FC2ブログ

元犯罪者?続き

前スレ543の元看守です。おおむね解決したので
ご報告にあがりました。

あのあと幼稚園で微妙な視線を向けられていたのですが、一緒にいたBママに
「(私)さん刑務所にいたって本当?」
とみんながいる前で聞かれたので職員だった旨を明かすと
「あーやっぱりそういう関係の人?」
「歩くときの姿勢が妙にいいから自衛官とかかと思ってた」
などと微妙な理解をされていました。ソンナニメダッテタノカ……orz
(Bママはそういうことだろうと踏んでわざとみんなの前で
聞いたそうです。気配り感謝)

A夫婦はやはり離婚することになったそうです。
娘さんは幼稚園に来ているものの、お母さんが突然いなくなったせいか
元気がありません。
私がもう少し穏便にことを済ませていれば娘さんも寂しい思いをしなくて
すんだのかも……と思うとやりきれません。
せめてAが立ち直ってくれればと願っています。

乱文失礼しました。

その次スレにて…

懲りずに豚切で失礼します。
何度もしつこくすみません、元看守です。

私は甘かった……Aが家に押しかけてきて暴れましたよorz
離婚されたのも窃盗癖がばれたのも娘をとられたのも全部全部
元看守のせいだー! と、小一時間怒鳴り続けてました。
怒鳴るのはこちらも慣れているのでまあ平気だったのですが、
どこで調達してきたのか木刀を持っていたので取り押さえるのに苦労しました。
ただ、幸い? にも派手な騒ぎのおかげでご近所さんが通報してくださり、
Aと私ともに無傷のまま警察が介入してくれました。
(警察の到着が遅かったのは単純なご近所トラブルと捉えた為のようです……
ご近所トラブルにしては派手すぎとおもいますが)

警察で事情聴取の際、前職の話になって少々面倒だったのですが、
お互いに怪我をしていないということでなんとか無事に済みました。
もし怪我をさせていたら、私も一泊する羽目になっていたと思います。

Aの主張は
・経歴詐称を懲らしめてやろうと思った
・(元看守)に濡れ衣を着せられた
・子供も取り上げられた
・(元看守)は私のダンナと浮気していて許せなかった

もうどこからつっこんでいいやら。
経歴詐称については、以前のご指摘通り私を「牢名主」と思っていたそうです。
それだけでもメダマドコー(ry なのですが、濡れ衣やら浮気やら、
どれだけ脳内改竄を行っているのかと。
もともとこういうタイプの人が立ち直るのは非常に難しいと知っていた
はずなのですが、妙な仏心を出してしまいました。
やっぱり現場を離れると考えが甘くなるようです。
たまたま子供がいない時間帯だったからよかったものの、
もし家にいるときだったらと考えると寒気がします。

ご近所さんの元奥さんを訴えるのは若干気がひけますが、
こちらも子供の安全がかかっているので今後一切手加減しないつもりでいます。
もうこちらにお邪魔することはないと思いますが、もし早期解決するようでしたら
ご報告だけでもさせていただこうと思います。
乱文失礼しました。

なかなかむずかしいものですね。
今度はどうかな?

と、トリップテストだけするのもアレなので一応我が家の被害状況を。

窓ガラス1F全滅
花瓶破損
ガスコンロ全壊
車のフロントガラス破損

こんなところです。
我ながらよく無事ですんだと……



不倫・浮気・寝取られ | 【2017-11-21(Tue) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

父の愛人は母の実妹

田舎から関東に引越しする前から、何故かほぼ同居状態だった愛人さん。
この人実は、母の実妹。(叔母さんですね)
関東に引越しする前から父には、放浪癖?みたいなモノがあり、
いきなり家出をする人だったみたいです。
関東に引越ししたのも、父の家出が発端。
関西まで進出して結局、関東に落ち着いた。
田舎に戻っても楽しい遊びが出来ない?みたいな感覚で 
私達(母、私、弟)は父の元へ引越し、
その1年後に叔母が父を追いかけるようにやってきた。
そして、一応隣のボロ屋を借りて叔母は住むんだけど 寝る時以外はほとんど一緒。
もう、同居と同じ状態でしたね。
私は、最初これが普通なのだと思っていたけれど、友達が 

「あんたの家おかしくない?何で叔母さんが同居なの?」

っと。その言葉で叔母に不信感を持った小学校高学年の私。
思春期に入っていて叔母の怪しい行動?が、ポロポロ見えてきたわけです。
それでも母が何も言わず 私は何も言わないまま そんな奇妙な生活は続く。
そして私が高校に入学する時 一戸建ての家を購入して引越し。
何故か、叔母さんも一緒に引っ越して完全同居になる。

修羅場が起きたのは、私が高校3年の時。
その時私は、部活がいつもより早く終わって家にいたんですが、父と叔母はいなかった。
夕飯時近くになって 叔母さんがすごい剣幕で 私と同じ位の女の子を連れて帰ってきた。
それと同時に父も帰宅して、何だか父は落ち着きがない。
叔母は母に向かって

「姉さん、この女が浮気相手よ!!」

っと、怒り狂って叫んだ。父はうろたえて

「違う、違う!」

母は、無言。
女の子は、何が何だか分からない顔をして ただ困っていた。
そしてただ一人叔母は父と言い合いを続けていた。
どれくらい言い合いが続いたのかもう覚えてないんだけど、
突然母が

「うるさい!あんたが愛人なんだから 偉そうに言うな!!!」

っと怒鳴った。
その瞬間 父、叔母、私、女の子フリーズ。
そして母のターン。

「あんたね、関東に来る前から父の愛人だったくせに 何偉そうにしてるんだ!」
「こんな小娘連れてきて 自分が言える立場なのか!」
「いい気になって子供も作って産もうとして 中絶した女の癖に!」

っと、今迄の恨み辛みを一気に吐き出した母。
しかし叔母は、私がいる手前 引かないわけです。

「あたしは愛人じゃない!子供なんてしらない!」

っと、言い始め 今度は母と叔母の言い合い合戦。
父と言えば オロオロして どーする?どーしよう?っと なってて、私はぼーーっと眺めてた。
そしてハッと気付くんですよ。この女の子、どーしよって。

「あなたいくつ?」

って聞くと

「17です」

ですってよ。

私と同じ年じゃないのよ、おとーさん。
っとガックリ肩を落としたら その女の子

「誤解ですー!!」

っと 必死に言ってた。
私としては すでにこの修羅場でお腹いっぱいだったので、女の子と父の真相が
どうでもよくなっていて

「もう帰っていいよ、ごめんね こんな事に巻き込んで」

っと、帰そうとすると それに叔母は気付いて

「待ちなさいよ!」

っと、なってまた 大騒ぎ。すると 開き直った父は、

「あーーーーー!そうだ、そうだよ、俺は叔母とできてるんだよ!!!」

っと、カミングアウト。叔母さん電池が切れたみたいに静止。
母唖然。
私は、ハイハイそーですか状態。
んで、女の子に向かって

「もういいから 帰っていいよ。」

っと、家から追い出した。

そこからは 母父叔母の言い合い合戦。とにかく酷い罵詈雑言でしたね。
叔母は認めない、父はやったやったいっぱいやった状態。
母は泣き叫ぶ。
私は、しばらく傍観していたんだけど いい加減嫌になってきて

「っつーかさ、この家に何で叔母さんも一緒についてきたのか意味わかんないんだけど」

っと、突っ込みを入れた。
叔母 無言。

「とりあえず 出てってよ。本来ならあの部屋って弟の部屋にするのが筋ってもんだよね?
何であんたが偉そうにいるわけ?」

翌日には叔母さん引っ越しました。

それでも叔母と父の関係は続きます。
寧ろ、叔母が引越ししたせいで 浮気フリー状態になってしまい
パチンコだマージャンだと言っては 叔母の所でエッチ三昧だった様子。 
母は更年期障害も重なってノイローゼ状態になって 私が結婚するまで

「死んでやる!」

っと、何度か狂言自殺を仄めかして家出。
マジ疲れました。
この状態に父も耐えられないのと、私の結婚にこの状態は相手の家族に心証が悪いと思ったのか、
結局、叔母を田舎に追い返しました。
それ以来 叔母には会ってませんが、田舎で未だに独身らしい。

母は、頭がおかしくなって 今はアルツ発病寝たきり状態、生きてる死体みたいになってます。
父は、借金取りから逃げる生活で何をしているのかわかりません。
弟は、こんな状態をじっと黙ってみていたせいか 女性関係はまったく清いものですが賭け事で借金、
もう5年くらい姿を見ていません。
そんな私は、メンヘラです。

たいした修羅場じゃないなぁ・・・

酷い話だけど板違いじゃないかね

板違いだったか。。すいません。
私にとって 初めての修羅場とずっと思ってました。

ちなみに17歳の女の子は、当時フリーターでパチンコ屋でフラフラしていて
父と仲良く話していた所を叔母に捕まって 連れてこられたみたいな感じでした。

しつこく登場してごめんなさい。

父は外面もよくて、人当たりもいいので すぐに男女問わず仲良しになるタイプ。
下半身に節操がないのは 血筋と思われます。
(同じような生活を父の兄もしていたので)
阪神淡路の震災の時は、真剣に異母兄弟が現れて避難してくるんじゃないかと
ガクブルしてました。

吐き出させてくれてありがとうございます。







不倫・浮気・寝取られ | 【2017-11-20(Mon) 21:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

てつ君

登場人物
私子・・・当時21歳 彼男とつきあっている
彼男・・・当時21歳 私子の彼氏。普段は普通なのだが嫉妬深い
A夫&B子・・・当時21歳 彼男の友人。

ある日バイトの帰宅途中に彼男から電話があった。
内容は近くにあるファミレスにいるので来てほしい、とのこと。
電話してくる声がなんとなく命令口調っぽかったのが気になりつつ向かう
で、ファミレスに着いたら彼男の他にA夫とB子がいた。
私「あ、こんにちは」
A夫&B子「・・・こんにちは」
私「どうしたの彼男?突然呼び出して」
彼男「・・・まあ、座れよ」
A夫&B子「・・・」
何かすごく空気が重かった。
なんかA夫とB子が冷たい目でこっちを見てくるし
居心地悪いことこの上ない。
とりあえずもう一度どうかしたのか彼男に聞いてみると
彼男「・・・おまえ、浮気してるだろ」
私「は??何言ってんの????」
ポカーンって顔してたと思う。
何言ってんだこの男は。全く見に覚えが無いんですが・・・
私「私、浮気なんてしてない!意味わかんないんだけど」
彼男「ふーん・・・開き直るんだ」
私「だからしてないって!!」
彼男「最低だな!おまえがそういうやつとは思わなかった!」
私「ひぇっ」

彼男に頬を思いきり平手で叩かれた。
口の中を切った
私「痛・・・なんなの、マジうざい」
彼男「はい逆ギレきましたよーーーうーーーぜーーーーーーー」
A夫「ちょ、おまえ叩くなよwwまあ気持ちはわかるけど」
B子「でも私子ちゃんさあ、そういう態度が彼男傷つけてるってわからない?」
私は嘘ついてないしお前らなんなんだ。
嫉妬深い彼男と付き合ってから半年、彼男以外の男と遊びに行ったことさえないのに
彼男が嫌がるからサークルの打ち上げとかも行けなかった
なのに呼び出されて来てみたらいつの間にか「浮気した女」に決定されてるし。
泣きそうになりながら否定を繰り返してたら、彼男に携帯を渡すように言われた
彼男「私子さあ、この前実家帰ったろ」
私「それがなに。ちゃんと前もって説明したじゃん実家に帰るって」
彼男「で、墓参りのために従兄弟の家にも泊まったんだよね?」
私「うん。家族と一緒にね」
彼男「これ誰だよ」

彼男が指したのは、私と従兄に向けて送ったメール
私『~~で忙しいけど、てつ君にも会えるしね!』
従兄『てつも私子ちゃんラブだしね^^喜ぶと思うよ』
私『なんかおいしいおみやげ買っていこうかな』
従兄『だからてつは減量中だって(笑)』

私「・・・・・」

彼男「楽しかったですかー?従兄君もグルだろ」
ひらひらと携帯の画面をこちらに向けて振る彼男
あーあ、もう逃げ場無いねって感じでジュース飲んでるA夫
浮気されて可哀想な彼男君、マジ浮気する女とか許せない!という表情のB子
殺意が沸いた
私「・・・・・携帯返して」
彼男「はいどうぞ。いーけどね証拠はこっちで保存してあるし」
私「・・・」(携帯の写メをいじる)
彼男「なんか言えよ」
私「はい」(携帯画面を彼男に向ける)
彼男「あ?」
私「てつ君。」

私「これ、てつ君。柴犬のね」
画面には、柴犬をだっこしてる私
彼男&A夫&B子「「「え、」」」
私「日付確認してみれば?ああ、従兄に電話でもする?」
彼男「え、ええ・・・ーーーーうっそ、ごめん!!!」
A夫「は?犬?・・・マジ?」
B子「え・・だって、彼男君が浮気だって言うから・・・」
A夫「彼男に私子ちゃんが泊まりで男と浮気してるって言われたから、俺達・・・」
私「犬と浮気したとか馬鹿じゃないの」
彼男「ごめんって!!悪かったから!ていうか、まぎらわしいだろそのメール!」
私「まぎらわしい?私は前にちゃんと言ったよね。
  従兄の家に行くことも、従兄は犬を飼っていて会うのが楽しみだっていうことも。
  犬の名前は言ったことなかったかもしれないけど」

確かに『私の実家が飼っている犬』の名前は彼男との話に何度も出したことがあるが、
『従兄の家で飼っている犬』の名前『てつ君』の名前は出したことはなかったかもしれない。
ついでに他のメールも見せる。
姉との別のメールには『~~~従兄君が言ってたけど、てつ君メタボ気味らしいよ』
          『~~向こうで散歩連れてってあげるか!ダイエットに~~』

彼男「・・・・あ、」
A夫「マジかよ・・・・」
B子「え、何、勘違い?ちょっとお~やめてよ~」
私「彼男がこんな勘違い男だとは思わなかった」
彼男「ごめんって!!皆でちょっと懲らしめようと思っただけで・・・!」

以下、彼男達の謝罪オンパレード。
最近私子と会えなくて寂しかった
デートも断られることが多くなったし、他の男と遊んでると思った
メールで一気に不安になった
そもそも俺がこんなこと思うようになったのはお前が遊んでくれないから
浮気を認めさせて懲らしめようと思っただけで、別れようとは思ってなかった
頬を叩いて悪かった俺は最低だ、でもこれは愛してるからこそ許せなかったわけで云々
彼男と違って私は仕送りが少ないからバイト多めでないとと生活がキツイからだし
デート断ったのはインフルエンザだったからで
そもそもプレゼンとかテストの前日とかに遊ぶなんてできないわけで
そういやこいつのこういう子どもっぽいところ本気で嫌だったな
つーかほっぺいてーよ口の中の血がさっきから止まってないんだけど
あ、痛いこれマジで痛い。これ腫れてきてんじゃないの?そういや男に殴られたの初めてだ
ふつふつと怒りがこみ上げてきて
私「もういい」
彼男「え」

私「死ねえええ!!!!!!」

店中に聞こえるぐらい大声で怒鳴ってグーで彼男を殴った。
お前なんかいらんわ!短小包茎が!!と叫んで彼男にメロンソーダぶっかけて店を出た。
ついでにA夫とB子の服にジュース零した
わめき声が聞こえたけど無視した
元彼男が店の外まで追いかけて来たが
「こっちくんな包茎!」「ハゲ!ハゲ!このハゲーーーッ!」
って叫んだらまた同じとこ殴られた。
「やめてよ包茎彼男!」「ち○こ臭いしちっせーんだよ彼男!!」「短小包茎彼男!」と叫んで怯んでる隙に逃げた。
勘違いで人殴るようなやつと付き合ってられるか。
家についたら一緒に暮らしてる姉と遊びに来てた姉彼氏が私を見てギョッとして「どうしたの!?その顔!!」
鏡みたら頬も赤いが眼の横にまで殴られたような痕が。あの野郎・・・
頬を叩かれた経緯を説明すると姉&姉彼氏が激怒
「痛かったねえ」と姉に言われたところで私大泣き。
お風呂に入った後、呪怨2を姉達と観ているところに元彼男が家に来る
伽椰子登場直前シーンの「あ、あ、あ、あ、あ・・・」のところでチャイムが鳴ってひゃん!ってなった
姉と姉彼氏「どの面下げて来た!」
映画の悲鳴をBGMに姉と姉彼氏が元彼男めちゃくちゃ罵られフルボッコ
私子に合わせてくれと騒ぎ出したんで警察呼ぶぞと言ったらおとなしくなった
結局家に入れぬまま元彼男帰る。
その後携帯にすさまじい量の彼男着信とメールがあるも全て無視。
大学内で元彼男が彼氏気取りで寄ってくる度「こっちくんな短小包茎!」とか言って逃げたら諦めた様子
同じ学科の同級生やサークル後輩達に「彼男は短小包茎で性病持ってる」と広まったそうな。



不倫・浮気・寝取られ | 【2017-11-05(Sun) 05:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

中学同窓会の不倫は女同士(レズ)で1

由紀と申します。普通のOLで事務員をしています。

中学2~3年の時に同じクラスだった結衣(ゆい)ちゃんが
当時から好きで、中学の部活帰りに海岸へ(学校が海に近い)
二人で出かけて手をつないだりしていました。

中学2年の夏に、夕焼けの見える海岸で初めて女同士でキスしました。

結衣ちゃんは照れていましたが、私が強引にリードしてキス・・・。
舌を絡めることもなくサラッとしたキスでしたが、最高のキスでした。
中学3年生になると結衣ちゃんの家で勉強中に私からキス・・・。

服の上から胸を触るのくらいは大丈夫でしたが、下半身に手をやると
「だ、だめ由紀ちゃん、女同士って変じゃん。コワイよ・・・。」

と拒絶されてから、怖くてそれ以上進むことができなくなりました。
多感な15歳の甘酸っぱい思い出・・・。

二人とも地元の高校に行き、大学は別々で親交もなくなっていたところで
去年の夏に中学の同窓会の案内がありました。

「結衣ちゃんに久々に会いたい!!」と出席。
もう中学卒業から11年の月日が経っていました。

結衣ちゃんは結婚していて、姓も変わっていました(ちょっと嫉妬・・・)。
少し大人びて、さらにかわいらしい結衣ちゃん。

ちょうど女優のミムラさんに雰囲気が似ていて、
色白で胸とかお尻は大きい感じ。

私のタイプなんですよね~。色白でオッパイの大きい子。
人妻になった結衣ちゃんのカラダ・・・。同性の私でも興奮・・・。
11年前の恋心が、うずき出しました。

新婚でラブラブかと思いきや、大学時代からずっと付き合っていた彼氏と
結婚したそうで、すでに冷めているみたいなことを言っていました。

結衣ちゃんは久々の地元でしたが、無理言って隣町の私のマンションに
同窓会の帰りに泊まりで遊びに来てもらうことに成功。

結衣ちゃんの旦那さんにはメールで友達の家に泊まるとメールしてもらいました。
同窓会で飲み、みんなで軽くカラオケに行ってから解散。

私と結衣ちゃんの二人はタクシーで私のマンションまで移動。

紅茶を部屋でいれてあげて、結衣ちゃんと中学卒業してからの話や、結衣ちゃんの
結婚生活の話を2人掛けのソファで聞いてあげました。

旦那さんのメールとかで、浮気していそうな怪しいメールがあるとか、
不安要素がいっぱいあるみたいで
いろいろ相談に乗りました。
慰め終わったころ、また中学の時の話になり、
「わたし、結衣ちゃんのことすごく好きだったんだよ。」
と告白。

「今でも・・・。」

「中学の時は結衣ちゃんに・・・私の想いに応えてもらえなかったけど・・・。」

「今は・・・旦那の不倫疑惑もあるし・・・。淋しいから応えちゃうかも・・・。」

なんとなく結衣ちゃんから、今日は誰でもいいから抱いてほしい・・・
という雰囲気が伝わってきてチャンス!!今日しかない!!と思いました。

「ホントに・・・??結衣ちゃんのこと好きだからしちゃうよ・・・?」
ここで私は結衣ちゃんにキス・・・。

舌をしっかり絡めて、中学時代、あの当時できなかった大人のキスを・・・。

当時は舌を入れることは結衣ちゃんに拒否されていたので余計うれしくて・・・。
女同士でお互いの舌を音が出るほど激しく求め合いました。

私は頬をすぼめて口の中の唾液をじゅるるっ~とたっぷり集め、
「結衣ちゃん、飲んで。」

「・・・う、うん・・・。」

「行くよ・・・。全部飲んでね・・・。」

結衣ちゃんのやわらかいぷっくりした唇(女優のミムラさんも
ぷっくりしてますよね)へゆっくり流し込み、私は大満足。

わたしのきたない唾液が糸を引き、玉のようになってゆっくりダラ~リと垂れて
最後は重みに耐えられなくなった唾液のかたまりが、ボトッ・・・ボトッと2つ、
結衣ちゃんの口の中へめがけて落ちていきました。

大量だったため結衣ちゃんは「っ!!・・・ごほっ・・・ごほっ・・・」とむせていましたが、

最終的には結衣ちゃんは私のきたない大量の唾液をゴクンッと全部飲み干してくれました。
結衣ちゃんのぷっくりした唇に私の唾液がはみ出していたので、キスで舐めてあげて・・・。
あぁ、私のきたない口の中の唾液を結衣ちゃんは全部飲んでくれた・・・うれしい。
結衣ちゃんのカラダの中に、私の体液がはじめて入った・・・。
なんかカラダを一つにした感じ・・・。
つづく。



不倫・浮気・寝取られ | 【2017-11-04(Sat) 05:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

スィーツ殺し

大学の後輩のT子に浮気されて別れた。
所がT子はいつまでも付きまとってきて
定番の「寂しかった愛してるのはあなただけ」とかほざき、やり直してほしいと言ってきた。
浮気相手は不特定多数で、俺が資格試験で会えないのをいい事に合コン三昧してたから、
あっさりと愛情が冷めきった感じ。
相手には同じ大学の奴もいたし、おまけにそこまでやっといて
ばれないとでも思ったのか、このバカさ加減にも呆れた。
なのでやり直すのだけは絶対カンベン。
んでこっちはT子たちを避けていたんだが、うっとおしいのがT子の友人S子。
「話があるから」と呼び出され、しぶしぶ行くと
うつむいてるT子と鼻息の荒いS子が。
そして「T子も悪いけど、誰にでも間違いはあるし魔がさすって事もあるでしょ?
彼君はそう言う事今までの人生でなかったの!?
一回も間違いを犯した事はないの!?」と説教タイム突入。
なんか小学校の時の道徳のテレビ思い出した。
「男子い~、○○ちゃんにちゃんとあやまりなよー」みたいなさw
「彼君も試験で忙しかったのは分かるけど、T子の事ほっときすぎたんだよ?
今回の事はさ、彼君にも問題があったんだよ?
物事って片方だけに非がある訳じゃないんだから」
この女wwwwむかつくwwwwww
「そうかもねぇ、浮気される方も悪いのかもね」
S子フフンって顔、T子ぴくっと反応。むかつく。
「S子さんさ、今浮気されてるよ?K太(S子彼)俺と同じゼミだしそういう話流れてくるんだよね」
S子はビックリした顔で
「ちょっ、何!?どういう事なの!?ちゃんと聞かせて!」
「いやー、でもS子ちゃんがそういう考えで良かったよ。
浮気はされる方が悪い、と。誰にでも間違いはある、と。」
ブルブル震えながら「嘘!そんなの嘘!さ、最低!!信じらんない!!
何それ相手誰!!誰!!ねぇ!!!」とキョドりまくり。
「えー聞きたいの?ww」
「いいから!!誰よ!!!」

「T子だよ」
T子は慌てて「知らない!絶対違う!」と言うが
「ごめんねぇ、俺がT子をほっといたからなんだねぇ。
俺が悪かったからさ、T子を責めないでやってくんね?
あとS子ちゃんも悪いんだね?
浮気はされた方が悪いんでしょ?S子ちゃんにも非があるんだから許してやれよww」
S子は切れて「どういう事なの!!はっきり言ってよくぁwせdrtygふじkぉ;p!!!!」
S子が立ち上がった所で「嘘だよwww」とネタばらし。
S子もT子もポカーーン。
「お前さ、聖人君子みたいな事言っといて、いざ自分がその立場になると何それwww
ウッソーサイッテーシンジランナーイかよ、お前が信じらんねぇよ。
何切れてんのバカ女www偉そうにwwムカつくんだよお前らみたいな女」
T子は泣きじゃくり、S子は顔真っ赤にしてうつむいてた。
「で、もっかい言ってみろよ。浮気はされた方が悪いってよ」
しばらく黙ってたけど観念したのかS子は「ごめんなさい…」と謝って来た。
「二度と俺に話しかけたりしないでね」と笑顔でお願いしたら泣いてやんの。
何で泣くんだか。泣きたいのはこっちだっつーに。
そのままほっといて帰った。
大学でもこっちには近寄っても来ないし、顔見たらそそくさ逃げる。
でも今んとこT子もS子も一緒に居るし、仲は良いんかな。


不倫・浮気・寝取られ | 【2017-11-03(Fri) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(1)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*