FC2ブログ

めぐ姉とりょー坊 2

こんばんはー。いよいよ旅行の前日になっちゃいました。今日はけーちゃんと最後の打ち合わせ
をしてきました。宮城、岩手の辺りをちょっと動くんですけど、なるべく叔父さん夫婦は
夫婦で動ける様にしようね、という話でした。最後別々に帰ってくることになるかも。
しかし、けーちゃんの企画力はほんっと凄いです。なんか計画表みたいの出来てた。
まあ私も元々にぎやかしっていうか、えちネタ大好きな人なので、GWの旅行では何かしら
報告するネタが出来る様に頑張ってきますw

・・・書いてると、やっちゃったかなー感がますます募ってくる訳ですがw 結構
嬉しい気分もありますが。結局食べちゃったんだか食べられたんだか。
結局今りょー坊とは、「仮恋人」みたいな感じの関係なんだと思います。順々話します
けど、なんか先に結論書いちゃった方がやりやすいw
えっと、5月3日までの旅行の話で。ちょっと何か、例によって記憶を辿りながらですので
細かいとこはいい加減かも知れないです。
今回の旅行って、結局何か全部けーちゃんの計画通りになった様な・・・。

前にも書きましたが元々この旅行って、叔父夫婦の結婚20周年記念の旅行なんですね。
4泊5日で、宿を二回くらい変えながら宮城とか岩手とかを周ろうっていう旅行で、泊
まりの時には叔父夫婦を二人っきりにしてあげよーという計画だったので。基本的に
は、けーちゃん・りょー坊・私、の3人で夜は泊まることになるんで、私としては
ちょっとこれはどうなのかな、とか思っていた訳なんですが。どなたか言われてました
けど、実際ちょっとだけ、2対1とかの可能性を危惧(妄想とも言う)しないでもなかっ
たですw 女1の3Pってすっごい疲れそうだなあ。いや、したことないですけどw

初日は案外何もなかったんです。行った先はこけしで有名な某観光地で、宿では
浴衣着用だったんで、夜とかは若干身の危険を感じないでもなかったですがw 
私、寝てる間かなり着乱れちゃうんですよね。しかも本格的に寝出すと眠り深いから、
寝込み襲われたりしたら気付かない可能性が高いし。・・・実際何かされてたかも知れない。
寝る時は布団敷き詰めて、殆ど雑魚寝な状態でしたし。
でも夜はお酒飲んだりしてわいわい普通に話して、割と普通に過ごせました。
あ、けーちゃんと3人なら別段何事も起きないかなー、と思ったんですが。

発端なんですが、二日目の朝。けーちゃんがこう言いました。
「あ、オレ今日G藤んとこ遊びいくから、多分戻ってこんから」
・・・・・・はい?えーと、それは一体何のお話ですか?
「あれ、言ってなかったっけ。泊まりんなると思う。K村とかもこっちいるから」
あ、G藤とかK村っていうのは、けーちゃんの高校の頃からの友達、だそうです。
K村さんは女の子らしい。
なんか仙台の国立大学に受かって宮城にいる人たちで、元々こっちで会う
約束をしてたっていうのは聞いてたんですが、えーと、これはどーゆー展開ですか?
私が混乱してると、しれっとした顔で
「りょー坊いるし、大丈夫っしょ?」
それが心配なんだってば。なんかこの時、絶対こいつ確信犯だと私の中で半ば確定
しちゃいましたけどw りょー坊に話通してあるのかどうかまでは分かりませんでした
けど。この前からの続きで二人で泊まりなんてことになったら、私襲われるに決まってる
ってばーー。

狙ってないですw

叔父一家の旅行って、元々各人好きな様に好きなことを、みたいな風潮があるので、
それぞれ別行動っていうのは別に珍しいことじゃないんですけどね。
とにかく今夜はりょー坊と二人っきりということに決定です。かなり内心動揺しました
けど、こうなったからには覚悟を決めないとっ。もし襲われてもその時はその時。
むしろこちらから食べちゃうくらいの勢いでっ。
・・・とかいって一応、こっそりとゴムを買っておいた私なんですがw いや何て
いうか、備えあれば憂いなし、みたいな感じでしょうか?結構バカなことを
してしまった気もする。

とにかく覚悟は決めたんですが、正直何が起こるか分かりません。ってもこの時点で
結構テンション高めだったので、もしかしたら何もなくてもこっちから襲っちゃった
かも知れませんけどw
夕方頃にけーちゃんが出て、私はお風呂入って浴衣に着替えてきました。ブラは
するかどうか迷ったんだけど、取り敢えずいつも通りしないことに。流石に大浴場だった
ので覗きはありませんでした。いつもは、っていうか前の温泉旅行の時まではりょー坊は
浴衣着なかったんですけど、この日はおそろいでしたね。揃えてくれたのかな、って思った
んですけど。

それで、夜のお話。昨日買ってきていた梅酒がまだちょっと残っていたので、飲んじゃうことに
しました。正直結構微妙な雰囲気だったのでお酒が飲みたかったっていうのと、あと
酔った勢いでえちいことになっちゃうならそれはそれでいいや、とか考えてましたね、結構。
りょーちゃんには流石にあんまり飲ませませんでしたけど、なんかちょっとだと
思ってたら結構量があったんですよね。飲んでる内にだんだん酔ってきちゃって。
一回トイレに行ってきて、戻って座った時、りょー坊がじーっとこっち見てくるんです。
「めぐ姉、胸・・・」
思いっきりはだけてましたw 右胸の方は乳首まで見えてるし。別にこの時はわざとやった
訳でもないですよ、念のため。トイレに座って帯いじった時、一緒にはだけちゃったんだ
とは思うんですけど。

えーっと、この時、酔った頭でいくつか考えたことがあります。胸はだけたまんまw
・飲み過ぎた。絶対寝ちゃう。
・寝たら間違いなくいたずらされる。ってゆーか、多分食べられる。
・そんな状態でえちいことさせちゃったら、激しく教育に悪い。あと私としてもつまんない。
一体何を言ってるんだって感じの思考ですけどw 取り敢えず、襲われる前にこっちから
いっちゃえーというかなんというか。
結局、出てきた言葉がこんな感じでした。
「・・・ちゃんと見たい?」
りょー坊、しばらくじーっと私の胸を見た後、こっくり。

実はここまで、私そんなに興奮とかしてた訳じゃないんですけど(妙に緊張はしてました
けど)、この時、言っちゃったーって思いと同時に、いきなりすっごいキました。
じゅん、って。お尻動かしたら感触で分かりそうなくらい。
なんていうか、えっち妄想がいきなり現実化しそうになったからでしょうかw 最近
自分でしてる時もこんなに濡れた感じしなかったってば。
取り敢えずもう後には引けない雰囲気だったので、帯を解いて、上だけ。ぱらって。
ストリップする人の気分がちょっとだけ分かりましたw 下は物凄いむずむず感。
ここからはもう二人とも多分完全にえちモードだったと思うので、ちょっと書くのが
恥ずかしいんですが(汗
えーっと、この時りょー坊と私はテーブル挟んで斜めに座ってたんですけど、ごそごそって
りょー坊がこっちに寄って来たんです。あ、来るかなーって思って。でも、単に近くに
寄ってじーっと見るだけ。りょー坊にしてみれば、合意で見るのは初めてですしね。

で、こっちは恥ずかしさと、下の方の恥ずかしい感じに動揺ってゆーか焦りながら、それでも座った
ままじーっとしてると、りょー坊がいきなり手を伸ばしてきて、つんって乳首をつまんで
来ました。
・・・無論立ってましたw 私舐められるのに比べれば指でいじられるのはそんなでも
ないんですけど(だから一人の時は指を濡らしてからする)、流石にちょっとはぴくんって
なっちゃって。
りょー坊はその反応を見てどう思ったのか、乳首を押し込んだり胸を揉んだり。今までは
寝てる間にしてたことをし始めました。
えーと、どっちかというと下の方がむずむずするんですけどそれw でもまさかこっちから
おねだりするのは恥ずかし悔しいし、どうしようかと思いつつもぞもぞしていると、
「・・・下も見たい」
これ以上自分で脱げと。なんか本格的にストリップですかこれは、とゆー感じになるんですけど。
「もーー。やだ。・・・見たいんなら脱がして」
そう言ったら、いきなりがばって。押し倒されました。

浴衣がばさーってなってて、その上にあお向けになってる感じ。まだアンダーだけは残って
ましたけど。上は勿論裸で、ところどころ浴衣で隠れてるのと、下着にちょっと染みが出来
ちゃってるのがが我ながらやらしい。えーと、電気ついててすっごい明るいんですけど・・・
もう、すぐされちゃうかなって思ったら、りょー坊、案外暴走しないんですね。
下は凄いことになってたっぽいですがw やり方とか、自信なかったのかも知れない。
とにかくりょー坊、上でもぞもぞしてたかと思うと、キスもしないでいきなり乳首、舐めてきまし

た。
・・・悔しいけど、これは普通に気持ち良かったです。なんかただ舌を使うんじゃなくて、
固くなった部分全部口の中に含む感じなんですね。で、含んだ口元を上下させながら、
中で先端をぺろぺろ舐めるみたいな。ちょっと説明しにくいですけど。

声は出なかったと思うんですけど、ちょっと、その、効きました。一瞬全身ぶるって。
あとで、どこでそんなん覚えたんだーって聞いてみたら、「読んだことあって。自分の指とかで
試してみた」
・・・先生、うちの従弟は一人の時、かなり微妙なことをしています。
流石に慌てて口元抑えて、頑張って表情に出さない様に我慢してると、したの方で冷たい
感じがしました。
・・・下着越し、なぞってきてる。
もちろん、すっごい濡れてるのはばればれだったと思います。しかも、今の乳首攻撃で
更に追加分が出ちゃいましたしw なぞられるの自体は前にもされたことあるし、そこまで
感じるって程でもなかったんですけど、胸の方がちょっと、苦しい。眉間にしわくらいは
寄っちゃったと思います。

ちょっとなぞられた後、手が止まったと思ったら、指、くんくん匂い嗅いでる。・・・どこで
覚えた。後で聞いたところ、あんなに濡れるものだとは思ってなかったとか。
その後。順序としては当然っていうのか、下着の中に手、入れてきました。
これが結構、凄かったんです。最初は、なんかいきなり外側をこすってきて、
「いた、いたいってば・・・」慌てて止めましたけど。
そう言ったら、穴の場所を確かめてるのかどうか分かんないですけど、入り口周辺を上下に
くちゅくちゅする攻撃に変えてきたんです。私弱いんです、これ。
「んっ・・・」
思わず、っていうか。お尻動いちゃったし。声出したら、学習されちゃったっぽいw
なんかそれまでは結構あちこち動く感じだったんですけど、こっから集中的にその辺を
いじってくる感じに。

私が今まで付き合った人って、割と耐久力?がある人が多かったんですね。なんか、いじられてる
間に向こうのをいじったりこすったりしても、あんまり効かない人ばっかりだったし。一人えち
に慣れてる人だと、私程度の握力じゃなんてことないらしいんですがw
とにかくいつもの癖で、私からも攻撃したくなって、りょーちゃんの下着どさくさで下ろし
ちゃったんですね。下の方は勿論かなり気持ち良くされちゃってるんで、ちょっとやりにく
かったですけど。たまに中の方に指が入ってきて、上の壁とかこすられちゃったりして、
お尻とかびくっとさせちゃいながら攻撃。
りょーちゃんのはまだ成長しきってはいない感じでしたけどw 大きさは案外大人で、
握った感じも凄かったです。とにかく熱くて固いっていうか、殆どの部分が芯って感じ。

とにかく、下の方のいじられはまだ続いてるし、こっちももうあんま時間経つと余裕なくなっちゃいそうな
状態でした。っていうか、ぶっちゃけイっちゃいそうだったwそれで、ちんちんを上下にこすり始

めると、
「ちょ、ちょ・・・やば・・・」
手、止まりましたw なんでかな、そんな強くした気はないんですけど、状況も考えると
ちょっと刺激が強かったのかも知れない。
でも、やばいって言われても、そんなイっちゃう程だとは思わなくって。ついでに、
いきなり気持ち良さそうな苦しそうな顔になるのが可愛かったのでw ごしごしーって
やってたら、「あ、ちょ、ちょっと・・・めぐ姉・・・」あれって思ったら、
いきなりびゅーって。量はそこまででもなかったと思うんですけど。 太もも
あたりに、当たるの感じるくらいの勢いで、りょー坊、出しちゃいましたw 2,3回に
分けて射精したんじゃないかな。腰がぶるって震えるのが可愛かった。

「うあ・・・」って感じの声出した後、脱力したみたいで、ぱたって。えーと、うずまる程の
モノじゃないけど、君が顔を押し付けてるのは私の胸だ。
出しちゃった後、まだしばらくは固かったっぽいんですけど、この時は浴衣汚しちゃって
焦っちゃったみたいで、慌てて後始末。床拭いたり、浴衣脱いでTシャツになったり。
汚れた浴衣はどーしたもんかと思いましたけど、後でコインランドリーにいくことに
なりまして、襲ったり襲われたりっていうのは後回しになっちゃいました。

ここまでが、取り敢えず一線を越えちゃうまでの話ですw

取り敢えず、りょー坊がイっちゃった後の話です。しばらく二人でテーブルの
横に脱力してたんですけど(私はまだイってませんでしたけど)、取り敢えず精液で
浴衣や太ももどころか畳まで汚してしまったので、私は浴衣を脱いで、流石に上半身裸の
ままだと落ち着かないのでTシャツを着て、置いてあったおしぼりでその辺を急いで
掃除しました。なんか、どーゆー角度だったのかテーブルの足にまではねてるし。りょー坊
勢い良すぎ。
で、この時私は微妙にえちい格好だった訳ですが、これも別に意識した訳じゃ全然なくて、
いじられてた時点で下が結構溶けちゃってたので。下が濡れたまんま上から何か着るのが
気持ち悪かったわけで。アンダー着替えたかったんですね。

でも、りょー坊にしてみれば、目の前でTシャツ+下着(しかも染み出来てるし)だけ、
とゆー格好で動きまわられたのはちょっと刺激が強かったみたいです。まあこっちも、
前が濡れてるのが気になって妙な歩き方になっちゃってたから仕方なさげではあるんですが。
昔付き合ってた人で、上は普通に着てて下が裸、という格好が凄い好きな人がいましたけど。
まさかまだそーゆー趣味はもってないと思うんですがw
で、私の方は、りょー坊が一度落ち着いちゃったと思ってたから、結構下の方はまだむずむず
してて、後でトイレかどこかで自己処理しようかと思ってたんですねw そんなの目撃され
てたらまた大変そうでしたけど。

この時、ちょっとやっちゃったかなーとは思ってたんですけど、えちモードでもあったしそんなに
罪悪感とかはなかったですね。むしろりょー坊の方が、すぐイかされちゃってへこんだりしてないかなー
って心配だったんですけど。実は全然それどころじゃなかったらしいですw
取り敢えず脱いだ浴衣をビニール袋に入れようと思って、がさがさ荷物を漁ってた時。後ろから
襲われました。・・・油断してた。
四つんばいになってたんですけど、りょー坊が後ろにそーっと寄ってきて、後ろからいきなり、ぺろって。下着を。
「わ、な、ちょっとなにっ」「まだちゃんと見てないーー」
なんかちょっと余裕ができたのか、結構いたずらみたいな口調でした。息は荒かったんだけどw
取り敢えず太ももくらいまで降ろされちゃって、しかもお尻は左右からきっちりつかまれてるので、
なかなか振り向けない状態。四つんばいのまま固定ですw 前でばたばたはやってましたけど。
力はりょー坊の方が強いんで、振り向いて抵抗しても下着が伸びるだけでした。
「・・・糸ひいてる」うるさい。

前も書きましたけど、私濡れはじめるまではそれ程でもないんですけど、濡れ出してからは結構
歯止めがかけられない体質っぽくて(汗 とろーーって感じで、前の方から下げられた下着まで、
ちょっと引いちゃってたみたいです。ちゃんとは見てないですけど。
で、それが結構りょー坊にはキたみたいでw いきなり後ろからこすり始めました。
どうやってたのかな、多分指二本か三本くらい、甲の方でだったと思うんですけど、入り口の辺りに
押し付けて、がーーって。上下に。
「ん、んっ、あぅっ、ちょっと、そ、それ・・・」
気持ちいい、とは流石にまだ恥ずかしくていえなかったけど、気持ち良かったです(笑 さっきされた
時はまだちゃんと体の準備が出来てなくって、それ程でもなかったんですけどね。この時は勝手に準備
オッケーになってたらしい。

支援ありがとうございますー。微妙な時間だから誰もいないかと思いました(汗

「これ、気持ちいいん?」「ん、あっ・・・うん」
しかも、今まで付き合ってた人だと、私の反応を見てある程度遠慮したり、他のところいじったりとか、
まあ結構手加減があったんですけど、そーゆーのわかんないんでしょうね。手加減なしって感じなんです。
なんか、私が気持ちよさそうだって分かったら、凄い勢いで続ける。えち状態でない時にされたらたまった
もんじゃないと思うんですけどw ちゃんと教育しておかないと。
とにかく、多分イく程じゃなかったと思うんですけど(全体的な刺激だとなかなかイかないので)、結構
余裕はなくなっちゃいました。お尻とか、ぶるぶるって。
「あ、ちょっと待って、ホント待ってっ」
やっと手、止まりましたw やばかった。気持ち良さで余裕がなかったのもそうなんですけど、あんまり同じ
刺激続けられると、私の場合痛くなっちゃうことが結構あるんですよね。特に外側だと。

「もーー。乱暴過ぎだって」「ご、ごめん・・・さっきされちゃったから、気持ち良くしたげたいって思って」
うん、その考え方は重要だ。でもこの会話、四つんばいのまま私が振り向いた状態でしてるんで、冷静に
振り返ると結構マヌケですけど。お尻丸出しだし。
「・・・いれてみたくない?」「・・・・・・。みたい」
とにかく振り向いてまともな格好になって、ついでにちょっと、ちゅ。さり気ないつもりだったんだけど、
途中で手がもつれそうになりましたw 

この部屋結構広くって、テーブルと座布団があるスペースと、お布団が敷いてあるスペースが区切られてる
感じなんですね。
それで、途中で万一畳をぬらしちゃってもアレなのでw 冷たくて気持ち悪いのを我慢しながら、一度下着を
上げて。二人で布団スペースに移動。そっちで改めてTシャツも含めて脱ぎ直しました。ついでにりょー坊の
浴衣も剥きます。息荒いってば君。従兄弟同士って扱いで泊まってるので、万一シーツぬらしちゃったら
ちょっとまずいかなーと思って、バスタオルを布団に装着。りょー坊にゴムも装着。我ながら芸が細かい。
取り敢えず、りょー坊の、もう完全復活してました。回復早いなー、というか、実は一度も落ち着いてなく
ないですかって感じ。
で、この時、実は結構考えました。体位。
普通に愛のあるえちなら正常位なんだけど、ちゃんと入れられるかなー?とか。いきなり騎乗位は中学生に
対してどうなんだとかw

うー、この辺から、冷静に思い出すと結構恥ずかしいな。
取り敢えず手伝ってあげることにして、布団の上にころって転がって、りょー坊を抱っこ。改めてキス。
まだ舌入れとかには抵抗があるらしくって、してきませんでしたけどw
こーして抱っこしてみると、もう私と殆ど私と体格変わんないんだよなこの子。とか思いました。
えちの描写より抱っこの話の方がなんか恥ずかしいのは相変わらずなんなんだって感じですけどw
「入れるとこ、分かる?」「んー・・・・・多分」不安だ。
そういうなり、りょー坊、いきなりまた下をいじりはじめました。今度は中。中指か薬指だったのかな?
多分入れるところを確認をしてるつもりなんでしょうけど、正直結構感じちゃいましたw 
「んっ・・・」って声を聞きつけられちゃって、
「あ、この辺、気持ちいいの?」とか。くちゅくちゅって。やばい気付かれた。

「ん、はぁっ・・・ちょっと、気持ちいいかも・・・」
恥ずかしいんじゃなかったんか。この時はもう結構気にならなくなってて、割と普通に体とかお尻とか
びくってさせちゃってましたけど。りょー坊は、「腹筋にも力入るんだ」とか学習してたみたいですw
あと確か、「めぐ姉って、見た感じ痩せなのにお尻おっきいね」とかも言われた気が。気にしてることを。
その内声が抑えられなくなってきて、指と一緒に「ん、んっ、んんっ」て。こっちも余裕、なくなり
ましたw
「ゆ、びでいくの、ヤだ・・・んっ。ね?んっ」
そういって、りょー坊のをいじったら、案外あっさりとやめました。なんか、この時また結構敏感に
なってたらしいw とにかく私の上に体を起こしてきて、結構手間取った末にですが、私が膝を開いた
状態でなんとか挿入。

で、この時なんですが、やっぱり固さは凄かったです。さっきもだったけど。ただ、腰の動かし方に加減って
ものがないんですねw 結構器用に動かすことは出来るみたいなんですけど、例えばすぐイっちゃいそうだったら
弱める、とかそーゆー余裕はないらしい。物凄い勢いでがしがしされちゃいまして。痛いくらいだったってば。
私ももうかなりやばかった状態だったので、その勢いで限界。多分総えち時間2分足らずだったんじゃないでしょうかw
最後は背中がぴーんって突っ張って、二人でキスしながら。びくびくって。
実はりょー坊、そのちょっと前にイっちゃってたらしいんですけど、気付く余裕ありませんでしたw そのままの
勢いで動かすもんだからゴムがとれかかってた。危ないってば。
その日はそのまま、流石にくたくたになっちゃいまして、大体拭いただけで、二人で布団被って寝ました。
ゴムもつけたままだったのはどうかと思いましたけどw

翌日。朝もなんとなく二人でごろごろしてたり、遊びみたいにキスされたりとか。りょー坊は結構はしゃいでて、
割と甘ったるい雰囲気だったかも知れない。ただ、この時に話したのが付き合うとか付き合わないとかの話で、
りょー坊は私のことはずっと好きでいてくれてたらしいんですが、付き合うとかに関してはまだ結構分からない
らしく。そのくせえちいことはしたくなって。やっぱり予想通り、温泉旅行からだったみたいなんですが、結構
えっち衝動をもてあましていたらしいですw 寝てるのかなー寝てないのかなーとか思いながら胸をいじったりとか。
取り敢えず「仮恋人」みたいな感じになったのかな?
で、昼前になってけーちゃんが帰ってきまして。その時は二人で、しばらく秘密ーということは決めてた
んですけど・・・なんか表情がつい意味ありげに見えてしまうのは私の心がやましいからだったんでしょうかw
結局その後は、旅行終了までえちいことはなし。三人で逆転裁判とかやったりもしてましたけど。推理しながら
あーだこーだって。

皆揃って間欠泉を見に行ったりとか、岩手の方に出て鍾乳洞をみたりして普通に楽しんだんですが、最後は
叔父さんとおばさんは二人で電車で帰ることになりまして。・・・え、あの、赤羽でレンタカー返すの、私ですか?
りょー坊がちょこんと助手席に座ってたのは可愛かったですけど、東北自動車道で気力を使い果たしましたw
これも全部けーちゃんのせいだーーーとか叫びながら。
ドライバーにあんまり余裕なくて怖かったろーなあ。途中サービスエリアとかに寄ったりして、アイス食べたりとか。
なんかけーちゃんが単独行動しがちだったのは今でも気になりますけどw
かろうじてレンタカーを返して、おしまい。
以上が、この前までの旅行の顛末ですー。

ふう、かろうじて来る前に書けた。肝心のえちシーンが短くてごめんなさい。
なんか、ホントに余裕がなくなるとどんなだったか覚えてられないんですよね(汗

支援してくださった方々、ありがとうございましたー。



乱交 | 【2017-01-03(Tue) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

嫁の過去

3年くらい前。正直、精神的にキツかった。

当時、俺は30結婚2年。嫁も30、嫁は妊娠初期ぐらいだったかな。一人目の子供を授かったばかりだ。

嫁に出会ったのは、26の時。取引先の事務員だった!よくありがちなパターンだな。ただ、見かけて、声を掛けるまで半年、メールやら食事に誘えたのがまた半年。1年かけて付き合えて、その後1年半付き合って結婚。
なかなか、食事に誘えなかったのは、同じ事務員のお節介オバチャンが、俺が気になってるのに気付きやがって、「あの子、彼氏に振られたばっかりだからね!」
なんて言いやがったから、余計詮索して声を掛けれなかった。

馴れ初めの話が長くなった……。本題に入ろう。話した内容はハッキリ覚えてないから、なんとなく書く。
そして、俺がこれを話すのは誰にも言えず、いまだにやりきれないからだ。

嫁が妊娠初期の時、たまたま有給消化で平日の昼間から嫁とダラダラとテレビを見てた。14時ぐらいに家のチャイムが鳴り、俺が出たら見知らぬ50代位のスーツ着たオッサンが立っていた。
「Y子さんのお宅ですか?」Y嫁ね。
「そうですけど、どちら様?」
「旦那さんですか?私〇〇〇警察の刑事のSと言います。Yさんはご在宅ですか?」
俺は、???と意味も分からず、嫁を呼んだ。
嫁はそいつが警察と分かると何故か、焦った様子で、俺を遠ざけようとした。
最初は、俺も自宅に警察が来て嫁を名指しで呼んだのにテンパっていたが、嫁の焦った姿と俺を遠ざけようとしたことに、悪い予感が頭を襲う。よくありがちな、主婦の万引きとかね。

刑事のSは、冷静で
「旦那さん。少しだけ外してもらえますか?ちょっとだけ、奥さまに聞きたい事があるんで!奥さまは何もしてないんで、心配なさらず。」

冷静なSの対応で、俺は安心して玄関からリビングに戻ったが、やはり気になる。息を潜めてリビングのドアに耳を付けて、話を聞こうとした。

嫁「来るの明日じゃないんですか?」
S「お母様には確かに今日って伝えましたが。」
「旦那さんが居ると何かと話せないでしょうから明日のこの時間にまたお伺いしますね。」
「すいませんが、お願いします。でもAとは、もう関係ないんで」
「大丈夫ですよ。では失礼します。」

バタンと玄関のドアが閉まり、嫁の足音が、リビングに近づいてきた。とっさにソファに座り平静を装ったが、今の嫁とSの会話が頭から離れない。
まず、〔嫁はSが来ることを知ってた風〕〔Aとは関係ないんで!ってどんな関係?〕盗み聞きした手前なんて切り出して言いか、分からなかった。

部屋が妙に静かで重い空気が流れた。

意外にも嫁から切り出してきた。
まず、刑事が来た理由。それから、それを黙っていた理由。

来た理由は、俺と付き合う前の彼氏が盗撮と強姦未遂で逮捕され、嫁にも盗撮関係で当時の男の様子を聞くため。
黙っていた理由は、実家に連絡があり義母から連絡が入ったが、俺に心配をかけたくなく、穏便に終わらせたかったみたいだ。

それを聞いて、俺は何の疑問もなく納得して、今更昔の彼氏の事で事情聴取される嫁に同情した。

次の日、俺は普通に会社に出勤した。でも、やっぱり気になるわな。適当な理由を付け、昼で会社を早退して家に帰った。帰る途中、イロイロ考えたが、嫁と一緒にSの話を聞こう!と思い、その為に嫁を説得するシチュエーションを何度もシュミレーションした。
家に着くと嫁がいない。買い物だな!
嫁が帰るのを待つが、Sが来る時間も迫っていた!

2時少し前、駐車場に家の車が入って来たのが見えた。俺はその時、何を思ったか、革靴を手に持ちリビング隣の4畳半程の和室の押し入れに隠れた。
程なくして、嫁が帰って来た。数分後、チャイムが鳴りSが部屋に入って来た。
和室とリビングの仕切りは無いため、意外とハッキリ話声が聞こえる。
社交辞令的な会話が続き、本題に入った。
その内容を聞いて、俺は頭が真っ白になった。

内容は
嫁の元彼は、やはり盗撮と強姦未遂で逮捕。もちろん強姦未遂の被害者から被害届があり、逮捕になる訳だが、その内容が、元彼Aと付き合っていた被害者が、元彼とラブホに入る、セックスした後に知らない男が2人、部屋に入って来る。Aがその二人と3Pを強要。断ると被害者の個人情報及び、今のAとのセックスを盗撮した動画をネットにばら蒔くと脅す。力ずくで犯されそうになったが隙をみて逃げ出し、警察へ。Aとその他2人(Aの友人)が逮捕。一人はそのラブホの従業員。って流れだが何故、嫁に?

家宅捜査後、押収したDVDにはトイレなどの盗撮が無数に存在したらしく、その中で実際に今回の被害者みたいなDVDが3件。Aの事情聴取で3人とも身元が分かり、被害届の有無の確認にSは訪れたらしい。

嫁は、完全に泣いていた。嫁は、確かに被害に遭ったが、A以外はヤクザでAはそのヤクザに脅され仕方なくやった。DVDは10万で買い戻した。と泣きながら言っていた。

俺は怒りに任せて、押し入れから出そうになったが、出れなかった。

嫁は、結局被害届を出さないとSに伝えていた。Sは被害届を出す様に説得していたが、嫁は俺とこれから産まれる子供との生活が大事だと、Sの説得に応じなかった。

話が終わり、Sが帰った。俺は気が動転していたが、どうやって押し入れから出れば良いか考えていた。
少し過ぎてケータイにメールが入っているのに気付いた、
嫁からだ「体長が悪いから、実家に泊まっていい?」
俺はすぐに「大丈夫か?良いよ!」と送った。
程なくして、嫁が家から出ていった。

その日は、8時ぐらいに嫁に電話し普通に話した。その普通の会話が俺には、嫌で嫌でたまらなかった。俺を頼って欲しい反面、嫁の優しさが余りにも辛かった。

それからは、なんとか毎日平静を装った。時間が俺の怒りも納めていった。

数ヵ月後、嫁の母親が階段から滑り落ちて1週間ほど入院することになった。嫁の父親は単身赴任中。入院から2日ぐらいは看病していたが、結局仕事に戻らないといけないため、俺と嫁に任せて仕事に戻った。
任せると言っても、入院中の母親の事ではなく、嫁の実家で飼ってる2匹の猫の世話。嫁の実家と俺の職場が近かったため、出勤前と退社後にエサをやること。義母が退院するまでの4日間だけ続けた。
3日目の退社後のエサやり、エサをやって直ぐに帰ってたんだが、その日に限り何故か嫁の部屋が気になった。かなり久し振りに嫁の部屋に入った。
結婚した時にイロイロ運び出したが、机、カラーボックスなんかはそのままだ。押し入れを開けるとクリアの衣装ケースが2つ、なんだか本がぎっしり入っていた。
何となく蓋を開けて中身を見ると学生時代の物がバラバラ入ってた。その中に安物の大きめな赤色のポーチが目に留まり中身を見るとDVDが一枚。
数ヵ月前のあの事を思い出した。恐る恐る誰もいないリビングでDVDを再生する。

薄暗い部屋にベットがあり、ベットの左側下の所位にこのカメラはセットされている感じ。部屋の扉が開く音、男女の話声。
確実に嫁の声だ。俺は体の震えが止まらない。
話声が止み、また扉の音、30分くらい経ちまた扉の音、いきなり、画面に裸の嫁と裸の男。布団も掛けずイチャつき男女は、嫁の股間へ顔を埋める。俺がいつも聞く喘ぎ声。
この時点で俺は泣きそう……。
そのあと、嫁が男のものをフェラし始める。俺はカメラがちゃんと写せる様に少しづつ態勢を変えた。カメラには男の物を舐める嫁がバッチリ映っている。そのあとは、嫁が男の物を受け入れ、イロイロな体位で攻められている。最後はカメラを意識した様に、横から嫁の全身が映る様にバックから攻めてフィニッシュ。

この時点で俺は震えが止まらない。

そのまま再生していると、嫁の悲鳴。男が2人入って来た。Aと思われる男はこの二人に敬語で話、嫁に3Pを強要。しかも俺からすれば嘘臭い借金話で3Pを強要された嫁を脅している。
嫁は泣きながら言われるがまま、初めて会った男の物を舐め始め、四つん這いの嫁の股間を別の男が舐めている。
俺は何も考えられず、ただテレビの画面を観ていた。
AVであるようなプレイを嫁が泣きながらしている。フェラしながらバックで突かれ、騎乗位しながら、一人がフィニッシュしたら、直ぐに別の男が挿入し、またイロイロな体位で突かれ、フィニッシュ。最後はAが嫌がる嫁を無理矢理バックで突いていた。
AVでさえ、早送りしないで最初から最後まで観たときなどないのに、自分の嫁のセックスを最初から最後まで観てしまった。俺は悔しくて泣いていた。

あれから、この事は誰にも言えず、心にしまっていた。
今は子供と嫁と普通に生活している。DVDは、捨てた。



乱交 | 【2016-11-16(Wed) 21:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

嫁の実家で失敗したかもしれない…

少し前、夫婦で嫁の実家に行った時のことだ。
記憶があやふやな部分もあって、少し話を盛ってるが気にしないように。

嫁は21歳の幼妻。2コ下の義弟は都会の大学に通ってる。
実家は「ど」が付く田舎で、だだっ広い一軒家に義両親が2人で住んでる。
資産家でもないが、なんで田舎の家って無駄に広いんだろうな。

義父は49歳で義母は43歳。最近は田舎でも高齢出産が増えてるそうだから、
夫婦で小学校の授業参観に来て違和感ないかもしれん。
そんな若い義両親に「そのうち孫の顔も拝めそうだな」とか言われたら、
なんだか「さっさと娘さんを貰ってすいません!」と申し訳ない気分になる。
まあ、義両親も俺や嫁と似たような年で結婚したんだけどな。

実家では大歓迎された。子供2人が家を出て義両親も寂しかったんだと思う。
結婚半年、メシマズ卒業を目指し奮闘中の嫁と違って、義母の手料理は絶品。
義父はこの日のために用意した高い日本酒を振る舞ってくれた。

マジでいい酒だった。文章力のせいで美味しんぼみたいな表現はできんけど、
辛口なのにスーッと入って来て全身にクーッと染み入る感じ。
酒自体が久しぶりだったこともあって、感動しながら杯を傾けた。

あまり飲めない嫁と義母も「アラ、おいしいじゃない」と気に入った様子。
一升瓶はさっさと空き、男2人は義父が日ごろ飲んでる安い酒に移ったが、
肴もうまいし「もうサイコー!」と、心から楽しい気分になった。

飲んでる途中「おとーさん、この人にあまり飲ませないでよ!」
という嫁の酔った声が聞こえた。ここでいったん記憶が途切れる。

目が覚めたのは明け方くらい。俺はさっきまで飲んでた嫁実家の広間にいた。
隣では嫁がクークー寝息を立ててる。誰が置いたのか毛布と枕もある。

嫁はちょいぽちゃ体型で、ボリュームたっぷりの胸と尻がチャームポイント。
俺は嫁の巨尻に後ろから抱きつき、服の上からFカップをつかんだまま寝てた。
俺のズボンと下着は膝くらいまでずり下がり、チンコさんがコンニチハしてる。
陰毛はカピカピだし、何よりあの独特のすえた臭い…。

『あっちゃ~~っ、やっちまったよ…』

俺、日ごろ物静かなタイプに見られるが、実はかなり酒癖が悪かったりする。
といっても他人に絡むとか暴力を振るうとかではなく「奇行」型。
どっかのアイドルじゃないが、酔っ払って公園や路上で全裸で寝てて、
気が付いたら留置場にいた、なんてことも何度かある。

特にスケベ方面は制御が利かず、独身時代は起きたらホテルで知らない女に腕枕
なんて漫画みたいなシーンも一度や二度じゃない。酔いが醒めて意識が戻ったら
男2人、女4人で乱交してて「俺、何やってんだ…」と焦ったこともある。

俺、あっちの能力は人並みのつもりだったが、一緒に乱交した友達に言わせると
飲むと激しさも回数も持続時間も「化け物」に変身するらしい。
バックでハメたまま「いやあ、楽しいねえ~~っ」なんてカラカラ笑いながら、
女が失神するまで何度も何度もイカせ続けたり。にわかに信じられんのだが。

俺の方は記憶がほとんど飛んでるわけで、最初は悪い冗談かと思ったが、
嫁にも「あなた、飲んだら…凄いよね」と潤んだ目で言われたことがある。
なんでその能力をしらふで発揮しないんだ、と自分で不思議になるな。

実は新婚早々、その酒癖の悪さで大失敗をやらかした。
町内会の飲み会で酔っ払い、会長夫人(58歳!)の前でチンコを出して
「奥さ~ん、しようよ~~」と迫った…らしい。俺は全く覚えてないんだが、

その場でオッサン数人に取り押さえられ、ボコられた上で嫁に引き渡された。
もちろん翌日、会長夫妻には土下座して謝罪。近所の人にも頭を下げて回った。
マジギレした嫁から「外じゃ絶対禁酒!」と厳命されたのは言うまでもない。

そんな俺、嫁の実家で気が緩んだのか、久しぶりに飲んで暴走したらしい。
かすかに残る記憶の断片をつなげ、何をしでかしたか必死で思い出してみる。

嫁の胸をはだけてFカップ乳を吸いまくった記憶はかすかに残ってる。
幼児退行じゃないが、飲むとオッパイが欲しくなって執拗に吸うんだよな。
嫁は乳首が性感帯だから、かなりヨガってたように思う。

それからM字開脚させた嫁の股間に顔を押し付け、ペロペロ舐めた気もする。
鼻と口に陰毛の感触が残ってるから、下着を脱がせてモロクンニしたんだろう。
かなり小便臭かったが、なんかもう必死で舌を這わせてバキュームしてたぞ。

挿入は正常位。いや、巨尻にしがみついてバックで突っ込んだ記憶もあるな。
いやいや、騎乗位で下からオッパイを揉みながら腰を突き上げてたかも。
別の日の夫婦生活と記憶が混同してるのか? それとも全部やっちゃったのか?
下腹部のカピカピ具合と虚脱感からすると、1発や2発じゃなかった気もする。

まあ、不幸中の幸いは相手が嫁だったことか…と考えて、俺は青くなった。
ということは俺、義両親のいる前で「濃厚な夫婦生活」を見せちまったのか?
いくら旦那が相手とはいえ、実の娘が男に犯されるのを見せつけられたら
親としては黙っちゃいられないんじゃなかろうか…。

汗をかきながら必死で記憶を呼び起こす。そうだ、確かエロシーンは暗かったぞ。
田舎の夜は都会よりずっと暗くて、嫁の顔もよく見えないくらいだった。
そういや嫁も「あうううぅ…」「うぐぐぅ…」という感じで声を押し殺してたな。
ハメながら呑気にも「いつもみたいに、もっと声出せよ~」と思った気がする。

ということは、だ。義両親が引き揚げてから俺が嫁に襲い掛かって、
別室の義両親を起こさないよう嫁は必死で声を我慢した…という仮説が成り立つ。
だったらまだ救いがあるかも…。

何とも自分に都合いい解釈だが、そもそも記憶が曖昧だ。
いくら義両親が寝た後でも、例えば夜中に義父か義母がトイレに起きて、
広間でハメハメしてる俺たちを目撃しなかった保証はないよな。

どうしよう…せっかく義両親に気に入られてたのに、一気に嫌われたか?
まさか「こんな酒乱男とは別れろ!」とか言われんだろうな。
実は小心者の俺。嫁の尻にしがみついたまま、朝までまんじりともしなかった。

翌朝、ビクビクしながら義両親の様子を観察したが、怒った感じじゃなかった。
義父はもともとそれほど愛想のいい人じゃないが、朝飯で顔を合わせると
ニコニコして「いやあ、昨日は飲んだ飲んだねえ。はっはっは」と上機嫌。
世話好きな義母は「大丈夫? 二日酔いしてない?」と優しく声をかけてくれた。

嫁も「なんか酔って寝ちゃってたわ。何時まで飲んでたの?」とケロっとしてる。
普段エッチした翌朝はベタベタしてきて、そこがまた可愛いんだが、それもない。
まあ義両親がいる前で、ラブラブの姿を見せるわけにもいかんしな。

嫁実家で過ごした間も、自宅に帰ってからも、特に違和感を覚えることはなかった。
どうやら義両親に恥ずかしい姿をさらすことはなかった、と考えて良さそうだ。
まずはひと安心。いくら身内宅でも、やっぱり外で飲むもんじゃないと反省した。

それから数カ月後…というか先週なんだが、仕事から戻ると
嫁が怒ったというか呆れたというか、憮然とした表情で俺に話し掛けてきた。

「ちょっと聞いてよ。うちのおかーさん、赤ちゃんできたんだって」
「へっ?」
「14週目だってさ。もぉ、いい年して何やってんだろ。恥かきっ子だよ~」
「えっ…そ、そうなんだ…」

全身から血の気が引くのが分かった。忘れたはずの記憶が蘇る。

そういやあの朝、俺は下着まで脱いでたのに、嫁の服は全然乱れてなかった。
嫁は泥酔してたわけじゃないし、コトが終わって自分だけ着たのかと思ってたが。
それから記憶だと「嫁」のシャツを左右にはだけてオッパイを吸った気がするが、
前の晩も翌朝も嫁は丸首のTシャツで「あれ?」と思ったんだっけ。

それからあの朝、義父が仕事に出て嫁が朝風呂に入ってる間、テレビを観てたら
義母が隣にぴったり寄り添って俺の手を握ってきたんで「ん?」と思ったんだ。
というか嫁実家にいる間、俺に向ける義母の視線がやけに熱くて、
ずっと「やっぱり嫁としてる所、見られたのかな」と内心ビビリまくってた。

「田舎って近所でいろいろ言われるんだよ。もぉ、恥ずかしいなぁ」
「ま…まあ、お義父さんもお義母さんもまだ若いんだから…」
「娘が結婚してるのにさ。お腹の大きいおかーさんとなんて並んで歩けないよ~」
「でもまあ、おめでたい話だし…」

嫁はまだブツクサ言ってる。まあ、20歳以上離れた弟か妹ができるわけだしな。
適当に相槌を打ちながら、俺の頭は高速回転して記憶再生を続けた。

そうだ、思い出した。2週間くらい前、義母から電話があって俺が出たんだが、
近況を話してたら唐突に「△△君の血液型って何だっけ?」と聞かれたんだ。
「娘との相性診断よ」なんて言うから、今どき血液型占いかよと呆れたっけ。
「また遊びに来なさいよ。娘が忙しかったら△△君だけでも…」とも言われて、
その時は社交辞令と思って聞き流してたんだよな。

ちなみに嫁と義母は身長も体重も、巨乳・巨尻のぽっちゃり体型もほぼ同じ。
もちろん義母の方が全体的に少しだけ肉が下がってるが、顔立ちも似てるし、
髪型と服装を同じにして遠目に見たら、まるで双子だ。あくまで遠目だけどな。

最初は恥ずかしいの何のと言ってた嫁だが、やっぱりめでたい話でもあるし、
今じゃ「ねえねえ、お祝いどーしようか?」なんて気の早いことを言ってる。

だいたいの出産予定日も決まってるそうだ。妊娠前の最終生理日が分かれば
「仕込み」というか受胎の時期もあらかた逆算できる、と聞いたことあるが、
それだけは計算すまいと心に決めている。もう絶対、外じゃ酒は飲まない。


乱交 | 【2016-09-25(Sun) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

とうとうすごい乱交をしてしまいました。

とうとうすごい乱交をしてしまいました。
友達のシンジが
『50万人の人妻コミュニティー』
で乱交パーティー参加者募集の人たちと連絡を取っていたらしく
近場で会ったたそうです。そして彼女のミサトを連れヤッてきたら
結構興奮したらしく
また
そのときに僕たちのことを話したら
「ぜひ、会ってヤッてみたい」
とのことだったようで平日にもかかわらず
シンジが前やってきた男の家に行ってしまいました。
車で1時間ほど行ったところにある平屋の一軒家でした。
この日のために借りたものだそうです。
レイにはすべて話しておいたのですが
知らない人とSEXするかもということで期待半分
でもかなり不安があったようです。
実は僕も不安でした。

シンジたちがヤッたときは2カップルの4Pだったそうですが
相手の方も知り合いを連れてきており女1人に、男が3人もいました
結局男は僕とシンジそれにはじめて会うおじさん3人の計5人
女はミサトとレイとアスカちゃんと呼ばれる子の3人でした
アスカちゃんは30歳です
男はおそらく30前半から40歳といったところでしょうか
レイもメンバーのバラエティにかなり戸惑っていて
飲んでいるときは緊張しまくりの無口状態です

そして1時間もしないうちに
さっそく始めるかといった具合に始まってしまいました
シャワー無しではできないとレイが言い
女の子だけが順番にさっさとシャワーを済ませあっという間に始まりました
アスカちゃんはこの状況に慣れているようで
すぐに男2人と3Pを始めシンジとミサトも始めました。

僕もレイと結局始めたのですが
やはり恥ずかしくて布団に隠れるように端っこの方でしました
そこに別の男が来て僕もまぜてよ。せっかくだからといい布団に入ってきました
レイの胸を触りながら徐々に自分のパンツを下ろしチンコを露出させ
レイの手で自分の物を握らせます
慣れた手つきでした
レイも最初は軽く握っているだけでしたが
次第に勃起してくると上下にしごき始めていたようです

いいよいいよ・・力が抜けてきたね・・
もっと大胆になろうよ・・イケるんでしょ結構・・
男はそういいながらレイのオマンコへと指を滑らせます
レイも我を忘れて少しずつ大胆になり
いつの間にか僕のチンコをしゃぶっていました
男はレイのアソコを愛撫しながらさりげなくレイを起こしていきます
僕がうつ伏せになりレイは男に起こされる形で四つん這いになって
フェラチオをする形になりました
いつの間にか布団がはだけ裸体が露になっています

男はレイの尻の方に周り指でオマンコを愛撫しながら
レイの感じ方を確認しつつ今度は大胆に音を立ててクンニしました
あああ・・
レイはとうとう喘いでしまいそれが男の闘争本能に火をつけたのか
その後はかなり激しくしゃぶられ卑猥な言葉攻めに合ってしまいます

すごいねレイちゃん。マンコがヌレヌレだよ
お尻でかいね。こんなことされて気持ちいいの?
結局その後は僕とその男で交代で挿入しいろんな体位でレイをヤッてしまいました
後半ではレイも自分から腰をつかい男を喜ばせます
まず男が腹の上に出し
次いで僕が胸の上に出しました
レイもよかったのか足を持ち上げたまま体をヒクつかせ絶頂に達したようです

その後は結構入り乱れてだれとでもSEXするような状態でした
僕もミサトともアスカちゃんともしましたが
アスカちゃんとは4P状態だったので
得意の細かく観察しながらのSEXとはいきませんでした
1人の女に3人の男が群がる状態ではまともに見ることもできません
クンニもほとんどできなかったのでオマンコはぱっとしか見れませんでした

よくある普通の形だったと思います
体は痩せ型で乳もケツも小さかったように思います
ミサトは長くSEXを続けられないので早々とダウンして
もう無理よと言って休んでいます
残ったレイは男2人から責めまくられで同時フェラをしています
レイもミサトみもアナルまでOKだということを
なぜか男たちは知っていて男たちが
俺、今日レイちゃんとアナルSEXしに来たんだ。できる?
と聞きました。

バイブで攻められながらフェラチオ中のレイは
うん・・優しくしてほしいけど・・
とうつろになりながら答えました
そう思ってこれを持ってきたんだ。ウンコついちゃうとまずいでしょ。先に出しておかなくちゃ・・と
何と浣腸をもってきているおじさんまでいます。

ちょ・・ちょっと・・
あせるレイを尻目にその男はレイを四つん這いにし
浣腸の先を肛門にあてがいゆっくりと液を注入していきました
僕は浣腸なんてはじめて見ました
全部入れ終わると
まだ、出さないで・・我慢してね・・経験あるんでしょ?
しか、経験のないレイは首を横に振るだけです
1,2分して
ああああ・・ダメ・・もう出そう・・
レイが我慢しきれずもがいているのを楽しんでいるかのようにも見えます

よし。行こう・・
そう言うと2人の男はレイを抱えトイレへと連れ込みました
僕も大丈夫か・・といいながら心配でついていきます
男はレイにトイレに登りしゃがんでするよう言うと
ええ・・見るの・・いやだよー・・汚いよお・・
と半分ベソをかいた様にレイが言います。

いいよ汚くない我慢しないで一気にするとすごく気持ちいいんだから・・
一気にだぞ・・やって
結構男は命令口調で言いレイも圧倒され我慢も限界に来ていたようで
その場でしゃがみこみ力んでしまいました
最初は小さいものがぷつぷつ出ました
レイは恥ずかしさのあまりか
ごめんね、ごめんねと言っています
男は
全然気にしないで・・もっと出るはずだよ・・一気にいって!
とレイの尻肉を広げました

その瞬間ぼこっと言う感じで極太のウンコが出ます
嗚呼・・とため息を漏らすと同時に最後に一気に長いヤツが
ブヒーっというおならとともに出てしまいました
そのあとはどんなにヒクヒク肛門を動かしても何も出ません
この間シンジの前でも排便をしてしまったレイですが
初めてあう男2人の前で排便姿を晒してしまったのはかなりショックだったらしく
その後もごめんなさい・・と言いながら泣いてしまいました。

結局立ち直れないレイはその後アナルどころか何もできず帰ることになりました
シンジもレイを誘ったことレイのことをありのままにしゃべっていたこと
を反省していたようです。

帰り際に僕の家の前でまたわんわん泣いてしまい
私のこと嫌いにならないで・・
というので
そんなわけないじゃん・・大好きだよ・・今からおれがかわいがってやるよ。
とレイを部屋に誘いシャワーを一緒に浴び朝までSEXしました
僕は乱交では結局1回しか出せなかったので、余力十分です。

レイの全身を舐め尽く、頭から足の指1本1本まで
耳の穴から鼻穴へそからケツの穴の中まで余すことなく舐め回し
オマンコから口で一発、ケツの穴の中に一発。

レイは何回もイキ最後にはキスしたまま朝までじゃれあってしまいました
今はレイが大好きなのでちょっと乱交は控えた方がいいかなと感じ始めています


乱交 | 【2016-09-03(Sat) 21:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

好きな人が変態だった。これ以上の変態があるなら知りたい

これ以上の変態があるなら知りたい

まずスペック
私 22歳 プー太郎 経験人数は三桁に満たないビッチ
変態(ひろ君とする) 30?才ぐらい 童顔 金持ち 変態

私とひろ君が出会ったのは合コンみたいな飲み会だった。
4対4だけどひろ君は私より若いギャルのアドレスを聞くのに
必死だったので関心がないのだと思い、空気になる修行をした。

飲み会は午前3時くらいまで続いた。
私は一人女の子を誘っていて彼女が朝8時に出社しなければならない
ということでこの後どうするか(帰れない場所だったので)悩んでいると
ひろくんが二人で俺の家に泊まりにきなよ、と言い出した

二人なら危ないこともないだろうと、
ひろくんの家に二人でお邪魔することにした。
ひろくんの家はタワーマンションだった。

タワーマンション自体が始めてだったので受付に
コンシェルジュが居るだけで驚きが隠せない状態だった
部屋に案内されたが部屋も驚くほど綺麗だった
映画の撮影用の部屋かと思った

私がひろくん金持ちだなぁと考えている間
ひろ君はずっと私の連れて来た女の子にアタックしていた。
私には興味がないのだと思い、部屋の中で無になる修行をした

連れて来た女の子が先にお風呂を借りている間に
ひろくんと二人きりになってしまったので会話せざるを得なくなった
どうしようと困っているとひろ君は急に
「あーオナニーがしたい」
と言い出した

当時オナクラという特殊風俗店で働いていた私はふと
「あ、手伝いますか?」
と口走っていた。
ひろくんは
「まじでwwww」
ってなってたw

「いやー今そういうお店で働いてるんすよwww」
深夜なのも手伝ってハイテンション気味に告げると
ひろ君も
「是非ww」
となった

とりあえず、友達が居たらできないので、
友達を朝仕事に送り出してオナニー手伝いが始まった

手伝いと言ってもフェラと手こきだけだった
本番頼まれたが
「生理だからむりぽ」
と断った。
ひろくんは射精した

賢者タイムに入るのかな、なんて考えていると
ひろ君は急に立ち上がり全裸でパソコンに向かい始めた
「どうしたんですか?」
恐る恐るたずねると
「今のフェラチオが気持ちよかったからエクセルでまとめる」
と言い出した

ぽかーん状態だったがひろくんの後ろからパソコンの
ディスプレイを見ると確かにエクセルでどうしたら
フェラチオが気持ち良いのかをまとめていた 吹き出しとか付けてた

「日が昇るまでに終わらなかったらどうしようwww」
とか嬉しそうにやっていた

その後姿に惚れた

一時間くらいエクセルに打ち込み作業をしていたと思う
「あのグルグルってなるやつどうなってんの?」
「あーあれはこうひねるようにやるとああなる。」
みたいな会話をしながら気持ちいいフェラチオのまとめ簡易Verは完成した

当時のオナクラ勤務先からひろくんの家はとても近かった。
私は身バレ防止の為に2時間くらいかかる所に住んでいたので
出来ればしばらく泊めて欲しい旨を伝えるとひろ君は快く
「セックスさせてくれるなら」
と承諾してくれた

しかし昨晩も伝えたとおり生理ですよ?と伝えると
「気にしない、むしろ大好物ですw」
と返ってきた 変態だと思った

昼ぐらいに私はオナクラに出勤した。
ひろ君もかなり大手の会社員だったが、その一ヶ月位はフレックス制?
なのかわからんけど昼から出勤だったので同じくらいに家を出た

その間にラインでやり取りをしていたのだがそれがやばかった
まずひろ君からの一通目は
「でんま機種教えて 帰りに時間があったら買うから」
だった。でんま使わないと逝けない私への優しさだった

とりあえず私は愛用のでんまの写メを送り
「ローションも欲しい」と返信した

ひろ君「ぺぺローションならあるよ!オナニー用!」
私「なんでもっと早く言ってくれなかったの?」
ひろ君「1に夢中だった、言わせんなよー」

キュンとした

照れ隠しに私は「職場でオナニーしちゃだめだよw」
と送った
するとひろ君は
「やばい、オナニーしたくなった、車両連結部ですればばれないw」
と言い出した
私「ちんこうp」
ひろ君「vipperかw仮性包茎だからごめん」ってなった

私「火星人乙ww」
ひろ君「かわいいよね、皮はぐとこんにちわってかんじで、
いつもはおやすみなさいだけど」

またキュンとした

ひろくんは赤ちゃん欲しいって言われると興奮するらしくてこんなラインが来た
ひろくん「ひろくんの赤ちゃん欲しいってお願いします。」
私「ひろくんの赤ちゃんが欲しいよぉ」
ひろくん「ありがとう、幸せ。」

もはやベタ惚れだった 子宮がキュンとした

そうこうしているうちに夜になり
ひろくんの家にお邪魔することになり
とうとう初セックスを迎えた
生理終わりかけだったので
バスタオルを下に敷いてセックスした

バスタオルに多少血がついた 
それを見てひろくんは大喜びしていた
洗わないでとっておくと言い出した

変態だなと思ったが許容範囲内だった
なぜ生理の血が好きなのかという話しをすると
さらにひろ君の変態ぷりっが明らかになった

ひろくんは昔某コーヒーショップでアルバイトをしていたらしい
その時に可愛い女の人が来るとトイレ掃除に行き、
汚物容器の一番上にトイレットペーパーを敷いておくらしい
そうして可愛い女の子がトイレから出た後にもう一度トイレ掃除に行き
そのペーパーの上にナプキンが乗っていたらそれを持って帰ったりしてたらしい

真面目で楽しそうに話すので冗談かと思っていたが本当だったようだ

さらには可愛い女の子がエスプレッソを頼むとその中に精子を混ぜる
と言っていた。苦いからわからないんだよ と自慢げにひろ君は言っていた

上記だけでも変態だがまだ許容範囲だった 
それからひろくんの家や店の寮に泊まってすごすある日
ひろくんにハプニングバーに誘われた。

特殊風俗店員の私でもさすがにハプニングバーの経験はなかった
経験のないことは誰しも恐れるものである
だがひろくんはどうしても行ってみたいとのことだったので
興味半分一緒に行くことになった

初体験のハプニングバーは思ったよりも普通だった。
三階立てのところでここはやってもいいところ
他のところは下半身見せなきゃOK
みたいな説明を店員にされて座敷席みたいなところに座らされた

思ったより普通とは言えど目の前に普通におっぱい出てる
おねぇさんが居たりと結構カオスな空間に二人で硬直してしまっていると
店の回し者のようなお姉さんが話しかけてきた

そこに、私たちと同じように初めてハプニングバーに来たお兄さんも
加わり、談笑が始まった。そこで私が触られるのは嫌だとお姉さんに
伝えるとお姉さんは急に鞭を持ち出し、これやる側ならいいでしょ?と言い出した

初めて来たお兄さんをけいくんとする。
鞭を持った店の回し者のお姉さんはかおりさんとする。

かおりさんはけいくんを四つんばいにさせると鞭をしならせ始めた。
始めてみるバラ鞭に少し興奮してみていると
「やってみる?」と鞭を差し出された
叩いた 結構本気で叩いた けいくんは痛がっていた

そこで結構テンションがあがって楽しんでいると
かおりさんが「じゃあ他にもやろうか♪」と言い出した。
で、相談の結果ペニパンを試させてもらうことになった

私がけいくんを掘ることになり、
かおりさんがひろ君を掘ることになった

もちろん男性陣はお尻の処女だったので指でほぐすところから始まった。
と見せかけてなぜかわからないが私がかおりさんに責められ始めた

かおりさんは電マ使いだった テクニシャンだった
風俗店員もびっくりだった

だが私は人前では逝くことが出来ないので逝った振りをした

そうしてなんだか流れでかおりさんを三人で責め始めた
初めて女の人のマンコみたし舐めた 綺麗だった 無味無臭だった
感動した

そうしてかおりさんは無事に逝ったらしく、本番のペニパンに取り掛かることになった

指でほぐすがけいくんは痛がっていた
ひろくんはかおりさんに電マ攻めされてあへっていた

ある程度ほぐれた頃ようやく挿入になるが結局カリ部分を入れたところで
けいくんに限界が来たのでそこでやめた

ふと隣を見るとひろ君はペニパンで責められて涎をたらしながらよがっていた

ひろくんは女の子の気持ちがわかった と言っていた。
そうして適当に過ごしハプニングバーの一日は終わった

これがいけなかったと当時は気がつくことが出来なかった

時は流れクリスマスになりひろくんと運よく過ごすことができた
ひろ君は何を思ったか初めて顔射を試み
「メリーホワイトクリスマス」
って言ってた 吹いた

その前にもゼンギ中にいきなり
「センセー僕たってます、座ってるけどちゃんと勃ってます!!」
とか言い出してセックスが中断したりした

年も変わり新年になるとひろ君は新年会がしたいと言い出した。
男4人と女三人で新年会をやることにした。
そのうち女は全員ハプニングバーから仲良くなった人だった。

カオス新年会の始まりである。
一時間くらいは普通に飲んでいたのだが
ハプニングバーからスカウトしてきた超絶ビッチあさみちゃんが
男の一人とイチャイチャしだし、次第に乱交パーティーに変わっていった

乱交とは言っても代わる代わるとかそんな感じじゃなくて
一組ずつ適当にやってるみたいな感じ
人生初の乱交騒ぎだった
そこで私は人前でやるのは嫌いだなと感じた
ひろくんは人前でやるのにめっちゃ興奮していた

その時もう一人ハプニングバーからスカウトしていたさきちゃんと言う
女の子とひろくんが仲良くなっていた。

このあたりから問題が発生する

ひろくんは元々やりちんだったがさきちゃんともセックス
したことが後日発覚した しかも2回
私とは2回連続してくれないから私はかなり怒った

しかし問題はそれだけではなくさきちゃんにアングラ系のイベントに
誘われていこうか迷っているとのことだった

そのイベント自体よくわからないので私はふーんと流していた
止めるべきだったと後々気がつく

ひろくんはそのイベントに参加した後さらに変態度が増していた
カップル喫茶なるものに行こうと誘いをかけてきた

ハプニングバーのカップル同士が行くバージョンだよ、
と言われ 嫌なら断れる・・・と聞き渋々行くことになった

カップル喫茶はやばかった。2重扉の一つ目をくぐるとすでにあえぎ声
が聞こえていた。その気まずい雰囲気の中で店員から説明を受け店内に
入ると、偶然ひろくんの知り合いの男性が居た。
色んな意味で楽しむどころではなくなっていた 
カップル喫茶は目が合ったらスワッピングをするという恐ろしいところだった

幸いかわからないが私たちが入った時間はピークではなかったらしく
かなりいやいやながらもその知り合いの男性カップルとのスワッピング
だけで終わりにすることが出来た。
私はひろくんとセックスがしたかったのでかなり怒った。
他の男とやらなければならないとは聞いてないともかなり説教した
ひろくんは
「2回中田視するから許してください」と謝っていた

そのあとひろくんはセックスしてくれたが私のことかなり都合のいい
ように扱っているということにようやく気がつき悲しくなって全然気持ちよくなかった

それから距離を置こうと思ったが
逆にノリが悪いと距離を置かれるようになった。
たまにラインで連絡をすると
ひろくん「今日セックスした、ごめん」
と送ってきて私が怒るのを楽しんでいた

好きだったから悲しかったし、今までとりあえず一番連絡を取っていて
セックスをしているという地位を失いどうしていいかわからなくなった

その間ひろくんはすごいデブとやって気持ちよかったとか
お医者さんごっこしたとか
またアナル開発されたとか
ラインを送ってくるので良いお友達で入れたらなと思いました。


乱交 | 【2016-08-24(Wed) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*