FC2ブログ

レイプって

私は14歳のときレイプされました。

ココでレイプを擁護するようなことも書いてあって
すごい怒りというかあきれました。

逃げればいいとか、バカ女とかって
どんなに怖くて、どんなに悲しいか。

男の人でも自分より大きくて、自分よりはるかに強い力の人に
つかまってどうやって逃げますか?

私は15年近くたった今でも思い出すことがあります。

とても逃げることは出来ませんでした。
殺されるって思いました。
泣いて泣いてお願いしました。

相手は2人で今でも顔をはっきり覚えています。
その日はいろいろあって、学校から友達の家によって、
少し帰りが遅くなりました。

帰り道、車に乗った2人組に声をかけられ
しつこく誘われました。

ちょっと生意気っていうか、大人びていた私は
高校生ぐらいに見えたのかもしれません。

ずーっと無視してたけど、すごくしつこくて
最後何か文句言って走って逃げました。
それから10分ぐらい歩いて、近道で高校の農場みたいなところを
通っているとき後ろに人がついてきてるのがわかりました。

普段ココを通るとき人にあったことが無かったので怖くて、
帰る方向に行くと暗くなるので
とにかく明るい所を選んで歩きました。
そのうち、どんどん道が悪くなってやぶみたいなところを横切ると
外灯が無くて暗い場所に来てしまい、
とっさに何か水槽みたいな後ろに隠れました。

隠れると私を明らかに探し初めて、
私は震えて出てしまう声を押し殺してました。

でもすぐにうずくまって隠れているところを見つけられ
いきなり髪をひっぱられ後ろに倒されました。

月明かりで影になって顔は分かりません。
上に乗られ、「殺すぞ」って言われました。

私は抵抗もできず、ただ
「ごめんなさい」「ゆるしてください」と言い続けました。
もう1人の男が上に乗ってる男に命令してる感じでした。
そのうち服の上から胸を揉まれ、
もう一人の男に下着を脱がされそうになりました。

私は相手をけり、腕を噛み、大きい声を出したと思います。
でも口を手で押さえられ、息ができなくなりました。
その後少し記憶が曖昧ですが、
男たちは「ここまできたら最後までいくしかない」みたいなことを話してました。

私は殺されると思い「なんでもします」「誰にも言いませんから」
とか泣きながらお願いしました。
でも男は無言で胸や首や舐めまわしてました。
男が「誰にも言わなかったら殺さないし帰してやる」と言った時、
私はこんなバカ2人に
「ありがとうございます」「なんでもします」って言ってた。

その後、下着をとられ下半身を愛撫され、
その当時知識はあったけど、したことのなかったフェラもした。

私はませてたから、セックスの知識もあったし、
オナニーとかも小学校の時からしてた。
だからこの後、いれられるのは分かってた。

私はとにかく無事に帰してほしくて震えながら
「言うこととか聞きます」とか「大丈夫ですから」とか媚うってた。
こんなバカ相手に・・・

バカ2人は私が濡れてるのが分かった途端、
「濡れてる」「こいつ感じてる」って・・・感じるわけ無いから。
生理現象だから。

私は妊娠が怖くて「なんでもしますから」「妊娠はやめてください」
とかも言ってたと思う。
でも男たちは私の中に入ってきた。
痛みはあったけど、ただ早く終わってほしいって思ってた。

ひとり終わった時、すぐもうひとりが入ってきた。
早く終わってほしくて黙ってると
「こいつ感じてる」って・・・悔しかった。
でもすぐ終わった。

その後、ふたりは走ってどこかに消えた。
私はふたりが逃げた姿を見て、正直安心してた。

レイプされた悲しみより生きて帰れるって思ってた。
だから、レイプされた事実が怖くなったのは次の日ぐらいだったと思う。
生理が来るまでは言いようの無い不安だった。

犯人はぜったいあの車のふたりだと思うけど、証拠とかない。
あの時は、日々忘れようって思ってた。

今思えばDNAとかで分かったかな~とは思うけど、
あの時は、生きてることで満足してた。
こんな気持ちはレイプ犯には分からないと思う。

同じ気持ちにさせてやりたいって思う。



レイプ・痴漢 | 【2018-08-15(Wed) 05:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

妹を尾行

俺は大学生。妹は高校二年。仲は悪くない。
暇だったので、妹の友達にどんな子がいるのか確かめがてら驚かそうと妹の帰宅を待ち伏せていた。
妹にあまり見せたことのない服装と、滅多に使わない帽子を被ったのでバレる心配はない。
妹が現れた。どうやら一人で帰るらしい。いつもとは違い制服をきっちり来ているのに驚いたw
面白いのでこのまま妹を観察。いろんな子に別れの挨拶をしている。
その中には男子もいた。男子とも仲がいいっぽい。彼氏はもういるのだろうか。
駅まで来て、妹はトイレに入った。俺は切符を買うのにもたつくフリをして待っていると妹が出てきた。
しかし入る前より明らかにスカートが短い。膝裏が見えるか見えないかくらいの膝丈ちょうどだったのが
いきなり膝上15cmレベルだから驚く。
リボンも外してボタンをひとつ開けている、いつも通りの妹の姿になった。
毎日トイレに入っては着崩しているのだろうか。いいかげんな服装の癖に律儀だなと思ったw

一応妹スペ。
ゲームとか甘いもの好き。子供っぽいけど胸も尻も平均以上、顔は普通だけど地味にモテるらしい。
腹を見られることを何よりも嫌がるけど、ぽっちゃりではない。

階段を上る。スカートを抑えたりもしておらず、危機感のないやつだなーと思ってたら
隣で階段上がってる腰パンしてる厨房が、猫背になって見上げている。
見ようとしてるwwwワザとらしすぎだろwwwと思い見ていたら
視線に気づいたようで、妹は速くに上がって行ってしまった。
彼は妹のパンツを見ることはできただろうか。
10秒は見てただろうから白くムチムチな太ももはばっちり確認できていただろう。
彼の今日のオナネタは、妹かもしれないなw

電車が来た。席は空いてないが立ってる人もいないという混み具合。
妹は席とドアの間に位置取り背を向け携帯を触っている。
俺はその右斜め後ろに位置する、端の席前の吊り革に。
妹はコックリコックリと寝てしまいそう。次の駅で大量に人が押し寄せた。
まだ体の自由は効くが暑苦しい。
第二ボタンを開けて小さいうちわで風を送っている。ふと隣を見ると30代くらいのサラリーマンが
上を向きながらも目線は下に送っている。その目線の先はもちろん妹の胸元。
妹は携帯を持っているが、目は閉じている。よくこの暑さで眠気が来るもんだ。
案の定というか、携帯を落としてしまった。それを拾うために前屈の姿勢になったのだが
後ろの覗き見リーマンの股間に妹のお尻が触れてしまっている。
後ろに下がれるスペースはあるのに、リーマンは下がろうとしない。
速く拾ってしまえと思ったが妹はどうやら手が届いていないらしく、
更にお尻を突き出して手を伸ばしている。
リーマンはじわり、じわりと股間を前に出している。この変態が・・・
なんとか拾えたようで、妹はまた立ち寝についた。

変態リーマンは次の小さな駅でそそくさと降りて行った。
これ以上やると痴漢扱いされると考えたからだろうか。
なんにせよいなくなってくれて、ホッとした俺。

しかしまだまだ俺の心配事は続く。
妹はドア横の鉄棒に左手で捕まり、左足を軸にして右足を端の席のすぐ横にのばすようにしていた。
(分かりづらくてスマンw)
端の席、俺の前で座っていた高校生がそれに気づいたのだ。
妹が寝ていることを確認した高校生は、それまでしていなかったのに野球帽をつばを左向きに被り
右の手すりに頭を乗せて寝たフリを始めた。
俺の角度からは彼の目線は見えないが間違いなく妹の白い太ももを凝視している。
距離にして20cmもない。
すると妹がいきなり高校生の前でスカートを少しめくり始めた。
彼もビクッとしたが、寝たフリを続けているようだ。
妹は前日に太ももが何箇所か蚊に刺されたと文句を言っていた。
そのうちの一つを掻こうとしたらしい。
彼の目の前には、虫さされどころかキメ細かさ、ともすれば毛穴まで見えそうな程に太ももが迫っていた。

その瞬間、ガクンと妹が倒れかけた。どうやら左足の膝が曲がったらしい。
そこで大きな駅に停まり、覗き高校生含む多くの客はここで降りていった。

あとは一駅なので、妹も起きており下車した。
どんだけ性的な目で見られてるんだよ、こいつは・・・
この一件以来、妹を性的な目で見てしまい、リビングで寝てるところに
ちょっとイタズラとかもしたりしてるw



レイプ・痴漢 | 【2018-08-15(Wed) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

サークルの後輩に夜の海辺でフェラと手コキしてもらった

M1の秋の話。うちのサークルは大学の近くの海で合宿をしてました。
自分はM1でもうサークルの主要メンバーでもないので、この合宿も
差し入れ持って夜だけ参加していました。
一通り飲んだんで、そろそろ引き上げようと思ってホテルの玄関に向かったんですが、
玄関には2年の佳奈恵がいたんです。
佳奈恵は自分が知る限り2年の中では2番目くらいにかわいい子で、
かなり小柄で、身長は150cmくらいだったと思います。

「あれ?雅希先輩、帰るんですか?」
「ああ。もううちらの世代じゃないしな。年寄りは退散するよ。」
「えー。寂しいなぁ。」
「はいはい。どうもね。そういってくれるだけでうれしいよ。」
「ホントですって。あ、家に由佳里先輩来てるから帰るとか?」
「来てないよ。今頃卒論書いてるんじゃん?」
由佳里っていうのは、自分の彼女で当時4年。
このサークルの後輩で、当然みんな付き合っているのは知ってます。
最近は就職活動やら論文やらで由佳里が忙しいのと、
自分も大学院での研究が忙しいのでほとんど会っていない状態でした。

「それより、佳奈恵はどこ行くんだ?」
「ちょっと飲みすぎたんで潮風に当たりに。」
「ちょっとっていうか、だいぶ飲みすぎてるだろ?」
「そんなことないですよ。雅希先輩こそ、飲んでて運転できるんですか?」
佳奈恵にちょっと下心を持っていた自分の答えは、
「じゃあ、俺もちょっと酔い覚まししていくか。」

砂浜をしばらく歩くと防波堤がありました。
自分はテトラポットを足場にして先に砂浜から防波堤に上がり、
後ろの佳奈恵に手を差し伸べ引き上げました。
「大丈夫?」
「よいしょっと。ありがとうございまーす。」
佳奈恵が上がりきっても当然手を離しません。
夜の防波堤は暗く、とても狭く感じます。
佳奈恵はちょっと怖がっている感じでした。
「危ないから真ん中歩けよ。」
とかいいながら、佳奈恵を引き寄せます。

「こんなにくっついて歩いて。浮気ですね。」
「はぁ?二十歳過ぎて手繋いで歩いただけで浮気って何だよ。」
「私、まだ19ですよ!12月生まれなんで。」
「あんま、変わんないじゃん。」
「いや、大きな違いです!!」
「そっかぁ。まあ、でも手繋ぐだけで浮気はないだろ?」
「どうかなぁ??」
「じゃあ、これは?」
といいつつ、佳奈恵の胸を触ってみました。

「きゃっ。」
佳奈恵は驚いてその場にしゃがみこみます。
「ごめん」
気まずくなり思わず謝ってしまったんですが、佳奈恵は怒ってはおらず、
「びっくりしたぁ。急に触るんだもん。」
「ごめん。ちょっと調子に乗りすぎた。」
「今のは浮気じゃなくて、単なる痴漢ですよ。」
「そっか」
そう言いながら、自分は「やれるかな?」とか「もう一歩先に進むには?」
とかそっちのほうに考えがいってました。

あまりに暗いので途中で引き返し、テトラポットのところまで戻ってきました。
自分は先に降りて下から佳奈恵が降りるのをフォローします。
佳奈恵はテトラポットまで降りてきて、そこから地面(砂浜)まで一気にジャンプ。
その勢いがあまって自分に抱きつく形となりました。
「危ねえ。大丈夫かよ?」
「うん。大丈夫。」
そう言いながら佳奈恵は離れようとしたんですが、自分は腕に力を入れて離しませんでした。
「え?雅希先輩?」
自分は無言で抱きしめ続けます。
「ちょ、ちょっとまずくないですか?」
「いやか?」
「ううん。いやじゃないけど・・・」

「いける」と思いました。
ちょっと腕の力を抜と、佳奈恵は軽く体を離し自分を見上げています。
それが合図だったのようにキスをしました。
もちろん、佳奈恵も拒みません。
「由佳里先輩に怒られちゃうよぉ。」
「佳奈恵が言わなきゃ平気だよ。」
そういいながら、防波堤の陰の辺りまで移動し再びキス。
今度はキスだけじゃなく、服の上から胸も触りました。
「これは浮気?それとも痴漢?」
茶化すように佳奈恵に聞くと、
「わかんないです。」
困ったように答える佳奈恵がとてもかわいかったです。

次はTシャツとブラを捲り上げて、直接胸をさわります。
小柄の割には大きい胸でした。
「寒くない?」
「うん。」
一応聞いてみましたが、ここまできたら寒いって言われてもやめられないです。
佳奈恵のジーンズのベルトを外そうと、右手を伸ばしたところ・・・

「あ、ダメです。」
といいつつ手を払いのけてきます。
「どうして?」
「あの・・・。今日は・・・。」
「そうなの?」
「はい。すいません。」
「別に謝ることじゃないよ。」
「はい。」

とはいったももの、自分の下半身はやる気まんまんです。
キスをしながら、佳奈恵の腕を自分の股間に持っていくと、
佳奈恵は逆らうことなくジーンズの上から自分のものをさすりはじめました。
もう欲望はヒートアップ。
「ジーンズ脱がして。」
佳奈恵の耳元でささやくと、黙ってうなずいてベルトに手をかけるがなかなか外せません。
もどかしんで自分でジーンズを脱ぎました。
そして佳奈恵の手を取りトランクスの上から触らせ、教えるように手を上下させました。
3、4回上下させると、もう手を離しても佳奈恵は黙って触り続けています。
すでにガマン汁でトランクスは濡れていたと思います。
佳奈恵は最初はトランクスの上から触っていたんですが、
しばらくするとトランクスを脱がして直接しごきはじめました。
手のひら全体でちんぽを包み込むように持ち、ゆっくりしごいています。

佳奈恵の頭を撫でていた右手を下の方に軽く力を入れました。
そのサインがわかってくれたようで、自分の前に跪きフェラし始めます。
ちんぽで口の中の温かさを感じながら、
眼では一生懸命に頭を前後に動かしている佳奈恵を見ています。
佳奈恵はサオだけじゃなくタマも舐めてくれています。
でも、いまいち気持ちよくない。なんかツボにはまってない感じです。
これじゃいけないかなと思ったんで手コキでいかせてもらおうと思いました。
「手でしてくれる?」
「うん。あんまり気持ちよくないですか?」
「あ、そんなことないんだけど・・・。ちょっとポイントがずれてるっていうか・・・」
「そうなんですか・・・」
「あ、大丈夫。今度教えてあげるから。」

佳奈恵は軽くうなずいて、手コキを始めました。
小指を立てながら指の腹を使っていい感じにしごき続けています。
「ちょっと唾たらして。」
「え?つば?」
「そのほうがぬるぬるして気持ちいいんだよ。」
佳奈恵がちんぽに口を近づけてつばを垂らしてくれます。
「このくらいでいいですか?」
「うん。いいよ。」
再び手コキを始めました。

フェラと違い手コキはかなり気持ちよく、
佳奈恵がしごく度につばで濡れたちんぽがエッチな音をたてています。
いよいよ限界が近づいてきました。
「いきそう。もうちょっと早く動かして。」
腕が疲れてきたのか、佳奈恵はちょっと辛そうに手を動かしています。
自分は佳奈恵にかからないよう体の向きを少しずらして逝く準備です。
「い、いくよ。そのまましごいて。」
「うん」
「あ、い、逝くっ」

でも逝った瞬間、佳奈恵はしごくのを止めてしまったんです。
慌てて続けさせたんですけど、タイミングを逃したのか快感は尻つぼみ。
どうやら最初に出たら瞬間だけで気持ちいいのは終わりだと思ってたみたいで・・・
まあ、それでも十分に気持ちよかったんですけど。



レイプ・痴漢 | 【2018-08-14(Tue) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

オナニー妻

私は結婚5年目の29歳、主人は8歳年上の37歳です。

私は至って普通の女だと思っていました、でもオナニーは高校時代から好きで、

毎日の日課のようにしていました。

かれこれ10数年以上続いています。主人とは職場結婚で同じ課なので、

結婚後、私は退社しました。

都合良く転勤も決まり、私は主人と新しい土地に行き、楽しい新婚生活を送りました。

主人にも私にも知り合いがおらず仲の良い夫婦でした、休みなどは必ず

二人で色々な所に出掛け楽しませてくれました。

私のオナニー癖は直らず結婚後も続いており、お昼2時過ぎ頃オナニーをしている時に

急に主人がドアを開け帰って来ました。

その時初めて私のオナニーを見た主人は驚き、その場で私を犯しました。

それ以来主人は私のオナニーを強要するようになり、テレクラが流行った頃には、私に

電話をさせテレホンHまでするようになり、主人はそれをカセットに録音して楽しんで

いました。

女としては恥ずかしく嫌でしたが、主人が喜ぶのならと思い言うがままに従いました。

それを主人は私も楽しんでいると思ったようでした。

オナニービデオはもう家に何本もあり、会社の同僚にも私のオナニービデオを何回か見

せたようです。

当然自分の嫁だとは言わずに、私達二人のHも当然のように撮り、主人はタンスの奥に

しまっています。

私は何度も「お願いだから他人に見せるのだけは止めて」と頼みましたが私がしてる姿

を見てる人は「いい女だなぁ」とか

「勿体無い。俺がしてやるのに一人でしなくっても」と批評されると私を犯している錯

覚になるようで、その批評を私に言い、私が恥ずかしがると喜び、その後私を抱きます。

それが1年前に又転勤になり都会に移りました。今度は前にも増して知らない人ばかり

です。主人はまた違う事を考え私に言います。

「なぁー今度映画に行こうか」「うん、いいね」と行くと、そこは成人映画館でした。

小さな映画館でほんの数人しかおらずまして女の人は私だけでした。私が入ると一斉に

見られ恥ずかしさが込み上げました。

主人は私の隣に座りスカートの中に手を入れ悪戯をします。そして「トイレに行って下

着を脱いでこい」と言われ、私は仕方なくトイレに行き、下着を脱ぎバックにしまい主

人の元に帰りました。

しばらく悪戯をされ、主人は「トイレに行ってくる」と行ったきり帰って来ません。

私は不安でたまりませんでした。私を中途半端に触り居なくなるなんてと思い、私はバ

ックを膝に乗せ自分で映画を見ながら触りました。

他の人達は時々私を見ますが近付いては来ず、声が出そうな程感じていく事が出来まし

た。

映画が終わると主人が帰って来て「なんだ、誰も来なかったなぁ」と残念そうに言いま

した。そこで初めて主人の魂胆が分かりました。

「何~、私を誰かに触らせようとしたの」「ハハ・・ズーと近くで見ていたよ、お前自

分でしていたろ」「も~う、意地悪、心配したのに」と。

そして私はそのまま電車で帰りました。帰りはちょうどラッシュの時間で押され押され

て主人と離れてしまいました。

すると前の熟年のサラリーマン風の人が、私の太腿を触ると無く触り、私は当たってい

るだけだと思い我慢していると、スカートがまくられ太腿の上の方まで来るようになり

ました。

初めて痴漢だと思いましたが、身動きが出来ずされるままにしてると、その人の手があ

そこに来ました

その人も驚いたのか一度手を引き「何コイツノーパン」「触られたいのか」との声が聞

こえそうなほど大胆になり、指を入れられ捏ね回されました、

ここでは声も出せず、必死で声を殺し耐えていました。時間にして15分も無かったと

思いますが、私には耐えられませんでした。

電車を降り家への帰り道主人にそれを告げると、主人は「知らなかった 残念だ、今度

側で痴漢されてるお前が見たい」と言うのです。

考えられない人でしょ私の主人。普通は心配してくれるか怒るでしょ・・。段々とエス

カレートする私達。これからどう進展する事でしょう。


レイプ・痴漢 | 【2018-08-09(Thu) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

プールで後輩と

私は結婚後もプールで働いているのですが、この間入ってきた
新人の男の子に不覚にも抱かれてしまいました。
旦那は疲れて帰ってくるのでエッチはあまりしません。子供が欲しかった
のですが、それもかなわず2年近く経ってしまいました。

そんなある日、新人の男の子と一緒に遅番をすることになり、仕事を教えながら
片づけをしていました。競泳水着でシャワー室の前を掃除していたら、男の子が
後からじっと私のお尻をみていました。視線を感じたので振り向くと向こうを向いて
しまいましたが、明らかに見られていました。

でも、次の瞬間にいきなり後から抱きつかれて水着の上から揉んできました。
ハアハア言いながら・・真面目な子だと思っていたのでびっくりしました。
そのままブースの中まで押されてカーテンを閉められました。

結婚しているからやめて・・と言ったのですが、やめてくれませんでした。
そのままあそこに手をまわされ、競泳水着の上からさすってきて・・・
久しぶりだったので、気持ちよくなってきました。
抵抗していた手も弱まると、彼の手の動きが激しくなり、自分からお尻を
突き出すようなしぐさをしてしまいました。

声を出すわけにもいかないと必死でこらえてましたが、耐えきれません。
すぐに快感に支配され、腰をビクビクさせてイきました。
その時、すぐに後から包み込んでくれて、やさしかったです。
そのためキスも許してしまいました。
その後、彼は私の競泳水着を脱がしにかかり、ビキニのような状態まで
脱がされた後に、一気に下まで脱がされ、恥ずかしかったです。
あわてて隠してしまいました。

こっちを向いてって言われたので、振り向くと彼はブーメランパンツを
もっこりさせていて、脱がされた競泳水着を片手にもってました。
そして「思ったより小さいんだね。これで隠せる?」って聞いてきました。
見ると水着のあそこの部分が濡れてました。彼のあそこも少し濡れてました。
それを見て、私は体がほてってしまい、この人にはかなわないと・・抱かれる
しかないと思ってしまいました。

彼は競泳パンツを自分で脱ぎ捨て、再びバックの姿勢から私を抱いてくれました。
旦那よりもやさしくて、それから30分くらい思いっきり抱いてくれて、
更衣室に戻ってからも、二人とも裸で69とかしました。

彼も2回くらいイキ、私もそれ以上にイッてしまいました。
もしかしたらできたかもしれません。でも彼の子なら・・・ほしい。

昨日、職場から服の下に競泳水着を着たまま帰ってきて、風呂場で脱ごうと
していたら、前に男の子とエッチしたことを思い出してしまいました。
職場でも会ってきたのですが、急にあのときのことが頭をよぎって、
エッチな気分になって、競泳水着の上からあそこをさすって一人Hしてました。

そしたらタオルをもってきた旦那に見られてしまい、強引に寝室まで引っ張って
連れて行かれて、ベッドに倒され、上から乗られてセックスを強要されました。
半分レイプに近いものでしたが、水着姿に興奮していたみたいでした。

旦那はバックが好きなので、その体勢にもっていかれ、後からされました。
後から、途中に脱がされた競泳水着を見てみると、ぐちょぐちょに濡れてて
そうとう感じていたのがバレてしまいました。でも職場の彼の方がやさしいです。



レイプ・痴漢 | 【2018-08-08(Wed) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*