FC2ブログ

彼女のメールを盗み見たら痴漢された男に調教されていた

映画館で彼女が見知らぬ男2人に触られ、その後も・・続編

映画館の後日談を書いても構いませんか?

映画館での話はもう二ヶ月近く前の話になってしまいました。
実はあれで終わりではなくて、違う形に発展していき、寝取られ願望に目覚めさせられた僕は、それを止める事はできませんでした。

あの映画館の日から一週間、僕はその時の事を思い出してはオナニーして、射精して覚めてからは止められなかった自分を悔やむ・・という毎日でした。
彼女にも何度か電話で確かめようと思いましたが、その度に『見てたんならなんで止めてくれなかったの?』と言われそうで電話できませんでした。

彼女と次に会ったのは一週間後の週末でした。メールでデートの約束をしました。
一週間ぶりに見る彼女は前と全く変わらず、犯された事などなかったかのように極めて普通の態度でした。

最初はご飯を食べ、ペットショップに行き、カラオケに行き、最後はラブホに行きました。

彼女のその普通の態度を見るにつけ、『あのことは彼女も忘れたい思い出だろう。このまま触れずに付き合っていけたらいいな』と思うようになりました。

でもエッチの時に挿入してしばらくしてから、普段はとてもシャイでそんなことを言わない彼女が突然『・・・もっと乱暴にしてもいいよ・・・』と恥ずかしそうにぽつりと言ったのです。
『乱暴に・・?』
『うん・・・四つん這いで・・・乱暴に・・・ああ・・ゴメンゴメン!ウソウソ!』と真っ赤な顔で否定します。

その姿を見て、にわかに映画館での彼女がフラッシュバックして、すぐに僕はイってしまいました。
彼女はやや・・・不満そうでした。

『やっぱり・・・なんか違う。前はあんなこと言わなかった・・』
不安が募ります。
彼女がシャワーを浴びている間、疑心暗鬼な僕は彼女の携帯を取り出し、メールをチェックしました。
でも怪しいメールはなかった。
でもそれでも不安が拭えない僕は、彼女の携帯をいじくり、メール自動転送の昨日をONにしました。
転送先を僕のパソコンのアドレスにしました。俺は・・・最低だ・・。
機械オンチな彼女はきっと気づかないと思います。
その日はそれで彼女と別れました。

次の日からドキドキの毎日でした・・。毎日帰ってきて自分のパソコンを開ける度に心臓バクバクいってました(笑)
しばらくは普通のメールばかりでした。彼女の女友達や、お母さんや、そんな感じの送信メールばかりが転送されてきます。
『どこに食べに行こうか~?』とか『今日クタクタです・・』みたいな感じ。

で、一つ幸運だったのが、彼女は返信するときに、引用機能を使っていたことです(機械オンチの彼女らしい・・)。
『どんなメールの文が来てたのかわからなくなるやん・・』ってのがその理由でしたが、その機能によって、彼女が受信したメールもどんなのだったかわかりました。

自動転送機能にして2、3日してから、変なメールが彼女から転送されてきました。

『もうメールしてこないで-------なあ、メール待ってるねんけど』
僕は『これだ!』と思いました。最初の文が彼女が送信した文で、後の文が彼女が引用した文、つまり彼女に送られてきた文です。
僕はパソコンを開いてドキドキしながら状況を見守りました。すると夜の10時くらいからメールのやり取りが活発になりました。
見づらいと思いますので、彼女のメール、オッサンのメールというように順番にコピペしたいと思います。

『まあそう怒るなよ~あの時ちゃんと免許証返したやろ?』
『だから、もうメールしないで。警察に言うよ』
『言ってもいいで。俺はもう失うもんないしな。でも警察言っても無駄やろ。こっちには証拠もたくさんあるしw』
『証拠?』
『うん、証拠w』
『イミわかんない』
『俺の上にまたがって、いやらしいこといっぱい言っちゃってる動画wあれでレイプって言えるのかな・・?』
『・・・ひどい』

『安心してや。あと2、3回ヤラせてくれたら俺も飽きると思うし。あと少しだけヤラせてや。』
『でもあたし・・・彼氏いるんだよ・・・彼氏に悪い・・・』
『あと一ヶ月経ったらもう君の前に現れないからあと一ヶ月だけ我慢してや。な?』
『そんなの・・・いや・・彼氏に罪悪感あるもん』
『あれ?こないだ『また○○を犯してください』って腰ふりながら言ってたのは誰かな?』
『あれは・・・言わされたから・・』
『・・・今思い出してちょっと濡れただろw』
ここで彼女からの転送は途切れました・・
僕はこれらのメールを読みながら、またイってしまいました。

翌日の夜、友達や僕へのメールに紛れて、またオッサンとのメールが転送されてきました。

『今何してる?こないだの動画送ろか?メール無視すんなや。10分以内に返してきいや』
『今、テレビ観てました・・』
『その調子ですぐメール返せや。わかったか?』
『・・・はい』
『昨日はオナニーしたんか?w思い出してさ』
『してません・・』
『嘘つきやなぁwなあ、今の○○ちゃんのオッパイ見せてや~』
『いや・・・』
『そんなこと言っていいんか?動画ご実家に送ろうかw』
しばらくして
『これでいいですか?』という本文と共に、ブラをずらして乳首まで晒してる写メが添付されていました。

それからはもうお決まりのパターンです。
顔写メ・・・あそこの写メ・・全裸写メ・・・
彼女はずっと伏し目がちでした。でもあそこの写メは・・少し・・・ヌルっと・・・濡れている気がしました。
すごいシャイな彼女が・・・あそこの写メまで送ってしまう・・・そのことに僕はボーっとなりました。

そして『電話はしないって言ったのに・・・ダメ!---------もう我慢でけへん、電話してもいいか?』というメールと共に・・・
この日はメールがこなくなりました・・

翌日・・
『昨日は気持ちよかったやろ?』
『・・・いや・・』
『正直になってや~なんかイジメてるみたいやん』
『だって・・・彼氏に悪いもん・・・』
『このことは彼氏には絶対内緒にしたらいいやん。一ヶ月で終わるんやし。どうせなら一ヶ月だけ素直になってや』
『だって・・・気持ちよくなっちゃうあたしって、本当に最低・・』
『しょうがないよ、あんなに責められたら、彼氏いたって誰だって気持ちよくなっちゃうよ。自分を責めんとき。悪いのはおれや。』
全くどの口が言ってるんでしょうか。
でもオッサンのメールは調教と言ってもいいくらい、彼女を従順にさせていきました。
見事なほどです。

『本当・・坂木さんのせいですよ』
『そうや、俺のせいや。俺が悪いんやから、自分を責めずに素直になってや。一ヶ月だけの秘密にして。もし誰かに言ったらこっちには動画もあるし、反抗出来ないやろ?』
『うん・・出来ない』
『じゃあ正直に言ってごらん・・・昨日電話エッチ気持ちよかったやろ?』
『・・・うん・・・』
『あの映画館の時も気持ちよかったん?』
『・・うん・・・怖かったけど、足がガクガクして・・』
『イっちゃったもんね?』
『・・うん・・』
『彼氏に悪いと思ったん?』
『思った・・・でもイクの止められなかった・・』
『先に若い男の子としてたよね?あれは気持ちよかった?』
『・・・あれも・・・気持ちよかった・・自分がいや』
『自分を責めないでいいで。誰でもクンニされたら気持ちよくなってまうよ。あのあと一緒にラブホ行って、何回もイっちゃって『こんなの初めて』って言ってたけど本当なんか?』
『本当・・・自分がどうにかなっちゃうと思った・・』

僕はもう耐えられなくなって、そこでパソコンを閉じました。閉じて、今までの彼女との日々を思い出していました。

僕が熱で寝込んだ時に看病にきてくれた彼女・・・
ペットが死んで、寂しくて泣きながら僕にもたれてきた彼女・・・
いろんな彼女を思い出していました・・。

翌日パソコンをつけるかつけないかでしばらく逡巡した後、結局つけてしまった自分・・性欲が並じゃなく高ぶっています。
メールを見ながらしごきだしてしまいました。

『俺とのSex好き?』
『それは・・・』
『正直な気持ちを教えて・・バカになっちゃっていいんやで?』
『・・・はい・・』
『じゃあ言葉にしてや』
『言葉・・?』
『坂木さんとのSex好きですって』
『そんなの・・言えない』
『俺には反抗出来ないやろ?何されるかわかんないもんね?』

『はい・・・』
『早く・・』
『坂木さんとのSex・・好きです・・・』
『ありがとうな。俺も○○ちゃんとのSex好きやで』
『でも、もう会えません・・彼氏に悪いから・・もう。』
『わかった・・じゃあ最後に一回だけ会ってや。次の週末あいてる?』
『本当に最後?』
『本当に最後だよ、安心してや。こないだの動画消すし』
『じゃあ・・最後で。本当にお願いします。』
そして、土曜日の夜日本橋で待ち合わせをしていました。

その土曜日の夜、僕は日本橋にいました。待ち合わせを見届けたかったのです。
彼女はこないと思いたかった。
でも・・・彼女は来ました。カジュアルな格好で携帯を見ながら、雨の中交差点に立っていました。少し遅れて相撲取りみたいな男が来ました。
改めてみるとやはり、すごい巨体です。190センチ近くありそうな・・。
小柄な彼女は150センチちょっとくらいです。
小柄な彼女が・・・こんなオッサンに組み敷かれて、貫かれたんだ・・・そう思うと、またチンポがズキンと疼きました。
彼女は軽く会釈をして、坂木さんというひとは彼女の肩を親しそうに抱きました。そして、ラブホ街へと歩いて行きました。
彼女は俯いていて、伏し目がちでした。
途中、信号待ちのときに、びっくりする光景が目に飛び込んできました。
不意に坂木さんが彼女にキスをしたのです。

しかもネットリとしたディープキスを・・・
彼女は逃れようとして顔を横に背けますが、坂木さんに顔を押さえられ、逃げられなくなっていました。
1、2分くらいはネットリとしていました・・
それからあるホテルに入って行きました。
僕はそのまま、肩をうなだれて、しばらくその後ろ姿を見送った後、一人地下鉄のトイレの個室に入り、オナニーしました・・・
もう僕は引き返せない事を悟りました。『絶対今日が最後にはならない・・』確信めいた予感があり、オナニー後の虚脱感の中、おとなしく家に帰り、酒をがぶ飲みして意識朦朧としたなかで眠りにつきました。

夜中、電話の着信音で目が覚めました。
こんな時間に誰だろう・・・時計は4時くらいでした。携帯を手にとると、なんと彼女からです。
一気に眠気が吹っ飛び、反射的に飛び起きました。
『もしもし!』
『もしもし・・・俺くん・・・夜中にゴメンね』
『いいよ、どうしたの?』
『突然なんだけど、明日の昼にでも会えない?』
『うん!全然いいけど、急にどうしたの?』
『急に会いたくなったの』シャイな彼女からしたら珍しい言葉です。
『わかった、じゃあ俺んち来る?』
『いや、急にお邪魔したら悪いから外でお茶でもしよう』
今までも別に気を使わずにズカズカうちに来てたのに、変な気の使いようだな・・・と不審に思いましたが、とりあえず外で待ち合わせの時間と場所を決めました。

僕は、一気に自惚れました。
『きっと彼女はオッサンとのことは最後にして、寂しくなって俺に会いたくなったんだ!』
一気にハイテンションになり、彼女を愛おしく感じ、いますぐ抱きしめたくなりました。
抱きしめて『今まで脅かされて怖かっただろ?』と頭を撫でてやりたかった。
『見てたんなら助けてよ!』って責められるのが怖いから、気づいてないフリをしないといけないんだけど・・・でも本当は抱きしめたい気持ちでいっぱいでした。
そのまま昼まで一睡もしないで起きてました。

待ち合わせ場所に行くと、彼女はいました。昨日交差点で見かけた時と同じ格好です。
『きっと家に帰って着替えるのももどかしくて俺にあいに来てくれたんだ!』そう思いました。

本当に俺は大バカです。すくいようがないほど・・。

ちょっとハイテンションで彼女に話しかけ、一緒に店に入りました。
彼女は優しい笑顔を見せてくれました。でも彼女は少し疲れた顔でボーっとしていたので、『昨日ずっとヤラれてたんだろうなぁ』と思い、胸が苦しくなりましたが、『昨日で最後だったんだ。これで終わりなんだ』と気にしないように心がけました。

彼女は・・自分から誘ってきたのに、口数少なく、心ここにあらずでした。笑顔なんですが、ずっとボーっとした感じ。
会話が続かない。
しばらくして彼女がトイレに行きました。そのトイレも15分くらい行っていました。なんというか、すべて挙動不審でした。

でも僕は『昨日の今日だからなぁ。しょうがないや』と流して、手を繋いで店を出ました。久しぶりに触った彼女の手・・・
『これからは彼女をずっと守りぬこう』
そう心に決めました。
『○○・・・俺ずっとお前のこと大好きやで』自然と出た言葉でした。
彼女は泣きそうになりながら『こんなあたしでいいのかなぁ?』と言いました。
『うん、そのままのお前が好きやねん』
『・・・ありがとう』
そう答えて手を握り返してくれました。

そうして彼女を駅まで見送り、僕も帰宅しました。

帰宅して、パソコンを立ち上げました。僕のパソコンのメルアドを変更しようとしたのです。もともとどうせ迷惑メールくらいしか届かないフリメです。
彼女からの転送メールが届かないように。
これからは彼女を信じよう・・そう強くおもいながら。
ですがパソコンを立ち上げ、メールの欄を見て、たくさんメールが届いてることに気づきました。
つい・・・・・見てしまいました。

僕はまたそのメールを見ながら、オナニーをしてしまいました。泣きながら・・・。
寝取られ願望って本当に自分でいうのはなんですが、ものすごい変態ですね。
今でもコピペしようとすると激しく欝勃起してしまいます。
ここから先はもう僕の気持ちは書かず、たんたんとコピペしますね。

『どうや?』
『グチョグチョします・・・ああ・・』
『恥ずかしくて興奮するんか?w』
『興奮・・・してます・・・あたし自分が怖い・・・』
『股間に彼氏以外の精子塗り付けられたパンツだもんなwそれで会いに行けやw』
『・・うん・・』
『今のうちに彼氏にゴメンなさいっていうとけやwそれとトイレ着いたらまたメールしろや?わかったか?』
『・・はい』
『言葉で言えや』
『・・・俺くんゴメンなさい・・・』
『よし、行けや』

『・・・トイレ着きました』
『パンツの中に手入れや・・精子まみれか?w言葉で言えや?もうわかるやろ?』
『・・・あたしの股間・・坂木さんの精子まみれです・・・』
『よし・・・指で精子すくって舐めろ・・』
『はい・・』
『どうや?』
『・・舐めました・・』
『おい、わかってるんやろ。また今度じらすぞ』(?)
『・・坂木さんの精子おいしいです・・』
『よしよし・・今から俺の精子クリに擦りつけてオナれや。写メも撮れ。』
『そんな・・・・頑張ったら、もうじらしませんか?』(?)
『おう。イクまでしろよ』

『撮りました。。』
『写メでよかったのにwイクとこまで丸見えやな。でっかいクリだなw変態。戻っていいよ。手洗うな。』
『はい・・・』

『もうあたし無理だと思います。もう隠せない・・・』
『昨日は俺のを手でこすりながら彼氏に電話したやんか、隠せる隠せるwそれに、もうじらされたくないやろ?w』
『・・・会ったらすぐに入れてほしくなっちゃう・・・あたし・・・どうしたらいいの・・・』
ここでメールは途切れていました。それらをボーっと見てるうちにもメールが次から次に送られてきます。
なんか彼女とオッサンの立場が一日で逆転してます。

『簡単やでw昨日のあの言葉をもう一回言ってみろや。楽になるで。ほら言えや』
『・・言えない・・・』
『俺のことは好きでもなんでもないのはよくわかってる。だから、俺に飽きたら、いつでもSexやめてもいいんやで。でも、俺とのSexに興味あるんだったら、言わないともうしてあげへんで?興味あるんやろ?』
『興味あります・・・あぁ・・・坂木さんとのエッチ・・・ゴメンなさい・・・』
『じゃあ言わんかい』
『坂木さん・・・これからも○○のマンコを使ってください。』
『よしよし・・・ところでキスはしたか?』

『してません・・ゴメンなさい!・・・次は絶対しますから』
『ったく・・・何のために今朝口に出してやったと思ってんねん。罰として今から家行くで』
『いや・・・それは怖いです・・許して・・』
『ほらほらほら、正直じゃないなぁ~俺のチンポ硬くて好きなんやろ?彼氏よりwwなぁ・・・言ってみろ』
『・・・硬くて・・・好きです。俺くんより・・・好きです・・』
『お前最低女やなww』
『だって・・・気持ち良すぎるんだもん・・あたしが悪いんじゃないもん・・・お願い、俺くんには内緒にしといて下さい。』
『わかったw話変わるけどフェラ好きなの?しすぎw』
『だって・・・初めておいしかったから・・・それも内緒でお願い!俺くんにきっと軽蔑されちゃう・・』

僕はここでパソコンを閉じました。
頭痛がしていました。
もう見たくない・・・もう戻れない・・・
それから何週間か経っていますが、次第に彼女とは疎遠になっていってます・・。
僕のパソコンには未開封のメールが何通も溜まっています。
この前その中の一つを気まぐれで開けたら、
『たくちゃん、いっぱい出しすぎだよぉ・・(泣き)』って書いてました。

やっぱり女とは言え性欲ありますもんね。あんな巨体のチンポならすごい快感なんでしょう。
負けました。多分このまま自然消滅するでしょうね。僕はこんな性癖目覚めさせられて、今だに回復出来ずにいます。

終わりです。
長々とお邪魔しました。

結局・・
彼女と別れてしまいました・・・


純愛・恋愛 | 【2018-08-15(Wed) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

元後輩の生霊は恐ろしい

会社の先輩に横領の罪を擦り付けられて無実なのに退職させられた
その先輩は給料に対して不相応な金遣いの荒らさで、もともと何か変だなと思ってたんだけど
先輩の伝票処理がおかしい事に気付き、更に取り引き業者と陰でコソコソやってるところを目撃
調べたら本社に水増しして経費請求したり業者からリベートとってた

本社に告発しようとした矢先、私が役員一同が揃う会議に呼び出されて横領犯扱いされた
何でそんな話になってるのかわからなくて一瞬パニクになってたら先輩が登場
私の印鑑を勝手に使って捏造した伝票を証拠として出してきた
無実を訴えたけど先輩に丸め込まれた役員は聞く耳持たずで「自主退社しなければ解雇」の一点張り

因みに私の在籍していた支社は人が少ないので経理の手伝いもしていたけど、担当は専門技術職
その専門技術職は狭い世界なので、横領で解雇なんて噂になったら再就職は絶望的
つまり「自主退社したら今回は公にせずに処理してやる。再就職したいなら自主退社しか道はない」って暗に迫られた訳
腹は立ったけど「こんなクソ会社、誰がいてやるもんか」って気持ちもあり自主退社

でも、半径80km圏内の数十件の会社に面接に行っても、ことごとく不採用
不景気に左右されにくい業種なのに変だなとは思ったけど、仕方ないので全く別の業種に就職した

一年後、顔馴染みだった業者さんと街中で偶然に再会して色んな事を教えてもらった

私が退社した直後から、先輩は「あの子は横領してクビになった」とその業界の人達にふれまわって、私の再就職を潰していた事
先輩の金遣いの荒らさは直らなかったらしく、私が辞めた後にまた横領を再開してバレてクビになった事
でも先輩の件は内密に処理されて(私の時に噂を流した張本人の先輩が秘密にしてるからねw)同じ職種に再就職している事…等々

私から技術を使う仕事を奪ったくせに、先輩はのうのうと再就職してる事にブチギレた

で、復讐を決意

先輩があの業種から私を徹底的に締め出したのは、真実が露呈するのが怖かったんだんだろうと考え
「それなら先輩にとって、私の存在そのものが恐怖じゃない?」と気付いた

私は持病があって週1で通院しなきゃいけないんだけど、先輩の家の近所の病院に通う事にした
その病院は以前に先輩が「その病気ならこの病院に腕のいい先生がいる」と言っていたのでw
そして先輩の出勤時間と私の通院時間が 偶 然 重なるようにした
はじめて偶然遭遇した時に私は笑顔で挨拶したんだけど、先輩は悲鳴をあげて震えてたw
先輩からしたら人に知られたくない秘密を握ってる女と 家 の 前 で 遭 遇 するんだから恐怖だよね

しばらく通院してると先輩の旦那さんが犬の散歩に出るところや、子供さんが習い事に出るところに遭遇して会話する機会が増えた
前の職場に先輩の家族は頻繁に出入りしていて(それもどうかと思ってた)、もともと顔見知りだったので会話できるようになるのは楽勝だった
旦那さんは横領の件を知らないらしく、先輩が転職したのは条件の良い会社を見つけたからだと思ってた
私が先輩の家の前を通るのも「先輩に教えてもらった病院に通う為」と世間話のついでに旦那さんに言っておいた
なので私と旦那さんや子供さんが家の前でにこやかに世間話してるのを、先輩は邪魔したくても上手く邪魔できないでビクビクした顔で震えてたw

きっと先輩の頭の中は
「〇〇(私)さんの機嫌を損ねると、旦那や子供に横領でクビになった事をばらされるんじゃないか?」
「近所に聞こえるような大声で横領の話をされたらどうしよう?」
って事でいっぱいで怖かったと思うw

そんな日々が3ヶ月過ぎたあたりから、先輩が病んでいくのが目に見えてわかった
私とすれ違うと先輩はいきなり泣き出したり吐きそうになったり…

その後の旦那さんとの世間話で、先輩が部屋に籠って何もできなくなり、仕事も辞めて精神科に通院してると聞いた
最初は家にいてピンポンが鳴ると暴れてたのが、今では家の中で家族の足音がしただけでパニックになるらしい
「家に強盗が入ってきて殺される」「外に出ると通り魔に刺される」と怯えて、もう部屋の外に出られないんだって
主治医と旦那さんは更年期から神経症を併発したと思っているけどね
先輩の言っている強盗や通り魔は私の事なんだろうなぁと思う
横領の濡れ衣着せた次は強盗や通り魔扱いなんて、重ね重ね失礼な人だと思うけどw

でも、こんなの復讐って言えないかな?言えないよね?
私は先輩が名医と紹介した病院に通院しただけ
通院ルートに た ま た ま 先輩の家があっただけ
週1回の通院時間が 偶 然 先輩の出勤時間と重なっただけ
先輩の家族と常識的な世間話をしただけ
先輩は自分の疚しさから自滅しただけ

もし先輩の精神が病んだ原因が私のせいだと思うなら、警察に相談すればいいのにね^^
何で私から恨まれてると思うのか、その理由を言えば警察も動いてくれるかもしれないのに^^



先生・生徒・禁断 | 【2018-08-15(Wed) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

処女のFカップのパイズリ

昔のお話を少し投下させていただきます。

俺 スペック しがない雇われ店長 元ヒッキー(6ヶ月半)
  30代前半
  身長 184センチ 94キロ ちょいぽちゃ

俺の店に短大を卒業したての女の子が面接を受けに来た。
就活がうまくいかず卒業、就職ができるまでアルバイトがしたいとことでした。
アルバイトが2人辞めたばかりだったので、即採用。
履歴書的には
21歳 146センチ 地元の高校、短大卒業、家は店の3つ先の地下鉄の駅の付近の実家住まい。ここでは名前は仮に「ヒロちゃん」にしよう。後でわかるのだがFカプーだった。
うちの可愛くない制服を着ているとその胸の大きさは対して感じなかった。

接客業にしては少し大人しく暗い感じがするが、「育ちの良い感じ」がするので、安心していた。実際働き出すと、丁寧でゆっくりとした喋り方がお客様に安心をもたらしているように見えるし、他の社員からも評判が良かった。
なんとなく自信なさげなのが、就活がうまくいかないように俺には見えた。

それとちょっと不器用でよく胸のリボンが曲がっていたり、背中からシャツが出ていたりしたが、頭は良く2ヶ月でほとんど仕事は覚えて行った。俺に言われた事はしっかりこなしていった。

そんなある日、仕事が順調に進み、月初だったのもあって、早く帰れそうな感じだったので、帰りにレンタルビデオ屋で巨乳もの借りてゆっくりオナニーしようとルンルン(古)だった。「ヒロちゃん」も上がりの時間だったので「お疲れ~」って帰ろうとすると、遅番のアルバイトが人身事故で地下鉄が止まっているといらない報告をしてきた。
それを聞いたベテランパートのおばちゃんが「店長が送っていきなさいよ。」とさらにいらない提案をしてきた。
必ずどこの店にでもいるBOSSベテランパートを敵にしては仕事が困難になるので、即答で「はい!おくらさせていただきます」と悲しい気持ちで答えた。確か「ヒロちゃん」は俺んちの逆側、レンタル屋とはまったく別方向で、俺のちいさな野心が打ち砕かれた事がわかった。
 店の外で彼女を待っていると着替えて出てくるヒロちゃんが「すみません迷惑かけちゃって」と小さな声で言ってきた。彼女もBOSSベテランパートに言われて断れなかったんだろう。少し迷惑そうだった。一方俺は少しテンションが上がっていた。彼女巨乳に驚いていた。
服装は大きめTシャツとミニスカートにニーハイっていう姿だった。特別可愛くはないのだが、良く見ると愛らしい顔をしていることに気づいたし、シートベルトをすると巨乳なお強調されていた。

 店を出るとちょうど夕方の渋滞で彼女の家は大橋の向こうで大橋の手前はこんなに混むのかと思うほど混んでいた。車の中ではしばらく沈黙だったが、大人として、上司としてこれはないだろうと話しかける事にした。「彼氏いるの?」「いません。」なかなか続かない会話だったが、無理して「可愛いのに彼氏いないんだー。」「お客さんでも可愛いって言っている人がいたよー。」というと少し彼女の顔が和んだように見えた。
「そんな事言われた事がない。」とかすれた声で行って来ました。調子に乗って「おっぱいも大きいしね。」と言うと「「良く女の子言われてました。女の同級生に良く揉まれてちゃってました。」とちょっと話が盛り上がってきました。
巨乳付きの私の中で何かがはじける音がしました。デリヘルで巨乳ちゃんを頼むといつもデブが来ちゃうのでいつも萎えていた俺に、目の前に小柄ではあるが、デブではない巨乳ちゃんいる!!素人ではDが最高の俺にどう見てもそれ以上の子が隣に座っている事実に何とかしなくてはならないと小心者の俺に火がついた。
 ちょっと混雑が終わるまで河原で散歩しようとわけわからない事を言って、河原を散策し、尚且つ、暗くなったの見計らって、一緒に歩くときは腕を組んで歩くのが正しい男女だとかわけのわからないこと言って腕を組んでもらいました。胸が肘に当たって、俺のち○こは元気になってしまいました。ヒロちゃんは腕組むの初めてでこんな感じですかと戸惑った風に私の事を見上げていました。彼女は男性とデートもした事がなく、店での関係で私が指示をして、彼女が実行するというような構図になったことをいい事に私は車まで連れ帰って、おっぱいを触らせてくれとお願いしました。
当然彼女は拒否して、「帰らしてください。」と言いましたが、なんとか膝枕をして近くで見るという事でOKしてくれました。ミニスカートの膝から見上げるおっぱいがなんとも迫力があり、カップ数を聞くとEカップだが最近それがきつくて困っていると教えてくれた。もう俺のち○こは限界に達していたが、ヒロちゃんは冷静そのものだった。自分のピンチがいまいちわかっていないようだった。
車の窓から外を眺めていたヒロちゃんの隙をついて、Fカップに手を伸ばした。
触れてから何が起きたんだというようなびっくりした顔して、「やめてください」と少し抵抗したので、ヒロちゃんの両手を私の右手で押さえて、左手おっぱいをゆっくり揉み始めました。私は184センチ彼女は147センチその差40センチ近くあり、体重も倍以上違い体格差で彼女は動けなくなっていました。また狭い車内でありましたが、彼女が小さいので特に問題なかったです。彼女は困った顔してうつむいていたので、「おっぱい触られる初めてですか」?と聞くと「はい」と答えました。「感じます?」と聞くときっぱり「特に感じません。」「大きいと感じないのかなぁー」と言いながら、Tシャツをめくりました。ストライプのブラが見えました。はちきれそうな感じだったので、ブラをはずして、乳首を舐めました。「感じない?」と聞くとこれまた「ぜんぜん感じません。」と怒ったように言うので、「乳首起ってるよ。」と指摘すると「これは寒いと良くたつんです。特に感じません」というので、首筋や耳を舐めまわし「感じますか?」って再度聞くとヒロちゃんは「耳は少し感じますが、後は特に感じません。」と明確にこと答えてきました。
その時には彼女の両手には力が入っていなく、真っ白肌が真っ赤になっていしたので、
可愛いブラとおそろいのストライプのパンツを指を滑り込ませてみました。
最初は手足をじたばたさせましたが、指が彼女のおま○こに到達すると抵抗がやみました。びっしょり濡れていました。「濡れてますけど。」というと「濡れてますけど、感じていません。」と言い切ったので、両足の間に顔を突っ込んでお○んこを舐めまわしました。その時はまったく抵抗がなくずっと舐めまわされていました。彼女の息遣いだけが車内に響きました。それでも「感じてる?」と聞くと「感じていません。」とうわごとのように言ってました。
キスした事あるの?ってきくと「ありません」とこたえ「俺がしていい?」と聞くと「わかりませんが、やめてください、帰ってドラマが見たいんです。」と乾いた声でいうので。舌を入れてたっぷり楽しみました。彼女も一生懸命舌を動かしてこたえてくれました。「どう?」って聞くと「別に・・・少し気持ち悪いです。」と答えました。

おっぱいに戻って丹念に舐めまわしていたら、ふと思いつきました。こないだGカップデリヘル嬢にパイズリして貰ったことを思い出して、着衣が乱れている彼女をニーハイを残してすべて脱がし、(結構抵抗された。)
俺もち○こを出し、よだれを沢山つける様に要求し、パイズリ開始、下手でどうしょうもなかったけど、持ち前のおっぱいの大きさと、指示された事をしっかりこなす性格が幸いし、30分ぐらいで昇天。一週間分の精液を彼女の胸にぶっ掛けました。「2度としないでください。」と彼女が言って帰っていきました。

それから彼女の就職が決まる2年間
地下鉄で人身事故が起きる度にパイズリをして貰いました。

懐かしい話です。



純愛・恋愛 | 【2018-08-15(Wed) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

レイプって

私は14歳のときレイプされました。

ココでレイプを擁護するようなことも書いてあって
すごい怒りというかあきれました。

逃げればいいとか、バカ女とかって
どんなに怖くて、どんなに悲しいか。

男の人でも自分より大きくて、自分よりはるかに強い力の人に
つかまってどうやって逃げますか?

私は15年近くたった今でも思い出すことがあります。

とても逃げることは出来ませんでした。
殺されるって思いました。
泣いて泣いてお願いしました。

相手は2人で今でも顔をはっきり覚えています。
その日はいろいろあって、学校から友達の家によって、
少し帰りが遅くなりました。

帰り道、車に乗った2人組に声をかけられ
しつこく誘われました。

ちょっと生意気っていうか、大人びていた私は
高校生ぐらいに見えたのかもしれません。

ずーっと無視してたけど、すごくしつこくて
最後何か文句言って走って逃げました。
それから10分ぐらい歩いて、近道で高校の農場みたいなところを
通っているとき後ろに人がついてきてるのがわかりました。

普段ココを通るとき人にあったことが無かったので怖くて、
帰る方向に行くと暗くなるので
とにかく明るい所を選んで歩きました。
そのうち、どんどん道が悪くなってやぶみたいなところを横切ると
外灯が無くて暗い場所に来てしまい、
とっさに何か水槽みたいな後ろに隠れました。

隠れると私を明らかに探し初めて、
私は震えて出てしまう声を押し殺してました。

でもすぐにうずくまって隠れているところを見つけられ
いきなり髪をひっぱられ後ろに倒されました。

月明かりで影になって顔は分かりません。
上に乗られ、「殺すぞ」って言われました。

私は抵抗もできず、ただ
「ごめんなさい」「ゆるしてください」と言い続けました。
もう1人の男が上に乗ってる男に命令してる感じでした。
そのうち服の上から胸を揉まれ、
もう一人の男に下着を脱がされそうになりました。

私は相手をけり、腕を噛み、大きい声を出したと思います。
でも口を手で押さえられ、息ができなくなりました。
その後少し記憶が曖昧ですが、
男たちは「ここまできたら最後までいくしかない」みたいなことを話してました。

私は殺されると思い「なんでもします」「誰にも言いませんから」
とか泣きながらお願いしました。
でも男は無言で胸や首や舐めまわしてました。
男が「誰にも言わなかったら殺さないし帰してやる」と言った時、
私はこんなバカ2人に
「ありがとうございます」「なんでもします」って言ってた。

その後、下着をとられ下半身を愛撫され、
その当時知識はあったけど、したことのなかったフェラもした。

私はませてたから、セックスの知識もあったし、
オナニーとかも小学校の時からしてた。
だからこの後、いれられるのは分かってた。

私はとにかく無事に帰してほしくて震えながら
「言うこととか聞きます」とか「大丈夫ですから」とか媚うってた。
こんなバカ相手に・・・

バカ2人は私が濡れてるのが分かった途端、
「濡れてる」「こいつ感じてる」って・・・感じるわけ無いから。
生理現象だから。

私は妊娠が怖くて「なんでもしますから」「妊娠はやめてください」
とかも言ってたと思う。
でも男たちは私の中に入ってきた。
痛みはあったけど、ただ早く終わってほしいって思ってた。

ひとり終わった時、すぐもうひとりが入ってきた。
早く終わってほしくて黙ってると
「こいつ感じてる」って・・・悔しかった。
でもすぐ終わった。

その後、ふたりは走ってどこかに消えた。
私はふたりが逃げた姿を見て、正直安心してた。

レイプされた悲しみより生きて帰れるって思ってた。
だから、レイプされた事実が怖くなったのは次の日ぐらいだったと思う。
生理が来るまでは言いようの無い不安だった。

犯人はぜったいあの車のふたりだと思うけど、証拠とかない。
あの時は、日々忘れようって思ってた。

今思えばDNAとかで分かったかな~とは思うけど、
あの時は、生きてることで満足してた。
こんな気持ちはレイプ犯には分からないと思う。

同じ気持ちにさせてやりたいって思う。



レイプ・痴漢 | 【2018-08-15(Wed) 05:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

妹を尾行

俺は大学生。妹は高校二年。仲は悪くない。
暇だったので、妹の友達にどんな子がいるのか確かめがてら驚かそうと妹の帰宅を待ち伏せていた。
妹にあまり見せたことのない服装と、滅多に使わない帽子を被ったのでバレる心配はない。
妹が現れた。どうやら一人で帰るらしい。いつもとは違い制服をきっちり来ているのに驚いたw
面白いのでこのまま妹を観察。いろんな子に別れの挨拶をしている。
その中には男子もいた。男子とも仲がいいっぽい。彼氏はもういるのだろうか。
駅まで来て、妹はトイレに入った。俺は切符を買うのにもたつくフリをして待っていると妹が出てきた。
しかし入る前より明らかにスカートが短い。膝裏が見えるか見えないかくらいの膝丈ちょうどだったのが
いきなり膝上15cmレベルだから驚く。
リボンも外してボタンをひとつ開けている、いつも通りの妹の姿になった。
毎日トイレに入っては着崩しているのだろうか。いいかげんな服装の癖に律儀だなと思ったw

一応妹スペ。
ゲームとか甘いもの好き。子供っぽいけど胸も尻も平均以上、顔は普通だけど地味にモテるらしい。
腹を見られることを何よりも嫌がるけど、ぽっちゃりではない。

階段を上る。スカートを抑えたりもしておらず、危機感のないやつだなーと思ってたら
隣で階段上がってる腰パンしてる厨房が、猫背になって見上げている。
見ようとしてるwwwワザとらしすぎだろwwwと思い見ていたら
視線に気づいたようで、妹は速くに上がって行ってしまった。
彼は妹のパンツを見ることはできただろうか。
10秒は見てただろうから白くムチムチな太ももはばっちり確認できていただろう。
彼の今日のオナネタは、妹かもしれないなw

電車が来た。席は空いてないが立ってる人もいないという混み具合。
妹は席とドアの間に位置取り背を向け携帯を触っている。
俺はその右斜め後ろに位置する、端の席前の吊り革に。
妹はコックリコックリと寝てしまいそう。次の駅で大量に人が押し寄せた。
まだ体の自由は効くが暑苦しい。
第二ボタンを開けて小さいうちわで風を送っている。ふと隣を見ると30代くらいのサラリーマンが
上を向きながらも目線は下に送っている。その目線の先はもちろん妹の胸元。
妹は携帯を持っているが、目は閉じている。よくこの暑さで眠気が来るもんだ。
案の定というか、携帯を落としてしまった。それを拾うために前屈の姿勢になったのだが
後ろの覗き見リーマンの股間に妹のお尻が触れてしまっている。
後ろに下がれるスペースはあるのに、リーマンは下がろうとしない。
速く拾ってしまえと思ったが妹はどうやら手が届いていないらしく、
更にお尻を突き出して手を伸ばしている。
リーマンはじわり、じわりと股間を前に出している。この変態が・・・
なんとか拾えたようで、妹はまた立ち寝についた。

変態リーマンは次の小さな駅でそそくさと降りて行った。
これ以上やると痴漢扱いされると考えたからだろうか。
なんにせよいなくなってくれて、ホッとした俺。

しかしまだまだ俺の心配事は続く。
妹はドア横の鉄棒に左手で捕まり、左足を軸にして右足を端の席のすぐ横にのばすようにしていた。
(分かりづらくてスマンw)
端の席、俺の前で座っていた高校生がそれに気づいたのだ。
妹が寝ていることを確認した高校生は、それまでしていなかったのに野球帽をつばを左向きに被り
右の手すりに頭を乗せて寝たフリを始めた。
俺の角度からは彼の目線は見えないが間違いなく妹の白い太ももを凝視している。
距離にして20cmもない。
すると妹がいきなり高校生の前でスカートを少しめくり始めた。
彼もビクッとしたが、寝たフリを続けているようだ。
妹は前日に太ももが何箇所か蚊に刺されたと文句を言っていた。
そのうちの一つを掻こうとしたらしい。
彼の目の前には、虫さされどころかキメ細かさ、ともすれば毛穴まで見えそうな程に太ももが迫っていた。

その瞬間、ガクンと妹が倒れかけた。どうやら左足の膝が曲がったらしい。
そこで大きな駅に停まり、覗き高校生含む多くの客はここで降りていった。

あとは一駅なので、妹も起きており下車した。
どんだけ性的な目で見られてるんだよ、こいつは・・・
この一件以来、妹を性的な目で見てしまい、リビングで寝てるところに
ちょっとイタズラとかもしたりしてるw



レイプ・痴漢 | 【2018-08-15(Wed) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*