンニチハは?」と先生。
俺は「ドモ・・・」と子供に会釈すると子供は恥ずかしいのか先生の後ろに
隠れてしまった。とりあえず旦那のものとおぼしきジャージに着替えさせ
られると居間に通される・・。旦那だ・・・。どうやら晩酌をしている
ようだった。先生よりちょっと年上なんじゃねぇかな?恰幅良くて
割と人懐こそうな人だったよ。ちょっとキツめの先生には丁度いいかも。
とか思った記憶がある。「いやいや、大変だったねぇ、今ニュースで
やってるよ。ここ○○公園だろ?」とか言ってあたかも前から知ってる
かのように俺に話しかける旦那だった。このへんが貫禄だな。人見知り
な俺にはできん。「とりあえずおうちに電話したら?」と先生。
そうだった、きっと心配してることだろう。俺の親の方針はマンガは
馬鹿になるから禁止なのだが姉貴のチクリで俺が毎週土曜にはるばる遠くに
ジャンプを買いに行ってる事を知ってるのだ。とりあえずジャンプ
だけはOKって事で。

【15】
とりもなおさず家に電話を入れるとお袋が先生に代われと言い
話し好きのお袋と長電話に・・・。あ~何だか超居心地悪いな俺・・・。
やっぱ好きな先生の家とはいえ他人の家だと急に帰りたくなる俺だった。
小止みになってればと思いつつ俺は席を立つと窓側に行ってみる。
先ほどまでの狂ったような降りではなくかなり情勢は落ち着きつつ
あるようだ。しかしもう夜。この豪雨で外の状況がどうなってるのか
は予断を許さない。「まだちょっと難しいんじゃないかな・・」
俺の意図を察したのか旦那が俺の隣に立ち外の様子を伺っている。

「はい」と小さく頷く俺・・。と、先生もようやくお袋との電話が
終わったようだ。「今日は留まって行った方が良いんじゃないかな」
と先生。いや・・・しかし・・まだ寝る時間には相当早く、この
気まずい状況下で寝る時間までもたすのは例え危険を冒しても
帰る選択肢の方が魅力的に思える俺だった。だって言っちゃ
悪いがとにかく狭いんだもん。まぁ俺の家も相当狭いけどね。
身内だからもってるわけで先生夫婦子供と一緒に過ごすには
思春期真っ盛りの気難しい年頃の俺にあっては相当居心地
悪かったわけ。「い、いや・・もう大丈夫なんじゃないかな
俺ちょっと下行って見てくる」と思わず言ってしまった。

「駄目よ!まだ降ってるじゃない怪我でもしたら帰した私の
立場ないじゃない」と先生。「うん無理しない方がいいよ」と
旦那も同調した。「う・・・うん、でも一応外見てくるよ」
俺はそう言いながら玄関の方へ向かった。もし行けそうならこのまま
強行突破しちゃえって気だった。しっかし先生も感が鋭い、俺の後ろ
にしっかりついて来てんの。疑い深そうな目をして。あ~これを
振り切るのはちょっと難しいかな・・と思ったが、状況はそんな
甘っちょろいもんではなかったのである。俺と先生は下まで降りると
やはり気になってる人が何人かいたらしくザワザワと何やら話してる訳。
先生は知ってる人を見つけると「何だか凄かったですねぇ」と
ご近所さんに話しかけてるようだ。「○○川が氾濫してるらしいよ」
とご近所さん。あ、○○川っつっても小さな川ね用水路のちょっと
大きい版みたいな。だから俺は大したことないやと思ってたんだけど
ちょっと興味半分で「先生見に行ってみようよ」と俺は先生を誘ったわけ。

何だかこういうのってワクワクするじゃん?台風とかさ。大人になると
ぜんぜんワクワクしないけど。先生は仕方ないわねと言う表情で同行する
ことに。川はすぐそば多分50m前後ってとこだろう。俺はいつもその
川近辺の道路を利用してるからすぐ分かる。が、10mも歩いたところで
俺は驚愕した。嘘だろ?もうすぐ前は濁った水が暗闇の中を不気味な
流れとなって溢れてんの。凄ぇ・・・映画みたいじゃん。俺はちょっと
たじろいだね。「こ、これは・・・」って先生も絶句してるし。
後で知ったがやはり開発で地面を全てアスファルトで固められてしまった
ために雨が地面に浸透せず全部川に流れる為に決壊したらしい。
いやはや俺は生まれて十数年経つわけだがこの川が氾濫したって記憶は
ないよ。台風とかでも無かったし。「今日は留まりなさい」先生が
冷静な命令口調で言った。「はい」従順に従う俺だった。

部屋に戻ると一部始終を先生が旦那に話している。
「どれどれ俺も見てこようかな」と旦那。けっこう愛嬌がある人だと
思ったw 「やめなさいよ」と先生はたしなめるが聞かずに出て行って
しまわれた・・・。「ご飯まだでしょう」と言いながら先生は
テーブルに俺の用のしたくをしてくれている。あ~ジーンズ姿もいいな
足腰の女らしさっていうの?曲線が絶妙に美しい。その厭らしい視線を
察したのかガキが用心深そうな目で俺を見ている。ヤバ・・俺はごまかす
ようにガキに笑いかけた。先生のとこに逃げるガキ。チ・・可愛くないガキだ。
と思った。まぁ、そんな事はどうでもいいのだが、しかし就寝まで
時間が長かったこと、話を途絶えさせちゃいけないと思ってるんだろう
けど先生も旦那も一生懸命話かけてくれるのは良いんだけどさ、とにかく
疲れたよ。「何で私のとこ分かったの?」とかドキっとする事聞かれるしさ。

ま、正直に答えたけどねジャンプ帰る道で友達からここに住んでるって
聞いたって。したら「そうなんだ、良かったね聞いてて」とか先生言ってた。
で、とにかく寝ようってことになったのが11時前後?間がもた
ないってのもあったんだろうけど、大人が寝るにはいかにも早い時間だった。
しかし起きてるよりは俺的にはずいぶん楽だ。何より話さなくて済む。
それがまた驚いたんだけどさ、結局そのマンション二部屋なんだけどね、
居間は多分8畳でもう一つの部屋が6畳?・・・いや、もしかしたら四畳半
かもしれん一応PC部屋になってんだろうけどクリアケースとか山積みに
なっていてこりゃ大地震になったらえらいことになるなって状況なわけ。
しかし強引に一人寝ようと思えば椅子とかキッチンにどかせば何とか
一人寝られるスペースが設けられる。さて、質問です。この部屋で寝るのは
誰っつぅ話・・。「じゃ俺ここで寝るわ」と旦那。ちょ、ちょっと待って
するってぇと俺が先生と俺と子供の3人で川の字で寝るんですかぃ?

いや、そりゃまずいでしょ?まずいと思うよな?だから俺は
「いや、俺がここで寝ますから」って言ったよ。当然ね。
先生も困った顔をしている「ごめんね、うち狭くて」だと。
そんなこと言われたらよけい立場ないじゃん俺・・。再び無性に
帰りたくなる俺だった。「いや客をここに寝かすわけにはいかんよ
君の先生なんだし別にいいだろ?悪いけど一緒に寝てよ」と旦那。
「いや俺は客じゃなくて生徒だからここでいいっす」と俺もここは
絶対に引けない。引けないと言ったら引けないのだ。
で、粘った末の結論は4人で居間で寝るってことだった。ま、それなら
諦めもつくしね。とりあえず布団引いて奥から旦那、子供、先生、俺
っつぅ順。先生のとなりっつぅのもどうかと思ったよ。一応女なんだしさ
旦那も見知らぬ男が隣だと俺が気を使うと思って気を利かしたのかも
しれんが・・思春期の俺にはちょっと逆効果・・絶対眠れない予感が
あった。とりあえず踏んだらいけないって事で小さなオレンジの
補助照明だけつけて寝る事に・・・。あ~・・・超眠れねぇ・・・

案の定・・・。こういう時ってさ、時計のカチ、カチ、カチ・・・つぅ音とか
冷蔵庫のブィーンとか音とか気にならない?俺はすごい気になった。
何度も何度も寝返りをうつ俺・・・。しかし、どうやら旦那も先生も
寝付けないようだ。だって寝息がたってないんだもんすぐ分かる。
やはり寝返りうったり、鼻すすったりしてんの。申し訳ない・・・
俺ごときの為に気をつかわしてしまって・・・。今にしてみりゃ泳いで
でも帰っておくんだった。後悔する俺だった。しかたがない、
拙者が眠ったふりをしてしんぜよう・・。俺はスースーといかにも寝て
ますよ~って感じに寝息をたてたわけ。あぁ俺って寝息たて名人になれるん
じゃね?ってぐらいに上手かったよ。自分で聞き惚れちゃったもん。
ほらほら・・・旦那がいびき立て始めた、少しホッとする俺。
太ってる人って何でいびきかくのかな?やっぱ喉に肉が詰まってるから?
何だかイビキが変だった「ガコッ!ガコッ!ンガッカッカ!」とか言ってんの。

先生よくこんなの毎日隣にして寝れんな・・・とか思った記憶がある。
どうやら先生もスースー寝息たてはじまった、全くもぅ世話がやけるんだから
みんな俺の寝息様さまだな。と自画自賛する俺。しかし、しかしだ・・・
当の俺様はどうやって寝たらいい?カチカチうるさい時計を見やるとまだ
たったの12時ちょい過ぎ・・。嘘だろ?と思ったよ、俺的には2時・・
いや、少なく見積もっても1時は完全に回ってると思ってたのにっ!
誰か助けてくれ!この時間地獄から俺を救ってくれ!と本気で思った。
先生の方を一瞥する俺・・・。俺の方に背を向け枕を抱っこするみたいな
感じで寝てんの・・。可愛いな・・・とか思った。で、丸まって
寝てるからさ、背中が出てんのよ少し・・・腰の辺りとか。
それが補助照明のオレンジの薄明かりに照らされて妙な厭らしさを
かもし出してんの・・・。思わず勃起してしまう俺だった。

そういや夜のオナニーまだしてなかったや・・・。この状況下で
とんでもない事を思う天性のオナニストな俺・・・。いや・・・駄目だ駄目だ
恩を仇で返すようなことはしては駄目だ・・・いくら俺でも若干の
良心は持ち合わせてるつもりである・・・。が、しかし・・・先生の
背中の肉がモソモソ少しうごくたびにムチムチっふるえるの・・・。
あぁオナリてぇ・・・オナリてぇ・・超オナリてぇよ俺・・・。駄目?絶対駄目?
オナっちゃ・・・。あ~でもでも神様!ごめん!俺無理っすオナリます。だって
もう我慢できないもん。ほら、ピュッピュッて手早く出しちゃえばスッキリ眠れ
るし一石二鳥じゃん?自分で自分に言い訳をする俺だった。あ~そうだ・・
て・・ティッシュはと・・・薄明かりの辺りを俺は探した。あったあった
旦那の頭上のカラーボックスの上に発見!が、俺が取りに行ったら
起きてしまうだろうか?ちょっと心配になった・・・。このボロマンション
歩くとちょっとミシミシ言うし・・・。悩んだ末ティッシュはなしって事で。

手の中に出して洗面所で洗えば良いやと思った。さて・・・と
俺はこの異様な状況のなか妙な興奮を覚えチンポがもうギンギンに
漲っている。手を添えるとドックンドックン熱く脈打ってるのが自分でもよく
分かる。人間の性欲っていうものは禁断という言葉に弱いらしい。
肌が露わになった先生の腰元をのぞきこみながらコスコスとチンポを
こすりあげていく俺・・・。うぅ~!超気持ちいいっす!
俺は先生に体を近づけながら上方からパジャマの中を覗き込む
ギリギリ先生のお尻の凹みが見える。あぁ軟らかそうだなぁ・・・
触りたいなぁと思う俺。もち触らないけどね。しかし、しかしだ
俺の手はいつしかおもむろに先生のパジャマの下を軽く摘み
引っ張っている・・・。ちょっとほんとマジちょっとだけだから・・・。
引っ張ると先生のミッチリとした大きなお尻がオレンジ色にぼんやりと
見える。ひぃ~もうエロ小僧とでも何とでも呼んでくれ。
そんな気持ちだった。

【16】
その大きな尻に向かったコスコスコスとバレないよう大きな体を小さくして
しごき続ける俺。あ~このオレンジのライト超妖しい・・・。
性的快感が盛り上がると反比例して倫理観が欠落していくのが分かる。
どんどん先生のパジャマの下をズリさげていく俺。
もうお尻のパックリとした割れ目が完全に露わになっている・・・。
俺は自らのチンポを突き出しその薄明かりで漆黒の影になっている
尻の割れ目に近づけた。すると悪魔が囁きかけんのよ。「ぶっかけろ」って。
先生のこの尻の割れ目に向かって「ぶっかけちまえ!」って言うの。
「したら凄ぇ気持ちイイぞ~」っつうの。あ~もぅ!んな事言われなくても
分かってらぃ!しかし俺は辛うじて良心を取り戻し射精の予兆が始まると
先端に手を当て精液を受けとめようとしたわけ。

が、その時だ俺の熱い吐息を感じたからなのか先生がいきなりクルっと
振り向いた!やば!あんまり早いんでチンポしまうの間に合わなかった!。
それと射精寸前でとっさの判断が遅れたのもあるだろう・・・。んな事は
どうでもいい。「な!ななな・・・何してるのあなた!」とヒソヒソ声だが
怒り口調で先生が言った。無理もない・・・。あ~どうしよ・・・俺は
恥ずかしいやら申し訳ないやらでなかなか次の言葉が出てこねぇの。
っていうかあまりにもみっともなくも情けないこの状況下で俺は
何でか分からんが泣きそうになってしまった。ちょっと無いよ
こんなにみっともない状況って。これだったらまだ学校でクソ漏らした
方がまだいいって思った。親切にされてこれじゃあんまりだ・・・。

悪魔のバカ!氏ね!言ってもしょうがないのを分かりつつ誰かのせいに
してこのあまりにも非現実的な状況から現実逃避を図ろうとする俺だった。
で、辛うじて出た一言が「れ・・練習?」。今思い出すとハァ?みたいな答え。 
バカじゃね?っつぅ・・・。「れ・・・練習ってあなた・・・ソレ・・・」
先生も俺のまりの掟破りな行為に二の句が継げないご様子。
クゥ~! 重ね重ね面目ないっす。今思い出しても恐ろしい・・・。
唯一の救いが先生の声にも旦那とガキが起きなかった事ぐらい?
不幸中の幸いっつぅのか先生の声より旦那のイビキが勝ったのがよかった。
いや、ちっともよくないけど。
「だ・・・だって、保険の授業で、先生が精子は睾丸で造られて
二週間(?)ぐらいで死ぬって言うから・・・」と俺。
苦しいよぉこの状況苦しすぎ。もうムリムリ言い訳なんか仕様がねぇもん。
だから俺って何言おうとしてんの?自分でもわけ分からない。

「ハァ?」と先生。キョトンとしている・・・。俺冷や汗タラタラ・・・
チンポコシオシオ・・・。(あ~夢だろ?これ悪夢だろ?もう覚めていいよ覚めろ!
っていうか覚めてください!お願い!)フリチンで神に懇願する俺だった。
「つ、造られて二週間で死ぬって事は・・・その前に自分で出さないと
大変な事になるんでしょ?」と俺。わかんねぇよ・・・今思い出しても
ぜんっぜんわかんね。 「へぇ?」と先生すっとんきょうな返事しか
できない。「だから!俺自分でまだ出せないじゃん?このままだと俺の
金玉腐った精液でいっぱいになっちゃうよ・・・」やべ俺涙ぐんでる?
薄明かりだから先生には分からないだろうけど俺の目尻に熱い物を
感じる俺だった。(バカ泣いたってよけいみっともないだけだろ?)
努めて平常心を取り戻そうとする健気な俺。あ~ダメダダメダ・・・
本当に泣けてきたグスッとか言ってるしヤメテくれぇ止めてくれぇ・・

辛うじて嗚咽を堪えようとする俺だったが先生さすがに俺が泣いてるの
に気付いたらしい。「puバカ腐らないわよ、そんな事で泣いてるの?」だと。
先生どうやら俺のクソバカ詭弁を真に受けてくれたらしい。そういうとこが
鈍いんだよな。(よ・・・よ~しここは何とか詭弁を通して・・・)
意外な事態打開の糸口を見出し折れかけた心を建てなおそうとする俺だった。
「嘘だ、先生みんな出してるって言ったじゃん。あと少しで自分で出せそう
だったのに・・・」いかにも深刻な表情をして同情を引こうとする姑息な俺。
とにかくもう逃げたい一心だったよ。「言ったけど・・・それは腐るからじゃ
なくて単に気持ちイイから出してるだけよ」と、ごもっともな正論を
おっしゃった。そう言いつつまた旦那を確認する先生。確認せずとも
凄まじいイビキで分かるだろうに・・・。

「じゃ、溜まった精子はどうなるんだよ?」とふてくされたフリをして聞く俺。
今にして思うと本当にどうなってんだろうな?とか思う。そんときは必死で
思わなかったけど。しかしこの素朴な疑問にもどうやら先生も言葉を窮する
質問だったらしい。「そ・・・それは・・・と、とにかくっ腐らないから・・」と言って先生誤魔化した。俺はそこを見のがさなかった「やっぱり腐るんだ」
と俺は言った。「腐らないってば」と先生。ちょっと事態に余裕が出てきたのか
先生のパジャマからのぞく胸元が気になる。大して開いてないのにちゃんと
谷間が見えるのが立派だ・・・。いやいやまだ油断しちゃダメだ!ちゃんと
事態を終着させねば。「じゃ溜まった精子どうなるんだよ?絶対腐るんだ
先生知ってるんだほんとは・・・」と俺。
「腐らないわよっ今度調べておくから心配しなくて大丈夫だってば」
としっかり真に受け続ける先生だった。

「あ~あ・・・もう少しで初めて出せたのに・・・」と
いかにも残念そうに言う俺。
「何でおうちだと出せないのにここだと出せそうなのよ」
と、先生は旦那に声が聞き取られたくないのか俺の方にモソモソと顔近づけて
小声でしゃべりかけんの。
先生の生温い息が俺の顔にかかるとシオシオになりかけた俺のチンポに再び血流が
注入されていく・・・。俺は先生の質問には答えず
「出せたらもぅ先生にしてもらわなくても良かったのに」と自分のオナニーの
正当性を図々しく説く俺だった。ほんと図々しいヤツだな。今思うと。
「ホントにデソウダッタ?」と更に顔を近づけて超小声で先生が俺に言った。
うん、と頷く俺。何だか今度は先生の方が興味深そうだ。何か言ったか?俺。
「ダセタラ、モゥ、シナクテイイノヨネ?」と先生超ヒソヒソ声。そりゃ出たらね、
でも出せないって事にしないとまずいからね、悪いけど出せないよ。

と、ひそかに思う俺だった。「ジャ、シテイイワヨ」と突拍子もない事を言う先生。
ワケが分からず「ハァ?」と、どうも相手が小声だと伝染するみたいで
俺まで小声で聞き返す。「オトタテナイデシテネ」だと。で、どういう事なのか分かんな
いけど自分は布団かけて寝ようとしてるの。ほんとワケわかんね。
「ソンナンジャ、ダセルワケナイデショ、ナニシテンノ?センセ」と寝ようとする先生に俺は言った。
ま、もう良いんだけどさ、こんなんで出せる事にされちゃタマったもんじゃ
ない。どうも先生この家でコケばどんな状況下でも出せそうだと俺が言った
と解釈したらしい。ちょっとズレてるなやっぱ。「ナンデ?」と先生は言って
不満そうな顔で俺を見てる・・・オイオイ。「センセのはみ出した背中みてたから
デソウだったんだよ、闇の中でしたって出るわけないだろ?」と俺。
まぁここはこれでお開きって事で俺も寝ようとした。すると、
「背中で良いの?ハイ。これまでの事考えたら楽なもんだわ・・・」と言って
先生背中だけパジャマ持ち上げてプイとあっち向いちゃった。

オイオイまさか本気で抜かせる気っすか?そんなご無体な・・・もう良いじゃん
正直俺も過度の心労で即寝できそうだったし。
「もっと下降ろしてくれないと無理・・・」っていうかほんともういいって。
とにかくむり言ってここはやり過ごそうと俺は思った。
すると先生スルルと降ろして中途半端にケツ出してんの・・・。ウェストの
ゴムにムッチリとケツの肉が乗っている・・・。ウゥ・・・オナニー小僧の虫が
急に騒ぎ出した・・・。しかし、ここで抜いてしまったらもう先生との
保健室の行為はチャラになってしまう。それにプールにはどのみち行けない
のだ立っちゃうから。うぅ・・・デモデモ・・・手がぁ・・手が・・・
俺のチンポによる強烈な引力で引きつけられていく。抜いちゃダメだ・・
抜いたらお終いだ・・・もがく俺だった。するとどうしたの?という風に
クィクイって腰降ってんの。鬼だ!鬼!もぅダメ辛抱たまらん!俺は半ば
自暴自棄になりチンポをシコり始めたわけ。ハァフゥ荒い息をしながら顔を
近づけ先生のパジャマの匂いを犬のようにクンクン嗅いでた。

俺はそのゴムに乗かった尻肉をムッチリと掴んだ。俺は先生に拒絶されない
ように「あ~デソウ・・・キモチイイ」と言っていかにも射精に向かってるよう
に誤魔化した。おかげで先生ピクリとしただけでおとなしい。
「ぅぅ~出るよぉ・・・デルデル」そぅ言いながら実は必殺空シゴキを
する俺。俺は先生の縦の割れ目に沿ってそ~っと指を這わせていく・・。
「アッアッ」腰を逃がす先生。しかしサカリきった俺は逃がさないで
先生の腰をたぐり寄せていった。「フゥ・・・もっもぅ出るから」とか言って。
そして先生のスゥーと指を差し込み先生のマンコを撫でたわけ。
「バ・・・駄目・・・コラ」当然怒る先生だった。クイクイと腰を動かす
仕草が思いっきり逆効果だ。

「さ、触るだけだから・・・もう少しだから」と言ってかまわず
手を進める俺。「ね?触るだけ・・・これで出したら・・もぅ終わりだから」
先生もこの状況下では大声出させないのかン!ング!とかくぐもった
声を出してる。ここで逃がしたら駄目だ。そう思った俺はグイと
片手で先生の腰を固定すると中指でキュッキュと先生の割れ目をなぞる。
で、急所のクリを人差し指でシャシャシャと猛烈な勢いでシコル俺。
「さ、触るだけって・・・アグ!・・・グググ!・・・アガガ!」
先生枕をきつく抱きしめながら超苦しそう。
チャプチャプチョプ・・・薄明かりの静けさの中、先生の
粘液が俺の指に絡む音がひびき始めた。それをうち消す旦那ののんきな
高いびき。俺はシコるのもおろそかしに先生の弱点をつくのに必死だった。

先生、俺の手を股で挟んでギューっと締め付けんの。ちょっと痛いぐらい。
しかしそこは堪えて俺は辛うじてクリを確保した。確保しつつ剥きにかかる俺。
指で確認しつつ若干皮の被ったクリを指ではがしていく・・・。そして奥の
つぼみを摘んでクニクニと揉んだわけ。「ヒィ!」小さな悲鳴が狭い部屋に響く。
先生の肉穴に俺の中指を潜り込ませていった・・・ヌメヌメと俺の指の形に
押し開かれていく先生の肉穴。ハァ・・・女のここはつくづく男にとっての
天国だと思うわ。男を迎えるにちょうどいい暖かさっつぅの?
中指でピストン運動を繰り返すジュポジュポポ・・と粘液の絡む音。
俺は我慢でしず体をピッタリと先生に張り付けていった・・・。
そして中指をどかしそれに代わって俺のチンポを潜り込ませようと目論む俺だった。

【17】
しかしながらさすがに旦那子供が隣で寝てるのにも関わらず
俺が挿入しようという意図が先生が察すれば間違いなく拒否されるに
違いない・・・。ていうかブチのめされる可能性大だ。
俺は「アッアッデッデル・・モウデルカラ・・・」と、小声言ってすぐにでも
射精に至るような声をあげたわけ。そうしつつ先生のマンコの位置を
探る俺だった。う~ん・・・暗くてよく見えない。マジ焦る俺。
だって挿入は一発勝負なのだ。俺が指を抜いた瞬間俺のチンポに
すり替えなければチャンスを逸する事は間違いないだろう。
とりあえず気配を感じさせないように俺は先生の体から上体を
離す・・・。離しつつチンポを先生の尻の谷間に近づけていく俺。
う~ん谷間に入ると影で俺のチンポの先端がどの辺りに位置してる
のか確認できないの。オレンジの補助照明はギリギリ俺の腹筋の
辺りまでは届いてるんだけど先生の股間の辺りは真っ暗闇。

俺のチンポがどうなってて先生のマンコがどうなってるのかも
全然分からない訳。一発勝負に超ドキドキする俺だった。
中指に加え薬指も導入し先生のマンコをキュポキュポと摩る俺。
太さ的にも二本入れておいた方が違和感ないかな?とか姑息な
事を考える俺だった。
「だ、駄目だってば・・・も、もぅ・・・」先生ハァハァと熱い吐息を
洩らしながら俺の手を掴んで離そうとする。しかし俺は頑なに拒否し
おろそかになりがちなクリを再びシコシコシコ・・・と刺激した。
「ダ!・・あ!・・アゥ!・・・や!ヤヤメ・・・アググゥ・・」先生また
枕を抱っこして苦しそうに身を震わせている。豊かな尻肉がモジモジと
苦しそうだ。そうそう時間をかけられないようだ。どの道この暗がりの
中じゃ正確性を求めてもしょうがない。俺は一層身を逸らせ先生の

股の間に俺のチンポを潜り込ませていく・・・。丁度ビリヤードの
キューを持つ要領だ。マンコを撫でる指で先生の肉穴の入り口を
左右にギュっと開き侵入路を確保する俺。ニッチョリりと先生の
粘液が指先に絡み着く・・・。は、入るかな・・
体勢が超微妙だ。こんな中途半端な姿勢で入れた事ないもん。
無性にドキドキと緊張する俺だった。旦那のいびきがグォーグォー!と
暗がりの中を鳴り響く。(い、行くか?もし暴れられたらどうする?
悲鳴をあげたり泣かれたら?・・・)などとこの期に及んで急に
弱気の虫が騒ぎ出す俺だった。ハァハァ・・・と俺も過度の緊張で息が荒く
なってきた。と、その時だ。「ま、まだ?もういい加減に・・・」と
先生が言いかけた瞬間

「ハァ?あ?え?・・・イヤ・・アッあ~!」
と先生が素っ頓狂な悲鳴を上げた。まさか俺がそんな掟破りな事を
するとは思わなかったのだろう、無理も無い。そう、先生の声で俺の
萎えかけた心に勇気がわきチンポを挿入させてしまったのである。
俺は腰を鷲掴みにし、ぐっと先生の尻を手繰り寄せる。
そして先生を枕ごと背後からキツく抱きかかえ先生の上に馬乗りになった。
声を出されないように枕にギュ~っと先生を押し付ける。
洗ったばかりの乱れた髪からシャンプーの香りがした。
「コラ!入れちゃダメだってば・・・ア!ッアグ!・・・アゥゥゥ・・・ダメ・・イヤ・・アン・・・」
枕に押し付けられ苦しそうな先生の声が微かに聞こえる。

しかし旦那はやはりグォ~グォ~!と咆哮のようないびきを
かきつづけ爆睡中だ。
しかし気になるのはガキの方だ、俺は隣のガキが起きないか気が気
じゃなかった。真っ暗でよくわからないけど動かないって事は寝てんだろう
なと思った。その時は。
しかしどっちかが起きたらただ事では済まされない。
俺はもし不足の事態で誰かが起きたときに備えとりあえず
自分のタオルケットを先生に重なる俺の背中にかけカムフラージュしたのだ。
で俺はそのまま腰をかき回しミッチミチにチンポを奥までハメ込んだわけ。
「モゥ・・・ダメダッテバ・・・ア!アッ・・・ハァ・・・・ゥゥ・・」先生の声が漏れる。
先生のマンコに自分のチンポの形を覚え込ませようと奥に当たって
るのにも関わらず更に突き進もうする俺。厨房なので加減を知らない。
あぁパジャマ姿の先生を抱く俺って・・・。

この厨房離れした有様に身震いしたのを覚えてる。
パジャマの襟首あたりにかかる先生の乱れた黒髪がやけに厭らしい。
子供がイヤイヤするように左右に首を振る姿もやけに艶めかしいのだ。
「ォ、オネガィ・・・ヌ・・・ヌイテ・・・オネ・・ハァハァ・・・」それでも
先生けなげに圧し掛かる俺をどけようと体をもたげようとする。
しかしながら性獣と化した俺が容赦するわけもなく先生の
前に手をまわし股の間に手を突っ込んだ。そう、性懲りもなく
俺は先生のクリを再び弄ろうしたわけ。困った時のクリ頼みだ。
先生の柔らかな下腹部を指で探ると間もなくショリショリと陰毛の
手触りが確認できる。えっとえっとクリは・・・と。

(あっ、俺と先生の繋ぎ目だ・・・)どういうわけは俺は今でも繋ぎめ
確認する癖がある。確認すると嬉しいというか妙な充足感を感じるのだ。
俺はヌットリと粘液が付着した自分のチンポを触り、次に先生のマンコを
まさぐった。ふぅ・・・咥え込んでるわ、確実に。事実確認をし
安心した後、繋がった先生のマンコの先っちょに軽く指を挿入させた。
(えっと・・・た、確か、こ・・・この辺だよな・・・あったあった)
俺は確認するとスリスリスリスリリリリリと速射シコリ攻撃を開始する。
もうこれに限るのだ。

「あ!あ!・・駄目!それ駄目!それ・・こ、声が出ちゃ・・・アググ!イヤ!イヤァ!」
ビクン!ビクン!と反応し懸命にもたげようとしていた先生の体が再び枕に沈む。
俺は先生のパジャマをたくし上げ、さっきから気になってしょうがなかった
先生の乳房にむしゃぶりついた。先生の直の肌に自分の身を重ねると
生暖かい温もりが超刺激的なわけ。う~!吸いてぇ超吸いてぇよ・・先生の
ビーチク。俺の体重で押し潰された先生の豊かな乳房に頭を潜り込ませチュゥチュゥと
咥内で転がす俺だった。う~ん・・コロコロとして超可愛いっす。先生の乳首。
舌先で乳輪の周りを舐め回すとブツブツとした感触が得られる。

「ソ、ソレ・・・ヤメ・・・ググゥ!・・・アグアグ!・・・コエガデルカラ・・・ヤメ・・」
クリを撫でる俺の手をどけようと先生が強く掴んだ。
しかし声を出さないよう先生はもう片方の手を噛んで堪えている。
プニプニ・・・ムギュギュゥ・・・と先生の尻肉を下腹部で味わいつつ
容赦なく刺激し続ける俺。
「カッ!ア!ア!グゥ・・・イグ!イグ!イグ!イグ!モゥ・・・イグゥ・・・イッチャウカラ・・・ヤメ・・・」
その時俺は女のイクなる感覚が全く理解できなかった。男は
射精という極めて分かりやすい結果で最終的に終わるのだが
女にはそれが無い。イク!って言うけどイク!って何だ?という
摩訶不思議な女体の神秘を感じていたのを覚えている。
それ故に無知な俺はイッるにも関わらずクリを刺激し続けてしまったのである。
「アガガガ!・・・イッテル!イッテル!・・・ゥゥ・・・イッテル!タスケテ!ヒィ・・・」
しかし俺は止めなかったわけ。あぁ随分と無鉄砲な事をしたなと今にして
思うが、キュッキュッキュゥゥっと摘んでしまう俺だった。

【18】
俺が舐めまわしてる乳房の匂いが洗いたての石鹸の香りから
俺のスッパイ唾液の匂いに変わっていく・・・。
それでもニチャニチャとしつこく咥内で転がしてしまう俺だった。
う~ん、このかぶってるタオルケット旦那のだな、
だってタバコの匂いがするんだもん。
今は愛煙家になってしまった俺だから他人のタバコ臭など
気にもしなくなったが、今思えば当時は随分鼻が効いたらしい。
俺は少しでも深く先生と繋がりたくて既に最奥に達しているにも関わらず
図々しく腰を進める。厨房にワビサビなど求められても無理なのだ。
出し入れの「出し」がもったいなくて奥に入れたまんまさらにグッグッ!
とチンポを前に出そうとする俺。したら尾てい骨なんだと思うんだけど
膀胱のあたりにゴツゴツ固い物が当たるの。これが超邪魔だった。

前に前に腰を入れるもんだから先生敷き布団からズリ落ちそうに
なってしまう・・・。慌てて引き戻す俺。
ウッ!ウッウ~!ってさしもの先生も繋がってるとこを旦那息子には
知られたくなかったんだろうな。必死に声を出さないようにこらえているわけ。でも、やっぱり途切れ途切れにうめき声が漏れてしまう。
しっかしやっぱ膀胱痛いな・・・
渋々一回ニュ~・・・と先端まで引き抜き一呼吸する俺だった。
さっきまでぬるま湯のようなぬくもりに浸かってた分だけ抜くと
ちょっとヒンヤリする。チンポが濡れてるのもあるだろう。
すると先生俺がちょっと呼吸を置いたのを分かったんだろう。
「おねがぃ・・・もぅ・・・許して・・・おねが・・ア!ぐっ!」
先生が俺に哀願するが性獣と化していた俺が聞き入れるはずもなく、俺は
ニュ~・・・と奥にチンポを戻していった。

「だ、だめよぉ~ダメダメ・・・こんなの・・・」
と先生、山姥のように黒髪を振り乱している。
俺はクリから手を放し前に手を入れ先生を四つん這いに引き起こした。
そして両手でたタップンタップンと揺れる両乳房をギュっと握り潰す俺。
ズリ落ちる俺のタオルケット。先生の尻から背中にかけての肌がオレンジの
ライトに妖しく映し出されたわけ。
ん~この照明下手なエロビデオよりよっぽど厭らしいっす。
ん・・・?今ガキが動かなかったか?
一瞬ふとガキの肩口のあたりが動いたように見えたのだが・・・。
う~ん気のせいだったみたい。
俺は先生の肉着きのいい尻をぐっと引き寄せてみる・・。
すると俺のようやく男の筋肉が着きはじめた腹筋に潰され柔らかい双臀部
がぐっと苦しそうに歪んでいくわけ。ちょっと右に捩ってみる・・・。

グニッっと先生の尻肉も歪む・・・。次左・・・グニニニっとまた俺の動き
に連動して柔らかく呼応してくれる先生の大尻。
その二人の肉質の違いを見てあ~俺と先生ってつくづく男と女なん
だなぁとうっとりしてしまう俺だった。
俺は体を仰け反らしまたしても大好きな繋ぎ目確認をしてしまう。
さっきは暗くて見えなかったが離すと補助照明の光りが辛うじて二人の
繋ぎ目に届き俺のチンポが先生の中に没しているのが確認できた。
粘液がオレンジ色に光ってる。(あ、濡れてる濡れてる・・・先生確実に
濡れてるよ、俺が犯してるだけじゃないよな?)とかこの状況下で自分弁護
する俺だった。するとその時だ「も、もぅ分かったから・・・し、して良い
から早くして・・」と先生が言った。俺は意味がわからず「え、なに?」と
小声で先生に聞いた。「しても良いから。早く終わらして・・・」と先生。
「ほ、ほんと?」と俺。しても良いも何ももうしてるわけだが本人から
許可を得たのがやけに嬉しい。さっきまでの行為が無かったかのように
トキメク俺だった。先生はウンウンと二度頷いた。

俺は一回チンポを引き抜き先生を仰向けに寝かせ直す。やっぱり相互性が
あるならバックより正常位だ。俺ははだけたかけた先生のパジャマを完全に
脱がせ上に覆いかぶさっていく・・・。先生は旦那と子供を確認してから
自分の布団を俺の上からかぶせた。「声出さないでね」先生は唇に指をあて
小さく言った。「うん」と俺は言った。そして先生のマンコに俺のチンポの
照準を合わせていったわけ。俺のチンポの先端が先生の入口を探り当てると
先生は少し眉間にしわを寄せ顔を背けた。俺は先生の背中に手を回しぐっと
その柔らかい肢体を抱きしめる。う~何て抱き心地のいい躰なんだよチクショー!
ヌー・・・っとぶっきらぼうに入っていく俺のチンポ。先生入った瞬間
ピクッと顎を上げたがおとなしく俺を受け入れている・・・。
また旦那の方を確認する先生。意地悪く俺はその視界を遮るように俺の顔を
もっていく。イヤ!というように先生顔をそむけた。が、その顔を手で引き
もどし強引に唇を合わしていこうとする俺。ヤダヤダと首を振る先生。
でもなぁ・・・やだって言われるとやりたくなっちゃうんだよなぁ・・・。

図々しくも俺は旦那のけたたましいイビキの中先生の上にのしかかっていき
頭を固定すると強引に唇を奪っていった。きつく閉じられた下唇を俺の
唇で挟み吸い込んでいく・・・。う~ポッテリしてて絶妙に柔らかいよ。
チュ・・・ズチュ・・引っ張るように吸引していく俺だった。
(下の穴も上の穴も俺の物だ)そんな気持ちだった。
しかし先生鼻息だけでは苦しかったのだろう。胸を膨らませると
ハァ~と生暖かい吐息を漏らす先生。が、俺はそのタイミングを
見のがささず自らの舌を先生の咥内にねじ込んでいく。
「ん?ムグ!ムガガ・・・」と先生
俺を拒絶するように身を固くし俺の口を引き剥がそうとした。
下の口はOKなのに上の口はNOっていうのはどうなんだ?と矛盾を感じる俺だった。

【19】
逃げようとする先生の舌を軸にとぐろを巻くようにネロネロと
俺の舌を絡みつかせる・・・。これがまたチンポをマンコに入れながら
だと上の口の行為が下の口に連動してるような錯覚に陥るわけ。
ん?先生の唾液が溢れてきたようだ・・・。俺はもったいないから
ジュ・・ジュジュゥ・・と吸い取っていく。愛する人の液なら何でも
吸収していきたいっす。そんな気持ちだった。
戦隊モノだか何だか知らないがカッチョイイ人形がカタカタ揺れている。
「あぐぅ・・・んっ・・・あっ・・ぅぅ」先生俺の肩を掴みながら
上体を震わせて苦しそうにもがいている。
ふと、下をみやると俺の体重に押し潰された先生の豊かな乳房が見える。
あ~これ見るといやでも男と女を感じさせちゃうね。
少し体を離してみる俺・・・。そしてまた体を合わせていくと乳房が
苦しそうに潰されていく。今度は体を左右に擦りつけてみた。
先生の乳首の感触がコリコリと俺の胸に残る。

ただでさえ暗い照明の中でも先生の乳房の中心部が辛うじて黒点になって
乳輪の位置が判別できた。俺は先生の乳房を下からグッと揉み上げると
その黒点を口に含んでいったわけ。
ん~・・・唇に伝わる微妙なブツブツ感がたまらんっ。俺はそのブツブツ
を円を描くように舌先で嘗め回していく。すると明らかに黒点の中心部が
隆起していくのが分かる。いかにも(吸ってぇ・・)と言ってるみたいっす。
吸わいでか!俺は唇で先端を挟むとズチュ!ズチュチュチュッ!と
無茶な吸引を始めたのである。
「あぐ!あぅぅぅ~ちょ!んっくぅ・・やめっ・・」
先生の上体が思わず反り返った。調子づき弄ぶだけ弄ぼうとする
図々しい俺だった。その時だ。「う~ん・・・」と
横で寝ているガキの声。うるさかったのか寝返りをうっている。
一瞬固まる二人。静かにしてると先生の鼓動が伝わってきた。
先生既に胸元がグッショリと汗ばんでいるようだ。

そういえば豪雨のせいもあるのか今日はやけに湿気が多く暑苦しい。
「ンガガ~!・・・ガッ!・・・グゴォ!・・・」と相変わらず旦那の
けたたましいいびきの声がする。(・・・大丈夫・・・かな?)と俺が
再び行為を開始しようかと思ったら「早く出してっ」と耳元で先生。
確かに長期戦はやばそうだ。素直に「うん」と頷く俺だった。すると
「中に出してもいいから」と先生。「へ?」まさかの言葉に俺が聞き返した。
確かに今までも中出しばっかりだったが意図したものではない。
もちろん外で出さなきゃいけないと思いつつ未熟な為に出してしまって
いたのだ。厨房でも中に出せばどういう結果になるのかぐらい分かる。
しかし「いいからっ」と先生は言うと俺のケツを掴みグッグッと
更に奥へと迎え入れていく・・。も・・もぅミッチミチでこれ以上は
絶対入らないっす。天井届きすぎて先端痛いし・・・。
何で先生が中出しをOKしたのかその理由は後で知る事になるのだが
その時の俺は馬鹿みたく(先生が俺の種を貰ってくれるんだ・・)

みたいな超浮かれ気分で舞い上がってたのを覚えてる。氏んだ方がいいな。
「ね?○○クンだして・・」先生は耳元でそう囁くと肉着き豊かな腿肉で
俺の腰をギュゥ・・・っと挟み込んできたわけ。
アヒャァ!これやられちゃ男は堪らんよ・・・それに当時俺厨房だったし。
「アッ!ガ!・・・グゥ・・」
陥落寸前で必死に踏み止まろうとする俺だった。肩ブルブル震わせて。
しかし更に先生はチンポを受け易いようにドテを擦り付けてくるの。

切な気に上下に揺する先生の腰。ニュポ・・・ニュポ・・ニュルル
って感じでチンポをヒダヒダでしごき上げてくる。擦れ合わさる陰毛の
感触まで伝わってきてもう大変。そしてギュゥギュギュゥ・・・っと
膣肉が俺のチンポを絞りあげてきた・・。たまらず何妙法蓮華経・・・
呪文のようにお経を唱えて俺は射精の呪縛から逃れようとする俺。
早く出しゃ良いのにと今になって思うのだが何故だか分からないが、
どうもいわゆる俺イカされる事が嫌だったんじゃないかと思う。
自分主導で終わらせたかったっていう。今考えると厨房の癖に
くそ生意気な奴だなw 

で先生俺の背中に手を廻すと上体を突っ張っていた俺を自らの体に密着
させるように引き寄せてきたわけ。再びプニャ・・・といった先生の
乳房の感覚が俺の胸部に伝わってくる。で、腕を俺の首に絡めると
「ね?ちょうだい・・・○○クンの。ここに・・いっぱいちょうだい」
そう囁きながら腰を揺すり入り口を擦り付けてくる。
その声がまた堪らなく艶っぽいのよ蚊の泣くような小さな声なんだけど。
あ~もう駄目駄目!どんな有り難いお経も呪文も通用しない!。
出に俺の腰はビクン!ビクン!と痙攣するとおびただしい精液を先生の
お言葉通りに膣内にぶちまけていったわけ。
ビュゥ!ビュビュゥ!ビュビュビュ!・・・って
おいおい!いつまで続くんだよ?ってぐらい止め処ない射精の快感に震え
俺は先生の体にしがみついてるしかなかった。
あ~気持ちぇぇわぁ・・・今思うと頑張って我慢しまくって出す射精は
思いっきり喉を乾かしてから飲むビールみたいなもんなんだろうな。

全部出しきってももったいなくて尿道に若干残った精液を出そうと
腰をかき回して精子をきろうとする俺。はふぅ・・・急に眠たくなって
きたっす。俺はズルリとチンポを先生の中から引き抜くと旦那の
ジャージに着替え眠りについた。先生旦那の頭の上にあるティッシュを
取り出しているようだ・・・。夢うつつにティッシュで拭うガサゴソと
いう音を俺は聞いていた。

朝だ。気づくとみんな起きており俺の布団だけが残されている。
やばい!人んちなのに自分が最後に起きるっつぅのはいかにも
みっともない。俺は焦って自分の布団をたたみはじめる。
「ゆっくりしてていいのに」と先生。
「す、すみません」と言ってなぜだかわからんが謝る俺だった。
「おはよう、今日はいい天気だよ」と言って旦那が俺に挨拶してきた。
「お、おはようございます!」いけね、挨拶もまだだったじゃん俺
最悪だな。と思いつつ促されるように外を見た。
「ほんとだ」思わず言う俺。台風一過とはよく言うが豪雨一過ってのも
あるのかな?外は抜けるような青空だった。

「トースト焼けたわよ、食べるでしょ?」と先生。
「あ、はい、すいません」と言ってまたしても謝る俺だった。
俺は布団をたたみ終えるとテーブルについた。正直食べる気しなかったよ。
やっぱり人んちっていうのはバツが悪すぎるっつぅか居心地悪いし。
が、まさか要らないですとも言えないだろう?俺は喉の通りが悪い
トーストをコーヒーで無理やり流し込んでいったわけ。
「あ!いただきます!」食い始めてから慌てて言う俺。
「pu」と旦那がふきだしている。かっちょわりぃなぁ俺。
ますます喉の通りが悪くなってきた・・。その時だ。
先生がガキに「お兄ちゃんにおはようございますは?」と挨拶を促した。

そんなんいいのに・・・と思いつつ人生の先輩として挨拶しないわけにも
いかず先んじて「おはよう」と必死の笑顔を作って挨拶した。
思春期にガキ相手するのは難しいよ。今は平気だけどね。
するとガキが「いやだ」と首を横に振ったの。
「何でぇ?ちゃんと挨拶しなさい」と先生ガキを少し怒った。
「いいっすよ」内心可愛くないなと思いつつ先生に言う俺。が、
「やだ!この人ママをいじめるからやだ!」とガキが言った瞬間空気が
凍り付いたのは言うまでもない。

【20】
い~や~!ただでさえ喉を通り難かったトーストが胃の中で逆流
しそうになんの。どうやってこの修羅場を潜り抜けたらいい?ええ?
経験値のない俺はただただ硬直するしか手がなかった。
もうねただひたすらチンポの馬鹿!と心の中で叫び続けてた。
「ママを苛めるって?誰がぁ?」と、先生。
先生だって内心相当やばいと思ってたんだろうにその辺は俺との
経験値の違いだな、極めて平静を装ってたよ。
まじ大人ってすごいと思った。
「こ、この人、昨日ママの上に乗って・・・」と言いかけるガキ!
まてまてまてっ!何を言う気だえー!?ゲロ吐きたくなってきたよ、うぅ。

お母さん助けて!って既にお袋にもタメ口な俺なのにこういう時だけは
やっぱり俺もガキだったんだな、真っ先に浮かんだのがお袋だった。
しかしこの状況お袋にだってどうしたって言い訳つかない訳だが・・・。
「○○!(ガキの名)駄目でしょそんな事言っちゃ!」と
先生ガキが全部言い切る前に遮った。ナイス!
「だって!だって!ママ苦しそうで・・・」とガキ先生に叱られてるのにも
かかわらずまだ続けてようとするわけ。ヒィ~!許して!もう許して!
俺の視界にはわずかに旦那の顔が入っているのだが俺はそれを直視できず
俯く事で旦那を視界から消すしかなかった。だって旦那がどんな表情
してるのかなんかこの修羅場で確認できるわけないよな?俺は無理だった。
さっきからゲ!ゲ!と胃の中から熱いもんがこみ上げてくるし。

あぁこれがバチってもんなのかなぁと思ったね。後悔先に立たずって
言葉が何度も俺の脳裏を過ぎったのをよく覚えている。
見えてるものが全部ブロンズ色っていうの?自分に無関心な世界に
見えるのよ。全部が(私とは関係ありません)って
つきはなしてくるような感じ。
「○○っ!!」ピシャ!っと間髪入れずに遮る先生。
「どうしちゃったのかしら、この子・・・」と、どうやら旦那に言って
るようだ。どうしちゃったってセックスしてるの見られちゃったわけで。
旦那の返答を待つ時間が異常に長かった。俺は内心ガクブルなのにも
かかわらず平静を装う為にコーヒーを飲むふりなんかしてた。トースト
を口に運んでね。でももちろんフリだけ。口には何も入れないっていうか
入んないもんカラッカラに口内かわいてるし。
「うちに客来るなんて、珍しいからな。緊張してるんじゃないか?」
と旦那。まだガキの言うことの真意が分かってないらしい。

まぁそうだわな旦那が寝ているすぐわきで行為に及んでいようとは夢に
も思わないだろう。俺はガキに「ごめんね?」と極めて優しく
声をかけた。それは旦那のふり対するごめんねではなく本当の意味での
ごめんねでもあった。
「いいのよ謝らなくたって。悪いのはこの子なんだから」と先生。
女って怖ぇよ・・・。どうしてこうシレーっとこういう事言えるのかね。
俺は今でもこの状況を迎えたら先生と同じ対応はできないと思うね。
そうです、悪いのは俺です。申し開きのしようもありません。
シュンとしたチンポをジャージごしに握り締めながらうつむく俺だった。
「僕悪くないもん!ママ苛められてたもん!」とガキ。
「この人ママの上に乗ってママ裸にして・・・それで・・」
「こら!」と言うと先生はゲンコで頭をゴツン!と小突いたわけ。
「う~わ~!」とガキは言うとドタドタと泣きながら隣の狭い部屋へ
逃げて行ったわけ。「こら!○○!」と後を追うふりを
する先生。が、もちろん深追いはしない。ここの状況下での深追いは
やぶ蛇だって事は先生だって分かっている。

「ごめんねぇ?あの子一人っ子だからつい甘やかしちゃって・・・」
と俺に謝る先生。ま~間もなく二人っ子になるんだけどね。
それはいいとして「すいません、俺食い終わったらすぐに帰りますから」
と言った。とにかく逃げたい一心で。
「おいおい、気にしなくていいよ」と旦那。「そうよ」と先生も言ったが
目は完全に(早く帰れ!)と言っている。
「いや、親も心配してると思うし」と心にもない事を言う俺だった。
ハァ・・・あとのフォロー頼むね?先生。
「そう?」と先生も執拗に引き止めなかった。
「服洗って乾かしてあるから」と言って洗面所の洗濯機の方を指差して
言う先生。俺は「ご馳走様でした」と今度はちゃんと言うと席を立ち
着替えに向かったわけ。ゴソゴソと乾燥機できちんと乾かされた服を
着替える俺・・・。そうするとかすかだが先生と旦那が話す声が聞こえた。

「あんまり○○の寝てるとこでしない方がいいのかな・・・」と
旦那の太い声。「何が?」と先生が聞き返してるようだ。
「何って(なに)だよ」と悪戯そうな声で旦那が返す。
(なに)って・・・急にチンポがピーン!と反応して着替える手を
止めて耳を澄ましてしまう俺だった。
「ば!何言ってるの?こんなとこで・・・」と先生が旦那をたしなめている。
「でも○○きっと俺たちの(なに)見て、トラウマになってるんじゃ
ないかな、それで急に若い男の子が来て夢でも見たんじゃ・・」
あ~もう二人の会話はまぎれもなく明るい家族計画の話をしてるわけで。
一見いやらしさの欠片もないこんな普通の夫婦の中にも普通に性生活
ってもんがあり、その一片を垣間見た若い俺のチンポは先ほどまでの
シュンとした姿もどこへやらギンギンに漲ってきてしまったわけである。
「気にしすぎよ、それに他でどこでするのよ」と先生。小さい声だが
意外とここ狭い分だけ声の通りがいいらしい。ほとんど筒抜けで
聞こえてくる。胸をトキメかせて聞き入る俺だった。

「風呂とか?」と旦那の声が聞こえた瞬間俺の頭の中は先生と旦那が
風呂でやってる姿が浮かび上がる。若い分だけ性的想像力は豊かだ。
「バカ!終わり。この話終わり」と、言って先生一方的にトキメキ話を
終了させてしまったわけ。もったいない・・・。チンチンをビンビンに
しながらそう思った。とにかく若さっていうのは手に負えないわけで
一度ビンビンになっちゃうと抜かない事にはそうそう落ち着かないので
ある。俺はそそくさと着替えると居間に一度戻った。
「ちゃんと乾いてる?」と先生俺の服を確認している。その白い指が
妙に艶かしいのよ。さっきまでHぃ話をしていた旦那の方を見る俺。
骨太そうな四角い体をしている、色白な先生と違って陽に焼けて茶色い肌。
どうしたってその二人が風呂場で絡み合ってる姿が脳裏に浮かんで
きちゃうんだもん・・・もうこれはどうしようもなかった。

「ちょっと、トイレ」と言ってこらえきれなくなった俺はトイレへ行ったわけ。
さっさと悪魔を抜いてしまわねば!そう思いながら漲るチンポをとりだす俺。
目を瞑り風呂場を想像する・・。で、白く肉感的な先生がタイル状の
壁に手を着きバックから旦那に責められている・・。
「あ!・・あん!・・あ~ん・・あなた・・」俺としてる時とは違い
奔放な声を出す先生・・・。シュッシュ・・とチンポを優しくシコり
ながら俺は次第に旦那の姿に俺をスライドさせていったわけ。
茶色い筋肉質な旦那の体と白く細い先生の体が蛇みたく絡み合う。
タップンタップン揺れる乳房を肉厚な指で握り締めていった。耐えかね
小刻みに震える先生の体。その口に俺の舌を差し込んでいく・・。
妄想の中で少しでも先生の奥に潜り込もうとする俺だった。

舌とチンポで上下の口をかき回す俺。屈強な体に弄ばれて自由に先生の
柔肉が歪んだ。「あっ!アン!あっアナタァ!・・・」風呂場だから
声にエコーがかかる設定w お~し出そうだ・・・中に出すぞ。
すかさずトイレットペーパーを先端に添える俺だった。
俺は先生の大きな尻をつま先立ちするまで引き上げると自らの腰を
せり出し射精を開始したわけ、ビュ!ビュ!と射精が始まると
俺の腹筋の小刻みな震えに応えて先生の柔らかい尻肉もプルプルと震えている。
ミッチリ咥え込む先生のマンコが俺の精液を飲み干していった。
射精が終盤にさしかかるとようやく現実世界に戻る俺。先端を拭き拭き
しなきゃ。イテテ!チンポにちょっと貼り付いちゃったテヘ。
ペリペリと亀頭に貼りついたトイレットペーパーを剥がすと
それを流し、俺は居間に戻っていったわけ。
「お世話になりました」と言うとそそくさと逃げるように先生の
家を出た。外に出ると水は完全に引いていたんだけど家が半壊して
たり塀が崩れてたりまぁ被害は凄まじかったよ。
いちいち人んちの被害を確認しながらトロトロ帰ったのを覚えてる。



先生・生徒・禁断 | 【2014-11-28(Fri) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

プール男 ~~美人教師が高給ディナー~~ 【完全版】 1~10

【1】
俺の中二の夏の話。ちょうどオナニーを覚えたてだった頃に体育の
プールシーズンが重なり大変な事に・・・。
まぁ端的に言うと女子のスクール水着姿見るとどうしても勃起しちゃうわけで・・・
しかもうちの学校のスクール女子用水着は誰が考案したのか斜めに白いラインが
あるの。それが丁度乳首のところに重なるんだけど薄っすら乳首が透けて
見えるんだよね。俺の発育が早かっただけなのかもしれんが、どうして
他の男子は起たないのか不思議だった。まぁでもみんな「透けてるよな」
とかコソコソ言ってたけどね。もう中二だと発育早い子は巨乳ちゃんとか
いてもうこれがたまらないわけ。ここで活字にしちゃうと笑い話なんだけど
実際には水泳の時間に俺の海パンだけ前が膨らんでたら相当やばい。特に中二って
性的目覚めてる奴と目覚めてない奴の分岐点的成長期だから微妙で
少しでも前がモッコリしてると目ざとく「お前何立ってんだよ」とかからかわれてしまう。
とりあえず俺はトイレにいくふりして勃起が治まるのを待った。
が、治まっても結局女子見ちゃうとまた起ってしまう・・・。

結局性的に初めて目覚めた記念すべき最初の水泳の授業は殆どトイレで過ごす事に...orz
しかしながら二度目三度目の水泳の授業でもやっぱり起っちゃうんだよな。
これはもうどうしようもない・・・トイレでオナニーして抜こうかとも
思ったんだが、これもまた難しかった。なんていうか中学校までって
やっぱり大便用トイレって使い難いんだよね。絶対に「ウンコしただろう?」
って言われちゃうしあまつさえオナニーなんて絶対にできない状況だった。
で、俺は水泳の時間だけ授業を抜け出しさぼるようになってしまった。
しかし他の授業は出席してるのに体育だけさぼれば当然「あいつどうした?」
って事になるわけで、俺は体育の教師に呼び出されてしまった。

とうぜん理由聞くよな。さぼった理由。「お前何で水泳の授業だけさぼるんだ?」
といかつい体育教師が聞いてきた。まさか起つとは言えない。
「す、すいません。俺泳げなくて・・・」と詭弁で嘘を言ったら
「嘘つけ!お前去年1年の強化選手に選ばれてただろ!」と間髪居れずに
突っ込まれた。超自爆。(あちゃ~そうだった、すっかり忘れてた)
先生は執拗に本当の理由を聞こうとしてきたが「ダルくて・・・」とか
「気分が・・・」とか理由にならない言い訳をしたらバシーン!とビンタ喰らった。
(やれやれ体育教師はこれだから・・・)と思ったが、まぁ怒る気持ちも
分かる。俺は頬を赤く腫らしながら黙って耐えた。すると体育教師は
○○先生(担任)に言っとくから、と言って去っていった。とりあえず
ホッとする俺。担任と言っても当時俺の担任は胃潰瘍で急遽入院する事に
なって臨時で保険の女先生が面倒を見てくれる事になっていたのだ。
若い先生だったし体育のゴツい先生よりは全然チョロい。俺は胸を撫で下ろした。

帰りのHRが終わると「○○君ちょっと・・・」と保険の先生。
俺も(あの事だなとすぐに察しがついた)仕方が無く立ち上がる俺。
俺は先生に連れられ保健室へ・・・。「座って」と促され俺は従った。
「水泳の授業でないんだって?」といきなり先生はいきなり本題に入る。
「・・・・」ここはもう黙秘しかない。
「何ででないの?」と、先生。「・・・・・」答えない俺。
「水泳得意なんでしょ?何か出れない理由があるんじゃないの?」
と先生は俺の顔を覗き込んだ。(女子を見ると起っちゃうからです)
なんて口が裂けても言えないわけで、もう俺は黙秘の一手だった。

「何か嫌な理由があるんでしょ?言いなさい」と毅然とした表情で
先生は俺を見てる。(だ~か~ら~言えないんだって鈍い奴だな)
と思いながら俺は「別にないよ、いいよ次から出るから」と
ふて腐れた表情で言った。
「言ってごらん理由聞けば先生何か手伝えるかもしれないよ」と先生。
今にして思えばなかなかいい先生だったと思う。が、どうも先生は
俺が虐めにあってるんじゃないかと疑っているらしかった。
「手伝うことなんかないよ。いいよ」と俺は突っぱねた。
「そうやって我慢してるのが格好いいと思ってるとしたら大間違いだよ」
と先生が言った。もう完全に虐めだと思ってやがる。早とちりもいいとこだ。

それでも俺が黙っていると、とうとう「ご両親に連絡するから」と脅されてしまった。
ふざけるな!さすがにこれには俺も大慌て。「や、やや辞めろよ!」と
しどろもどろに怒鳴った。「じゃ、理由言う?」と先生。(きたね~)
俺はしばらく腕を組んで考え込んだ。言うべきか・・・言わざるべきか・・。
しかし両親はやばい。いかにも。「だ・・・誰にも言わないって約束する?」
と俺は言った。しかたない・・・ここは恥を忍んで全てを晒そうと俺は
覚悟した。とりあえず信用できそうな先生だったって事もある。
先生は頷きながら「大丈夫心配しないで言ってみなさいと」と言った。
聞いたらどんな顔をするんだろう?と思うと緊張してきた。

(虐めと思い込んで実は女子に欲情じゃ~な~)と思いながらも
白状すると言ってしまったからには後には引けない。だいたい先生が
言えといったんだし俺にとってはサボるだけの立派な大義名分だったのだ。
俺は意を決し「た・・・起っ・・・ちゃう・・・んだよ」と、どうにも
照れくさくカミカミで応えてしまった。
「え?」とよく聞きとれなかったのか、俺の言ってる意図がくみとれなかった
のか先生が聞き返してきた。
一度言ったからすこし勇気が出た俺は今度ははっきりと
「女子の水着姿見ると起っちゃうんだよ。どうしても。恥ずかしいから
出れないんだよ。こんな事誰にも言えね~だろ?」開き直って言う俺。
「え・・え?・・起つって・・・ぇ・・・」と、今度は先生がキョドる
番だ。立場が逆転した俺は続けざまに
「みんなの前で前を膨らませて水泳できないじゃんか」と言い切った。

「どうしたらいい?」と俺は先生を問い詰める。
「どうって・・・う~ん・・・それは・・・困ったわね」と
俺の予想外の返答に本当に困ってる様子だった。
「だろ?だから休みたいんだよ。休ませてよ」と俺は先生に頼み込む。
「休んだら駄目!ぜったい!○○先生(体育教師)と相談してみるから」
と先生。「何だよ!俺先生だから白状したのに!、やっぱりチクるのかよ!
俺みんなにバレたらもう学校に来れねぇよ!」と半べそで応えた。
これは半分マジだった。とにかくデリカシーのない体育教師なんかに
チクられたら何言われるか分かったもんじゃない。俺の本気の形相を
みてとった先生は「わ・・・分かった。ごめん。言わないから」
と言って俺を諌める。「・・・・・・・・」しばらく静寂が訪れる保健室。
「じ、自分で出してみたらどうかな?少しは治まるんじゃない?」
と、どうやら先生は俺にオナニーを推奨してるらしい。少し顔がひきつって
いる。「出すって?」まだ中二は自慰行為してると言い切るには勇気が
いる年頃だ。俺は照れくさくて知らないふりをして聞いた。

「何って、保険の授業で習ったでしょ?精子を出したいから勃起するん
だろうし・・・」この辺はやはり保険の先生だ。
「俺・・・出した事ねぇよ・・・だ・・・出し方分からねぇし・・」
と俺は照れながら答えた。
「うそ?出るよぉ、自分でやってみな」と先生は率先してオナニーを
勧める。「俺まだ、中二だもん。出ないよ。」とまた嘘を言う俺。
「でるでる。○○君体格もいいし、もう絶対に出るよ。やってみな」
いま冷静に考えると凄い会話だ。

「でも、どこでやるの?俺の部屋姉貴と一緒なんだけど・・・」と
あくまで無垢な少年を装う俺。
「トイレでもお風呂でもいいじゃない」と先生。
「なんか緊張して出なさそう・・・だいたい出るってどんな感じなの?」
とわざと意地悪い質問をしてみた。
「そ・・それは先生女だから分からないけど、きっと気持ち良いんじゃないの?」
と客観論で先生は答えた。
「でるかな~・・・」自信なさそうな俺に先生は背中を叩き「大丈夫だって」
と言って勇気付けてくれた。う~ん何だかな~と言いつつとりあえず
その時はお開きに・・・。

が、俺は肝心な事が何も解決してない事に後から気付いた。
そもそも家で多めに抜く作戦は既に時効済みだったのだ。
要するにまた水泳の授業になればチンポが起つ事は必至だったのである。
俺は愚かにも登校途中で初めてこの事に気づいた。今でも何で
気付かなかったのか馬鹿みたいだと思うのだが、どうも先生との会話で
全て解決したと勘違いしていたのだ。(まいった・・・)
ここは二者択一だ。起ったまま授業を受けるか、再びサボるかである。
そうこうしてるウチに朝のHRが終わってしまった。体育の授業は
三時間目である。二時間鬱状態が続く俺。とうとう男子が教室で
着替えが始まって初めて俺は先生の居る保健室へ向かった。

重苦しい足取りで保健室の扉を開ける俺・・・。
先生がなにやらノートみたいのをつけているようだった。俺を
見ると目を大きくして「どうしたの?」と聞いてきた。
俺はうつむきながら「先生おれ・・・出なかったよ・・・」
とボソっと言った。「えっ・・・・」と言葉を失う先生。
「次体育の授業なの?」と先生は聞いた。俺は黙って頷く。
「俺、絶対起っちゃうよ、どうする?」と先生にすがるように聞く俺。
「・・・・」少し黙っていた先生だったが、先生はおもむろに窓の方へ
歩くと辺りを見渡しカーテンを閉めた。そして入り口の鍵を閉める。
戻ってくると先生は「座って」とぶっきらぼうに俺に言った。

「ちょっと出してみて。出ないわけないわよ」納得いかないという風に
言いながら俺にチンポを出すように先生は指示した。
「え?」すげぇ驚いて最初全然意味分からなかった。
「だから、おちんちん出してみなさい」と先生はあまりに毅然として言う。
「だ・・出すの・・今?・・ここで?」どぎまぎしながら聞きなおす俺。
「そうよ。時間がないんでしょ。はやく!」と先生は俺は急かす。
俺はごそごそとチンポをチャックから取り出した。当然まだフニャフヤである。
「ほら・・・もう毛だってこんなに生えてるじゃない出ないわけ
ないのよね・・」と言いながら先生は俺のチンポの発育具合を観察している。

「ちょっとシゴいてみて」先生は俺に保健室で自慰行為をするように
指示した。(ま・・・まじかよ・・・)まさかこんな展開になるとは
思わなかった俺は、おぼつかない手つきで渋々チンポをシゴきはじめる。
ちっともエロくない状況でも若さというものはそれを補って余りある
威力がある。俺の気持ちとは裏腹にチンポは見る見る隆起してきた。
グ~ン!とそそり立つ俺のチンポ。「立派なの持ってるじゃな~い」
と先生は俺にからかい半分で言った。まぁ、あんまり真剣だと生々しく
なると思ったのかもしれない。「どう?気持ちいいでしょう?」
と先生が俺に聞いた。「う~ん・・・よく分かんない・・けど」俺は
シゴきながら答えた。

実は気持ちよかった。まだ言ってなかったが先生は既婚で子持ちだったが
なかなかの美人である。やはり少しおばちゃんでも美人に見つめられ
ながらする自慰行為は中二の俺には刺激的だった。が、やはり出す所まで
となるとこれがなかなか勇気が居るというか照れくさいのだ。
ちょうど中二ぐらいの年頃は発育が早いのが罪悪みたいに思っている
年頃なのである。俺が恍惚の表情でシゴいてるにも関わらずなかなか
放出に至らないのを先生はたまに腕時計をみながら見ている。
出すべきか出さざるべきか・・・ここで決断が迫られた。出そうと
思えばすぐにでも出そうだったが、ここがまだ大人になりきってない
男子の恥じらいというものだ(キモイ表現だが)

「どう?出そう?」と半ばジレた声で先生が俺に聞いてきた。
「分かんないよ!分かんないよ!」と俺は半べそで答える。
業を煮やした先生は「ちょっと貸してみな」と言って何と俺からチンポを
取り上げたのだ・・。先生自ら俺のチンポをシゴきはじめた。
(こ・・・これって相当やばくないか?)嬉しいの半分、ちょっと恐かった。
特にたまに廊下を歩く音がするとビクとしたのを覚えている。
でもやっぱり凄い気持ちイイ。「う~先生・・・気持ちいいよ~」
思わず本音を漏らす俺。「いいから浸ってなさい」と先生。
やはり大人である。カリの根元の部分とか裏筋をなぞったりとか
あらゆる性戯を駆使して俺を放出に至らせようとする先生。
今思うと固い雰囲気でも旦那には相当仕込まれていたと思われる。

が、どうした事か放出寸前になると自制心が働きなかなか射精には
至らないのだ。俺が焦り始めたその時である。急に俺のチンポが
暖かみの中に包まれたのだ・・・。見下ろすと何と先生が俺の
チンポを口に含んでいるでわないか。「う~!・・・」
呻くおれ。これには流石の自制心も抑止力を失ってしまった。
俺は熱いものが奥底から込み上げてくると先生の頭を鷲掴みに
し口内に射精を開始したびゅ~びゅ~と凄い勢いで出ているのが
自分でもよくわかる。先生は俺が始めての精通だと思ってたかを
くくっていたのかあまりの多さにゲホゲホと咳き込んでしまった。
そして病院によくあるゲロ吐き用の底の浅い銀の器に俺の
精子を吐き出した。おびただしい量の精液が器に盛り上がっていく。

先生は口内に残った精液をぺっぺっと吐きだすと、
「何だやっぱりこんなに出るんじゃない」と言ってそれを俺に見せた。
「どう?初めて出した気持ちは」と感想を聞く先生。
「き・・・気持ちよかった」と素直に感想を漏らす俺。
「ぜ~ったいに言ったら駄目だからね?分かってるわね?」
と先生は俺に釘を刺した。もちろんである。いえるわけがない。
しかし何を思ったのか先生は棚にあった顕微鏡を持ち出したのである。
先生は俺を見ると「初めて記念に○○君の精子を除いてみよう」と
悪戯そうな顔で言った。どうやら天性の保険の先生らしい。
ガラスの板に俺の精液をスポイトで落とすと顕微鏡に設置する。
倍率を合わせると先生は「ほらほら!凄いでしょ~?」と感動した
声で言った。俺も覗いてみた。やった!どうやら種無しではないらしい
俺は「すげぇ・・・」と言って俺の精子達を追っていると授業始まりの
チャイムが鳴った。

凄い眠いので。。。つづきはまた。
支援どうもでした。

【2】
まあ、という訳で「これで出し方分かったでしょ?あとは自分でやってね」
って事になったのである。
もちろん最初から分かってた事なんだけどねw しかしながら先生に
ここまで御奉仕いただいて俺としても報いないわけにはいかないわけだ。
とりあえず俺は次のプールの授業の前日と当日朝をふくめて出来る限り
ヌキまくる事にきめたの。10代のオナニーにズリネタは要らない。
イマジネーションだけで充分だった。俺はあの日先生にフェラしてもらった
記憶をたどってとにかくヌキまくった。夜風呂で1回、トイレで1回。
姉貴が寝静まったのを確認して布団の中でガサゴソ1回抜いた。

で、朝の元気を利用してもう一回...。そしたら太陽が黄色い黄色い...
すっげぇ眩しいの。頭はぼや~っとするしさ。多分中二で朝晩計4回ヌク
なんて荒業は俺にしかできないんじゃないかな。もう正直起たない自信
あったね。だってすげぇだるいんだもん。どっちかって言うと泳ぐ
体力が残ってるか心配だった。とにかく体育の時間が来るまでボーっと
してたのだけは良く覚えてる。前の席の奴からプリントまわってきても
気付かなかったりそうとうやばかった。で、そんなこんなで体育の授業
がやってきた。男子は教室で女子は更衣室で着替える事になってたん
だけど俺もダルい体をひきずってヨタヨタと着替えてからプールに向かった。

俺・・・もしかしたら心臓麻痺で死ぬんじゃないか?と本気で心配に
なった。眩しい太陽の中久々のプール場に上がる俺。体育の先生は
俺を発見するとニヤと笑った。ま、やっと来たかって事なんだろう。
とりあえず準備運動から始める男子。プールを隔てた対面で女子も
準備運動しているようだ...。俺の好きな○子ちゃんもいる。
△恵はあいかわらず胸でけーな、動きに連動してゆさゆさ揺れてん
じゃん...。ほんとに厨房かよ。あ、□美いまお尻の食込みなおした
...と漠然と女子を眺めていたそのときである。ん?下半身を見る俺。
あっや、やばい...。すでに俺のチンチンは膨張を始めていたのある。

(な、何て奴だ)と我が息子ながら呆れかえる俺。4回だぞ?
4回ヌイても駄目なの?そう思ってる間にも更に俺の息子は膨張を
つづけもうはたから見れば明らかに勃起してると分かるぐらいに大きく
なってしまったのである。(く...くそ無念!)俺は体育教師に
気付かれぬよう、こっそりとプール場を後にした。とても悲しかった。

一人孤独に教室にもどり元の制服に着替える俺。そしてひっそりと
いつも隠れる剣道場のわきの茂みに入った。まったく何て事だ。
先生には何て言い訳しよう・・・と、途方に暮れる俺だった。
近くの教室でどこかのクラスの授業の声が聞こえる。思えば得意
だった水泳だったのに俺の成長と共にこんなに苦痛になるなんて
思いもよらなかった。成長したら普通男女別にしねぇか?とか思って
るうちに授業終了のチャイムが鳴った。授業の時間は長く感じるのに
こういう時だけずいぶん時間が経つのが早く感じる。
しかたなく俺はとぼとぼと教室に帰った。

「お前何処行ってたんだよ?○○(体育教師)探してたぞ?」と
俺を見つけた友達が俺に声をかけた。あちゃ~気付くよなやっぱ。
また呼び出される。もう打つ手なしだ。俺は放課後のHRの時間まで
暗澹たる気持ちで過ごした。そしてHR時間である。先生が入ってきた
俺を一瞥する先生。(うっ冷たい視線・・・)俺はすぐ目を逸らした。
HRの間先生が何を言っていたのかはさっぱり分からない。
どうせ呼び出されるんだろう?そうなんだろう?と思いながら
まんじりとせぬ時間が経過していく。そして皆が起立し
「さよなら」と挨拶すると、先生が「○○君ちょっと」と声が
かかった。(きた~!)心の中で悲鳴をあげる俺。
俺は逮捕された囚人のごとくトボトボと保健室まで先生の後を
ついていったのである。

先生に促され保健室の椅子に座る俺。
「また途中でぬけちゃったんだって?○○先生怒ってたわよ」と
俺を責める先生。「また起っちゃったの?」とあっけらかんと先生は言った。
俺は黙ってうなずいた。「え...だってちゃんと出してきたんでしょ?」
と心外だという風に先生が言う。俺は首を横に振った。まさか4回も
ぬいてきたにも関わらず起ったとは言えなかったのだ。だってそれじゃ
あまりにもエロ小僧だ。「出さなかったの?何で」先生の声に怒気が
混じっている。俺はそれには応えず「先生俺体育1でいいから」と
言った。「そういう問題じゃないでしょう?」と先生が言う。
「俺やっぱり家だと無理だから。環境的に」と俺は下を向いて答えた。
「そんなことない。みぃんなやってるんだよ?恥ずかしくないんだよ?」
と先生は俺を諭す。

「このまま好きな水泳できないで授業から逃げ回ってていいの?
すっきり出してくれば大きくならないんだから、私の主人だってお風呂
とかでやってたって言ってたわよ」ととんでもないカミングアウトをする先生。
(だから~駄目なんだよ~起っちゃうんだよ。どうしても!)俺は
半ばイライラしてきた。「プールが終わったら体育出るよ、それでも
落第にはならないだろ?」と俺は言った。
「だからそういう問題じゃないんだってば」と先生が俺に言う。
「先生俺をあんまり追い込むなよ学校来なくなっちゃうよ。プール
だけ来ないだけだったら可愛いもんだろう?」と悲しい目で先生を見た。
「え・・・で、でも・・・」威勢がよかった先生が少しひるんだ。それを
見た俺は「先生は一生懸命説得し続けた。俺はそれに従わずプール
さぼり続けた、それでいいじゃん。プールだってあと一月ぐらいで
終わるんだしさ」と続けて言った。「う~ん・・・」と言いながら

腕を組み考え込む先生。(よし、もしかしたら落ちるかも)そう思った
俺は「引きこもり生徒一人造るよりましだろう?いいよ先生は先生の
立場があるんだから納得しなくて。ただ俺はプールは出ないだけ」
と続けた。「・・・・・・・・・・」しばらく先生は難しい顔を
して黙り込んでしまった。「いや・・・駄目駄目・・・やっぱり駄目」
と言って先生は頭を振った。「う~ん・・・じゃ、分かった。先生が
また出してあげるから。それでいいでしょ?」と先生。
「へ?」予想外の返事に俺は思わず聞き返した。
「またこの間みたいに直前じゃ困るから学校1時間はやく来なさい」
と先生が言った。うっそ~ん。そんな名案があるんだったらもっと
早く言ってくれれば良いのに。と思いながらも、それが目的だったと
思われたくないから「い、いいよ誰かに見つかったら先生だって
やぱいだろ?」と一応拒否して見せる。まぁこの時ほどときめいた
事はそれまでも今も一度もないね。恋する乙女のようにドキドキしてた。

その時の俺の下校姿はきっとスキップせんばかりだったろう。
家に帰ってベッドで横にねっころがると先生の顔が目に浮かぶ・・・。
まぁ元々学校でも美人で評判だったが、こういう時は何割り増しで
美人に想像してしまうものである。まさか同級生共も俺が先生に
お口で奉仕してもらっていようとは思いもよらないだろう。
まさに棚からボタモチ状態だ。

何だか自分だけ大人になったような勇ましい気分になる俺だった。
先生の口元とか胸とか腰つきとか思い浮かべていると自然と手が
下半身に伸びていくわけである・・・。トランクスの中に手を突っ込み
無意識に息子を掴むと上下にシゴキ上げる。う~気持ちい・・・。
と、出そうになったその時。俺はハッと正気に戻った。
(いかんいかん!何をやってるんだ俺は!)心の中で自分を責める俺。
美人先生がせっかく高給ディナーをおごってくれると言ってくださって
いるのに100円バーガー喰ってくバカが何処にいる?今日から俺は
プールの日までオナ禁である。俺は自らの息子に条例を下した。

しかしながら中二にして既に1日2回の自慰を日課にしていたオナニー小僧
にこの条例は相当厳しかったのは事実である。何と言うか溜まってくると
どうでもい~もんまでセクシーに見えてくるのだ。例えばバイクのプロポーション
とか(これマジ)。まぁバイクでチンポ立った奴は俺だけだろうね、うん。
特に先生のHRの時間は厳しかった。唇とか細い腰とか意外に大きい
お尻とか胸とか、視線がどうしてもそっちに行ってしまう・・・。
俺もあんまりギラギラしてるところを見せて「やっぱり辞めた」とか
言われたくないから必死に普通にしようと努力はしてたんだけど。
もうトランクスの中ではカウパーが溢れてヌメヌメしてくるし大変。

そんなオナ禁例を発令した2日後の晩。事件が起きた。夜中に水の
ような鼻水がつ~っと流れてくるの。俺は起きるのめんどいから
フン!って鼻をすすって吸い上げようとするんだけど花粉症の時の
鼻水みたいに再びつ~って・・・。流れてくる。しばらく
つ~・・・フン!つ~・・・フン!を繰り返していたんだがあまりに
しつこく流れてくるもんだから枕元にあるティッシュを掴んで
思いっきりチ~ン!とかんでやった。しかし間髪要れずに再び
つ~・・・と出てくる。いや、何だかもっと流れる気がする
唇までぬれてきてるようだ。俺はもう一枚ティッシュを掴むと
2~3度続けてチ~ン!!とかんだ。そしたらもうドパー!っと

威勢良く滝のように鼻水が流れ出してきたのだ。もう半端な量
ではない。俺は異変に気付き電気をつけると姉貴が
「う~ん、まぶしい!何だよこんな時間に、もう!」と言った・・
その時だ「ぎゃ~!!!」と姉貴が悲鳴をあげると階段を
降りていったのである。「おかあさん!おかあさん!○○が!(俺の名)
○○が血塗れだよ!」と1回で叫んでいる。
へ?と思い下を見ると俺のTシャツは真っ赤な血に染まっていた。
そう、俺が必死にかんでいたのは鼻水ではなく鼻血だったのである。

これには俺も卒倒しそうになった。これマジ。だって白系のTシャツが
完全に赤系になってんだもん。お袋が眠い目こすって俺を見ると
「どうしたの~、とにかく横になんなさい!」って言って俺を
横にすると姉貴に「アイスノンとタオル取ってきて!」と指示した。
駆け下りる姉貴。この辺はさすが年の功というか熟年者は冷静である。
お袋は俺の鼻の根元にアイスノンを置くと少し水で濡らしたタオルで流れ
落ちる鼻血を拭いてくれた。「どうしたんだろうね、急に。今まで
鼻血出した事なんか無かったのに・・・」とお袋。
確かに俺の記憶でも鼻血を出した事は一度もない。
「きっと変な事考えてたんだよこいつ。キモイ」と姉貴。(その通り)
「こら!」と一喝するお袋。なかなか鼻血が止まらないようだ。

ま~思いっきりかんじゃったからな、もしかしたら血管切れたのかも
と若干心配になった。すると姉貴が「何か止まらないよ、お母さん。
どうする?救急車呼ぶ?」と心配そうに言った。
(ちょ、ちょっと待て!そんな事になったら先生のディナーが!ディナー!が!)
俺は命の危機に晒されてもディナーの心配をしていたのだ。男ってとことん
バカだな、いや俺だけかもしれんが。
「大丈夫だよ大丈夫!」と、気が遠くなりそうになりながらも気丈に
応える俺だった。「まぁ大丈夫でしょ。鼻血で死んだって話あまり
聞かないから」とお袋。やっぱり肝が据わっているようだ。

何だか俺はお袋の冷静さに安心したのか、気が遠くなったのか
知らないがそのまま眠ってしまったのである。
朝起きるとちゃんと綺麗な寝巻きに着替えさせられていた。
すっくと起き上がると身支度を整え下に降りる俺。お袋が
今日は休んだら?と言ったが、俺は毅然として断った。
とりあえずプールに出るだけの体力があってこその先生の
ディナーなのである。俺は睾丸がやぶけんばかりに溜めに溜めていそいそと
プール当日を迎えたのである。もう夜からギンギンに起ってるし全然
眠れなかった。1時間前に登校する約束なのに、2時間前に家を出て
そこら辺でうろうろする俺。やっぱりがっついてる所は見せたくない。

これがたった1時間なのにすげぇ長いの。3分おきぐらいに時計見てた。
そしていよいよその時間である。俺はきっかりに保健室の前に立つと
トントンとノックして扉を開いた。先生がベッドの方に立っている・・。
も、もしやベッドで?と、思ったらどうやら部活で気分を悪くした
生徒が寝ているようだった。何やらその子に声をかけている。
も・・もしかしてディナーなし?急にショボーンとした気持ちになる俺。
しばらくして先生が出てきた。「あ、ちょっと待ってね」と言うと
先生は机から何やら鍵を取り出した。「じゃ、行こうか」と言って
保健室をでた。
先生の後をついていく俺。(いいけつしてんな~)としながら思った。

どうやら旧校舎の方へ向かっているようだ。旧校舎は生徒数が多かった
時代に新校舎と併用して使っていたらしいのだが、今は科学とか
技術家庭とか・・・そんなぐらいにしか使っていない。静かな廊下を
歩く二人。階段の下で先生が止まる。「?」先生を見る俺。
すると階段のすぐ横にある小さな金属の扉の鍵穴に鍵を差し込んだ。
もう本当によく電気の配線の為とかにあるそのぐらいの扉。
しかしあけると結構広い。六畳ぐらいはあるだろうか?俺は思わず
「すげぇ秘密基地みたいだ」と感想を漏らした。
中にはチアガールがよく持ってる赤や黄色のバサバサしたやつとか
プレートとかマットとかが散乱していた。

「何でこんな部屋造ったの?」と俺は扉をくぐりながら先生に聞いた。
「さあ、先生がここに来る前のだから・・・」と言って先生は内鍵を
閉める。「じゃ、とっとと済ませるから出して」と先生が言う。
俺はもぞもぞとチンポを出すが立っていると天井が低いので厳しい。
「せ・・・先生あの・・・頭がぶつかるんだけど・・」とチンポ丸出し
状態で情けなく言う俺。
「う~ん・・・じゃ仰向けに寝てちょうだい」と先生が支持をする。
従順に従う俺。「も~・・・こんなに大きくしちゃって・・」と
先生が呆れていった。「す、すいません」と俺は謝った。
もう多分カウパーが相当溢れてたと思う。先生は屈み込むと髪をかき上げて
俺のを口に含んだ・・・・。

保健室でしてもらった時は俺が椅子に座って先生が跪いてしてもらった訳だが
今度は俺が仰向けになり先生が屈み込む形で奉仕してくれてる訳である。
尚且つ裸電球の薄明かりにチアガールの赤や青のバサバサした奴が反射して
妙に厭らしい…。見方によればお化け屋敷のようでもあったが。
とにかく俺のチンポをしごきながらチュパチュパと舐められると。例えまだ厨房
であろうと妙な気分になってくるのは仕方がない事なのである。
その・・・・何というか小説とかだとレイープとかになるんだろうが、現実の
厨房だった俺はまだ微かにランドセルを背負っていた名残というか青臭い部分が
残っており、自分のこのやるせないような…切ない気持ちを持て余してしていた。
うまくは説明できないが、とにかく先生がせっかく口で奉仕してくれているのに
も関わらずそれが気持ち良ければ良いほど何故かそれが物足りない行為のような
気持ちになっていくのだ・・・。う~ん、ごめんやっぱり上手く説明できないや。

俺はその切なさに苦悶の表情を浮かべ「うん・・・う~ん」と魘されるような
声をあげていた。いよいよ放出に至ろうかというその時、同時に俺の
フラストレーションも頂点に達し、ついにがばっと先生に抱きついてしまったので
ある。「きゃ!ちょ!・・・ちょっと○○くん?だ・・だめ!」たぶん先生は
俺がレイープすると思ったのだろう。(当然だ)が、俺は先生に縋り付くと
「せ・・・せんせい・・苦しいよ~・・・苦しいよ・・何か俺・・おれ・・」
そう言いながら先生の細腰にむき出しのチンポを擦り付けてしまった。

「え?・・・く、苦しいって?」先生は俺を振りほどこうと身を固くしながら
俺に聞いた。「わ・・・分からないよ、分からないよ。何だかでも・・
凄く苦しいよ・・う~っ」そう言いながら俺は切なく先生のお尻の部分に
自分のチンポを押し付けた。しばらくそうして俺は「う~ん・・う~ん」と
うなされていたと思う。先生もどうやら俺がレイープする気はないと分かった
らしく次第に硬くしていた体がほぐれてきたようだ。それで調子に乗った俺は
先生の豊かな胸元にパフパフと顔を埋めていく。が、しばらくさせるに任せる
先生・・・。と、突然先生が体をすっくと起こし胸に埋めていた俺を
引き離し「よし!分かった!今日だけ特別にサービスしてあげるから
服脱ぎなさい」と、言った。「えっ?」と俺が聞き返す。

「いいから急いで、時間がないんだから」と言って、なんと先生は自らの
服を脱ぎ始めたのである。何となく意味を察した俺は先生にならって服を
脱いだ・・・。き、きれいだ・・・薄明かりに照らされるあの時の先生の
魅力と衝撃はその後つきあった女共など足元にも及ばない。
先生はよこになると静かに「きなさい」と言ってくれた。「うぐっ」その
言葉だけで溜めに溜めていたザーメンを放射しそうになり思わず前にかがむ俺。

(こ・・こんな所で討ち死にしてたまるか・・こんな所で~!)ビクビクと
痙攣を始めそうになるチンポに俺は必死にジジイのケツを思い浮かべて
鎮めようとした。「どうしたの?」と先生。頼むからいまそんな甘い声かけ
ないでくれ~!正直ほんとに辛かったよ。なんとか放射は免れた俺だが
このままでは先っちょが触れただけでも発射しそうな勢いだ。こんな事なら
少しヌイとけば良かった。欲が深すぎたんだな俺。とにかく落ち着かなきゃ
と思った俺の前に先生の茂みが目に入る・・・。正直俺はおんなのオマンコ
なるものを直に見たことがない。いや、グラビアでも見たことがなかった。
俺は吸い込まれるように先生のオマンコに顔を近づけていった。
俺の視線に気づいたのか先生が「いやだ!ちょっと・・やめ・・そんな
じっと見ないでくれる?恥ずかしい」と言って顔を背けた。
俺は無視してもうほんの数センチまで顔を近づけ先生の割れ目を食い入る
ように眺めた。そうか・・・ここに入るのか・・そんな気持ちになる俺だった。

「な・・舐めていい?」まぁこの状況下だったら男なら普通はそう言うよな?
とにかく俺はそう言った。「・・・・」先生無言だ。OKってことかな?
そう思っておれは許可なく先生の割れ目にそって舌を這わした。
びくびくっと先生の太い内腿が反応して俺の頭を挟み込む。かまわず
舌先を伸ばし奥まで差し込む俺。「アッ…ハァハァハァ…ウッ…ハァハァ…」我慢しなくて
いいのに先生は必死に声を押し殺しているようだった。やはり厨房の舌戯で
感じさせられては大人の面目が保てないということなんだろうか?とにかく
「う~ん・・・っ・・・ハッ・・・う~」とか言ってAV嬢のようなあえぎ声は
出さない先生だった。あそこの匂いは海草のような・・うっすらと生臭さ
がある。が、逆にそれが男を欲情させるのだ。俺はクリと思われる突起を
ぺろぺろとなめまわす。「う~・・・やだっ・・もぅ・・わたし・・」
バタバタと足をもどかしげに足を動かす先生。先生の太腿の柔肉がプルプル
と波打っている。「入れてっ・・・もう・・入れて・・○○君・・」と
とうとう俺に先生はおねだりしてきた。これは厨房なりに男冥利につきる。

最初閉じていた肉ヒダもぱっくりと開き、ふんだんに潤滑液を分泌していた。
下の口も(入れてください)と言ってるように思った。
俺は顔をあげるとそのまま先生の体に自らの体を重ねていく・・・。
先生の体が近くなってとうとう目の前に先生の顔が見える。やはり美人だ・・。
一丁前に俺は、俺の女になるんだとかいう勇ましい気持ちになってきたw
そのまま先生の股間に俺の腰を入れる・・が、なかなかやはり入らない。

先生もおれのチンポに合わせてマンコの位置を合わせくれるのだが、しばらく
ぎくしゃくと腰を入れていたが急に俺のチンポが生暖かい柔肉に包まれた。
「入った!」と、思ったその瞬間である。怒涛のような射精が俺を襲ったのである。
避妊もせずに、びゅうびゅうと無責任な精液を先生の体内に注ぎ込む俺。
だって・・・本当に急だったんだもんテヘ。最初の射精を中で出してしまった
俺は諦めもありそのまま先生の体にしがみついたまま全部出しきってしまった。
「あ!・・え?もしかして出してるの?・・・え?あ~あ・・もぅ・・」と
と先生はブルブルと震える俺の背中を叩いた。先生も諦め声だ。(諦めじゃ済まないけど)

先生は俺のチンポをヌポっと引き抜くと白衣のポケットからティッシュを
取り出そうとしている。四つん這いになった先生のお知りから覗く割れ目
から溢れ出る俺の精液を見ていると俺の息子は再びムクムクと隆起してきた。
どうせ最後ならもう一度だけ・・・俺は駄目元で先生の細い腰をつかん
で大きな尻をたぐり寄せた。「あっこら!・・」と驚きの声をあげる先生。
振り返り俺の再び力を取り戻した怒張を見ると「もぅ・・しょうがないわね
これがほんっとに最後だからね」と念を押して尻をあずけてくれた。

今回は俺の溢れる白い液が割れ目の位置を示してくれている。今度は
すんなりと挿入ができた。バックで強く腰を動かすとそれに連動して
先生の尻肉がブルブルと震える。「あっあん・・・あっ・・・」と、先生も
今度は声を押し殺さずに声を出しているようだ。正直今まで高い金を払って
女を買う大人を蔑視ししていたが、訂正する。買春が犯罪ならまず、女を
こんなに気持ちいい体に造った神を裁くべきである。俺はその時そう思った。
声なんか、もう・・・犯罪だろう?あんないい声出されたら男なら誰だって
病み付きになるって。絶対!まぁそれは置いといて一度出している俺は
今度は少し余裕ができ、先生の尻を振り回していろいろ愉しめた。
少し仰け反って見ると先生の菊の穴の下でしっかりと俺の息子を先生の
下の口が咥え込んでいる・・・何という優雅な景色だろう。厨房でこんな
豪華なディナーを頂いた奴はおそらく日本で俺だけではなかろうか?

そう思いながらひとしきり先生の膣内(なか)を味わった後、俺は二度目
の射精を開始した。びゅっびゅ!っと二度目にもかかわらず結構でてる、
ま~溜めに溜めたかいがあったってもんだ。そのまま二人とも前のめりに
突っ伏してしまった・・・。出し切った後も腰を動かし先生のお尻の
肉を下腹部で味わう俺・・・。後々知ったがこの体位が一番女の柔らかさ
を味わえるのだ。う~!プニプニして超気持ちい~・・・とか、思っていたら
な、何と俺の息子はまた力を漲らせてきたのである。って事で抜かずの
三度目突入・・・。二十歳を過ぎた今でも無休の三発はこの時だけだった。

後々厨房だった頃の俺に負けたくなくて必死にトライしたけど、二度が限度だね。
薬とか飲めばできんのかもしれないけど。
先生も「えっ!出したんじゃないの?え~?」と、信じられないご様子だった。
無理もない。それでこれが笑えるんだけどたぶん俺のザーメンがたっぷり
先生の肉壷の中に入ってるからだと思うんだが俺が抜き挿しすると・・
ぶぁ~ぶぅ・・・ぶりゅう・・ぶじゅじゅぅ・・・とか、あそこから
間抜けな音がでんの。で、俺が音がでる度に後ろでクスクス笑ってるのに
気づいたらしく「ちょっとぉ・・・遊び半分でやってんならやめてくれる?」
と怒られてしまったw

ま~そんな感じで俺の生暖かい中二の夏が終わったわけだが、胃潰瘍で
倒れてた担任も復帰して先生は保険の先生に再び戻ってしまったわけ。
・・・・が、肝を冷やしたのが俺が三年になった春先先生が産休に
入るって聞いた時だ。考えないようにはしてんだけど計算が合うんだよね。
三年の夏は俺も精神的に成長し、どうにかプールで欲情しないで済むように
なった、が、夏休みに意味深な暑中見舞いが先生から届いたのである・・。
子供と一緒に写ってる写真だ。小さい文字で、ちょっと似てるよね。だと
だ・・・誰に?と、思ったがおれは見なかった事にしてそれを机の奥に
しまった。が・・・今でもたま~に気になり似てるか確認してしまう。

終わり。しえんどうもでした。

【3】
その直後のプールはさすがに立たなかったよ。何と言っても抜かずの
三連発だったからね・・・。俺の中ではいまだに伝説になってる。
プールの時間ぽ~っとしてた。まぁでもさすがに先生には釘刺されたよ。
くれぐれも自分で抜く努力をするようにって。出ることは出るんだから
後は俺の努力次第だという事だった。それで・・・え~と、プールの
前日だったかな?「どうだった?」って先生に帰る前にヒソヒソ声で
呼び止められた。正直こうなるんだったらエロ小僧と思われても
抜いても駄目なんですって言っておけばよかったと後悔したね。
一度嘘ついちゃってるとどうしてもつき通さなくちゃならなくなる。

結局、良心がとがめたけど俺は首を横に振った・・・。しかも先生に
抜いてもらうことを前提に溜めてますなんて絶対に言えないわけで。
結局当日また金玉満タンで登校してしまう俺だった訳で・・・。
ガラっと保健室を開けると、先生が居た。と、共にまたベッドに
生徒が寝ていた。いま考えると保健室はほとんどベッドが空いてること
はなかったんだろうと思う。先生は深い溜息と共に再び鍵をとり例の
やり部屋へ向かった・・・。先生があまりにもぶっきらぼうで深い
溜息つくからさ・・。俺もそれが目的と思われたくない。
「やっぱり先生悪いからいいよ。俺、休ませてよ」って言ったんだ。
そしたら「○○先生(体育教師)も喜んでるのに、直後にそんなわけに
いかないわよ」って先生は俺の袖を引っ張って例の部屋に向かった。
そしたらその日に限って野球部が例の部屋のそばの階段で階段ダッシュ
って言うの?をやってやがって、そこも使えないわけ。

先生も腰にてを当てて考え込んじゃって、もうこうなったらしょうがない
「先生、もう無理だから。俺またプールの時間隠れてるから」って言った。
無念だったがこれは本心。先生にも立場があるだろうしごり押しはまずい
と思った。そしたら先生、その隠れ場所を教えろって言うの。そこはどう
なんだ?と。う~ん・・・。できないことはないんだけど表だし茂みの
中。完全にアオカンじゃん。いいのかな・・・と思いつつとりあえず連れて
行った。そしたらね、案の定「ここは・・・ちょっと・・」と先生。
そう、そこは中一の時に偶然友達と追いかけっこしてるときに見つけた
スポットだった。影と光の関係って言うのかな暗い側から明るい側
ってすごいよく見えるんだけど明るい側から暗い側って全く見えな
いの知ってた?そこがちょうどそうで目の前を友達が通り過ぎても全く
俺に気付かなかったわけ。で、ここは凄い隠れ場所だと思ったんだけど。
まさか先生にこんな形でご紹介するとは思いもよらなかったわけで・・。
俺は懇切丁寧にこの隠れ場所のカラクリを教えてさしあげた。

俺が隠れて先生が向こう側から見れるかどうか確認させたら先生も
「なるほどね~・・凄いねここ・・」って感動してたよ。
しかし、やっぱり躊躇する先生。「でも、ここは・・」って向こう見ると
15M前はテニスコートで女子が練習してんのが見えるし。アニマルすぎ
ると思ったんだろうな。それとしゃがむと足の部分だけは光の加減で
まあ殆ど気付く人はいないだろうけど凝視すると見えちゃうわけ。
ここでフェラはできないと言う先生。いよいよ手詰まりだ。
「だから俺ここに隠れてるからさ、今日はしょうがないじゃん」って
俺は休ませろと説得した。しかしそう言われるとムキになる性格らしい。
他探そうって言うんだけど、もう時間も迫ってるし実質無理。
で、俺が冗談で「しゃがまなくてもこれなら良いんじゃない?」って
先生の細腰つかんでヘコヘコと交尾の真似した。そしたら
「セックスはもう絶対に嫌。あの後すごい自己嫌悪に陥ったんだから」だと。

・・・・しばらく静寂が訪れる。するとメーン!とか武道場から勇ましい声が
聞こえてくるんだなまたw で、俺が出した答えがこれ。
「す、ス股ならどうかな・・」と先生に言った。
「すまたぁ?」素っ頓狂な声で先生が聞き返した。どうやらス股などそんな
ふしだらな言語は知らないらしい。まぁ無理もないか。
「だからさ、挿入はしないで股間とか内股の肉で刺激して出すんだよ」
と、さすがに中二だから気恥ずかしくて俯きながら俺は説明した。
「・・・・時間もないし・・それでやってみる?」と先生。(まじかよ)
先生白衣をたくしあげパンティが露わになった。「し・・下着も脱がなきゃ
駄目?」と恥らいながら聞く先生。「脱がなくてもいいけど出るかどうか
分かんないよ」と俺は意地悪く応えた。本音を言えば出る自信あった。
だって白衣姿の先生のパンティごしのス股なら中二には充分過ぎる刺激だろう。
しかし男とは例え厨房であろうとも性欲には逆らえないのである・・。

先生はしかたなくパンティをストッキングごとスルスルと脱いだ。
先生の美尻が木漏れ日の中に露わになった。目の前では女子テニス部員が
練習しているのにも関わらずだ。「そ・・・それで、どうするの?」と
恥じらいながら聞く先生。俺はチンポを取り出し少し腰を降ろした。
そして先生の股の間にあてがった。正直、前回のセックスが無ければ
この段階で射精してたと思う。もうその時ビクビクちんぽの痙攣を抑える
のが大変。「ぜ・・絶対に入れないでよね・・」と念を押し先生が
ゆらゆらと腰を動かし始めた。これが絶妙にいやらしい・・・。
俺のチンポが先生の白い内側の肉で擦られていく・・。
(く~!きもちいい~)苦悶の表情を浮かべながら必死に耐える俺。

しかし、しかしだ。そもそもマンコは男のチンポを迎え入れる為に
神が創りたもうたもの・・。位置というか方向さえ合ってしまえば
双方にその意思がなくても入りそうになってしまうのだ・・。
先生が前後左右に腰をグラインドさせる度に位置が合うと
にゅぶぅ・・・にゅ・・・っと先端部が先生の膣内(なか)に
没してしまうのである。あ、ほら・・。にゅぶぅ・・にゅぶぶ・・
その度に腰を逃がそうとする先生。「ちょ・・・入れようとしないで」
と先生俺を責めた。

しかもご丁寧に潤滑液まで分泌してくださる手厚いもてなしようである。
俺の腰はどうしても先生の逃げる腰を追ってしまうわけだ。
「あ!・・もぅ・・・あぅ・・入ってるじゃないの・・こら!」
と、俺を咎める先生。実際5cmぐらいは入っちゃってたと思う。
「ごめ!・・・先生・・でも、入ってないよ・・先っちょだけ・・だよ」
と先生の腰を追い求めながら苦しい言い訳をする俺。
「さ、先っちょでも入ってるって・・あ!それ・・先っちょじゃない
先っちょじゃいってば・・あぅ」俺が図々しく腰を入れてくもんだから
ズブズブと俺のチンポが先生の中に潜り込んでいった。

zzzzzzzzzzzz

【4】
にゅぶぶ・・・・肉ヒダに絡まれながら半ば先生の膣内(なか)に没する俺の
チンポ。う~!すっげぇ気持ちいい・・。快楽の悪魔に取り込まれそうになり
ながらも辛うじて俺は正気を取り戻そうとしていた。だって周りで生徒や教師
の話声とか聞こえてくんだもん。その度にビクッビクッと気付かれてないか周囲を
見回してた。とにかく俺は一度没しかけたチンポを引き抜こうと腰を引い
た・・・。
が、この引き抜くときになごり惜しそうに絡まってくる先生の肉ヒダが超気
持ちイイわけ。腰は必死に引き抜こうと努力するんだけど腕はジャーマンの体勢でク
゙ッグッと先生の細い腰にフックしてしまう。余談だが何で女のヒダヒダって付い
てんだろうな?ただ子供を産むためだけならあんな気持ち良い装備は要らない
だろ?あれは絶対に男を気持ちよくする為に着いてるんだよ。まちがいない。
だけど腕はジャーマンの体勢でグッグッと先生の細い腰にフックしてしまう。

とにかく先端付近まで俺はチンポを引き抜いたわけだ。チンポをみやるとねっ
とりと絡まってる先生の粘液が木漏れ日に照らされてヌラヌラと光っている・・・。
(くぅ~!何ちゅう絶景だよ。厨房の俺にはキツすぎるぜ)そう思いながらもよ
うやく全部抜こうとしたその時だ。先生が「そ・・・そうよ、もう少しだから・・
抜いて!・・・抜きなさいっ」って言いながら腰をくいくいっと動かした。そ
うなると男の本能って言うのかな・・去る者を追ってしまうわけだ。意図せず
また俺は腰を入れにゅぶぶぅ~っと半ばまで入れてしまった。「あ!あぅ・・
こらっ!」先生が俺を一括する。「ご・・ごめ!だって先生が動くから・・・」
とっさに俺は先生のせいにしてしまった。

「と、とにかくセックスは駄目って約束したでしょ?抜いてちょうだい」先生
の声が次第に怒気をおびてくる。(おかしいな・・・アソコはこんなに濡れてんの
に)とか矛盾を感じながらも俺は再び引き抜こうとした・・・と、にゅぶぅ・・・
と再びヌラヌラと俺の砲身が姿を現す。先生今度は動かないで大人しくしてる。
アップにした髪がほどけかけて一層厭らしさを増していた。先生の白衣からは
ほのかに消毒用のアルコールの臭いがする。でもって先生の肉付き豊かな大き
な尻。真っ白な大尻が太陽に照らされるとうっすらと血管が透けて見えたのを
覚えている。そしてひっそりと覗く菊の穴。その下で俺と先生が繋がっている
わけだ・・・。

その時また女生徒のキャハハという甲高い笑い声がむこうで聞こえたが、もう俺の
ビクついたりはしなかった。正直この後見つかろうがどうなろうがかまわない
とさえ思っていたのを覚えている。
ま、男の性欲というのものは放出に至るまではどんな欲望にも勝ると言っても
過言ではないから、その時の俺を俺は責められない。俺は先端ぎりぎりまでチ
ンポを引き抜くと・・・2~3秒間を置いて再び腰を推し進めたわけ。それま
で大人しくしていた先生が「あっあ~!」と声をあげた。と、同時に体も反り
返る。その拍子に髪留めが飛び先生の長髪がバサっと乱れた。俺は「ごめん、
先生。今度こそ抜くね?」と言いながらまた先端まで引き抜いた。

「あぅぅぅ」と先生は小声でうめきながら上半身を小刻みに震わせていた。
そして再び間を置いてズブブと半ばまでチンポを中に戻す俺。「あ!ぁぁ
ん・・・もぅ・・・」先生は声を出しながらハァハァと荒い吐息を吐き出した。「ご
め・・・せんせ・・・今度こそ抜くから」俺はそう言うとにゅぅ~・・とチン
ポを先端まで引き抜いた。「あっあっぐぐぅ・・・あぅぅ」ともどかしげにく
ねくねと身体を揺らす先生。繋ぎ目からは先生の粘液がポタポタと地面に落ちて
る。俺は今度は間を置かずチンポをまた挿入した・・・そしてまた引き抜く・・・
そして入れる・・引き抜く・・・入れる・・抜く・・・。「あっあ~・・んっ
あっあっん・・・これピストン運動してる・・・セックス・・・やめ・・これセ
ックスだってば!」俺は先生にしがみつきながら「うん」とだけ答えておいた。
俺の答えを聞くと「あっあんっ・・・う~・・あん・・・あん・・あっ」と先
生はあきらめたのか先生も感じて我慢ができなくなったのか何も言わずに女の
声をだしはじめた。

【5】
俺は半ばの出入りで甘んじていたチンポを一際奥に埋めようと
先生の大尻を抱え上げたのである。三十路まじかの若干弛みかけた
先生の尻肉が俺の腹筋に押し潰され、わなわなと苦しそうに震えていた。
拍子に「あっあ~!ぐぐぅ・・・・」先生が声をあげた。乱れた前髪を
かきあげつつガクガクと上体を振るわせる先生。
先生がしがみつくポプラの記念樹がゆさゆさと揺れ木の葉が数枚ハラハラと
地面に落ちていくのを俺は漠然と見ていた。あ~もう正直気持ち良過ぎ!
何なの?このマンコとか呼ばれる代物はっ!これは麻薬みたいなもんだな。
俺はそう思いながら最奥に没した繋ぎ目を再び凝視したわけ。
するとようやく生え揃いかけた俺の陰毛に先生の粘液がべっとりとへばり

着いてるではないか・・。それが夏の陽射しに照らされヌメヌメと光る。
(こんなに感じてくれてるんだ・・・)とか女が濡れてると思うよな?
とにかくそう思うと感極まりそうになり射精しそうになってしまう俺だった。
(う~やっべ!これ・・マジ出そうだわ)
ま、それが目的なんだけど。思わず視線を逸らすとポプラの植え込みの
部分にプレートが刺さっており何年卒業生とかなんとか書いてあんの・・・。
ごめんな~卒業生諸兄もまさか先生と生徒の淫らな行為の為にこの木が
使われようとは思いもよらなかっただろう。しかしそう思っても止められ
ないのが男のさがなのである。俺は最奥に達したチンポを再びゆっくりと
引き抜きはじめる。ぬぶぶぶ~・・と胴身を光らせつつ俺のチンポが
また露わになっていく・・。「あっ!ぁっ・・・あぅ~・・」と言いながら
逃れていく俺のチンポを探し先生の尻が追ってくるでわないか。

俺は意地悪くその追ってくる尻をかわし先端を逃がしてみる・・。
あっ、ほらやっぱり追ってくる・・。「ぃ・・・ぃゃ・・・」
先生が小声で何か言っているようだ。俺は「え?」と聞いてみた。
「・・・ゃだ・・・うぅ・・・」とまた小声で先生が言った。
「やだ?何が?」再び聞く俺。
ネットリと愛液をたずさせた先生のおまんこが俺のチンポを追いかけ
クィクィと尻を振っている様子を見るにつけ何となく厨房なりに先生の
意図するところを理解できたのだが俺は意地悪く聞いてみる。

「ぬ・・抜いちゃやだ・・・うぅ・・・」先生太腿の柔肉をブルブルと震わせ
とても切なそう。(くぅ~可愛いこと言うじゃねぇか畜生!)俺は堪らなく
なり渾身の力でぐん!と突き上げたわけ。「あ!あ~っっっ~!」周りに
聞こえんばかりの歓喜の声を挙げる先生。再び木の葉がハラハラと舞い落ちてきた。
陽射しはかなり強くなり茂みの中でもかなりの温度だ。俺は流れ落ちる汗を
とりあえずぬぐった。と、その時だ。「ごめ~ん!」と前のテニスコート
から女子の声がする。そんなこと知ったこっちゃない俺は二度三度と先生
の膣内をチンポでかきまわし味わっていたら・・ポ~ンと何かが地面を叩く
音が聞こえた・・。そしてポン・・ポン・・コロコロ~っと音がする。
「な~にやってんだよ!も~」と、他の女子の声がした。茂みの隙間から
コートを見ると茂みの目の前になんとテニスボールが落ちているでわないか。
先生も気付き身を固くしているようだ。それでも先生と繋がっていたい俺は
先生の腰をがっしりとフックしつつ事態を見守っていた。

【6】
最悪の予想というものはだいたいその通りになるもので、
間もなく女子テニス部員と思われる子がボールを探しにやってきた。
「あれ~?どこ行っちゃったかな・・・」
とかむこうの方であべこべの方向を探しながら言ってんの。
ひぇ~!間もなく彼女がその球を見つけてここにやってくるのは明白だ。
緊張で身を硬くした先生は俺に(どけ)と手で指図する。
まんこの中からも先生の緊張した鼓動が伝わってくるようだった。
い・・いやだ、絶対に離れたくない。
だってここで離ればなれになったらまず間違いなく
先生は俺にまんこを捧げてくれる事はないだろうし。

俺は先生のお尻をぎゅっと引き寄せる事で自分の意志の硬さを
先生に伝えてやった。もはや俺はどうなってもいい。
不登校生になってでも先生と繋がっていたかったのだ。
女のまんこにはそれだけの引力があるんだからこればかりは仕方がない。
「コラ!」と小声で言いつつ先生は腰を揺すって強引に抜こうとしている。
しかしこれがまた女が抜こうとすればするほど男ってもんはムキに
なっちゃうんだな・・・。現にムキになった俺は一度ヌブブゥ・・・と
抜きかけると先生は俺が従って抜くと思って一瞬躰の力を緩めるところを
狙ってグン!とキツイ一突きをお見舞いしてしまったのだ。
これは別に俺自身の意思というよりはもうほんっと本能だね。
男の交尾本能。当然「アウ!」と思わず悲鳴をあげるよな、先生。
その声が聞こえたのか彼女がこっちを振り向いた。

俺は先生のお尻をぎゅっと引き寄せる事で自分の意志の硬さを
先生に伝えてやった。もはや俺はどうなってもいい。
不登校生になってでも先生と繋がっていたかったのだ。
女のまんこにはそれだけの引力があるんだからこればかりは仕方がない。
「コラ!」と小声で言いつつ先生は腰を揺すって強引に抜こうとしている。
しかしこれがまた女が抜こうとすればするほど男ってもんはムキに
なっちゃうんだな・・・。現にムキになった俺は一度ヌブブゥ・・・と
抜きかけると先生は俺が従って抜くと思って一瞬躰の力を緩めるところを
狙ってグン!とキツイ一突きをお見舞いしてしまったのだ。
これは別に俺自身の意思というよりはもうほんっと本能だね。
男の交尾本能。当然「アウ!」と思わず悲鳴をあげるよな、先生。
その声が聞こえたのか彼女がこっちを振り向いた。

「あ!あったあった・・・」
茂みの中でセックスしている俺達にも気付かず球の方に向かってくる。
俺は茂みの中でなるべく小さく隠れようと小柄な先生を丸く抱え込み
躰を密着させた。背中越しに先生の鼓動が聞こえてきた。
も~すっげぇドッキンドッキンいってんの。
それと女って緊張するとアソコ締まるの。ギュギュウって。
あれがいきすぎると膣痙攣とやらになるんだろう。
そりゃなぁ見つかったら免職どころが家庭崩壊間違いないもんな・・・当然だ。
今にしてみれば本当に申し訳ない事をしたと思う・・・。

もはや彼女が俺達を見つけるか否かは神のみぞ知るだ。いや・・・
これで見つからなかったら奇跡だろうと思った。だって・・・
もう1mあるかないかの距離なのだ。いくら秘密の場所って言ったって
これだけ近けりゃよっぽど目が悪くなければ視界に俺達が入るのは
間違いないだろう。茂みと言ったって葉が全てを覆い隠すほど
密集してるわけがないし。間違いなく見つかると確信した俺はせめて
見つかる瞬間までは先生と繋がっていたいと思ったのである。
俺は彼女の方を見ずに先生にすがりつき白衣に顔を埋めてその時を待ったわけ。
う~ん・・先生の白衣、消毒アルコールのいい匂いがする・・・。
もう完全に現実逃避モードに突入する俺。先生は小刻みに震えているようだ。
ごめんね先生・・。もし見つかったら二人でどっか遠い所へ逃げようね・・・
なんてアホな事を考えてたのを今でも覚えてる。もぅ完全にアホだな。

タッタッタ・・・・と、彼女の靴音が確実に近づいている事を俺は
視界を先生の白衣の白でいっぱいにしながら感じていた。あー終わったな。
俺の人生。でもこんな気持ちのいい終わりなら全然有りだ。先生の震えは大きくなりハァハァと息も荒くなっている。恐らく俺より数段緊張しているんだろう。アソコの締まりもキツイキツイ・・・。と、その時だ。
性的高まりと精神的緊張とはどうやら類似関係にあるようで俺は何と先生の
膣中(なか)でまたもや射精を開始してしまったのである。
もぅほんと突然の射精。今回はなかで出すつもり全然なかったし・・・
まぁ言い訳にもならんけど。もぅビュウビュゥいってんの。
先生のあそこが締まってるから絞り出される感じで出しちゃったんだろうな。
俺の腰元がブルブル痙攣してるからなのか奥で俺の温かみを感じたからなのか
射精に感づいたらしく先生一瞬ビクン!と躰をしならせた・・。
が、今はそれどころじゃないのかそのまま再び大人しくしている。

俺が射精を続けてる間先生はほんの小さな声で「ぅぅ・・・」と小さな嗚咽を
漏らしていた。二度も俺の無責任な射精を受けた先生の悲しい嗚咽だった。
しかも無情にも死刑執行を意味する足音はもう目前に迫ってきている。
せめて何とかここで見つかったら先生と俺の子ぐらいはどっかで二人で
面倒みて生きてみようかなどと厨房の分際で途方もない途方もない妄想を
描いていたその時だ。「おーい!まだぁ?見つかった~?」
と、コートの方で声が聞こえてきた。「あったよ!今いく!」
と元気な声が間近で聞こえてきたかと思うともぅほんと耳元まで
聞こえてきていた足音が再びタッタッタ・・・と小さくなっていったのである。
その後の冷め切った空気とは裏腹に降り注ぐ夏の日差しの中、
心地いい一陣の風が吹いてきたのを覚えている。
ミンミンとセミの声のうっさいことうっさいこと・・・
そぅ、そう思っているのも全てその後の先生との修羅場を
覚悟しているからこその現実逃避である事を俺自身がよく判っていた・・・。
合掌。

【7】
一難が去り、ズルリと俺のチンポが引き抜かれると、ま~おびただしい量の
精液が出るわ出るわ・・・。そいつがポタポタと先生の白い腿をつたって
地面に落ちていくわけ。茶色い土の色に真っ白な俺のザーメン。
残酷な物的証拠である。何ともはや言い訳のし難いこの状況下で俺はいったい
何を言えばいい?なぁんにも思いつかんかったね。ミンミンとせみが
うっせぇうっせぇ。先生はヨタヨタと気怠そうに躰を動かすとゆっくりこちらを
振り向いた・・・。先ほどまで女神のように見えた風貌とはうってかわって
先生のそれはもはや貞子の域に達していたと言っても過言ではないだろう。
髪とかすっげぇ乱れてるし・・・俺はこの時日本ホラーの幽霊が
何故女ばっかりなのか悟ったよ。黒目がちとかよく美人の女の瞳を指して
言うけどさ、白目がちってのもあるんだな・・・。

ギロリと睨むと「何で中で出したの?」と乾いた声で先生が言った。
「い、いや、判らないうちに出ちゃって・・」
しどろもどろに答えるしかない俺だった。「何で中に入れたの?」と、
続けざまに聞いてきた。「せ、先生が抜いちゃやだって言ったから・・・
それに濡れてたし」と俺。「抜いちゃやだなんて言ってない!」と
初めて先生が怒声をあげた。「いったよ!絶対に言った!」
ここは俺は曲げられない。
「ふざけないで!セックスも駄目ってあれほど言ってたのに!」
先生もここが学校内だという事も忘れて大声を張り上げる。
「だって濡れてたじゃん。気持ちよかった証拠じゃん!」
俺は間違いなく抜いちゃっやだと聞いたのだ。

ここはハッキリさせとかんとな。「ぬ!濡れたとか言うな!中学生の分際でっ」・・・
「ぅぅ・・赤ちゃん出できてたらどうすんのよ・・・もぅ」
それを言われてはじめて俺は重大な罪を犯した事に気付いた。
こればっかりは言い訳のしようがない。俺は素直に「ごめん」
と、謝ったところでタイミングよくチャイムが鳴って試合終了・・・
のわけがない。とりあえずその場は引けたわけ。あくまでその場はね。
で、俺がちゃんとプールの授業出てるのかプールのフェンスの向こうからね、
見てんのよ。俺を。とりあえずその後の授業はもぅ途中でバックレてやろうかと
思うぐらいのプレッシャー・・・。が、プール出て他の授業バッグレてんじゃ
何をか言わんやだ。自宅まで追っかけて来てぶっ殺されかねない。いやマジで。
けっきょく最後の授業が終わるとおれは先生に引き連れられ再び保健室へと
やってきた。あぁ今日は誰もいなんだ?こういう時に限って。

俺は心の中でチッと舌打ちをした。「とりあえず、私はもう面倒見切れないから」
と、いきなり絶縁宣言されてしまった。しかし、中出しの事についてもっと
言及されると思った俺は逆にホッとしてしまった。「うん」と俺は素直に
うなずいた。「もう自分でちゃんと出せるよね?」と先生。「え?」と
思わず聞き返してしまった俺だった。「えぇ?」ギロリと先生は俺を睨んだ。
うむを言わせぬ迫力である。しかし・・・しかしだ。
俺はいっつも家でヌイて学校に来てるのだ。実は。だから先生の言うところの
「自分で出せるよね?」の効能は俺にはあてはまらないのである。
さて・・・俺はつい今後の対策について思案を巡らせていたその時だ。
「あんたねぇ!こっこまでやってもらっておいて何で黙るのよっ」と
先生が再びメラメラと怒りを露わにしだした。「わわわ、わかったわかった!
頑張るから俺。じゃっ」と言っていたたまれなくなった俺は席を立ち帰ろうと
して扉に手をかけようとすると「待ちなさい!逃げるなお前!」と
先生がグイと俺の襟首をつかみ引っ張った。

生徒に向かってお前は無いだろうと思ったが、正直おっかなくてとてもそんな
事言えなかったよ。「ちゃんとここで実践してから帰ってよ」と先生。
「ちゅ・・・中学生に向かって先生が目の前でオナニーさせるのは
問題じゃないかと・・」ここまできて至極真っ当な反撃をする俺。
だってオナって出しても無駄なんだもん。
「高校生とかならともかく中学生でオナニーが当然って言い方もおかしいし」
セックスしといてこの言いぐさもないもんだが「中学生で自慰行為は当然です。
私が言うんだから間違いありません」ときっぱり言い切る先生だった。
「じゃー先生もしたのかよ」と俺が言い返すと「もちろんして・・・・ぇ?」
と言ったあと急に真っ赤になってしまった。
もぅ真面目なふりしてた分だけ恥ずかしかったんだろうな。
酔っぱらったみたいに耳まで赤くなってんの。
「わ・・私は女だからしないわよバカノ何言ってんの?」と先生。
でぇも顔は真っ赤っかwww。

「な~んだ。先生だってやっぱりオナニー恥ずかしいんじゃん、
それなのに生徒にオナニー強要するのは問題だと思います」
これは我ながらベストの切り返しだ。
しかしながら当時厨房だった俺はそんな事以上に女が本当に自慰するって事に
興奮を覚えたのをはっきり覚えている。(うっそだろ?先生でもするんだ・・・)
と思うと無性にその件について追い込みたくなる俺だった。

いや、みんなだってそう思うはずだ。「は、恥ずかしくなんかないです!」と
先生は必死に弁明する。「生徒にオナニー恥ずかしくないって言うんなら先生
もやって見せてよ」と俺。「せ、先生ができるわけないでしょ!教師なのに!」
と先生が言った。「先生ができないような恥ずかしい事を恥ずかしくないと
言って目の前で生徒にオナニーさせるのは矛盾してると思います!」と
俺は言った。これはなかなか俺に戦況が優位なんじゃないか?
「うっノだって起つって言うから先生は心配してノ」
ほんと先生困った顔をしている。「先生もするって言うなら俺もするよ」いや、
ほんとはする気ないけどね。
こう言えばその場を逃げられると思った詭弁である。

【8】
「うっ・・・・」言葉に詰まる先生。
「な?出来ないだろう?駄目だよ自分ができない事を生徒に押しつけちゃ」
戦況有利になった俺は調子付いて言った。
これは逃げれる、逃げきれるぞ・・。もう俺は確信したね。
「う~!!」厨房生徒ごときに論破されそうになって真っ赤な顔して唸る先生。
ごめんな先生、先生はほんっとよくしてくれた、
俺は一生忘れないよ(現にいまも忘れてないし)
そう心中で思いながら帰り支度をそろそろしようかと思ったその時だ。
「う~!!!何で?何でなのよっ!あんなに親身になってあげたのにっ!!」
先生目に涙いっぱい浮かべて俺を睨んでんの・・・。
うっきたねっ・・そうきたか、女はこれがあるからな・・・くそっ。
たじろく俺だった。今もってこのモードに入った時の女の対処法が分からない。
「いや、だからセンセ。家で頑張るからさ、今度は大丈夫だよきっと」
と必死にとりなす俺。もーそれしかないし。

「きっとって言って全然誠意見せてないじゃないの!いつも!ここで誠意見せなさいよ!!」と先生が怒鳴る。目ぇ真っ赤に充血してんの。恐いよ・・。
もぉ完全に理屈じゃ勝てないと思って切れモードに入れやがったな。
どうする?走ってバックレるか?自問自答する俺だった。
が、やはり翌日顔合わせ辛いしなぁ。
「じゃ、一緒にしよ?」
ってしょうがないから極めて冷静を装うように俺は言った。
ここは同調して俺もキレたら駄目だと思ったのだ。
「それなら俺もきっと恥ずかしくなくオナニーできると思うんだ。
恥ずかしいのが自分で出せない原因だと思うし」と俺が言った。
できないだろ?できないだろ?教師だもんな。
俺はそう思いながら先生の顔色を見ていた。

「は、恥ずかしくない・・・のにっ」と、先生いくぶん落ち着いた声で応える。
「だからさ、先生なんだからさ、生徒の為に一緒にやってよ。頼むよ。ね?」
本気で哀願するような顔を見せて俺は言ってやった。
「・・・・・やらない」と、先生。
やれやれ・・先生まるでだだっ子の様だ。
「何で?」俺が問いつめる。「だって○○君、また私にHな事しそうだから」
おいおい~Hな事させたのはそっちやんけ。と思いながらも
「さっきの悪かったって、あれは作戦ミス。
あんな事したら男だったらみんな同じ事するもん・・
今度は先生のあそこに俺のあそこをくっつける分けじゃないし」と俺は言った。
正直その時は成り行きが全く読めなかった、作戦が立てれないから焦った焦った。
「そんな事言って旧校舎の時だって襲ってきたじゃないのよ」と先生が俺を咎めた。

「ちょっと待って先生、あれは襲ってないでしょ?先生が良いって言ったんじゃん」
おいおい何でも俺のせいにするつもりか?
しかし「言ってない」と、すっとぼける先生。
あんたなー教師が嘘はいかんだろう?子供じゃねんだからと思った。
しかしここで言った言わないの同道巡りをしても仕方がない。
「いーよいーよ、そうやって俺のせいに全部すれば。
でも、俺にオナニー強要するんなら、先生もしなかったら俺はしない。
これは俺の最大限の譲歩案だから」と俺は言ってやった。
ここはもう腰を据えてやりあうしか無さそうだ。長期戦を覚悟する俺だった。
・・・・しばらく静寂が訪れる保健室・・・・。
外で部活動の声が聞こえてくる。

あっちの世界とこっちの世界が限りなく遠くに感じる・・・。
う~・・・俺もあっち側に行きてぇよ・・・やべ・・泣きそ・・俺。
ほんの数十秒の静寂が何十分にも永遠に続くんじゃないか?とも
感じていた事を今も覚えている。
「Hな事しない?」先生がボソっと何か言った。
「え?」っと思わず聞き返してしまった。
「もう絶対にセックスしようとしないって約束する?」と先生。
その時はほんっっっとに驚いた。っていうか意味分かんなかったし。しばらく。
うそ?マジでやる気なの?いや、俺はべつに良いけどさ・・・。
今思えば先生少しヤケになってたんじゃないかなと思うんだよな。
色々妊娠の可能性とかもあったし。そう言う意味では可哀想だった気がする。

「うん」と思わず応えしまう俺だった。だってもーそう応えるしか無いだろう?
何か他に逃げ道有ったと思うなら教えてくれ。
先生はスッと席を立つと窓の方に歩きシャーっとカーテンを閉める。そして
入り口の内鍵も閉めた。そして何でだか分かんないけど室内の蛍光灯も
消してしまった。中にだれも居ないって事にしたかったのかな?・・
と今は思う。けど、初めてセックスさせてもらった時よりその時の方が格段に
緊張したのを覚えている。すげぇドックンドックン言ってんの。
だって、セックスよりお互いにオナニーって状況は普通有り得ないだろ?
有り得ないはずだ。ぜったい。だって俺付き合ってる彼女とだってそんな事したことねぇもん。しかも厨房の生徒と先生ってのは・・・。
つくづく数奇な運命を背負ってこの世の中に生まれてきたんだなと
今になって思う俺だった。

【9】
しかしながら、現実は小説のようにうまく事が始まらないわけで・・・。
そりゃもう、どっちから切り出したらいいもんだがとにかく恥ずぃ恥ずぃ。
先生も言ったいいんだけどさ、どうしていいもんだかモジモジしてるわけ。
そりゃそうだわな。で、どっちかが(お先にどうぞ)って言えば必ず
(そっちからどうぞ)って返答が返ってくるのは見え見えだし。
三すくみならぬ二すくみ状態ってのかな。かなーり長く感じたけど実際には
数分だったのかも。もうどっちも切り出しそうにないからしょうがないから
俺が「やっぱやめる?」って聞いた。「やっぱ無理だよこれ」って。
そしたらやっぱり教師たるもの一度(やる)と口にしたからには引っ込みが
つかなくなっちゃったんだろうな。「いいわよ、やりましょ」だって。
「とにかく座りなさい」って俺を促した。「う、うん・・」と言いながら
儀後地なく車つきの椅子に座る俺。(い~や~!!ど~なるのこれ?)
俺の心臓はこの予断を許さぬ展開にいっそうバグバク高鳴っている。

なんかすっげぇ嬉しいような、でもすっげぇ逃げ出したいような
超複雑な気持ちだった。先生はというと保健室のベッドに座り白衣を
脱いでいる・・・。(ぐっぐぅ~・・・これ夢じゃねぇか?淫夢だよ淫夢)
ほんっとうにそう思った。いや普通そう思うだろ?で、スカートを
たくし上げるとパンティが露に・・・。こうしてあらためて見ると
足の形もいいんだよな、これがマジ。スッとふくらはぎが伸びててさ、
そういうのってなかなか日本人で居ないじゃん?たいてい寸足らずで。
で、程よく柔肉の着いた太腿。思わずゴクっと生唾飲み込む俺だった。
「早く出しなさいよ」と勤めてクールに振舞う先生。「う・・うん」と
俺は上ずった声で頷くと制服のファスナーを開けこの異様な展開で既に
ギンギンにいきり立った一物を取り出したのである。「じゃ、始めましょうか」
と先生。が、ちょ、ちょっと待て!俺だけチンポさらけ出して先生は下着の上から?
そう思った俺は「先生も下着脱いでよズルいよそれって」と思わず突っ込んだ。

「えっ・・やっぱり・・・脱がなきゃ駄目・・かな?」と先生は上目遣いで
言った。「当然だよ俺だけフリチンじゃ超恥ずかしいよ」と俺は言った。いや、正直
下着の上からのオナニーでも充分見たかったけどね。
「わかったわしょうがないわね・・」って言って先生スルスルとパンストごと
下着を下ろしていく・・・。くぅ~駄目だ俺、発狂しそう。しかしながら俺の
目は先生が再び腰をベッドに下ろし足を広げたその割れ目を凝視して離せなかった。
双方準備が整うと俺はシュッシュッと自分のチンポをしごきはじめる・・・。しかし
視線は先生の割れ目・・・。どうやるんだ?女のオナニーって・・。当時予備知識の
全くなかった俺は未知の世界の見たさにドライアイになるんじゃないか?って
ぐらいに目を大きくして先生の一連の動きを注視していたのである。

俺が自慰を始めたのをきっかけに、ゆっくりと先生の指が割れ目に届き、
滑らかにその縦のスジに合わせて指を這わせていった・・・。クィックィって
感じだったよ。そんなの見せられちゃったらこっちはもうズリネタ要らずだ。
もうすぐにでも発射可能だったね。逆に抑える為に手をすこし緩めて空しごき
っつうの?やってるふりなんかしちゃって何とかその場を凌いだ。
そしたら新たな発見。先生お豆の部分をクリクリしだした・・・。今思うと先生は
栗派だったらしい。あそこをいじると気持ちいいんだ・・とか思った。
顔を反らせてハァフゥと熱い吐息を漏らす先生。

服の上からもそれと判る豊満な乳房をもう片方の手で緩やかにもみ始めている
はぁ~こうして見ると女の自慰行為の方が遥かに美しいね。芸術だね。
男の自慰なんてこ汚いだけ。もう男女自慰合戦は女の勝ち!芸術点が違うわ。
俺うっとりしながら眺めてたよ。ほんっときれいだな女の子のオナニーって。
そうするうちにチュクチュク音がしてくんのよ、これがまた・・。潤沢な愛液が
分泌されるとわずかに開いたカーテン越しに入ってくる日差しで先生の
陰部がテラテラと卑猥に光を放ちだした。
「せ、先生いま何を考えてオナってるの?お、俺いま先生を見てオナってるよ」
と、感極まって思わずわけの判らない事をのたまう俺。

先生俺の声に反応するように薄目で俺のチンポを見た・・・ような気がする。
しかし「・・・・」先生は無言だった。しかしとにかくやるせない気持ちが
抑えられなくなった俺は「先生・・おれ、今先生のオマンコの中に入ってる事を
想像しながらオナニーしてるよ・・・」と、別にんな事言わなくてもいいのに
そんなこと言ってた記憶があるw 先生また薄っすら目を開けた・・あっ
やっぱり俺のチンポ見た。今度は間違いない。確信したね。
先生ももしかしたら俺としてること想像しながらしてくれてんのかな?とか
勝手に思い込んで嬉しくなる俺・・。車付の椅子なもんだから無意識に
カラコロと先生の方へ椅子を動かしていってしまう俺だった。

【10】
あ~・・微かに開いたカーテンの隙間からは野球部がグラウンドで元気に
ノックしているというのに。
俺たちは中でこんなただれたことをしてるなんて・・・そう思った。
しかし俺はジリジリと椅子を先生の方へ近づけていく。
だってパックリ開いた割れ目を間近で見たかったんだもん。
そうね、もう1メートル弱ってとこまで近づいたかな。多分。
そこで先生がチュクチュク・・・チュッチュ・・って、そりゃ~もう良い音出してんのよ。
こっちは入れ物目の前にして入れられないもんだから切ねぇ切ねぇ。

だってもう(オリャ!)って気合もろともぶち込もうとすれば
ヌッポリハメられる距離だ。充分挿入可能なぐらい潤ってたし。
そしたら先生が「ど・・ぅ?で・・・そぅ?」ってトロンとした
眼差しで俺に聞いてくんの。俺はもう先生と30cmぐらいの
ところでチンポしごきながら「で、でそぅ・・・だよ・・せんせ」
って言った。「でも・・・」俺はやるせない気持ちで不満いっぱいだった。
「な・・に?」先生豊満な胸をこねこねしながら聞いてきた。
「い・・・入れたいよ・・せんせ・・超入れたい・・俺・・」
と俺が本音を漏らす。

ほんっっと~に超入れたかったって、これで入れずして終わったら
一生後悔するぐらいに思った。あれは拷問みたいだったな・・。
「ダメ・・セックスは・・・だ・・め・・・」って先生がハァハァ熱い吐息を
漏らしながら言ってんの。
「あ・・・あてがってイイ?・・あて・・がう・・だ・・け」
と、だんだん自我が決壊し本性を露わにする俺だった。
しかたないだろ?仕方ないと思うよな?
「だ・・め・・」と先生。超つれない。

「入れないから・・あてがったら・・す、すぐ・・出すから・・ね?」
図々しくそう言いながら既に俺のチンポは先生の割れ目から距離10cm
ぐらいのところまできてる。もうすぐにでも接触可能だ。
俺の10cm先で赤く充血した肉ヒダだが口をぱっくり開けて待っている。
先生乳首の辺りをブラウス越しに指でキュッキュと滑らかに指を這わして
超気持ち良さそう。先生トロンとした目つきのまま何も言わない。
い、いいのか?許可してくれたのか?俺はそう思いゆっくりと
チンポに手を添え先生の割れ目にあてがったのである。あ~もぅ!
あてがうだけで充分俺幸せ!発射しそう!

ピト・・・って先生の分泌液が俺の亀頭にへばりついてんの・・・。
それが俺の我慢汁と混ざって・・・少し腰を引くと名残り惜しそうに
糸を引くわけ、つ~・・・っとね。これがもう厭らしい厭らしい。
しばらく俺は約束守ってその状態でしごいてた。まあ俺も大した
もんだなと思うのはこの状況下でも発射せずに我慢できるように
なってたって事だな。やっぱ先生に鍛えてもらったおかげだろう。
先生は俺のチンポを触らないよう割れ目の縁とかお豆とかは指で
なぞって愉しんでいる・・・。もぅネバネバした液が溢れきって先生の
肛門の方まで流れてきてんの。俺はそれを見ながらシュッシュシュと
チンポしごいて先生の割れ目にぶっかけて終わろうと最初思って
たんだけどさ・・。それがまた・・う~ん、だんだんやっぱり強欲に
なっていっちゃうんだよな。男って生き物は。
で、先生に気づかれないように少ぉしずつ力を入れ先端を入れてみる。

まぁ先端っつっても5mmとかぐらいなもん。入ってるのか入ってないのか
微妙なところで先生のご様子を窺う俺だった。・・・大丈夫・・みたい。
すると、また少ぉしずつ腰を進める俺。今度は1cmぐらい。
でも先生自慰行為に没頭していたまだ気づかないようだ。そしてさらに
5mm腰を推し進める俺。もぅ亀頭の1/3ぐらいが先生の中に没している。
・・・まだ大丈夫・・か?俺はさらに腰を進めもう完全に亀頭が膣(なか)
に没しきったとこまでもっていくと、先生の眉間に一瞬しわが寄った。
やばい、俺は即座に腰を戻そうとするが、いや・・まてよ?まだ・・
大丈夫かもしんない・・。しばらく亀頭が没したまま様子を見る俺。
そして大丈夫と見るや更にニュブーっとチンポを膣(なか)に埋めていく。

暖ったけぇ・・・超ぬくもってるよ先生の膣(なか)・・・。
カーテンの向こうではさ、「バッチこーい!」とかカキーン!とか
健全な音させてんのにさ、なに?何なのこれって。
で繋ぎ目見たらさ、先生の粘液がポタポタと俺のチンポつたってシーツに
流れ落ちてんの。それが染みになってポツポツと水玉模様を作っていく・・。
俺はまたニュー・・・っとチンポを深部へ推し進めた。したら先生さすがに
「アッん?・・・」ってビクッとして目を開いた。俺はすかさずバレない
ようヌプププ・・・とチンポを元に戻す。繋ぎ目を確認する先生。
俺が約束通りあてがうだけで我慢してるのを確認すると再び目を瞑った。
「やっぱり・・・なかなか・・で・・ない?」先生が俺に聞く。

女っつぅのは行為をしてる時って声もセクシーになんのな。何つうのか
気だるいような甘ったるいような・・。
「うん・・ごめ・・・せんせ・・もう少しと思う・・んだけど・・」
勤めて真面目に自慰してるように振舞う俺だった。
「ううん・・・いいの・・あわてなくていいのよ・・・」って優しい
言葉を言って慰めてくれる先生。ほんっと今考えるといい先生だよな。
「先生でオナっても汚らしくない?いい?せんせで出して・・」
と思わず甘えるように言ってしまう俺だった。

「そんな事気にしなくて良いの・・・いいわよ・・先生も嬉しい・・」
と先生。くぅ~・・・もちろん先生気を使って言ってくれてんだろうけどさ
やっぱ嬉しかったよ。もぅすっごい甘ぁい気分にさせられたのを覚えてる。
「せ、せんせも俺でオナニーして・・・くれる?・・」って俺は言った。
今にして思うと図々しい奴っちゃな~と思うね。ほんとw
先生口元だけ微笑むと微かに頷いた・・・気がするんだけどもしかしたら
ただせせら笑っただけかもしれん。ま、ここは自分ワールドっつぅ事で・・
勝手に先生も俺で自慰してくれてると思い込む俺だった。

そして再びニュ・・・っと先端を入れていく・・・。1cm幅を出したり入れたり
先生も時折薄目開けて確認するんだけど、そんぐらいだと判らないみたい。
それがだんだん2cmになり・・・3cmになると、まぁだいたい3cmぐらいに
なると挿入感覚あるね、肉に包まれてる実感あるよ。ニュプププ・・っ
て感じで。「ぅ・・・ぁっ・・・んっ・・ん?」ってまた先生が
ビクって感じで目を開く。が、反応があった時には俺もチンポ抜いてるし
判らないわけ。先生「???」って感じだったよ。(おっかしぃなぁ
挿入感覚あるんだけど・・・)って感じだったんじゃないかな。



先生・生徒・禁断 | 【2014-11-28(Fri) 21:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

僕ちゃん

主婦(37歳)です。いつもこの掲示板を見て、私にはあまり起こりそうもないことだと思いつつ、興味深々で興奮してます。昨日、とうとう私も皆さんと同じように経験してしまいました。隣の高校生としてしまいました。お隣の洋子さんの息子さんで汗だくで学校から帰ってきた姿を見かけたので、冷たいジュースを飲みなさいと家に入れたのが間違いのもと・・・リビングでお話して、台所に向かいコップを洗っているとき後ろから抱きつかれて・・若い男の子の汗に匂いに思わずキューとなって・・・「やめなさい・・」といっても、荒々しく私のお乳やお尻をさすって、ズボンには固くなったおちんちんが張りだし、お尻に押し付けてきて・・・じっとしていると、ブラウスを脱がされて、ブラジャーをはずされて、痛いくらいにお乳を揉んで、乳首に口をつけ舐めまわされて・・・思わず、僕ちゃんの頭を抱えてしまった・・・スカートをずらされて、パンティーの上から私のあそこを揉んできて、さっとパンティーを下ろしたかと思うと、膝をついて私のあそこに口を埋めて、ペロペロと舐めまわされた。少し固い床にそのまま寝かされて、僕ちゃんの固くなったペニスを入れられてしまった。どうしよう・・これから、既成事実をつくられて、これから僕ちゃんとの関係がずるずる続くのかしら?洋子さんやうちの主人にばれたらどうしよう・・・でも、若い男の子ってとのセックスの虜になりそうで・・不安 また昨日のようなことを待つ自分と後悔する自分がジキルとハイドのように私の中で葛藤する どうしよう・・・・

戸惑う女さん、私もこんなことになるとは思ってもみなかった・・・
でも、さっきまで、また僕ちゃんが私のうちに来て、断りきれずに家に入れてしまいました。玄関に入るなり、僕ちゃんは狂ったように、今日もまた私の身体をまさぐり、抵抗しようと思ったんだけど・・今日は寝室にまで連れて行かれて、明るい昼間なのに、ベッドの上にねかされて・・・僕ちゃんに私のあそこをピチャピチャとまた舐められているうちに、我慢できなくなって、私も僕ちゃんのおちんちんに手が行ってしまい、頬張ってしまいました。今日は、四つん這いにされて、後ろから若い種馬のような僕ちゃんに突かれているうちに、もう離れられないのかなって思いました。いけない事だとわかっているつもりだけど・・・火かついたっていうか・・・からだが燃えてきて、さっき僕ちゃんが帰るまで、お互いを貪るようにセックスをしてしまいました。昨日、あんな風に急に年の離れた高校生とはじめてしてしまったというのに、今日もまたしてしまって・・私に隙があったんでしょうけど、でも私もまだおんなとしての部分が残っている。若い男性にもまだおんなとして見られるところがあるんだ・・・でも、どうしよう。いつかばれてしまいそうで、怖い・・・・このまま、いつも昼間に若い男のことセックスをする日々が続くのか・・僕ちゃんが高校を卒業するまではセックスをすることになるんだろうか 求められたら断れないくらい、なぜかおぼれてしまいそうになっている どうしよう

週末は主人がずーっと家にいたので、お隣の僕ちゃんの攻撃には遭わなかった。洋子さんには、まだ覚られてないようで、いつものように世間話をしました。あなたの息子さんが同じ年の私を女としてみて、何度も何度もされちゃったのと心では言いながら、意外と平静な顔でお話してたんじゃないかなあ?今朝、僕ちゃんが学校に行くときに「おはよう」って声かけると、「今日は試験で半日だから、今日もいいでしょ」と小さな声でささやかれた。ああ、きょうも昼から若い男の子に私のからだを自由にされるんだわ・・・キューンと胸が・・・期待しているもう一人のわたし・・・こわい、 こんなに淫乱な私・・・今日は、自分から積極的に僕ちゃんを責めそうで 上になって悶える私を想像しちゃいました 朝から、変な気分

NHKの昼の連続ドラマを見終わった頃、玄関のチャイムの音・・・隣の僕ちゃんだった。「試験うまくいったの?」「おばさんのことを考えて試験に身が入らなかった。でも、最低ラインは大丈夫だと思う」と普通の会話・・・「ねえ、忠志くん、この間のことは、もう忘れましょうね。おばさんと忠志くん、2人ともどうかしてたの・・・あんなことは、忠志くんがもっと大きくなって、大人になって、好きな人が出来たらそのヒトとすることなの・・・ね、わかった」私は僕ちゃんに諭すように話した。「おばさん」僕ちゃんはまた、私に挑みかけてきた。僕ちゃんの手首を握り、抵抗しようとしたけど、若いといってももう大人の身体をした僕ちゃんに振りほどかれ、スカートをたくし上げられ、パンティーを引き摺り下ろされ、僕ちゃんの指がわたしのあそこに・・・・私の身体を何年も前から知っているように、私の感じる部分をナゾッテ、「おばさん、濡れてるよ」なんて・・・もういっぱしの熟練したジゴロ気取り・・確かに、僕ちゃんに弄られ、いたぶられるわたしのあの部分は、私の意識のコントロール外の状態で・・・僕ちゃんの背中に手をまわしてしまった。私の抑制はとれ、僕ちゃんの学生ズボンのジッパーに手を伸ばし、引き下げ、ブリーフから僕ちゃんのジュニアを出して擦りはじめてしまった。リビングにソファーに僕ちゃんが横になったので、ズボンを脱がし、僕ちゃんのジュニアを頬張り、固くなったジュニアがピクンピクンと律動するころには、ワンピースを着たまま、パンティーだけとって僕ちゃんに跨り、ジュニアを握り、アテガッて腰を降ろして繋がった。僕ちゃんの気持ち良さそうな顔を上から眺めながら、腰を前後に揺らし、次第に高まり、大きな声をあげてしまった。僕ちゃんのジュニアはまだまだ固く、下から思いきり私の腰を引き寄せながら突き上げられた。私のあそこから溢れるいやらしい液体で僕ちゃんが突き上げるたびに、いやらしい音があそこから洩れてきた。ズボンを膝までおろした僕ちゃんとワンピースを着たままパンティーをとった私が、あの部分だけ密着させて・・・セックスだけの繋がり 思わず、私は繋がりから開放された僕ちゃんのジュニアに口をもって行き、根元から先まで猫のように舐め、私のあそこを・・・恥ずかしげもなく、僕ちゃんの顔に近づけ、僕ちゃんの鼻に擦りつけてしまった。ついさっきまで、僕ちゃんを貪るように私のほうから犯しつづけた。これからは、僕ちゃんだけに主導権を渡さず、大人の女として、僕ちゃんを育てていきたくなっちゃいました。

あやかさん、恭子さん:信じてもらえなくてもいいんです。誰にも言えなくて、この掲示板に書き込みして告白でもしなければ・・・今までの私が、普通の主婦をしていた私がどうにかなってしまうようで怖くて、誰かにお話を聞いてもらいたくて。そうですよね、6日前に突然起こったことに混乱してしまって、だけど現実にはお隣の僕ちゃんと何回もしてしまって・・・もう一人の私は、最近、忘れかけた女の部分が僕ちゃんによって愛されることで、そんなにいやでもない自分に気がつきました。若い男の子とのセックス、そんなに上手じゃないけども、学生時代に同棲していた彼との昼間からのセックスを思い出したりして・・・やめなければいけないことはわかっているけど。今日も僕ちゃんが試験の帰りに寄ってくれて、つかの間のセックスが出来るんじゃないかと期待してしまっている。あやかさん、恭子さん、私、こんなんじゃなかったんだよ。でも、あなたたちも、私とおんなじようなことが起これば、きっと、おぼれてしまうと思うの。あなたたちのお隣の高校生の男の子たちも、きっと、あなたたちを視姦しているんだと思う。だって、忠志くんが以前から私のお尻とか、胸を見て、自分の部屋でオナニーしてたって言っていたもの。私みたいなおばさんじゃなくていいでしょって聞いたら、30代でも40代でも、関係ないって・・・忠志くんのお友達にも、学校の先生と関係を持った子がいるんだって・・・今の高校生、私たちのころと違って、ずーと大人だよ。

佐知子です。昨日もお隣の僕ちゃんがやってきました。もうさかりのついたオス犬みたいで・・・何度も後ろから突っ込まれて。私も思わず腰が動き、僕の下半身に密着できるように腰を揺すって擦りつけるような動きをしてしまいました。もう僕ちゃんは私のからだに慣れてしまって、私の感じる部分を余裕をもって探っているみたいです。最初の日は私の中に入れるとすぐに出してしまったのに・・・今では、強弱をつけて、深く浅くといろいろなリズムで腰を動かして・・・これまで体位は正常位とバックそれと私が思わず上になって跨ってしまった騎乗位のみだった・・でも、昨日は横になったり、脚をクロスさせたり、正常位で繋がったときには脚を伸ばしてと言われ、腰を激しく動かされてクリトリスが刺激されて行ってしまいました。私の方から僕ちゃんの腰に手をまわして引き寄せ、背中やお尻を擦って・・・若い僕ちゃんの肌は主人と違ってツルツルで・・・お尻なんか、前後させるときに筋肉がパンパンに張って、すごかった。まだ、未熟な僕ちゃんだけど、この数日で確実にセックスはうまくなっています。しかも、何回も何回も求められて、飽くことを知りません。私も最近、主人とは2週間に1回程度の、おざなり状態だったので、毎日のように僕ちゃんにされると、セックス奴隷になってしまうようで・・・これが日常になってしまっていることが怖いです。今日も僕ちゃんに抱かれることを想像して朝から変な気分・・

私が悩んでいたとなりの僕ちゃんとの出来事、忠告や同じ経験をされた方のメールを読ませていただきました。異常なことだと思うけど、若い男の子との関係を持った方が私だけじゃないことがわかりました。女として年の離れた高校生とセックスするってこと、考えれば男の方も女子高校生と援助交際したりすることがあるんですもの・・・たまたま性的な欲求の対象が高校生であったんですよね。最初は無理やりされたけど、あとでは自分でも不思議なくらい以前からのいい仲みたいに抵抗なく抱かれ、組しかれ、後ろから責められ・・・1週間前は普通の主婦してたのに、いつも僕ちゃんとのセックスを昼間からでも考えてしまって、あそこを濡らしてしまう。今日も僕ちゃんが玄関のインターホンを鳴らしたとき、急いで玄関に行き、その場で私から僕ちゃんにしがみついて、ワイシャツをまさぐりズボンのベルトを緩めて降ろし、膝まづいて頬張ってしまいました。玄関のドア越しに声が聞こえないようにして、靴箱に両手をついて、大きく脚をひろげて僕ちゃんにあそこを舐めてもらって・・・お尻を突き出して、立ったまま僕ちゃんと繋がりました。玄関の外でご近所の奥さんたちが立ち話しているのに、すぐ1~2メートル先のドアを隔てて私たちはいやらしい格好で動物みたいに愛し合いました。もう、客観的にみると私のほうが僕ちゃんより積極的だと思います。向きを変えられ、膝を抱えられて繋がったまま私は僕ちゃんの首に両手をまわした格好をさせられて・・・こんな体位ははじめて・・・僕ちゃん、何かの本で読んだらしく、私を上下に揺すったりして、そのたびにのけぞってしまう私・・・玄関のドアのむこうに、このグチュグチュとした音が聞こうえないかと気が気でなかった。僕ちゃんは立ったままのセックスが疲れたのか、玄関の廊下に私を寝かせて、固い床の上で正常位でフィニッシュをむかえました。今日は幸い安全日だったので、僕ちゃんのジュニアが私の中で張り、律動するのを感じ私も行ってしまいました。もう、僕ちゃんとは離れられないと思います。

今日から土曜日の夕方まで主人が九州に出張です。急に決まった出張・・・昨日は久しぶりに主人から求められたけど、前戯もほどほどに入れて、自分だけ行ったらあとは高いびき。疲れているのはわかるけど、いつもそんなんじゃ若い子に対抗できないよ!と心のなかでつぶやきました。朝、主人を送り出して玄関をお掃除しているとき僕ちゃんが学校にいく時に逢ったので、今日から2日、夜は主人がいないと言った。いままで、昼間のあわただしい時間でのセックスだったので・・・今日から2日は夜、僕ちゃんに抱かれたかったので。僕ちゃんは洋子さんに今日から夜は友達のうちで勉強するって言って、なんとかごまかしてうちに来るって・・・今夜のことを楽しみにしてしまう私って、今、本当にセックスマニアになってしまったみたい。

だって、もともと私たち不道徳なことしてしまっているんですもの。法律で行けないって言ったって・・・ところで、その法律でもし訴えられたら、軽犯罪のうちにいるの?それとも、実刑? 男と女の間のことに国が介入するなんておかしいと思わないですか?たとえば17歳と364日で大人がその子とセックスした場合は罪で、18歳になったとたんにOKの許可がもらえる??? おんなの子で16歳で結婚した場合には、毎日セックスのたびに法を犯しているの?もう、社会的な常識や法律では私と僕ちゃんのことはどうにもならないと思う。ごめんなさい

いろんな人から忠告されて・・・でも、もう止まらない!昨日の夜は主人が留守、でも食事を僕ちゃんの分も用意する間、恋人が来るみたいにルンルン気分になって・・・自分でも恋愛ごっこのムードかな?台所で食事の準備をしていると、急に後ろから抱きしめられた。「だめ、今食事の準備しているからオイタはやめて!」と言うんだけど、首筋にキスされて、エプロンの間からブラウスのボタンを外され、器用に片手でブラジャーのホックを外し、乳首をクリクリされた。スカートも下ろされてお尻を擦られ脚の間、後ろから廻された指であそこをまさぐられ・・・もう、食事の準備どころではない。振り返り僕ちゃんのほっぺを両手で挟みディープキスをしてしまう私。台所でお互いを舐め、擦り、揉み、弄り・・・私は僕ちゃんの手を取りお風呂場へ。シャワーをいっぱいにして、ボディーシャンプーを両手にいっぱいつけて僕ちゃんからだを滑らした。大きくなったジュニアにも泡がいっぱい立って、袋を揉みながら掌の石鹸にツルンツルンと移動するジュニア・・僕ちゃんも私のからだにボディーシャンプーを擦り付けてからだを密着させてきた。シャワーの柄を取った僕ちゃんがわたしのあそこに流水を浴びせる。温かい温水で刺激され気持ちよかった。跪いて僕ちゃんのジュニアを含みむと、いじわるな僕ちゃんはシャワーをかけて、ただでさえ含んだ状態で息がしづらいのに・・・部屋の明かりをすべて消して、ベランダへ・・お隣のうちの明かり、中の様子がよく見える。こちらは部屋は真っ暗にしているので、たぶんベランダの私たちには気がつかないと思う。声を押し殺して、後ろから繋がった僕ちゃんを感じる・・・蒸し暑い外気に二人とも汗びっしょり、背中に舌を這わせる僕ちゃんにはシャンプーのかおりをしたショッパイ味がしてるんだろうな?繋がった状態で僕ちゃんは手をお臍から下へもってきて、わたしの一番敏感なクリへ、抜き差しを繰り返しながら、手で弄られて・・・思わず背中を反らせて「あ、あ~」と声が・・・僕ちゃんは私の口を塞ぎ、耳元で「おかあさんに聞こえてしまう」って囁いて、指を口の中に・・・私はその指に舌を絡めてしまう。激しく動きが始まって私の中で僕ちゃんのジュニアが跳ねる。膝の力が抜けてガクンガクンとする私。リビングに戻った私たちはシックスナインの態勢でお互いの性器を貪りピチャピチャと舐めた。

今日は朝から部屋にこもって主人が帰る夕方まで僕ちゃんと裸で過ごした。いつものように舌を絡めたキス・・・お互いのからだを飽きることなくまさぐり、ぼくちゃんに個人授業。女の身体の隅々を・・感じる場所を・・・手ほどき。大きく脚をひろげて、あの部分をおしげもなく晒し、わたしがオナニーするところも見せてしまった。お尻を突き出して、クネクネと振り僕ちゃんを焦らし、猛獣のように後ろから飛び掛り、あてがい、突き上げる僕ちゃん・・・動物のようなうなりを口から発し、お互い、セックスに没頭し全身に汗をかいた。ベッドのシーツは地図のような染み・・・部屋には精液とわたしの淫汁のにおいが充満した。主人が帰る少し前に僕ちゃんは帰った。私は残り香を消すためにシャワーを使い、濡れた髪で主人の帰りを待った。

僕ちゃんとのセックスは相変わらず、昼間の時間です。この間主人が出張したときはお昼も、朝も、夜も、いっぱいいっぱい僕ちゃんに責められたのに・・・最近、再開発されたからだを持て余し気味です。今朝、おとなりのご主人と玄関先で挨拶したとき、「いつも、息子がお世話になってます」って言われた。僕ちゃん、男同士の会話でお父さんに話したのかしら・・・?ヤバイヤバイ・・・でも、僕ちゃんのお父さんも以前から魅力ある方と思っていたので、一度抱かれたいなあ・・・なんて考えてしまっている。完全にわたし・・・セックスマニアになっている。前はこんなんじゃなかったのに・・・

お隣の僕ちゃんが小さな箱を持ってやってきた。なかから、イヤらしい格好の玩具が・・・私、これまで玩具は使った事なかった。僕ちゃん、インターネットの通信販売で買ったって。電池を入れてスイッチを入れると、ペニスの形をした先のほうがクネクネ動く。付属に付いた小さなものが微妙に振動する。「これで少し佐知子さんを苛めたくって」僕ちゃんはにこっとして言う。私も興味があったので、下着を下ろして脚を大きく広げ、膝の部分を抱えて、あそこが天井を向くようにした。僕ちゃんの口がすぐ、来て・・割目に沿って顔を前後させ、舌は顔の動きと違うランダムな動き・・・クリトリスを唾液でまぶされて、私の割目からはあとからあとから樹液のような淫汁が・・・低音の振動音が部屋に響く。玩具の小さい付属の部分を僕ちゃんは私のクリトリスにあてる。下半身の力が抜けて、麻痺するようで・・だけど、全神経はあの部分に・・・思わず、腰が動く。「佐知子さん、穴の部分がヒクヒク動いている。太いほうが欲しいの?」と言いながら、玩具じゃなく、僕ちゃんの指が入ってきた。膣の前のほうを激しく擦るものだから、膀胱が刺激されおしっこがしたくなってきた。我慢していると、気持ちがすごくよくなって・・・「いれて 玩具も僕ちゃんも・・・」思わず、おねだり・・・僕ちゃんは太いほうの玩具を入れてた。クネクネと私の中で動く玩具・・・肛門のほうにトッロとした冷たい感触・・僕ちゃんがローションを肛門に擦り込み、指を入れてきた。はじめての感覚・・・癖になりそう。僕ちゃんは意地悪・・・なかなか私に本物をくれない。思わず手を僕ちゃんのオチンチンにもっていった。ビンビンに大きくなって、反り、上下に動く僕ちゃんのオチンチン・・・私の口はいつものように僕ちゃんのオチンチンを咥える。僕ちゃんはお尻の穴に入れた指をグリグリと回し、玩具をゆっくりと出し入れする。気持ちよすぎて、僕ちゃんのオチンチンをはずし、「入れて ねえ」おねだりしてしまう、私。

もうだめ・・・主人にばれたみたい。昨日の夜、主人が「おまえ、最近変ったよ。誰か付き合っている男がいるのか?」のベッドの中で聞きました。「そんなことあるわけないでしょ!」と返事したけど、荒々しく下着を取られて、身体中を検査され、僕ちゃんが着けたキスマークを見つかってしまった。「誰なんだ、相手は?」とあそこに指を入れられ、かきまわされながら聞かれた。「お隣の僕ちゃん・・」「まだ、子供じゃないか。いつからなんだ?、え」主人は僕ちゃんとの出来事を具体的に言うように私に命令した。「最初は、無理やり犯されて、それからは私が積極的になって・・」私が話をし、この掲示板にかき込んだことを教えると、過去ログを読み始め、次第に主人のおちんちんが固くなってきた。朝まで、主人は私をねかさないで、責め、会社に行った。どうなるの・・・主人は暴力的なことはしなかった。ただ、私を今までになかったくらい、愛撫し、責め、何度も私の中に入れた。今日、主人が帰る時のことを考えると不安・・・僕ちゃんにもばれた事話さなければいけないし・・・もう、僕ちゃんとは終わりかな?別れられなければいけないのかなあ?


アナル・SM・アブノーマル | 【2014-11-28(Fri) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

童貞狩り

はじめて投稿いたします。今まで読むだけでしたが今月になって童貞狩りをされているという方がいらっしゃるのを見て勇気を振り絞って書くことにしました。実は私、知り合いの方の息子さんと性的な関係を持つようになって誰にも相談できず悶々としておりました。裕樹君が高校に入った年の春、たまたま、うちに来ていた裕樹君に、「お祝い、何が欲しい?」って聞いたとき、なんと、「おばちゃん。」って屈託なく言ったのを昨日のことのように思います。まだ、あどけなさの残る裕樹君だったので、「おばちゃんは、ここの奥さんだから、持っていけないわよ。」って冗談めかしてはぐらかそうとしたら、急にうつむいて黙ってしまったので、「おばちゃん貰えたとしてどうするの?」って言った。そうしたら、また、屈託のない笑顔でわたしを見て言うんです。「セックス。」 そのときはちょっとたじろぎました。そして優しく説き伏せるように話しましたが、もう、そのとき私はどきどきしてしまってちょっとどもりながら必死にいいました。「セックス! 裕樹君、セックスってどういうことかしってるの?」 裕樹君は軽くうなづきました。「セックスっていうのは、恥ずかしいの。だからほんとに好きな人としかしちゃいけないの。」そういいきかせました。そしたら、裕樹君、「僕、おばちゃんのこと好きだもん。」って。なんかすごくかわいいって感じがして、ソファーの隣に座り直して抱きしめてあげたんです。裕樹君も抱きしめてきました。そして耳元とで「おばちゃん、いい匂いがする。」って囁くの。もう私、あそこがジュン!ってきてしまって濡れたのがわかったんです。裕樹君もズボンの中でアレを大きく、固くしているのがわかりました。ズボンの上から裕樹君の股間をなでていてあげるうちに私はどんどん淫乱女になっていくのがわかりました。裕樹君がかすれるようなセクシーな声で「気持ちいい! おばちゃん セックスさせてぇ。」って言うんです。もう駄目でした。「一回だけよ。今回だけって約束できる?」裕樹君は首を横にふります。そうこうしているうちに私は裕樹君のズボンのチャックを下げペニスをじかにさすって上げていました。固くて大きなペニスが見え隠れします。まだ、皮がむけきっていないペニスが愛おしくなり、いったんペニスから手を離して、自分の下着を脱ぎにかかってしまったんです。いけないって思うほど興奮して何がなんだかわからなくなって、再び、裕樹君のペニスに手をやり、下着を足でうまく脱ぎ去りました。裕樹君のペニスをひっぱるように私のあそこに近づけました。裕樹君、体をよじって協力してきます。裕樹君のペニスが入り口に触れた。もう、入るのは時間の問題でした。「裕樹君、一回だけよ、二人の秘密よ・・・」裕樹君は黙ってました。わたしの耳元ではあはあ息をしています。裕樹君にゆっくり腰を押しつけてくるようにいいました。手でペニスを支えてゆっくり飲み込みました。「おばちゃん、入ったの? ちゃんと入ってる?」裕樹君は聞きました。ゆっくり腰を動かして見るようにいいました。ぎこちない動きがとても新鮮でとろけそうでした。気が付いたら私は裕樹君のおしりを抱きかかえ腰をがんがん使っていました。「お、おばちゃん、やめて!! 痛いよ。」
裕樹君がセクシーなかすれ声で言ったのを覚えています。それでもかまわず続けちゃったのです。あとは、絶頂まで駆け上るだけでした。なんてことしちゃったのかしらってずっと後悔しながら、もう、2年たち裕樹君も来年大学受験。まだ関係が切れないでいます。私だけじゃなく同じような事をなさっている方がいるので安心しました。

最近、近所の高校生の男の子とのセックスが結構話題に上がってきてるようで、わたしもちょっと気分が楽です。どこかに書いたと思いますが、2年ほど前から裕樹君という近所の知り合いの息子さんとセックスしています。はじめて彼とセックスしたのは彼が16の時でまだあどけなさの残る本当にかわいい男の子だったんですが、いまは18。立派な男になりセックスも本当にうまくなり、最近では、私の方が何度も失神させらるようになりました。裕樹君には最近彼女ができたようで、以前ほどには私の体を求めて来なくなりました。
ちょっと寂しい気もしますが、2年間、主人や近所の人にもばれることなく平穏に楽しめたのは幸いでした。夏になって裕樹君も彼女とセックスしたら、もうこうんなおばさんには見向きもしなくなるでしょう。安心するのと同時に妙な嫉妬と寂しさを覚えるのは女の性なんせしょうね。



純愛・恋愛 | 【2014-11-28(Fri) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

童貞君を・・・

はじめまして。
みなさんのHな体験談を読んで楽しんでるだけじゃ悪いかなぁと思いましたので、思い切って投稿してみたいと思います。(初体験です)

私は結婚して6年目の28歳の主婦です。ダンナは10歳年上の38歳で、4歳の子供がいます。よく不倫の話は耳にしますがまったくの他人ごとで、まさか自分がそんな事するとは夢にも思ってませんでしたけど、ちょっとしたきっかけからハマッてしまいました。
相手はパート先のバイトの高校3年生。私もさすがにビックリしたんですが、「好きです、付き合って下さい。」って告白されちゃったんです。自分で言うのも変だけど、わりと2つ、3つ若く見られるの。(自慢?)
でも、一応「あたし、25のオバさんよ」(3つサバを読んでいる)って断ったんですが、2、3日後に真っ赤な薔薇の花1本持ってきて「1度でいいからデートして下さい。」って言われて、なんかかわいくて「1回ぐらいイイかなっ!」ってOKしてしまいました。
「よくそんな気になったね?」って聞かれそうですが、「女は花に弱いのよ。それにぃ年下は嫌いじゃないしぃ・・・。」(素直に好きと言え!!)ってとこかな。顔はTOKIOの国分くんタイプで、背も高くてかわいいんですよ。んで、デートはとりあえず軽く食事して、映画見て、カラオケして帰ってくるつもりだったんだけど・・・。

一番心配してたのが話が合うかって事(誰でもそう思う)だったんだけど、彼がわりとしっかり屋さんみたいで、結構話も合って気に入っちゃったの。
だからって言ったら変なんだけど、カラオケボックスで・・・。彼の正面に座って曲を選んでいたときに、ふっと彼の視線を感じたんです。結婚して以来、ましてや10歳近くも年下の男の子とデートするなんて初めてだし、25歳ってことになってるので、がんばって若造りして、結構胸元の開いた服に持ってる中で一番短いスカートを履いて行ったもので、見えちゃったみたい・・・。
すぐにピンときて、黙ってればイイものを「あー、エッチィ」って言っちゃったの。彼、真っ赤になって否定したんだけど、どう見ても股間が大きく膨れてる感じ・・・。(そこもかわいい)それに私も飲めないクセにビールなんて飲んだものでほろ酔い気分・・・。
それがそもそもの間違いで、なんだかいじめちゃいたくなったの・・・。それとも・・・、最近ダンナはめっきり弱くなっちゃって、全然構ってくれないのが大胆な行動に走った理由なのかも・・・。今度はわざと見えるように足を組み替えたり、かがんだり、デュエットでは手を組んで彼の手がわざと胸やおしりに触れるように挑発したんです。最初は見て見ぬフリをしているんですけど、チラっ、チラっと熱い視線を送ってくるのがわかりました。
そしてもっと大胆に彼の横にピッタリくっついて・・・、「彼女いないの?」
「いない」「じゃあ、女の子と付き合った事は?」
「無い」「ウソ! カッコイイのに?」
「ウソじゃないよ。ホントにないんだもん。」 「じゃぁこんな事したことないの?」ってキスして胸に手を持って行ったの。
彼ったらカチカチの硬直状態。(かわいい・・・)
それから手を添えたまま回すように触らせてあげたんだけど、そのうち手が自分で動くようになって、私もさらにもっと大胆に「じかに、触ってみたい?」「えっ、いや、そんな・・・。」
「じゃぁ、さわらないで!」「ああっ、そんなぁー。」なんて言いながらも、彼の手を服の中へ入れてあげました。
最近の高校生は童貞君とは言え、なかなか上手なものです。思わず「そう、そう」なんて言ってしまった。ブラの上からだけど、指先で乳首を転がされた時には思わず「あん」なんて漏らしちゃった。
そのうちブラの中に指が進入して、乳首を集中攻撃されたら、もうたまんなくなって「したいの?」「う、うん。」「ココじゃぁダメだから、ホテル行く?」「うん。」てな訳で近くのラブホテルに直行してしまいました。
彼のせいにしてるけど、ホントは私がしたくなっちゃったの。

土曜日の午後なのでホテルは大入り満員、大盛況。
入れ違いで1台出て行ったので、とりあえずその部屋の駐車スペースへ。
ホテルまでの車の中、彼の手はずっと私のブラの中でした。乳首をつまんだり、コリコリしたり・・・。だから私の頭はとっくにピンクモード。
車を止めるなり、「ねぇ、ブラ取って!」「吸って!」って命令してました。服を首までたくしあげて、彼がむしゃぶり付いてきました。
ぎこちないのはたしかなんですが、最近味わった事がない激しさと、絶対スジがイイと思える舌使いで、はっきり言ってこの待ち時間がもどかしく感じました。

しばらくして部屋のランプがつき、いよいよお部屋へ・・。
酔っているのと、しばらくご無沙汰してるのと、さっきまでので火が付いてるのとで、部屋に入ったとたん、私から抱きついてキスしながらベッドに押し倒してしまいました。でも、普通ならここからは何もしなくてもイイんでしょうけど、彼のビックリした顔を見て、よく考えてみると、彼、はじめてなんだっけ。
私も初めての人を相手にする(筆おろしって言うんだっけ?)のは初体験。
てな訳で、どうしよう・・・。って、考えていてもしかたないから、とりあえず「お風呂に入ろう」ってことで、彼の手を引いてバスルームへ。
お互いのを脱がせっこしてシャワーを浴びました。当然、さわりっこしながらイチャイチャしてたんですが、 でも、すごい・・・。
一応私は「洗う」事を目的に来たんですが、ずーっと元気な彼を見てたら、もう我慢できなくなって、「ねぇ、ちょっとだけ・・・」なんて言いながら食べちゃいました。
「ああぁん、しあわせ・・・」なんて思いながら5、6回モゴモゴしてたら「うーーっ、ダメだー」の声と共にドバァっと発射(あれは噴射だ)されたんですが、量、勢い共にすざましかったから、全部ゴックンできませんでした。お風呂から出て、私が先にベットに入り(さて、思う存分いただこう・・・、えっ、私ってわるいおんな???)彼をご招待(?)しました。
いざベッドインすると、彼ったらコチコチにかたく(アレもさっき爆発したばかりなのにぃ、ピンピン・・・)なって、手を出してこないんですよ。
「そんなにかたくならないで・・・。」って熱~いキス。
「ここなら好きなようにしてイイよ、でも、優しくしないと女は感じないの・・・。」なんて、お姉さんしながらも、彼のしたいように任せてみました。
お約束で、まずおっぱいからコネコネ、チュパチュパされてたんだけど、多少慣れたからなのか、最近の高校生はAVなんかでお勉強(?)しているからなのか、なかなかなものです。(結構上手、拍手!)
なかなか手が下に下りてこないから「ここが1番感じる所なの・・・。」って手を持っていったんだけど、やっぱり私のからだを知り尽くしてるダンナとは違って、「そこ、そこ。」とか「そこを震わせて・・・。」とか言うんだけどなかなか当たらないの。
やっぱりAVだと肝心なところはモザイクなのでよくわからないみたい・・・。
「じゃあ、ちゃんと教えて上げるね。」って彼の前でゆっくり脚を広げて、大人の女鑑賞(?)させてあげました。
刺さるような彼の視線を浴びると、恥ずかしいんだけどダンナでは味わえない何か違った気持ちになって、もうグッショリ潤ってくるのがわかりました。(自己陶酔)「ちゃんと見てるぅ?」「うん。ピンクの・・・(ホントかなぁ?)、濡れて光ってる。」
「ヤダァ、感想はいいのぉ。」って言いながらも、ますます感じて濡れてしまう自分が恐い・・・。彼の顔がだんだん私の股間の奥に入ってきて、荒い息使いが聞こえる・・・。すると、おそるおそる触れてきました。
すぐに指が入ってきて「お姉さん、ヌルヌルしてる・・・、クチュクチュ音がするよ。」なんて、超恥ずかしい事言いながら出し入れするから(初めてのクセに生意気、でも気持ちイイ!)知らず知らずに腰振っちゃうし、自分でアソコ広げて「ここなめて。」なんて命令してました。
私もじれったくなってるから「ねぇ、イイ事してあげる。」って彼の顔にまたがって、69体勢になりました。
彼はそんなつもりは無いと思いますが、私にしてみると、すごくじらされてるみたいで、彼には申し訳ありませんが、彼の顔はグチョグチョになったハズです。
いつものように先っぽからペロペロして、パックリくわえて2、3回シコシコしたとたん、「ああぁ!」でドバァです。(刺激が強かったのかなぁ?)2発目なのに、勢いもすごいし、量もお口いっぱい。とりあえずゴックンして、彼の舌技(?)に期待しながら69体勢を続けてたんですが、彼ったら、やっぱりずっとかたいまんまなんです。
やっぱり若いからなんでしょうね。そのうち彼もコツをつかんだのか、わたしの弱いところ(やっぱり声が漏れちゃうから・・・)を集中攻撃されたらもうどうにもガマンできなくなって、さっさとゴムかぶせて、上にまたがって彼を迎えました。
やっぱりおっきい・・・。「あーーーーーーーーぁん・・・・。」なんて、情けない声が漏れてしまいます。
彼が私の中に入ってる、彼にとって私が初めての女っていうよろこびがありました。でもそのよろこびに浸っている間もなく「ああぁっ、ダメ」って3回目!ここまできたら、わたしも許さないわよ!!(1回ぐらいいかせて!!)抜かずに構わずに腰を振って、おっぱいも吸わせて、今度は彼に上になってもらってがんばってもらったんですが、あともうちょっと・・・、ってところで彼が先に爆発しちゃいました。
イクときの彼の顔がまたかわいいの。
「あぁ、イキそう、あぁ、あぁ、イッてもイイ?、あぁっ・・・。」って言いながら、しがみついてくるの。
私はイクことができなかったけど、彼がこれだけイってくれたし、かわいい顔に免じて許してあげる。
でも、抜いたときもまだ元気なままなのにも驚いたけど、わたしのアレでシーツ汚しちゃったのには驚きました。(って言うか、恥ずかしい!)

んで、「そろそろ帰ろうか。」って事になって、一緒にシャワーを浴びて、着替えてから「じゃぁ、今度また。」って、おやすみのキスのつもりだったのに、彼ったらまたムクムク大きくなってきて、結局ちょっと強引に脱がされて・・・。
私、強引なのは初めてだからなんか感じちゃって・・・、「イヤイヤ」って言いながらもぐっしょり濡れてしまって準備OKみたいな。
気が付けばカーペットに押し倒されて夢中で腰を動かしてました。一応は安全日だったんだけど、その場で2回(もちろん抜かずに)何もつけずに受けとめちゃってちょっと心配だったんだけど、アノお腹の奥にピュッピュッと当たる感触はやっぱり最高かも知れない・・・。
妊娠もしなかったし。

でも、若いってやっぱりスゴイ。帰りのエレベーターだって車の中だって彼はかたいままで、私は触られっぱなしで指まで入れられて・・・。
そんな状態だから別れ際は、私から彼のファスナーをおろして吸い取って上げましたが、さすがに少なかったですよ。(笑)

今回は初めてのデートのレポートでしたが、彼とはそれ以来、だいたい週1ペースでデートしています。2回目のデートの時にホントの事バラしちゃったけど、続いてるんです。
もう半年ほどになりますが、今ではめっきり上達してちゃんとイカせてくれます。
最初は罪悪感ありましたが、外で悪い事している分は月1か2のダンナとのHの時に誠心誠意ご奉仕して返してますし、そうする事でダンナもはりきっちゃって前より断然濃厚なHになりました。
案外、不倫って夫婦円満の秘訣だったりして。

 


不倫・浮気・寝取られ | 【2014-11-28(Fri) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

小野真弓似の彼女・・・

もう、10年くらい前の話です。
職場に某乳飲料の営業の女性が出入りしていました。
これって、子持ちの方がやっていますので、普通はそれなりの年齢の女性が来るのですが

、彼女は子持ちながら22歳という若い女の子でした。

いっつも笑顔で愛想が良く、小野真弓に似た感じの彼女は、当然ながら職場のおじさんの

人気者でした。いっつもお尻を触るおじさんもいたのですが、明るく切り返していました

ね。
おれは当時26歳ですでに結婚していましたが、それでも可愛くて性格の良い彼女に惹か

れていました。

そんなある日、いつものように階段を上がってくる彼女。
階段を下りていたおれと目が合い、「こんにちは~」と声をかけてきました。
「またお尻触られちゃいましたよ」
明るくこぼす彼女。
いつもの乳飲料をもらい、お金を払っていると、彼女がちょっと小さな声で言いました。
「こんど遊びに連れてってくださいよ♪」
おれ、喜びのあまり、何を言ったか覚えていません。
自覚するほどニヤけた表情で席まで走って戻り、名刺に携帯の電話番号を書いて渡したこ

とだけは覚えています。

で、数日後、平日に仕事を休んで彼女と遊びに行くこととなりました。
イタ飯屋で食事をとり、あらためてお互いの自己紹介。

「遊びに連れてっということは・・・ あれだよなぁ」
間違ってもゲームセンターとかじゃないよな、と思いつつ、どうやって切り出そうか思案

した挙句、店を出て、裏の駐車場で歩いてる最中に突然肩を抱き、キスをしてみました。

「!?」
驚きを隠せない彼女。
唇を離すと、「びっくりした」との一言。
それでも、怒るわけでもなく一緒に車に乗り込みました。

「突然でびっくりしましたよ~」
いつもの笑顔。
車内でもういちど肩を抱き寄せてキス。今度は少し長い間、唇を重ねていました。

ゆっくりと車を走らせ、そのまま近くのホテルへ入りました。
「え・・・」
明らかに動揺している様子。
どうやら、彼女の言う遊びとは、ここではなかったらしい・・・。
仕方ないので、「どうする? 嫌なら入らないけど」と尋ねると、彼女はちょっと考え込み、「あたし、上手じゃないですよ?」と申し訳なさそうにつぶやく。
「いいよ、嫌なことはしないから」と言い、チェックインすることとした。

部屋に入ったものの、シャワーを浴びるでもなく、恥ずかしそうにベッドに座っている。
そっと抱きしめて、あらためてゆっくりと軽いキスを交わした。
徐々に吸い始め、舌を入れると、「んっ」と声が漏れる。
そのまま服の上から胸に手をあわせ揉む。
出産後の女性の胸って、すごく柔らかいんですね。
何度も何度も、気がすむまで揉ませてもらい、その後、ボタンを外してシャツを脱がせた


首筋から肩、丁寧に舌の先で舐めてくと、彼女は気持ち良さそうに目をトローンとさせる。
ブラを外した。
形の良い胸だった。
ほんとに柔らかい。
乳首もきれいでしたね。若いからなんでしょうか?

乳首の先端を、舌の先で転がすように舐めると、可愛く声をあげてよがる。
そのまま乳首に吸い付き、強く吸いだす。
おれの頭にしがみつくようにして大きな声で喘ぐ。

あまりにも感度が良いため、「全身、丁寧に舐めてあげよう」と決意。
細くくびれた腰を舐め、今度はつま先に舌を這わせた。
丁寧にふくらはぎから太もも、内股へと続ける。
スカートをまくり上げながら、内股を舐め上がる。
濡れまくり、染みのできた下着の脇に舌をかけ、あそこを舐める。
「あんっ、あんっ」と身をよじらせて喘ぐ。
スカートを脱がせ、下着を脱がせ、さらに吸い付くように舐めまくった。
そして指を入れ、中の蜜を掻きだす様にかき回すと、「あ・・・・」と首筋をピンと張りつめて

いってしまった。
相当に感度良し。

からだの痙攣が収まると彼女を起こし、おれは彼女の前に立ち上がった。
ぎこちなくおれのベルトを外す彼女。
ズボンを下ろし、パンツを下ろし、ビンビンに勃起した息子に手を沿わせた。
「うまくないですよ?」彼女は言いながら、ぱくっと咥えこんだ。
ゆっくりと深く咥えこんだあと、「んっ、んっ」と頭を前後にして吸い付く。
特にテクニックに走るわけではないが、唇が柔らかく気持ちいい。
イキそうになってしまったため、唇から外し、玉を舐めてもらうことにした。
ペロペロと玉を舐め上げ、そのまま竿の付け根あたりまで移動、陰毛に顔をうずめながら

竿の部分まで丁寧に舐めてくれた。

彼女を寝かせ、腰の間に入り込み、ゆっくりと挿入。
締まりが良く、気持ちいい。
「パンパンパンパン」と突きまくる。
子宮が弱いらしく、グリグリと押し上げるようにすると、すぐにイッテしまう。
「あぁぁぁぁぁ!」
大きな声を上げたり、シーツを握りしめたり、おれの背中に爪をたてたりと、おれも約30分の間、汗まみれになりながら腰を振り続けた。
体力あったね、あの頃は・・・。

最後はお腹の上に放出し、彼女に覆い被さりながらゼェゼェと息を荒げてしまった。
彼女もハァハァと息を上げながら放心状態。

彼女の横に仰向けになり、なおもハァハァと息を整えていると、彼女が横に抱きついてきてた。
「優しくしてくれたから良かった^^」
そして、「ねぇ、もう一回しよ♪」と・・・。

ものすごく可愛かったものの、すでに限界を超えている。
「ごめん、もう、無理だよ~」なおもハァハァと息が上がったまま、彼女を抱きしめた。

こうして、彼女とのセフレ関係が始まったのだった。

彼女はあいかわらず、おれの職場に販売に来る。
たま~に、職場の倉庫に連れていき、そこでキスをしたり、指マンでイカせてあげたりしていた。
口紅がはげるので、キスやフェラはできなかった。
立ちバックで挿入したのが、一回あったかな。

会うのは、仕事が終わった夕方以降だった。
ホテルでエッチをするのが基本だったが、たまには外でやったりもした。
ふたりで人気のない神社にいき、境内の裏で彼女を上半身を裸にした。
ひざまづいてフェラをしてもらい、その後、柱につかまらせて立ちバックでエッチをしたこともあった。
裸にスカート、ブーツというのが異様に萌えた。

また、夕方の山の中にて、車の中で全裸にしたものの、狭くて挿入できず、そのまま靴を履かせて外に出し、車のボンネットの上に手をつかせて挿入なんてのもあった。
誰かに見られるんじゃないかという危機感が、興奮を煽った。
とにかくセックスの相性がよく、常に、お互いが大満足だった。

しかし、そんな楽しい時間も、長くは続かなかった。
いつも明るい彼女だったが、実は夫は今で言うDVの傾向があり、彼女に相当ひどいことをしていたらしい。
借金を重ねていて、家にお金を入れてくれないため、彼女が子供を養っているのだという。
「それなら別れたほうがいいんじゃないか?」と勧めたものの、「でも、そうすると子供を取られちゃう。それは耐えられない」と哀しそうにつぶやいた。
浮気なんて許されることではないが、おれとの時間は彼女にとって、数少ない楽しみだったそうだ。

そしてある日、突然彼女は仕事を辞めてしまい、連絡がとれなくなった。

どうしてしまったんだろうか、元気にしているんだろうか、と今でも気になる。
もしかして、借金のせいで風俗なんかに身を沈めていなければいいが・・・ と、悪い方に考えが及ぶと、いたたまれなくなる。
おれに、彼女を幸せにすることはできないが、自分の妻はしっかりと幸せにしようと心に誓った。
「じゃぁ、浮気なんかするなよ」とか「おまえに、そんな資格ねぇよw」と言われるのは目に見えているが若気の至りということで勘弁してほしい。
以来、浮気は全くしていない。



純愛・恋愛 | 【2014-11-28(Fri) 05:01:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*