FC2ブログ

The wife nextdoor

Sheisgettinglargerandlargerinmylifetothepointofbeingunbearable.Notthatshe
actuallydoesanythingtointerferewithmylife.Herveryexistencedistortsthelens、
throughwhichIviewtheworld.Idon’tknowhowIcanevergetridofher.Butthathas
tohappensoon.

Shemovedinwithherhusbandnextdoorabout6monthago.Sheisinhermidtolate
20s.Sheisprettyandhasanicefigureandallthat.Butthewayshedressedandtheway
shemovedherbodywaswhatdrovemecrazymost.Shealwaysworeextremelyshort
dressthatbarelycoveredherrear.Ourcondominiumcomplexsitsataraisedplotand
thereisaflightofstairsfromthestreetleadinguptotheentranceofthecomplex.
SometimeswhenIhappenedtoseeherwalkingupthestairs、Iwouldlookupfromthe
bottomofthestairs、andenjoytheincrediblesightofherminisculeunderwearcutting
deeplyintoherflesh.Ihadrarelyspokentoher.SheknewthatIlivednextdoor、andwe
wouldsayhellotoeachother、butthatwasall.Notuntiltwoweeksago、whenone
coincidencetriggeredachainofeventsthatwouldeventuallyalterthewholesituation、
didIimaginemyselfeventalkingtoherinafriendlyway.

Onthatday、Iwasawayfrommyregularworkattendingaseminar、whichendedearlier.
SoIwascominghomearound4pm.WhenIwalkedupthestairsandsteppedontothe
landingacrossmycondo、Isawherinherbusinessattire、standinginfrontofentranceof
hercondo、lookingcompletelylost.Isaidwithoutthinking、“Hi、isthereanything
wrong?”

Sheturnedaroundandlookedatmesurprisedandsaid“Ohhi、um、Iseemtohave
droppedmykeysomewhereandIcannotgetin.”Fortunatelythewindowforthe
bathroomthatwasfacingthecorridorwasunlocked.Ibroughtachairfrommyplace、
removedthewindowpanes、climbedupandwentinsideheadfirst.Ifellinsidethebath
room.Istoodupdustingoffmypants;Iwentaroundandopenedtheentrancefrominside.
Shethankedmeandaskedmeifshecouldanythinginreturn.Thenshesuggestedshe
couldcooksomethingfordinner.NormallyIwouldsayNObecauseIhaveawifeand
twochildren.Buttheyhappenedtobevisitingmywife’sparentsplace.Andshealsosaid
herhusbandwasonabusinesstripandwon’tbebackforanother3weeks.Iimmediately
acceptedtheinvitation.

Iwenthome、changedtoT-shirtandshortsandwentbacktoherplace.Shegreetedmein
herT-shirtandshortcottonskirt.Hershirtthatleaves10cmofhermidriffexposedwas
sotightthatitaccentuatedheroversizedbreasts.Assheturnaroundletmein、herround
buttocks、whichweretightlywrappedinherskirt、swayedleftandrightasiftosay“grab
me”.Iinstantlyfeltpressurebuildingupbetweenmylegs、andIwasafraiditwould
becomevisiblethroughmyshorts.

Shecamebackfromthekitchenwithabottleofwineandsaid、“Ijuststartedtherice
cooker、butitwillbeawhilebeforethericegetsready、solet’shavesomedrink”.Wesat
downonthesofaandstarteddrinkingthewine.

ShewasalotmoretalkativethanIhadimagined.Shetoldmeboringstoriesabouther
girlfriends、herhusbandandherbossatwork.IpretendedthatIwaslistening、butthe
focusofmyattentionwasonherroundbreaststhatbobbedupanddowneverytimeshe
movesherarms.Whenshestretchedoutacrossthecoffeetableandpourmyglass、I
couldenjoyaglimpseofherwelldevelopedbreaststhroughtheneckopening.Igotonly
distractedfromthemwhenshere-crossedherlegs;thenmyentireconsciousness
pinpointedonthedarkpocketinbetweenherthighs.Shetuggedonherskirtonceina
whilebutthatdidn’tdolittletopreventitfromwrinklingupasshecarelesslymovedher
legs.

Irealized、afterwhatseemedlikeonlyafewminutes、twoemptywinebottleswere
alreadystaringatmefromthetopofthecoffeetable.Havingdrunkonanempty
stomach、Ifeltquitedrunk、lightheadedanddizzy.Shepouredthelastbitofwineintomy
glass、andsaid“I’llcooksomethinggoodforyou”.Asshetriedtostandup、shewobbled
andcrutchedthebackofthesofatopreventherselffromfalling、smiled、thenstaggered
towardsthekitchen.

FromwhereIsat、Icouldseeherstandingatthekitchen、herbacktowardsme.Iwas
watchingherslowandwobblymovementforawhile.Everytimeshebentdowntoreach
thelowerdrawerorpickupsomethingshedroppedonthefloor、IwashopingthatIcould
seeinsideherskirtbetweenherwellshapedthighs、imaginingmyselfstickingmyhands
intothedarknessandfondlingherbuttocks.Ifeltpressurebuildingupinmycrotchand
pushingthefrontpartofmypants.Withoutrealizingmyself、asifpulledbysome
imaginarystringthatisattachedmynose、Istoodup、totteredtowardsthekitchen.

Istoodrightbehindherandwatchingwhatshewasdoingoverhershoulder.Sensingmy
presence、sheturnedherheadtowardsmeandsaid、smiling、“youneedsomething?”
“No、I’mjustwatchingwhatyouaredoing”
Awaftofherperfumehitmynostrilsandstimulatedmyprimitiveinstinct、whichwas
startingtotakeovermyrationalself.Ifeltmymanhoodispushinghardonmypantsand
IknewIwasstandingdangerouslyclosetoher.WhenIrealizedthatmybodywasnot
steady、itwastoolate;herrearbrushedagainstmyengorgedfrontpartassheturnedher
bodytoreachsomevegetabletoworkon.Iknewmyfacewasturningred.Ifeltmyears
burning、andbeadsofsweatrisingaroundmyneck.Butalcoholmusthavenumbedmy
rationalsenses、Ikeptstandingthere.Tomysurprise、shecontinuedonasifnothinghad
happened.Ifeltmyheartbeatgettingfaster.

Ifeltaviolenturgetojusthugherfrombehindandsqueezeherbreasts、andIfelt
difficultybreathing.Bynowherbuttocksandmylumphadcomeincontactafewtimes
asshepeeledandwashedpotatoes、busilymovingbetweenthesinkandthecuttingboard、
whichshesetrightnexttothesink;butshedidn’tseemtoevennoticeit.Withthehelpof
alcoholboostedlibido、Itouchedherbuttocks、pretendingitwastheotherpartofmy
bodyandaccidental.Shecontinuedcuttingupalargepotato.Itouchedherbottomagain;
thistimemoredeliberately.Iwasnotsureifshehadn’tnoticeditorjustpretending.But
shecontinuedcuttingupherpotatowithoutevenflinching.

Ibecamebolder、andItouchedheragain;thistimegavealittlesqueeze.Iwasprettysure
thistimethatshehadtonotice、unlessshewassleepingorsomething.Myheartbeats
weregettingfasterandfaster;thethumpingofmyheartbecamesoloudthatIwasafraid
shecouldhearit.Istoodtherebreathingheavily、waitingforsomethingtohappen.But
shecontinuedworkingwithherkitchenknifeandsaid、nonchalantly、“youdon’thave
anyvegetableyoudon’tlike、doyou?”asifnothinghadhappened.

Idon’trememberifIsaidanything、butIdoremembernextthingIdid?emboldenedby
herreaction、reachingunderherskirt、gingerlystrokedupperpartofherthighandher
buttocks.Iwaspleasantlysurprisedtodiscoverthatshewaswearingathong(T-back).
Hersoftfleshwassosmoothandfeltlikeomochitothetouch.AsIheadthesoundofher
cuttingupacarrotcontinuedasaclockwork、Icouldn’ttakemyhandsofffromherskin.

Ifeltmybloodpressurewasshootingupandfeltdizzy.Asblackspotsstartedappearing
aroundthecornersofmyvision、IthoughtIwasgoingtofait.Myheartwaspumpingat
themaximumcapacityandIwaslosingmyself.“Heck”Ithought、despitemyself、rather
calmly、“sheknowswhatI’mdoinganddoesn’tseemtomindatall”.

Determined、Islowlystartedliftingherskirt.Herhandseemedtohaveslowedfora
moment;butsoontherhythmicaltappingsoundstartedcomingoffthecuttingboard.Not
onlythat、asIliftedherskirtallthewayuptoherwaist、sheevenstuckoutherluscious
roundbottomtowardsmeandwiggledslightlyinalustfulmanner.Istoodthere
speechlessandcaptivated.Itwasamostamazingsight?Thestringofhertightthong
pantiescutdeepintothesoftfleshforherlargeroundbuttocks.Thesoftcheeksofher
buttswerebouncingslightlyupanddownleftandrightasshemoves、screaminga
desperateplea、beggingmetograbthem、burrymyselfintothemandgetlostinthem.
Ifeltatitillatingsensationfillingupinmypulsatingmemberpushinghardonmypants
front、signalingitwasgoingtoexplodeanyminute.

Itookadeepbreathandgotdownonmykneesandheldandcaressedherbottomwith
bothhands.ThenIburiedmyfaceinthevalleybetweenthetworoundfleshmounds、and
tookadeepbreath.Thesmellofhersexrushedintomynostrils.Itwasaccentuatedby
theslightbutdistinctsharpscentofheranus.IthoughtIwasgoingtoblackout.

Iheldontoherthighforamomentnottoloosebalance.Itheneasedmyfingersdown
towardshermostsensitivepartalongthestringofherpanties、myfacestillburied.“My
goodness”Ithought、asIdiscoveredherintimatepartdrippingwetandthepartofher
pantiescuttingintoherslitwasdrenchedfromherlovejuice.Icouldn’tresistthe
temptationtostrokeherallslipperycrotch.

Icouldnolongerhearthechoppingsoundoffhercuttingboard;instead、Iheardaslight
pantingoverhead.HerbuttocksswayedsensuallysidetosideasIstrokedherslipperyslit、
rollingmyfacewiththem.Itwasnotdifficultformyfingertofindahotwellingentrance
ofherlove.Thefingertipslidin、asighofpleasureescapedfromhermouth.Mylower
bodywastakenoverbythepleasantsensationandItoofeltquitewet.

Asshepushedherbuttocksagainstmyface、IfeltIwaslosingmymind.Ihelditthere
untilIcouldnolongerwithstood;thenIdetachedmyselffromherbottomandslowlygot
tomyfeetagain.

Shestoodtherequivering、herhandsonthecounter、headpulledallthewayback、eyes
closed、lusciouslipspartedslightly.Overhershoulder、Isawherlargebreastsheavingup
anddown.AsIunzippedandpulleddownmypants、myhard-onsprungupglisteningall
20cmofit.ThenitrestedcomfortablyonherroundrearasIleanclosertohertoreach
andgrabherbreastsfrombehind.Herbreastswereamazinglysofttothetouch.AsIhad
suspected、shedidn’thaveherbraonandasIcaressthemthenipplesroseuplongingfor
moreattention.Shescrambledtothehemofhershirtsandliftedup、exposingherwell
developedbreasts、andtookmyhandsandplacedthemoverthem.

Ienjoyedthesoftandsmoothsensationofherbarebreasts.Itwasincredible.AsI
twiddledhernipples、sheletoutanecstatic“Uhuuuh”andtwistedherbodyinpleasure.I
couldnolongerholdbackmyurgetopenetratedeepintoher.AfterIpulledherpanties
allthewaydownwithbothhands、Iheldherhipwithonehanduseanotherhandtoguide
myhardstick、moveddownthewetandglisteningtipalongthecrackofherbuttockspast
heranalentrance.Thetipofmymanhoodfoundthejuicewelling、lustfulhungry
entranceinherhotslipperycrack.

Myhardpartwasscreamingtogetinside、andshealsostuckoutandwiggledherrearend
hopelessly、butIheldthereforalittlelongerandsavoredthemoment.Shefinally
beggedme“Iwantyouinsidenow、please”.Respondingtoherdesperateplea、Iheldher
hipswithbothhands、andeversoslowly、startedpushingmywayintohersoftbody.AsI
burymyselfinchbyinch、adeepandlongsighofgratitudeescapedfromhalfpartedher
lips.“Hunnuuuuuah”、shemoaned.Ifeltmymemberinflatedevenmoreinsideher.The
titillatingsensationofherhotfleshfasteningtightlyaroundmyshaftwasindescribable.
Shestuckoutherbuttocksfurthertogetmoreofmeasifadrowningmandesperately
tryingtoreachforthesurface.Idrovemyselfdeepertofeedherburningdesire.“OhMy
God”shesaid、“feelsSoooooGoooood!”

Unableanylongertocontrolmyownurgetogofullblast、Istartedmovingmypelvis
backandforth.Slowlyatfirst、butgraduallypickedupspeed.Theeroticsoundofher
pantingandmoaningwassynchronizedwithrhythmicalslappingofmybodymeetingher
bottom、reverberatinginthekitchentostimulateourlibidoevenfurther.“Huh、huh、huh、
huh、aaaaaaaan、itfeelsgooooooood、it’sgoingsodeeeeeeeeepaaaaaaaaan”shemoaned.

Imovedmyhandsovertothefrontofherbodyandstartedsqueezingherbreasts.
“uuuugh、ohgosh、feelssoooooogoooood、Iamgoingcrazy”shesaidmovingher
buttocksinacircularmotion、squeezingmyuncontrollableshaft.Itwasincredible.I
neverhadasexlikethiswithmywifeoranywomenIhadsleptwithinmylife.Herhot
tunnelcontractedandsqueezedmeinawavelikemotionreminiscentofthemovementof
agiganticworm;andherentirebodyalsomovedlikeawaveandpumpingherown
pleasureintomethroughthepartofourbodiesjoinedtogether.AndIfeltalmostasifmy
lowerbodybecamepartofher、feelingeverytwitchofhermuscleandeveryounceof
pleasureshehad.

IfeltlikeIwasinasweetdream、theoneyouneverwishtowakeupfrom.Werocked
togetherbackandforce;ourhipsswungtogetherinunisonasifinacarefully
choreographeddanceoflove.Ilostthesenseoftimeandfeltpeacefulandcalmfora
moment.Then、withoutwarning、Isensedasuddenrushingofmybloodintomygenitals、
awarningsignthattheendofthedreamwasimminent.Inanattempttomakethis
paradiselastlonger、Istoppedmyselfforamomentandtriedtothinkofsomething
unpleasantlikemyboss’sface.Butshe、nowholdingmyhands、rubbedmypalmsagainst
herbreasts、shakingherheadleftandrightlikeamadwoman、screaming“Noooooooooo、
don’tstooooop、fuckme、fuckme、FUCKMEHAAAAARD”.Thenshestartedmoving
herhipsbackandforcefrantically、screaming“Ah、Ah、Ah、Ah、Ican’t、Ican’t、Ican’t
stop.AAAAAAAAAAH”

Mymindwentcompletelyblank、Icouldonlyfeeltheintensepleasurablesensation
generatedbythetightpressureofherflesharoundmynearexplodingsexorganandIfelt
dizzyasifallmyblooddrainedoutofmybrainandrushingtomygenitalsinanticipation
totheinevitablemoment.“Ah、Ah、Ah、I’mcoming、I’mcomingAAAAAAH”she
screamedindelirium、movingherbodyevenharderandfaster、“comewithme、giveitto
meinside、huh、huh、huh.PLEEEEEEEEAS.”AsInearedclimax、allthesoundsstarted
fadingawayfrommeandherpantingandscreamingfeltfaraway、andIlostthesenseof
directionandfeltasifIwasfloatinginaviolentstormyocean.

Iheardherscream、“AAAAAAAAAH、IAMCOMIIIIIIING”comingfromsomewhere
outsidemyconsciousness.Thenallofasudden、Ifeltanacutepleasurerushedinthrough
thenarrowchannelthatconnectedustogether;andinthenextmoment、Iwascompletely
engulfedinahugetidalwaveofheavenlybliss.Ifeltmywholebodybecameabig
hydraulicpumpandstartedpushingmyspermfilledfluidintomyhungrypartner.While
Iwaspumpingitout、herwholebodywascontractingviolentlyinanuncontrollablestate
ofecstasy.Asthespasmofourmusclebecamesynchronized、thepleasurebroughttome
witheverycontractionofmybodybecameamplifiedtothelevelalmostunbearable.We
stoodthere、moaning、panting、sayingsomethingincomprehensive、withmyshaftdeeply
inserted、pumpingmylovefluidintoher.Weletourbodiesconvulsedtogether
rhythmicallyinalongsuccessionoftwitches、whichlastedforwhatseemedlikehours.

WhenIfinallycamebacktomysensesasthestormofpleasuresubsided、InoticedIwas
stillhadmyarmsaroundher、claspingtightly、herbreastsinmyhands.Therewasa
paddleofslimyliquidunderourfeet.Ifeltmessyandstickyalloverfromwhosebodily
fluid、Idon’tknow.ThenIheardherstartedsobbing.Itriedtodetachmybodyfromhers、
butshegrabbedmyhandsagaindeterminednottoletgo.Igaveherasqueezewhichwas
returnedbyhersqueezingatmybodypartstillinsideher.Thensheturnedherheadand
soughtmymouse.Wekissed、alongmessyone.Hertonguemovedinmymouse、still
hungry、likeanunderwatercreature.Ifeltafirestartedburningagaininsideme.

Afterthat、wemadeloveafewmoretimesbeforebothofusgotexhaustedanddropped
around4o’clockinthemorning.Wespentmostofthenexttwodays(luckilySaturday
andSunday)joinedtogetheratthegenitals、exceptwhenweneededtogotothebathroom
andtookcareofourphysiologicalneeds.Weevenatemealsincopulation.

Youmaythinkwewerecrazy.Maybewewere、butwejustcouldn’tstop.Ourlovegot
escalatedtothepointofbeingshockingtomostofthepeople.Icantalkaboutwhatkind
ofheartstoppingfunwehavebeenhaving、butIwillkeepitforanothertime.

Sincethatweekend、mymindhasbeencompletelyoccupiedbytheimageofher
voluptuousbodymovingsensuallymoaning.Ijustcouldn’tgetmymindofftheimages
oftheselargebreastspushedagainstmyfaceorroundbuttocksbangingonmylower
body.Andtheseimageskeptmyunderpantswetwithwhattheycall“pre-cum”.

Evennowwithmyfamilyandherhusbandback、wekeepseeingeachother.Wegoto
thehotelduringlunchours.Sometimes、IevenskippedworkpretendingthatIwassick
andwentstraightbacktohercondoandmadeloveuntiltheeveningjustbeforeher
husbandwouldcomehome.Severaltimes、weevenhadsexinourstorageroomdownin
thebasementofourcondominiumbuilding.ButobviouslyIcannotgoonlikethisforever.

Iwillcomebackandtellyouwhathappenedafterthat.Butuntilthen、havehappylovelife.



乱交 | 【2017-04-16(Sun) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

爛れた夏  ちょっとだけおまけ

その1 
その2 

ブサイクエロ、通称ブサエロの祥子と俺達の約半年間の乱交状態。
別に約束したわけでもないのに、みんな抜け駆けしなかった。最初は多分
1人で呼んじゃおうかなとかは、あいつらも思ったはずなんだ。
俺も正直気持ちはあったし。

ただ、祥子はこの時期だけ限定で俺達にだけゆるかったwというだけで
別に普段からエロモード炸裂なんてことは全くなかったどころか、かなりの
お勉強好きだった。男にも対等に向かってくるし、論戦になると基本勝てないw
俺達も伝わらないかもしれないが、そこそこの大学には行ってたんだけど
あいつは成績とか知性ってところで行けば、悔しいけど俺達より抜けてた。

だから変に手を出して、言いこめられてホントの彼女になったらマズイと
思った訳。だって基本的には不細工だから…w
それに複数でやってれば、明らかにプレイだしあいつも頭いいんだから
割り切ってくれるだろうと。

実際いつだったか、連れと二人で犯しながら(こう言うと祥子が好きだった)
聞いた時も、そんな感じだった。
だいたいは二人がかりでバイブと指マンしながら尋問してたんだけど、
「祥子、なんで廻されたい訳?」
「あっ、ふっ、普段から、考えてたんっ、だけどっ、ね・」
「ふうん、んじゃオナニーのオカズもそれ系か?」

「うん、あっ、っくっ、そうだよ」
「へ~、実際もやってたんじゃねーのか?」
「あっ、あ~~、でも知らないヤツだと不安だし
 それと、ホントの彼氏とかに服従するのはなんかヤダw」

俺は寝てる祥子の枕元に移動して、荒い息を吐きながら
タプタプと揺れる巨乳にぐっと指をめり込ませた。
「ふぁっ!」
「おっ、流石犯され好きぃww、効いてるねえ」
「もう・・・っ、くっ、でも好きw」
連れはバイブを奥まで入れて、手でしっかり押さえておいて
執拗にクリを舌でほじくっている。
たまにバイブのスイッチを入れて、祥子に悲鳴を上げさせながら
笑っていた。

バイブの強をおねだりする祥子を見ながら、俺も乳首を引っ張ったり
つねったり、カミカミしたりしながら、すげー身体でいい反応するよなコイツ…
なんて考えてた。
「結局、俺達が無難だったって訳か~。だから、この前お前から誘ってきたのかよ?」
「うん、そう、ごめんねw だってその辺の兄ちゃん達にやらせるの嫌だったんだもん」
「変なとこプライド高いなお前w」
「んじゃ、プライド高いお口をふさいでやるか」

俺は祥子の身体をベッドの縁までずらして、頭が落ちるような姿勢を取らせて
祥子の顔を跨いだ。
「希望通りのチンポが揃ったんだから、きっちり奉仕しろよw」
「ふふふww・・・いーよっw」
のけぞって口を開いた祥子に、チンポを入れてやる。
口をすぼめて、舌を使おうとするのを無視して更に送り込む。

「んーーーーーっ!」
「ほら頑張んないとダメだよ~、祥子」
俺はわざと素っ気なく言いながら、乳首を両方ひねった。

「あくっ!・・ん・・ん・・」
喘いだことで、のどが開いたのがわかった。遠慮無く、口中を蹂躙する。
のどの感触を味わいながら、連れと顔を見合わせてニヤリw
ゆっくり抜いてやると、ねとーっと糸を引いて厚い唇からチンポが
戻ってきた。
涙目になってる祥子の頭をなでながら
「美味しかった?w」
「もう!マジでSなんだからっ」
「でも祥子、すげえマンコ締まってたぜwww」
「だって、すごい汚されてる感だったし・・・w」

この後連れはマンコに、俺がディープスロートでマンコの締まりを調節してやる
というコンビプレーを展開。連れが祥子のマン毛に放出するのをみて
俺ものどの奥にぶちまけてやった。

「満足した?w」
ぜえぜえ言ってむせながら精液を吐き出す祥子をよそ目に、俺たちは
ビールで乾杯。最高の充実感だった。

この後、騎乗位の祥子のアナルに指入れしながら、過去の性体験とか
言わせてたら、段々ムラムラしてきてDPしてしまったw
もちろん後ろは中田しだった。

あんた達、そんだけ欲望があってよく犯罪に手を染めなかったねって
祥子に言われたのを覚えているw

んで、今でも祥子とは年賀状のやりとりとかしてるんだけど、
あいつ結婚してから、びっくりするくらい太ってしまったんで
もう死ぬまで再現不可能な関係だね。

今のブサデブな祥子はちょっと無理ww





乱交 | 【2017-04-10(Mon) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

★男女4人、冬物語★

高校生の頃の話。当時は男2女2でいつも遊んでいた。
高校2年の春、俺と秋田(仮名・男)で歳を偽ってクラブに行った時にナンパした女2人が同じ高校のしかも同学年だったのが始まり。
下心から始まったからエロを隠す必要が無くて、話していて楽だからそのまま友達になった。

好きな女(男)に恋人はいるのか、好みのタイプは、だとか情報交換したり、
3年になった頃にはSEXのテクニックについて議論したり、
加藤鷹のAVを見て一緒に研究したりもした。胸ぐらい触っても気にされないような関係。

一人暮らしの秋田の部屋は六畳の1Kでユニットバス。
女がシャワーを浴びている横で俺はうんこなんて平気だった。
「くさいよ~」とか言ってカーテンの隙間から湯を浴びせられたり。
仕返しにカーテンで体を包んでふざけていたらカーテンレールごと外れてしまって、
その日からシャワー禁止。体を洗いたければ風呂桶に湯を溜めて入る。
裸は見放題。そんな事一々気にもしなくなっていた。

俺と秋田は4人でいる時間が恋人といる時間と同じぐらい大切だった。
しかし、女2人はそうでもなくて、彼氏ができてしばらくは足が遠のく。
でも「ここに来ないと息が詰まる」と言ってすぐに戻ってくる。

4人が4人ともに尊敬し合っていたし、目指しているものがあったし、
委ね合って生活していた。志望の違いがあって、全員別々の大学に進む事が決まっていた。
こうしていられる時間はあと少しだ。

ある日、井上(仮名・女)が言った「皆地元だから一緒に住まない?」ルームシェアの提案。
井上と上野(仮名・女)は既に二人で一緒に住む事を決めているようだった。
秋田「ずっと一緒はね。部屋二つ借りてとかなら賛成」
上野「あーいいね」
井上「4人がいいなあ」
男部屋・女部屋案と合同案の2つが挙がった。

秋田「遠藤(仮名・俺)は?」お前はどうしたい?
俺 「俺は…一緒がいいよ」意見は2つに割れた。
その日はそれ以上話さなくて、受験勉強そっちのけで酒を飲んで、ZIMAを胸に挟んで「パイズリ~」とかふざける上野の乳首に練りカラシを塗ったくって悲鳴を挙げさせた。

時は過ぎ、4人とも大学に受かって遊びほうけていた。もうエロ全開。俺ら全壊。
無修正のAVを見ていたら女優がパイパンで、井上が「スッキリしそう」と言うから、
シェービングクリームとカミソリで剃ってやった。
秋田が「今からオナニーするからあっち向いてろ」と言うから皆で凝視した。
美大に行く秋田の為に3人してヌードになり、俺と上野で69ポーズをしていたら本当に咥えられた。
そこからなし崩し的に乱交。俺が「わかめ酒をやってみたい」と言ったら井上が「毛が無いから無理」と言って爆笑。
その後(わかめ酒に毛は必要なのか)という疑問を全員裸で検索。必要らしいという結論により(パイパンの場合あわび酒という)上野でわかめ酒を決行。太ももが細いので器にならず失敗。

堕落していく感覚が気持ちよくて、もっと過激な事は無いかと色々試した。
でも、大学生になってからの事は話さなくなった。皆終わりが近いことを感じていた。
こんな馬鹿な事は続けていられない。
「面白そうなの見つけた」と片栗粉Xを作り始める女は嫁には行けない。
「ノド渇いた」とパンツを脱がせてクンニを始める男は死んでしまえ。

入学式を翌週に控え、俺たちは真面目になった。これで終わりだと、それぞれと交わり、ユニットバスを水浸しにしてシャワーを浴びた。
それぞれ一品ずつ料理を作り、会話の一つ一つをかみ締めながら食事を楽しんだ。
それから、今後の抱負を言い合う。
秋田「一人暮らしを満喫する」皆で笑う。
井上「とりあえず、普通の彼氏を作る」皆で笑う。
上野「今まで楽しかったから、これからも楽しければいいよ。でもさ、これからの楽しいのは、今とはもっと違う事だよね」もっと自分を磨かなければ。
俺 「社会人になってからを考えながら、学生生活は楽しみたい。やり残した事は無いから新しい事を始めれると思う」皆で頷く。

あれから5年。秋田、井上、元気にしていますか?俺は今上野と付き合っています。
あの頃とは違う愛情で、彼女を愛しています。
12月に入ったら、3年ぶりに連絡をします。あの頃とは違う、楽しい話を聞かせてください。


乱交 | 【2017-03-18(Sat) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

めぐ姉とりょー坊 2

こんばんはー。いよいよ旅行の前日になっちゃいました。今日はけーちゃんと最後の打ち合わせ
をしてきました。宮城、岩手の辺りをちょっと動くんですけど、なるべく叔父さん夫婦は
夫婦で動ける様にしようね、という話でした。最後別々に帰ってくることになるかも。
しかし、けーちゃんの企画力はほんっと凄いです。なんか計画表みたいの出来てた。
まあ私も元々にぎやかしっていうか、えちネタ大好きな人なので、GWの旅行では何かしら
報告するネタが出来る様に頑張ってきますw

・・・書いてると、やっちゃったかなー感がますます募ってくる訳ですがw 結構
嬉しい気分もありますが。結局食べちゃったんだか食べられたんだか。
結局今りょー坊とは、「仮恋人」みたいな感じの関係なんだと思います。順々話します
けど、なんか先に結論書いちゃった方がやりやすいw
えっと、5月3日までの旅行の話で。ちょっと何か、例によって記憶を辿りながらですので
細かいとこはいい加減かも知れないです。
今回の旅行って、結局何か全部けーちゃんの計画通りになった様な・・・。

前にも書きましたが元々この旅行って、叔父夫婦の結婚20周年記念の旅行なんですね。
4泊5日で、宿を二回くらい変えながら宮城とか岩手とかを周ろうっていう旅行で、泊
まりの時には叔父夫婦を二人っきりにしてあげよーという計画だったので。基本的に
は、けーちゃん・りょー坊・私、の3人で夜は泊まることになるんで、私としては
ちょっとこれはどうなのかな、とか思っていた訳なんですが。どなたか言われてました
けど、実際ちょっとだけ、2対1とかの可能性を危惧(妄想とも言う)しないでもなかっ
たですw 女1の3Pってすっごい疲れそうだなあ。いや、したことないですけどw

初日は案外何もなかったんです。行った先はこけしで有名な某観光地で、宿では
浴衣着用だったんで、夜とかは若干身の危険を感じないでもなかったですがw 
私、寝てる間かなり着乱れちゃうんですよね。しかも本格的に寝出すと眠り深いから、
寝込み襲われたりしたら気付かない可能性が高いし。・・・実際何かされてたかも知れない。
寝る時は布団敷き詰めて、殆ど雑魚寝な状態でしたし。
でも夜はお酒飲んだりしてわいわい普通に話して、割と普通に過ごせました。
あ、けーちゃんと3人なら別段何事も起きないかなー、と思ったんですが。

発端なんですが、二日目の朝。けーちゃんがこう言いました。
「あ、オレ今日G藤んとこ遊びいくから、多分戻ってこんから」
・・・・・・はい?えーと、それは一体何のお話ですか?
「あれ、言ってなかったっけ。泊まりんなると思う。K村とかもこっちいるから」
あ、G藤とかK村っていうのは、けーちゃんの高校の頃からの友達、だそうです。
K村さんは女の子らしい。
なんか仙台の国立大学に受かって宮城にいる人たちで、元々こっちで会う
約束をしてたっていうのは聞いてたんですが、えーと、これはどーゆー展開ですか?
私が混乱してると、しれっとした顔で
「りょー坊いるし、大丈夫っしょ?」
それが心配なんだってば。なんかこの時、絶対こいつ確信犯だと私の中で半ば確定
しちゃいましたけどw りょー坊に話通してあるのかどうかまでは分かりませんでした
けど。この前からの続きで二人で泊まりなんてことになったら、私襲われるに決まってる
ってばーー。

狙ってないですw

叔父一家の旅行って、元々各人好きな様に好きなことを、みたいな風潮があるので、
それぞれ別行動っていうのは別に珍しいことじゃないんですけどね。
とにかく今夜はりょー坊と二人っきりということに決定です。かなり内心動揺しました
けど、こうなったからには覚悟を決めないとっ。もし襲われてもその時はその時。
むしろこちらから食べちゃうくらいの勢いでっ。
・・・とかいって一応、こっそりとゴムを買っておいた私なんですがw いや何て
いうか、備えあれば憂いなし、みたいな感じでしょうか?結構バカなことを
してしまった気もする。

とにかく覚悟は決めたんですが、正直何が起こるか分かりません。ってもこの時点で
結構テンション高めだったので、もしかしたら何もなくてもこっちから襲っちゃった
かも知れませんけどw
夕方頃にけーちゃんが出て、私はお風呂入って浴衣に着替えてきました。ブラは
するかどうか迷ったんだけど、取り敢えずいつも通りしないことに。流石に大浴場だった
ので覗きはありませんでした。いつもは、っていうか前の温泉旅行の時まではりょー坊は
浴衣着なかったんですけど、この日はおそろいでしたね。揃えてくれたのかな、って思った
んですけど。

それで、夜のお話。昨日買ってきていた梅酒がまだちょっと残っていたので、飲んじゃうことに
しました。正直結構微妙な雰囲気だったのでお酒が飲みたかったっていうのと、あと
酔った勢いでえちいことになっちゃうならそれはそれでいいや、とか考えてましたね、結構。
りょーちゃんには流石にあんまり飲ませませんでしたけど、なんかちょっとだと
思ってたら結構量があったんですよね。飲んでる内にだんだん酔ってきちゃって。
一回トイレに行ってきて、戻って座った時、りょー坊がじーっとこっち見てくるんです。
「めぐ姉、胸・・・」
思いっきりはだけてましたw 右胸の方は乳首まで見えてるし。別にこの時はわざとやった
訳でもないですよ、念のため。トイレに座って帯いじった時、一緒にはだけちゃったんだ
とは思うんですけど。

えーっと、この時、酔った頭でいくつか考えたことがあります。胸はだけたまんまw
・飲み過ぎた。絶対寝ちゃう。
・寝たら間違いなくいたずらされる。ってゆーか、多分食べられる。
・そんな状態でえちいことさせちゃったら、激しく教育に悪い。あと私としてもつまんない。
一体何を言ってるんだって感じの思考ですけどw 取り敢えず、襲われる前にこっちから
いっちゃえーというかなんというか。
結局、出てきた言葉がこんな感じでした。
「・・・ちゃんと見たい?」
りょー坊、しばらくじーっと私の胸を見た後、こっくり。

実はここまで、私そんなに興奮とかしてた訳じゃないんですけど(妙に緊張はしてました
けど)、この時、言っちゃったーって思いと同時に、いきなりすっごいキました。
じゅん、って。お尻動かしたら感触で分かりそうなくらい。
なんていうか、えっち妄想がいきなり現実化しそうになったからでしょうかw 最近
自分でしてる時もこんなに濡れた感じしなかったってば。
取り敢えずもう後には引けない雰囲気だったので、帯を解いて、上だけ。ぱらって。
ストリップする人の気分がちょっとだけ分かりましたw 下は物凄いむずむず感。
ここからはもう二人とも多分完全にえちモードだったと思うので、ちょっと書くのが
恥ずかしいんですが(汗
えーっと、この時りょー坊と私はテーブル挟んで斜めに座ってたんですけど、ごそごそって
りょー坊がこっちに寄って来たんです。あ、来るかなーって思って。でも、単に近くに
寄ってじーっと見るだけ。りょー坊にしてみれば、合意で見るのは初めてですしね。

で、こっちは恥ずかしさと、下の方の恥ずかしい感じに動揺ってゆーか焦りながら、それでも座った
ままじーっとしてると、りょー坊がいきなり手を伸ばしてきて、つんって乳首をつまんで
来ました。
・・・無論立ってましたw 私舐められるのに比べれば指でいじられるのはそんなでも
ないんですけど(だから一人の時は指を濡らしてからする)、流石にちょっとはぴくんって
なっちゃって。
りょー坊はその反応を見てどう思ったのか、乳首を押し込んだり胸を揉んだり。今までは
寝てる間にしてたことをし始めました。
えーと、どっちかというと下の方がむずむずするんですけどそれw でもまさかこっちから
おねだりするのは恥ずかし悔しいし、どうしようかと思いつつもぞもぞしていると、
「・・・下も見たい」
これ以上自分で脱げと。なんか本格的にストリップですかこれは、とゆー感じになるんですけど。
「もーー。やだ。・・・見たいんなら脱がして」
そう言ったら、いきなりがばって。押し倒されました。

浴衣がばさーってなってて、その上にあお向けになってる感じ。まだアンダーだけは残って
ましたけど。上は勿論裸で、ところどころ浴衣で隠れてるのと、下着にちょっと染みが出来
ちゃってるのがが我ながらやらしい。えーと、電気ついててすっごい明るいんですけど・・・
もう、すぐされちゃうかなって思ったら、りょー坊、案外暴走しないんですね。
下は凄いことになってたっぽいですがw やり方とか、自信なかったのかも知れない。
とにかくりょー坊、上でもぞもぞしてたかと思うと、キスもしないでいきなり乳首、舐めてきまし

た。
・・・悔しいけど、これは普通に気持ち良かったです。なんかただ舌を使うんじゃなくて、
固くなった部分全部口の中に含む感じなんですね。で、含んだ口元を上下させながら、
中で先端をぺろぺろ舐めるみたいな。ちょっと説明しにくいですけど。

声は出なかったと思うんですけど、ちょっと、その、効きました。一瞬全身ぶるって。
あとで、どこでそんなん覚えたんだーって聞いてみたら、「読んだことあって。自分の指とかで
試してみた」
・・・先生、うちの従弟は一人の時、かなり微妙なことをしています。
流石に慌てて口元抑えて、頑張って表情に出さない様に我慢してると、したの方で冷たい
感じがしました。
・・・下着越し、なぞってきてる。
もちろん、すっごい濡れてるのはばればれだったと思います。しかも、今の乳首攻撃で
更に追加分が出ちゃいましたしw なぞられるの自体は前にもされたことあるし、そこまで
感じるって程でもなかったんですけど、胸の方がちょっと、苦しい。眉間にしわくらいは
寄っちゃったと思います。

ちょっとなぞられた後、手が止まったと思ったら、指、くんくん匂い嗅いでる。・・・どこで
覚えた。後で聞いたところ、あんなに濡れるものだとは思ってなかったとか。
その後。順序としては当然っていうのか、下着の中に手、入れてきました。
これが結構、凄かったんです。最初は、なんかいきなり外側をこすってきて、
「いた、いたいってば・・・」慌てて止めましたけど。
そう言ったら、穴の場所を確かめてるのかどうか分かんないですけど、入り口周辺を上下に
くちゅくちゅする攻撃に変えてきたんです。私弱いんです、これ。
「んっ・・・」
思わず、っていうか。お尻動いちゃったし。声出したら、学習されちゃったっぽいw
なんかそれまでは結構あちこち動く感じだったんですけど、こっから集中的にその辺を
いじってくる感じに。

私が今まで付き合った人って、割と耐久力?がある人が多かったんですね。なんか、いじられてる
間に向こうのをいじったりこすったりしても、あんまり効かない人ばっかりだったし。一人えち
に慣れてる人だと、私程度の握力じゃなんてことないらしいんですがw
とにかくいつもの癖で、私からも攻撃したくなって、りょーちゃんの下着どさくさで下ろし
ちゃったんですね。下の方は勿論かなり気持ち良くされちゃってるんで、ちょっとやりにく
かったですけど。たまに中の方に指が入ってきて、上の壁とかこすられちゃったりして、
お尻とかびくっとさせちゃいながら攻撃。
りょーちゃんのはまだ成長しきってはいない感じでしたけどw 大きさは案外大人で、
握った感じも凄かったです。とにかく熱くて固いっていうか、殆どの部分が芯って感じ。

とにかく、下の方のいじられはまだ続いてるし、こっちももうあんま時間経つと余裕なくなっちゃいそうな
状態でした。っていうか、ぶっちゃけイっちゃいそうだったwそれで、ちんちんを上下にこすり始

めると、
「ちょ、ちょ・・・やば・・・」
手、止まりましたw なんでかな、そんな強くした気はないんですけど、状況も考えると
ちょっと刺激が強かったのかも知れない。
でも、やばいって言われても、そんなイっちゃう程だとは思わなくって。ついでに、
いきなり気持ち良さそうな苦しそうな顔になるのが可愛かったのでw ごしごしーって
やってたら、「あ、ちょ、ちょっと・・・めぐ姉・・・」あれって思ったら、
いきなりびゅーって。量はそこまででもなかったと思うんですけど。 太もも
あたりに、当たるの感じるくらいの勢いで、りょー坊、出しちゃいましたw 2,3回に
分けて射精したんじゃないかな。腰がぶるって震えるのが可愛かった。

「うあ・・・」って感じの声出した後、脱力したみたいで、ぱたって。えーと、うずまる程の
モノじゃないけど、君が顔を押し付けてるのは私の胸だ。
出しちゃった後、まだしばらくは固かったっぽいんですけど、この時は浴衣汚しちゃって
焦っちゃったみたいで、慌てて後始末。床拭いたり、浴衣脱いでTシャツになったり。
汚れた浴衣はどーしたもんかと思いましたけど、後でコインランドリーにいくことに
なりまして、襲ったり襲われたりっていうのは後回しになっちゃいました。

ここまでが、取り敢えず一線を越えちゃうまでの話ですw

取り敢えず、りょー坊がイっちゃった後の話です。しばらく二人でテーブルの
横に脱力してたんですけど(私はまだイってませんでしたけど)、取り敢えず精液で
浴衣や太ももどころか畳まで汚してしまったので、私は浴衣を脱いで、流石に上半身裸の
ままだと落ち着かないのでTシャツを着て、置いてあったおしぼりでその辺を急いで
掃除しました。なんか、どーゆー角度だったのかテーブルの足にまではねてるし。りょー坊
勢い良すぎ。
で、この時私は微妙にえちい格好だった訳ですが、これも別に意識した訳じゃ全然なくて、
いじられてた時点で下が結構溶けちゃってたので。下が濡れたまんま上から何か着るのが
気持ち悪かったわけで。アンダー着替えたかったんですね。

でも、りょー坊にしてみれば、目の前でTシャツ+下着(しかも染み出来てるし)だけ、
とゆー格好で動きまわられたのはちょっと刺激が強かったみたいです。まあこっちも、
前が濡れてるのが気になって妙な歩き方になっちゃってたから仕方なさげではあるんですが。
昔付き合ってた人で、上は普通に着てて下が裸、という格好が凄い好きな人がいましたけど。
まさかまだそーゆー趣味はもってないと思うんですがw
で、私の方は、りょー坊が一度落ち着いちゃったと思ってたから、結構下の方はまだむずむず
してて、後でトイレかどこかで自己処理しようかと思ってたんですねw そんなの目撃され
てたらまた大変そうでしたけど。

この時、ちょっとやっちゃったかなーとは思ってたんですけど、えちモードでもあったしそんなに
罪悪感とかはなかったですね。むしろりょー坊の方が、すぐイかされちゃってへこんだりしてないかなー
って心配だったんですけど。実は全然それどころじゃなかったらしいですw
取り敢えず脱いだ浴衣をビニール袋に入れようと思って、がさがさ荷物を漁ってた時。後ろから
襲われました。・・・油断してた。
四つんばいになってたんですけど、りょー坊が後ろにそーっと寄ってきて、後ろからいきなり、ぺろって。下着を。
「わ、な、ちょっとなにっ」「まだちゃんと見てないーー」
なんかちょっと余裕ができたのか、結構いたずらみたいな口調でした。息は荒かったんだけどw
取り敢えず太ももくらいまで降ろされちゃって、しかもお尻は左右からきっちりつかまれてるので、
なかなか振り向けない状態。四つんばいのまま固定ですw 前でばたばたはやってましたけど。
力はりょー坊の方が強いんで、振り向いて抵抗しても下着が伸びるだけでした。
「・・・糸ひいてる」うるさい。

前も書きましたけど、私濡れはじめるまではそれ程でもないんですけど、濡れ出してからは結構
歯止めがかけられない体質っぽくて(汗 とろーーって感じで、前の方から下げられた下着まで、
ちょっと引いちゃってたみたいです。ちゃんとは見てないですけど。
で、それが結構りょー坊にはキたみたいでw いきなり後ろからこすり始めました。
どうやってたのかな、多分指二本か三本くらい、甲の方でだったと思うんですけど、入り口の辺りに
押し付けて、がーーって。上下に。
「ん、んっ、あぅっ、ちょっと、そ、それ・・・」
気持ちいい、とは流石にまだ恥ずかしくていえなかったけど、気持ち良かったです(笑 さっきされた
時はまだちゃんと体の準備が出来てなくって、それ程でもなかったんですけどね。この時は勝手に準備
オッケーになってたらしい。

支援ありがとうございますー。微妙な時間だから誰もいないかと思いました(汗

「これ、気持ちいいん?」「ん、あっ・・・うん」
しかも、今まで付き合ってた人だと、私の反応を見てある程度遠慮したり、他のところいじったりとか、
まあ結構手加減があったんですけど、そーゆーのわかんないんでしょうね。手加減なしって感じなんです。
なんか、私が気持ちよさそうだって分かったら、凄い勢いで続ける。えち状態でない時にされたらたまった
もんじゃないと思うんですけどw ちゃんと教育しておかないと。
とにかく、多分イく程じゃなかったと思うんですけど(全体的な刺激だとなかなかイかないので)、結構
余裕はなくなっちゃいました。お尻とか、ぶるぶるって。
「あ、ちょっと待って、ホント待ってっ」
やっと手、止まりましたw やばかった。気持ち良さで余裕がなかったのもそうなんですけど、あんまり同じ
刺激続けられると、私の場合痛くなっちゃうことが結構あるんですよね。特に外側だと。

「もーー。乱暴過ぎだって」「ご、ごめん・・・さっきされちゃったから、気持ち良くしたげたいって思って」
うん、その考え方は重要だ。でもこの会話、四つんばいのまま私が振り向いた状態でしてるんで、冷静に
振り返ると結構マヌケですけど。お尻丸出しだし。
「・・・いれてみたくない?」「・・・・・・。みたい」
とにかく振り向いてまともな格好になって、ついでにちょっと、ちゅ。さり気ないつもりだったんだけど、
途中で手がもつれそうになりましたw 

この部屋結構広くって、テーブルと座布団があるスペースと、お布団が敷いてあるスペースが区切られてる
感じなんですね。
それで、途中で万一畳をぬらしちゃってもアレなのでw 冷たくて気持ち悪いのを我慢しながら、一度下着を
上げて。二人で布団スペースに移動。そっちで改めてTシャツも含めて脱ぎ直しました。ついでにりょー坊の
浴衣も剥きます。息荒いってば君。従兄弟同士って扱いで泊まってるので、万一シーツぬらしちゃったら
ちょっとまずいかなーと思って、バスタオルを布団に装着。りょー坊にゴムも装着。我ながら芸が細かい。
取り敢えず、りょー坊の、もう完全復活してました。回復早いなー、というか、実は一度も落ち着いてなく
ないですかって感じ。
で、この時、実は結構考えました。体位。
普通に愛のあるえちなら正常位なんだけど、ちゃんと入れられるかなー?とか。いきなり騎乗位は中学生に
対してどうなんだとかw

うー、この辺から、冷静に思い出すと結構恥ずかしいな。
取り敢えず手伝ってあげることにして、布団の上にころって転がって、りょー坊を抱っこ。改めてキス。
まだ舌入れとかには抵抗があるらしくって、してきませんでしたけどw
こーして抱っこしてみると、もう私と殆ど私と体格変わんないんだよなこの子。とか思いました。
えちの描写より抱っこの話の方がなんか恥ずかしいのは相変わらずなんなんだって感じですけどw
「入れるとこ、分かる?」「んー・・・・・多分」不安だ。
そういうなり、りょー坊、いきなりまた下をいじりはじめました。今度は中。中指か薬指だったのかな?
多分入れるところを確認をしてるつもりなんでしょうけど、正直結構感じちゃいましたw 
「んっ・・・」って声を聞きつけられちゃって、
「あ、この辺、気持ちいいの?」とか。くちゅくちゅって。やばい気付かれた。

「ん、はぁっ・・・ちょっと、気持ちいいかも・・・」
恥ずかしいんじゃなかったんか。この時はもう結構気にならなくなってて、割と普通に体とかお尻とか
びくってさせちゃってましたけど。りょー坊は、「腹筋にも力入るんだ」とか学習してたみたいですw
あと確か、「めぐ姉って、見た感じ痩せなのにお尻おっきいね」とかも言われた気が。気にしてることを。
その内声が抑えられなくなってきて、指と一緒に「ん、んっ、んんっ」て。こっちも余裕、なくなり
ましたw
「ゆ、びでいくの、ヤだ・・・んっ。ね?んっ」
そういって、りょー坊のをいじったら、案外あっさりとやめました。なんか、この時また結構敏感に
なってたらしいw とにかく私の上に体を起こしてきて、結構手間取った末にですが、私が膝を開いた
状態でなんとか挿入。

で、この時なんですが、やっぱり固さは凄かったです。さっきもだったけど。ただ、腰の動かし方に加減って
ものがないんですねw 結構器用に動かすことは出来るみたいなんですけど、例えばすぐイっちゃいそうだったら
弱める、とかそーゆー余裕はないらしい。物凄い勢いでがしがしされちゃいまして。痛いくらいだったってば。
私ももうかなりやばかった状態だったので、その勢いで限界。多分総えち時間2分足らずだったんじゃないでしょうかw
最後は背中がぴーんって突っ張って、二人でキスしながら。びくびくって。
実はりょー坊、そのちょっと前にイっちゃってたらしいんですけど、気付く余裕ありませんでしたw そのままの
勢いで動かすもんだからゴムがとれかかってた。危ないってば。
その日はそのまま、流石にくたくたになっちゃいまして、大体拭いただけで、二人で布団被って寝ました。
ゴムもつけたままだったのはどうかと思いましたけどw

翌日。朝もなんとなく二人でごろごろしてたり、遊びみたいにキスされたりとか。りょー坊は結構はしゃいでて、
割と甘ったるい雰囲気だったかも知れない。ただ、この時に話したのが付き合うとか付き合わないとかの話で、
りょー坊は私のことはずっと好きでいてくれてたらしいんですが、付き合うとかに関してはまだ結構分からない
らしく。そのくせえちいことはしたくなって。やっぱり予想通り、温泉旅行からだったみたいなんですが、結構
えっち衝動をもてあましていたらしいですw 寝てるのかなー寝てないのかなーとか思いながら胸をいじったりとか。
取り敢えず「仮恋人」みたいな感じになったのかな?
で、昼前になってけーちゃんが帰ってきまして。その時は二人で、しばらく秘密ーということは決めてた
んですけど・・・なんか表情がつい意味ありげに見えてしまうのは私の心がやましいからだったんでしょうかw
結局その後は、旅行終了までえちいことはなし。三人で逆転裁判とかやったりもしてましたけど。推理しながら
あーだこーだって。

皆揃って間欠泉を見に行ったりとか、岩手の方に出て鍾乳洞をみたりして普通に楽しんだんですが、最後は
叔父さんとおばさんは二人で電車で帰ることになりまして。・・・え、あの、赤羽でレンタカー返すの、私ですか?
りょー坊がちょこんと助手席に座ってたのは可愛かったですけど、東北自動車道で気力を使い果たしましたw
これも全部けーちゃんのせいだーーーとか叫びながら。
ドライバーにあんまり余裕なくて怖かったろーなあ。途中サービスエリアとかに寄ったりして、アイス食べたりとか。
なんかけーちゃんが単独行動しがちだったのは今でも気になりますけどw
かろうじてレンタカーを返して、おしまい。
以上が、この前までの旅行の顛末ですー。

ふう、かろうじて来る前に書けた。肝心のえちシーンが短くてごめんなさい。
なんか、ホントに余裕がなくなるとどんなだったか覚えてられないんですよね(汗

支援してくださった方々、ありがとうございましたー。



乱交 | 【2017-01-03(Tue) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

嫁の過去

3年くらい前。正直、精神的にキツかった。

当時、俺は30結婚2年。嫁も30、嫁は妊娠初期ぐらいだったかな。一人目の子供を授かったばかりだ。

嫁に出会ったのは、26の時。取引先の事務員だった!よくありがちなパターンだな。ただ、見かけて、声を掛けるまで半年、メールやら食事に誘えたのがまた半年。1年かけて付き合えて、その後1年半付き合って結婚。
なかなか、食事に誘えなかったのは、同じ事務員のお節介オバチャンが、俺が気になってるのに気付きやがって、「あの子、彼氏に振られたばっかりだからね!」
なんて言いやがったから、余計詮索して声を掛けれなかった。

馴れ初めの話が長くなった……。本題に入ろう。話した内容はハッキリ覚えてないから、なんとなく書く。
そして、俺がこれを話すのは誰にも言えず、いまだにやりきれないからだ。

嫁が妊娠初期の時、たまたま有給消化で平日の昼間から嫁とダラダラとテレビを見てた。14時ぐらいに家のチャイムが鳴り、俺が出たら見知らぬ50代位のスーツ着たオッサンが立っていた。
「Y子さんのお宅ですか?」Y嫁ね。
「そうですけど、どちら様?」
「旦那さんですか?私〇〇〇警察の刑事のSと言います。Yさんはご在宅ですか?」
俺は、???と意味も分からず、嫁を呼んだ。
嫁はそいつが警察と分かると何故か、焦った様子で、俺を遠ざけようとした。
最初は、俺も自宅に警察が来て嫁を名指しで呼んだのにテンパっていたが、嫁の焦った姿と俺を遠ざけようとしたことに、悪い予感が頭を襲う。よくありがちな、主婦の万引きとかね。

刑事のSは、冷静で
「旦那さん。少しだけ外してもらえますか?ちょっとだけ、奥さまに聞きたい事があるんで!奥さまは何もしてないんで、心配なさらず。」

冷静なSの対応で、俺は安心して玄関からリビングに戻ったが、やはり気になる。息を潜めてリビングのドアに耳を付けて、話を聞こうとした。

嫁「来るの明日じゃないんですか?」
S「お母様には確かに今日って伝えましたが。」
「旦那さんが居ると何かと話せないでしょうから明日のこの時間にまたお伺いしますね。」
「すいませんが、お願いします。でもAとは、もう関係ないんで」
「大丈夫ですよ。では失礼します。」

バタンと玄関のドアが閉まり、嫁の足音が、リビングに近づいてきた。とっさにソファに座り平静を装ったが、今の嫁とSの会話が頭から離れない。
まず、〔嫁はSが来ることを知ってた風〕〔Aとは関係ないんで!ってどんな関係?〕盗み聞きした手前なんて切り出して言いか、分からなかった。

部屋が妙に静かで重い空気が流れた。

意外にも嫁から切り出してきた。
まず、刑事が来た理由。それから、それを黙っていた理由。

来た理由は、俺と付き合う前の彼氏が盗撮と強姦未遂で逮捕され、嫁にも盗撮関係で当時の男の様子を聞くため。
黙っていた理由は、実家に連絡があり義母から連絡が入ったが、俺に心配をかけたくなく、穏便に終わらせたかったみたいだ。

それを聞いて、俺は何の疑問もなく納得して、今更昔の彼氏の事で事情聴取される嫁に同情した。

次の日、俺は普通に会社に出勤した。でも、やっぱり気になるわな。適当な理由を付け、昼で会社を早退して家に帰った。帰る途中、イロイロ考えたが、嫁と一緒にSの話を聞こう!と思い、その為に嫁を説得するシチュエーションを何度もシュミレーションした。
家に着くと嫁がいない。買い物だな!
嫁が帰るのを待つが、Sが来る時間も迫っていた!

2時少し前、駐車場に家の車が入って来たのが見えた。俺はその時、何を思ったか、革靴を手に持ちリビング隣の4畳半程の和室の押し入れに隠れた。
程なくして、嫁が帰って来た。数分後、チャイムが鳴りSが部屋に入って来た。
和室とリビングの仕切りは無いため、意外とハッキリ話声が聞こえる。
社交辞令的な会話が続き、本題に入った。
その内容を聞いて、俺は頭が真っ白になった。

内容は
嫁の元彼は、やはり盗撮と強姦未遂で逮捕。もちろん強姦未遂の被害者から被害届があり、逮捕になる訳だが、その内容が、元彼Aと付き合っていた被害者が、元彼とラブホに入る、セックスした後に知らない男が2人、部屋に入って来る。Aがその二人と3Pを強要。断ると被害者の個人情報及び、今のAとのセックスを盗撮した動画をネットにばら蒔くと脅す。力ずくで犯されそうになったが隙をみて逃げ出し、警察へ。Aとその他2人(Aの友人)が逮捕。一人はそのラブホの従業員。って流れだが何故、嫁に?

家宅捜査後、押収したDVDにはトイレなどの盗撮が無数に存在したらしく、その中で実際に今回の被害者みたいなDVDが3件。Aの事情聴取で3人とも身元が分かり、被害届の有無の確認にSは訪れたらしい。

嫁は、完全に泣いていた。嫁は、確かに被害に遭ったが、A以外はヤクザでAはそのヤクザに脅され仕方なくやった。DVDは10万で買い戻した。と泣きながら言っていた。

俺は怒りに任せて、押し入れから出そうになったが、出れなかった。

嫁は、結局被害届を出さないとSに伝えていた。Sは被害届を出す様に説得していたが、嫁は俺とこれから産まれる子供との生活が大事だと、Sの説得に応じなかった。

話が終わり、Sが帰った。俺は気が動転していたが、どうやって押し入れから出れば良いか考えていた。
少し過ぎてケータイにメールが入っているのに気付いた、
嫁からだ「体長が悪いから、実家に泊まっていい?」
俺はすぐに「大丈夫か?良いよ!」と送った。
程なくして、嫁が家から出ていった。

その日は、8時ぐらいに嫁に電話し普通に話した。その普通の会話が俺には、嫌で嫌でたまらなかった。俺を頼って欲しい反面、嫁の優しさが余りにも辛かった。

それからは、なんとか毎日平静を装った。時間が俺の怒りも納めていった。

数ヵ月後、嫁の母親が階段から滑り落ちて1週間ほど入院することになった。嫁の父親は単身赴任中。入院から2日ぐらいは看病していたが、結局仕事に戻らないといけないため、俺と嫁に任せて仕事に戻った。
任せると言っても、入院中の母親の事ではなく、嫁の実家で飼ってる2匹の猫の世話。嫁の実家と俺の職場が近かったため、出勤前と退社後にエサをやること。義母が退院するまでの4日間だけ続けた。
3日目の退社後のエサやり、エサをやって直ぐに帰ってたんだが、その日に限り何故か嫁の部屋が気になった。かなり久し振りに嫁の部屋に入った。
結婚した時にイロイロ運び出したが、机、カラーボックスなんかはそのままだ。押し入れを開けるとクリアの衣装ケースが2つ、なんだか本がぎっしり入っていた。
何となく蓋を開けて中身を見ると学生時代の物がバラバラ入ってた。その中に安物の大きめな赤色のポーチが目に留まり中身を見るとDVDが一枚。
数ヵ月前のあの事を思い出した。恐る恐る誰もいないリビングでDVDを再生する。

薄暗い部屋にベットがあり、ベットの左側下の所位にこのカメラはセットされている感じ。部屋の扉が開く音、男女の話声。
確実に嫁の声だ。俺は体の震えが止まらない。
話声が止み、また扉の音、30分くらい経ちまた扉の音、いきなり、画面に裸の嫁と裸の男。布団も掛けずイチャつき男女は、嫁の股間へ顔を埋める。俺がいつも聞く喘ぎ声。
この時点で俺は泣きそう……。
そのあと、嫁が男のものをフェラし始める。俺はカメラがちゃんと写せる様に少しづつ態勢を変えた。カメラには男の物を舐める嫁がバッチリ映っている。そのあとは、嫁が男の物を受け入れ、イロイロな体位で攻められている。最後はカメラを意識した様に、横から嫁の全身が映る様にバックから攻めてフィニッシュ。

この時点で俺は震えが止まらない。

そのまま再生していると、嫁の悲鳴。男が2人入って来た。Aと思われる男はこの二人に敬語で話、嫁に3Pを強要。しかも俺からすれば嘘臭い借金話で3Pを強要された嫁を脅している。
嫁は泣きながら言われるがまま、初めて会った男の物を舐め始め、四つん這いの嫁の股間を別の男が舐めている。
俺は何も考えられず、ただテレビの画面を観ていた。
AVであるようなプレイを嫁が泣きながらしている。フェラしながらバックで突かれ、騎乗位しながら、一人がフィニッシュしたら、直ぐに別の男が挿入し、またイロイロな体位で突かれ、フィニッシュ。最後はAが嫌がる嫁を無理矢理バックで突いていた。
AVでさえ、早送りしないで最初から最後まで観たときなどないのに、自分の嫁のセックスを最初から最後まで観てしまった。俺は悔しくて泣いていた。

あれから、この事は誰にも言えず、心にしまっていた。
今は子供と嫁と普通に生活している。DVDは、捨てた。



乱交 | 【2016-11-16(Wed) 21:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*