FC2ブログ

子ども会で全裸で掃除

僕の田舎では住んでいる所の南に小山が有って、そこは地区の農業用水の
湧き出る湧水があるんです。
湧水の泉は夏でも冬でも水温が30度近くあって冷泉温泉みたいな感じだった
んですが一応地区では神聖な場所って事になっていて、泉に行くには湧水の
泉の300メートルほど手前に有る湧水神社で裸になって行かなきゃならない
って事で面倒な場所なんです。
だから大人は行きたくないって感じです、でも月に一度湧水の掃除をしなきゃ
ならない為に地区の子供会で掃除に行かされるんです。
今でも地方では子供クラブとか育英会とか言って有ると思うけど僕の住んでいる
地域でも子供会が有って小1~中3までが参加なんです。

それで毎月最終日曜日は湧水の掃除日だったんです。
まだ小学校の低学年の頃は面白がっていましたけど、でも10歳くらいに
なってからは正直恥ずかしかったですよ。
何でってチンコは立っちゃうし、地区の女の子たちもいるんだから女の子
たちも嫌がっていましたね。
それでも小さい頃からこの泉で遊んだり毎月の掃除をする仲だから恥ずか
しいって言ってられなかったです。
一応冬場は泉まで行かず湧水神社の所にある貯水地と神社の掃除だけ
なんですが冬場も裸で神社の掃除しろって言うのは辛かったですよ。

だから中学生は大人に文句を言ったりしましたけど、
「おまえらなぁ、露天風呂温泉に行けば裸だろが、混浴だったら男も女も
一緒だろ。」と言われて終わりでした。
まあ冬の時は神社の社務所みたいな所に沸かし湯の風呂場が有るので、
湧水の水を入れて沸かすと沸かし湯の鉱泉温泉みたいな物で快適だった
ので冬も寒さは我慢して掃除しましたよ。
でも女の子たちは、いくら幼い頃から地区の男の子と一緒に裸で掃除する
と言っても恥ずかしさは男以上だったみたいでした。

しかし小さい頃から参加しているから面白かったですよ。
他の人たちの身体の成長が解かるんですから、小学生でも女の子は
初潮を過ぎた頃から胸は大きくなるし、中学になると男も女もヘアーが
生えてくるし身体が大人っぽくなるんです。

裸と言ってもさすがに神社の掃除や湧水の掃除だからスケベな行為は
絶対に禁止だから、まじめに掃除していましたけど
とにかく頭に焼き付けて帰りオナニーの時に空想していたのが現実です。

冬場も夏場も最後に社務所でお風呂に入るのが一番の楽しみでしたけどね。

僕の住んでいる地区の子供会は当時は50人程度いましたから、まあ裸の
子供がガヤガヤとうるさいのなんのって。
他の地区の男もスケベ心で参加したがるけど、一応親の承諾で参加した男は
いましたよ、男だけじゃなくて女の子も他の地区の娘が参加したりで、
まあ不思議な光景だったですね。

何で女の子で他の地区の娘が参加したかと言えば、この地区の女の子に
誘われてしまって参加してしまうんです。
だから慣れない女の子は裸になっただけで恥ずかしさで感じて濡れるって
感じだったらしく大変そうでしたね。
見ているとティッシュであそこを拭いてばかりで笑える事も有りました。

まあ中学生でも男の方がお子ちゃまだから女の子の性的な事は良く理解
していないから、何で小便してないのにティッシュで拭いているのかって
不思議がったりしていましたけど、笑ってみてると女の子が怒って文句を
言って来て「女は男とは違って恥ずかしい時は濡れる事が有るの、おしっこ
もらしてるんじゃないからね。」って言って来て、それで理解すると妙に
エロさを感じていました。
しかし田舎の子供だから特別美少女って女の子はいないけど、可愛い子も
いるし中学くらいになると妙に可愛く思えたりしました。

さすがに場所が地区から15分ほど山を登る場所なんで覗きに来る変な
大人はいませんでしたから良かったです。
僕からすると冬の神社掃除の方が面白かったですよ、雑巾がけをしている
女の子を後ろから見ると興奮しましたね。

===========同じ地区の別の人のレス================

私の住んでいる地区にはチョッと恥ずかしい変なお祭りが有るんです。
子供の裸祭りと言う物なんですが、地区に有る小さな混浴の温泉があって、その温泉の
源泉の所になる源泉神社と温泉のお祭りなんですよ。

年に4回の季節の神事と月に一度の温泉と源泉神社の掃除が有るんですけど、それを
地区の子ども会の子供達が行うんです。
月に一度の掃除は小4以上の子供だけだけど年に4回の季節のお祭りは小1の
時から参加なんです。
だから小さい頃から地元の子ども会の男の子も女の子もお互いの裸を見ているので
恥ずかしいって感じもなくなってしまう感じなんです。

一応神社は子宝に恵まれると言う由緒ある神社なんですけど、一般の人たちは
地区の所にある神社に参拝に来たりするんですけど、温泉のある奥ノ院は地区の
所にある神社から300メートルくらい森の中の参道を入った所に有るんです。

いくら幼馴染で小さい頃から裸を見慣れていると言っても、中学生くらいになると
恥ずかしいですよ。
男の子なんかは小学校5年生くらいからチンチンが大きく勃起させちゃってるし、女の子
だって恥ずかしさでアソコがなんだか濡れるって感じになりますね。
月に一度の掃除は地区の分社から森の中の参道を500メートル奥に入った
温泉の有る奥ノ院だけでやるんで良いんですけど、年に4回の季節の神事の有る
お祭りの時はチョッと恥ずかしいですよ。

地区の所に有る神社から奥ノ院まで子供が山車を引っ張って行くんですけど、
さすがにその時は裸じゃないですけど、男子も女子も越中フンドシで女子だけは
上に白い絹の祭りハンテンを着させてもらえるけど恥ずかしいですね。
一応胸とアソコは隠せるけど大人になってから観ると恥ずかしいと思いますよ。
でも子供の頃は恥ずかしさも有ったけどお祭りの楽しさも有って楽しんでいたって言うのも
正直な所かな?

でも年に4回の季節のお祭りの時はチョッと変な事をやらさせるんですよ。
山車を引っ張って奥ノ院に行ってからです。
中学生になるとやらされるんですけど神社の中で一応は男女フンドシを着けていますけど
交尾の真似事をやらされるんです。

早く言えばセックスの真似事やらされるんだけど男子もフンドシの中でチンチン勃起させちゃってるし
女子もいくらフンドシを着けていてもセックスの真似事させられると興奮してしまいます。

バックのスタイルと正常位のスタイルと立ちバックとやって最後に騎上位の格好でセックスの
真似事するんですよ。
でも男子もほとんどの人がフンドシの中で射精しちゃってるし、女子もフンドシでアソコが
擦れるんで本気で気持ち良くなっちゃうんですよ。

奥ノ院の神事の時は子供と一部の親しか見ていないけど人に見られながらセックスの
真似事をして本気で気持ち良くなってイク瞬間を見られるのは異常に恥ずかしいです。

観ていた一部の親達は神事が終わると帰っちゃうんですけど、本当に異常な恥ずかしさが
有りましたね。
正直な話しで年に4回の季節のお祭りの時は地区の分社の神社で一般の人たちが居る所で
フンドシと絹のハンテンと言うで女の子の多くはオシッコ漏らしそうなくらい恥ずかしさと緊張が
ありますね。
オシッコじゃないのにフンドシが濡らしちゃう子も多かったと思います。

奥ノ院のセックスの真似事をした後に全員裸になって温泉に入るけど、月に一度の掃除の時に
は恥ずかしいって感じじゃないのに、なんでか妙に照れくさいですよ。
セックスの真似事をするのは中学生以上なんだけど、中学生以上の男女共に締めていた
フンドシが男子は精液が出て濡れてるし女子もエッチな汁で濡れてるし妙な感じです。

前に同じ様なお祭りの話しが有ったみたいですね。

花園メリーゴーランドと言う漫画は読んだ事が有るけど私の住んでいる所の祭りは
イメージが違う感じがします。
元々温泉の源泉をお守りする神社なんで温泉に入るのには裸になるのは当たり前だし
変な意味の裸って訳じゃないですね。

年に4回の季節のお祭りの時のセックスの真似事はチョッと変ですけど、これはこの神社が
子宝祈願の神社でも有るって事で昔からやっているそうなんです。

奥ノ院の神社に有る温泉は地元の人たちも普段から多く利用しているんです。
温泉の湧出量があまり多くないので神社の所に有る浴場しかないんですけど、私も
今でもたまに行く事が有りますよ。
おかしな話ですけど、私の住んでいる地区の男の子は小学校の低学年のうちにチンチンの包茎手術を
受けているみたいです。
地区では私と同じ歳の人は6人で男子3人女子3人でしたが、男子の3人は小学校の3年生の時に
手術を受けたと話していました。

小学校4年生以上になると月に1度の温泉の掃除が有るので包茎だと恥ずかしいと言う事も有るのかも
知れないですね。

それと男子もチョッと恥ずかしい事が有るんです。
男子の場合は小学校6年生の時に射精の儀式って言うのが有るんですよ。
小学校6年生だけが集められて神社の温泉浴場で行うんです、単純に言うと男子のチンチンが成長して
いる事を確かめるみたいな事らしいです。

これは男子も恥ずかしいけど女子も恥ずかしいですね。
一応これを経験しないと中学になってからのセックスの真似事の神事が出来ないからと言う事らしいです。

男子のほとんどがオナニーの初経験は済ませているみたいですけど、でも同級生の女子に見られながら
するんだから恥ずかしいみたいです。

女子もその頃にはオナニー初経験はみんな済ませていましたね。
私の場合も小学校4年生の頃から覚えていました、月に一度の温泉浴場と源泉神社の掃除が有るので
その時に上級生のお姉さんに教わってしまうんです。

それも変な教え方されるんです、温泉浴場と源泉神社の掃除は裸でしなきゃいけないので最初の頃は
たとえ子供同士でも男子に見られると言う恥ずかしさで何だかオシッコ漏らしそうな気持ちになるんです。
それでその気分を抑えるためだって言って上級生のお姉さんが面白半分で教えてくれるんです。

男子の見ていない所に連れて行かれて教えてもらい私も始めての性的快感を覚えたのはこの時が
初めてでしたね。
男子も同じ様に教えられているんじゃないかと思います。
中学になって季節のお祭りでセックスの真似事を初めて経験してからは、一緒に組んだ男子と仲良く
なりましたね。
季節のお祭り以外の時も一緒に遊んだりしました、おかしなもので誰から教わった訳じゃないけど
シックスナインを自然と覚えちゃうんですよ、それでお祭りで一緒に組んだ男子とシックスナイン遊びを
しちゃうんです。

地区ではお祭りでセックスの真似事をしても本当のセックスは大人になるまでしちゃ駄目だって教えられて
いるんで中学の頃はシックスナイン遊びで夢中でした。
学校の帰りにどちらかの家に寄って行ってシックスナインで遊んじゃうんです。

私の頃はまだしていましたけど、今は月に1度の掃除は水着を着てしているみたいです。

今は年4回のお祭りも男女ともに短パンの上にフンドシになったし、上半身も女子はTシャツを着ています。
これも児童ポルノの問題で色々と有ったみたいです。
今でも小学校6年生の男子の射精の儀式だけは有るんですけど、女子は裸にはならず水着を着ています。

私の時代が裸でやっていた最後の時代かも知れないですね。
児童ポルノの問題が有ってかなり普通っぽいお祭りになったみたいです、お祭りでのセックスの真似事を
するのも、かなり簡素化された物になったと言う事ですよ。

830で書きましたけど、10年くらい前からエッチな事がなくなってしまって今は普通のお祭りに変ってしまいました。

そうでしょうね、今でも残っていたら異常です。
まあ私の時代(12年前に最後の中3でした。)までやっていたのが不思議なくらいです。
私の覚えだと同級生の男子で確か射精していたんじゃないのかなぁ?
気持ち良いって事は確かだったみたいです。

うん、確かに男子の方はチンチンの毛は小学校6年生の時には生えていなかったですね。
中学くらいになって徐々に陰毛が生えていたんじゃないのかと思います。
その点は女子の方が早かったんじゃないのかな?

私の場合は小6の頃から少しずつ生えてきていました。
源泉の神社の温泉は浴場は岩を組んで作った物で屋根は有るけど壁のない露天の混浴状態です
普段は地元の人や老人会の人たちがゲートボールをやった後に入浴している所です。

それと源泉の所の神社が子宝に恵まれると言う神社だから子作り作業の真似事を神事の形で
行うんですよね。
年4回の祭りでは小学校1年生から参加するけど、子作り作業の真似事をしているのを観れるのは
小学校4年生以上なんです。
小学校3年生までは山車を引っ張って終わりなんですけど、小4の時に初めて観た時はびっくり
しました、小4だとまだ知識不足だし私も初潮前だったので身体もまだ子供だし良く解らなかった
ですね。

だから小4の時に始めてみた時に女子は恥ずかしくて良く観れなかった、でも男子は喜んで観て
いましたね。
自分達も中学生になったら同じ事をしたんだけど、例え真似事と言ってもフンドシ1枚の所に男子の
チンチンがアソコを擦るんだから気持ち良くなっちゃって恥ずかしい事を忘れちゃいます。
子作り作業の真似事をお祭りでするんだけど、中1の時は最初のお祭りの前に何度か練習会が
有りました、その時に挿入しないのにアソコから血が出たりするんです。
生理でも無いのに血が出てしまったので驚きでしたけど、激しくアソコを突かれたり擦れたり
するんで刺激や振動で処女膜が自然を破けるんだと言う事でした。

練習会は最初の祭りの前に10回くらい有って本番のお祭りの神事で血を出さない様にって
慣らされました。
最初はアソコを突かれたり擦れたりで痛かった感じもしたけど、練習会の4回か5回目くらいから
スゴク気持ち良い感覚を覚えました。

私と組んだ同級生の男子は練習会と別に練習しようよって言うんです。
だから個人的な練習もしましたよ、その時はフンドシは使えないので私はパンツを履いているだけで
後は裸だし相手の男子は裸になっちゃってしてました。
でも途中から私もパンツを脱いじゃって裸になっちゃいましたけど、挿入しないで素股って言うのかな
そういう状態で私のアソコの割れ目でY君のチンチン擦る感じでした。

私は学校ではバスケットボール部に入っていたので割りとスポーツ少女って感じだったし
組み相手の男子は野球部に入っていたので筋肉質で割りとカッコ良かったですね。

学校からは2kチョッと有って小さな山を越えるんですけど、自転車だったので20分くらいでした
毎日同じ地区の同級生6人で一緒に通学していたけどエッチな話しとか平気でしていましたよ。

中3の7月の始めには部活は3年生は引退で受験勉強をしなさいと言う事になるけど、地区の
6人とも成績は割りと良い方だったので自転車で30分くらいの所の公立高校かバスで20分くらい
の所の私立の女子高校に行けるんで特に受験勉強はしなかったです。

だから勉強よりもエッチな事が頭にいっぱいでセックスしたいって毎日考えていました。
その頃になると組み相手の男子と週に2回か3回のシックスナインも過激で彼が私のアソコに
平気で指を2本入れて来たりして、彼は自分のチンチンを私のアソコに入れたくて仕方がない様で
でもお互いに大人から言われていたので出来なかったです。
やりたければ勝手にやれば良いじゃないかって思うかも知れませんけど、お祭りの神事の関係で
お祭りに参加する子供は神事を行う関係でと言うんです。
じゃあ高校になったら良いのかと思って中3の夏のお祭りの時に親達に話しをしたら、お互いに
将来一緒になる気が有るならと言うんです。
駄目だと言っても隠れてしちゃうんだから駄目と言っても無駄だと言ってました。

それで私も組み相手の彼の事は幼馴染で仲良かったし好きだったので将来一緒になっても良いと
考えていました。
彼も同じ様に私と一緒になっても良いって考えていたので良かったです。

それで祭りの時は素直に真似事だけで済ませたけど・・・・・・・・・

祭りの仕度だけど中学に入って女子は胸が大きくなってくるとハンテンだけじゃ恥ずかしいので
胸もガーゼと同じ布地で巻いて隠すんだけど神事の時は男女フンドシだけになります。
月に一度の温泉と温泉神社の掃除で全裸で一緒にしてるんだから子供同士じゃ恥ずかしくも
ないですから。

読みづらいですか?
中学高校でエッチな事ばかり考えていてお馬鹿さんになってしまい文章が下手になりました。
一応、高校から私立の女子短大の付属高校に行って短大まで行ったけどお馬鹿でした。

お祭りの真似事の時はオッパイを揉まれたりはしましたよ。
さすがにそれ以上はしなかったけど、月に一度の掃除の時に隠れて彼が私のオッパイ吸ってみたり
アソコに指を入れてみたりしたし、私も彼のチンチンをしゃぶったりしましたね。
下級生が隠れて覗いて見ていたのは気が付いていました。

そうですね、下級生に見せ付けるって訳じゃないですけど見られてるって考えると
それだけで異様に興奮しちゃいましたね。

セックスの真似事をする相手の彼とは中学3年の2月に初めてセックスしました、
真似事を3年間していたんで初めての時も戸惑いもなかったですね。

初めてセックスした時は月に一度の温泉場と源泉の神社の掃除会だった時でした。
私の住んでいる地域は冬はあまり雪が降らない地域だけど、その日は珍しく雪が
降っていました、1月から3月までの期間は中学生だけの参加だったんですけど、
さすがに雪の降る時は全裸では辛いですよ。
神社の掃除をしてから休憩室で身体を温めるんですけど、その時にしちゃいました。



近親相姦 | 【2017-02-19(Sun) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

全然望んでなかったのに

その1  
 はじめて投稿します。
 28歳、結婚3年目の主婦です。

 去年の秋に夫が突然の転勤で仙台に転勤になりました。
 子供もまだなので一緒に行こうとも思ったのですが新居を建てたばかりなのと、転勤といっても1年間の研修みたいなものだから
ということで夫は単身赴任することになりました。
 私たちは自分で言うのも何ですが仲が良く、旅立つときにはお互い本当につらくて泣いてしまったくらいです。
 やさしい夫は、なるべくたくさん帰るからということで、最初のうちは頻繁に帰っていたのですが、やっぱり無理があったようでひと月半ほどで過労でダウンしてしまいました。
 そんなことがあってから私も責任を感じて
「私の方は大丈夫だから、気を遣わなくていいよ。」
 と帰ることを断るようになりました。

 しかし、愛し合っていた二人が何週間も会えなくなると、時間をなんともどかしく感じるものか。
 最初の頃は学生の頃から好きだった英会話やパソコンにのめり込んで気を紛らわせていましたが、一人の時間をもてあますようになりました。
 特に夜。

 私にとって夫は初めての、そして唯一の男でした。
 高校時代は女子校でしたし、
(同級生でも遊んでいる人はいましたが、興味無かったんです。)
 大学の頃につきあった人はいましたが、いい人過ぎたのか何となくそういう関係になりませんでした。
 そんな自分が別にイヤでなかったし、セックスに興味無い女なんだと自分で信じてました。

 夫と出会い、セックスするようになってからも、実は全然良くありませんでした。
 良くなかったけど愛情を確かめ合う手段として、私は受け入れていたのです。

 結婚してからというもの夫は毎日体を求めてきました。
 特に変わったことをするわけではありませんが、
 ひたすら「愛してる。大好きだ。」といいながら抱きしめてきたのです。

 半年ばかり経った頃から私の体は変わり始めました。

 すごい快感におそわれるようになり、イクことも覚えました。
 セックスが楽しみになり、昼間から夜が待ち遠しく、体が熱くなるようになりました。
 こんなに淫らだったかと自分で驚くほどでした。

 そんな私を見て、夫は喜び、ますます積極的に愛してくれました。

 そんな矢先だったのです、転勤の話が来たのは。

 夫と離れて以来、何がつらかったかというと実はHを覚えてしまった体をどうして静めるかでした。

 夫からは2~3日おきに電話が入りますが、でも、声を聞くと反射的に体が疼いてしまい、かえって何とも困ったことになるのです。
 どうにもモヤモヤしたときはインターネットのその手のサイトを見てオナニーすることも覚えました。(このサイトもその時に発見したのです。)

 私の住む町に夫の弟が住んでいます。
 夫と3つ違いの弟は私と同い年ですが、私は何となく好きになれませんでした。
 地元の大学を卒業して自動車のディーラーに勤めていますが何となく野卑な感じで、話をしても「できの良かった」という夫に何となく劣等感を抱いているようでイヤな感じだったのです。
 夫のいる間は盆と正月くらいしか会うことはありませんでした。

 ところが、我が家に一台の車を夫が持っていってしまったので私の足が無くなりもう一台車を買うことになりました。
 それならばということで義弟から買うことになったのです。
 何度か商談で我が家を訪れた弟は、それで気易くなったのかちょくちょく顔を見せるようになりました。
 でも、基本的に警戒をしていた私はせいぜいお茶を出す程度で早々に帰ってもらっていました。

 ところが1月のある日。
 買った車の1ヶ月点検で、預かった車を返しに来た義弟にちょっと上がってもらいお義理の話をしている内、かなりの雪が降り始めたのです。
 2時間ばかりして帰ろうとしたときにはもうちょっと積もってしまい我が家の駐車場から(出口が坂になっているので)滑って出られなくなってしまいました。
 明日取りに来るからということで帰るためのタクシーを呼んでも急な雪でとても来られないということでした。
 仕方なく私は「じゃあ、今日は泊まっていけば?」というしかありませんでした。

 初めて夫以外の男性と二人で食べる夕食は、やっぱりなんだか変で普通に話をしてるのですが何だか緊張してしまいました。
 食事の後、義弟がお風呂に入っている間に夫から電話がありましたが心配するといけないので義弟のことは話しませんでした。

 風呂上がりの義弟にビールをつきあっていい気持ちになった私は義弟が二階の部屋に上がった後、風呂に入り寝につきました。
 ほろ酔いの意識の中で私はいつしか夫のイメージを追い始め、いつの間にか下着の中に手を伸ばし、軽くイッた後まどろんでいました。

 夢の中で夫と私は愛し合っていました。
 とっても気持ちよく高まっていく感覚を楽しんでいたと思います。
 ところが、はっと目を覚ますと・・・。
 私のそばに誰かいます。
「えっ!」
 と思って起きようとしましたが、がっしりおさえられており起きあがれません。
 ビックリして目を覚ますと私の下半身は裸でネグリジェは首のことろまでまくられており、それを全裸の義弟が押さえ込んでいたのです。
「なにっ??」「えっ!!だめ!」
 みたいなことを言ったと思います。
 でも、義弟の手はすでに私の股間にあり、押さえ込んだまましきりに動き回っていました。
 足をばたつかせても全然動けずに、口で精一杯諭そうとするのですがダメでした。
 それから義弟は一気に入ってきました。

 正直言って本気で抵抗したら、十分に防げたと思います。
 でも、あの時、妙に体が興奮状態で快感に負けてしまったのです。

 入れられた後はもう、もっと変になってしまいました。
 言葉にならないような獣めいた息を耳元で吐きながら今まで私が経験したことがないような勢いで激しく突きまくる義弟。
 あんなに奥を圧倒的なパワーで突きまくられたのは初めてでした。
 自分で自分の体をコントロールできず、自然と獣のような声が出るのを私は初めて経験しました。真っ白になりました。

 私の中で果てた義弟は、そのまま私に腕枕をしてしばらくおとなしくしていましたが、その間も、私の体はビクンビクンとイキ続けました。
「どうしちゃったんだろう私の体。」
 なんて、まるで第三者的に思っていると義弟の指がまた乳首を転がし始めました。
 とっても切ない気分になり自然と声が出ました。
 すぐに二度目が始まりました。
 すごい快感です。
 しばらくされてると
「上になって。」
 と私は上にされました。
「腰使って。」
 といいますが、私にはどうしていいかわかりませんでした。
 しがみついていると突然お尻を抱えられてバックから突かれました。
 あの時の私には騎乗位もバックも初めてのことでした。
 私はただ異様に感じまくってされるがままでした。

 疲れ切って寝てしまい、気が付くと昼の1時過ぎでした。

 私は裸のままでした。隣で同じく裸の義弟が寝ていました。
「とんでもないことになってしまった・・・。」
 私は我に返って義弟を起こしました。
 起きてもニタニタしている義弟にイライラして
「どうするの!こんな事になって。」
 と言うと、何にも言わず覆い被さってきました。
 そんな気分じゃなかった私は避けようとしましたがキスをされて胸をまさぐられると、心地よくなり抵抗できませんでした。
 義弟はすぐに入ってきました。
 すごい快感です。もう、何が何だかどうでも良くなってきました。

 終わって外を見ると雪がさらに積もっていました。
「こりゃ帰れないな。」
 と義弟は言い、結局、次の晩もウチに泊まりました。

 その週末の金曜日の晩から土曜日そして日曜日と三日間ずっと家にいてずっと抱かれ続けました。
「またくるよ。」
 と言い残して日曜日の晩に義弟が帰ったすぐ後に夫から電話がありました。
 なんか、信じられない3日間の後、現実に引き戻されたようで話しながら涙が出ました。

 話しながら、夫に悪いと心の底から思い、立ち直ろうと誓いました。

 でも、その日から二日とあけずに義弟が家に来始めました。
 来ると必ず長い激しいセックスです。
 拒もうとするのですが、始まってしまうともうダメです。
 一月もすると、密かに義弟の来訪を心待ちにするようになってしまいました。
 義弟のお遊びも始まりました。
 最初はバイブや手錠を持ってきてSMっぽいことを始めました。
 変態みたいでイヤだったのに、いつも以上に感じてしまいます。
 手錠をかけて後ろから犯しながら
「兄貴もかわいそうだな。エリートコースを歩いてるうちに、愛するかみさんがこんな事になってるなんて。」
 などと言葉で辱めます。
 そんな言葉にしびれるような快感を感じる私は、さらに深みにはまる事になりました。

 もう、彼の妻である資格がないようなことになってしまっています。

 長くなりました。きょうはこのくらいで・・。

 私は今でも夫を愛していますし、冷静になったときはこの関係を何とかしなければと心の底から思っています。でも・・・。
 書いてもどうしようもないことですが、今夜は何となくいたたまれなくなってしまって。
 同じような体験をお持ちの方おられるのでしょうか?

その2  
 私にとって、最初の三日間は状況的に見て私に落ち度は少なかったと思います。
 でも、今こんなにつらいのはその後の展開は私さえしっかりしていれば大丈夫だったように感じているからなのです。

 前の投稿で義弟のひととなりを書いてなかったので多分に誤解があるようですが、彼は多少野卑ではあるが粗暴ではありません。
 つまり、私との関係を暴力で強制的にどうするとかいうこと聞かないとひどい仕打ちをするとかいう世間で言うところのDV系の人格ではないのです。
 私自身も他人に強く出られると断れないようなタイプではなくむしろ強気な女なのではないかと思っています。

 ここで困ったのは、義弟が意識したにせよしなかったにせよとっても女のあつかいに長けた人であるということなんです。

 次の日の夜十時過ぎ、うちの駐車場に車が入ってきました。
「来た。」
 私は気持ちを引き締めました。
 自分の家庭を守るために、私のがんばりどころです。
 今ならまだ「まちがい」で済まされると思っていましたから。
 玄関のチャイムが鳴ります。
 モニターに義弟の姿が映ります。
「はい。」
「こんばんは。来ちゃったよ。」
 義弟は笑顔で言います。
「ごめん。もう会えない。やっぱり、こんなことはいけないよ。もう来ないで。」
 その日、朝から頭の中で何度も練習し反復した言葉を一気に告げました。
 義弟はとまどった後、
「ちょっとだけでも会いたい。」
 といいました。
 でも、私はモニターの電源を切り、今までつけていた玄関の照明を消しました。
 頭の中で「お願い!帰って!」と叫び続けてました。
 しばらくして玄関のモニターをつけるともう誰もいませんでした。
 ちょっとホッとしましたが、まだ駐車場からエンジン音が聞こえます。
 車には乗ったような音が聞こえました。
 そのとき電話が鳴りました。
 義弟だなと思いましたが、もしかしたら夫かもしれないと思い受話器を取りました。
 義弟でした。
 切らなくちゃと思いましたが、さっきの仕打ちがあまりにもひどすぎたかなと反省もしてましたので言葉ではっきり言おうと思い、話し始めました。
 警戒していた私が意外だったのは義弟の最初の言葉は「ごめん。」だったということでした。
 ちょっとびっくりしました。
 姉さんを困らせてしまって・・・。などとひたすら謝ります。
 会いたいとか開けてくれとかの言葉を覚悟して心を堅くしていた私はなんだか肩すかしをくらってしまいました。
 下手に出られるといつものお姉さんモードにかえってしまい、私はこの三日間のことを「まちがい」であり「二人だけの秘密」にして終わりましょうといろいろと話し続けました。
 お酒って怖いよね。
 ということで終わらせようとしたんだけどそれまで聞き役だった義弟はそのあたりから逆に話し始めました。
 決して私の言葉に反論するのではなく
「あのときは本当に舞い上がっていた。」
 と前置きしてからどうやって私の部屋に忍び込んだのかとか最初に布団の中に手を差し入れて胸を触ったとき私が体をわずかに反応させて漏らした声が色っぽくて夢中になってしまったとか・・・・淡々とあの晩のことを語り出したのです。
 反省っぽい語り口に何となく切るタイミングを失って聞き続けているといつのまにかあの日の感覚がよみがえってきます。
「姉さんの中に入ったときにあたたかく包んでくれた・・。」
 とか
「グイグイ突きあげて・・・最初にイッたときのねえさんの声色っぽかった。」
 とか・・・ダメダメと思いながらも、いかされた時の感覚が体の芯をはしります。
 もういいのに・・・と思っても、義弟はひたすら話します。
 10分も経ったでしょうか。
「あぁ・・思い出すと、こんなに大きくなってる。」
 彼の言葉にたくましかった彼のモノを思わず体の感覚で思い出してしまいました。
 体が熱くなっています。知らない間に膝頭をこすりあわせていました。
 彼に早く帰ってもらおうと部屋の明かりを薄暗くしてしまったのもこうなるとマイナスでした。
 暗いリビングでソファーに腰掛けながら心ならずも昨日まで体を絡め合った男の声を聞く。仕掛けられる・・・。

 いけないと思う気持ちとは裏腹にどんどん体が高まってきます。
「ごめん、ちょっと自分でさわるよ。」と言った後「はぁ~。」と彼のため息が。
 昨日まで耳元で聞かされた声です。それを聞きながら私は何度もいかされたのです。
 腰が自然に動きます。まるでもうセックスが始まってる感じです。
 突然「ねえさん、感じてる?」聞かれた私は、反射的に拒否の言葉を言いました。
 でも「だめぇ~。」という言葉が上滑りして、自分が今まで言った中で一番色っぽい言葉なんじゃないだろうかと思うほど情感たっぷりの声になってしまいました。

 それを聞いた彼は「ねえさん。自分でさわってみて。」はっきり仕掛けてきました。
 舞い上がった私はまるで催眠術のようにスカートの上から前をさわりました。
 すごい快感です。思わず声が出ました。
「ほら、良くなってきた。ほら、体が欲しがってるだろ?楽にさせてあげようよ。」
「直にさわってみて。」の言葉に下着の中に手を入れました。
 すごい状態です。
 夫が行って以来、オナニーにふけっていた私は、ここから先はもういつものコースでした。
 それどころか、耳元で男の声を聞きながらのオナニーとなりいつも以上の高まりようでした。声も出ました。
 ちょうど8割方上り詰めてあと少しというところで電話口の彼が
「ねえさん。会いたい。抱きたい。」
 言いました。
 私の理性ははっきりと「いけないのよ。」と思っていました。
 でも、口をついて出た言葉は「あぁ、欲しい。・・・入れて欲しい。」でした。
 すぐに玄関のチャイムが鳴ります。
 私は玄関まで走っていき鍵を開けました。
 強引に抱きしめられました。
 キスをされ、あそこに指をねじ入れられました。
 ヒザの力が抜けて立ってられませんでした。
 彼は小柄な私を抱え上げるとリビングまで連れてきてソファーに投げ出しました。
 そして、ズボンを脱ぐと私の下着をはぎ取り一気に突き立ててきました。
 昨日以上に大きく感じられ、体中が征服されたようでした。
 服を着たままリビングのソファーで犯されるというシチュエーションにもドキドキしました。
 いけないのにと思えば思うほど高まりました。

 結局その晩も義弟はうちに泊まって、ほとんど一晩中犯されました。
 いや、私的には愛し合いました・・・と思いたいのですが・・。

 朝、彼の朝食を用意して、出勤していく彼を玄関に見送ると出がけに抱きしめられてキスをされました。
 とんでもないことなのにもう違和感はなくなってました。

 でも、昼を過ぎて正気に返るとドッと罪悪感が・・・。

 そんなこと感じながらもその晩、彼が来たときは素直にドアの鍵を開ける私がいました。

その3  
 妙な関係なってからというもの義弟は、ほぼ毎日やってくるようになりました。
 独身であり今は特に決まった彼女もいないようなのでたくさん自由な時間があるのです。
 こうして毎晩のようにセックスを繰り返すうちに、私の中の彼はどんどん大きくなっていきました。
 ご近所の目があるので車で来られるのは困るというと、ちょっと離れたところに車を止めて歩いてくるようになりました。
 来る直前に彼が電話を入れると、私は勝手口の鍵を開け、どきどきしながら待つようになってしまったのです。

 慣れてくると、彼の方もいろんな事をするようになりました。
 エッチなビデオを借りてきて、それと同じようなことをしたりさせられたり。
 目隠ししてバイブで刺激したり、手錠をかけたり。
 手錠やバイブなんて、今まで雑誌なんかで見ても聞いても私の意識の中では軽蔑とお笑いの対象でしかなかったのに。
 実際に高まってしまったときに使われるとすごく感じました。
 夫との時は、小さなあえぎ声を出しながら徐々に高まっていくって感じでそれが私のスタイルなんだと思っていましたが、彼との時は違います。
 すっごく大きな声が出るのです。自然と・・。
 目一杯狂わされてる状態です。
 そうやって私をいたぶりながら義弟が毎回必ず聞くことは
「兄さんとどっちがいい?」です。
 私は夫への最後の思いやりとして義弟の言わせたいことに抵抗しようと思ってたのですが。タガがはずれてしまうともうダメでした。
「あなたが一番いいの。あぁ、**さんよりあなたの方が感じる~。」
 一度言ってしまうと
「奪われてる!ダメなのに犯されてる!」
 という感じがますます高まってしびれるような快感におそわれ、毎回言わされるようになってしまいました。

 いつしか、私の体は完全に義弟に慣らされてしまって、感じ始めるとくたくたになるまでイキまくらなければどうしようもなくなりました。
高まって、途中でやめられたりすると気が狂いそうになるのです。
 そのあたりを心得た彼は、私を軽ーくいかせてから急につれなくする駆け引きをするようになりました。
「今、欲しい!!」
 という感じの時にいきなり抜いてしまって
「欲しい!ねえ、どうして!?入れてよう!!」
 とねだる私に
「入れて欲しかったら・・・・しろよ。」
 ってパターンです。

 悔しいけどこうなると「欲しい」だけの私は、全くの言いなりです。
 彼の前で足を広げたままバイブでオナニーしたり、とんでもないことを言わされたり・・。なんでもしてしまいます。

 彼は笑いながら
「ねえさんがこんなにエッチだとは思わなかったよ。」
 などと言いますが、どうしようのないのです。
 立場が全く逆転してしまった感じです。

 私の体もなんだか変わってしまいました。
 ほとんど毎日会っているのに、昼間から体が高まってどうしようもありません。
 彼が置いていったバイブを使ってオナニーするのですがその時に頭に浮かぶのは、もう義弟のイメージだけになってしまいました。

 先週の木曜日(3月27日)の話です。
 夜の11時頃に彼から電話がありました。
 なんでも今、決算期でとっても忙しかったらしく、息抜きに職場の後輩と飲んでいたらしいのです。
「近くで飲んでたので、悪いけど泊めてくれないか。」ということでした。
 私はすぐに勝手口の鍵を開けて待っていました。
 ところが、玄関のチャイムが鳴ります。
 変だな?と思って開けてみると、なんと後輩さんも一緒です。
「ついでだから一緒に泊めてやって。」ということでした。
 あわてました。
 彼だけかと思ってたのでパジャマの下には彼の買ってきたエッチなパンツという
「抱かれる仕様」の服装だったのです。
 それと、今夜もしてもらえると思っていたのに、ちょっと期待はずれでがっかりしました。

 二人ともかなり飲んでいるようで
「ねえさんだよ。」と紹介されると、後輩さんは
「わぁ~、きれいな人ですね。セクシ~~!!」
 なんて盛り上がっていました。

 少し飲みたいというので、リビングに通しビールを出してあげました。
 私は急いで服を着替えて少しだけつきあうことにしました。

 彼らの話題は後輩さんの恋愛話でした。
 なんでも総務のなんとかちゃんとデートしたんだけど、なかなかさせてくれないとかで、どうしたらいいんだろみたいな。
「ちょっと~、私いるんですけど。」
 なんてお姉さんモードで受け流す私に、
「ねえ、ねえさんならどんな感じで攻められたら許しちゃう?」
 なんて義弟が聞いてくるんです。
「何言ってんの。バカ!」
 などと話題をさけても、しつこく聞いてきます。
 あまりしつこいので「結局、心よ。ココロ!」などと正論でごまかしました。
 それからしばらくは後輩さんと総務の子の話に移って
「車の中で、どこまでやったら拒否られた。」とか
「キスはできたけど胸とかさわらせてくんない。」とかイヤらしいこと言いながら
 もう、わいわいと完璧な酔っぱらい状態で飲み続けていました。
 そんなことしながらも、義弟は頻繁に
「さあさあ、姉さんも飲んで。」
 などとすすめるので、結構酔っぱらってしまっていました。
 3人で結構笑ったり盛り上がったりした感じになってきました。
「ねえ、ねえさんならどんな感じになったら許しちゃう?」
 盛り上がった感じで義弟がまた聞いてきます。
「**さん、お姉さん怒っちゃいますよ。」なんて後輩君は遠慮してますが、
「だって、そんな気無くてもしたくなる時ってあるでしょ。」
 などとまだ絡んできます。
 いやになったけど、なんか明るく盛り上がった雰囲気なので壊したくなくて
「そりゃ、まあね。」
 なんて言ってしまうと、いい気になって
「じゃあ、どこをどうされたら感じちゃうんですか~。」
 さらに聞いてきます。
「ちょとぉ~、これもう酔っぱらい!」
 取り合わなかったんですがいきなり立ち上がると部屋の電気を小さくしてしまいました。
 そして私の手を引っ張って二人が座ってるソファーの真ん中に座らせると
「はーい。今は夕暮れの車の中です。彼が誘惑してきまーす。」
 などと言いながらさわろうとしてくるのです。
 さすがに頭に来た私は、「もうダメ!二人とも寝なさい!」
 宴会はそこでお開き。
 お風呂はわいていたので入れてあげて、二階のお客さん用の部屋に追いやりました。

 寝ようとしていると、夜中に彼はしのんできました。
 まだちょっと怒っていた私は「もう!いい加減にしてよね。」などと不満を言いました。
「わるいわるい。」などと言いながらベッドに潜り込んでくる義弟。
「ダメよ。今日は人がいるのに。」抵抗しても
「もう寝たよ。」とどんどん私を裸にしていきます。
 酔っぱらっているせいかいつも以上にチュバチュバ音を立てて胸をなめ回してきます。
 入ってきてからも
「感じるか?」「どこがいい?ホラ言ってみろ!」
 ことさら丁寧に聞いてくるのです。
 だんだん高まった私は、聞かれるままに
「あ~感じる!お○んこがいいの!(彼はこの表現が好きなのです)もっと突いて!」
 やがて私は一気に淫乱モードに。
 彼は私に目隠しをさせ、後ろ手に手錠をかけ、いつものお遊びが始まりました。
 正常位で突かれ続けると何が何だかわからなくなり彼に教えられたイヤラシイ言葉を言い続けました。

 しばらくして突然、「ねえさん。ちょっと。」と言われ目隠しをはずされました。
 暗かったはずの部屋の明かりが点いており、私のそばに裸の後輩君が立っています。
「いや~!!」
 一気に気持ちが冷めた私ですが手錠を付けられ、義弟に深く貫かれた状態なのでどうすることも出来ません。
 義弟はこの状態で激しく腰を動かし始めました。
 だんだん体の奥から快感がわきあがってきます。
 声が出ます。
 しばらくすると「ねえさん。なめてやって。」
 義弟が言い後輩君は私の前に大きなものを差し出しました。
 気持ちよくてどうでも良くなった私は、それを横ぐわえにして舌でなめ始めました。
 やがて後輩君は私の上にのしかかり顔の上から私の口めがけて突き出し始めました。
 最初はペニスの先っちょがほほを内側から突いて痛かったのですが
 後輩君が微妙に体の向きを変えて、私の顔をちょっと斜めにすると喉の奥に直接入るようになりました。
 苦しいです。オエッとなりました。
 頭の中はグチャグチャです。
 イキかけて体が痙攣しそうになりました。そのタイミングで弟は離れました。
「おい、代わっていいぞ。」
 後輩に言ってます。
 もうイキたくて仕方がなかった私は、抵抗も出来ませんでした。
「すいません。」
 なぜか謝りながら後輩君が入ってきました。
 義弟よりも細かったですが長い感じでした。
 義弟とは違う場所に当たるのですが、これも気持ちよくあっという間にイキました。
 耳元で義弟が囁きます。
「いいか?いいって言ってみろ。もっと欲しいって!」
 私は
「いぃ~!とってもいいの~。もっと、もっと犯して~!!」
 などともうめちゃくちゃです。
 腰も自然に動きます。
 後輩君は
「すごいっすね。おねえさん。」
 なんてあきれていますがもうどうしようもありません。
 そのうち後輩君が「あぁ、出ちゃうよ。」というので「外にお願い!」と言ったのですが、義弟は「姉さん妊娠しにくい体質だから大丈夫。」といい中出しされてしまいました。

 結局、その日は徹夜でやり続け、7時くらいに「わぁ~、今日の仕事きつそう。」などと言いながら二人して出勤して行きました。

 私はどうしていいのかわからなくなりました。
 これからどうなっていくのだろうか?
 私の家は後輩君にも知られてしまいましたし、もはや私のことを淫乱なおねえさん位にしか考えてないはずです。
 真っ暗な気持ちになり、いたたまれずにネットを見ているうち何気なく先日の一回目の投稿してしまったのです。
 誰かから何か励ましてもらいたいと思っていたのかもしれません。
 たくさんの激励のメールや「やめなさい。」と言う忠告、そしてお誘いメールを頂きました。なんとなく気が紛れて元気が出てきたような気がしていました。

 ところが昨日の昼間、突然後輩君が家にやってきました。
 急だったので、私はとまどいました。
「仕事中なんですけど今晩彼女とデートなんで・・。ちょっと抜いてもらえますか?」
 といいながら抱きついてきたのです。
「エッ!」
 とか思って凍り付いてるといきなり指を入れてきてこね回します。
 情けないことに、すぐに私の体は電気が走りグチョグチョイヤラシイ音がし始めました。
 彼はズボンを脱ぐと私の手をつかんであそこに持っていきました。
「しごいて。」
 と言いながらキスをして舌を差し入れてきました。
 私はビックリしたのと悔しいのとで呆然としていたのですが、ますます感じてしまいました。
 声が自然に出て、いつの間にか彼のペニスをしごいていました。
 体がブルブルと震えて、とうとう指だけでイカされてしまいました。
 彼は「最後はバックでいくよ。」と言いながら私の手を下駄箱につかせてスカートをまくり、後ろから入れようとしてきました。
 私も欲しくなって、うまく入るようにお尻を突き出したりしてしまいました。
 彼は腰を両手で持ち、パンパン音がするくらいに激しく突いてきます。
 あんあん声が出ます。
 私の方が先にイッてしまいましたが、その後も彼は動き続け、中で果てました。
 ハアハア息してると髪の毛をぐいってつかまれてひざまづかされ、顔をペニスのところに持っていかれました。
「シャワー浴びる暇無いんで口できれいにしてもらえますか。」
 なめながら悔しくて涙が出ました。
 後輩君に対してというよりは、情けない自分と自分の置かれた立場に対してです。
「ありがとう。また遊ぼうね。」
 さわやかな笑顔で後輩君は帰って行きました。

 その晩、また義弟がやってきて
「あいつすごく喜んでたよ。今度はスワップでもしないか?」
 私たちを夫婦ということにして、他のカップルと楽しもうというのです。
 冗談ではありません。

 でも・・・・どうしたらいいのでしょうか。


近親相姦 | 【2017-02-11(Sat) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

泊まりに来た従姉妹と・・・

あれは約10年前の話です。当時俺大阪在住19歳、従姉妹の姉ちゃんは奈良在住23歳でした。
ある日姉ちゃんが俺が一人で暮らすアパートに電話してきました。

姉「今大阪に遊びに来てるんよ。今夜泊めてくれへん?」
話を聞くと夜は短大時代の同窓会があり帰りの電車が無くなるために俺んちに泊めてほしいとのことでした。
その時はあんなことになるとは考えてもおらずただ寝場所を提供するとぐらいにしか考えていませんでした。
そしてその夜23時過ぎだったと思いますが姉ちゃん参上。少し酒がはいっていたようですが特に普段と変わらない感じでした。
我が家に着いた姉ちゃん。服装は白っぽいブラウスと黒のスカートだったと思います(古い話なので記憶が曖昧)。いきなりですが姉ちゃんは乳がデカイんですw
俺が母以外のオパーイを初めて見たのがこの姉ちゃん。俺が消1の頃(姉消4くらい?)にいっしょに風呂に入った時の衝撃は凄かった。
思えばここから俺のオパーイ好きは始まったように思うw

俺がオパーイ好きになったのは姉ちゃんのせいかもしれないがやはり従姉妹、そしてかなり身内に近い存在なので姉ちゃんに対して特別な感情とかはもちろんありませんでした。
さて姉ちゃんが我が家に到着し、少し雑談をした後風呂に入らせることにしました。
すると姉ちゃんその場でスカートを脱ぎだすではありませんか!?
「おいおい、こんなとこで脱ぐなや」と笑いながら言ったものの白パンツに釘付けになる俺w
「あはは、ごめんごめん」と明るく答えながら姉ちゃんは風呂場のほうに向かっていきました。

風呂の話しは特に無いので省略w

姉ちゃんが風呂上がりに着る服を用意する俺。といっても俺のパジャマなんですが。
姉ちゃんが風呂から出てきました。姉ちゃんは身長160ちょいくらいありましたがさすがに俺のパジャマは大きすぎたようです。

しかもズボンはいてないしw

まぁ俺もそのくらいでは興奮しないのですがテーブル(兼コタツ)を挟んで向かいあって座った時にびっくり!
姉ちゃんパジャマの第一ボタン外してますた♪
胸元のVゾーンがさらに開き姉ちゃんの白いブラに包まれた爆乳が眼前に!?しかも姉ちゃんちょっと前屈みぎみ!?
俺は姉ちゃんに視線がバレないようにするので必死でした。

そんな自分自身との戦いをなんとか制した俺でしたが、ここでいけない考えが頭の中をよぎりました。俺の心中(姉ちゃんの乳が見たい!そして触りたい!)

俺は決心しました。さすがに「触らせてくれ!」とはお願いできるわけもなく、姉ちゃんが寝たらいたずらしようとw
そして就寝です。
俺と姉ちゃんは布団を並べて寝ることになりました。この距離なら手をちょっと伸ばすだけで姉ちゃんの乳に触れます。時間も遅かったことと酒がはいっていたためか少し話した後に姉ちゃん即効で爆睡!
しかし用心のためさらに30分ほど様子を見ました。

完全に寝ています~w

いよいよ決行です。あの時期は少し暖かかったために薄めの毛布(タオルケットだったかな?)一枚を上からかぶっていました。
毛布をかぶっていてもわかるくらいの爆乳!俺の心臓はバクバクと音をたてていました。
慎重に姉ちゃんのかぶる毛布の中に手を伸ばします。
仰向けに寝る姉ちゃんの腕に手が届きました。そのままさらに手を進めます。
ついに姉ちゃんの胸部分に指先が当たりました。そのまま手のひら全体を胸の上に置きました。
「で、デカイっ!!♪」
もう止まりません。俺は起き上がり、姉ちゃんがかぶる毛布をゆっくりと腹のあたりまで捲りあげます。
第一ボタンが外れていたために姉ちゃんの胸元が少しはだけています。
俺は姉ちゃんを起こさないようにゆっくりと姉ちゃんのオパーイの下から胸を持ち上げるように両手を当てました。

獣と化した俺はもう止まりませんw
パジャマの上から姉ちゃんの胸を鷲掴みにしそのままゆっくりと揉みました。
幼い頃から俺を弟のようにかわいがってくれた姉ちゃんに対しこんなことをする自分というものに罪悪感と妙な気持ちがわきました。
そしてこの状況にかなり性的な興奮をしている俺がいました。
姉ちゃんは完全に寝たままです。調子にのった俺はパジャマの第二ボタンも外しました。
そして胸元を開けると白いブラジャーに包まれた姉ちゃんの胸があらわになりました。
そしてブラの上から数分間揉み続けました。

次は当然姉ちゃんの生乳が見たくなりました。俺は指先をブラのカップに当て姉ちゃん
の様子をうかがいながらゆっくりとカップを下にずらしていきました。

カップをずらしついに姉ちゃんの生乳が眼前に現れました♪
乳首は薄めの茶色、乳輪乳首ともにそれほど大きくなく、目にした瞬間俺は吸い付いてしまいましたw
吸い付きながら舌で乳首を転がすと姉ちゃんの乳首がどんどんと大きくなっていきます。
このあたりからほとんど無音だった姉ちゃんの鼻からの寝息が俺の耳に聞こえてくるようになってました。

両乳首を舐め吸い指先で摘む俺w
姉ちゃんは寝息が聞こえだしたとはいえほぼ無反応。
今思えばEからFカップくらいはあったと思われる(未確認)姉ちゃんのオパーイに俺は無我夢中になっていました。
いくら従姉妹で特別な感情はなかったとはいえ目の前に横たわる女体に興奮している俺。
姉ちゃんが目覚めないのをいいことに俺の暴走は止まらなくなりました。
そして姉ちゃんの下半身を覆っていた毛布を取りました。
上着しか着ていなかったパジャマが捲れ上がり白のパンティーが丸見えになってました。
そして脚は片脚だけを軽く開き膝を曲げた状態です。
オパーイと下半身をあらわにされ無防備な姿の姉ちゃん。俺は人差し指を姉ちゃんのパンティーの上に当てました。そのまま割れ目部分をなぞります。

ゆっくりとパンティーの上から少し指先に力を入れて割れ目をなぞります。割れ目にパンティーが食い込んでいきました。
感じてきたのでしょうか?このあたりからたまに「ハァ・・・」という姉ちゃんの寝息が口からもれてきました。
俺は乳首を吸いつつ割れ目をなぞり続けました。

「ハァ・・・ン・・ンハァ・・・」と姉ちゃんの寝息が少し荒くなってきだしたのをいいことに序々に行為をエスカレートする俺w
姉ちゃんの両脚をゆっくりと大きく開きます。そして両乳を鷲掴みにしながら姉ちゃんの股間に顔をもっていきパンティーの上からクリに吸い付きました。

「ん・・・んフン・・・っ・・・」

クリあたりに口を当て吸いながらたまに舌で押さえてやると、姉ちゃんの寝息の中に喘ぎ声のようなものが出始めました。
「ぅん・・・んふっ・・・はぁ・・・」
パンツ越しに湿り気があるのもわかりました。俺はもう自分を抑えることができなくなり、パンツの割れ目部分を横にずらして姉ちゃんの秘部をあらわにしました。
初めて見る姉ちゃんのアソコ・・・美しかったですw

そして上着のボタンを全て外しパジャマを開きました。
ほぼ下着姿にされしかもブラのカップを下げられてオパーイ丸出し。
両脚も約45度の角度にまで開かれパンツの割れ目部分からは布を一度ずらされたせいで秘肉の一部が顔を覗かせている。
俺はポラロイドカメラで姉ちゃんの恥態を撮りまくりました。いまだにオカズになってますがさすがにもうボロボロですw
しかし今冷静に考えればこの状態で目を覚まされてはマズイハズなのですが当時の私はもう壊れてしまってましたw
それでも細心の注意をはらいながら姉ちゃんに愛撫を始める俺w
俺がオパーイ民族になるきっかけを作ったにくらしいオパーイにむしゃぶりつきながら片手はパンツの中へ。
直接割れ目をなぞりそしてクリの上に指を当ててかるく撫ぜる。
「ん・・・はぁ・・・ぁ・・はぁ・・ん」
姉ちゃんの寝息がほとんど喘ぎ声になりはじめました。
クリに指を当て軽く回してやると姉ちゃんの体がたまにピクッと跳ねるように動きます。
そしてたまにカワイイ声ではっきりと「ぁんっ」とまで言ってました♪
あまりの可愛い声に俺はラジカセを用意しマイクを繋ぎ姉ちゃんの顔近くにマイクを置き声まで録音してしまいました。
これも以後かなりのオカズになりましたがこちらのほうは数年前にテープが伸びすぎて使い物にならなくなりましたw
今ならビデオカメラで録画するんだけどなぁww

そして俺は再び姉ちゃんの股間へ顔を近づけました。パンツの割れ目部分を横にずらし姉ちゃんのアソコに口を当てました。かすかにヌルヌルしていました。
俺は上目で姉ちゃんの寝顔を見ながら舌で割れ目をなぞり続けます。
「んふ・・・んん・・はぁ・・・ん」
姉ちゃんの小さな喘ぎ声を聞きながらまだ皮をかぶったクリに口付け舌でクリをころがしました。
「は・・んん・・・ふぅ・・ん」
姉ちゃんは体をピクピクとさせながらかわいい声をだしていました。

クリを弄びながら指で割れ目をなぞり続けます。
姉ちゃんはいつ目覚めてもおかしくない状況でしたがそんなことは俺にはもう関係なしでしたw
そして割れ目をなぞっていた指を濡れた姉ちゃんの穴にゆっくりと挿入していきます。
かなりの時間をかけて指1本を奥まで挿入しゆっくりと出し入れしました。
姉ちゃんの中はすでにヌルヌルでした。喘ぎ声は特に変わった様子もありませんが指を出し入れすると姉ちゃんの腰がかすかに動いてました。
指を動かしながらクリを舐めまわしているとクリの皮が少し捲れあがりました

皮の中で膨らみ苦しそうなクリを優しさ溢れる俺は剥いてあげることにしましたw
唾液をたっぷりとつけた舌先で皮の下部からチョンチョンと捲りあげてやりました。
剥き出しにされたクリは真っ赤になっていました(ような記憶がw)。そして膣内の指をゆっくり動かしながら俺の舌先は剥き出しになった豆にアタック!

その瞬間「んっ・・んはぁっ・・・!」という喘ぎ声と同時に姉ちゃんが目を覚ましました!
俺はかなりびっくりしましたが最初姉ちゃんは状況がよくわかってないようでした。
しかしそんな状況になったことで俺の頭の中は完全に崩壊しました。困惑している姉ちゃんにかまわずにそのまま秘部を弄び続けたのです。
「えっ?えっ?なに?◯◯(←俺の名前ね)なにしてんの!?ええっ!?」
姉ちゃんは寝転んだまま脚を閉じようとしますが俺の顔を挟むだけの結果になりました。
俺はそのまま姉ちゃんの上に覆い被さり姉ちゃんを押さえこみました。

「姉ちゃんめちゃくちゃキレイやで」など恥ずかしげもなくクサイ台詞をはく俺w
そんなことを続けるうちに姉ちゃんも観念したのか(もしかしたら酒がまわっていたのかもしれんw)、「ちょっと触るだけ・・触るだけやで・・・」と抵抗しなくなりました。
「うん♪うん♪」と言いながらもそんなことは頭の中から即消去していた俺w

ついに姉ちゃんの体を本格的に愛撫できる喜びに胸が高まりました。

お触り許可が出たとはいえ姉ちゃんの抵抗は続きます。はだけたパジャマを直し胸と秘
部を隠そうとする姉ちゃん。
しかし俺も必死でした。姉ちゃんを上から押さえ込みながら首筋や耳を舐めまわし、姉
ちゃんの腕の下へ手のひらをねじ込んでいきます。
「もうっ!」姉ちゃんは少し怒った感じではありましたが俺の腕をつかみながらもそれ
以上の抵抗はありませんでした。
しかし服を脱がそうとすると「あかん・・・脱がすのは駄目・・・」。
ますます俺は脱がしたくなりました。

胸と秘部を必死で隠す姉ちゃんの腕を掴んで両手をあげさせるようにしそのまま乳首にむしゃぶりつく俺。
乳首を唇で噛んだり舌で転がすと「もうっ・・・ん・・・んふっ・・・ぃやっ」と姉ちゃんは声が出るのを我慢しているようでした。
姉ちゃんの反応を楽しみながら姉ちゃんをうつぶせの体勢に寝かせます。そして抵抗されるまえにいっきに肩からパジャマを背中がわにおろしました。
そのままパジャマを腕から抜かず姉ちゃんの手首のあたりで結ぶように丸めて固めました。
これで姉ちゃんは両腕を後ろで拘束されたのです(←わかりづらいかな?)

「いやっ!いやぁぁぁっ!!」後ろ手に拘束されることに気付いた姉ちゃん。
しかし時すでに遅くパジャマの上着で両手首はガッチリ固定♪
そしてまた姉ちゃんの体をゴロンと転がし仰向けに寝かせました。
「もういやっ!◯◯(←俺)!ほんまにやめてやっ!」と姉ちゃんは叫びましたが全然気にしなかった俺w
上から見るとパジャマは見えず下着姿の姉ちゃん。しかもブラのカップはずりさげられ乳丸出しの格好に大興奮でした。
そのまままた姉ちゃんの上に覆いかぶさる俺。
「いややぁ!こんなんいやぁっ!」
姉ちゃんは首を振りながら体をよじって抵抗しますがどうにもできません。
俺はまたオパーイにむしゃぶりつきながら姉ちゃんの両脚の間に俺の脚をねじこみ少し開いた股間に手を入れ弄びました。
そのうちまた姉ちゃんの口から「ぃや・・・んん・・・ぃや・・ぁぁっ」と吐息のような声がもれはじめました。
「ぁんっ・・ぃ・・やぁ・・・んんっ・・・んっ」
我慢しているのか喘ぎ声は小さいもののあきらかに姉ちゃんは感じていました。
乳首を吸い割れ目をなそるように動かし続けると姉ちゃんの体がビクビクッと反応します。
調子にのった俺は姉ちゃんの割れ目とクリに指を当てそのまま激しく動かしました。
「んはっ!・・・んっんっ!・・・いや!んんっ・・・そんなに・・動かしたらあかんってばぁ」
姉ちゃんの声が激しくなりました。
俺「触るだけならいいって言ったやんか」
姉ちゃん「んっ・・・そうやけどそんなにしたらあかん・・・んんっ・・・あんっ!」
こんな会話のやりとりをしながらも姉ちゃんを弄ぶ若き日の俺w
そして姉ちゃんの背中に手をまわしブラのホックを外しそのままブラを上にあげて姉ちゃんの頭の後ろにまわしました。
これで上半身はスッポンポン♪あとはパンツだけ~w

ブラを外され解放された姉ちゃんの乳はボヨヨ~ンと揺れてました。
俺はそのオパーイを吸いつつ形が変わるほど激しく揉みました。
姉ちゃんは「あんっ・・・ぁあんっ」と抵抗も無く喘いでました。
乳を愛撫しながらいきなりパンツの上から中に手を入れました。
「えっ!いやっ!ちょっと!」と姉ちゃんは抵抗しましたが、すでに姉ちゃんの両脚の間には俺の体が入ってたので姉ちゃんの無防備なアソコに簡単に触ることができました。
そのままパンツもずらしつつ姉ちゃんのアソコを愛撫してやりました。
「もうっ・・・ん・・・はんっ・・んっ」
姉ちゃんは「んっ、あんっ・・・◯◯(俺)やりすぎ!・・・もうっ」と言いながらもアソコはヌルヌルになってました。
そのまま姉ちゃんの両脚を持ち上げます。「ちょっと!こらっ」と姉ちゃんが言いますがそんなこたぁ気にしませんw
さすがに脚をM字に開こうとしたら力を入れて抵抗されたので、持ち上げたままパンツの上から割れ目に顔を近づけます。
「いっいやぁ!もうっ!いやっ!んっんっ・・・んんっ」
パンツの上からとはいえ割れ目を舌でなぞると姉ちゃんは体をビクビクさせながら喘いでくれました。
姉ちゃんの脚を持ち上げながらアソコに唇を当てクリのあたりをグリグリしてやりました。
「あんっ、いやっ・・んっんっ」
もう姉ちゃんのパンツにはかなりのシミができてました。
俺は姉ちゃんのパンツをお尻側から捲りあげて脱がしにかかります。
「ああっ、いやっ!ほんまそれだけはやめて!もうっいやっ」と抵抗しますが、簡単に
パンツはペロ~ンと捲れあがりました。
そのままパンツを足首から引き抜き再び姉ちゃんのアソコに口付けました。
「ああっ、いやっ!ぁあんっ・・・んっ」
脚の力が弱くなった瞬間、一気に開いてやりました。

「えっ!?いやっいやあぁぁぁっ!!」屈辱のM字開脚に姉ちゃんが叫びましたがもう
手遅れでした。俺は姉ちゃんの秘部にむしゃぶりつきます。
「ああっ!いやぁ・・・んぁんっ」
姉ちゃんのアソコを強く吸い上げながらアナル→割れ目→クリを舐めあげました。
「くうっ!あんっ・・んんんっ!んっ!んっ!はぁんっ!」と姉ちゃんは苦しそうに喘ぎます。
「姉ちゃん、気持ちいい?」と俺が聞くと「そんなことないっ!んっ・・あんっ」と喘ぎ
ながらも拒む姉ちゃん。
そのうち姉ちゃんも快楽に身をまかせだしました(俺推測w)
そのうち手で押さえなくても姉ちゃんの脚は閉じようとはしなくなりました。
片手で指の間に乳首を挟みながらオパーイを揉み、もう片手で姉ちゃんのアソコを開き中ま
で舐めつくしました。
「はぁん・・・あんっ!あんっ!・・・んっんっ!」
ここまでくるといくら従姉妹とはいえ俺も我慢できません。
俺「姉ちゃん・・・いれたいよ」
姉「あんっ!あかんっ!んんっ・・・それだけはほんまにあかんっ!」
凄い拒否ぶりでした。
俺は「じゃあ、アソコに当てて擦るだけ。最後にこれだけでさせてぇやぁ」とお願いしました。
姉「ほんまにそれだけやで・・・それで終わりにしてや・・・」と顔を真っ赤にしながら許可してくれました。
俺はウキウキしながら姉ちゃんの開いた割れ目の間にチムポの側面(←わかりづらい?w)を挟むようにして正上位の体勢で擦りつけます。
乳首を吸いながらオパーイを強く揉みしだき、アソコにチムポを当てながら激しく擦りつけます。
「はぁ・・・んっ!ぁんっ!あんっ!んっ!」と姉ちゃんも満更ではないようでした。
時折角度が狂い膣穴に亀頭が当たった時に身を固くする姉ちゃん・・・
ますます挿入したくなりました。

部屋の中には姉ちゃんの喘ぎ声、グチュグチュッという卑猥な音、そしてジミー大西のような俺の息づかいが響いてますw
激しく腰を動かし時折亀頭を姉ちゃんのクリを擦り割れ目をなぞります。
「んん・・・ぁあっ!んっ!んあっん」と姉ちゃんが悶え狂う姿に俺はさらに我慢ができなくなりました。
俺「姉ちゃん、お願い!いれさせてぇや・・・」
姉「何言うてんの!んあっ!あかん!ほんまにあかんで!んっ!」
俺「じゃあ先っぽだけ、ちょっと入れたらスグ抜くから」
姉「・・・ほんまにそれでやめてくれるん?・・・それならいい・・・」
本当はもっと説得の激しい攻防があったのですが省きますたw
先っぽだけとはいえついに姉ちゃんに挿入できる!
本当にこの時は先っぽだけで我慢するつもりだったんです。信じてくださいっ!
姉ちゃんの穴に亀頭を当てしばらくその位置で擦るように動かしました。
「ぁぁ・・・あぁ・・・ん・・・」
喘ぎながらも姉ちゃんは腰をずらして逃げようとします。
俺「いれるで」
亀頭を穴の入口に当て先っぽを挿入『(挿入音)グチュ』そこで俺の理性は切れました。
姉ちゃんの「はぁんっ」という声とともに一気に根元まで入れてしまったのでした。

「ええっ!!ちょっ、ちょっと!!抜いて!!抜いて!!」
姉ちゃんの声に我に帰った俺。
「ご、ごめんっ」と言いながら抜いてしまいました。
「もうっ!あんなに入れたらあかんっ!」と姉ちゃんはちょっと怒りぎみでした。
「ごめん、つい入れてしもてん」と言い訳も滅茶苦茶な俺w
でも先っぽまではOKの約束だったので、もう一度亀頭をズブリっ♪
「んっ、ほんまにそれ以上は入れたらあかんからな・・・はぁぁ・・」
そのまま亀頭だけを姉ちゃんのアソコに沈めながらクチュクチュと動かしました。
「ああ、姉ちゃん最高やぁ・・・」と思いながらも、亀頭だけ挿入ではそんなに気持ちよくなかったのです。

姉ちゃんは大きく脚を開かれたまま、アソコに亀頭を咥えこんでます。
「はぁ・・・あ・・・あっ・・あっ!・・ん・・・」
姉ちゃんのほうはこれだけでも感じてたのかどうかはわかりませんが、俺としてはここまできたら根元まで挿入したくなりました。
ゆっくり深く沈めていけばバレないだろうと思い「気がつけば根元までズップリ作戦」も実行しましたが、「んあっ!こ、こら!入れすぎ!」とあっさり撃沈w
そこで今度はクリを指の腹部分で弄りながら、亀頭を動かします。
「あんっ、それ嫌っ!あああっ・・・あんっ!・・んっ、んっ!」
姉ちゃんの喘ぎが激しくなりました。もちろん続行ですw
「ああっ!嫌っ、嫌っ!!あんっ!んっ!んっ!んんっ・・・ん・・・嫌ぁっ」
拒みながらも姉ちゃんは悶えます。
「なんで?これは駄目なん?」と意地悪く聞く俺w
「もうっ、嫌っ・・・そんなん聞くなぁ・・」と顔を真っ赤にしながら答える姉ちゃん。
俺「ほんとは姉ちゃんも奥まで入れ欲しいんやろ?」
姉ちゃん「・・・ちゃうわぁ・・んんっ・・そんなん・・・言うなぁ・・・あんっ」
ここで「イケる!!」と確信した俺はもう一度クリを激しく弄び、一気に根元まで挿入しました。

ズ・・プププっ!!

「んあっ!?あ、あかんっ・・・嫌ぁぁぁ・・・ぁんっ」
と弱々しい抵抗をしながらも姉ちゃんは俺を受け入れてくれました。
ここからは俺の高速ピストンが炸裂しましたが、あっさり撃沈した俺w
さすがにゴムを付けていなかったので中田氏まではしませんでした。
それに俺と姉ちゃんは従姉妹ですし、ここまでやっただけでもやはりマズいでしょう。
この後もう一戦交えてまして、最後はいっしょにお風呂に入りました。
その後は一切関係をもつことはありませんでした。
姉ちゃんもすでに結婚し、折れも近々結婚します。
このことは俺と姉ちゃんの間ではタブーな話になっています。
最後は簡単に書いてしまいましたが、長々と駄文に付き合っていただきありがとうございました。
あ、俺には妹もいますが、妹に対してはまったく何もありませんのでw



近親相姦 | 【2017-01-31(Tue) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

早熟の妹

僕は高1で妹は中2ですが
この前両親が留守で家で二人っきりでビデオを見ていたらけっこうHなシーンがあって、
一瞬二人とも沈黙して見ていました。妹が
「お兄ちゃんあんな事したことある?」、と聞いてきました。
「あるわけないだろ。おまえはあんのかよ?」、と当然ないだろう、と思い振ってみたら妹は思わせぶりで
「さあーー」、とニヤニヤしていたので
「えっ」、と思ってしまいました。
その後なんとなくH系の話題になり、妹が
「ねえ、精子の出し方知ってる?」って聞いてきたので恥ずかしくなって
「そんなん知る分けないだろ」、と答えると
「出す瞬間ってとっても気持ちいいんだよ」、と知った風な事をいいます。
「あっ、お兄ちゃんもしかして、もう勃ってんじゃない」とズボンの前の部分に手を伸ばしてきました。

僕はとまどって「やめろよー」、と言ったものの妹の手でモミモミされていると変な気分になってきて、
うすく目を閉じてされるままにしていました。
すると妹はいつの間にかズボンのファスナーをずりさげ直接に僕のおちんちんにタッチしていました。
妹は固くなった僕のおちんちんの皮を半分剥いては又元に戻すように上下に揉んできたので、
今までにはない気持ちの良さで恥ずかしさも半ば忘れた感じでした。
すると妹は僕に腰を浮かさせてブリーフを膝まで下ろしたんですけどその時
「あれー、高校生にもなってチンゲ生えてないなんておくれてるね」、とバカにしたようにうすら笑いを浮かべていました。
その時思い出しました。2年前、僕が中2で妹が小6の夏休みに、
お風呂場で入れ替わりに入るとき妹の裸をみたとき、妹のあそこに毛が生えているのを発見して
「わー、いやらしい」、とバカにして泣かせたことを。

そう、今では早熟の妹から晩熟の兄として復讐を受けているみたいです。
僕はクラスでも背の低い方で、まだ皆ほどあまり性に関する興味も強くはありませんでした。
「クラスの男子だって中2でもうみんな生えているよ」
「おちんちんこんなに小さくって精子でんのかな?」と兄である僕を蔑むように言いながら僕のおちんちんを手で弄んでいました。
僕は屈辱的で恥ずかしくもありましたが妹の親指と人差し指でゆっくりとおちんちんを剥いたり戻したりされる初めての快感に酔いながら
「なんでそんなこと(上下に動かすやり方)知ってんだよ」、と話題をそらせました。
「クラスの男子で放課後にみんなの前でパンツ脱がされて精子出させられてる奴がいて、女子なんかも一緒に出す瞬間みていたよ」、とおしえてくれました。
実は僕も中3の修学旅行のとき女子のいる部屋のなかで数人に押さえ付けられてパンツをづり下りされ、
そのときは小さく縮こまったおちんちんを見られて超恥ずかしい思いをさせられたんだけど、
妹は同じ中学なのでそれを知っていて言っているのかと思い更に恥ずかしくなってしまいました。

「でも、本当にこれって小さいよね。こんなんじゃ本番のHなんかできないじゃん」
「おまえはそんなことしたことあんのかよ」
「あったりまえじゃん。チビチンのくせに偉そうなこと言うんじゃねえよ」更に
「気持ちいいんだったら”気持ちいいです”って言えよ」、と言われ屈辱的でしたが言う通りにしました。
妹は定規を取り出すと、それを僕のおちんちんの根元に充てると
「はい、8センチ5ミリ。超短小ー」、と言って笑い転げていました。
僕は羞恥心プラス屈辱感と快感の狭間にいましたが
初めての体験に快感が優先し妹に命じられるままに
「あ~ん、さとしのおちんちん気持ちいいわ~」などと女のような色っぽい声を出していました。

すると突然に下半身に突き上げるようなものを感じ、急激な尿意みたいなものをもよおし、
「あ~、おしっこ。だめ~ でちゃう」、と言った後一瞬だと思うけど意識がうすれ、
そのなかで「ああ、おしっこ漏らしちゃった」という思いがしました。
気がつくと、妹は手にべっとりと白いネバネバをつけて
「超おっそい、精通現象おっめでとー」、といって鼻で笑っていました。
そのせいなんだと思いますけど次の週におちんちんの周りにうすーい産毛みたいのがふわーっと生えてきました。
これがチンゲの素だと思います。何とか夏休みの臨海学校の前には生えてきました。
すべては妹のおかげだと思っています。



近親相姦 | 【2017-01-31(Tue) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

もうこんな夜無いと思うし・・

去年の事です。
因みに、俺32歳。親父の後継ぎで、小さな会社の専務(名ばかり)をしてます。
勿論、結婚して子供もいます。小学生と幼稚園。
そんな家族で、夏休みに温泉旅行に行きました。
2泊して、周りの観光もすませ、俺の責任は終わったとばかりに帰途につきました。
カミさんも子供達も満足した事と、自己満足しながら運転していました。
その時何となく叔父の家が近くに在るを思い出しました。
もう何年も会っていない叔父。母の兄です。うろ覚えの道を走り
探し回ってやっとたどり着きました。俺の結婚式以来、8年振りかな?と考えながら・・・
叔父と叔母はビックリしながらも、暖かく迎えてくれました。

叔父の家にも温泉があります。温泉にはもう入りすぎてたんですが、どうしても入っていけ 
と言う叔父の言葉に逆らえず、家族皆で入りました。そして、泊まる羽目に。
夕食をとりながら叔父と酒を酌み交わしていると、従姉妹が帰って来ました。
「あらぁ 久し振り。奥さん?」とカミさんに笑顔で挨拶しています。
「あぁ 初めてやったね。女房の智恵、こっちが由紀と早紀」と家族紹介をすませ、従姉妹の
恵美もその席に加わり、賑やかになりました。恵美は俺より3つ下で、バツイチです。
叔父の仕事を手伝いしてるとか。叔父も小さな会社を営んでいますので、事務員かなんかでしょう。

段々酔うにつれ、恵美はカミさんに「この人、昔はカッコよかったよ。私、従兄弟じゃなかったら
惚れてたかも・・・ハハハ」など喋り始めました。子供が眠そうになってきたので、カミさんと
子供は寝る為、部屋に下がりました。叔父も「いやぁ 人間が多いと酒も美味い。少し
飲み過ぎたかもしれん。俺も寝るぞ。メグ、相手頼むぞ。」と勝手な事を言い寝室へ消えました。
叔母も「後は若い人でゆっくり飲みなさい。」と叔父の後に続きました。
久し振りと言うか、恵美とこうして飲むのは初めてでした。
「相変らず、カッコいいじゃん。良い奥さんみたいだし、羨ましいな。」とちょっと俺を睨みました。
「メグも変わってないよ。ま、飲もうよ。」とりとめの無い話が続き、酒もかなり入りました。
恵美は思ったより酒豪で、全然顔に出ません。俺の方が顔が赤くなってる気がしました。

「さっきの話、本当だよ。私が兄ちゃん(俺の事)の事好きだったっていうの。」
「へぇ 初めて聞いたな。もっと早く言ってくれれば良かったのに。損したな。」とチャラけると
「信じてない?で、もっと早く言ってたらどうなった?付き合ってくれた?」
「マジにとるなよ。だって従姉妹じゃん。付き合うなんて考えた事も無いよ。」
「だよね。えへっ、さっきの嘘。さ、兄ちゃん、飲もっ」みるみる減っていく一升瓶。
俺、日本酒あんまり飲めないんだけど・・・と心の中で呟きながら、恵美の酌を断れない俺。
少し気分が悪くなって来たので、「ちょっと酔い冷まして来る。」と俺は家を出ました。
家の裏は川です。傍らの石の上に座って煙草に火を点けました。

「兄ちゃん、マジで酔った?運転で疲れた?私にも煙草頂戴。」恵美が煙草吸うのにも驚きましたが、
タンクトップの胸が大きいのに、もっと驚きました。さっきまで あんまり感じなかったのに、横に
座ると おっきぃ~。煙草を川に投げ捨てると、腕を取ってきました。胸が俺の肘あたりに触ります。
柔らかい胸。「ねぇ、お兄ちゃん。私が離婚したの知ってるやろ?」「あぁ、お袋に聞いた。」
「離婚原因聞いた?」「まさか。そこまでは、お袋も知らんと思う。」「あのね、私、子供が出来ないって。
それが分かったら、あの人急に冷たくなって・・・。それで上手くいかなくてね。」俺も言葉に詰まって、
「そうかぁ。子供ねぇ・・・。毎日安全日やん。アハハ・・・」 マズイ。何て事を言ってしまったんだ。

「だよねぇ。いつでも生で出来るのに。馬鹿じゃん、あいつ。」こんな話をしてると、酔いも幾分冷めて
きたので、「帰ろうか、メグ。」と言うと「イヤ。もっと話したい。もうこんな夜無いと思うし・・」
俺は恵美に付き合うことにしました。恵美はさっきよりもっと俺の腕を抱きしめてきます。
いかん。理性が飛びそう。俺は空いてる方の手で、恵美の腕を離そうとしました。その時、恵美はその腕を
掴んで、自分の胸に持っていきました。飛びました。理性が。俺は堪らずに恵美にキスしました。
俺の口の中に恵美の舌が入って来ました。「はぁ はぁ」言いながら俺の舌を吸っています。
俺の手は自然と胸を揉みました。今度は恵美が俺の手をタンクトップに下に入れました。
ブラを押し上げて、もう固くなった乳首を舌で転がしました。
「あ~ お兄ちゃん、こうなりたかった。前から。」俺は無言で恵美の乳首を舐め回しました。

「もう駄目。我慢できなくなっちゃった。お兄ちゃん、しよ。お兄ちゃんもしたいでしょ?」
「うん、したい。何処でする?」「家の裏にガレージがある。あそこは2階に部屋があるよ。」
俺と恵美はそこへ向かいました。音をさせない様に部屋に上がると、さっきより強烈なキスの嵐。
俺のティーシャツを捲り上げると俺の乳首を舐め回し、ジーパンの上から固くなったチンチンを触って
来ました。自分でジーパンを脱ぐと、恵美のタンクトップを脱がせ、ジーパンを脱がせました。
俺のチンチンにメグがしゃぶりついてきました。「あ~ この臭い。久し振りぃ~。お兄ちゃん感じてね。」
もう既に感じまくって、カチンカチンになってま~す。メグはパンツを脱ぐと俺の上に跨ってきました。
チンチンを自分でマンコにあてがうと、腰を下ろしてきました。「はぁ~~ いい~・・」腰が激しく
前後に動き出しました。俺は恵美の両方のオッパイを揉み、腰を下から突き上げます。

「ねぇ お兄ちゃん、気持ちいい?メグは最高に気持ちいいよ~。」最近カミさんとも御無沙汰だったので、
俺も最高に気持ち良いんです。それに恵美のマンコの気持ち良さ。今まで経験した何十人の中でも一番でした。
激しい腰使いと共に、恵美の声も激しくなってきます。「ねぇ イッテいい?もうイキそう。お兄ちゃん
イッテいい?」「いいよ、メグいいよ。イッテいいよ。」そう言うのと恵美が「あぁ・・イク イクよお兄ちゃん」
と言うのと同じでした。俺も限界でした。「メグ、俺もイキそう。出していい?」「いいよ、お兄ちゃん出して・・」
俺は恵美の中で果てました。恵美はいつでも安全日だから・・・
幸い誰にも気付かれず、それぞれの部屋に帰って寝ました。
翌日、俺達家族は朝飯を食って帰路に着く事にしました。「又。いつでも寄ってね。」叔父夫婦の優しい言葉。

恵美は昨夜の事なんか忘れたかの様に振舞っています。いよいよ車に乗り込みました。その時、家の中から
「お兄ちゃん、忘れ物。わ・す・れ・も・の。」と恵美の声。俺は急いで車を降り、家に駆け込みました。
「なに?忘れ物って。」「これだよ。」  恵美は俺の首に手を廻し顔を引き寄せました。
唇を合わせて、舌を差し入れてきます。そして俺の唇を指で拭きました。
口紅が付いたんでしょう。「またね、忘れないでね。お兄ちゃん。」

---------------
以上。「いとこ同士のセクスは気持ちいいですか?」より。



近親相姦 | 【2017-01-19(Thu) 21:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*